今夜も水川あさみさんと一緒に授業をお届け!
生徒の恋愛書き込みに名言連発!?
〜メイの恋愛メイ言〜

SCHOOL OF LOCK!


芽郁昨日はサプライズで、私の大好きな水川あさみさんが、このGIRLS LOCKS!に来てくれました!とにかくびっくりしたのと、嬉しいのと幸せなのと、色んな気持ちでぐっちゃぐちゃしてるんですけど…今日も目の前にいらっしゃいます!ねっ、水川さん

水川あさみねっ、水川あさみです

芽郁「今日もよろしくお願いします!」

水川あさみ「お願いします!」

芽郁「今日は2日目なんで、サプライズじゃないんですけど、今夜は水川さんと一緒にこちらの授業をお届けしたいと思います!」


メイの恋愛メイ言


芽郁「SCHOOL OF LOCK!の部活動「恋愛部」。その[ 恋愛部掲示板 ]には、毎日たくさんの恋愛相談メッセージが書き込まれています。今夜は恋愛部の部室にお邪魔して、みなさんから寄せられた書き込みを紹介していきたいと思います!そして、1つの書き込みに対して何か1つ、私たち2人で”恋愛メイ言”を残していきたいと思います。水川さんは人の恋愛相談とかによく乗る方ですか?

水川あさみう〜ん、そうだね、乗る方かな(笑)」

芽郁「すごい色んな人に相談されそう」

水川あさみ「されることは少なくないかもね。私もちゃんと真剣に考えて答えるタイプだから、割と相談されることは少なくはない。だから頑張るね!」

芽郁じゃあちょっと任せちゃうかもしれないですけど

水川あさみ「任せないで!一緒に考えようよ!」

芽郁「頑張りたいと思います!じゃあメッセージを紹介していきましょう!」



好きな人に告白しようとしたのですが…いくら待ってもこなくて
次の日友達に聞いてもらったら忘れてたっていわれました!
これってわざとでしょうか…落ち込んで告白もうできる気がしません…
米津桜羅
女の子/15/鹿児島県




SCHOOL OF LOCK!


芽郁「待ち合わせ場所に来なかったってことかなあ」

水川あさみ「それを聞いたら「忘れてた」って言われたってことね。情報が少なくて難しいけど、わざとかどうかで悩んでるんだよね」

芽郁「わざとだったら分かりますよね、きっと。「忘れてた」でしょ?脈ないと思うな〜」

水川あさみ「(笑)」

芽郁「だめ?そういうこと言っちゃいけないかな(笑)」

水川あさみ「脈ないのかな?15歳でしょ?彼も告白されると薄々気付いてたとして、そこに行くのが照れくさくて行かなかったから、友達には「忘れてた」って言っちゃってる可能性もあるよね

芽郁「なるほど〜!じゃあそうじゃないですか」

水川あさみ「ねえ、任せないで!(笑)」


………。


芽郁名言を言って、「ドドンっ」ってなるまで話し続けないといけないんですよ(笑)」

水川あさみ「名言を言わなきゃいけないの?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「水川さんなりの名言を言ってもらってもいいですか?」

水川あさみ「(笑)これ芽郁ちゃんも、いつも名言を言うと「ドドンっ」ってなるの?

芽郁いつも名言が言えなくて、長い間「ドドンっ」ってならないんですよ

水川あさみ「名言って難しいよね」

芽郁「恥ずかしくて「忘れてた」って言っちゃったのか、本当に忙しくて忘れちゃったのか」

水川あさみ「だし、まあ…言うよ、じゃあ名言。私、今から

芽郁「くるよ!くるよ!」

水川あさみ落ち込んで告白できる気がしないくらいの恋愛だったら、告白しなくていいんじゃない?


(ドドンっ!)


水川あさみやったー!

芽郁さすがーっ!鳴った鳴った!

2人いえーい!(ハイタッチ)

芽郁「そっか、たしかに!」

水川あさみ15歳の女の子に言うにはちょっとまだ厳しいのかもしれないけどね。それをも超えるくらいの気持ちが[桜羅]ちゃんにあればいいね!

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「ということで、次のメッセージにいきましょう!」



好きな子が高校になって初めてできたけど、全然話しても素っ気なくて悲しい…
でも、めっちゃ好きなんです!そういう場合どうすればいいですか?
教えてください!
かなよこ
男の子/17/神奈川県




水川あさみ「かわいいね。そうだね〜、芽郁ちゃんだったらどうする?学校にすごい好きな子がいてさ、頑張って話かけてみたりする?」

芽郁「めっちゃ好きってことは、きっとそれなりにその人のことをいっぱい知ってるわけですよね?」

水川あさみ「いやあ、知らないことだってあるでしょ」

芽郁「え!?知らないで好きに…なれるのか」

水川あさみ「この子の始まりは分からないけど、例えば、知らなくても佇まいが好きとか」

芽郁「あ〜」

水川あさみ「運動してる姿がかっこいいみたいな。男子同士で話してるのが楽しそうで好きとか」

芽郁「あの笑顔がかっこいいとか」

水川あさみ「そういう感じもあるじゃん?」

芽郁「え〜そっけなくされたらどうするか…」

水川あさみ「どうする?」

芽郁う〜ん、倍のテンションでいく

水川あさみ「あはは(笑)それ「ドドンっ」じゃない?今の名言だよ(笑)」

芽郁倍のテンションでいく!


(ドドンっ!)


水川あさみ「いえーい!(笑)」

芽郁「やったー!」

水川あさみ「いいよ!」

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「これは大事ですよね?普通にしたらそっけないんだから、「うざっ」って言われるくらい「がーんっ!」っていけば、無視するわけにはいかないじゃないですか!

水川あさみ「たしかに!そっけなくできない倍のテンションでいくってことね。いいかも!」

芽郁「頑張ってください!」

水川あさみ「はい!頑張ってください」

芽郁「続いて!RN 俺の話を聞け。ふっ(笑)笑っちゃった」

水川あさみ「何で?(笑)」

芽郁「聞きます!いっぱい聞きます」

水川あさみ「お腹痛い(爆笑)」

芽郁「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!




受験生なのですが、好きな人ができてしまい受験勉強に全力を注ぐことが
出来なくなってきてしまって、どうすればいいのかわからなくなってきました。
相手も受験生なので迷惑はかけたくないと思っています。
相手とは、ほとんど話したことがなくお互いおとなしいので、
アプローチの方法もあまりわかっていません。
どのようにアプローチしたらいいのでしょうか。
また、今アプローチしてもいいのでしょうか?
俺の話を聞け
男の子/18/大阪府




水川あさみ「ほー、なるほど」

芽郁受験生の悩みだ

水川あさみ「そうだな〜。向こうが好きってわけではないんでしょ?だったらもうガンガンいったらいいんじゃない?」

芽郁お互いがおとなしいから、話しかけられないんじゃないんですか?

水川あさみ「どうするかな〜。受験生ってことを逆手に取ってさ、この時期、勉強しなくちゃいけないってことは付き物じゃん。一緒に勉強すればいいんじゃない?

芽郁ええ!?なに、したい。

水川あさみ「ふふ(笑)違う、違う、俺の話を聞けさんのことだから

芽郁「ああ、そうだ、私のことじゃない、違ったか」

水川あさみ「落ち着いてほしいね(笑)」

芽郁「そっか、勉強良い!」

水川あさみ「どこか、図書館とか?」

芽郁「マック!マック!」

水川あさみ「マックか!行ったりとかね」

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「じゃあ水川さん。私はもう何も言うことはないので、今のことを名言風に言ってくれたら「ドドンっ」が鳴るはずなので。名言お願いします!」

水川あさみ「はい、じゃあ言いますね」

水川あさみ受験生ってことを逆手に取って、一緒に勉強すればいいんじゃない


(ドドンっ!)


水川あさみ「やった」

2人「いえーい!」

芽郁「めっちゃかっこいい言い方」

水川あさみ「そんなたいした事言ってないけど、すごい偉くなった気分なんだよね(笑)」

芽郁私が想像する、大女優さんの言い方だった(笑)「すればいいんじゃな〜い」って。これから私もそういう風にやっていけばいいのかな」

水川あさみ「あはは(笑)ぜひ使って!」

芽郁「みなさん、ぜひ頑張ってください!」

水川あさみ「頑張ってください!」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


芽郁「ということで、時間になってしまいました」

水川あさみ「早いね」

芽郁「水川さんとはここでお別れですよ」

水川あさみあっという間だったね。でも楽しかったね!

芽郁なんかあと31日間分くらい喋りたい!

水川あさみ「みんなくったくただよ(笑)」

芽郁「誰も途中聞いてないみたいな。え〜、また遊びに来てください!

水川あさみぜひぜひ呼んでください!いつでも飛んでくるから!

芽郁「ありがとうございます!」

水川あさみ「はい!」

芽郁「ということで私とはまた明日!永野芽郁と!」

水川あさみ「水川あさみでした!」

2人「ばいば〜い!」


(ドドンっ!)


水川あさみ「やったー!」

2人「いえーい!」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!

永野芽郁のGIRLS LOCKS!

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る