過去の投稿

June 2019 の投稿一覧です。
カテゴリー: LiSA
投稿者: nakashita
SCHOOL OF LOCK!


LiSA「生徒のみなさんこんばんは!登校最終日!LL教室の講師、LiSAです!」

LiSA「さあ、今夜の授業ですが、昨日に引き続き、この方と一緒にお届けしたいと思います!それでは自己紹介をお願いします」

梶浦梶浦由記です。よろしくお願いします」

LiSA「よろしくお願いします!!」

LiSA「さて、今夜は梶浦さんと一緒にこちらの授業をお届けしましょう!では、黒板を書きますね」

梶浦「お〜!黒板出ましたねー!」

LiSA「黒板出ました!梶浦さんは、13年ぐらい前に黒板を書かれてますね・・!」

梶浦「そうですね、1回ゲストでお邪魔してます」

LiSA「なんか栗山千明さんのGIRLS LOCKS!にということで。今回も私は黒板を書きました」

LayOut

SCHOOL OF LOCK!


LiSA「今夜は、先月生徒の皆さんに宿題として出していた「Layout」の授業をお届けしたいと思います。生徒の皆さんが、将来こんな風になりたい!という「自分の人生の理想のレイアウト」を教えてもらう授業ですが・・・ちなみに私は、10代の時に16歳までにデビューして、20歳くらいには安室ちゃんみたいになっている!というか、もうSPEEDに入りたい!あの、SPEEDさんみたいになりたいんじゃなくて、SPEEDになる!」

梶浦「はい」

2人「あははは〜!!」

LiSA「って!思ってました!!」

梶浦「うんうん」

LiSA「という話を前回させてもらったんですけど、梶浦さんは、「Layout」のお話として、最初に音楽を始めたのはいつ頃ですか?」

梶浦「音楽始めたのは・・まあ何を持って始めたというのか、幼稚園の時にピアノを習い始めたっていうのが一応始まりですかね〜」

LiSA「うーん、その時はもう、音楽家になるぞー!!って言って・・?」

梶浦「何も全然。私一応、大学を卒業するぐらいまでは人生のレイアウトがきちんとあって、女性が一生働ける、福利厚生がしっかりした企業に入り、27歳で結婚し、産休を取り、2人の子供を儲け定年まで勤める・・っていうレイアウトがもう、中学ぐらいからちゃんとありました」

LiSA「めちゃくちゃしっかりした子供だったんですね・・!!(笑)」

梶浦「そうですね。全く音楽のカケラもないレイアウトで」

SCHOOL OF LOCK!


LiSA「そうだったんですね。でもそのレイアウトは、どのあたりから変わったんですか??」

梶浦「まあ、バンドはやってたんですね。でもうちの家族って、親戚から遠縁まで探してもみんな会社勤めをしている家だったんですよ。だから、人生というのは会社勤めをするものだと思っていて、音楽をやってる人が職業としてこの世にいることは知ってるけど、あの人たちはなにか異界の生き物だ!と思っていたんですね」

LiSA「あははは〜!!!」

梶浦「だからそこに自分が入り込むって気持ちは一切なく、アマチュアバンドをやってたんです」

LiSA「は〜〜そうなんですね〜〜」

梶浦「でもまあ就職してもバンドは続けてたんですけど、まあそこでちょっと声をかけていただいて、「君たち本気でやってみないか」的なことになり・・。だから私すごくデビューが遅くて、27歳の時なんです」

LiSA「あ、そうなんですね・・・!」

梶浦「それまでは普通にOLを勤めてました」

LiSA「あ、それまでは、もう結婚して子供も産んで・・っていう人生設計が続いていたんですね・・!」

梶浦「そう自分のレイアウトで結婚するはずだった年にデビューして」

LiSA「は〜〜〜・・!音楽と結婚されたんですね・・!!」

梶浦「あーそう思うようにします!!素晴らしい!!」

LiSA「なるほど〜!へ〜〜〜面白いですね。で、そこから、バンドをやられていて、その後に梶浦さんお1人でそれこそ「FictionJunction」として・・」

梶浦「そうですね、いわゆるサウンドトラックのお仕事をいただいて、インストゥルメンタルは全然書いたことなかったんですけど」

LiSA「ええええ〜〜〜〜〜!??」

SCHOOL OF LOCK!


梶浦「まあご縁があって、初めて3曲だけインストゥルメンタルを生まれて初めて書いたんですよ。そしたらあろうことか、その内の1曲が映画に使われることになってしまい・・。どうせならその映画の曲を全部作らないか?って話になり。まだ3曲しか書いたことない人間がいきなりサウンドトラックひと映画分作らなきゃいけなくなり、それがきっかけでサウンドトラックの世界に強引に行った感じでしたね。ただそれが面白ろくて、あ、こんな楽しい世界があったんだ・・!って。本当にそれまではサウンドトラックとか劇伴って仕事がこの世にあることさえ意識せず、映画に音楽なんて流れてたっけ?ぐらいの感じだったのが、いきなりサウンドトラックの世界に連れて来ていただいて、そこからもう楽しくずっとやってますけど〜」

LiSA「うーん、じゃああの時に会社員になるという人生設計を選んだ梶浦さんも間違ってなかったですね」

梶浦「そうです、私のレイアウトはもうボロボロに崩れてるんですけど・・」
2人「あはは〜!!!」

梶浦「でもきっとね、リスナーの皆さんはちゃんとしたレイアウトを立てられてるんじゃないでしょうか」

LiSA「でもそれは叶う叶わない、じゃなくて立ててみるっていうのが」

梶浦「そうですね、面白いですね」

LiSA「うーん!それと、合ってるか違ってるかって後から答え合わせするのもきっと楽しいと思います。だって梶浦さんが会社員のレイアウト立ててたなんて、きっと誰も思ってなかったですよ!」

梶浦「ピンヒールで虎ノ門歩いてましたよ・・!!」
2人「あははは〜〜〜!!!」

LiSA「すごい!!」

梶浦「そんな時代がありました」

LiSA「はい、生徒の書き込みも1通紹介していきましょう!」


私は小学生の時に、ロボットの存在を知って、将来自分自身のロボットを作り上げたいと思いました。
中学生の頃はお小遣いをためて、ロボットアームのキットを買って組み上げてみたり、大学で今実際にAIについて、機械の材料について勉強しています。
私の理想の人生は、この後ロボットに関わる会社に就職して3年から5年、知識を積み上げてお金を貯めて、35歳くらいから、1から自分で、世界に一台だけの自身のロボットを作り上げ始めることです。
ロボットの名前は、LiSAの曲にもある「TODAY」なんかいいと思います。

健拳
神奈川県 22歳 男の子


SCHOOL OF LOCK!


梶浦「すごい!!!なんて素晴らしいレイアウトなんでしょう!!」

LiSA「素晴らしいですし、本当にすごく明確ですね・・!!!」

梶浦「もうだって、On the wayというか、叶え始めてるじゃないですか、着々と。すごいですね〜」

LiSA「素晴らしいですね〜。でもその、自分の歌を、こうやって重ねてくれているっていうのが」

梶浦「すっごい喜びじゃないですか。きっとあと十何年ですよね。この方はすごいロボットを作り上げて、世界中のニュースに出て、「実はこの「TODAY」っていう名前は、僕が敬愛するシンガーのLiSAさん・・・!!!」バーン!って「TODAY」が流れますよ!」

LiSA「もう涙が出ます・・・・!!!!もう、映画にしないとダメですね・・!!!!」

梶浦「そうですね!」

LiSA「その時の劇伴は、必ず・・・!!!」

梶浦「頑張ります!!(笑)」

LiSA「いや、やばいよ「健拳」!!それが映画になったら梶浦さんが曲作ってくれるかもしれないよ!!!」

梶浦「絶対作るし!!」

LiSA「そんな夢まで・・私たちの設計まで繋がってるんで、ぜひ叶えて欲しいですね」

SCHOOL OF LOCK!


梶浦「うん、これはかっこいい話だなーーー」

LiSA「うーん。ということで ラジオネーム「健拳」さん、頑張って理想の人生レイアウトを実現してください!では、1曲お届けしましょう!TVアニメ「鬼滅の刃」エンディング主題歌、「FictionJunction feat. LiSA」で「from the edge」


(M)from the edge / FictionJunction feat. LiSA 


LiSA「FictionJunction feat. LiSA」で「from the edge」を聴いていただきました!」

梶浦「フーフー!!」

LiSA「今日もかっこいいー!!」

梶浦「LiSAかっこいいー!!」

LiSA「梶浦さんかっこいいー!!(笑)はい、ということで、この「from the edge」は、6月30日からテレビサイズver.が配信されます!ぜひゲットしてください!」

梶浦「ぜひ聴いてください〜!」

LiSA「さて、2日間に渡って梶浦由記さんと一緒にお届けしてきました!」

梶浦「お世話になりました!」

LiSA「いやーー、緊張したーーーー!!!」

梶浦「いやでも語り尽くせないことばっかりでしたね〜!」

LiSA「本当ですね!ちょっといつかご飯連れて行ってください〜!」

梶浦「ぜひぜひー!!行きましょうー!!」

LiSA「私たちのボーカル会にも、ぜひ梶浦さん・・召喚・・・!?」

梶浦「あーもう行きたい!!!物凄く行きたい!!」

LiSA「梶浦さんにお世話になったボーカルとしてお待ちしてますので!」

梶浦「よろしくお願いします!」

LiSA「ということで、私とはまた来月お会いしましょう!LL教室の講師、LiSAと!

梶浦梶浦由記でした!

LiSA「梶浦さん、今日も最後に一緒に言っていただいてもよろしいですか?
梶浦「もちろんです!」

LiSA「はい、ということで!今日もいい日だっ
2人「ばいちー!!

★「Layout〜理想の人生レイアウト〜」
→ぜひ、具体的な将来の夢や理想の人生設計を【 LiSA掲示板 】に書き込んでください!お待ちしてます!!

SCHOOL OF LOCK!
カテゴリー: LiSA
投稿者: nakashita
SCHOOL OF LOCK!


LiSA「生徒のみなさんこんばんは!3日目の登校!LL教室の講師、LiSAです!」

LiSA「さあ、今夜の授業ですが、この方と一緒にお届けしたいと思います!それでは自己紹介をお願いします。」

梶浦梶浦由記です。よろしくお願いします」

SCHOOL OF LOCK!


LiSA「梶浦さんだーーーー!!!」

イエーーーーイ!!!

梶浦「すごい歓声が上がった・・・!!」

LiSA「いやもう、なんか、あの、来てくださるんですね!本当に!!」

梶浦「いやもうどこでも来ますよ!」

LiSA「そんな私「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」みたいに梶浦さん召喚した気持ちですもん!!「私梶浦さんのカードでたーーー!!!!」みないな気持ちで「めちゃ強い人でた!!!」って感じですもん!!」

梶浦「「あたなが私のマスターか」みたいな(笑)」

LiSA「失礼しました(笑)ちょっと最初からアニメの話しちゃいましたけど!はい、梶浦さんとはそれこそ「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」だったり「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」だったり、いろんな場所で」

梶浦「実はすごいご縁があったんですよね」

LiSA「ね!私がオープニングたエンディングを歌わせていただいている作品の中で、梶浦さんが「劇伴」って言いますか?」

梶浦「「劇伴」って言いますね。アニメの中のBGM・音楽のことを、「劇伴」って俗に呼びますね」

SCHOOL OF LOCK!


LiSA「はい、そちらを担当されていたりとか、それこそ「Kalafina」さんの音楽も作られていたので、私もKalafinaさんと結構たくさんご一緒させていただいて」

梶浦「そうですよね!色々イベントとかでもお世話になったりしてましたもんね」

LiSA「はい。なので、お目にかかってはいましたし、色んな場所で接触というか、すれ違っては・・」

梶浦「「こんにちは〜!」みたいな!感じでしたよね〜」

LiSA「ですよね。言っていたんですけど、なんと今回、私が今オープニングとエンディングを歌わせていただいてる、現在放送中のTVアニメ「鬼滅の刃」。こちらの劇伴を椎名豪さんと一緒に手掛けられているのが、梶浦由記さん

梶浦「はい」

LiSA「そして、その「鬼滅の刃」のエンディング主題歌「from the edge」を梶浦由記さんとタッグを組ませていただきまして、「FictionJunction feat. LiSA」 という名義で歌わせていただきました!

梶浦「はい」

LiSA「なんか、難しい言葉がいっぱい出て来て・・ちょっときっと混乱しますよね」

2人「(笑)」

LiSA「「え?「FictionJunction」だけど梶浦さんで、「鬼滅の刃」のオープニングとエンディングもLiSAだけど梶浦さん???」みたいな」

梶浦「はい。「FictionJunction」をちょっとご説明しますと、私は歌をうたえないので、どなたか歌い手さんと組んで曲をリリースする時に、「梶浦由記プラス◯◯」っていうのもなんかな、と思って、梶浦由記=FictionJunctionなんですよ。だから、「FictionJunctionプラス◯◯」って名前がある時は、「あ、梶浦由記とこの方が組んでるんだな!」と思っていただけると分かりやすいです」

LiSA「なるほど!分かりやすいです。要するに、梶浦由記さんのソロプロジェクトの名称ってことですよね」

梶浦「そうです!」

LiSA「梶浦さんとは今回初めて一緒にお仕事をさせていただいたのですが・・・さっきも言ったみたいに色んな場所ですれ違って、ふんわ〜りした優しい雰囲気の方だなと思いつつ、音楽を聴くと壮大で!巧妙で!もうすごく細かく音楽を作り上げていらっしゃる方なので、実はめちゃくちゃ怖いんだと思ってました・・・!!」

2人「(爆笑)!!」

梶浦「いやいや!全然怖くないですよ〜!!」

LiSA「この笑顔とふんわ〜りした空気の裏には、「アイツこういう所で今私の横に並んだわね・・!」みたいな!!」

2人「(爆笑)!!」

梶浦「いやいや!怖くないですよ〜!!」

LiSA「しかも梶浦さんにお会いすると、お仕事とかイベントでご一緒の時、差し入れでね、いつもお土産をくださるんですよ」

梶浦「あ〜〜はい」

LiSA「で、こんなに素晴らしい人間なんているのか!!と!いるわけない!!と!絶対何かある!!!梶浦さんの裏には絶対何かある!!!ってビクビクしながら曲をいただき、レコーディングに参加させていただいたんですけど、あの・・・そのままの・・・」

2人「あはははは〜!!」

LiSA「とっても素晴らしい方でした!!」

梶浦「っていうかボーッとしてる方かな〜って思います」

LiSA「いえいえ〜。でも作品に対する愛情もそうですし、だから梶浦さんってすごく色んな作品の劇伴を担当されていて、それでいてすごく色んな世界観に寄り添える方なんだなーととても感じました」

梶浦「あーもう、ありがたいです。愛情っていうのはほんとで、私は思い入れしないと結構作れないタイプなんで、担当する作品はもう絶対に、強引に愛するようにしてますね〜」

SCHOOL OF LOCK!


LiSA「なんか、別の場所でも結構梶浦さんのお話をするんですね、ボーカル会でも!」

梶浦「ボーカル会!?」

LiSA「はい!(笑)」

梶浦「ちょっと行ってみたいボーカル会!!」

LiSA「あはは〜!そう梶浦さんの歴代の曲を歌われた方たちにも、こっそり私は、「今度梶浦さんの曲を歌わせていただくんですけれども、どういう心構えで行ったらよろしいでしょうか・・!!」って」

梶浦「すごい・・!!陰のリサーチが・・・・!!」

LiSA「って言ってたんですけど、でも皆さん、「梶浦さん本当に丁寧で、自分たちのことを考えてたくさん作ってくださるので、なにも心配いらないよ」って」

梶浦「そのボーカル会の会合、めちゃくちゃ行ってみたいですね・・・!!」

LiSA「いやでも、本当に不思議で、梶浦さんの作られる曲はもちろん梶浦さんの色が出てるんですけど、それぞれのボーカルにきちんと寄り添われる音楽を作られてて」

梶浦「もうそう言っていただけるとすごいありがたいんですけど、私「声萌え」するタイプなんですよ」

LiSA「声萌え・・!」

梶浦「だから、なんだろう、その人の声を自分の中でシュミレートして、「この人の声でこの言葉をこの音程で歌ったら、あーこの人はこのへんの音程が絶対得意だ!」とか、「こういう言葉尻がすごくかっこいいからこれをこういう風にこの人が歌ったらもう、どれだけゾクゾクするかな!?キャー!!」とか言いながら曲書いてるんで・・(笑)」

LiSA「かわいい!!そんな風に思いながらあの壮大な曲が出来るんですね・・・!!」

梶浦「う〜ん!めちゃくちゃだからそれがこう実際歌っていただいてハマってくると、「クゥ〜〜〜〜!!」ってなる!本当に割と、ククッて言いながら作ってます」

LiSA「もうだってレコーディングの時もそうですもんね!」

梶浦「そうです、「来た来たー!!」って言いながら!」

LiSA「「LiSAさん今のー!!!」とか!」

梶浦「そうそう!」

LiSA「「今のここら辺がすごく萌えました!」みたいな!なんかこんなに褒めてもらえるレコーディングなら毎日でもしたい!!って思って」
2人「あははは〜〜!!」

LiSA「っていうぐらい、梶浦さんがブースの中にいる私たちのことも気を遣ってきちんと盛り上げてくれる・・!」

梶浦「盛り上げてるっていうよりは、ただ萌えてるだけなんですけど」

LiSA「あははは〜!」

梶浦「なんかね、大体1番はじめに歌っていただくとこの1行がすごい好きだ!ってすごい分かるんですよ。「あ、ここ好きだな」って」

LiSA「へぇ〜〜〜〜〜!!」

梶浦「もうそのくら歌い手さんって分かりやすいので」

LiSA「なるほど〜〜〜〜」

梶浦「そこから詰めていくにしてもやっぱり歌い手さんが気持ちいい曲をやっぱり書きたいっていうのがもう、作曲家の1番の欲だと思うんですよね。ある意味その後曲の評価とかっていうのは後で来るので、やっぱり歌い手さんが気持ちいいっていうのは、もう1番のやっぱり、それが達成できたらもう曲を書いた意味はあったなって思ってます」

LiSA「なるほど〜〜〜〜。私は今回、この「from the edge」がすごく好きなのは、伝わってますか??」

SCHOOL OF LOCK!


梶浦「あのー、もう、嬉しいです・・・!!そう言っていたんですけど。やっぱり初めてだとね、お互いに色々試しながらっていうところがあるので、すごく私は「ここにこうしてほしい!」とか、「こう来たらきっとLiSAさん楽しいんじゃないかな・・!」とかすごく思いながら書いてたんですけど、もしLiSAさんもそう思っていただけたとしたら、ひとつ達成出来たかな・・!って思えるので、物凄く嬉しいですね」

LiSA「曲をいただいた時から、もちろん梶浦さんの世界観もすごく伝わってましたし、すごく歌詞を読みながらも梶浦さん自身が私に寄り添ってくれているなっていうのはすごく感じていたので、じゃあ私はこれをどんな風に表現しようか!っていう、表現の手札を10枚ぐらい持ってたんですね」

梶浦「あ、すごくでもね、すっごいそれを色々見せていただきましたよね〜」

LiSA「そう、「梶浦さんどれが好きかな・・・!」みたいな!どれを求めてくれてるんだろうかっていうのを全部試させていただきながら、でも梶浦さんがたくさん導いてくださって、その中からどんどんどんどん固めてくださって、もうね、1番最初「悲しみに」って言葉から始まるんですけど、「もうそこだけで全部を持っていて」って言われて・・!もうその言葉に私、「ここにもう魂置いていく!」みたいな気持ちで!「悲しみ〜」てもう全てを置いて」

梶浦「すごく想像してるんですよ、心の中で「LiSAさんはこの歌詞を絶対こう歌って来る!!」っていうのがあって、でも大体ね、越えられちゃうんですよ、そんな私の想像は!」

LiSA「いや〜〜〜〜〜!!」

梶浦「今回も裏切られまくって、「もう参りました!!!かっこいい!!!」って言いながら録ってました、本当に!」

LiSA「嬉しいですね〜〜〜〜〜〜〜」

梶浦「私、ミックスも100回ぐらい聴いてます!!「LiSAかっけえ!!!」みたいな!感じになって!」

LiSA「私も、完成形が想像できていない状態でレコーディングに挑ませてもらって、自分の中の手札を、どれをやろう〜って思って、でも現場で梶浦さんにたくさん導いていただいて、引き出していただいて出来たものを私も100回ぐらい聴いてます!!」

梶浦「いや〜〜〜嬉しいですね〜〜〜」

LiSA「はい。では、1曲お届けしましょう。TVアニメ「鬼滅の刃」エンディング主題歌、「FictionJunction feat. LiSA」で「from the edge」」

(M)from the edge / FictionJunction feat. LiSA 

LiSA「FictionJunction feat. LiSA」で「from the edge」を聴いてもらいました!」

梶浦「ヒューヒューLiSAかっこいい!」

LiSA「梶浦さん素敵ですー!いや、最後の「ン〜〜ア〜〜ア〜〜」って、梶浦節!」

梶浦「そう、あれね」

LiSA「梶浦ごめちゃくちゃ楽しかった!!聴いた!?みんな!!私の声なんだよ!!こちらの曲のテレビサイズver.が、6月30日から配信スタートします!絶対聴いてほしいですねー!!」

梶浦「聴いてほしいですねーーー」

LiSA「フルver.もめちゃくちゃかっこいいんですよね!」

梶浦「それが結構かっこいいんですよ!」

LiSA「そうなんですよ〜〜〜!そちらん情報解禁もお楽しみに!!さて、明日も梶浦由記さんと一緒にお届けしたいと思います。梶浦さん、明日もよろしくお願いします!」

梶浦「明日もよろしくお願いします!」

SCHOOL OF LOCK!


LiSA「ということで、私とはまた明日お会いしましょう!LL教室の講師、LiSAと!

梶浦梶浦由記でした!

LiSA今日もいい日だっ

2人ばいちー!

LiSA「・・かわいいー・・!!」
カテゴリー: LiSA
投稿者: nakashita
SCHOOL OF LOCK!


LiSA「生徒のみなさんこんばんは!登校2日目、LL教室の講師、LiSAです!」

「さあ、今夜は先月募集したこちらの授業をお届けしたいと思います!では、黒板を書きますね!」

SCHOOL OF LOCK!


Learn

「学ぶ!という意味です。LiSA先生は「先生」ですが、この授業は生徒の皆さんが逆に先生となって私が学びたい事を教えてもらいたいと思います」

「ということで、前回宿題で出していたお題がこちら!」

「Learn 〜生徒のみんな休みの日の過ごし方を教えて!」

「生徒のみんながお休みの日にどんな遊びをしているのか、気になる!ということで、生徒の皆さんから届いた書き込みを紹介していきましょう!」


learn 休日の過ごし方
休日は予習・復習をしてから、スマホゲーム(音ゲー)をやり込みます。
友達とカラオケに行ってLiSA先生の曲を歌いまくります笑い。

馬コーラ
奈良県 18歳 男の子


「ふふふ。すごい、最初めちゃくちゃ真面目かと思ったら、音ゲーに行ってカラオケに行くっていう…!実は遊んでる方が長いんじゃないかっていう、「馬コーラ」やるなぁ〜。なるほどね〜。でもちゃんと予習・復習してるの偉いですね。でも最近はやっぱ音ゲーなんだなー」

「そして!」


LiSA先生の曲を熱唱!
休みの日はカラオケに行って、LiSA先生の曲を下手ながらに熱唱させて頂いてます!
LiSA先生の曲は歌ってて気持ち良くて、街中でも口ずさんじゃいます笑

LiSA大好きメイプル
北海道 19歳 男の子


SCHOOL OF LOCK!


「ははは〜なるほど!カラオケなんだね。さっきだって「馬コーラ」さんもカラオケって言ってたね。でも私の曲をカラオケで歌うの大変だと思うんだよね。私も自分の曲カラオケで歌わないもん…!(笑)でも歌いたくなってもらうのはすごい有難いですね。ライブのところもやってもらってるかな?「横アリー!!」とかってやってくれてるかな…(笑)」

「はい!」


休日
私は、休日お菓子作りしています。
1週間に1回にできるのでめっちゃ楽しいです!

house walk
兵庫県 15歳 女の子


「うぉ〜〜女子力高い…!!休日にお菓子作りしたらさ、だって学校のみんな待ってるでしょ?平日とかにさ「あ、今日はなに作ってきてくれるかな?house walk…!」って、きっと思うじゃん〜?私ね、あのゼリー入ってるクッキー好きなんだよね〜、作って欲しいな〜〜(笑)」


休日
休日のオススメの過ごし方あります!!というか、
忙しい人こそオススメです!!!

まず、好きなドラマとかアニメとか映画の種類ってあるじゃないですか。
刑事ドラマが好きとか、恋愛ドラマが好きとか!!
私は、刑事ドラマが好きなんですけど、平日の昼って、大体「相棒」の再放送やってるんです!!
他にも色んな時間帯にいろんなジャンルのが放送されているじゃないですか?
それを録画しまくるんです!!

そして、それを1日かけて見まくるんです!!
「相棒の日」とか「アクション映画の日」って決めてそれを見ることしかしません!!笑
ちなみにハリーポッターもオススメです!!

青RINGOがーる
埼玉県 15歳 女の子


「ははは〜!なるほど〜!刑事ドラマが基本的に好きなんだけど、ハリーポッターも好きなんだね(笑)でもね、やっぱね、自分でテーマを決めて遊び方を決めるってすごいいいですね。すごいいい休日の過ごし方だと思いますよ。忙しい人こそオススメの見方っていうのはちょっと分かんないけど!(笑)早送りするとかじゃないんだね(笑)」


休みの日は
休みの日はライブハウスに行ったりして、
色々なアーティストを聞きに行ってます!

スイーツホームバトルフィールド」
秋田県 23歳 女の子


「うわーー素晴らしいですねーーーー。それは楽しいですねーーー。でも、毎休日行ってたお金が足りないですね…(笑)いやでも音楽好きなんだね。いやー素晴らしい休日の過ごし方」

「なるほどね〜。それぞれ色々ありますね!皆さん、たくさん教えてくれてありがとうございました!」

「じゃあ次に教えて欲しい事を発表します!こちら!」

「Learn 〜生徒のみんな夏の思い出を教えて!」

「はい、ということで、今回はみんなの休日の過ごし方を教えてもらったんですけど、これは結構ね、普通の日、季節関係なくいつでも、な、お休みの過ごし方だったでしょ?割と結構インドア派が多かったと思うんですけど〜」

「でも、次は夏の過ごし方。例えばスイカ割りするとか、花火に行くとか、なんかそれぞれ色んな思い出があるじゃないですか。それがね、生きてる年の数だけあると思うんですよ。それをね、みんなの夏の思い出、教えて欲しいですね」

「私結構ね、アンケートとかで聞かれるんですね。「1番の夏の思い出教えてください」とか。ぜんっぜん出てこない!(笑)うーんアジアツアーしてたな〜みたいな!うーんフェスだったかな〜みたいな!(笑)こう、音楽のことしか出てこない。だからね、なかなか思い出せないんですね、昔の夏の思い出。だからみんなのをちょっと参考に聞いてみたいですね」

「ぜひ、LiSALOCKS!掲示板に書き込んでください」

「では1曲。7月3日にリリースになるLiSAのニューシングル「紅蓮華」のカップリング曲を1曲、今夜も初解禁したいと思います」

「それでは聴いてください!LiSAで「やくそくのうた」」


M  やくそくのうた / LiSA    


SCHOOL OF LOCK!


「LiSAで「やくそくのうた」を聴いてもらいました!」

「めっちゃ可愛いでしょ〜??LiSAの可愛い曲を作ってくれる人といえば……(UNISON SQUARE GARDEN)の田淵先輩ですね!はい、田淵先輩が作ってくれました。作詞も田淵先輩が作ってくれています!」

「この曲、ライブの最後に、せっかくツアーが始まるからみんなと各地に行って、私もLiSAの活動が今9年目なんですけれども、みんなと出来た信頼の中、また会う約束をしなくてもきっと会えるだろうな〜と思いつつ、なんとなーくみんなが元気にやってるだろうなっていうのが、会ってない時間もすごく想像できるぐらいすごく信頼ができたな〜って思った時に、こういう身近なね、信頼できる人との勝手なやくそくのうたができたらいいなーって思って。そんな曲をライブの最後の方に歌えたらいいなと思って、田淵先輩にお願いしました」

「そしたらさあ〜、可愛い歌詞書くじゃん??(笑)でしかも、これを歌ったのが横浜アリーナのライブ終わってすぐだったんですね。だからより気持ちが入っちゃって…!みんなと早くこれ歌いたいなーって思いながらレコーディングしましたよっ!なので、聴いてくださいね。お楽しみに!」

「さて、このLiSALOCKS!では、生徒の皆さんからのメッセージを待っています。ぜひ、新曲「やくそくのうた」の感想を書き込んでくださいね!LL逆電希望の生徒もぜひ書き込んでください!アドレスは<www.tfm.co.jp/lock>ロックのスペルはエルオーシーケーです!」

「さて、明日のLiSALOCKS!は…このLL教室に梶浦由記さんが登場します!お楽しみに♪」

「ということで、私とはまた明日お会いしましょう!LL教室の講師、LiSAでした!今日もいい日だっ。ばいちー!

「Learn 〜生徒のみんな夏の思い出を教えて!」
こちらのテーマを【LiSALOCKS!掲示板に、ぜひ書き込んでください。お待ちしています☀️
カテゴリー: LiSA
投稿者: nakashita
SCHOOL OF LOCK!


LiSA「生徒の皆さん、こんばんは。6月初登校!LiSAのスペルは L・i・S・A!LiSA先生でーす!!」

「さあ、1ヶ月ぶりの登校ですが…今月のLiSALOCKS!は、スペシャルな授業内容でお届けしていきますよ〜」

「まず、今日と明日は、7月3日にリリースになるLiSAのニューシングル「紅蓮華」のカップリング曲を、1曲ずつ世界初解禁!したいと思います!!いや、まだ誰も知らない!誰も知らない、私も緊張してます!ドキドキしてます。もう、耳をかっぽじって聞いといてよ!」

「そして今週の水曜日と木曜日は、TVアニメ『鬼滅の刃』のエンディングテーマ「FictionJunction feat. LiSA」でもお世話になっている梶浦由記さんがこのLL教室にゲスト講師として登場します!これはすごいことですよー、結構いろんなアニメに「劇伴」と呼ばれる音楽を作っていらっしゃる梶浦さんですが、神様を私は召喚します。なかなかこれね、アニメいっぱいやってる人でもね、梶浦さんは召喚できないよ!ということで、お楽しみに!」

「では、今夜の授業を初めていきましょう!まずは黒板を書きます」

SCHOOL OF LOCK!


LATEST

LiSA「atest」

「「最新」という意味ですね。今夜はLiSALOCKS!掲示板に届いた最新の書き込みを紹介していきましょう!」

LiSA「まずは…」


紅蓮華のMUSiC CLiP拝見しました!
タイトルが紅蓮華なだけあって、赤が目立ちますね!
さらに、二匹の鬼が舞う中で感情を露にして歌っているLiSA先生がかっこよすぎて、ループ再生してたら1時間半ぐらい経ってました!笑(ガチ)
夏に開催されるLiVE is Smile Always 〜紅蓮華〜の福岡は友達と参戦します!

キジムナ
福岡県 16歳 男の子


SCHOOL OF LOCK!


「ありがとうございますー!紅蓮華のMUSiC CLiPが公開されましたが、ご覧頂けましたか?」




「そう、「キジムナ」さんも言ってくてれますけど、今回2匹っていうのかな?鬼って。2人?2こ?2匹でいっか!2匹の鬼を従えて私も思いっきり歌ってるんですけど、私も実は心の中に鬼があるんじゃないかみたいなこと含んだ鬼メイクをね、しておりますね。撮影自体はすごくシンプルで白い背景に私と鬼と、をして赤っていう、印象的なものがバンバンバン!ってあることによってとてもかっこいい、シンプルなのに奇抜なMUSiC CLiPになっております」

「それもあって、鬼のかっこよさとか歌の気持ち良さとか、映像の綺麗さだったりとかがすごく、寄り目立つものになってるなと思います、めちゃくちゃ好きです!!こちらは初回盤に入るので、絶対ゲットしてほしいですね!メッセージありがとう!」
「続いて…!」


ライブ&ドキュメント、しっかりと見させていただきました!
LiSA先生がLiSALOCKSで話していた、豚まん事件、聞いていたよりもかなり深刻そうで見ていてハラハラしました・・・汗
ライブとドキュメントが交互に収録されているのは自分としては新鮮で、LiSA先生の気持ちとかもしっかり分かって良かったです。

りるとん
福岡県 19歳 男の子


SCHOOL OF LOCK!


「「りるとん」…ごめんね。そうなんですよね、豚まん事件、このラジオでハハー!豚まんも収録されてるよーハハー!なんて喋っていたら、見てる人はびっくりしてるかもしれないですね」

「先日、私は初めてのLive&Documentを発売させていただいてんですが、このLive&Documentを観た生徒からたくさん感想が届いていまして、「りるとん」さんみたいに豚まん事件に関して同じ感想を持ってる方がたくさんいらっしゃいました!ごめんね〜〜!」

「でも、その初めてのLive&Documentということもあって、今は後日談なのでヘラヘラして話せるんですけど、あの時は私もめちゃくちゃハラハラしてたんですよ!実際ライブの途中に突然パンッ!って声が止まっちゃって、どうしよう!ってなって、それもハプニングとして裏にそのままカメラが来て、私がどうしようって言ってみんながバタバタしてる図だったりとかがそのまま収録されているので、結構物々しい感じで入ってるので、観ていてハラハラしますね。でもそれ含めてすごくいいライブだったからそれも含めて入ってるんですけど。それを観た後であのライブの完成形を見ると、より感動する!みたいな」

「きっとスタッフが感じていたことをフロアのみんなも後から一緒に感じてもらえることってなかなかないと思うので、収録されています」

「では1曲。お知らせした通り、7月3日にリリースになるLiSAのニューシングル「紅蓮華」のカップリング曲を、1曲初解禁したいと思います!」

「それでは聞いて下さい!LiSAで「“PROPAGANDA”」


M “PROPAGANDA” / LiSA


「LiSAで“PROPAGANDA”を聴いてもらいました!」

「いやー、かっこいいでしょ?そして、物々しいでしょ?これね、もう、PABLO a.k.a. WTF!?さんが作曲してくださったんですけど、この曲きたときにめっちゃかっこいい!これライブでやりたい!!って言って始まったんですね。でもこの楽曲に日本語乗せるのってどっちかっていうと表乗りというか、ダダダダダダーって表に音符が詰まっているものがすごく多いんですけど、今回この曲はどっちかっていうと…裏乗りというか、リズムが後ろ乗りというか。日本語をはめるよりも絶対英語で歌った方がかっこいいって思って、英語が得意なかっこいい人、そしてこのパンクな感じをよりパングにしてくれる人、そして歌いやすい歌を歌わせてくれる人、どなたかいないかした〜って思ったときに、 BEAT CRUSADERSの日高央さんに今回作詞をしていただきました!」

「ライブで私が誘導してる感じを、ライブの景色も含めてお伝えしたところこの曲を作ってくださいました。なので展開も含めてみんなが叫ぶところや余白も含めてすっごいライブで楽しい曲になっています!なので皆さんぜひ覚えてライブでこの後続くツアーに向けて覚えてきてください!」

明日はもう1曲のカップリング曲を、世界初解禁したいと思います!

「さて、このLiSALOCKS!では、生徒の皆さんからのメッセージを待ってます。アドレスは<www.tfm.co.jp/lock>ロックのスペルはエルオーシーケーです」

「ということで、今夜はここまで!とーやま校長、あしざわ教頭、生徒のみなさん!今月もよろしくお願いします!新曲の感想、教えてくださいね!LL教室の講師、LiSAでした!今日もいい日だっ。ばいちっ!

SCHOOL OF LOCK!