自分の特技を探している生徒にLL逆電!!

SCHOOL OF LOCK


LiSA「生徒のみなさんこんばんは!登校最終日!LL教室の講師、LiSAです!」

「今月もあっという間に登校最終日になってしまいました!」

「そして週末は、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」その後はまだまだ全国ツアー「LiVE is Smile Always〜紅蓮華〜」が続きます!」

「さあ、今夜の授業ですが、こちらをお届けします!」

SCHOOL OF LOCK


LL逆電

「LiSAが生徒の声をListen!する授業…「LL逆電」。今夜もLiSA LOCKS!掲示板に書き込まれたメッセージの中から気になる生徒の声をListen!していきたいと思います」

SCHOOL OF LOCK


「まずは、書き込みを紹介します」


相談です。自分の特技や武器が見つかりません。!
どうしたらいいですか?
トモくんは LiSA ちゃん命!!
奈良県 20歳 男の子


「単刀直入ですね。書き込みだけだと詳しく分からないので、電話してみましょう!」

LiSA「もしもし!」

トモくん「もしもーーし!!」

LiSA「おーー元気――!!」

トモくん「ありがとうございます!」

LiSA「こんばんは!LiSA先生です!」

トモくん「こんばんは!奈良県、20歳、男の子「トモくんは LiSA ちゃん命!!」です!」

LiSA「ビックリマーク!ありがとうございます!何?もう特技ありそうだけど・・?」

トモくん「いやーそんなことないです!」

LiSA「特技も特徴もありそうだけど!」

トモくん「いやいやいや・・」

LiSA「なになに?」

トモくん「実は、金魚すくい大会っていうスポーツみたいなのがありまして去年から出てたんですけど、去年は県大会の翌日に全国大会に出たんですけど、それが今年は変わって県大会を1ヶ月前にやって、それから翌月に全国大会があるっていうスケジュールになっちゃって、あんまり練習できなくて、去年は全国1回戦まで行けたんです。それが、今年は県大会決勝っていう、あと1歩のところで落ちちゃって全国大会に行けなくなっちゃって・・」

LiSA「あーそうなんだ、じゃあもう県大会終わったんだ?」

SCHOOL OF LOCK


トモくん「終わったんですよ」

LiSA「うんうんうん」

トモくん「結構落ち込んじゃって・・」

LiSA「なるほどね。でもそもそも、どうしてその大会に出ようと思ったの?」

トモくん「僕の地元って金魚が有名で」

LiSA「へ〜〜奈良って金魚が有名なんだ!」

トモくん「奈良って言っても僕が住んでるのは大和郡山って所なんですけど、そこが結構金魚の養殖が昔から有名でして、それで金魚すくいとか金魚の養殖がすごい有名で。一応小学校の頃から金魚すくいクラブっていうクラブ活動があって、そこですくったりはしたことあるんですけど」

LiSA「へ〜〜なるほどね。金魚すくい大会っていうのは、そもそも金魚をすくった数で競うの?」

トモくん「そうですね。3分間の中で、ポイが破れるまでやるんですよ」

LiSA「なるほどね、じゃあそれが破れちゃったら終わりなんだ?」

トモくん「そうですね」

LiSA「へ〜〜!でも3分破らずにすくえるだけでもすごいよね・・!」

トモくん「ま〜結構至難の技です」

LiSA「でもさ、県大会行って、去年は全国1回戦までいったじゃない?地元ではヒーローでしょ?」

トモくん「いや〜他の人はめちゃめちゃ強いし、友達とかも結構すくうんで〜」

LiSA「うそ〜!すごい〜〜!だってさ、そんなの夏のお祭りとかで金魚すくいのところ行って友達とか地元の子めっちゃすくうってことでしょ?」

トモくん「まあそうですね」

LiSA「すごい〜〜〜!!えー東京のお祭りに来てそれ見せびらかして欲しい〜〜!」

トモくん「ははは〜!!」

LiSA「東京に来たら超ヒーローだよ!人集まっちゃうよ!!」

トモくん「いやそんな日が出来たら〜それのために必死で頑張ります!」

LiSA「でもさ、特技や武器っていうのは、金魚すくいでの特技ってこと?優勝したいわけじゃない?」

トモくん「優勝できたらいいなって感じです」

LiSA「でしょ?それに、だってもうさ金魚そんなけすくえたら特技や武器じゃない?」

トモくん「ん〜でもなんか、どうしても勝負事になっちゃうと、周りと比べちゃう癖があって・・」

LiSA「あ〜。私は初めてトモくんがやってる金魚すくい大会っていうのを知ったし、3分でそんなに金魚すくうの!?3分もポイ持つんですか!?みたいな発見がすごくいっぱいあって」

トモくん「まあそもそもポイってそんなに持たないんですけど、1分間まず金魚の様子を見て、そこから狙ったり、隅に寄るのを待ったりする感じなんです」

LiSA「なるほど〜〜!作戦があるんだ!3分の中でたくさんすくうための作戦なのね」

トモくん「そうですね、ちゃんとしたすくい方があって、それがいかに上手くできるかっていうか、それが上手くできてなおかつ金魚にバレないように・・まあ簡単なようで難しいんですよ」

LiSA「なるほど〜〜。じゃあ金魚の気持ちを読まなきゃいけないんだね」

トモくん「そうですね」

LiSA「う〜〜〜〜ん。それにはすごく修行が必要だし、すぐに私たちが出来ることじゃないから、でもトモくんはもうね、特技があると思うよ!」

トモくん「そうですか?」

SCHOOL OF LOCK


LiSA「うん、続けていることがやっぱり特技になってるし、みんなといる環境って、今いる場所にいたら割と普通にあることかもしれないけど、でも私たちからすれば立派な特技だし」

トモくん「うーーん」

LiSA「うんうん。すごく興味深いし」

トモくん「そうですか?ありがとうございます」

LiSA「素晴らしいと思うよ。でもせっかくだから来年全国行って欲しいですね・・!」

トモくん「ははは〜!そうですね、頑張ります!」

LiSA「ちょっとそしたらまた報告してよ?」

トモくん「ありがとうございます!」

LiSA「楽しみにしてますね!」

トモくん「はい!」

LiSA「そしていつか東京のお祭りでやって!」

トモくん「あははは〜!!」

LiSA「絶対!絶対!みんな写真撮るって!!すごい奴いるよ!!って絶対有名になっちゃうよー!」

トモくん「分かりました!」

LiSA「うん!楽しみにしてるね!」

トモくん「はい!」

LiSA「ありがとう!」

トモくん「はい!」

LiSA「じゃあねー!」

トモくん「ばいちー!」

LiSA「ばいちー!」


(M)オレンジサイダー /  LiSA 


「LiSAで「オレンジサイダー」を聴いていただきました!」

「めちゃくちゃ元気でしたね〜。彼がお祭りで金魚をすくいながらこの「オレンジサイダー」が流れてるのを期待してます!」

「さて、このLiSALOCKS!では、生徒の皆さんからのメッセージを待ってます。アドレスは<www.tfm.co.jp/lock>ロックのスペルはエルオーシーケーです!」

「ということで、今月の授業はここまで!私とはまた来月お会いましょう!LL教室の講師、LiSAでした!今日もいい日だっ。ばいちー!!

SCHOOL OF LOCK


+++

★LiSALOCKS!では「L」で始まる授業テーマをお待ちしています!
ぜひ【 LiSA掲示板 】に書き込んでね!

1.Layout〜自分の人生の理想のレイアウト」
→将来の夢や理想の人生設計を、ぜひ具体的に教えてね!

2.「Learn〜生徒のみんな教えて!」
→LiSA先生の学びたいことを教えてあげてね!

3.「Lethal Mistake〜私が犯した致命的なミス」
→「やっちまったなぁ〜」という失敗談を大募集!

LL逆電希望の生徒も書き込み待ってます!!

LiSA LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る