新時間割でスタート!LL教室からLiSA先生が授業をお届け!

SCHOOL OF LOCK!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年4月10日(金)PM 11:00 まで



LiSA「生徒の皆さん、こんばんは!LiSAのスペルはL・i・S・A!LiSA先生です!

「さて、新学期からLiSA先生の授業は金曜日のこの時間にお引越しとなりました。そして今週水曜日からは、さかた新校長・こもり新教頭を迎えて新たなSCHOOL OF LOCK!をお届けしています」

「まだ私はお会いしたことがないのですが・・・こもり新教頭とは、音楽番組でちらっとご挨拶させてもらったことはありますけど、いやーまさか教頭になっていただけると思っていなかったので、次に音楽番組でお会いした時は「あ、教頭!」ってなりますね!SCHOOL OF LOCK!で会うのが早いかな?どっちが早いかな?その時はよろしくお願いします!さかた新校長もお会いしに行くので、ぜひよろしくお願いします!生放送教室行きたいな〜〜〜」

「そして3月31日で退任した、とーやま「元」校長!10年間お疲れ様でした!もう「元」って付くんだね (笑) そっか〜寂しいな〜〜」

「3月22日の動画配信番組「キズナ感謝祭」に私も出演させていただきまして、とーやま校長の退任を見送ったのですが・・・生放送の中で一緒にラジオやらせてもらって、それをいつもこうやって声だけでお届けしているものを映像でお届けさせてもらったんですけど、そしたらみんなに映像見ながら「「L・i・S・A!」ってほんとにやってるんですね」って言われて、やってるよ!!って!(笑)」

「あと、校長とやりとりしている中で、私はどちらかというとあしざわ元教頭派だったんですけど、校長と仲を深めるために、校長も私のことをみんなと同じように愛してるよと言ってくれるから、その愛を確かめるためのクイズをしたんですけど、ぜんっぜん!ダメでしたね!」

「なんなら普通にちゃんと考えて正解したやつ1個もないと思う!出身地ですらあの人最初滋賀って言いましたからね!いやーちょっとーーーー、最後の最後まで・・・とーやま校長はとーやま校長でした」

「でも、最後の校長の退任セレモニー、もうね、校長が、みなさんがずらっと並んでるところに入っていらっしゃった瞬間に泣いてるから、こっちも泣いちゃうよ!と思って!私も退任セレモニーで黒板を書かせてもらって、最後に『SCHOOL OF LOCK!派』って校長にメッセージを送らせてもらったんですけど、ダメでしたね。私もだだ泣きでした・・はい」

「でも、校長派・教頭派でずっと言ってきましたけど、最後はやっぱりSCHOOL OF LOCK!派かな〜と思って。このみんなと一緒に作ったSCHOOL OF LOCK!がすごく好きだなと思いました。ということで、とーやま元校長、おつかれさまでした!」

SCHOOL OF LOCK!


「これは私は春から「さかた校長派」か「こもり教頭派」か決めたほうがいいんですかね・・・?でもなんか決めたら決めたで・・まだ分かんないなーーーちょっと生放送教室で相談させてください、その件については」

「そんな私LiSA先生がお届けする授業ですが、ここは、LL教室になります!LL教室はこのSCHOOL OF LOCK!のはじっこにある教室です」

「みんなの学校にもLL教室ってありますか?今もあるかなあ?みんなの学校だと多分LL教室って学校のすっごいはじっこのはじっこのはじっこに!あるんだよね。あんまり開けてもらえない教室としてあるんですけど・・・(笑)」

「でもこのLL教室は、学校のはじっこにあるみんなのための教室です。いつでも遊びに来て欲しいなーと思います!」

「ということで、ここLL教室から「L」にまつわる授業をお届けしていきます!生徒のみんな、よろしくね!!」

SCHOOL OF LOCK!



(M) 紅蓮華  / LiSA


「SCHOOL OF LOCK!のLL教室よりお届けしています!LiSA LOCKS!」

「さてここでは、LiSA先生の最近の活動報告をしたいと思います。まずは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、3月に予定していたアコースティックツアー「LiVE is Smile Always〜unlasting shadow〜」ですが、現在公演が延期になっています」

「しかしライブは振替公演を行う予定になっていますので、生徒のみなさん、もうちょっとだけ待っていてください。LiSA先生も色々準備しています。ライブしたいですね。そして6月からは全国アリーナツアーも決定していますからね。もうちょっとだけ待っててね」

「そしてもう1つ!こちらは書き込みを紹介します」

LiSA先生!中日ドラゴンズ応援テーマソングを担当されることになったことをTwitterで初めて知りびっくりしました!!マコトシヤカ 早くフルで聞きたいです♥ そして、なぜ「マコトシヤカ」という曲名にしたのかも気になります!
いぶ@LiSAッ子
千葉県 14歳 男の子


「そうです、わたくしLiSA、この度、「中日ドラゴンズ」のCBCテレビ・ラジオで放送される野球中継番組のテーマソングを担当する事になりました!」

「私は岐阜県出身で学生時代は名古屋を中心に東海エリアでの音楽活動を行ってたんですけど、子供の頃から周りにドラゴンズファンの方が多くて、地元だからね。みんなあのバットでカンカンカンカンって鳴らして応援するやつをおうちに持ってて!これ何?って聞くと野球応援するやつなんだよってお友達がすごい教えてくれてましたね〜。なので地元のドラゴンズを応援する歌がうたえてすごく嬉しいなと思います」

「そしてこの「マコトシヤカ」という曲なんですけど、やっぱりこれから頑張るぞ!みたいなみんなの気持ち、そして応援しているみんなの気持ちが代弁できたらいいなと思って、「マコトシヤカ」という曲を届けさせてもらっています」

「マコトシヤカ」はね、聞くだけで楽しくなる、そしてみんなと一緒に「ウォオッオオ ウォオッオオ」って応援するところもあるし、ドラゴンズの「かっとばせードラゴンズ」っていうところがあるんだけど、そのリズムがこの曲の中に入ってるの!だから、今は違う言葉になってるんだけど、ドラゴンズを応援する時は「かっとばせードラゴンズ」って言えるリズムが入ってるの!」

「だから、会場で応援してくれてるみなさんはそこのリズムに乗って歌っていたら知らぬ間に一緒に応援できてるよっていう楽曲になっています!なので期待しかしないでね!」

「では、本日の授業テーマを黒板に書きたいと思います!」

SCHOOL OF LOCK!
s

SCHOOL OF LOCK!


『LL逆電』

「LiSAが生徒の声をListen!する授業…「LL逆電」今夜もLiSA LOCKS!掲示板に書き込まれたメッセージの中から気になる生徒の声をListen!していきたいと思います」

「まずは、書き込みを紹介します」

LiSA先生に夢を伝えたい!
自分には夢がありますそれを聞いてもらいたいです!
吹雪の夢
沖縄県 18歳 男の子


「めちゃくちゃシンプルな2行で書き込み来ました。これは気になるね。電話してみましょう!」

LiSA「もしもし!」

吹雪の夢「もしもし!」

LiSA「こんばんは、LiSA先生です!」

吹雪の夢「こんばんは、沖縄県、18歳、「吹雪の夢」です!」

LiSA「沖縄から電話してくれてるのー!」

吹雪の夢「はい!」

LiSA「なのに「吹雪」なの!」

吹雪の夢「あ・・はい!そうなんですよ(笑)」

LiSA「はい!書き込み見たよ!」

吹雪の夢「ありがとうございます」

LiSA「ありがとうございます!早速だけど、どんな夢があるのか教えてもらえますか?」

SCHOOL OF LOCK!


吹雪の夢「はい。今回LiSA先生に質問もあったんですが、夢をまず伝え・・というか宣言したくて、今回掲示板に書き込みをしました」

LiSA「はい、お願いします!」

吹雪の夢「その夢っていうのが、自分は4月から大学に進学するんですけど、大学では宇宙の勉強をするために航空宇宙工学っていうのを勉強する予定なんです」

LiSA「すごーーーー!うんうん!」

吹雪の夢「それで、最終的には自分で宇宙船を作ったり設計したりして宇宙に行けたらいいなと思ってます」

LiSA「すごいね・・うんうん」

吹雪の夢「で、その時にただ宇宙に行っても面白くないなと思って、なんかもっと特別なことをしたいなと思って。それで話変わっちゃうんですけど、自分は小さい頃からずっとドラムをやってて、小中高とずっと吹奏楽部とか軽音楽部に入ってたんですけど、宇宙でバンドしたら面白いなって・・・!」

LiSA「すごい!うんうん!」

吹雪の夢「っていうのをずっと小学校の頃から考えてて、実際今回大学に受かって足がかかったので夢が現実になって来たなと思って。たまたま掲示板に書いたら今日逆電が決まったって感じですね」

LiSA「すっごい・・・!」

吹雪の夢「それでドラムもずっとやってて、宇宙に行く時って宇宙飛行士は1人じゃなくて数名単位で行くので、その宇宙飛行士でバンド組んだら盛り上がるんじゃないかと思って」

LiSA「すっごいねーーー。宇宙飛行士さんみんなバンド練習して行かないといけないね(笑)」

吹雪の夢「そうですね。それで宇宙も好きですし、ドラムも好きですし、宇宙では大好きなLiSA先生の曲をぜひやりたいなと思って・・・!」

LiSA「おお〜〜〜!嬉しいです!じゃあ宇宙でみんなでバンドやるとしたら、私の何の曲をやってくれるんですか??」

吹雪の夢「あもうずっとこれは決めてて、「Catch the Moment」を・・・!」

LiSA「「Catch the Moment」!!」

吹雪の夢「ずっとやりたいなと思ってます!」

LiSA「すごいね・・宇宙から聴こえてくる「Catch the Moment」聞いてみたい!!」

SCHOOL OF LOCK!


吹雪の夢「ありがとうございます」

LiSA「でもすごく素朴な疑問なんだけど、宇宙でドラムって叩けるの・・・?めっちゃゆっくりな・・は〜〜〜・・・タン・・・!みたいな感じじゃない?」

吹雪の夢「あ、宇宙かもしくは別の星でって思ってます」

LiSA「あ〜〜〜別の星見たい・・・!!そっかそっか、作った宇宙船でみんなで行って、バンドセットそこの違う星に降ろして!」

吹雪の夢「(笑)」

LiSA「でもさその別の星に置けるかもまず問題だよね?」

吹雪の夢「だからその辺も全部作ります!」

LiSA「作んの!?作って欲しい!」

吹雪の夢「はい」

LiSA「そっか〜すごい夢だねー!でもすごくワクワクしますね!」

吹雪の夢「ありがとうございます!」

LiSA「いやもうそれだってやってる人いないんじゃない?」

吹雪の夢「もうやってる人いないですね」

LiSA「ね!その「吹雪の夢」が出来たらもうこれは・・・」

吹雪の夢「もう、世界・・っていうか人類初・・・!」

LiSA「ね!」

吹雪の夢「で、その人類初の曲をLiSA先生の「Catch the Moment」で!」

LiSA「いや〜〜〜!ありがとうございます!!」

吹雪の夢「その様子をYouTubeとかでライブ配信して、宇宙のことも身近に感じていただけて、さらに・・あの、もうみんな知ってるとは思うんですけど、LiSA先生のことも世界に発信できたらなっていう計画です・・・!」

LiSA「いや心強い・・・!!」

吹雪の夢「っていう感じです!」

LiSA「ちなみに、宇宙って今はそんなに身近な場所じゃないじゃない?だけど宇宙に興味を持ったきっかけって何なの?」

吹雪の夢「宇宙に興味はずっとあったんです。自分はアニメが好きで、アニメとか見てると、やっぱたまにすごい能力があったりすごいことが出来る世界に行ってみたいなとか思っちゃうんですよ。で、それが現実世界で1番近いところってどこだろう?って考えた時に、宇宙が1番近いんじゃないかなって」

LiSA「なるほど〜〜!すごいね〜〜〜!」

SCHOOL OF LOCK!


吹雪の夢「そうですね、それで地球より可能性もいっぱいあるし、常識では考えられないこともいっぱいあるかなと思って、ぜひ行ってみたい!と思ったのがきっかけです」

LiSA「へ〜〜〜・・・・すごい・・じゃあその夢を見つけて、それを叶えるために実際に大学に行くわけでしょ?」

吹雪の夢「はい」

LiSA「大学ではどんなことを勉強するの?」

吹雪の夢「そうですね、航空宇宙工学って分野なんですけど、具体的には設計だったり、プログラミングの勉強だったりですね」

LiSA「う〜〜〜んすごいね、じゃあより安全に人の夢を叶えるために頑張らなくちゃいけないんだね」

吹雪の夢「そうですね。もう宇宙をもっと身近に・・だから別の国に行く感覚で宇宙にも行けるっていうのを作るのが、特殊な訓練とかしなくても一般の人でも簡単に行けるっていう」

LiSA「うわ〜〜〜夢がある〜〜〜〜!それを証明するためにまずはやっぱり向こうでバンドをやってもらって、それをぜひ中継してもらいたいです」

吹雪の夢「はい!ぜひやります!絶対やります!」

LiSA「ちなみに・・SCHOOL OF LOCK!はね、宇宙からのラジオ経験あるからね!」

宇宙からの特別授業はコチラを見てみてね!

吹雪の夢「そうなんですか・・!」

LiSA「そう!だからその時はぜひSCHOOL OF LOCK!にも生中継を・・・!」

吹雪の夢「ぜひやります!」

LiSA「よろしくお願いします!」

吹雪の夢「はい!」

LiSA「は〜〜すごいね、楽しみにしてます!」

吹雪の夢「ありがとうございます!」

LiSA「他になにか聞きたいことはありますか?」

吹雪の夢「じゃあ1個いいですか?」

LiSA「いいよ」

吹雪の夢「LiSA先生が宇宙で演奏するならどの曲がいいですか?」

LiSA「あーー!どうしよう!ちょっと待ってよ〜うーーーん、でもさ、まだ行くまで時間あるよね?」

吹雪の夢「あります」

LiSA「ちょっと宇宙で歌う曲作るね!」

吹雪の夢「あーーーほんとですか!?」

LiSA「宇宙で歌える用の曲を作ったら、それをいつかぜひやって欲しいです」

吹雪の夢「分かりました!ってか、むしろLiSA先生宇宙に来てもらっても・・・!」

LiSA「あ〜〜〜私歌いに行く!?」

吹雪の夢「ぜひ・・・!(笑)」

LiSA「じゃあその夢をぜひ叶えてもらって、そこにみんなが来てもらえるようになったら宇宙ライブしようね!」

吹雪の夢「はい!ぜひ!」

LiSA「はい!ありがとう!」

吹雪の夢「ありがとうございます!」

LiSA「頑張ってね〜!」

吹雪の夢「はい!ありがとうございます!」

LiSA「はーいばいちー!」

吹雪の夢「ばいち!」

LiSA「では1曲。LiSAで「Catch the Moment」

SCHOOL OF LOCK!



(M) Catch the Moment / LiSA


「LiSAで「Catch the Moment」を聴いてもらいました!これはただ今地球から発信しております!」

「いつかでも宇宙からこの曲聞ける日が来るかもしれないからね!楽しみですね!」

「さて、このLiSALOCKS!では、生徒の皆さんからのメッセージを待っています。アドレスは<www.tfm.co.jp/lock>ロックのスペルはエルオーシーケーです!」

「LL教室の様子もこちらで見ることが出来ますよ!」

「ということで、私とはまた来週!ここLL教室でお会いしましょう!さかた校長、こもり教頭、これからよろしくお願いします!」

LL教室の講師、LiSAでした!今日もいい日だっ。ばいちっ!

SCHOOL OF LOCK!



+++
★LiSALOCKS!では「L」で始まる授業テーマをお待ちしています!
ぜひ[LiSALOCKS!掲示板]に書き込んでね!

1.「Layout〜自分の人生の理想のレイアウト」
将来の夢や理想の人生設計を、ぜひ具体的に教えてね!

2.「Learn〜生徒のみんな教えて!」
LiSA先生の学びたいことを教えてあげてね!

3.「Lethal Mistake〜私が犯した致命的なミス」
「やっちまったなぁ〜」という失敗談を大募集!

LL逆電希望の生徒も書き込み待ってます!!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年4月10日(金)PM 11:00 まで

LiSA LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る