LiSA先生、ニューアルバムリリース決定!!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年8月21日(金)PM 11:00まで



LiSA「生徒の皆さん、こんばんは! LiSAのスペルはL・i・S・A!LiSA先生です!

「さて、1週間ぶりの登校ですが、まずは生徒の皆さんにお知らせがあります!わたくし、LiSA、5枚目となるニューアルバムのリリースが決定しました!!アルバムリリースいたします!!このアルバム、3年半ぶり!お待たせいたしました!」

「今回はそのタイトルを黒板に書きたいと思います!これね〜〜めちゃくちゃ悩んだよね」

SCHOOL OF LOCK!


『LEO-NiNE』

SCHOOL OF LOCK!


「はい、『LEO-NiNE(レオナイン)』というタイトルをニューアルバムに付けました!」

「「L」から始まる言葉、LL教室でも散々使っておりまして、LiSA先生ね、困ったんですね!あ・・・Listen・・・違う!これLL教室や!Learn・・・違う!これもLL教室や!!ってなって「L」を探すっていうのがもう年々困難になってきている中!よく私は『LEO-NiNE』という言葉を見つけたなと、自分を褒めてあげたいですね!」

「今回このアルバム『LEO-NiNE』なんですけど、”ライオンのような”とか”堂々とした”とか”勇猛な”という意味の英単語です。そして「LEO」ハイフン「NiNE」ということで、9周年!!いや〜よく見つけたと思わない!?私これ!!すごいですよね〜〜〜」

この『LEO-NiNE』の発売は10月14日(水)になっております!そして同じくこの日にはニューシングル「炎(ほむら)」も同時にリリースされます!この「炎」は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌になっています!」

「なので『LEO-NiNE』の中には「紅蓮華」が入っているわけ!で、同時に発売される「炎」のシングルは『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌が入っているんですね。これはね、どちらもゲットしていただいて堪能してもらいたいなと思います!」

「そしてその『LEO-NiNE』の中にはこれまでのシングルだと、ベストアルバムの後だから・・・「ADAMAS / 赤い罠(who loves it?)」「unlasting」、初めてのドラマ主題歌「愛錠」、そして中日ドラゴンズのテーマソング「マコトシヤカ」など13曲を収録しておりますので!ぜひお楽しみに!!」

「このアルバムの詳細は、今後もこのLiSA LOCKS!でお知らせしていきます!」

SCHOOL OF LOCK!


「では、生徒から届いた書き込みを紹介していきましょう!」

LiSA先生こんばんは HEY!HEY!NEO観ました! 新曲の「愛錠」とてもいい曲でした!少し暗めの歌でドラマの13の雰囲気と合っているなと思いました 。8月17日の配信開始が待ち遠しいです。
ひつじのゆめさん
熊本県 17才 男の子


「ありがとうございます!そーなんです!LiSA先生初めてのドラマ主題歌「愛錠」をHEY!HEY!NEOで、ダウンタウンさんの番組で歌わせていただきました!しかも「13」の1話が始まる直前に、先に歌だったから結構緊張しましたね」

「その歌を歌って、それを聞いてもらった後に、やっぱりドラマを楽しみにしてる人たちにも影響があるわけですから、めちゃめちゃ緊張しました!でも今はリリックビデオも公開しています。そちらでも結構長めの「愛錠」聞けるので、ぜひ聞いてほしいなと思います!」




LiSA 愛錠 -Lyric video YouTube Edit ver.-

「そしてこの「愛錠」は8月17日(月)午前0時より、各種配信サイトにてダウンロード&ストリーミング開始となります!そして先程もお知らせしましたけど『LEO-NiNE』の中にも収録されるので、もうどちらでも聞いて欲しいですね!ありがとうございます!」

「続いて・・・!」

やったあああああああああああああ!!!!! 劇場版鬼滅の刃無限列車編の主題歌「炎(ほむら)」決定おめでとうございます! なってくれたら嬉しいな〜なんてうずうずしてたのですがまさか本当に主題歌を歌われるとは.....めっちゃ嬉しいです!!! しかもあの梶浦由記さんとの合作!「from the egde」の時は梶浦さんの楽曲をLiSA先生が歌うという感じでしたが今回は合作という事でワクワク倍増です!! 改めて主題歌決定おめでとうございます!!!
Noze(のぜ)
千葉県 17才 男の子


「そーなんです!わたくし、LiSA、10月16日(金)に公開となる『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」を担当することになりました!」

「この「炎」は先程もお知らせしましたけど、アルバム『LEO-NiNE』と同日にリリースされます!だからアルバムもシングルもどっちも絶対にゲットしてください!」

「そして、このシングルをゲットしてもらった後に、16日(金)の劇場版の公開日に観に行ってもらって、その劇場で「炎」を聞くと、またもっと「炎」のことを好きになると思います」

「「Noze(のぜ)」も言ってくれましたけど、今回は梶浦さんと歌詞を一緒に書かせてもらっています。無限列車編、私もすごく好きな物語だったので、梶浦さんと何度も何度もやり取りをしながら「鬼滅の刃」への愛情と、私の気持ちと、そして梶浦さんの作品への愛情とたくさん混ざった楽曲になっているので、ぜひお楽しみに!」

「これから秋に向けてどんどん新曲をオンエアーしていきますので、生徒の皆さん、お楽しみに!!」

「では1曲。8月17日に各種配信サイトにて、ダウンロード&ストリーミング開始です。LiSAで「愛錠」

SCHOOL OF LOCK!



(M)愛錠 / LiSA


「SCHOOL OF LOCK!のLL教室よりお届け中のLiSA LOCKS!それでは続いての授業に行きましょう!では黒板を書きます!」

『LL逆電』

SCHOOL OF LOCK!


「LiSAが生徒の声をListen!する授業…「LL逆電」今夜もLiSA LOCKS!掲示板に書き込まれたメッセージの中から気になる生徒の声をListen!していきたいと思います」

「まずは、書き込みを紹介します!」

僕は勝負事の時にプレッシャーがすごくかかってしまうタイプなのですが、LiSAさんはプレッシャーにどうやって打ち勝っていますか?
りゅーの@LiSAッ子
埼玉県 18歳 男の子


「は〜〜〜、すごくストレートな質問です。うーんいやーそうなんだよなー、プレッシャーね、実は私も弱いんだけどな〜。早速電話していきましょう!」

LiSA「もしもし!」

りゅーの「もしもーし!」

LiSA「こんばんは、LiSA先生です!

りゅーの「こんばんは、埼玉県、18歳、「りゅーの@LiSAッ子」です!」

LiSA「りゅーの!!」

りゅーの「いや今ほんとにLiSA先生と電話できてるんだなと思って嬉しくて、体感温度がすごく上がっています・・・!!」

LiSA「(笑)!!今日はすごく暑いしねー!」

りゅーの「そうですね、すごい汗ダラダラでした」

LiSA「そうだよねー!今日なんか冷たいもの食べた?」

りゅーの「今日は、朝とさっきアイス食べました」

LiSA「朝とさっき?」

りゅーの「朝と、さっき」

LiSA「朝とさっき2回!?」

りゅーの「2回食べました(笑)」

LiSA「朝とさっき2回もアイス食べたの!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


りゅーの「はい(笑)」

LiSA「えー!え、今は夏休み中ですか?」

りゅーの「はい、8月23日まで夏休みです」

LiSA「そっか、今年は夏休み短いのかな?」

りゅーの「そうですね、3月からずっと休みだったので」

LiSA「うーーん、そうだよね〜。メッセージに書いてくれてた「プレッシャーに弱い」っていうのは、なにかあったんですか?」

りゅーの「自分はサッカー部でキーパーをやっているんですけど、大会でいいところまで行くとやっぱり緊張して、いつもの力が出なくなって、それで負けてしまうことも多かったので・・」

LiSA「うーんなるほどね〜」

りゅーの「それで、LiSA先生はどうしてるかなって」

LiSA「なるほどね、しかもサッカーの中でもキーパーってことはよ?責任重大だもんねーー!!」

りゅーの「そうなんです・・・ほんとに大変です」

LiSA「分かるーーーー!そうだね〜、サッカーはチーム戦だけどね、チーム戦だからこそ色んなものをきっと背負っちゃうんだろうね」

りゅーの「はい」

LiSA「うーーん。え、今まで、もしかして失敗しちゃったこととかがあるんですか?」

りゅーの「去年の大会で決勝戦まで行ったんですけど、そこでPK戦になった時に、普段は止められるのにその時になって緊張して動けなくなって止められずに、負けてしまったなってなって・・・」

LiSA「あーーー・・・悔しい・・・・・!!」

りゅーの「それが本当に今も引きずっちゃってて・・・」

LiSA「そっか〜〜〜。確かに、そうやって1回でも失敗して、あー自分のせいで・・・!!って思っちゃうとプレッシャーが今後大きくなっちゃいますよね」

りゅーの「はい・・・」

LiSA「うーん。ちなみにプレッシャー・・そういう風になっちゃったけど、でもその後もずっと試合があるわけじゃない?そのプレッシャーに打ち勝つために、なにか試したことはあるの?」

りゅーの「その時は、やっぱり落ち着きたいなと思ったのでLiSA先生の「1/f」を聞いて落ち着こうとはしました」

LiSA「は〜〜、なるほど!あのゆらゆらした曲を聞いて!ゆらぎを聞いて・・・!」

りゅーの「はい、1番落ち着けるかなと思って」

LiSA「なるほどね、その成果はどうでしたか?」

りゅーの「1回戦とか2回戦とかは全然やっぱり、曲のおかげもあって耐えられていたんですけど、やっぱり勝ち進んでいくとまた緊張が大きくなっていってダメになっちゃったなって思いました」

LiSA「そっかーーー。確かに、期待をたくさんされていくとその責任感もどんどん背負っちゃって緊張しちゃうんだよね」

りゅーの「すっごい緊張します」

LiSA「うーん、分かります。LiSA先生もすごくいつもプレッシャーを感じるんですね。やっぱり私も例えばライブの時とか、それこそここまで用意してくれたバンドのメンバーだったりスタッフの人だったり、それを楽しみに来てくれた人たちがたくさんいるって思うと、どーーーしても成功させなくちゃ・・・!って思うと緊張しちゃって、そう思えば思うほどリハーサルではあんなにものびのび歌えてたのに・・・!!ってなるんだよね!」

りゅーの「すっっごい分かります・・・!!」

LiSA「ねー!分かるよね!だから私りゅーのの気持ちめっちゃ分かる!!」

りゅーの「練習では上手くいくのに・・・!!って感じなんです」

LiSA「そうーー悔しいんだよね、練習では私こんなもんじゃないのに!俺こんなもんじゃないのに!って思っちゃうんだよね」

りゅーの「そうです・・・」

LiSA「分かります。でもきっとね、それは私は自分でプラスに捉えるようにしていて、きっと緊張したりプレッシャーを感じたりする人っていうのは、すごく責任感を持ってなにかをやっている人なんだと思うんです」

りゅーの「はい」

LiSA「だからきっと、りゅーのはサッカーゴールの前で1人で守らなくちゃいけない・・・俺がこれを取らなければチームのみんなに迷惑をかけてしまう・・・!っていう責任感がすごく強いんだと思うんだよね」

りゅーの「なるほど・・・・・・」

LiSA「うん、大丈夫・・・?」

りゅーの「大丈夫です、ちょっとやっぱ緊張しちゃって(笑)」

LiSA「(笑)、そう、でもね、きっとその責任感を持って自分たちのために精一杯尽くしてくれるって思われてるからこそ、きっとゴールキーパーを任されているんだと思います」

りゅーの「ありがとうございます、そう言ってもらえて嬉しいです」

LiSA「うん、だからりゅーのはりゅーのらしく思いっきりその責任感を持って、よっしゃ俺が今日も止めてやるぜ!!っていう気持ちで・・・・・えっと・・・・ステージじゃなくてなんて言うんだっけ・・・」

りゅーの「試合・・」

LiSA「試合!(笑)」

りゅーの「試合です(笑)」

LiSA「試合にね、向かっていけるといいなって思います。そして、りゅーのは1人じゃないよ」

りゅーの「はい」

LiSA「ゴールの前に立ってるのは1人だけど、チームみんながそこまで行くまでに頑張っておさえてるから!」

りゅーの「はい」

LiSA「うん。頑張れそうですか?」

りゅーの「頑張ります!」

LiSA「おお!なにか聞きたいこと他にもありますか?」

りゅーの「じゃあ・・・今までに1番緊張したのはどんな時ですか?その時はどうやって乗り越えましたか?」

LiSA「は〜なるほどね、えっとですね・・LiSA先生は基本的にいつも緊張してるんですけど、でも最近というか、やっぱり初めてなにかをやる時とかはすごく緊張するなって感じていて・・・その中でも1番近い思い出の中で言うと、やっぱり紅白歌合戦に初めて出場した時・・・ですかね」

SCHOOL OF LOCK!


りゅーの「あー、紅白最高でした本当に!」

LiSA「あっ、ありがとうございます!見てくれた?」

りゅーの「はい!」

LiSA「緊張伝わっちゃった??」

りゅーの「伝わり・・・ました!」

LiSA「(笑)!!でも、私はそのステージに立つ前に、きっとみんなたくさん期待してくれてる、私はここで失敗しちゃいけない・・・って、自分で自分をね、どんどん責任感背負いすぎちゃって緊張しちゃうんだよね」

りゅーの「はい」

LiSA「だから、そのステージに立つ時だけは、もう今日私はここで歌を歌うために、精一杯自分を出すために立つぞ!自分のために、ここに、これを見てくれている目の前の人、テレビの前のキミにだけに伝えるぞ!っていう気持ちで歌いました」

りゅーの「いや、本当に紅白すごかったです!」

LiSA「伝わった・・??」

りゅーの「LiSA先生のずっとファンだったので、紅白で見た時は本当に嬉しかったです!」

LiSA「ありがとうございます!」

りゅーの「はい!」

LiSA「うん!だからりゅーのもゴール前に立ったら、自分の成功イメージをしてゴール前に立ってください!」

りゅーの「分かりました!やってみます!」

LiSA「よっしゃ!頑張ってね!」

りゅーの「はい!」

LiSA「また試合結果報告してね」

りゅーの「分かりました、掲示板書きます!!」

LiSA「はい!楽しみにしています!!ありがとう!」

りゅーの「ありがとうございました!」

LiSA「ばいちー!」

りゅーの「ばいちー!」

(M)Rally Go Round  / LiSA  

LiSA「LiSAで「Rally Go Round」を聞いてもらいました!」

「そうなんだよな〜〜〜!緊張するんだよな〜どんな時も!でもきっとみんなそれぞれ緊張の解消方法あると思うんですよね。逆にみんなに教えて欲しいです!ぜひ掲示板に書き込んでください!」

SCHOOL OF LOCK!


「さて、そろそろLL教室の授業も終了の時間になってしまいました」

来週は新曲「マコトシヤカ」オンエアーするよ!

「さて、LiSA LOCKS!では、生徒の皆さんからの書き込みをお待ちしています。アドレスは<www.tfm.co.jp/lock>ロックのスペルはエルオーシーケーです!」

「ということで、私とはまた来週!ここLL教室でお会いしましょう!LL教室の講師、LiSAでした!

「今日もいい日だっ。ばいちっーーーーー!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年8月21日(金)PM 11:00まで

LiSA LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る