LiSA先生が“この夏の一問一答”にチャレンジ!!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年8月4日(水)PM 11:00まで



LiSA「生徒の皆さん、こんばんは!LiSAのスペルはL・i・S・A!LiSA先生です!!

「さて、生徒の皆さんは夏休みに入っているんでしょうか?今年の夏、もう暑いですね〜ほんっとに!びっくりするぐらい暑いですね〜。みなさん風邪ひかないように、冷たいものの飲み過ぎには注意してください!」

「今夜はこちらの授業からスタートしたいと思います。では黒板を書きますね」

「Lot」

SCHOOL OF LOCK!


「抽選とか運命という意味なんですが、今夜は、「夏に関するいろいろな質問」にランダムで答えて行きたいと思います」

「どんな質問が来るのか、LiSA先生も分かっていません。目の前に箱がありますね。ここから引けってことですね?」

「じゃあボックスから引きます・・・(笑)」

<質問:この夏水着を選ぶならどんな水着がいい?>

「もう水着着ないって決めたんだよな〜。でも夏って中に水着を着ておいた方が楽な時もあるじゃない?男性とかよく大人になると海パンで過ごす人いるでしょ?そのままお風呂入るみたいな人いない?」

「なんかたまに出会うんですけど、女性もそういうのあっていいと思うの。そのまま水着で過ごすみたいな日。だって汗かいたらぐしゃぐしゃになるじゃない?やっぱり水着って乾くんで速攻で。そういう意味では水着着てもいいかなと思うんですけど」

「あのう、LiSA先生ね、随分前にもらったセーラームーンの水着があるの(笑)これをいつか着なきゃと思って月日が流れてしまったんですけど、いつかこっそりセーラームーンの水着着てるかもしれない(笑)その時はそっとしておいてください・・・(笑)」

「次!」

<質問:夏休みの宿題の思い出>

「LiSA先生は、自由研究みたいなのがすごく苦手で、何すればいいの?みんな発想がすごいじゃない?自由研究の中身が。ただひまわりの観察とかじゃないじゃん!なんかすごいもの作ってる人とかいるじゃない?」

「なんかどうしようかなって思った時に、LiSA先生は友達と音楽を作ったことがあります。思い返せばそれは1番初めの作詞だったかも!それは近所のお友達で女の子の幼馴染がピアノ弾いてメロディー作ってくれて、そこに歌詞を載せて歌うっていうのを2人で一緒に自由研究作った記憶がありますね〜」

「ぜひ皆さんも試してみて欲しいなと思います!」

「続いて!」

<質問:夏にモテる男の子の髪型は?>

「は〜!いや〜!あのねー「東京リベンジャーズ」にハマってる私としては吉沢さんのマイキーかっこよかったな〜!黒髪のセンター分けめちゃくちゃよかったですね〜!」

「普段はマイキーは金髪なんです。でもね、黒髪になっ時にキュンとする感じ?だから夏休みに金髪にしておいたらいいんじゃない?それで金髪バージョンでお友達に会って、そしたらまた学校始まった時に黒髪みたいな!キュンみたいな!あーいい!学生っていいなー」

「続いて・・・」

<質問:この夏いっぱい食べたいものは何?>

「桃!今は桃!皆さん!マンゴーは終わりました!今は桃!桃の時期ですよ!今ほんと桃美味しい!」

「ぜひキンキンに冷やして食べていただきたい!一家にひとつ、桃を毎日置いていただきたい。冷凍しても美味しいからね。桃ってすごいよ。この時期桃ですよ。あーあとさくらんぼもまだいけるな〜」

「続いて・・・」

<質問:夏に読みたいちょっと怖い漫画>

「ちょうど読みました。鈴木おさむさんが最近インスタグラムでずっと漫画を連載してるんですよ。「お化けと風鈴」っていうタイトルの漫画なんですけど、インスタで10ページ毎回更新されるんですけど、今めちゃめちゃ気になってる(笑)」

「やっぱ夏なので風鈴も夏らしいじゃないですか。ちょっとセクシーな感じのイラストなんですけど、でもこれは先が気になるところではありますねー。ちょっと怖いと思ってる。ホラー漫画だと思いますよ、ぜひ見てみてください」

<質問:夏にモテる女子は何を着る?>

「そうですね〜、私が聞きたいですねそれは。でも、女の子に夏に着ていて欲しいもの・・・うーんそうだな〜・・・でもやっぱり足じゃないですか?女子はやっぱり夏は足じゃないですか?」

「なんか上半身と下半身どっちが出てて欲しいかなと思った時に、下半身・・・違う!そういう話じゃなくて(笑)上半身と下半身、女子のね(笑)なんかLiSA先生はシルエット的に、上はダボっとしてるんだけど足がスッと出てるみたいなシルエットがすごく好きで。彼シャツじゃないんだけど、なんか上ちょっとダボっとしてるんだけどそこからスッと伸びてる足?美しい足がスッと伸びてるっていう、あの素足は夏にしか味わえないね〜。女子のキュートさですね!」

「ぜひ女子の皆さん、夏は足を出していただいて!よろしくお願いします!」

「はい、ということでLiSA先生の今年の夏、なんとなく生徒のみんな分かったかな??なんか・・え、分かったかな?(笑)」

「素足で過ごしていただく、ということで1曲。LiSAで「HADASHi NO STEP」


(M) HADASHi NO STEP  /  LiSA


「LiSAで「HADASHi NO STEP」を聴いていただきました!」

こちらの「HADASHi NO STEP」のラブレターが、9月8日にリリースされます!!

「いや〜絶対ゲットしてください!!裸足でね!裸足でぜひ聴いてください!」

「しかもこの「HADASHi NO STEP」のダンスがあるの!みんなはとにかく手のハンドサイン「i love youサイン」っていうのがあるんですけど、それを覚えておいてくれればもう全てが解決です」

「ぜひ皆さん一緒に踊ってください!」

SCHOOL OF LOCK!


「SCHOOL OF LOCK!のLL教室よりお届け中のLiSA LOCKS!それでは続いての授業に行きましょう!では、黒板を書きます!」

「LL逆電」

SCHOOL OF LOCK!


「LiSAが生徒の声をListen!する授業…「LL逆電」。今夜もLiSA LOCKS!掲示板に書き込まれたメッセージの中から気になる生徒の声をListen!していきたいと思います」

「まずは書き込みを紹介します」

アリーナツアー、大阪の2日目に行かせていただきました!
今回が私にとってLiSA先生との初めてのデートだったので
抽選から凄くワクワクしていました。見事に当選し座席はなんと
アリーナ1列目という幸運に恵まれた中、会場に行きました。
物販で買ったいろんなものを身につけて、
ペンライトを持って開演を待ちました。そして開幕を迎えた瞬間、
あっ、LiSA先生だ、本当にいる!って何にも考えずにふと思ってしまって、
泣きました。開幕から最後の最後まで最高に楽しかったし
本当に素晴らしいライブでした。

えぞ菊しの
兵庫県 15歳 女の子


LiSA「は〜なんと!「えぞ菊しの」ライブに来てくれて1列目!そんな彼女と電話してみましょう!もしもし?」

えぞ菊しの「もしもし!」

LiSA「こんばんは、LiSA先生です」

えぞ菊しの「こんばんは、兵庫県、15歳、ラジオネーム「えぞ菊しの」です!」

LiSA「しの〜!」

えぞ菊しの「LiSA先生〜!」

LiSA「初めましてかな?」

えぞ菊しの「初めましてです」

LiSA「うん!大阪2日目来てくれたんだね!」

えぞ菊しの「はい」

LiSA「ありがとう!どうでしたか?初めてのライブ!」

えぞ菊しの「まず初めてのライブだったこともあって、当選案内からすごくワクワクしました!」

LiSA「そっかそっか!当選メールが来たときどんな気持ちでしたか?」

えぞ菊しの「え、まじで・・・みたいな・・・」

LiSA「うんうん!しかも席が発表されたでしょ?そこにはなんて書いてあったんですか?」

えぞ菊しの「「アリーナ1列目」って書いてました・・・」

LiSA「そんなことあるー!?って感じだよね!!」

えぞ菊しの「はい」

LiSA「すごい!それは「しの」引き当てましたね〜」

えぞ菊しの「引き当てました〜!」

LiSA「初めてのライブ、アリーナ1列目、いかがでしたか?」

えぞ菊しの「もう始まる前からテンションがおかしくて、むしろ静かだったんですけど、始まってからLiSA先生だ!本物だ!ってなって、頭が追いつかなくなって、時差はあったんですけど頭空っぽの状態で泣きました・・・(笑)」

LiSA「あ〜わかるよ〜LiSA先生も泣いたよ〜!」

えぞ菊しの「泣いてましたね」

LiSA「そう、でも歓声がない中だったけど、「しの」はどうやって楽しんでくれましたか?」

えぞ菊しの「声は出せなかったけど、会場の皆さんと一緒に手を振ってましたね」

LiSA「ちゃんとペンライト持てた?」

えぞ菊しの「持てました!」

LiSA「いや〜さすがよ!みんなのどんどん変わっていくペンライトの色すごくない?」

えぞ菊しの「すごかったですね〜」

LiSA「そうでしょ〜、なんかそのペンライトの変える楽しみみたいなものもライブの醍醐味だよね」

えぞ菊しの「すごく楽しかったです!!」

LiSA「うんうん!まだライブ中なので詳しい曲名は言わないようにしながらなんですけど、あそこ特によかったな〜!みたいなところある?」

えぞ菊しの「うーん、でも全体的になっちゃうんですけど、声が出せない分会場に来てた人の雰囲気がすごく暖かくて、なんかよかったなって思います」

LiSA「なんか声が出せないはずなのに、私みんなと会話してたよね」

えぞ菊しの「してましたね〜」

LiSA「MCの時とかも私会話してたよね」

えぞ菊しの「会話してましたね(笑)」

LiSA「あれなんでなんだろう?不思議に思ったんだけど、みんなの声が聞こえないはずなのに、みんなが何を言ってくれてるか、うんうんって言ってくれてるのも全部見えてるから、なんか全然声が出てないことへの寂しさってあまり感じませんでした」

SCHOOL OF LOCK!


えぞ菊しの「は〜〜・・すごくいいライブだったと思います、そういう意味でも」

LiSA「ありがとうございます〜。ライブ全部終わって楽しめた?」

えぞ菊しの「楽しみました〜!楽しませていただきました!」

LiSA「よかったーーー!しかも1列目ってことはめちゃめちゃ近かったでしょ!」

えぞ菊しの「めちゃめちゃ近かったですね」

LiSA「しかも私だけじゃなくてバンドメンバーとかダンサーちゃんとか、みんな近かっでしょ」

えぞ菊しの「近かったですね」

LiSA「でしょ!なんか今回センターステージということもあって、どこに行ってもみんなが降ってきそうだったよ!」

えぞ菊しの「すごく全体的に近いって言ってる人が多かった印象があります」

LiSA「ね〜!そのおかげでみんなの気持ちを近くに感じられました!ありがとうございます!」

えぞ菊しの「ありがとうございます!」

LiSA「うん!私に何か聞きたいことはありますか?」

えぞ菊しの「私を含む会場に来てたお客さんは絶対にライブを楽しんでいたと思うんですが、LiSA先生はどんな風にライブを楽しんでましたか?」

LiSA「あのねー、LiSA先生も大阪がこういう状況ってことで初めはすごく緊張していたんですけど、でもみんなが待っていてくれて、それこそMCの後の暖かい拍手をね、長い長い拍手をくれた時に、なんかいつものみんながいてくれるんだなっていうのをすごく実感して、もうそこからいつものライブに戻ったような気持ちでしたよ!」

えぞ菊しの「はい、すごくすごくよかったです・・・!!」

LiSA「ありがとうございます!でも今度は全開で!何も気にせず全開で大好きな歌一緒に歌おうね!」

えぞ菊しの「はい!絶対その時はお金貯めて行きます!」

LiSA「よっしゃ!待ってるからね!」

えぞ菊しの「はい!」

LiSA「うん!ありがとう!」

えぞ菊しの「ありがとうございます!」

LiSA「ばいちー!」

えぞ菊しの「ばいちー!」

LiSA「いや〜初ライブで1列目って・・・もう呼ばれてたよね、「しの」は。すごいですね〜。ほんとにさっきも言ったけど、全然ね、いつものライブと変わらないって言ったら変だけど、あ、みんながいてくれるだけでライブって最高なんだなって思いました」

「ツアーまだまだ続きます。お楽しみに!」

「さて、そろそろLL教室の授業も終了の時間になってしまいました」

「さて、LiSA LOCKS!では、生徒の皆さんからの書き込みお待ちしています。アドレスは<www.tfm.co.jp/lock>ロックのスペルはエルオーシーケーです」

「ということで、私とはまた来週!ここLL教室でお会いしましょう!LL教室の講師、LiSAでした!

「今日もいい日だっ。ばいちっーーーーー!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年8月4日(水)PM 11:00まで

LiSA LOCKS! 放送後記

もっと見る

SCHOOL OF LOCK! ARTIST & GIRLS & BOYS

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • sumika LOCKS!

    sumika

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • 山之内すずのGirlsLOCKS!

    山之内すず

  • 森七菜のGirlsLOCKS!

    森七菜

  • 上白石萌歌(adieu)のGirlsLOCKS!

    上白石萌歌(adieu)

  • 景井ひなのGirlsLOCKS!

    景井ひな

  • BOYS LOCKS! 櫻井海音

    BOYS LOCKS! 櫻井海音

ページトップへ戻る