SCHOOL OF LOCK


LiSA「生徒のみなさんこんばんは!登校2日目、LL教室の講師、LiSAです!」

「さあ、今夜は先月募集したこちらの授業をお届けしたいと思います!では、黒板を書きます!」

SCHOOL OF LOCK


Layout

SCHOOL OF LOCK


「今夜は生徒の皆さんが、将来こんな風になりたい!という「自分の人生の理想のレイアウト」を教えてもらう授業をお届けしたいと思います」

「まずは書き込みを紹介していきましょう!」


実はLiSA先生に聞いてほしい夢があります。
それは、自分で車屋を開業することです!
具体的には、35歳までに起業すると心に決めていて、今は必要な資格を取ったり経験を積んでいます!

よっしー@LiSAッ子
佐賀県 23歳 男の子


「もう進んでるんですね。でも佐賀県で車屋さん開業するんでしょ?どんな車屋さん作るんだろ!聞いてみよう!」

LiSA「もしもし?」

よっしー「もしもし」

LiSA「こんばんは!LiSA先生です」

よっしー「こんばんは!佐賀県、23歳、男の子「よっしー@LiSAッ子」です!」

LiSA「よっしーーーー!!」

よっしー「あはははは〜〜」

LiSA「よっしー23歳なんだね!」

よっしー「23歳です」

LiSA「もうすごいね、車屋さんを開業するのが夢なんですね!」

よっしー「はい」

LiSA「うんうん!」

よっしー「ずっと前から夢で、いつか出来たらいいなと思っていて」

LiSA「へ〜!いつからなりたいと思ってたの?」

よっしー「車屋さんになりたいと思ったのは結構最近なんですけど、ただ、映画の『ワイルドスピード』の感じがすごくいいなと思って、自分もあんな場所作りたいと思ってって感じですね」

LiSA「えーそうなんだ!ちなみにすっごい偶然なんですけど、私昨日『ワイルドスピード』観たの!」

よっしー「えー!!そうなんですか!!」

LiSA「あははー!!そう!あのスーパーコンボを映画館で観てきたんですけど!」

よっしー「まだ観てないです・・・」

LiSA「まだ観てないの!?ちょっとーーー!今日語りたかったーーー!」

よっしー「あーーー失敗したーーーー」

LiSA「あははー!え、ちなみに『ワイルドスピード』は何歳の時に観たんですか?」

よっしー「実を言うと、映画はまだ観てないんです」

LiSA「あ、そうなんだ!でもその映画の世界観を見て、あーあんな車屋さん作りたいなーと思ったんだ!」

よっしー「はい」

LiSA「なるほどね〜。どっちかって言うと、私結構『ワイルドスピード』観てるんですけど、ギラギラしたタイプの現代的な、ネオン管が似合いそうな、縦にドア開いちゃう!みたいなブーンって開いちゃうタイプの車のやつか、それとも、旧車って呼ばれる昔から受け継がれる子たちをいっぱい直してたくさん届けて行く、みたいな、どっちのタイプの車屋さんなの?」

よっしー「自分がやりたいって思ってる車屋さんは、サーキットとかでレースをするような車を作る」

LiSA「なるほどね!じゃあ戦う車を作りたいんだ!」

よっしー「そうですね、戦う車です」

LiSA「じゃあすごく重要ですね〜!もちろんみんなの安全を守るのはもちろんですけど、速さもだし、みんなが憧れる見た目もだし、それはいいですね。そういう車をデザインもするってこと?」

よっしー「デザインは・・ちょっとセンスがないのでそこは人にお任せします・・!」

LiSA「なるほど。じゃあ速さを極める車を作るんだ!」

よっしー「はい」

LiSA「へーー!でも今いろんな資格を積んでるじゃないですか、今はどんなことをしてるの?」

よっしー「今は車屋さんで働いてて、営業の方がお客様から預かってきた車を修理するお仕事をしています」

LiSA「へ〜〜なるほど。そこで勉強して、ここが・・うんと例えばもうちょっと速く走るためにはここが軽い方がいいなとかも、勉強してるんだ!」

よっしー「はい、してます!」

LiSA「じゃあただの・・ただのって言うと変だけど、普通の町の車屋さんじゃないんだね?」

よっしー「働いてるところはもう普通の町の車屋さんです」

LiSA「うんうん。でもよっしーが作りたい車屋さんは町の車屋さんじゃないんだ?」

よっしー「そうですね。車が好きな人が集まってくれるようなところを作りたいです」

LiSA「なるほど〜。自分でお店を開業したいと思ったのはなんでですか?」

よっしー「やっぱり、雇われて働いてるだけじゃ作れない空間とか場所とかってあると思うんですけど、気軽にみんなが寄りやすいような場所を自分が作っていけたらなって思って、やりたいなと思いました」

SCHOOL OF LOCK


LiSA「なるほど〜。ちなみに、もうお店の名前は決めてるの?」

よっしー「まだ決めてないです」

LiSA「決めてないの!そっかーー。え、それは、佐賀県で作るんですか?」

よっしー「今のところ予定では佐賀県です」

LiSA「おーーー。佐賀県ってサーキット場とかがあるの?」

よっしー「一箇所だけ山の奥の方にあります」

LiSA「ふーーん。じゃあそのサーキットとかも見に行ったりするんですか?」

よっしー「結構行ってますね」

LiSA「おおーーそうなんだー、じゃあやっぱりレーシングカーが来る場所になるんだね!」

よっしー「はい」

LiSA「そっか。でもお店をオープンするまでに資格や資金も必要ですね・・!」

よっしー「めちゃめちゃ要りますね」

LiSA「ね。今もうお金貯めたりしてるんだ?」

よっしー「少し気持ち程度に・・(笑)」

LiSA「うんうん、そっか。でも12年あるからね!夢を叶えるまでに!」

よっしー「そうですね・・!」

LiSA「でも楽しいね。自分で作りたいものを固めて行って、それを実現していくのが私もすごく楽しみです!」

よっしー「めちゃめちゃ、頑張ります・・!」

LiSA「また名前決まったら教えてね!」

よっしー「はい!」

LiSA「あとその看板が何色かも分かったら教えてね!」

よっしー「分かりました!!」

LiSA「頑張ってね!」

よっしー「はい!頑張ります!」

LiSA「はーい!ありがとう!」

よっしー「ありがとうございました!」

LiSA「はーいじゃあねー!」

よっしー「ばいちー!」

LiSA「ばいちー!」
「なるほど〜レーシングカーか〜〜!でも車って大人になるとみんな憧れを持って乗りたいなって誰もがきっと思うものだと思うので、それがレーシングカーであり、ファミリーカーであり、なんでもそうなんだけど、なんかみんなの人生に関われる仕事っていうのはいいなーと思いますね」


M  Psychedelic Drive / LiSA    


「LiSAで「Psychedelic Drive」を聴いてもらいました!」

SCHOOL OF LOCK


「どうしよう〜よっしーのお店で「Psychedelic Drive」が掛かってたら・・・!最高だな〜〜〜!」

「さて、このLiSALOCKS!では、生徒の皆さんからのメッセージを待っています。ぜひ他の生徒の皆さんも、理想の人生レイアウトを教えて下さい。アドレスは<www.tfm.co.jp/lock>ロックのスペルはエルオーシーケーです!」

「ということで、私とはまた明日お会いしましょう!LL教室の講師、LiSAでした!今日もいい日だっ。ばいちー!

+++

★LiSALOCKS!では「L」で始まる授業テーマをお待ちしています!
ぜひ【 LiSA掲示板 】に書き込んでね!

1.「Layout〜自分の人生の理想のレイアウト」
→将来の夢や理想の人生設計を、ぜひ具体的に教えてね!

2.「Learn〜生徒のみんな教えて!」
→LiSA先生の学びたいことを教えてあげてね!

3.「Lethal Mistake〜私が犯した致命的なミス」
→「やっちまったなぁ〜」という失敗談を大募集!

★LL逆電希望の生徒も書き込み待ってます!!