聞いてよミユキちゃん!人前に出ると頭が真っ白になっちゃいます!

SOL!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年10月9日(木)PM 10:00 まで



呼び方!どうも職員です。
豆柴の大群のメンバーの呼び方はアイカが絡んでくると大体ごちゃつきます。
自分の名前もみんなが“アイカ”と呼ぶのに対し、一人称は“スパイ”。
ナオのことをみんなが“ナオ”って呼ぶのに対し、アイカだけは“オブさん”。
アイカが出る回の後記を書くときはいっつも「統一しようかな〜」と一瞬考えています。
これ以上特殊な呼び方増やさないでよね?アイカ!(笑)

それでは10月22日の放送後記をどうぞ!

ナオ「今週末は豆柴の大群の初ワンマン!早く豆粒のみんなに“会いてぇぁ〜い”(ねっとり教頭ボイス)ナオ・オブ・ナオと!」

ミユキ「豆粒と飼育委員とはぴはぴえんじぇるになりたい!ミユキエンジェルの2匹でお届けします!」

ナオ「生徒の皆さん、ワンワンワン!SCHOOL OF LOCK!の飼育小屋の子犬」

2匹「豆柴の大群です!」

ミユキ「今週の豆柴LOCKS!は『聞いてよ!豆柴の大群〜!』」

ミユキ「飼育委員のお悩みにメンバーが直接答えています!」

ミユキ「ナオは豆柴の大群のお母さん的存在“ハハ・ハハ・ハハ”(言いにくそう)として私のサポートお願いします(笑)」

ナオ「いやみんなイジるじゃん(笑) さかた校長どうにかしてください」

ミユキ「ママ〜〜〜〜〜」

SOL!


〈SE:扉の開く音〉

ミユキ「あっ!早速飼育小屋に来てくれてる子がいます!お名前教えてくれるかな?」

飼育委員「北海道、14歳、ラジオネーム リコ・ブレツェンスカです!」

ミユキ「14歳ってことは何年生?」

リコ・ブレツェンスカ「中2です」

ミユキ「うわぁああああ」

ナオ「中2高2は当たって?」

リコ・ブレツェンスカ「砕けろ〜!」

ミユキ「突っ走れ〜!」

リコ・ブレツェンスカ「オ〜〜〜!」

2匹「イエ〜〜〜イ!!!」

ナオ「こもり教頭使わせていただきました

ミユキ「ありがとうございます」

ミユキ「ということで、リコ・ブレツェンスカちゃん。今日はどうしたの?」

リコ・ブレツェンスカ「聞いてよミユキちゃん。最近生徒会副会長になったんですけど、人前に立つと緊張して頭が真っ白になってしまいます!どうしたらテンパらずに落ち着いて話すことができますか?」

ミユキ「私も緊張しいだから共感ぴえんじぇるなんだけどさ。なんで生徒会副会長になろうと思ったの?」

リコ・ブレツェンスカ「去年部活を辞めてしまって、青春っぽいことをしたいなと思って立候補しました」

ミユキ「なるほどね。ちなみに今青春してる??」

リコ・ブレツェンスカ「青春…してます…(照)

ミユキ「待って!してるの?」

ナオ「どんな?どんな?」

ミユキ「教えて教えて!」

リコ・ブレツェンスカ「気になる人とかは…どうなんでしょうか」

ミユキ「え〜いるんだ〜〜〜!!」

リコ・ブレツェンスカ「えへへへ(笑)」

ミユキ「無茶苦茶気になるんだけど〜。でもねやっぱりね、イメトレが大事だと思うんだよね」

ナオ「うんうんうん」

ミユキ「イメトレしてる?」

リコ・ブレツェンスカ「あんまりしてなかったかなと」

ミユキ「してない?じゃあ目の前に人がいるんだと思って何回も読む。それで自分の体に染み込ませることが大事かもしれない」

ミユキ「そしたら緊張してもね、自然と言えると思うんだよね。それを挑戦してみてほしいな」

リコ・ブレツェンスカ「はい!頑張ります!」

ミユキ「イ〜メトレ大事!せ〜の!イ〜メトレ!イ〜メトレ!」

SOL!


リコ・ブレツェンスカ「イ〜メトレ!イ〜メトレ!」

ミユキ「ありがとごめん(笑)」

ナオ「やらせといてごめんて(笑)」

今週は「聞いてよ!豆柴の大群!」
毎日豆柴ちゃんの中から1匹が頼れる“母”、ナオ・オブ・ナオと共に、飼育委員の悩みに、直接アドバイスを送っていきます。
最終日の本日はミユキエンジェルがRN: リコ・ブレツェンスカちゃんの『人前に立つと緊張して頭が真っ白になる』という相談に乗っていきました。
確かにイメトレは大事。こんなことが起こるかなってイメージして本番に臨むと大概うまくいくと思います!後他の人をじゃがいもだと思いこめば緊張しないとかも聞いたことあるかも。(何でじゃがいもかは知りませんが)
みんなも『イ〜メトレ大事』の精神で大舞台を乗り切ろう!

引き続き、みんなからのエサ書き込み待っています!
エサは豆柴掲示板、もしくはメールフォームまで!

SOL!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年10月9日(木)PM 10:00 まで


豆柴LOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る