昨日の授業を受けて、とある書き込みが…!

SCHOOL OF LOCK!


学校運営戦略会議を聴く

聴取期限 2022年2月18日(金)PM 10:00 まで



こもり校長「今週もお疲れさま!」

ぺえ教頭「お疲れさまです〜。今週は2週間ぶりに復帰しました」

こもり校長「確かに、FRIDAYは久しぶりですね」


ぺえ教頭!
ぺえ教頭初のエッセイ発売決定おめでとうございます!
表紙も可愛いくて、何よりぺえ教頭のドレス姿が似合ってて、買います!
やまほのちゃん
女性/16歳/埼玉県
2022-02-10 18:38


ぺえ教頭「嬉しい! ありがとうございます〜」

SCHOOL OF LOCK!


こもり校長「ぺえ教頭のドレス姿が似合ってるから買ってくれるわけよ」

ぺえ教頭「え? 本の中身が気になるからじゃなくて?」

こもり校長「あのドレス姿を見たいがために。でも、いい表紙! 東京の街とドレス」

ぺえ教頭「そうそう!」

こもり校長「で、すっぴんっていうところが何かいい。哀愁漂ってると言うか、ああいうのってすごくリアル!」

ぺえ教頭「うん。何かちょっと“幸せと地獄”みたいなものを、1枚の写真にしたくて。それこそ、すっぴんとウェディングドレスってちょっと対照的なものじゃない」

こもり校長「うんうん、わかる! 相反してるもんね」

ぺえ教頭「あとね、ウェディングドレスを着て持ってる服が、仏花…仏壇とかに飾るような花なのよ。そういう、普段だったら一緒にならないものを一緒にして、“理想と現実”みたいなものを色々表現してみた、表紙になってます」

こもり校長「あの表紙めちゃくちゃいい! すごいアーティスティックな感じもするし、芸術っぽいと言うか、メッセージ性があるから、すっごい引き込まれる」

ぺえ教頭「ありがとう〜。ホント? “東京”という街にさ…」

こもり校長「うん。俺だって、あれの同じバージョンを撮りたいなって普通に思った。すっごいタキシード着て、でも髪の毛もボサボサでメイクもしないで、花持って…みたいな。ああいうの、うわぁいいなぁって、俺あの世界観がすっごい好き!」

SCHOOL OF LOCK!


ぺえ教頭「もちろん、自分のキラキラした幸せを追い求めてこうやって上京して、今の仕事をしてるんだけれども。蓋を開けてみたら“あれ? ちょっと現実は甘くないな”みたいな世界だったり、期待し過ぎてすごい痛い目を見たりとか、そういう自分を1冊に纏めたくて」

こもり校長「いいね」

ぺえ教頭「今私って、どっちかって言うとそこまで張り切ってないじゃない。でも5年前、デビューしたぐらいはすごい張り切って頑張って、すごいくたびれて、自分じゃないものを演じて、人生楽しくなかったのね。でも今こうやって、ちょっと正直暇な人生…(笑)」

こもり校長「まぁ、余白があるってことだよね?」

ぺえ教頭「そうそう。ちょっと退屈な時間が多い人生・時間を過ごしてて。“そんな退屈を愛せたら、何だか自分も愛せるようになれるんじゃないの?”なんて思ったりして、この1冊に色んな言葉を詰め込んでみました」

こもり校長「だってもう、今のがそのままタイトルだもんね」

ぺえ教頭「そう。タイトルが『退屈の愛し方』っていう。退屈とか平凡って言葉は、ちょっと良くないって言うか、もっと頑張らなきゃみたいな気持ちになると思うんだけど、“それって愛し方を知ればすごく綺麗なものよ?”って思うわけよ。私はもう世の中をちょっと小バカにして、正直斜めから物事を見て(笑)、楽に生きてる。そんな自分を今は愛せてるから。
『エッセイ』って言うと自己啓発本みたいな…“読んだら人生が変わります”とか“お金が稼げるようになります”とかそういうのじゃなくて、1日終わってベッドに入ってこの本のページを捲ったら、“あ、こんな日もあるよね”みたいな、読んでくれる人が楽な気持ちになれるといいな、と思って」

SCHOOL OF LOCK!


こもり校長「すっごいいいメッセージ性もあるし。ちょっとだけ出る前の文章も読ませてもらったけど、本当にさわりだけ読んだけど、すっごい興味ある!」

ぺえ教頭「えー、本当?(笑)」

こもり校長「まだ出てないから内容は言えないけど、その内容でSCHOOL OF LOCK!の授業をやりたいなと思ったぐらい!」

ぺえ教頭「ありがとう」

こもり校長「発売日は来月3月22日ですから! 生徒のみんな、校長と一緒に楽しみに待っていましょう!」

ぺえ教頭「ぜひお願いします!」


昨日の生放送授業は『君の悩みを聞かせてほしい!』というテーマで授業して、山形県 15歳 女の子 RN エディキュールと逆電した!

こもり校長「エディキュールの悩んでる相談の内容っていうのが…。自分の夢を叶えるために受験して、第二志望のところに受かって、山形から神奈川に出ていくことが決まったんだけど。その中でエディキュールには好きな女の子がいて、その子はSCHOOL OF LOCK!の生徒でもあって、SCHOOL OF LOCK!がきっかけで仲良くなって、エディキュールの中でももの凄く大好きで大切な人で。だからこそ、自分が山形から離れて神奈川に行って、進学するっていうことを伝えられない、と。その人の顔を見て悲しませたくない、とか。
エディキュールの好きな人もSCHOOL OF LOCK!が好きって言ってくれてたから、もしかしたら聴いてるんじゃないか、って」

SCHOOL OF LOCK!


ぺえ教頭「そうね。昨日その話になってね」

こもり校長「エディキュールに聞いてみたら、“ぜひ伝えたいです”っていうことで、心と声を震わせながら想いを伝えてくれたんだけど…。実は、なんと、その好きな子が、昨日の生放送授業を聴いてくれてて」

ぺえ教頭「あっ、聴いてくれてた!?」

こもり校長「エディキュールに向けたメッセージを書き込んでくれてたのよ。本当に届いたばかりだから、俺たちはまだその内容も見てないし」

ぺえ教頭「えー、ドキドキする〜」

こもり校長「もしかしたら今日はFRIDAYだからエディキュールも聴いてくれてるかなぁ?」

ぺえ教頭「どうだろう?」

SCHOOL OF LOCK!


こもり校長「今から読んでいこうと思う」


えでぃきゅーるへ
第二希望合格おめでとう。
お疲れ様!よく頑張ったね!!すごいよ。

今週はえでぃに会えなかったから、ちょっと寂しかったです。

お別れは、寂しいね。
本当は、いっぱい思い出書こうと思ったんだけど、それは次会ったら直接話すことにするね。

勇気出して、伝えてくれてありがとう。
今まで、私には友人がいませんでした。
正しくは、友人がなんなのか分かりませんでした。
けどね、えでぃと出会って、初めて、この人は無くしちゃいけない、無くしたくない、大切な人なんだってこの3年間で気づきました。

だから、好きって学校でも言うし、手を繋ぎたいって思うし、抱きしめたいって思います。

えでぃ。
私の方が幸せいっぱいもらってるよ。
本当にありがとう。
お別れしても、これからもずっとずっと大好きだよ。
悲しみも寂しさもいっぱいあるけど、えでぃが決めた道なら、喜んで応援するよ!!
それに、コロナ開けたら、遠距離だろうが会いにだって行くよ。待っててね。

えでぃ。またね。また絶対会おうね!

ばいばい!
かほし
女性/15歳/山形県
2022-02-11 00:59


ぺえ教頭「届いてたねぇ〜」

こもり校長「うーん…」

ぺえ教頭「(笑)」

こもり校長「何か、うーん…。ここから先は、たぶん僕たちが踏み込むべきでもないし」

ぺえ教頭「そう思うわ」

こもり校長「ここで俺たちが感じたことを、全国の電波を通して言うことでもないだろうし。たぶん今一緒にこの書き込みを聴いてくれた生徒のみんなも、1人1人感じたことがあるだろうし、思ったことがあるだろうし。2人の時間が、これから先歩んでいく未来が、たとえ2つに別れようとも、絶対に輝かしいものであることを、願ってます!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 二千五百万分の一 / まふまふ


学校運営戦略会議を聴く

聴取期限 2022年2月18日(金)PM 10:00 まで

学校運営戦略会議 放送後記

もっと見る

LOCKS!SCHOOL OF LOCK!の講師陣

  • ミセスLOCKS!

    Mrs. GREEN APPLE

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • YAZAWA LOCKS!

    矢沢永吉

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • SEVENTEEN LOCKS!

    SEVENTEEN

  • 森七菜LOCKS!

    森七菜

  • adieu LOCKS!

    adieu(上白石萌歌)

  • 景井LOCKS!

    景井ひな

  • INI LOCKS!

    INI

ページトップへ戻る