SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 大王を見られちゃう 』

来週29日、火曜日の生放送教室には、
我が校の進路室の大王[ALEXANDROS]先生が登場!
ここまではすでに発表済み!

さらにその日は、生放送授業後!
GYAOにて「アレキサンドLOCKS!〜あまりにも素敵な夜の話」を配信!

とーやま校長「声だけじゃなくて、映像として進路室の大王[ALEXANDROS]先生を観ることができる!
視聴するにはGYAO専用のアプリが必要なので、事前にダウンロードしておいてくれ!」

その配信の中では、生放送教室では語り足りなかった事、
生徒から届いたメッセージや質問に答えていってくれる!

メッセージはツイッターで「#sol」を付けて、呟いてね!
もしかしたらスペシャルなプレゼントも…!?

楽しみに待っていよう!


とーやま校長「じゃあ、今日もやっていこう! 叫べーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」


♪ あまりにも素敵な夜だから / [ALEXANDROS]


とーやま校長「この曲すごくいいよね。ようぺ先生もドロスLOCKS!の中で車の中で聴いたらめちゃめちゃ良いって言っていたけど、デジタルリリースはもう少し先だから、いち早く手に入れて聴いてほしいね!
来週の火曜日、[ALEXANDROS]先生お待ちしております! そのあとのGYAOでの配信も楽しみに待っています!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「この10月から半年間、俺一人でやっていくわけなんだけども、いろいろと変わったこともあったりして…。
俺が一人でやっていくってこともそうだし、ウェブページも一新されたんだよ。写真がたくさんあって見やすくなったりしてるでしょ? 新しいウェブページどうかな?
ここが良いですとか、ここをこうしてくれたら嬉しいです。みたいな意見も全然あっていいと思うんだよ。
俺的にはやっぱり、文字起こしあってくれたら助かるかなって…」

<イェーイ!>

とーやま校長「俺は、俺はね!(笑) 文字起こしなくなっちゃったからさ。
掲示板でも“文字起こしないんですか?”っていう書き込みを見たのよ。どうみんな?」

<イェーイ!>

とーやま校長「うん。思っていることなんでも書き込んでほしいな。
で、新しくなったウェブの中にある、SCHOOL OF LOCK!用語集わかる?」

SCHOOL OF LOCK!の中で飛び交うワードを解説してくれるウェブページ!
それが、SCHOOL OF LOCK!用語集vol.2!

今日は、SCHOOL OF LOCK!用語集vol.2の更新を行っていくぞ!

とーやま校長「我が校には『用語集随時更新委員会』というものがあって、
用語集にあるメールフォームから“これを用語集に加えたい!”という言葉を生徒のみんなから募集して、説明文と一緒に送ってもらって良かったものは実際に採用させてもらってる!」


早速みんなからの書き込みをチェックしていこう!


用語:パフォーマンス
解説:主に「けしからん祭り」内で登場し、けしからんの最高峰とされる行為、またそれに準じる行為を指す隠語。
パフォーマンスの内容的に22時台の放送では過激すぎるため、23時台後半に使われることが多い。
制服のデメキン
男性/16歳/高知県


とーやま校長「確かに23時台後半に使われること多いね。
でも、パフォーマンスっていう言葉の解説にある“けしからん”ってなに? って話になる問題が出てくるな(笑)
一応、用語集に『けしからん祭り』って用語も載ってるんだ!」

■けしからん祭り■
けしからん体験をした生徒を呼び出して「けしからん!」と叱りつけるという授業。
例えば、座禅組み(リア充の反対の意)の聖地である大仏の中で初チューをした生徒をしかりつけたり、バンドをやっている友達からライブ中に告白されて嬉しさのあまりその勢いで…など、その過激な内容から一時授業を自粛したことも。

とーやま校長「この解説があるってことは、『パフォーマンス』もOKだな!
制服のデメキン、採用! ありがとう!」


用語:スカイツリー
解説:男子の大事な部分のこと。
男と女の掲示板逆電で多用される。
興奮している場合は、点灯していると言われる。
地域によって、東京タワーだったりエッフェル塔だったり…
パラダイスきょーとー
男性/13歳/栃木県


とーやま校長「(小声で)採用しておこうか…。
だって、スカイツリーって用語よく出るし……採用!」


用語:口ッチリ(くっちり)
解説:とーやま校長がRed Hot Chili Peppers先生の楽曲を全て口で演奏すること。
2019年のサマーソニックの影響を受けてのことだが、校長の口ッチリ技術は相当高い。
Hawai
男性/18歳/東京都


とーやま校長「口ッチリは、ファンもいるし俺自身も好きなのよ。だから載せたい!
だけど…2019年のサマーソニックの影響ではないのよ。口ッチリは20年くらい勝手にやっているやつなんだ。
例えば、『Around The World』っていう曲だったら、
ボン〜ボンボンボンボン…ブーバブーバブーバブーバブルブル…ハァーーーーーー! ブーバブーバブーバブーバブルブル……っていうやつ」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「これが、口ッチリ! それじゃあ、これも用語集に載せよう!」

この後、とーやま校長の『口The Way(By The Way)』もオンエアされました…!
続いて…


用語:マイヘア系
解説:SCHOOL OF LOCK!に来校した先生の中で閃光ライオットや未確認フェスティバルに出たが落とされてしまった方々のこと。
My Hair is Bad、ネクライトーキー、マカロニえんぴつなどがこれに該当する。
トキシラズ
男性/14歳/東京都


とーやま校長「確かに、言ったことある!
そういうアーティストたくさんいるんだよね。Official髭男dismの藤原先生も閃光ライオット出てくれてたり、米津玄師先生もそうだし…。
でも、これを『マイヘア系』ってまとめて正式な用語にしちゃうのはちょっと申し訳ないな。
…これは保留で! 着眼点はすごく良いと思う!」


校長の口ッチリで時間が取られてしまったため、たくさん書き込みがあったけれど紹介しきれなかった! ごめん!
そして、メールを送ってくれたみんな、ありがとう!

みんなに支えられて用語集は出来ている!
最近、SCHOOL OF LOCK!を聴くようになってくれた生徒は分からない用語があったらこの用語集を見てみて欲しい!


SCHOOL OF LOCK!



続いては、過去の気になる書き込みの生徒に電話して改めて話を聞いていく
Back to the Future 逆電!!


とーやま校長「まずは書き込みを紹介だ!」

今年は絶対…!
今年こそ絶対に京芸に受かる!
美術漬けの4年間を過ごす!
もう悔しい思いはしたくないな…

ここで相談です。
私はものすごい緊張しいです。
緊張しすぎて、最終的に「なぜ私は緊張している…??」と、よく分からない感じになります。多分緊張することに緊張しているのではないかと自分では思っているのですが、、、
緊張とのうまい付き合い方ってありますか?いつまでたっても慣れません。
何かアドバイス等あればお願いします!
えいとみかん
女性/19歳/兵庫県
2019-10-03 22:27


とーやま校長「この書き込みから結構時間が経っているけど、緊張との上手い付き合い方は見つかっているのかな? …もしもし!」

兵庫県 19歳 女性 RN えいとみかん

えいとみかん「もしもし」

とーやま校長「えいとみかん。今ね、デロリアンっていう時空を超えることができる車に乗って10月3日のえいとみかんの書き込みを読ませてもらったのよ。
本番はこれからなんだよね。緊張しちゃうっていうのは、今まで緊張によって悔しい思いをしたことがあるってこと?」

えいとみかん「はい。ありました。中学校のときに吹奏楽部に入っていたんですけど、部活でソロを失敗しちゃうみたいな」

とーやま校長「プレッシャーを感じて失敗しちゃう感じか。これから試験もあるわけだろ? 去年も同じところを受けたの?」

えいとみかん「同じところ受けました!」

とーやま校長「そのときも緊張してた?」

えいとみかん「芸大の試験はあまり緊張しなくて、逆にびっくりしました」

とーやま校長「そうなんだ。今は何が不安?」

えいとみかん「緊張によって今までできていたことができなくなるってことです」

とーやま校長「なんで人って緊張しちゃうんだって思う?」

えいとみかん「いつもと違うことをしているから?」

とーやま校長「普通に暮らしていて、急にドキドキすることはないもんね。
勝負しないといけないときや、失敗しちゃいけないときとか…。そうなると、これは慣れでは解消しないものだと思うんだよね。
試験だって年に何回もあるわけじゃないしね。今は緊張してる?」

えいとみかん「さっきまでちょっと緊張してたんですけど、今はほぐれてきました」

とーやま校長「緊張がほぐれてきているってことは、試験が始まったときも落ち着いてくる瞬間が絶対にあるわけだよ。
2時間3時間ずっと緊張しっぱなしってことは多分ない。だけど、大事なときほど緊張しないということもないと思うんだ。だから緊張はするわけだよ」

えいとみかん「はい」

とーやま校長「俺は、もう一人の自分が自分の中にいて、あーこれね。いつものやつね。って感じで自分を客観的に見るようにしてる。
俺も緊張を消したいって思ったことはあったけど、緊張というものがスタンダードなんだって思うようにしたよ。そこに慣れておくことはできるかもしれないよね」

えいとみかん「そうですね」

とーやま校長「一回本番当日のことを想像してみよう。ドキドキしてるよね。そこで自分に言い聞かせてみよう」

えいとみかん「こんにちは。えいとみかんです(笑)」

とーやま校長「これだよ! 自分にこんにちは大作戦だよ!(笑)
ちょっとこれを授けるのでやってみてほしい!」

SCHOOL OF LOCK!


えいとみかん「ありがとうございます!」

とーやま校長「これは俺の作戦だけど、他の人にも聞いてみて、いろんなアイディアを持っておくということが当日の緊張を少しづつ和らげるきっかけになるかもしれない。
そこへの対策をしっかり練れば大丈夫だよ!」

えいとみかん「はい。なんか和めそうです!」

とーやま校長「うん! 向こうもえいとみかんのような奴を探して待っていてくれてるんだから、楽しい時間にしていこう!」

本日のSCHOOL OF LOCK!フライデーも、そろそろおしまい!

とーやま校長「じゃあ、最後は一緒に挨拶だ!」

えいとみかん「はい!」

とーやま校長「起立! 礼!!」


とーやま校長・えいとみかん「また来週〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!