「クリスマスとミセスと私」X’masプレゼント当選者発表!!

20191225mrsxmas18.jpg


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年1月1日(水)PM 10:00 まで



聖なる時に
まだ見ぬ明日と貴方を思い
心に奏でるFolktale
いつかどこかで
ミスターゆっけ
東京都、23歳、男の子


届けたい
届けたくても届かない
ミセスの曲に思いを乗せて
そこで終わるか?俺らの思い
いや背中押されて1歩踏み出す
聖夜にあなたと私との
2人の影ができたらな
こまこまおでん
東京都、15歳、男の子


暖かいSoupとミセスで心満たされ、心躍る
街はクリスマスムード
今も変わらずどこかで、サンタからのプレゼントを期待する私
今夜は皆でPARTYだ
まずは、生ぬるいJUICEで乾杯!
カホリンゴ
愛知県、18歳、女の子


白い息にのせてこの曲知ってるって君は微笑んだ
イルミネーションに照らされた人達はみんな綺麗に見えてずっとこの時が続けばいいのにと思う
we wish you a merry christmas
また今年も変わらずクリスマスはやってくる
かな
沖縄県、17歳、女の子


大森「はい。黒板を読み上げます。せーの!」

20191225mrsxmas16.jpg


クリスマスとミセスと私

大森「みなさんこんばんは!そして・・・」

5人「メリークリスマス!!!!」

20191225mrsxmas09.jpg


大森「“いま”を学ぶ超現代史の講師・・・!」

5人「Mrs. GREEN APPLEです!」

大森「ホーホーホー!ボーカル、大森元貴です!」

若井「チリンチリンチリン!ボーカル・・じゃない!ギターの若井滉斗です!」

藤澤「シャンシャンシャンシャン!キーボードの藤澤涼架です!」

山中「メリークリスマス!メリークリスマス!ドラムのクリスマス山中クリスマス綾華です!」

睫遏屬蓮次次爾!ベースの、I’m Bassist!睫鄒興です!」

20191225mrsxmas10.jpg


大森「えーー、睫遒気鵑ちょっとね、声が・・」

5人「こもってる〜〜」

大森「サンタさんのお面をかぶってる」

睫遏屬面じゃな〜いですよ!これが僕の顔ですよ!」

大森「はい、失礼いたしましたー」

睫遏屬蓮爾!」

大森「えー、今日はクリスマス当日!そしてミセスLOCKS!としては2019 年最後の授業、最後の登校日となります。と言う事で今日はメンバー全員そろって授業をお届けしまーーす!

5人「イエーーーイ!!ホーホーホー!!シャンシャンシャン!!」

若井「っとその前に、大森先生!まずはおかえりなさい!お久しぶりでございます」

大森「どういうことに・・なってました??」

若井「なんかサンタさんを探しに行ったり、トナカイのお世話してることになってたけど・・どうでした?その方は」

大森「間ですか?」

若井「間。その方は?」

大森「あ・・その通りです・・・・そういうことですか?」

若井「そういうことでお願いします」

5人「(笑)」

大森「ちょっと 2 週間ほど授業をお休みしていたんですけど、今日からまた戻って来たのでみなさんと一緒に授業をしていきたいと思います!」

5人「はい!お願いします!!」

大森「ちょっと「みなさん」って言ってしまいました、すいません。2週間いなかったもんでちょっと距離がね・・」

若井「よそよそしくなってる」

山中「急に距離できちゃった」

大森「すいません。と言う事で、今夜の授業は、クリスマスとミセスと私〜♪ということで!「クリスマスとミセスと私」!!」

5人「イエーーーイ!!」

大森「先ほども言いましたけども、今日は2月・・じゃないです、 12月25 日!クリスマス当日でございます!超現代史の教室もクリスマス仕様になっています!」

5人「ほんとだ〜〜!」

20191225mrsxmas15.jpg


20191225mrsxmas14.jpg


20191225mrsxmas13.jpg


20191225mrsxmas12.jpg


睫遏屬修靴謄潺札LOCKS!では少し前からクリスマスプレゼントとしてアリーナツアー「EDEN no SONO」のグッズを3 名の生徒に僕たちのサイン入りであげちゃいます!とお知らせしていました!今日はそのプレゼントの当選者をついに発表します!!

5人「お〜〜〜!すご〜〜い!」

山中「プレゼントが欲しい生徒は「クリスマスとミセスと私」をテーマにポエムを考えてくださいと言っていましたよね」

藤澤「さっき授業の冒頭でもいきなりみんなのポエムを紹介しましたけど・・・けっこう難しいお題だったんじゃないかな?と思ったんですが・・」

20191225mrsxmas05.jpg


若井「ポエムってハードル高いからね!」

藤澤「これ実はかなりの量のポエムが、ミセス掲示板とメールで届きました!書き込みありがとうございます!」

5人「お〜〜〜!」

大森「ポエムっていうのは、どんなものがポエムなんですか?睫遒気鵝

睫遏屮櫂┘爐辰討いΔ里呂任垢諭特に決まりがないんですね!例えば」

大森「ちょっと一節・・」

睫遏岼貔瓩任垢?・・・・「靴ひもが、切れたからと言って、決してネガティブになることはないんだ。そう、これもなにかの縁!」」

5人「お〜〜〜〜〜」

大森「あーまあギリギリ」

若井「実体験を」

睫遏屬修Δ修先ほど靴ひもが切れまして」

大森「そうですね」

睫遏屬泙△舛腓辰箸!なんかこう」

藤澤「一見ね!縁起が悪いんじゃないかって」

20191225mrsxmas08.jpg


睫遏岷鏥が悪いみたいに言われてますけど、なんかこれを機にもしかしたら新しい自分がスタートできるんじゃないかって・・・!」

大森「新しい自分スタートしすぎでしょ!!どういうこと!!」

5人「何それ〜〜〜!」

睫遏峽い劼發切れたおかげでね!」

大森「まあでもミセスLOCKS!にはたくさんのポエマーがいたんだ」

5人「おお〜〜〜たくさんのポエマーさんたちが!」

大森「なので今日はそのポエムを見ていきつつ、その中から最も良かった最優秀ポエムを考えてくれた3名の生徒に僕達からプレゼントを贈らせていただきます!

5人「はい!」

大森「さぁそれではいいですか?僕達がそれぞれ気になったポエムを紹介していきます。テーマは「クリスマスとミセスと私」!ではポエムをお願いします!」

凍った雪道で、白い息を吐いて、携帯を開く。
わたしは、あなたからのLINEの返信を待っている。

空しさなんてないと云うが誰かを思い出す

そんな歌詞が耳に入ってきた。
君を思いながら過ごすクリスマスも悪くないのかな。
あおりんごモネ
北海道、15歳、女の子


大森「なるほどね!「Soup」だ!「Soup」だね!」

はやく伝えないと。だって、先輩と同じ制服を着てすごせるクリスマスなんて今年で最後。私と先輩をつなぐもの。
それは、「Mrs.GREEN APPLE」
おぐりんご。
千葉県、16歳、女の子


大森「ありがとうございます。続いて・・」

クリスマス、例年通り彼女なし。
夏には生まれて初めての失恋もしたこの1年。
そんな経験ができたのはミセスのおかげ。
この経験は、いつか笑い話にでもなるのかな。
もう高校での青春は満喫した。
もう彼女なんていらね。勉強頑張ろ。
ユウガオ
福岡県、16歳、男の子


大森「おー、ありがとうございます。じゃあ、はい」

20191225mrsxmas03.jpg


山中「はい」

聖なる夜を彩る音は みんなを幸せにするらしい
でも なんだか物足りない
イヤホンから流れる音は 私を幸せにしてくれる
私 に向かって 私 だけに 届けてくれるの
私は なんだか 彩られた気がした
さつてん
徳島県、16歳、女の子


大森「ありがとうございます」

初めてのミセスマス
プレゼントはENSEMBLE
勉強漬けの日々だったけど
こころはワンダーランド
そして今年のクリスマス
プレゼントはAttitude
いろいろあったけど
こころは幸せの楽園
Ryo(りょう)
愛知県、13歳、女の子


大森「ありがとうございます」

若井「・・・(笑)」

大森・山中「・・どうしたんですか??」

若井「行きます(笑)」

わたしはクワガタ。
え?あなたはカブトムシなの!?
季節外れね。
あなたもね。
りさなんです。
愛知県、14歳、女の子


大森「・・・(笑)」

山中「めっちゃ好き」

もうすぐクリスマス
おいしいものを食べて
ゲームをして
テレビを見て
楽しく過ごすんだ
え?寂しくないかって?
寂しくないよ
だってミセスの曲っていう彼女がいるからね
ごんぺいぺい
神奈川県、18歳、男の子


大森「ありがとうございます」

緑のサンタは私に強さと優しさをくれる
緑のサンタはたくさんの愛をうたう
緑のサンタはスープみたいにあたたかい
今年も来てくれるだろうか
そう願った時
青りんごのやさしいにおいがした
りんごっちょ
愛知県、16歳、女の子


大森「ありがとうございます」

今年からはじめたアルバイト
12月25日と変わってほしいと言われた私
その日は独りでミセスを聴こうとしていた
だから私は断ってやった!!!!!!
ごめんなさい☺
葵りんご
長野県、17歳、女の子


大森「ありがとう」

クリスマスには幸せそうな恋人たちが手を繋いでいて
きっと私の右手は繋いでいたいひとと繋げていない
君はその日何を思って誰を想っているんだろう
私は心を暖めて欲しくてずっとミセスの曲を聴いているから
君もふと聴いてくれたなら
曲の間は君と繋がれるのかな
ぴよったです。
神奈川県、17歳、女の子


大森「ありがとうございます」

クリスマス フリーな私 クリぼっち ミセス流して 一人やけ食い
Minami
埼玉県、15歳、女の子


大森「ありがとうございます」

今年もクリスマスがやってくる。
僕には気になる人がいる。
好きって今までなんなの分からなかったけど、
ようやくわかった気がする。
『クリぼっち』この言葉、なんか嫌だな。
さすがにそろそろあなたに恋させてください。
気づいてないかもしれないけど、
大好きなんです。
リンゴ武人
愛知県、18歳


大森「ありがとうございました。ということで、ひと通り気になるポエムを紹介しましたけど。一気に行きましたねーー」

5人「うーん!」

山中「素敵―!」

大森「どうだった?」

若井「でも素敵だったね」

20191225mrsxmas06.jpg


5人「ね!」

大森「この中からプレゼントが贈られる最優秀ポエマーを3名!ここで発表したいと思います!

5人「お!!いよいよ・・・!!」

大森「その当選者は・・・・・!!いいですか!?その当選者は・・・・・・・・!!」

5人「おおお・・・誰だ・・・・・!??」

大森「曲の後に発表!!!!!」

睫遏屬─次次次次!!?なんで!???今発表しようよ!!ねえ!!発表しようよーーーーーー!!!!」

M. 庶幾の唄 / Mrs. GREEN APPLE

大森「お送りしたのは、Mrs. GREEN APPLEで「庶幾の唄」でした。なんかあったかい感じがクリスマスに合うなーって」

5人「ね!ぴったり」

大森「ですね〜。と言う事で、曲が流れている間にみんなで最優秀ポエマーを決めました!今度こそ発表します!」

5人「はい!」

睫遏屬願いします!」

大森「最優秀ポエマーは・・・・・・

*りさなんです。
*あおりんごモネ
*ユウガオ


大森「この3人です!!」

20191225mrsxmas01.jpg


5人「おめでとうーーーーーー!!!!!!!」

若井「メリクリ!おめでとう!」

大森「もう1回読んでおこうかね、この3人のポエムね」

若井「そうだね、じゃあまず「りさなんです。」から」

わたしはクワガタ。
え?あなたはカブトムシなの!?
季節外れね。
あなたもね。
りさなんです。
愛知県、14歳、女の子


大森「俺はね、これは「季節外れね。あなたもね。」ですごい良いなと思った」

5人「ね!!」

大森「クワガタとカブトムシは比喩でしかないからね。なんかいいですね〜」

若井「なんかドキッとしたね、なんかね」

大森「じゃあ「あおりんごモネ」は」

20191225mrsxmas02.jpg


藤澤「はい!」

凍った雪道で、白い息を吐いて、携帯を開く。
わたしは、あなたからのLINEの返信を待っている。

空しさなんてないと云うが誰かを思い出す

そんな歌詞が耳に入ってきた。
君を思いながら過ごすクリスマスも悪くないのかな。
あおりんごモネ
北海道、15歳、女の子


大森「はぁーーーーいいですねーーー」

5人「うーーん!」

大森「じゃあ、「ユウガオ」!」

睫遏屬呂!」

凍クリスマス、例年通り彼女なし。
夏には生まれて初めての失恋もしたこの1年。
そんな経験ができたのはミセスのおかげ。
この経験は、いつか笑い話にでもなるのかな。
もう高校での青春は満喫した。
もう彼女なんていらね。勉強頑張ろ。
ユウガオ
福岡県、16歳、男の子


大森「いいですねーなんか。でもさらっとしてて僕はすごく好きですよ!」

5人「ね!!」

大森「送ってくれたみんなも本当にありがとうございました!」

5人「ありがとうございます!!」

大森「いま名前が呼ばれた生徒は、明日おうちにプレゼントが届きます。クリスマスと1日ずれちゃって申し訳ないんだけど、楽しみにしててください!」

大森「さぁーろそろ!!」

5人「ろそろ!!さぁーろそろ!!(笑)」

若井「さぁーろそろって書いてますねー」

大森「なんでなんで何回も書き間違うの?台本なんで何回もここ間違うの?」さぁーそろそろでしょ?」

山中「あーそういうことね〜」

大森「さぁーろそろ授業終了の時間になりました!」

5人「はーい!」

20191225mrsxmas04.jpg


大森「2019年の締めの挨拶をしつつ、来年もよろしくお願いします!」

5人「そこも(台本)読んじゃうの!」

藤澤「でもクリスマスでもあるし、今年最後の放送だから!」

山中「そうーだよーー!」

大森「ミセス年末あんまり表立った活動してないから、珍しくというか例年とは違い、まあちょっと」

睫遏屬修Δ世諭次次

大森「・・・ちょっと睫遒気鵑瓦瓩鵑覆気ぁ△海辰糎かないでください(笑)」

5人「(笑)」

大森「だからちょっとみんなと会えるのは今年もうミセスLOCKS!も最後なんですけど、良いお年をということで。今年もありがとうございました!

5人「ありがとうございました!!」

若井「メリクリ♪」

大森「来年からまたぶっ放していきたいと思いますので、よろしくお願いします!次回のミセスLOCKS!は新年明けてすぐの1月1日!元日ですね。うーーーワクワクしちゃうぜ!!!

20191225mrsxmas07.jpg


若井「始まってすぐだ」

大森「若井はワクワクしてんだもんな?」

若井「ワクワクすっぞ!!!!」

大森「あーお願いします」

5人「あーーー(笑)」

大森「ということで僕たちとはまた来年!来年ですね!この教室でお会いしましょう!超現代史の講師!大森元貴と!」

若井「若井滉斗と!」

藤澤「藤澤涼架と!」

山中「山中綾華と!」

睫遏睫鄒興でした!

全員「以上!Mrs. GREEN APPLEでした!メリークリスマーーーース!!

20191225mrsxmas11.jpg


20191225mrsxmas19.jpg


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年1月1日(水)PM 10:00 まで

ミセスLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る