ベストアルバム『5』のプロモーションをチェック!


SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年6月23日(火)PM 10:00 まで



大森「さあ!ミセスLOCKS!今週も頑張っていきたいなと思うんですけど!」

2人「頑張っていきましょう!」

大森「最近雨が降ったり暑くなったりもうわけが分からん感じですよね〜、体調だったりね・・・あれだけは気をつけていただいて」

山中「あれだけはね!」

若井「30度超えたり急に雨降って冷えたりとかしてますから、本当に気をつけてくださいね」

山中「本当にね〜、気温差すごいですね」

大森「もう若井さんはとびっきり元気!ということで!」

若井「そうですよ〜!もうね、ふぃ・・ふぃ・・ふぃごろからね」

山中「ふぃごろ・・!空回っちゃってるもう」

若井「日ごろから寒暖差の予防みたいな、寒い時は長袖着たりしてますからね〜」

大森「めっちゃ普通の話してるね」

山中「ねー(笑)」

大森「さあ今日も早速授業をしていきましょう!今夜の授業は・・・せーの!」

『宿題チェック!!』

大森「生徒のみなさんこんばんは!“いま”を学ぶ超現代史の講師、Mrs. GREEN APPLE ボーカル、大森元貴です!」

若井「ギターの若井滉斗です!」

山中「ドラムの山中綾華です!」

大森「今日は先週の授業でみんなに出した宿題のチェックをしていこうと思います!」

山中「はい、その宿題というのは、7 月 8 日にリリースする私たちのベストアルバム『5』についての“プロモーション”つまり「宣伝」をミセス掲示板に書き込んでください!というものでした。応募は今日で締め切らせていただきました!

若井「宿題を提出してくれた生徒には抽選で僕たちが去年の 12 月から今年の 2 月にかけて行ったアリーナツアー「エデンの園」のツアーT シャツをプレゼントします!!

大森「やったーもうこれ僕が好きなやつ。では早速、宿題をチェックしていこうと思います!お願いします!」

ミセス第 1 章、完結―。
爆速で歩んだ 5 年間。その軌跡を彩るのはメンバー5 人で鳴らす
『夏』、『今』、『愛』、そして『人』。
あなたの心を揺らす 1 曲がこの中に。彼らの今までとこれからを見逃すな!
Mrs. GREEN APPLE 5th album 『5』!!
フソム
熊本県、17 歳、女の子


大森「すごいね〜」

山中「おお〜、素敵―!」

大森「嬉しい、「ミセス第1章」・・そうフェーズ1完結って色んなところで言ってますから」

若井「そうだね、確かに確かに、それを盛り込んでくれて」

大森「フェーズ1終わりますからねみなさん」

山中「はい」

若井「うんうんうんうん」

大森「すごいな〜〜〜、でもさ、5thアルバムなんだね!なんかこれ僕ら意外でしたけど、どうする?次の・・」

若井「でもこれベストアルバムじゃない?」

大森「でも5thアルバムって言ってるところもあるじゃない?」

山中「それは確かにそうだ」

若井「まあ確かに」

大森「それ謎なんだよね」

若井「確かに。まあそこは謎に包んだままで」

大森「そうだね。いやでも本当にお手本のようなプロモーションでした」

2人「うんうん!」

大森「「フソム」ありがとうございました」

2人「ありがとうございます!」

若井「はい続いていきましょう」

「なんとなく名前は知っている」っていう人達や
「何曲か知っているよ」っていう人達に朗報です!
なんと!このベストアルバム「5」を1枚買うだけで
ミセスの代表曲を聴くことができるのです!
しかもベストアルバムなのに新曲も入っています!
ぜひ1枚買ってミセスの曲を聴こう!
ごんぺいぺい
神奈川県、18 歳、男の子


大森「おおーすごいね、その通りだね」

山中「いいね」


大森「ベストアルバムなのに新曲入ってるから(笑)」
山中「そうですね!(笑)」

若井「網羅できるって感じの宣伝で良かったですね。ありがとうございます」

大森「ありがとうございます!」

山中「はい」

キラキラした曲から毒々しい皮肉たっぷりの曲まで
カメレオンのように姿を変える「5」の曲!
あなた好みの曲がきっと見つかります!
ですがその曲に共通するものは愛が込まれていること。
そんな曲がぎゅっと詰め込まれている「5」!!
ぜひ「5」を聴いてミセス 5 周年をお祝いしましょう!!
かココ
神奈川県、13 歳、女の子


大森「嬉しいですね「愛が込まれている」込められている、そうね〜嬉しいですね」

若井「「カメレオン」って表現も面白かったですね」

山中「ね!」

大森「ありがとうございます!」

山中「そして「ミセス5周年」ありがとうございます!」

若井「ありがとうございます!」

ミセス先生の「5」に収録されている曲を聴いていたら、
テストの点数が 68 点も上がり、彼女も出来ました!
みなさんもアルバム「5」を購入して、是非その効果をお試し下さい!!
隣町のさぼさん
京都府、15 歳、男の子


大森「いやーうさん臭いですねーー」

若井「うさん臭いね(笑)」

山中「68点も上がった(笑)これはすごいですねー」

若井「ちょっとうさん臭いですがちょっと〜〜〜」

大森「私も一緒に飲んでいますが主人も一緒に飲んで一緒にお散歩も楽しんでおります」

若井「それ青汁だから!!」

大森「青汁僕も飲んでますけど〜これはすごい」

山中「これから30分サービスで・・ちょっと無料でもう1枚ついてくるんでね!(笑)」

若井「『5』もう1枚無料でついてきますよ!(笑)」

大森「そんなこと言わないで・・・(笑)まあこういうちょっとおふざけっぽいのも全然アリなので・・・って言ってね、そもそも本当かもしれないから。68点上がって彼女も出来たかも分かんないからね!ちょっといじりすぎてもあれですけど」

若井「実際のところちょっと気になるね」

大森「そうっすね〜」

そこの落ち込んでるきみぃー!そこの頑張ってるきみぃー!
そこの逃げてるきみぃー!そこの悩んでるきみぃー!
そこの恋してるきみぃー!
とりあえずどれか 1 つでも当てはまったのなら是非とも。
Mrs. GREEN APPLE の 5 年間。
フェーズ 2 に向けてこのベストアルバム『5』でみんなで復習しよう。
れえなりんご
沖縄県、16 歳、女の子


3人「きみぃー!」

大森「ちっちゃい「ぃ」が入ってる」

山中「本当だ」

3人「きみぃー!」

若井「そこ大事ですから」

大森「ヤダ!!キミ・・!」

若井「キミ・・・!」

3人「(笑)」

大森「ありがとうございます(笑)」

山中「いいの?それ(笑)」

若井「やっぱ印象付けることって大事じゃないですか、そういう宣伝って。「きみぃー!」イコール『5』みたいな部分で結構よかったんじゃないかなと」

山中「なるほどなるほど(笑)」

大森「それ・・本気で・・正気で言ってるんですか・・・??」

山中「正気で言ってるんですか・・・!(笑)」

若井「え、正気で送ってくれてるんじゃないんですか?この「れえなりんご」は」

大森「きみぃー!これ癖になっちゃうね」

山中「いいね言いたくなるね」

若井「なんか声に出して言いたくなりますからこれ」

大森「でもちゃんと「フェーズ2」って言葉が生徒から出てきたりして嬉しいですね」

山中「うん!」

若井「そうですね」

大森「そうですよ、もうこのベストアルバムをもってフェーズ1終了しますから。まあ新曲入ってるとはいえ、この1枚でまさに本当に5年間・・・メジャーデビュー5年間だから『5』って言ってますけど、結成7年間・・・ある種7年間みたいなこともあるからね。ぜひぜひ。いや嬉しいですね本当に〜〜。あ、まだあるんですね!」

山中「あ、あります!じゃあ紹介しますね!」

ベストアルバム『5』はメンバー“5”人で歩み続けた
“5”年の道、“5”枚目のアルバムとなっています。
Mrs. GREEN APPLE のフェーズ 1 を
あますところなく感じることが出来る全 19 曲入りのベストアルバム!!
デビュー5 周年を迎える 7 月 8 日にリリース!
みぐあ
埼玉県 16 歳 、女の子


大森「あーすごい」

山中「完璧じゃないですか〜!」

若井「完璧、もう発売日まで入れてくれてね」

山中「うーん!」

大森「まあちょっと「メンバー”5”人」っていうのが惜しかったですね・・・」

山中「あれ??おかしい・・・?(笑)」

若井「あれ?ちょっと気になりますか?「メンバー”5”人」ってところは・・・」

大森「ちょっと気になりますねー。ベース・・無しなんで・・・・」

山中「あーそっかー(笑)」

若井「それ、タイトルも『4』になっちゃいますけど大丈夫ですかね・・・?」

山中「『4』にね!」

大森「あー、『4』ですねーー」

若井「あ、これ『4』なんですか!?」

大森「ちょっとツッコむ人がいないからただの悪口になりますけど・・(笑)」

山中「本当だ(笑)」

若井「『5』だよーうちのメンバーはね〜〜!」

大森「・・・(笑)きみぃー!」

2人「きみぃー!」

山中「いやきみぃー好きですよ!」

大森「よきところで!と、原稿に書いてます!はい、よきところで!」

山中「あ、読んじゃった!」

若井「はい」

大森「今日はみんなが提出してくれた宿題、プロモーションを見ていきましたけど、本当にたくさんの書き込みが届いたみたいで、今日だけでは時間が足りないので、宿題の提出はもう締め切ったんだけど来週も今日までに届いているものの中から宿題を見ていこうと思います!」

若井「おーーいいね!」

山中「はい!」

大森「そして、こちらもベストアルバム関連なんですけど、今日も生徒のみんなが選んでくれた『マイベストミセス』の声を聞いていきたいと思います!」

山中「これはベストアルバム『5』の収録曲の中から生徒のキミに、思い入れのある自分的ベスト曲“マイベストミセス”を20 秒ほどのボイスメッセージにして送って来てもらう授業です!

大森「先週はアルバムの 6 曲目に収録される『サママ・フェスティバル!』についての声でしたけど、今日の声はアルバムに収録される7 曲目「In the Morning」・・あ、すいません「In the Morning」(発音よく)についての声です!」

山中「発音いいですね!」

若井「ネイティブですね」

大森「では聞いて行きましょう!」

RN いちご味のアップルパイ 埼玉県、16 歳、女の子



RN えだすけ 千葉県、12 歳、男の子



RN まっち ゃ 山形県、16 歳、女の子



M.  In the Morning / Mrs. GREEN APPLE 








大森「お届けしたのは、Mrs. GREEN APPLE「In the Morning」・・・あ、すいません「In the Morning」(発音よく)でした!」

山中「あ、発音いいですね!」

大森「これはどうでしたか?すごい、みんなそろそろ20秒に慣れてきたなって感じですけど」

山中「そうだねー確かに!」

若井「うーん、やっぱ受験とか部活の時とか、そういうなんつーの、自分がなにかに挑戦する時とかに聞いてるんだなっていうのが、本当にまさに!!って感じで「In the Morning」伝わってるなって思いましたね」

大森「もう4年ぐらい経つよね!確かね!」

山中「そうだね」

若井「そうそうそうそう」

大森「いやあーー・・・!」

若井「僕と元貴が20歳になって初めて出したシングルだから思い出もすごくあるよね、そういう部分では」

大森「確かに・・!」

若井「ね」

大森「この曲って元気いっぱい!エネルギッシュに聞こえるんだけど、すごい寄り添ってくれる楽曲だよね」

2人「そうだね〜」

大森「だから本当に、作り手ですが客観的にもそのぐらい思えるぐらい、いい意味であったかい曲だなって思っています」

若井「うん」

大森「はい、ありがとうございました」

山中「ありがとうございます!」

大森「マイベストミセスは引き続き募集しています!」


*ボイスメッセージの送り方や詳細は [ミセスLOCKS!のサイト]から!

*来週の授業ではプレゼントの当選者を発表するので、
宿題を出してくれた生徒は楽しみに!!



大森「ということで、僕たちとはまた来週!この教室でお会いしましょう!超現代史の講師!大森元貴と!」

若井「若井滉斗と!」

山中「山中綾華でした!」

大森「以上!Mrs. GREEN APPLEでした!バイバ〜イ」

大森「きみぃ〜〜〜!」

若井「きみぃーーー!」

山中「きみぃ!」


SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年6月23日(火)PM 10:00 まで

ミセスLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る