今夜も大森先生が生徒のみんなに寄り添います

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年11月24日(火)PM 10:00 まで




生徒のみなさんこんばんは!ミセスLOCKS!の職員です(^◇^)

只今、続々と届いている缶バッチの報告を見ていてとても嬉しい気持ちの職員なのですが、ちょっとだけ申し訳ない!と思っていることがあるので一応書いておきますね。

これに関しては言おうか言わまいか迷ったんですけど、届いた缶バッチの封筒に書かれた字(住所など)を大森先生だと信じて封筒を大切にしてくれている生徒の子がいるようなので言っておきます。あの字は職員が書いたものです(._.)なので大切に保存しておかなくても大丈夫です、、!笑

もしそれでも大切に取っておきたいって生徒がいたら嬉しいけど。。(;_;)!!

ちなみにこれからもプレゼント発送は職員がやっていくので、封筒よりも中身を大切にしてあげてくださいね!

ってことで今日も本編スタート!


大森「今週も火曜日がやって参りました。張り切って参りましょう」

大森「こんばんは、“いま”を学ぶ超現代史の講師!大森元貴でございます!」

大森「もうすぐ行っちゃうから。すぐ。すぐ行きますから。読みます」


偏頭痛

大森先生こんばんは!
季節の変わり目とか低気圧の時によく頭痛が凄くて授業に集中出来ません、。
大森先生は、偏頭痛持ちですか?

むじこ
愛知県 15 歳 女の子



大森「大森先生、超偏頭痛持ちです!めちゃくちゃ偏頭痛持ちなので、逆に改善策を教えていただきたいんですね。詳しい人だったりに。書き込みでも「#ミセスLOCKS」のツイッターでもいいので、ぜひ教えていただければ」

大森「もうね、なんだったら今もすごいですから・・・ずっとですよ・・・なんなんだろうね?これ本当に。気圧に弱い人とかいるけど、あれ同じ人間じゃん!って思うんですよ僕。なんでそんなことが起こるのか!?という風に思うんですけど」

大森「あ、薬?薬はね、よっぽどひどかったら飲みますね。よっぽど。でも肩こりとか首にまで来ちゃうから・・・・・どんな話から始めてんだよ今日!って感じだけど(笑)」

大森「同じ悩みの方はたくさんいらっしゃると思う。それこそ15歳の女の子が偏頭痛ひどいって言うから、24歳の男の子の偏頭痛とかってのは年相応ですけどやっぱ・・・そっか、偏頭痛って年齢関係ないのか。ぜひ改善策を教えてください!「むじこ」の為にも、僕のためにも。お願いします」

大森「続きまして」


柔らかくいたい

大森先生こんばんは!
私は、大森先生がよく「柔軟な人になりたい」「柔らかい頭でいたい」と言っているのを耳にします。しかし、その意味を考えてもよく分からない自分がいます。
大森先生、柔軟な人とはどういう人の事を言うのですか?
そして、柔らかい頭とは、
どういう考えを持っている人の事ですか?

放課後クラリネット
福岡県 16 歳 女の子



大森「これでもすごい素直な書き込みですよね!お前なんか偉そうに柔軟な人になりたいって言ってるけど私は全くわかってねえからな!という、すーごいわかりやすいです。もうそういうのバンバンください!」

大森「つまりですね、持論ですよ?米印、大森元貴個人の見解ですけど・・・大人になると良くも悪くも自分のルールができてくると僕は勝手に思ってるんですね。自分のペースだったり、自分の体質だったり思考だったり思想だったりというのは、それぞれやっぱり自分の体、心で生きてると、自分の特性というのは深く理解しだしてくると思っていて、まあ理解しきることはないと思うんですけど。まあ良くも悪くも頭が単純に固くなるということですね。自分のルールができる。からこそ、人の意見や物の見方に対して寛容的であることが、柔軟な人になりたいということなのかな?と、僕は思います」

大森「寛容的というのは、ウェルカムというか・・・すごい頭悪いですけど(笑)うーん、本当僕の見解ですけどね。なんだこいつすごい融通きかないな・・・って人は同い年でも多分いると思うし、そんなんキリがないと思うんですけど、自分のルールとかを絶対こうだ!!みたいなのって、知らず知らずにできてくるものだと思うし、それ間違ったことではないと思うんですけど、ただ、一歩下がって、一回考え直して、あ、そんな考えもあるよなーとか、あ、そんな意見もあるよなって風に、素直になれることというのが、柔らかい頭、柔軟な人、とかなのかなーと僕は勝手に思っております」

大森「「放課後クラリネット」大丈夫かな?いやいやそれでもわからんよ・・というのであったら、もうワンラリーしましょう」

大森「続きまして」


嫌われてないかな・・・

私はすぐ「嫌われてないかな?今言葉大丈夫かな?」と、思ってしまいます。
これって思い込みすぎって、自分でも分かるんですけど、どうしても思ってしまいます。
どうすればいいですか?

みくえもん
福岡県 14 歳 女の子



大森「うーん・・・今かけた言葉、もしかしたら傷つけちゃったんじゃないか、嫌われてしまったんじゃないか、ということですよね?でもなんかそうやって気にできるというのはとてもいいことだと僕は思いますよ。過度にし過ぎちゃうと心が疲れちゃいますけど。でも僕は思うのは、嫌われる人には嫌われるんですよ!どんな意識をしようと、どんな気遣いをしようと、嫌われる人には絶対に嫌われてしまう、100人が100人に好かれることはないし、もっと言うと100人が100人に嫌われることは絶対ないと思ってるので、そうやってね、今の言葉大丈夫だったかな・・・なんかちょっと嫌なこと言っちゃってないかな?とかって考えてあげられるのはすごい優しいことだと思うので、ぜひ続けて欲しいというか、忘れないで欲しいなと思います」

大森「一番怖いのはそれができなくなったこと、できなくなった時のことなのかなと僕は思ってるんで。うん、ただその、自分を出せなくなっちゃうのは違うけどね。相手に対する思いやり、気遣いという意味で言うと。すごい大事なことを「みくえもん」は14歳にしてわかっているのかなというか、僕もまだまだですけども。すごい、僕が勉強になります。ありがとうございます」

大森「続きまして」


愛とは・・・?

大森先生こんばんは!最近友達との会話で愛とはなんだろうという話をします。
私たちは結局答えが出なかったので学校の先生にたずねると信頼ではないかと言われました。
それを聞いた私たちは信頼もそうだけど支え合いもあるのかなと考えました。
大森先生はどのように考えますか?いつもこの時間を楽しみに1 週間の学校生活を頑張れています!これからも応援してます!

未来の先
静岡県 17 歳 女の子



大森「どうもありがとう。愛の正体ですよね。愛に正体なんてないですけども。はっきり言って。ただ先生は、なるほど、信頼なのではないかと言ってくれて、自分らが導き出した答えとしては、支え合いのことを言うのではないかと。あの僕は総じて、大切に思う気持ち、のことを言うと思います」

大森「愛と恋の違いはなんですか?って言われるとちょっと難しいんですけど、でもただ愛っていうのはもう人類に生じるものだと思うんですよ、全てに対して。やっぱ僕はそれすごく・・なんていうのかな、感じることですし、信頼も大正解ですし、支え合いも大正解。要はだから、その人のために、なにかのために、大切に思う気持ちなのかなと思います」

大森「だから愛っていうのは人だけにじゃないよね、きっとね。いろんな愛情があると思うし・・・って思うね。どうでしょうか。みなさんにも「愛とはなにか?」というのを聞きたいなと思います。書き込みでも、ハッシュタグでもいいので、ぜひ聞かせてください」

大森「ってな感じかな?はい。ということで、書き込みありがとうございました!」

大森「さあ今日はですね・・・恒例じゃないからな。歌をうたいます(笑)」

<ギターを鳴らす〜>

大森「あのう、今日はですね、現在活動休止中のMrs. GREEN APPLEさんというバンドの曲を歌いたいなと思います(笑)」

大森「「Soup」」


M.Soup(弾き語り)/ 大森元貴


大森「ありがとうございました。Mrs. GREEN APPLEで「Soup」でした」

大森「さあ・・・ね。あくまでもカバー曲ですから!(笑)なんのことやらですけども(笑)」

大森「えー、さぁ!そろそろ授業終了の時間になりました!ミセス LOCKS!では、生徒みんなからの“今だからこそ、聞いて欲しい話”“今、相談したいこと”“今、ひらめいているアイディア”についてなど!“いま”に関するメッセージを何でも自由に受け付けています!メール、掲示板、番組ウェブサイトへは、全てこのアドレスから・・・!ロックのスぺルは、エル・オー・シーケー!鍵のロックです!」

大森「そしてミセスLOCKS!のツイッター もぜひ盛り上げてください!ぜひ盛り上げてください!今日はぜひ盛り上げてください!よろしくお願いします!「#ミセスLOCKS」で、ミセスはカタカナ、LOCKSのスペル、みなさんもう分かっていらっしゃいますね。ツイートしてください!盛り上げてください、よろしくお願いします!」

大森「ということで、僕とはまた来週この教室でお会いしましょう!超現代史の講師、大森元貴でした!」


今日の弾き語りは去年10月にリリースされたアルバム『Attitude』の中から「Soup」!まさかのカバー!!!これはセルフカバーって事になるのかな???まだチェックが出来ていませんけどきっと「#ミセスLOCKS!」も大いに盛り上がっている事でしょう!(大森先生も言ってたしね!)

最近は何だかんだで2週に1回くらいのペースで弾き語りが恒例みたいになってしまっていますけど特にそういう決まりはないので、その時その時で曲を届けてくれる大森先生の想いやその曲をしっかりとキミの胸で大切に受け止めてくれると大森先生も喜ぶと思います◎

大森先生はどうしてこの曲を選曲したのかな?って考えるのもおススメですよ〜!って事でまた来週(^ω^)

SCHOOL OF LOCK!



この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年11月24日(火)PM 10:00 まで

ミセスLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る