20150510_n01.jpg


校長「失礼します!」

長渕「おう校長!」

校長「剛先生、ホールツアーお疲れ様でした!」

長渕「ありがとう!鹿児島のみんなも本当にありがとうな!」

校長「ツアーが終わったということで、こんなメッセージを紹介させて下さい」



剛先生 ホールツアーお疲れ様です。
感動と興奮をありがとうございます。
未だにあの時のワクワクとドキドキが収まりません。
目をつむると剛先生の笑顔が鮮明に浮かびます。
次はいよいよ本場の富士山麓ですね。
剛先生も体を作り上げていると思います。僕も一緒に鍛えてますから。
剛先生、富士山麓でお会いできるその日まで頑張ります。
長渕大好き 父と子供
男/32/岡山県




長渕「よっしゃあ!頑張ろうぜ!」

校長「これはLIVEが彼に生きる力を与えてるってことですよね」

長渕「そうだな、こういうメッセージをもらうと一生懸命やって本当によかったと思うよね」

校長「しかも体を鍛えていると!」

長渕「オールナイトは9時間ぐらいの耐久レースだからな!頑張って鍛えて欲しい!そういえば校長はちゃんと鍛えてるの?」

校長「僕は最近ジョギングを毎日やってるんですよ!」

長渕「スクワットは?」

20150510_n02.jpg


校長「え?スクワットは去年……あ!」

長渕「……………」

校長「……………」

長渕「………それじゃあ今夜も始めてみっか!」

校長「やろうやろう!(笑)」

長渕「(笑)」

ものすご〜く微妙な空気でスタートした今夜の長渕LOCKS!
この理由が分からない生徒は【2015年1月17日】の放送後記を見て欲しい!
この日、長渕先生から“失格”の烙印を押された校長が格を取り戻すために新たに与えられた試練が「スクワット毎日1000回」!!! この約束を校長が(たぶん)すっかり忘れていたために起こった微妙な空気でした(笑)やはり一度失った格はそう簡単には取り戻せないということ!生徒のみんなも肝に銘じておくように!!!

それでは今夜の授業にいきましょう!
今夜はまず、長渕LOCKS!宛に届いたこんなメッセージを紹介します!!



僕は最近長渕先生の『春待気流』という歌と出会いました。
僕は小3の頃くらいから長渕先生の歌を聴いてて(ちなみに初めによく聴いてた歌は、10年前の帽子です)最近一番気持ちを前向きにしてくれる歌が『春待気流』なんです。
なぜかというと、一番最初の「淋しいからこそひとりなんですか」という歌詞が、淋しいからって一人じゃないんだよって教えてくれてる気がするからです。そしてみんな胸を抱えては新しい夜明けを待っているんだな…僕だかが苦しい思いをしてるんじゃないんだなって思わせてくれるんです。
僕はこの歌を友達のことで悩んだ時に聴くんです。友達のことで悩んだ時は、「一人だからこそ信じないんですか」という歌詞が心に響きます。改めて人を信じることの大切さを教えられます。
『春待気流』みたいに僕の背中を押してくれた曲は他にもたくさんあるんです。なのでこれからも歌い続けて下さい!僕もずっと応援し続けます!
春待気流
男/14/大阪府




長渕「ありがとう!小学校の頃から聴いてくれてるってのが嬉しいね!」

校長「多いですよね!先週電話に出てくれた麗奈もそうでしたし」

長渕「ライヴでも老若男女入り乱れてるからな、本当に嬉しいよ」

校長「僕もこの前の東京のライヴに行った時に、目の前に80歳くらいのおばあちゃんがいて、拳を突き上げてる姿を見て驚きましたよ(笑)」

長渕「若い子から年配の方まで、あらゆる世代がひとつになって拳を上げてくれるっていうのが嬉しいなぁ」

校長「で、このRN. 春待気流は、この曲に『淋しいからって一人じゃないんだよ』っていうことを教えられたと言ってますけど、剛先生は淋しさっていうものは感じることはありますか?」

長渕「いっつも感じるね」

校長「今でも?」

長渕「うん。どちらかというと幼少時から淋しいっていう感情のほうが沢山あったような気がするね」

校長「小さい頃はどういう時に淋しさを感じられたんですか?」

長渕「そうだなぁ…小さい頃は家族という単位の中で両親がたまに大ゲンカしてたんだけど、ものすごくそれが嫌でね。でもケンカした次の日は母が水源地におにぎりを持って連れて行ってくれたんだよ。山の上にある自然豊かな水源地だったんだけど、そこに登っていく時に母が『つーちゃん、昨日はごめんね。父ちゃんとあげんケンカしてね…』ってポツっと言ってね。そして頂上に着くと、切り株の上に2人で座って夕暮れになるまで山の上からのずーっと景色を見てるんだよ。その時に母ちゃんはいろんな童謡を歌ってくれてね。その母親の横顔を見てるとなぜか悲しく、淋しくなってくるわけだよ」

20150510_n03.jpg


校長「はい」

長渕「その頃はなぜ悲しいのか、淋しいのかも分からなかったし、母親の気持ちも分からなかった。でも思春期になってくるとだんだんあの時の母の気持ちが分かってきてね。父とのケンカを子供に見せてしまったことに対する後悔とか、子供にしてあげられることがおにぎりを持って山の上に連れて行ってやることぐらいだという悔しさとか、あの時の母は様々な感情を抱えていたと思うんだよね。そういった感性を僕は父親よりも母親のほうからたくさん学んだ。だから悲しいとか淋しいという感情は人間の宝物だと思うようになったんだ。むしろこの感情がない人間はいないと思います。淋しいからこそ一人と思うなよ。淋しさが押し寄せてきたときは必ず誰かがいるぞ、っていうことの信号だと思うんです。僕がそういう発想になったのは母とのこの水源地の思い出があるからですね」

校長「この授業を聴いている生徒の中にも淋しい思いをしているやつがいっぱいいると思うんですよ。でも今のお話を聞いたら、ちょっと心の中に抜け道ができて、気が楽になってくれた生徒がいるんじゃないかと思いました」

長渕「そうだね。あと悲しみについて僕は『STAY DREAM』というアルバムの中にある『Hello 悲しみよ!』という曲で歌ってるんだけど、それはつまり『よく来たな、悲しみよ。また会おうぜ』って感じなんだけど、悲しみや淋しさが押し寄せてきた時はそこから駆け上がるチャンスだと思おうぜ、っていうね。仲間がいない、自分がひとりぼっちっていうのは新しい仲間と出会う前ぶれかもしれない。全ては表裏一体なんだよ。いつも僕はそういう風に思うんだ。淋しい時はしばらく孤独に酔いしれようっていう感覚でいいと思う。その時、きっと新たな仲間が向こう側にいる。自分が仲間の元へ歩いていってるんだよ、人生を振り返ると」

校長「知らない間に進んでるってことですよね」

長渕「進んでるんだよね。だから孤独ではないんだ」

M 春待気流 / 長渕剛

この曲、以前一度だけ長渕LOCKS!でライヴバージョンをオンエアしたことがあります。今回はオリジナルバージョンをオンエアしましたが、聴いたことがないという生徒はぜひ聴いて欲しい!RN.春待気流が言ってくれていたように、淋しい時にキミの背中を押してくれる曲になってくれるはずです。

ということで、今夜の授業はこれにて終了!
ちなみに今週のアドレス読みですが、結果は43点!
校長も「発音もリズムも全てが完璧だった」と絶賛する出来だったんですが、なぜ大幅な減点をされているのかというと「アドレス読みの中にハッピーバースデーを入れて欲しかったから」だそうです。

20150510_n04.jpg


この理由だけで全ての意味を理解した生徒はもしかしたら相当なお笑い好き(しかもトリオ好き)のはず!なぜなら本日5月10日は、とーやま校長の誕生日!! 長渕先生が自分の誕生日を把握してなかったことに“(すごく良く言うと)淋しさ”を感じてしまったためにスネて減点してしまったということでした!みんな、この際日付が変わってからでもいいから【 学校掲示板 】【長渕掲示板】に「とーやま校長ハッピーバースデー!」と書き込んであげてくれ!頼む!淋しい校長のために何卒!

ということでそんな校長バースデーメッセージはもちろん、長渕LOCKS!ではみんなからのメッセージも待ってます!
長渕先生に相談したいことでも、怒りを抱えたヤツでも、オールナイトライヴについてアツい想いを持っているヤツでも、富士山について語りたいヤツでも誰でも何でもOK!
長渕先生は生徒のキミたちと真剣に、ガチで向き合いたいと思っているから遠慮はいらない!ぜひ【長渕掲示板】【メール】から声を届けてくれ!待ってるぞ!!!

それでは、また来週!

長渕語・録「悲しいとか淋しいという感情は人間の宝物。淋しいからこそ一人と思うなよ。悲しみや淋しさが押し寄せてきた時はそこから駆け上がるチャンスだと思おうぜ」

20150510_n05.jpg


20150510_n06.jpg