受験を応援してくれていた亡き母親のために頑張る生徒に逆電!

応援部(2018) 2019.8.16 金曜日

SCHOOL OF LOCK!


応援部では9月いっぱいまで、全方位で応援していきます!

恋愛、勉強、部活、マニアックなこと、YouTuberになりたい、などなど、何でもOK!
何かに向けて頑張っている生徒、目標に向かって頑張っている生徒を応援していきます!

とーやま校長「さらに、応援部では『月ごと』にテーマを設けて応援中!

8月の応援テーマは……「続!この夏を制したい!」

生徒みんなのこの夏にかける想いを受けて!
今月も応援テーマを継続!

受験、部活、恋!
「私はこの夏にかけている!」「今年はまさに勝負の夏だ!」


そんな生徒は、応援部掲示板にこの夏への想いをバシッと書き込んでほしい!


あしざわ教頭「では早速、応援する生徒に話を聞いていきます!」


負けない
私は先日母をなくしました。
実際まだ実感がわいていません。
でもずっと落ち込んでてもなんにも変わりません
私は今年受験生です。
受験と部活を頑張って最高の結果を出して
母を喜ばしたいです。
頑張れるように校長と教頭に応援してもらいたいです!
よろしくお願いします
アメリカ独立宣言
女性/14歳/愛媛県
2019-08-01 07:49



あしざわ教頭「…もしもし!」

アメリカ独立宣言 愛媛県 14歳 女性 中学3年生

アメリカ独立宣言「もしもし!」

とーやま校長「すごいラジオネームだな!」

あしざわ教頭「どうしてこの名前にしたの?」

アメリカ独立宣言「友達に名前を伏せて話すときがあって、ちょうど授業でアメリカ独立宣言を習っていた頃だったので、この名前にしました」

とーやま校長「アメリカファーストなんだもんなあ…」

あしざわ教頭「今日はそういう話じゃないから! 話をそっちに持っていかないで(笑)で、アメリカ独立宣言の書き込みを読ませてもらったけど、お母さんはいつ亡くなってしまったの?」 

アメリカ独立宣言「7月31日です」

あしざわ教頭「本当についこの間だね」

とーやま校長「お母さんとお別れの挨拶とかはできた?」

アメリカ独立宣言「最後の1日はあまり話せませんでした」

RN アメリカ独立宣言のお母さんは、小学5年生のときに乳がんになってしまい、長らく闘病生活を続けていたのだとか。現在は、もともと住んでいた家に母のいとこ家族が一緒に住んでくれているのだそう。

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「兄弟とかはいるの?」

アメリカ独立宣言「兄弟はいないです」

あしざわ教頭「母子家庭ってことか。それは寂しいね…。受験も近いわけだけど気持ちとしてはどう?」

アメリカ独立宣言「お母さんが病気になってから、今お母さんが死んだらどうしようとか考えて勉強に集中できなくなってしまって、成績がどんどん下がってしまって…」

あしざわ教頭「そうだよね…」

とーやま校長「そのことは、お母さんも心配していたでしょ」

アメリカ独立宣言「ちゃんと勉強しなさいって言われてました」

とーやま校長「優しいお母さんだね」

SCHOOL OF LOCK!


アメリカ独立宣言「はい!」

あしざわ教頭「どんなお母さんだったの?」

アメリカ独立宣言「よく怒って、運動神経は抜群でした!」

とーやま校長「運動神経はバッチリ引き継いでる?」

アメリカ独立宣言「全く引き継いでないです(笑)」

とーやま校長「何やってるんだよ〜!」

アメリカ独立宣言「(笑)」

あしざわ教頭「今、自分の中で不安に感じている部分はどんなところ?」

アメリカ独立宣言「自分が行きたい高校がまあまあ偏差値が高いところで。今の成績のままだと受からない可能性が高いんです」

勉強に集中したいけど、お母さんに何かしてあげられることはなかったのかな、と考えてボーッとしてしまうというRN アメリカ独立宣言。そんなとき、お母さんの怒っている顔がフラッシュバックしてくるのだとか。

あしざわ教頭「俺も母親をがんで亡くしていて。いるのが当たり前だったお母さんがいなくなるって訳が分からなくなるよね」

アメリカ独立宣言「はい」

あしざわ教頭「俺も、最初は頭の中では理解できなくて、スマホとか見ると電話番号とかが残ってたりするじゃん。それを見ると、あぁ…って思っちゃうんだよね」

SCHOOL OF LOCK!


アメリカ独立宣言「今電話をしている番号、お母さんの携帯番号なんです」

あしざわ教頭「そうなんだ! 余計に考えちゃうよな…。でも、アメリカ独立宣言は勉強に集中しなきゃと思って、あまりお母さんのことを考えないようにしなきゃって思ったりしてる?」

アメリカ独立宣言「ちょっとしてます」

あしざわ教頭「俺は、お母さんのことを考えてボーッしていいと思うんだ。生きているといろんな人との別れがあるんだけど、いなくなっても心にいるんだなと思うことがすごいあるんだよね。いないけど、すごい考えるじゃん。なんならいるときよりも考えちゃってない?」

アメリカ独立宣言「はい!」

あしざわ教頭「どこかに行っちゃったというよりは、自分のところにいるんだよ。あのとき怒ってたなとか、勉強しないとダメよって言ってる姿が頭に浮かぶじゃん。それはきっと、お母さんがそう言ってるんだよ。アメリカ独立宣言の中にお母さんはいて、近すぎて分からないんだと思うな。

だから、いつでも会えるんだよ。今は亡くなってすぐだからよく分からないと思うけど、お母さんのことをいっぱい考えてあげたらいいと思う。”お母さんあんなこと言ってたな。”とか、表情とか、匂いとか…。気づかないところでアメリカ独立宣言の中にお母さんはいるから。今後、生きていく中でふとした時にお母さんの声が聞こえたりとか、お母さんだったらこう言うな、っていう瞬間が何度も来ると思う。自分の近くにいると思ったら、ちょっと落ち着かない?」

アメリカ独立宣言「落ち着きます」

あしざわ教頭「遠くに行っちゃったなって思うんじゃなくて、一緒にいるなと思おう。それで勉強できる気持ちが少しでもあったら、ちょっと机に向かってみたらいいんじゃないかな」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「お母さんを喜ばせよう!」

アメリカ独立宣言「はい!」

あしざわ教頭「お母さん、今はどんな顔してる?」

アメリカ独立宣言「呆れた顔してます(笑)」

あしざわ教頭「呆れてるか〜(笑)」

とーやま校長「運動神経も遺してあげられなかったけど、勉強神経はもっとダメじゃない。どうなってるのよ〜って言ってない?」

アメリカ独立宣言「言ってますね(笑)」

とーやま校長「お母さんを笑顔にさせるんだぞ!」

SCHOOL OF LOCK!


アメリカ独立宣言「はい!」

あしざわ教頭「お母さんに言えなかったこと、お母さんに対して思ってること、言ってみちゃうのもいいかもしれないよ。だって、聞いてくれているからね」

アメリカ独立宣言「いつも反抗してばかりで、ありがとうって言えなかったけど、私を産んでくれたおかげでいろんな人に出会わせてくれたので、すごい感謝してます。ありがとうございました!」

あしざわ教頭「お母さん、今はどんな顔してる?」

アメリカ独立宣言「微妙な顔してると思います(笑)」

あしざわ教頭「何言ってるの〜っていう顔してるのかもな(笑)
これからもお母さんにはいっぱい会えるから。勉強頑張れ! 応援してるよ!」

アメリカ独立宣言「ハイ!!」


♪ シンクロニシティ / 乃木坂46


あしざわ顧問「生きている中で辛いことにぶつかることも必ずあると思うんだけど、それを遠ざけようとすることも一つのやり方としてあるかもしれないけど、辛いことの中に答えがあることもあるので、自分の中でもっとこのことについて考えた方がいいかもな、と思ったらそこに飛び込んでみてほしい。頑張れ!」

SCHOOL OF LOCK!



応援部は月ごとにテーマを設けて応援中です!

8月の応援テーマは…「続・この夏を制したい!」

夏の最後の最後まで、この夏を制したい生徒を応援していきます!

「応援して欲しい!」という生徒は、応援部掲示板にこの夏への想いを書き込んで欲しい!


お前たちは1人じゃない!
SCHOOL OF LOCK! は、学校を挙げて頑張るお前のことを応援しているぞ!!!



SCHOOL OF LOCK!
- Prev                 Next -
<   2019年8月   >
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE