とーやま顧問によるラスト応援部!!! 受験を戦い抜いた生徒全員に向けて最後の声を届けるぞ!!!

SCHOOL OF LOCK!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年4月3日(金)PM 10:15 まで



SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長が応援部顧問を務める最後の時間!!

本日は受験シーズンの大フィナーレということで、今シーズン戦った受験生に向けて! そして来シーズン受験生となる生徒に向けて! カロリーメイトに最後のメッセージを書いて届けていく!

とーやま校長「まずは! 合格をつかんだ生徒へ!!

『 合格体験、これが、スタンダード 』

とーやま校長「みんな、よくやったね! しっかりと合格を勝ち取った、もぎ取った、というヤツもいるであろう。悠々とたどり着いたというヤツもいるであろう。何にせよ、みんなは『合格』という二文字を勝ち取ったわけです。この体験というのは、みんなも実感があるだろうし、もしかしたら実感がないヤツもいるかもしれないから、改めて俺から言わせてもらうと、これはとんでもない自信になっているということだね。

じゃあこの自信は今後どこに使われるのかと言うと、これから4月以降、高校に入って、大学に入って、大学を出て社会人になって、とか、その人生の中で、この受験シーズンのような、何かに挑まなきゃいけない時というのは絶対にあるわけよ。その中で、“ここまでやったから合格できたんだ”というのが、自分の中での合格体験・成功体験として確実に残るわけだから。例えば他のところで何かに挑む時に、“あの時ここまでやったから合格したんだよな”という指針になるんだと俺は思っている。“ヤバイ! あの受験で頑張って合格を勝ち取った時に、全然足りてないじゃないか”そういったことで、やれることとかやらなきゃいけないことも見えるはず。

だから、とにかく合格を掴んだだけじゃなくて、このとんでもない経験というものも手に入れてるわけ。いつか必ず、この時のこの合格体験が生きる時が出て来るので、これからの毎日そこを目標に突き進んで欲しいと、そう思ってます。

『合格体験、これが、スタンダード』! よくぞ合格した! おめでとう!!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「続いて! 浪人を決めた生徒へ!!

『 魅力溢れる人になれ 』

とーやま校長「浪人を決めた生徒のみんな、お疲れ様! “この間決めました”というヤツもいれば、もう早い段階で決めたというヤツもいるだろう。本当にさまざまな思い、葛藤しながらも、“もう1年頑張ります”と決めたヤツがたくさんいるであろう。もしかしたら、“今年2年目の浪人に入ります”というヤツもいるかもしれない。3月末で年度も切り替わり、また4月から新たなシーズンが始まるわけだけども、でもみんなにとっては終わってもないし、始まってもないし、途中も途中でしょう! たまたまゴールがまだ先に設定されていただけであって、まだまだ途中です。

この先本当にしんどいこともたくさん訪れるだろうし、自分のことを追いつめ過ぎて体とか体調とかおかしくなっちゃうとかするかもしれない。だけど、ちゃんとそういう時は周りの助けてくれる人にしっかりと頼って、休む時はしっかりと休んで。そこは焦る必要はないし。俺なんかは浪人とか経験したことなくてこんなこと言える立場じゃないかもしれないけれども、でも俺にだって苦しい時期はあったわけで。そんな時こそ、周りの人にしっかり甘えること、すごい大事!

集中もしないといけない。だけども、俺は“楽しんで欲しい”というふうに思ってます。“何を楽しめばいいんだ?”って思うかもしれないけど、引き続きみんなは勉強を続けるわけで。勉強と言うのは知識が増えるということでしょ? 俺にとって知識が増えるということは、これからの人生が豊かになることだと思っている。『勉強する』って言ったらなかなか堅苦しくなるけども、例えばこれで知識を増やすことによって自分のこれからの人生の選択肢も増えるし、人と話す中での会話も変わってくるし、知識が増えれば増えるほど面白い人間になると俺は思うから、そんな魅力溢れる人になって欲しいな、というのが、浪人を決めたみんなにすごく言いたいこと。

だってすごいよ! 勉強すればするほど君は魅力的な人になるということだからね! それを忘れないように、今一度しっかりと胸に刻んで欲しいという意味を込めて、浪人を決めた君には『魅力溢れる人になれ』という言葉を書かせてもらいました。応援してる!」

とーやま校長「最後に! 来月、間もなくやって来る4月から高校・中学3年生、小学校6年生となり、来年受験に挑む生徒に向けて」

『 新しい自分に出会え 』

とーやま校長「俺はこの応援部、もしかしたら他の授業でも何度も言ったことがあるかもしれないけど、大事なことなので何度も言わせてもらう。人生において、勝負の時というのは何度か訪れます! それが10代であろうが20代であろうが30代であろうが、死ぬまでに何度か訪れる勝負の時というのがあります。今の段階では、君にとってはそれが、『受験』というものであろう。
俺自身は“これぐらいでいいや”って感じで受験に挑んでたから、もしかしたら俺の言葉には説得力がないかも知れない。ただ、俺はその他にちゃんと勝負したいものがあったから、そこはよしとしてくれ。でも、受験に挑むという生徒にとっては、これが確実に勝負の時なわけでしょ? みんなにとっては初めての大勝負かもしれないね。
もちろん結果も大事。だって合格勝ち取りたいんだから。そうなんだけども、一番大事なのは、どこまでやれたか。どこまで自分を驚かすことができたか。どこまでたくましくあれたか。やっぱりこれが一番大事。

その戦いによって自分を知ることができるし、もしかしたらその先には新しい自分というものがいて、そいつが君のことを呼んでくれる。“こっち来いよ”って言って道を示してくれる。そいつと出会えれば、新しい自分になり、かっこいい自分になり、胸を張って突き進んで行ける君になれる! と、俺は信じてます!
なので改めて、来年受験に挑む生徒の君よ! 『新しい自分に出会え』!!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 人にやさしく / THE BLUE HEARTS


とーやま校長「こうしてTHE BLUE HEARTS先生も歌ってくださっていたように、マイクロホンを通して君にエールを届けさせてもらった! 実はそのことによって自分自身にも言い聞かせていたんだな、ということもある。それの繰り返しで、俺としては自分を鼓舞することが出来て、また君に向けて、言葉を届けさせてもらえた。このいい循環はここで終わるわけではなく、4月以降も新しいさかた校長・こもり教頭が引き継いでくれるはずなので、ここは頼りに頼って、4月以降も来て欲しい! 俺はこの応援部の空中から亡霊となって浮かんでみんなのことをたまにチェックさせてもらうようなことになるので、あんまり見上げる必要はない! ちゃんと新しい顧問に向き合って、受験というものとも向き合って欲しい! そのように俺は思っております!」

カロリーメイトのサポートはこの3月で一旦終了となります!

とーやま校長「カロリーメイト、俺たちとともに受験生を応援してくれてありがとうございました!!」

ということで、とーやま顧問の応援部ももう最後。“あの言葉”を一緒に言いたいという生徒もたくさんいるので……。

とーやま校長「じゃあいきますよ! 受験生のみんな! 屁のツッパリはっ……(せーの)いらんですよ〜〜〜!!!!

お前たちは1人じゃない!
SCHOOL OF LOCK! は、学校を挙げて頑張る受験生をいつまでも応援しているぞ!!!


SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年4月3日(金)PM 10:15 まで

応援部 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る