“未来の自分が頑張ってくれる”と楽観視してなかなか本腰を入れられない…という高3女子生徒が逆電に登場!!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年11月20日(金)PM 10:15 まで



SCHOOL OF LOCK! 応援部は、来年の3月いっぱいまで、力の限り受験生を応援していくぞ!

現在、応援部では、受験生の生徒から、受験にまつわる宣言、『宣言メイト』を募集中! “今はE判定だけど、絶対にあの大学に合格します!” そんな、君の志望校への熱い想いを送ってきてほしい!

『宣言メイト』を送ってくれた生徒の中から抽選で5人の受験生に、“SCHOOL OF LOCK! 特製スペシャルBOX”に入ったカロリーメイトを差し入れするぞ! このカロリーメイトには、校長と教頭の手書き応援メッセージと、さらには、音声メッセージ付きのチェキも一緒に送ります!

詳しくは応援部『宣言メイト』の特設サイトを確認して欲しい!

SCHOOL OF LOCK!


今夜も『宣言メイト』を届けてくれた受験生に逆電、話を聞いて精一杯背中を押していくぞ!

じゅりりここ 宮城県 17歳 女性 高校3年生

RN じゅりりここの宣言はこちら!

じゅりりここ「『“未来の自分が頑張ってくれる”と楽観視するのをやめて、全力を尽くして、志望校に合格したいです』!」

まずは細かいことから聞いていこう。

こもり教頭「普段勉強はどれぐらいやってるの?」

じゅりりここ「平日だと4時間とかで、休日だと7時間ぐらいです」

さかた校長「しっかりやってるよね」

こもり教頭「やってるよね」

RN じゅりりここは地元の私大の心理学部を志望していて、必要な教科は国語と英語と政治経済なのだそう。その志望動機は…。

じゅりりここ「中学生の頃、部活で悩んでた時に、臨床心理士の方にカウンセリングをしてもらう機会があって、それですごく救われて、自分も人を助けられる人になりたいなと思いました」

こもり教頭「じゃあ行きたい大学への決意とか想いみたいなのは明確なんだ?」

じゅりりここ「そうです」

こもり教頭「絶対そこに行きたいという目的もしっかりしている?」

じゅりりここ「してます」

こもり教頭「なるほどね。じゃあ、今の志望校との実力差と言うか、判定はどんな感じなの?」

じゅりりここ「模試の判定だと、CとかDを行ったり来たりって感じです」

こもり教頭「すっごい安心できます、というところではないってことだ。自分の実力が出せない時は“ああ、これだったらまずいな”と思っちゃう時もあるぐらいの実力なんだね」

SCHOOL OF LOCK!


じゅりりここ「はい」

こもり教頭「(宣言で言っていた)“未来の自分が頑張ってくれる”って思って、ノルマをちょっと下げちゃうってこと?」

じゅりりここ「今頑張るんじゃなくて、“明日の自分だったらちゃんとやっているんじゃないか”っていうので、ダラダラしちゃったりとか。それで結局何もしなくて、焦って、“何もできなかったな”って自己嫌悪になっちゃうことがすごく多いです」

こもり教頭「なんで楽観視しがちになっちゃうの?」

じゅりりここ「すぐに勉強の結果が出なくて、“このままやってもダメなんじゃないか”とかネガティブになっちゃって、それで現実逃避じゃないですけど、そういうふうになっちゃうのはあります」

こもり教頭「じゃああれだ。今、受験に対しての想いはあるけど、モチベーションが高くない状態ってことか」

じゅりりここ「あー、そうかもしれないです」

こもり教頭「校長とか大学受験してたじゃないですか。結構短期間での勉強だって言ってたじゃないですか」

さかた校長「うん。俺は半年間ぐらいしか」

こもり教頭「でしょ? そういうメンタル的な部分ってどうしてたんですか?」

さかた校長「そうな…。俺の場合は高3の夏からで、スタートがめちゃくちゃみんなより出遅れてたから、明確に自分が伸びてるのがわかったと言うか。全くゼロから始めたから、すごい“あ。今日これくらいできた”っていうのを、明確に数値でわかったの」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「目に見えてたんだ」

さかた校長「あえて、目に見えるようにしたかな。例えば、“単語帳をここまで完璧に覚えました。次、〇ページ”とか言うのを、目で見える努力の数値で自分を納得させてたかな」

こもり教頭「じゅりりここは自分の想いが決まるのが早かった分、準備に取り掛かるのも早かったのかな?」

じゅりりここ「高校2年の後半ぐらいからは“勉強しなきゃな”っていう意識はありました」

こもり教頭「流れの中であるから、ずっと上がり続けるってことは難しいから。話を聞くと、モチベーションが上がり切らないのかな、と思っちゃうけど。やっぱり、このままではまずい、みたいな気持ちはあるの?」

じゅりりここ「あります。夏休みの前ぐらいから、“そろそろやんなきゃな”って思ってて、ずっと焦ってる感じです」

こもり教頭「正直、自分では気づいてはいるんだな」

じゅりりここ「そうですね(笑)」

そんなRN じゅりりここのために、さかた校長とこもり教頭がカロリーメイトにメッセージを書くぞ!

さかた校長からのメッセージ!

『明日はない。「今」が続くだけだ!!』

さかた校長「俺も言い聞かせてるんだけど、俺も結構先延ばしにしちゃうの。“まだ時間あるよな”みたいな。“明日がある”って思っちゃうんだけど、結局それで追い詰められちゃうんだよね。
だから、もう明日っていうのは希望がないとかじゃなくて、この最高の今をただ繰り返すだけで明日にたどり着くだけだから。明日はなくて、今の最高の“私、今日頑張った!”っていうのを、お前の勝負の日までに毎日やれば、たぶん最高の結果が待ってると思うから。毎日生まれ変わったように1日1日を、一生懸命向き合って勉強してもらいたいな」

続いて、こもり教頭からのメッセージ!

『今は未来から来た“自分”だから大切に!!』

こもり教頭「俺がいろいろやってく中で、“あの時こうしてれば良かったな”って思うことっていっぱいあるじゃん。今、じゅりりここが言ったみたいに、“あの時勉強してれば”とか、ずるずる引きずってたもので、“あの時勉強してけばもしかしたら結果が良かったかもな”とか、いろいろ感じると思う。

だけど、“あの時に戻れますよ”ってチャンスを貰って来てるのが今の自分だ、って俺は思うようにしてるの。で、“明日は今日の続きじゃない”って思ってるの。それは、全部未来の自分を助けるために今やってるんだ。未来の自分がこういうふうに輝きたいって思ってる…だから、今の自分じゃなくて未来の自分を助けるためにやってるんだ、っていうふうに考えてるのね。

だから“先の自分が”とかっていうじゃなくて、“今の自分”は未来から来た自分だから、もう他人だと思ってもいいぐらい。今やることは未来の自分を助けるためだと思って、今の自分を大切にしてほしい。
校長が言ってくれたみたいに、毎日毎日を全力で生きてほしい、っていうことにも繋がるんだけど、俺は、今、感じてること、ずるずるして焦ってるとか悩んでるとかっていう想いすらも毎日を頑張ってほしいから、『今は未来から来た自分。だから大切に』という言葉を贈りたいと思います」

SCHOOL OF LOCK!


このメッセージを書いたカロリーメイト、“メッセージメイト”をRN じゅりりここに送るぞ! そして、“仲間と一緒に乗り越えて欲しい!”という想いを込めてカロリーメイトは多めに送るので、もし応援したい仲間がいたら、差し入れしてあげて欲しい! さらに、メッセージ入りのチェキも同封するぞ!

じゅりりここ「ありがとうございます!!」

こもり教頭「最後に、今の気持ち、宣言でもいい、聞かせて貰えるかな?」

じゅりりここ「はい。校長と顧問からの言葉を聞いて、とにかく今を大事にして、志望校に合格できるように頑張りたいと思いました!」

こもり教頭「よく言った! 頑張れよ!!」

さかた校長「頑張れよ!!」

じゅりりここ「はい、ありがとうございます!」


♪ OH! / SHISHAMO


こもり教頭「自分ができないと思ったときは、俺は逃げてもいいと思うし、そういう時に音楽とかエンターテインメントが支えてくれる、って絶対あるから。必ずしも全部張りつめながらやれっていうわけじゃなくて、自分の今の思ってる気持ちに素直に、そしてその気持ちを大切に、全力で頑張ってほしい!」

SCHOOL OF LOCK!


「背中を押して欲しい!」という受験生の君は、応援部の『宣言メイト』のメールフォームから、宣言や悩みを送って欲しい!
毎月5人の生徒に“SCHOOL OF LOCK! 特製スペシャルBOX”に入ったカロリーメイトと、校長・教頭の音声メッセージ付きチェキをプレゼントするぞ!

お前たちは1人じゃない!
SCHOOL OF LOCK! は、学校を挙げて頑張っているお前のことを応援しているぞ!!!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年11月20日(金)PM 10:15 まで

応援部 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る