「第一志望に不合格になり人生初の挫折を経験したけど、残り12日、頑張ってラストチャンスを掴み取りたいです!」という男子生徒に逆電!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年3月4日(金)PM 10:15 まで



こもり校長「いよいよ今日から、国公立大学の2次試験が始まりました! 今日だけでも、約100校で試験があったということで…まさに今日、受けてきたという受験生のみんなも多いんじゃないかな?
もしかしたら、学部によっては今日受けてきて、“なかなか自分の思うような結果が出せなかった”とか、逆に、“思ったよりも自分の実力を発揮できました”とか、本当に1人1人に想いがあるだろうし、もしかしたら“明日から試験受けます”という生徒もいるだろうし。今日・明日・あさってのこの3〜4日間とかは、本当に1人1人色んな想いを抱える日だと思う。
まず、今日受けた生徒、本当にお疲れ様! そしてまだまだ試験が続く生徒は、本当に頑張って! 応援部は生徒の君の背中を押してるから! 1人じゃないからね!」

ぺえ教頭「ね! 明日も約70校、そしてあさって以降も続々と2次試験が行われるということで。これから挑戦するみんなの成功を、私たちも祈ってます!」


『応援部』では、受験生のみんなから、受験に関する宣言、『宣言メイト』を募集中!
今夜も『宣言メイト』を送ってくれた受験生に、直接話を聞いて、エールを届けて行くぞ!

標準的なレンコン 滋賀県 15歳

ぺえ教頭「まずは宣言を聞かせてください!」

標準的なレンコン「はい。『“第一志望に不合格”という現実を突きつけられ、人生で初めての挫折を経験しました。これまでやってきたことや、自分自身を信用できなくなっているけれど、残り12日、後悔しないよう、ラストチャンスを掴み取りたいです』!」

ぺえ教頭「第一志望の不合格の結果は、いつ知ったの?」

SCHOOL OF LOCK!


標準的なレンコン「1週間前に、先生に言われました。その試験を受けた人が1人ずつ呼び出されて、“合格”“不合格”って言われていく感じでした」

ぺえ教頭「なるほどねぇ…。その“不合格”を言われた時は、どんな気持ちだったの?」

標準的なレンコン「はっきりと“不合格”と言われたのが初めてだったので、どうしても重くしてしまって…」

ぺえ教頭「うん…その日も結構立ち直れなかった?」

標準的なレンコン「そうですね。その日、家に帰る時とかも、ゆっくりになってしまって、“『足取り重い』ってこういうことなんだな”って思いました」

ぺえ教頭「あぁ…。だから人生で初めての大きな挫折を味わったような気持だったんだね」

標準的なレンコン「はい」

ぺえ教頭「その第一志望は、結構難しかったの?」

標準的なレンコン「はい。県の中で一番頭がいいような高校です」

こもり校長「なかなかハードルが高い学校だったんだ」

SCHOOL OF LOCK!


標準的なレンコン「はい」

ぺえ教頭「ちなみに、将来の夢みたいなものはあるの?」

標準的なレンコン「将来、“スクールロイヤー”になりたくて」

ぺえ教頭「スクールロイヤーっていうのはどんなお仕事をするの?」

標準的なレンコン「学校にあるいじめとか、校則とかを、法律の観点から見直していくような仕事です」

ぺえ教頭「へぇ〜。私初めて聞いた」

こもり校長「校長も詳しいわけではないけど、今はそういう方面から見て下さってる方がいるっていうのは聞いてたから」

ぺえ教頭「へぇ〜。そのスクールロイヤーになりたい、何かきっかけはあったの?」

SCHOOL OF LOCK!


標準的なレンコン「スクールロイヤーのドラマを観たっていうのと、あと、僕が小中と生徒会に入っていて、“学校を良くするって楽しいな”みたいな(考えを持った)」

ぺえ教頭「すごいね! 強い想いで、今勉強も頑張ってると思うけど」

こもり校長「そうだね!」

ぺえ教頭「ちなみに、今、勉強の調子はどう?」

標準的なレンコン「それが、“不合格”って言われる前までは、“なんか僕、勉強できるんじゃないかな”って思ってたんですけど、“不合格”って言われてからは、“足りなかったな”とか“もっと頑張らなあかんな”って思ってて。それで、ちょっと自信をなくしてます」

ぺえ教頭「挫折を経験して、心も弱くなっちゃってるって感じかな?」

標準的なレンコン「はい」

こもり校長「そうだよな…。今まで一生懸命頑張って来て、“やれる! 俺はできるぞ!”っていう勢いがあったのに、それが全部ガラガラガラと崩れていく瞬間、みたいな状態だもんね」

標準的なレンコン「はい」

ぺえ教頭「そうだよねぇ。今の一番の悩みは何?」

SCHOOL OF LOCK!


標準的なレンコン「どうしても集中が切れてしまって、細かいところでミスしたりとか、そういうのでいっぱい失点してしまっているところが悩みです」

こもり校長「なるほどね。次に受ける試験っていうのは、2番目に受けたい学校っていうこと?」

標準的なレンコン「いえ、第一志望を2回受けられる制度があって…、それで、もう1回受けることができます」

ぺえ教頭「あー!」

こもり校長「あ、そうなんだ! いいね!」

ぺえ教頭「そうなんだね。もう1回、チャンスと言うか、挑戦できる、そんな状態だね」

こもり校長「じゃあ、また同じところにチャレンジするっていうことへの不安もあるんだ?」

標準的なレンコン「はい」

こもり校長「確かに、全力で戦いに行ったところに“ダメだ!”って言われて、もう1回行くからね。ちょっと不安定な気持ちもあるし、今までのままで大丈夫か、みたいな焦りも出てきてる?」

標準的なレンコン「はい」

こもり校長「うん。でも、絶対にそこに行きたいっていう想いは強いんでしょ?」

標準的なレンコン「はい!」

こもり校長「だとするならば…、2回目のチャンスを絶対に掴み取りたいと思ってると思う!」


そんなRN 標準的なレンコンのために、校長・教頭がカロリーメイトにメッセージを書くぞ!

SCHOOL OF LOCK!



こもり校長からのメッセージ!

『“何故”頑張るのか?』

こもり校長「校長先生も、中学受験・高校受験ってやってるんだけど…。中学受験って三重県から東京に上京するために、東京の中学を受験したのね。で、ここの中学受験が成功しないと、そもそも東京に上京できない。将来ダンスでご飯を食べたかったから、ダンスの夢を追いかけるために上京するって決めてたんだけど、まず受験に合格して学校が決まらないと上京できないよ、って言われてて。
俺は第一志望の中学受験に失敗してるのよ。俺も初めて受けた時にそこ“不合格です”って言われて。当時、もし上京してくるなら面倒見てくれるって言ってたダンススクールがあったんだけど、そこに母親と2人で“ごめんなさい”って謝りに行ったの。“第一志望だった中学の受験落ちちゃって学校が決まらないんで、もう上京させられません。ごめんなさい”って謝った帰り道に、俺のことをすっごい気にかけてくれてたインストラクターの先生が、うちの母親を説得してくれて。“ここだったらまだ募集してるから、どうですか、お母さん?”って中学を提案してくれて。で、お母さんが説得された形で俺が受験して…。
だから俺も1回受験チャレンジしてるんだけど、失敗して、“俺はダンスがやりたくて行きたいけど、まず現実的に自分自身が何かを掴み取らないと、夢すら叶えられないんだ”って挫折した経験があるの。でも、色んな人のサポートがあって、もう1回受験することができて、その学校に合格することができて、今の自分があるのね。
その時に、俺もRN 標準的なレンコンと全く同じ状況で。“俺は何で、何を頑張ったらいいんだろう?”みたいな。“だって俺、今まで超頑張ってやってきたのに、ダメだったじゃん。もう俺、東京に出てダンスやらなくても良くない? 三重県でダンスやれば良くない?”とか、ちょっと落ち込んでたんだけど。でも“何で自分が上京したいのか?”、それはもう“ダンスがしたくて、将来ダンスで食ってくための1番の近道は、自分が今頑張って上京してダンスをすることだ”っていうのが俺の1本の光で。それだけを目指してずーっと頑張ってたの。
だから、人って崩れた時ほど、“何故?”っていうところを追及した方がいいなと思って、今RN 標準的なレンコンの話を聞いてたらちょっと自分の人生とリンクするところがすごい多かったから、この言葉を届けたいなと思いました」

SCHOOL OF LOCK!


標準的なレンコン「ありがとうございます!」


続いて、ぺえ教頭からのメッセージ!

『挫折は強さ』

ぺえ教頭「今標準的なレンコンは挫折してしまった自分を弱いと思ってしまったり、弱くなってしまったと感じてると思うんだけど、私は、“挫折を知った人間ほど強いものはない”と思ってるのね。それは、私自身も人生を30年近く生きててすごく感じるし。
あと、“挫折の経験は、決して弱さには繋がらない”と思ってて。本当に挫折っていう経験は、強さにしか、自分のパワーにしかならないと思うのね。だから、挫折を知った人間のその這い上がろうとするパワーっていうのは、挫折を知らない人間には絶対に叶わないし、出せないものだと、私は生きてて強く思うの。
その挫折っていうものを、弱さじゃなくて強さに変えて、自信に変えて、頑張って欲しいなと…。まぁもちろん
、もう頑張ってるとは思うんだけど! 自分の将来に向けて歩んでいって欲しいなという意味も込めて、この言葉を書きました」

この『メッセージメイト』を入れた“SCHOOL OF LOCK!特製スペシャルBOX”を、メッセージ入りのチェキと共にRN 標準的なレンコンに差し入れします!
BOXの中にはカロリーメイトが5つ入ってるから、一緒に頑張りたい仲間がいたらプレゼントしてね!

こもり校長「標準的なレンコン! 最後に、今の想い、聞かせてもらってもいい?」

標準的なレンコン「校長と教頭の話を聞いて、僕も同じように、1回挫折して成功できる人間になりたいなと思いました」

こもり校長「よし、よく言った! まだまだできるよ! 残り12日、今まで全部巻き返すように頑張ろうな!!」

SCHOOL OF LOCK!


ぺえ教頭「うん、頑張って!」

標準的なレンコン「はい!!」


♪ エンドロールに間に合うように / tricot


“応援して欲しい!”という受験生の君は、応援部の『宣言メイト』のメールフォームから、受験にまつわる“宣言”を送って欲しい!
君の勇気となるように、送ってくれた生徒の中から毎週5人の生徒に、SCHOOL OF LOCK!特製スペシャルBOX”に入ったカロリーメイトと、校長・教頭の音声メッセージ付きチェキを差し入れするぞ!
詳しくは、『宣言メイト』の特設サイトをチェック!

ぺえ教頭「強い想いで、最後まで走り切ろうね!」

こもり校長「SCHOOL OF LOCK!と共に、あと少し、頑張ろう!!!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年3月4日(金)PM 10:15 まで


応援部 放送後記

もっと見る

LOCKS!SCHOOL OF LOCK!の講師陣

  • ミセスLOCKS!

    Mrs. GREEN APPLE

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • YAZAWA LOCKS!

    矢沢永吉

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • SEVENTEEN LOCKS!

    SEVENTEEN

  • 森七菜LOCKS!

    森七菜

  • adieu LOCKS!

    adieu(上白石萌歌)

  • 景井LOCKS!

    景井ひな

  • INI LOCKS!

    INI

ページトップへ戻る