「自分に嘘をついて行きたくない大学に行くより、浪人して本当に行きたい大学を目指すことにしました!」という生徒と逆電!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年3月25日(金)PM 10:15 まで



こもり校長「掲示板やメールをチェックしていると、『合格しました!』という喜びの報告が続々と届いています! 本当に1年、またはそれ以上、頑張って自分と向き合って、目標を掴み取った生徒がたくさんいるということが嬉しいし、SCHOOL OF LOCK!の生徒みんなが合格して欲しいという気持ちもあるし。君が求める元…ここが改めてのスタートになると思うから! 夢を目指して頑張って欲しいなと思います!」

ぺえ教頭「うん! 国公立の後期試験を受けた生徒は、結果発表までなかなか落ち着かないと思うけど、これまでの自分を信じて、あと数日、結果を待ちましょう…!」

『応援部掲示板』では、引き続き、受験生のみんなからの書き込み、報告、待ってます!


『応援部』では、受験生のみんなから、受験に関する宣言、『宣言メイト』を募集中!
今夜は、浪人を決めた受験生に直接話を聞いて、エールを届けて行くぞ!

テトモンよ永遠に! 東京都 18歳

ぺえ教頭「まずは、受験、本当にお疲れさま!」

こもり校長「お疲れさま!」

テトモンよ永遠に!「ありがとうございます」

ぺえ教頭「もう1年頑張るって決めたのは、簡単なことじゃないと思うんだけど…。今の気持ちを宣言で聞かせてもらってもいいかな?」

SCHOOL OF LOCK!


テトモンよ永遠に!「はい。『自分に嘘をついて行きたくない大学に行くより、浪人して本当に行きたい大学を目指すことにしました。1年間本当に走り続けられるか、学力を上げることができるか、想像すると不安な気持ちになるけれど、来年心から笑って春を迎えられるように、頑張ります』!」

ぺえ教頭「力強い宣言ね。ありがとね。浪人を決めたのはいつ頃だったのかな?」

テトモンよ永遠に!「最後の受験結果が出た、2月の末です」

ぺえ教頭「1か月前ぐらいだね。どこか合格した大学はあったのかな?」

テトモンよ永遠に!「滑り止めの私立がいくつか…ですね」

ぺえ教頭「そこは、合格したけれども自分の気持ちに嘘をつきたくないから、その大学には行かずに、1年浪人しようと決めたってことかな? 浪人を決めた時の気持ちとか、聞いてもいい?」

テトモンよ永遠に!「はい。合格した学校に行く選択肢もあったんですけど、4年間行きたくない大学に行くより、苦しくてももう1年頑張って合格した大学に行った方がいいかな、って思って」

ぺえ教頭「今は、“本当に行きたい大学に行きたい!”っていう気持ちを宣言で聞かせてくれてるけど、迷いみたいなものはあったりする?」

テトモンよ永遠に!「“本当にこれでいいのかな?”っていうのはあるけど、それでも進むしかないって思ってます」

ぺえ教頭「うん。1年後も、同じ大学を目指そうと頑張るのかな?」

テトモンよ永遠に!「1年後は、今回よりもずっと高いところを目指します!」

こもり校長「へー! 第一志望校よりも、更に高いレベルの大学を目指すの?」

テトモンよ永遠に!「はい!」

ぺえ教頭「1年後まで頑張れそう?」

SCHOOL OF LOCK!


テトモンよ永遠に!「うーん…ちょっと不安ですね」

ぺえ教頭「そうだよね。今の1番の不安なことだったり、悩みみたいなものは何かな?」

テトモンよ永遠に!「本当に偏差値を上げられるか、1年折れずに頑張り切れるか、が心配です」

こもり校長「そうか。まぁ言えば、今年受かった大学っていうのは、自分の思い描いてた大学でもないし。さっきテトモンよ永遠に!が言ったみたいに、その後納得いかない4年を過ごすよりは、1年苦しんだ先にある自分が本当に目指したいところに行った方が、有意義な人生を遅れるんじゃないかという選択の中、だけど! こっからの1年が(不安)。その不安になっちゃう気持ちみたいなのは、今回の受験の中で自分が引っかかるところとかあったからなのかな?」

テトモンよ永遠に!「うーん…」

こもり校長「自分が受験勉強を100%やり切れなかった、みたいなところもあるの?」

テトモンよ永遠に!「確かにやり切れなかったですね」

こもり校長「振り返ってみると、どれぐらい?」

テトモンよ永遠に!「パーセンテージで言うと、50%〜60%ぐらい…」

こもり校長「それは、なんで自分でそれぐらいのパーセンテージだと思ったの?」

テトモンよ永遠に!「あんまり目標もなくて、やる気もそんなになかったので」

こもり校長「別に“受験勉強なんてやりたくない! サボってやる!”っていうつもりではなかったけど、自分が本気になるタイミングとか、スイッチが入ったりとか、エンジンがかかるまでに、少し時間かかっちゃったなぁ、っていうのは、自分的に感じる部分だ?」

SCHOOL OF LOCK!


テトモンよ永遠に!「そうですね」

こもり校長「でもやっぱり、ここから1年…1年後の今は、笑って春を迎えたいっていう気持ちは強いのかな?」

テトモンよ永遠に!「あります!」

こもり校長・ぺえ教頭「うん!」


そんな、前を向いて頑張っていくと決めたRN テトモンよ永遠に!に、こもり校長とぺえ教頭がカロリーメイトにメッセージを書くぞ!

こもり校長からのメッセージ!

『戸惑うな!!』

こもり校長「浪人を決めて、ここから先1年頑張っていくっていうところで。俺が今本当に心の中でかけたいのは、今のこの悔しい気持ちだったりとか、自分が50%〜60%だったって感じた気持ちっていうのは、絶対に無駄にならないし、今後これから先の1年の活力になる想いだと思うんだけど…。ものすごい正直なところを言うと、“じゃあ今年の1年は何だったの?”“結局、もしうまくやれてたら、今頃大学生活を送れてたじゃん”みたいな。たぶんそういう後悔と自責の念に、これからぶつかったりとか、それが壁になってくることがあると思う。
当たり前のことだったりするんだけど、何か目標を目指してる時の積み上げていく過程っていうのは、途方もなく長いけど、崩れ去るのは本当に一瞬で。でも、そこから先、崩れた後どうするか、っていうところが、人間に残された選択肢と言うか、僕たちにできる自由でもあると思うわけ。
だから、テトモンよ永遠に!が今後何かをする時に、また戸惑うことがあると思う。“本当に今目指してる大学でいいのかな?”とか、“やっぱりあの時大学に行っといた方が良かったのかな?”とか、すごい色んな選択肢の中で悩むと思うんだけど。今日、“1年後に本当に笑って春を迎えたい”って決めたこの気持ちに、嘘をつくことなく、戸惑うことなく、今目の前にある真っすぐな道をずーっと突き進んで行って! 惑わされることなくね。で、自分の力で掴み切ってもらいたいな! 悩んだり気持ちがぶれそうになった時に、このカロリーメイトを見てもらって、今日校長が言ったことを思い出してくれたらな、と思いました」


続いて、ぺえ教頭からのメッセージ!

『自分への嘘は、永遠の後悔!』

ぺえ教頭「自分自身の心に嘘をついて行きたくない大学に行かずに、また1年努力をして自分だけの人生を正直に生きようとしてるテトモンよ永遠に!の選択は、これからの人生を輝かせてくれる財産になるだろうなと、私は今強く思ってるのね。やっぱり自分を守る嘘だったり誰かを守る嘘なら、時には必要な嘘になるかもしれないけど、自分自身の心に嘘をつくことは、これからの人生の財産にはならないんじゃないかな、と私は思います。
私もこの仕事を始めたばかりの時に、無理して本当の自分を押し殺して仕事して、何だか生きてたけど。今振り返ってみると、本当の自分で生きていなかったことにものすごい後悔もあるし、正直得るものはそこまでなかったなっていう実感をしていて。こんなに若いテトモンよ永遠に!が自分の気持ちに嘘をつくことに違和感を覚えた、その敏感さがものすごく美しい心だと私は思うし、その心を大切にこれからも生きて行って欲しいと思うし。
だから私は、あなたの強い選択、ずっと背中を押し続けたいなと思いました」

この『メッセージメイト』を入れた“SCHOOL OF LOCK!特製スペシャルBOX”を、メッセージ入りのチェキと共にRN テトモンよ永遠に!に差し入れします!
BOXの中にはカロリーメイトが5つ入ってるから、一緒に頑張りたい仲間がいたらプレゼントしてね!

SCHOOL OF LOCK!


こもり校長「最後に、今の想い、聞かせてもらってもいい?」

テトモンよ永遠に!「ありがとうございます…! 1年間、頑張ってみせます!」

ぺえ教頭「おお! ありがとう!」

こもり校長「よく言った! 今日だけじゃないからな! 俺たちはここから1年間、そして大学合格した先も味方だから! 頑張って、来年の春に一緒に笑おうね!!」

テトモンよ永遠に!「はい! ありがとうございます!」


♪ Flow / Perfume


こもり校長「今年受験をして、テトモンよ永遠に!のように、“また1年自分と向き合いながら、全力で戦う”という選択をした生徒も、SCHOOL OF LOCK!の生徒の中にはいると思う。その中で、応援部もそうだし、職員もそうだし、そしてもちろんこのSCHOOL OF LOCK!にいる生徒…先輩たちもOBも後輩たちそうだし、みんながみんな、君の味方だから! 不安になることもあると思う。本当にもうやめたい、って思うこともあるかもしれないけど、そういう時はここに来れば、みんな全力で応援してくれるから!
受験の間、SCHOOL OF LOCK!を聴かなくていい! 自分だけの時間を使ってもいいから! 息抜き程度に、自由にこの学校を使って欲しいと思ってます!」


さぁ、そして、ここで『応援部』よりお知らせ!

こもり校長「来週水曜日、23日の生放送教室は、『応援部 宣言メイトスペシャル! supported by カロリーメイト』を開催! 受験を終えた生徒みんなからの、“春に向けての宣言”を聞いていきたいと思います!」

ぺえ教頭「話を聞かせてくれた生徒には、私たちが応援メッセージを書いた カロリーメイトを差し入れしていきます!」

こもり校長「さらにこの日は、SUPERBEAVER先生が来校! 生演奏で曲を届けてくれます!」

ぺえ教頭「受験を終えたみんな! ぜひ、この日の授業に参加してください!」

こもり校長「SCHOOL OF LOCK!と共に、これからも頑張ろう!!!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年3月25日(金)PM 10:15 まで


応援部 放送後記

もっと見る

LOCKS!SCHOOL OF LOCK!の講師陣

  • ミセスLOCKS!

    Mrs. GREEN APPLE

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • YAZAWA LOCKS!

    矢沢永吉

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • SEVENTEEN LOCKS!

    SEVENTEEN

  • 森七菜LOCKS!

    森七菜

  • adieu LOCKS!

    adieu(上白石萌歌)

  • 景井LOCKS!

    景井ひな

  • INI LOCKS!

    INI

ページトップへ戻る