SCHOOL OF LOCK!


応援部では9月いっぱいまで、全方位で応援していきます!

恋愛、勉強、部活、マニアックなこと、YouTuberになりたい、などなど、何でもOK!
何かに向けて頑張っている生徒、目標に向かって頑張っている生徒を応援していきます!

とーやま校長「さらに、応援部では『月ごと』にテーマを設けて応援中!

8月の応援テーマは……「続!この夏を制したい!」

生徒みんなのこの夏にかける想いを受けて!
今月も応援テーマを継続!

受験、部活、恋!
「私はこの夏にかけている!」「今年はまさに勝負の夏だ!」


そんな生徒は、応援部掲示板にこの夏への想いをバシッと書き込んでほしい!


あしざわ教頭「早速、応援する生徒に話を聞いていきます!」


老人ホーム演奏会、体育大会、文化祭
色々ありすぎて大変です。
老人ホームの演奏会が8月末にあるのですが、大変です。その後に体育大会、合宿には演奏会体育大会文化祭の曲を全て練習しないといけませんざっとで20曲ぐらいありますほぼ新曲です。つめつめでやばいです
応援お願いしまーす
(^ω^;);););)
Hitane
男性/16歳/兵庫県
2019-08-04 12:34



あしざわ教頭「なんだかてんやわんやな状態みたいだけど…もしもし!」

Hitane 兵庫県 16歳 男性 高校2年生

Hitane「もしもし!」

あしざわ教頭「書き込み読ませてもらったけど…大変な状態だね。書き込みには演奏会って書いてあるけど、Hitaneは何部に入ってるの?」

Hitane「吹奏楽部です」

RN Hitaneは、吹奏楽部の部長を務めていて、ユーフォニアムという楽器を担当しているのだそう。

あしざわ教頭「部長として部をまとめなきゃいけないけども、予定が色々詰まっているんだね。今一番近いものは何?」

Hitane「老人ホームの演奏会なんですけど、成功するかが不安です」

あしざわ教頭「この夏を制したいというのは、老人ホームの演奏会を無事に成功させたいってことなんだね」

とーやま校長「その先にも大会や文化祭があるから、まずはそこを乗り越えなきゃいけないと」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「なるほどね。ちなみに、部員は何人くらいいるの?」

Hitane「部員は5人です」

あしざわ教頭「5人なんだ。毎日どれくらい練習してる?」

Hitane「夏休みは、朝9時半から集まって12時半に終わるんですけど、最近は1日半練習が多くて、朝から15時半くらいまでやります」

とーやま校長「6時間くらいはぶっ続けでやるんだね。20曲近く次から次へと覚えないといけないのは大変だよなあ」

あしざわ教頭「いま、一番不安な部分はどんなこと?」

Hitane「やっぱり、曲の多さに圧倒されています」

老人ホームでの演奏会でやる楽曲は10曲ほどで、半分近くは新曲!
部全体としてまとまりはいいものの、RN Hitane自身が不安になりすぎているので、他の子にその不安が移ってなってないかなと感じているのだそう。

とーやま校長「覚えなきゃいけないことがたくさんあって、部員数もあんまり多くないから、本当に覚えられるのかな? 本番間違っちゃうんじゃないかな? っていう思いでいっぱいなんじゃないですか」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そうだね。部員の皆からはいろんな意見を聞いたりとかはしてるの?」

Hitane「はい。毎日話を聞いたりしてます」

あしざわ教頭「部長としてはちゃんと答えられてる?」

Hitane「はい。出来るだけではありますけど…」

あしざわ教頭「素晴らしい! 全体としてどれくらいまでできている感じ?」

Hitane「60%くらいですかね」

あしざわ教頭「残りの40%は、やっぱり練習量に関して?」

Hitane「その他にもMCとか、他にもクイズとかをやったりするので、それを覚えたりするのが大変です」

あしざわ教頭「演奏だけじゃないんだね!」

とーやま校長「これは大変だ…!」

あしざわ教頭Hitaneとしては部長としての責任感もあるし、弱みを見せちゃいけないと思っているところがあると思うんだよ。でもね。Hitaneは一人じゃないっていうことをすごい言いたいな。
部長としてみんなのために動こうっていっぱい考えてると思うんだけど、自分が悩んでいることとか不安だっていう話を部員にはしてる?」

Hitane「いや、自分からはあまり言わないです」

あしざわ教頭「そういう気持ちを正直に言ってみたらどうかなって思うんだ。自分一人で演奏するわけじゃないじゃん。
部員のみんなが不安に思っていることを部長が聞くんだったら、部長からも実はこういうところが不安で…って言っていいと思うんだ。そういう事を自分より上の立場の人が言ってくれたら嬉しくない?」

SCHOOL OF LOCK!


Hitane「確かに…」

あしざわ教頭「部員のみんなは部長のことを頼って不安な気持ちを打ち明けてくれてると思うんだよ。それって嬉しいことじゃん。
同じように自分の気持ちをはっきり相手に伝えることが大事なんじゃないかな。
本番に挑むときってみんなの気持ちが一つになることが大事だと思うから、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうと周りも見れなくなっちゃうかなって思うんだ。で、本番が近付けば近付くほど人ってテンパっちゃうじゃん」

Hitane「そうですね。MCとか飛んじゃったりします」

あしざわ教頭「俺、MCちょっと苦手だから、もし危なかったらサポートしてって言ってみたりね。
不安な部分は共有してみんなで補っていくっていうのが一番だと思うな」

Hitane「はい!」

とーやま校長「老人ホームの演奏会までに覚えないといけない曲もあると思うけど、過去にやったことがある曲もあるわけじゃん。それはすごい大事だと思うんだよね。
一度にいろんな事を覚えるにしても限りがあるから、一つずつ完成させていくことによって安心感とか自信にもなるし、今日はこの曲を仕上げようとか、細かな目標を持って行くのもよりチームが団結できて、安心に繋がると思うな。
Hitaneが部長だから、うまく舵を切ってやっていくとみんなも安心すると思う!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭Hitaneが引っ張っていくところは引っ張って。
でも、ちゃんと自分の気持ちも伝えるっていうのが一番みんなが気持ちよく演奏できるんじゃないかな」

Hitane「自分の気持ちを伝える…」

あしざわ教頭「そう。ちょっと恥ずかしいかも知れないけどやってみよう。そしたら、グッとチームがまとまるよ!
それじゃあ最後に、Hitaneからの宣言をもらってもいいかな?」

Hitane「はい! これから文化祭とか老人ホームの演奏会とかで忙しくなるけど、部員のみんなをしっかりまとめられるように頑張ります!!


♪ DREAM SOLISTER / TRUE


あしざわ顧問「この『DREAM SOLISTER』という曲は、甲子園に出場する京都代表・立命館宇治高校の吹奏楽部が応援曲に選んだ楽曲で、京都アニメーションの作品『響け!ユーフォニアム』の主題歌でもあります。
音楽って人を元気にするし、人に力を与えるものだけど、チームが一つにならないとその力は発揮できないと思うので、Hitaneもこの夏を制して素敵な音楽を奏でて欲しいと思っております!」


SCHOOL OF LOCK!



応援部は月ごとにテーマを設けて応援中です!

8月の応援テーマは…「続・この夏を制したい!」

夏の最後の最後まで、この夏を制したい生徒を応援していきます!

「応援して欲しい!」という生徒は、応援部掲示板にこの夏への想いを書き込んで欲しい!


お前たちは1人じゃない!
SCHOOL OF LOCK! は、学校を挙げて頑張るお前のことを応援しているぞ!!!



SCHOOL OF LOCK!