『海外で普通に使える英会話の研究!&AMUSE FES 2019の魅力を研究せよ!!』

Perfume LOCKS! 2019.5.20 月曜日

SCHOOL OF LOCK!


『海外で覚えた、普通に使える英会話を研究せよ』


のっち「私たち、1ヶ月ほど北米ツアーに出ていましたが、普通に北米で生活しましたね。あとMCも英語で頑張ったりとかしましたけど、普段の生活で普通に使える英会話…」

あ〜ちゃん「何回も言ったのは、How long will it take?ってずっと言ってた。」

のっち「何て言ってんの?」

あ〜ちゃん“どのぐらいかかる?”って。」

のっち「あ〜!」

かしゆか「移動が多いからね。」

あ〜ちゃん「もう移動ばっかりで、もう何分もどこに着くかわからない場所まで、ずっと車に乗っとくってことがほんまに苦痛になってくるんよ。ずっとバスに乗ってるから。だからとにかく時間が聞きたいわけ。」

のっち「聞きたいね〜。」

あ〜ちゃん「え、何分?何分の方?…で「60分」って言ったら、OK、靴脱ぎま〜す。」

2人「(笑)」

あ〜ちゃん「…とか、「10分」ね、じゃあこの間に撮った写真のフォルダをやろうかな〜とか。」

かしゆか「時間の具合で自分の過ごし方も変わるから、先に聞くって言うね。」

あ〜ちゃん「うん。」

のっち「それ、あ〜ちゃん担当だったよね(笑)」

あ〜ちゃん「うん。私、いちばん前に座ってたから。」

かしゆか「そうそう(笑)、酔っちゃうから前に。」

あ〜ちゃん「真面目な女(笑)」

のっち「あ〜ちゃんが聞いてくれてた、毎回。」

かしゆか「それを聞きつつ、時間言われたらOK(笑)」

のっち「後ろの方で(笑)」

あ〜ちゃん「よかったよ。」

SCHOOL OF LOCK!


かしゆか「あと、お店とかはとにかく“Can I have〜?”だよね。」

あ〜ちゃん「そうだね。“Can I have〜?”“ May I have〜?”

かしゆか“これいいですか?”“なんですか?”っていうのも、全部それ。」

のっち「これください。」

あ〜ちゃん「そうだね。」

のっち「それで大体いったね。」

あ〜ちゃん「いけるよね、全部。」

のっち「あとスーパーとかで、How are you?って言われるのよ、レジで。」

かしゆか「もうね、とにかくお店に入った瞬間にみんなに声かけられるよね。」

2人Hi!

のっち「あ…Hi!」

かしゆか「取り敢えずHi!って返事する。何でもHi!でいける。」

2人「うん。」

かしゆか「まずExcuse me.っていう前にHi!って言ったら振り向いてくれる(笑)」

2人「Hi〜!」

のっち「って笑顔でね。」

かしゆか「言ったらいける。」


あ〜ちゃん「あと、あれもよく言ったな。You too!

のっち「あ〜、言った。」

あ〜ちゃんHave a nice day!って必ず最後にに送り出してくれるんだよね。で、そこでYou too!って言う。」

かしゆか“良い1日を〜”みたいに言われるから、“あなたもね!”って言って返すのがもう何かセットなんだよね。」

あ〜ちゃん「そうそう。You too!とか。」


かしゆか「あとなんか、お偉いさんにいっぱい会うから…、すっごい褒めてくれるんだよね、いろんなところで。だから、I appreciate it.すごい言ったね。」

あ〜ちゃん「ずっと言ってたね。」

かしゆか「もう、感謝感謝!」

のっちThank you.より、ちょっと丁寧な…。

あ〜ちゃん「そうだね。」

かしゆか「より、感謝してますっていう。」

のっち「使った使った。」

あ〜ちゃん「めっちゃ言ったな。でも言いづらいんだ、あれ。」

かしゆか「難しいんだ、あれ。」

3人「I appreciate it.」

かしゆか「口がモゴモゴモゴって…(笑)」

あ〜ちゃん「気付いたら終わってるんだよね。」

3人「(笑)」

あ〜ちゃん「気付いたら終わってて、最後のトゥ!のところにきてる(笑)」

かしゆか「口が追いつけてない(笑)」

あ〜ちゃん「I appreciatei…t!

のっち「でも、伝わる。伝わった。」」

あ〜ちゃん「言おうとしてることは汲んでくれるから。」

のっち「大丈夫だよ。発音どうこうじゃなくて気持ちだなって思った。」

あ〜ちゃん「それは言えてるよ。」

SCHOOL OF LOCK!


のっちNice to meet you.も何回も言ったしね。」

かしゆか「何回も言った。」

あ〜ちゃん「Nice to meet you.の時に何かいっぱいあったよね、パターンが。」

かしゆか「いっぱいある、いっぱいある(笑)」

のっち「Niceのところをちょっと変える。Greatに変えるとか。はじめましての人はNice to meet you.で、2回目、3回目に“会えて嬉しいよ”はNice to see you.なんだって勉強になった。」

あ〜ちゃん「もう何回もいろいろな人とやるから勉強になるよね。」

のっち「勉強になる。あんなに反復練習できることないよね。」

かしゆか「確かに(笑)」

あ〜ちゃん「マジでない。あとスーパー行ったらもうスーパーがデカすぎて…見つけられんのよ。」

2人「うん。」

あ〜ちゃん「ほんで、でも店員さんは何か頼れんみたいな…あるじゃん(笑) 日本の人みたいにそんな親切じゃないんよ。親切な人もおるよ…おるけど、基本が…え?探せば?みたいな。あそこにあるわ、とか言って。」

かしゆか「すっごいラフでカジュアルなんだよね。」

あ〜ちゃん「適当。2ブロック先の右側、みたいな。」

かしゆか「友達みたいな感じ。」

あ〜ちゃん「そんな感じなんよ。そこで使ってたのは Where can I find…sparkling water?…ふぅーんっていう顔(笑)」

3人「(爆笑)」

のっち「顔。」

あ〜ちゃん「Where can I find…hmm〜?…sparkling water?っとか言ったら、『ん〜、あっちにあるよ』っとか言って簡単に答えてくれる。hmm〜?」

2人「(笑)」

あ〜ちゃん「I want sparkling water….っとかって言うと、『あ〜、もうこっちに来なよ、案内してあげる。ここにあるよ』みたいな。」

のっちOh, Thank you〜!

2人Oh, thank you〜!

あ〜ちゃんYou're so sweet!

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん“あなたって、ほんとに優しいわね〜!”みたいな。そう言うともう…みんなニッコニコ!(笑)信じられんほど。ほんまに、鼻の下が2cmぐらいのびる。」

かしゆか「ニヤ〜っとするよね!」

のっち「So sweet.って言われたら。」

2人「うん。」

かしゆか「みんな照れてたね。」

あ〜ちゃん「You're so sweet.」

のっち「愛嬌、ほんと大事だった。」

あ〜ちゃん「ね(笑)愛嬌でなんかできてるんだね。」

のっち「本当に大事。」

3人「(笑)」

たくさんの生徒からの依頼
『AMUSE FES 2019の魅力を研究せよ』


あ〜ちゃん6月1日(土)幕張メッセにて「AMUSE FES 2019 IN MAKUHARI 〜恋とか愛とか〜」が開催されま〜す!!

2人「わ〜い!」

あ〜ちゃん「もちろん私たちPerfumeも出演します。今回のタイトルは、『恋とか愛』とか。」

のっち「なんか詩的だよね。」

かしゆか「ドキッとしますね。」

のっち「ドキッとするよね。」

あ〜ちゃん「これもね、うちらがアメリカ行ってたりとか、いろんなしてる間にアイディアをたくさん出してくれたりして、それでそれを決めてね、タイトル決めしたんですけど。」

かしゆか「なんか大会議みたいな感じで、LINE LIVEでね。みんなで話し合ってくれて。だけど、(Perfume)姉さんの審査がないと行かないみたいなね(笑)」

あ〜ちゃん「あれなんなの?勝手にそんな風になっちゃってんだよ。」

かしゆか「別にうちらが権限を持ってるわけじゃないよ(笑)」

あ〜ちゃん「決めてくれて良かったのに。」

かしゆか「ちょっとPerfume姉さんに通さないと、みたいな。」

あ〜ちゃん「なんで!」

かしゆか「決めらんねぇ、みたいになってね。」

あ〜ちゃん「だから何か決めなきゃいけないみたいな感じで。」

かしゆか「私たちが決断下すみたいな感じだったね。」

あ〜ちゃん「いや嬉しいけどね。」

かしゆか「楽しかったね。たくさんアイディア出てて。」

あ〜ちゃん「ねぇ!」

かしゆか「おもしろかった。」

あ〜ちゃん「山盛りあったもんね。でもまぁその中で(山村)隆太が言ってた、なんかその小説の中のことから楽曲にいくみたいな、ちょっとロマンチックなアイディアを言ってて。すごいいいなって。」

のっち「ね。」

あ〜ちゃん「あとやっぱ恋の歌、愛の歌ってたくさんあるし。それが何かこう…友情の愛もあるし。あと、それを話した時に、FLOWさんたちが『僕たちそういうのやってないですよ〜!ってそういう曲ないですね〜!』って言ってたけど(笑)、それからのこれ出したら何やるんだろうっていうのが、本当楽しみで。何やってくれんだろう?多分すっごい熱いやつやってくれんだろうなっていうんで、このタイトルにしたんですけども。」

2人「うん。」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「このフェスはカバーとかコラボするのがおなじみですけれども、今年どうなんですかね?」

のっち「ねえ?」

かしゆか「どうなるんだろう。」

のっち「そこは本当にアメリカ行ってる間にお兄さんたちが。」

あ〜ちゃん「アーティスト同士がね。」

のっち「バンドのね…そう、やってくれたから、あんまりよく知らないではいるんだけど。まぁ、ありそうですよっていうのは、ちょっと聞いたよね。」

あ〜ちゃん「聞いてる。」

かしゆか「あ、おもしろそう!みたいな。」

あ〜ちゃん「うちらも……あはは(笑)」

のっち「うちらも!」

3人「あはははは(笑)……ね〜!!!」

あ〜ちゃん「もう、セットリスト、さっき決めたけど。」

のっち「むちゃむちゃ!」

あ〜ちゃん「楽しみ〜。」

2人「楽しい。」

あ〜ちゃん「ね。」

のっち「ね〜!」

あ〜ちゃん「ね〜!」

3人「(笑)」

かしゆか「あとあれだよね。そのLINE LIVEでも話してたけど、自分たちの恋愛の話をトークで、MCでしようっていうのを決めて。」

のっち「そうだ。」

あ〜ちゃん「あれやばいよね。」

かしゆか「各アーティストのその人の恋愛話が聞けるっていうね、実体験。」

あ〜ちゃん「初恋の話とか。」

かしゆか「人生最大の恋愛とかね。おもしろいの絶対出てくるよね。」

あ〜ちゃん「出てくるよ〜。」

かしゆか「何かクールにしてるアーティストとかさ、語らない人とか多そうだけど、ここでしか聞けない話がたくさん出てきそう。」

あ〜ちゃん「そうだね。」

かしゆか「めっちゃ気になるよね!」

のっち「楽しみ〜!」

かしゆか「みんなの聞きたい!」

あ〜ちゃん「いや、気になるけど、自分らも言うんかって。」

のっち「そうだわ〜。」

かしゆか「あ、そうだ、そうそう。」

あ〜ちゃん「それさっき、セットリスト決めてるとき、私、忘れてて…。そしたら、のっちが、恋の話しなきゃだよって(笑)」

のっち「時間いっぱい曲やろうとしてたから(笑)」

あ〜ちゃん「そうもうコーチェラで、もう、うちらアツくなってるから、ミリミリまで曲入れろっていうモード(笑)」

かしゆか「もう1曲ぐらい入るんじゃない?っていう(笑)」

あ〜ちゃん「Reframeからもうその感じでやろう!っていう感じで来ちゃってるから(笑)…もう、どうするんじゃて(笑)、やば、自分も喋るんだって思って。」

かしゆか「話さなきゃだ。」

あ〜ちゃん「ちょっとドギマギしてるけど。」

のっち「ねぇ。」

あ〜ちゃん「当日が楽しみですね。ということで「AMUSE FES 2019 IN MAKUHARI 〜恋とか愛とか〜」今年もお楽しみに!

「Amuse Fes in MAKUHARI 2019」オフィシャルサイト

SCHOOL OF LOCK!


のっち「そして今夜は、生放送教室flumpool警備員が来ています!

3人「わぁ〜!!!」

のっち「久しぶり〜!」

あ〜ちゃん「久しぶり〜!警備員!」

のっち「隆太おかえり〜!」

あ〜ちゃん「どんな感じなんじゃろうね。」

のっち「ねえ。」

あ〜ちゃん「何かうちらがアメリカ行っとる間に、何か知らん間に結婚しとる人がおったね。」

かしゆか「なんかいた…!ニュースで知った。勝手に。」

あ〜ちゃん「知らんよ?」

かしゆか「結構衝撃だった。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「知らん間に結婚した(笑)」

かしゆか「え〜ぇ。」

あ〜ちゃん「ゆかちゃん!(笑)」

のっち「ゆかさん…!(笑)」

かしゆか「ちょっと…ねえ、せっかく今いるなら?なんか聞きたいよねぇ〜?」

あ〜ちゃん「(爆笑)」

かしゆか「いろいろと聞きたいよね〜?!」

あ〜ちゃん「おばさん!おばさん!ただのミーハーが出ちゃってる!出ちゃってる!(笑)」

かしゆか「せっかくだし。生放送だしぃ〜?!」

2人「(笑)」

のっち「嫌だろうなぁ(笑)」

あ〜ちゃん「嫌だろうなぁ(笑)」

かしゆか「楽しみにしてる〜!」

あ〜ちゃん「前髪で隠してんのに、いろいろ。」

のっち「そうだよ〜。」

あ〜ちゃん「ねぇ。」

かしゆか「全部出してもらおう♪」

3人「(笑)」

あ〜ちゃん「おめでと〜!」

2人「おめでとう!」
- Prev                 Next -
<   2019年5月   >
MonTueWedThuFriSatSun
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE