『Perfume 七夕の願い事&Perfume GO!の研究』

Perfume LOCKS! 2019.7.8 月曜日

SCHOOL OF LOCK!


たくさんの生徒からの依頼
『七夕なのでPerfumeの願い事を短冊に書いて研究せよ!』


のっち「毎年恒例の研究依頼ですね。」

あ〜ちゃん「はい。」

のっち「もうそんな季節かぁ。」

かしゆか「ねえ。今年も来たねぇ。」

のっち「来ましたね〜。」


(ウルトラサーバーから短冊がたくさん出てくる。)


のっち「あっ、まぁ〜もう出てきた。たくさん出てきた。」

あ〜ちゃん「すごいたくさん出てくんだよね、これ。短冊。」

かしゆか「1人5枚だって。」

あ〜ちゃん「やぁ…。これで選ばれるのは1人1枚なんでしょう?(※)」

のっち「そうだよ、あ〜ちゃん。つれぇよ。」

あ〜ちゃん「や、願うのは自由だろぉ〜?」

のっち「(笑)」


(この研究では、5枚の短冊に願いを5つ書くのですが、その中から「願ってもいい」1つをウルトラサーバーに選ばれて、その1枚だけを研究室に飾っていいことになっています。)


かしゆか「そうだよね。まず願わせてもらう許可みたいなことでしょ?(笑)」

あ〜ちゃん「なぜぇ選ばれるんだぁ〜?」

のっち「願わしてくれ〜。」

あ〜ちゃん「いいだろう〜?こっちはPerfumeでやってんだよぉ〜。」

かしゆか「やってんのよ。」

のっち「書くよ。」

かしゆか「書いてくよ。」

あ〜ちゃん「見たいだろ?」

2人「(笑)…見たい?」

あ〜ちゃん「見たくないか?見たいだろ〜?5枚いいだろ、そのぐらい〜。」

のっち「(笑)」

かしゆか「じゃあ書いていきますか。1人5枚。」

のっち「は〜い。」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



ピピピ・・・ポーン(ウルトラサーバーの時間経過音)>


あ〜ちゃん「書けました。」

のっち「はい〜、書けました。」

かしゆか「書けました〜!」

3人「(拍手)」


のっち「ひねり出しました〜。」

かしゆか「ひねり出す(笑)」

のっち「でも本当に思ってること。」

かしゆか「思ってます、思ってます。」

のっち「本当の願いを書けた。」

あ〜ちゃん「できあがった人から言ったら?」

のっち「じゃあ、ゆかさんから一気に5個、お願いします。」

SCHOOL OF LOCK!


かしゆか「発表していきます。」

『年内にどこか海外旅行いきたい』

あ〜ちゃん「ほ〜。」

のっち「……なんでキョトンとしてんのあ〜ちゃん?(笑)」

あ〜ちゃん「えっ、まだ行くん!?と思って(笑)」

2人「(笑)」


『今年こそ!今年こそプールに入る!!』

のっち「えっ、あれ?入ってないの?」

あ〜ちゃん「入ったけど一瞬で出てたんじゃろ?」

のっち「あ、そっかそっか(小声)」

かしゆか「そう(小声)」


『リビングで寝落ちしない。』

のっち「毎年言ってる気がするな(小声)」

あ〜ちゃん「これは…(小声)」


『カラオケであ〜ちゃんが歌うディズニーソングがたくさん聞きたい。』

2人「ははは!!(笑)」

あ〜ちゃん「けっこうこの前じゃん!(小声)」


『リヨンのタプタプお腹が引っ込みますように』

のっち「あ〜。」

あ〜ちゃん「かわい〜。」

かしゆか「猫のね。」

SCHOOL OF LOCK!


のっち「なるほど!なんか全部いい!全然いいんだけど!」

かしゆか「おっ!ありがとうございま〜す!」

あ〜ちゃん「だから5個飾れるとこあるでしょ!ねえ!"ひと枝" ちょうだいよ、ひと枝分ぐらい!」

かしゆか「1人ひと枝ちょうだい!」

あ〜ちゃん「ちょうだいよ〜。」

のっち「1個選ばれるの、かしゆかはどれがいくと思う?」

かしゆか「え〜!?ウルトラサーバーの好みでしょ?」

のっち「そうだね。ディズニーソング結構さあ、この間カラオケ行ったんだよね。この間っていうか、何回か最近、機会あってさ、3人いっしょにさ。」

かしゆか「そうなの。」

あ〜ちゃん「あ、そうだったね。」

のっち「そう。ディズニーソング、2/2で歌ってたもんね、あ〜ちゃん。」

かしゆか「ディズニーソング歌ってほしくなっちゃって。アリエルの話出たから、アリエル歌って!!と思ってスタンバイしてたら違う友達がね、ノリノリで歌ってたから(笑)」

あ〜ちゃん「歌って、しかもちょっとあいまいなんよね!」

かしゆか「そうなの〜!」

あ〜ちゃん「全然知らんぽくて。」

のっち「そうだったんだ〜。」

かしゆか「あっ!…あっ!…あっ!ってなって。」

あ〜ちゃん「うぅ…知らんのんじゃ。」

かしゆか「『あ〜ちゃん!あ〜ちゃん!』ってすごい目配せしちゃった(笑)」

あ〜ちゃん「うん(笑)」

かしゆか「すっごい嬉しい、すっごい楽しい。あ〜ちゃん詳しいからね、ディズニーソング。」

あ〜ちゃん「嬉しいね。」

のっち「もう寝落ちしないでほしいし、プールにも入ってほしい。」

かしゆか「本当にすごいよ。今ソファないから。粗大ゴミに出して。」

あ〜ちゃん「あ、そうだ。捨てたんだった。」

かしゆか「そうそう捨てたから。リビングの、本当のリビングで寝てんのよ、フローリングで。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「すごくない?」

かしゆか「硬い硬いフローリングで。去年の冬にもらったグリンチを枕にして。」

2人「(笑)」

あ〜ちゃん「枕にすな!!」

かしゆか「グリンチちょうど良いな〜って(笑)」

のっち「ちょうど良いね(笑)」

あ〜ちゃん「枕にすな!」


ウルトラサーバー『3つ目のやつ、採用!』

SCHOOL OF LOCK!


かしゆか「リビングで寝落ちしない〜!(笑)」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「あ〜。」

かしゆか「もうちょっと体のこと気遣ってくれたのかな?」

あ〜ちゃん「そうかも。」

かしゆか「そういうことか!」

あ〜ちゃん「あと、それかソファを買ってほしいって感じ。」

のっち「そうだね。」

かしゆか「あ〜そうだよね。」

あ〜ちゃん「ソファ、ねぇいらないの?って。」

かしゆか「いや、ほしい。ずっとほしいと思ってんだけど。ないのもいいね〜とか思っちゃって(笑)」

のっち「ないならないでよくなる気持ちも分かる。」

かしゆか「そうそう。」

あ〜ちゃん「でもこの間、ソファ買ったけどマジ最高だよ!」

のっち「最高だよ、あ〜ちゃんのとこの。」

かしゆか「そうだよね。」

あ〜ちゃん「マジあのソファ最高!」

のっち「そこででも寝ちゃうね。」

かしゆか「だよね!ベッド来たな!ってことでしょ。」

のっち「あれは絶対寝ちゃうな。」

あ〜ちゃん「あれはベッド!」

かしゆか「リビングにベッド来たなってなっちゃう。」

あ〜ちゃん「たしかに。考えもんじゃな〜。」

SCHOOL OF LOCK!


のっち「じゃあ、次に書けたのっちからいきます。」

あ〜ちゃん「はい。」


『夏フェス 雨、降りませんように』

あ〜ちゃん「お〜。」


『夏フェス 晴れすぎませんように』

2人「………………。」

のっち「暑いのイヤじゃない?(笑)」

あ〜ちゃん「たしかにな(笑)」

かしゆか「それはそれでつらいもんね。」

のっち「そういうのつらくない?(笑)」

あ〜ちゃん「夏フェスで2個使うとはちょっと思ってなかったから。」


『夏フェス グッズ売れますように』

かしゆか「夏フェス3つ目…。(小声)」

のっち「すげぇかわいいの作ってたんで今年。ちょっと変わりまして4つ目。」


『あ〜ちゃん家に沢山遊びにいきたい』

あ〜ちゃん「お〜。」


『かしゆかん家に行ってみたい』

2人「(笑)」

あ〜ちゃん「行ったことないから。誰も行ったことない。」

かしゆか「行ったことがないっていうとこが出たね(笑)」

のっち「…の、5つで〜す。」

あ〜ちゃん「すご〜い。」

SCHOOL OF LOCK!


のっち「やっぱ2年ぶりの夏フェスなんで。結構楽しみにしてるんですよ。やっぱ雨も降ってほしくなければ、カンカン照りは…ちょっと30オーバーはキツい!」

2人「(笑)」

のっち「タイムテーブル見たけど、夕方前ぐらいのいい時間だったから。」

かしゆか「そうね。」

のっち「ちょっと気温はお願いしたいですね。」

かしゆか「程よく。程よくいてほしい。」

のっち「そう。」

かしゆか「そして風とかほしい。」

のっち「風ほしい。」

あ〜ちゃん「曇り最高だね。」

のっち「うん。あとグッズめっちゃかわいいのできたんで。」

あ〜ちゃん「たしかに。」

のっち「発表してるかどうか分かんないけど、もう作ってるから。」

かしゆか「うん、準備してます。」

のっち「すごいかわいいから買ってほしい。」

あ〜ちゃん「そうだね。」

のっち「うん。で、あ〜ちゃん家には行ったことあるけど、かしゆかの家行ったことないから行きたい。」

あ〜ちゃん「誰も行ったことないよね(笑)」

かしゆか「私の友達にもずっと言われてる。『おまえの目標は友達を家に入れるだろ?』ってすごい言われてる(笑)」

2人「(笑)」

のっち「だろ?って言われてんの?(笑)」

かしゆか「『だよね!?行こうねみんなで!よし!』って言われてる(笑)」

のっち「でも言ってた!言ってるよね。友達呼べる家にしたいって。」

かしゆか「うん、そう。」

あ〜ちゃん「いやだから食器買いすぎなのよ。」

のっち「たしかに。そうだよ。」

あ〜ちゃん「何用の食器?誰か来るかも?と思って用意してるものめっちゃあるのに。」

かしゆか「そうそう(笑)」

あ〜ちゃん「誰も行ったことないっていう(笑)」

かしゆか「あ〜、お家に人が来たとき用に、ダイニングテーブルでこうやってみんなでご飯作る用のIHのやつと!とかでもいろいろ考えてんのに…使わない!」


ウルトラサーバー『5つ目のやつ、採用!』


のっち「お〜!かしゆかの家に行ってみたい!」

かしゆか「やべ〜。」

あ〜ちゃん「やっぱりそれが。」

かしゆか「全国放送で決まっちった。」

のっち「いや大丈夫。これまだ、私が願っていいよっていう段階だから、とりあえず。」

あ〜ちゃん「あ、そっかそっか。」

かしゆか「私まで届いてないってことでいいかな(笑)」

あ〜ちゃん「夏フェスは願っただけ願って3つも使ったけど、飾らせてもらえません。」

のっち「そうだね(笑)」

あ〜ちゃん「1番願いっぽいのに(笑)」

3人「(笑)」

あ〜ちゃん「つれぇ〜。」

のっち「つれ〜っす。」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「オッケー。じゃあ次、私。」

のっち「うん。」


『テトリスで1位になりたい』

のっち「出た!」


『お風呂でのぼせないようになりたい』


『歯の治療いつおわるか教えてほしい』


『誕生日会をたくさんしたい』


『大切な仲間に笑顔でいてほしい』

のっち「あ〜素敵!」

かしゆか「急に、急に(笑)」

のっち「ね、最後の…!」

かしゆか「歯医者からの最後どうした?」

あ〜ちゃん「『大切な仲間に笑顔でいてほしい』」

のっち「絞り出したのが本当の願いみたいな。」

あ〜ちゃん「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


のっち「いいこと言ったじゃん(笑)」

あ〜ちゃん「いや〜本当にねぇ、全部全力です。でも正直。」

のっち「そうだね。」

あ〜ちゃん「うん。テトリスは本当99人のやつでやって、最高位は17なんだけど。あれ以上無理…。」

かしゆか「いやすごくない?(小声)」

あ〜ちゃん「いや、のっち1回目最初にやって11位だからね。」

かしゆか「すごいな!」

あ〜ちゃん「普通にやってたら普通に85位とかで、もう全然死んじゃう。すぐ、終わっちゃう。」

かしゆか「なんか対戦型だから相手に邪魔されるんでしょう?」

2人「そう。」

あ〜ちゃん「それでやられちゃう。」

のっち「運もあるよね。」

あ〜ちゃん「運もあるけど、やっぱゲーマーだなーってかっけ〜!ってなったもん。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「誰より上手くて。6人くらいいたのにダントツ1位だった。かっこよかったね〜。」

かしゆか「すっごいね。」

のっち「取っちゃった。」

あ〜ちゃん「あとは歯医者さんに私4時間とか5時間とかいるんですよ。1回行く度に。」

かしゆか「すごいよね。」

あ〜ちゃん「え?これ何?いつ終わんの?みたいな。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「だからこんなに長い時間いるのに終わりはいつ?って。」

かしゆか「たしかに。」

あ〜ちゃん「私の歯はどうなってんの?…神様教えてほしい(笑)」

かしゆか「教えてほしい!」


ウルトラサーバー『1つ目のやつ、採用!』


3人「あっ〜!」

あ〜ちゃん「テトリスで!」

のっち「1位になりたい!」

あ〜ちゃん「やった。これは嬉しいです。」

のっち「嬉しいね!」

あ〜ちゃん「もうマジの本心なんで。これ、いちばん最初に書きましたし。」

のっち「そうだね!」

あ〜ちゃん「はい。」

のっち「1位になるとこ見たい。」

あ〜ちゃん「で、ここは!飾れんのか!!」

かしゆか「願うことも!」

あ〜ちゃん「ひと枝くれ!!大切な仲間に笑顔でいてほしい!」

のっち「(笑)」

かしゆか「願うことも許されない!」

あ〜ちゃん「枝くれ!」

かしゆか「枝くれ!」

あ〜ちゃん「枝を!」

のっち「あ〜あ(笑)」

かしゆか「じゃあ、その中でも採用された1人1つずつの願い事をウルトラサーバのケーブルに吊るしておきます。」

SCHOOL OF LOCK!


たくさんの生徒からの依頼
『街でPerfumeをゲットするPerfume GOを研究せよ!』


のっちこんなところでPerfumeの曲と遭遇!Perfumeファンと遭遇!というメッセージを紹介していきます!題して……」

3人Perfume GOーーーーーー!


のっち「久々にお届けするんですけど、実はたくさん書きこみが来てたんだって。」

あ〜ちゃん「おわ〜。」

かしゆか「おまたせしました!」

のっち「はい、なので紹介していきます。」


スクールバスに乗っていたら、後ろの方に座っている先輩が「〜です。〜です。二人合わせて Perfumeでーす。」って遊んでました。
まさか前に Perfumeファンがいることなんか、知らないだろうな。

ゆず〜
女の子/15歳/岐阜県


かしゆか「(笑)」

あ〜ちゃん「い〜や〜!」

のっち「3人目がいるのに。」

あ〜ちゃん「いる〜!!」

かしゆか「実はここに〜!!」

あ〜ちゃん「あたし!あたし!っていう。」

のっち「ゆず〜ちゃん。」

かしゆか「ゆず〜いるよ〜!っていう。」

あ〜ちゃん「ゆず〜で〜す!って(笑)」

のっち「びっくりしちゃうね(笑)」

かしゆか「すごいね。」

あ〜ちゃん「本当だね〜。」

かしゆか「先輩かわいいなぁ。」

のっち「先輩かわいい。」

かしゆか「嬉しいね。」

のっち「ということで、Perfumeファン、スクールバスの中で。」

3人ゲットだぜ!


Perfumeリュックを背負って通学して3年になるのですが、とうとう、『あ!Perfumeのリュックだ!』と、声をかけてもらうことができました!
ライブ会場ではなくても、Perfumeやファンとつながっていられて、しかもすっごく背負いやすくてたくさん教科書を入れても肩が痛くならない!
Perfumeリュック最高です!

むぎまる
女の子/17/岡山県


あ〜ちゃん「(かしゆかの、書きこみの読み方が) いや、営業…営業声。」

かしゆか「ありがとうございま〜すっ♪」

のっち「どこで買えるんですかぁ〜?」

あ〜ちゃん「A!SMARTのほうで買えまぁ〜〜す!!」

かしゆか「いや3年も背負っててくてたんかー。」

あ〜ちゃん「いやすごいな〜。」

のっち「むぎまる〜。」

かしゆか「嬉しい。」

あ〜ちゃん「初代の方だね。」

のっち「ねぇ!」

かしゆか「そうだね。」

あ〜ちゃん「『FUTURE POP』でも出したもんね。」

2人「うん。」

のっち「そうなんですよ。いいんですよ、あのリュック。」

かしゆか「ね!すごい機能性高いですからね!」

のっち「そう。」

かしゆか「いや嬉しいです。」

のっち「はい。」

かしゆか3年かけてPerfumeファン。

3人ゲットだぜ!

SCHOOL OF LOCK!



今日の昼休みの校内放送で『TOKYO GIRL』が流れました!!
教室のスピーカーが教科書を置いている棚のすぐ上ぐらいにあるので、棚の前で教科書を探すふりをしながらノリノリで聴いてました。
めっちゃ嬉しかった〜!

クラリー
女の子/15歳/大阪府


のっち「分かる!コンビニでたまたま好きな曲が流れてきたときに、そこの棚のもの探してるフリして、スピーカーの下に行く。で、聴く(笑)」

あ〜ちゃん「でもそれが結構売り場のなんか真下とかじゃなくて、通路の上とかにあった時の、そのなんだろう…ん〜、ちょっとたたずんでますみたいな、なんかエチュードみたいなのやりながらの聴くやつ。」

のっち「そうそう(笑)」

あ〜ちゃん「恥ずかしいよなぁ。」

のっち「やるやる。分かる分かる。」

あ〜ちゃん「分かるなぁ。」

のっち「でもノっちゃってるからね。」

あ〜ちゃん「そうなのよね〜。」

2人「ノリノリ。」

あ〜ちゃん「ノリノリだからなぁ。これはバレてると思うよ、クラリー。ありがとう。学校の校内放送でPerfume。」

3人ゲットだぜ!

SCHOOL OF LOCK!



今日、自分のクラスは英語だったんだけど、他の学年の体育の時間にPerfumeのFLASHが流れていました!
ですが、先生の声がおおきすぎて、あまり聞き取れなかったのが悔しいです。

O.N(オン)
女の子/15歳/兵庫県


あ〜ちゃん「えぇ!」

かしゆか「本当!?」

のっち「1、2、3、4……じゃない?」

あ〜ちゃん「何?」

のっち「5、6……?」

かしゆか「なんかダンス教えてるってこと?なんか窓が開いてて聞こえてきたみたいなことか。他の教室とか、体育館から。」

あ〜ちゃん「そうかも!」

のっち「ね。」

あ〜ちゃん「え〜!!」

かしゆか「すごいね。」

あ〜ちゃん「え!踊ってたってこと!?」

かしゆか「そうなんじゃない?」

あ〜ちゃん「創作ダンス?創作ダンスの授業?」

のっち「じゃない?」

かしゆか「え〜、嬉しい!」

あ〜ちゃん「だとしたら、その先生、絶対Perfume知ってるじゃんね。」

のっち「ね。」

あ〜ちゃん「好きじゃんね。嬉しい!」

のっち「他の学年だからね。」

あ〜ちゃん「そんなことあんのか。」

かしゆか「たしかに!」

あ〜ちゃん「ひゃ〜!」

のっち体育の授業でPerfume。」

3人ゲットだぜ!

SCHOOL OF LOCK!



観ていた番組「鶴瓶の家族に乾杯」で「近藤春菜さんに教えたい!井原市の魅力」というコーナーでわざわざPerfumeさんの「未来のミュージアム」が2回くらい流れてくれました!!
春菜さんがゲストだったのでそれがきっかけだなぁと思いました。

じょはんスレイター
男の子/22歳/愛知県


のっち「そうだね。」

あ〜ちゃん「うわっ!これは何かを知ってくれてるね。」

のっち「そうだね!」

かしゆか「ね。そこの繋がりまで知ってくれての「未来のミュージアム」。」

あ〜ちゃん「で、番組の方がもしかしたらPerfumeのことが…。」

のっち「(笑)」

かしゆか「好き?!」

あ〜ちゃん「好きでいてくれてるかもしれないよね。」

のっち「かもしれない。」

かしゆか「あ〜嬉しいね。」

あ〜ちゃん「なんかいっぱい番組で使ってくれてるの聞くよね。」

のっち「うん〜!」

かしゆか「うん!」

あ〜ちゃん「ジングルだけとかも聞くし。」

かしゆか「ね!」

あ〜ちゃん「やっぱ中田さんの曲すごいんだね。」

あ〜ちゃん「嬉しいね。」

のっち「耳、引くんだろうね。」

2人「うん。」

のっち「春菜ちゃんありがとう。」

あ〜ちゃん「嬉しい!」

かしゆか「ね。なっぴありがとう(笑)なっぴのおかげだね。」

のっち「そうだね。」

かしゆか未来のミュージアム春菜ちゃん。」

3人ゲットだぜ!


あ〜ちゃん「引き続き、みなさんが街で見かけたPerfume、お待ちしています!」

SCHOOL OF LOCK!
- Prev                 Next -
<   2019年7月   >
MonTueWedThuFriSatSun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE