生徒の夏休みの目標&「近くない?フェスティバル」!!

Perfume LOCKS! 2019.7.22 月曜日

SCHOOL OF LOCK!


ラジオネーム「タピオカピー」からの依頼
『生徒の夏休みの目標を勝手に決められるかを研究せよ』


かしゆか「そっか。そろそろ夏休みに突入する時期ですね。」

あ〜ちゃん「早い〜!」

のっち「そっかぁ。」

かしゆか「いいな〜、夏休み。」

のっち「いいな〜!」

あ〜ちゃん「楽しそう!」

かしゆか「しかし、研究依頼、ざっくりですねぇ。」

あ〜ちゃん「たしかにね。」

かしゆか「生徒の夏休みの目標勝手に決められるかだって。」

のっち「勝手に決められるか。」

かしゆか「うん。個人的に、生徒に「夏はこう過ごして欲しい」ということを言えばいいのかな?」

のっち「なるほど!」

SCHOOL OF LOCK!


ウルトラサーバー『のっち、男子生徒の目標!』

のっち「あっ!勝手に決めていいんすか?じゃあ…SCHOOL OF LOCK!の男子生徒…

『この夏、遠出すること!』

のっち「以上!」

<太鼓ドドン!>

あ〜ちゃん「どぉどん!」

かしゆか「遠出?」

(♪「夏の決心」大江千里)

のっち♪ん〜夏休みはぁ〜やっぱり〜短い〜!

あ〜ちゃん「(笑)」

かしゆか「だ、だ、大丈夫?大丈夫?」

あ〜ちゃん「(笑)」

かしゆか「新しい人来たなぁ〜。」

のっち♪やりたいことがぁ〜…ありすぎてぇ〜

あ〜ちゃん「(職員に)ダメです!こういうの流すと。」

かしゆか「あの、止まんなくなっちゃうからね。」

あ〜ちゃん「止まんなくなるの、この子。」

かしゆか「喋れないよ〜。ねぇ?大丈夫〜?」

あ〜ちゃん「こわい人なんですよ。お調子者。」

のっち「遠出!遠出!…お調子者やめて!」

かしゆか「(笑)」

あ〜ちゃん「よっ!お調子者!」

2人「(笑)」

のっち「そう、遠出してほしい。家族と旅行の計画がある人は旅行でもいいし。なんか、自転車で隣町まで1人で行ってみるとか。ちょっとしたそういう遠出の思い出って、結構大人になってからも記憶に残ってるもんなのよ。あの子とあの子といっしょに隣町のスーパーまで行ったな〜とか、家族とあそこ行ったな〜とか。思い出にもなるし、夏休み明けて友達に話すのも楽しいじゃん。」

あ〜ちゃん「あ〜、楽しい。」

かしゆか「たしかに。」

あ〜ちゃん「『何したの〜?』って。」

のっち「そうそう。『あそこ行ったんだ〜』みたいな話を聞くのも楽しいから、そういう話題を提供できるのもいいかなと思いました。」

あ〜ちゃん「いいね〜。」

かしゆか「いいですね。」

のっち「遠出してみてください。」

SCHOOL OF LOCK!


ウルトラサーバー『あ〜ちゃん、女子生徒の目標』

あ〜ちゃん「じゃあ…SCHOOL OF LOCK!の女子生徒!

『この夏、今しかない想いを好きな人に伝える!』

あ〜ちゃん「以上〜!」

<太鼓ドドン!>

のっち「きゃ〜!」

かしゆか「ひゃっほ〜!」

のっち「いいじゃん!」

あ〜ちゃん「なんか夏休みって、長い様で意外と一瞬で終わっちゃう。」

かしゆか「早いよね。」

あ〜ちゃん「けど、やっぱ夏休みって学生の頃のもう…思い出?」

かしゆか「特権よね。」

あ〜ちゃん「そうそう。だから、やっぱ、あっという間に終わっちゃうし、でも、とはいえ好きな人とは1ヶ月会えなくなっちゃうから。ちょっと勇気を振り絞って、今しかない、今にしかないこの想いを友達にも、好きな人にも伝えてほしい。」

のっち「ああ…!」

あ〜ちゃん「楽しいね!って。うちらと遊べて最高だよね!っていう。」

のっち「なるほどね。」

あ〜ちゃん「うん。友達にも好きな人にも伝えてほしいなと思います。」

のっち「いいですね。」

SCHOOL OF LOCK!


ウルトラサーバー『かしゆか、全生徒の目標』

あ〜ちゃん「全生徒!」

かしゆか「全生徒きた。」

のっち「広っ!」

かしゆか「じゃあ…SCHOOL OF LOCK!の全生徒!

『この夏、宿題を前半にやり終えて無双モード突入すること!』

かしゆか「以上!」

<太鼓ドドン!>

のっち「ええぇぇぇ…。」

あ〜ちゃん「あぁ〜。」

かしゆか「忘れんなよ!」

のっち「ええぇ…!」

かしゆか「良い話ばっかりしてるけど忘れんなよ。」

あ〜ちゃん「キツいっす。」

のっち「忘れてましたぁ〜!」

あ〜ちゃん「キツいっすぅ〜!」

かしゆか「なによりも、学生として宿題出されてんだから!」

2人「えぇ〜〜!」

かしゆか「夏休みにするべきことあんだよ!」

あ〜ちゃん「そっちぃ〜!?」

のっち「(笑)」

かしゆか「でもそれをさ、見て見ぬふりして遠出して、家族と遊んで、好きな人と夏休み過ごして!」

2人「うぁ"〜!!」

かしゆか「2学期始まるの前に、苦しい思いするんだったら。」

2人「え"〜!!」

かしゆか「前半にやり終えて無双モード入ってくださいよ。」

2人「うあ"〜〜〜!!」

かしゆか「あ、この2人がやんなかったタイプだな。」

2人「う"〜〜〜。」

かしゆか「ギリまで粘るタイプの2人だな、おい。」

2人「う"ぅ〜いや"〜!!」

のっち「おい。」

あ〜ちゃん「(笑)」

(♪「夏の決心」大江千里)

2人♪ん〜、夏休みはぁ〜!

かしゆか「ごまかすな!こらっ!」

2人♪やっぱり〜短い〜…

(なぜ、大江千里さんの「夏の決心」だったのかというと、研究を始める直前にのっちが何気なく口ずさんでいたからでした。)


『近況を報告する「近くない?フェスティバル」を研究せよ』


あ〜ちゃん「マイナビ未確認フェスティバル2019」各地で3次審査のLIVESTAGEが行われていました。昨日と一昨日は東京会場のライブでしたね。」

かしゆか「そうですね。」

あ〜ちゃん「ということで、今年もやってきました!Perfume限定の近況フェス!その話、いまだ!

3人近くな〜い?

CV『フェスティバル!!』

SCHOOL OF LOCK!



のっち「さぁ今夜は、ライブステージに選ばれた近況を発表していきましょう!」

あ〜ちゃん「あ〜。」

かしゆか「もうこの人、カマしてくれるから。」

あ〜ちゃん「やってきました!」

のっち「振って、私からいきます。」


のっち「……首。

かしゆか「首?」


のっち「……肩。

あ〜ちゃん「えっ?」


のっち「……背中。

あ〜ちゃん「何?」

<SEドーン!>

のっち『ナナナナナイロ筋が悲鳴をあげています!


あ〜ちゃん「ははは!!」

かしゆか「"ナナナナナイロ筋"?」

あ〜ちゃん「(笑) いや、だからナナナナナイロ筋が無いからってことでしょ?」

のっち「うん、そう。」

かしゆか「そうだね。」

あ〜ちゃん「筋がないから。」

かしゆか「筋肉があれば大丈夫なんだけど、無いからそこの小さな筋肉がヒーッ!ってなってるってこと?」

のっち「そう!THE MUSIC DAYと音楽の日…。」

かしゆか「ありましたね。」

のっち「2週続けて生放送で「ナナナナナイロ」、新曲歌わせてもらったんですけど、振り付けも結構最近したのよ。」

かしゆか「そうだね。」

のっち「で、新しい振り付け入れると、体に入れると絶対筋肉痛になるのよ。新しい動きするから。」

2人「うん。」

SCHOOL OF LOCK!


のっち「で、筋肉痛もとれぬまま1週目THE MUSIC DAYやり、1週間後、音楽の日もやり、結構体にきてて。振り付けしてから次の日、今回どこが痛い?みたいな話するの、今回しなかったなぁと思って。」

かしゆか「しなかったね(笑)」

のっち「私は首、肩。背中だったの。」

2人「(笑)」

あ〜ちゃん「いや、どこ広げようとしてんの?ラジオで(笑)」

のっち「(笑)…みんなはどうかなと思って!」

かしゆか「THE MUSIC DAYの日に入りしたじゃん。で、これから本番だって…まだ振り付けしてからちょっと空いて。踊ってないんですよ、今日。でももう肩に湿布貼ってて(笑)」

のっち「(笑)」

かしゆか「本番の日。」

あ〜ちゃん「大本やろ?」

かしゆか「そう(笑) えっ!?どしたの!?って。」

のっち「とれなかったんだよね。肩の…肩痛いのが。」

あ〜ちゃん「あ〜。」

かしゆか「肩そんな痛くなかった。」

のっち「本当?」

あ〜ちゃん「私は羽根のとこが痛かった。」

かしゆか「分かる分かる!肩甲骨!」

のっち「羽根のとこ痛かった〜。」

あ〜ちゃん「肩甲骨の、今もずっと痛いもん。」

のっち「痛〜い。」

かしゆか「(笑)」

のっち「ナナナナナイロ筋を感じたよ。」

あ〜ちゃん「ナナナナナイロ筋が悲鳴あげてか分からんけど、寝とる間にそこを多分伸ばしたいんだと思うんよ。寝とる間、頭の後に手を入れて、組んで…こうやって寝てんの。」

のっち「えぇ!ストレッチしながら!?」

かしゆか「ちょっと肘立ててんの?」

あ〜ちゃん「肘をこうやって開いてんだったら、まだここの胸の筋肉とかもこう伸びるじゃん。」

かしゆか「重力的に脱力してたら開くよね。」

あ〜ちゃん「そうそう。そうすると肩の方はグッと寄るんよ。」

のっち「はいはい。」

かしゆか「内側に寄るね。」

あ〜ちゃん「多分、寄るんじゃなくて、広げたい、伸ばしたいんだと思うんよ。」

かしゆか「伸ばしたい、丸めてね。」

あ〜ちゃん「丸めたいと思うけど。」

のっち「え〜〜〜。」

あ〜ちゃん「ずっとこの状態で朝毎日しびれとよ。」

のっち「ひぇえぇ〜!」

かしゆか「怖いね。」

あ〜ちゃん「ナナナナナイロ筋、脅威です(笑)」

のっち「脅威です…恐ろしい…!(笑)」

あ〜ちゃん「いやマジ身体の話ばっかしてるよ、最近。」

かしゆか「歳なの?ねぇ?やだね。」

のっち「好きなんだよ〜。」

あ〜ちゃん「もうオババババババ。」

SCHOOL OF LOCK!


かしゆか「続いて。2組目の近況は…!これ自分で言うんだよね……」


かしゆか心機一転!

のっち「あ、いいね。」


かしゆか「…だけどまぶしくて!

のっち「ええ?」


かしゆかいや、逆に健康的?

<SEドーン!>

かしゆか『次を買う前にカーテン捨てちゃった〜!


のっち「…っ!」

あ〜ちゃん「えっ。」

のっち「えっ、やってる。」

あ〜ちゃん「それヤバいじゃん。」

のっち「この人やってる!」

かしゆか「いや、家具ならよくある話だよね。ソファとか。」

あ〜ちゃん「あ〜。ここにもいますね(のっちの方を見る)。」

かしゆか「テーブルとかね。」

のっち「やりがち。」

かしゆか「やりがちなんですけど、カーテンやっちゃって。」

あ〜ちゃん「やば。」

かしゆか「カーテンってさ、結構部屋に合わせてオーダーしなきゃじゃん。カーテンレールの付き方違いますとか。だからちょっとオーダーして届くまでに時間かかっちゃって。」

あ〜ちゃん「ヤバいじゃん。」

かしゆか「もうすっごいまぶしくって。ちょっと梅雨入る前とかまぶしくて暑くて、朝4時半とか5時くらいに、汗だくになって起きるの(笑)」

のっち「え〜!!」

あ〜ちゃん「(笑)」

かしゆか「う〜!暑っ!ってなって。ベッドの下に落ちて、ベッドを影にして、ベッドの下で寝てた(笑)」

のっち「ちょっと笑えないですわ。」

あ〜ちゃん「ねぇ、ヤバいでしょ。」

かしゆか「でもそれもさ、身体痛くなってくるじゃん。下、床で寝てると。だからもう7時とかに起きて、行動して。いや、逆に健康的かもなって。朝早くから動けるじゃ〜ん(笑)」

あ〜ちゃん「ま、時間は有効かもしれないですけど。いやカーテン。」

のっち「カーテン!(笑)」

かしゆか「夜もそんな真っ暗じゃない。なんか夏ってちょっと明るくない?」

のっち「明るいと思う。」

あ〜ちゃん「いや、知らないです。」

かしゆか「(笑) ガッツリ遮光してます?」

あ〜ちゃん「カーテン閉めてますから。知らないです。」

かしゆか「いや、ちょっと明るいんだなぁと思いながら。」

のっち「都内結構明るいもんね、夜も。」

かしゆか「そうかもねぇ。」

あ〜ちゃん「まぁね〜。いやそれはもう早急に何かで、影作ってほしい。」

かしゆか「(笑)…いやでもさ、ダンボールとかで覆うの嫌じゃん(笑)」

のっち「覆うよ!」

かしゆか「窓、恥ずかしくない?(笑)」

のっち「覆ってよ!」

かしゆか「ダンボールで?」

のっち「うん。」

かしゆか「やる?(笑)」

あ〜ちゃん「いや〜。」

かしゆか「あと3週間ぐらい我慢すれば届くけど。」

のっち「あ、届くんだ。」

あ〜ちゃん「3週間長っ!」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「夏休み終わっちゃうよ。」

かしゆか「たしかに。」

のっち「いや、衝撃だったわ。」

あ〜ちゃん「いや衝撃的だね、それは。」

のっち「強かったな〜、近況。」

あ〜ちゃん「何故!?って。」

かしゆか「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「(切り替えて)さぁ!次がいよいよラストです!3組目の近況は!?」

のっち「(笑)」


あ〜ちゃん「……毎年恒例。

のっち「おお。」


あ〜ちゃん「……この時期の私の朝食。

のっち「朝食?」


あ〜ちゃん「……週2、3は通ってます。

<SEドーン!>

あ〜ちゃん『かき氷始めました!


のっち「(笑)」

かしゆか「ウソだろ!?朝食!?」

あ〜ちゃん「よっ!」

のっち「(笑)…あれ?! 通ってるってことは、お店に行ってるってことか!」

あ〜ちゃん「そうです。」

のっち「うぇ〜!!朝?」

かしゆか「朝食に!?」

あ〜ちゃん「はい。」

かしゆか「かき氷ですか?!」

あ〜ちゃん「あの天然の氷で作ってくれる、ふわっふわのかき氷。あれがあるんですよ、いろんなお店が。」

かしゆか「最近また増えてますもんね。」

あ〜ちゃん「そう。暇があれば、ポポちゃん早起きなんで。」

のっち「あ〜、ワンちゃんね。」

かしゆか「なるほどね。」

あ〜ちゃん「お散歩して、それがてらかき氷食べるんですよ。」

のっち「へ〜!!」

あ〜ちゃん「超贅沢です。」

かしゆか「いいな〜。」

あ〜ちゃん「今ハマってるのは抹茶。」

のっち「おー抹茶。」

あ〜ちゃん「いや普通だなって思ったでしょ。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「もうちょい反応くれよ、声しかこれ聞こえないんだから。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「あのね、ただの抹茶じゃないんですよ。シロップみたいな甘い抹茶を想像するでしょ?」

2人「うん。」

あ〜ちゃん「じゃなくて、苦いわけ。」

のっち「(笑)」

かしゆか「抹茶の、お茶を点てる方の抹茶。」

あ〜ちゃん「もう今は氷は苦味がポイントだから。」

2人「へぇ〜!」

あ〜ちゃん「苦み、渋み。」

のっち「へ〜!」

かしゆか「すごいね。かき氷苦み、渋みなの。」

あ〜ちゃん「そうよ。」

のっち「そうなんだ。」

あ〜ちゃん「フルーツのえぐみ。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「やっぱり、この3つがポイントだよね。そこがくると、おっ!きたね!」

かしゆか「ねぇ?それ独特なポイントじゃない?(笑)」

あ〜ちゃん「これがやっぱね、美味しい。」

のっち「そっか〜。」

あ〜ちゃん「かき氷ってなんもないただの水だし、氷だから。」

かしゆか「たしかにずっと甘いとね、最後、飽きちゃうんだよね、どうしても。」

あ〜ちゃん「そうなんですよ。」

かしゆか「もたないんだよね、気持ち。」

あ〜ちゃん「そう。で、そこで現れてくる…あずきぃ!白玉ぁ!」

のっち「(笑)」

かしゆか「言い方じゃね?」

あ〜ちゃん「ラストに飾る、練乳ぅ!(巻き舌)」

<SEドーン!>

かしゆか「ドーン使ってんじゃないよ。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「やっぱこれはもうね…たまんないね。始まったな〜この季節!っていう。」

のっち「そっか〜!早かったな、始まるの。」

かしゆか「いいな〜。」

あ〜ちゃん「もう最高。」

のっち「始まらずに夏終わることあるもんね。」

かしゆか「よく終わってる。」

あ〜ちゃん「今もうみんなタピオカにに目が行ってるかもしれないですけど、かき氷やっぱね、美味しいですよ。」

のっち「そっか〜。」

かしゆか「いいな〜、食べたい。」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「最高です。ということで今夜は「近くない?フェスティバル」をお届けしましたが、ここでファイナルステージに進出する近況の発表です!見事、ファイナルステージに進出する近況は…!

<ドクン…ドクン…>

あ〜ちゃんとーやま校長から発表をお願いします!

それでは、生放送教室のとーやま校長から、今年の「近くない?フェスティバル」ファイナルステージに進出する近況に選ばれたメンバーを発表してもらいます!


とーやま校長「かしこまりました。気持ちき込めて発表させてもらいます!「近くない?フェスティバル」ファイナルステージに進出するのは…かしゆか!!!」


かしゆか「おお!やった〜!」

2人「あぁ〜!!」

のっち「強かったもんな〜。」

あ〜ちゃん「これはなぁ、ちょっと。」

かしゆか「カーテンな〜。」

あ〜ちゃん「こんな人いるか〜っていう。」

のっち「これは納得です。」

かしゆか「ちょっとダメだよね。早急にダンボールします。」

あ〜ちゃん「(笑)…やだね、ダンボール。」

SCHOOL OF LOCK!
- Prev                 Next -
<   2019年7月   >
MonTueWedThuFriSatSun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE