SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年12月30日(月)PM 10:00 まで



ラジオネーム「みさ」からの依頼
『他のメンバーの今年漢字一文字を決められるかを研究せよ』


あ〜ちゃん「毎年『今年の漢字一文字』が世の中的に発表されていますが、自分で“自分の今年の漢字一文字”を決めていくんじゃなくて、他の2人に決めてもらうと!」

2人「なるほど。」

あ〜ちゃん「これちょっと新しいですね。」

のっち「そうだね。」

かしゆか「新しい。」

あ〜ちゃん「非常におもしろいです!」


あ〜ちゃん「じゃあやってみます?」

のっち「いきましょう。」

あ〜ちゃん「じゃあ〜、私の今年の漢字って!なんだと思ぅ〜?」

のっち「自分からいくんだ?(笑)」

かしゆか「スイッチ入れたね。スイッチ入れた。そういうことね。」

あ〜ちゃん「じゃあ〜、私の今年の漢字ってぇ〜一文字なんだと思ぅ?」

のっち「自分で振るスタイル(笑) あ〜ちゃん…。」

かしゆか「え〜?やっぱもう“あ〜ちゃん=ぽぽたん”ってなってるから。」

2人「あ〜。」

かしゆか「私の中では漢字がもうその1つしかないんだよね。」

あ〜ちゃん「はははは(笑)」

のっち「ってことは?」

かしゆか「『犬』!!」

(太鼓のドドン!が鳴る)

3人「(笑)」

のっち「ダダンッ!」

2人「『犬』!」

3人「(笑)」

あ〜ちゃん「やだよ〜!やだよ〜深みが欲しいよ〜!やだよぉ〜。」

かしゆか「現場にもうすごいたくさん連れてきてくれたから。ずっと癒されていて。だってけっこう、お出かけも一緒に行ったりするじゃん。だからもう本当にあ〜ちゃんは犬でできてるなっていうことで『犬』。」

あ〜ちゃん「あ〜、やられちゃってます。大本。」

のっち「私が思うのはまず漢字は『恋』だと思う。」

かしゆか「ほう。」

あ〜ちゃん「え?」

のっち「「ドラ恋」しかり「バチェラー」しかり、そのリアル恋愛ドキュメンタリーみたいなのをめちゃくちゃ見てるじゃない、あ〜ちゃん。」(「恋愛ドラマな恋がしたい」)

かしゆか「すごい量、観てるね。」

のっち「私たちに紹介もしてくれるし、それがきっかけでドラ恋のスタジオに行ったりとかしたし(笑)」

あ〜ちゃん「ふふふ(笑)」

のっち「だから恋の話。しかも他人の恋の話をたくさんした、今年あ〜ちゃんと。」

あ〜ちゃん「確かに。」

かしゆか「そうだね、確かに。」

のっち「(番組のあらすじを)『あの子は今こういう感じになってて、この子はこの子のこと好きなんだけど〜』」

あ〜ちゃん「ははは(笑)」

かしゆか「途中から見た時に全部教えてくれるの。」

のっち「『1話の時に全然そんな感じじゃないみたいに言われて、ドゥーンってなって…』みたいなのを(笑)」

あ〜ちゃん「ははは(笑)」

のっち「だから恋かなと思ったなぁ。」

かしゆか「そうだね。犬は昨年から続いてるもんね(笑)」

3人「(笑)」

あ〜ちゃん「ずっと犬って!」

かしゆか「ずっと犬だから。」

あ〜ちゃん「戌年からずっ〜と犬。」

かしゆか「もう犬ってなってるから。じゃ今年はそっちかな。」

あ〜ちゃん「そっちですか。はい、ありがとうございます!」

あ〜ちゃん「ということで私の今年の漢字一文字は『恋』になりましたっ!

(お祝いのファンファーレ!)

あ〜ちゃん「はははは(笑)やしぃ〜。やす〜い!」

かしゆか「簡単に祝われた(笑)」

あ〜ちゃん「ありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございまぁ〜す!!」

のっち「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「(元気よく)じゃあ、次はかしゆかの!今年の漢字を決めましょう!」

かしゆか「ちょっと一旦キャラ入るんだよね、これ。」

あ〜ちゃん「あ〜…なんですかね?のっちさん。」

かしゆか「私の漢字何ですか?」

のっち「なんかねぇ〜今年のかしゆかは、一味違った気がする。」

かしゆか「え〜!」

あ〜ちゃん「お〜ぉ!」

かしゆか「教えてください!」

のっち「かわいさとかおもしろさっていうのが、一段と出てた。」

あ〜ちゃん「あ〜。」

かしゆか「へぇ〜。」

SCHOOL OF LOCK!


のっち「この間のオンエアのあった「帰れマンデー」ね、収録行って帰ってきてからのかしゆか、もう本当に楽しかったみたいで。すごい楽しかったんだね。たくさん歩いたけど全然つらくなくて、全然つらくなかった!とか言って、どんなかしゆかが見れるんだろうと思ったら、もう私の大好きなただのかしゆかが画面に映ってて、これ!これ!これよ!って思った記憶がある。だから漢字は…。」

かしゆか「うん。」

のっち「『明るい』かな。」

2人「ははは!!(笑)」

あ〜ちゃん「浅〜い。薄ぅぃ〜!薄ぅぃ〜!」

かしゆか「それをまとめた結果『明るい』(笑)」

あ〜ちゃん「バカの子みたい(笑)」

3人「(笑)」

あ〜ちゃん「マジで(笑) 結果『明るい』って。薄ぃ〜!今の話なんだったんだ。薄ぅい〜。」

のっち「全然さ、出てこない(笑)」

かしゆか「漢字のミス?(笑)」

あ〜ちゃん「大人のチョイス(笑)」

のっち「漢字が出てこねぇ〜。」

あ〜ちゃん「出てこなすぎ(笑)」

かしゆか「明るいかな?(笑)」

あ〜ちゃん「(笑)」

かしゆか「そこにまとまる?って(笑)」

のっち「かな?うん。」

あ〜ちゃん「いや、もうちょっといいこと言ってたよ、いろいろ。」

のっち「言ってた?(笑)」

あ〜ちゃん「私は華麗の『麗』だと思いました。」

のっち「おぉ!」

かしゆか「あの麗しい?」

あ〜ちゃん「はい、麗しいっていう字です。」

のっち「あぁもう、絶対そっちじゃん。」

3人「(笑)」

2人「明るいかなぁ?(笑)」

あ〜ちゃん「本当にジューシーな女になったなって思ってます。」

かしゆか「ジューシーですか?(笑)」

あ〜ちゃん「大人っぽくなって。マジ、ジューシーな女になったなぁって。しかもそれが、人にも思ってたこととかを、ちょっとずつ打ち明けたりするようになってて。それがおもしろいし、それが素敵だから、人としてめちゃめちゃ麗しくなってるよね。」

のっち「あはは(笑) そう!そうそうそう!!」

かしゆか「乗っかってる(笑)」

あ〜ちゃん「いやいやいや(笑)」

かしゆか「そうそうそう。」

のっち「そう!」

あ〜ちゃん「めちゃめちゃ乗っかってるじゃん(笑)」

のっち「ね!」

あ〜ちゃん「だからこの漢字かなぁと思ったけど、でもエピソード的な話出て、明るい!というのも結構おもしろいけどね。」

かしゆか「おもしろいけどね。」

のっち「どっちかな〜?(笑)」

あ〜ちゃん「おもしろいけどな〜。」

かしゆか「でも、そうそうそう!!と乗ってくれたので、私の今年の漢字一文字は『麗』になりました!

(お祝いのファンファーレ!)

かしゆか「ありがとございまぁすっ!ありがとうございまぁすっ!そうそうそう!」

のっち「そうそうそう!」

あ〜ちゃん「あはは(笑)」

のっち「麗しいな。」

SCHOOL OF LOCK!


かしゆか「続いて?」

あ〜ちゃん「(元気よく)じゃあ、最後はのっちの!今年の漢字一文字を決めましょう!」

のっち「帰りの会みたいになるのかわいいね(笑)」

2人「(笑)」

かしゆか「『それでは帰りの会を始めますっ!起立!』」

あ〜ちゃん「『礼!お願いしまーす!』」

のっち「『お願いしまーす。』」

あ〜ちゃん「ふふふ(笑)…なんかあります?」

かしゆか「のっちはより女っぽくなったなっていうのすごい感じているから、私が選ぶなら『女』かな。漢字。」

のっち「マジでっ!?!?」

あ〜ちゃん「すごいじゃん。喜んでるよ。」

のっち「(笑) 嬉しいね!」

あ〜ちゃん「すごく喜んでるよ、顔が赤くなってるから。」

のっち「え!本当?はずかしい!よだれ出そう。」

あ〜ちゃん「(笑)」

かしゆか「や〜だ!やめてよ!なんでよだれ(笑)」

あ〜ちゃん「それはやめてほしい、普通に。」

SCHOOL OF LOCK!


かしゆか「女って言ってるんだからよだれやめて。今までメイクさんとかにメイクしてもらう時とか、いろいろ仕事で着替えたりする時も、体中がカサカサだったりとか、唇カサカサだねとか、ネイルボロボロだねみたいな(笑)」

のっち「あはは(笑)」

あ〜ちゃん「え、めちゃめちゃいじってます?」

かしゆか「おいおいみたいな。」

あ〜ちゃん「めっちゃけなされてますけど。」

のっち「上げるために落としすぎなんだけど!」

あ〜ちゃん「あはははは!!!(笑) 方程式すか?おもろいな〜!」

かしゆか「見えないところでそういう部分がたくさんあって。あ、のっちって根がやっぱ男の子で少年なんだなっていうのずっと思ってたんだが…!」

のっち「だが?(笑)」

あ〜ちゃん「来るよ、来るからな、大丈夫だよ。」

かしゆか「今年になってネイルもすごいずっーと綺麗にしてるし、見えない足のネイルも塗ってるし。なんならリップ使い切るくらいにリップ塗ってるし。いろんなところで女性性を磨いてるっていう感じがして、開花した感じ。」

あ〜ちゃん「確かに。」

のっち「わかりますぅ〜?」

あ〜ちゃん「わはは!(笑)」

かしゆか「デレデレになっちゃった(笑)」

のっち「嬉しい。」

かしゆか「だから私は『女』かな。」

あ〜ちゃん「『女』か。私あ〜ちゃんは、もうのっち決めてたんですよ。」

のっち「なんですか?」

あ〜ちゃん「『母』という字です。」

かしゆか「お。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「これはほんとに!母性が、やっと!?やっと出てきたんだね。」

かしゆか「猫飼い始めて。」

あ〜ちゃん「猫飼い始めて、こんな一面あったんだって本当にいろいろ見てて思ってるんですよ。それは猫を飼い始めたことによって、私のワンちゃん、ぽぽたんへの愛で方っていうか。」

かしゆか「接し方もね。」

あ〜ちゃん「そう。変わってきて。だからぽぽも安心して甘えてて。だから、母性の『母』です。」

かしゆか「最初、母にどんどん似てきたって方向かと思ってびっくりした(笑)」

のっち「ははは(笑)。」

あ〜ちゃん「母にもすごい似てきました。」

かしゆか「あ、もう母じゃんそれ!ってよくなってたから(笑)」

あ〜ちゃん「なってたよね。」

かしゆか「衣装を着るたびにね。」

あ〜ちゃん「のっちママにマジそっくりだよね。」

かしゆか「なんかのっちの遺伝すごいねぇ!みたいな。」

あ〜ちゃん「ね。のっちママが似合いそうなやつを当てればだいたい似合う。」

かしゆか「そうそう。」

のっち「(笑)」

あ〜ちゃん「のっちママこんなの着てたよねー、を当てたら似合った!みたいな。」

かしゆか「そっちかと思ってたけどね、母性の方ですね。」

あ〜ちゃん「はい。」

のっち「いやぁ〜迷うなぁ。両方嬉しいなぁ。」

あ〜ちゃん「どっちもいいね。非常に。」


のっち「ということで、私の今年の漢字一文字は…『母』になりました!

(お祝いのファンファーレ!)

2人「おぉ〜!!!(拍手)」

のっち「確かにお母さんに似てきた。」

かしゆか「そっち?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「さて、Perfume LOCKS!ですが、来週のSCHOOL OF LOCK!が、年末スペシャルな授業をお届けするため、今夜が、Perfume LOCKS!的には年内最後の研究になります。」

2人「早い。」

あ〜ちゃん「本当に2019年もたくさん世話になりました。」

かしゆか「ありがとうございました。」

あ〜ちゃん「私たち的には12月31日(火)大晦日NHK紅白歌合戦さんに出場させていただきます。」

かしゆか「ありがとうございます。」

あ〜ちゃん「なんでこれもぜひとも、みなさんには見ていただきたいと思っております!」

SCHOOL OF LOCK!


たくさんの生徒からの依頼
『かしゆかの31歳のバースデーを研究せよ』


のっち「本日12月23日はかしゆか31歳のお誕生日です!

あ〜ちゃん「イェ〜〜!!!(拍手)」

のっち「わ〜!!!(拍手)」

かしゆか「ありがとうございま〜す!」

あ〜ちゃん「すご〜い。31歳。」

かしゆか「2人目。」

あ〜ちゃん「じゃあこの1年の何か目標的なものを黒板に書いていただきましょう。ちなみに去年は『感謝』という目標を書いていました。こちら達成できました?」

かしゆか「いや、まだまだ途中ですね。もっともっと足りない気はしています。多くあっても困るものじゃないでしょ。だからもっともっとしていきたいなと思ってます。」

あ〜ちゃん「いいですね。そういった目標を常に常に積み重ねていきたいですよね。」

のっち「1年経って忘れるんじゃなくてね。」

あ〜ちゃん「はい。」

かしゆか「たしかに。」

あ〜ちゃん「あれ?この前書いた、目標覚えてます?」

のっち「うぅ〜ん……覚えてません。」

あ〜ちゃん「あははは(笑)普通に覚えてません(笑)」

かしゆか「普通に。」

あ〜ちゃん「普通にでーす。」


かしゆか「はい!(黒板に)書けました!いきます。」

SCHOOL OF LOCK!


『燃えるような行動をする』

かしゆか「なんか大人になって、30歳になってから、年齢を重ねて…自分の中でつっかえてたものが開けた部分もたくさんあるんだけど。開けたことによって、温度がちょっと下がっちゃった部分もいろいろあって。軽く踏み出せるんだけど、前ほど、すごく燃えるような行動力とかパワーが少し減ってるんじゃないかって自分でずっと感じてて。だから31歳というきっかけをもらって、また燃えるような行動を起こしていきたいなと。自分をたきつけるような…自分が自分自身のスピードにワクワクしてドキドキするような行動をしていけたらいいなと思っています。」

あ〜ちゃん「お〜。」

のっち「そのかしゆかの火に焚きつけられて、うちらもね、いっしょに燃えられたらいいよね。」

かしゆか「そうだね。」

あ〜ちゃん「いっぱい木をくべます!」

2人「(笑)」

のっち「くべます!」

あ〜ちゃん「くんでくんで、くべていきます!火の調節してください、あなた!」

かしゆか「調節します!」

あ〜ちゃん「水を汲んで!」

のっち「(笑)」

かしゆか「一緒に助け合ってお願いします!」

のっち「素敵!」

あ〜ちゃん「お願いします!」

のっち「あらためて、おめでとう〜!!!」

あ〜ちゃん「おめでとう〜。」

かしゆか「ありがとう〜!」

あ〜ちゃん「誕生日に授業って最高だね。」

のっち「最高。」

かしゆか「嬉しい。」

あ〜ちゃん「みんなもおめでとうのメッセージをたくさんね、書き込みしてくださいね。」

かしゆか「ありがとうございます。」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「ということで、2019年の研究は以上となります。」

2人「はい。」

あ〜ちゃん「みなさん今年も1年間ありがとうございました。」

2人「ありがとうございました。」

あ〜ちゃん「それではみんな、今年はあんまりクリスマスっぽいことしてなかったけど、メリークリスマス。」

かしゆか「メリークリスマ〜ス!」

のっち「メリクリ〜!」

あ〜ちゃん「良い日にしてね〜!じゃあみなさん、ちょっと早いんですけども。」

3人「よいお年を!Perfumeでした!

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2019年12月30日(月)PM 10:00 まで