SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年1月13日(月)PM 10:00 まで



たくさんの生徒からの依頼
『かしゆかばーさんを研究せよ!』


のっち「今年もこの季節がやってきましたね。かしゆかばーさんに新年の挨拶しましょう!」

あ〜ちゃん・のっち「せーの!かしゆかばーーーさーーーーん!」

SCHOOL OF LOCK!


かしゆか「ほぉぁ〜、1年ぶりじゃのぉ。元気にしとったか?おぉ〜?」


あ〜ちゃん「あ〜、ばーさん。相変わらず元気にしとった?」

かしゆか「よぉ来た、よぉ来た。ばーさん、めっちゃ元気じゃ。なんせ毎日青汁とプロテインを飲んどるからの。そりゃあ元気じゃ。」

のっち「青汁とプロテインも飲んでるんだ、すごいな、ばーちゃん。」

かしゆか「元気にしとったか?よぉ来た、よぉ来た。」

のっち「ばーさんはさ、年末年始何してた〜?」

かしゆか「それはもちろん大晦日は紅白歌合戦を観てたぞ。」

のっち「あ!紅白か!」

あ〜ちゃん「紅白見た〜?」

かしゆか「あんたら今年も出とったろ。ん?」

のっち「出た出た!」

かしゆか「見てるの。え〜、なんじゃっけかの?あの…ふぅ…ふーじょん?ん?ふーじょん?あれすごい曲歌っとったなぁ。」

あ〜ちゃん「あ、ふーじょん。「FUSION」のことかな?」

かしゆか「あん?あんだって?ん?ふーじょん?」

のっち「「FUSION」ね。ふーじょんじゃなくて。フュー。」

かしゆか「もうすごかったの、ありゃ。いやばーさんたまげたぞ。」

のっち「よかった。」

あ〜ちゃん「ね〜。」

かしゆか「なんじゃ、あの、手品になっとんのかのぉ?あれ。」

あ〜ちゃん「あー……手品。」

かしゆか「マジックかのぉ?」

あ〜ちゃん「手品っていうか、演出っていうんだけど。」

かしゆか「あん?あんだって?」

2人「…………。」

あ〜ちゃん「あぁ…。」


かしゆか「じゃあ、話変えてもいいかのぉ?ん?今年もの、お年玉の代わりに『ばーさんみくじ』用意したから。」

のっち「あっ!おみくじ!」

かしゆか「2人とも引いてみんしゃい。」

あ〜ちゃん・のっち「嬉しい〜。」

かしゆか「ほれほれ。」

のっち「これ楽しみにしてた。」

かしゆか「よかったよかった。ほれほれ。」

のっち「いい?引きますよ〜。ばーさん、じゃあのっちはこれ。」

かしゆか「ほい。じゃあ、のっちさんの今年の運勢…おぉ〜!大吉じゃのぅ。」

のっち「やった!」

かしゆか「ただしのぉ、勢いで化粧品買い過ぎなのは気を付けるんじゃ。

のっち「あっ(笑) そうなのー!勢いで〜。去年もね。」

かしゆか「あんた使わないのたくさんあって。」

のっち「海外ツアー行った時に爆買いしちゃって〜、ほとんど使ってないんだよね。」

かしゆか「おみくじに書いてあるからの。」

のっち「そっか。気を付けるわ。」

かしゆか「気を付けんよ。」



あ〜ちゃん「すごいじゃん。じゃあ、ばーさん、私これね。」

かしゆか「ほい。あ〜ちゃんの運勢…大吉じゃのぅ!」

あ〜ちゃん「大吉やった〜!」

かしゆか「ただしのぉ、ぽぽちゃんのバッグと服の買いすぎには気を付けることじゃ。

あ〜ちゃん「うわははは(笑) うわ〜よく知っとる。」

かしゆか「買いすぎじゃろ、かわいいけどな。」

あ〜ちゃん「またちょっとオーダーしちゃってんだよねぇ。」

のっち「うわっ。」

かしゆか「孫に服着せんのかわいいよのぉ〜。」

あ〜ちゃん「う〜ん、もう着せたくなる。」

かしゆか「かわいいよのぉ〜。連れて来ておくれ〜。」

あ〜ちゃん「あー、また連れて行くね。」

かしゆか「会いたいんじゃ。」

あ〜ちゃん「あー、連れてくるよ。」

かしゆか「うんうん。」

のっち「すごいな、おみくじ。」

あ〜ちゃん「うん。すごい。」


のっち「あ、そうだ。かしゆかの分もおみくじもらっといていい?ばーさん。」

かしゆか「おぉ〜、ええよ。」

のっち「じゃあ、かしゆかはこれ。」

かしゆか「お!はい。かしゆかの今年の運勢…おぉ〜、大吉じゃの。」

のっち「よかった〜。」

あ〜ちゃん「あ〜、よかった。」

かしゆか「ただしの、玄関にタクシーの領収書溜めんのには気を付けること。

のっち「あははは(笑)そうなの?(笑)」

かしゆか「ありゃいけんで。玄関は綺麗にせんといけん!」

あ〜ちゃん「え!?玄関に溜めてんだ〜。」

かしゆか「言うといての。」

のっち「意外。かしゆかに言っとくわ。溜まっちゃってんだ〜。」

かしゆか「言っときんさい。」

あ〜ちゃん「そうなんだ。」

のっち「ありがとうばーさん、言っとくね。」

かしゆか「うんうんうん。」

あ〜ちゃん「じゃあばーさん、ありがとね、今年も。」

かしゆか「よぉ来てくれた。ありがとうの。」

あ〜ちゃん「ばーさんに言われたこと気を付けて頑張るわ。」

かしゆか「気を付けて。」

のっち「頑張るね。」

かしゆか「楽しみしとるけんの。」

のっち「じゃあかしゆかばーさん、また遊ぼうね。」

かしゆか「うん、うんうん。またのぉ〜。」

SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「新年最初のPerfume LOCKS!で〜す!!

3人「わぁ〜!!!」

かしゆか「あけましておめでとう!」

のっち「あけました〜。おめでとうございます。」

あ〜ちゃん「あけおめ〜!結構ね、去年は(12月30日のオンエアがなかったので)終わるの早かったから…」

かしゆか「そうですね!」

あ〜ちゃん「結構久々だったけど、みんな元気してる〜?」

のっち「元気〜?」

かしゆか「おもち食べてる〜?」

あ〜ちゃん「体調崩してない?もうね、年末、私たち爆働きしておりました。紅白歌合戦さんもそうですし、CDTVさんも、年越しプレミアライブのね、普通の方にも出演させていただきましたが。見てくれた皆さんどうもありがとうございました。」

2人「ありがとうございます。」

あ〜ちゃん「紅白さんね。今回は「FUSION」ということで、あんなに歌のない歌、あれで紅白さん行きたいんですって紅白さん側からお話を頂いた時は、ついにここまで来たかと。」

のっち「ね!」

かしゆか「(笑)」

あ〜ちゃん「だから、やっぱり私たちという存在は?っていう、そういう求められてる事とは?っていうのをまた考える機会になったなぁと思います。」

かしゆか「シングル曲とかじゃないもんね。」

あ〜ちゃん「"歌" 合戦です。」

2人「(笑)」

かしゆか「合戦しました?(笑) 参加しました?(笑)」

あ〜ちゃん「私たちの武器はそこというか、ここもだよっていう。だいぶ尖った出演の仕方とはなりましたけども、私たちらしく「FUSION」の集大成が見せられたんじゃないかなというふうにも思います。」

かしゆか「そうですね。久しぶりにNHKホールに行かせてもらって。」

あ〜ちゃん「そう!2年ぶりに帰ってきたらみんないろんなことやってて。」

かしゆか「そうだね。」

のっち「面白かったね。」

あ〜ちゃん「演出すごくなってて。キネクトとか入れたりするのが普通だったりとか。私たちがやる演出で使う機械とかを、私たちが使うから入れてたっていうのから、みんな使うから私たちのそういうのを増やしたりすることとかちょっとできないみたいな。みんなやるようになったんだ…!!って。」

かしゆか「変わってきてるね。」

あ〜ちゃん「2年でずいぶん。外出てぷれれれ〜ってやってたら。」

かしゆか「ウェーイ!やってたら(笑)」

あ〜ちゃん「ぷれれれれ〜ってやってたら、こんなふうに変わってましたよ。大きいね。」

かしゆか「ね。」

あ〜ちゃん「でも、皆さん、観ていただけてよかったです。ありがとうございました。」

SCHOOL OF LOCK!


『Perfumeの書き初めを研究せよ』



あ〜ちゃん「毎年恒例の研究ですね。新年ということで今年の目標を書き初めしていきたいなと思います。」

2人「はい。」

かしゆか「ちなみに昨年書いたのは、のっちが『チャンスを掴む』、私が「出」…出会うの『出』ね。あ〜ちゃんが『明るい』でした。」

2人「わ〜。」

かしゆか「目標達成できましたかね?」

あ〜ちゃん「どう思う?」

かしゆか「でも私いろんな人に出会ったり、何か新しいことやった気がする。」

あ〜ちゃん「おぁ〜。いいねえ。」

のっち「達成だね。」

かしゆか「うん。」

あ〜ちゃん「達成。」

かしゆか「のっちさんは?」

のっち「私はね、2019に来たチャンスでしょ?掴んだし、あと2019年に掴んだチャンスを今年叶うみたいなことも。みんなに見てもらえるみたいなことも結構あった気がする。」

あ〜ちゃん「そうじゃね〜。」

かしゆか「確かにね、そうだね。」

のっち「あ〜ちゃんは…。」

かしゆか「明るい。」

のっち「初めて会った人に明るいって言われたい。」

あ〜ちゃん「どうじゃろ。初めて会った人いっぱいおったはずじゃけど、そういう話聞いてないね(笑)」

2人「確かにね。」

あ〜ちゃん「でも楽しくは過ごせましたよ。」

かしゆか「はい。では今年も書いていきますか。」

あ〜ちゃん「はい。」

(書き初め中!!)

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「よし!」

かしゆか「はい、できた!」

あ〜ちゃん「できた!」

のっち「できた!」


かしゆか「では。私から行きます!かしゆかの2020年の目標は…『行動』!!」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


のっち「おお。」

かしゆか「漢字2文字書いてみた。31歳になってどんどんもっと行動していきたいなと思って。31歳直前に、12月にお休みちょこっといただいて、急に1人でドイツ行ってきたんですけど、クリスマスマーケット見たいって10年越しの願いを叶えに。その願いを叶えた時、もう楽しくてしょうがなくて。やっぱり自分でどっかに動いて行くってすごい好きなんだなと思って。だからもっといろんなとこに出向くって意味もあるし、ステップを上げるとか、いろんなことにチャレンジするとかっていう意味でもいろんなことに行動していきたいなということで、『行動』にしました。」

のっち「なるほど!」

あ〜ちゃん「いいです!」

2人「(拍手)」

のっち「らしいですね。」

かしゆか「漢字合ってるかな?」

あ〜ちゃん「はい。」


のっち「じゃあ、のっちが発表します。私が書いたのは『進(すすむ)』!!」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


あ〜ちゃん「うん。」

のっち「2019年に掴んだチャンス…何となくPerfumeってこういう道が合ってるのかなぁっていうのが見えてきた年で、その道を今年まっすぐ進み続けられたらいい年になるんじゃないかなと思います。そして引き続きチャンスもお待ちしています。よろしくお願い致します。」

かしゆか「待ってる(笑)」

あ〜ちゃん「誰?誰へのそのアピールなの、最後の。」

のっち「待ってます、仕事。」

かしゆか「待つスタイル。」

あ〜ちゃん「面白いです。」

のっち「よろしくお願いします。」


のっち「じゃあ、あ〜ちゃん!」

あ〜ちゃん「はい。私は『輝(がややく)』という字にしました。」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


のっち「おぉ〜!」

あ〜ちゃん「2020年目標にしてきた年なんで、輝きます!」

かしゆか「うん、名言。」

あ〜ちゃん「うん。輝くためにこの年までやってきたこともたくさんあるし、やっぱ常に自分たちがカッコいいなと思うことを更新し続けて来れていると思うので、自分たちだけじゃなくて本当チームのみんなのおかげで、いろんな人の思いが重なってそうなってるんですけども、でもその仲間たちとか、チームが私たちの何よりの武器だと思ってるからその人たちと一緒に夢も叶えたいし、輝いていきたいと思っています。」

のっち「はい!」


あ〜ちゃん「ということで今年もPerfumeを。」

3人「よろしくお願いします!」

のっち「そして、とーやま校長、本年もよろしくお願いします!」

かしゆか「お願いしまーす。」

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年1月13日(月)PM 10:00 まで