ニューアルバム『sakanaction』収録曲の"表と裏"

サカナLOCKS! 2013.4.4 木曜日

「はい、授業を始めますから、席に着いてください。マンガを読んでいる生徒は、しまってください。Twitterをやっている生徒は、閉じていただけますでしょうか?」
 
今週から木曜日に時間割変更になった、サカナLOCKS!。何だかいつもよりも少し丁寧な口調の山口先生ですが、まずは改めて、自己紹介から……
 
「曜日が変わったので、改めて自己紹介させていただきます。今日から、毎週木曜日のこの時間の授業を担当することになりました、山口一郎と申します。もしかしたら、木曜日しかSCHOOL OF LOCK!を聞いていないという生徒もいるかもしれませんが、ここは、"音学室" になります。サカナLOCKS!は、
 
「音を学ぶ」
「音で学ぶ」
「音に学ぶ」
 
"音学" の授業……です。
 
この授業は、他の先生方と比べて、厳しいから!……マジで厳しいから(笑)。本気で音楽のことを勉強していきますので、よろしくお願い致します。宿題の提出を求めることが多いので、生徒のみんなは、期日までにちゃんと宿題を提出するように。提出しなかった場合、聞いていても『欠席』とみなしますので、その辺はしっかりよろしくお願いしますね。……怖い先生がきたぞ〜(笑)。」
 
(黒板画像:表と裏)

 
「初めてサカナLOCKS!の授業を受けるという生徒のみなさんも多いと思うので、まずは、この授業のテーマについて説明します。サカナクションは、3月13日に、6枚目のアルバム『sakanaction』をリリースしました。このアルバムのテーマは "表裏一体" です。表の曲と、裏の曲、そして、表と裏、両方の顔を持った曲があります。先々週の授業で、アルバムに収録されている全14曲の、どの曲が表で、どの曲が裏で、どの曲が表と裏の両方なのか、各自で自習しておくように言っていました。この授業では、その答え合わせをします。……宿題の提出がないからって、サボっていたら先生本当に怒りますからね!」
 
「『sakanaction』をまだ聴いていない生徒もたくさんいると思うので、表と裏って何のこっちゃ、と思っている人もいると思います。今回どうして表と裏というテーマをアルバムに用いたかというと、このアルバムをリリースする前に、シングルを「僕と花」「夜の踊り子」「ミュージック」と、3枚出していて、これらの曲が3つとも、ドラマの主題歌やCMのタイアップソングとして話を頂いたので、表に向かってたくさん出しすぎた分、今のサカナクションが好きな曲を好きなように作ってみようと、僕の自宅でレコーディングを開始しました。だから、サカナクションの中では表と裏という意識がすごく強く出たんですね。それがあって、今回の授業を行い、それに伴った宿題を出していました。生徒諸君はどう解釈していたのかを比較してみるというのがこの授業のテーマです。」
 
それでは、解説していきます。
各自、自習したものと答え合わせしてみてくださいね。
 

『sakanaction』

 
1「intro」……【 裏 】
「オープニングだし、バイノーラルレコーディング※を使っているしね。分かりやすく裏ですね。」
※ "バイノーラルレコーディング" についての授業はコチラから
 
2「INORI」……【 裏 】
「裏ですね〜……ド裏!このアルバムの、一番の裏の曲です。この裏の曲を伝えるために、表の曲が存在すると言っても過言ではありません。この曲が裏であるということをひとつの基準にしてもらえれば分かりやすいかもしれませんね。」
 
3「ミュージック」……【 表 】と【 裏 】
「この曲は、表と裏、表裏一体の曲です。今回のアルバムは、僕の自宅で制作したんですけど、この曲が最初に手がけた曲だったので、表と裏の感覚が、メンバーの中で混ざり合っています。」
(フジテレビ系ドラマ ドラマチック・サンデー 『dinner』主題歌)
 
4「夜の踊り子」……【 表 】
「表です!タイアップ曲です!CMソングです!」
(2012年度モード学園(東京・大阪・名古屋)TV・CMソング)
 
5「なんてったって春」……【 裏 】
「なぜ裏かというと、この曲は生ドラムではなく、打ち込みです。サカナクションが、打ち込みでトライしたグルーヴ感が、裏を物語っているのではないでしょうか。」
 
6「アルデバラン」……【 表 】
「これは、サカナクション的には『NHKみんなのうた』を意識したんです。アルデバランっていうのは猫の名前で、この曲は猫の物語なんです。サカナクションでみんなのうたを今風に作ったらどうなるのかというのがテーマとしてありました。」
 
7「M」……【 表 】
「テンポも速いしね。この曲は、キーボードの岡崎がリーダーとなって作った曲なのですが、「ライブで盛り上がる曲にしよう」と僕からオーダーしました。ライブで盛り上がる曲にしなきゃいけないよ、とキツく言っていたので、サカナクション的には表になるのではないでしょうか。」
 
8「Aoi」……【 表 】
「この曲は、ギターの岩寺に、曲ができた段階で披露したら、「やりたくない!」って言われましたからね(笑)。「こういうギターロックの曲は今のサカナクションには必要ない!」って。だけど、サッカーのテーマソングだし、ギターロックの曲はこのアルバムにはないから、サカナクションなりの今の表を作ってみようとチャレンジしました。」
(2013年NHKサッカー放送のテーマソング)
 
9「ボイル」……【 裏 】
「これは、僕が今回のアルバムで歌詞を書いている様をリアルに書いた曲なんです。すごく個人的で、ミニマムな世界観に対して、みんながどう置き換えて聴くかっていうのがこの曲のひとつの基盤になっています。決して分かりやすい曲ではないのでね。」
 
10「映画」……【 裏 】
「この曲は真裏!シングル『ミュージック』のカップリングとして「映画 (コンテ 2012/11/16 17:24)」というのが入っていて、それをアルバム用にリアレンジするとこうなるっていう、ひとつの答えになっているので、裏と捉えていただけたら幸いです。」
 
11「僕と花」……【 表 】
「この曲は、サカナクション初のドラマ主題歌なので、表と言っていいのではないかと思います。でも、ドラマ主題歌としては地味な方なんですね。Base Ball Bearの小出君も、「ドラマ主題歌なのに、攻めてないところが好き」って言ってくれたんです。ドラマ主題歌の中、世の中のマジョリティの中では裏なんだけど、サカナクション的には表っていう、ひょっとしたらこれも表裏一体の曲なのかもしれないけど、サカナクションとしては表とさせていただきます。」
(フジテレビ系ドラマ『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』主題歌)
 
12「mellow」……【 裏 】
「(流れてきたイントロを聴いて)……イェーイ!かっこいい!(笑) 大好きな曲です。これは、メロディも何もかも、僕の部屋で瞬間的に生まれた曲で、セッションして作った曲なんですね。サカナクションの部屋の曲です。」
 
13「ストラクチャー」……【 裏 】
「ただ、山口一郎的には表です。「ストラクチャー」は、「ミュージック」よりも先に作り始めたデモがあるんです。この曲は、アルバム『sakanaction』を作り始めるときに、最初にメンバーに渡した曲でした。山口一郎的にはアルバムの目覚めの曲なので表です。しかし、バンドとしては、歌がない、インストに近いテイストの曲なので裏とさせて頂きます。」
 
14「朝の歌」……【 裏 】
「表裏一体、表と裏を語る裏の曲。この曲が『sakanaction』の流れの最後、裏で終わる曲なんです。」
 
 
<アルバム『sakanaction』の表と裏>
 
M-1. intro (裏)
M-2. INORI (裏)
M-3. ミュージック (表裏)
M-4. 夜の踊り子 (表)
M-5. なんてったって春 (裏)
M-6. アルデバラン (表)
M-7. M (表)
M-8. Aoi (表)
M-9. ボイル (裏)
M-10. 映画 (裏)
M-11. 僕と花 (表)
M-12. mellow (裏)
M-13. ストラクチャー (裏)
M-14. 朝の歌 (裏)
 
「数えてみたら、アルバムの中には裏の方が多いね……大丈夫かな?(笑) サカナクション的にいう表と裏、どうだったでしょうか?生徒の中に全問正解の子はいたのでしょうか?「なんてったって春」は難しかったんじゃないでしょうか。結構ポップな曲だし、音につられて表だと思った生徒もいたんじゃないかな。「アルデバラン」が表っていうのも難しかったかと思います。まあ、優秀なサカナLOCKS!の生徒諸君はついてくることができたんじゃないかと思いますが (笑)、木曜日で初めて聞いた生徒諸君は、これから厳しい授業が続いていくので、覚悟しておくように!……とかいって、聞かないとかはちょっと、本当に、あの……、番組が終わっちゃうんで (笑)、優しい楽しい授業もあって、アメとムチ的な感じでやっていきますので、是非これからもサカナLOCKS!をよろしくお願いします。」
 
 
 
……と言いつつも、さてここで生徒の皆さんに宿題です!(笑)
 
「木曜日で初めて聞く生徒も多いと思うので、今回は楽しい宿題にしようと思います!」
 
「売れそうなバンド名を考えよ!」
 
「バンド名っていうのはいろいろありますよね。そして、いろいろな理由でバンド名が決まっていると思うのですが、生徒諸君がバンド名をつけるとしたら、どんなバンド名にするのか、その理由も教えてもらいたいと思います。漠然にバンド名を考えるっていうのは難しいと思うので、先生は条件を出しました。このバンドのバンド名を考えましょう。」
 
<どんなバンド?>
・3ピースのギターロックバンド。
・ボーカル&ギター:身長168cmの元読者モデルの女の子。
・ベース:身長165cm。OKAMOTO'Sのハマ・オカモト先生のようなバンマス系。淡々と弾く。
・ドラム:身長170cm。サカナクションの江島先生のようなヒゲモジャで肩幅がある。
 
・大手のマネジメント、レコード会社に所属。
・デビュー曲に、アニメ主題歌のタイアップが決定している。
・ジャンルはギターロック。

 
「今、世間でギターロックと言えば、このバンド、というのがそれぞれ思い浮かぶでしょうが、生徒のみんなが思い浮かべたギターロックで考えてください。このバンドはストーリーがなく、事務所がかき集め、ギター&ボーカルの可愛い女の子に、凄腕のリズム隊をつけて売り出して行こうとしているという設定にします。売れそうなバンド名を考えてきてください。……いろいろありますよ〜!」
 
 
ちなみに、"サカナクション" というバンド名は、どうやってつけられたのでしょうか?
 
「サカナクションは、サカナ+アクション。造語にしたかったんです。あとは、インターネットで検索を掛けたときに、他に出て来ないっていうのが一番の条件だったかな。マーケティングしやすいからね。こういった理由も考えて、生徒のみんなは必ず宿題を提出するように!」
- Prev || 1 || Next -
<   2013年4月   >
MonTueWedThuFriSatSun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE