『第2回 ミュージシャンしりとり大会 (2)』+ 3連続リリース大発表!!

SCHOOL OF LOCK!


今回の授業ではサカナクション先生から嬉しい発表があったので、まずはそちらから。
約5年ぶりとなるニューアルバムを含めた、サカナクション 3作品連続リリースが発表になりました!!

まずは、第一弾!
サカナクション10周年の活動を総括する、バンド初のBEST ALBUM!!
『魚図鑑』が3月28日にリリース!


つづく第二弾……
2017年9月30日 に幕張メッセで開催された、6.1チャンネル・サラウンドライブ『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』のLIVE Blu-ray、DVDがリリース決定!

そして第三弾は……
前作『sakanaction』以来、約5年ぶりとなるニューアルバムのリリース!!

幕張サラウンドLIVE作品とニューアルバムのリリース日は追って発表になるとのこと。
詳しい情報は、オフィシャルサイトをチェックしてください![→コチラ]


SCHOOL OF LOCK!



それでは、新ルールも大好評、こちらの授業いってみましょう!


SCHOOL OF LOCK!


前回の授業([2018年1月25日の授業])に引き続き、『第2回 ミュージシャンしりとり大会』の様子をお届けします!

前回は、
【 第1回戦 】
<栃木県/東京サンド(15歳)> VS <東京都/めぐるめぐる!(13歳)>
→ 東京サンドの勝利!


【 第2回戦 】
<栃木県/東京サンド(15歳)> VS <埼玉県/いのろう (16歳)>
→ いのろうの勝利!


という結果で、今回まずは、いのろうが一人勝ち抜きとして、一組目に登場です。

山口「ということで、もしもし!」

いのろう「もしもし!」

山口「いのろう、一週間ぶり、ありがとう。」

いのろう「いやー、ありがとうございます。」

山口「あと2回勝てば2代目チャンピオンになりますよ。」

いのろう「めちゃめちゃ緊張しています、今。」

山口「前回やってみてどうだった?」

いのろう「意外と、うんちくを相手が言っている間に考える時間があるので……」

山口「なるほどね。改めて、何系のミュージシャンが得意ですか?」

いのろう「僕は、J-POPが得意です。」

山口「よし。じゃあ、今回も頑張ってください。」

SCHOOL OF LOCK!


そして、2人目の出場者は……

山口「もしもし!」

プラナリ愛長野県 16歳 プラナリ愛です。」

山口「プラナリ愛、自信はありますか?」

プラナリ愛「まあ……そこそこですかね。」

山口「今までのしりとりは聞いてた?」

プラナリ愛「はい。」

山口「今回は、ミュージシャンの名前の後に、そのミュージシャンにまつわるうんちくを1つ言わなきゃいけないんだよ。だから、前回よりも難しくなってるから。」

プラナリ愛「そうですね……ちょっと緊張しています。」

山口「緊張してる?でも、頑張ってください。」

プラナリ愛「ありがとうございます。」

山口「対戦相手は、1回勝ち抜いてるから。ぜひ食い止めて、頑張ってください。」

プラナリ愛「はい。」


山口「じゃあ、早速ですがいってみましょうか。2人とも準備はいいか?」

2人「はい!」

山口「まだまだ踊れる?」

2人「フー!」

山口「よし(笑)。」


【 第1回戦 】
<埼玉県/いのろう (16歳)> VS <長野県/プラナリ愛(16歳)>



山口「それではいくぞ。先行はいのろう。先週の続きで、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)の"ま"からスタート!」

いのろう「"松任谷由実"……旧姓は荒井。」

山口「旧姓は荒井(笑)。松任谷由実の"み"!」

プラナリ愛「み……み……"Mrs.GREEN APPLE"。僕と同じ長野県出身者がいる。」

山口「Mrs.GREEN APPLEの"る"!」

いのろう「えー、Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)。で……相性はサッチモ。」

山口「ははは(笑) 出たー!ルイ・アームストロングの"ぐ"」

プラナリ愛「"グッドモーニングアメリカ"……「コピペ」っていう曲がある。」

いのろう「"加藤ミリヤ"……SCHOOL OF LOCK!の君恋物語っていう企画に主題歌を出している。」

山口「ふふ(笑) 加藤ミリヤの"や"!」

プラナリ愛「や……や……や?」


(5秒カウントダウンスタート!)


プラナリ愛「や……や?あ、"ヤバイTシャツ屋さん"……」

山口「ヤバイTシャツ屋さ「ん」……」

プラナリ愛「あー……!」

< 試合終了! >
(※しりとりの基本ルール、最後に「ん」がついてしまったので負けです!)


山口「あらー……!"ん"はねー、ダメなんだわ、うち……!(笑)」

プラナリ愛「そうですよね……」

山口「あー……出なかった?」

プラナリ愛「出なかったですねー。」

山口「出なかったねー。」

プラナリ愛「あ、あったわ……」

山口「あった?」

プラナリ愛「"山田隆夫"。」

山口「(笑) ……うんちくは?」

プラナリ愛「笑点の座布団運びをやっている……」

山口「ははは(笑) あの山田くんの山田?(笑)……あ!"ずうとるび"やってるわ……!やってる、やってる!それ出てきたらおもしろかったんだけどなー。惜しかったー。」

プラナリ愛「ちょっと……不覚ですね。」

山口「ヤバT、ヤバTって言うから、フルで言うと"ん"で終わるっていうのを忘れちゃうんだよなー。」

プラナリ愛「そうなんですよ。」

山口「惜しかったなー。残念。でも、是非また参加してください。」

プラナリ愛「今度はちゃんと準備をして頑張ります。」

山口「ありがとうございました。じゃあねー。」

プラナリ愛「はい、さよなら。」


……ということで1回戦は、いのろうの勝利!これで、2代目チャンピオンに王手がかかりました!

SCHOOL OF LOCK!


山口「いのろう!きたなー。」

いのろう「いやー、きましたね。あと1勝ですね。」

山口「 "ルイ・アームストロング、通称サッチモ" (笑) ……得意技出たもんな。」

いのろう「得意技です(笑)。」

山口「これ、あともう1人勝ち抜くと、2代目チャンピオンの称号をゲットできますよ。」

いのろう「(声をふりしぼるように) これ、めちゃめちゃ欲しいです……!」

山口「ははは(笑) 欲しいなー。これ、Twitterとかの自己紹介のところに"2代目ミュージシャンしりとりチャンピオン"って書いていいからな(笑)。」

いのろう「書きますね、これは。」

山口「ふふふ(笑) 頑張ってください。」


次の対戦相手の登場です!

山口「もしもし!」

yurun兵庫県 13歳 yurunです!」

山口「yurun、自信はありますか?」

yurun「いや……そんなにないんですよ。」

山口「ない?でもしりとりは前回聞いていた?」

yurun「聞いてました。」

山口「自分でも出来そうだと思った?」

yurun「いやー、これはまずいなと思いましたよ。」

山口「ははは(笑) でも応募しちゃった?」

yurun「はい。」

山口「得意なジャンルとかは?」

yurun「得意なジャンルは……特にないです。」

山口「普段はどんな音楽を聴いているの?」

yurun「ミセス先生とか……」

山口「じゃあ、バンド系か?」

yurun「はい。」

山口「これから対戦するいのろうっていうやつは、もう2人勝ち抜いていて、yurunを倒したら2代目チャンピオンになるんだよ。yurun、これを食い止めたらかっこいいぞ。明日、学校でモテモテだな(笑)。」

yurun「はい(笑)。」

SCHOOL OF LOCK!


山口「じゃあ、いってみましょうか。2人とも準備はいいか?」

いのろう「はい。」

yurun「はい。」

山口「まだまだ踊れる?」

2人「フー!」

山口「ははは(笑)」


【 第2回戦 】
<埼玉県/いのろう (16歳)> VS <兵庫県/yurun (13歳)>



山口「それでは、先行はいのろうで、加藤ミリヤの"や"からスタート!」

いのろう「"矢野顕子"……エハラマサヒロさんがものまねしている。」

山口「ははは(笑) 矢野顕子の"こ"。」

yurun「んー……えーっとなー……」


(5秒カウントダウンスタート!)


yurun「やばい……」

山口「お……」

yurun「……あ、あります!」

山口「はい。」

yurun「"コブクロ"!」

山口「うんちくは?」

yurun「えっと……多分なんですけど、2人で歌っていて……合ってますか?」

山口「合ってる!」

yurun「2人で歌ってる。はい、それで。」

山口「2人で歌ってる!OK! コブクロの"ろ"!」

いのろう「ろ……?ろ……」


(5秒カウントダウンスタート!)


いのろう「ろ……」

いのろう「ろ……ろ?」


(5秒終了!)


<試合終了!>


SCHOOL OF LOCK!


山口「あー!!残念ー!!!」

いのろう「ろって何すかマジで……」

山口「ろ……何があるかな?ROTTENGRAFFTY(ロットングラフティー)とか?」

いのろう「知らないです……」

山口「Robert Grasper(ロバート・グラスパー)とか。あ、ローリング・ストーンズも。」

いのろう「あ、マジか!」

山口「ははは(笑) 出てこなかったなー。」

いのろう「マジかー……超欲しかった……」

山口「惜しかったねー。残念だったな。でも2人勝ち抜いたからな。」

いのろう「そうだ……"ミック・ジャガーは子だくさん"でいけましたね。」

山口「ははは(笑) お前最高におもしろいなー。いいなー。」

いのろう「ありがとうございます(笑)。」

山口「でもまたチャレンジしてくれよ。」

いのろう「また帰ってきます。」

山口「うん、帰ってこいよ、いのろう。じゃあまたなー、ありがとな。」

いのろう「ありがとうございました。」

山口「ばいばいー。」


……ということで、yurunの勝利!


山口「yurun!コブクロは2人で歌ってるぞ。」

yurun「はい(笑)」

山口「勝っちゃったな(笑)。これ、また次も戦っていかなきゃいけなくなるぞ。練習しておいてくれよ。」

yurun「はい!」

山口「あと2回勝ち抜いたら、名誉ある2代目チャンピオンになれるから。」

yurun「はい!」

山口「それじゃあまた次回会いましょう。それじゃあなー。」

yurun「はい、さよならー。」

SCHOOL OF LOCK!


ということで、今回の対戦はここまで!

山口「いやー、勝負は分かんないねー。先生、いのろうが優勝しちゃうと思ってたんだよ。チャンピオンになっちゃうと思ってた。でも、yurunのラッキーパンチっていうかね(笑)。ラッキーパンチが響いちゃったなー……いのろうに。何があるか分からない。ということで、まだまだ、ミュージシャンしりとりに参加したい生徒を募集しています!我こそはというチャレンジャーは是非応募してください。続きはまた近いうちにね!ということで、また次回お会いしましょう!」

ミュージシャンしりとりに参加したいという生徒の皆さんは、[→コチラ]からエントリーをしてください!

SCHOOL OF LOCK!





SCHOOL OF LOCK!

サカナLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る