「宿題『じっくり読むと怖い歌詞』」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


今回の講義は、夏の終わりの「じっくり読むと怖い歌詞」特集。ふだんは普通に聞き流していたけど、じっくり読んでみたら、実は……怖いっ!(キャー!!)
そんな「じっくり読むと怖い歌詞」を特集していきます。


山口「生徒の皆さん、まだ暑い?……涼しくなっていきましょう……。」


★じっくり読むと怖い歌詞
ユニコーンの「幸福」です。
今で言う「家庭内DV」を息子から見た歌詞です。
私は中学生の時に聞いて、「こんな家庭なら居たくないな」と思ったのを覚えています。
「腐りかけた果物」でその家のすさみ具合が伝わってきて苦しくなります。

朝顔見たその夜 パパがママを殴った
外は蒸し暑い 僕は眠りたい
腐りかけた果物 パパはママにやさしい
いつになれば 僕は歩き始めるの
いつになればママは 愛から逃げるの
いつになれば君は ぼくを見つけるの
いつになれば夏は僕を忘れるの

一角獣
女性/愛知県





「はぁーーー怖い!!果物が腐っても誰も捨てない……もう家庭環境が崩壊してる。まだ歩けない僕は、赤ちゃん。でも、赤ちゃんはちゃんと見ていた……これね、DVの歌詞ですよね、多分。DVをする人が殴った後に「ごめんな……愛してるから殴っちゃったんだよ……」って言って優しくしているのを、赤ちゃんが見ているところを描写しているわけ。でもまだ歩けないから見ているだけ。その愛に縛られずに僕を置いてでも逃げるんじゃないかって。僕は気づいているっていうことをいつになったら分かってくれるんだろう……"いつになれば夏は僕を忘れるの"……ってこれはもう……怖い。これはユニコーン手島いさむさんが作った曲ですね。いい歌、書きますねぇ。」


★じっくり読むと怖い歌詞
じっくり詠まなくても怖いのですが
ドリカムの「忘れないで」

"季節が変わるごとにあなたに会いにゆくわ
新しい服を着て
心が痛むでしょう泣いたりはしないけど 少しやせた私を見て"

怖い…女性の情念…怖い ただただ怖い…

せーな
女性/山形県





「はぁーーー!!怖い!!!季節が変わる度に新しい服を着て、オシャレをして、あなたの行く先々に……あいつは……現れる!どんどん痩せていくあいつが、自分をじーっと見ているの!だんだん痩せていくのに服だけ新しいの!季節が変わっていく度に、新しい服を着て、遠くからこっちを見てるの……怖い!!またいる、あいつ!!」

「これね、ストーカー的な考え方で読むと非常に怖い歌詞ですからね。毎年毎年、季節ごとに年4回。服だけ着替えて痩せてゆく……、怖いね。いるよ……あなたのそばにも……いるよ。」


★じっくり読むと怖い歌詞
スピッツの"青い車"という曲です、、

"冷えた僕の手が君の首筋に噛み付いて弾けた朝
君の青い車で海へ行こうそして輪廻の果てへ飛び下りよう
終わりなき夢に落ちて行こう"

怖くないですか?

明るい季節。
女性/東京都




スピッツ/青い車

「いったい海からどこに行ってしまったのか……"輪廻の果て"とはこの世なのかあの世なのか……"終わらない夢の中"とは、魂に昇華してしまったのか……あー!!これ、ストレートだよね。曲は明るいんだけど。"冷えた僕の手"が首筋にがしーんっていっているのよ……そんな朝だから。これは朝といっても夜から始まっている朝だから。起きたわけじゃない、ぐるりんちょした朝。君の首に噛み付いたその手で、気を失った君を青い車の荷台に乗せて海に行くのよ……"輪廻の果てへ飛降りよう 終わりなき夢に落ちて行こう"って言ってんの。怖いねーーー、はーーーい!(笑) これは、殺して一緒に死のうよって、僕も一緒に死ぬよって……そういう怖い解釈もできるわけ。しかもこの青い車が、薄青い軽トラックだと思うとね……。でも分からない!僕、分からない!ひょっとしたら、青い車っていうのは車全体じゃなくて、荷台にかけたブルーシートかもしれない!それを見て青い車って草野(マサムネ)さんは言っているのかもしれない……!はーーー!……ふふふ(笑)。そう考えると怖いよねー。」

「……作り手は、時に、想像を絶する世界を知らぬ間に書き取ってしまう時がある。」

SCHOOL OF LOCK!



★じっくり読むと怖い歌詞
私が見つけた、じっくり読むと実は怖い…歌詞は、
YUKIさんの「JOY」という曲の最後の歌詞です。
それでは、お聴きください。

"どんなに離れ離れでも ふたりをつなぐ呪文はJ・O・Y
死ぬまでドキドキしたいわ 死ぬまでワクワクしたいわ"

いかがでしょうか?JとOとYのたった三文字で誰かと繋がれてしまうのかという…。そして死ぬまでドキドキワクワクしたいわという歌詞が続くことで、繋いだ本人の不気味な笑みが浮かんできます。私だけですかね。

もふもふピロー
女性/山形県




YUKI 『JOY』

「ひぃーーー!怖い!!離れていても一方的に"JOY"……喜びを強要され、死ぬまで一方的にドキドキワクワクされている……そんなの怖すぎる!ほっといてくれよもう、別れたんだからさ!!(笑) たまに届く……「JOY」というLINE。怖い(笑)!!……6年前くらいに別れたやつからたまに「JOY」ってLINEくるんだよね、って……こえー……こえーよ……そんなのないよ……。」

「ちょっともう、こわいから無視してたわけ……すると、週1でくるんだよね『JOY』って。だからもう……ブロックしちゃったね。もうあの魔法は届かない、僕に。……ピローンってメッセージくるから見るとね、『JOY』ってくるの。『J』ってきて、『O』ってきて、『Y』ってくるの(笑)。怖いね、怖いね……この逸話。怖い。」


★じっくり読むと怖い歌詞
加藤ミリヤ「ディア・ロンリーガール」

"マリア メイ アイ カオリ リナ サチ ナナ リサ
エミ アユミ レイナ アユ サラ ヒトミ
ナミ ミキ ヒロ ミホ トモ ノゾミ
今日もあたしはひとり
あなたの迎えを待つひとりで。。。"

チャンス到来
女性/愛知県


「はーーー!これだけ名前を呼んでも、どんなに名前を呼んでも一人なの。(資料をくしゃくしゃに握りしめながら……)これだけ名前を呼んでも誰も迎えに来てくれない……あんなに私の周りに人がいたのに……たったひとつの出来事でみんな私の元から離れていったの……あんなに人気者だったのに私……あんなに友達がいっぱいいたのに……今じゃ一人……誰も迎えに来てくれないの……!!」

「……うわ……怖いな……むっちゃ友達いたんでしょうね。で、友達がいっぱいいる自分が最高だったわけ。それがね、悲しいね……。そういう現代的な悲しい怖い歌詞だったっていうことですね。」

SCHOOL OF LOCK!


さて、今回の講義も終了の時間になりました。

「ミュージシャンというのは歌詞を書く時に「あれ?こんな歌詞書いたっけ?」って思うときもあるんですよ。それくらい入り込んでいるから。だから、考えて狙った通りじゃない解釈ができるところくらいまで入り込んじゃっている場合もある。スピッツ「青い車」とかは、解釈によってはとんでもない歌詞ですけど、幸せな人が聞いたら幸せにしか捉えなかったりするわけですから。そういったところもあるということも勉強になったかと思います。サカナクションにもじっくり読んだら怖い歌詞があるかもしれない。あったら、ぜひ教えてください。そんなサカナクションですけど……

(♪「忘れられないの」が流れてきて……)

……ツアーが決定しました(笑)、現実に帰るぞ〜。フーッ、きたー!!「忘れられないの」を提げて、ついにサカナクションが全国ツアーを回ります!前回のツアーはアルバムのリリースが延期になったために、アルバムツアーとは呼べないかもしれない。今回1月から始まるツアーはニューアルバムツアーと呼んでもいい。呼ぶべきである(笑)。詳しい日程はね、いろいろ回るんだけど、今ここで読み上げていくと大変だ。Twitterなどでも上がっているからね。結構細かく回るぞ。1月18日から4月12日まで、全国各地いろいろ行くぞ。なので、ぜひ遊びに来ていただきたいと思う!」

サカナクション 全国ツアー "SAKANAQUARIUM 2020" 特設ページ [→コチラ]


SCHOOL OF LOCK!

サカナLOCKS! 放送後記

もっと見る

ページトップへ戻る