「一郎先生から、サカナクションの近況報告。」

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年6月17日(金)PM 10:00まで




山口「はい、授業を始めますから席についてください。最初に、皆さんに謝りたいです。サカナクションの全国ホールツアー『SAKANAQUARIUM アダプト NAKED』大阪公演と京都公演を延期することになってしまいました。楽しみにしていた方がたくさんいらっしゃると思うんですけど、必ず良い状態でツアーをスタートできるように、チームサカナクション一丸となって頑張りますので、何卒ご勘弁ください。許してください。ごめんなさい。」

「サカナLOCKS!を聴いてくださっている生徒の皆さんは、僕が体調悪かったりメンタルもかなり落ちているのは分かってくれていたと思うんですけど。今はもう体調は大丈夫で、気持ちも大分戻ってきています。今、毎朝ウォーキングして、早寝早起き……この僕がだよ、どんだけ夜の曲を作ってきたのかっていうこの僕が0時には眠たくなっちゃって毎朝6時半起きとかですからね。で、毎朝ウォーキングして。雨の中でも!で、ちょっとずつ調子が戻ってきていて、まだ完璧ではないんですけど、僕は全然大丈夫です。」

「皆さん、ニュースとかで知ったと思うんですけど、諸事情がありまして……ここでは話せないようなことも他にもあって、万全の体制でツアーを迎えられないということで延期させていただくことになりました。Twitterでもいろいろ反応があって、厳しいことを言ってくださる方もいて。"良いスープができなかったから今日は閉店します系のラーメン屋みたいなバンドだったんだ……" っていうツイートとかもあって。決して僕ら的にはネガティブな理由で中止にしているわけではなくて、今後サカナクションが更に皆さんの期待に答えるバンドであり続けるためには、ここで一旦2ヶ所の公演を延期にして、大阪と京都は最終公演になると思うので、逆に成熟したライブを京都大阪の皆さんに観せてもらえたらなと。あと、本当はファイナル公演だったのにって思う人もいるかもしれないけど、そこはそこでちゃんと自分たちのモチベーションやピークを持っていくので、期待していただけたらと思います。」

「関係者の皆さんとか、いま僕はラジオで話をしていますけど、サカナLOCKS!の職員とか……それ以外にもたくさんいるんですよ。そういう方たちに多大なる迷惑をかけてしまったこと、何より、まずはファンの皆さんに心配をかけて嫌な気持ちにさせてしまったことをまず謝罪しなきゃいけないなと。僕が謝ったところで……っていうところもあると思うんだけど、僕がバンドの代表だから。皆さんに、報告兼、謝罪をさせていただきたいと思います。本当にご迷惑をおかけしました。サカナクションは次の段階に行くため、延期させていただくことになりました。いろいろと考察される方もいると思うんですけど、すごいシンプルなことなので。そのまま受け取ってもらえたらいいかなと思います。」

「僕は今、体の中で一番大変なのは痔だから(笑)。それをなんとかしないといけない。……長期移動が大変(笑)。痔のマットレスを持ち歩くってなったら完全に痔主(じぬし)でしょ?(笑) 自分を痔主だって認めるっていうことに、まだ抵抗があるから。いやいや、まだまだ全然痔主じゃないよ、一過性のものだよって思っていたいから。なんとかそこまでには痔を治したいと思っています。」

「バンド内も、良い感じに次のツアーをどう乗り越えようかとしているので大丈夫です。心配する方もいらっしゃると思うんだけど。僕もどういうテンションでSNSをアップしたらいいのかも考えたりしていたんですけど、皆さんのあたたかいコメントに支えられているし、DMもすごいきてますから。全部目を通していますのでね。本当に励まされています。心配ナッシングです。シンプルに時間が解決してくれる部分に頼りながらも、バンドで乗り越えていけたらと考えています。……まあ、大変だわ。」


職員「……1個だけ聞いて良い?」

山口「何ですか?」

職員「歌と痔って影響あるの?」

山口「歌と痔……歌っている時に痔の心配し始めたらよっぽど深刻ですよね(笑)。」

職員「『行くぞーー!!』って言った瞬間にピキってなる可能性あるの?」

山口「ない(笑)。」

職員「あ、よかったー。」

山口「ふふふ(笑)。ただ、ジャンプした時に痛いってなる可能性はある(笑)。」

職員「(笑)」

山口「でも、痔ってなるんですねー。」

職員「なりますよ。結構な確率でなります。」



山口「Twitterで痔になったって言ったら、女性の方でも痔主が多いんですね、意外と。整形外科行って、耳鼻科行って、ペインクリニック行って、肛門科に行きましたってツイートしたら、コメントで『役満ですね』って(笑)。」

職員「数え役満の方だ(笑)。」

山口「数えの方(笑)。麻雀よく知らないけどすごい笑った(笑)。暗いニュースがいろいろあった中で、その痔のニュースが出た時に、そうやってみんな明るく返信くれたりして。そういうのに助けられたね。」


山口「あとね、僕びっくりしたのが、Instagram Liveで近況報告をしたんですよ。2万2〜3千人の人が見ていて、すごいな、こういう時ってみんな見るんだなって思って。みんなコメントで何て言うかなって、コメント欄を見ていたら、コメント欄がバッジ……Instagramの投げ銭システムみたいなのでいっぱいになって。コメントが読めなくなったんです。みんなバッジを贈ってくれて、"○○さんがバッジを購入しました"っていう表示が次々出るから、コメントが(すぐに流れて)見えなくなるんですよ。コメントを見えなくするためにファンの人たちがバッジで隠してくれたの。配信している最中はそういう事情だって分からなかったんですよ、僕。なんでだろうなって思っていたら、後からマネージャーが、ファンの人たちがコメントが見えないようにバッジを贈ってくれていたんですよって。それ聞いて泣きそうになったもんね。」

職員「守ろうとしたんだね。」

山口「そう。本当に泣きそうになっちゃったよ。だから、これはちゃんと音楽で……こんなめちゃくちゃありきたりな台詞で、言葉に何の重みもなく感じるかもしれないけど、音楽でちゃんと返さなきゃいけないなと。音楽という自分たちの今まで信じてきたものでちゃんとお返ししなきゃいけないんだなっていう気持ちに強くなりましたよね。本当に、ファンに支えられているなって改めて強く感じました。」

「バンドって紆余曲折あるじゃないですか。バンド内での紆余曲折も……ここでちょっと愚痴こぼしたりもしたけど、良い時も悪い時もあるんですよ。そういうのもすごく身に沁みて感じたし、これからどういうサカナクションのストーリーが待っているのかっていうことに自分もワクワクできるように動いていかなきゃいけないなと思いましたね。」

「ライブを楽しみにしてくださった皆さん、本当に申し訳ありません。僕の方は相変わらずSNSも動かしていきますので。今考えているのは、大阪公演と京都公演があるべきだった日に、アコースティックライブを配信でやろうかなってエンジニアの浦本(雅史)さんと話しているので。その辺も楽しみにしていただけたらと思います。」


今回の授業は、ここで終了の時間になりました。

山口「サカナLOCKS!も次回からいつも通りの授業に戻ります。こういうことやってほしいとか、音楽業界についてこういう謎がありますとか、質問を投げてくれれば、僕の答えられる範囲で答えていきたいと思います。質問に答えていく回が久々にあってもいいかもしれないですよね。なので、どんどん宿題提出してください。」

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年6月17日(金)PM 10:00 まで


サカナLOCKS! 放送後記

もっと見る

LOCKS!SCHOOL OF LOCK!の講師陣

  • ミセスLOCKS!

    Mrs. GREEN APPLE

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • YAZAWA LOCKS!

    矢沢永吉

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • SEVENTEEN LOCKS!

    SEVENTEEN

  • 森七菜LOCKS!

    森七菜

  • adieu LOCKS!

    adieu(上白石萌歌)

  • 景井LOCKS!

    景井ひな

  • INI LOCKS!

    INI

ページトップへ戻る