『2万円あったら音楽にどう使いますか?』

20150423_s01.jpg


20150423_s02.jpg


今回は生徒の皆さんに出していた、宿題『2万円あったら音楽にどう使いますか?』の授業です。CDを買う、音楽をダウンロードする、LIVEに行く、グッズを買う……など、合計金額2万円以内で出来るだけ詳しく考えてもらいました。

山口「ちなみに、先生が一番良い2万円の使い方だと思った生徒には、それを実行してもらうために、本当に2万円をプレゼントするぞ!……もうこれ、毎月やろう!(苦笑) 前回の、『1万円あったら音楽にどう使いますか?』のときにも生徒によって本当にいろいろな音楽の使い方がありましたけど、今回は予算が倍!2万円。先生だったらどう使うかな……、10代の頃の俺なら、確実にヘッドフォンだね。先生もう、ヘッドフォンずっとしょぼいのを使っていたんで、イライラ、イライラしてましたからね。出来るだけ高いのを買いますね。」

20150423_s03.jpg


それでは、早速紹介していきましょう。



まずは、Amazonで以前から興味のあるFlight Facilitiesのアルバム『Down To Earth』1658円と、Oasisのアルバム『Time Flies...1994-2009』1685円を買います!
残ったお金で、12799円のレコードプレーヤーと、サカナクションの『INORI EP』3800円を購入!全て送料無料。合計で19942円です!!
先日発売されたアナログ盤3作品を勢いで購入したにもかかわらず、プレーヤーがないという悲しい事態に陥ってしまった私をどうか助けてください!一郎先生、お願いします!
ゆふまろ
女/16/東京都




「お!フライト・ファシリティーズ(Flight Facilities)。これ、フライト・ファシリティーズとオアシス(Oasis)って、ジャンル全然違うぞ。すごいねー。先生、フライト・ファシリティーズの『Crave you (feat. Giselle)』って曲がすごい好きですね。Oasisだったら『wonderwall』って曲が好きだね。ほー……16才の女の子でフライト・ファシリティーズ聴きたいって思うのは素晴らしいですね。オーストラリアのエレクトロの人たちなんですけど、オーストラリアって、日本と環境が似ているんですよ。英語圏だけどヨーロッパとアメリカの音楽が同時に入ってくるから。だから欧米の良いところが混ざって、独自の音楽が作られているんだよね。だから結構面白いバンドとかいっぱいいるんですよね。ニュージーランドとかもそうだね。なので、探してみると良いと思いますよ。モジュラー・レコーディングス(Modular Recordings)っていうレーベルが格好いいよ。」


Flight Facilities - Crave you feat. Giselle


Oasis _ wonderwall


モジュラー・レコーディングスYouTubeチャンネルを見てみよう![⇒コチラ]



私は2万円があったなら、自宅でレコーディングをするための機材と好きなアーティストのCDを買いに行きます。自転車で移動するので交通費はゼロ!100円で駐輪し、ヤマハへ行きます。iPadにも接続可能なローランドのインターフェイス(7430円)とオーディオテクニカAT2020のマイク(9235円)を購入!また、タワレコに行って、5月6日に発売されるNIHA-Cのファーストアルバム『BRIGHT LIGHT』(2484円)を購入します。計、19249円!
はる
女/18/大阪




「2万円でレコーディングをするための機材、買えるか? “自転車で移動するので交通費はゼロ”……計算が細かいね、良いね(笑)。インターフェイスっていうのは、音を取り込むために通過する機材。なるほどー。でもこれ、インターフェイスとマイクがあるだけじゃだめで、ケーブルがないとダメだからね。これ、ケーブルの値段が入ってないな。ケーブルだけ持っている……ってことはないな(笑)。でも、音楽を作るため、聴くため、両方に使いたいっていう考え方は素晴らしい。しかもNIHA-Cってラッパーなんですね。HIPHOPなんですね。先生も聴いてみよう。……なかなか良い使い方だぞ。」

20150423_s04.jpg




高くて変えなかったCDを買います。
『Crydamoure Presents WavesII』 3946円
『Rej』(Ame) 3833円
『Irr_versible』(Thomas Bangalter) 2614円
『kraftwerk』(kraftwerk) 4707 円
『kraftwerk2』(kraftwerk) 4349円
残ったお金で、『Sunset girls』(de de mouse) 450円
le knight crab
男/14/神奈川県




「お、これは前に書き込みを紹介した子ですね。……ハハハハ!(笑)先生もこれ持ってるぞ。でも、これ、先生が聴いていたの……(当時)19才とかの時だぞ。相当前なので、まだ存在しているのかな。値段を書いているってことは、見つけたってことだよね。これ、1作目も良いぞ。次、アーム(Ame)の『レイ(Rej)』。フランスのDJチーム。それと、トーマ・バンガルデル(Thomas Bangalter)……ダフト・パンクの片割れですね、これはサントラ盤だと。ほー……。なんか、すごいフレンチのテクノに興味があるみたいですね。なんかフランス人って、耳の形状上、低音が日本人より聴き取りにくいんですって。だから、低音をより盛り込むんですよ。すると、コンプがかかって、キックが潰れて存在感がある音になるんですね。それが結構一時期流行って。……僕が20歳くらいの時じゃないかな。ダフト・パンクが出始めくらいの頃。フランス人って移民で、黒人も結構入ってきていて、グルーヴが黒いんですよ。面白いんですよね、向こうのテクノって。この子面白いねー。14才でそこに行っているのって、結構なオタクだと思うけどね。いいねー。」

20150423_s05.jpg




2万円があったら、私なら……。前々から狙っていた、白色のホウキとチリトリ柄のワンピース7500円と、今まで安いイヤホンしか使ったことがなかったので、4500円位でイヤホンを買い、良い音で音楽を聴き、BIGMAMAのライブ、母の日公演にお母さんを連れて行きたい。チケット代3988円×2で7976円です。
(計 19976円)
きもした
女/21/兵庫県




「……まずお前、白色のほうきとちりとり柄のワンピースって……音楽じゃないぞ(笑)。19,975円のうち7,500円はもう音楽じゃないじゃないか。これは悪い例だな……(笑)。」



僕は2万円を使い、5/30・5/31に行なわれるTAICOCLUBに行ってAutecherが見たいです。交通費が名古屋から電車で往復4000円弱。チケット13000円。あとは、会場までの送迎バス代に。Autecherが見たいです!
ネアィ
男/16/愛知県




「ハハハハ!(笑) ……生徒諸君、知ってるか?オウテカ(Autecher)って。バキバキなやつだ。ライブ行ってみろ……真っ暗だから(笑)。何も見えない感じだぞ。それに行きたいと。先生もオウテカ見たいなー。何時くらいに演るかな。いい時間にやると思うぞ。交通費、名古屋から4,000円弱で行けるんですね。おー。16才の高校1年生が。いいねー。……先生、TAICOCLUB、去年出ましたけど、TAICOCLUBで使われているスピーカーが、ヴォイド(VOID)っていうスピーカーで、アジアで2台しかないんですよ。それをTAICOCLUBは会場に持ち込んでいて。普通、低音ってそれが聴こえてくるまでに時間がかかるので、キックがドン、ドン、と鳴っている時に、リズムが粘っこくグルーヴ作られるんですけど、ヴォイドって低音がものすごく速く聴こえるんですよ。だから自分に届くまでがすごい速いし、すんごい低い音までしっかり届くから、このヴォイドを体験するためだけにもTAICOCLUBに行くっていうのは結構オススメじゃないかと思いますね。分かってるねー。しかも、オウテカみたいな音楽は、ヴォイドにピッタリ合うからね。ちょっとこれ、いいなー……。先生もTAICOCLUB行こうかな、暇だから(笑)。フフフ。ネアィ、なかなか良いぞ!」

20150423_s06.jpg




もし2万円あったら、私は以前から気になっていたステレオ・スピーカー内蔵で、更に音源をデジタル化できるレコード・プレーヤー、ION audioのArchive LP(税込 9980円)を買います!更に買えていなかった、残り2つの『NIGHT FISHING』と『シンシロ』のアナログ盤(各 4104円)を買います!そして、休日はレコードを聴きながら珈琲を煎れて、ジャケットやライナーノーツを眺めたい!想像しただけで興奮しますね。もし今回選ばれなくても、初めてのボーナスが出たら絶対に実行しようと思います!
美容師のタマゴ
女/20/千葉県




「これ、彼女が買おうとしているアイオーンオーディオ(ION audio)……他にもメッセージをくれた子にもいたんだけど、このレコードプレーヤー、結構良いよ。サカナクションのキーボード、岡崎先生の誕生日プレゼントにメンバーから昔、プレゼントしたことがあって。音は良いとは言えないけど、レコードの音をデジタル化できるっていうのは結構良いんですよ……iPodで聴けちゃうからね。9,980円って、値段的にもお手頃だし、レコード初心者にはすごく良いんじゃないかと思います。直接そのプレーヤーから音も鳴るしね。これ、なかなかオススメですよ。」

■ION AUDIO "Archive LP"

今回は以上。ということで、宿題を送ってきてくれた人の中から、実際に2万円をプレゼントする生徒を決めていきましょう!

20150423_s07.jpg


「これ、迷うねー、正直。みんなちゃんと考えているし、新しい音楽体験をしようとしている人がいっぱいいる。……先生決めらんないなー……。でも、決めなきゃダメですよね。あー……。このレコードプレーヤー買いたいって言っている美容師のタマゴちゃんも良いしね。16才でオウテカ体験したら結構くらうなー……。14才のフレンチ・テクノにハマっているle knight crabも、結構良いね。……はる、レコーディング機材を買いたいってやつね。彼女も良いね。この子もきっちりバランスとって考えているね。……でも、音楽業界の人間からすると、14才でフレンチ・テクノを聴いている子がいるっていうのは明るい未来だね。だし、聴いてどうだったかっていう感想を聞きたいって気持ちもあるので……今回は、le knight crab君!2万円プレゼントします!

(♪Stardust「Music Sounds Better With You」が流れて……)

「……あ!これ、めちゃくちゃ流行ってましたよ、札幌で。MORROW ZONEっていう、今で言うちょっとチャラいクラブで、めちゃめちゃ踊っていましたよ。結構ディスコですよね。この"♪チャラッチャラ"ってやつは、実はサカナクションの『インナーワールド』が結構影響を受けてやっているんですよ。……ほら、このキックがすごいでしょ?低音が存在感ある感じ。これフレンチ・テクノ特有なんですよ。だからこのle knight crab君が欲しいって言っている『Crydamoure Presents WavesII』の曲は、ほとんどこれ(笑)。そのle knight crab君に2万円プレゼントしようと思います。おめでとうございます!」

ということで、le knight crab君!おめでとうございます。2万円で購入したそれぞれのアルバム、聴いた感想をぜひ送ってきてください!
さて、本日の授業もそろそろ終了の時間になりました。

20150423_s08.jpg


「やっぱりみんな、2万円は大金だから、結構、慎重に考えてきているね。あと、今日紹介しきれなかった中にも、フェスに行きたい……愛知県である地元のフェスに行きたいとか、阿蘇であるフェスに行きたいとかね。結構いろんなのがあったけど。みんな音楽に飢えているんだなっていうのを知ったし、お金をプレゼントするって、ちょっと正直、先生方からすると……ちょっとゲスいっていうか……ちょっと気が引けるって部分もあるんだけど。でもみんなが健全に音楽に使ってくれるんだったら、頻繁にやっていきたいなー。ちょっと校長に交渉しますので、みんな楽しみにしていてください!校長、出してくれるかなー……先生ちょっと、歌詞書きでなかなか授業に出ていなかったから、職員会議でも肩身が狭いんだよな(笑)。」

20150423_s09.jpg

サカナLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る