過去の投稿

August 2014 の投稿一覧です。
カテゴリー: SEKAI NO OWARI
投稿者: sakamori
20140829_se01.jpg


現在、10月4日〜6日までの3日間開催されるSEKAI NO OWARIワンマンライブ『TOKYO FANTASY』のSCHOOL OF LOCK! 特別先行電話予約を受付中!

・・・といいつつこの特電実施は【8月30日(土)12時】まで!!!!!!!!!
なのでこれを読んでる時間によっては「もう終わってんじゃん!」とツッコんでいる生徒もいることでしょう!ごめん!!!

では、今夜の授業にいきましょう!
今夜は『閃光ライオット2014ファイナルチェック』!!!!!!!!!!!!!!!

いよいよあさって8月31日開催!
10代限定!蒼きLOCKフェス『閃光ライオット2014』!!!

今年も1万通以上のデモテープの中から選ばれた10代のアーティストが東京に集結!
しかも今年のファイナル会場は新木場スタジオコースト!

(閃光ライオット2014について詳しくは【 →コチラ 】のオフィシャルサイトをチェック)

今夜は出場するファイナリストの中からセカオワ先生が気になったアーティストを紹介していきます!
まずはSaori先生が気になったアーティストはこちら!!!


M 叫んだ歌 / Climbgrow(プロフィールと音源は【 →コチラ 】)


20140829_se02.jpg


Saori「いやもうカッコいいよね」

Nakajin「風格ありますよ」

Fukase「これは僕も好きですよ」

DJ LOVE「しかも17歳ですよ、これ」

Saori「声がさ、高い音になった時にちょっと嗄れる歌い方ができるのがいいよね」

Fukase「俺嗄れないもん、どんなにやっても『ハ〜♪(美声)』ってなっちゃう」

全員「(笑)」

Saori「そうなんだよね。Fukaseくん散々練習してたもんね」

Fukase「したよ〜、でもできなかった!」

Saori「どうやるんだー! って散々叫んでたもんね。でもこれはもう喉の特性だから仕方ないよね」

DJ LOVE「これはモテるだろうな〜」

Saori「モテるでしょうよ〜!」

Nakajin「滋賀は毎年カッコいいのを輩出してる気がするな〜。甲子園でいうところの大阪みたいな」

DJ LOVE「競合ひしめく感じね」


では続いてFukase先生が気になったアーティストを紹介しましょう!


M sub/objective / ぼくのりりっくのぼうよみ(プロフィールと音源は【 →コチラ 】)


20140829_se03.jpg


Fukase「激押しです僕は」

DJ LOVE「16歳でこれはオシャレすぎるよ〜」

Nakajin「すごいね。しかも頭もいいらしいよね」

Saori「どうなってんだろうね、すごい」

Fukase「素晴らしい。声もいいしトラックもいい」

Nakajin「声も写真からは想像できない感じだったね」

DJ LOVE「大人っぽいよね。クールというか。16歳ってイエー! って時期でしょ普通」

Nakajin「そう。荒削りさがないんだよね」

Fukase「そうそう。もうデビューできるよね。完成度が高い」


では続いてNakajin先生が気になったアーティストを紹介!


M Pig me mam もっと / アルキツカレテ(プロフィールと音源は【 →コチラ 】)


20140829_se04.jpg


Nakajin「僕がいいなと思ったのは、サビの後半の置き方がすごいカッコいいと思ったんですよ」

Saori「うん」

Nakajin「なんかちょっとシンコペしてくる感じがカッコよくて、サビをこういう風にリズミカルに作るやり方っていうのに僕は最近凝ってるんですよ」

Saori「なるほどね」

Nakajin「僕はこういうリズムで遊びながらみたいな作り方苦手だから、なんかすげぇいいなぁと思いました。そこにグッときた」

Saori「うんうん」

Nakajin「写真は5人中4人が目に前髪がかかっているけどもカッコよかった」

DJ LOVE「面接だったら落とされちゃうよこれ」

全員「(笑)」

Nakajin「でもライブ楽しそう。みんなで大合唱系」

Saori「フェスとか似合いそうだよね。みんな楽しんで欲しい」

DJ LOVE「じゃあここで俺なんですけど...」

Nakajin「ん?なんでそんな下からなの?」

DJ LOVE「ホントね〜、なんで俺が? どの立場で?って感じなんですけど...」

Fukase「どのツラ下げてってやつですよ!」

DJ LOVE「そうですよ!僕は今年からスタートしたダンスステージで一番気になったダンサーを発表するという」

全員「(笑)」

Fukase「そんなダンスの権威みたいな感じになってるんですか?」

DJ LOVE「違いますよ! ペーペーですよ! でもまぁ時間も迫ってきてるんで発表しますけど」

全員「(笑)」

・・・ということで、授業前に急遽ダンスステージのダンサー発表を職員からムチャブリされたLOVE先生!
でもLOVE先生はライブで幾度となくオーディエンスの前で華麗なダンスを披露してきています!
自信をもって発表していただきましょう! DJ LOVE先生が最も気になったダンサーは...

DJ LOVE「宮崎県のYoshikiくんです」(Yoshikiくんのダンス動画は【 →コチラ 】)

Fukase「なるほど」

DJ LOVE「1人なんですよ、出場者の中で唯一。これはね...」


20140829_se05.jpg


Fukase「あなたもステージで1人で踊ってるじゃない」

DJ LOVE「俺は1人では踊ってないですよ。これは大変だと思いますね」

Nakajin「そっか、必ずバックダンサー引き連れてるもんね」

Saori「1人で踊りたくなっちゃったの?」

DJ LOVE「そういうことじゃないよ(笑)」

全員「(笑)」

DJ LOVE「1人でやってるのがスゲぇなって思うし、あとムカつくことにたぶんモテますよ彼」

Fukase「さっきもモテるって話してたな(笑)」


20140829_se060.jpg


Saori「モテるだけじゃないですよ、始めたきっかけはモテたいかもしれないけどそうとは限らないし」

DJ LOVE「爽やかなんだもんルックスも! ちょっとモテそうで嫌だなって思うんだけどそこがいいなっていう」

Fukase「なんで嫌なの? いいじゃん別に!」

Nakajin「グッときたポイントっていうか嫉妬したポイントじゃないの(笑)」


20140829_se07.jpg


DJ LOVE「いいな! いいな!っていう(笑)」


・・・ということで以上!セカオワ先生が気になるファイナリストを紹介してもらいました!
日曜日の閃光ライオット2014ファイナルに遊びにくる生徒はぜひ【 →コチラ 】のオフィシャルサイトで、各アーティストの音源やダンサーの映像をチェックして当日に臨んで下さい!
そうすれば当日が2倍にも3倍にも楽しくなること間違いなし!

そして最後にセカオワ先生から夏の終わりの宿題を提出します!

「あなたが思う『FANTASY』を30文字以内で書きなさい」

自分が経験したことでも、想像で考えてもらっても何でもOK!
自分なりの「ファンタジー」を30文字という限られた中で表現して下さい!
グッときた回答を送ってくれた生徒には、セカオワ先生の映画『TOKYO FANTASY』の劇場鑑賞チケットをプレゼント!!!!
欲しい生徒は【セカオワ掲示板】に今すぐ書き込んで下さい!!!
応募の〆切は8月31日24時まで!たくさんの応募、お待ちしてます!


それでは、また来週!!!


20140829_se08.jpg
カテゴリー: SEKAI NO OWARI
投稿者: sakamori

20140822_se01.jpg



Nakajin「今夜はまず、生徒のみんなにお知らせがあります!」

DJ LOVE「なんでしょうか?」

Nakajin「僕らの新曲『Dragon Night』が10月15日にリリースされます!」

全員「(拍手)」

Nakajin「映画『TOKYO FANTASY』でラストに流れる曲です!」

Saori「突然の新曲だよね。この映画で披露するために作ったとかではなかったんだけどね」

Fukase「そうだよね。気が付いたら監督に歌わされてたみたいな(笑)映画の曲になるとは思わなかったよね」

Saori「もっと前にリリースする予定だったりして、映画の時にはリリースされてるか?っていうイメージだったんだけどね」

DJ LOVE「それがなぜか映画で初披露みたいな形になっちゃったね」

Nakajin「去年の富士急ハイランドでやった『炎と森のカーニバル』のドリンクコーナーってさ、飲み物の名前が僕らの曲名だったじゃない?」

Saori「そうだね」

Nakajin「その中に『Dragon Night』っていう名前の飲み物があったんだよね。実は」

DJ LOVE「その時は『これなんだ?』って思ってた人が『やっぱり曲として存在したのか! 』ってなってるかもしれないね」


20140822_se02.jpg



Nakajin「だからその頃からあった曲なんですよ」

Saori「その時のライブでもセットリストに入ってたんだよね」

Fukase「そう。で、リハの時に俺がカットしちゃったんだよね。リリースが決まってない曲やってもしょうがないだろ、って」

Nakajin「しかもその時のアレンジと映画で流れてるアレンジは全然違うしね」

Saori「だからあの時ドリンクコーナーに『Dragon Night』があったのは単に消し忘れただけなんだよね(笑)」

Fukase「いろんな人に『あれ何?』って聞かれて知らないフリしてたんだよね。ま、適当なバンドだからね(笑)」


20140822_se03.jpg



・・・ということで、セカオワ先生の新曲『Dragon Night』のリリース日がついに決定!
映画で聴いた人も、まだ聴けてない人も、この【 セカオワLOCKS! 】に音源が届き次第すぐにオンエアするので(いつになるかはまだ未定!)楽しみにしてて下さい!

そして明日、8月23日はDJ LOVE先生の誕生日!
きっと24時を過ぎると【 セカオワ掲示板 】にたくさんのお祝いメッセージが届くと思います!(これを読んでる人はすでに23日以降の人もいると思いますが)
ちなみにDJ LOVE先生は2万とんで29歳になるそうです!

では、今夜の授業にいきましょう!
今夜は『SEKAI NO OWARIとコピバンライオット』!!!!!!!!!


8月31日『閃光ライオット』ファイナルステージが行われる東京新木場スタジオコーストで同時開催されるコピバンライオット!!!
(閃光ライオットについて詳しくは [ →コチラ ] をチェック!!!)
今週ついに、コピバンライオットに出場するアーティストも決定!閃光ライオットがどんどん近づいてきています!

そこで今夜は、SEKAI NO OWARIをコピーしようと思っている生徒に向けて4人がアドバイス!
4人が自分達の曲を演奏する上で感じていることを話し合ってもらいました!

Nakajin「ウチらのコピーは大変だよね」

Saori「大変だと思うなー」

Nakajin「何人いればできるんだってくらい音使ってるからね」

DJ LOVE「じゃあ、ギターからいってみる?」

Saori「ギターが一番難しい曲ってなに?」

Nakajin「なんだろうなぁ...」

Fukase「Nakajinがなんやかんやで一番間違えてるのって『花鳥風月』だと思うんだよね」

Nakajin「(笑)」

Saori「『花鳥風月』間違えてるよね(笑)」

Fukase「なんであんなに間違えるんだろうってぐらい間違えてるよ(笑)」

Nakajin「意外と難しいんですよ。あと間違いが目立つ! ごまかしがきかない曲だね」

Fukase「ごまかしがきかない曲って難しいよね」

Nakajin「意外と縦に動くんだよな指板の上を。ハイポジションも使うし。ホントすみません...」


20140822_se04.jpg


全員「(笑)」

Fukase「『illusion』とかさ、途中ギターとピアノの掛け合いあるじゃん。あれ難しいのかなって思うんだけど、そんなにミスったりしないよね」

Nakajin「そんなにミスらないし、ミスったとしてもオリャー!って勢いでごまかせる感じだよね(笑)」

Fukase「歪んでるギターで始めるとバレないよね」

Nakajin「それで言ったら意外と『幻の命』とか難しい」

Saori「それはピアノもそうですよ」

Nakajin「そう?」

Saori「ああいう音の曲って1音でもミスったりすると違うって分かっちゃうからね。歌は『幻の命』難しくないの?」

Fukase「いや、難しくないかな。難しいのは『スターライトパレード』と『RPG』」

Saori「そうなんだ」

Fukase「キーが高いのよ。これがなぜか一番TVで演ってるし(笑)」

Saori「この2曲はピアノもアルペジオ高速プレイが入ってるから意外と難しいな」

Nakajin「でも得意でしょ、ああいうの」

Saori「そうだね、得意っていうか好き」

Nakajin「Saoriちゃんは意外にリズムプレイが苦手だよね」

Saori「うん。普通のバッキングみたいなのが結構苦手なんだよね(笑)」


20140822_se05.jpg


Nakajin「普通逆だと思うけど(笑)じゃあさ、演奏の見せ場でいうとどういうのがあるかな?」

DJ LOVE「ギターだったら『インスタントラジオ』の最後のギターソロとかそうだよね」

Nakajin「そうだね。じゃあ僕らの音楽をコピーするにはどうしたらいいんだろうね?」

Fukase「あれ買ってくれたらいいんだよ。ボーカルとギターとピアノだけ抜いてあるCD付きのスコア」

DJ LOVE「俺のパートだけ入ってるCDね。あとは練習あるのみでしょ」

Nakajin「ボーカルは何かある?コピーするにあたって」

Fukase「俺のコピーってこと?俺の場合はすごい息を吐いて歌うわけ。でもすごい息を吐くとピッチが安定しなくなるし伸びもなくなるんだけど、これはもう俺自身の問題だからしょうがないと思う。でも同じやり方で歌おうとするとすごく下手に聴こえちゃいやすいかもしれない」


20140822_se06.jpg


Saori「やだなぁそれ(笑)」

Fukase「だから息を少なめにしてハッキリ歌ったほうが響きも力強さもあるわけよ。例えば...♪し~ろい星が振る夜に~♪(テノール歌手みたいな歌い方)」

全員「(笑)」

Fukase「こんな感じになっちゃうよね(笑)」

Nakajin「なっちゃうね(笑)だから好きな方をキミが選べばいいってことね」

Saori「LOVEのDJについては何かある?」

DJ LOVE「機材が高いよね、まず」

Fukase「CD付きのスコア買ってくればできるからさ、CDプレーヤーを肩にかついでそれ流したら(笑)」

DJ LOVE「そうするとすっごい暇だと思うけどね(笑)」

Fukase「そうだね(笑)でも楽器がなにもできないけどバンドやってみたいって人にはいいかも」

DJ LOVE「あとはプレーヤーをちゃんと隠してそのCDの音を流して“やってる感"だけ出すとか(笑)」

Nakajin「CDJを買えたらもちろんそれが一番いいけど、本当に高いもんね」

DJ LOVE「PCDJだったらそれより安くすむから、PC持ってるならそれから入るのもいいかもしれないけどね」

Nakajin「LOVEさんはライブ中なにやってるんですか?っていう質問がTwitterとかにもよくくるんだけど、せっかくだからここで答えちゃう?」

DJ LOVE「何やってるか...みんなが出してない音を全部出してるってことだけどね」

Fukase「あれ震えると思うけどね、俺なら」

Nakajin「いやホント、超デリケートな仕事だよね」

Fukase「例えば『虹色の戦争』だったら最後の♪消えてしま~うのだろ~う♪のところで音を止めてタメを作ってからタイミングを合わせてまたボタン押さなきゃいけないじゃん」


20140822_se07.jpg


DJ LOVE「あれ、止める人いないらしいよ普通」

Fukase「あれは俺のワガママなんだけど、クリック上で入っていくのが苦手っていうか、クリックで決めるとカチっとしちゃうじゃん」

Nakajin「そうだね」

Fukase「あそこのタメは会場の雰囲気で決めたいっていうかね。だからアレはすいませんって感じ(笑)」

(クリックについてはぜひググって調べてみよう!それでも分からなければ【 サカナLOCKS! 】で山口先生に質問するのもアリだぞ!←丸投げ(笑))

Fukase「普通はずーっとクリックが鳴っててそれに皆が合わせるんだけど、それを無視してPCが音を止めるって危険なんだよね」

Saori「ホントに危険だよね」

Nakajin「そんなことやってるの僕らだけだと思うよね」

Saori「普通は止めたりしないんだよね」

DJ LOVE「本当に毎回ライブが上手くいっててよかったと思うよ」

Fukase「上手くいかなかった時もあるけどね(笑)ま、それも含めて面白いと思います」

Saori「こんなところかな、アドバイスにはなってなかった気がするけど(笑)」

Nakajin「そうだね(笑)まぁ、コピバン現れるか気になるところですね」

DJ LOVE「いるなら本当に見てみたいけどね」


20140822_se08.jpg


Saori「ぜひいたら【 セカオワ掲示板 】に書き込んで下さい!」


・・・ということで今回はセカオワ先生のコピーをする上でのアドバイスをしてもらいましたが、
アドバイスというより、SEKAI NO OWARI の舞台裏を垣間みれた感じがしてすごく興味深い授業になったと思います。
(実際の放送を聴いてもらった人は音楽を流しながら説明していたのでもっと楽しめたと思います)
実際にセカオワ先生のコピーをしているという生徒がいたら、ぜひ教えて欲しいし「ここってどうしたらいいですか?」などの質問も大歓迎です!

それでは今夜の授業はこれにて終了!
来週は、10月4日〜6日に行われるセカオワ先生のワンマンライブ『TOKYO FANTASY』のSCHOOL OF LOCK! 特別先行予約を実施します!
SCHOOL OF LOCK! FRIDAY の授業時間内のどこかで実施するので、セカオワLOCKS! の時間以外も必ず出席するように!
また来週!!!
カテゴリー: SEKAI NO OWARI
投稿者: nakashita

20140815_se01.jpg


Nakajin「本日ついに、映画『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』が公開になりましたー!」

全員「(拍手!)」

Nakajin「今日見に行ってくれたという生徒もいるんでしょうか?」

DJ LOVE「たくさんいるでしょう!」

Nakajin「実はこの映画の中で、10月リリース予定の新曲『Dragon Night』が披露されています」

Saori「突然の新曲!」

Nakajin「最後に流れるんですけど、途中でもFukaseさんが弾き語りしながら曲づくりについて悩んでるシーンもありますね」

Fukase「はい」

Nakajin「しかもこの映画は47全都道府県で公開されます!」

DJ LOVE「これ、すごいことらしいね」


20140815_se02.jpg


Nakajin「すごいことらしいですよ。公開される時期はバラバラなんですけど、生徒のみなさんもぜひ劇場に行って映画と新曲の感想を聞かせて下さい!」


・・・ということで、祝・映画公開!!!
Nakajin先生が言ってましたけど、公開される時期が地域によってバラバラなので、
[ セカオワ掲示板 ]に感想を書き込む時は、まだ見れてない生徒のためにネタバレ禁止でお願いします!

そして、映画公開から2日前ですが、Saori先生の誕生日でしたー!
生徒のみなさん、たくさんのおめでとうメッセージありがとうございます!

それでは、今夜の授業にいきましょう!
さきほど映画『TOKYO FANTASY』についてお話をしましたが、TOKYO FANTASYといえば、
10月4日〜6日に富士急ハイランド?で開催されるセカオワ先生のワンマンライブ『TOKYO FANTASY』もあります!!!
そしてこのライブにはなんと、ゲストアクトとして海外からOwl City(アウル・シティ)の参加が決定!
生徒のみんなには「アウル・シティって何?どんな人なの?教えて偉い人!」という人も多いでしょう!そこで今夜はこんな授業をやります!

『勝手にOWL CITY LOCKS!』

TOKYO FANTASYに参加してくれるOWL CITYとはどういうアーティストなのか?
生徒のみんなにもぜひ知ってもらいたいということで、今日はOWL CITYの曲を聞きながら、魅力を伝えていきたいと思います!
まずは、この曲から!


M FIREFLIES / OWL CITY


まず、OWL CITYとは?
アメリカミネソタ州出身のシンガーソングライター「アダム・ヤング」によるソロプロジェクト!
紡ぎ出すメロディーは「ドリーミー・エレクトロポップ」と称されるほどの美しいサウンドです。


Nakajin「ドリーミーですよね。特にこの曲はその最たるものというか」

Fukase「Fireflyってのは蛍のことだよね」


20140815_se03.jpg


Nakajin「この曲は1stアルバムに入ってるんですけど、僕は最初から好きで。みんなにオススメしてたっけ?」

Fukase「した」

Saori「私はFukaseくんから聞いた」

Nakajin「当時僕は大学生だったかな。その頃から聞いてます」

Fukase「で、なぜこのOWL CITYがTOKYO FANTASYに参加するのかというと...それは言えないんですよ」


20140815_se04.jpg


全員「(笑)」

DJ LOVE「ま、色々あって言えないんですよね(笑)」

Fukase「今年の何月くらいかね?あれ」

Nakajin「7月くらい?」

Fukase「7月だったっけ?その頃からコンタクトを取っていて」

Saori「ゴニョゴニョしてるんですよね」


20140815_se05.jpg


Fukase「そう。ゴニョゴニョしてるんですよ(笑)で、この前来日した時も会ってご飯食べたりね」

Nakajin「NANO-MUGEN FES.に来てたんだよね。それを見に行って、さらに一緒に焼き鳥を食べにいって」

DJ LOVE「アダムはSaoriちゃんと同い年だっけ?」

Saori「うん」

Nakajin「焼き鳥食べに行って納豆まで食べさせたりね(笑)」

Fukase「そうだったね(笑)まぁとにかく詳しい理由は今は言えないというか、TOKYO FANTASYが開催される頃には言えるのかな」

Saori「そうだね」

Fukase「どんな人なのかというと...優しい人だよね」

Nakajin「お酒も飲まなかったよね、一緒にご飯食べに行った時も」

Fukase「あ、俺達おみやげあげたよね。大正琴」

DJ LOVE「日本のトラディショナルインストゥルメントって言ってね(笑)」

Nakajin「トラディショナルにしてはマニアックなところいっちゃったけどね(笑)」

Saori「すごいシャイな人だったね。海外の人ってゴリゴリでガツっとくる人が多いイメージだけど、このシャイな人がこれからかける曲を書いてると思うとすごくいいなと思う」

Fukase「そうだね、じゃあちょっと聞いてもらいましょうよ」


20140815_se06.jpg



M GOOD TIME / OWL CITY & CARLY RAE JEPSEN


Nakajin「この曲は聞いたことある人多いと思うよね」

DJ LOVE「CMでも使われてるしね」

Fukase「この曲は何を歌ってるのかというと...なんて言ったらいいのかな...『いつもGOOD TIMEだから大丈夫だ!』っていうか」

Saori「ざっくり言うとそうだね(笑)」

Fukase「この曲、すごく哀愁があるんだよね。勝手に解釈すると、単純にアゲてるだけじゃなくて色んな苦しみも悲しみも乗り越えてこの曲がある気がしてるんですよね」

Nakajin「そうだね。じゃあそろそろ授業時間も終わりに近づいてきてるけど...」

DJ LOVE「勝手にOWL CITY LOCKS!やっちゃったけど、アダムもビックリしてると思うよ、勝手に講師にされて」

Fukase「誰かがTwitterで知らせちゃうかもしれないしね(笑)」

Nakajin「とにかくOWL CITYの魅力は伝わったでしょうか?ぜひ他の曲も聴いて欲しいし、TOKYO FANTASYでのLIVEも楽しみにしてて欲しい!」


20140815_se07.jpg



・・・ということで今夜の授業はこのへんで終了!
お盆でおじいちゃんおばあちゃんの田舎に遊びに行っている生徒、うらやましいぞー!


20140815_se08.jpg


カテゴリー: SEKAI NO OWARI
投稿者: nakashita

20140808_se01.jpg



メッセージを紹介します!




■ 質問です。
セカオワの皆さんは、カラオケで歌っているときに店員さんが部屋に飲み物を持ってきたとき、歌うのをやめますか?
それとも、気にせず歌い続けますか?
遠藤 of the world
女/17/北海道





Nakajin「僕は歌い続けますね」

Fukase「あ、そうですか。僕はやめますね」

Nakajin「あ、そうですか。あ、でも人によるよ。1人だとやめる」

Fukase「1人だもんだいたいカラオケなんて」

Nakajin「そうじゃないときもあるでしょうよ(笑)」

Fukase「でもみんなで行ってる時はやめないよね」

DJ LOVE「そうだよね」

Saori「うん」


20140808_se02.jpg


Fukase「でもさ、歌広あんじゃん?」

Nakajin「うん」

Fukase「歌広は延長するとその都度延長料金取りにくるじゃん?」

Nakajin「あぁ、そうだね」

Fukase「歌っててさ、発声練習とかしてて『あと30分やろうかな』とか思って延長するとお金取りにくるわけ。『練習してるのに!』みたいな(笑)」

DJ LOVE「あれって何か理由があるのかな?」

Nakajin「なんだろうね?」


20140808_se03.jpg


Fukase「蒲田だったからかな?ガラが悪いから?延長するだけしといて逃げちゃう人が過去にいたとか?」

DJ LOVE「それはありえるかもしれないね」

Nakajin「蒲田の歌広の方、もし聴いてたら理由を教えて下さい!」

全員「(笑)」


20140808_se04.jpg


・・・果たして真実は何なのか?
職員も地味に気になってるんですけど、今夜の授業にいきましょう!

今夜は生徒のリクエストを受けてこの授業がカムバック!!『インスタントQ&A』!!!!!!!!!!

いつも沢山のカキコミが届くセカオワ掲示板。
でも、1階の授業で紹介出来るカキコミはごくわずか...
ということで、できるかぎり沢山のカキコミを紹介するべく一問一答スタイルで生徒のみんなが書き込んでくれた質問に答える!
これから順番にカキコミを紹介していきますが、質問に答えるのはカキコミを紹介した人が"指名した人"!!!
ただし!その答えが微妙だった場合は、いい答えが出るまで答える人を指名し続ける!

それが...インスタントQ&A!!!!!!

今年の1月に2回目の授業を行いましたが、それ以降もスターライトパレードの大合唱が鳴り止まないため3度目の登場!
前回は7つの質問にズバっと答えましたが、今回はいくつ答えられるのか!? いってみましょう!!!




セカオワ先生こんばんは。
私の今の全財産は336円です。これであと21日過ごさなければいけません。
もう絶対もちません!金欠の時の過ごし方を教えて下
ここ
女/14/兵庫県





Saori「Fukaseさん!」

Fukaseえぇ!? .......バンドでも組めばいいんじゃないの?

Nakajin「(笑)」

Saori「確かにFukaseさんは、っていうか私達、金欠でもバンド組んでたけどね(笑)」

Fukase「組んでたよ。金欠だったけど(笑)」




■ 恋
突然ですが今私は片想いをしています。
でも今まで片想いしたことがなかったので本当に苦しいです!
セカオワ先生助けて下さい!この苦しみはどうやったら直せるのですか?教えて下さい!
えりごん
女/15/東京都





DJ LOVE「はいSaoriさん!」

Saori片想いの苦しみはね...はし...走る!!! 全速力で走ると好きだった気持ちを忘れるよ


20140808_se05jpg.jpg


全員「(笑)」

DJ LOVE「ウソだよ!」

Nakajin「忘れていいの?」

Fukase「ホント!? 適当じゃない?自分で言うけど俺もSaoriちゃんも答えが適当すぎるよ(笑)」




■ 夏が来た!
私の大好きな夏が来たのはいいのですが暑いです!
もう毎日スイカ食べて熱中症対策してます!
セカオワ先生は暑い夏を乗り越えるために何かしてることはありますか?
きなこもちもち
女/17/山形県





Nakajin「LOVEさん!」

DJ LOVEえーっと...暑いのでそば屋に入るんですけどカツ丼も頼んじゃいます!


20140808_se06.jpg


Saori「どういうこと?」




■ 夏休み
夏休みなんですが、補習という名の地獄が待っています。
補習を楽しむ方法はありませんか?
セカイ愛
女/16/愛知県





Fukase「Nakajin!」

Nakajin補習を楽しむ...いや、もう、先生の話をよく聞く


20140808_se07.jpg


DJ LOVE「普通(笑)」

Fukase「ヒドい!今日の答えはヒドい!」




■ これってだめですか?
私、好きな人が何人もできちゃうんです!
少しでも優しくされたりするとずっとその人のことばかり気になっちゃってドキドキするんです!
セカオワ先生、好きな人はやっぱり1人じゃないといけないんですかね?
あやぽん
男/15/愛知県





Saori「Fukaseさん!」

Fukase「うわー!俺かよー!」

全員「(笑)」

Fukase「えーとね...」

Saori「いけないですよ、いいですよ、の2択でいいんじゃないの(笑)」

Fukaseいいんじゃないですか、別に


20140808_se08.jpg


Saori「あ、いいんですか(笑)」

Fukaseいいですよ。自分がよければいいわけでしょう?なら自分のルールで生きなよ




私は吹奏楽部に入っていてユーフォニウムをやっています!
でも友達や親戚に楽器の名前を言っても分かってもらえません!
なのでセカオワ先生、ユーフォニウムの特徴が一発でわかるニックネームを付けて下さい!
はちえもん
女/14/滋賀県





DJ LOVE「Nakajin!」

Nakajin未確認飛行管楽器!

DJ LOVE「飛ぶんだ〜」

Nakajin「ニックネームなんだから『ユーフォニウム』を覚えてもらえばいいんでしょ?」


M 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI


というわけで、今回は6つのカキコミを紹介しました!
前回より1つ減ってしまった上に、今回は答えが雑になってしまった感じです(笑)
またやってほしいという生徒はぜひ[ セカオワ掲示板 ]に質問をドンドン書き込んでね〜!

それでは、また来週!


20140808_se09.jpg
カテゴリー: SEKAI NO OWARI
投稿者: nakashita
20140801_se01.jpg


Nakajin「えっと、Twitterを見てくれてる人は知ってると思いますけど、僕最近倒れてまして」

DJ LOVE「倒れてましたね」

Nakajin「こんなにね、食中毒が辛いものだとは思いませんでしたね」

Saori「ね、うちら3人はNakajinのことを『ウチのゾンビ』って呼んでましたからね」

全員「(笑)」

Nakajin「1週間ぐらい寝込んでましたから。みんなには本当に気を付けて欲しいですよ」

20140801_se02.jpg


Fukase「気をつけるって(笑)前々からNakajinは賞味期限切れのものを食べちゃうスタンスでしたからね」

Nakajin「そうなんですよね」

DJ LOVE「いつかなるって言ってたのが遂にきたね、って言ってたもんね」

Fukase「大丈夫なんですか、もう」

Nakajin「もう大丈夫ですよ、たぶん」

Fukase「ヘロヘロだったもんね。今ならNakajinに腕相撲勝てるって思ったぐらいですよ」

Saori「言ってたね、それ(笑)私でも勝てるレベルじゃないかな」

Nakajin「勝てるよ。小学生にもカツアゲされちゃうレベルだったよ」

全員「(笑)」

Nakajin「もう共同生活のありがたみを実感しましたよ、みんなに色々助けてもらって」

Saori「LOVEさん病院に車で送ってたもんね」

DJ LOVE「すごい近いんだけどね、病院まで」

20140801_se03.jpg


Nakajin「いや、あの距離でもヤバかったんだって!」

全員「(笑)」

Fukase「俺も買いに行きましたよ、薬局に常温のポカリを」

20140801_se04.jpg


Saori「私もバナナ買ってきたりね。でも最初のうちは固形物が食べられなかったよね」

Nakajin「おかゆをひたすら食べてましたからね。おかゆって炊飯器であんなにできるとは知らなかったですよ」

Saori「一合でもめっちゃ多いよね(笑)」

Nakajin「みんなも炊飯器のおかゆの一合ってところ見てみて下さい」


・・・ということでNakajin先生は元気になりました!心配してくれた生徒のみんな、本当にありがとう!

では、今夜の授業にいきましょう!
今夜は『炎と森のカーニバルでブラバンライオット』!!!!!!!!!!!!


20140801_se05.jpg



セカオワ先生の『炎と森のカーニバル』を吹奏楽やブラスバンドで演奏して送ってもらうこのプロジェクト!
4月の募集開始から、先月ようやく最初の応募音源が届いたのですが、それ以降ドンドン音源が届いています!
その中から今夜は逆電をして、実際に話を聞きながら応募音源も聴いてみたいと思います。




私たち玉川学園の吹奏楽部は小学5年生から中学3年生で構成されています。
ファンタジックな森のイメージから始まり、ダイミックなテーマへとつながっていきます。
アピールポイントは音の響きです。始まりの部分や長調から短調へと変わる部分は特にキレイです!楽しんで下さい!
ゆいか
女/14/神奈川県





・・・ということでもしもし!


ゆいか「もしもし!」

Nakajin「音源送ってくれてありがとう!みんなで送ってくれたんだよね?」

ゆいか「はい」

Saori「部員はどのくらいいるの?」

ゆいか「80人です」

DJ LOVE「多いね!大きな学校なの?」

ゆいか「あ、幼稚園から大学まであるような学校です」

DJ LOVE「へー、すごいな」

Fukase「ゆいかちゃんがみんなに声をかけてくれたの?」

20140801_se06.jpg


ゆいか「あ、ダメモトで先生に相談してみたら『やろう!』って言ってくれて(笑)」

Nakajin「いい先生だね。アピールポイントが色々書いてあったけど、すごく楽しみだな」

ゆいか「なんかすごいアレンジが入ってて、最初は何の曲か分からない感じですけど、ぜひ最後まで聴いて下さい!」

Saori「これはすごく楽しみ!早速聴いてみる?」


M 炎と森のカーニバル / 玉川学園吹奏楽部


Saori「これはスゴい!スターウォーズみたいになってた!宇宙が見えたもん(笑)」

DJ LOVE「めちゃめちゃカッコいいじゃん!」

Nakajin「アレンジがスゲー!」

Fukase「これは自信あるだろ(笑)」

ゆいか「(笑)」

Nakajin「このアレンジは誰がやってくれたの?」

ゆいか「音楽祭の曲とかを作ってくださる先生がアレンジをしてくれました」

Saori「へー、すごい先生だね」

20140801_se07.jpg


Nakajin「ファンタジックだわ...サビの歌のところも出てこなかったとか、すごいアレンジを考えてくれたよね」

Fukase「そうだよね、すごい面白かった」

DJ LOVE「ゆいかちゃんのパートは何なの?」

ゆいか「私は打楽器とかチャイムとかです」

Saori「どのくらい練習したの?」

ゆいか「1週間ぐらいですかね」

Nakajin「1週間でこれだけ合わせた演奏ができるのもすごいよね、小学生から中学生でしょ?」

Fukase「すごいよ、ブラバンライオットのレベルが一気に上がっちゃったねこれ」

DJ LOVE「これを聴いた生徒が逆に燃えてくれるといいね」

ゆいか「(笑)」

Nakajin「ゆいかちゃんの学校はもしかしてすごい強豪校ですか?」

ゆいか「一昨年はコンクールで全国に行きました」

Nakajin「全国レベルだ、すごいね。コンクールも頑張ってね!」

ゆいか「はい!頑張ります!」


・・・この放送後記では音源を聴かせることができないんですが、セカオワ先生のリアクションでどれだけすごい音源だったかは伝わったでしょうか?
[ 炎と森のカーニバルでブラバンライオット ]の応募締め切りは8月末まで!みんなの作品、待ってます!!!


それでは、また来週!

20140801_se08.jpg