過去の投稿

August 2017 の投稿一覧です。
カテゴリー: SEKAI NO OWARI
投稿者: sakurada
SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


Nakajin8月23日は、DJ LOVEの誕生日!

全員おめでとー!

DJ LOVEありがとうございます!

Fukase「ただ生まれただけでお祝いされて」

Saori「(笑)」

Fukase「本当にすごいのはお母さんだからな!お前はただ出てきただけ」

DJ LOVE「スルンッてね」

Fukase「スルンッてね(笑)誕生日に文句を言っていくスタイル(笑)」

Nakajin「っていうかさ、何も言わずに黒板書いちゃってるけど、じゃあもう何を書いたか言っちゃって!」

DJ LOVE「はい!32歳の目標は…」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「してないじゃん、我慢(笑)」

DJ LOVE「してないんだけどね」

Saori「してないよね(笑)」

DJ LOVE「大人って言われてる人ってさ、結構我慢してる人が多いと思うんですよ」

Fukase「だからあなたは全然我慢してないじゃない(笑)」

Saori「好きなゲーム買って好きなもの食べて(笑)」

DJ LOVE「だから僕はいくつになっても我慢しないで生きてやろうと思ってます」

Fukase「そろそろ我慢始めた方がいいんじゃないの?」

DJ LOVE「え〜ヤダよ〜。なんかこう、ね?圧力受けてるおじさんとかもいるじゃないですか」

Fukase「誰だよ!」

Nakajin「(爆笑)」

Saori「そんな人周りにいないじゃん(笑)」

DJ LOVE「こう我慢しているおじさんとかも世の中にはいるわけじゃないすか」

Saori「何で急に世の中のおじさんの話始まったの(笑)」

DJ LOVE「だからそうならないように、おじさんになりたくないという気持ちの表れです(笑)」

Fukase「わかりました(笑)とにかくおめでとうございます」

DJ LOVE「ありがとうございます(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


・・・圧力を受けているおじさんってどんな人なんでしょうか…
とにかくLOVE先生は圧力に屈することなく32歳も我慢せず楽しくやっていってほしいと思います!

SCHOOL OF LOCK!


では今夜の授業に行きましょう!

『NOT夏ボーイ&ガールを探せ』!!!!!

今日は8月25日!
掲示板を見ていると、今日から新学期が始まったという生徒もいるみたいです。
今夜は、今年の夏「なーんにもなかった」「なーーーーーーーんにもやらなかった」否夏満喫生徒たちに突然LOVE CALLをしていきたいと思います!

このテーマは生放送教室で校長教頭に募集をかけてもらったんですが、
それ以来【 セカオワ掲示板 】が夏を満喫できなかった生徒のため息で埋め尽くされています!
まぁ、何もしてないということはヒマだったということでもあるのできっと電話に出てくれるはず!(失礼)
見事電話に出てくれた生徒には、セカオワLOCKS!でしかもらえない奇跡のアイテム!!『エターナルカステラ缶バッジ』をプレゼント!!!!!

Fukase「これ、恒例化してるの?」

Nakajin「最近聴き始めた人は何のことやら分からないでしょうけど(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「そりゃだって面白いに決まってるよ。俺たちが中学の時からずっと温めてきたマークですから」

Saori「(笑)」

Fukase「俺たちのバンドシンボルにしてもいいんじゃないかと」

DJ LOVE「(笑)」

Fukase「背負いたいじゃん、あのシンボルを!フラッグみたいにしてさ。だってエターナルだぜ?」

Nakajin「エターナルだからね」

Fukase「ヤバいよ」

Nakajin「ヤバいね」

Fukase「宇宙だからね」

Nakajin「お、ぉう(笑)」

Fukase「(笑)」

全員「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


・・・何だか今日は全員のテンションが若干おかしい気もしますが、楽しそうなので良いでしょう!
それでは早速電話していきます!果たして電話に出てくれるのか...



今年の夏は熱中症に3回かかってしまい家から一歩も出ることなく夏休みが終わってしまいました。
セカオワ先生逆電お待ちしてます。
全部ゼロ くん
16/岩手県




Saori「3回もかかるってどういうこと?」

DJ LOVE「家の中で熱中症になるの?」

Fukase「そんなことないでしょ」

Nakajin「でも熱中症ってクセになるって聞いたよ」

Fukase「へぇ〜、そうなんだ」


電話「おかけになった電話は電波の届かないところにあるか電源が入ってないため…」


DJ LOVE「えぇ!?」

Nakajin「あれ?」

Fukase「ダメだ、エターナルカステラバッジは渡せませんね。次行こう!」

SCHOOL OF LOCK!




この夏バイト3回も落ちました。電話した時点で断られたの入れたら7回です。
自分でも何で落ちたのかわかりません(笑)どうしたら受かりやすくなりますか?
地球外体生命体 ちゃん
16/神奈川県




Fukase「地球外“体”?こういうところが受からない理由じゃないかなって思うんですけどね」

Saori「(笑)」

電話「Trrrrr.....」

Nakajin「すごくないすか、電話した時点で断られるってなに?」

電話「Trrrrr.....」

DJ LOVE「今は間に合ってますみたいなことかな」

電話「Trrrrr.....」

Nakajin「あぁ、そういうことかな」

電話「もしもし?」

Fukase「あ、もしもし?SEKAI NO OWARIです」

地球「あ、こんにちは」

Fukase「地球外体生命体さんですか?」

地球「はいそうです」

Nakajin「掲示板に書き込みをしてくれてありがとう!」

地球「あ、こちらこそありがとうございます」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「バイト7回も断られたんだって?」

地球「うん、あ、そうです」

Fukase「何でだと思う?」

地球「え〜わかんないけど…」

Nakajin「高校1年生ですか?」

地球「はいそうです」

Nakajin「どんなバイトしようとしたの?」

地球「飲食店とか?コンビニとか」

Fukase「そうね〜何でだろうね…俺もすごいバイトの面接落ちやすかったけど、まぁ...落ちるなって感じだったけどね。俺はね」

地球「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「自分で思い当たるところはないの?」

地球「え〜何だろ?...履歴書?」

DJ LOVE「履歴書?」

地球「字がすごい汚いからそれぐらいしか思い当たらないです(笑)」

Saori「Fukaseくんの履歴書もすごい汚かったよね」

Fukase「そう、俺も最初Saoriちゃんに履歴書見せたら名前と連絡先しか書いてないからって怒られた」

Nakajin「(笑)」

Saori「ビックリしたよ、もっと書かなきゃいけないところたくさんあるのに」

Fukase「ビッチリ書いた方が受かるらしいよ。ってSaoriちゃんが言ってた」

Saori「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「じゃあ今はバイトしてないってこと?」

地球「してないです」

Nakajin「バイトしたことは?」

地球「ないです」

Fukase「じゃあさ、俺がオススメのバイト教えてやろうか?

地球「教えてください」

Fukaseポスティング

地球「え〜暑いから…」

Fukase「暑い?」

Saori「暑いよ〜」

Fukase「夏なんだから暑いに決まってんだろ!」

全員「(笑)」

注:Fukase先生が過去に経験したバイトの中で一番好きだったのがポスティング

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「まぁめげずにやっていこうよ」

地球「はい」

Saori「ポイントは履歴書だと思うよ」

Nakajin「そうだね。ゆっくり丁寧に書こう」

Fukase「そうそう、そうすれば字が汚い俺らでも形にはなるから」

DJ LOVE「俺らなんだ(笑)」

地球「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「じゃあバイト決まったら教えてよ、どんなバイトなのかとかもさ」

地球「はい」

Fukase「じゃあそんな君にはいるかどうかわからないけれどもエターナルカステラ缶バッジプレゼントしまーす

地球「あ、やった!」

全員「(笑)」

Nakajin「喜んでくれてよかった(笑)」

Fukase「じゃあ残りの夏休み楽しんでね」

地球「はい」

Saori「じゃあね〜」


M Good Day remixed by END OF THE WORLD(SEKAI NO OWARI)


SCHOOL OF LOCK!


この曲はセカオワ先生がリミックスを担当した1曲!
アメリカのバンドDNCEは、海外でセカオワ先生と一緒にライブしたり、来日した際にはセカオワハウスで一緒にご飯を食べたり…と仲良し!
ぜひ日本でも一緒にライブをして欲しいです!

それでは今夜の授業はここまで!
また来週!!

SCHOOL OF LOCK!
カテゴリー: SEKAI NO OWARI
投稿者: sakamori
SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「今日はまず、Saoriちゃんの方から報告があると聞きましたが…」

Saori「はい!もうすでに掲示板にもたくさんのお祝いを頂いてるんですけども、この度私Saoriは新しい命を授かりました!

全員「イエ〜!」

Nakajin「ベイビー!」

Saori「ベイビーできましたね(笑)今もすごく体調も良くやっているので、来月のブレーメンもやる予定ですし、年内も体調を見ながら活動を続けていこうと思っているのでよろしくお願いします!」

SCHOOL OF LOCK!


・・・ということで、改めてSaori先生おめでとうございまーす!
SCHOOL OF LOCK!の長い歴史を振り返っても講師を担当している時期にこんなおめでたいことになった人は初!!!!!!!
これからは体調を最優先して活動をしていってほしいです、本当に!

SCHOOL OF LOCK!


さあ、おめでたいムードに包まれた今夜のセカオワLOCKS!ですが、今夜は1年ぶりにこの授業を開催!!

『未確認フェスティバル2017 ファイナリスト確認スペシャル』!!!!!!!

今月8月27日(日)東京・新木場スタジオコーストで行われる『未確認フェスティバル2017』ファイナルステージ!
今夜はセカオワ先生が8組のファイナリスト達を確認していきたいと思います!
8組をチェックしていくということで時間がありません!! 早速いきましょう!



未確認フェスティバル2017ファイナリスト1組目は…
長野県・高校生・5ピースバンド『FAITH』!!!


M Summer / FAITH


Nakajin「女の子2人いる?」

Saori「そうだね、女の子2人と男の子3人」

Fukase「女の子が英語で歌ってる感じって新鮮でいいね」

DJ LOVE「すごい爽やかだよね」

Nakajin「Summerっていうタイトルが本当に似合う!」

SCHOOL OF LOCK!


未確認フェスティバル2017ファイナリスト2組目は…
大阪府・高校3年生・4ピースバンド『揺れるドレス』!!!


M inside popbox / 揺れるドレス


Saori「ポップですね〜」

Nakajin「4人組でまた女の子がいる!ドラムだね」

Fukase「また男女混合バンドだ」

DJ LOVE「最近増えてるのかな」

Saori「これ、作詞作曲がベースの子って珍しいよね」

Nakajin「めっちゃ気持ちいいっすよね、ギターの音とかも」

Fukase「売れるんじゃないかな」

Nakajin「だってすでに関西高校生フェスティバルのグランプリ取ってるんだよね?」

Saori「これで高校生ですよ、すごいよね」

SCHOOL OF LOCK!


未確認フェスティバル2017ファイナリスト3組目は…
愛知県・19歳・4ピースバンド『Some Life』!!!


M ボーイフレンド(元)/ Some Life


Nakajin「写真がもうすごい垢抜けっぷりですね。読モみたいで4人ともかっこいいよね」

Fukase「あの〜、意外と真面目なんだろうなって感じがすごいする。曲的にもすごい一生懸命考えてあるというか、ノリでやってるように見えて努力してる感じが見える。この自己PRと意気込みの文章の長さ!」

DJ LOVE「めちゃくちゃ長いよね(笑)」

Fukase「すごいちゃんとした人がいる、このメンバーの中に。でもこれってすごい重要だよね。こういうことができる人がいるのといないのとでは全然違う」

Saori「そうだね」

Fukase「こういう真面目さもいいし、突き抜ける10代の危うさっぽいのを持ってる人もいいけど、こういうのは本当に大事」

Saori「こういうのは大体私がやってたイメージ(笑)」

Fukase「そうだね。そして次のアーティストの意気込みの短さは逆に僕を感じるというか(笑)」

Nakajin「じゃあ次いってみますか(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


未確認フェスティバル2017ファイナリスト4組目は…
愛知県・19歳・シンガーソングライター『くすり』!!!!


M colour / くすり


Fukase「この違いですよ」

Saori「自己PR『いけるっしょ』だけだからね(笑)」

Nakajin「あとこのコードフォームが完全にFukaseさん」

Saori「うん、手グセがFukaseくんに似てる感じがするよね(笑)」

Fukase「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


未確認フェスティバル2017ファイナリスト5組目は…
東京都・平均年齢18歳・3ピースバンド『Absolute area』!!!


M ひと夏の君へ / Absolute area


Nakajin「ベースの方が俺と誕生日一緒です(笑)」

DJ LOVE「しかも干支も一緒じゃん」

Nakajin「ホントだ!12歳差!」

Saori「このメモにさ、高校生活の節目としてワンマンライブを下北沢ガレージで行いソールドアウトって書いてるけど...」

Nakajin「ガレージは俺らにとっても思い出の地っていうか、今のマネージャーと出会ったのがガレージだからね。LOVEさんが初めてライブしたところでもあるよね」

DJ LOVE「そうだね。しかもそこを彼らはソールドアウトしてるからね」

Fukase「俺らはソールドアウトには程遠かったからなぁ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


未確認フェスティバル2017ファイナリスト6組目は…
埼玉県・17歳・シンガーソングライター『リツキ』!!!


M 偏見 / リツキ


Nakajin「2016年5月からオリジナル曲を作ってるけど発表することなく今に至る、と」

Saori「じゃあこれが初なんだね。歌の譜割がすごい面白いなぁと思った。語尾の伸ばし方も独特でいいじゃん、って思ったよ」

Fukase「うん、残りそうだね、人の中に」

SCHOOL OF LOCK!


未確認フェスティバル2017ファイナリスト7組目は…
滋賀県・4ピースバンド・QB and planets』!!!


M 透明言葉 / QB and planets


Nakajin「また男女混合バンドですよ!」

Saori「いいね、女の子が活躍するのは」

Nakajin「ライブすごい盛り上がりそうじゃないですか?」

DJ LOVE「ね、盛り上がりそう」

Fukase「音もしっかりしてていいね」

SCHOOL OF LOCK!


未確認フェスティバル2017ファイナリスト8組目は…
栃木県・19歳・3ピースバンド『SUNNY CAR WASH』!!!


M それだけ / SUNNY CAR WASH


Nakajin「いいっすね」

Fukase「ノスタルジックでいい感じだね」

Saori「このアー写も海の前で撮ってていい感じだね」

DJ LOVE「このアー写いいね」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「この時期のアー写撮影っていいよね。昔俺すげぇテンション高いままアー写撮りに行こうって言ったらSaoriちゃんが『あんま行きたくない』みたいなこと言ってさ」

Saori「だって夜中の12時だったよ、あれ!私次の日朝から学校あるのにさ。あなたはいいよ、アルバイトだけなんだからさ。朝もそんな早くないし」

Fukase「大学生がそんなに偉いのか!!!!!!(怒)」

全員「(笑)」

Nakajin「それでSaoriちゃんの衣装だけ持ってマイクスタンドにかけたんだよね」

Fukase「それ(笑)Saoriちゃんの最初のアー写はマイクスタンドなんだよ!」

DJ LOVE「(笑)」

Fukase「それで俺がお面被ってんだよね、あの頃は」

Nakajin「初代のLOVEさんがいたね」

Fukase「そうだね。あの写真で応募したら写真をひたすら突っ込まれて終わりだろうな…」

Saori「(笑)」

Nakajin「みんなお揃いのキャップとポロシャツだったよね」

Fukase「そうそう」

Nakajin「なけなしの金を持って自転車でお台場まで行ったよね」

Saori「行った!」

Fukase「8時までに帰らないとレインボーブリッジの歩くところが閉まるから急げ!お台場に取り残される!って走ったよね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


・・・ということで、駆け足で紹介してきましたが、ファイナリスト8組を確認しつつ、セカオワ先生の思い出話も飛び出す授業になりました!
未確認フェスティバル2017についてさらに詳しく知りたいという生徒は、ぜひ未確認フェスティバルの【 特設ページ 】をチェックしてみてください!
今日紹介したファイナリスト達の音源も聴けるし、さらに多くのアーティストの音源も聴けるので、お気に入りのアーティストが必ず見つかるはず!
そして興味を持ってくれたらぜひ、8月27日の新木場スタジオコーストにも遊びに来て欲しい!! キミの目で10代アーティストの輝きを確認してくれ!

それでは、また来週!
カテゴリー: SEKAI NO OWARI
投稿者: nakashita
SCHOOL OF LOCK!



SCHOOL OF LOCK!


いきなりですが、明後日…8月13日はSaori先生の誕生日ーーー!!!!!!!!!

これでメンバー全員が同い年になりました!(すぐにLOVE先生の誕生日がやってくるけどね!)
ではSaori先生に、31歳の目標を黒板に書いてもらいましょう!!!

SCHOOL OF LOCK!



SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「え〜〜〜っと……」

Fukase「また関節のない体の絵が出てきましたよ」

DJ LOVE「(笑)」

Nakajin「何て書いてあるんですかね?」

Saori「目標は…色々頑張る!です(笑)」

Nakajin「なるほど。…これはSaoriちゃんですか?」

Saori「はい、私です」

Nakajin「37って書いてますけど、37歳でしたっけ?」

Saori「31だよう!」

DJ LOVE「だいぶ上だったんだな」

Saori「え〜とこれは、右手に本を持っていて左手で鍵盤を弾いてるんですけど」

Nakajin「鍵盤1オクターブしかないですけどね(笑)」


SCHOOL OF LOCK!


Saori「まぁ今までいろんな活動をしてきましたけど、なんと今年は本も書くということで」

Fukase「先生!」

DJ LOVE「先生!」

Nakajin「作家先生!」

Saori「(笑)本当はこのぐらいの時期に『リリースは何日です!』って言う予定だったんですけど、まあ終わらない終わらない。もうずっと書いてるんですけど、とりあえずリリースすることは決まりました」

Nakajin「はい、執筆中ということですね」

Saori「はい。なので今年は今までよりさらにまた頑張っていきたいと思います!」

・・・さあ、すでに発表されていることなので知っている生徒も多いと思いますが、Saori先生が初の単行本を発売します!
詳細についてはまた追って発表していくので楽しみにしてて下さい!!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


では今夜の授業にいきましょう!
『真夏の...怖くないけど怖い話』

夏といえばプール!夏といえば海!夏といえばキャンプ!
そして、夏といえば…怖い話!

…ということで、今夜は怖い話をしたいと思いますが、キッズも沢山授業に参加してくれているセカオワLOCKS!
そんな可愛いキッズ達が夜眠れなくならないように、夜トイレに行けなくならないように、“幽霊”以外の恐怖体験を話してもらおうと思います!


SCHOOL OF LOCK!


まずは…DJ LOVE先生から……….


DJ LOVEあれは確か11年か12年前くらいかなぁ…当時、足の親指の爪が食い込んで巻き爪という状態になったんですよ

Fukase「はいはい」

DJ LOVE歩くと痛いので病院に行ったわけですよ。そしたらお医者さんが『爪の巻き込んでる部分を切っちゃいます』と

Nakajin「うん」

DJ LOVEで、麻酔をしました。お医者さんが触って『これ触られてる感覚ありますか?』って言われて、感覚はなかったので『ないです』って言ったら『じゃあ切っていきますね』と…

Saori「…」


SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVEそれでハサミが爪に入った瞬間に超痛いの

全員「(失笑)」

DJ LOVE『先生、これ超痛いです!麻酔たぶん効いてないです!』って伝えたら先生が最後に言った一言が…『我慢してください』だったんです……

全員「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「これは俺聞いたことありますよ」

DJ LOVE「すごい痛かったんだから」

Nakajin「人生で一番痛かったって言ってたよね」

DJ LOVE「一番痛かったよ!だってハサミで切られるんだから」

Saori「ヤダ〜」

DJ LOVE「あれより痛かったことないと思う、人生で」

Fukase「いや〜、この先じゃあ大変だよ」

DJ LOVE「え?もっとあるかな痛いこと…」

Nakajin「痛いことあるかもよ〜(笑)」

Fukase「あのルアーのさぁ…」

DJ LOVE「あ〜痛い痛い痛い!!!!!!!!!」

Fukase「ルアーの針がさ...」

Saori「ヤダヤダヤダ!」

Fukase「ルアー探してたんだろうね浜辺でさ…」

Saori「ルアーの話しないでー!!!!」

・・・ここ、放送ではもちろん話してますが、すごい痛い話なので割愛します!

SCHOOL OF LOCK!



SCHOOL OF LOCK!


では続いて、Fukase先生の針じゃない怖い話をしてもらいましょう!


Fukaseあれはいつだったかなぁ...夏だったのかは覚えてないんだけど、数年前にライブか何かで大阪に行った時のことなんですけど

Nakajin「うん」

Fukaseまぁ大体大阪は前乗りって言って、ライブの前日夜に大阪着いといてライブに備えるっていうことがあるんですよ

DJ LOVE「そうだね」

Fukaseで、夜9時ぐらいに着いてご飯食べようってなって。あぁ、多分ライブじゃなくてプロモーションで大阪行ったのかな、翌日は結構スケジュールが緩いからお酒飲もうっていうことになって飲んだんですよ

Saori「はいはい」

Fukaseで俺、体質的に太りやすいから夜ご飯食べずにお酒飲んだからベロンベロンになったんですよ。そして記憶のないままホテルに帰って、当たり前ですけどホテルで何したか記憶にないんですよ

Nakajin「うん」

Fukaseで朝起きて、なんかお腹痛いんですよ

Nakajin「痛いな〜痛いな〜って」

Fukaseそう、お腹痛いな〜痛いな〜って

DJ LOVE「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


Fukaseなんだろう、なんでこんなお腹痛いんだろう...って思って。とりあえずお水でも飲もうと思ってベッドから起きたらそこには…

全員「……」

Fukaseおびただしい量のカップラーメンがあったんです...

全員「(失笑)」

Fukase全部で4つです

Nakajin「食べるのをずっと我慢してたんでしょうね(笑)」

Fukase「夜に食べたら太るしな〜でもご飯食べたいな〜とか思ってたんでしょうね」


SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「でも結局一番ヤバい時間に食べちゃったっていうね」

Fukase「そう。しかも4つだよ!」

Saori「(笑)」

Nakajin「カップラーメンを複数個食べたことってないかもしれないなぁ」

Saori「ないよね」

Fukase「俺、昔Twitterにその写真をあげたことがある気がするんだけどね...怖いですよ」


M ANTI-HERO / SEKAI NO OWARI 


SCHOOL OF LOCK!


Fukase先生は意外に大食いらしく、何も気にせず食べたらLOVE先生より食べるんじゃないか…という噂です!
10代の生徒のみんなはまだお酒が飲めないのでFukase先生の話には全く現実味がないでしょうが、
大人になったらお酒で記憶をなくす日が来るかもしれません(いや、きっと来る!)
その時にまたこのFukase先生の怖い話を思い出してもらえたら幸いです。

それでは今夜の授業はここまで!
また来週〜!!!

SCHOOL OF LOCK!
カテゴリー: SEKAI NO OWARI
投稿者: nakashita
null


早速ひとつカキコミを紹介します!



何年か前のことで、写真は掘り出さなくてはいけないので一旦こちらに投稿しますが、
夏休みにお母さんの従姉妹が住んでいるアラスカに遊びに行きました!
現地の人は「It’s summer!! Hoo〜!!」と割とテンション高めだったのですが、日本から来た私たちにとっては寒すぎてコートが手放せなかったです。
それでも雪がなかったので散歩ができて、野生のクマの足跡やビーバーの住処などを見つけることができました!
機会があれば次は冬に行ってみたいです!
眠れないパンダ ちゃん
15/東京都




Saori「アラスカってすごいね」

Nakajin「コートが手放せないってかなり寒いんだろうね」

DJ LOVE「冬はマイナス20度とかなるんじゃないかな」

Nakajin「ちょっと写真を送ってもらいたいですね」

Fukase「見たいよね」

null


Nakajin「我々が募集している『夏ボーイ夏ガール』についておさらいしたいんですけど…」

・水族館でアルバイトしている夏ボーイ&ガール!
・夏フェスに行って恋人を見つけた夏ボーイ&ガール!
・真冬な地域に行った夏ボーイ&ガール!


Nakajin「写真と一緒にメールで送ってください!待ってます!!」

【 応募はコチラから!! 】

null


では授業を始めたいと思います!
今夜は…『セカオワ掲示板探索』!!!!!

いつもたくさんのカキコミが届く【 セカオワ掲示板 】
この掲示板に検索機能があることをみんなは知っているでしょうか?
今夜はこの検索機能を使ってヒットしたカキコミを、時間の限り紹介していきたいと思います!

null


Nakajin「何で検索しましょうか?」

Fukase「じゃあ…カブトムシ!」



私の家は、カブトムシを幼虫から2匹育てています。
ちょうどオスとメスで、元気に産まれてほしいなー...なんて思っていると、
オスの方が不完全羽化?的なことになってしまって凄く弱っています…。
どうしよう、、いつ羽化したのか分からないし、悪いことしたなと思う…。
最初見つけた時なんてひっくり返って慌てて戻したのに…。
やっぱり人間に飼われてるとダメなのかな…、確かに私も誰かに飼育される一生だなんて嫌かもしれない…。
LAIN ちゃん
14/兵庫県




Nakajin「何ともシリアスな感じの。不完全羽化っていうのがあるんだね」

Saori「上手く羽化できなかったってことかな」

null


Fukase「カブトムシね、小学生くらいの時かな、お父さんが『蜜が好きなんだよ虫は』って言って、昼にそういう木を探して翌日早朝見に行くと...何もいなかった」

DJ LOVE「(笑)」

Fukase「で、帰ろうかってなってホテルに戻ったら、ホテルの室外機にカブトムシがびっしりいた」

全員「(笑)」

Fukase「そういう父さんなんだよ、俺の父さんって。キャンプで川に行った時もペットボトルで魚を獲る仕掛けを作ったわけ」

Nakajin「入ったら出れなくなるやつね」

Fukase「後で仕掛け見に行ったら...入ってない」

全員「(笑)」

Nakajin「まぁそんな簡単じゃないんじゃないの(笑)」

Fukase「きっとそうだと思うんだけど、だんだん父が信用できなくなるよね」

DJ LOVE「(笑)」

null


null


Nakajin「じゃあ次、どんなワードで検索する?」

Saoriバイト!」



今日アルバイトの面接に行ったら『RAIN』が流れてました。
そのおかげで勇気を出して面接に挑むことができました。
火属性のメロンパン ちゃん
16/茨城県




Saori「面接とか懐かしいよね。私アルバイトの面接結構してますよ」

Fukase「Saoriちゃんと前のLOVEとアイス屋さんで働いてたことがあるじゃない?」

Nakajin「あぁ、あったね」

Fukase「オープニングスタッフだったんですよ。俺は川崎店のスタッフだったんだけど、先に銀座にも店があったから研修に行ったわけ」

Saori「あぁ、行った!」

Fukase「で、川崎店のオープニングスタッフの中で俺がダントツで研修に行くのが早くて、他の人に初日から『先生』ってあだ名つけられたわけ」

null


Saori「(笑)学校行ってなかったから時間があったもんね。だからいっぱい研修入って覚えてたっていうか」

Fukase「失礼だな!才能があったんだよアイスを作る」

全員「(笑)」

Fukase「LOVEさんバイト一つぐらいしかやってないでしょ?」

DJ LOVE「そうだね。だって学生の本分は勉強だからね」

Saori「いやいやいや(笑)」

null


Fukase「バイトが終わる頃に裏で待ってると若干冷たいんだよ」

Nakajin「誰が?」

Fukase「LOVEが。俺ともう1人悪友がいるんだけど…」

null


DJ LOVE「それはだって、終わった後に女の子と出かけようとしてるところを待ち伏せしてたからじゃん!」

Saori「ヒドイ(笑)」

DJ LOVE「さらに尾行までしようとしてたからね」

Fukase「僕じゃないですよ、もう1人の方がそうしようって言ったから(笑)あの時はすみませんでした」

全員「(笑)」

null


Nakajin「もう一つくらいいってみます?LOVEさん何かある?」

DJ LOVE「じゃあ、デート

Fukase「チャラいなぁ(笑)チャラいからそんな尾行なんてされちゃうんだよ」

DJ LOVE「それはそっちがヒドいじゃん(笑)」



七夕ですね!僕の願い事は彼女とデートに行くことです。
Saoriさんに質問です。女の子はデートの時にどうゆうことしたら喜びますか?
さくらっこ大好き くん
15/山口県




Saori「え〜...何だろうね…何ていうか、考えてくれたことがわかると嬉しいよね。お金を使うとかじゃなくてさ」

Nakajin「あぁ、楽しませようと何か考えてくれたりとかね」

Saori「どうしても見せたかったものがあるとかさ」

null


DJ LOVE「どうしても見せたかったフラッシュモブが」

Fukase「渋谷の街が全員ダンサーだぁ〜〜〜!!!!!!!!」

全員「(笑)」

Nakajin「1回目のデートはさすがにビックリしちゃうよなぁ(笑)」

Fukase「すげぇ金持ちだよね。じいやがヘリで出てくるよね『坊っちゃま〜喜んでいただけましたでしょうか〜!』って」

全員「(笑)」

Nakajin「15歳じゃまだ早いっていうか、普通にやめといた方がいいよ(笑)」

Saori「フラッシュモブはやめた方がいいですね(笑)」


M Dragon Night / SEKAI NO OWARI


さあ、今日の授業はいかがだったでしょうか?
授業が終わる前に4人が話していたんですが、夏休み中に『Nakajin先生の夏期講習授業』を実施してほしいというアイディアが出ました!
塾講師自体のNakajin先生が垣間見れるかもしれないので、これは是非とも実現してほしい!!
ただ、ラジオで夏期講習って何をすればいいのか...実施されるかどうかお楽しみに!

それでは今夜の授業はここまで!
また来週〜!!