12月20日(金)のセカオワLOCKS!は・・・

世界の始まり“世界始”の講師セカオワ先生による授業!
彼女の顔を見た瞬間、恋が始まりました。ギターをもらって自分の曲を作り始めました。
など、キミの新しい世界が始まった瞬間を教えて下さい。
その他、セカオワ先生に質問したいこと、伝えたいこと、キミからのメッセージはセカオワ掲示板に書き込んでね!

DJ LOVE SONG!!!!



20140307_se05.jpg


Nakajin「みなさんはラブソングは聞きますか?」

DJ LOVE「どうしたんだい急に?恋でもしてるのかい?」

Saori「してるのかい?」

Nakajin「今日はそういう企画なんです」

全員「(笑)」


20140307_se03.jpg


DJ LOVE「マジメに返されちゃったよ(笑)」

Fukase「聴きますよ、そりゃ。それはもう泣きながら毎晩のように」

DJ LOVE「泣いてはいないと思うな、見てたら」

Saori「最近は泣いてないよね」

Fukase「俺泣きながら音楽聴いてるときあるよ」

DJ LOVE「それは見せないでしょあまり」

Fukase「お前には見せないけどやってるよ(笑)リビングで」

Saori「リビングでよく1人DJやってるよね」

Fukase「あれ悲しいけどね」

Saori「よく呼ばれるけど、行ったら『 ヘイカモン! これいい曲だぜ! 』って酔ってるよね」

DJ LOVE「すげー酔ってる〜って」

Fukase「インビ渡してるのにさ」

Nakajin「でも結局LOVEさんにDJ投げて、しかも曲の指定するじゃん『 スリップノットかけろ! 』みたいに(笑)」

DJ LOVE「DJとしてのアイデンティティーは出せないよね(笑)」

Fukase「とにかくラブソングは聴きますよ」

Nakajin「俺はあんまりラブソングって意識で聴いてないかもな」

Saori「私もそうかも」

Fukase「僕ね、心境ソングっていう文化があるんですよ」

Nakajin「よく言ってるよね」

Fukase「自分がその時に当てはまる曲を恋人に曲名で送るっていう文化なんですけど」

Saori「そういうことなんだ」

Nakajin「女子っぽいよね」

Saori「そうだよね。しかもそれを28歳でやってるていう人あんまりいない気がするんだよね」

Fukase「ハァ!? それ遠巻きにキモイつってんの!?」

全員「(笑)」

Fukase「年齢なんか関係ないっていっつも言ってんじゃん(笑)!」

Saori「だけどさぁ、心境ソングとかやんなくない?」

Fukase「やってみろって! 曲を引き出せるんだよね。なんか伝わるんだよね言葉以上のものが」

Nakajin「そうかもね。あ、なくはないかも俺も。意外とやってる!」

Saori「やってんだ(笑)」

Fukase「やってるでしょ? ミスチルの桜井さんも言ってんじゃん。『 エソラ 』の歌詞でさ」

DJ LOVE「あぁ、あるね」


20140307_se02.jpg


Nakajin「2人もやったほうがいいよ」

Saori「なるほどね、やってみようかな」

Nakajin「けっこうね、言葉よりもいい感じに伝わってくれたりもするよね」

Fukase「そりゃ〜桜井さんが書いてんだもん」

DJ LOVE「それ、『 エソラ 』の話になってない?」


M エソラ / Mr.Children


さて、なぜラブソングの話題からスタートしたのかというと、今夜はこんな授業をやります!
『 DJ LOVE SONG 』!!!!!!!!!!!!!!!

今夜は、セカオワの4人が生徒のみんなにオススメしたいラブソングをセレクト!
まぁ、ラブソングと一言でいっても、色んな定義があると思うんですが、その定義は4人それぞれにお任せします!
4人が一体どんな定義でラブソングというものを捉えているのか?
まずは、Saori先生からいってみましょう!!!


Saori先生セレクト
『 Sunrise & Sunset / andymori 』


Fukase「ラブソングかね、これ」

DJ LOVE「ねぇ?」

Saori「ラブソングだよー! 遠い遠い昔からある花に名前を付けて笑い合おうよだよ!」

Fukase「どんな遊びだよ!」

全員「(笑)」

Fukase「まぁわかるけどさぁ...俺もこの曲は大好きだよ。壮平くんがアースに持ってきてくれて一緒に歌ったじゃん」

Saori「そうなんだよね、曲ができた時に『 SEKAI NO OWARIと一緒に歌いたいんだ 』って持ってきてくれてね」

Fukase「世界観がいいんだよなー。壮平くんが書く歌詞はホントに世界観がいいよね。あんなの誰も書けないよ」

Saori「なんか懐かしい感じがする。なんでなんだろうね」

Nakajin「なんかandymoriって夕方って感じがする」

Fukase「むちゃくちゃ聴いてた。大好きだよ。デビューも同じぐらいだしね」


DJ LOVE先生セレクト
『 きらきら武士 feat. Deyonna / レキシ 』



DJ LOVE「きらきら武士ですよ」

Fukase「うん。いいけど。いい曲だなぁって思って聴いてたんだけど、これラブソングなの?」

DJ LOVE「あなたが好きって言ってんじゃん!」

全員「(笑)」

Nakajin「定義がシンプルすぎる(笑)」

DJ LOVE「歴女ですよ。歴史が好きな女子ですよ」


20140307_se04.jpg


Saori「歴女まで言ってるかな、この曲」

DJ LOVE「武士に対するラブソングですよ」

Nakajin「どうなんですか、グッとくるところはどこなんですか?」

DJ LOVE「サウンドですよね。サウンドがグッときます」

Nakajin「サウンドはいいですよ、でも紹介してもらった2曲ともラブソング然とはしてない気が...」

Saori「でもなんか言葉だけじゃなよね。感覚的にこの曲がラブソングだなって思ってるものってある」

Nakajin「わかるんだけどね。広いんだな世界は...って思いましたわ。2人のセレクトに」

Fukase「そうだよね、地球の7割は海なんだもんなー、そりゃ広いよって思ったよ」

Saori「そんなに言うなら来週楽しみにしてるから」

DJ LOVE「そうだよ。来週はFukaseとNakajinだからね」


・・・ということで、Saori先生とDJ LOVE先生がセレクトしてくれたラブソング、いかがだったでしょうか?
来週はFukase先生とNakajin先生がセレクトしてくれたラブソングを紹介します!
果たしてどんな選曲をしてくるのか?乞うご期待!!!

それじゃ、また来週〜♪

セカオワLOCKS! 放送後記

もっと見る

ARTIST LOCKS! & GIRLS LOCKS!

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る