セカオワLOCKS!

9月27日(金)のセカオワLOCKS!は・・・

今回の授業は『FASHIONのはじまり』!!!
最近、雑誌『NYLON JAPAN』の裏面(NYLON guys JAPAN)をEnd of the Worldとして担当したり、東京・表参道で行われた『VOGUE FASHIN’S NIGHT OUT 2019』のセレモニーに登場させてもらったり、ファッション系のお仕事が多いセカオワ先生!!
そこで今回は職員から「おしゃれについての授業をして下さい!」というオーダーが!! どうする、セカオワ先生!?

セカオワ掲示板

セカオワLOCKS! 2013.3.15 金曜日

Nakajin「Fukaseさん、足の具合はどうですか?」
DJ LOVE「 (笑) 」
Fukase「いや〜、手術しましたね〜。」
Saori「手術しましたよね〜。」
Fukase「結論から言いますと、あの〜、みんなにはチョリソと呼んでる部分がすごい痛いわけですよ。」
全員「 (笑) 」
Saori「まだ痛いの?」
Fukase「いやいや、もう大丈夫ですけど、下半身麻酔をしたんですよ。」
Nakajin「うんうん。」
Fukase「下半身ですよ!ほぼ全裸みたいな格好で!看護師さんの前で!」
全員「 (笑) 」
Fukase「そして僕のチョリソに突っ込まれたわけですよ!」
DJ LOVE「なんだっけ?尿道カテーテルだっけ?」
Fukase「そうそう、これがね、ホントにビックリした....そのあと痛いのなんのって....」
Nakajin「痛そうだな......」
Fukase「なんていうんですか、カテーテルを抜いた後にトイレに行くと激痛なんですよ!熱湯が出る感じというか。」
Nakajin「ヤバいね。」
DJ LOVE「足の話関係ないけどね (笑) 」
Fukase「あ、足ね (笑) 足は大丈夫ですよ。ボトルが入ってますけど。」
Nakajin「ボトル!?」
DJ LOVE「足にボトルキープしちゃってる (笑) 」
Fukase「ボルトボルト!!!!!」
 
・・・ということでFukase先生の足の具合最新情報をお伝えしました!
なんだかんだで元気そうなので生徒のみなさん安心してください (笑)
 
 
では、今夜の授業にいきましょう!
今夜は、セカオワLOCKS! が金曜日の教室に引っ越してきてから50回目となる節目の授業!
実は始まった当初は期間限定の予定だったんだけれども、気づけばもうすぐ1年!これもすべて生徒のみんなのおかげです!!
ということで、今夜は日頃の感謝の気持ちを込めて、セカオワ掲示板のカキコミを時間のかぎりどんどん紹介していきますよー!
普段はひとつふたつぐらいしか紹介できてないですからね! (ホントごめん!) では早速いきましょう!!!
 
徳島県・鬼とケーキくん (12)
タイトル:セカオワ先生は
何時に寝てますか?Nakajin先生、ねてなそう...てか、寝なくても、大丈夫そう...
 
Nakajin「寝てますけどね。」
Saori「Nakajinって寝る時すごい早いよね。寝ようと思ったらすぐ寝れる感じ。」
Nakajin「そうだね、でも寝る時間っていうのはさ、ミュージシャンはたいがい遅いよね。」
Fukase「俺も5時ぐらいかな、寝るの。だから入院してたとき大変だったもん、消灯が21時ぐらいだから。」
DJ LOVE「早ッ (笑) 」
Saori「私達は3時ぐらいまでは全員寝てないよね。私も5時ぐらいだもんね。」
Nakajin「遅いよね〜、LOVEさんは?」
DJ LOVE「俺は寝たい時にいつでも寝れるよ!」
全員「 (笑) 」
 
 
茨城県・すいーつちゃん (16)
タイトル:お金がー
最近かなり金欠です...お金がたまる方法教えてください...
 
Fukase「ここにお金が貯まるストーンが...」
全員「 (笑) 」
Fukase「ストーンがあるんです!」
Nakajin「これを買っていただくとなんと!」
Fukase「札束のお風呂に入れちゃうぐらいになっちゃいます!」
DJ LOVE「これが今なら5万円で手に入ります!」
Saori「 (笑) 」
 
 
大阪府・トッポちゃん (16)
タイトル:一人○○
眠れないので書き込んでみます。昨日初めて一人から置け行きました。
みんなは「一人カラオケは受付を一人でしなあかんのがいややから一人カラオケはいや」というけど、私は受付は一人でも全然大丈夫でした。
しかし、肝心のカラオケが一人だと寂しくて虚しくて...
映画は一人で見るもんだけど、カラオケはやっぱりみんなで行くもんだと思いました。
セカオワ先生は一人○○できますか?
 
Nakajin「これ、何聞いてるんすかね?僕らに?」
Fukase「僕らに (笑) 」
Nakajin「男子はだいたい一人○○ですからね (笑) 」
DJ LOVE「一人上手ですからね (笑) 」
Nakajin「俺達みたいなもんは (笑) 」
Fukase「一人は得意ですからね (笑) 」
Saori「ちょっと!何の話してるの (笑) 」
Nakajin「じゃあ本題に戻って、一人カラオケは行きますよね?」
Fukase「Nakajinさんは一人カラオケで一人○○をしていると?」
全員「 (笑) 」
Nakajin「してません (笑) カメラがついてますから!」
DJ LOVE「ついてなくてもしません (笑) 」
Fukase「一人カラオケなんか毎日行ってましたよ。店員さんに覚えられてたと思うもん。「アイツデビューしたわ!毎日頑張ってたもん!」って思われてるかも。」
全員「 (笑) 」
DJ LOVE「最近は一人カラオケ専門店もあるしね。」
Fukase「一人で同じ曲を何回も歌うことも全然あるし。Saoriちゃんなんか鬼束ちひろの『月光』何回も歌うし (笑) 」
Saori「 (笑) 」
Nakajin「歌う歌う (笑) 『夏祭り』も歌う (笑) 」
Saori「レパートリーが少ないんです!」
 
 
秋田県・りっぺちゃん (17)
タイトル:これから焼肉いってきまーすっ
テスト終わりの集いで焼肉いってきまあす♪
仲良しの友達と語らいしてきまあす!
セカオワ先生は焼肉の中で何が好きですか?
うちはホルモンですっ!!!
 
Nakajin「カルビ!」
Fukase「ハラミ!」
Saori「あたしもハラミ!」
Fukase「いや違うよ、Saoriちゃんはタンだよ。」
Saori「あっ!! タンだった.....」
DJ LOVE「「タンさえあれば他に何もいらない!」って言ってたのにそのタンを裏切るなんて!!!」
Saori「あたし焼肉の種類よく知らないからみんなが言ったやつから選んじゃってた (笑) 」
Nakajin「LOVEさんは?」
Saori「ホルモン好きだよね?」
DJ LOVE「ホルモン好きです。」
Nakajin「一人焼肉専門店ってあるのかな?」
DJ LOVE「あるらしいよ。」
Nakajin「ってことはその店にも監視カメラがついていて一人○○を....」
全員「 (笑) 」
Nakajin「焼肉屋さんでだよ!一人○○を...」
Saori「一人○○引きずるなぁ (笑) 」
 
 
熊本県・モスキーニョちゃん (16)
タイトル:思うこと
好きってなんですかね?
 
Fukase「16歳の女の子がこんな哲学的なカキコミをしてくるわけですよ。」
Nakajin「好きってなんですか。」
Fukase「俺最近「好きってことはすごく大切にしたほうがいい」って話をしましたよねみんなで。」
Nakajin「したした。」
Fukase「これはフワっと考えちゃダメ。自分が何が好きなのか?ってことを割と真剣に考えた方がいいんです。Saoriちゃん好きな動物います?」
Saori「!?.........え〜と....」
Fukase「出てこないでしょ?俺カラスなんですよ。」
Saori「ネコって言おうとしたのに....」
全員「 (笑) 」
Fukase「好きな食べ物はよく聞かれるから分かるだろうけど、好きなブランドとか聞かれてパっと答えられないじゃない? そういうことを色々と考えて把握しておくといいと思うんですよ。」
Nakajin「なるほど。」
Fukase「自分を表現するとき「何がキライ」で表現する人が多いと思うんですよ。でももっと好きで自己表現できる子になって欲しいです16歳の子には。」
Saori「私10代ぐらいの時にFukaseさんに「否定でアイデンティティを確立しようとすんなや!」って怒られたことあるもん。」
Fukase「へ〜、難しいこと言われたね。」
全員「 (笑) 」
 
 
宮城県・はんぐりーがーる★ちゃん (15)
タイトル:卒業...
明日中学校卒業します...
9年間一緒だった仲間と離ればなれ (泣)
最後の合唱の伴奏するのですが、泣いて上手く弾けそうにないです。
彩織さんは泣きながらピアノ弾いたことありますか??
 
Saori「何度もあります。」
Nakajin「え?」
Saori「『幻の命』は泣きながら作ったよ私は。」
Fukase「曲だけ先に作ってたんだよね、あれは。」
Saori「そう、はんぐりーがーるちゃんと同じ15歳の時に作ったよね。」
Fukase「そうだね。」
Saori「15歳とかってすごい不安定なわけよ、やることなすことぜーんぶヤなわけ。ぜーんぶ悲しいの (棒読み) 」
全員「 (笑) 」
Nakajin「ぜーんぶ悲しいんだね (笑) 」
Saori「そう (笑) それで泣きながら作ったわけ『幻の命』を。」
Fukase「その15歳の頃に作った曲に、いつだっけな?俺が20歳ぐらいの時に歌詞をつけたんだっけな。」
DJ LOVE「泣きながらギター弾いたことある?」
Nakajin「俺はないかな...ないな。ある?」
Fukase「いやいや、僕はスキャットで曲を作るんで、それをやってると「いい歌詞だなぁ〜」って思うと....いや、いい歌詞だなって思いますよ!思うよ! (怒) 」
全員「 (笑) 」
Nakajin「なんで急に怒り出したか分からない (笑) 」
Fukase「いやいや (笑) まぁそれでいいな〜って思うと、泣くってほどじゃないけどあるよね「お母さんが〜!」みたいな感じじゃなくて。」
 
 
M 幻の命 / SEKAI NO OWARI
 
今日はたくさんのカキコミを紹介しましたが、みんなのカキコミがこのクラスの "すべての始まり" です!
これからもどんどんキミたちの声を掲示板を通して聞かせて下さい!
そして、セカオワLOCKS! をこれからもよろしく!
 
それじゃ、また来週!!!
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 338 | 339 | 340 |...| 351 | 352 | 353 || Next -
<   2019年9月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE