『はじめてのキャッチコピー』

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin僕ら、SEKAI NO OWARIのライブツアー『The Colors』に、セカオワLOCKS!の生徒をライブレポーターとして、各会場1組2名招待!4月6日、7日に行われる長野県・長野ビッグハットのライブレポーター募集の締め切りは、この後24時!僕らは今、リハーサルの真っ最中でございますけども・・・。ライブレポーターとして『The Colors』に参加したい!という生徒は、SCHOOL OF LOCK!のWEBサイト、セカオワLOCKS! にある特設ページから応募してください

4月6日7日に行われる長野・長野ビッグハットでのライブレポーターの締め切りは今日の24時です!!!忘れてた!って言ううっかりさんは、今応募しちゃおう!応募は特設ページから!詳しいことはそちらに載ってるのでチェックしてね!

さてさて今日の授業ですが、以前みんなにセカオワ先生のニューアルバム『Eye』と『Lip』のキャッチコピーを募集したと思うのですが、セカオワ掲示板に沢山のキャッチコピーが寄せられました!書いてくれた生徒の皆さん、ありがとうございました。今回はいくつかのキャッチコピーをセカオワ先生が採用・不採用をジャッジします!!

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「先月リリースした僕らSEKAI NO OWARIのニューアルバム『Eye』と『Lip』。この2枚のアルバムに1行キャッチコピーをつけてほしいと募集したところ沢山の書き込みが届きました」

Fukase「はい」

Nakajin「改めて、キャッチコピーとは“人の注意を引く宣伝文句”のことです。きっとみんな、はじめてキャッチコピーを書いたと思うんだけど、どれも力作ぞろいです。今夜は、生徒のみんなから届いたキャッチコピーを紹介!全員が “採用!”と手を挙げたコピーを書いてくれた生徒には、僕ら全員のサインが入ったTOKYO FMのタイムテーブルをプレゼントします。採用上限は4通です」

DJ LOVE「うん」

Nakajin「4人までってことですかね」

Saori「うんうん。4人決まるところまでやるんですね」

Nakajin「そうですね」

Fukase「厳しくやって欲しいですね」

Nakajin「そうですね」

Fukase「って言われてます。あんまりパッパってやるとパッパって終わっちゃうんで」

Nakajin「そうですね(笑)」

Fukase「厳しくしてくださいって言われてます。いつも優しい。優しすぎるよと。あと、クイズが難しすぎるよと」

一同笑い

Nakajin「セカオワクイズムズ過ぎるぜ、と(笑)」

Fukase「言われてるわけじゃないですか。ここは厳しくいきましょう」

Nakajin「厳しくいきますよ〜。では紹介していきましょう!」

Saori「これ、1人目が有利なのか不利なのか分かんないね」

Nakajin「どうですかね〜」

DJ LOVE「すっごい良かったら手挙がっちゃうわけだもんね」

Nakajin「うん」

Saori「紹介します!」




私はこれで学校を休みました。
ぽこめがね
京都府/17歳/女性





Nakajin「え?あっそれね。そういうことですね」

DJ LOVE「なるほどね」

Saori「っていうキャッチフレーズね。 “買った日はずっと聞きたくて学校を休んだという私のストーリーも添えて(笑)”って書いてありますね」

Nakajin「なるほどね〜」

Fukase「なるほど!」

Nakajin「そういうタイプもあるのか」

Saori「そういうタイプもありますよ」

Nakajin「内容に触れていかないタイプ」

Fukase「いいんじゃないですか?」

Saori「“これで学校を休みました”って、なんだろうって感じはするよね」

Fukase「衝撃的な内容過ぎるのか、それともただのフラゲなのか。LOVEさん状態なのかっていう」

Nakajin「はいはい(笑)学生時代のLOVEさん状態ね」

Fukase「っていうことですよ」

Saori「これいいですよ。気になりますけどね」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「どうですか?作家先生としては」

Saori「ええ!?(笑)」

Nakajin「これは本の帯みたいなことではあるわけじゃないですか」

Fukase「帯コメね」

Saori「確かにね」

Fukase「どうですか?これ書かれてたら」

Saori本の帯に『私はこれで学校を休みました』ってバーンって書いてあったら結構気になるよね

Fukase「じゃあ採用!!

Saori「採用しよう!」

Nakajin「いきなり?」

DJ LOVE「いきなり」

Saori「なんかいいと思う」

DJ LOVE「じゃあ続きまして・・・」

Fukase「厳しくいくよ〜〜!更に厳しくいくよ!」




『Lipのキャッチコピー』
彼らの唇が紡ぎ出す音楽は、いつかあなたの“言葉”になる。
私はサザンカの「ここで諦めたら今までの自分が可哀想」という一節を初めて聴いた時に、体も心も震えました。そしてそれ以来、全て投げ出したくなってしまった日には、このフレーズを何度も自分に言い聞かせています。
このように「LIP」の中には、聴いた後に自分自身や周りの誰かに語りかけたくなるような、そんな言葉やメロディーが詰まっていると思います。
ミルクるみ
栃木県/23歳/女性





Fukase不採用

一同笑い

Nakajin「厳しいですね〜」

DJ LOVE「厳しいですね〜」

Saori「厳しい」

Fukase「申し訳ないんだけど。途中で分かんなくなっちゃった。スッと入ってくる感じでいうとさっきのかな。さっきのが指標になってるよ」

DJ LOVE「うん」

Saori「ぽこめがねがね」

Fukase「うん。ごめん。すぐ不採用って言って」

Nakajin「『Lip』だけなんですね」

DJ LOVE「『Lip』だけですね」

Fukase「もう1回読んでもらってもいいですか?」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE『彼らの唇が紡ぎ出す音楽は、いつかあなたの“言葉”になる。』

Fukase「なんか・・・なんて言うんでしょう。そんなたいそうなものじゃない」

一同笑い

Nakajin「なるほどね。壮大な感じしますよね」

Fukase「そんなたいそうなものではないかな」

Saori「うん」

Fukase「ごめんね」

Nakajin「じゃあ次。」




『Eye』は農園のカカオ、『Lip』はショーウインドウのチョコレートです。
山崎ジュリアンヌ
岐阜県/16歳/女の子





Saori「のう・・・のう?」

Nakajin「農園のカカオ」

Saori「農園の?」

DJ LOVE「カカオ」

Saori「農園のカカオ」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「言いたいことは分かります。説明があるんで!“チョコレートの原材料である苦いカカオは、カカオ自体の姿はあまり知られていません。それに対して甘いチョコレートは。身近で手に取りやすい存在です。そんな、元は同じであるのに全く違う2つがまるで『Eye』『Lip』のようだと思いました!”」

Fukase「なるほどね」

Saori「なるほどね。言われてみれば」

Nakajin「言われてみればなるほどなんですけど、ちょっとね」

Saori「言葉だけで聞くとなんでだろうって感じはする」

Fukase「説明ありきになってしまうとちょっとね〜」

Nakajin「はい。ちょっとね」

Fukase「想像力を膨らませたいところですね」

Nakajin「はい。残念!不採用でございます」

Saori「はい。じゃあ次いきます」




『Lipのキャッチコピー』
表の中に裏がある
34/KGD
岩手県/16歳/男の子





Nakajin「・・・のみですか?」

Saori「はい」

Nakajin「何か説明などは?」

Saori「ありません」

Nakajin「ないんですか(笑)」

DJ LOVE「なるほど〜」

Saori「渋い。渋い感じでこれだけきてますけど」

Nakajin「表の中に裏がある」

Saori「『Lip』にそんなに裏がとかありましたっけ?もうちょっと欲しいな」

Fukase「まだ1個しか採用されてないよ」

Nakajin「サクサクいったほうがいいね」

DJ LOVE「サクサクいきますよ。次ね」




『Eyeのキャッチコピー』
Lipより売れないなんて 言わないで Fukaseくん
タコス大好き
埼玉県/16歳/女の子





Saori「ふふふ(笑)」

DJ LOVE「だそうです」

Saori「私これなんか好きだな」

Fukase「あら!? なるほどね」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「この流れはドンッてくる感じはありますね」

Saori「CD屋さん行ってさ、“Lipより売れないなんて 言わないで Fukaseくん”って書いてあったら、どういう曲なんだろうってちょっと気になる(笑)」

DJ LOVE「なに?ってなる」

Nakajin「興味惹かれるかもしれない」

Saori「Fukaseくん売れないって言ってるんだって。」

Fukase「なるほどね。宣伝文句ですかね。購買意欲の優先順位がかなり高い感じになってますけども。なるほどね」

Saori「面白いんじゃないですか?」

Nakajin「面白いかもしれないですね」

SCHOOL OF LOCK!


Saori採用!

Fukase「まさかの。俺はえ?って思ったけど言われてみればですね。じゃあ次いきますね」




カラオケで歌うの難しそうだな。全部。
グミオ
兵庫県/14歳/男の子





Fukase「って書いてある」

一同笑い

Nakajin「ちょっと」

Saori「なんだろう(笑)」

DJ LOVE「なんだろうな〜」

Saori「どうなんだろう?」

Fukase「なんだろうね。・・・全然じゃない?(笑)」

一同笑い

Fukase「全然だめじゃない?全然購買意欲沸かない」

Nakajin「全然だね」

DJ LOVE「誰が言ってるんだろうって感じになっちゃうね」

Saori「そうだね」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「歌ったら楽しそうだなみたいなことにして欲しいよね。どっちかというと」

Saori「そうだね。カラオケで歌いたい!ならまだね」

Nakajin「うん」

Fukase「すっっごい歌が上手くて有名な人が言ってるんだったら、どんな感じだよ?って思う」

DJ LOVE「うん」

Saori「どんなすごい技術がいる歌なんだろうって思うよね」

Fukase「グミオの知名度が足りないことによって不採用!

Saori「(笑)」

Nakajin「はい次」




Eye『他人にとわられず自分自身で道を切り開け』
Lip『この美しい世界で他の誰よりも美しくなれ』
みゆどん
北海道/13歳/女の子





SCHOOL OF LOCK!


Fukase「だからそんな大したものじゃない(笑)」

Nakajin・DJ LOVE「(笑)」

Nakajin「かっこいいですね。すげぇかっこいいです」

DJ LOVE「傾向がだいぶ分かってきたね」

Nakajin「パターンがありますね」

Fukase「褒めすぎちゃダメだと思う」

Saori「そうだね」

Fukase「褒めすぎることでウッて思っちゃう時もある」

Nakajin「そうだね。引いちゃうこともありますね」

Fukase「分からない余白を残しておくっていうのも重要!っていうことによって不採用!褒め過ぎ」

Nakajin「褒め過ぎ」

Saori「でもさ、うちのスタッフがいつも書いてくれる紙資料ってさ結構・・・」

Fukase「それはいいの。仕事だから。仕事!“メンバーが結構適当に作りました!ラフな作品です!”って紙資料に書かねえじゃん!」

一同笑い

Nakajin「そうね。関係者の方に渡したりするものですからね」

Saori「“ダークな部分を凝縮した・・”」

Fukase「それは仕事だからね。でも確かに。それキャッチコピーだよね」

Saori「キャッチコピーだよ」

Fukase「それはそれで1個あったからね」

Saori「ここではたいそうなものじゃないからって言ってるけど、仕事になったらそういうのは採用される」

Nakajin「そうかもしれないですね」

Fukase「私はこれで学校休みましたって紙資料に書いてあったら、え?ってなる」

Nakajin・Saori「(笑)」

(ゴングの音)

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「これでね2名採用になったんですが、4つ枠があるんであと2つ

Fukase「何?厳しすぎたってこと?」

Nakajin厳しすぎたみたいです

Fukase「なんでバランス取れないんだろうね、俺たち」

DJ LOVE「そうなんだよね〜」

Fukase「上手くできないね」

Nakajin「優しすぎたり」

DJ LOVE「うん」

Fukase「どうですか?」

Nakajin「そうね〜・・・」

Fukase「いいですよ。LOVEさん決めていいですよ」

DJ LOVE「1個は、カカオのやつじゃない?」

Saori「あっ、たしかに!」

Fukase「カカオのやつ!」

DJ LOVE「『Eye』は農園のカカオ、『Lip』はショーウインドウのチョコレートです。」

Fukase・Saori「うん」

Nakajin「解説あるとね」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「1個はそれでいいんじゃない?」

Nakajin「うん」

Fukase「そうですね」

Saori「なかなか文学的なね」

Nakajin「はい」

Fukase「後はね〜。どれがよかったですか?」

Saori「グミオの “カラオケで歌うの難しそうだな。全部。”はちょっとな〜(笑)」

Nakajin「グミオ(笑)」

Fukase「グミオを悪く言うなよ〜」

Saori「グミオのはちょっと」

Fukase「どうなんだろうな〜」

DJ LOVE「言葉自体は残るよね」

Fukase「残るけど」

DJ LOVE「買おうかなとは思わないかもしれない」

Fukase「そうだな〜」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「片方だけだとちょっとなって感じがしますけどね」

Fukase「まあね〜」

Nakajin「『Lip』だけでしょ?」

Fukase「そうだね」

Saori「じゃあ『Lip』と『Eye』両方書いてくれた みゆどん にしますか?」

Nakajin「13歳の女の子」

Saori「うん」

Fukase「いいじゃないですか?みんなありがとう。嬉しいね」

Saori「ね!面白いね!」

DJ LOVE「楽しかった!」

Fukase「書いていただけるなんて。次はメンバーそれぞれのキャッチコピーを書いて」

Nakajin「おおお(笑)」

Saori「え〜!それ面白そう!」

Fukase「え?面白そう?」

Saori「メンバーのキャッチコピーやりたい!」

Fukase「やりたい!」

DJ LOVE「ね!」

Nakajin「やりますか?」

Saori「送って欲しい〜!」

Fukase「2枚のアルバムだけでこんなに時間かかっちゃってんだから、4人分やったらもう」

Nakajin「大変だね」

DJ LOVE「大変だね。4週使おう」

一同笑い

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「4週(笑)」

Fukase「めっちゃちゃんとやるじゃん」

Nakajin「やばい。本格的だな」

Fukase「これをWikipediaの所に書き足すつもりじゃん」

DJ LOVE「1ヶ月かけてね(笑)」

Saori「みんなで考えてね」


M. ラフレシア   / SEKAI NO OWARI


Fukase先生の “メンバーそれぞれのキャッチコピーを生徒たちに考えてもらう” っていう突然提案に、校長教頭も賛同してくれたので早速【セカオワ掲示板】で募集します!!自由に書いてもらってOKです!セカオワ先生が、“そう思われてんの!?”っていうびっくりするキャッチコピーも面白いですね!1人だけ書くとかじゃなくて、4人とも書いた方が書き込み読まれる率上がるかもよ?キャッチコピーお待ちしております〜〜!

では今週はここまで!
また来週〜。

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!

セカオワLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る