『クリアするファイルをGETせよ!セカオワ☆クイズ』!!!

SCHOOL OF LOCK!


今夜の【 学校運営戦略会議 】冒頭で突然セカオワ先生が現れましたね…!!聴いてたかな?

今夜のセカオワLOCKS!は、『クリアするファイルをGETせよ!セカオワ☆クイズ』!!!クリアするファイルをGETできるのは、リアルタイムでセカオワLOCKS!を聴いて、セカオワ掲示板に見事正解を書いた生徒10名のみ!だからこの放送後記を読んでいる時点で今から書いても答えは無効です(笑)放送中に“ピーーーー!”で隠されていた曲は、放送後記上では何の曲だったか書いているので、曲名が気になる生徒はぜひ最後まで読んでくださいね〜!



セカオワ先生のMr.Heartacheの「we’ve got all night to talk about our lives」が「チョコバナナ」に聞こえてしょうがないです。最初歌詞見る前は本当にチョコバナナって言ってるんじゃないかって思ってました。2分40秒くらいから聞くとわかりやすいです!
はっぴーな☆
長野県/15歳/女の子




Fukase「ええ??」

Nakajin”we’ve got〜”のとこですよね。“we’ve got all night to talk about our lives〜♩”

Fukase「そう、“lives(ライブス)”

DJ LOVE「ライブス」

Fukase「ちょっと聴いてみます?」

Nakajin「聴いてみましょうか!」

(♩Mr.Heartacheが流れる)

Saori「ええ!?」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「まあ…あれでしょ?“talk about”のところ。talk about、talk aboutチョコバナナ…

Saori「ちょっともう1回!そこだけ!」

(♩Mr.Heartacheが流れる)

一同「う〜ん」

Nakajin手ぬぐいかな?」

DJ LOVE手ぬぐいかな〜

Fukase「そんなんないでしょ(笑)空耳的な(笑)」

Nakajin空耳アワー的なね」

Fukase「何もらえるのかな?」

Nakajinタモリ倶楽部ジャンパー

Fukase「ジャンパー(笑)」

Nakajin「かもしれない」

DJ LOVE「これね〜」

Nakajin「まあまあ」

Saori「いや〜これはまあまあですね」

DJ LOVE「手ぬぐいですかね!」

Fukase「僕らの楽曲だったらもう少しね」

Saori「もうちょっとあるよね」

Fukase「あったような気がするんだよな」

Nakajin「そういうのたまにありますよ。自分たちの曲を自分でやってて」

Fukase「たまにあるよね」

Nakajin「パッと出ない」

Saori「よくそういうの言ってない?」

Fukase「言ってるのあるんだけど、あの…・放送できない」

一同笑い

Nakajin「ちょっと気になりますけどね(笑)まあまあいいですわ」

Saori「なんだっけ〜なんだっけ。思い出せない!」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「え…え〜〜(笑)多分あれじゃない?」

Saori「ちょっと “ピーーーー”を使って」

Fukase「え? “ピーーーー” じゃない??」

一同笑い

Nakajin「あ〜はいはい」

Saori「ひどい!!ひどい…!!!」

DJ LOVE「それはね(笑)」

Fukase「だからやめようよって言ったの(笑)でもこれでしょ?」

DJ LOVE「そういうことだよね」

Nakajin「レコーディング中疲れてくると言っちゃうんだよね(笑)」

DJ LOVE「脳みそが疲れてくるよね」

Nakajin「言っちゃうんですよね〜」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「本当にひどい!聞かなきゃ良かった」

Nakajin「聞かなきゃ良かったって(笑)俺は2回ほど止めたんだよ?」

一同笑い

Nakajin世界の始まり!世界始の講師!セカオワLOCKS!今夜はこちらの授業をお届けします!

Saoriセカオワ☆クイズ!!!!!

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「先ほどいつもよりちょっと早く登場して、クイズを出題させてもらいましたが、改めて問題を発表します!SEKAI NO OWARIが選ぶ『あれ?僕が思ってた新学期と違う!』そんな生徒に送りたい、SEKAI NO OWARIの楽曲は何?僕らが何を選曲するのか?今すぐ【 セカオワ掲示板 】に書き込んでください!正解者の中から10名に、“ピーーーー”入り、SCHOOL OF LOCK! クリアするファイルをプレゼントします

Saori「えええ?それはちょっと…それはちょっとダメなんじゃない?あげたら(笑)」

Nakajin「10人だから10分割」

Saori「ええ(笑)」

DJ LOVE「お母さんが止めると思うよ」

Saori“ピーーーー”あげたらダメなんじゃない?大丈夫かな?(笑)」

Fukase「すごいですね!

Nakajin「プレゼントしようかな〜って。曲を当ててくれるんですよ!当ててくれるような人たちにはあげてもいい!」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「じゃあ“ピーーーー”あげちゃってもも大丈夫」

Nakajin「はい。ということで、当選した人は大切にしてください!では、選曲していきたいと思うんですが、どの曲がいいかなぁ??

Fukase「自分の思ってた新学期と違うって言ってもねえ」

DJ LOVE「どういうこと思い浮かべてたんだろうね」

Fukase「逆に違わなかった人なんている?」

Nakajin「そうだよね」

Fukase「大体思ってたのと違う」

DJ LOVE「大体違うよね」

Nakajin「大体うまくいかない」

Saori「そうだよね。思ってた通りの方が少ないよね」

Fukase「圧倒的に少ないよ〜」

Nakajin「いろんな学校の形があると思うんですけど、みんなはどうだったのかって感じですね。新学期だからこれ聴くとかなかったですよね?」

Fukase「なかったけど、初めての出会いがあるじゃない?環境も変わるわけじゃないですか。その時に聴いていた音楽ってすごい根強く残ってない?」

Nakajin「あ〜」

Saori「覚えてる覚えてる」

Fukase「俺、何聴いてたかな〜」

Saori「高校生の時、“MONKEY 4〜♩”って」

Fukase餓鬼レンジャーね(笑)」

Saori『MONKEY 4』ばっかり歌ってると思ってた」

Fukase「カラオケのどの速度でも歌える」

一同笑い

Fukase「最速にして歌うってところまでやった」

Nakajin「変えられるからね」

Fukase「最速でラップをした後、それがゆっくりに感じてきたらゴールだなって思う」

Saori「高校休んでずっと『MONKEY 4』の練習してて、この人大丈夫かな?ってすごい心配した記憶あるもん」

Fukase「神様が現れて、この人は数年後にミュージシャンになることができてるよって俺のお母さんとお父さんに言ってあげたい。」

Saori「そうだね(笑)」

Fukase「すごい好きな曲でしたけど」

Nakajin「じゃあちょっと真面目に向き合ってみるか、自分たちの曲に」

Fukase「全然向き合ってなかったね」

Saori「そうだね。1曲しか選べないんだもんね」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「そうだね」



このまま選曲会議をしないで授業が終わっちゃうんじゃないかなと不安になりましたが、ようやくスタートします!ちなみに実際の授業(オンエア)では選曲会議中に出てきた楽曲タイトルに“ピーーーー”を入れていたんですが、この放送後記では“ピーーーー”を消しているので答えあわせをする気持ちで楽しみながら読んでもらえればと思います!ただ、オンエアをまだ聴いてなくてradikoのタイムフリーで聴くのを楽しみにしている生徒は、この後の放送後記を読むのは控えて下さい!



















Saori「さっきFukaseくんは無難に『プレゼント』って言ってたけど、『プレゼント』は無難すぎますよね。学校の歌だしね」

Nakajin「そうですね」

Fukase「なるほどねって感じになっちゃうか」

Saori「なるほどね、そうだよねって感じだよね」

Nakajin「ちょっとね」

Saori「私は学校始まる時とかは、『Love the warz』みたいなの聴いてた」

Nakajin「あっ俺もね『Blue Flower』思い浮かべてた(笑)」

一同笑い

Fukase「やばいね!Nakajinは新学期に『Blue Flower』聴いてんの?」

Nakajin「殺気立って行ってましたよ」

Saori「そうそうそう!」

Nakajin「舐められたら終わり見たいな」

Saori「舐められたくないみたいな!」

Fukase「へ〜〜」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「わりとそういう気持ちで通ってた。最初」

Fukase「あっそんな感じですか」

Nakajin「そんな感じ」

Saori「威嚇してやるぜ!みたいな」

Nakajin「そうそう」

Fukase「へ〜。俺は『どうして僕たちは友達になれないの?』みたいな曲聴いてたよ」

一同笑い

Nakajin「そうなんだ」

Fukase「うん。聴いてた」

Nakajin「緊張してるんだよね」

Saori「そう。緊張とマイナーキーの曲が合うんだよね」

DJ LOVE「俺もどちらかというとそっちだった気がするかも」

Fukase「えええ!」

Nakajin「攻撃性が必要だった。通うのに」

Saori「うん」

Fukase「失敗してるよ。最終的に顔ガッチガチになっちゃってるよ、そういう人たちって多分」

Nakajin「まあね。きっとそうなんだけどね」

Saori「けど見た目的に一番威嚇して学校に現れたのはFukaseくん」

SCHOOL OF LOCK!


NakajinDJ LOVE「(笑)」

Fukase「ちっ違うよ(笑)」

Nakajin「そうだね」

Saori「そうじゃない?」」

Nakajin「絶対そうだね」

Fukase「髪の毛を染めてるだけだもの」

Saori「だって金髪でさ!」

Fukase「お前に言われたくないよ!」

一同笑い

Saori「いやいや!高校生でさ〜」

Fukase「金髪で不良だ!ってドラゴンボールのチチかって話ですよ」

一同笑い

DJ LOVE「悟飯に対してね」

Fukase「そうそう」

Saori「高校生だからさ〜」

Fukase攻撃的な曲も1つある。アリだと思います。そういう気持ちも分からんでもない」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「最初が肝心だからね」

Nakajin「気合い入れたい」

Saori「そうなんだよね」

DJ LOVE「どれでしょうね。そうなってくると」

Fukase「一番攻撃的なもので言ったら『Blue Flower』」

Nakajin「『Blue Flower』にしましょうかじゃあ。いいっすか?」

Saori「ええ?『Blue Flower』なの?」

Fukase「新学期(笑)」

DJ LOVE「10人も正解者いるかな〜(笑)」

Saori「でもまず『Fight Music』って言った人はダメ」

一同笑い

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「なんでダメなの?」

Nakajin「なんでダメなんですか?いいじゃないですか」

Fukase「ダメとか言うなよ。なんでダメなんだよ」

Saori「だって『Fight Music』じゃん。普通に考えたら」

Nakajin「励まされて行こうよ。普通に」

Saori「セカオワクイズはそんな簡単じゃない」

Fukase「そうやってるから当選する人がゼロとかになるんだよ」

Nakajin「そうだよ。10名にあげられるか分かんないじゃん “ピーーー”

Fukase「今回はNakajinが “ピーーー” あげるって言ってるんだから」

Nakajin「そうだよ(笑)」

Fukase「“ピーーー” 入りですよ」

Nakajin「そうですよ」

Fukase「法律に引っかかるんじゃない?」

DJ LOVE「(笑)」

Nakajin「なんかまずそうですよね(笑)」

DJ LOVE「体の一部を入れるのは良くなさそうですもんね」

Nakajin「え〜何だろうね」

DJ LOVE「う〜ん」

Saori「『Blue Flower』かなあ。ちょっと『スターゲイザー』だけは聴かないほうがいいと思う」

Fukase「なんで『スターゲイザー』は聴いちゃいけないんだよ」

Saori「なんか…」

Fukase「学校辞めたくなるから?」

Nakajin「達観してるよね」

Saori「うん。学校辞めそう」

Nakajin「うんうん。そうだね」

Saori「また『MONKEY 4』(笑)」

DJ LOVE「(笑)」

Fukase「なんでよ〜」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「なんだろうなあ。『ラフレシア』とかはどうかな」

Fukase「いいよ。『Blue Flower』で」

DJ LOVE「『Blue Flower』でいいんじゃない?」

Saori「え〜本当に?」

Nakajin「そんくらい肩で風切って登校したかったんですよ。僕はね」

Fukase「どうして?なめられるかもしれないから?」

Nakajin「そう。ビビってたの。結局ビビりの反動というか」

Saori「じゃあ『Blue Flower』で行きますか」

Nakajin『Blue Flower』にしましょう。『Blue Flower』にしました!

Fukase「そうだよ。そういうの聴いて新学期行くと、こういうへそ曲がりのおじさんになる」

Nakajin「そうなっちゃうからね(笑)」

Fukase「わかった上で『Blue Flower』聴いていってください」

Nakajin「はい。ということで、セカオワ☆クイズ、応募はここまで!答えを書き込んでくれたみんな、ありがとう!正解者いるのかな?それでは発表します!SEKAI NO OWARIが選ぶ『あれ?僕が思ってた新学期と違う!』そんな生徒に送りたい、SEKAI NO OWARIの楽曲は…この曲!

Fukase「ひどい(笑)」


M Blue Flower / SEKAI NO OWARI


Nakajin「という訳で曲は『Blue Flower』でした。理由はさっき言った通りなんですけど、通うのに気合が必要だったんですよね。なめられないように」

Saori「負けないっていうね」

Nakajin「はい」

Fukase「なめられるっていうのは実際どういう感じなんですか?ちょっとジャンプしてみろよってことですか?」

Nakajin「例えばね」

Fukase「例えばね」

Nakajin「そういうことですよ」

Fukase「なるほど〜」

Saori「ジャンプしてみろよってことは、狙ってるの500円以下ですよね」

Fukase「カツアゲなのに小銭狙いなのかいっていう」

Nakajin「けどこれからなくなってくよね。キャッシュレス社会だから」

Fukase「そうだよね」

Saori「あ〜確かに!」

Nakajin「飛んでみろよって言われても何もならない」

DJ LOVE「俺のケータイとリンクさせろよってことになってくるんでしょ?」

Nakajin「お前のSuicaを…」

DJ LOVE「こっちにチャージさせろよ」

Nakajin「(笑)」

Saori「PayPayで送金とかできるからね」

Nakajin「そうだよ」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「PayPay入ってるのかよ」

Nakajin「LINEポイントプレゼントしろよ(笑)」

Fukase「そういう風にならないために。大丈夫かな?」

Saori「『Blue Flower』でね。勇気を持ってね」

Fukase「大丈夫かな。下手くそな護身術を教えた気がして逆効果な気がしますけど」

Nakajin「オススメはしませんよ。僕はそうだったって感じです」

Fukase「そうですよね。了解です!」

Nakajin「という訳で当選者の中から抽選で10名に、僕の“ピーーーー”入りクリアするファイルをお送りします!お楽しみに〜!!」

Fukase「こわ!怖いバンド!」

一同笑い

Saori「送られてきてもね〜」

Fukase「『Blue Flower』かけながらそれ(笑)怖!名前もSEKAI NO OWARIだし。暗!」

DJ LOVE「猟奇的な感じが一気にしてきたね」

Fukase「ピエロいるし」


ということで『クリアするファイルをGETせよ!セカオワ☆クイズ』終了です!みんな答えはあってたかな?“ピーーーー”ってなんだろうね!(笑)正解した生徒はNakajin先生の“ピーーーー”入りクリアするファイル届くの楽しみにしててね〜!

そして引き続き、『The Colors』のライブレポーター募集中です!現在募集している5月のライブレポーターは本日19日(金)24時まで!!まだ応募してない生徒は急げ〜!詳しくは【 特設サイト 】チェックしてね!

では今週はここまで。
また来週〜!

SCHOOL OF LOCK!

セカオワLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る