『club EARTH 11th Anniversayを予習しよう』

SCHOOL OF LOCK!


昨日のLINE LIVEで発表されましたが、7月5日にリリースとなるセカオワ先生のニューシングル『RAIN』が、映画『メアリと魔女の花』の主題歌に決定しましたー!!!!!

この映画は『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』を手がけた米林宏昌監督の最新作!
何をやっても上手くいかず、不満や不安を抱えて暮らす11歳の平凡な女の子・メアリが…と描いてみましたが、【公式HP】を見ていただくのが一番いいのでぜひチェックを!

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「あの、まだ映画の完成形は見てないんですけどね(笑)」

DJ LOVE「そうなんですよね」

Saori「すごいざっくりしたものを見させてもらいましたけどね」

Fukase「声優さんも入ってないようなものでしたけど、あとはみんなも見てるような予告編を見ましたね」

Nakajin「そういう意味ではみんなと一緒です」

Fukase「概要については監督さんが直々に絵を見せてくれながら説明していただいたりもしましたね」

Nakajin「そのお話を伺って『RAIN』を書き下ろしたわけですけど、楽しみですよね映画を見るの」

DJ LOVE「来週見せてもらえるんだっけ、試写」

Saori「そうそう、楽しみだよね」

Nakajin「みなさんより一足先に見させていただくんですけど、みなさんも7月8日の公開を楽しみにしていて下さい!」

・・・今日は朝のワイドショーでも『メアリと魔女の花』に関するニュースがバンバン出てましたが、そこで『RAIN』を聴いたという生徒もいるはず!そしてもちろんLINE LIVEで聴いたという生徒もいるはず!
セカオワ先生の新曲『RAIN』、SCHOOL OF LOCK!で初オンエアしたいと(勝手に)思っているのでセカオワ先生と相談します!

SCHOOL OF LOCK!


では、今夜の授業にいきましょう!
『club EARTH 11th Anniversay』を予習しよう〜!!!!!!!

セカオワ先生が立ち上げたライブハウス『club EARTH』11周年のお祝いとして6月11日(日)東京 新木場STUDIO COASTで開催するこのイベント!
毎年いろんなアーティストに登場してもらっていますが、今年はセカオワ先生が好きなアーティストだったり、まだあまり知られていないけど紹介したいアーティストに出演してもらっています。

チケットを手にいれた生徒はもちろん、今回は行けない...という生徒にもぜひ知ってもらいたい!! 聴いてもらいたいアーティストばかりなので、今夜はこのライブに参加してくれる全アーティストを紹介していきます!
中にはCDをリリースしていないアーティストも沢山いるので、この授業でバッチリ予習してほしいと思います!

では早速………
今回はメインステージとサブステージ、2つのステージがあるんですが、まずはオープニングアクトの紹介!!
サブステージ1発目に登場するのは…planeta(プラネタ)!!!!


M sonatine / planeta 


Nakajin「今回僕らの対バン相手をオーディションで募集しましたが、見事優勝を勝ち取ったのがこのplaneta!今年の1月に結成したばかり!」

Fukase「1月だよ?ヤバいよね」

DJ LOVE「結成して5ヶ月以内でコーストですよ」

Saori「それはたまげましたね」

Fukase「まさかこんなに活動期間が短いとは思わなかったよね」

Nakajin「本当だよね」

Fukase「今回のライブは、ライブとかフェスっていうよりはドキュメンタリーってイメージなんだよね、俺の中で。みんな緊張するだろうし、それこそライブの経験もほとんどないような人もいるし、その本番に向かうまでの熱量とドキュメントっていうのがclub EARTHのアニバーサリーのコンセプトなんだよ。俺らもそうだったじゃん」

Saori「そうだったね、ライブの時は」

Fukase「いろいろ準備してギリギリまでギリギリまでめちゃくちゃ練習して考えていっても失敗したりして、またそこからいろいろ考えて…っていうさ」

Nakajin「まぁ思い出に残るよね、そういうのって」

Fukase「楽しみだよね、みんなを見るの」

SCHOOL OF LOCK!


では続いて、サブステージ1組目尾上陽(おのえ あきら)!!!


M 夢の跡 / 尾上陽


Nakajin「京都を中心に活動するシンガーソングライター尾上陽!彼は僕が選びました…というか誘いました」

DJ LOVE「そうだね」

Nakajin「というのも彼は僕のいとこです!」

Saori「そうなんだよね」

Fukase「何がすごいってさ、俺はいとこといえどもミュージシャンとして良くなかったら出したくないんだけど、上手いだよね本当に」

DJ LOVE「ひいき目なしで選んだってことだよね」

Fukase「ソロシンガーだよね」

Nakajin「今回はいろいろ連れてくるらしいですよ、バックメンバーを」

Saori「そうなんだ、楽しみだね」

SCHOOL OF LOCK!


続いて、サブステージ2組目は…千葉龍太郎+Mayu(仮)!!!!


M シオン / 千葉龍太郎+Mayu(仮)


Nakajin「GRAND FAMILY ORCHESTRAの千葉龍太郎と、シンガーソングライターのMayuのユニットです」

Saori「龍太郎くんは昔からの友達だよね」

Fukase「うん。そしてMayuは俺が見つけてきて、俺がこの2人を無理やりくっつけたって感じ(笑)」

DJ LOVE「家に呼んでね(笑)」

Fukase「そう、家に呼んで(笑)僕はMayuの声と龍太郎が作るメロディーがすごく合うと思って。だから今回はチャレンジでもあるんだけど、まずユニット名が決まらなかったっていう(笑)」

Saori「(仮)っていうね」

Nakajin「まぁ今回のために作られたユニットだし、ってことはこれが初ライブなので楽しみですね」

Fukase「僕もどうなるかすごく気になるところですけど、みんなで見ていきましょう」


SCHOOL OF LOCK!


続いて、サブステージ3組目は…電波少女(でんぱガール)!!!!


M ME / 電波少女


Nakajin「MCハシシと、パフォーマンス&ボタンを押す係Nicecreamの2人で活動する電波少女!」

Fukase「彼らはCDリリースしてる組です」

Saori「ガールだけどガールはいないんだよね?」

DJ LOVE「男性2人組です」

Fukase「僕がiTunesで見つけてすごい気に入ってて。なんか知らないけどオファーを断られる夢を見て、でもイベントの出演者リスト見たら名前が入ってて、あれ夢だったのか...ってなってさ(笑)」

DJ LOVE「だいぶ現実に近い夢だったんだろうね(笑)」

Fukase「なんか妙にリアリティーのある夢ってあるじゃん。あぁ、昨日の晩御飯カレーだったよな...みたいなさ。だから出演してくれて本当に嬉しいです(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


続いて、サブステージ4組目は…チーナ


M 魚 / チーナ


Nakajin「ピアノヴォーカル、ヴァイオリン、コントラバス、ギター兼マイクロコルグ、ドラムの5人編成!チーナ!!!」

Saori「チーナは私たちが昔から一緒にライブしたりしてるバンドだよね」

Fukase「この中でいったらSaoriちゃんプッシュかな」

Saori「そうですよ、チーナは当時から好きで」

Nakajin「上手いですよね」

Saori「上手いよね〜。ピアノヴォーカルが歌いながらそれ弾いちゃう!? みたいな感じでピアニストとしてはそこに目がいくし耳がいくし。楽器隊もみんな音大出てる人が多くてすごく上手で、技術的にも見ていて素晴らしいので私はすごく楽しみにしています」

SCHOOL OF LOCK!


では、ここからはメインステージに参りましょう!
メインステージ1組目は…あかね!!!


M 恋歌 / あかね


Nakajin「東京音楽大学卒業後、新宿2丁目でゲイバーのママを務めたり、渋谷の小料理屋で働きながら音楽活動をしているあかねです!」

Fukase「まぁ、聴いてわかる通り男性なんですけど俺の友達です。この曲はずっと昔から聴いてて、じゃあやろうかって言って、ついに出る感じだね」

Saori「ついにステージに上がっちゃいますね」

Fukase「すごい張り切ってるんだけどどういう感じになるのか…本番前に俺んちに来るらしいよ」

DJ LOVE「練習しに?」

Fukase「わかんない(笑)居ても立っても居られないから来るんじゃない?」

Nakajin「ちなみに尾上くんも来ますよ」

Fukase「あ、来ますか?みんな来るんじゃねぇかな、だったらみんな来ればいいじゃんもう」

DJ LOVE「前夜祭みたいになるよそれ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


続いてはメインステージ2組目GOMESS


M 人間失格 / GOMESS


Nakajin「club EARTHアニバーサリライブには3回目の登場となるGOMESS!」

DJ LOVE「最多出場じゃないの?」

Saori「そうだよね、最多出場だ!」

Fukase「もはや説明不要だとも思ったんだけど、一応説明するか」

Saori「私はFukaseくんの弟みたいなものだと思ってるんだけど」

Fukase「そうですよ」

全員「(笑)」

Fukase「GOMESSもある程度俺のことの兄貴的なもので見てると思うんだけど…今回は何するのかあまり連絡が来てないんだよね」

DJ LOVE「内緒スタイルだ」

Nakajin「楽器を練習してるっていう噂があったけど」

Fukase「そうなんだよね、それがどうなってるか俺に報告がないんだよね」

Saori「どうなってるのかな?」

Fukase「これはどうなるのか?いや〜、楽しみになってきた!」

全員「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


続いて、メインステージ3組目Goghst


M Tepid / Goghst 


Nakajin「ツインボーカルユニットGoghst!様々なジャンルの要素を取り入れ、新しい日本語ロックの表現を追求している2人です」

Fukase「2人が別々だった時からの知り合いだよね」

Nakajin「女の子の小柳紫という子がいて、その子が俺たちのデビュー前に何度か共演してて」

Saori「一緒に旅行に行ったこともあったよね」

Fukase「あるね!」

DJ LOVE「貧乏旅行ね、交通費込みの5000円ってやつ(笑)」

Fukase「紫の曲ですごい好きな曲があってさ『嘘つきと三日月』」

Saori「いい曲だったよね」

Fukase「あれ聴いたら当時のこととはウワ〜って思い出すんだろうけど、やってくれるかな?」

Saori「わからないよ、その時はソロだったから」

Fukase「その辺の勝手はわからないけど、俺たちが今まで出会ってきたすごい才能を出し惜しみなく出してる感じだね」

SCHOOL OF LOCK!


そしてこれがラスト!メインステージ4組目は...神聖かまってちゃん


M 夕暮れの鳥 / 神聖かまってちゃん


Nakajin「の子率いる神聖かまってちゃんですね。説明…いるかな?」

Fukase「不要だとは思うけど、これは新曲なんだけどさ、俺すごい好きで。の子に『めっちゃいいね』ってメールしたんだけど...そういえばこの曲を書いた時にの子から電話があったんだよ」

Saori「へぇ〜」

Fukase「英語で曲書いたんだ、って言われて、後でこの曲に出会ったら『あ、これのことか!』って思って。なんかいいもんだよ、電話で友達として『今こんな曲作ってるんだよね』って話してて、後でiTunesとか覗いてて『あ、この曲のことだったのか』ってなる感じ」



Nakajin「ということで全9組!そしてもちろん我々SEKAI NO OWARIも登場します!」

Fukase「もはや出なくていいんじゃない(笑)」

DJ LOVE「見る方に徹する(笑)」

Nakajin「まぁちゃんと登場しますのでね、とにかくすごい1日になることは間違いないので。みんなにとっても新しい音楽との出会いの日になったらいいなと思っているので、気になったアーティストがいたらぜひググって自分からどんどん出会いに行ってください」

SCHOOL OF LOCK!


・・・ということで出演アーティスト全9組の紹介が終わりました!
全アーティストをしっかり紹介したかったので、事前に校長教頭から許可をいただいて、学校運営戦略会議2の時間もいただいた上で超ロングバージョンのセカオワLOCKS!になりましたね。

それでは、当日スタジオコーストに来れる人も来れない人も、今日の授業をきっかけに新しい音楽とドンドン出会っていってください!
ライブが終わったら【セカオワ掲示板】にも感想書き込みお待ちしてます!!!

また来週〜♪

SCHOOL OF LOCK!

セカオワLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る