* 放 送 後 記 *

『嘘』の始まり

SCHOOL OF LOCK!




セカオワ先生!!!紅白出場おめでとうございます!!わたしはセカオワ先生が初出場した時に一目惚れして好きになったのでなんか紅白には思い入れがあるというか…笑笑
本当楽しみすぎます!!!今年はラブ先生のけん玉かな?笑笑
はっぴーな☆
長野県 14歳 女の子





Saori「え?どういうこと?」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「三山ひろしさんが紅白出るたびにけん玉してるんですよ。」

Nakajin「あれはすごいプレッシャーだよね!」

DJ LOVE「あれは見てるだけで緊張するから絶対したくないと思ってるんだけど。」

Nakajin「ギネスに挑戦されてましたけどね。」

Fukase「すごいですね。」

Saori「1人1人やるみたいなやつだ。」

DJ LOVE「そうそうそう。」

Nakajin「すごいですよ。」

DJ LOVE「あれはできないよ。」

Nakajin「紅白では、去年僕がピアノに挑戦したりとか。」

Saori「その節はお世話になりました。」

Nakajin「Saoriさんが産休だったんでね。一昨年はFukase先生のアカペラからはじまるっていうね。」

Saori「あ〜〜。」

Nakajin「あれまたすごい挑戦でしたよね。」

Fukase「もうあれはね〜。」

Nakajin「舞台の高いところからね。」

Fukase「アカペラで下に降りて行ってね。」

Nakajin「RPGだったね。」


SCHOOL OF LOCK!


Fukase「“何も怖いモノはない”って思ったよね。それから2週間くらいは。」

Nakajin「“怖いモノなんてない”って歌詞だしね。」

Fukase「怖いモノ知らず。歌詞もそうだし。」

Nakajin「RPG苦手だ、苦手だってずっと言ってますからね。」

DJ LOVE「言ってたもんね。」

Fukase「そうなんです。」

DJ LOVE「メンバーにもさ、“紅白で歌いながら階段降りたことある?”って聞いてくるし。」

Nakajin・Saori「(笑)」

Fukase「言ったよ。言った言った。」

Saori「それはすごいですよ。」

Nakajin「はい。というわけで今年も紅白歌合戦出ます!

Fukase・DJ LOVE「はい。」

Nakajin「今年はSCHOOL OF LOCK!チームからは欅坂46、perfume研究員、リトグリ先生、そしてゆず先生も出演すると!いっぱいですね〜。」

Saori「いっぱいですね!」

Nakajin「是非楽しみにしていてください!!では今夜の授業の入る前にみなさんにお知らせがあります!!丸4年ぶり、ニューアルバム『Eye』『Lip』、2019年2月27日に同時発売決定となりました!」

Fukase「あれ?5年なんじゃなかったっけ?」

Saori「4年4年。」

DJ LOVE「4年ぶりだそうです。」

Fukase「そうなんだ!」

Saori「どっちか分かんないくらい出してないですね。」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「どっちか分かんないくらい出してなかったんですけど、4年ぶりに『Eye』『Lip』というアルバムを2枚同時に発売になってます!あとですね、実はもう1枚『Chameleon』という海外版のアルバムも出します!発売時期はまだ決まっていないのですが、新春ごろにはお知らせできると思います。さらにツアーもスタートする予定です。こちらも新春ごろにお知らせしたいと思いますので、続報を待っていてください。詳しくは僕らの公式HPを見てください。・・・それでは今夜はこちらの授業をお届けしていきます。」

Saori嘘 の始まり。

Nakajin「みなさん、嘘をついた事はありますか?“嘘つきは泥棒の始まり”“噓も方便”など『嘘』についての 言葉も沢山ありますが、今日は、『嘘』に関する書き込みを紹介しながら、『嘘』について考えていきたいと思います。」




友達と話してて、何か言われたり、質問されたりしたら、絶対、1回目は、嘘を言っちゃう癖があるんです。嘘ついたら、なんだよー!とか言うじゃないですか?その反応を見るのが楽しくて、ついやってしまうんです笑だから、なかなかやめられないんです笑
セカオワ先生も嘘ついたりしますか??笑
田舎のよっしぃー
埼玉県/16歳/女の子





Nakajin「(笑)」

DJ LOVE「う〜ん。すぐバラすんだから、まあ・・・。」

Nakajin「冗談のつもりってことですよね?」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「うん。よっしぃーは嘘ついちゃうから悩んでるわけではないんですね、きっとね。」

Nakajin「ついやってしまう(笑)」

Saori「“その反応を見るのが楽しくてついやってしまうんです笑だから、なかなかやめられないんです笑”」

Nakajin・Saori「“セカオワ先生も嘘ついたりしますか??笑”」

Nakajin「すげえ笑ってる。」

Fukase「あれでしょ?“お前5分遅刻だよ。”“ごめんごめん!テロ組織と戦ってて!”みたいなやつでしょ?タンクトップ1枚でテロ組織と戦っててみたいなことなわけですよね。」

DJ LOVE「そうだよね。」

Nakajin「分かりやすいやつだったらいいけどね。」

DJ LOVE「地味に分かりづらいやつだと困るね。」

Fukase「でもいいんじゃないですか?そういうの流行りませんでした?学生の頃とか。」

Nakajin「まああったね。嘘って言うかユーモアだよね。」

Fukase「いいんじゃないですか?」

Nakajin「僕らもよく言ってる気がしますけどね。」

Saori「いいんじゃないですか?」

Fukase「LOVEさんマスクもう取ったら?とかね。嘘というか冗談だね。嘘って難しいな。」

Saori「冗談だよね。」

Fukase「冗談と嘘の違いはあれですけど・・・。まあでもそういうのもねえ?」

Nakajin「スパイスとしてね。」

SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「コミュニケーションのスパイスですよね。」

Nakajin「うん。」



彼氏が嘘をついていることに気づいてしまいました。私には「勉強しに行く」って言ってたのに、別の友達とずっと前から遊びに行く約束をしていたり。別に素直に言ってくれたら「そうなんだ」って終わるような事なのに何で嘘をつくのか謎です。「あー嘘ついてるな」「私に言いずらいのかな」と思って見過ごしてたんですけど、その遊びに行ったことをクラスで大声で話してたりしてるのをみてだんだんイライラしてきました。彼氏は嘘つき病なのでしょうか?「バレてるよ」って突っ込んであげた方がいいのでしょうか?
オワス
群馬県/18歳/女の子





Nakajin「なるほど。別の友達って・・・。」

DJ LOVE「どっちだろうね?」

Nakajin「女性だったらね。」

Fukase「もめる。」

Nakajin「もめるよね。」

Saori「うん。」

Nakajin「そりゃもめる。」

Fukase「ひと悶着ありますね。」

DJ LOVE「それでしかも、クラスで遊びに行ったことを大声で話してるんでしょ?」

Fukase「ちょっとあれですね・・・不注意。」

Nakajin「不注意ですよね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「でもそんなに悪気がないのかもね。」

Fukase「でもさ、10代の時ってこういうやつ多くない?こういうやつというか、どうでもいい嘘つく人。俺も1回、チーズめっちゃ嫌いって嘘ついたことある。」

DJ LOVE「(笑)」

Nakajin「何それ(笑)なんで?」

Fukase「流れで!流れでチーズ嫌いになっちゃったの。」

DJ LOVE「う〜ん。」

Fukase「高校でチーズ嫌いになったの。でもチーズ食べたいじゃん。さけるチーズとか。」

DJ LOVE「食べたいね。」

Fukase「でも買えないの!かつに。だからサラダとかもそう。それチーズ入ってるよ?ってなっちゃうから。」

Nakajin「そういう謎な嘘は多いよね。」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「俺たちはまだ可愛いけど、オワスの彼氏はわりとヤバめだよね。」

Saori「ねえ。」

Nakajin「まあね。」

DJ LOVE「ナチュラルに嘘ついてるんだもんね。」

Fukase「なんなんだろうね?」

Saori「なんなんだろうね?友達と遊びに行きたいのに、“なんで友達とばっかり遊ぶの?私とも遊ぼうよ”って言われるのがめんどくさいとか?」

Fukase「それはめんどくさがりすぎだろう。」

Nakajin「それか、勉強頑張っているキャラにしたかったか。彼女の前では。」

Saori「あ〜それもあるね。でも普通にバレてるよって言うか、聞けばいい気がする。」

DJ LOVE「なんで勉強しに行くって言ったの?って。」

Saori「ねえ。勉強しに行くって言ってたのになんで遊んでるの?って。」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「そう言った時、どういう反応するかによるよね。」

Saori「私だったらすぐ聞く。」

Nakajin「聞いた方がいいんじゃないかな?」

Saori「うん。」

DJ LOVE「何か裏があるんじゃないかな?」

Saori「別の友達が女の子だったりしたら、隠そうとしてる感じ。」

DJ LOVE「読んでてそう捉えちゃったんだよね。」

Fukase「18歳って受験ってことだよね?受験なのに遊んでんじゃないよって思われるのがヤダからとか?」

Nakajin「っていうのもあるよね。」

Fukase「そういう風に言ったのかも。」

Saori「その可能性は高いよね。」

Fukase「俺もあったもん。勉強っていう体(てい)で。体(てい)だから参考書は持ってるけど、それを開くかどうかはまたそれはねぇ?なんていうの?空気だよね。」

DJ LOVE「勉強という名目で集まったけど、その後の流れでちょっと遊んだとか。」

Nakajin「っていうのもあるかもしれないですからね。」

Fukase「受験の時ってそういうことあるじゃん。」

Nakajin「まあまあまあ。ありますよね。」

Fukase「図書館で遊んでるやつとかいるじゃん。俺もほとんど外にいたもんな。」

DJ LOVE「集合場所図書館ね。」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「そうそう。集合場所は図書館で、Nakajinはずっと勉強してるんだけど、俺は教科書開いて一旦外に出かける。」

DJ LOVE「(笑)」

Nakajin「外によくいたなと思った。」

Fukase「外にいた。」

DJ LOVE「勉強はしている。」

Nakajin「勉強道具は広げてね(笑)」

Fukase「水を飲みに来たついでに外の空気も吸いに行く。近くにダイシンあるから、ダイシン行こうみたいな。」(注:多分地元のダイシン百貨店のことです)

Nakajin「でも今勉強中。」

Fukase「そういう感じだったから最終的に中卒になった。」

Nakajin「彼のリアクションをね、確かめたらどうですかね?」

Fukase「聞いてみたらいいいと思うよ。いつも思うけど、恋人同士の悩みは恋人に聞いてみるのが一番早い。

DJ LOVE「うん。」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「早い。聞いたらいいんだよ。」

Fukase「人に相談する内容じゃないよね。」

Nakajin「溜め込みすぎずに。」

Fukase「本人に聞くのが一番早い解決だから。」

Nakajin「寄り添っていこうよ。」

冒頭でNakajin先生から発表がありましたが、ニューアルバム『Eye』『Lip』が2019年2月27日に発売されます!詳しくはセカオワ先生のHPを確認してね。アルバム用にお年玉貯めておこうね!
そして、『イルミネーション』のMVが公開されています!早速セカオワ掲示板に沢山の感想が届いています!みんなありがとう!!まだ観ていない生徒は是非観てみてください!感想も待ってますよ〜。

では今週はここまで。
来週はスペシャルウィークだよ!セカオワ先生からも何かあるかもね??お楽しみに!
| Next -

Blog Archives

バックナンバー

*カ レ ン ダ ー*

<   2018年12月   >
MonTueWedThuFriSatSun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31