過去の投稿

March 2014 の投稿一覧です。
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita


閃光出たら人生変わった!

 
〆切間近!閃光ライオット2014出場者募集!
まだ間に合う!賞金100万円をその手で勝ち取れ! SCHOOL OF LOCK!では、
閃光ライオット2014の挑戦者を大募集中!
〆切まであと2週間!閃光ライオット2014強化WEEKとして特別企画を発動!
その名も!「閃光出たら人生変わった...!」 過去に出場した閃光アーティストで、現在、日本の音楽シーンで活躍しているヤツらが日替わりで登場! 閃光ライオットの想い出を語りつつ、人生が変わったという証言をオンエア!
 
今日の閃光アーティストは......
 

grimspunky_400_300.jpg
 閃光ライオット2009!グランプリバンド!
「GLIM SPANKY」!!


 
●閃光ライオットの思い出
大きいステージから見た景色ですね。
人がすごいいて、正直、“すくむ”というか心臓がドキドキした記憶があります。
 
●閃光ライオットに出てみて
 
高校生のうちにあんなに大きいステージ、1万人の人に聴いてもらえるフェスに立てたことは良い経験になりました。
友達もたくさんできて、今でも大きな財産になっています。
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
自分が一番カッコイイと思う歌を歌うだけです。
閃光ライオットには賞が取れた、取れなかった。審査に落ちた、受かった、があるんですけど自分達の音楽を信じていってほしいです。
 
★GLIM SPANKY プロフィール
 
松尾レミ Remi Matsuo Vocal/Guitar 1991.12.7
亀本寛貴 Hiroki Kamemoto Guitar 1990.8.24
長野県の同じ高校に通っていた2人が出会い、2007年に結成。
2009年「閃光ライオット」ファイナリストに選出。
2010年上京後も精力的にライブ活動を行い、2013年12月に初の全国流通盤「MUSIC FREAK」をSPACE SHOWER MUSICよりリリース。


★閃光ライオット2009の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!


140331_sol01.jpg

 
『 閃光ガールズ 』
 
これまで、閃光ライオットのに参加する10代アーティストたちの背中を、
誰よりも近い場所で誰よりも強く押してきてくれた存在、閃光応援ガール!
 
2009年、2回目の閃光ライオットからこれまで5人の応援ガールが閃光のステージに立ってくれました!
 
2009年 夏未エレナ
2010年 川口春奈
2011年 北乃きい
2012年 能年玲奈
2013年 剛力彩芽
 
そして、2014年! 新たな光に出会うべく!
 
今年の閃光応援ガールは……生徒の中から探します!
 
「閃光ガールズオーディション 開催決定!」
 
歴代の応援ガールズに続くのは、生徒のキミ!
今回は、全国的なオーディションを開催!
各地のエリア別に何人かの女子生徒を選びます!
 選ばれた生徒にはまず、選ばれたエリアの地元レポーターとして、3次審査に進出した、アーティストやダンサーの活動や近況を密着取材してもらいます!
さらに、全国で開催される3次LIVE審査、そして東京で行われるファイナルのステージで、とーやま校長。よしだ教頭2人のMCアシスタントをしてもらう!
 
もちろん、校長・教頭がサポートをしてくれるので、人前で話すことに自信がなくても全然大丈夫!
 
そして選ばれた閃光ガールズには、全員!
「東京ディズニーリゾート ワンデーパスポート」をペアでプレゼント!!
 
応募資格、方法の詳細は、「閃光ライオット2014」特設サイトにアップしてあるので今すぐチェック!!
エントリー期間は、明日4月1日〜4月20日!
みんなからの応募待ってるぞ!
 
140331_sol02.jpg

 
本日の生放送教室は、「学校説明会」!!
 
SCHOOL OF LOCK! も4月から新年度に突入!
新たな季節を迎えるにあたり、新時間割や各部活の説明など説明をしていきました!!
 
まずは…… 部活の説明!
みんなが通う中学校や高校と同じように、この学校にも部活があります!
でもこの学校の場合は、どの部活も入部手続きは一切なしで掛け持ちも自由!
 
4月から、SCHOOL OF LOCK!はそれぞれの部活をさらに活発にするべく 部活をリニューアル!
さらには、それぞれの部をまとめる部長も変更します!
 
1、これまで、2つの部に分かれていた漫画部、そして、オススメ図書部を、4月から統合!
「マンガ・図書部」として再始動させます!
 
ジャンルの分け隔てなく、掲示板などでみんなが自由に交流しさらに読書を好きになってほしい!
そんな意味を込めて、今回この2つを統合させてもらいました!
 
本日から、マンガ部と図書部の掲示板はマンガ・図書部掲示板として稼働します!
なお、ポエム掲示板は、これまで通り稼働するぞ!
 
2、部活動の部長変更!!
まず、統合したばかりのマンガ・図書部の部長を務めるのは…
1週目ガールズ担当! 剛力彩芽ちゃん!
マンガ、小説が大好きな剛ちゃん! よろしくお願いします!!
 
続いては、おしゃれ部 新部長の発表です!
おしゃれ部の部長を務めるのは……!
3週目ガールズ担当! 川口春奈ちゃん!
 
春奈ちゃんのデビューのきっかけは、ファッション雑誌“ニコラ”!
ということで、はるるに久々にファッションについて語ってもらうぞ!!
 
続いて、新聞部 新部長の発表です!
新聞部の部長を務めるのは……!
2週目ガールズ担当! 広瀬すずちゃん!
 
これまで、すずちゃんには、写真部の部長を担当してもらってましたが、
春からの新聞部はまた、新たなプロジェクトをスタート!
すずちゃんには、この責任者になってもらいます!
 
続いて、写真部 新部長の発表です!
写真部の部長を務めるのは……!
4週目ガールズ担当! 能年玲奈ちゃん!
 
能年玲奈ちゃんは現在、CanonのカメラCMにも出演中!
玲奈ちゃんと一緒に写真について色々話していこう!!
 
各部活動を盛り上げる新部長の発表は以上!
 
最後に、恋愛部 新顧問の発表!
これまで顧問は、ラブ川ハナ子先生が務めてくれていたんだけど、
ハナ子先生を受け継ぐ、若い、新たな顧問を就任させることにしました!
 
新顧問は…ラブ川ジュニア先生!
 
ラブ川ジュニア先生は、ラブ川ハナ子先生の弟!
男の気持ちも、女の気持ちもわかる、恋愛部には適任の先生です!
 
恋愛部のWEBページにイラストが掲載されているから、今すぐチェックだ!
恋愛部のみんな、新顧問をぜひよろしく頼んだぞ!
 
140331_sol03.jpg

 
続いては、各部活の活動内容について、詳しく紹介していきます!
まずは…… 恋愛部!
この春から、大きなプロジェクトがスタート!
ラブ川ジュニア顧問率いる恋愛部はなんとこの春から……docomoのサポートが決定しました!
 
そして、4月といえば、出逢いの季節!
この恋のシーズン到来を記念して、恋愛部はこの春から、
 
「夏休みまでの集中講座! 恋をしようよプロジェクト!supported by docomo」

10代の恋愛をサポートするdocomoが、夏までの期間限定で、みんなの恋を完全バックアップしてくれます!
このプロジェクトの柱は2つ!

まずは、「君恋物語」
 
実際に起きたいろんな物語を、僕たちに教えてくれていますが!
みんなの恋愛の話をプロの脚本家にお願いして、ラジオドラマにしてもらいます!
みんなが体験した恋愛が、原作! 電波に乗せて全国に届けます!
 
自分の恋愛をドラマにしてほしい生徒は、体験した恋愛を、メールで教えて下さい!
 
もう一つは…「恋に効くラブソング」
 
このプロジェクトでは、みんなの恋を応援してくれたラブソングのアンケートをとらせてもらい集計!
生徒のオススメレビューと一緒に結果をサイトに掲載します!
 
“恋をしようよプロジェクト”の詳細は、特設サイトからチェック!
恋愛部では、“恋をしようよプロジェクト”以外にも、ラブ川ジュニア新顧問が新たな授業をいくつか立ち上げてくれている!
詳しくは今週金曜日のSCHOOL OF LOCK!FRIDAYでも説明するのでぜひ聞いてほしい!
 
140331_sol06.jpg

 
今度は広瀬すず 新部長率いる、新聞部の新プロジェクトを発表…の前に!
関東の生徒のみんなは今日の朝日新聞見たかな?
 
今日3月31日発売の朝日新聞、東京セットの別刷りに…!
わが校の生徒、RN るるるーによる「MY GENERATION 2014」のレポート!
さらには、新聞部 新部長、広瀬すずちゃんのインタビューが載っているぞ!
 
今回の別刷りは、全国版ではないので、読めない生徒もたくさんいると思う!
…そんなみんなのために、
今回の新聞50部を、この学校の生徒にプレゼントします!
 
欲しい生徒は、[校長・教頭宛てのメール]フォームから
「新聞が欲しい」と書いて、住所、本名、電話番号を必ず書いて送ってきて下さい!
 
…という訳で改めて、新聞部の新プロジェクト発表!
 
広瀬すず部長率いる新聞部は、この春から朝日新聞のサポートが決定しました!
新聞部では、みんなから記事を定期的に募集!
それを、朝日新聞の編集スタッフの方がバックアップしてくれます!
 
つまり、SCHOOL OF LOCK!の新聞部に関わっているのは、完全なるプロ!
将来、記者やライターを目指す生徒にとっては、絶好の機会!
 
みんなから募集する記事は、
「オススメDISCのレビュー」
「LIVEレポート」
「地元のオススメスポットの写真」

 
そして「SCHOOL OF LOCK!版 天声人語」!!
“天声人語”とは、朝日新聞に掲載されている、入試でも取り上げられたりする有名な、603文字のコラム!
 
今回は生徒のみんなからも、603文字というしばりで、コラムを書いてもらいます!
部活の話でもいいし、恋愛でも家族でも、テーマは何でもOK!
 
新聞部の詳細は新聞部の特設サイトからチェック!
 
140331_sol05.jpg

 
部活動の新発表が終わった後は一人の生徒に逆電をしました。

はじめまして
始めての書き込みですが僕は今日でこのスクールオブロックを約1年休校します。僕が初めてここに来てから約4年になります。本当にこの放送が楽しみで毎日「今日の放送はなにかな」と楽しみにしながら学校から帰っていました。でも、僕は今年1年浪人することを決めたので、さよならしたいと思います。この約四年で僕自身もスクールオブロックもいろいろなことが変わりました。校長がかわり、教頭がかわり、毎日の楽しみだったひっつの声がなくなり、新たにジェーンの声になり…いろいろ変わりましたが、僕はずっとここが好きでした。でも、死にかけた時は時々、金曜日にかえってこさせてください。それでは、また…
瞳の中のシーラカンスラジオネーム 都道府県 年齢 性別
男/18/愛知県
2014/03/31 20:04


瞳の中のシーラカンス 愛知県 18歳 男
 
4年ほど前から、SCHOOL OF LOCK!を聴き始めたという RN 瞳の中のシーラカンス!
やましげ校長、やしろ教頭、そしてとーやま校長、よしだ教頭、全員の授業を聴いてきてくれたそう!!
ありがとう!!
 
とーやま校長「でも…決めたんだもんな。受験に納得がいかなかった?」
 
シーラカンス「はい、後悔が残っていたので。この1年間はやれたんですけど、1、2年の時の自分がダメだったと思ってしまったので」
 
とーやま校長「うん。そうか…」
 
よしだ教頭「もっとやれたって思ったのか」
 
とーやま校長「それで今日、初書き込みして、お別れをすると決めたのか」
 
シーラカンス「はい。お別れします!」
 
とーやま校長「どんなかんじ? さよならを決めた事に関しては」
 
シーラカンス「しみじみしますね…」
 
とーやま校長「俺もこの学校に来て、4年間だけどさ、どんな事があった?」
 
シーラカンス「そうですね…高校最後の年に団長をやったり、彼女ができました!」
 
とーやま校長「おお! 彼女の事好き?」
 
シーラカンス「…いいじゃないですか(照)」
 
よしだ教頭「お前は男だな(笑)」
 
とーやま校長「将来の夢はあるのか?」
 
シーラカンス「正直、まだないんですけど、大学に行ったら真面目に勉強したいなって思っています」
 
とーやま校長「今入りたい大学に行くことが一番の目標だな!」
 
よしだ教頭「今は無くても、これからの4年間で見つけていけばいいもんな」
 
シーラカンス「はい!」
 
とーやま校長「瞳の中のシーラカンスもそうだけど、いつ卒業してくれてもまったくかまわない! これからは、俺達の声、生徒のメッセージ。アーティスト講師のカッコいい曲が直接届くことはないかもしれない。
でもちゃんとお前に向けて喋っていくよ」
 
シーラカンス「はい」
 
とーやま校長「ただ、スイッチがオンかオフかの違いなんだ。お前はしばらくオフになるけど、お前への気持ちはがっつりオンにしていくから」
 
シーラカンス「はい!!」
 
よしだ教頭「一年間しっかりな、俺もお前がやっていると思って頑張るからさ」
 
とーやま校長「負けんなよ!! 頑張れ!!」
 
シーラカンス「あざーーす!!!」
 
本日の黒板にはこの言葉を書きました!!
 
140331_sol07.jpg

 
『 入学自由卒業自由 』
 
この学校は、明日からでも入学しても、いつ入学してもいい。
 
入学してしたら、お前と未来の鍵を探していく!
どこにあるのか、誰も教えてくれない。
でも必死で探していこう。
 
見つけた時は卒業しよう。
俺達のことは気にしなくていい。
お前の行きたい道を行け!
 
でも見つからなかったら、いればいい。
俺達がなんかとかしてやる!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
140331_fax01.jpg
RN 貝割れ大根

 
140331_fax02.jpg
RN 風吹く日のてるてるぼうず

 
140331_fax03.jpg
RN のんストーリー

 
140331_fax04.jpg
RN kydrop

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
瞳の中のシーラカンス 愛知県 18歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 夏空 / Galileo Galilei
22:28 RPG / SEKAI NO OWARI
22:40 君に届け / flumpool
22:48 アドベンチャー / サカナクション
23:10 焦燥 / GLIM SPANKY
23:20 Spring of Life (Album-mix) / Perfume
23:36 転がる岩、君に朝が降る / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:45 グッドラック / BUMP OF CHICKEN
23:50 叫べ / RADWIMPS
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
さあ、今日もはじまったぞ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
3月から4月に変わる時の、このなんとも言えない感じが私は好きです。
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita


閃光出たら人生変わった!

 
〆切間近!閃光ライオット2014出場者募集!
まだ間に合う!賞金100万円をその手で勝ち取れ! SCHOOL OF LOCK!では、
閃光ライオット2014の挑戦者を大募集中!
〆切まであと2週間!閃光ライオット2014強化WEEKとして特別企画を発動!
その名も!「閃光出たら人生変わった...!」 過去に出場した閃光アーティストで、現在、日本の音楽シーンで活躍しているヤツらが日替わりで登場! 閃光ライオットの想い出を語りつつ、人生が変わったという証言をオンエア!
 
今日の閃光アーティストは......
 

galileogalilei_300_400.jpg
 閃光ライオット2008!グランプリバンド!
「Galileo Galilei」!!


 
●閃光ライオットに応募したきっかけ
きっかけは学校の掲示板に閃光ライオットの張り紙が貼ってあって応募しました。
バンドも空中分解しそうだったので、“大会に出たほうがいいな”って思っていましたね。
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
優勝した後の事をもっと考えたほうがいいと思います。
俺らもバンドを続けたいから、閃光ライオットに出たので、目標は優勝の向こうにありました。
“優勝するぞ!”って思って出ようとしてるメンバーならその先もあると思うので、アルバムも出すので。
もっと夢をみたほうが良いと思います!

 
★Galileo Galilei プロフィール
 
尾崎雄貴(Vo/G)、佐孝仁司(B)、尾崎和樹(Dr)の3人が母体となり、北海道・稚内市にて2007年に結成。

2008年「閃光ライオット」初代グランプリを獲得したことをきっかけに本格的に音楽活動をスタートさせる。

2010年2月、ミニアルバム「ハマナスの花」でメジャーデビュー。平均年齢18歳というインパクトと作詞作曲を手掛ける尾崎雄貴のポップメイカ―としてのポテンシャルは日本中の大きな注目を集め、瞬く間に日本の音楽シーンを賑わす存在に。

2011年より活動の拠点を札幌に移し、メンバー全員で住む一軒家のガレージにスタジオを作り自由な制作環境を整える。
メジャーという構造の中にありながら、制作的にほぼインディペンデントな形態で作り上げたセカンドアルバム「PORTAL」を2012年にリリース。この作品は、Bombay Bicycle Club、Foals、THE DRUMS、Tokyo Police Club、Phoenixなどの海外バンドの影響を色濃く反映させた作品となりヒットを記録。

その後もリリースごとに進化を遂げ、昨年10月にリリースされた最新アルバム「ALARMS」は、US?,u「ンディー・ロックバンドPOP ETCのクリストファー・チュウをプロデューサーに迎えて制作され、そのフレッシュで上質なインディーポップ/ロックな内容に、J-POPファンにとどまらず洋楽ファンからの熱い支持も集めている。

さらに今年2月には、東京・渋谷公会堂での初ホールワンマンを成功させるなど、ライブバンドとしても圧倒的な存在感でシーンの内外から注目を集めている。



★閃光ライオット2008の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!


140327_mg01.jpg

 
140327_mg02.jpg

 
140327_mg03.jpg

 
♪ 憂、燦々(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
 
 
とーやま校長「思い出すね一週間前、みんなの熱がすごかった!」
 
この日招待されたのは、250人の卒業生!
 
とーやま校長「250通りの学校生活があって、それぞれの色んな思い出を一度クリープハイプ先生に渡した。それをクリープハイプ先生が音や歌声で、上へ上へと昇華してくれていると思った。そんな素敵な時間だった」
 
140327_sol01.jpg

 
この春、卒業を迎えた、SCHOOL OF LOCK!の全卒業生へー!
今夜の生放送授業は【 MY GENERATION 2014 supported by 朝日新聞 】スペシャル!
 
3月20日(木)@東京 渋谷O-nestで行った、クリープハイプ先生の卒業LIVEの模様をオンエア!
当日のLIVE音源、来てくれた生徒の声、会場の様子…その全てを、この学校の卒業生みんなに届けていきました!
今回レポーターに選ばれた生徒による、テキストで読めるLIVEレポート&写真も今夜アップしました!
 
140327_mg04.jpg

 
♪ オレンジ(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
 
 
とーやま校長「前に、話をした時は、“卒業について、特に思い出もない”って言ってた尾崎先生だけど…しっかり卒業の話をしてくれた! しかもどえらいほうの話を!!」
 
よしだ教頭「それを聞いた生徒の反応はアレでよかったんですかね?(笑)」
 
とーやま校長「『オレンジ』は名曲じゃん。でもこのみんなに向けての『オレンジ』は、普段よりも想いが詰まっていて、めちゃくちゃよかった! 尾崎先生が卒業の話をしてくれたおかげで、距離がさらにグッと近づいて横にいてくれる感じがよかった」
 
140327_sol02.jpg

 
学校掲示板にも参加していた生徒からのライブ音源を聴いた感想が届いています!

卒業と寂しさと喜び
マイジェレネーションの日は卒業式だったから思い入れすごくある ホントにいい日だった 今日のラジオを聴いてあの日を思い出した あのときは泣かなかったんだけど 今このラジオを聴いて涙がなぜか出てきた 終わってから別れを感じた でもこれから新しい仲間が待っているのを 思うと楽しみでしょうがない 今日のラジオは特別な節目になる ありがとうございます
エイた
男/15/東京都
2014/03/27 22:11



とーやま校長「きっと今、色んな感情が押し寄せて、グシャグシャなのかな。いいね、らしくていいね。一つになる必要はないし、悲しい嬉しいさみしい全部ごちゃまぜになってわからない感情を味わうのはすごく大事だ」
 
よしだ教頭「自分のタイミングで泣けばいいですしね」
 
とーやま校長「もう、ワクワクしちゃうよな! おめでとう、エイた!!」
 
140327_sol03.jpg

 
続いては、電話で直接感想を聞かせてもらいました!
 
桜井さん家の七海ちゃん 群馬県 18歳 女
 
「MY GENERATION 2014」に参加してくれた、RN 桜井さん家の七海ちゃん!
早速当日の感想を聞きました!
 
桜井さん家の七海ちゃん「ホントに楽しくて刻まれました!!」
 
とーやま校長「今日はずっとライブ音源をながしているんだけど、どんな気持ちで聴いてた?」
 
桜井さん家の七海ちゃん「自分の高校の卒業式はあっさり終わったんですけど、ライブで、クリープハイプ先生、校長、教頭に“卒業おめでとう!”と言われて、卒業した実感が湧きました」
 
MCで尾崎先生が言っていた、“現実はそんなに甘くないねえよ”という言葉が身に染みて、“前を向こうと思ったそう”
 
とーやま校長「尾崎先生の言葉で気が引き締まったかんじなのか?」
 
桜井さん家の七海ちゃん「はい、フワフワしていたのが引き締まりました!」
 
4月からは群馬の大学に通うという、RN 桜井さん家の七海ちゃん。
世界を救いたいという大きな夢があって入学するのだが、自分にその夢を叶えることができるのか不安だそう。
 
とーやま校長「そうか。でもライブを観て何か変わった?」
 
桜井さん家の七海ちゃん「そうですね。逃げてた大学のテストをちゃんと勉強しようと思えて。ここからもう向かっていこうって思えました!」
 
とーやま校長「いいね! がっつりもらったな! そして立ち向かっていける自分にも感謝しよう」
 
改めて、卒業おめでとう!!
 
140327_mg05.jpg

 
♪ HE IS MINE(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
 
♪ 社会の窓(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
 
140327_sol04_b.jpg


今頃こんな気持ちになるなんて
僕は卒業式の時、全然感動しないなーと思っていました。でも、今になって、いつもの仲間とはもう会えないんだという実感が湧いてきました。本当に悲しいです!もっと早くこういう気持ちになっていれば、みんなに感謝の気持ちだってもっとちゃんと伝えることができでいたと思うのに…あーなんで俺は今頃こんな気持ちになってるんだよーー!
足の裏じいちゃん
男/15/熊本県
2014/03/27 22:47



とーやま校長「今、気づけてよかったじゃん。それでいいんじゃないか」
 
よしだ教頭「うん」
 
そして黒板の時間です。
 
140327_sol06.jpg


『 傷 』
 
傷を恐れないでほしい。
卒業したみんなは、新たな場所へ旅立ちます。
そこではたくさんの出会いが待っている。
 
ただ、人とぶつかれば傷つきあう。
その傷は痛いし、怖い。
人とぶつかるのをやめようって思ってしまう。
 
でも、「MY GENERATION 2014」のライブで聴いてきた音っていうのは、
クリープハイプ先生は、クリープハイプ先生の曲の主人公達は、
どんなに傷ついても、人と関わるのをやめない。
たとえどんなに傷ついても、誰かを必死で探して、抱きしめようとする。
 
その本気の闘う姿がカッコいい、優しいと思ったものにつながるんだ。
 
だから、傷つくことを恐れるな!
 
卒業生のみんな、卒業おめでとう!
 
140327_mg06.jpg

 
 
 
♪ 傷つける(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
 

140327_sol07.jpg

 


友達なんていらないと思ってたけど校長の言葉を聞いて、傷つくことも大人になるためには必要なんだと思った。

宇宙のカフカ
女/15/千葉県
2014/03/27 23:49



とーやま校長「うん。本当に恐れないで色んな人に会って、話して、ケンカして、色んなものを感じていってほしい」
 
よしだ教頭「卒業ってそういうことなんだなって思いました。尾崎先生が“現実はそんなに甘くないねえよ”って言ってくれたんですけど、それって“あなたはもう、現実と闘えますよ”って言ってるんだと思って。
みんな中学高校で色んな事を学んだと思うので、怖がらずに闘ってほしいです!」
 
とーやま校長「そうやって生きていったら4月からは楽しいぞ! やったらいいんだよ!」
 
よしだ教頭「やっちゃってください!」
 
140327_mg07.jpg

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140327_fax01.jpg
RN ひさめ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
桜井さん家の七海ちゃん 群馬県  18歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 憂、燦々(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
22:25 お菓子作り / SHISHAMO
22:32 オレンジ(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
22:42 ラブホテル(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
23:10 ハローグッバイ / Galileo Galilei
23:17 ラストワン / BUMP OF CHICKEN
23:36 HE IS MINE(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
23:41 社会の窓(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
23:48 傷つける(Live@MY GENERATION 2014) / クリープハイプ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
みんな、改めて、卒業おめでとうな。
色んな人とつながれーー。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
卒業おめでとう! 好きな道を行っちゃってください!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita


閃光出たら人生変わった!

 
〆切間近!閃光ライオット2014出場者募集!
まだ間に合う!賞金100万円をその手で勝ち取れ! SCHOOL OF LOCK!では、
閃光ライオット2014の挑戦者を大募集中!
〆切まであと2週間!閃光ライオット2014強化WEEKとして特別企画を発動!
その名も!「閃光出たら人生変わった...!」 過去に出場した閃光アーティストで、現在、日本の音楽シーンで活躍しているヤツらが日替わりで登場! 閃光ライオットの想い出を語りつつ、人生が変わったという証言をオンエア!
 
今日の閃光アーティストは......
 

shit_400_300.jpg
 
閃光ライオット2009!グランプリバンド!
「SHIT HAPPENING」!!


 
●閃光ライオットに出てみて
緊張していたんだけど、みんなで音を出したブレイクの瞬間、緊張が解けて楽しめました!
ホントに音がデカくて、突き抜けていくのが自分でもわかった。
 
今でも昨日のように思い出せて、すごい楽しかった。
1万人以上の観客がいた、あんなステージでまたやれたらと思います。
いえ、やります!!
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
決勝まで行ったら、銀座のホテルに泊まれる! 次の日の朝ご飯も食べられます!!
頑張れ〜!!
 
★SHIT HAPPENING プロフィール
L→R
今瀬 智成 Ba/Cho
岩瀬 晃二郎 Gt/Cho
小野崎 建太 Vo/Gt
梅田 貴之 Dr/Cho

2009年、“閃光ライオット”でグランプリを獲得。
2011年に1stフルアルバム『THIS MEMORY TO ME...』をリリース。
翌年の2012年6月には2ndフルアルバム『NO RAIN NO RAINBOW』、同年12月には“冬”をコンセプトにしたミニアルバム『Lodge』を発表し、下北沢SHELTERで行われたツアーファイナルはソールドアウト。 TOTALFATやNorthern19、 [Champagne]等のビッグツアーに参加するなどして、2009年以降一歩ずつ着実に階段を上がって来た。
そして2013年。今までの環境を変化させるべく、新設レーベル 『Good Shoes Record』 に移籍し、レーベル第一弾の作品としてミニアルバム『Go With Me』を10月にリリースする。
今回の作品では今までと変わらない彼等らしいメロディーを鳴らしながらも、現在進行形で進化し、変化しているSHIT HAPPENINGの【今】を表現している。
この作品を武器に、新たな階段を上がって行くための新しい一歩を踏み出す。


 
★閃光ライオット2009の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!


140326_sol02.jpg

 
『 新しい街 』
 
今日は、まず故郷を離れ新しい街に引っ越す生徒の書き込みを紹介!

旅立ちの時
今日、いよいよ、18年間住んだ島を離れて、新しい土地へ引っ越します。一時は、あんなに島の外に憧れてたのに、いざ故郷を離れるのかと思うと、やっぱり悲しいですが、新しい場所でも頑張りたい!!ということで、行ってきます。
ヤマアラシノジレンマ
男/18/山口県
2014/03/26 20:30



とーやま校長「これは、もう言ってるのかな? もしもし!」
 
ヤマアラシノジレンマ 山口県 18歳 男
 
3月に高校を卒業した、RN ヤマアラシノジレンマ!
今まで鹿児島県の種子島に住んでいて、今日山口県の大学進学のために引っ越したそう!!
 
とーやま校長「どう? 新しいひとりぐらしは?」
 
ヤマアラシノジレンマ「色々荷物の片付けがあって、窓にカーテンを付けたんですけど、なかなか付けることができなくて…」
 
よしだ教頭「確かにね、男子にしたらやってこなかった事だもんな」
 
ヤマアラシノジレンマ「これから一人で色々やらなきゃって思ったら、もうむなしくなって、ホームシックです」
 
とーやま校長「じゃあ今は、鹿児島県の事を思い出しているのか」
 
ヤマアラシノジレンマ「はい、自分の家の周りの風景や自然を思い出してますね」
 
ずっと都会に憧れていた、RN ヤマアラシノジレンマ。
でも実際の来てみると、故郷の島の事を思い出したそうです。
 
とーやま校長「新しい生活が始まったわけだけどどうだ?」
 
ヤマアラシノジレンマ「大学で心理学を専攻するんですけど、女の子が多いので彼女が出来たらいいなって」
 
よしだ教頭「一つ目がそれ?(笑)」
 
ヤマアラシノジレンマ「高校まで女の子と触れ合ってこなかったので、彼女でも女友達でもいいから仲良くなりたいです」
 
とーやま校長「いいね! なんなら“カーテンってどう付けたらいいの?”って聴いてみたらいいんじゃない? クスっとしてくれるよ!」
 
せっかくなので、新生活を迎える、RN ヤマアラシノジレンマと一緒に授業開始のあいさつをしました!
 
3人叫べーー!!
 
140326_sol01.jpg

 
今夜の生放送教室には…世界で活躍するトップダンスアーティスト!
ケント・モリ先生が初来校!
 
あの…世界の歌姫 "マドンナ" の専属ダンサーに抜擢!
さらに伝説 "マイケル・ジャクソン" の専属ダンサーに2万人の中から選ばれ…マイケルとマドンナが取り合った日本人ダンサー!
 
コレオグラファー・振付師として…SMAPの「JOY」「TOYOTAカローラ」のCM!
他にもAKB48、宝塚歌劇団、などの振り付けも担当!
 
今、世界で最も注目されているトップダンスアーティストです!!
 
ケント・モリ先生がダンスをはじめたのはある“衝撃”がきっかけ。
さらに…本格的にダンスをはじめたのは18歳!
その後アメリカに渡りわずか3年でマドンナとマイケル・ジャクソンが奪い合うトップダンサーに!
 
今夜は、そんなケント・モリ先生に色々とお話を聞いていきました!

そして!ダンスといえば…〆切があと5日に迫った『閃光ライオット2014』
今年から…『閃光ライオット2014 ダンスステージ supported by ICEBOX』を開設!
応募を迷っている生徒、振り付けがイマイチ決まらない!っていう生徒に、ケント・モリ先生に直接アドバイスしてもらいました!!
 
140326_sol03.jpg


生放送教室には…ケント・モリ先生登場!!
 
ケント・モリ先生「よろしくお願いします!」
 
とーやま校長「色々とウワサを聞いてるんですけど、“お笑い”が好きなんですか…?」
 
ケント・モリ先生「“お笑い”大好きですね! 世代的に言うと、ダウンタウンさんが大好きです!」
 
いきなり、ケント・モリ先生がお笑い好きが発覚!
同じお笑い好きの校長・教頭とウマが合いそうですね!
 
140326_sol05.jpg

 
とーやま校長「この学校には10代の生徒が多いんですけど、ケント・モリ先生の10代はどんなだったんですか? 想像ができないんですけど…」
 
ケント・モリ先生「一般的な遊びもしてたんですけど、一番やっていたのは勉強でしたね」
 
とーやま校長「えぇー!」
 
ケント・モリ先生「小学校は遊んでましたけど、中学校の途中からシリアスに勉強してました。定期テストで良い点を取って、一緒に暮らしていたおじいちゃん・おばあちゃんを喜ばしてあげたいと思ってました」
 
高校でも大学受験のために勉強をしていたという、ケント・モリ先生!
当時、音楽を聴く時間もあったそうですが、生活の中ではエンターテイメントに触れる時間よりも勉強時間のほうが占めていたそうです。
 
とーやま校長「でもダンサーとして今活躍してるじゃないですか。中学、高校ではダンサーとして活躍したいとかはなかったんですか?」
 
ケント・モリ先生「まったく無かったですね。僕が田舎の方で育ったので、エンターテイメントの世界に繋がっている人は周りにはいなかったですし、僕が見ていたテレビの世界は別世界だと思っていて。そんな事が職業にできると思わなかったです」
 
そんなケント・モリ先生がダンスにのめりこむきっかけとなったのは、中学時代にテレビでマイケル・ジャクソンを見たこと!!
母親の影響で小さい頃から曲を聴いていたマイケル・ジャクソンをテレビで見て以来、マイケル・ジャクソンにのめりこみ、エンターテイメントにハマっていったそうです!」
 
ケント・モリ先生「大学の時に東京に出たんですけど、そこでロサンゼルスのダンスツアーに行くことがあり、そこから変わっていったって感じですね」
 
高校まではダンスをしていなかったが、大学に進学してからダンススタジオを見学する機会があった。
 
ケント・モリ先生「それまで別世界だと思っていた、プロのダンスを生で見た時に、失礼な言い方になっちゃうんですけど、“今まで思っていたのはもっとすごい世界だった”って感じたんです」
 
ハリウッドスターのダンスをずっと見てきたケント・モリ先生は、日本のプロのダンスを身近に感じて“自分もこれならできるんじゃないか”と思ったそうです。
それからダンスにのめりこみ、どうせなら本場で勉強したいと思い、ロサンゼルスに行ったそうです。
 
とーやま校長「そこに飛び込む時って怖くなかったんですか?」
 
ケント・モリ先生「初めての事で、未知との遭遇じゃないですけど、体一つで扉を開けたので、“どんな世界なんだろう”って興味とかがありましたね」
 
田舎では、ダメだとされてきた着飾ることが逆にカッコイイと評価される世界にケント・モリ先生は親近感を持ちイキイキしていたそうです!
 
ケント・モリ先生「初めは恐怖があったかもしれないですけど、すぐ消えていきましたね」
 
140326_sol06.jpg

 
そして、ダンスを始めてからおよそ3年経った22歳の時、マドンナのワールドツアーの専属ダンサーに抜擢!
 
とーやま校長「この3年間はどんなふうに過ごされていたんですか?」
 
ケント・モリ先生「ダンスを始めた19歳から20歳の時は大学に通っていたので、夏休みなどで短期間アメリカに行って学んで、日本に戻ってからダンススタジオを借りて練習してました。そこから本格的に渡米した時は本気で人生変えようと思ってました」
 
とーやま校長「人生を変えたいと思ったんですか?」
 
ケント・モリ先生「思いましたね。大学のオリエンテーションで新しい教科書ももらって帰るときに涙が出てきて、“なんで俺は行きたくもない安全牌な道にいるんだろう”って思って…」
 
このまま大学を卒業して就職してしまえば、自分の目指した“スーパースターになる夢”を叶える機会は一生ないと感じて悲しくなったそうです。
 
ケント・モリ先生「だから18歳の時は既に心のベクトルはこっちに向いていたのかもしれないですね」
 
とーやま校長「自分の素直な気持ちに従ってやってきたんですね」
 
ケント・モリ先生「そうですね。特に渡米してからは、背水の陣だと思ってて、“帰っても行く場所は無い。でも1年間だけでいいから自分のやりたい事を本気で全うしたい”という想いを両親にも了承してもらえてやってきたので、今があるって感じですね」
 
とーやま校長「聴いてる生徒には、自分のやりたい事を親に伝えられない、恥ずかしいって子が多いんですけど、どうやって伝えたんですか?」
 
ケント・モリ先生「僕の場合は、13歳にマイケルジャクソンに出会ってから、毎日趣味の時間をそれに費やしてきて、“渡米したい”といった時には8年くらい経っていたんですね。だから両親は、昨日今日言い出した事じゃなくて、“本気で好きなんだ”って事を一番近くで見ていたんです。だから説得力があったんじゃないですかね」
 
とーやま校長「やっぱり好きな気持ちが一番強いですよね!」
 
よしだ教頭「一番ウソを付けないし、第三者に一番伝わるしね」

140326_sol07.jpg

 
現在では、ワークショップも行っているというケント・モリ先生!
世界で学んだ事を日本にフィードバックするために、日本全国で行っているそうです!
 
ケント・モリ先生「どこに行ってもダンスがあるので、熱いハートで繋がることを共有できるのでそれを拡大するために続けています」
 
ダンスが、歌でいうカラオケみたいに身近にありもっと敷居が低いものになってほしいという、ケント・モリ先生。
 
ケント・モリ先生「上手い下手ではなく、繋がる喜びを再確認できるものなので、その認識を広げていきたいですね」
 
とーやま校長「今『閃光ライオットダンスステージ』に応募しようか迷ってるやつがいると思うんですけど、難しく考えずに軽い気持ちでやってみればいいってことですよね」
 
ケント・モリ先生「チャレンジして失う事はないと思ってるので、やりたいと思ったらドンドンチャレンジして新しい扉を開いてほしいですね」
  
140326_sol08.jpg

 
そしてケント・モリ先生を迎えた今夜は生徒のみんなに嬉しいお知らせがありました!
『閃光ライオット2014』で今年から開設された『閃光ライオット2014 ダンスステージ supported by ICEBOX』!
この閃光ライオットダンス・ステージの特別ゲスト審査員に、ケント・モリ先生が決定!
改めてよろしくお願いします!!
 
ということで、後半は生徒達からケント・モリ先生宛てに届いた質問や相談に直接答えてもらいました!
 
たぶるツインテール 茨城県 16歳 女
 
とーやま校長「たぶるツインテールは、ダンスステージに応募はもうした?」
 
たぶるツインテール「まだしてなくて、迷っています」
 
昔ダンスを習っていて、今でも好きな時間にダンスを踊っているのだが、人前で踊るのが苦手で、ダンスステージに応募するのもためらっているそう。
 
たぶるツインテール「ケント・モリ先生はオーディションとか、海外では緊張しないのかなって思って」
 
ケント・モリ先生「僕は緊張はしないですね。自分の得意な事をやっているいるので。良い緊張はしても、“自分がいるべくしている”って思っているので、楽しんでやっていますね」
 
たぶるツインテール「おお…!!」
 
とーやま校長「自信って最初からあるんですか?」
 
ケント・モリ先生「そんな事はないんですけど、自分が座るべきイスに座っている時、狙っている時って導かれているんですよね。自分が選ぶ道を自分のハートにフォローしてもらう時に道が見えてきてます。結果がどうであれ、そこから見えてくるものがまた違ってくると思います」
 
たぶるツインテール「うわっ…!! なんか、自分で…なんか言葉にできないんですけど…!」
 
よしだ教頭「言葉が出てこないか…」
 
とーやま校長「自信は作れるし、生まれてくるもんなんですね」
 
ケント・モリ先生「自分の向かう方向が決まっていたら、そこにベストを尽くすことで生まれると思います」
 
140326_sol10.jpg

 
よしだ教頭「たぶるツインテールがほしい自信ってさ、“誰かに評価される自信”じゃない? でもケント・モリ先生が言ってる自信は“好きな事をやっている自信”じゃないかな。それだったらもう持ってると思うよ!」
 
たぶるツインテール「ありますかね(汗)」
 
とーやま校長「あるよ、なくても育てる事もできる」
 
ケント・モリ先生「なかったら、ラジオの電話に出て相談する事もないと思いますしね」
 
たぶるツインテール「は、はい!」
 
とーやま校長「今のお墨付きだからな! じゃあお前は応募するってことで待ってるぞ!」
 
たぶるツインテール「はい! 頑張ります!!」
 
140326_sol09.jpg

 
続いての相談してくれたのはこの生徒!
 
らぶ納豆 兵庫県 18歳 女
 
RN らぶ納豆もダンスステージに応募しようか迷っているそう。
 
らぶ納豆「Perfum研究員が好きで、友達と振りコピをしてるんですけど、みんな動画サイトに投稿してるじゃないですか。その中で本人かと思うくらいのものがあったり批判されるものがあって…。Perfume研究員のコピーでどう自分を表現したらいいのかなって」
 
ケント・モリ先生「僕は自分が表現したいものをすればそれが一番ピュアだと思います。コメントで批判される事を心配してましたが、自分が心を込めてクリエイティブした物に他の人が悪く言うのはどうかと思いますし、着たい服を着て街に行くのと同じですから気にしなくていいですよ」
 
らぶ納豆「はい……!」
 
一番大事な事は、その作品をきちんと愛情をもって世に出すことだから、それができていれば、何を言われても自分がぶれなくていいそうです。
 
140326_sol11.jpg

 
とーやま校長「例えば、動画を投稿するときに、心がけるものってあります?」
 
ケント・モリ先生「コピーでもオリジナルでも自分が納得するのが一番大事だと思います。それぞれオリジナルをやったり、インスパイアされてやってみたりするのは自由なので。」
 
らぶ納豆「なんか完璧にコピーする人がいる中で、自分の色を出すと、ほんとに好きなファンに批判されるんじゃないかって思っていたんですけど、やっぱり個性は出さなきゃいけない…というか出したいものは出さなきゃいけないって思いました!」
 
とーやま校長「うん。出して言われたところでさ、コメントなんて見なきゃいいんだよ。メンタル強くなってから見ればいいよ」
 
よしだ教頭「俺達も批判されてた事あったよ。でも、えらいもんで何も思わなくなった」
 
とーやま校長「そこで強くなっていくんだよ。じゃあ、らぶ納豆も待ってるからな! ケント・モリ先生と一緒に!!」
 
らぶ納豆「はい、待っていてください!」
 
最後に黒板の時間!
本日は、ケント・モリ先生に書いていただきました!
 
140326_sol12.jpg

 
『 Dream & Love 』
 
140326_sol13.jpg

 
夢と愛。
僕自身、夢は愛と共にあると思っています。
どんな夢でも、自分が愛情を持って育むことで最終的に花開くのだと思います。
 
僕はこの言葉を信じています。
僕にとって、“&”はダンスであり、夢と愛をつないでくれました。
人それぞれの“Dream & Love”に情熱を注いでほしいです。
 
140326_sol08_b.jpg

 
とーやま校長「もうやんないとダメでしょ! お前を待ってるよ! ケント・モリ先生と一緒に!」
 
よしだ教頭「我々もケント・モリ先生の言葉が入ってきましたからね!」
 
とーやま校長「今日は教頭のダンス見れるの? やっちゃう?」
 
よしだ教頭「マジで!? じゃあ…!」
 
140326_sol14.jpg

 
ということで、今回も、よしだ教頭の躍動感溢れるダンスを披露!!!
 
140326_sol15.jpg

 
140326_sol16.jpg

 
とーやま校長「どうですか? うちの教頭のダンスは!?」
 
ケント・モリ先生「もう…! ヤバイっすね!!」
 
140326_sol17.jpg

 
140326_sol18.jpg

 
本日は来校ありがとうございました!
閃光ライオット2014、「ダンス・ステージ」の特別ゲスト審査員、よろしくお願いします!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140326_fax01.jpg
RN second world

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ヤマアラシノジレンマ 山口県 18歳 男
たぶるツインテール 茨城県 16歳 女
らぶ納豆 兵庫県 18歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:08 ワンルーム・ディスコ / Perfume
22:25 黒い週末 / ももいろクローバーZ
22:38 Miles Away / MADONNA
22:48 SENSATION / 加藤ミリヤ
23:09 Second Life / SHIT HAPPENING
23:22 Hello / flumpool
23:39 Looking for a Dream / Nick Cannon feat.Afrojack
23:48 Beat It / Michael Jackson
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
パワーがすごいよケント・モリ先生。
ちなみに授業終わって1時間30分もしゃべってたよ!!
閃光ファイナルもよろしくおねがいします!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ケント・モリ先生、もっと話したい!
さすが、世界を知ってる人!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita


閃光出たら人生変わった!

 
〆切間近!閃光ライオット2014出場者募集!
まだ間に合う!賞金100万円をその手で勝ち取れ! SCHOOL OF LOCK!では、
閃光ライオット2014の挑戦者を大募集中!
〆切まであと2週間!閃光ライオット2014強化WEEKとして特別企画を発動!
その名も!「閃光出たら人生変わった...!」 過去に出場した閃光アーティストで、現在、日本の音楽シーンで活躍しているヤツらが日替わりで登場! 閃光ライオットの想い出を語りつつ、人生が変わったという証言をオンエア!
 
今日の閃光アーティストは......
 

page2014_300_400.jpg
 
閃光ライオット2011!グランプリ!
「PAGE」!!


 
●応募したきっかけ
3年前の3月、今頃にデモテープを送りました。
中学3年生で音楽を始めたばかりでライブをやったことがなかったんです。
次第にライブがやりたくなったんですけど、イベントのやり方、ライブのやり方、開催の仕方がわからなかったんです。
そんな時に知り合いが閃光ライオットを教えてくれて、3次審査まで行ってライブがやりたいと思い応募しました。
 
●閃光ライオットに出てみて
自分は3次審査まで行けて、ライブができたので満足していたんですけど、
ファイナルに行くことができて、“もう一回ライブができるぞ! ラッキー!”と思って楽しんでステージに立つことができました。
その結果、グランプリを取ることができたので、本当に閃光ライオットに出ることができてよかったです。
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
きっかけはすごい大事だと思いますね。
これから、自分から何かを発信したり、行動したりすることがあると思うんです。
自分も3年後に“プロとして活動する”って予想していなかったので、本当に何が起こるかわからないです。
自分の評価は自分で決めるものじゃないし、未来は自分達で作っていくものだろうと思いました。 
何が待ってるのかわからないので、今を全力で楽しんでください。
 
★PAGEプロフィール
PAGE(ペイジ)
誕生日:1995年6月22日
出身地:愛媛県松山市
血液型:A型

道後温泉、名作「坂の上の雲」の街、愛媛松山から上京して来たヒップホップとアニメを愛する人見知りアキバ系ラッパー/シンガーソングライター。
中学3年生の時にニコニコ動画 / ニコラップにオリジナルを投稿開始。その年に10代限定ロックフェス<閃光ライオット2011>に応募。応募総数約1万組の中から見事グランプリを獲得し、翌年キューンミュージックよりシングル「You topia」でメジャーデビュー。セカンドシングル「エクスペクト」はテレビ東京系アニメ「銀魂」のエンディング・テーマに抜擢され知名度を上げる。
楽曲制作、ライヴ活動の他、アニソン、ダンスミュージック(EDM、TECHNO etc)のDJとしても活躍中。


 
★閃光ライオット2011の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!


140325_sol01.jpg

『 閃光オンエアー 』
 
2014年も開催決定!
10代限定夏のロックフェス「閃光ライオット2014」
 
上手いとか下手とかそんなの関係ない!
ただただ、音を鳴らしたい!今を刻みたい!そんな10代限定の音楽の暴動!!
今年で7回目の開催!
 
全国からオリジナルでもコピーでOK!ジャンルもオールOKでデモテープを募集!
それを元に行う第1次デモテープ審査!
実際に演奏をしてもらう第2次スタジオ審査!
観客を入れてライブハウスで行う第3次ライブ審査!
 
そして勝ち残ったファイナリストが出演するのが、閃光ライオット2014ファイナルステージ!
 
今年のファイナルステージは、8月24日 (日)! 東京 日比谷 野外大音楽堂で開催!
 
現在、生徒のみんなからデモテープを受け付け中です!
締め切りは3月31日! あと・・・・6日間!!
 
140325_sol02.jpg


そして今夜は、届いたデモテープ音源をいち早く、閃光オンエアー!!!
ド頭から、とーやま校長・よしだ教頭がワクワクする音源がたくさん!!
応募したキミの音源は流れたかな!?
 
140325_sol04.jpg

 
授業を聴いていた生徒からは、“スゲェ!!”、“レベルが上がってる!”“閃光ライオット行きたい!”などの驚きの書き込みがたくさん届きました!
そして音源を紹介した後は、閃光ライオット2014に出ようと思っている生徒に逆電しました!
 
風船 鹿児島県 17歳 男
 
とーやま校長「風船は今年の閃光は応募する?」
 
風船「明日、デモテープを送ります!!」
 
とーやま校長「おお! 風船は前書き込んでくれてよね? アーティスト名は?」
 
風船BaLLoonです!」
 
BaLLoonは6人バンド!
ボーカル、エレキギター2本、ベース1本、アコースティックギター1本、ドラムという編成!!
 
とーやま校長「風船はどのパートを担当しているの?」
 
風船「エレキギターです!」
 
“BaLLoon”は2〜3年前に結成。閃光ライオットの事は2011年から知ってくれたそうです。
今は、もう一人のエレキギターパートの子とアコースティックギターの子と一緒にラジオを聞いてくれているとのこと!!
 
140325_sol03.jpg

 
とーやま校長「今回送ろうと思った理由は?」
 
風船「“音が最高になった!”って感じて、“今回出すしかないでしょ!!”って思って応募しました!」
 
とーやま校長「いいね! 曲はどんなかんじなの?」
 
風船「それは、デモテープが届いてからの……!!」
 
とーやま校長「お楽しみ…と!!」
 
よしだ教頭「いいスタンスだな〜! お前!! 自信がないと言えないもんな!」
 
とーやま校長「今日は届いたデモテープをオンエアーしていったけど、正直どうだった?」
 
風船「やばいですね! 引き込まれました!」
 
とーやま校長「でも自分達もやるんだろ?」
 
風船「はい!! 自分達も奏でちゃいますけどね!(笑)」
 
とーやま校長「よし!! 最後にお前らの閃光ライオットでの目標を聞かせてくれ!!」

風船「目標は閃光ライオットで優勝です!」 
 
とーやま校長「とっちゃおう! 楽しみにしてるわ!!」 
 
140325_sol05.jpg

 
メガネ男子の星2 三重県 15歳 男
 
とーやま校長「閃光ライオットにはもう応募したの?」
 
メガネ男子の星2「今から応募します!」
 
昨年の11月に「KIFF AND RELEASE」で6万円をゲットしてMPCを手に入れた、RN メガネ男子の星2!!
念願のラップを始め、「高校生ラップ選手権」に応募したが落ちてしまった。
しかし、とーやま校長からの「閃光ライオットに出ようよ!」という言葉が心に残っていて、閃光ライオットについて調べてみたそう!
 
メガネ男子の星2「閃光ライオットってバンドってイメージだったんですけど、2011年はPAGEが出ていて、15歳でタオルを回して盛り上げていたのがすごいと思って作り始めました!」
 
もうデモテープ用の音源は作り終わっているという、RN メガネ男子の星2!
 
とーやま校長「そうなんだよ! PAGEもライブや人前でやったことがなかったけど、気持ちが引っ張られてやってるんだよ!!」
 
メガネ男子の星2「でも一つだけ、悩み事があって…エントリーシートには親の承諾が必要じゃないですか」
 
現在、進学校に通っているという、RN メガネ男子の星2!
最近勉強の成績が良くなく、昨日親にめちゃくちゃ怒られてしまった。
 
メガネ男子の星2「ボコスカに怒られてたんですけど、ずっと“同意をもらわなきゃ”って考えていて」
 
とーやま校長「なんでもらってなかったんだよ〜!! 怒られる前にもらっとけよ!」
 
よしだ教頭「わかる! リアルだな〜!」
 
絶対に応募したいという、RN メガネ男子の星2。
 
とーやま校長「お母さんにちゃんと言えよ。“今回は不甲斐なかったけど次は良い成績とるから”ってさ。“勉強も頑張るから、音楽も頑張らせてほしい”って」
 
メガネ男子の星2「はい」
 
とーやま校長「お前のためになるんだよ。閃光ライオットに出て進学校で成績をとるんだから、良い事しかないよ!」
 
よしだ教頭「親にいお前の曲を聴かせていいと思うよ」
 
メガネ男子の星2「ええっ! そうですね…」
 
とーやま校長「聴かせるのも恥ずかしいけどな。でもライブで初めて聴かせるのもいいと思うんだ」
 
メガネ男子の星2「おお〜! 日比谷でタオル回して…ですか!」
 
とーやま校長「そうだ! そうだ!」
 
メガネ男子の星2「頑張ります!!」
 
とーやま校長「お前のリリックを聴きたいから、ちゃんと気持ちを込めて送ってくれ。待ってるぞ!」
 
140325_sol06.jpg

 
ririri 静岡県 13歳 女
 
とーやま校長「もう閃光ライオットには応募した?」
 
ririri「明日、音源を録音しようと思ったんですけど、今夜流れたデモテープを聴いたら、不安になっちゃって…」
 
とーやま校長「riririは何をやってるの?」
 
ririri「友達とユニットを組んでいます」
 
ギターとトランペットでユニットを組んでいるという、RN ririri!
 
とーやま校長「いいじゃん! 少なくとも俺はそれだけでいいと思うけどな」
 
ririri「でも自信なくしちゃって」
 
とーやま校長「まあな。確かにカッコよかったよ! たださ、そこなのかな、閃光ライオットは。自信なんてみんな無いよ。誰かのお墨付きをもらってるわけでもないし」
 
ririri「今回一緒に出る友達は一時期仲が悪くなって、仲直りしたくてバンドを組んだんですけど、今日のデモテープ音源に圧倒されて…」
 
とーやま校長「そうかもしれないけどさ、それでいいのか? これでまた時間過ぎちゃってさ。せっかく闘う姿勢を見せたのにさ。敵はみんなじゃないからね。カッコいいバンドはたくさんにいる。でも誰かに勝とうとかじゃなくて、誰かよりも良い演奏をしようじゃなくて、誰かに自分の音楽を聴かせたい、こいつと一緒に演奏したいって衝動で応募してるんだ」
 
ririri「はい」
 
とーやま校長「俺だってたくさん見てきたよ。“こいつら、よくここまで勢いで来たな”ってやつ。でも俺達はいくら下手くそでも気持ちがすごいやつが見たい! だから送ってきてほしい。ここまで来たんだから、大丈夫だよ」
 
ririri「でも、すごく心配です」
 
よしだ教頭「何が心配なの?」
 
ririri「明日録音しにいくんですけど、上手くいかなかったらまた仲悪くなっちゃってどうしようかなって思って」
 
とーやま校長「審査する人はみんなわかってるから。録音が多少、うまくいかなくても、“録音が上手かったら、もっとキレイに聴こえるんだろうな”ってわかってくれるから、大丈夫だ!」
 
よしだ教頭「riririは音楽とその友達が大好きなんだな」
 
ririri「はい! 好きです!」
 
とーやま校長「楽しいじゃん! 仲間と一緒に自分の音楽を演奏するって。楽しい事をする時って良い方と悪い方の両方が浮かんでくるけど、楽しい方を考えたほうがいいよ! だから待ってるぞ!!」
 
ririri「はい! ありがとうございます!」
 
140325_sol07.jpg

 
本日の黒板にはこの言葉を書きました!
 
『 来年の閃光ライオットはありません 』
 
ありませんよ、「閃光ライオット2015」。
いつあるって言った? まだやるかなんて決まっていない。
 
今あるのは「閃光ライオット2014」だけだ。
 
今を刻むのが閃光ライオット。
 
だから俺らは今のお前しか興味はない!
来年鳴らすかもしれない音には興味はないんだ!
 
“今のお前が鳴らした音”、“今のお前が刻んだ音”
を俺達は聴きたい!
 
だから待ってるぞ!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140325_fax01.jpg
RN ささらせん

 
140325_fax02.jpg
RN うすしおマカロン

 
140325_fax03.jpg
RN second world

 
140325_fax04.jpg
RN ちきん南蛮

 
140325_fax05.jpg
 
140325_fax06.jpg 
RN 真乃

 
140325_fax07.jpg
RN 京華

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
風船 鹿児島県 17歳 男
メガネ男子の星2 三重県 15歳 男
ririri 静岡県 13歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:02 senkou_hanabi / Base Ball Bear
22:09 深海魚 / NOWEATHER
22:10 バンドに憧れていました。 / Yuma Lennon
22:11 Promenade Girl / The Cornerstone
22:12 お門違い / odd-rico
22:13 Time waits for no one. - あまねん remix. / あまねん
22:25 ヒップホップのうた(雰囲気)5(GO)5(GO)新生活編 / 能年玲奈
22:34 雨哀 / Shout it Out
22:35 プレイバックヤング / THE噛ませ犬
22:36 ヒステリックB.B.A / ヒステリックヒソカ
22:37 チャンスの音 / Hana
22:39 声 / dimpop
22:45 沈黙のSummer / フィッシュライフ
23:10  MY NAME IS xxxx / PAGE
23:14  17才 / Base Ball Bear
23:22 若者のゆくえ (Original Version) / Base Ball Bear
23:41 エクスペクト / PAGE
23:50 プロムナード / 水上カルビ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
体が熱い! あるぞ!
お前の音!! うわー!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今年の閃光も楽しみだ
みんなの音、待ってるよ!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita


閃光出たら人生変わった!

 
〆切間近!閃光ライオット2014出場者募集!
まだ間に合う!賞金100万円をその手で勝ち取れ! SCHOOL OF LOCK!では、
閃光ライオット2014の挑戦者を大募集中!
〆切まであと2週間!閃光ライオット2014強化WEEKとして特別企画を発動!
その名も!「閃光出たら人生変わった...!」 過去に出場した閃光アーティストで、現在、日本の音楽シーンで活躍しているヤツらが日替わりで登場! 閃光ライオットの想い出を語りつつ、人生が変わったという証言をオンエア!
 
今日の閃光アーティストは......
 

fiahlife_400_300_2.jpg
閃光ライオット2013!グランプリバンド!
「フィッシュライフ」!!

 
●応募したきっかけ
バンドを組んだ時から、閃光ライオットの事は知っていて、
年齢もギリギリ制限以下だったので、応募しようと思ったんです。
 
●閃光ライオットに出てみて
全国から集まった本気でやっているバンドから良い刺激もらいました!
特に“緑黄色社会”のベースの子がすごく上手くて、同年代かと思ったら5歳くらい下でびっくりしましたね。
 
また閃光ライオットに出たことで、東京のライブにも誘われるようになって、活動の幅が広がったのよかったです!
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
音源をうまく録る事も大事なんですけど、自分達がやっている音楽とメンバーとそして自分自身を信じて応募するのが一番大事だと思います。

 
 
★フィッシュライフプロフィール
 
(写真左からBa.ミヤチ Gt/Vo.ハヤシング Dr.テラオカ)
 
大阪を拠点に活動中のスリーピースバンド。
2012年5月結成。
十代白書2013 準グランプリ
閃光ライオット2013 グランプリ
eoMusicTRY2013 準グランプリ

2013年、秋に大阪アメ村で行われたサーキットイベント、MINAMI WHEELでは開演前に入場規制をかける。
同時期より、自主制作CDを発売し、半年間のツアーに回るなど勢力的に活動。
2014年3月7日にはそのツアーファイナルを、コンテンポラリーな生活、ミソッカス、the quiet roomを迎え、大盛況に終える。

2014年4月1日には初のMVを公開予定。

 
★閃光ライオット2013の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!


 
140324_sol02.jpg

 
『 別れと出会い 』
 
ベボベ先生が休講することを発表した日は、『出会いと別れ』という黒板を書きました。
 
そう、春は出会いと別れの季節。
でも別れの次には、必ず出会いがきます。
 
4月から毎週火曜日を担当してくれるアーティスト講師が決定しました!
 
来月から火曜日の授業を担当してくれるのは……!
わが校の…“ロックの講師”ASIAN KUNG-FU GENERATION先生!
 
一ヶ月限定で、“アジカンLOCKS!”が戻ってきます!
Gotchこと、後藤正文先生のソロデビューを記念し来月の授業は、ゴッチ先生が一人で担当!
よろしくお願いします!!
 
140324_sol01.jpg

 
本日の授業テーマは…!
 
「掲示板逆電!!」
 
春は、出会いと別れの季節なんだけど…今は、別れに直面している生徒が多いと思う。
「引っ越す前に、好きな人に、好きと言いたい」とかって生徒もいると思う!
今夜の授業は、みんなの、別れの話を聞かせてもらいました!
 
140324_sol03.jpg

 
まず一人目はこの生徒!!
 
ラジオname!! 宮城県 18歳 男
 
とーやま校長「18歳ってことは卒業か。4月からは大学?」
 
ラジオname!!「はい、宮城から東京の大学に進学します」
 
寮に入ってそこから大学に通う予定で、27日に東京に引っ越すそう。
だからこの2週間は、友達とたくさん遊んで後悔のないようにしてきたのだが…
 
ラジオname!!「だけど、一つだけ心残りがあって…」
 
RN ラジオname!!が気になってるのは、小学校の時に好きだった女の子。
小学校の卒業式に告白して両想いになったんだけど、その子とは中学が別々になってしまい、それ以来連絡をとっていないそう。
 
とーやま校長「それ以来会ったことをないのか?」
 
ラジオname!!「高校に通うようになってから、何回かすれ違った事はあるんです」
 
とーやま校長「おお! でもそれなら向こうも気付いてるんじゃないの?」
 
ラジオname!!「向こうはわからないんですけど、俺はすれ違うたびに、“あぁ〜!!!”ってもどかしくなっていて」
 
よしだ教頭「これは覚えてるよ! だって一度は好きになってるんだから」
 
友達からも声をかけるように言われているが、なかなか行動に移せない。
でも、RN ラジオname!!は今まで他の子に告白されても、その子の事がまっさきに浮かんでくるほど大事に思ってきた。
 
とーやま校長「今の気持ちは?」
 
ラジオname!!「正直、変わらないです」
 
よしだ教頭「6年間も想いを通してきたのに、なんであと一歩進めない!」
 
ラジオname!!「いや〜(汗)」
 
一度はその子と連絡を取ろうと思い、共通の友達から連絡先を教えてもらおうとしたが、
友達から“お前、まだその子のこと好きなのかよ”と言われるのが嫌でやめてしまったそう。
  
140324_sol04.jpg

 
とーやま校長「でも3日後には東京にいるんだぞ。東京に行ったらすれ違う事もなくなるんだぞ。いけよ!! もしかしたら付き合っている人がいるかもしれないし、いないかもしれない。でもそれは関係ないよ。6年間こんな純粋な気持ちもったいないよ。これはその気持ちにも悪いよ。ちゃんと伝えてあげなよ」
 
ラジオname!!「…そうですね! でもどうやってその子まで行こうかって」
 
とーやま校長「家まで行けよ! その子の家はわかってるんだろ?」
 
ラジオname!!「はい」
 
とーやま校長「その子の家で、張っているわけにもいかないし、気持ちを伝えるのに段取りはいらないよ」
 
ラジオname!!「はい。でも砕けるかも…」
 
とーやま校長「当たって砕けるかは、二の次だよ。まずは伝える事だよ。伝えられなかったらずっと“なんで伝えられなかったんだろう”って続くよ。東京に行くって事をきっかけにしていいんだよ。この時期は自分を後押ししてくれるよ」

あらっ?!
これは…なんか同じ状況な気がするんですけど…>_< わたしも小学校のときに両想いだった子と、卒業式以来会えてないな。見れただけでも羨ましい笑 忘れられない、って感じも本当に一緒!ヤバイヤバイ!わたしも久しぶりに会いたい…家も近いんだし>_<
サブリナ姫
女/16/兵庫県
2014/03/24 22:42



よしだ教頭「同じような状況のやつもいるんだからさ」
 
ラジオname!!「…いきます!」
 
とーやま校長「決断したんだ。変に考える必要は無いよ。ますがちゃんと伝えよう。それでできたら連絡先も交換してさ。伝える事は未来の自分にも必要なんだ。だから成し遂げよう。もう一回聞くぞ! いけそうか?」
 
ラジオname!!「いけます!」
 
とーやま校長「よし! いってこい! 相手も嬉しいよ! 6年間想ってくれてたんだから」
 
よしだ教頭「6年間言いたい事が言えてなかったから、これからもそういうことになっちゃうからね。ここでケリを付けないとね!」
 
140324_sol06.jpg

 
続いての生徒には、転校する友達との別れについて聞かせてもらいました。
 
丈二@セカオワ 北海道 14歳 男
 
とーやま校長「友達がもうすぐ引っ越すんだよね。どこに?」
 
丈二@セカオワ「富良野です」
 
RN 丈二@セカオワが今住んでいるところは北海道の旭川。
電車で1時間半かかる、遠い場所に友達が引っ越してしまうそう。
 
とーやま校長「それはどういう友達なの?」
 
丈二@セカオワ「小学校からの友達で、中学でも同じサッカー部でした。それで明日の終業式で会うのが最後になるんです」
 
サッカーの地区大会で優勝した時もその喜びを分かち合った仲!
 
とーやま校長「どういうやつ?」
 
丈二@セカオワ「優しくて、面白くて、悩みを聞いてくれてたんです」
 
とーやま校長「どんな悩みを聞いてくれてたの?」
 
丈二@セカオワ「勉強が伸び悩んでいた時に相談に乗ってくれて、それで自分の点数を上げることができたんです」
 
よしだ教頭「じゃあ部活でも勉強でも助けてもらったんだな」
 
丈二@セカオワ「はい!」
 
転校するとは思ってなかったので、今まで感謝をちゃんと言葉にすることはなかった。
だから明日は伝えようと思ってるそう。
 
とーやま校長「ちなみにさ、その友達は今日の授業を聴いてるかな?」
 
丈二@セカオワ「聴いてると思います」
 
とーやま校長「お! じゃあ今言っとく? 明日も言うけどさ」
 
丈二@セカオワ「言います!」
 
とーやま校長「思ったままの事を言おうか」
 
丈二@セカオワ「小学校のころから6年間同じで、中学でも1年生は同じクラスで、仲良くしてくれて、部活でも優勝を経験できて、本当に楽しく過ごせた。大切な仲間だ…。
転校しても、サッカーの大会で会うこともあるからその時は正々堂々と闘いたいです。ありがとう」
 
とーやま校長「そっか、ライバルになっちゃうんだな。次ぎ会う時には負けられないからな! 切磋琢磨しないとな!!」
 
よしだ教頭「丈二、お前も寂しいと思うんだけど、転校するほうが不安だからさ、力強く送り出してあげな」
 
丈二@セカオワ「わかりました!」
 
140324_sol05.jpg

 
今夜、最後に逆電をつないだのは、このメールをくれた生徒。


私の最近の別れは高校の担任の先生との別れです。1日に卒業したのですが、私の担任の先生は去年からガンを患っていて、私たちが知ったのは卒業式の前日でした。次の日m私もクラスのみんなも泣いていました。
そして、今月の10日先生は天国に旅立って行きました。葬儀に行くことができず、私の中に大きな後悔が残りました。
でも1日1日を大切に生きる。これを身を持って教えてくれました。先生が天国で見ていてくれると信じて。先生3年間迷惑かけてごめんね。そしてありがとう

ミンゼミ/女/18/熊本県


ミンゼミ 熊本県 18歳 女
 
とーやま校長「これは…急だったか」
 
ミンゼミ「そうですね、先生も知らせたくなかったみたいで、すごく…驚きました」
 、
とーやま校長「みんな受験があったから、気をつかわせないようにした優しさだったんだろうな」
 
その先生は、1年生と3年生の時にRN ミンゼミの担任をしていて、
担任ではなかった2年生の時もすごく気にかけてくれていたそう。
 
とーやま校長「どんな先生だった?」
 
ミンゼミ「自分の子どものように可愛がってくれました。反抗したと時もあったんですけど、それでも気にかけてくれて。私はあまりクラスに馴染めなかったんですけど、心配してくれました」
 
3月1日の卒業式では、先生が卒業式後のHRに出られるかわからなかったので、卒業式前に、卒業証書を渡してもらったそう。
 
ミンゼミ「もうみんな泣いてました。私も“ごめんなさい”と“ありがとう”を伝えたかったんですけど、ただ泣いてるだけになってしまって。でも先生は“頑張りなさい”って背中を押してくれました」
 
とーやま校長「自分の体が辛かったけど、みんなに声を掛けてくれたんだな。優しくてカッコイイ先生だな」
 
ミンゼミ「はい、本当にお世話になりました」
 
とーやま校長「それで、ミンゼミはちゃんと気持ちを伝える事ができなかったのか?」
 
ミンゼミ「できませんでした。クラスの子と馴染んでなかったので、葬儀の事を知ったのもだいぶ後で出られなくて、大きな後悔が残ってしまいました」
 
とーやま校長「今さ、先生に伝えたいことあるよね。ラジオって不思議なものでちゃんと届く。それが日本のどこにいても、天国にいてもね。夜空の上で先生が見ていて、ミンゼミの気持ちが伝わるってのは、この4年間やってきて俺は“絶対だ”って知ってる。だから気持ちを届けようか」
 
ミンゼミ「はい…先生、3年間ありがとうございました。絶対看護師になるので見ていてください。大好きです!」
 
とーやま校長「…よし、先生はどんな顔してるかな?」
 
ミンゼミ「笑顔で見てくれています」
 
とーやま校長「そうだね。笑ってくれてるし、ミンゼミのこれからもずっと見ていてくれてる。これは絶対だ。ずっと先生がついてくれているから」
 
ミンゼミ「はい」
 
とーやま校長「4月からも頑張れな!」
 
ミンゼミ「ありがとうございます!」
 
そして今夜の黒板にはこの言葉を書きました。
 
140324_sol07.jpg

 
『 悲しみを抱きしめる 』
 
悲しい事はあるし、別れるのは嫌だ。
でもそれを1回除けておこうとか思わないようにしようとかは違う。

悲しいという感情をないがしろにするんなじゃなくて、抱きしめる。
悲しみというも感情と一緒にいる。
 
なぜなら、悲しみと喜びは表裏一体。
だから悲しみと仲良くなって大事にして、一度ちゃんと悲しくなる。
すると喜びがわかって、楽しさがちゃんと楽しいってわかる。
 
だから、悲しい時は、とても悲しくていい。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140324_fax01.jpg
RN second world

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ラジオname!! 宮城県 18歳 男
丈二@セカオワ 北海道 14歳 男
ミンゼミ 熊本県 18歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:03 リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION
22:05 Wonderland / Gotch
22:11 Light along / androp
22:26 GO ROPEWAY / フレネシ
22:47 春が迎えに来るまで / グッドモーニングアメリカ
23:10 沈黙のSummer / フィッシュライフ
23:19 ポイント / Perfume
23:38 僕らの物語 / GReeeeN
23:48 さよなら / かりゆし58
23:53 友 〜旅立ちの時〜 / ゆず
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
悲しみと一緒にいる事ができる君は、
とても強くなるのですよ。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
俺も、「別れ」は苦手なのよね…
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita

閃光出たら人生変わった!

今日の閃光アーティストは......
 

cheesecake_300_400.jpg
 
閃光ライオット2009!準グランプリバンド!
「CHEESE CAKE」!!


 
 
●応募したきっかけ
ギターのイッチ―が閃光ライオット2008のコンピレーションCDを買ってきて、初めて閃光ライオットを知りました。
それで私たちも出たいと思ったのがきっかけです。
 
●閃光ライオットに出てみて
あんなに大きいステージは初めてだったので緊張もしたんですけど、
風がすごく気持ちよくて、自分の声がスゥーッと遠くまで届いていくのが嬉しかったです。
あの時は、台風注意報が出ていたんですけど、ファイナルステージ当日はすごく晴れていて、
台風まで吹き飛ばすのが閃光パワーなのかと思いました。
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
もし今年応募しようか考えている生徒がいたら、勇気を持って応募してください。
“上手く弾く”とかじゃなくて、閃光ライオットは10代の素直な想いを待っています。
私も振り返ってみると、ありのままの自分を歌っていたなと思います。
 
★CHEESE CAKEプロフィール
圧倒的な世界観を持つVo.&G.岩淵紗貴(ポチ)の歌声、等身大なリリックとメロディーが10代を中心に熱い支持を集めているCHEESE CAKE。
福岡県春日市出身。小・中学校の同級生4人組(女2・男2)バンド。
中学卒業後、高校生になったG.一瀬貴之(イッチー)とD.金山尚右(ゴン)は、音楽活動に目覚め、暇を見つけては町の公園でギターの教則本を持って練習。同じ頃、ポチとB.田村三果(アネキ)との再会をきっかけに女子2人が参戦。2006年、この4人でバンドを結成することになった。
2009年、九州朝日放送「V3新人オーデション」で14th最優秀賞を、同年10代限定夏フェス「閃光ライオット」では準グランプリを獲得。
2010年には、楽曲「Puzzle」が、フジテレビ「めちゃ2イケてるっ!」のエンディングテーマにも抜擢された。工場のガレージを改造したスタジオ、自宅を改造したスタジオなどを使って作品を作り続け、
2013年iTunesのニューカマー推薦アーティスト「New Artist 2013」にも選ばれる中、2013年2月27日シングル「哀しみのブランコ」でSMEレコーズよりメジャーデビュー。昨年10月にリリースしたミニアルバム「C」が第6回CDショップ大賞2014の「九州ブロック賞」を受賞。その「C」を引っ提げて行われた全国ワンマンライブツアーも大成功。
ライブバンドとしても急成長中の注目株。

★閃光ライオット2009の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!

 
140320sol_01.jpg

 
『 熱 』
 
本日開催された、SCHOOL OF LOCK!の卒業プロジェクト
「 MY GENERATION2014 」
 
とーやま校長・よしだ教頭は、250人の生徒と一緒にクリープハイプ先生のライブを楽しんできました!
 
とーやま校長「まあね、今日の東京は温度も低くて雨もぱらついていた。生徒のみんなもずっと並んでいて…」
 
よしだ教頭「早い子は12時くらいから既にならんでましたからね」
 
とーやま校長「風邪ひかないか心配だったし、テンションも持つのかなって思っていたけど…実際はずっと熱かった!!!
来てくれた生徒も卒業ライブだから湿っぽくなるのかなって思ったけど、メチャメチャ盛り上がってた!!」
 
よしだ教頭「熱気がみえるようでした!」
 
とーやま校長「距離がね、近かった!!」
 
よしだ教頭「本当に手を伸ばしたら届きましたからね!」
 
学校掲示板には参加した生徒から感想が届いていました!

最高です!
MY GENERATION最高でした! 宮城県から参加したのですが 行けてよかったですほんとに! 校長教頭クリープメンバー全員と 直接プレゼントと握手もらえるとは 思っていませんでした。 ありがとうございました! 校長に宮城県からきました!って言ったら 気をつけて帰ってねと言われたので 明日気をつけて帰ります\(^o^)/ ありがとうございました!
ゼロなな
女/18/宮城県
2014/03/20 19:04



とーやま校長「実はプレゼントもあって、クリープハイプ先生が来てくれた生徒のためにバッジを作ってきてくれたんだよね! 一人一個ずつ手渡して渡してくれた!!」
 
よしだ教頭「生徒たちの近づきたいけど、近づけない感じをリアルで見ましたね」
 
ちなみに、とーやま校長からは新クリアするファイル! よしだ教頭からはお祝いのお花をプレゼントしました!!
 
140320sol_02.jpg

 
そして、今日 MY GENERATION2014 に来てくれた生徒に早速感想を聞きました!!
 
クリップ 東京都 19歳 男
 
とーやま校長「さっきも会ったもんな! ライブ前も話したし、この前、電話でも話したんだよな!」
 
RN クリップは病気のため闘病生活を送り、高校に一年多く通っていた生徒。
この春、卒業するという事でとーやま校長が“ぜひライブを観てほしい!”と、特別にMY GENERATION2014に招待!
 
クリップ「ホントにありがとうございました!」
 
とーやま校長「どうよ!? まだ終わってから数時間しか経ってないけど」
 
クリップ「興奮冷めやらぬって感じですね! 第一印象として、想像以上に距離が近くて、クリープハイプ先生がこんなに近くいるのはもう二度と経験できないんだろうなって思いました!!」
 
よしだ教頭「お前、2列目にいたもんな」
 
とーやま校長に招待されてから、今日この日を指折りして数えながら、クリープハイプ先生の曲をずっと聴いてきたそう!

とーやま校長「溢れんばかりの想いを抱えて来たんだな…!」
 
クリップ「ライブは本当に感動しました!!」
 
とーやま校長「わりとウハウハもんだったよな〜! どうだ4月はからやっていけそう?」
 
クリップ「はい、クリープハイプ先生と校長先生が言ってたんですけど、精一杯自分の出来る事を頑張ってやって行きたいです!!」
 
とーやま校長「そう、無理はしなくていいから。でも取りに行く姿勢を忘れないでな!」
 
クリップ「はい、病院で一緒に闘った友達も頑張っていると思うので頑張ります!」
 
よしだ教頭「良い男になったな。今日は顔を見れて良かった! やっぱり“生きる”って素晴らしいって思ったよ。ありがとう!」
 
とーやま校長「会った時途端、パッとニコニコした顔がずっと焼き付いてるよ! 来てくれてありがとう!」
 
今日は3人であいさつをしてスタート!!
 
3人「叫べーーーー!!」
 
140320sol_03.jpg

 
今夜はまず、新しいイベント開催の発表をしました!
 
春、別れの季節でもあれば、出会いの季節でもある!
SCHOOL OF LOCK!は、生徒のみんなに、さらなる出会いの場をプレゼントしたいということで…!!
 
『LIVE OF ROOKIE!』
 
LIVEは、この春、新入生になる生徒はもちろん! SCHOOL OF LOCK!に入学したばかりの生徒と一緒に、「新たな季節の始まりを、一緒に刻みたい!」
そんな気持ちを込めておくる、新入生歓迎ライブを開催します!
 
4月20日(日) 東京 恵比寿「LIQUIDROOM」で開催!
開場16時 開演17時

チケット代 2800円!(別途ドリンク代500円)
 
そして、当日参加してくれる、アーティストたちを紹介!
 
1組目は……
BLUE ENCOUNT
 
2組目は……
シナリオアート
 
3組目は……
東京カランコロン
 
4組目は……
赤い公園
 
さらに、とーやま校長、よしだ教頭もMCとして参加するぞ!
SCHOOL OF LOCK!の新入生歓迎LIVE!“LIVE OF ROOKIE”!!
すでにローソンチケットにて先行販売が開始している!
詳細は我が校の特設サイトに記載されているから今すぐチェックだ!!!
 
140320sol_06.jpg

 
“LIVE OF ROOKIE”開催発表の後は、
今夜の授業は「書き込み・オブ・ルーキー!」
 
初書き込みをしてくれた生徒に逆電をしました!
 
れもんりー 青森県 15歳 女
 
れもんりー「初めまして!」
 
とーやま校長「掲示板登録したのが昨日の夜なんだよね?」
 
れもんりー「はい!」
 
とーやま校長「ようこそ! SCHOOL OF LOCK!へ!! と言っても、ずっと聴いてくれていたんだよね?」
 
れもんりー「そうですね、中学1年生の頃から聴いていました!」
 
RN れもんりーは高校入学のお祝いとして、スマホを買ってもらった!
今はスマホのアプリで遊ぶのがとっても楽しいんだって!!
SCHOOL OF LOCK!のアプリは真っ先にダウンロードしてくれたそう! ありがとうございます!!
 
とーやま校長「これさ、掲示板登録はすんなり行った?」
 
れもんりー「いかなかったです。登録しようと思っていたラジオネームが既に使われていて、5回くらいやり直しました…!」
 
ちなみに、RN れもんりーが登録しようと思った、ラジオネーム候補は「てへぺろりんちょ」「チャールズ」「おでん」「わたあめ」「タオル」!
 
とーやま校長「割りとシンプルな感じか」
 
れもんりー「“タオル”は目の前にタオルがあったのでしようとしました」
 
そうして決まったのが、6個目の“れもんりー”。レモンが大好きで、可愛くしてみたそうです!
 
よしだ教頭「これ、レモンじゃダメだったの?」
 
れもんりー「レモンじゃ普通ですよ!」
 
よしだ教頭「いや、“おでん”とかそれまで普通だったじゃん! なんで最後に凝ってるんだよ!!」
 
140320sol_05.jpg
 
 
とーやま校長「掲示板に登録して何かうれしい事あった?」
 
れもんりー「はい! 初めての書き込みで“分からない事があったら聞いてね”っていうレスをしてくれて嬉しかったです!」
 
とーやま校長「そうか! なら今度はお前が困っている人がいたらレスをしてあげてくれな!」
 
れもんりー「もうしました!」
 
とーやま校長「早いな!! レスをしてくれた子の名前は覚えている?」
 
れもんりー「えっと“お腹のナントカの…しろうさぎです”」
 
とーやま校長「うろ覚えだけど(笑)、その子にレスをしてくれたのか! ありがとう! これからもよろしくな! 4月からの高校生活も楽しめな!!」
 
れもんりー「はい! ありがとうございます!」
 
140320sol_10.jpg

 
『 名前を知りたい 』
 
掲示板を見ていると、“また、こいつ書き込みをしてくるわ”って気づいたりする。
名前で、そいつの顔も想像できるし、性格もわかる。
 
でも逆にそうかと思っていたら、この名前でこんな書き込みをしているのかって思うやつもいる。
 
この掲示板に来てくれたやつ、みんなが生徒だ!
せっかく出会えたんだから、みんなの名前を知りたいと思いました。
  
140320sol_11.jpg

最後にRN れもんりーにレスをくれたこの生徒から書き込みが届きました!

れもんりーちゃん!
おなかのくろいしろうさぎ です!さっきのうちのこと!?レスありがと(^-^)うちも春から高校生です!よろしく!
おなかのくろいしろうさぎ
女/15/岡山県
2014/03/20 23:49



とーやま校長「“おなかのくろいしろうさぎ”ね! 怒ってない? 自分の名前、ナントカ扱いされて」
 
よしだ教頭「怒ってないよ。“レスありがとう”だって。春から高校生ってことは、れもんりーと同級生ですよ!」
 
とーやま校長「遠く離れているけど、できたな友達!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
140320fax_01.jpg
RN のろすけ

 
140320fax_02.jpg
RN まかっちょ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
クリップ 東京都 19歳 男
れもんりー 青森県 15歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
 
22:10 ラブホテル / クリープハイプ
22:24  The Lazy Song / Bruno Mars
22:37 アンバランス / BLUE ENCOUNT
22:40 少女ジャンプ / 東京カランコロン
22:42 ホワイトレインコートマン / シナリオアート
22:46 絶対的な関係 / 赤い公園
22:50 風が知ってる / 赤い公園
23:10 寝グセ / CHEESE CAKE
23:25 ray / BUMP OF CHICKEN feat.HATSUNE MIKU
23:46 春なんです / サンボマスター
23:49 新世界交響楽 / さよならポニーテール
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
毎日がルーキーの気持ちでいかないといけないぜ、なあみんな。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今くらいの時期の「終わり」と「始まり」の背中合わせ感が好き
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita

閃光出たら人生変わった!

今日の閃光アーティストは......
 

folks300_400.jpg
 
閃光ライオット2008・2009出場バンド!
「FOLKS」!!


 
 
●応募した当時
当時は、岩井郁人(Vo/Gt)、野口一雅(Ba)、小林禄与(Syn/Per)の3人で“ギルド”というバンドで閃光ライオットにお世話になっていました。
 
●閃光ライオットに出てみて
僕らはファイナルには行けず、3次審査まででしたが、学校通っていただけでは会えない、音楽仲間に出会えました。
今でも交流がある仲間もいて、日本全国のアーティストとつながれたのは良かったですね。
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
何かインパクトを一つ残せたらいいんじゃないかなと思います。
 
★FOLKSプロフィール
北海道札幌市のベッドタウンである恵庭市。その新興住宅地“恵み野”在住の幼馴染5人組のバンド。
'13年1月、それぞれバンドを組んでいた岩井郁人(23)・野口(23)・小林(23)の3人、岩井豪利(25)、高橋(25)の2人が合体しFOLKSを結成、札幌を中心にライブ活動を行う。※岩井郁人、岩井豪利は兄弟(豪利が兄)。
8月には一般公募枠で応募総数553組の中から選ばれ“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO”の“RISING★STAR”に出演。メンバー5人全員が楽曲を制作する。
'13年3月に自主制作のミニアルバム『Take off』をリリースし、同年7月からiTunesにて音源配信をスタート。
'14年2月、メジャーファーストミニアルバム「NEWTOWN」をリリース。

★閃光ライオット2008の写真はコチラ!
★閃光ライオット2009の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!

 
140319_sol01.jpg

 
『 初書き込みの嵐 』
 
卒業、入学をきっかけに新しく自分のケータイを持つ生徒が多いこの時期!!
学校掲示板には、“初書き込みです!”という報告がたくさん!!
 
みんな、初書き込みありがとう!!
 
よしだ教頭「今月の初めてにこの学校を知りましたって生徒もいるんですよね」
 
とーやま校長「どういうふうに知るんだろうな〜。好きなアーティスト講師、ガールズがいるのかな。俺達がいるから聴くっていうのはいない…」
 
よしだ教頭「やめよう! そこに触れるのは!!」
 
今日、初めて聴く生徒! 初めまして!!
SCHOOL OF LOCK!開校です!
 
140319_sol02.jpg

 
昨日の生放送教室では、
この春から一人暮らしをはじめる生徒たちに、 一人暮らしの先輩生徒からアドバイスをしてもらいました!!
一人暮らしに向けて準備をしている生徒たちもいる中で、
これからはじまる“新しい学校”や、“新学期”に向けて…新しい自分になろう!って準備してる生徒も多いと思う!!
 
新しい学校! 新しいクラス! 新しい友だち! 新しい先輩の中で…!
パッとしない自分から脱出してイケてる高校生になりたい!
しかし! 良くも悪くも、第一位印象が決まってしまう“新学期”!
ここでつまずくとこの後に響く!
 
そんな新学期デビューを目指す生徒のために今夜の生放送教室はこの授業をやりました!
 
教えて先輩! 新学期デビュー!
 
「私は、これで高校デビューに失敗しました!」っていう成功例はもちろん…
「僕は、これで高校デビューに失敗しました!」っていう失敗談も教えて欲しい!
 
高校で、大学で、新しいクラスで、新しい部活で!
オマエが実際に行った“新学期デビュー”の話を聞かせてもらいました!
 
140319_sol03.jpg

 
ダブルオーライザー 埼玉県 18歳 男
 
この春、高校卒業し、4月からは大学に通うという!
 
とーやま校長「早速、お前の新学期デビュー教えてもらっていいか?」
 
ダブルオーライザー「はい、自己紹介で新学期デビュー成功しました!」
 
高校で新学期デビューを成功したという、RN ダブルオーライザー。
中学までは人と話す事が苦手でずっと本を読んでいたそう。話せる友達もクラスで1、2人ほどだった。
 
高校入学して、クラスで初めての自己紹介の時、頭が真っ白になってしまった…!!
 
ダブルオーライザー「人と話す事が苦手だってマイナスな事じゃないですか。でも僕はあえて、人と話すのが苦手って事を言ったんです」
 
“話すのは苦手だけど、話しかけてくれたらちゃんと相手になる”と伝えたそう!
 
ダブルオーライザー「そしたら、友達が4、5人できて、中学の時の人数を入学一週間で塗り替えられたんです!」
 
自己紹介の他にも、課題図書の討論会でRN ダブルオーライザーの意見を聞いた子が話しかけてくるようになり、一緒にご飯を食べるようになった!!
 
ダブルオーライザー「高校1年の終わりには、クラスのほとんどの人と話すようになりました!」
 
とーやま校長「これは、頭が真っ白になっていたけど、どこかでそう思っていたからできたんだよ。中学とはまったく違った学校生活になったんだな!」
 
ダブルオーライザー「はい! 180°変わりました!!」
 

新高校生になります
私は髪を少し切って、ストパーかけて高校デビューする予定です笑 そこで質問なんですが、最初の自己紹介などでどうすれば自分らしさを出せますかね??私は見た目は凄く静かと言われるのですが、仲良くなるとうるさいって言われる位ふざけるタイプなんです笑 高校では初めから自分らしさを出したいので、どうすれば良いでしょうか?

ひなびー
女/15/福島県
2014/03/19 18:02



とーやま校長「これは、ダブルオーライザーの話を聞いていて、正直に自分をさらけ出した方がいいのかなって思ったけど」
 
ダブルオーライザー「そうですね。自分がその時思った事、やりたいと思った事を素直にさらけ出す事が大事だと思います」
 
よしだ教頭「見栄はってカッコつけないでね」
 
自己紹介では、好き物の他に自分の特徴を話すと良いとの事!
 
とーやま校長「話しが苦手みたいなさ、自分で言わなくてもいいような事を言うやつが俺は好きなんだよね。それてって俺に心を開いてくれているってことだから。クラスのみんなはそれをダブルオーライザーの自己紹介で感じたんだよ。だからさらけ出す事が大事だね! ちょっといい話だね! ありがとう!!」
 
140319_sol04.jpg

 
田舎に送られた陸上選手 愛知県 17歳 男
 
とーやま校長「お前の新学期デビューはどうだった?」
 
陸上選手「僕は、名前を聞かれて新学期デビューに失敗しました…!!」
 
高校の入学式、女子から名前を聞かれた、RN 田舎に送られた陸上選手…。
 
陸上選手「その時、面白半分に“マイケル”って言ったんです」
 
とーやま校長「マイケル!? 赤いライダースーツも着てないのに?」
 
陸上選手「日本人なのに…です」
 
苗字や名前が似ていることもなく、まったく関係の無い“マイケル”という名前を名乗ってしまったのだが、
学校の女子がRN 田舎に送られた陸上選手の事をマイケルと呼び始め、高2になった今でもマイケルと呼んでいるのだそう…!(笑)
 
とーやま校長「一発目、マイケルって自己紹介した時はどうだったの?」
 
陸上選手「まあ、ウケましたね」
 
とーやま校長「今も呼ばれているのはどうなの?」
 
陸上選手「嫌です!」
 
とーやま校長「でも、マイケルって面白いから、仲良くなれたりするんじゃないの?」
 
陸上選手「そういう人もいるんですけど、“なんか変な人だな”って思われる事もあって」
 
とーやま校長「あんまり得しなかったってかんじか。じゃあ今から新学期を迎えるみんなに一言お願い!」
 
陸上選手人に名前を聞かれたら本名で答えよう!!
 
よしだ教頭「好きな子が出来たら、ちゃんと下の名前で呼んでほしいもんな」
 
陸上選手「そうですね」
 
よしだ教頭「ちゃんと3年生になったら本名で呼んでほしいと言おう!」
  
140319_sol05.jpg

 
ひまわりの種 宮城県 18歳 女
 
ひまわりの種「私は入学式当日人助けをして友達デビューしました!」
 
高校の入学式が終わった後、クラス毎にホームルームで先生から連絡があった。
みんな聞き逃さないようにメモを取っていたが、RN ひまわりの種の隣の女の子はメモ用紙がなくて困っていたそう。
 
ひまわりの種「それで、“おせっかいかな”とも思ったんですけど、私がメモ用紙をあげたら喜んでくれたんです! それで一緒に帰ったんですよ!」
 
その子とは同じクラスだった一年間、仲良く過ごせたそう!!
 
ひまわりの種「この前、卒業式だったんですけど、その子が卒業式の日に、私に“あの時メモ用紙をくれてありがとう!”って言ってくれて。すごい良い思い出になりました!」
 
とーやま校長「ささいな事で3年間、そしてこれからも続く関係ができるってすごいよな。別に、誰か困っている人はいないか探していたわけじゃないんだろ?」
 
ひまわりの種「そうですね。たまたま困っていて、メモ用紙をあげたら友達になったので」
 
とーやま校長「人ととして特別な事じゃなくてもデビューのきっかけになるって事だね。入学したら、最初は不安な事や知らない事が多いから、そこにたくさんヒントが隠されているって事か」
 
よしだ教頭「人見知りでも困っている人がいたら、人見知り関係なく助けるもんな」
 
とーやま校長「周りと見まわすときっかけがあるって事だな! 良い友達を持ったな。感動したよ」
 
最後にこれから新学期デビューをする生徒に一言!
 
ひまわりの種「友達づくりためではなく、困っている人に手を差し伸べる事は自分に必ず返ってきます」
  
140319_sol06.jpg

 
本日、最後に新学期デビューについて聞かせてもらったのはこの生徒!
 
ノータイトル 山形県 16歳 男
 
ノータイトル「自分はキャラをイメチェンして、失敗しました」
 
中学までは真面目キャラで、生徒会長も務めていたという、RN ノータイトル。
高校入学を機に、メガネからコンタクト。ワックスも付けて外見をチェンジ!
 
ノータイトル「今まで勉強ばっかりだったので、カラオケばっかり行って、はじけた感じでチャラくなっていたんです」
 
最初は楽しかったが、途中から自分らしさがわからなくなってきたそう…。
 
ノータイトル「昔の方がまだ周りに人がいたり、作っている自分で勝負していると疲れてしまって、自分らしさを失ってしまったって思いました。真面目なほうが自分には合っていたんだなって思えてきて」
 
自分の理想を意識し過ぎるのはあまり良くないと感じたそう。
 
とーやま校長「うん。中学の時は真面目なキャラだって思っていたけど、それはキャラじゃなくて本当の自分だったんだな。でもそこに気づけたお前が良いと思う。ここでズルズル行って2、3年生を過ごしていたら取り返しのつかない事なるから。まだ中学の頃の自分は見えるか?」
 
ノータイトル「はい」
 
とーやま校長「だったら今からちょっとずつ中学校の自分を考えながら、、また取り戻していこう。中学の時の自分より今は色んな事を見て、感じてきたんだからこれは財産だ。グルッと一周して本当の自分になったんだから、他人から見たら失敗かもしれないけど、お前にとっては失敗じゃない」」
 
よしだ教頭「見方を変えたら本当の自分に会ったってことだからね」
 
最後に、RN ノータイトルからも新学期デビューをする生徒に向けてメッセージを貰いました!
 
ノータイトル「外見を変えるのもいいけど自分の個性を生かしてください。心までチャラくならないでください」
 
とーやま校長「よし! 本当の自分でいるのが大事だな。ありがとう!」
 
よしだ教頭「先輩ありがとう!!」
 
それでは、黒板の時間です!
 
140319_sol07_2.jpg

 
『 新しい自分であって、ウソの自分ではない 』
 
キミが4月からなるのは、新しい自分であってウソの自分じゃない。
 
見栄を張るとか人に良く思われたいっていうのはウソなんだ。
そうじゃない自分を演じるのは疲れるよ。
 
今は自分の中にあるものを少しずつ積み重ねるとか、新しい事にチャレンジするのは構わない。
自分が自分だという部分は忘れちゃいけない。大事にしていこう。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
140319fax_01.jpg
RN うにまぐろ

 
140319fax_02.jpg
RN くすのき♪

 
140319fax_03.jpg
RN 馬鹿羊

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ダブルオーライザー 埼玉県 18歳 男
田舎に送られた陸上選手 愛知県 17歳 男
ひまわりの種 宮城県 18歳 女
ノータイトル 山形県 16歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 恋のマシンガン / 東京カランコロン
22:25 二時頃 / aiko
22:42 トリックスター / SKY-HI
22:49 完全感覚Dreamer / ONE OK ROCK
23:09 Everything is Alone / FOLKS
23:26 36℃ / flumpool
23:38 Day 7 / 西野カナ
23:49 NO NO NO feat.SONOMI / KREVA
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
結局俺は中・高6年間、
銀ぶちメガネ卒業できなかった!!
ちきしょう!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
不安な気持ちをは置いといて新しい場所へ行っといで!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita

閃光出たら人生変わった!

今日の閃光アーティストは......
 

katahira_300_400.jpg
 
閃光ライオット2011!審査員特別賞受賞!
「片平里菜」!!


 
 
●応募したきっかけ
閃光ライオット2009で審査員特別賞を受賞した関取花さんとライブを一緒にやる機会があって、
そこから閃光ライオットを意識し始めました。
 
●閃光ライオットに出てみて
それまでは、ライブハウスや路上ライブだけでしたので、あんなに大きいステージ立ったのは初めてでした。
緊張で頭が真っ白になっていたんですけど、ステージからの景色を見て、
“自分の音楽をこんなにたくさんの人が聴いてくれているんだ。自分の音楽がこんなに影響を与えているんだ”と思いました。
演奏は納得のいくものじゃなくて悔し涙も出ましたけど、そこからメジャーデビューを目指すことができましたね
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
10代の頃はあっという間で、その瞬間、その瞬間ではあるんですけど、
一歩踏み出せば、景色も変わるので、ぜひ踏み出してください。
 
★片平里菜プロフィール
2012年、ソニー “WALKMAN” 「Play You.レーベル」第1弾アーティストとして抜擢され、7月にはASIAN KUNG-FU GENERATION 主催「NANO-MUGEN FES.2012」に出演。 早くも横浜アリーナの舞台でその歌声を響かせた。 
2013年1月に配信リリースした「始まりに」は、東北地区全6局でパワープレイに選出され、新人としては異例のレコチョクデイリーチャート2位を獲得。
2013年8月7日シングル「夏の夜」でメジャーデビュー。
2014年1月15日には2ndシングル「女の子は泣かない」をリリースした。

初のワンマンツアーも大盛況の内に終了!
早くも3rdシングルのリリースが決定している。

日本人女性初のギターブランド エピフォンの公認アーティストとして認定され、福島・東北から全国へさらなる活躍が期待される若手女性アーティストである。


★閃光ライオット2011の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!

 
140318_sol03.jpg


『 お前に決めた 』
 
SCHOOL OF LOCK!の卒業ライブ、MY GENERATION 2014!
今年は、クリープハイプ先生が 卒業生のお前が、絶対に忘れないようなライブを届けてくれる!
 
そんなマイジェネに卒業生じゃないけどどうしても参加したいという生徒のために、
朝日新聞がサポートしてくれて、卒業生じゃなくても参加できる "ライブレポーター" を募集!
しかも友達を誘って参加もOK!さらに 2人分の交通費も支給!
さらにさらにライブレポートは、なんと! 朝日新聞の別刷りに後日掲載!

そんなラッキーかつ大役をいとめたのは…
 
るるるー 千葉県 18歳 女
 
とーやま校長「るるるー!!! お前がライブレポーターに選ばれたぞ!! おめでとう!!」
 
るるるー「ありがとうございます!!」
 
とーやま校長「今はどんな気持ち?」
 
るるるー「嬉しすぎて、なんだかわからなくなってます!!!(汗)」
 
将来は音楽雑誌ライターを目指しているという、RN るるるー!
今までは夢に正面から向き合えてなかったけど、大好きなクリープハイプ先生のライブをきっかけに挑戦したくて応募してくれた!
当日は、同じくクリープハイプ先生が大好きな友達と参加してくれる!
 
RN るるるー! 「MY GENERATION 2014」ライブレポートよろしくお願いします!!
 
 
140318_sol02.jpg


今夜のSCHOOL OF LOCK!は、
この春の時期、昨日PerfumeLOCKS!でも研究材料になっていたけど、 一人暮らしを始める生徒もいるといういことで…
 
とーやま校長「実は…カーテンは自分で買わないと外から部屋丸見えになるぞ!」
 
よしだ教頭「実は・・・お風呂の排水口は自分で掃除しないと、お湯が流れないぞ! 」
 
とーやま校長「どうだ!一人暮らしが急に不安になってきただろう!」
 
そんなこの春一人暮らしを始める生徒に送る授業!!
 
「ワンルーム ワーニング!」
 
今夜はこの春一人暮らしを始める生徒から、すでに一人暮らしをしている先輩生徒への質問メッセージを募集!
レスで返すのもいいし、直接電話で先輩生徒からアドバイスをしてほしいと思う。
 
一人暮らし始める生徒は気になっていることや質問、そしてすでに一人暮らしをしている先輩は、「なんでも質問答えます!」というメッセージでもいいですし、
質問もないのに、一人暮らしあるあるを書き込んでもOK!
 
そしてさらに今夜は、すでに一人暮らしをはじめている生徒からの「こだわりMY ROOM写メ」を募集!!
 
ちなみに校長&教頭の部屋の写メはコチラ!!
 
toyamaroom.jpeg
とーやま校長の部屋!!

 
yoshidaroom.jpeg
よしだ教頭の部屋!!

 
一人暮らしのみんなもドンドン自慢の部屋の写メを送ってほしい!
 
140318_sol04.jpg

 
ちなみにとーやま校長の部屋は雑誌に紹介されるほど、超オシャレ!!!
 
140318_sol05.jpg

 
ドーンと見開きで紹介されているぞ!!
 
140318_sol06.jpg

 
ラザー 鹿児島県 19歳 男
 
一年浪人して、この春大学に合格したという、RN ラザー!
4月からは熊本の大学に通うために、一人暮らしをするそう!
 
とーやま校長「どう? 今の気持ちは?」
 
ラザー「ワクワクもあるんですけど、不安もありますね」
 
今は、生活に必要な家電と雑貨を揃えている最中!
爪切りやティッシュなど、あるのが当たり前で、今まで買った事のなかったものばかり。
 
とーやま校長「ティッシュは、なかなか買ってこなかったもんな。5パックのやつは。カーテンは?」
 
ラザー「今度買います!」
 
とーやま校長「カーテンが一番大事だからな。無いと全部見られるからな! 勉強してる時も飯を食ってる時も」
 
よしだ教頭「家が一番落ち着かなくなっちゃうからね」
 
そんな、RN ラザーの相談したい事は、アパートの前にお墓がある事!
 
ラザー「それにそのお墓がちょっと荒らされていて…」
 
よしだ教頭「荒らされてる!?」
 
ラザー「はい、お墓がちょっと崩れてるんです」
 
部屋から窓を開けたら、崩れてるお墓が目の前に!
お墓の距離は歩いて10歩!!!
 
ラザー「それでも不気味なんですけど、夜に一人でテレビを見ていると怖い時があるじゃないですか。その怖さをどうしているのか先輩に聞きたくて」

140318_sol07.jpg

 
そんな、RN ラザーの相談に答えてくれるのは、この先輩!!
 
YUKITO 東京都 20歳 女
 
この春で、一人暮らし3年目だという、RN YUKITO!
 
とーやま校長「色々知ってるな〜! ちなみにYUKITOが住んでいる部屋の前にはお墓はあるの?」
 
YUKITO「ないんですけど怖いという気持ちに対してどうすればいいかは答えられます!」
 
頼もしいYUKITO先輩から早速、アドバイスを聞きました!
 
YUKITO「私は夏に怖い話を見るのは好きなんですけど、一人暮らしだとやっぱり怖いことはあります。そういう時はとにかく、怖い事を考えないようにします!」
 
明るい気分になるために、ギャグ漫画を読んだり、アニメを観るそう!
 
YUKITO「でも、ずっと観ているのはたいへんなので、気分を紛らわしたら、布団に入って音学をひたすら聴きます!」
 
とーやま校長「それはどんな音楽でもいいの? 好きな音楽でいいの?」
 
YUKITO「しっとりした曲は怖いので、私はけっこうアニソンを聴きます!」
 
そして、最後に眠くなっても絶対に部屋の明かりを消さないそう!
 
とーやま校長「消さないの?」
 
YUKITO「私は明かりを消すと、隙間から漏れて入ってくる外の光が怖いので、明かりを付けて寝てますね」
 
とーやま校長「どう、ラザーできそう?」
 
ラザー「そういう漫画は無いんですけど、音楽はあります」
 
YUI先生が好きだという、RN ラザー。
アップテンポな曲を聴けば、怖さもなくなるはず!
 
ラザー「参考にしていきたいと思います!」
 
RN ラザー、新しい一人暮らし楽しんでくれ!
RN YUKITO、アドバイスありがとう!!
 
140318_sol08.jpg

 
続いて、学校掲示板に書きこまれた“一人暮らしあるある”と、
本日の授業テーマに合わせて開設した、特設ページ「こだわりMY ROOM写メ」に掲載された、生徒の自慢の一人暮らし部屋の写真を紹介!!
 
風邪やインフルエンザにかかると、途端に一人がさみしくなるという“あるある”送ってくれたり、
自慢の部屋の写真を、心がけているポイントと一緒に送ってくれました!
 
そして、ここからは再び、春から一人暮らしをする生徒の悩みを聞きました!
 
GIANTS歴6年のbaby 茨城県 18歳 女
 
大学に通うため、茨城県から神奈川県に引っ越すという、RN GIANTS歴6年のbaby!
引っ越すのはなんと明後日!!
 
とーやま校長「初めての一人暮らし、もうすぐだけどどう?」
 
GIANTS歴6年のbaby「めっちゃ楽しみですね! 親に許可を取らなくてもお遊びに行けるので(笑)」
 
とーやま校長「おいおい〜! これは始まってるな〜」
 
よしだ教頭「今まで、門限とかあったもんね」
 
そんなGIANTS歴6年のbabyの相談は・・・
 
GIANTS歴6年のbaby「先月、彼氏ができたですけど、その彼が私の部屋に行きたいって言っているんです。だから彼氏が来るにあたって、心構えとかやっておいたほうが良い事を教えてほしくて」
 
とーやま校長「彼氏が一人暮らしの部屋に来るなんて、初めてだもんな! 教えてもらおう!」

140318_sol09.jpg

 
RN GIANTS歴6年のbabyにアドバイスをくれるのはこの先輩…!
 
ヒーロー 北海道 26歳 女
 
なんと8歳年上のお姉さん!!
 
GIANTS歴6年のbaby「めっちゃお姉さんだ…!」
 
一人暮らしは6年半というベテランで、もちろん彼氏が部屋に来た事もあるそう!
 
よしだ教頭「心強い!!」
 
RN ヒーローお姉さんお願いします!
 
ヒーロー「まずは、ゴミ箱の中身をキレイにする事だと思います。カップ麺の食べ残しとかレトルト食品のゴミばっかりだと、彼氏が“あれ? この子…”って思ってしまうので、なるべく女の子っぽくしたほうがいいですね」
 
続いては、“部屋の換気or消臭する事”!!
 
とーやま校長「消臭は、スーパーに売っている消臭スプレーでいいんですか?」
 
ヒーロー「はい! お香だと苦手な男子がいるので、“森の香り”みたいな控えめな香りが良いと思います!」
 
とーやま校長「なるほど〜! 大事だな!!」
 
ヒーロー「他にも、床に物が落ちていると汚く見えてしまうんです。だから私は洗濯物などは大きいかごに入れて、布をかぶせてます」
 
とーやま校長「じゃあよく雑貨屋にある布とかってこと?」
 
ヒーロー「はい、それを使っています!」
 
校長&教頭「へえ〜!!!!」
 
よしだ教頭「布の使い方って男子は考えないもんな〜」
 
大きい布はカーテンにもなるそう!
 
ヒーロー「あとは一人暮らしの最初は食器は少ないと思うんですけど、彼氏やお客用に同じ種類の食器を揃えておくと良いですね!」
 
GIANTS歴6年のbaby「ものすごくためになりました!」
 
とーやま校長「この4点を押さえておけば良いってことだもんな! これは俺達にとっても良い話を聞かせてもらった!! ありがとう!」
 
そして本日の黒板の時間!
 
140318_sol10.jpg

 
『 一人暮らしあるある 』
 
究極の一人暮らしあるある。
 
一人暮らしを始めてだいたい、一か月くらいした時かな。
親ってすごいありがたい存在だと思うんだ。
 
排水溝の髪詰まりの掃除も実はお母さんがやってくれていて。
洗濯物を干していて、雨が降って来た時、“天気を確認しなきゃいけない”って気づいて。
 
俺達の見てない所でやってくれていたんだ。
 
だから、次に言えるタイミングでいい。
ちゃんと親に“ありがとう”って言おう!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140318_fax01.jpg
RN second world

 
140318_fax02.jpg
RN くすのき♪

 
140318_fax03.jpg
RN まゆゆん

 
140318_fax04.jpg
RN 赤秋

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
るるるー 千葉県 18歳 女
ラザー 鹿児島県 19歳 男
YUKITO 東京都 20歳 女
GIANTS歴6年のbaby 茨城県 18歳 女
ヒーロー 北海道 26歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 憂、燦々 / クリープハイプ
22:24 旅立ちの唄 / Mr.Children
22:45 ふりかえるといるよ / Perfume
23:10 夏の夜 / 片平里菜
23:26  changes / Base Ball Bear
23:45 床には君のカーディガン / The SALOVERS
23:49 ゆめのはじまりんりん / きゃりーぱみゅぱみゅ
23:52 春 / 世田谷ピンポンズ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
一人暮らし楽しいよね〜。
家具屋なんて何時間もいれちゃうよね〜。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
部屋作りは楽しいぞ!
自分の好きなように、仕上げられるぞ!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita

閃光出たら人生変わった!

今日の閃光アーティストは......
 

thesalovers400_300.jpg
 
閃光ライオット2009!審査員特別賞受賞バンド!
「The SALOVERS」!!


 
 
●応募した当時
応募したきっかけは、単純に、閃光ライオットに出たら好きな女の子が観に来てくれるんじゃないかと思ったから。
自分が歌ってる姿を観てほしい。観客全員に届かなくてもいいから、その女の子に届いてほしいと思ってた。
 
●閃光ライオットに出てみて
色んな人に「“The SALOVERS”さんですよね?」って言われる事が多くなりました。
閃光ライオット2009の次の日に、雄太がHな本を買おうとしてコンビニ行ったら、店員さんに「昨日、東京ビッグサイトにいました?」って聞かれたんだよね。
雄太は「違います」って言ったんだけど…(笑)
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
絶対にやってほしいくない事は、“こういう曲を作ったら閃光に行けるかな”と思うこと。
とにかく、“落ちてもいいや”ってくらいの気持ちでやってほしい。
“閃光っぽい”というものはないので、自分をさらけ出すのが一番の近道だと思います!
頑張ってください!Do your best!!
 
★The SALOVERSプロフィール
古舘佑太郎(Vo&Gt) 藤川雄太(Dr) 藤井清也(Gt) 小林亮平(Ba)
 
2008年、高校の同級生によって結成。
2010年 FUJI ROCK FESTIVAL 2010 "ROOKIE A GO-GO"に出演。
同年、元ナンバーガール中尾憲太郎氏をプロデューサーに迎え、インディーズ・ファーストアルバム『C'mon Dresden.』発売。
2011年 完全一発録音/セルフプロデュースで制作されたインディーズ・セカンドアルバム『バンドを始めた頃』発売。
2012年 元スーパーカーいしわたり淳治氏をプロデューサーに迎え、メジャーデビュー・フルアルバム『珍文完聞 -Chin Bung Kan Bung-』発売。
2013年 『床には君のカーディガン』『アンデスの街でこんな夜はHOT HOT HOT!』『文学のススメ』の3枚のシングルを立て続けにリリースし、全国10箇所をまわるワンマンツアーを敢行。COUNTDOWN JAPAN 13/14、RADIO CRAZYなど年末フェスにも出演し、精力的に活動中。

★閃光ライオット2009の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!

 
140317_sol01.jpg

 
『 何か最近おもしろい事あった? 』
 
とーやま校長「どう? あった? 最近おもしろい事?」
 
よしだ教頭「そうですね、色んなニュースで気になるのがあるじゃないですか? マレーシアの飛行機のニュースとか…、あれってもしかしたらバミューダトライアングルみたいに時空を超えたんじゃないかって…」
 
とーやま校長「へぇー」
 
よしだ教頭「全然興味ないじゃん!!」
 
とーやま校長「いや、最近あったおもしろい事って聞いたからさ、“落とし穴にはまっちゃってさ…”とかあると思ったんだけど」
 
よしだ教頭「34歳で、はまりませんよ!!」
 
生徒のみんなは、最近おもしろいことあったかな?
どんなことでも学校掲示板に書き込んでね!!
 
140317_sol02.jpg

 
今夜の生放送教室は…
 
SCHOOL OF LOCK!合格報告会!
 

見事合格!
3月6日と7日に行われた公立高校の入試に見事合格することができました!ここに来るまで荒波や困難がありました。言いたい放題言われたし、悩むこともありました。ですが、僕はその荒波や困難に勝って合格と言う名の勝利を掴みました!ここまでこれたのは自分の力だけでなく親や仲間、とーやま校長、よしだ教頭、SOL!の生徒の皆さんの応援のおかげです!本当にありがとうございました!この喜びを思いきり伝えたいです!
ミスタージャック
男/15/鹿児島県
2014/03/17 17:44


 
学校掲示板を見ていると、ひとまず受験を終えた生徒が多い様子!
……受験、お疲れ様!
 
SCHOOL OF LOCK!はこの学校に通ってくれている生徒の“全員合格”を合言葉に、受験生を応援し続けてきました!
受験を終えた生徒は今、どんなこと考えているのか?
 
これまでの毎日のこと。今の喜び。
自分を支えてくれた人への感謝……
 
必ずしも、第一志望に受かった生徒ばかりじゃないとも思う。そんな生徒からも話を聞いていきました。
 
140317_sol03.jpg

 
学校掲示板には合格報告の書き込みがたくさん! もちろんメールも届いていました!
その中でこの生徒に逆電!!
 
あっか( *`ω´) 北海道 18歳 女
 
今年は1年間浪人して受験に臨み、大学に合格したというRN あっか( *`ω´)。
 
とーやま校長「まずはおめでとう!!」
 
あっか( *`ω´)「ありがとうございます!!!」
 
とーやま校長「今はどんな気持ち?」
 
あっか( *`ω´)「めちゃくちゃ嬉しいです!」
 
RN あっか( *`ω´)が合格した大学は、教員免許を取るための学校。
小学校のころからずっと先生になりたいと思っていて、中学2年生から今回合格した大学を目指してきたとのこと!
 
とーやま校長「先生になろうと思ったきっかけは?」
 
あっか( *`ω´)「最初のきっかけは幼稚園の担任の先生なんです。卒園式の時に、先生が“みんなの心には種がある。だからその種に水をあげて、光をあげて、育ててください”という言葉がずっと心に残っていて。こんなに先生になりたいと思いました」
 
とーやま校長「へえ〜!! じゃあ、その言葉を胸に頑張ってきたんだな!」
  
140317_sol04.jpg

 
去年、高校3年生で受検した時は、志望大学を、推薦、前期、後期と3回受験したが合格できなかった。
他の大学には合格していたが、この一年浪人してもう一度と挑戦する事を選んだ。
 
あっか( *`ω´)「私立の大学でも教員の免許は取れるんですけど、その志望校は、自分の中で“出会えた”って思っていて。そういう志望校に行って、夢を目指したいと思いました」
 
とーやま校長「なんか、あっか( *`ω´)とその志望校ってすごい誠実な関係だよね。きっと志望校もあっか( *`ω´)の事を好きなんだよ」
 
地元には予備校はなかったので、札幌の予備校に入って一年間寮生活。
自分の部屋にテレビを置かずに勉強漬けの日々。
予備校で知り合った仲間の夢を聞いて、自分も頑張ってきたそう。
 
とーやま校長「しんどかっただろ?」
 
あっか( *`ω´)「はい、しんどかったです。中学のころから夢を目指して勉強してきたんですけど、この一年はセンター試験で点を取るための勉強をしていたので、“なんで勉強してるんだろう”って思って自分の夢を見失いそうになるのがつらかったです」
 
RN あっか( *`ω´)には3つの夢があった。
1つ目は「志望校に行くこと」
2つ目は「教師になる
3つ目は……
 
あっか( *`ω´)「おばあちゃんが浪人中に亡くなったんです。それでおばあちゃんの家が空家になっているので、いつかそのおばあちゃん家で塾を開きたいって思ってるんです!」
 
とーやま校長「おお! じゃあ周りの子供達を呼んで、教えていくんだね。どんなことを教えたい?」
 
あっか( *`ω´)「努力する事は早かれ、遅かれ、実るものだと思うのでそれを教えたいです!」
 
とーやま校長「今の言葉、将来教える子供たちに向けてはもちろん、4月から3年生になって受検するやつ、浪人するって決めたやつに向けた言葉でもあるね!」
 
よしだ教頭「おめでとう! こういう報告をしてくれて、みんなすごく勇気づけられているだろ思うし、自分の夢を大事にしたほうがいいって伝わっていると思う。ありがとう」
 
あっか( *`ω´)「こちらこそありがとうございます!」
 
とーやま校長「改めて、おめでとう!!」
 
140317_sol05.jpg

 
なきむしミルクチョコ 長崎県 18歳 女
 
とーやま校長「なきむしミルクチョコ、受験お疲れ様! 合格したんだよね?」
 
ミルクチョコ「はい、しました!」
 
とーやま校長「おめでとう! 合格がわかった時の気持ちはどんなんだったの?」
 
ミルクチョコ「もう天にも昇る心地でした!!」
 
RN なきむしミルクチョコが行く大学も、教員免許を取るための大学。
第一志望の国立は落ちてしまったので、第2志望の私立大学に行くそう。
 
とーやま校長「葛藤はあった?」
 
ミルクチョコ「そうですね。国立に落ちた時にどうしようと思ったんですけど、お母さんが“自分のやりたい事をやるなら、今から勉強してなったほうがいいよ”って言ってくれたんです」
 
RN なきむしミルクチョコが、私立大学は国立大学よりもお金がかかってしまう事を相談すると、
“お金なら何とかするから”と背中を押してくれたそう!!
 
とーやま校長「じゃあ自分の力だけじゃなくて、周りの支えもあって、合格が決まったんだな」
 
ミルクチョコ「はい」
 
140317_sol06.jpg

 
教師を目指そうと思ったきっかけは、小学6年生の時のいじめだという RN なきむしミルクチョコ。
当時、誰にも相談する事ができず、ストレスで髪を抜くようになってしまっていた。
 
ミルクチョコ「それに気づいてくれたのが、当時の担任の先生だったんです。私、話しているうちに泣いてしまったんですけど、一緒に泣いてくれて。人に痛みがわかってもらえる事が嬉しかったんです。
だから自分もいじめられている子の支えになりたいって思いました」
 
とーやま校長「そうか…! まだ出会っていないけど、将来お前の教え子になる子ども達は、今の話を聞いて頼もしいと思ってるはずだ。ちゃんと面倒をみてやってくれな!」
 
ミルクチョコ「はい!」
 
そんな RN なきむしミルクチョコから新たに受験に臨む生徒にメッセージをもらいました。
 
ミルクチョコ「私は第一志望には落ちてしまって第二志望の大学に行くことになったんですけど、周りの支えと協力があって行けます。だから夢があったら絶対諦めてほしくないです」
 
とーやま校長「ここまで来れたのは、一人じゃなかったからってことだよね」
 
よしだ教頭「今まで自分が出会ってきた先生よりも素敵な先生になってね!」
 
周りの人たちの“頑張れ”“一人じゃないよ”という言葉があったから頑張れたという、RN なきむしミルクチョコ。
 
とーやま校長「4月からもたいへんな事はあると思うけど、ここまで一つの事に全力で向かって行けたじゃん。そういうやつは何をやってもできるから頑張れな!」
 
ミルクチョコ「はい!!」
 
それでは黒板の時間!
 
140317_sol07.jpg

 
『 どこまでも進め 』

ようやく、合格したことで船に乗る事ができた!
ここからは色んな事が始まるぞ!
その船の舵はお前が取って、行きたいところへどこまでも行ったらいいよ。

もしも行き先がわからなくなったら、
これまでお前を支えてくれたやつも、ちゃんとその船に乗っているから教えてもらえ!
 
ただし、決めるのはお前だ!
誰かに合わせることなく、自分の行きたい航路(みち)を行け!!
 
140317_sol08.jpg

 
よしだ教頭「この学校では、まだ受験を頑張っている生徒がいます。最後の最後まで頑張ってほしいと思います!」
 
校長&教頭「頑張れ!!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
140317_fax01.jpg
RN 智薪

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
あっか( *`ω´) 北海道 18歳 女
なきむしミルクチョコ 長崎県 18歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 パラレルスペック / ゲスの極み乙女。
22:25 楓 / スピッツ
22:48 Sweet Dreams / BIGMAMA
23:11 China / The SALOVERS
23:20 ワンルーム・ディスコ / Perfume
23:44 One / androp
23:48 革命 / 黒木渚
23:53 In My Life / SALU
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
これはキタよ!
4月からもどこまでも行ったれい!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
合格、おめでとう! この学校の生徒みんなの未来に幸あれ!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita

閃光出たら人生変わった!

今日の閃光アーティストは......
 

nanpa_400300.jpg
 
閃光ライオット2008!最年少ファイナリストバンド!
「THE NAMPA BOYS」!!


 
 
●応募した当時
中学3年生、この年の最年少
長野の片田舎の井の中の蛙だった僕らが、あれよあれよとなぜか
最終審査まで残って、そのときお母さんとケンカしてて(さとりくんが)
お母さんが「頑張ったね。」って言ってくれて、
仲直り出来てある意味人生変わった(笑)
 
●閃光ライオットに出てみて
ステージの上から見た景色は今でも覚えてる。
6千人以上の人の前でやれることなんてめったないし、
でもその時思ったのは“次は自分たちの力でまたやりたい”と思った。
人生変えてしまう力は、僕らじゃなくてお客さんが持ってるんじゃないかって思ってる。
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
自分のやりたい事を貫いて欲しい。
 
★THE NAMPA BOYSプロフィール
2005年結成。
メンバーは小林聡里(vo/g)、田中悠貴(b)、澤柳昌孝(g)、後藤駿(ds)の4名。
全員が1993年生まれで、長野県松本市出身。
中学2年の時、ライヴハウスでの活動を開始し、地元で“洋楽ロックをカヴァーする中学生バンド”として話題を集める。
2008年、第1回“閃光ライオット”に出場、平均年齢15歳の大会最年少のファイナリストとなる。高校卒業を機に上京を果たし、都内で精力的なライヴを展開。
2012年6月にテレビ東京系ドラマ『クローバー』オープニング・テーマに起用された「プランジ」でデビュー。
翌7月、“from 松本”“from 未来”“from ミュージック”の意味合いを込めたミニ・アルバム『froM』を発表。

★閃光ライオット2008の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!


140313_sol01.jpg

 
『 出会いと別れ 』
 
3月は出会いと別れの季節。
実はこのSCHOOL OF LOCK!の中でも出会いと別れがあります。
 
とーやま校長「長年、B組の講師を務めてきたBase Ball Bear先生が3月いっぱいで休講となります」
 
よしだ教頭「もちろん僕達とベボベ先生との関係が切れるわけではないし、なんなら毎月のようにゲスト講師に来てくれたって全然大丈夫」
 
これからも永遠のB組の講師でいてほしい!
 
140313_sol02.jpg

 
とーやま校長「ベボベLOCKS!残りあと2回、とりあえず俺はベボベ先生の声を聴きたい」
 
 
♪ Tabibito In The Dark  / Base Ball Bear
 
 
とーやま校長「掲示板にも突然の報告にたくさんの書き込みが届いてる。とりあえず、来週のベボベLOCKS!でベボベ先生から話があると思うから聴こう!」
 
140313_sol03.jpg


今夜のSCHOOL OF LOCK!は、ゲスト講師に…!
 
赤い公園先生が登場
 
そんな赤い公園先生が昨日リリースしたニューシングル「絶対的な関係」
今夜はその赤い公園先生の曲「絶対的な関係」にちなんで、こんなテーマで授業をお届け!
 
「君の秘密を教えてくれ!なぜなら、オレたちは“絶対的な関係”だから」
 
校長・教頭と生徒は絶対的な関係!
ということで、生徒の人に言えないとっておきの秘密をこっそり二人に教えてもらいました!
 
とーやま校長「大丈夫! 大丈夫! 絶対に、絶対に誰にも言わないから!」
 
140313_sol04.jpg

 
そして生放送教室には、初登場、
赤い公園先生!
 
140313_sol11.jpg
佐藤千明先生(Vox/Key)

 
千明先生「保健体育担当、千明です〜」
 
140313_sol12.jpg
津野米咲先生(Gt/Pf/Cho)

 
米咲先生「進路指導担当、津野米咲です」
 
140313_sol13.jpg
藤本ひかり先生(Ba)

 
ひかり先生「給食担当、藤本ひかりです!」
 
140313_sol14.jpg
歌川菜穂先生(Dr/Cho)


菜穂「数学担当、サイン、コサイン、タン・・・間違えた、歌川菜穂です!」
 
とーやま校長「いつ打ち合わせしたの!?」
 
千明先生「アドリブですよ〜!(笑)」
 
米咲先生「あざとい…(笑)」
 
本日はみなさん、バンドの衣装を着て来校してくれました!
よろしくお願いします!!
 
140313_sol06.jpg

 
とーやま校長「みんなSCHOOL OF LOCK!の元生徒だって聞いたんだけど…」
 
千明先生「私は閃光ライオットに行きました!」
 
なんと千明先生は、『閃光ライオット2010』に参加していた!
 
千明先生「私からしたら、かの有名なとーやま校長ですよ!」
 
とーやま校長「マジ!? サンキュ〜!」
 
千明先生「阿部真央さんが好きで行ったんですけど、そこでTHE米騒動さんにタマシイぶち抜かれました!」
 
とーやま校長「そうなんだ!」
 
他のメンバーも先代のやましげ元校長、マンボウやしろ元教頭時代から授業を聴いてくれていたそう!
ありがとうございます!!
 
140313_sol05.jpg

 
とーやま校長「昨日の生放送教室に、ねごとがきたんだけど、仲良いんだよね?」
 
赤い公園先生「仲良しです〜!」
 
そう! ねごとと赤い公園はすごい仲が良いバンド仲間!
特にねごとの幸子ちゃんは、千明先生の“アンパンマンのモノマネ”が大好きだそう!
 
生放送教室でも、披露してもらったのですが、メチャクチャ上手い!!
 
140313_sol07.jpg

 
そんな赤い公園先生は、昨日シングル「絶対的な関係/きっかけ/遠く遠く」がリリースされたました!
おめでとうございます!!
 
とーやま校長「『絶対的な関係』勢いすごくないですか? 音がガンガンじゃないですか。ブリブリしていて、“今年は爆発しちゃうよ”って衝動があると思うんだけど!」
 
千明先生「嬉しい〜! でもその衝動が100秒で終わっちゃうんですけどね」
 
とーやま校長「それが良いんじゃない? 潔い!!」
 
菜穂先生「校長先生からお褒めの言葉が!」
 
とーやま校長「それに、今回3曲あるじゃないですか。でもこの3曲を聞いても、赤い公園がどういうバンドなのか一言じゃ言えない。同じバンドがやっている曲には思えないし。だからもっと知りたい、深いところまでいきたいって思うアーティストだよ」
 
米咲先生「言葉にならないモノを伝えたくて、音楽やってますから!」
 
菜穂先生「おっ! カッコイイ〜!」
 
とーやま校長「なるほどね! 俺も言葉にならないけど、それで全然良いってことなのかな?」
 
米咲先生「全然良いっす! ありがたいっす!!」
 
 
♪ 絶対的な関係 / 赤い公園
 
 
140313_sol15.jpg

 
そして、今回のサウンドプロデューサーはあの亀田誠治師匠!
 
とーやま校長「どうだった? 亀田師匠のプロデュースは?」
 
千明先生「師匠は本当に赤い公園の師匠でした!」
 
ひかり先生「なんか、お母さんみたいな存在でした!」
 
米咲先生「ずっとそばで録音作業を見てたんですけど、本当に直感を大事にされる方で、“これサイコー!”って自分のテンションが上がる事に対して素直な方だなって思いました」
 
とーやま校長「絶対的な関係って言葉でまず浮かんだのは、今回の“演奏する側とプロデュースする側の関係”なんだけど…」
 
米咲先生「そうですね。エンジニアだったりとかマネージャーだったりとか、お客さんとの関係でも、それは絶対的な関係ですね」
 
千明先生「絶対的な信頼がないと出来ないもんね」
 
とーやま校長「じゃあメンバー間にも絶対的な関係があるってこと?」
 
米咲先生「それは…無いですね!」
 
とーやま校長「何、どういうこと!? 嫌いなの?」
 
米咲先生「相性で言ったら、100のうち350くらい好きなんですけど…キライみたいな(笑)」
 
とーやま校長「うん。キミ達、面白い!」
 
よしだ教頭「ここに来てからずっと面白い! 俺は、やっぱり4人の間には“絶対的な関係”があると思うな」
 
米咲先生「それはおいおい見つけていくということで…」
 
千明先生「せやでぇ、ホンマに〜!(倖田來未さん風)」
 
とーやま校長「くぅちゃん!?」
 
よしだ教頭「ちょくちょくネタを挟まないで下さい!」
 
140313_sol08.jpg

 
ここからは、本日の授業「君の秘密を教えてくれ!なぜなら、オレたちは“絶対的な関係”だから」を開催!
生徒から届けられたメッセージをこっそり教えてもらいました!
 
なつみかん 愛知県 16歳 女
 
とーやま校長「最初に聴くけど、俺達絶対的な関係でいいよな?」
 
なつみかん「そう、ですね…(笑)」
 
菜穂先生「困ってるね(笑)」
 
とーやま校長「そんな事ないよな、早速だけどお前の秘密をこっそり教えてくれ…!」
 
なつみかん「実は私、同じバンドのメンバーに恋しちゃいました…!」
 
10月ごろに、男子4人とRN なつみかんで5人組バンドを結成したそう!
そして11月ごろからギターボーカル担当の男子を好きになってしまったとのこと…!!
 
なつみかん「今月末に初ライブがあるんですけど、想いを伝える伝えないでモヤモヤしていて、とりあえずバンドメンバーに相談しようかなぁ…と」
 
まだ誰にも言っていないが、おそらくバンドメンバー以外の周囲の人間は気づいてるみたい…。
 
とーやま校長「これはどうですか? 伝えたほうがいいんですか?」
 
米咲先生「ライブ中に伝えればいいんじゃない?」
 
ひかり先生「それか、“私こういう曲を書きたい”って言って譜面に想いを書いちゃうとか」
 
RN なつみかんの好きな子は、普段は寡黙だけど、時々、面白い冗談を言ってくれたり、
相談にも親身になって聞いてくれる真面目な人らしい。
 
米咲先生「じゃあ、ライブ中に言われるのは恥ずかしくて嫌かもね。私に案がある!
3月末のライブを成功させて、終わった後にメールとかで“今日はお疲れ様”から深い話をしてみて、もっと親密な関係になるところから始めてみるのは?」

140313_sol22.jpg

 
千明先生「やっぱりライブでビートを刻むじゃないですか。その後で“これからは2人のビートを刻まない?”って言ってみる!」
 
なつみかん「…………(汗)」
 
よしだ教頭「一案ね! “こういったものもあるよ”って事だから!」
 
少しおちゃらけて言うのもアリかも!
 
米咲先生「でもバンドって所詮他人の集まりだから。いつまで続くかわからないって考えて、思い切って言うのが一番だと思います!」
 
とーやま校長「そうだな、伝えるのが一番だよな」
 
なつみかん「そうですね、伝えたいって想いが溢れたら、言いたいと思います…!」
 
菜穂先生「頑張れ〜!!」
 
140313_sol10.jpg

 
続いての生徒は…
 
ILY@556 大阪府 15歳 女
 
とーやま校長「絶対的な関係の俺達に、ILYの秘密、こっそり教えてくれ…!」
 
ILY@556「友達の恋を応援するって言ったのに自分も好きになっちゃっいました」
 
菜穂先生「これは少女マンガの王道パターンですよ!」
 
同じクラスの友達と、その友達の好きな人をくっつけようと恋のキューピットになろうと思った、RN ILY@556!
しかし気づいたら、同じ人をすきになってしまったそう……!
 
とーやま校長「なんかきっかけはあったの?」
 
ILY@556「友達がその人の良い所を言ってて、それが見えてしまって…。“いいな”って思ったんです」
 
米咲先生「誰も悪くないもんね…。でも今更言えないよね」
 
しかも、RN ILY@556は今、中学3年生で明日が卒業式!!
4月からはバラバラになってしまうそう…!
 
ILY@556「友達がその人に告白しようと思ってるらしくて、どうしようかなって…」
 
菜穂先生「でも明日が終わったら、もう会えないんですよね?」
 
ILY@556「はい」
 
140313_sol16.jpg

 
友達を応援したいけど、応援できない複雑な気持ち。
千明先生にアドバイスをお願いしました!
 
千明先生「千明先生はダメなので…くぅちゃんを呼びます!…もしもし、ILY? くぅだけどぉ!(倖田來未さん風)」
 
ILY@556「は、はい!」
 
千明先生「その好きな人はどれだけ好きなん!?」
 
ILY@556「本当に…好きです!」
 
千明先生「じゃあ、友達が告白するを待ちなさい。そして、友達の告白が終わった後だったら、もう友達関係ないから告白しちゃいなさい!」
 
米咲先生「たしかに、告白するまでの応援だと思う」
 
友達が告白するまでは、ちゃんと応援する。
その後はもう関係ないから自分の気持ちを伝えようと言ってくれました。
 
米咲先生「それに学校を卒業して思ったけど、制服を着ていた時の思い出は一つでも多いほうがいい!! 明日しかないから、もし友達が告白しなくても自分の気持ちを伝える事が誠実なんじゃないかな。
 
ILY@556「はい、とりあえず最後まで友達を応援して、伝えることができたら、自分の気持ちを伝えたいと思います」
 
 
♪ きっかけ / 赤い公園
 
 
140313_sol17.jpg

 
とーやま校長「この曲はすごい内へ内へ進んでいく曲ですね」
 
米咲先生「そうですね、どんなに諦めそうになっても、小さなきっかけってあります。これは“明日が燃えるゴミの日だから、生き延びてゆける”歌なんです。“毎日は小さな灯火だらけだね”ということで」
 
とーやま校長「周りにはずっとあるのに、それが見えなくなる時間のほうが多くなりがちですもんね」
 
米咲先生「“もうダメ”って時にそういうモノが見えるです。それに頼って命綱になって戻ってこれるんです」
 
とーやま校長「だから、めちゃくちゃ前向きな曲なんですよね」
 
米咲先生「ありがとうございます!」
 
それでは黒板の時間です!
 
140313_sol18.jpg

 
本日は千明先生に書いてもらいます!
 
140313_sol21.jpg

 
『 秘密は、魅力的 』
 
あの秘密って抱えると罪悪感を感じる
でも全部知ると面白くないですよね。
 
今、聴いている人は私がどんな顔なのかなって思うように、。
そんなふうに、“この人は私の知らないどんなモノを持ってるんだろう”って想像するじゃないですか。
 
秘密は想像力をかき立てる、魅力の一部かなと思います。
 
140313_sol19.jpg

 
とーやま校長「今日の2時間、時間が足りなかったよ!」
 
千明先生「もう1回喋らせてください〜!」
 
ひかり先生「これは、残りは秘密ってことだね!」
 
米咲先生「いやいや! また来校させてください!」
 
140313_sol20.jpg

 
赤い公園先生、本日は来校ありがとうございました!!
ぜひ、また来てください!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

20140313_fax01.jpg
RN オズの魔女

 
20140313_fax02.jpg
RN 春紫苑

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ILY@556 大阪府 15歳 女
なつみかん 愛知県 16歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:02 Tabibito In The Dark / Base Ball Bear
22:11 カウンター / 赤い公園
22:25 ひだまり / ゆず
22:38 絶対的な関係 / 赤い公園
22:50 絶対的な関係 / 赤い公園
23:10  THIRTEEN / THE NAMPA BOYS
23:25 虹を待つ人 / BUMP OF CHICKEN
23:41 きっかけ / 赤い公園
23:49 絶対的な関係 / 赤い公園
23:51 風が知ってる / 赤い公園
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
音楽かっけえし、おもしれえし、赤い公園最高だよ!!
これはまた来なきゃダメだね!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
赤い公園先生、四者四様で素敵! 魅力的! 絶対的!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita

閃光出たら人生変わった!

〆切間近!閃光ライオット2014出場者募集!
まだ間に合う!賞金100万円をその手で勝ち取れ! SCHOOL OF LOCK!では、
閃光ライオット2014の挑戦者を大募集中!
〆切まであと2週間!閃光ライオット2014強化WEEKとして特別企画を発動!
その名も!「閃光出たら人生変わった...!」 過去に出場した閃光アーティストで、現在、日本の音楽シーンで活躍しているヤツらが日替わりで登場! 閃光ライオットの想い出を語りつつ、人生が変わったという証言をオンエア!
 
今日の閃光アーティストは......
 

140312_negoto300400.jpg
 
閃光ライオット2008!審査委員特別賞受賞バンド!
「ねごと」!!


 
●応募したきっかけ
高校3年生だったので、思い出づくりのために応募しました。
オリジナル曲はなかったので閃光ライオットに出るために作ったんです。
 
●閃光ライオットに出て変わったこと
東京ビッグサイトの景色が忘れられなくて、みんながうちわを振ってくれていたのが海みたいでした。
それまで自分達の曲を披露する場がなかったんですけど、自分達の曲を知ってる人が観てくれているっていうのが不思議な感じがしました。
 
あの景色をもう一度見たくて、今もやっています。
 
●今年の閃光ライオットに出る生徒にアドバイス
とにかくチャレンジしてほしいです。振り返ると高校生の私達だってこうなるって思ってなかったので。
人生は選択の連続だから、人生を懸ける方に行ってほしいなって思います。

★ねごとプロフィール
 
高校最後の想い出に…と挑戦した「閃光ライオット2008」で審査員特別賞をかっさらったガールズバンド!

★閃光ライオット2008の写真はコチラ!
★auスマートパスで閃光ライオットの昨年の模様を観る
PCの生徒はコチラ!
スマートフォンの生徒はコチラ!

140312_sol01.jpg

 
『 かじかじ 』

RN かじかじは、今週の月曜日に、一度電話をした生徒。
月曜は電話に出てくれなかったんだけど…届いたメールには、今日の昼から大阪から自転車で、この教室がある半蔵門に向かうって書いてくれていた。
 
とーやま校長「ちょっと心配だから……もしもし?」
 
かじかじ 男 大阪府 19歳
 
かじかじ「かじかじです!」
 
とーやま校長「やっと声が聞けたよ! 一昨日は何してた?」
 
かじかじ「バイトしてました!!」
 
今、RN かじかじがいるのは三重県・亀山市だそう。
 
かじかじ「大阪から8時間走りましたね」
 
距離にして170km! 大阪・奈良・三重を走ってきたそう!
 
よしだ教頭「宿はどうしてるの?」
 
かじかじ「今から探すか、夜通し走ろうと思ってます!」
 
よしだ教頭「大丈夫なの!?」
 
かじかじ「さっき1時間くらい山道を走ってメンタル鍛えられたので、もう行けそうです!」
 
とーやま校長「なんで、この半蔵門を目指そうと思ったの? 中学、高校と親が決めた学校に行ってました。そこで大事な友達はできたんですけど、いつも先生とぶつかっていてイライラしていたんです。
でもいつも、SCHOOL OF LOCK!を夜10時に聴いていたら、刺激になる言葉があって、落ち着いていられたんです。だから感謝しているんです。その感謝の気持ちを態度で示したいので半蔵門に行きたいと思いました!!」
 
半蔵門への到着は、明日の夜を予定しているそう!
 
とーやま校長「そうか! 今19歳なんだよね?」
 
かじかじ「明日で20歳になります」
 
とーやま校長「おお! じゃあ…OK! 大人だし! 会いに来ることを許可します!」
 
よしだ教頭「ただし、安全運転で無理はするな!」
 
とーやま校長「半蔵門で会った時に初めて、誕生日おめでとうを言う! 待ってるぞ!!」
 
気をつけて来るんだぞ!
 
140312_sol02.jpg

 
今夜の生放送教室には。
 
ねごとが登場!
 
久しぶりに、我が校の仲間が帰ってきてくれました!
 
去年の6月まで、この学校のスマホLOCKS!を担当してくれていたねごと!
「もっと種をまいて、もっと花を咲かせたい!」
そう言ってこの学校を旅立ってから、およそ8ヶ月!
 
まだ、旅の途中なんだけれども、そこで見つけた、新しい“花”を、今日、持ってきてくれました!
それが、本日リリースのミニアルバム『“Z”OOM 』
 
そんな今夜は、生徒のみんなからも、ねごとへの“お口ポカーン報告”!
去年の7月から今日までの間に起きたこと、変わった事、みんなが“ねごと”に報告したい事を教えてもらいました!
『“Z”OOM 』を手に入れた生徒も聞かせもらいました!
 
生放送教室には…!
 
140312_sol03.jpg

 
ねごと登場!!!
 
幸子ちゃん「帰ってこれて嬉しい〜!」
 
校長&教頭「久しぶり〜!!」
 
140312_sol41_2.jpg
蒼山幸子ちゃん(Vo&Key)

 
140312_sol42_3.jpg
沙田瑞紀ちゃん(G&Cho)

 
140312_sol44_2.jpg
藤咲佑ちゃん(B&Cho)
 
 
140312_sol43_2.jpg
澤村小夜子ちゃん(Dr&Cho)

 
今日はアルバム収録曲『真夜中のアンセム』のPVの衣装で着てくれました!
 
140312_sol05_2.jpg

 
そして、なんと今日はみずきちゃんお誕生日! おめでとう〜!!
とーやま校長からはお菓子のプレゼントがありました!
 
140312_sol20.jpg

 
とーやま校長「去年の7月からの8ヶ月どうだったの?」
 
小夜子ちゃん「ずっと寝てましたね〜」
 
よしだ教頭「嘘付け!!」
 
幸子ちゃん「去年の春に全員大学を卒業したので、ミュージック社会人になって、音楽に100%使える時間ができたので、この8ヶ月は色んな経験をさせてもらいましたね!」
 
とーやま校長「じゃあ音楽に対する向き合い方も変わった?」
 
幸子ちゃん「はい、本当の意味で“音楽してるぜ!”って感じです」
 
瑞紀ちゃん「何をしていても、すごく楽しくて、スタジオ入っても、レコーディングしていても楽しいです!」
 
佑ちゃん「8ヶ月冬眠期間だったんですけど、ねごと爆発してる感じでした!」
 
140312_sol06.jpg

 
そして、セカンドミニアルバム『“Z”OOM 』が今日発売!!
買ったという生徒からたくさんの感想が届いています!

ねごと!
スマホLOCKS!で会えなくなって今日まで長いような短いような… でも、今日がホントに楽しみです!"Z"oom今聴きながらこれ書いてます!真夜中のアンセムからはじまって…1曲1曲のギャップがあって心が掴まれて離れないっ!! 初回盤買ったので、DVDも楽しみです♪ 歌詞カードやケース、ディスクにいたるまで、今までのポップで可愛い感じから幻想的かつオトナっぽくなってて新しいねごとが見られた気がします!!(*´∀`*) ホント大好きです!ねごと最高ーーっ!
海ナシ県のまぐろ
女/17/長野県
2014/03/12 14:42



幸子ちゃん「さんきゅ〜!」
 
小夜子ちゃん「何も間違ってなくて嬉しいな…涙が出そう」
 
140312_sol08.jpg

 

Zoom
昨日フラゲしてきて聴きました! 確かに、新モード全開ですね。 曲も少し大人っぽくてカッコいいです。 こんなカッコいい女性たちがいるんですね。 ますますねごとの深さにはまりました。ストリングスいれたのって初めてでは? これからも変化・進化し続けていって下さい!
font-weight:bold;初列風切羽
男/15/兵庫県
2014/03/12 22:13



瑞紀ちゃん「あれま!!」
 
とーやま校長「あれまって!(笑) 確かに新しい感じがするんだよね」
 
140312_sol07.jpg

 
幸子ちゃん「そうですね! 本当は言葉するよりも聴いてほしいんですけど、今回のアルバムは自分達の衝動を封じ込めた物になっていて、歌詞をそれぞれが書いてるんです。みんながハングリー精神で、ライフしている、生き物みたいな感じが今回の作品です」
 
瑞紀ちゃん「“今のねごと真空パック状態”みたいな!………ごめん嘘(笑)」
 
幸子ちゃん「嘘じゃないでしょ!(笑)」
 
 
♪ 真夜中のアンセム / ねごと
 
 
とーやま校長「さっきも言ってたけど、今回は今までのねごとの先を行ってるし、別の新しいねごとを模索している部分もこの6曲の中に入っている。フルアルバム並の顔の表情や、音の感じが変わってるなって思う」
 
小夜子ちゃん「サードに向けてのアルバムなので!」
 
幸子ちゃん「ずっと聴いてくれてきた人には、“ねごと、変わった! でも大事な部分は変わってない。やっぱりねごとだ!”って思うじゃないでしょうか。
新しく聴いてくれた生徒は“ライブに行きたい”って思うんじゃないかな。すごいバンド感があるので、日常で“動き出したい!”ってワクワクする作品になってます!」
 
140312_sol04.jpg

 
ここからは、生徒のみんなからもねごとへの“お口ポカーン報告”を聞かせてもらいました!
まずは届いた報告の書き込みを紹介!
 

ねごとちゃん♪
まさかのまさかの、さっき告られました!今までに2回告られたのですが2回とも断ってきたんです。けれど話してるうちにだんだん好きになっていってついにOKしました(*^^*)相手はわたしのことを2年間も好きでいてくれていて一途なところが大好きです?
あつみさ
女/16/長野県
2014/03/12 22:25



全員「ええーーーー!!」
 
よしだ教頭「相手の男の子が諦めずに、3回目に行ったんですね!」
 
瑞紀ちゃん「実ったんだね」
 
よしだ教頭「これは片想いやつは俄然、勇気が湧くね!」
 
佑ちゃん「おめでとう!」
 
140312_sol12.jpg

 

行ってくるねー
これからタイに行ってきます。観光ではなく村に行って電気もガスもない昔の日本の様な暮らしを体験してきます(*^^*)知らない人と行くので、人見知りな私の修行も兼ねてます!楽しみ1割と不安9割だけどきっと大人になって帰ってくるぞー
はんなちゃん
女/18/宮城県
2014/03/12 10:12



 
ねごと「すごい〜!!」
 
小夜子ちゃん「カッコいいな〜!」
 
幸子ちゃん「驚きすぎて、“ポカ〜ン”って押せなかった…(笑)」
 

140312_sol11.jpg

 
続いては電話で直接、“お口ポカーン報告”をしてもらいました!
 
ちびゆん 長野県 17歳 女
 
RN ちびゆんは、前回のアルバム『5』を持ってねごとが来校してくれた時、逆電した生徒!
もちろん今回のアルバム『“Z”OOM 』もフラゲしたそう!
 
ちびゆん「ずっとリピートしてるんですけど、全然飽きなくて。一曲一曲に色があって、カラフルで、早くライブで聴きたいです!」
 
ねごと「ありがとう〜!!」
 
とーやま校長「じゃあ、ちびゆんの“お口ポカーン報告”聞かせてもらっていい?」
 
ちびゆん「はい、大学受験で第一志望以外は落ちました…」
 
とーやま校長「え!? ということは・・・?」
 
ちびゆん「第一志望だけ合格しました!」
 
全員「すご〜い!!」
 
合格発表の時期、受けた大学がどんどん不合格になっていき、諦めかけていた。
 
ちびゆん「これじゃ、第一志望もダメだなって思ってたら、“合格してる〜!”ってなって!」
 
全員「わぁ〜!!」
 
ちびゆん「ミラクルだ」
 
以前逆電した時はまだ高2だった RN ちびゆん。
高3になって受験生になったが、部活も頑張り、満足のいく結果を残せたそう。
 
ちびゆん「それで、元々病気だった母が亡くなってしまって、“これから頑張れるのかな”って思ってたんです…」
 
お母さんは“行きたい大学に行きなさい”と背中を押してくれたそう。
 
ちびゆん「だからこれは絶対に入らないといけないって思って頑張りました」
 
幸子ちゃん「すごい…強いね。お母さんという大切な存在を亡くした事って私達じゃわからない悲しい気持ちがあったと思うんです。
でも、今聴いているちびゆんちゃんの声はたくましくて、明るい。そういう明るい心があったから、お母さんとの夢の大学に合格したんだと思います」
 
とーやま校長「お母さんと一緒に頑張ったんだ。そしてお母さんが導いてくれたんだよ! これは“ポカーン”だよ!」
 
瑞紀ちゃん「“ポカーン”を通り越しちゃったよ…!」
 
幸子ちゃん「ぜひ、ちびゆんちゃんもライブに来てください。招待します!」
 
ちびゆん「本当ですか!?」
 
140312_sol09.jpg

 
佑ちゃん「東京来れる?」
 
ちびゆん「はい! 4月から東京で暮らします!」
 
幸子ちゃん「ぜひ来てください!」
 
とーやま校長「よかったな!」
 
ちびゆん「はい!!!」
 
佑ちゃん「待ってるよ〜!」
 
それでは黒板の時間です!
本日はねごとの幸子ちゃんに書いてもらいました!
 
140312_sol30.jpg

 
『 生きてる! 』
 
140312_sol31.jpg

 
今回のアルバムは聴いてもらうと、本当に“生きている”事を感じると思います。
 
生きているから、風も来るし、嵐も来るし、それを避けられない。
それでも“楽しい事があるから”って思って生きてく。
 
それがこの音楽に込められています。
 
だから生徒のみんなもこの『“Z”OOM 』を聴いて、
“毎日を楽しもう!”と思ってほしいです!
 
140312_sol32.jpg

 
 
140312_sol33.jpg

 
ねごとのみんな、本日はありがとうございました!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140313_fax01.jpg
RN second world

 
140313_fax02.jpg
RN 諸々。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ちびゆん 長野県 17歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:08 ラストワン / BUMP OF CHICKEN
22:29 ドラゴン気取りのティーンネイジ・ブルース / 涼 the graduater
22:41 真夜中のアンセム / ねごと
22:48 Dreamin' / ねごと
23:10 ループ / ねごと
23:25 僕はここにいる / flumpool
23:37 迷宮ラブレター / ねごと
23:46 勲章 / ねごと
23:51 風惹かれ / ねごと
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ねごとはいいぞ〜。
話してて楽しいし、何より音楽がとてもかっこいい。
ねごとはいいぞ〜。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ねごとが帰ってきた!
でっかく、かっこよく、よりかわいくなって!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140311_sol02.jpg

 
2014年3月11日
東日本大震災から3年。
 
“未来の鍵”を握る学校、SCHOOL OF LOCK!。
今夜は、生徒みんなと一緒に未来の授業をしていきました。
 
これから先、みんながどんな未来を生きていくのか、震災から3年経った今でも分からないことがたくさんあります。
正直、大人たちだって、何も分かっていない状態。
でも、10年後、20年後、30年後。
日本の真ん中にいるのは生徒のみんなです。
 
とーやま校長「俺達は東北の問題を避けて、未来を迎えることはできない。『東北の未来は、日本の未来』 」
 
140311_sol01.jpg

 
『 未来と今 』
 
とーやま校長「東北の未来は、この国の未来の鍵はこれを聴いている10代のみんなが握っています」
 
よしだ教頭「格好つけているわけではなくて、これは事実です」
 
とーやま校長「未来なんてものはいつだって見えることはない。でも、見たい未来を描いて、今を生きることはできる」
 
そして未来を変える鍵は、“今”という時間にしかない。
今回は、東北の“今”を知るために、生徒に協力してもらいました。
 
それが、SCHOOL OF LOCK!未来新聞
 
東北の生徒に、震災から3年を迎えて今考えていること、感じていることを記事にしてもらいました。
震災の記憶や、今抱えている不安や不満、未来に向けて思っていること……
あれから3年が経った今、これまでどうしても聞けなかった話を、みんなに聞かせてもらいました。
 
このお願いに応えて、記事を書いてくれた生徒のみんな、本当にありがとう。
 
そんな、みんなの想いを集めた、
『SCHOOL OF LOCK! 未来新聞 2014年3月11日号』
 
今夜から発行!
この学校のWEBサイトに公開しました。
 
140311_sol03.jpg
 
 
今夜の授業は、届いたこの記事を時間の限り紹介。
2人が電波に乗せて、“東北の今”を全国に届けました。
そして記事を書いてくれた生徒に直接、話を聞きました。
 
140311_sol04.jpg

 
まず声を聞かせてもらったのはこの生徒。
 
エゴイスト 岩手県 18歳 男
 
とーやま校長「久しぶりだね! ちょうど一年ぶりだな」
 
エゴイスト「そうですね」
 
一年前、とーやま校長とよしだ教頭は、岩手県、陸前高田で4人の生徒に会いました。
その中の一人、RN エゴイスト。会った当時は高校2年生。
 
とーやま校長「一年前はお前の美声を聴かせてもらったんだよね。BUMP先生の『ゼロ』を歌ってくれて。ありがとな」
 
エゴイスト「いえいえ…(笑)」
 
今年、エゴイストは高校の卒業式を迎えたそう。
 
エゴイスト「野球部なんで無茶振りをされて…!」
 
とーやま校長「それは盛り上がったの?(笑)」
 
エゴイスト「まあ、なんとか…(笑)」
 
とーやま校長「震災から3年目だけど、今日はどんなことを思ってた?」
 
エゴイスト「震災3年目ってことは、親が亡くなって3年目って事なので、ずっと親の事を考えていました」
 
とーやま校長「去年も会って、お前の気持ちを色々聞かせてもらったけど、あれから変わった事もある?」
 
エゴイスト「心境的には変わってきてないんですけど、親への感謝の面は強くなっていますね。中学3年生までは、親の教育があって色々ぶつかってきて、ろくに手伝いもしてなかったです。でも今思うと、親とのケンカが今の自分って作っているんだなって思っています」
 
とーやま校長「そうか…改めて、10代のやつらだけじゃなくて、今この授業を聴いてるたくさんの方に、みんなに伝えたい事あるか? 話してほしいんだけど良いかな?」
 
エゴイスト「はい。僕は震災当日、親への最後の言葉が“行ってきます”でした。それが最後の“行ってきます”になりました。すごい悲しくて、今更感謝している事に気づいて、“ありがとう”も言えなくて後悔しています。
これから関東でも地震が起こるって言われてます。家族、友達、恋人、そばにいる人達にありがとうを言ってほしいです。どのありがとうが最後になってもいいように、いっぱい言ってもらいたいです」
 
とーやま校長「そうだな。俺はそうしてくよ。ありがとう! 4月からも楽しんでいけよ」
 
エゴイスト「はい!」
 
140311_sol05.jpg

 
生放送教室には生徒から、震災について自分が思った事、未来新聞を読んだ感想を書いてくれた書き込みがたくさん届きました。

未来新聞
読みました。3月11日、絶対にこの日を忘れてはいけないと強く思いました。普段ここで見ていたRNの生徒さん達が、こんな状況で、こんな思いでいたなんて。可哀想じゃなくて、他人事じゃなくて、上手く言えないけど、忘れちゃいけないしこれからの教訓にしなきゃって思いました。
雨降る青空
女/15/山口県
2014/03/11 22:24


地震。津波。
私が住んでいる所は岩手県盛岡市で、津波の被害はありませんでしたが地震がありました。地震が来たとき、ただ泣く事しか出来ませんでした。電話で家族皆無事だと分かりました。私の家族みんな無事で良かったと心から思いました。 中1からいじめられて中2から私は不登校になって、3.11の事は忘れて、「死にたい」「消えたい」とか思っていました。でも今日3.11を思い出して、自分自身と向き合って決めたんです。「なに負けちゃってんだ。私こんな弱くないでしょ!まだ闘える。大丈夫だ。」って思えたんです。 木曜日、学校行ってきます! 中1行けてたんで、中2ラスト頑張ります! 中3なるの怖いけど、中3も頑張ります!
月神 めい
女/14/岩手県
2014/03/11 23:06



とーやま校長「みんな、色んな事を思っている。何が良いとか悪いとかは無い。お前が思っている事が正しい。その想いをちゃんと未来に持って行く事で、SCHOOL OF LOCK!未来新聞は完成となる」
 
『東北の未来は、日本の未来』
今回の事をきっかけに、自分の未来について考えてほしい。
 
140311_sol06_2.jpg

 
引き続き、未来新聞に掲載された記事を紹介していきました。
その中で今度は、中学校の卒業式に震災に遭ったというこの生徒に逆電をしました。
 
バイ・マイ・サイ 福島県 18歳 女
 
震災の被害のため、県内の4箇所の施設に臨時の教室を借りて始まった高校生活。
その高校生活を先日、卒業したという RN バイ・マイ・サイ。
 
とーやま校長「どうだった卒業式は?」
 
バイ・マイ・サイ「本当は本校舎で卒業式を迎えたかったんですけど、間借りした大学の体育館で卒業式をやりました」
 
とーやま校長「友達とはどんな話をしたの?」
 
バイ・マイ・サイ「“やっぱり防護服を着てでもいいから、本校舎で授業をしたかったね”って話しました」
 
RN バイ・マイ・サイは今日、南相馬に住むおばあちゃんの家と、震災で亡くなってしまった親戚の家にお線香を上げるため訪れた。
その後、警戒区域内にある、自分達の家に行き黙祷をしたそう。
 
とーやま校長「おばあちゃんとはどんな話をしたの?」
 
バイ・マイ・サイ「春から一人暮らしするので料理の話をしました!」
 
よしだ教頭「料理教えてくれた?」
 
バイ・マイ・サイ「はい。煮物料理を教えてもらいました」
 
他にも震災の事について、おばあちゃんと話をしたそう。
 
バイ・マイ・サイ「おばあちゃんが“命は一つしかないんだから”って言葉が心にきました…」
 
今、RN バイ・マイ・サイの家族は、新しい家を建てた。
今まで、おじいちゃん・おばあちゃんとは、警戒区をはさんで離れ離れだったので、家族で一つの家で暮らしたいという事になった。
 
バイ・マイ・サイ「家族内では、新しい家が建ってからは、新しい家のことばっかり話していてます。“あれをしよう”“これをしてみよう”とかを話しています!」
 
とーやま校長「楽しい感じでよかった…!」
 
将来は高校の先生になりたいという、RN バイ・マイ・サイ。
4月からは大学進学のため、福島を離れるという。
 
バイ・マイ・サイ「震災の時に、高校の先生にお世話になったんです。先生自身も被災された方がいたのに、熱心に教えてくれて、生徒の事を一番に考えてくれている姿を見て、なりたいと思いました」
 
とーやま校長「4月から新しい道を進んで先生を目指していく。その先に未来って何か見える?」
 
バイ・マイ・サイ「はい、福島県に戻って先生をやりたいです。福島に残っている子ども達を支えて、命について、放射能についてちゃんと教えていきたいと思っています」
 
とーやま校長「頼むな。ありがとう」
 
最後に黒板の時間。
本日はこの言葉を書きました。
 
140311_sol07.jpg

 
『 みつけたもの 』
 
今回、東北のみんなに伝えてもらった言葉。
たくさんの言葉の中で一つ見つけたものがあります。
 
今まで誰にも言えなかったけど、3年経った今日、人に言えたというやつもいると思う。
 
ずっと一緒に遊んでいた友達、家族を失ったやつが言ってくれた言葉、“ありがとう”
たった5文字なんだけど、ここに色んな“気持ち”が込められていると思う。
 
日本や東北の未来は見えてないけど、自分の未来なら見える。
そう、言ってくれた生徒の言葉にも同じ“気持ち”が込めれられていると思う。
 
“その気持ち”ってなんだろうってずっと考えた。
 
それを見つけるまで、本当に辛い思いをしてきたと思う。
それは無くならないし、ずっと続いていくと思う。
 
でも、今回伝えてくれた生徒は自分で、その気持ち、その言葉を見つけてくれた。
みんなが毎日の生活の中で、必死に生きて“みつけたもの”の名前。
 
これが“希望”なんだと感じました。
 
毎日、苦しい事がいっぱいだし、辛いことばっかりだけど、
希望はここにしかないと思う。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140311_fax01.jpg
RN ヤンマ

 
140311_fax02.jpg
RN second world

 
140311_fax03.jpg
RN グッグル 歩(aruku)

 
140311_fax04.jpg
RN あの日の授業永久保存なサオリ

 
140311_fax05.jpg
RN まゆゆん

 
140311_fax06.jpg
RN 琴美

 
140311_fax07.jpg
RN 紫の踏切

  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
エゴイスト 岩手県 18歳 男
バイ・マイ・サイ 福島県 18歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:11 Two Shot / THE HUMAN BEATS
22:24 TSUKI / 安室奈美恵
22:39 supernova / BUMP OF CHICKEN
22:51 ありがとね / 音速ライン
23:10 深朝 / Base Ball Bear
23:36 僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ / モーモールルギャバン
23:50 NOW / アナログフィッシュ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今日の授業で、また考える事ができた。
思う事ができた。それで良いんだと思う。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
たくさんの記事ありがとう。教えてくれてありがとう。
考えてくれてありがとう。これからも!!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140310_sol01.jpg

 
『 心を身体に刻め 』
 
我が校の卒業LIVEプロジェクト「MY GENERATION2014」!!
 
今回、旅立ちの日に、一生忘れられないであろうライブを届けてくれるのは…
クリープハイプ先生!
 
3月20日(木)東京渋谷のライブハウス「O-nest」で開催!
この春卒業する生徒125組を完全招待!
応募の〆切は本日24時まで!
 
さらにマイジェネに関して大事なお知らせ!
この「MY GENERATION2014」を、“朝日新聞”がサポートしてくれる事が決定!!
そして「MY GENERATION2014」 ライブレポーターを緊急募集!
 
クリープハイプ先生と行う「MY GENERATION2014」に参加して、ライブレポートを書いてくれる生徒を本日より募集します!
生徒が書いてくれたライブレポートは…我が校のサイト!さらに!朝日新聞の別刷りに掲載されるぞ!
 
ライブレポーターは、卒業生じゃなくても参加OK! 友達を誘って参加してOK!
しかも、LIVEに参加するために必要な交通費を完全支給!!
 
応募の〆切は3月14日(金)の24時まで!
詳しい情報はSCHOOL OF LOCK!のサイトにUPしたから今すぐ応募してくれ!
  
140310_sol02.jpg

 
今夜の生放送教室は…
「掲示板逆電」!!
 
夜空に浮かぶ世界で一番大きな学校SCHOOL OF LOCK!
我が校の教室は、君のケータイからつながる“学校掲示板”。
 
今日あった事。今日思ったこと。嬉しかった事。悲しかった事。悔しかった事。
受験の事、ホワイトデーの事。何でも書き込んでもらっています!!
 
今夜は、時間の限り学校掲示板に書き込みしてくれた生徒にいきなり電話していきました!
 
140310_sol03.jpg

 

校長教頭!
高校卒業までに逆電でたいと思ってたけどもう卒業しちゃいましたよ!!どうしてくれるんだ!!笑 …てことで今日も宜しくお願いします(・д・)笑

てぃらみす。
女/18/沖縄県
2014/03/10 16:44



 
Prrr…Prrr…Prrr、ガチャ!
 
てぃらみす。「もしもし?」
 
てぃらみす。 沖縄県 18歳 女
 
とーやま校長「ティラミス!〜!! こんばんわんさ〜! なんくるないさ〜」
 
てぃらみす。「なんくるないさ〜(笑)」
 
よしだ教頭「使い方合ってるの?(笑)」
 
3月1日に卒業したという、RN てぃらみす。!
 
てぃらみす。「みんな泣いていて、とても感動しました…!」
 
よしだ教頭「じゃあ今は、卒業式の余韻の中か〜」
 
4月からは沖縄の大学に通う予定だそう!!
 
とーやま校長「いつからSCHOOL OF LOCK!は聴いてくれてるの?」
 
てぃらみす。「中学3年からです」
 
とーやま校長「じゃあ丸3年くらいか! 聴こうと思ったきっかけは?」
 
てぃらみす。「友達がSCHOOL OF LOCK!のクリアファイルを持っていたんです。それが気になって、友達に教えてもらって自分で調べました!」
 
よしだ教頭「良い広まり方をしてるね!」
 
この3年間、聴いてくれていてありがとう!!
ようやく逆電出来たぞ〜!!
 
とーやま校長「お前の高校3年間は楽しかったと思う! その隣に、近くに俺達がいれたのは嬉しい!! ありがとう!」
 
てぃらみす。「私も嬉しいです。ありがとうございます!」
 
とーやま校長「改めて卒業おめでとう!!」
  
140310_sol04.jpg

 
よしだ教頭が気になったのは、
“今日、東大合格しました”とメールをくれたこの生徒!
 
面白くない関西人 兵庫県 19歳 男
 
とーやま校長「やったね! おめでとう!! さらに初メールもありがとう!! すごいなこの報告は!!!」
 
面白くない関西人「はい」
 
よしだ教頭「これは、まさに今日分かったの?」
 
面白くない関西人「そうです」
 
よしだ教頭「よく落ち着いられるな〜」
 
面白くない関西人「今日はもう、はしゃいじゃったので…(笑)」
 
去年、別の大学を受けて落ちてしまった RN 面白くない関西人。
 
とーやま校長「東大にはいつ行くって決めたの?」
 
面白くない関西人「高1ですね」
 
とーやま校長「じゃあ今までずっと行きたいとは思ってのか。でも去年は別の大学を受けたじゃん。どこから本気で目指そうって思った?」
 
面白くない関西人「去年落ちた時点で受けようって思いました!」
 
よしだ教頭「すげー、去年落ちてから一番上を目指そうと思ったのか! すげぇな!!」
 
とーやま校長「その原動力は何だった?」
 
面白くない関西人「周りに東大に受かった友達がいて、その友達がカッコよかったので」
 
この1年間はあまり遊べないし、自分を律しないといけないので辛かったという、RN 面白くない関西人。
 
よしだ教頭「お前も十分カッコイイよ!!」
 
親や友達からも“おめでとう!!”とたくさん言ってもらったそう!
 
とーやま校長「今、一番したい事はなに?」
 
面白くない関西人「CDたくさん聴きたいですね!」
 
中学2年生からずっと聴いてくれていた、面白くない関西人!!
 
とーやま校長「超嬉しいな! 初めてのメールがこういう報告で嬉しいよ!! やましげ校長とやしろ教頭も喜んでくれてるよ!」
 
改めて、合格おめでとう!!!
 
140310_sol05.jpg

 
続いて、とーやま校長が気になったのは、RN 俺はよしだが大好きだ!宣言からの書き込み!
書き込みの件名は「ごめん!教頭」
 
Prrr…Prrr…Prrr・・・Prrr・・・
 
ピッ
 
ルスバンデンワサービスツナギマス

 
残念、電話に出てもらえず…!
でも、せっかくなので留守電を残していきます!
 
とーやま校長「教頭に謝りたい事があるって書き込み見たんだけど、好きな子ができたんだって?」
 
よしだ教頭「聞いていないよ! え!? 遊びだって事?」
 
とーやま校長「また話を聞かせてもらわないとな〜! じゃあな!」
 
140310_sol06.jpg

 
今度はよしだ教頭が気になった書き込みを紹介!
 

どうしようかな(* ̄∇ ̄)
僕は毎日同じ電車に乗るんですが同じく毎日同じ電車に乗ってくる子がいます、なので僕は惚れてしまいました!!!今中3なので卒業式まであと少しです、それまでに声をかけて仲良くなりたいと思っています!!!!!!!!!男子校なので学生生活で一度あるかないかなのでどうしたらいいか教えてくださいm(__)m
マイケルたかッチ
男/15/東京都
2014/03/10 22:22



とーやま校長「いいじゃない? 気になるな〜!」
 
電話が繋がったので話を聞いていきます!
 
マイケルたかッチ 東京都 15歳 男
 
とーやま校長「まだその子と話したことないんだよね」
 
よしだ教頭「その子の学年とかはわかってるの?」
 
マイケルたかッチ「その子は他校なんですけど、ちょっと年下みたいで。僕は男子校で相手は女子校なので、これはチャンスかなって…」
 
その女の子とは、毎日、同じ電車乗り、同じ駅で降りるているそう!
目が合う事あるので、その女の子も、RN マイケルたかッチの事には気づいているみたい!
 
とーやま校長「一番距離が近かかった時っていつ?」
 
マイケルたかッチ「電車が込んでる時に隣に毎回来る時です」
 
とーやま校長「じゃあ、触れ合ったことはあるの?」
 
マイケルたかッチ「ありますね」
 
とーやま校長「どうだった?」
 
マイケルたかッチ「一日幸せでした…!!」
 
よしだ教頭「この電車止まらなければいいのにって思っちゃうよな〜!」
 
3月下旬に中学を卒業式してしまうと同じ駅で降りられなくなってしまうとのこと。
今のうちに行動を起こしたい! だけど勇気が出なくて、なかなか声を掛けられないそう…。
 
とーやま校長「これは自分を追い詰める材料になる! 今まであいさつもしたこと無かったんだろ?」
 
マイケルたかッチ「はい」
 
よしだ教頭「高校行ってから、やろうと思ってもさ、チャンスは電車の中しかないじゃん。人のいっぱいいる所になっちゃうよ」
 
とーやま校長「これはバカになって行こう! 相手にどう思われてるかは置いておいていい。カッコつけなくて良い! 行ってみろ!!」
 
マイケルたかッチ「わかりました…! 改札口で、挨拶とかしてみて仲良くなってみます!」
 
とーやま校長「目が合ってるんだろ? 向こうも気づいているんだから行ってこい!!」
 
マイケルたかッチ「はい!!」
 
140310_sol07.jpg

 
とーやま校長が次に気になったのはこの書き込み!

明日は!!
休みなので、せっかくだからどっか旅に出ようと考えたわけです(笑) 予定は未定ですが、家に帰る時間だけ決めてあります(心配するからなにも言わないどこ、って思ってね) まぁ、ご飯は考えてあるし、他は心配ないね。
フラウらわん。
女/13/東京都
2014/03/10 21:12


RN フラウらわん。にも電話が繋がったので、話を聞いていきます!!
 
フラウらわん。 東京都 13歳 女
 
とーやま校長「今はどこにいるの?」
 
フラウらわん。部屋です。寝るところでした(汗)
 
とーやま校長「明日はどこに行くか決めてるの?」
 
フラウらわん。まだ決めてないです…
 
とーやま校長「あ! もしかして、親がそばにいるのか? 授業を聴いてる?」
 
フラウらわん。そうです…!
 
とーやま校長「ゴメンな! 聞かれたくないよな〜、極秘だもんな。じゃあ気をつけて行ってこい!」
 
フラウらわん。はい…!
 
電話に出てくれてありがとう!
是非、明日の旅の報告をしてほしい!
 
140310_sol08.jpg

 
最後に逆電をしたのはこの生徒!

校長、教頭、生徒のみなさん。
私今日、告白する予定です。これから(笑)頑張ってきますねー。
もえだいこんセカンド
女/15/神奈川県
2014/03/10 22:44


もえだいこんセカンド 神奈川県 15歳 女
 
もえだいこんセカンド「もえだいこんセカンドです…! 何の逆電ですか!? ちょっと親も聴いてるので…」
 
とーやま校長「お母さんも聴いてるの!?」
 
もえだいこんセカンド「絶対聴いてます!」
 
とーやま校長「1時間前に書き込みしてくれたじゃん。これについては…?」
 
もえだいこんセカンド「それは内緒にしてほしいです!(汗)」
 
BUMP OF CHICKEN先生が好きでSCHOOL OF LOCK!を聴きはじめたと言う、RN もえだいこんセカンド!
 
とーやま校長「この前、生放送教室にBUMP先生が来た時はどうだった?」
 
もえだいこんセカンド「すごい感動しました!」
 
今週の水曜日の発売する「RAY」も予約してフラゲをするそう!!
 
もえだいこんセカンド「もうドキドキしています!!」
 
ここで、せっかくなので、どうしても書き込みについて聴きたい! ということで、お母さんに電波を通じてお願いする事に!
 
とーやま校長「お母さん! 申し訳ないんだけど、お母さんだけラジオのボリュームを下げてもらっていいですか?……下げてくれたかな?」
 
もえだいこんセカンド「わからないですね…」
 
とーやま校長「やっぱり触れないほうがいい?」
 
もえだいこんセカンド「触れないで貰いたいですね(汗)」
 
とーやま校長「OK! ただ俺はちゃんとお前が書き込みをしてくれた事が嬉しい! ホントに応援してるから! もう言った?」
 
もえだいこんセカンド「これからだったんですけど。勇気が無くて…でも今から行きます!」
 
とーやま校長「無理して行かなくてもいいよ、でも気持ちがあるなら行ってこい。変に背伸びせずに行ってこい!」
 
もえだいこんセカンド「はい! 校長、教頭のことも大好きです!!」
 
校長&教頭「ありがとう!!」
 
本日の授業はここまで!
黒板にはこの言葉を書きました!!
 
140310_sol10.jpg

 
『 いつも話している 』
 
今までずっと聴いていて、今日初めて書き込みしてくれたってやつと話してみて思った。
 
掲示板に書き込んでないやつもたくさんいて、俺達の話を聴いて、
“何かをやらなきゃいけない”って動いている。
 
それがもう会話なんだよね。
 
直接話せる人数は限られているけど、
毎日、ちゃんと話せているんだって分かった。
 
だから、これからも話していきます!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140310_fax01.jpg
RN 紫の踏切

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
てぃらみす。 沖縄県 18歳 女
面白くない関西人 兵庫県 19歳 男
マイケルたかッチ 東京都 15歳 男
フラウらわん。 東京都 13歳 女
もえだいこんセカンド 神奈川県 15歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 おやすみ泣き声、さよなら歌姫 / クリープハイプ
22:10 FLY / m-flo + Yoohei Kawakami
22:25 言葉にしたいんだ / 住岡梨奈
22:37 あるがまま / MONGOL800
22:49 青い春 / back number
23:11 微かなカオリ / Perfume
23:36 AM11:00 / HY
23:52 LIFE / フジファブリック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ヒリヒリハラハラドキドキじゃけんのう〜。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今日も、みんなからドキドキをもらった
俺も人をドキドキさせる人間になる!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140306_sol01.jpg

 
とーやま校長「今日は、昨日の授業の続きをさせてほしい!」
 
昨日の生放送教室で、最後に逆電をした RN イチゴポッキー。
中学3年生で、今月の18日に卒業式を控えているのだが、
クラスのみんなにいじめられていて、学校に行くのが辛いと話してくれた。
 
とーやま校長「昨日話をしていて、俺は色んな事を感じたんだけど、イチゴポッキーが前に進むための、言葉を見つけることができなかった…」
 
このRN イチゴポッキーともう一度話をしました。
 
イチゴポッキー 長野県 15歳 女
 
とーやま校長「昨日の授業が終わってからはどうしてた?」
 
イチゴポッキー「終わった後にずっと掲示板を見てました」
 
とーやま校長「どうだった?」
 
イチゴポッキー「こんなに書き込みをくれる人がいるんだってわかって、すごく嬉しかったです」
 
とーやま校長「俺も全部読んで嬉しかった。でも俺は言葉をかけられなくてずっと考えてた。俺は嫌だ、お前が辛い思いをするのが。だから、いじめているやつと距離をとって過ごす方法を探していたけど…そうじゃないんだ」
 
140306_sol03.jpg

 
改めて、とーやま校長が、RN イチゴポッキーに言葉を送ります。
 
とーやま校長「今お前が戦うべき相手はお前自身だ。これから先に色んな事が待ってるけど、そんなやつらにお前の人生は変えられないしそいつらの事で心をすり減らす必要はないんだ。
自分と闘うのは嫌だと思う。自分の嫌な所も全部見なきゃいけないし…。
でも一人で戦うわけじゃない、昨日書き込みをしてくれた全国のみんな、俺達、職員、みんなと一緒に自分と闘うんだ…!俺も弱かった。イチゴポッキーも今まで闘ってきたけど、まだ弱い。ここで闘って強くなればどんなことが高校で会っても乗り越えられる!
だから今、やらなきゃいけない事を黒板に書く!!」
 
140306_sol02.jpg

 
『 卒業式に行け 』
  
イチゴポッキー「はい…!」
 
とーやま校長「まずはここからだ。ここに行って強くなれ! そんなやつらに負けるな! 行ってこい!」
 
イチゴポッキー「ありがとうございます。ホントに嬉しいです…!」
 
 
♪ beautiful glider / BUMP OF CHICKEN
 
 
とーやま校長「伝える事は怖い、どうなるかわからないし。でも何とかなってほしい、幸せになってほしいです。だからこれが俺の言葉です…!」
  
140306_sol05.jpg

 
今夜の生放送教室も2時間、生徒みんなの話を聞いていきました。
 
140306_sol04.jpg

 
まずはこの書き込みをしてくれた生徒の話を聞かせてもらった!

いま
京都にひとりで泊まってます。あした、あさって入試です、、後期になってもまだ進路きまってなくて不安しかありません。絶対むりっていわれたけど諦めきれなくて、担任にはだめって言われたので内緒で受けにきちゃいました、、 (笑) こわいいいいい

じゃみなっくす
女/18/山口県
2014/03/06 19:22



じゃみなっくす 山口県 18歳 女
 
とーやま校長「黙ってきちゃったってどういうこと?」
 
じゃみなっくす「行きたい大学があったんですけど、センター試験が上手くていかなくて。先生からは“行きたい大学は無理だから別の大学を受験した方がいい”って言われて、前期試験は受けなかったんです」
 
しかし、どうしても志望していた大学に行きたくて、担任の先生に内緒で出願届けを出した。
そして今、受験するために京都にいるそう!!
 
とーやま校長「不安って書いてあるけど、何が不安なの?」
 
じゃみなっくす「センター試験の判定も全然良くなくて、受けていいのかなって…」
 
とーやま校長「いやこれは不安でいいよ。不安が無いやつの方が怖いよ。お前一人で山口から来てんだろ? だったらもう先生を驚かせるしかないじゃん!」
 
よしだ教頭「今まで、先生の言う事を否定してきて、勝手に京都に来たんだろ? なのに先生の“無理だ”だけ信じるの? これは最後まで行こうよ!」
 
とーやま校長「やるしかないよ!」
 
じゃみなっくす「…そうですね!」
 
よしだ教頭「ここまでカッコイイよ! 明日からもカッコよく受けよう!!」
 
とーやま校長「そうだよ! ここにきてカッコ悪くなる必要はない。先生に“合格しました!!”ってジャーンと発表しよう!!!」
 
将来はカウンセラーになって、いじめられている子どもの相談に乗りたいという、RN じゃみなっくす。
 
とーやま校長「明日は一人で受けるけど、親が応援している。将来カウンセラーを受ける生徒が応援している。そして黙ってきちゃったけど。担任の先生も応援しているはずだ! 頑張れ!!」
 
じゃみなっくす「ありがとうございました!」
 
140306_sol06_2.jpg

 
ゆーたまん 宮城県 18歳 男
 
ゆーたまん「こんばんは…」
 
とーやま校長「ゆーたまん、どうした?」
 
ゆーたまん「今月の12日に大学の後期試験があるんですけど、モチベーションが上がらなくて…」
 
今日、国立大学の前期試験の結果発表があり、落ちてしまったという RN ゆーたまん。
周りの友達は合格していて、自分も判定が良かったので、ショックだったそう。
 
とーやま校長「落差があるよな…」
 
よしだ教頭「ゆーたまん。とりあえず1回声出せる? 大きい声。呼びかけるからさ。ゆーたまん!!」
 
ゆーたまん「はい」
 
よしだ教頭「もっと出せるだろ? ゆーたまん!!!
 
ゆーたまん「はい」
 
よしだ教頭ゆーたまん!!!!!
 
ゆーたまんはい!!
 
よしだ教頭「よし、とりあえず声を出した事でリングの上に立ったな」
 
小さい声で話していた RN ゆーたまんはリングに上がっていなかったと感じた、よしだ教頭。
大きい声を出させる事でリングの上に来てほしかった。
 
よしだ教頭「受験は問題との闘いだけど、自分との闘いでもあるんだ。周りは関係ないよ。お前はやってきたんだ。ここまで来たんだから闘い抜こう。もったいないよ。合格した友達が待ってるよ」
 
とーやま校長「何より、今まで頑張ってきた自分がに失礼だよ。 自分をがっかりさせたらダメだ」
 
ゆーたまん「はい」
 
よしだ教頭「いいか、ゆーたまん!」
 
ゆーたまん「はい!」
 
よしだ教頭ゆーたまん!!!!!
 
ゆーたまんはい!!
 
よしだ教頭「最後まで闘い抜いてこい!」
 
とーやま校長「俺達が待ってるからな!」
 
よしだ教頭「行ってこい!!」
 
ゆーたまん「行ってきます!!」
  
140306_sol07_2.jpg
RN ゆーたまん、そして受験生のみんな
がんばれ!!!

 
140306_sol08.jpg

 

卒業しました*。
おはようございます。やっっっと、高校を卒業しました。高校生、5年間してました(笑)長かった。前の高校でできなかったことを、通信制でたくさんできた気がします。初めはひとりでもいい、とにかく高校を卒業できればって思いで転入したけど、通信制でも人間関係でたくさん苦しんだけど、通信制での人との出会いは、私にとって人間的に成長させてくれる出会いばかりでした。私が変われたのは、通信制で出会ったみんなのおかげです。先生、友達、先輩。みんな、本当に今までありがとう*゜春から社会人として頑張ります。では、今日もよろしくお願いします(*^^*)

千亜稀
女/20/長野県
2014/03/03 10:58



千亜稀 長野県 20歳 女
 
とーやま校長「まずは卒業おめでとう!!」
 
千亜稀「ありがとうございます!」
 
とーやま校長「長かったか?」
 
千亜稀「はい」
 
以前通っていた高校では、人間関係が上手くいかず、不登校になってしまったという、RN 千亜稀。
2年生に上がる時に通信制の高校に転入を決めた。
 
とーやま校長「それで通信でも色々あったんだよね」
 
千亜稀「はい、最初の1、2年はまた人間関係でゴタゴタしてですけど、それからは友達ができるようになりました。それまではできなかった、“友達と一緒に買い物に行ったり、ご飯を食べてたりする”っていう他愛の事ができるようになりました!」
 
普通の高校では、同世代の人のクラスメイトしか出会えないけど、通信制では色んな世代の人に出会えて勉強になったそう。
 
とーやま校長「人より時間が掛かったけど、それ以上にたくさんもらったね! 同年代の友達もそうだし、年上の友達もそうだ。回り道な気がしても、それは全力で駆け抜ければいいからね。良かったな!」
 
千亜稀「良かったです!!」
 
4月からは、パン屋の販売の仕事をするそう!
 
とーやま校長「どういう事が楽しみ?」
 
千亜稀「不安もあるんですけど、ずっと販売の仕事がしたかったんです。だから頑張って勉強してやりたいです!」
 
とーやま校長「高校生活をちゃんとやってきたんだ。4月からもたくましく生きていけるし、その姿は仕事の先輩も、業者の人も、お客さんも見てて、色んなものをくれると思う。だからお前もちゃんと返していこう! 千亜稀、改めておめでとう! 良いパン売れよ!!」
 
千亜稀「はい!!」
  
140306_sol09.jpg

 
最後は、闘病生活を乗り越えて、4年間の高校生活を送ってきたという生徒に逆電をしました。
 
クリップ 東京都 19歳 男
 
とーやま校長「クリップメールを見たんだけど、たいへんな病気にかかってたんだな…」
 
クリップ「はい、高校一年生の頃に生活してたらおかしいなって思い始めて、親や保健室の先生に勧められて病院で検査したんですけどそこで病気が発覚しました」
 
すぐに違う病院に移されて、RN クリップは半年間の治療のため入院することになった。
 
クリップ「急な告知だったんですけど、親と友達の支えがあって乗り越えられて、4年間の高校生活になったんです。でもそれも明後日で終わるので、これからは気持ちを新たに行きたいと思っています!」
 
とーやま校長「そうか! 入院中どんなこと思ってた?」
 
クリップ「入院中は寂しさがあったので、友達や知り合いのお見舞いが楽しみでしたね」
 
なんと、RN クリップのお見舞いに友達が50人以上も駆けつけてくれたそう!!
 
とーやま校長「今は体はどうなの?」
 
クリップ「今は退院して2年半経つんです。5年間何もなければ完治なんですけど、とりあえず半分の2年半は元気に過ごせてます!」
 
とーやま校長「よかった! まずは安心だな。卒業を前にして今はどんな気持ち?」
 
クリップ「4年間、長かったようで短かったので、みんなと卒業するのは楽しみでもあり、寂しくもあります」
 
今は看護学校の補欠合格をもらっていて、将来は、看護師になりたいんだって!
 
クリップ「入院生活で看護師の存在に憧れたので、自分も入院している子ども達の面倒を見てあげてと思っています!」
 
とーやま校長「看護師のどんな所がカッコいい?」
 
クリップ「体の面だけじゃなくて、精神的にもケアしてくれる存在なので、自分もそういう存在になれたらいいなって思っています」
 
とーやま校長「看護師になったら患者の気持ちがものすごいわかるんだもんな。それを活かさなきゃな!」
 
そして、RN クリップは卒業生ということで、「MY GENERATION 2014」にも応募してくれていた!
 
とーやま校長「そうか、俺、長なんだよな」
 
よしだ教頭「長ですよ。…どうしたんですか?」
 
とーやま校長「クリップ、来ちゃうか!! たぶんね。20日の木曜日、お前と会うわ!!!」
 
ここで、とーやま校長先生が長の権限で、RN クリップの「MY GENERATION 2014」への参加を決定!!
 
よしだ教頭「だってよ! クリップ!!」
 
クリップ「マジっすか!!」
 
とーやま校長「うん! お前はきっと4月の専門学校合格している!だから4月から頑張っていけるって約束してほしい。できるな?」
 
クリップ「はい! 約束します!!」
 
とーやま校長「じゃあ来よう!! よろしく頼むな!!」
 
「MY GENERATION 2014」で待ってるぞ! 卒業おめでとう!
 
 
本日の黒板には、この言葉を書きました。
  
140306_sol10.jpg

 
『 好きだ 』
 
好きだ! お前のことが好きだ!
 
今日、話したみんなが好きだ。
それを聴いていたやつも好きだ。
受験とかで聴けなかったやつも好きだ。
 
これからも、みんなとたくさん話をしたい!!
 
俺はみんなが好きだわ!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140306_fax01_2.jpg
RN クアラルンプール

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
イチゴポッキー 長野県 15歳 女
じゃみなっくす 山口県 18歳 女
ゆーたまん 宮城県 18歳 男
千亜稀 長野県 20歳 女
クリップ 東京都 19歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:11 beautiful glider / BUMP OF CHICKEN
22:30 言葉にしたいんだ / 住岡梨奈
22:44 革命 / andymori
22:49 会心の一撃 / RADWIMPS
23:10  ray / BUMP OF CHICKEN
23:19 トーチ / BUMP OF CHICKEN
23:23 虹を待つ人 / BUMP OF CHICKEN
23:37  ONEMAN / 蓮沼執太フィル
23:47 憂、燦々 / クリープハイプ
23:49 ぽあだむ / 銀杏BOYZ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ほんとだな、今日の2時間一体何だったんだろ(笑)
たのしいね、たのしいね
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
オレたち、やってやろうぜ!!
好きなことを好きなように!!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140305_sol01.jpg

 
『 一発芸 』
 
4月から寮生活をするというRN わん君から、
先輩達の前で披露するための一発芸を教えてほしいとお願いされた、校長・教頭!!
 
140305_sol03.jpg

  
よしだ教頭の一発芸は、
豪華な衣装を着て“マッチで〜す!!”と近藤真彦さんのモノマネ! もしくは田原俊彦さんのモノマネ!!
 
140305_sol04.jpg

  
とーやま校長の一発芸は、
「合いの手を入れると瀬川瑛子さんになってしまう人」!
 
2人ともちょっとネタのチョイスが古くないですか!?(笑)
 
一発芸を頼んだ、RN わん君! 後でどんな一発芸をやったか報告をしてくれよ〜!!
  
140305_sol02.jpg

 
3月、卒業シーズン。
SCHOOL OF LOCK!のWEB教室、【 学校掲示板 】には、“卒業”に関する書き込みがたくさん届いている。
 

卒業
3月1日に卒業式があったんですけど、今までで一番印象に残る卒業式になりました(^^)なぜかというと、三カ年皆勤賞の学年代表でみんなの前で表彰されたからです!(^^)!今まで帰宅部だったし、一つもみんなの前で表彰されたことなんてなかったから自分でも驚いてました(笑)当日はもう緊張で心臓バックバクでした(`・ω・´)転ばなくて良かったと思いました(笑)卒アルに友達や先生にメッセージを書いてもらって、それを眺めていたら笑顔になりました(´▽`)高校3年間、良い友達に恵まれて、めっちゃ楽しかった☆彡

雨のち晴れ
女/18/三重県
2014/03/05 13:00


卒業式。
"学校なんて行きたくない。クラスの人達にも先生にも会いたくない。ーーイジ(メ)られるだけだから。"なんて毎日のように心の中で叫んでたくせに、不登校になる勇気も無かった。だから、どうしてもダメな日以外は頑張って学校に行った結果… 今日、私は、無事に高校を卒業しました。

和蘭
女/18/北海道
2014/03/05 16:41



 
今夜もこの春卒業する生徒たちの話を聞いていきます。
最高の卒業を迎えたって生徒はもちろん、
「卒業式に出られなかった…」
「卒業式に出ようか迷っている…」
「本当なら卒業の年だけど、今は学校に行ってない」
そんな、卒業を前に、複雑な思いを抱えている生徒を聞いていきました。
 
140305_sol05.jpg

 
最初の逆電したのは、
中学校にあまり通っておらず、来週の中学の卒業式に出ようか迷っているという、この生徒。
 
もにー 兵庫県 15歳 女
 
とーやま校長「何で学校に行けなくなったの?」
 
もにー「別にいじめられてたわけじゃないんですけど、クラスの雰囲気が苦手で、友達もいなくて、何となく行けなくなっちゃって…」
 
中学1年生の終わりに学校に行きづらくなり、まったく行っていなかった時期もあった…。
今は別室登校をして学校に通っているそう。
 
とーやま校長「挨拶する友達はいるの?」
 
もにー「別室登校で、仲良くなった子がいるんですけど、その子とは話します」
 
その子はクラスは違うけど、休み時間に、RN もにーがいる教室に来てくれて、学校の話をしてくれるんだって!
 
とーやま校長「今日も話した?」
 
もにー「はい、卒業式の練習してるという話をしました」
 
よしだ教頭「もにーは卒業式の練習にはまったく参加していないの?」
 
もにー「今日から始まったばかりなので参加してないです」
 
とーやま校長「来週の火曜日の卒業式、本心はどう?」
 
もにー「全然出たくないです。中3のクラスには2、3回しか行ってなくて、気まずくて嫌だし、あの雰囲気が嫌で、卒業式もそこにいても…って思って」
 
とーやま校長「わざわざしんどい思いをする必要はないもんな」
 
よしだ教頭「単純に長いしね、卒業式。寒いし、色んなストレスがあるよな〜」
 
140305_sol06.jpg

 
今は、卒業式については先生と相談しているという、RN もにー。
 
もにー「先生は“親のためになるし、先生も嬉しいから出たほうがいい”って言っています」
 
自分は出たくないという気持ちは、先生に伝えたそう。
 
よしだ教頭「そういうところは偉いと思うよ」
 
親には“卒業式に出たくないことを言えてなくて、親ももにーには何にも言ってこないという。
 
とーやま校長「でも、たぶん親も感じてるだろうな。“もにーが卒業式に出たくない”って。だから何も言わないんだと思う。優しいな…」
 
4月からは私立の高校に通う予定。
その高校は、もし学校に行けなくても別室で授業を受けられるそう。
 
とーやま校長「そこは安心なんだな。それで今、来週の火曜日の卒業式の事で揺れ動いているのか…。4月からはどんな生活を送りたいの?」
 
もにー「良い友達が出来たらいいなて」
 
一緒にお弁当を食べて。好きなCDやマンガを貸し借りしたり、そんな事がしてみたいそう。
 
とーやま校長「中学の3年間とは違った3年間を高校で送りたいんだよな?」
 
もにー「送りたいですね」
 
とーやま校長「卒業式さ、先生も見たいだろうし、親もすごい心配してるだろうけど、“出る・出ない”は、自分本位でいい。先生や親の気持ちよりも自分の想いを先に考えていいと思ったんだ」
 
もにー「はい」
 
とーやま校長「でも、4月から今まで違った所に飛び込むんだろ。今、卒業式を迎えないで4月を迎えるのか。嫌だけど、中学3年間にケリを付けるために卒業式に出るのか。自分で落とし前を付ける必要があるんじゃないかな。もしここで行けたら、この先すごい自信になる」
 
今、自分を奮い立たせて、行きたくない場所に行くことは、
高校、大学、さらにその先で力になるから、卒業式には行ってほしいと伝えた、とーやま校長。
 
とーやま校長「だから、これからのためにも卒業式に行った方がいいんじゃないか?」
 
もにー「はい…。今は話を聞いてそう思いました…!」
 
よしだ教頭「俺も行った方が良いと思います! もにーの卒業式は、親や先生の卒業式でもあるから出たほうが良いと思うな。一人で生きてきたわけじゃないからさ」
 
とーやま校長「ここで人のために行動出来たらめっちゃカッコイイよ!」
 
よしだ教頭「うん、高校で友達のために行動できるようになるよ!」
 
とーやま校長「3年間もっと面白くしたかった”と思っていた自分からの卒業式でもあるんだ…!!」
 
もにー「そうですね…!」
 
よしだ教頭「カイロを貼って暖かくして行くんだぞ!」
 
140305_sol09.jpg

 
続いてはこの書き込みをくれた生徒の話を聞きました。
 

もうすぐ。
私の学校は3がつ18日に卒業式があります。ですが今のクラスでいじめにあっています。今ままで不登校にならずに三年間がん張ってきましたが、あと残りわずかの今 学校に行くのがつらくてありません。卒業式の最後の最後まで上手くいくのかな

イチゴポッキー
女/15/長野県
2014/03/05 22:28



イチゴポッキー 長野県 15歳 女
 
とーやま校長「ちょっと今、キツイね……」
 
イチゴポッキー「はい」
 
中学1年生の頃にも一度、いじめに遭っていたという、RN イチゴポッキー。
2年生で、クラス替えがあったのでいじめは無くなったが、3年生になり、仲良くなった友達と小さな事で別れてしまった。、
それ以来、友達だった子を中心にクラス中からいじめられるようになってしまった。
 
よしだ教頭「この一年間は学校に通えてたの?」
 
イチゴポッキー「はい。通って、授業を受けてました」
 
とーやま校長「その間も色々…言われただろ…?」
 
イチゴポッキー「はい、陰口とかじゃなくて、私に聞こえるように悪口を言ってきました」
 
とーやま校長「一番クソなやり方だな…! それでも通ってたのは偉いよ!」
 
卒業式は3月18日。
ここまでは頑張って通ってきたけど、最近は学校が嫌になってきてるという、RN イチゴポッキー。
 
とーやま校長「短いようで長いな…。先生は?」
 
イチゴポッキー「何人もの先生に相談したんですけど、ちゃんとした対処をしてくれなくて、結局状況は変わらなかったです」
 
とーやま校長「一人くらい何かしてくれてもいいのにな。勉強を教えるだけが先生じゃないのにな」
 
いじめの事は、親にも相談できていないそう。
 
イチゴポッキー「私、一年生頃に遭っていたいじめで、お母さんに頼ったんです。だから、また心配をかけたくなくて言えないです」
 
とーやま校長「1回しか頼っちゃいけないって事は無いんだ、親に頼ってもいいんだよ」
 
4月からは通う高校にも、いじめている子も通うそう。
 
とーやま校長「マジか、ついてくるんだな…」
 
イチゴポッキー「いじめてる子は私の住んでいる街では有名で、その子の友達も他の中学にたくさんいるから、高校に入ってきたら心配なんです」
 
とーやま校長「続いちゃう怖さがあるよね」
 
イチゴポッキー「新しくできた友達に、中学時代の事を言われたりするのが嫌です」
 
140305_sol08.jpg

 
よしだ教頭「俺は、嫌なイメージには縛られてほしくないって思う。高校に入るってことは環境が変わるわけじゃんか。友達も増えるし先生がガラッと変わる。もしそういう事があっても今度は助けてくれる先生がいるかもしれないし、親や友達に相談してもいい」
 
嫌だからと受身でいるのではなく、自分から友達をたくさん作ってみて、どんどん行動してほしいという、よしだ教頭。
 
とーやま校長「いじめているそいつとは、こういう状況になってから話はしたの?」
 
イチゴポッキー「Facebookで直接メッセージが来たんですけど、悪口しか書かれてなくて。それで謝って、“どうしてこんな事をするのか”って聞いたんですけど、返って来た返事も悪口で…」
 
とーやま校長「なんなんだよ! そいつは! 言いたいだけかよ…!」
 
その子とは、前みたいに仲良くはなれなくても、卒業式は笑って迎えたかったという、RN イチゴポッキー。
 
とーやま校長「言葉にまとまらないけどさ、まず一番は悔しい。こんな想いをする必要はないよ! だけど、お前は2年もこんなしんどい事を耐えてきた。それをただ見ているやつら、止めない大人がいて全部一人で背負ってる。
“もっとこうしろ”っていう言葉はないけど、キレイにまとめられないけど、俺はお前に幸せになってほしい。笑ってほしいし、ニコニコにして毎日生活してほしい。
だけど具体的に何かを言えない自分が悔しいよ…! ごめんな」
 
イチゴポッキー「いえ、そんなことはないです」
 
RN イチゴポッキーに掛ける言葉を必死で探すとーやま校長。
 
よしだ教頭「俺は校長先生の前にいるからわかるんだけどさ。校長は、イチゴポッキーの気持ちを理解してるけど、何もできないに自分が腹立たしいって思っている。
そういう友達ができるよ。高校で出会えるよ、一緒に悩んで喜んでくれる子が。俺はそういう人を見つける事に全力を注いでほしいな」
 
イチゴポッキー「はい」
 
140305_sol10.jpg

 
とーやま校長「俺はお前の目の前にある邪魔な物を壊せる言葉が言いたい。でも言えない。ちょっと時間をくれ! ちゃんと卒業式までにお前に向けて言うから。ごめん…!」
 
 
♪ 卒業 / 高橋優
 
 
とーやま校長「みんなの長でありながら、ごめんな!」
 
よしだ教頭「全然そんな事ないですよ」
 
とーやま校長「ちょっとだけ時間をください!」
 
本日の授業はここまで。
 
RN イチゴポッキー、とーやま校長先生からの言葉を待っていてほしい。
必ず届けるから…!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140305_fax01.jpg
RN 智薪

 
140305_fax02.jpg
RN 紫の踏切

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
もにー 兵庫県 15歳 女
イチゴポッキー 長野県 15歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 One / androp
22:25 恋 / back number
22:50 つよくなりたい / miwa
23:10 今年の桜 / flumpool
23:20 証 / flumpool
23:50 卒業 / 高橋優
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
時間をください、すまん。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
卒業式、誰からも第2ボタンもらわれなかったな
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140304_sol01.jpg

 
『 俺は今キテる 』
 
140304_sol02.jpg

 
今夜、とーやま校長スーツで登校!
颯爽と黒板にこの言葉を書きました!
 
とーやま校長「俺は今、キテる!!」
 
よしだ教頭「僕も最近色んな所で聞きますね、とーやま校長がキテるって」
 
今日、とーやま校長がスーツを着ているのは、とある会社の立ち上げがあったから…!
最近、勢いに乗ってますね!!
 
とーやま校長「やっぱり、好きな物があるっていうパワーはすごい!! だから生徒のみんなも好きなものを大事にしてほしい!」
 
よしだ教頭「まだ無いってやつは、この先必ず出会えるからね! 無いってことは絶対ないぞ!」
 
生徒のみんなも好きな物をパワーに変えて、とーやま校長に負けないくらい、前に進んでいこう!
 
140304_sol02_2.jpg

 
今夜は、ゲスト講師に
BUMP OF CHICKEN先生が登場!
 
来週3月12日に、およそ3年ぶりのニューアルバム「RAY」をリリース!
そして今週木曜日から、1ヶ月間限定でBUMP LOCKS!再開!
 
生徒のみんなからは、BUMP先生に“この3年間の活動”に関してメッセージを募集!
にアルバム「RAY」の事、ツアーの事、ジャケットの事などなど、聞きたい事を送ってもらいました!
 
早速、生放送教室に…
 
140304_sol04.jpg

 
BUMP OF CHICKEN先生ィイーーーーーーーーーー!!!
 
BUMP OF CHICKEN先生「どうも〜! よろしくお願いします!!」
 
藤原基央先生(藤原先生)(Vo,Gt)
増川弘明先生(ヒロ君)(Gt)
直井由文先生(チャマ君)(Ba)
升秀夫先生(ヒデ君)(Dr)
 
とーやま校長「“お帰りなさい!”って感覚が強いですね〜!」
 
昨年の7月に来校して以来のBUMP先生!
そして、3月の木曜日は1ヶ月限定で『BUMP LOCKS!』が復活!!
よろしくお願いします!!!!

140304_sol06.jpg

 
そんなBUMP先生は、3月12日にニューアルバム『RAY』をリリース!!
 
チャマ君「一昨日かな。CDが出来上がって、自分達の手元に来ました!」
 
とーやま校長「どうでしたか?」
 
チャマ君「ジャケットとか自分達が楽しめるように作ってるので、本当にカッコいいものが出来たという感覚がありましたね! とにかく嬉しかったです…!」
 
アルバムのリリースは3年ぶりのBUMP先生!
その3年間の中でベストアルバムリリース、スタジアムライブ、ライブDVD発売、スタジオライブのネット配信…などなど、
様々な活動をしてきたBUMP先生!
 
藤原先生「僕らとしても、今までに無いBUMPを見れたと思います」
 
とーやま校長「どういう経緯で様々な活動をすることになったんですか?」
 
藤原先生「曲が望んだ展開としか思えなかったので、僕らはそれに従っていた感じです。曲から色んな企画の話が出てきて、最初は僕らもビクビクしてたんです(笑)でも絶対その曲のためなる! やるしかないと思って」
 
“曲が望んだこと…!”
BUMP先生にとって曲はどういう存在なのでしょうか?
 
チャマ君「上手く言えないんですが…曲は子供であって、でも超優秀な奴なんですよ。オリコンとかにランクインしていたりすると、そいつが富士山の上に立ってて俺らは下から手を振っているみたいな」
 
藤原先生「自分らが誇らしいと言うより、曲が誇らしい気分になりますね。なので、俺らは引っ込み事案なんですが、曲がそうじゃなければ俺らは曲に従ってきた感じです。“ひぃー!”って言いながら(笑)」
 
140304_sol05.jpg

 
今回のアルバムは『RAY』というタイトルですが…これはどういう意味なのでしょうか?
 
藤原先生「前回のアルバムからの3年の間に曲が沢山生まれて、『RAY』の曲が出来た時にスタッフが“曲が溜まったのでアルバムを出しましょう”と言ってくれたんです。その時出来たばかりだった『RAY』って言葉は僕らにとって旬だったし、全てを包み込むような大きさの言葉だったんです」
 
最初は曲と同じタイトルは嫌で、沢山言葉を考えたそうだけど…
でも、『RAY』という言葉に勝る言葉はなかったそう…!
 
 
♪ ray / BUMP OF CHICKEN
 
 
とーやま校長「強烈に“ビカッ!”と光っているもんが、どこまでも続いている様な曲ですね…!」
 
よしだ教頭「道しるべになってくれてるし、自分を照らしてくれているような…!」
 
そして、ここで!
アルバムから一曲…宇宙初オンエアーさせてもらいたいと思います!!!!!
 
藤原先生「泣けてきました…やっと聴いてもらえる!」
 
作曲したのは4年以上前らしい、この曲!
藤原先生、曲の紹介をお願いします…!!!
 
藤原先生「みんなに聴いてもらえる日を待っていました。聴いてください。『サザンクロス』」
 
 
♪ サザンクロス / BUMP OF CHICKEN
 
 
藤原先生「感無量です…!“聴いてもらえた”っていう事実が本当に嬉しくて…生放送教室最高!って感じです!!」
 
ちなみに、校長と教頭はアルバムを既に聴いたらしいのですが…
(う、うらやますぃーーー!!!)
 
よしだ教頭「アルバム全てを通して主人公が苦悩して、成長していくような、1つの冒険物語があると思いました…! すごく良いものが自分の中に入ってきて、さらに自分の生きていく上での地図になったような感じです。生徒のみんなにも自分の中にこのアルバムを取り込んでほしい…!」
 
140304_sol07.jpg

 
ここからは生徒に直接、BUMP OF CHICKEN先生に聞きたい事を話してもらいました!!
 
あやどん 千葉県 17歳 女
 
とーやま校長「BUMP先生に聞きたい事、直接聞いちゃおう!」
 
あやどん「はい! 今回のツアータイトルが『WILLPOLIS 2014』で前回のツアータイトルも『WILLPOLIS』だったじゃないですか。同じ名前にである事に何か意味があるんですか?」
 
チャマ君「まず、オレらバカだから、この“WILLPOLIS”気に入っちゃってるんだよね!(笑) “WILL”は“意志”って意味で、“POLIS”は都市って意味があって、“WILLPOLIS”には“意志の都市”としての意味があるんだけど…イマイチお客さんには伝わってないよね!(笑)」
 
ヒロ君「伝えようと思ってないからね(笑)」
 
実は、前回のTOUR「WILLPOLIS」をやっている時から、次のツアーも“WILLPOLIS”にしようと考えていたそうです!
 
140304_sol09.jpg

 
藤原先生「僕ら、ライブをやるあの場所が“WILLPOLIS”なんだって思っています。まあ、“意志の都市”って言いながらも、“意志”で出来てるのか、“意志を持った人”が集まっているのかもわからないままライブをやってるんだけどね」
 
今回のライブの演出は、前回と似ている部分もあるが、更に進化しているそうです!!
 
チャマ君「同じだけど、その先の物語を考えています」
 
とーやま校長「続いているって事ですか?」
 
チャマ君「“続編”と考えてもらっていいですね! あ! これ、初めて言いました!」
 
とーやま校長「おお! いい質問したぞ〜!」
 
あやどん「はい…!(嬉)」
 
前回のツアーはチケット抽選が外れてしまったため行けなかったが、今回のツアーには参加するという RN あやどん!
 
あやどん「今回は、一発で取れました!」
 
藤原先生「こういうのを聞くとやりがいがありますね!」
 
RN あやどん は千葉県に住んでいるので、幕張メッセのライブを観に行く予定!
 
チャマ君「幕張にWILLPOLISを作って待ってます!!」
 
あやどん「はい! ありがとうございました!!」
 
前回から参加するやつも、今回初めて参加するやつも、新しい発見があるツアーらしいぞ!!
楽しみに待っていよう!
 
140304_sol08.jpg

 
続いては…!
 
飛鳥* 栃木県 17歳 女
 
飛鳥*「前回のベストアルバムの時にはARの仕組みがあったんですけど今回の『RAY』にもあるんですか?」
 
藤原先生「あるよ!」
 
“AR”は“拡張現実”と言い、現実にある物体を、スマホなどのアプリケーションを通して見る事で、文字や絵などの新しい情報が加えられた状態で見る事が出来る技術!
 
ヒデ君「僕らの場合は、スマホのアプリでアルバムのジャケットを映すと、何か面白い事が起きます!!」
 
よしだ教頭「何か面白い事が起きる!(笑)」
 
藤原先生「前回のベストアルバムで使った思うけど、『BOC-AR』というアプリを使って『RAY』のアルバムのブックレットにカメラを合わせてみてください。“マーカー”が色んな部分にあるので、そこを映すと何か仕掛けが起こります!」
 
校長&教頭「へぇ〜!!!」
 
どんな仕掛けかは『RAY』が発売してからのお楽しみだそう!
 
140304_sol13.jpg

 
藤原先生「ARを使った必然性があって。一つの物語になってるんですけど、その物語がそこにある意味もちゃんとあるので、ぜひ体験してほしいですね」
 
飛鳥*「はい…!」
 
藤原先生「結構、手間ひまかかって見る事になるので、“ぜひお願いします”という形で(笑)」
 
チャマ君「カメラで撮る機能もあるので、ぜひ使ってほしいですね!」
 
よしだ教頭「なんかゲームみたいですね」
 
藤原先生「飛鳥*ちゃんの部屋の世界が広がると思いますね」
 
チャマ君「ちなみに、今回の『RAY』のジャケットには“光る鳥”がいて、これは以前出したアルバム『orbital period』で登場した鳥です!」
 
とーやま校長「出た!! なんか繋がっていきますね!」
 
もちろん! ARアプリを使わなくても楽しめる内容になってるそう!!
 
とーやま校長「飛鳥*、もうちょっとでお前も見る事ができるこの歌詞カード、とんでもなく楽しい事が起こるらしいぞ!!」
 
藤原先生「キミの手の上で、起こるわけですよ!」
 
とーやま校長「あともうちょいだから、待っていよう!」
 
飛鳥*「はい! わかりました!」
 
140304_sol12.jpg

 
ここで! ヒロ君が自分のスマホを持ってきました!
実際に『BOC-AR』を使って『RAY』のブックレットを見るとどんな事が起きるか、よしだ教頭だけに見せてくれるそうです!!!
 
よしだ教頭「これをここにかざして…うわっ!!! スゲェーーー!!!!
 
ヒロ君「部屋の中にいて…」
 
よしだ教頭「いた!!」
 
藤原先生「もう一回、ブックレットをかざすと…」
 
よしだ教頭「あっ!! 戻ってきた!! スゲェーーー!!」
 
大興奮のよしだ教頭!(笑)
どうやら何かが動き回っていたみたい…!?
 
藤原先生「プロモーションとしてはバッチリだね!」
 
チャマ君「だから僕らこのアルバムすごい気に入ってるんです!」
 
とーやま校長「これだけじゃないんですね、この先に色んなものがある!」
 
改めて、BUMP先生のニューアルバム『RAY』は、3月12日に発売!!
 
それでは最後に黒板の時間!!
今回はBUMP OF CHICKEN先生にそれぞれ書いてもらいました!
 
まずはチャマ君!
 
140304_sol21.jpg

 
『 きいて!! 』
 
140304_sol15.jpg

 
僕らの音楽は、みなさんの耳に入って完成です。
僕らが生み出してはいるんだけど、みなさんが聴いてくれて完成なんです!
だから、よかったら聴いてください!
 
 
次は、ヒデ君!
 
140304_sol22.jpg

 
『 きいてね! 見てね! 』
 
140304_sol14.jpg

 
今回のアルバムはARもあって、アートワークもすごいので、
聴くだけじゃなくて、ぜひ手に取って見てほしいです!
 
 
続いて、ヒロ君!
 
140304_sol23.jpg

 
『 ライブでね 』
 
140304_sol16.jpg

 
僕らはライブを近々やるので、
ライブで会いましょう!!
 
 
そして、藤原先生!
 
140304_sol24.jpg

 
『 完成 』
 
140304_sol17_2.jpg

 
僕達の全ての音楽は聴いてもらうために生まれています!
聴いてもらって完成です。
 
だから今日、『サザンクロス』という曲が完成したのを生で体感して感動しています。
『サザンクロス』の命は、ラジオの前のあなたが作ってくれた。
 
本当にありがとうございました!
 
140304_sol30_2.jpg

 
BUMP OF CHICKEN 先生、本日はありがとうございました!
これから1ヶ月間、「BUMP LOCKS!」よろしくお願いします!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140304_fax01.jpg
RN 貝割れ大根

 
140304_fax02.jpg
RN もぐら

 
140304_fax03.jpg
RN 滝

 
140304_fax04.jpg

140304_fax05.jpg
RN 赤秋

  
140304_fax06.jpg
RN くすのき♪

 
140304_fax07.jpg
RN にがつマカロン

 
140304_fax08.jpg
RN 座禅組日本支部特殊部隊・隊長

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
あやどん 千葉県 17歳 女
飛鳥* 栃木県 17歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 虹を待つ人 / BUMP OF CHICKEN
22:12 firefly / BUMP OF CHICKEN
22:23 あなたの100の嫌いなところ / 剛力彩芽
22:37 ray / BUMP OF CHICKEN
22:44 サザンクロス / BUMP OF CHICKEN
23:11 17才 / Base Ball Bear
23:31 グッドラック / BUMP OF CHICKEN
23:40 星の鳥 / BUMP OF CHICKEN
23:41 メーデー / BUMP OF CHICKEN
23:48 サザンクロス / BUMP OF CHICKEN
23:52 ray / BUMP OF CHICKEN
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
やっぱり俺はBUMPが好きだ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
BUMP先生から、またスゴイ物もらった
そして、ARスゲー!!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140303_sol01.jpg

 
『 おめでとう! 』
 
とーやま校長「この週末に卒業を迎えたみんな、おめでとう!」
 
140303_sol02_2.jpg

 
学校掲示板は、卒業式を迎えた生徒からの書き込みでたくさん!

卒業しました(長文失礼します)?
卒業した今になって思うのは、大嫌いなその何十倍、本当は学校が大好きだったんだってことです。この高校じゃなかったら生徒会に入んなかったし、こんなに成長することができなかった。それと、親友とも、憧れの先輩、頼れる後輩、好きな人とも出会うことはできなかった。担任の言動も私たちのためを思ってのものだったと改めて考えると、感謝しなきゃなって思います。3年間、私と関わり成長させてくれた全ての人、もの、出来事に感謝の意味を込めて...ありがとう、大好きです。

とまとめろん丸
女/18/福島県
2014/03/03 17:51


卒業
1日は大好きな先輩の卒業式でした。式には出席しませんでしたが、卒部会で号泣しました。代表して先輩にむけて挨拶をするとき一言目から涙だらだらで…(笑)話していたら先輩と過ごしたことを思い出して涙が止まらなくなってしまいました。顔をぐっちゃぐちゃにしながら長々と話したにも関わらず、話終わったらぎゅーってしてもらいました。卒業式が終わってから写真を撮ってもらっているとき、旧部長の先輩が「たくさん支えてくれてありがとう。助けてくれてありがとう。星花ちゃんがいてくれたから頑張れたよ」って言われて涙の大洪水。「ありがとう」とーやま校長「大好き」以上の言葉が見つからなくて、それだけしか言えませんでした。手作りのキーホルダー、お菓子、手紙を渡したらどの先輩も喜んでもらえて嬉しかったです。

星花*
女/17/岡山県
2014/03/03 18:18


今夜の生放送教室は…
 
卒業したばかりの生徒の話を聞いてくぞ!!
 
友達との思い出、先生からもらった言葉、式当日の景色……。
学校を旅立った今の気持ちを聞かせてもらいました!!
 
140303_sol03.jpg

 
あこたっち 栃木県 18歳 女
 
とーやま校長「卒業式はもう終わった? それともこれから?」
 
あこたっち「今日でした!」
 
とーやま校長「じゃあ、12時間前くらいの話か!! まずは卒業おめでとう!!」
 
あこたっち「ありがとうございます!」
 
高校3年間一緒にいた仲間と迎えて、“これからも友達でいようね”って約束などしたそう!!
 
あこたっち「それで、私はずっと片想いをしていた人に告白したんです」
 
高校2年生の時からずっと好きだったという、RN あこたっち。
なかなか告白できず、ズルズル来てしまったが、告白しないで卒業したら絶対後悔すると思い、今日想いを伝えた!!
 
あこたっち「時間が無かったので、沢山人がいたんですけど廊下の真ん中で言ったんです!」
 
卒業式の最中もずっと、告白する事について考えたいたそう!(笑)
 
よしだ教頭「頭の中で、ずっとシミュレーションしちゃうよな〜(笑)」
 
とーやま校長「何て言って告白したの?」
 
あこたっち「えっと…恥ずかしいですけど…“2年生の時からずっと大好きです。今まで言えなくてこの日になってしまったけど、付き合ってくれませんか?”
 
とーやま校長「偉い! 良く言った! ドキドキしながらも良く言った!」
 
あこたっち「でも結果、成功しなかったんですけど、目的は自分の気持ちを相手に伝えだけで十分だったので…!」
 
自分の気持ちを伝えてしまった後、思わず泣いてしまったという RN あこたっち。
 
あこたっち「そしたら、私の卒業アルバムにメッセージを書いてくれて…」
 
とーやま校長「優しいやつだな…! どんなメッセージを書いてもらったの?」
 
あこたっち「“短い間だったけど、好きでいてくれてありがとう”って書いてもらいました」
 
とーやま校長「カッコイイな!! お前の好きになった男は!」
 
よしだ教頭「嬉しいな!」
 
あこたっち「はい!!」
 
今日告白をしてみて、今まで、自分はチキンだと思っていたけど、今回はたくさんの人がいる廊下で言えた自分にびっくりしたそう。
 
あこたっち「やっぱり人を好きになったからですかね…」
 
よしだ教頭「本当のチキンだったら言えなかったと思うよ!」
 
とーやま校長「人を好きになる想いって自分が思っている以上の行動を起こせるよね」
 
4月から東京の学校に通うという、RN あこたっち!
 
とーやま校長「チキン(鶏)だったお前が、人前で告白できたんだ! お前はちゃんと人間になったんだぞ! 4月からも頑張れ! 卒業! おめでとう!」
 
あこたっち「はい! ありがとうございます!」
  
140303_sol04.jpg

 
パソフィアナ 新潟県 18歳 男
 
卒業式が3月1日だったという、RN パソフィアナ。
高校3年間は友達と問題行動ばかり起こして、先生を困らせていたそう…!
 
パソフィアナ「卒業式の後、HRがあって、担任の先生を男子みんなで胴上げしようってなったんです! 先生は花束を持っていたんですけど、胴上げしたら花が散っちゃって(笑)」
 
男子40人で、担任の先生を胴上げしたそう!
 
とーやま校長「多い!! 誰か、先生が花束持っているって気づけよ(笑) 先生は何て言ってた?」
 
パソフィアナ「“ありがとう! やっぱこれがお前達だわ”って言われました!!」
 
この担任の言葉で RN パソフィアナ達のスイッチが入り、校舎中を駆け回りお世話になった先生を片っ端から胴上げして行ったそう!!!
 
とーやま校長「先生という先生を胴上げして行ったんだな!」
 
パソフィアナ「はい! そしたら“校長もいっちゃう!?”ってなって…」
 
とーやま校長「おいおい!!」
 
パソフィアナ「校長室に行って、校長先生を“7回”胴上げしました!!」
 
その後、校長先生からは“青春はいいね〜!”って言われたそう!
 
よしだ教頭「素敵な校長先生だな!!」
 
とーやま校長「ちゃんと友達と話した?」
 
パソフィアナ「話しました! 自分たちは中高一貫校で6年間一緒にいたので、絆が深くて、“高校卒業してからも会おうな!”って言いました!」
 
今は、国公立大学の前期試験の結果待ちだという、RN パソフィアナ。
 
とーやま校長「良い結果が出るよう祈っている! その時はお前が胴上げしてもらえ!」
 
パソフィアナ「はい!」
 
卒業おめでとう!!
 
140303_sol05.jpg

 
星ひつじ 静岡県 18歳 女
 
RN 星ひつじも3月1日に迎えたそう。
 
とーやま校長「卒業式はどうだった?」
 
星ひつじ「式の時は笑っていられたんですけど、教室に戻ってからは泣いちゃいました」
 
卒業式後のHR、担任と副担任の先生に向けて、レミオロメン先生の『3月9日』の歌詞を変えて歌ったという、RN 星ひつじ。
 
星ひつじ「いつも厳しい担任の先生が泣いていて、それを見て私も泣いてしまいました!」
 
2月中旬頃から、クラスのみんなで放課後集まって練習をしきてたそう。
 
とーやま校長「どんな歌詞に変えたの?」
 
星ひつじ「自分達のクラスは3年間変わらなかったんです。それで研修の事や、修学旅行の事とかの思い出とか、担任と副担任の先生に向けてのメッセージ、“これからも頑張ろう”って想いなどを込めました!」
 
よしだ教頭「ホントに全部詰め込んだね」
 
とーやま校長「担任の先生はどういう人だったの?」
 
星ひつじ「入学した時から怖くて、厳しくて。でも、卒業式の時に“本当は甘くしたかったけど、自分にムチを打って厳しくしていた”って言ってて。それを聞いて、あんまり好きじゃなかったけど、なんか良いなって思えました」
 
元々は志望していた学校ではなかったので、学校に行くのはあまり楽しくなかったという、RN 星ひつじ。
 
星ひつじ「でも演劇部の県大会に行く事ができたし、色々良い思い出ができました!」
 
とーやま校長「じゃあ、1年の頃思っていたのとは違う学校生活になったんだな!」
 
そして2年前、1年生の頃に、“3年生の自分に宛てて書いた”手紙が卒業式の日に届いたそうです!
 
星ひつじ「“この学校に通えてよかったって思えたらいいな”って書いてあったんです。色々あったけど、今はこの学校で本当に良かったって思っているので、それだけは叶えられたかなって…」
 
とーやま校長「これは2年前の自分に言いたいな! “楽しい思い出を抱えて過ごしているよ”って」
 
星ひつじ「はい! 言いたいですね!」
 
とーやま校長「うん! 卒業おめでとう!」
 
140303_sol06.jpg

 
のりたま\^^/ 宮城県 18歳 女
 
とーやま校長「卒業式は終わった?」
 
のりたま\^^/「はい! 3月1日でした!」
 
RN のりたま\^^/は、中学校の卒業式前日に東日本大震災があったそう。
 
のりたま\^^/「卒業式はその一週間後にあったんですけど、規模が小さくなっちゃって、時間もなくて、周りの友達と写真も撮れなくて…」
 
とーやま校長「あの時は色々あったもんな…」
 
のりたま\^^/「だから、あんまり卒業したって実感が無かったんです。でも高校の卒業式は、みんなドレスとか袴を着たり、舞妓さんの格好をしたりしてとても充実した卒業式でした!」
 
RN のりたま\^^/の通っていた高校は、私服で通う学校!
卒業式の時は、それぞれ自分の着たい服装で卒業式に出たそうです!
 
とーやま校長「のりたま\^^/は何を着たの?」
 
のりたま\^^/「白いドレスを着ました!」
 
とーやま校長「白いドレス? それはどうしたの?」
 
のりたま\^^/「お母さんが結婚式で着たものだったんです」
 
よしだ教頭「それウエディングドレスじゃん!!」
 
クラスメイトは、“良いね!”と言ってくれたそう!
 
とーやま校長「お母さんは何か言ってた?」
 
のりたま\^^/「私が来たドレス姿を見て、“産んでよかった”って言ってくれました!」
 
とーやま校長「お母さんも喜んでくれて良かったな!」
 
ちなみに男子は、スーツや袴を着てきて、中には柔道着だった子もいたそう!!
 
よしだ教頭「いいね〜!!」
 
とーやま校長「楽しい卒業式だったんだね! どうだった? この3年間は?」
 
のりたま\^^/「すごい周りの友達に恵まれていて部活も充実してたし、入って良かったです!!」
 
とーやま校長「ちゃんと想いは伝えられた?」
 
のりたま\^^/「はい。普段は言えないんですけど、ちゃんと素直に言えました!」
 
もし大人になって、“いつの自分に戻りたいか?”と聞かれたら、“高校時代”と答えるほど、楽しい学校生活だったという、RN のりたま\^^/!
 
とーやま校長「卒業式って、素直な気持ちを伝えるための時間かもしれないね!」
 
改めて、卒業おめでとう!!
 
そして黒板の時間!!
  
140303_sol07.jpg

 
『 思い出はいらない 』

今までの思い出はもういらない。
 
今までの3年間の思い出は、明日からの、4月以降の生活に持って行く必要はない。
 
なぜなら、それはもうお前の一部になっているから。
部活で辛かった事も。
友達とケンカした事も。
 
これからはもっと楽しい時間を送れるように祈って
今までの3年間に負けないくらいの思い出を作っていくんだ!
 
卒業おめでとう!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140303_fax01.jpg
RN ちきん南蛮

 
140303_fax02.jpg
RN ほしこ

  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
あこたっち 栃木県 18歳 女
パソフィアナ 新潟県 18歳 男
星ひつじ 静岡県 18歳 女
のりたま\^^/ 宮城県 18歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05YELL / いきものがかり
22:11サークルゲーム / Galileo Galilei
22:14証 / flumpool
22:26君色デイズ / Honey L Days
22:40空も飛べるはず / さよならポニーテール
22:49Good Bye, Good Luck / TOTALFAT
22:52青春 / おとぎ話
23:13Magic of Love (Album-mix) / Perfume
23:33空になる(合唱 ver.) / 音速ライン
23:44遥か / GReeeeN
23:49旅立ちの唄 / Mr.Children
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
みんなのこれからで色んな事がたくさん始まれ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
卒業、制服とか鞄とか上ばきとかにも「ありがとう」を言おうぜ
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★