過去の投稿

April 2014 の投稿一覧です。
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140430_sol01.jpg

 
『 たまアリ 』
 
140430_sol02.jpg

 
よしだ教頭「“たまアリ”って“男”のこと?」
 
とーやま校長「もう嫌だ〜! 一緒にやるの!! たまアリって言ったら、さいたまスーパーアリーナでしょ!!」
 
とーやま校長の中で今、たまアリが熱い!!
 
とーやま校長「先週末はRADWIMPS先生のライブでしょ! 今日はセカオワ先生のライブに行ったんだけどすごかった! 4人が、セカオワチームがやりたい事を1500%やってる感じだった!!」
 
そして今日、セカオワ先生のライブ後、たまアリの隣にあるけやきひろばでは…
 
とーやま校長「昨日会った人がDJしてたんだよね…そう、しかっぺ先生が!」
 
昨日は、ゴールデンウィークの5月3日・4日・5日の3日間、さいたまスーパーアリーナで開催される「VIVA LA ROCK」!!
今回のフェスのプロデューサー、鹿野 淳先生が来校!
「VIVA LA ROCK」、そしてROCKフェスの魅力を語ってくれました!
 
現在、けやきひろばでは「VIVA LA GARDEN」が開催中!
今夜も鹿野先生は、DJをされていたそうです!!
 
とーやま校長「そして、この『VIVA LA ROCK』“STAR STAGE”初日のド頭でやるのは誰かというと…!!」
 
 
♪ Sweet Dreams / BIGMAMA
 
 
そう、BIGMAMA先生!!
 
140430_sol03.jpg

 
とーやま校長「これを聴いた時、ライブを観た時にすごいキレイな色だなって思って、自分が上手く行っていないときは濁った色だったり真っ白になってるんだけど、この曲はキレイな色を与えてくれる曲だなって思って」
 
よしだ教頭「浮遊感や疾走感がある曲はたくさんあるんですけど、この曲は助走から飛び立つ感じがして。初めは地上にいるんですけど気づいたら一番高く飛んでいるなって感じました」
 
とーやま校長「そういう事を僕らは思ってるんですよ、金井先生」
 
金井先生「うふふ!」
 
とーやま校長「ちょっと恥ずかしかったかな〜!」

さあ生放送教室には…!
 
140430_sol04.jpg

BIGMAMA先生!!!がもういるぞーーーー!!!
 
140430_sol00.jpg
金井 政人先生(Vo/Gt)

 
140430_sol05.jpg

 
新曲が出来ると我が校に届けてくれて、その熱い“想い”で我が校と共鳴してくれる…BIGMAMA先生。

 
今日は4月30日。新学期がはじまって1ヶ月が過ぎようとしている今、生徒が考えている事、思っている事を学校掲示板に書き込んでもらい、BIGMAMA先生と共に生徒達と話をしていきました!!
  
とーやま校長「約2年ぶりですけど、覚えてます?」
 
金井先生「ずっと想ってた学校ですよ。だから想像してくださいよ、遠距離恋愛だったら、今ハグしてますね!」
 
とーやま校長「聴いたか! 金井先生がハグしてくれているぞォーーー!!」
 
140430_sol06.jpg

 
まずは昨日、鹿野 淳先生から熱く語って頂いた、「VIVA LA ROCK」!
初日の“STAR STAGE”のトップバッターを飾るのはBIGMAMA先生ということで、その事について聞かせてもらいました!
 
金井先生「もうこけら落としですよね」
 
とーやま校長「『VIVA LA ROCK』はBIGMAMA先生から始まるわけですけど、どうです? しかっぺ先生の想いとか」
 
金井先生「もぞもぞしますね〜!!(笑) しかっぺ含めてイベントに対する愛情が溜まりに溜まっているので、それをちゃんと演奏に変えて言葉に変えておいて行きたいと思います!」
 
とーやま校長「しかもこの日は誕生日ということで!
 
金井先生「はい! このフェスと一緒に誕生日を迎えます!」
 
とーやま校長「我が校の生徒も行くと思うのでよろしくお願いします!!」
 
金井先生「任せてください!」
 
140430_sol07.jpg

 
そして、BIGMAMA先生は今月コンセプトアルバム「Roclassick2」をリリース!! おめでとうございます!
誰もが一度は耳にしたことのあるクラッシクの名曲をBIGMAMA流に再構築したアルバム!
 
とーやま校長「これ、3年前にも出されましたよね?」
 
金井先生「はい。初めは遊び心で、お姉ちゃんの結婚式で『カノン』(パッヘルベルのカノン)が流れて、それに感動したんですね」
 
次の日に、BIGMAMA、ヴァイオリン担当の東出真緒先生に演奏してもらい、金井先生がギターで合わせた瞬間、“これで曲が作れる”と感じたそう!
 
金井先生「“ロックバンドがクラシックのフレーズを借りて曲をつくる”って事で2011年に『Roclassick』から始まって、レベルアップして届けたいって思ったのがこのタイミングでした」
 
とーやま校長「全部知ってる曲なんですけど、聴いてみたら、先人達が作った曲って本当に良い曲!」
 
金井先生「想像してみてください。100年続いている曲なんです。実際に世の中で今出ている曲が5年、10年先にどうなっているかと考える事があって、100年続いている曲を解体してみて勉強してみようと思って」
 
とーやま校長「曲によって色んな使い方がされていて、色んな表情があって、いいなって思います!」
 
金井先生「今回は7曲なんですけど、毎回イントロから入ると芸がないので、聴いている人にビックリしてほしいって狙いもあって。
単純にクラシックのフレーズって意志があって、それを自分なりにくみ取って、一生懸命リスペクトして曲の中にちりばめる。そしてクラシック曲の力を借りて良い曲にしてライブハウスを熱狂させる。自信を持ってオススメできる曲です!」
 
よしだ教頭「聴いてみて、クラシックってジャンルとしては格式高いですけど、作られた当時はロックだったのかなって思いましたね」
 
金井先生「もしかして今やっているトップ10が全部クラシックだったかもしれないし、100年後にはまたそうなっているかもしれない。それに自分の心の中で触れられる事は作曲家として心が洗われる気分でした!」
  
140430_sol08.jpg

 
ここからは、金井先生と一緒に、新学期から1ヶ月経った今の気持ちを書き込みをしてくれた生徒に逆電!!
 
みすず^o^ 山形県 15歳 女
 
BIGMAMA先生の曲が好きで、最近聴いているという RN みすず^o^!
高校が始まって1ヶ月経った今はどんな気持ち?
 
みすず^o^「ちょっとイマイチで。もっとクラスの人と仲を深めるためにはどうすればいいかなって」
 
RN みすず^o^のクラスは約30人が女子! 既にグループができ始めていて、RN みすず^o^も入っているのだが時々会話に入れない時があるそう。
 
金井先生「そうだね。ちなみにそのクラスは1年単位でクラス替えがあるのかな?」
 
みすず^o^「1年後にクラス替えがあるので、2年と3年は別のクラスになると思います」
 
金井先生「じゃあそのクラスでいるのは1年だけって事だよね。それならなるべく上手くやっていた方がいいと思う。話題も人の嫌なところを話すんじゃなくて、共通の楽しい事を見つけて、分かち合える子を見つけるのが良いのかなって思います。
そうすれば学校に行くのが楽しくなるしね! ちなみにみすず^o^は何が好きなの?」
 
みすず^o^「音楽が好きです」
 
金井先生「いいじゃん。音楽好きな友達がいたら学校も楽しいって思うだろうし、それに気づいてもらうためには自分から言っていくのが大事で。そうすれば周りが気になって来ると思うから。どうだろう?」
 
みすず^o^「はい! 私も音楽が好きって事は少し言ってて、好きなバンドのキーホルダーを付けてたら、話しかけられました!」
 
金井先生「いいじゃん!」
 
とーやま校長「そういう事をもっといっぱいね。逆に、そういう事を言ってるやつに興味を持って声を掛けてみるとか」
 
金井先生「自分が興味あるものを分かち合えたら嬉しいように、きっと相手も興味を持ってくれたら嬉しいから積極的になることで楽しくなると思う!」
 
みすず^o^「はい!!」
 
よしだ教頭「ちょっとずつ相手を知っていて、ちょっとずつ自分を知ってもらったらいいんじゃないかな」
 
金井先生「あとはちょっとニコニコしてみるとか、楽しく過ごしたいなら楽しそうにしてみるってのもいいよ!」
 
明日からも学校へ行ってらっしゃい!!
 
140430_sol09.jpg

 
BIGMAMA先生は、5月11日母の日からアルバム「Roclassick2」を引っ下げて、ライブツアー「Roclassick Tour 2014」をスタート!!
生徒からも楽しみという書き込み、メールが沢山届いています!!
 
金井先生「あんまりいないと思うんですよ。ロックバンドがクラシックの力を借りて、ライブハウスを熱狂させるなんて。何か生まれると思うので、ぜひ目撃してほしいと思います」
 
140430_sol10.jpg

 
次はこんな生徒に逆電をしました!
 
ひろちーず 宮城県 17歳 女
 
BIGMAMA先生が本当に大好きだという、RN ひろちーず!
「Roclassick2」も買って毎日聴き惚れており「Roclassick Tour 2014」にも参加するそうです!
 
とーやま校長「どうだい? この1ヵ月は?」
 
ひろちーず「微妙な感じです。今まで目指していたものが無くなってしまったので」
 
高校1年生の時からある大学の一つの学部に入る事を目標に勉強してきたという、RN ひろちーず。
しかし来年度からその学部は無くなってしまうことになった。
 
ひろちーず「2年間、頑張ってきたんですけど、それを知ったのが3年の最初で。今も引きずっています」
 
金井先生「それはたいへんですね…」
 
とーやま校長「それを一点集中でやってきたのにな…」
 
他の大学・学部に入る事は考えてこなかったのでどうしたらいいかわからず、勉強に対するやる気もなくなってしまったそう。
 
金井先生「そうだよね。何のために頑張ればいいかハッキリしないと勉強にも身が入らないのは理解できる。
でも僕は“どうしたらいいかわからない”って質問された時は“どうしたっていいんだよ”って必ず言うようにしているんです」
 
ひろちーず「ああ…!」
 
金井先生「今はきっとひろちーずは何をしたっていいと思うんですよ。だからなるべく色んな人に会って、色んな場所に行って、色んな出会いを経験する。
改めてドキドキできる興味ある物を見つけられるはずだと思うんですよ」
 
ひろちーず「はい!」
 
とーやま校長「もしもね、神様がいるとしたらひろちーずにそういう時間を与えてくれたのが今って事なんですかね」
 
金井先生「そうですね。無くなったものはどうしようもないって思うんです。学部復活とはならないと思うし。良いチャンスだと思えるように色んな出会いを沢山してほしいと思います」
 
とーやま校長「目指した学部は無くなっても、実際この2年間が無くなるわけじゃないですもんね」
 
金井先生「そうですね。何かに頑張っていた時間って宝物だと思うんですよ。だから大切にしてほしいですね」
 
応援してるぞ! 頑張れRN ひろちーず!
 
 
140430_sol12.jpg

 
最後に逆電したのはこの生徒!
 
ゆっこぱんまん 東京都 16歳 女
 
今、自分の夢が親に反対されていて、後悔しないように押し切るべきなのか悩んでいるという、RN ゆっこぱんまん。
 
ゆっこぱんまん「去年の夏のフェスに行かせてもらって、沢山の人が笑顔で自分も勇気を沢山もらったんです。だからもっと知らない人に教えてたくて、フェスを作りたいんです」
 
RN ゆっこぱんまんがやりたい事は音響や照明。ステージの設営など専門的な事。
 
ゆっこぱんまん「でも親からは雑誌の編集者などの広い職業でもフェスには関われるんじゃないかって言われて、あんまり親は専門的な方に行ってほしくないみたいで」
 
先日BIGMAMA先生がラジオ番組の公開収録に出演した時、周りで準備や運営をしている、専門学生がキラキラして見えてやりたいという想いが強くなったそう。
 
金井先生「具体的にはどんな仕事に就きたいの?」
 
ゆっこぱんまん「ステージを作って、企画もしたいんです」
 
親や塾の先生と進路について話合った時は、大学に行くか、専門学校へ行くかで意見が分かれたそう。
 
ゆっこぱんまん「私は専門学校のほうが楽しそうで行ってみたくて。でも親は、大学に行っている人が多いから。大学に入って、広い範囲でやったほうがいいって」
 
140430_sol11.jpg

 
とーやま校長「金井先生はどうでしたか?」
 
金井先生「2つ、話したい事があって。自分がミュージシャンになった時の話とイベントについての話です」
 
まずはイベントについて話してくれました。
 
金井先生「イベントって雑誌の企画だったりして、フェスって年がら年中やってるわけじゃないんですね。普段雑誌の仕事をしている人が年に何度か雑誌の流れ、力でやっている。
フェスに行ってみると、別の学校を出ている技術屋さんがつくっていたりしているので、もしかしたら親御さんが言ってることが正しいのかなって思いました。
もうちょっと自分がやりたいフェスがどんな仕組みでできているのかもうちょっと調べた方がいいんじゃないかな」
 
ゆっこぱんまん「はい」
 
そしてもう1つが金井先生がミュージシャンになった時の話。
 
金井先生「僕も親に反対されていたの。大学3年で卒論出して、4年の時は勉強するって言って、1年間全国ツアー回っていたの。それで卒業する時に、これ以上嘘付けないと思って、親の前で言ったんです。吉祥寺の料理屋で」
 
それまでは“弁護士になる”と親には言っていたという金井先生。
でも音楽を捨て切れなくて、ミュージシャンになる事を選んだ。
 
金井先生「たぶん気づいていたんですけど黙っちゃって。特に父親が。その後食事をするのに食器の音しかしなくて…。
結局、親がどうこうじゃなくて自分が決めるかどうかなんです。ゆっこぱんまんが“えいッ!”って決めたら決まるんだよ」
 
140430_sol13.jpg

 
金井先生はミュージシャンになることを親に告げた次の日、父親からある言葉をもらったそうです。
 
金井先生「“お前が巻き込んだ人を絶対に不幸せにするな”って言われて。
それだけは誓おう、守ろうと思って胸に刻んでいるんです」
 
そして自分で決断したからには、自分の決断に責任をもたなくちゃいけない。
 
金井先生「その時に自分にできる事をしっかりやればいいんじゃないかなって思います。以上!!」
 
とーやま校長「どう? 金井先生の話を聞いてみて」
 
ゆっこぱんまん「もうちょと自分のやりたい事を決めてもっと調べて、自分が本当にそれでいいのか考えて、親に迷惑をかけてきたので恩返しできる道を選びたいです」
 
とーやま校長「うん、話を聞いている限り、親もゆっこぱんまんの事を応援してるから、ちゃんと言ったら相談に乗ってくれるから大丈夫だよ」
 
金井先生「きっと大丈夫だよ」
 
いつか、RNゆっこぱんまんが企画したフェスにBIGMAMA先生と校長教頭が出る日が来る事を楽しみにしてるぞ!!
 
とーやま校長「自分のやりたい事で説得するには、金井先生みたいに腹括って時間掛けて、やってきた事を見せるのが大事かもしれないね。これだけやってきたって事を相手にぶつけるのが」
 
よしだ教頭「そうですね、金井先生のお父さんの言葉が胸に響きました」
 
それでは黒板の時間!
本日は、BIGMAMA 金井政人先生に書いてもらいました!
 
140430_sol14.jpg

 
『 信じ“ぬ”者は救われ“ぬ” 』
 
「信じる者は救われる」ってちょっとキレイ事だと思うんですね。
信じていた人がみんな上手くいってたら、自分人生ももっと上手くいってる。世の中もスムーズに行ってる。
だから、僕はこの言葉を信じきれない。
 
でも身の回りに頑張った人、成功を勝ち取った人がいたら、みんな何かしらを信じて頑張った人なんですよね。
一生懸命に何かを得た人、自分の中に幸せに暮らしている人って何かを信じて頑張ってきた人なんだと思うんです。
 
だから僕には、この“ぬ”のほうがちょうどいいかなって。
 
応援する人って、疑っている人より、一生懸命やっている人の事を応援すると思うんです。
信じるものが見つかった人のエネルギーってすごくて、一生懸命やっている人はカッコいい。
 
だから自分の中で信じている、
 
「信じ“ぬ”者は救われ“ぬ”」
 
この言葉をここに置いていきます。
 
140430_sol15_2.jpg

 
とーやま校長「ハッとしました。『信じ“ぬ”者は救われ“ぬ”』本当にそうだなって思って。みんな不安な時期が続いているけど、信じなくちゃいけない。それが自分であり、そうじゃなくても音楽だったり、マンガだったり先生でも良いと思うんだ」
 
金井先生「結果的に自分と人を信じるって事ですね」
 
140430_sol16.jpg

 
BIGMAMA 金井政人先生、本日はありがとうございました!!
ぜひ、また来てください!!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140430_fax01.jpg
RN 滝☆

 
140430_fax02.jpg
RN ゆみたす

 
140430_fax03.jpg
RN ひさめ

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
みすず^o^ 山形県 15歳 女
ひろちーず 宮城県 17歳 女
ゆっこぱんまん 東京都 16歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 Sweet Dreams / BIGMAMA
22:26 C7 / GO!GO!7188
22:39 Swan Song(チャイコフスキー『白鳥の湖』) / BIGMAMA
22:50 bambino bambina(エルガー『威風堂々』) / BIGMAMA
23:11 春風 / flumpool
23:18 明日への賛歌 / flumpool
23:35 Not too late / BIGMAMA
23:50 Sweet Dreams / BIGMAMA
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
BIGMAMA 金井先生、ピカピカに光った鍵をたくさんくれた!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
金井先生の最後の言葉、大切にしまっておきます。
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140429_sol01.jpg

 
『 東京・沖縄 』
 
今日は東京と沖縄で「閃光ライオット2014」第2次スタジオ審査が行われたぞ!
来てくれた生徒のみんなありがとう&お疲れ様!
 
とーやま校長「東京は例年、審査を受ける数が多いから数日に分けてやるのかな、沖縄は今日だけなのかな?」
 
もし今年、沖縄からファイナリストが出れば、2008年のtwelve nineから6年ぶりの出場となります!
 
とーやま校長「ハイサイロック聴きたいな〜! ポップちんすこうとか!」
 
3次審査、ファイナルステージで会えることを楽しみにしてるぞ!!
 
140429_sol02.jpg

 
今夜のSCHOOL OF LOCK!は、
雑誌「MUSICA」の発起人、そして今週末行われるフェス「VIVA LA ROCK」のプロデューサーでもある音楽ジャーナリスト、
鹿野 淳先生が登場!

鹿野先生がプロデューサーとして立ち上げた新たなロック・フェス「VIVA LA ROCK」が、ゴールデンウィークの5月3日・4日・5日の3日間さいたまスーパーアリーナで開催されるということで!!
 
授業の開始から「VIVA LA ROCK」に出演する全アーティストを音源と共に紹介!!
「VIVA LA ROCK」の魅力を鹿野先生から聞きつつ、そして普段は音楽ジャーナリストである鹿野先生に逆インタビューしてくれる生徒も募集しました!!
 
生放送教室には…!
 
140429_sol05.jpg

 
鹿野 淳先生登場〜〜!!
 
鹿野先生「僕ね、昔“SCHOOL OF LOCK!と鹿野さんは危ないから本当に気をつけている”ってあるアーティストから言われた事があるの」
 
とーやま校長「どういうことっすか?」
 
鹿野先生「何を聞かれるかわからないし、何をされるかわからないって。生徒(リスナー)と読者が純粋過ぎて危ないから本当に気をつけているて言われたんだよね。お互い危ないよ〜!」
 
よしだ教頭「混ぜるな危険ですね(笑)」
 
140429_sol03.jpg
鹿野 淳先生

 
140429_sol04.jpg

本日は「VIVA LA ROCK」のグッズを着て来校してくれました!!
 
140429_sol06.jpg

 
とーやま校長「違うんだよ! 今日は『VIVA LA ROCK』が始まるじゃないですか!」
 
鹿野先生「ビバビバ〜!!」
 
とーやま校長「そのことについて聞きたいんですけど!」
 
鹿野先生「実はもう始まってるよ〜!」
 
校長・教頭「えっ!?」
 
5月3日〜5日の3日間、さいたまスーパーアリーナで開催される「VIVA LA ROCK」
それに先駆けて、さいたまスーパーアリーナに隣接する“けやきひろば”では「VIVA LA GARDEN」が開催中!
フットサルコートあり! BBQスペースあり! 大道芸人あり! 埼玉のご当地キャラあり! と盛りだくさんだそう!
 
鹿野先生「そこで今日4時間、DJしてきたよ」
 
校長・教頭「えーーッ!?」
 
そう! 鹿野先生は今日、生放送教室に来る前は「VIVA LA GARDEN」でDJをされていたそうです!!
 
鹿野先生「埼玉の地元の人に愛されようと思ってさ、チケット買わない人にも楽しんでもらおうと思ってやってるわけよ。そうしたらさ、3歳の子が『ray』で踊るんだよね!」
 
とーやま校長「『ray』ってBUMP先生の!?」
 
鹿野先生「そう。68歳のおじいさんがキュウソネコカミの曲で手をグニャグニャさせながら踊って、それを中学生が囲んだりしてさ…!!」
 
とーやま校長「世代が取っ払われている空間があるわけですね!!」
 
鹿野先生「うん! 音楽と街って本当に共存してるんだなって思ったよ」
 
「VIVA LA GARDEN」は明日からも入場無料で開催中!
お休み中の生徒は遊びに行ってみよう!!
 
140429_sol08.jpg

 
そして、ここからはいよいよ「VIVA LA ROCK」について話を聞いていきました!
 
鹿野先生「さっき、全出演アーティスト音源を流してくれたじゃん。アレ聴いて泣いちゃってさ。感動49%、苦労泣き51%で!(笑)」
 
とーやま校長「苦労泣き! まだ始まってもいないのに、そのくらい思い入れがあると!!
鹿野先生は今まで数々のロックフェスを立ち上げてきたじゃないですか。今回「VIVA LA ROCK」をゴールデンウィークにやろうと思ったのは?」
 
鹿野先生「だってさ、夏はいっぱいあるじゃん。
フェスって場所と時期と重要だと思うんです。夏はお盆休みとかがあって、次に年末に休みがガンっとあって、フェスがたくさんある。ある意味完成されている域なんですけど、ゴールデンウィークはなぜか少ない。もちろん『ARABAKI ROCK FEST.』みたいな素晴らしいフェスはありますけど。ゴールデンウィークは日本人の第3のホリデイですよ」
 
鹿野先生は今までずっと、ゴールデンウィークに大きなフェスをやりたいと考えてきましたが、なかなか現実に移す事ができなかったそう。
しかし今回、埼玉県の“埼玉で大きなフェスをやりたい”という想いを受けて実現したそうです!
 
「VIVA LA ROCK」でライブが行われるステージは3つ!! 
 
約2,000人の収容が可能な“CAVE STAGE”!!
約8,000人の収容が可能な“VIVA! STAGE”!!
そして、約18,000人の収容が可能な“STAR STAGE”!!
 
さいたまスーパーアリーナの使えるものは全部使うつもりで準備を進めていくと、スタッフの数だけで約3,000人にも!!!
 
鹿野先生「想像以上で!“スタッフの人数だけで、新木場コーストでライブができちゃう”って盛り上がったもんね!(笑)」
 
140429_sol07.jpg

 
とーやま校長「ロックフェスって開催するにあたって“意義”や“意志”があると思うんですけど、今回の『VIVA LA ROCK』にはどういった意味が込められているんですか?」
 
鹿野先生「フェスをやるに当たって大事な事が2つあるんです。まず音楽フェスで一番大事なことが“ウソをつかない”ってことです。これはやりたいことにウソをつかないってことで、“やれることをやるんじゃなくて、やりたいことをやる”のが音楽フェスなんですね」
 
開催場所、動員数、予算から計画していくのが、やることのできるフェス。
 
鹿野先生「そこから入ると、どうしてもフェスの空気がよどんじゃうんですよ。だからまず“やりたいこと”から入って、後でお金とか人を集める。実現するためにお願いをして、新しいコミュニケーションの関係を作っていく。
人間ってやりたいことがある生物でしょ。死ぬのがわかっているから、それまでにやりたいことをやるために1日1日を頑張ってるでしょ。やりたいことにウソをつかないでやっていくと良いフェスができると僕は信じています」
 
140429_sol09.jpg

 
続いて、フェスを開催するにあたって大事なことの2つ目!
 
鹿野先生「今回、“ROCKフェス”をやろうと思っているんです。今世界中でフェスブームが起きているんですけど、そもそもフェスって“ROCK”から来ていて。『Woodstock Music and Art Festival』みたいな無料でやる。“自由に対価はいらない”って感じのものなんです。
僕は残念ながら、無料でフェスはできないんだけど、原点にある“ROCK”をフェスで盛り上げてみたいなと思っているんです」
 
最近のロックバンドのニュースが取り上げられる事が少なくなっていると感じる、鹿野先生。
 
鹿野先生「それって多少、“やっぱり過小評価されているのかな”って感じて。僕は“ROCK”を生業に25年間仕事してきて、自分自身も50歳という総決算を迎えるわけですよ。だから、25年間の総決算としてもう一度みんなと“ROCK”を楽しみたいと思っています。実際には口で言うよりも現場で示したいですね」
 
140429_sol10.jpg

 
「VIVA LA ROCK」には我が校に縁にあるアーティストが数多く出演!
タイムテーブルを見て、どのステージに行くか迷う生徒もたくさんいるはず!!
 
鹿野先生「結構悩んだんですよ。全アーティストが見れるように余裕を持ったタイムテーブルにしようと思ったんですけど、うちのフェス一組のアーティストの時間が長いんですよ。50分とかが多くて。
50分ってもう1本のストーリーじゃないですか。だからフェスの中でもストーリーを描いてほしくて。この出演数なので、ちょっと重なるタイムテーブルを組んで、後は出演者に任せました」
 
とーやま校長「友達と、どのアーティスト見るか決めて、“おれ、こっちのステージ観に行くから後でここに集合な”とかやるんだろうな…!」
 
鹿野先生「みんなタイムテーブル好きだね〜!! フェスでタイムテーブルを発表する前にドアァって圧力で“どうなってるんですか!?”って来て、発表したらみんなハッピーバイブレーションでさ!
あれがあることでみんなイメージするんだろうね! ジオラマができちゃうんだろうな!」
 
とーやま校長「苦しみもありますけどね! “ここ重なってるじゃん!!”とか(笑)」
 
「VIVA LA ROCK」の詳細はオフィシャルサイトをチェックだ!!!
 
140429_sol11.jpg

 

親子でビバラ!
しかっぺ先生、こんにちは!VIVA LA ROCK、5月4日に母と2人で行きます(^O^)!今年の初めに私が病気になってしまい落ち込んでいたときに、ビバラを知りました。病気だし、どうせ行けないだろうなーと思いつつも、母に好きなアーティストがいっぱい出るフェスがあると話したところ、絶対に病気を治して行こう!となりました。手術も成功し、1ヶ月の療養期間を終えて、無事ビバラに間に合いました!もう、楽しみしかありません!そこで質問です!41歳の母がフェスに行くのは初めてなのですが、何か気をつけるべき点はありますか?
純ktm、
女/20/東京都
2014/04/29 14:49



 
とーやま校長「41歳で初フェス!!」
 
鹿野先生「でも俺より8歳若いじゃん! 超若いよ!! だから行ったらまず自分の年齢を忘れることが大事です!」
 
年を重ねると“俺、こういう経験してきてるから、俺、色々知ってるから”というものが付着してくると考える、鹿野先生。
でもフェスの現場は一瞬一瞬が奇跡の出会いだから、そういうものが一切関係ないとのこと!
 
鹿野先生「フェスから日常に戻ってくると経験が物を言ってくるんですけど、ロックフェスには関係ないですね」
 
とーやま校長「本当にそうですね! 参加してる側としてもハッとしました!」
 
鹿野先生「だから自分の事だけを考えちゃいけない。フェスって机とイスがないんです。普段は自分の机があってそれを中心に秩序がある。でもフェスには秩序がないし、決められない」
 
秩序が無いから、他の人とぶつかるし、人の間をすり抜けていくことなる。
だから他の人と共存することを考えなければつまらないものになってしまうとのこと。
 
鹿野先生「当たり前に人と生きていく。人と違う。でも違うから面白い。そうやって生きていく気持ちになるとフェスって楽しくなる」
 
140429_sol20.jpg

 
ここからは音楽ジャーナリストの鹿野先生に、生徒から“逆インタビュー”!!
生徒の質問に直接、答えてもらいました!
 
PON太 神奈川県 15歳 女
 
「VIVA LA ROCK」には初日の3日に1人で参加するという、RN PON太!
 
鹿野先生「フェスに1人で参加するのが不安って人が結構いるんですけど大丈夫だよ。あっという間に終わるから。
不安な気持ちは未知の発見への衝動になるのからそのまま持っていてほしい」
 
PON太「はい!」
 
フェスでは色んな事が起きるはず。
同じく1人で参加している人とコミュニケーションを取って友達になってみたりすると、新たにそこから始まるストーリーがある!
日常ではなかなか無い、誰かに声を掛けてみたり、声を掛けられる事も“間違った”と思ってやってみたほうがいいとのこと!
 
鹿野先生「みんな心を開放していたり、開放されたいって思っているから、自分も声を掛けられたらホッとすると思うんだ。その心の隙間から愛が生まれるかしれない…!」
 
とーやま校長「来たね〜〜!!」
 
140429_sol21.jpg

 
3日に出演するアーティストの中では、特にBIGMAMA先生が楽しみだという、RN PON太!
 
鹿野先生「PON太さんは何故、BIGMAMAが3日に出演するかわかりますか?」
 
PON太「ボーカルの金井さんが誕生日だから…?」
 
鹿野先生「そうなんだよ!」
 
とーやま校長「え! そうなの!?」
 
明日、我が校に来校するBIGMAMA先生!
実はBIGMAMA、金井先生から直接“3日に出してほしい、祝ってほしい!”とお願いされたそうです!!
 
とーやま校長「しかも、3日の“STAR STAGE”のド頭じゃないですか!」
 
鹿野先生「そう。そしてもう一人、誕生日のアーティストがいるんだけど、PON太さんは誰だかわかる?」
 
PON太「KANA-BOONの鮪さん!」
 
鹿野先生「詳しい〜! この子は音楽が好きだ!」
 
KANA-BOON先生は3日、“ViVA STAGE” のトリを務めます!!
 
鹿野先生「ここには意志が込められていて。『VIVA LA ROCK』はこの5月3日がハッピーバースデーなんですよ。だからハッピーバースデーのアーティストと一緒に始めるんです」
 
よしだ教頭「すげ〜! 鳥肌立った!」
 
PON太「さらに楽しみになりました!」
 
140429_sol22.jpg

 
そんなRN PON太から鹿野先生へインタビュー!! “タイムテーブルをどうやって作ったのか!?”
 
鹿野先生「まず一番大事なのは各ステージの“ヘッドライナー”、トリを決めるんです。これはブッキングをする段階でイメージを持っておくんです」
 
収容客数が一番の多い“STAR STAGE”のトリは、3日 ACIDMAN先生、4日 the telephones先生、5日のトリ前には星野 源先生なのですが、この3組は埼玉県出身!
鹿野先生が埼玉の人と共生していきたいと考え選んだそうです!
 
鹿野先生「その次に重要なのがトップバッターを選ぶ事です。フェスって1日丸ごと来てほしいんですよ。だから最初のアクトを見てほしいんです」
 
“STAR STAGE”のトップバッターは3日 BIGMAMA先生、4日 Base Ball Bear先生、5日 SPECIAL OTHERS先生!
 
鹿野先生「一番最初にブッキングしたのがSPECIAL OTHERSなんです」
 
鹿野先生企画のフェスにまだ出演してもらっていなかったSPECIAL OTHERS先生。
そのSPECIAL OTHERS先生を初めて呼ぶことで、アーティストのブッキングを始めていこうと決意されたそうです!
 
鹿野先生「自分の中の意志のスタートだったわけです。だからその人たちに最終日のスタートを切ってもらおうと思って」
 
とーやま校長「はあ〜!! これどうよ!? PON太?」
 
PON太「もう、鹿野さんすごいなって!」
 
鹿野先生「いやいや、“最初と最後が肝心”ってよく言うでしょ。それをブッキングとタイムテーブルでもやってるわけですよ。人生でも最初と最後が大事でしょ。
ライブでも初めから心を開いていかないと、途中に何か展開があった時、起承転結の“起”からノっていかないと上手くノれないわけですよ」
 
最初がフェスとしてバシッと決まると最後まで、フェスを開催する側も参加する側も楽しめるフェスになるそうです!
 
鹿野先生「最初と最後を気持ちを込めて参加してもらうと、結果的にずっと気持ちがこもったフェスになると思います」
 
とーやま校長「なあPON太! これでより楽しめちゃうな!」
 
PON太「はい! 私『VIVA LA ROCK』が初めてのフェスなんです!」
 
鹿野先生「うれしいな、ここから新しい体験が始まるんでしょ。これからもっともっとフェスを掘っていきたくなるように頑張ります!」
 
PON太「ありがとうございます!!」
 
 
♪ 緑閃光 / LAMP IN TERREN
 
 
とーやま校長「僕、初めて聴いたんですけど良い曲ですね!」
 
鹿野先生「なんかね、自分の頭の中でこの音楽だけがものすごい光るんです。光っている以外のところはモノトーンになっていくイメージがあって。音楽が前の方に輝いて、自分だけのために鳴っている錯覚を覚える」
 
とーやま校長「まだ出会った事の無いアーティストに出会えるのもフェスの魅力ですよね」
 
鹿野先生「ラジオって1対1のメディアじゃないですか。音楽も最終的に1対1のメディアで、だからこそ今一期一会のライブが盛り上がっている。
この音楽は1対1の出会いを感じさせる曲なので是非、ライブで聴いてほしいです」
 
そして黒板の時間!
本日は鹿野先生に書いてもらいました!
 
140429_sol23.jpg

 
『 主人公 』
 
色んな人たちが参加する埼玉のフェスについて代弁させてもらって、今日僕は主人公になりました。
これほど光栄な事はありません。
 
フェスはきっと音楽を流す人達が主人公です。
その人たちがいないと成り立たない。
 
でも音楽を流す人達は自分達を主人公だと思っていない。
聴いてくれている人達がいるから、曲を流すことができていると思っている。
 
この学校ではラジオの前の生徒達、「VIVA LA ROCK」ではチケットを買って参加してくれる人達、
つまり君達が主人公です。
 
フェスって他の人の時間、アーティストの時間を感じると長い1日と感じてしまうけど、
自分が主人公だと感じて参加してくれれば、あっという間に過ぎていく。
 
だから、僕は自分が主人公だと思っているし、アーティストは自分の時間を演奏するし
みんなが自分の時間を、僕やアーティストから剥ぎ取ってください。
 
140429_sol24.jpg

 
 
♪ ナイトクルージング / フィッシュマンズ
 
 
フィッシュマンズ先生には一度、ブッキングを断られたという、鹿野先生。
しかし、茂木先生に熱意を語って口説き、その茂木先生がメンバーを口説いて出演が決まったそうです! 
 
鹿野先生「すごく乱暴に言うと、このフェスをやってよかったと思う瞬間でした!」
 
とーやま校長「行くって決まってるやつはんもちろん、悩んでいるやつも行ったほうがいい! 楽しめる事確定だ!」
 
140429_sol25.jpg

 
鹿野 淳先生、本日はありがとうございました!!
また来てください!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
PON太 神奈川県 15歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 アンダースタンド(2004 国営ひたち海浜公園) / ASIAN KUNG-FU GENERATION
22:26 きみのキレイに気づいておくれ / サンボマスター
22:46 良いDJ / キュウソネコカミ
22:52 Urban Disco / the telephones
23:09 スタンダード / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:23 Can't Be Forever Young / Gotch
23:26 アフターダーク / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:43 緑閃光 / LAMP IN TERREN
23:51 ナイトクルージング / フィッシュマンズ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
しかっぺ先生面白い!
こんな面白い人間が作ったFES、面白くないわけがないよ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
鹿野先生、素敵な大人だった
少年のようでもあった
ああいう大人が増えればいいのにな!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140428_sol01.jpg

 
『 あと2週間 』
 
とーやま校長「…あと、2週間です!」
 
よしだ教頭「何が?」
 
とーやま校長「5月12日まであと2週間!」
 
よしだ教頭「何があるんでしょう?」
 
とーやま校長「そう! ついにあの11月13日から半年! ここで頑張れないヤツはダメだ!!」
 
よしだ教頭「分かってる人は分かってると思いますが…頑張れとーやま校長!!」
 
さあとーやま校長にとってこの2週間は追い込みの時期!!
応援しています!!
 
140428_sol02.jpg

 
本日のSCHOOL OF LOCK!は、この春、新生活を迎えた全ての生徒に贈る2時間!
『LIVE OF ROOKIEスペシャル!』
 
今月20日、東京 恵比寿リキッドルームで開催された、SCHOOL OF LOCK!の新入生歓迎LIVE「LIVE OF ROOKIE」!
当日、出演してくれたアーティストは…!
BLUE ENCOUNT
シナリオアート
赤い公園
東京カランコロン
 
以上の4組が会場に集まった新生活ルーキーたち、
今日これを聴いているみんなに向けてLIVEを届けてくれました!
 
そして、今夜はすでにアップしているLIVEレポートと一緒に音源を聴いていきました!!
 
140428_sol04.jpg

 
当日は、音楽界の未来の鍵を握る、4組のルーキーに登場!!
どのバンドも自分たちのLIVEの時間を“授業”として考えてくれて、担当教科も叫んでくれました!!
 
まずみんなに聴いてもらうのは…音を楽しむ、音楽の授業担当!
 
140428_sol03.jpg


東京カランコロン先生!
 
 
♪ 恋のマシンガン (LIVE) / 東京カランコロン
 
 
♪ 16のビート (LIVE) / 東京カランコロン
 
 
140428_sol05.jpg

  
とーやま校長「聴いてみてわかると思うけど、すごい楽しかった!!」
 
よしだ教頭「そうですね!」
 
とーやま校長「ライブレポートの写真に載ってるんだけど、せんせい先生の笑顔が輝いてた!」 
 
続いては、この日の美術の授業担当!
 
140428_sol06.jpg


シナリオアート先生!
 
 
♪ スペイシー (LIVE) / シナリオアート
 
 
♪ ホワイトレインコートマン (LIVE) / シナリオアート
 
 
140428_sol07.jpg

 
とーやま校長「シナリオアート先生は、綺麗な曲で、音で、言葉で届けてくれた!
ステージの後ろには白いスクリーンがあって、曲によっては映像が流れていて、目でも音が感じれて、体全体でシナリオアート先生の音を楽しむ事ができた!」
 
よしだ教頭「本当に一つのお話みたいでしたよね。自分もお話の中に入っていって…!」
 
とーやま校長「ドラムのクミコ先生がカッコよくて! 話している時はほんわかしている感じなのに、ドラムを叩くとあんなに女前(男前の女の子バージョン!)だったな!!」
 

シナリオアート先生!
ライブ行きましたよ〜!音と光がめちゃくちゃ美しくてうっとりしてました(? ?ω? ?)
GIANTS歴6年のbaby
女/18/神奈川県
2014/04/28 22:42



とーやま校長「ホントにきれいだったな! 曲が終わったらみんな拍手してたけど、曲の最中はみんな見入っていて。シナリオアート先生からたくさんもらって、どこかに連れて行ってもらったよね」
 
続いては…! この日の保健の授業担当!
 
140428_sol10.jpg

 
赤い公園先生!
 
 
♪ のぞき穴 (LIVE) / 赤い公園
 
 
とーやま校長「面白くて、こんなにカッコいい曲をやっちゃうんだもんな! ライブを観たやつ、この音源を聴いてるやつ、どんな事を思ってるのかな。
保健の先生って言ってくれたけど、4人の話を聴いているうちにいつのまにか悩みが解決しちゃう、小さく思えるかんじだよな」
 
よしだ教頭「この音が保健室から流れてきたら絶対飛び込む!」
 
とーやま校長「音もずっと良い意味で変態だったし…たまらないな!」
 
 
♪ 塊 (LIVE) / 赤い公園
 
140428_sol09.jpg

 

とーやま校長「この『塊』を聴いてると体中の内臓を入れ替えられている感じで」
 
よしだ教頭「練り動く、揺れ動くの先って感じでしたね」
 
とーやま校長「胸を掴まれて“お前は何?”って聞かれて、何も言えないって感じになった自分がいた」
 
140428_sol08.jpg

 
ここで一人の生徒に逆電をしました。
 
なぁちょん 埼玉県 17歳 女
 
この春、高校3年生になった高3ルーキー!
今夜オンエアしたLIVE音源の感想を聞いてみると…
 
なぁちょん「最高です!!」
 
とーやま校長「どんなこと思った?」
 
なぁちょん「それぞれ音に個性があって、ライブに行きたいって思いました!」
 
高3になり、受験生になった RN なぁちょん。
銀行員になりたいという夢のために、大好きなライブに行くことを我慢することを決意。
自分の心と戦っていながら勉強しているそう。
 
なぁちょん「“LIVE OF ROOKIE”にも行きたかったんですけど、1回でも行ったら、あまやかしてもダメだなって思って。勉強して大学に行ったら、大好きなブルエン先生のLIVEとか行きたいって思ってます!」
 
とーやま校長「そうか…。すごいな」
 
よしだ教頭「本当に戦っている」
 
とーやま校長「なぁちょん。俺は強い人間がどんな人間って、腹を括っている人間だと思う。なぁちょんは腹を括っている! そういうやつは強いよ!」
 
なぁちょん「はい…!」
 
とーやま校長「やりたいことがあるから迷いが無いだろ?」
 
なぁちょん「な…いです!」
 
とーやま校長「無いって言っていこう! お前が決めたことだから俺らは全力で応援していくよ!」
 
なぁちょん「ありがとうございます!」
 
よしだ教頭「立派な銀行員に!!」
 
とーやま校長「おまえはそのままで大丈夫だ! この1年がお前を助ける1年になるから。明日からも頑張って! お前ならどこまでもいけるから!!」
 
なぁちょん「はい!!」
 
140428_sol11.jpg

 
 
♪ NEVER ENDING STORY (LIVE) / BLUE ENCOUNT
 
 
聴いてもらったのは、「LIVE OF ROOKIE」体育の授業担当!
 
BLUE ENCOUNT先生!
 
とーやま校長「温度がすごかった! こんなに熱いのかって思うほど熱気がハンパなかった!!」
 
よしだ教頭「体育担当であり、お祭り感もあって…!」
 
とーやま校長「ブルエン先生も言ってたけど、迷いなく一直線に、行きたい場所があったら行ったらいいんだよ!
行きたいところへ全精力を向けて行くってライブだった!!」
 
140428_sol12.jpg

 
そして黒板の時間。
 
とーやま校長「今夜は当日の会場にいる、BLUE ENCOUNTの田邊先生からのメッセージをみんなに届けます」
 
LIVEの途中、田邊先生は突然マイクを置き、ステージを降りて、みんなと近い場所に来て叫んでくれました。
今夜はその言葉をとーやま校長が届けてくれます。
 


バンドマンも、いろんな人と戦っている。
少しずついろんなところに出だすと、叩く奴も増える。
 
でも、田邊先生たちは死ぬ気で戦っている。
戦えば戦うほど、ムカつかれるし、ウザがられるし笑われる。
でも戦わないと始まらない。何も変わらない。
 
BLUE ENCOUNTもひどく笑われながらも、命がけで自分たちがやることに自信を持って戦っている。
 
あなたもどうか、戦おう。
 
何でもいい、何かを言うことも戦いだし、黙ることだって戦い。
とにかく戦おう。それで嫌われてもいいじゃんか。
 
でも、嫌なことがあったら、辛いことがあったら、人の前では隠して、家で死ぬ気で音楽に逃げよう。
めちゃくちゃ音楽に逃げよう。 恥ずかしいくらい。
 
人は、すぐ裏切る人もいるし、調子いいことを言う人もいっぱいいるけど、
あなたが信じた音楽は、絶対に、裏切らない。
 
田邊先生はそうやって生きていて、そうやって勇気をいっぱいもらってきて、今日このステージに立っている。
 


とーやま校長「そして、田邊先生はこの話をしてくれたあと、そのまま、マイクも何も通さずに、その喉から出た声だけを使って…歌い始めました」
 
 
♪ HANDS (LIVE) / BLUE ENCOUNT
 
 
140428_sol13.jpg

 
とーやま校長「行くしかないね!」
 
よしだ教頭「戦うしかない!」
 
とーやま校長「俺達はまだまだ全然行けるから! それだけだ! 以上!!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140428_fax01.jpg
RN 赤秋

 
140428_fax02.jpg
RN ゆーき

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
なぁちょん 埼玉県 17歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:02 その日がきたら / ハルカトミユキ
22:23 夢のはなし / SHISHAMO
22:31 恋のマシンガン (LIVE) / 東京カランコロン
22:36 16のbeat (LIVE) / 東京カランコロン
22:40 スペイシー (LIVE) / シナリオアート
22:46 ホワイトレインコートマン (LIVE) / シナリオアート
23:15 パーフェクトスター・パーフェクトスタイル / Perfume
23:27 のぞき穴 (LIVE) / 赤い公園
23:31 塊 (LIVE) / 赤い公園
23:39 NEVER ENDING STORY (LIVE) / BLUE ENCOUNT
23:48 HANDS (LIVE) / BLUE ENCOUNT
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
いつでもルーキーですわ僕達は。
おごらず、えばらず、常に前のめりだ。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
やってやろうぜ。自分のためにも!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
140424_sol21.jpg

 
ここからは後半!
「春からけしからんランキング!!」第2位は…!?
 
中田マサタカ 東京都 17歳 男
 
中田マサタカ林の中で彼女と初パフォーマンスしました!
 
全員「えぇ…!?」
 
とーやま校長「林の中で…!? どういうこと!? 24マン大丈夫?」
 
堀之内先生「そっちのほうがスゲー!!」
 
とーやま校長「出た!! 竹中直人さん!(笑)」
 
付き合って一年ほどの彼女がいる、RN 中田マサタカ。
家には親がいるので公園などでイチャイチャしているそう!
4月に入ると花見で公園は人がたくさんいたため、2人っきりになれる場所を探して…
 
中田マサタカ「どんどん林の方へ」
 
小出先生「サクラが咲いている方から誰もいない林の方へ!」
 
よしだ教頭「サクラの立場よ」
 
そして木が多い茂った秘密基地みたいな場所を発見!
最初はキスだけだったが…
 
中田マサタカ「せっかく人がいないから普段できないことをしようってなって」
 
よしだ教頭「人がいない方へ選んだんだろ!」
 
中田マサタカ「首キスしてエベレスト開放して…!」
 
小出先生「開放って山の管理人かい!!」
 
中田マサタカ「エベレストを食べました!」
 
全員「エベレストって食えるの!?」
 
小出先生「巨人かよ!」
 
その後はどんどん流れで、エベレストから林の方へ進んでいきパフォーマンスをしたそうです!
 
小出先生「観客のいないパフォーマンスをね。無観客試合をしたと!」
 
140424_sol23_2.jpg

 
堀之内先生「一ついいですか!? その後もやってるの!? 回数重ねていたら自然が怒りますよ!!」
 
中田マサタカ「まあ…彼女次第ですね」
 
堀之内先生「自然が怒ってるぞーーーーーー!!!!」
 
よしだ教頭「24マンは自然に育てられたんですね!(笑)」
 
堀之内先生「サンクス!ネイチャーーーー!!!」
 
ここで24マン今日一番の怒り爆発です!!!
 
堀之内先生「これ常習になりますよ」
 
とーやま校長「普段のパフォーマンスが物足りなく感じるよね。どうです湯浅先生?」
 
140424_sol22.jpg

 
湯浅先生「でもうらやましいな」
 
中田マサタカ「ありがとうございます」
 
堀之内先生「もうお前らだけでやれよ!!」
 
ということで、「春からけしからんランキング!!」第2位はRN 中田マサタカ!
 

それではとうとう第1位の発表!!
「春からけしからんランキング!!」第1位は…!?
 
140424_sol25_2.jpg

 
奏愛(そうあ) 北海道 16歳 女
 
とーやま校長「 奏愛(そうあ)よ。何をしたか言ってみろ!」
 
奏愛(そうあ)カレの弟がいる空間で、パフォーマンスしちゃいました!!!
 
とーやま校長「ダメでしょ…これは…!」
 
小出先生「何を言ってるの?」
 
堀之内先生「ナーーーシ!!!」
 
関根先生「やめだ、やめだ〜」
 
全員が“無し”と判断!!(笑)
でも叱るためにも話を聞くことに!
 
小出先生「内容聞かなくても“見出し”で怒れるよ! これは」
 
中3のころから付き合っている彼氏がいる、RN 奏愛(そうあ)。
ある日、彼氏の家族が全員出かけている日があり、彼氏の家に遊びに行くことに!!
 
奏愛(そうあ)「それでなかなか無い機会だから一緒にお風呂入っちゃおうかってなって…」
 
小出先生・関根先生「何でそうなるんだよ!」
 
とーやま校長「けしからんね〜!!」
 
朝10時から2人で明かりを消した真っ暗なお風呂に入ったそう…!
 
奏愛(そうあ)「一緒に洗いっこしたりとか…深いチューもして…」
 
小出先生「これ、心が辛い…。この授業辛いわ〜」
 
堀之内先生「俺思うもん。お面していてよかったって…」
 
小出先生「俺も25マンがほしい!」
 
140424_sol26.jpg

 
しかし、お風呂に入ってる間に彼氏の弟が帰ってきていた!!
 
奏愛(そうあ)「カレが様子を見に行くと弟は、大人のDVDを見ていてたんです。それで弟のところへ連れてかれて…」
 
よしだ教頭「今のところエロ屋敷だよ、この家!!!」
 
その後、彼氏は弟に、“DVDを見ていたことは黙っているから、彼女を連れ込んでいることを内緒にしろ”と交換条件を出した!
 
奏愛(そうあ)「それから、その場所で彼氏とイチャイチャしていたんです。でも布1枚挟んだ先にはカレの弟がいたんです…!」
 
関根先生「えーーッ!」
 
とーやま校長「部屋が分かれているわけじゃないんだね」
 
堀之内先生「き、気絶…!!!」
 
よしだ教頭「24マンはピュアなのね(笑)」
 
とーやま校長「声とか聞こえるんじゃないの!?」
 
奏愛(そうあ)「声は出していたんですけど、弟君も見てるから大丈夫かなって」
 
140424_sol24.jpg

 
とーやま校長「これどうします? 関根先生」
 
関根先生「え、え…! ど、どうしよう!?」
 
小出先生「ガチでひいてる(笑)」
  
140424_sol27.jpg

 
堀之内先生「一つよろしいでしょうか」
 
小出先生「24マン復活!!」
 
堀之内先生「僕はもう気絶してるので何も言えないんですけど、最高のリズム隊とギターの音が聴こえました…!」
 
小出先生「幻聴が!(笑)」
 
堀之内先生「素晴らしいライブハウスにいるんでしょうね。やっぱり奏愛(そうあ)と彼氏のリズム隊。そして彼氏の弟のギターソロ。これがあるからこのライブハウスは最高なんだなって」
 
小出先生「何を言ってるの!?」
 
堀之内先生「サンクスネイチャーーーーー!!!!」
 
24マンが取り乱すほどのけしからんさ!!
これは堂々の第1位ですね!!
 
140424_sol06.jpg

 
とーやま校長「最後に湯浅先生、何かけしからん以外の一言があれば」
 
湯浅先生「けしからんですね! 僕、兄貴がいるんですけど、兄貴と兄貴の彼女が上から目線で言ってくるわけですよ。“弟くん、アンタはどうなんだい?”って」
 
小出先生「それはお前の共感だろ!!! 弟目線のけしからんか!!」
 
とーやま校長「お前が第1位だ!!!」
 
以上で、春からけしからんランキングの発表は終了!
そのまま黒板の時間へ!!
 
終わりの黒板も小出先生に書いてもらいました!
 
140424_sol30.jpg

 
『SOL! 大丈夫?』
 
小出先生「いやあのね、生放送教室でこんな事が行われているって知らなかった!」
 
とーやま校長「わりと…やってるんだよね」
 
堀之内先生「俺も聞いたことがあったんだけどウソだと思ってたんだよね」
 
小出先生「今日は24マンがいて助かったけど、いつもは2人でやってるんでしょ! 頑張ってね!!」
 
とーやま校長「頑張ります!」
 
140424_sol32.jpg

 
とーやま校長「今日はアルバム『二十九歳』の話が全然聞けなかったからまた来てもらっていいですか?」
 
小出先生「いいんですか!?」
 
とーやま校長「いつがいいかな〜? 長権限で決めちゃおう! 5月13日!!」
 
小出先生「なんと!!! あ…! 空いてる!」
 
とーやま校長「じゃあ5月13日来てくれるかな!?」
 
小出先生「いいとも〜!!」
 
とーやま校長「24マンは?」
 
堀之内先生「24日じゃないけど…自然が喜んでいるからいくよ〜!!」
 
ということで5月13日の生放送教室に再びBase Ball Bear先生が来校してくれるぞ!!!
次回はニューアルバム『二十九歳』についてたっぷり語ってもらいます!
 
140424_sol33.jpg

 
Base Ball Bear先生本日はありがとうございました!!
5月13日にまたお会いしましょう!!
 
140424_sol34.jpg

 
そして、今夜けしからん生徒を取り締まるために頑張ってくれた24マン!!
ありがとう〜〜〜!!!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

20140424_fax01.jpg
RN ながつき

 
20140424_fax02.jpg
RN 真乃

 
20140424_fax03.jpg
RN ちろる

 
20140424_fax04.jpg

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
パンダパンダ 鳥取県 17歳 女
ちょうえい 東京都 17歳 男
バトルマスターZ~Mk-10~ 山形県 16歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 何才 / Base Ball Bear
22:28  SPACE / KREVA
22:44 愛はおしゃれじゃない / 岡村靖幸 / 小出祐介
23:19 ミュージック / サカナクション
23:37 さくら (独唱) / 森山直太朗
23:50 ぼくらのfrai awei / Base Ball Bear
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
やっぱりベボベは面白い!
アルバムも楽しみだ!
そして24マンありがとう!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ベボベ先生、ありがとうございました!
サンクス、ネイチャー!!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140424_sol01.jpg

 
今夜のSCHOOL OF LOCK!
いつもはとーやま校長の黒板でスタートするのですが…
 
とーやま校長「今夜は俺の手元に黒板はありません!」
 
よしだ教頭「僕の手元にもありません!」
 
じゃあ黒板を書いたのは…!?
 
140424_sol02.jpg

 
小出先生「Aでもない、Cでもない、その狭間でモヤモヤした“B”な生徒のためのクラス、“B組の講師”Base Ball Bearボーカル・ギターの小出祐介です!」
 
関根先生「ベースの関根史織です!」
 
湯浅先生「ギターの湯浅将平です」
 
堀之内先生「本日は24日木曜日! ドラムの堀之内大介です!」
 
Base Ball Bear先生登場!!!
およそ、一ヶ月ぶり!
この学校のB組の講師、ベボベ先生が帰ってきてくれました!
 
140424_sol11.jpg
小出祐介先生(G&Vo)

 
140424_sol12.jpg
関根史織先生(B&Cho)

 
140424_sol13.jpg
湯浅将平先生(G)

 
140424_sol14.jpg
堀之内大介先生(Dr&Cho)

 
140424_sol03.jpg

 
そして、堀之内先生の顔には、今日の日付と曜日が……!
 
小出先生「なかなか似合ってるよね〜。正直、キン肉マンの超人みたいな雰囲気ありますよね」
 
とーやま校長「そう! 読者の人が送ってきたかんじ!」
 
こうして、堀之内先生に名付けられてのが…“24マン”!!!(笑)
 
実は、先週の月曜日この学校の特設サイトにベボベ先生の写真をアップした際、 堀之内先生の顔が“24日(木)”になっていました!
本当に申し訳ありませんでした!
 
それでは 小出先生に黒板の言葉を読んでいただいて授業スタート!
 
140424_sol00.jpg

 
『 二十九歳 』
 
“二十九歳”というのは… 6月にリリースされる、ベボベ先生のアルバムの名!
 
タイトル的にも節目なのかなって大きな意味があるものだと思ったんですけど…
 
小出先生「あんまり気取ったタイトルにしたくなくて。アルバム名が重要ってよりは、入っている曲の一つ一つが影響しあって一個の大きな束になっていくので。ありのままの、セルフタイトルとして考えていただければと」
 
とーやま校長「Base Ball Bearのアルバム『Base Ball Bear』みたいな?」
 
小出先生「そうですね。ありのままってことで今の自分達の年齢、二十九歳にしたって考えてもらえれば今はいいですね」
 
このアルバムの中から1曲。生徒のみんなに新曲を聴かせてもらいました!!
 
 
♪ 何才 / Base Ball Bear
 
 
とーやま校長「俺も何かを作ることがあるんだけど、まだ満足のいくものが作れた事がなくて。“俺ってこんなもんなのかな”って感じる時もあるんだけど、そこで諦めたらダメで。
ちゃんと満ち足りるその時までやり抜かないといけないと改めて思った…!」
 
よしだ教頭「すごい変わっていく事はあるけど芯の部分は変わっていかないんだと思いました」
 
140424_sol08.jpg

 
早速、6月リリースのアルバムの中から、新曲『何才』を聴かせてもらったので、アルバムの話を聞かせてもらいたいのですが…
 
小出先生「いや、そんなことよりも今日は、やり残したことをやりに来たんですよ」
 
先月、突然のベボベLOCKS!休講。
「B-MYOな写真グランプリ」「ショートヘアチャンGP」など、ずっと続いてきた授業も終了となりました。
 
だから今夜は“やり残したこと”
その中でも“どスケベな”アレに通ずる授業をやると聴いたので生放送教室に来てくれました!!
 
ベボベ先生がやり残した、どスケベな魂を受け継ぐ授業!
 
「春からけしからんランキング!!」
 
けしからん体験をした生徒を叱りつけていく我が校の中でも反響が大きいこの授業!!
今回の開催時期は春!
“新しく入った学校で、早くも好きになった人と○○○しちゃいました!”
“春休み、彼の新居に遊びに行ったらそこで…!!”
 
最もけしからん生徒、ワースト5をランキング形式で発表!!
特にけしからん生徒たち5人を直接叱りつけていきます!
 
ベボベ先生! 今夜は一緒にビシッと言っていきましょう!
 
140424_sol04.jpg

 
それではけしからん生徒を発表!
この春、けしからん体験をした生徒…第5位〜
 
パンダパンダ 鳥取県 17歳 女
 
とーやま校長「声の感じからやってるな! 反省はしてるのか!?」
 
パンダパンダ「別に…(笑)」
 
反省は後でしっかりさせるとして、まずはどんなことをやったのか!?
 
パンダパンダ付き合ってないのに、路地裏でキスされました…!
 
とーやま校長「けしからんな〜!!」
 
140424_sol05.jpg

 
関根先生「あ〜! いけないんだ! 付き合っていないのにいけないんだ〜!!!」
 
小出先生「急に追求するかんじ!(笑)」
 
昨年から、連絡を取っていた男の子がいて、実はお互い好きだったそう!
RN パンダパンダが“私が本当に好きかわからない”って言うと、その男の子から“じゃあキスする?”と言われて、次の日の朝に呼び出されたそう!
 
パンダパンダ「やたらと路地裏へ誘導されて…」
 
小出先生「“こちらへ、こちらへ”って」
 
パンダパンダ「それで喋っている最中にキスされました!」
 
とーやま校長「こいちゃん…」
 
小出先生「俺ね、今、ものすごくそのナルシスにムカついてる!」
 
堀之内先生「ポイントは朝ですよ! 朝の路地裏で何やってるんだ!!」
 
小出先生と“24マン”こと堀之内先生もお怒りです!
 
140424_sol07.jpg

 
堀之内先生「マグネットパワープラス! マグネットパワーマイナス! 1人でクロスボンバー!!」
 
小出先生「うるさいよ!!!」
 
とーやま校長「どんなあじしたんだ」
 
パンダパンダ「緊張していて覚えてないです…(照)」
 
そういうところもけしからん!!!
 
堀之内先生「一つ!よろしいでしょうか!? 初キスだったのですか?」
 
パンダパンダ「私にとっては初キスじゃなかったですね」
 
全員「けしからん!!」
 
ということで、春からけしからんランキング第5位は、RN パンダパンダ!
ちゃんと反省するんだぞ!
 
続いては…第4位
 
140424_sol09.jpg

 
ちょうえい 東京都 17歳 男
 
ちょうえいカラオケボックスで彼女のエベレストをさわさわしました!
 
小出先生「今、完全隠語だったよね! 体にエベレスト無いもん!?」
 
関根先生「どこどこ!?」
 
ちょうえい「えっと…エベレストです!」
 
堀之内先生「だから〜〜〜〜!! そういうことじゃなくて〜〜〜!!!」
 
この出来事があった時はまだ、相手の女の子は彼女じゃなかったそうで…
 
関根先生「いけないんだ〜!」
 
高3になったこの春! 男女4人で勉強会をしていたという、RN ちょうえい。
その時、前に座っていた女の子の足が自分のすねにぶつかってきたそう…!
 
小出先生「なんて女だ!!」
 
集中したかったので、一度その女の子に声をかけて外に出ることに。
するとエレベーターに乗ったら、その子がエベレストをRN ちょうえいの背中に押し付けてきたそう…!!
 
とーやま校長「ッ…!!(笑)」
 
RN ちょうえいその場では何もせず、女の子をなだめて勉強に戻った。
その後、帰り道、2人っきりになり話を聞くと、女の子は RN ちょうえいの事が好きだったそう!
そこで、RN ちょうえいは相手の事を知るために2人で遊びに行くことを提案!
 
ちょうえい「カラオケにいったんですけど、段々彼女の距離が近づいてきて、手をつながれて…。ここまできたら俺も男を見せないと思って!」
 
よしだ教頭「やかましいわ!」
 
ちょうえい「それでキスして…深いところまでやって、エベレストを独り占めしました!」
 
堀之内先生「これね、彼女がもう…名人!! 聞いたことありますか!? エベレストを押し付けてくるなんて!」
 
小出先生「聞いたことないよ! そんな女の子いる!? 俺マンガでしか見たことないよ!」
 
関根先生「ありえないでしょ! ファンタジーでしょ!!」
 
小出先生「ネバーエンディングストーリーだよ!!」
 
とーやま校長「湯浅先生はどうですか?」
 
140424_sol06_b.jpg

 
湯浅先生「うらやましいですね」
 
小出先生「なんでお前だけリアル目線なんだよ!」
 
堀之内先生「気持ち悪いよ!!」
 
とーやま校長「結果、全部けしからん!」
 
RN ちょうえいはその後、相手の女の子と付き合うことになったそうです!
 
堀之内先生「彼女だったらいいですよ。ただ付き合う前のエベレスト登山はけしからん!」
 
小出先生「かなり危険ですからね!!」
 
ということで、春からけしからんランキング第4位は、RN ちょうえいでした!
 
140424_sol10.jpg

 
いよいよベスト3の発表!
まずは春からけしからんランキング第3位!!!
 
バトルマスターZ~Mk-10~ 山形県 16歳 男
 
小出先生からはラジオネームが24マンの対戦相手みたいと評価されたRN バトルマスターZ~Mk-10~!(笑)
一体どんなけしからん事を行ったのか…!?
 
バトルマスター朝の9時半から彼女と初パフォーマンスしました!
 
堀之内先生「朝からパフォーマンスしてるんじゃないよ!!」
 
彼女と付き合って1ヵ月ほどたった日に、彼女とパフォーマンスをしようとする雰囲気に!
しかし、その日は彼女の体調が悪かったので諦めたそう。
 
バトルマスター「1週間くらいおあずけ食らっていて、ギターソロもしてたんですけど…」
 
小出先生「ああ、ギターソロじゃなくて弾き語りね」
 
140424_sol15jpg.jpg

 
バトルマスター「数日後、彼女と会って、スカイツリーのカバーを買いまして…」
 
小出先生「スカイツリーのケースね。めっちゃ薄いヤツ」
 
とーやま校長「0.●mmとかあるやつで!」
 
小出先生「日本の技術の結晶が詰まっているやつね!」
 
堀之内先生「やめろ! お前ら!!!」
 
よしだ教頭「ここが一番けしからん!」
 
翌日、9時半に彼女の家に行き、イチャイチャしてから初パフォーマンスしたそうです!
 
堀之内先生「一つ! よろしいでしょうか!?」
 
関根先生「24マン!(笑)」
 
堀之内先生「彼女の家ってことは実家でしょ? 親は!? 大丈夫だったの?」
 
バトルマスター「月曜日だったので親はいませんでした!!」
 
とーやま校長「しらねーよ!! そのルール! そのへんも含めてけしからんな!! お前が第3位だ!!」
 
バトルマスター「ハイ!!!」
 
関根先生「嬉しいそうだな(笑)」
 
小出先生「くやしいな〜、なんか!!」
 
後半は「春からけしからんランキング!!」第2位と第1位の発表!!
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140423_sol01.jpg

 
『 誤解なんだよなあ誤解 』
 
生徒から届いた昨日の書き込み!

電車の中で…
今日の朝、満員電車で、ある高校生がその友達に、昨日はSCHOOL OF LOCK!っていう茶番が面白かったわぁ〜と言ってて、僕はまさか!と思いずっと話を聴いてたんですけど、彼曰く初めて聴いたみたいで、感想はエロい番組なんやなっていう印象だったみたいです笑 校長!SCHOOL OF LOCK!はエロラジオっていう印象になっちゃってますよ!!笑
すけさんかくさんたもりさん
男/16/兵庫県
2014/04/22 08:03



 
月曜日は「新学期レスキュー☆男と女の掲示板逆電!!」を開催していましたが…!
 
とーやま校長「これはさぁ…新学期が始まったばかりでよくわからないことばっかりじゃんか」
 
よしだ教頭「女子へのメールアドレスの聞き方とかね」
 
RN すけさんかくさんたもりさん…まずは有益な情報ありがとう!
えー、兵庫県の電車に乗っていた我が校の新入生!
ようこそ! SCHOOL OF LOCK!へ!
 
SCHOOL OF LOCK!は夜空に浮かぶ世界で一番大きな学校! 毎日夜10時に開校してます!
エロい事を話す日もあるし、お金が舞い飛ぶ日もあるけど、ここは、未来の“鍵”を握る学校!
笑い声の中に、音楽の中に、女体の神秘の中に、一緒に悩むその先に…“未来の鍵”があると信じてここから声を届けています!!
 
一度でも聴いてくれたら全員我が校の生徒!
今日、はじめて電波をキャッチしてくれたキミもSCHOOL OF LOCK!の生徒!
はじめまして! そして…よろしく!
 
140423_sol02.jpg

 
今夜の生放送教室には…
クリープハイプ先生が来校!!!!!!!
 
先週初の武道館ワンマン2DAYSを終えたばかりのクリープハイプ先生!
今夜は、クリープハイプ先生がこの武道館でのLIVE音源を持って来校!!
 
さらに…クリープハイプ先生から大事なお知らせも!
 
そんなクリープハイプ先生を迎えての今夜の授業は…
『教えて♡クリープハイプ』
 
クリープハイプ先生に“教えてほしい事”を書き込んでもらいました!

140423_sol03.jpg


生放送教室に…! 
クリープハイプ先生登場!!!!!!
 
140423_sol11.jpg
尾崎世界観先生 (Vo.Gt)

 
140423_sol12.jpg
長谷川カオナシ先生(Ba)

 
よろしくお願いします〜!
 
140423_sol19.jpg

 
まずは…我が校の卒業LIVEプロジェクト「MY GENERATION 2014」ありがとうございました!
 
とーやま校長「どうでしたか? あのLIVEは?」
 
尾崎先生「あそこまで気持ちをまっすぐにぶつけられる事って今まで無かったので楽しかったですね」
 
カオナシ先生「何ヶ月か若返りましたね。パワーをもらいました…!」
 
とーやま校長「10代の悲しい、寂しい気持ちが充満してたんですけど、それをぶつけられて全部返してくれていたと思いました!」
 
尾崎先生「なんか、悩みとか大丈夫なんじゃないかって思いましたね。でもあの瞬間があるけど、1人でいる時はまた違うのかなって思って…。でもあの瞬間を楽しんでくれてよかったです」
 
140423_sol05.jpg

 
またクリープハイプ先生は、先週初の武道館ワンマンライブを実施!
とーやま校長とよしだ教頭も観に行ったんです!
 
よしだ教頭「感想を夜のネコ科と表したんですけど、僕は武道館って外観の顔を変えるなって思っていて、あの日はクリープハイプ先生を迎える顔をしていて、武道館に認められたとんでもないバンドになったんだなって思いました」
 
LIVEもネコ科の動物のように様々な表情があって、とてもカッコよかったと熱く語る、よしだ教頭。
 
よしだ教頭「先週も話したんですけど、尾崎先生が曲の終わりに“ありがとう”って言ってじゃないですか。あれが来てくれたみんなにはもちろん、曲に対しても“ありがとう”を言っていると感じて。
曲のおかげで武道館に来れて、曲も喜んでいるだろうなって思いました! ゾワゾワしました!!」
 
尾崎先生「僕も今の感動を聞いてゾワゾワしています! ありがとうございます」
 
140423_sol06.jpg


クリープハイプ先生!
この前の日本武道館の初日ライブ女子友達と行きました! このクリープハイプ先生のライブがぼくの人生初のライブです! クリープハイプ先生の音が体全体に 伝わりました! そのおかげで勇気が持てライブの次の日からの学校も頑張ってやっていけました 次のライブも行けたら絶対行きます!
コッッペパン
男/14/神奈川県
2014/04/23 22:10



カオナシ先生「ありがとうございました!!」
 
そして今夜は、その武道館LIVEの音源を持ってきてくれたんですよね!
 
尾崎先生「色んな気持ちがあって立ったら感動するのかなって思ったんですけど、そんなこと無くて。“ここに来た人達を楽しませたい”って思いました。自分が色んな事に浸る時間が無くて、あんなにたくさんの人がいるのは初めてで、喜ばせたいって思えて。
1日目が終わったら明日のためにすぐ帰りたかったんです。明日もあるって事が嬉しかくて、そうやって2日間できて本当良かったです」
 
 
♪ 社会の窓(Live at 武道館) / クリープハイプ
 
 
とーやま校長「4回くらいブルッと来ました! ドロッとしてザワついてるのがいいんだよね!!」
 
140423_sol04.jpg

 
ここで、クリープハイプ先生とSCHOOL OF LOCK!からのお知らせを発表!!
 
5月6日の火曜日から、クリープハイプ先生のレギュラー授業
「クリープLOCKS!」がスタート!!!
 
尾崎先生「やっと言えましたね! これから毎週火曜日お願いします!!」
 
クリープハイプ先生「お願いします!!」
 
とーやま校長「どんな授業にしていきたいですか?」
 
尾崎先生「すごく考えすぎていて、逆に決まらなくて…。この学校に来る事は毎回楽しみにしていて、来る度にすごい熱量をもらっていたんですね。これから毎週なので、絶対このバンドの音楽にも影響していくと思います」
 
カオナシ先生「深く聴いてくださっていると思うんです、生徒のみなさんって。だから深く入っていきたい思います」
 
とーやま校長「生徒のみんな! やったぞぉーーーーー!!」
 
 
♪ 寝癖 / クリープハイプ
 
 
140423_sol08.jpg

 
クリープLOCKS!スタートに喜ぶ生徒からたくさんの書き込みが届きました!
中には、泣いてしまったという生徒も!
 
とーやま校長「なんすかね、俺も涙が…」
 
尾崎先生「さっき曲が流れている最中に、“ぶしつけですけど、この曲メッチャ良いですね”って言って頂けたのが嬉しかったです。こういうのが一番嬉しいですね」
 
とーやま校長「スゲェ来ちゃってるんだよな…。俺の歴代好きだった人が今どこで何をやってるのかわからないんですけど、“幸せにやってるのかな”って思って…! なんか…メッチャ良い歌だった!」
 
この曲は先週の武道館LIVEで初披露となった曲!
 
尾崎先生「初めてやったんですけど、この曲が一番手ごたえがあって。メンバーで演奏中に感じて、それがすごい良かった! 武道館に守られてる感じがしましたね」
 
とーやま校長「『寝癖』を聴いているみんなの顔は見れたんですか?」
 
尾崎先生「恥ずかしくて見れなかったですけど、“すごい良い感じで、今出来てるぞ”って感じたのでチラっとは見ましたね(笑)」
 
さらにここでお知らせ!!
5月7日(水)のニューシングル「寝癖」リリースとクリープLOCKS!スタートを記念して
5月7日(水)のSCHOOL OF LOCK!は、 クリープハイプ先生が音楽室から授業! 生LIVEを届けてくれます!!
 
とーやま校長「MY GENERATION 2014も武道館も行けなかったヤツがいる中で、マジで生LIVEやってくれるんですか!?」
 
カオナシ先生「我々がラジオに行く感じですよね」
 
尾崎先生「お邪魔する感じですよね」
 
よろしくお願いします!!
 
クリープハイプ先生は夏の全国ホールツアーも決定!
詳しくはオフィシャルサイトをチェック!!
 
140423_sol20.jpg

 
後半は今夜の授業テーマ「教えて♡クリープハイプ先生」!
生徒から届いた、クリープハイプ先生に教えてもらいたい事に答えてもらいました!!

クリープハイプ先生!
クリープハイプ先生教えてください! 同時に2人の人を好きになってしまったらどうしたらいいですか…?
いりたまご
女/17/北海道
2014/04/23 22:30



クリープハイプ先生「ええ…!!」
 
とーやま校長「この言い方はたぶん、同じ数字、50:50なんでしょうね」
 
カオナシ先生「数字だと50:50かもしれないけど、緑と青どちらが好きかって選択肢になってくると思うんですよね。だからどっちが好きかってことで自問自答したらいいと思うんですけど…」
 
尾崎先生「なんですかね、ヤクルトと巨人、両方好きってことですよね。絶対無いけど(笑)」
 
とーやま校長「付き合っていたらダメだよってなりますけど、今の時点で1人に絞らなくていいと思うんですよね。好きなバンドってたくさんあるし」
 
尾崎先生「付き合ったりしたら決めたほうがいいけど、2人好きになるってうらやましいですね」
 
カオナシ先生「好きな人がいたほうが毎日がキラキラしますからね」
 
よしだ教頭「もしかしたらこの先、どっちか1人と付き合いたいって思うかもしれないですよね」
 
とーやま校長「これは自分の気持ちに従って行った方がいいのかな。変に軌道修正しなくてっいいって。俺達は思います!」
 
140423_sol21.jpg

 
続いては電話で直接、話を聞かせてもらいました!
 
かほ* 和歌山県 16歳 女
 
高校2年生のRN かほ*! 今夜、初めて書き込みをしてくれました!
クリープハイプ先生の武道館LIVEにも参戦したそう!!
 
カオナシ先生「学校やバイトとかが辛いなって感じていたんですけど、2日間行っておちこんでたんづせkどげんきもらたがぼうとみあいた」
 
クリープハイプ先生「ありがとうございます!」
 
RN かほ*が教えてほしい事は「誰かと一緒にいる時に寂しいと感じますか?」
 
かほ*「友達と一緒にいて、みんな盛り上がっているのに1人だけついていけなくて、取り残されている感じがするんです」
 
尾崎先生「わかりますね。僕も友達といてそう思う瞬間があって、友達に“一緒にいて楽しいのかな”って気を遣っちゃう時があって。家に帰ってから“変な事言っちゃたな”て思うときがありますね」
 
とーやま校長「尾崎先生はそういう時はどうされるんですか?」
 
尾崎先生「すごく悩みますね。メンバーにはいつも文句を言うんです。それはそれで成り立ってるとしても、後で“言い過ぎたかな”って思いますね」
 
とーやま校長「それは後日? 何か言うんですか?」
 
尾崎先生「言わないですね〜。 カオナシはそういう揉め事があると、その日の夜にメールしたり後で時間をつくろうとするんですけど、僕が怒ってる時は全部無視します!(笑)」
 
カオナシ先生「そうですね(笑)」
 
尾崎先生「“別に気にしてないから”って言って。恥ずかしいんですよね」
 
クリープハイプ先生もRN かほ*と同じ事で悩んでいるそう!
 
カオナシ先生「もしかしたらかほ*さんだけ大人なのかもしれないけど、友達が悪いってわけじゃないと思うんです。私も一緒の友達といて楽しいって思うときもあれば、歩ツンとしていると思うときがあるし。
でも、ポツンとしている時って自分の体調が悪かったりするんですよね。だから孤独に感じて…」
 
140423_sol22.jpg

 
尾崎先生「喋らなくて、その喋らない自分に友達が気を遣ってくれて喋らなくなって、もっと喋れないって思うことがありますね」
 
とーやま校長「ループに入ってく感じですね」
 
尾崎先生「“気を遣ってないで喋れよ”って思うんですけどね」
 
カオナシ先生「どうですかね? かほ*さん」
 
かほ*「はい、あの…参考になりました!」
 
とーやま校長「そんなに周りは考えてないのかもしれないですね」
 
尾崎先生「そうですね。僕も余計な事を考えるんですけど、それが音楽につながっているんですけど」
 
とーやま校長「何かあった時に、かほ*はみんなより一つ引き出しが多くて、みんなが困っている時に何か言えると思うな!」
 
かほ*「はい!」
 
尾崎先生「ずっとありますね。これは治らないと思いますね(笑)」
 
カオナシ先生「ただ周りの人には無いものを持ってると思います」
 
自分が何かできるっていう可能性だと思う
 
よしだ教頭「よかったな、かほ*。クリープハイプ先生も同じ悩みを持っていたぞ」
 
尾崎先生「解決はできないけど、同じものを持ってるってことで!
 
 
♪ 明日はどっちだ / クリープハイプ
 
 
とーやま校長「こういうのって解決できないんだろうな…」
 
よしだ教頭「寂しさってむしろ人といる時のほうが感じますよね。1人よりも」
 
尾崎先生「会話してて、良い言葉をかけてくれても“あれ? 何考えているんだろうな”って考えるクセがあって。歌詞とかでも裏の言葉の意味を感じてほしいですね」
 
とーやま校長「かほ*みたいな気持ちが尾崎先生の創作に繋がるんですね」
 
そして黒板の時間!
本日は尾崎先生の言葉をカオナシ先生が書いてくれました!
 
140423_sol41.jpg

 
『 毎週会える♡ 』
 
5月から毎週会えます。
 
半年に1回くらいと思っていたのが、毎週関われるようになりました。
また違う向き合い方になって、
これからどうしようか考えると楽しみです!
 
140423_sol42_2.jpg

 
140423_sol43.jpg

 
クリープハイプ先生、本日はありがとうございました!!
これからクリープLOCKS!よろしくお願いします!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140424_fax01.jpg
RN 天使のしっぽ

 
140424_fax02.jpg
RN 飴細工

 
140424_fax03.jpg

 
 
140423_fax01.jpg
RN 夢叶

 
140424_fax04.jpg
RN 真乃

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
かほ* 和歌山県 16歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 星に願いを / flumpool
22:13 おやすみ泣き声、さよなら歌姫 / クリープハイプ
22:25 Love Forever / 加藤ミリヤ×清水翔太
22:38 社会の窓(Live at 武道館) / クリープハイプ
22:45 寝癖 / クリープハイプ
23:08 明日への賛歌 / flumpool
23:24 イイじゃない? / flumpool
23:26 はつ恋 / 福山雅治
23:43 明日はどっちだ / クリープハイプ
23:49 目覚まし時計 / クリープハイプ
23:52 寝癖 / クリープハイプ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今日は色々感情が揺さぶられる2時間だった!
クリープハイプ先生のLOCKS!激楽しみだ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
クリープハイプ先生からの嬉しいお知らせ
みんな、飛び上がっただろ?
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
140422_sol11.jpg

 
さぁ、「みんな持ってるキャッシュ&リリース!」後半戦!!
次の挑戦者は給付金GETなるか…?
 
レタスな感じ 新潟県 17歳 男
 
オシャレな長財布が欲しいというRN レタスな感じ!
 
とーやま父さん「ほんとに周りは持ってるのか〜? お前、見たのか?」
 
レタスな感じ「み、見ました…!」
 
よしだ母さん「怪しい!」
 
とーやま父さん「見てないな! どんなやつか言ってみろ!」
 
レタスな感じ「真っ黒なピカピカしているやつ…」
 
よしだ母さん「そんな高校生いる!?(笑)」
 
とーやま父さん「2個目は?」
 
レタスな感じ「真っ赤な…ギラギラしている…(汗)」
 
とーやま父さん「1個目と似ているぞ! 3つ目はなんだ!」
 
レタスな感じ「白くて…ピ、ピカピカしているやつ…(汗)」
 
とーやま父さん「もうピカピカ使ってるよ! 似たやつばっかりじゃないか〜」
 
レタスな感じ「でも見たんです!」
 
今は、雑誌の付録のがまぐち財布を使っているけど、tsumori chisatoやネ・ネットの長財布が欲しくて、かな〜り駄々をこねる、RN レタスな感じ!(笑)
 
よしだ母さん「私なんてがまぐちよ!」
 
レタスな感じ「がまぐちはかわいいと思いますよ!」
 
よしだ母さん「じゃああんたもがまぐちでいいじゃない!」
 
レタスな感じ「でも長財布がいいんです!」
 
“どうしても!”ということで、よしだお母さんから挑戦の許しが出ました!
それでは「みんな持ってるキャッシュ&リリース!」
 


【問題】
鉄道好きには常識の問題
日本で一番新幹線の駅が多い都道府県は次のうちどこ?
 
【1】岩手県
【2】東京都
【3】福岡県
 


レタスな感じ「2番!」
 
果たして…!
≪セイカイハ…2バンデス≫
 
正解は岩手県、7つあるそうです!!
 
よしだ母さん「今使ってる財布に“手放そうとしてごめんなさい”って言いなさい!」
 
レタスな感じ「はい! 肌身離さず持ってます!」
 
140422_sol12.jpg

 
不正解が続いて、給付金は万円!
続いては絨毯がほしいというこの生徒!!
 
みやっぴー 富山県 17歳 女
 
白い絨毯がほしいという、RN みやっぴー!
 
よしだ母さん「これさ…友達と絨毯の話をするの!?」
 
みやっぴー「無いんですけど…! うちの絨毯は汚いんです! 食べ残しとかが落ちてて、汚れが落ちなくて!」
 
友達の絨毯に憧れて、自分の部屋でもキレイな丸い白の絨毯を敷いて、その上で勉強したいそう!
 
よしだ母さん「ちゃんと勉強するのね?」
 
みやっぴー「はい! します!」
 
よしだ母さん「許します!」
 
それでは「みんな持ってるキャッシュ&リリース!」


【問題】
アパレル業界の常識問題
日常的に使われる言葉「トルソー」
ではこの「トルソー」とはいったい何のこと?
 
【1】ハンガー
【2】マネキン
【3】試着室
 


“1番”を選んだRN みやっぴーですが…正解は!?
 
≪セイカイハ…2バンデス≫
 
みやっぴー「あ〜〜〜〜!」
 
よしだ母さん「だからと言って勉強しないでいいわけじゃないからね!」
 
みやっぴー「あぁ…!!!」
 
よしだ母さん「しっかりしなさい!(笑)」
 
140422_sol13.jpg

 
連続不正解のため給付金万円! しかし授業終了の時間!
そろそろ黒板の時間…と思いきや!!
 
 
♪ DADA / RADWIMPS
 
 
とーやま父さん「あれあれ? ついに出た! RAD先生の『DADA』が歓声とともに聞こえて来たということは、ここで“超駄々っ子タイム”!!」
 
“超駄々っ子タイム”とは、
たまっている給付金は万円を3択クイズ無しに手に入れる事ができる超ビッグなチャンス!!!!
 
140422_sol14.jpg

 
今日の書き込みの中から、よしだお母さんがランダムで選んだ1人の生徒に逆電!
5コール以内に出れば全てを手にすることが出来る!!
 
140422_sol15.jpg

 
さぁ! 夢のビッグチャンスをGETなるか…!
 
≪Prrrr…ガチャ≫
 
???「もしもし」
 
とーやま父さん「早い!!(笑)」
 
しんざえもん 神奈川県 14歳 男
 
とーやま父さん「何がほしい?」
 
しんざえもん「PSVitaが欲しいです!」
 
とーやま父さん「6万円あげるから買っちゃえ!!」
 
しんざえもん「やったーーー!!!」
 
RN しんざえもんに給付金6万円をプレゼントして今日の授業は終了!
 
140422_sol16.jpg

 
給付金GETできたみんな、おめでとう!!!
ちゃんとよしだ母さんにお礼を言うんだぞ!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140422_fax01.jpg
RN うにまぐろ

 
140422_fax02.jpg
RN あの日の授業永遠保存のサオリ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
アキザイル 山口県 16歳 男
HinaとSana 東京都 14歳 女
怪物ガール 東京都 14歳 女
絶対真理(アブソリュート) 秋田県 17歳 男
棚からあんこ 長野県 15歳 女
とらてつ 岩手県 16歳 男
レタスな感じ 新潟県 17歳 男
みやっぴー 富山県 17歳 女
しんざえもん 神奈川県 14歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:02 実況中継 / RADWIMPS
22:24  SHE!HER!HER! / Kis-My-Ft2
22:37 ないものねだり / KANA-BOON
22:45 さくら / ケツメイシ
22:50  Funny Bunny / Base Ball Bear
23:11 遥か彼方 (EARTH×HEART LIVE 2014@singapore) / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:21 Shot In The Arm(Album『Kicking Television-Live In Chicago』) / Wilco
23:34 Forever Young / [Alexandros]
23:42 魔法のじゅうたん / くるり
23:46 DADA / RADWIMPS
23:52 夢 / THE BLUE HEARTS
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
絶対みんなオシャレな長財布持ってないだろ(笑)、
欲しがりか! 欲しがりか!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
みんな持ってる物って、なんであんなにキラキラして見えるのかね…?
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140422_sol01.jpg

 
『 みんな持ってる 』
 
今週のSCHOOL OF LOCK!は毎日がスペシャル授業!
2日目火曜日は…!
 
みんな持ってるのに僕だけ持ってない! 買って! 買って!!
 
「みんな持ってるキャッシュ&リリース!」開催
 
新学期、周りを見渡してみたら…
「あれ?みんな携帯電話を持ってるのに俺だけ持ってない!」
「あれ?みんなオシャレな服を着ているのに私だけ持ってない!」
 
周りのみんなが持ってるのに自分は持ってなーい!!
SCHOOL OF LOCK!は、そんなお前にチャンスをあげちゃう!!
欲しい物を掲示板に書き込んでスタンバイ!
話がかかってきて、3択クイズに挑戦して、見事正解すれば、みんな持ってるアイテムの給付金1万円をプレゼント!
しかもこちらはキャリーオーバーシステムなので、前の生徒が問題を外すとどんどん金額が増えていく!!
 
本日は、“とーやま校長=お父さん”、“よしだ教頭=お母さん”となり、2時間とことん生徒に逆電して、「みんな持ってるキャッシュ&リリース!」に挑戦してもらった!!
 
140422_sol02.jpg

 
まずはこの生徒が挑戦!!
 
アキザイル 山口県 16歳 男
 
とーやま父さん「何が欲しいんだ!?」
 
アキザイル「メガネですね〜!!!」
 
自分以外のクラス全員がメガネをかけているという、RN アキザイル!!
 
とーやま父さん「そんなことあるの!?」
 
アキザイル「ホントホント!! 伊達メガネの友達もいて!」
 
とーやま父さん「じゃあかけてないのはお前だけなのか?」
 
アキザイル「はい!!」
 
とーやま校長「それは嘘だよ〜!」
 
よしだ母さん「ウチもたいへんだからね〜」
 
アキザイル「お願いしますよ!!」
 
オシャレなメガネをしている友達のように、どうしても自分のメガネが欲しいと駄々をこねるRN アキザイル!
 
よしだ母さん「わかった! しょうがない!」
 
我が校のお財布を握っている、よしだお母さんの許可が出たところで…!
 
『みんな持ってるキャッシュ&リリース』!
生徒には3択クイズに正解して、自分で給付金を勝ち取ってもらいます!
 


【問題】
大相撲の常識問題。
番付の階級で関脇の下の階級は次のうちどれ?
 
【1】十両
【2】前頭
【3】小結
 


アキザイル「2番!!」
 
相撲は詳しくないのでカンで答えたそうだが・・・これは正解なのか!? 
 
アキザイル「…あ! やっぱり3番で!!」
 
とーやま父さん「遅いよ!!」
 
我が校のマザーコンピューターであるウルトラサーバーから正解が発表されます!!
 
≪セイカイハ…3バンデス≫
 
残念! 不正解!
でも、どうして途中で3番が正解だと気づいたの!?
 
アキザイル「家族が教えてくれました!」
 
とーやま父さん「ダメだって!! カンニングも後出しもルール違反だから!」
 
キャッシュ&リリースの解答は5秒以内! もちろんカンニングは絶対ダメだぞ!
 
よしだ母さん「とりあえず伊達メガネの友達には“明日から、素顔でいこうぜ!”って言ってこう!(笑)」
 
140422_sol03_2.jpg

 
キャリーオーバーとなり、給付金は万円!!
続いての挑戦者は…
 
HinaとSana 東京都 14歳 女
 
欲しい物はウィッグ
クラスの女子はみんな長くて綺麗な髪で、自分だけショートヘアーなので、ウィッグでロングヘアーを楽しみたいそう!
 
よしだ母さん「ホントにみんな長いの? ショートの子はいないの?」
 
HinaとSana「私より短い人はいません!」
 
よしだ母さん「はっきり言い切るのね! わかったわ! 髪は女の命だからね!」
 
それでは『みんな持ってるキャッシュ&リリース』!


【問題】
ケーキ屋さんで常識問題、
「ショートケーキの日」は毎月何日?
 
【1】8日
【2】15日
【3】22日
 


HinaとSana「1番!」
 
とーやま父さん「どうこれは? カン?」
 
HinaとSana「今…間違えたと思います」
 
よしだ母さん「何!? 今日は!! 周りの支援でもあるの?」

≪セイカイハ…3バンデス≫
 
HinaとSana「やっぱり〜! イチゴが乗ってるから…」
 
そう! カレンダー上で見たときに、22日は上に15日(イチゴ)が乗ってるということで、ショーケーキの日なんです!
 
よしだ母さん「HinaとSana、頑張って伸ばしてください!」
 
140422_sol04_2.jpg

 
またも不正解! キャリーオーバー万円!!
3人目は、友達が全員ベッドで寝ているが、自分は14年間ずっと布団で寝ているので、
ベッドがほしいというこの生徒!
 
怪物ガール 東京都 14歳 女
 
とーやま校長「ベッドがあるとお前はどうなるの?」
 
怪物ガール「えっと…あれです。すごく可愛いです!!」
 
とーやま父さん「可愛くなるの!?(笑)」
 
可愛くて、収納があるベッドが欲しいというRN 怪物ガール!
 
よしだ母さん「ベッド以外にもほしがるのね! しょうがない娘が可愛くなるなら!」
 


【問題】
年齢の常識問題
厄災が多く降りかかるとされる年齢を「厄年」と言います。
では男性の厄年で「本厄」と言われているのは数え年で何歳?
 
【1】26歳
【2】42歳
【3】60歳
 


RN 怪物ガールが選んだのは2番!
果たしてセイカイは…!
 
≪セイカイハ…2バンデス≫
 
怪物ガール「おお…! やった!!」
 
おめでとう!! 3万円GETーーーー!!!!
 
とーやま父さん「静かに喜びを噛みしめたな! これでベッドの上で寝れるぞ!」
 
怪物ガール「はい!!!」
 
140422_sol05.jpg

 
さぁ! リセットされて給付金は万円!
 
絶対真理(アブソリュート) 秋田県 17歳 男
 
OAKLEYのサングラスが欲しいというRN 絶対真理(アブソリュート)!
ツーリング仲間が全員持ってるので、自分もが欲しいとのこと!
 
とーやま父さん「みんな持ってるの!? とんでもない集団だな!」
 
愛用している8万円のクロスバイクに似合うのはOAKLEYのサングラスしかないと駄々をこねる RN 絶対真理(アブソリュート)!
 
よしだ母さん「さっきね3万円払って今月けっこうキツイって確定してるのよね。目の下を黒く塗るのじゃダメなの?」
 
絶対真理(アブソリュート)「それは嫌です!」
 
よしだ母さん「お母さん的にはクイズに参加させないってのもアリだと思うけど…年頃の男の子ってことで許します!」
 


【問題】
料理の常識問題
フランス料理店にて食事を終えた後、“不満があった!”という意味になってしまうナプキンの置き方はどれ?
 
【1】きちんと畳んで椅子に置く。
【2】軽く畳んで椅子に置く。
【3】そのままテーブルの上に置く。
 


2番と答えた、RN 絶対真理(アブソリュート)ですが・・・残念!
正解は1番の“キチンと畳んで帰る”が「何か不満があった」という意味になります!
 
よしだ母さん「みんなと同じ格好するよりも、違う格好のほうが目立つのよ! “うちはうち、よそはよそ”!」
 
140422_sol06.jpg

 
キャリーオーバー発生!
給付金は万円!
 
棚からあんこ 長野県 15歳 女
 
授業中に黒板の字が見え辛いので、メガネが欲しいという、RN 棚からあんこ!
 
とーやま校長「そっか! 視力が悪くて欲しいんだね!」
 
棚からあんこ「はい、授業中に無音カメラで黒板の写真を撮って、その後ノートに書いてるんです」
 
とーやま校長「これは許しましょう!」
 
よしだ教頭「勉強に差支えが出ているからね。うちのお金はこういう事に使うんです!」
 


【問題】
ホテル業界の常識問題
ホテルの従業員の間で使われる「スキッパー」と言う隠語は、どういう意味?
 
【1】備品を持ち帰る客
【2】支払いをせずに逃げる客
【3】部屋を汚す客
 


RN 棚からあんこは2番を選択!
 
結果は…正解!!
 
「Skipper」という英語を語源とする用語で「急いで逃げ去る人」と言う意味!
見事! 給付金2万円GETーーーー!!
おめでとう〜!!
 
よしだ母さん「これで、しっかり勉強するしかないわよ!」
 
棚からあんこ「はい!」
 
140422_sol10.jpg

 
本日は、キッフ&リリースも授業と合体!
「みんな持ってるキャッシュ&リリース!」をやっていくぞ!!
 
給付金は、本日のキッフ&リリースの2万円と合わせて、なんと3万円!
挑戦者は…!
とらてつ 岩手県 16歳 男
 
写真部に入ってるが、自分だけカメラを持っておらず、学校から借りているそう!
このキャッシュを資金に一眼レフがほしいとのこと!
 
とーやま父さん「ちなみに欲しい一眼レフの値段は?」
 
とらてつ「二桁…」
 
よしだ母さん「お母さん目が血走ってます!(笑) …でも一年間我慢してたので挑戦権は与えます!」
 
給付金をゲットして購入資金にしてほしい!
 


【問題】
お寿司屋さんの常識問題
あがりといえば「お茶」かっぱといえば「きゅうり」を指しますが、では、「片思い」といえば何をさす?
 
【1】あわび
【2】たまご
【3】いくら
 


RN とらてつが選んだのは2番! 果たして…!
 
≪セイカイハ…1バンデス≫
 
とらてつ「ああ…!」
 
残念不正解…!
給付金はキャリーオーバー万円となり、後半戦へ!!
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140421_sol01.jpg

 
『 怒涛の週末 』
 
今週は毎日スペシャル授業をお届け!
授業内容を改めて紹介していく前に、まずは週末の話をしました!
 
まずは…10代限定蒼きロックフェス! 閃光ライオット2014!!
2次スタジオ審査が、先週土曜日からスタート!
 
札幌!名古屋!福岡会場に参加してくれたみんな! ひとまずお疲れ様!
2次スタジオ審査に行った職員によると…今年もバリ熱!
 
この2次スタジオ審査、そして、3次LIVE審査を経て…8月31日!東京・新木場スタジオコーストで行われるファイナルステージに立つ10代のアーティストが決定!
これから毎週末全国で2次スタジオ審査が行われるから、1次デモテープ審査をパスしたみんなはブチかましてほしい!
 
とーやま校長「1次デモテープ審査を通過できなかったやつも、ありがとう! 送ってくれたことが絶対に開くから! 行動したことでもう何か始まっているはずだ!」

そして!
日曜日!東京・恵比寿 LIQUIDROOMで行われた新入生歓迎LIVE「LIVE OF ROOKIE」
 
LIVEを観に来てくれた新入生のみんな!
そして、とんでもない熱さと音で、新入生たちの背中を押してくれたBLUE ENCOUNT先生、シナリオアート先生、赤い公園先生、東京カランコロン先生!
本当にありがとうございました!
 
とーやま校長「四者四様!四戦四勝のLIVE! 俺たちも最後ステージにあがって一緒に踊っちゃったりね…。そして、オレのジャンプで締めると…」
 
この「LIVE OF ROOKIE」の模様は…
来週月曜日の生放送教室でOAするからお楽しみに!!
 
140421_sol02.jpg

 
スペシャル授業1日目!!
本日の生放送教室は…
異性にまつわる疑問を完全解決♪
「新学期レスキュー☆男と女の掲示板逆電」!!!!!!
 
男子は女子に!女子は男子に!
普段から気になっている疑問、質問を、“直接”聞ける夢の授業!!
 
今回は、男と女の掲示板逆電、“新学期レスキュー”バージョン!
新学期がはじまったばかりの“今”だからこそ、異性に聴きたい疑問、質問、相談を学校掲示板に書き込んでもらい、
男子は女子からの書き込みに。女子は男子からの書き込みに、どんどんレスをしてもらった!
 
140421_sol03.jpg

 
ノータイトル 山形県 16歳 男
 
高校2年生のRN ノータイトルが女子に聞きたい事とは…?
 
ノータイトル「女子に話しかけられたいんですけど、どうすればいいですか!?」
 
とーやま校長「これはどうして?」
 
ノータイトル「僕、人見知りで、雰囲気が話しかけづらいと言われるんです。でも、話すと面白いって言われるんです」
 
よしだ教頭「なるほどね」
 
クラスは女子の方が多くいるのだか、昨年1年間はまったく話しかけられなかったそう。
 
ノータイトル「とにかく、女子と話したいんです。できれば話しかけたいんですけど、話す種が無くて。自分の好きな事をしゃべても、相手との温度差とか、ベラベラ喋っている男子って良くないって思うので…」
 
この、RN ノータイトル悩みに答えてくれるのは…!
 
かほ〜ん 広島県 16歳 女
 
RN ノータイトルと同じ高校2年生、RN かほ〜んが答えてくれるぞ!!
 
かほ〜ん「まず1つ目に挨拶をすることです。どこに行っても大事だし、どこでも、どのタイミングでもできるので、好印象です!」
 
ノータイトル「おお〜!! なるほど…!!」
 
かほ〜ん「2つ目は、クラスの話、授業の話など、みんなが知ってる話をしましょう!」
 
ノータイトル「な〜るほど!」
 
よしだ教頭「誰もが知ってる話ならわかるもんね!」
 
かほ〜ん「はい、宿題が難しかった話とか話してみましょう! そこから最後のステップで自分の話をする!!」
 
ノータイトル「へぇ〜〜!!」
 
かほ〜ん「それまでに自分の存在をアピールするんです。“自分は明るいよ、喋れるよ”ってアピールしておくと話せると思います!」
 
とーやま校長「うん、うん! ノータイトル、これはどう? 今まで考えたなかった?」
 
ノータイトル「全然考えてなかったですね〜!」
 
とーやま校長「まず、自分のドアを開けていくのが大事だね!」
 
よしだ教頭「順番がいいですよね。ちゃんと相手にも喋らせるのが」
 
ノータイトル「1つ質問なんですけど、あまり喋り過ぎる男子って嫌ですか?」
 
かほ〜ん「一方的に喋れられるのは嫌なので、相手にもちゃんと喋らせる、キャッチボールが大事ですね。だから相手も喋りやすい内容からいくのがいいと思います!」
 
とーやま校長「じゃあ明日から、試してみような!」
 
ノータイトル「はい!!」
 
RN かほ〜ん、明日からすぐ使える、会話の種を教えてくれてありがとう!!
RN ノータイトル、頑張れよ!
 
140421_sol04.jpg

 
タイ米 北海道 17歳 男
 
タイ米「4月なので、身体測定で、内科検診あるじゃないですか。あれって男子って服、上全部脱ぐじゃないですか。あれって女子はどうなんだ?ってことですよね」
 
よしだ教頭「ことですよねってなんだ!(笑)」
 
とーやま校長「確かに未知だよね(笑) 聴診器どう当ててるのか」
 
かれこれ3、4年ほど悩んでいるという、RN タイ米!!
 
タイ米「一応、自分で3つ選択肢を考えたんです。?服を着ている。?下着を付けている。?まあ…オープン!」
 
よしだ教頭「オープンじゃねえよ!!」
 
タイ米「でも、これ答えてくれるのかな〜? もしもし!?」
 
リラリラックマ 山口県 18歳 女
 
出てくれたのは、大学1年生のお姉さん、RN リラリラックマ!
 
とーやま校長「質問、答えられる?」
 
リラリラックマ「答えられます!」
 
それでは、RN タイ米の質問に答えてもらいます!
 
リラリラックマ「えっと…私、中学校、高校ではブラを外して、その上にTシャツを着ていましたね」
 
タイ米「おお!?」
 
とーやま校長「中高はそうだったのか」
 
タイ米「聴診器って山に当たってるんですか? 山に当ててるとしたらどの辺なんですか?」
 
リラリラックマ「う〜ん、山の中腹くらい…」
 
よしだ教頭「5合目!」
 
とーやま校長「おい! 聴診器は中腹まで登れるらしいぞ!!」
 
タイ米「それ、やるせないっすね…!(落胆)
 
よしだ教頭「聴診器の気持ち!?」
 
とーやま校長「同学年の子達が相談してるのに先生がうらやましいな(笑)」
 
タイ米「えっと、内科検診の先生は男ですか? 女ですか?」
 
リラリラックマ「おじさんです」
 
タイ米「ッ!!!」
 
よしだ教頭「絶句してるじゃん!」
 
タイ米「ショックですね…」
 
とーやま校長「おばさんの方がよかったよな。お前以外に中腹に登ってるやつがいるかもしれないってことだよ(笑)」
 
タイ米「うらやましいです!」
 
RN タイ米、質問に答えてもらってよかったな!
RN リラリラックマありがとう!!
 
140421_sol05.jpg

 
双子座の姫 熊本県 13歳 女
 
中学2年生のRN 双子座の姫!
男子にどうしても聞きたい事とは!?
 
双子座の姫「最近、スポーツテストがあるんですけど、私がスポーツ音痴なので走るのがすごく遅いんです。それで男子に走るのが遅いってからかわれるんです」
 
とーやま校長「うん、うん」
 
双子座の姫「それはいいんです。でも本当に走るのが遅いのだけ見ているのかなって。走ってる姿を見られるときに、足だけじゃなくて、体の他の部分が見られてないのかなって…」
 
とーやま校長「そっか。男子が違う体の部分を見ているのが気になるって事? なんかあるの? どこを見ているのかって」
 
さっきも話にあったんですけど…山? 私の山は富士山級なんです」
 
よしだ教頭「何を言い出すの!?」
 
とーやま校長「急に! 急に来た!! これは早速聞いてみようか!」
 
クランケット・トロール 兵庫県 17歳 男
 
年上のRN クランケット・トロールお兄さんが答えてくれます!
 
クランケット・トロール「足が遅いっていうのが理由に、他の所を見ていると思います」
 
双子座の姫「は、はぁ…!」
 
とーやま校長「これはストレートだね」
 
クランケット・トロール「もう富士山級なんだから、特にそうなんじゃないのかな〜と」
 
とーやま校長「これはもう確定なの!?」
 
クランケット・トロール「僕のクラスでも富士山級な人がいるんですけど、それを見て周りの男子が“おお〜!!”ってなるんです」
 
とーやま校長「デリカシーの無いやつらだな〜!(笑)」
 
よしだ教頭「おバカ!」
 
クランケット・トロール「一人いるだけでも言い出してるんで、きっと双子座の姫さんも見られていると思います」
 
とーやま校長「なるほどな。双子座の姫、どう?」
 
双子座の姫「いや〜ごもっともだと思います」
 
とーやま校長「仕方がないって感じか〜。やっぱ嫌か?」
 
双子座の姫「いやあ…(笑)」
 
よしだ教頭「まんざらでもないの!?」
 
見られるのはしょうがないという事で、逆に、女子があまり気にならない見かたがないか、RN 双子座の姫に聞いてみることに!
 
双子座の姫「ガン見されるのは、“うわ! こいつ見てるな”って思うんですけど、チラッて見て30秒くらいしてからまたチラッと見るのはいいかなって」
 
よしだ教頭「何それ!? カップラーメンの待ち方みたいな!(笑)」
 
クランケット・トロール「それをしてたら、走ってるのが終わってしまうのでガン見はしょうがないと思います」
 
とーやま校長「50m走ならすぐ終わっちゃうからな〜。でも男子はあんまりジロジロ見ない! トロールの友達も声をださない!」
 
クランケット・トロール「一応、聞こえないようにしてるんですけどね」
 
よしだ教頭「漏れてんだよ!」
  
140421_sol06.jpg

 
最後に逆電を繋いだのはこの生徒!
 
まーはん 大阪府 15歳 女
 
まーはん「男子が彼女にしてほしいってことってなんですか?」
 
付き合って1ヶ月の彼氏がいるという、RN まーはん。
彼氏からは「何かしてほしい事ある?」と聞かれるのだが、逆にRN まーはんが彼氏に何をすればよろこんでくれるのかわからないそう」
 
とーやま校長「なるほどね、彼氏も具体的な事はあまり言わないんだ」
 
まーはん「はい」
 
そんなRN まーはんの悩みの答えくれたのが…!!!
 
クランケット・トロール 兵庫県 17歳 男
 
クランケット・トロール「クランケット・トロールです!」
 
とーやま校長「いやいや!! また?」
 
よしだ教頭「ヒーローみたいに言うなって!」
 
クランケット・トロール「たくさんレスしまくっちゃいました〜!」
 
ということで、再びRN クランケット・トロールが答えてくれる事に!!
 
クランケット・トロール「たくさんあるんですけど、1つ目がサプライズハグ!」
 
“サプライズハグ”とは、待ち合わせしている彼氏にそっと後ろから抱きついて、さらに目隠しをして“だれ〜だ?”とすること!!
 
とーやま校長「これは恥ずかしい?」
 
まーはん「ええ……(照)」
 
クランケット・トロール「2つ目は定番の“あ〜ん”です!」
 
よしだ教頭「なんなんだよ定番の“あ〜ん”って!」
 
とーやま校長「まあ何百年と続いてるだろうしな(笑)」
 
彼氏とゴハンを食べている時に、彼氏がRN まーはんの料理を見て“美味しそうだな”って言ったら、“あ〜ん”と食べさせてあげるという定番!
 
まーはん「がんばります…!」
 
そして最後に3つ目!
クランケット・トロール「レベルがちょっと高いんですけど、個室に入って…ニュルニュルですね!」
 
とーやま校長「ちょっと! 唐突にニュルニュルはびっくりしてるんだけど!!」
 
“ニュルニュル”とは過去の授業で登場した、深めチューの事! またの名を舌の大戦争とも言う!!
 
クランケット・トロール「雰囲気は作っておいてからなんですけど、お互い見つめ合ってニュルニュルと……」
 
とーやま校長「どうだ? 3つ目?」
 
まーはん「ちょっと抵抗がありますね」
 
付き合って1ヶ月でニュルニュルは厳しいという事で、最初はサプライズハグから始めてみる事に!
 
とーやま校長「ちなみに、トロールはこれ実践されたことあるの?」
 
クランケット・トロール「まったく無いです!」
 
とーやま校長「あれ!? 彼女はいるんだろ?」
 
クランケット・トロール「全部妄想です!」
 
とーやま校長「ごめん、まーはん!!! 聞く人を間違えた!」
 
まーはん「ふふ!(笑)」
 
クランケット・トロール「経験は無いんですけど、そういうのをしてみたいっていう気持ちはあるんです!」
 
よしだ教頭「なるほどな〜(笑)」
 
とーやま校長「まあ何かしら行動した方がいいって事だな。まーはんは明日から、彼氏に“何かしてほしいな”って言われたら、経験の無いトロール兄さんが言ってたって思いながらサプライズハグとかしてみるといいんじゃない?」
 
まーはん「はい!」
 
とーやま校長「トロール! 彼女作れよ!!」
 
クランケット・トロール「けしからんに出てやりますよ!」
 
とーやま校長「お! でもあと3日しかないけど…頑張れ!」
 
本日の終わりの黒板にはこの言葉を書きました!
 
140421_sol07.jpg

 
『 知りたい事があるのは、素敵な事よ 』
 
だと思わない? 人として。
 
なんでこの質問してるんだよってやつもいたけど、
 
また明日、この時間も知りたい事も増える事が生まれる。
そう思ってることは人間として健全だと思う。
 
春だしこの知りたいって欲望を使って、人に話しかけるのもいいんじゃないかな。
 
知りたい事があるって素敵な事です。
  
140421_sol08.jpg

 
最後にこの書き込みを紹介して今日の授業を締めくくりました!
 

質問質問質問質問質問!
男子は興奮するとスカイツリーが点灯しますが、女子はどこがライトアップされるんですか?
神龍の申し子
男/17/岩手県
2014/04/21 20:10


Re:
東京ドームから花火が打ち上がるそうです。
ギョエー
男/16/群馬県
2014/04/21 20:18



 
とーやま校長「男同士でなにをやってるの!? なあ!」
 
よしだ教頭「カップル成立ですね(笑)」
 
とーやま校長「バ〜カ! バ〜カ! でも面白い!!!」
  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140421_fax01_2.jpg
RN コナ

  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ノータイトル 山形県 16歳 男
かほ〜ん 広島県 16歳 女
タイ米 北海道 17歳 男
リラリラックマ 山口県 18歳 女
双子座の姫 熊本県 13歳 女
クランケット・トロール 兵庫県 17歳 男
まーはん 大阪府 15歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 社会の窓 / クリープハイプ
22:13  Magic of Love (Album-mix) / Perfume
22:25  Force / Superfly
22:43 ミライボウル / ももいろクローバーZ
22:50 僕の果汁 / ズットズレテルズ
23:09 Dream Land / Perfume
23:37 ちょ / B-DASH
23:48 トランジスタ・ラジオ / 子門'z
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
おっぱいさわりたいよな、そうだよな!!
おっぱいってどこにあんだよ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
みんな、いろいろ知りたいのは分かるけどさ。
もうちょい言葉選ぼうぜ!!
でも、スゲー楽しかったな!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140417_sol02.jpg

 
『 男と女みんな持ってるクリープハイプ けしからんベボベ 』
 
とーやま校長「来週の授業内容を雑に表現するとこうなります」
 
よしだ教頭「雑に表現し過ぎ!!!」
 
来週のSCHOOL OF LOCK!はスペシャル授業!
まだ授業内容を把握していない生徒は今すぐSCHOOL OF LOCK!のオフィシャルサイトをチェック!
 
140417_sol01.jpg

 
今夜のSCHOOL OF LOCK!には、
東京カランコロン先生が初来校!
 
男性4人、女性1人の5ピースバンド!
 
昨日のBLUE ENCOUNT先生もそうでしたが、我が校の歓迎LIVEに出てもらうお願いをしているのにも関わらず、またしても初対面!
 
生放送教室に来てくれたのは、
ボーカル・ギターの“いちろー”先生!
そして、ボーカル・キーボードの“せんせい”先生!
 
そして東京カランコロン先生は、SCHOOL OF LOCK!の新入生歓迎ライブ『LIVE OF ROOKIE』に出演してくれます!
4月20日! いよいよ、3日後!
会場は、東京 恵比寿リキッドルーム!
この春、新生活を迎えた全てのみんなをLIVEで応援してくれます!
 
ということで、今夜は当日に先駆けて新学期を迎えた生徒の悩みを東京カランコロン先生と一緒に聞いていきました!
 
さあ、生放送教室には…!
 
140417_sol03_2.jpg


東京カランコロン先生「東京カランコロンでーーす!」
 
東京カランコロン先生登場!!
 
140417_sol21.jpg 
いちろー先生(Vocal/Guitar)

 
140417_sol22_2.jpg
せんせい先生(Vocal/keybord)

 
今夜はよろしくお願いします!!!
 
140417_sol05_2.jpg

 
とーやま校長「“せんせい”ってことはいちろー先生とせんせい先生ですね!」
 
せんせい先生「そうですね!」
 
とーやま校長「せんせい先生は、なんで“せんせい”なんですか?」」
 
マイペースが過ぎるところがありまして、みんなで練習している時に、1人で寝ていたり、絵を描いていたりしたので、そういう時に“先生、お願いしますよ!”ってお願いされていたのでそこから、“せんせい”って言われるようになったんです!」
 
とーやま校長「じゃあ、自分の意志で決めたわけじゃないんですね(笑)」
 
せんせい先生「はい! 勝手にプロフィールが変えられていて…私、本当は“あおむし”でやりたかったんですけど…」
 
せんせい先生は絵本『はらぺこあおむし』が大好きで、そこから取った“あおむし”という名で活動したかったそうです!
 
いちろー先生「正直、ライブハウスとかで“あおむし! あおむし!”と呼ぶのが嫌で、“せんせい”と呼んでいたらそれが定着したんですね。だから勝手のホームページのプロフィールを僕が変えました(笑)」
 
せんせい先生「でも、せんせい先生と呼ばれるのでいいと思います!」
 
とーやま校長「…はい?」
 
よしだ教頭「いつ仲が悪くなったんだよ! 校長先生だけは付いていってもらわないと!!(汗)」
 
140417_sol04.jpg

 
現在、30歳のいちろー先生と29歳のせんせい先生!
2人はどんな10代を過ごしてきたのか聞かせてもらいました!
 
いちろー先生「僕は暗かったですね。宅録をずっとやっていて、おじいちゃんの家の空き部屋でドラムを入れたり、リズムマシーンを入れたりしてましたね」
 
作った音楽はどこかで披露することはなかったそうですが、10曲ほど作っていて、今でもMDで残っているそう!
 
いちろー先生「今聴いてみると、もうチューニングがずれていて、“なんで気づかなかったんだんだよ”って笑えましたね」
 
本格的にバンド活動を始めたのは、東京カランコロンが初めて。今のメンバーで活動するようになったのは4、5年前からだそうです。
 
とーやま校長「じゃあ、20代も色々迷いながら活動されてきたんですね」
 
いちろー先生「わりとそうですね。元々僕とせんせいはシンガーソングライターとしてやっていて、お互いメジャーデビューが後一歩のところで断ち切られてしまったんです。それで改めてバンドを組んでメジャーデビューしました!!」
 
とーやま校長「せんせい先生はどんな10代を過ごされていたんですか?」
 
140417_sol07_2.jpg

 
せんせい先生「ひたすらお好み焼きを焼いてました!!」
 
とーやま校長「…ちょっと待ってくださいね」
 
よしだ教頭「お好み焼き屋でアルバイトをしていたってことですか!?」
 
せんせい先生「そうです! お好み焼き屋さんで働いて…フフッ!!」
 
とーやま校長「ちゃんと喋ってもらった後で笑ってくださいね!」
 
140417_sol10.jpg

 
さあ4人で仲良くお話をしていたんですが…ここで、SCHOOL OF LOCK!から東京カランコロン先生に謝らなければならない事があります!
 
とーやま校長「え!? 何!?」
 
それは、2013年12月19日の授業!
その日の1曲目で東京カランコロン先生の『走れ牧場を』流させてもらった時のことなのですが…
 
 
とーやま校長「東京カランコロン、『走れ、牧場を』(はしれ、ぼくじょうを)! 以上!!」
 
 
よしだ教頭「校長先生、現行犯逮捕です!」
 
とーやま校長「なんすか?」
 
せんせい先生「ああ〜これはすごく悲しいですね」
 
よしだ教頭「なんでわからなかったんですか? 堂々とね…」
 
140417_sol09.jpg

 
とーやま校長「一言だけ言わせてください!……スイマセンでした!!」
 
せんせい先生「まあ…ええやろ!」
 
 
♪ 走れ、牧場を / 東京カランコロン
 
 
とーやま校長「東京カランコロン、『走れ、牧場を』(はしれ、まきばを)以上!!」
 
そう、実は曲名の『走れ、牧場を』の“牧場”は“ぼくじょう”ではなく、“まきば”だったんです!
東京カランコロン先生! 本当にすいませんでした!!
 
140417_sol06.jpg

 
さあ改めて、東京カランコロン先生には20日の新入生歓迎ライブ『LIVE OF ROOKIE』に出演してもらいます!
 
とーやま校長「当日会場にいるのは、うちの新入生ばかり! 2人は、新入生の頃の思い出とかありますか?」
 
せんせい先生「中学ではすごい厳しくて制服もスカートの丈が決まっていたんですね。高校に入学して自由になった時はどういうふうに着たろうかって思ってワクワクしていた思い出があります!」
 
とーやま校長「友達はすんなり作れました?」
 
せんせい先生「いえ、すぐには作れなくて、前後の席の子がプリントを配る時に、“どこの学校から来たん?”って話しかけてくれてそれで仲良くなりました」
 
自分からは話しかける事がなかなかできなかったので些細な事で仲良くなり始めたそう!
 
140417_sol08.jpg

 
いちろー先生「僕は中学で全然モテなくて、悔しくて、イケてる学ランを着で、コンタクトにして、バンドを始めてみたんですね! まあモテなかったんですけどね」
 
しかし、バンドを始めた事で今まで関わってこなかった先輩とも交流ができたそうです!
 
とーやま校長「いいっすよね! そうやって色々始めてみるのは。これが得意なんだってわかるし!」
 
いちろー先生「結局、今の仕事に繋がっていますしね」
 
ここで『LIVE OF ROOKIE』にまつわる新情報!
当日券は、お昼の15時30分から発売します!
値段は3300円、ドリンク・チャージ別!
 
当日買うと、500円高くなってしまうぞ。
直前で、スケジュールも見えてきたって生徒はぜひ予約をして、チケットを手に入れてほしい!
 
いよいよ、週末の日曜日! みんなに会えるのを楽しみに待ってるぞ!
 
140417_sol32.jpg

 
ここからは、この春ルーキーの生徒に話を聞いていきました!
 
???「もしもし」
 
せんせい先生東京カランコロンです
 
とーやま校長「なぜ小声!?」
 
いちろー先生「と、東京カランコロンです!」
 
まあさちゃんぷるー。 東京都 17歳 女
 
東京カランコロン先生が大好きで、ライブにも行ったことがあるというRN まあさちゃんぷるー。!!
 
とーやま校長「ライブはどうだった?」
 
まあさちゃんぷるー。「超熱かったです!!」
 
いちろー先生「“超熱かった”って言われることってなかなかないので嬉しいですね!」
 
RN まあさちゃんぷるー。はこの春から高3ルーキー!
どんなかんじか聞いてみると…
 
まあさちゃんぷるー。「美大受験のために予備校に通い始めたんですけど、ずっと高1からずっと通っている子がたくさんいて、上手くて、その子達と自分を比べてめっちゃ不安です」
 
将来、映像関係の仕事に就きたくて、美大で勉強することを決意したそう。
今は高校での授業が終わった後に予備校に通い、美大受験のための勉強をしている!
 
とーやま校長「これは他の子は予備校だけなの?」
 
まあさちゃんぷるー。「浪人生は一日中絵を描いていて、現役生は私と一緒で放課後に描いています」
 
とーやま校長「なるほど、じゃあ人よりも遅く始めたけど、なかなか時間がとれないわけだ」
 
140417_sol35.jpg

 
せんせい先生「う〜ん、わかる。私もバンドを始めたのがめっちゃ遅くて、なんかやっぱりバンドで歌い慣れてる人は全然違うし、自分は全然できてないって思ったことあります。
でも“好きこそ物の上手なれ”って思っていて。楽しいって思ってガムシャラに目の前のことを真剣にやっていたら、他の人とは違う魅力が自分でわかってきます! でも今でも十分頑張ってると思うけどな」
 
140417_sol31.jpg

 
いちろー先生「自分がやりたいことがあってそれに向けて頑張っていると、他の人がきになっちゃう。でもそれよりも昨日の、もっと前の自分より成長している所を見つけるのが大事で、昨日の自分を上書きできているか、考えてやることが大事です。
そうしたらせんせいが言ったように自然前に進めると思います。自分達も他のバンドを見てへこむこともあるけど、それよりも自分がもっとより良いものが作れているか、成長できてるか考えるほうが最終的に良いもの得られるのでそれを考えてほしいです」
 
とーやま校長「どう? 話を聞いてみて」
 
まあさちゃんぷるー。「自分は自分で頑張らないとって思いました」
 
とーやま校長「競争相手は自分なんですね。昨日の自分と競う」
 
よしだ教頭「勝ちたいですもんね、最低限、昨日の自分には」
 
とーやま校長「これからはキャリアとか関係ないですもんね」
 
いちろー先生「好きかどうかですよ」
 
とーやま校長「自分が好きな映像の事をどれだけ好きでいるかだな」
 
せんせい先生「楽しむこと!」
 
まあさちゃんぷるー。「はい、頑張ります!」
 
とーやま校長「いつかカランコロン先生の音楽の映像を作る人が来るかもしれないからな!」
 
いちろー先生「それはめっちゃ楽しみですね!」
 
そして黒板の時間!!
本日はせんせい先生に書いてもらいました!
 
140417_sol36.jpg

 
『 がんばることを楽しむこと!! 』
 
140417_sol30.jpg

 
頑張る努力、楽しいことへの努力は大事です。
苦しい事はもちろんあるけど、
それを含めて好きな事を楽しいと思えることが大事だと思います。
 
そしたら、自然と前に進めます!
 
140417_sol37.jpg


とーやま校長「今の時期、みんな色んな想いがあって、モヤモヤしてると思う」
 
よしだ教頭「新しい環境で必死にもがいている最中ですからね」
 
とーやま校長「でもそのモヤモヤをそのまま持って集う場所が20日だ! カランコロン先生もバツッと決めてくれますよね?」
 
いちろー先生「思いっきりやります!」
 
せんせい先生「はい!」
 
とーやま校長「みんなの気持ちを乗せて燃やしてくれるはずだ!」
 
赤い公園先生、シナリオアート先生、BLUE ENCOUNT先生、そして東京カランコロン先生!!
SCHOOL OF LOCK!の新入生歓迎ライブ『LIVE OF ROOKIE』はいよいよ今週の20日(日)!!
 
前売りチケットは2,800円+ドリンク代(500円)
当日券は3,300円だから、今のうちに買っておいたほうがお得だぞ!
 
とーやま校長「まだ迷っている生徒に向けて、せんせい先生一言お願いします!!」
 
せんせい先生「絶対、買うたほうがいい! 絶対買うたほうがいい!!」
 
140417_sol38.jpg

 
東京カランコロン先生、ありがとうございました!
20日の「LIVE OF ROOKIE」、改めてよろしくお願いします!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140417_fax01.jpg
RN 滝

 
140417_fax02.jpg
RN ミジンコミチコ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
まあさちゃんぷるー。 東京都 17歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 オレンジ / クリープハイプ
22:21 Sakura Melody / 加藤ミリヤ×清水翔太
22:41 走れ、牧場を / 東京カランコロン
23:21 ユリイカ / サカナクション
23:42 16のbeat / 東京カランコロン
23:47 恋のマシンガン / 東京カランコロン
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
東京カランコロン先生はほんわかほんわかしていてとても良いね!
20日楽しみ!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
東京カランコロン先生、カワイくて、カッコよくて楽しくて!
LIVE OF ROOKIE グッと楽しみ!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140416_sol01.jpg

 
『 はるるにおしゃんてぃにしてもらう 』
  
来週のSCHOOL OF LOCK!は毎日がスペシャル授業!
来週GIRLS LOCKS!に登校するのは、おしゃれ部部長川口春奈ちゃん!
川口春奈ちゃんは、生徒1名の全身コーディネートをプロデュース! しかもその洋服をプレゼント!!
 
はるるがキミのために洋服を選んでくれるって事だぞ!
 
おしゃれ部サイトから今すぐ応募だ!!
 
140416_sol02.jpg

 
本日は…
全国のライブハウス&フェスに出演! "熱いLIVE" で、今、日本の音楽シーンのルーキーとして大注目!
そして、SCHOOL OF LOCK!の新入生歓迎ライブ[ LIVE OF ROOKIE ]にも出演する
 
BLUE ENCOUNT先生初来校!!!
 
BLUE ENCOUNT先生たちと今夜は、"新学期すでにブルー" という生徒たちの話を聞いていきました!!
 
140416_sol03.jpg

 
生放送教室には…!
  
BLUE ENCOUNT先生登場ーーー!!!
 
140416_sol11.jpg 
田邊駿一先生(Vo. Gt.)

 
140416_sol12.jpg
江口雄也先生(Gt.)

 
140416_sol13.jpg
辻村勇太先生(Ba.)

 
140416_sol14.jpg
高村佳秀先生(Dr.)

 
本日はよろしくお願いします!!
 
140416_sol04.jpg

 
とーやま校長「ようやく生放送教室で会えましたね!」
 
田邊先生「光栄です!! でも落ち着かないですね、光栄な場所なので!」
 
高村先生「緊張して30分でトイレに3回もいきましたよ!(笑)」
 
とーやま校長「今日の来校を本当に楽しみにしてました! 僕達も、生徒も!!」
 

BLUE ENCOUNT
LIVE OF ROOKIEの紹介の時に初めて聴いて、一瞬でやられました。エモい!歌詞が良い!かっこいい!すごくすごく好きです!!今日の授業楽しみにしてました。これから沢山聴いていきたいと思います。
コスモボート
女/15/新潟県
2014/04/16 22:16



BLUE ENCOUNT先生「ありがとうございます」
 
田邊先生「好きになっちゃいますよ…! 生徒からこんなに愛される事なんてないですからね!」
 
140416_sol05.jpg

 
とーやま校長「わりと一撃で好きなった生徒が多くて。俺も1回聴いて、“ライブは絶対かっこいいし、演奏能力が高い”って思って」
 
田邊先生「ちょっとハードル上げないください!(笑)」
 
とーやま校長「大丈夫でしょ!!」
 
高村先生「上げられても僕ら、その下を潜り抜けちゃうんで(笑)」
 
よしだ教頭「そのままハードルをぶち壊してくださいよ! 飛び越えもせずに!」
 
140416_sol06.jpg

 
BLUE ENCOUNT先生は現在、25歳〜26歳ということで、生徒達にとってはお兄さんみたいな存在ですが、10代のころはどんなふうに過ごされてきたのか聞かせてもらいました!!
 
田邊先生「16歳でこのバンドを立ち上げて、ずっとやってきましたね」
 
辻村先生以外のメンバーはみんな高校の軽音楽部で一緒だったそうです。
 
140416_sol07.jpg

 
田邊先生「10代は、夢が見つかったときだったので、ひたすらやっていたんですけど、その夢も漠然としていたので、葛藤がありましたね。でもこうして10年後も夢を追い求める事ができてるのは嬉しいですね」
 
とーやま校長「ちなみに夢ってなんですか?」
 
田邊先生「本当に些細な事から大きな事ですよ。バンドを始めたころは“CDが出したい!”“ツアーがしたい!”って思っていて。自分達でお金出して、CDを作ってライブで配っていました」
 
当時、進学校に通っていて、周りは進学する人ばかりで、夢を言う事自体恥ずかしかった時期もあったそうです。
 
田邊先生「その頃は、“漠然と音楽で飯を食ってく”までは考えてなかったけど、目の前の事を必死で追っていて。気づいたら取り残されていて。先生にも親にも相談できないし、拠り所が音楽しかなくて。
逃げ場が音楽だったっていうのもありました。だからラジオから流れていた音楽を自分の応援歌にしてきた面々なので、この学校にこれて嬉しいです」
 
140416_sol08.jpg

 

ブルエンは高専の先輩!
久しぶりに書き込みます。BLUE ENCOUNTは僕が所属している高専の軽音楽部の偉大なるOBです!文化祭で母校凱旋ライブとかやってほしいなあ
長袖上着
男/18/熊本県
2014/04/16 22:31



 
BLUE ENCOUNT先生「おお〜!!」
 
田邊先生「嬉しいな〜! OBとして見てもらえていて」
 
とーやま校長「じゃあ、後輩に一言もらっていいですか?」
 
田邊先生「…お前、お前の音楽信じろよ!」
 
 
♪  声 / BLUE ENCOUNT
 
 
140416_sol09.jpg

 
とーやま校長「今聴いたこの曲も高専時代に作られたんですよね」
 
田邊先生「そうですね。当時親の反対を押し切って半ば強引に上京したんですけど、そこで当時のベースが進路を選択して、僕たちも音楽を選択して、それで今の辻村に出会って作った曲です」
 
この『声』も収録されている「BAND OF DESTINATION」は絶賛発売中!!
 
田邊先生「過去曲を再録音しているので、今の僕らの声を収録しようってなっていたので。初めて聴いたって人も1回聴けばライブも楽しめる一枚になっています!!」
 
とーやま校長「いよいよ今週の20日に『LIVE OF ROOKIE』が開催されるんですけど、どんな感じですかね?」
 
田邊先生「異種格闘技ですよね! 僕ら一時間目の体育を担当する感じでいきたいです! 一時間目の体育ってテンション上がるじゃないですか。まだ起きてない体を起こすために準備運動をしっかりさせる感じで行きたいと思います!!」
 
140416_sol22.jpg

 
ここまで、BLUE ENCOUNT先生の曲とともに『LIVE OF ROOKIE』を紹介してきましたが、
まだ行こうか迷ってる生徒に向けて、辻村先生から一言!!
 
辻村先生「絶対後悔させないから、黙って来い!」
 
田邊先生「何コレ〜! キュンと来るわ!」
 
男らしくバシッと決めてくれた辻村先生! でも普段はお肌の手入れにしっかりとしているほどピュアだそうで…!
よしだ教頭と気が合いそうですね!!(笑)
 
また、BLUE ENCOUNT先生はライブツアー「DESTINATION IS “PLACE”」を開催予定!!
KEYTALK先生、TOTALFAT先生、忘れらんねえよ先生など我が校に縁のあるアーティストと一緒に各地でライブを繰り広げてくれます!!
 
とーやま校長「そんなライブを一言で表すと…!?」
 
辻村先生「間違いなく…熱い…!」
 
田邊先生「お前! 味しめてるな〜! でも汗びっしょりじゃん!(笑)」
 
辻村先生「辻村で遊ばないでください!」
  
140416_sol23.jpg

 
さあここからは本日の授業!
“新学期すでにブルー”という生徒たちの話をBLUE ENCOUNT先生と一緒に聞いていきました。
 

ぶるー
前のクラスの方が楽しかった…泣 好きなひととクラスはなれた… 隣からあいつの声が授業中いつも聞こえる うちのクラスの前をとおるときは、ガン見してます。同じクラスになりたかった(;´д`)
じぇいむず
女/13/香川県
2014/04/16 20:26



 
とーやま校長「割りと人気のある生徒なのかな」
 
田邊先生「すごくわかります。友達関係は一年かかって作るものだから。別れた時、向こうが楽しそうに見えてしょうがない。
でも俺は、そういう時は、ソイツよりもっと楽しそうにしようと思いました。そうすることで人が集まってきて、その中に良いヤツがいて仲良くなったりしました」
 
仲良くなった子が隣クラスの子とも仲が良くて、気づいたらクラス関係なく遊ぶようになったそうです!
 
田邊先生「最初はカラ元気かもしれないけど、“俺、お前よりも楽しんでいるよ”って感じでいるのは大事だと思いますね!」
 
よしだ教頭「そしたら彼もこっちに遊びに来るかもしれないもんね」
 
140416_sol24.jpg

 
続いては、ブルーな気持ちの生徒に直接話を聞きました!
 
ペリー☆ 埼玉県 17歳 女
 
とーやま校長「今、ちょっとブルーな気持ちなのか?」
 
ペリー☆「はい、私、理系のクラスで女子が1人しかいないんです」
 
この春から理系クラスで授業を受けるようになったRN ペリー☆。
14人中13人が男子なのだが、授業中発言しづらかったり、ノートを借りにくいと感じているそう。
 
ペリー☆「元々男子が苦手で、その中でどう男子と仲良くなればいいのかなって…」
 
田邊先生「僕らも、高専という理系の高校に通っていたんだけど、そこではペリー☆と同じで女子が1人、2人しかいないクラスだった。だからペリー☆とは逆の立場だったんだよね。
そういう時って男子も女子に気をつかっているんだよ」
 
とーやま校長「へぇ…!」
 
田邊先生「以外に、周りの人が怖く見えるけど、それ以上に相手も気にしていて、俺らもそうだったよね」
 
江口先生「うん」
 
男子側もなかなか話しかけづらかったそうですが、そういう空気を壊してくれたのが、学校行事だったそうです。
 
田邊先生「その時にガンガン行ってみると男子は“結構喋れるな”って思ったりするから、行事にドンドン参加してみたらいいじゃないですかね。なんだかんだ男子は一番女子の事を気にしているので」
 
とーやま校長「どう? 話を聞いてみて」
 
ペリー☆「私、今まで文化祭とかでは裏方に回っていてあまり楽しめてなかったので、今年は最後なのでドンドン行ってみようと思います!」
 
田邊先生「授業中とかはみんなが頭が良く見えたりするから体育の時間とかに話してみるとか」

高村先生「最初の1回がね」
 
田邊先生「そう、最初の一撃で壊すのがなかなか難しいんだけど、男の子は話しかけてほしいと思っているし、意外に女の子にしかわからない事もあったりするんだよね」
 
辻村先生「聞きたい事もあるんだよね」
 
田邊先生「“ラストを楽しもうという気で行ってほしい”と男子目線で言ってみました!」
 
よしだ教頭「ペリー☆は男子からめっちゃ思われてるんだよ」
 
ペリー☆「そうなんですね」
 
140416_sol25.jpg

 
田邊先生「理系男子は気持ちを一番隠しますからね!」
 
とーやま校長「出た! 名言!!」
 
田邊先生「一番女の子の事を考えているのが理系男子なんです。でも修学旅行の夜に告白できないのが理系男子だったり…」
 
とーやま校長「なるほど〜!」
 
田邊先生「そういう時は女子から来てほしいって思うときがある。でもそれが後々大事な繋がりになるから」
 
ペリー☆「はい」
 
田邊先生「勉強で悩むのはしょうがないけど、いざ受験とかで助けてくれるのが男友達だったりするかもしれないから試してほしいですね」
 
よしだ教頭「性別が違っても同じクラスメイトだからね」
 
田邊先生「授業もこれから難しくなっていくから」
 
江口先生「ふさぎこまないようにね」
 
辻村先生「その一歩踏み込めたら、卒業式“あの時は…”って笑い話にできるからさ」
 
田邊先生「無理はしないでいいから。無理して言う事と言いたい時に言うのでは出て来る言葉も違うだろうし、言いたい時に言おう」
 
ペリー☆「わかりました!」
 
 
♪ NEVER ENDING STORY / BLUE ENCOUNT
 
 
とーやま校長「ぺリー☆も今の言葉とこの曲で、今までモヤモヤしていたものが開けたよね!」
 
田邊先生「あと一押しってところでうちらの曲を聴いてもらえたら、全力で後押しします!!」
 
最後に黒板の時間!
本日は田邊先生に書いてもらいました!
  
140416_sol26.jpg

 
『 君は君の速さで歩こうよ 』
 
140416_sol27.jpg

 
今日、クラス替えでブルーになっている生徒の話を聞かせてもらいました。
やっぱり人と比べちゃうのが人間の性(さが)だと思います。
 
でも、その時に相手に迎合する形で無理に自分を見せても、それが逆に痛くて、自分の傷にもなります。
 
不恰好でも笑われても自分の歩きやすい速度で歩いた方が絶対楽しいんですよ。
 
僕らもその事で悩んだ時期がありました。
誰かに合わせて、顔色をうかがうんじゃなくて、音楽をやっていく事を選んだ。
それが今でも楽しい。
 
自分のやりたいように歩いて、それで一緒に歩いてくれる友達を見つける方がいいと思うので、この言葉を選びました。
 
140416_sol28.jpg

 
とーやま校長「どうでした? あっという間だったんですけど、この2時間?」
 
田邊先生「いや〜先生になるって珍しい体験で、でも生徒からも言葉も勉強になりましたね!」
 
とーやま校長「では、この2時間の総括を辻村先生お願いします!」
 
辻村先生「いい夢見ろよ!」
 
140416_sol29.jpg

 
BLUE ENCOUNT先生、本日はありがとうございました!!
また来校してください!
 
そして、20日の『LIVE OF ROOKIE』よろしくお願いします!! 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140416_fax01.jpg
RN 赤秋

  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ペリー☆ 埼玉県 17歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 17歳 / 竹友あつき
22:14 JUST AWAKE / BLUE ENCOUNT
22:25 春を歌にして / back number
22:42 声 / BLUE ENCOUNT
22:49 HALO / BLUE ENCOUNT
23:20 明日への賛歌 / flumpool
23:43 NEVER ENDING STORY / BLUE ENCOUNT
23:49 HANDS / BLUE ENCOUNT
23:52 JOIN / BLUE ENCOUNT
23:53 JUST AWAKE / BLUE ENCOUNT
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ブルエンめっちゃ好きだ! また会いたい!
っていうか20日会う! 楽しみだよこれは〜。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
BLUE ENCOUNT先生、知的!
インテリジェンスが漂う素晴らしい時間だった
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140415_sol01.jpg


『 2分 』
 
140415_sol05.jpg


昨日の生放送教室で告知した、来週のスペシャル授業!!
今夜は、とーやま校長が“2分間”で、来週の授業内容を発表することに挑戦!!!

140415_sol03.jpg

 
結果はなんと…“1分17秒!!”
驚異の速さで目標時間を達成!!!

140415_sol04.jpg
 

生徒のみんなは聴き取れたかな!?
 
後半の超スピードについていけなかったという生徒も大丈夫!
来週のスペシャル授業の予定は全て、我が校の特設サイトでチェックできるぞ!!
 
140415_sol02.jpg

 
今夜はこの授業をお届け!
 
『モンスター新学期〜うちの学校半端ない!〜』
 
君が通っている学校の変な校則、おかしな学校行事、すごいクラスメイトがいるなどなど!
新学期早々、半端ないと思った事を教えてもらいました!
 
140415_sol06.jpg

 
まずはこの生徒の報告を聞かせてもらいました!
 
れんもぐのん? 大分県 15歳 女
 
とーやま校長「早速、お前の学校でどんな事があったか報告してくれ!」
 
れんもぐのん?「対面式でドッキリを仕掛けられました!!」
 
入学してきた1年生と在校生である2、3年生が初めて顔を合わせる対面式!
そこでドッキリってどういうこと…!?
 
れんもぐのん?「体育館に入ったら、男子の先輩が全員学ランのボタンを開けて、腰パンしていて…女子の先輩もワーワー騒いでいるんです。生徒会長が喋っていても騒いでいて…」
 
すると先輩が一年生の一人を前に連れてきて、“お前のケータイ鳴っていただろ!!”といちゃもんをつけられて、周りの先輩がヤジを飛ばし始めたそう……!!!
 
れんもぐのん?「途中で先生が“お前らふざけるなよ!”って先輩を連れて行ったんですけど。私たちは“本当にやばくない?”って言っていたんです…」
 
そこで! 先生に連れて行かれた先輩が帰ってきて、“ドッキリでした!”とネタばらし!!
 
とーやま校長「ええ!? じゃあ、2、3年生が驚かせるために動いていたってこと?」
 
よしだ教頭「先生もグルだったってこと!?」
 
れんもぐのん?「はい、台本も書いていて…!!」
 
とーやま校長「すごいなこの話!!」
 
先輩達が怖そうに見せいていたのは、実はドッキリだった!!
でも中には驚きすぎて泣いてしまった1年生も…。
 
よしだ教頭「泣くよ〜! 俺だったらずっと下向いてるもん」
 
とーやま校長「“ドッキリだった”って言われた時はどうだった?」
 
れんもぐのん?「ええ…!? ドッキリだった…? みたいな」
 
とーやま校長「だよな〜。先輩たちはネタばらしした後はどんな感じだったの?」
 
れんもぐのん?「みんなで“イエ〜イ!!”って言ってました!」
 
とーやま校長「そっか…! めっちゃいいな! その学校!!」
 
ちなみにこのドッキリ、RN れんもぐのん?の入学した高校では伝統になっていて毎年行っているそう!
 
とーやま校長「じゃあこれ、先輩達も上手くいくかなってドキドキしたのかな? でもこれで入学した時の緊張ってほぐれたよな」
 
れんもぐのん?「はい!」
 
とーやま校長「優しい先輩だな!」
 
思わず校長、教頭も入りたくなる報告ありがとう!
学校生活楽しんでくれ!
 
140415_sol07.jpg

 
くふいなゆー 東京都 16歳 女
 
くふいなゆー「私の学校には、Twitterにはしゃいでる校長がいます!!」
 
とーやま校長「おお! 面白いな〜!」
 
RN くふいなゆーの学校はTwitterの公式アカウントを持っているそう。
それを管理&更新しているのが校長先生だそうです!
 
くふいなゆー「初めは学校の行事とかのお知らせだけだったんですけど、最近、“桜が散り始めました”って校庭の桜の写真をアップしていたりして、事あるごとにツイートしてるんです!」
 
140415_sol08.jpg

 
ここで、とーやま校長がRN くふいなゆーの学校のTwitterアカウントを発見!
 
とーやま校長「“桜の花びらが散りました”っていう悲しいツイートがあったぞ! これツイートしてるの5時間目、6時間目の授業の時間帯じゃない?(笑) これみんなチェックしてるんだね!」
 
くふいなゆー「はい! みんな“校長、何をやってるんだろう”って言ってます(笑)」
 
他にも校長先生が先輩たちの修学旅行に同行した時には……
 
くふいなゆー「校長先生が出席状況を学校に報告しなきゃいけないんですけど…、校長先生が誤って“全員出席しています”ってTwitterにつぶやいちゃって…!」
 
とーやま校長「なんで修学旅行の出席をSNSにアップしてるんだよ!(笑)」
 
会議でツイートできない時は、わざわざ“会議のため夕方からのツイートになります”と報告することも!
 
よしだ教頭「いいよ〜!(笑) その報告いらないよ!! ただ夕方にツイートしてくれればいいんですよ〜」
 
とーやま校長「これ、俺もこれから見させてもらおうかな? ありがとう!!」
 
140415_sol09.jpg

 
続いて逆電したのはこの生徒!
 
たーちょ 大阪府 15歳 女
 
たーちょ「生物の授業先生がペンギンなんです!」
 
とーやま校長「ペンギン…!? あだ名とかじゃなくて?」
 
たーちょ「はい!」
 
今日、初めての生物の授業があったというRN たーちょ!
理科室に移動してみると、なんと…教壇にペンギンが座っていた!!!!
 
たーちょ「高さ30cmくらいのペンギンのぬいぐるみがおいてあって。黒板には“ペンギン先生が教えます”って書いてあったんです。うちら、初めてだから全然わからなくて…」
 
よしだ教頭「そりゃポカーンでしょ(笑)」
 
たーちょ「それで授業開始のチャイムが鳴ると、30代の男の先生が入ってきて、いきなり設定の話をし始めたんです!」
 
その先生の話によると
・生物の授業はペンギン先生が教える!
・ペンギン先生他にもクマ(ぬいぐるみ)先生が二人いて、それぞれ第一助手、第二助手を務める!
・男の先生は第三助手!!
 
たーちょ「それで、男の先生が“ペンギン先生とクマ先生は喋れないので、僕が代わりに授業をします”言ったんです。みんなポカーンとしていて…」
 
とーやま校長「だよね〜。 たーちょはどう思ったの?」
 
たーちょ「もう、バカじゃないのかと…」
 
よしだ教頭「厳しいよ! もっと乗っかってあげなよ〜!」
 
生物の授業はそのまま。第三助手の先生が普通に進行したそう…。
 
よしだ教頭「途中、ペンギンとかには触れるの?」
 
たーちょ「ほとんど触れないです」
 
よしだ教頭「なんでだよ!! もっと触れなさいよ!」
 
とーやま校長「これはずっとやってるの!?」
 
たーちょ「はい。転任してから12年間ずっとやってるそうです」
 
とーやま校長「その先生は12年も助手なのか…(笑)」
 
なぜ、このような授業形式なのか知ってる生徒はいないそうです。
 
とーやま校長「これ、隙をみていけそうだと思ったら聞いてみよう?」
 
たーちょ「わかりました!」
 
とーやま校長「助手だからさ、“なんでペンギン先生に従事してるんですか?”って聞いてみよう。あとは生物の授業がきちんと頭に入ってる事を祈ってるわ!」
 
よしだ教頭「ちゃんと第三助手の話を聞きなさいよ!」
 
たーちょ「はーい!!」
 
引き続き、ペンギン先生に関する報告待ってるぞ!
  
140415_sol10.jpg

 
本日最後に逆電をしたのは…
 
りんだマン 広島県 16歳 女
 
りんだマン「『詩のボクシング』っていうのがあります」
 
とーやま校長「詩のボクシングってどういうこと?」
 
『詩のボクシング』とは、ボクシングリング上で、詩の朗読をし合う競技のことだそう!!
 
とーやま校長「マジ!? これってみんな出るの?」
 
りんだマン「はい! 各クラスで代表者を出して闘います!」
 
とーやま校長「それで、リングの上でどうやって闘うの?」
 
りんだマン「マイクが一本置いてあって、レフェリーがいるんです。それで詩を朗読する人は動いてもいいし、マイクを持って動き回っていいのでからとにかく読むんです!」
 
詩のお題は自由でクラス毎に決める!
レフェリーは学校外から偉い先生が来たり、生徒の中から選ばれた人が務め、多数決で勝負を決めるとの事!
試合は基本トーナメント制!
決勝ではレフェリーからお題が出されて、即興で詩を読むそうです!!
 
とーやま校長「フリーポエムスタイルじゃん!!」
 
他にも応援タイムがあり、クラスごとにポエムを応援するそう!!
 
とーやま校長「超盛り上がるだろ!?」
 
りんだマン「はい!! めっちゃ盛り上がります!」
 
とーやま校長「今までやってきた面白かったポエムとかある?」
 
りんだマン「勉強がテーマのポエムで“色んな教科に手を出して、こんな僕は浮気者?”みたいなフレーズがあって面白かったです!」
 
今年は6月に開催予定! RN りんだマンも出ようと思ってるそうです!!
 

聞いたことある!
詩のボクシング、全国大会とかありましたよね!やってみたい(((o(*゚▽゚*)o)))小学生の部から一般まであった気がするー。
鎖骨先生
女/15/神奈川県
2014/04/15 23:39



とーやま校長「そうなんだ!」
 
りんだマン「テレビでも放送されたことがあります!」
 
とーやま校長「ホント!? じゃあ今度見てみるわ!! 面白いな〜これは!」
 
報告ありがとう!
6月の大会、代表者に選ばれるように祈ってるぞ!!
 
140415_sol11.jpg

 
『 楽しいをつぶさないで 』
 
今日は話を聞いているだけで面白かった!
その学校に行ってみたいと思った!!
 
人によっては“いやいや、けしからん”と言う人もいると思う。
そういう意見を言う人も最近は増えてきたと思う。
 
でも、ちょっと待ってほしい。
 
そういう言葉で楽しいものを楽しめず、
楽しさの芽を摘むいでしまっているのではないかと思う。
 
気持ちはわかります。
 
でも、楽しいものはちゃんと楽しみたい。
 
今日はそう思いました。
 
140415_sol12.jpg

 
とーやま校長「紹介し切れなかったけど、まだまだたくさんあるだろうな〜!」
 
よしだ教頭「自分の学校には何も無いって思ってるやつがいるかもしれないけど、何かしら学校行事がありますからね。そういう行事には積極的に飛び込んだ方が確実に楽しいと思うので、一歩外にから見てるよりは、参加してほしいですね!」
 
とーやま校長「そうだね! よく見たら“コイツ面白い”ってやつがいるかもしれないし!」
 
よしだ教頭「参加してみたら面白いって事もありますからね!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140415_fax01.jpg
RN うにまぐろ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
れんもぐのん? 大分県 15歳 女
くふいなゆー 東京都 16歳 女
たーちょ 大阪府 15歳 女
りんだマン 広島県 16歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 Believe in yourself / 阿部真央
22:12 天狗 / ZAZEN BOYS
22:22 GO FOR IT !! / 西野カナ
22:36 なんちって / RADWIMPS
22:45 PTA〜光のネットワーク〜 / ユニコーン
23:09 Humanoid Girl / Gotch
23:18 革命家は夢を観る / ART-SCHOOL
23:23 夜を越えて / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:33 ペンギンさん / くるり
23:42 ノーマルアタマ / ゲスの極み乙女。
23:47 骨 / 黒木渚
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
いつかペンギン校長に授業してもらおう!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今日みたいな授業の時は
たいてい「学生時代に戻りたい!」と思うのです
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140414_sol01.jpg

  
『 連絡ボード 』
 
この学校のWEBサイトにある、連絡ボードをもう見たかな!!
来週の授業の予定が、一気に発表されています!
 
★来週月曜日の授業は…!
異性にまつわる疑問を完全解決!
「新学期レスキュー☆男と女の掲示板逆電!」
 
☆Perfume LOCKS!は…
『Perfumeと男と女の掲示板研究』!!
 
★来週火曜日の授業は…!
自分だけが持っていないアイテムを
「みんな持ってるキャッシュ&リリース」
 
☆アジカンLOCKS!は…!
アジカンのボーカル・ギター、ゴッチがおくる“LIVE”の授業!
『後藤正文LIVE講義』
 
しかもこの日は、来週月曜日、東京国際フォーラムで行われる、『EARTH × HEART LIVE 2014』の会場からアジカンのメンバー全員も、声を届けてくれるとのこと!
 
★続いて、来週水曜日は……!
クリープハイプ先生来校!
 
しかも、当日は…… 今週行われる武道館でのLIVE音源を持ってきてくれるぞ!
さらにこの日は…! クリープハイプ先生とこの学校にまつわる重大な発表があります。
 
☆flumpool LOCKS!は…!
みんなから募集した“トークテーマ”で隆太と一生警備員がぶっつけトーク!
『The Best“トーク” MOMENT 2014!』
 
★来週木曜日の生放送授業は……!
「春からけしからんランキング」
 
今回のけしからんランキングには、なんとスペシャルゲスト!!
“どスケベ祭”の主催者にして、この学校のB組の講師 Base Ball Bear先生が登場!!!
ニューアルバム『二十九歳』に収録される新曲も初オンエア!
 
☆サカナLOCKS!は…!
山口一郎の私物ヘッドフォンをプレゼント!
音学の授業『春の中間テスト』開催!
 
★来週金曜日のSCHOOL OF LOCK! FRIDAYは…!
「バースデー大感謝祭!プレゼント バイ よしだ教頭!」
 
☆セカオワLOCKS!は……!
君の”秘密”を3択クイズにして出題!
「炎と森のカーニバル〜秘密の3択クイズ〜」
 
★来週の女子クラスには、川口春奈ちゃんが毎日登校!
「おしゃれ部 新部長 就任記念!生徒のファッションを全身プロデュース!」
 
今発表してきた来週の予定は、
SCHOOL OF LOCK!のWEBサイトにあるスペシャル授業の特設ページを確認してほしい! 
140414_sol02.jpg

 
本日のSCHOOL OF LOCK!は……
 
『恋愛部 presents 春キュン☆フェスティバル!』
 
掲示板を見ていると、新学期早々キュンキュンしてしまっている生徒が、たくさんいます!
 
今日は、恋愛の話題についても学校掲示板を開放!
気になる書き込みに、時間の限り電話して、みんなの春恋を応援していきました!
 
140414_sol03.jpg

 
まずは恋愛部新プロジェクト!
生徒の恋の話をラジオドラマにする「君恋物語」について新しいお知らせ!
ラジオドラマの脚本を書いてくれる脚本家が決定しました!
 
みんなが実際に体験した恋の話を書いたメールを直接読んでドラマを書いてくれる、脚本家は…!
 
フジテレビ系で放送されていたドラマ『失恋ショコラティエ』の脚本家!
安達奈緒子先生
 
恋愛を中心に、人気ドラマを手がけてきた脚本家の先生です!
安達先生ご本人から手紙が届いているので、紹介させてほしい!
 


最初にばらしてしまいますが今年で43歳です。
10代の皆さんからしたら、お母さんの世代です。
 
2003年にフジテレビヤングシナリオ大賞という輝かしい賞を頂きましたが、それから約8年間、プロの脚本家としての仕事はほぼありませんでした。
実力ないし、もう諦めようと決めた矢先、フジテレビの月9という超花形枠に挑戦できるチャンスをいただきました。
 
最後のつもりで書いて、それが採用になり、『大切なことはすべて君が教えてくれた』という作品になりました。
40歳になる年にデビューです。人生は生きてみないとわからない!と実感しています。
 
これまで書いたおもな作品は『リッチマン、プアウーマン』、『Oh,My Dad!!』、『失恋ショコラティエ』です。
 
『失恋ショコラティエ』という作品に関わらせていただいて、「恋愛とはなんなんだ?」というブラックホールに引きずり込まれたまま答えが出ていません。
恋愛現役、またはこれから恋愛する生徒の皆さんになら、その答えを教えてもらえるんじゃないかと思い、この恋愛部に参加させていただくことにしました。
 
学食か購買部のオバチャンに話すような気持ちで、恋のお話をしてもらえたらすごく嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。
 

安達奈緒子


改めて、安達先生、よろしくお願いします!
みんなが体験した、恋の実話が、ラジオドラマになる、「君恋物語」!
現在、恋愛部のサイトから、メールで受け付け中!
 
140414_sol04.jpg

 
さあ、ここからは「春キュン☆フェスティバル!」
掲示板に恋の話を書き込んでくれた生徒に時間の限り電話をしていきました!
 
ピックレモネード 長野県 15 女
 
とーやま校長「既に、声がキュンキュンしているな(笑)何があったか教えてくれ!!」
 
ピックレモネード「入学して一週間で彼氏ができました!」
 
とーやま校長「早い早い!!! どういう事!?」
 
この春、高校に入学したRN ピックレモネード!
クラスのLINEグループチャットに入りみんなと話していたそう。
 
ピックレモネード「そしたらその中に気になる彼がいて、友達に追加したら、向こうからメッセージが来て、色々話していているうちに…(照)」
 
とーやま校長「みんなでグループで話している中、こっそり個人宛てにメッセージを送る! 今お前ニヤニヤしてるだろ!?」
 
ピックレモネード「いいえ! してないです(笑)」
 
その後、彼から彼から“彼女になってほしい”とメッセージが来たそう!!
 
よしだ教頭「その間、学校では話していたの?」
 
ピックレモネード「いえ、話していなかったです」
 
とーやま校長「じゃあ、向こうはお前の事を気になっていたんだよ! ちなみにお前は気になってたの?」
 
ピックレモネード「はい、気になってました!」
 
サッカー部に入っていて優しいそうな見た目をしてるという彼!
付き合ったのはつい昨日だそうです!!
 
よしだ教頭「カップル2日目!!」
 
とーやま校長「今日も学校で会ったんだろう? どんな感じだった?」
 
ピックレモネード「お互いのこととか、色々話しました!」
 
とーやま校長「うんうん、楽しいね! 今、一番したいことは!?」
 
ピックレモネード「デート…(照)初めてなので、とりあえず普通にお出かけしたいです」
 
とーやま校長「うらやましいね!!」
 
よしだ教頭「座禅組の気持ちを代弁すると“これで、勉強が疎かになるな”って思ってるんだろうな〜(笑)」
 
とーやま校長「でも、来週のけしからんで出てきたらビビるな〜(笑)」
 
この後も彼とLINEでやりとりするそう
お幸せに〜〜!!
 
140414_sol05.jpg

 
続いて逆電したのは…
 
everyday音チョコ 宮城県 15歳 女
 
2年前、中学生だった頃、ある高校の定期演奏会に行ったという、RN everyday音チョコ。
そこで一人の先輩に一目ぼれしたそう!
 
everyday音チョコ「それでその先輩の事、何も知らないで高校に入って吹奏楽部に入ったら、同じパートにその先輩がいたんです!」
 
とーやま校長「おおおおお!!!! ちょっとこれは!!」
 
よしだ教頭「その先輩の高校に入ってたんだ!」
 
一目惚れした当時は、高校も、先輩の名前もわからず諦めてのだが、まさかの再会!!
 
とーやま校長「どうやってわかったの?」
 
everyday音チョコ「希望した楽器のパートに入ったら、その先輩がいて、“あっ!!”ってなりました!」
 
2年ぶりにあった先輩は、背が伸びてカッコ良くなっていたそう!
 
とーやま校長「今はもう入ってるの?」
 
everyday音チョコ「まだ入ってなくて、仮入部の生徒は先輩からマウスピースを借りられるんですね。それで私は同じパートの子が5人いる中でその先輩のマウスピースを借りれたんです」
 
とーやま校長「けしからん!」
 
よしだ教頭「1週間早いよ! そういうの女子から聞くの初めてだな(笑)」
 
初めてマウスピースを借りたとき、本当は吹けるトロンボーンも緊張して吹けなかったそう。
でもそのおかげで、気になる先輩にずっと教えてもらっていたんだって!!
 
とーやま校長「どうなの? 先輩のものを借りてさ」
 
everyday音チョコ「なんかもう、間接…アレじゃないですか。だからどうしようもなくて(照)。水洗いして返すんですけど、ツバ拭きタオルがあって、水洗いした後でもう一度それで拭いて返してやります!」
 
よしだ教頭「“返してやります”っていいね(笑)」
 
マウスピースを借りられるのは仮入部をしている一年生の特権!
入部を決めた一年生は自分のマウスピースを買うそうなのだが…。
 
everyday音チョコ「私はまだ入部してないので、最後まで届けを出さないで、先輩のを借り続けたいです!」
 
よしだ教頭「3年間出さないつもりなの!?(笑)」
 
とーやま校長「お前たくらんでるな〜! 大丈夫? ちゃんと真顔で練習できてる?」
 
everyday音チョコ「できてます!(笑)」
  
140414_sol08.jpg

 
とーやま校長「連絡先とかは知ってるの?」
 
everyday音チョコ「知らないです。名前も名前もしらないので」
 
とーやま校長「お前…変だぞ! それは!(笑)」
 
よしだ教頭「知らない人のマウスピース借りてるの?(笑)」
 
everyday音チョコ「あだ名を教えてもらったんですけど、一回しか教えてもらってなくて、それも忘れちゃって」
 
とーやま校長「お前変だぞ! その教えてもらったあだ名も忘れちゃうって!」
 
よしだ教頭「手がかりがマウスピースしかない(笑) 難解な事件ですね」
 
とーやま校長「これは明日は名前聞こう。お世話になる先輩だし、基本的な事を聞いていこう。どんなものを好きなのかとかさ?」
 
everyday音チョコ「あ!! 好きな物は聞いています!」
 
よしだ教頭「好きなものを聞いて、なんで名前を知らない!!」
 
一応、先輩と会話はちゃんとしているという、RN everyday音チョコ(笑)
 
とーやま校長「いっぱい会話して情報を先輩から仕入れいて、家に帰って情報を調べていこう。明日はとりあえず名前を聞こう!」
 
everyday音チョコ「わかりました!」
 
報告を待ってるぞ!!
 
 
♪ 二時頃 / aiko
 
 
とーやま校長「恋というものは、名前を聞かずに数日経たせてしまうものなんだな。変になる」
 
よしだ教頭「変になるね。緊張とか興奮とかでね。声が裏返ったりね」
 

おぉ!
書き込み読まれた笑 一目惚れしたがち芋信者です! やっぱり責めないといけませんよね 明日好きな人いるか聞いてみます! いなかったら告白しますっ! 応援お願いします!
がち芋信者
男/15/山口県
2014/04/14 23:37



 
とーやま校長「早いな! 大丈夫か!?」
 
よしだ教頭「早い気がするけど、お前に任せるよ!」
 
とーやま校長「でも、俺も同じ事を思っていて、それを黒板にしました!」
 
140414_sol07.jpg

 
『「こい」じゃねえよ、行けよ! 』
 
恋してたら、“相手から来てほしい”と思うよね。
楽だから。怖いし。
 
でもそれじゃダメだよね
 
待ってるだけじゃ何も始まらない。
想いを伝えようとしないと一つも始まらないから
 
「こい」じゃねえよ、行けよ!
 
140414_sol06.jpg

 
とーやま校長「人生において、好きな人に想いを伝える事は義務だと思っております!」
 
最後にとーやま校長から、こんな一句が飛び出しました!
 
行かないと 来ると思うな 好きな人
(by とーやま校長)
 
よしだ教頭「素晴らしい! 心の中で正座しちゃいました!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ピックレモネード 長野県 15 女
everyday音チョコ 宮城県 15歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:11 changes / Base Ball Bear
22:33 さくら / ケツメイシ
22:44 X.O.X.O. / 加藤ミリヤ
22:51 恋の予感 / 山崎あおい
23:14 MY COLOR / Perfume
23:41 二時頃 / aiko
23:47 笑顔 / back number
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
最後に決めちゃったわ〜
俺やるわ〜
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ヤバイ! 校長からスゲー名言が出た
みんな、行け! 行け!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140410_sol01.jpg

 
『 閃光ライオット2014 』 
 
今夜は、閃光ライオット2014に関わる、全てのみんなに、大切なお知らせがあります。
 
この数ヶ月、閃光に関わる職員全員で、様々な話し合いを重ねた結果、
今年の8月24日(日) 東京 日比谷 大音楽堂で開催する予定だったファイナルステージ。
この開催場所と開催日を変更することに決めました。
 
今年の閃光ライオットファイナルステージは、8月31日(日) 東京 新木場にあるLIVEエリア“スタジオコースト”で開催します。
 
とーやま校長「まずは、急な変更になってしまって… 本当にごめん! 『野音に立ちたいから応募したんだよ』ってヤツがいることも知ってる。『あの景色を、みんなで観たかった』って生徒もいるよな…本当にごめん」
 
変更した理由を説明すると……
ここ最近、夏に、とんでもない暑さになったり、ゲリラ豪雨が発生したり、異常気象が続いています。
毎年、熱中症になりかけの生徒もいて、野音だと会場の決まりで、雨が降ってきても傘が刺せない。
 
閃光ライオットは、1年に1度、10代のみんながいろんな場所から集まってくれる、本当に大切な1日。
 
みんなが、この1日のために、必死で親を説得したり、お小遣いを貯めたりしてくれていることは知っています。
本当にいつもありがとう。
 
中には、本当に遠くから来てくれている生徒もいる。
 
毎年そうなんだけど、人数制限で、中に入れない生徒も出ていることも知ってる。
せっかく来てくれたのに、ずっと外の広場にある映像でLIVEを観て、帰らないといけなかった生徒もいて…
 
これは、本当にどうにしかしないといけないと思っていました。
 
だから、今回、どんなに天気になっても、どんなにたくさんの人が集まっても、安全に、楽しくLIVEを観ることができることを最優先に考えました。
閃光職員みんなで何度も話し合った結果、開催場所と、開催日を、このタイミングで変更させてもらうことにしました。
 
スタジオコーストは、様々なフェスやLIVEを行っている超巨大なLIVEハウス!
オールスタンディングで、出入りもかなり自由!
会場は、メインフロアを取り囲むように、海が見えるプールエリアやDJブースなど、屋外の施設もある!
 
メインステージ以外の使い方も、今、色々考えています!
今回は、これまで以上に会場全体で楽しめる、今までにない、新しい閃光ライオット。
新しい景色が見れる場所にしたいと思う!
 
今年最もアツい日は、8月31日であることを約束する。
 
だけど、当日の閃光ライオットをつくるのは、ステージに立つ10代のアーティストであり全国から集まってくれるみんな!
閃光ライオットの新しい歴史を、一緒につくるため、みんなの力を貸してほしい!
 
ちなみに、すでに応募してくれていて、2次審査に進むみんなには、改めて、直接、開催日と会場変更について連絡させてもらいます!
そして、スタジオコーストへの行き方など、改めて、閃光ライオット2014の詳細は特設サイトで確認してほしい!
 
とーやま校長「みんなに会えるの、楽しみに待ってるぞ!」
 
140410_sol02.jpg

 
今夜の生放送授業は「掲示板逆電」!
学校掲示板の書き込みに、時間の限り電話をしていく!
 
生徒のみんなは、新学期がスタートして、そろそろ1週間… くらい?
今週が入学式だったって生徒もいっぱいいるね。
 
この1週間だけで、たくさん人と出逢って。いろんなことを考えてると思うけど…
今考えていること、感じていること、悩んでいること、何でも教えて下さい。
 
書き込みの内容を人に見られたくない場合は、メールでも大丈夫!
みんなのメッセージ待ってるぞ!
 
140410_sol03.jpg

 
最初に逆電をつないだのは、この書き込みをしてくれた生徒!!
 

明日から…
宿泊研修です。入学して3日目の今日、宿泊研修に関しての学活ばっかりでした。でも、ほぼ無計画で、突然しおりを渡され長々と説明があり、結団式が終わったと思いきや服装検査……もう大変です。先生は怒鳴り散らすし、明日からがもう心配でなりません。学校行きたくない……

ドラゴンアロー
男/15/北海道
2014/04/10 16:01



ドラゴンアロー 北海道 15歳 男
とーやま校長「高校が始まったんだよね。おめでとう!! ただウキウキできない感じか」
 
ドラゴンアロー「全然できないです」
 
よしだ教頭「もうウンザリしてるじゃん(笑)」
 
明日から2泊3日の宿泊研修に行くこというRN ドラゴンアロー。
書き込みを見る限り、あまりワクワクしてないみたいだけど…
 
とーやま校長「この“ほぼ無計画”ってどういうこと?」
 
ドラゴンアロー「班長に任命されてんです。出席番号1番だから」
 
とーやま校長「それが不服か」
 
ドラゴンアロー「そういうわけじゃないんですけど〜。なんか説明だけで“仲良く行きましょう”って言葉もなくて」
 
よしだ教頭「そういうメッセージも込められてると思うよ」
 
説明後は、服装チェックが抜き打ちが行われ、先生から怒鳴られたそう。
 
とーやま校長「じゃあお前はそこまで怒らなくてもいいんじゃないかって思ってるんだ」
 
ドラゴンアロー「はい」
 
宿泊研修も先生に怒られに行くようであまり乗り気じゃないという、RN ドラゴンアロー。
 
とーやま校長「先生もガンガンかましてるな。これは先生たちもなめられちゃいけないって思ってやってるのかもな」
 
よしだ教頭「でもお前の話を聞いてたら、他の生徒も同じ事を思ってるよ。それを周りに話してみたら。誰か怒られてたら、そいつに“さっき怒られてたね”って話しかけるのもいいと思うよ」
 
とーやま校長「先生達もそういう事を見越してるのかもな」
 
ドラゴンアロー「でも先生、1つのことを10倍にして返してくるですよ!」
 
よしだ教頭「倍返しもしてくるのか〜」
 
とーやま校長「そういう事もコソコソ言ってみるのもいいんじゃない? 説明の時もなんかなかったの?」
 
ドラゴンアロー「怒った後ニヤニヤしてる先生がいてびっくりしました」
 
とーやま校長「お前、それを誰かに言った?」
 
ドラゴンアロー「言ってないです」
 
とーやま校長「共有しろよ〜!! それはみんながわかる“あるある”だよ! そういうのを突破口にして話していこうよ!
明日も怒られるけど、それも話のネタにされて話していこう。そしてせっかくの2泊3日なんだから楽しんでいこう」
 
よしだ教頭「先生に一回怒鳴られてみな。先生に認識されるし、大事な事だよ」
 
ドラゴンアロー「はい」
 
よしだ教頭「じゃあ報告待ってます!」
 
140410_sol04.jpg

 
次は“不登校だった妹がこの春から学校に行き出して、安心しました”とメールを送ってくれたこの生徒!!
 
あやケロッピ 北海道 17歳 女
 
とーやま校長「書き込み読ませてもらった。ずっとお姉ちゃんとしては心配だったのか」
 
あやケロッピ「学校に行ってほしい気持ちがあったんですけど、あんまり言うと追い詰めちゃうなって思っていて。
お母さんと妹のケンカをしていて、止めに入ったりした方がよかったのかなとか色々考えたました」
 
とーやま校長「妹もその気持ちわかってたんだよ。だから学校に行こうって思ったんじゃないかな。よかったな!」
 
あやケロッピ「はい!!」
 
RN あやケロッピの妹はSCHOOL OF LOCK!をずっと聴いてくれていて、
校長・教頭の言葉を励みしていてくれたそう
 
とーやま校長「今も聴いてるのかな?」
 
あやケロッピ「聴いてると思います」
 
よしだ教頭「部屋は一緒じゃないのか?」
 
あやケロッピ「今は違いますね」
 
とーやま校長「でも、聴いていると…。あやケロッピ、妹に何か言っておく? 直接言えてるか?」
 
あやケロッピ「言えてないですね。じゃあ言ってもいいですか?(照)」
 
とーやま校長「言っちゃおう!!」
 
RN あやケロッピから妹へ、普段言えない事を電波に乗せて伝えます!!
 
あやケロッピ「あなたが頑張っていたの誰よりも知ってます。
悩んでいてたいへんだったと思います事もあっ
お母さんとお父さんにも言いづらいこともお姉ちゃんなら言えると思います。
学校に頑張って行って、楽しい思い出を作ってね!」
 
とーやま校長「よし!! 妹! 聴いてるか!! 良い姉ちゃんとお母さんだな!」
 
よしだ教頭「これからもSCHOOL OF LOCK!を聴いてね!」
 
とーやま校長「あやケロッピ、ありがとう! 話を聞かせてくれて」
 
あやケロッピ「はい! ありがとうございました!!」
  
140410_sol05.jpg

 

つらい
今、とても辛いです。 高校で友達ができないです。 誰も知り合いがいない高校を選んだのは私なのに、今になって後悔しています。 休み時間も1人、お昼ご飯も1人。 周りはもうグループができちゃってる。 この状況の中で1人でいるのは結構しんどいなぁ。 そんな理由で学校早退しちゃう私もほんとにダメな人間だなぁ。 親にもまた迷惑をかけてしまって、本当に最悪だな。 人と関わること自体得意じゃないのに。 こんなんで3年間やってけるのかな。 まだ入学してから3日しかたってないけど、学校に行くのがすごく怖いです。
ちもびらわ
女/15/兵庫県
2014/04/10 17:03



ちもびらわ 兵庫県 15歳 女
 
とーやま校長「書き込みを読んだけど、ちょっとしんどいな、今」
 
ちもびらわ「はい」
 
とーやま校長「この、“誰も知り合いがいない高校を選んだのは私”っていうのなんだけど、中学ではどうだったの?」
 
ちもびらわ「友達はいたんですけど、中学も学校に行きづらくなっていて。うまくいかなかったので、新しいところでやり直したいと思いました」
 
とーやま校長「中学の自分を知らない、新しいところでスイッチを入れたいって思ったんだね」
 
よしだ教頭「えらいな」
 
今、RN ちもびらわのクラスでは、同じ部活の子とか同じ中学の子で元から仲が良い子同士で輪ができていて、その輪の中に入るのが難しいと感じているそう。
 
よしだ教頭「なんで難しいと思うの?」
 
ちもびらわ「私自身、話しかけるのが苦手で、私が輪に入ったら邪魔かなって思ってしまって」
 
よしだ教頭「邪魔じゃないよ!…ちもびらわ、好きな食べ物は?」
 
ちもびらわ「お寿司です」
 
よしだ教頭「じゃあ好きなネタは?」
 
ちもびらわ「納豆です」
 
よしだ教頭「変化球で来るな〜!(笑) 他はどんな事をするのが好きなの?」
 
ちもびらわ「音楽を聴くのが好きです。セカオワ先生とかRAD先生とか…」
 
とーやま校長「いいよね!」
 
よしだ教頭「俺にも何か質問してよ」
 
ちもびらわ「奥さんとうまくいってますか?」
 
よしだ教頭「そこ!? いってるよ! そんなに心配になるのか(笑)」
 
ちもびらわ「だって、結婚詐欺師だから(笑)」
 
よしだ教頭「とーやま校長の言う事を信じるな!(笑)…でもこうやって喋ればいいんだよ。気負って、“こんなことを喋ろう”とか考えなくてもさ」
 
とーやま校長「周りの人もさ、このまま行くと、ちもびらわは一人が好きだと思って、話しかけづらくなっていくと思うんだ」
 
ちもびらわ「はい」
  
140410_sol06.jpg

 
RN ちもびらわ 宛に書き込みが届きました。

すっごいわかります。
私も人と関わるのがすごく苦手で一昨年同じ状況でした。なんとか毎日いっても家に帰ってから泣いた日々もたくさんありました。でも、毎日毎日行ってたら隣の席の子が、携帯同じだね!ってすっごい些細なことなんですが、話しかけてくれました。それから、少しずつだけど、話せるようになっていって。一年間すごく楽しかったです。でも、二年に上がったらまた怖くなって、仲良くなったらクラス替えで、また三年になりました。今日行くのも辛いって思ってたけど今日行ったら前の席の子が話しかけてくれました。そんな感じでなんとかなりますよ。うん。ちもびらわさん、ユーモアあってすごく面白いから絶対友達できますって!応援してます!私もがんばります!

めんぼう@りな
女/17/埼玉県
2014/04/10 23:38



よしだ教頭「って思ってるのがちもびらわの教室にもいるんだよ」
 
とーやま校長「さっきも寿司で一番好きなネタが“納豆”って聞いたら、“え!?”ってなるもんだよ。だから準備してこなくていいし、今までの15年で大丈夫なんだ。
中学では、新しいところでやり直そうって頑張ったじゃないか。その自分にカッコいいところみせたいだろ? 話しかけてみよう。“おはよう”でもいい。SCHOOL OF LOCK!の話をしてみてもいい」
 
よしだ教頭「相手が持ってる小物に対して、“可愛いね”でもいいよ。別に答えが返ってこなくてもいいと思うんだ」
 
とーやま校長「“ありがとう”で終わっても大丈夫。変に言葉のラリー続けようとしなくてもいいんだ。
自分のことをたくさん話そうと思っていると頭がいっぱいいっぱいになってしまう。でも、人に興味があるから話そうとするんだよ。聞いて、話して、聞いて、話して。
悔しいだろ? 今、具合悪くないのに早退していて」
 
ちもびらわ「はい、悔しいです」
 
とーやま校長「うん、みんなの話を聞いていこう!」
 
ちもびらわ「はい!!」
 
よしだ教頭「いってこい!!」
  
140410_sol10.jpg

 
『 答え合わせ 』
 
頭の中で考えていると思う。
“今日、きつかったな”とか
“あの時、なんて言えばよかったのかな”って。
 
でも、自分の中だけなんだ。
頭の中で考えているうちは。
 
実際、学校のみんながどう思ってるかは、確認しないとダメなんだ。
自分の中の答えと一緒だったら、世界がまた広がるし、
違っていても、“そういう答えがあるんだ”って新しい武器が増える。つながりが増えて大きくなる。
 
そのためにも相手に興味を持って、話しかけてみる。
自分がどう思っているか、相手に伝える。
そして、相手がどう思っているか聞く。
 
まずは自分の世界から出て、答え合わせをしてみる。
 
これが大事かな。
 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140410_fax01.jpg
RN あの日の授業永遠保存なサオリ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ドラゴンアロー 北海道 15歳 男
あやケロッピ 北海道 17歳 女
ちもびらわ 兵庫県 15歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:08 Hello Hello Hello / the quiet room
22:25 レット・イット・ゴー 〜ありのままで〜 / 松たか子
22:44 初花凜々 / SINGER SONGER
22:50 心の中にパレードを / 音速ライン
23:23 ユリイカ / サカナクション
23:45 孤独の発明 / HOWL BE QUIET
23:51 結晶星 / KANA-BOON
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
人と話すという事は、人の話を聞くという事、だと俺は思っているよー。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
新学期! 自分への興味も大切だけど
同じように、他人に興味を持つといいんでない?
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140409_sol21.jpg

 
さあ、とーやま校長とよしだ教頭が生放送教室から音楽室に移動してきました!!
 
140409_sol22.jpg

 
そして、目の前には楽器を持って待っているゲスの極み乙女。先生がいます!!!
 
とーやま校長「準備はいいですか?」
 
絵音先生「ゲスッ!!」
 
ゲスの極み乙女。先生の生ライブスタート!!
 
絵音先生「ゲスの極み乙女。です。“キラーボール”で踊りませんか?」
 
140409_sol23.jpg

 
140409_sol24.jpg

 
 
♪ キラーボール(Live)  / ゲスの極み乙女。
 
 
140409_sol25.jpg

 
とーやま校長「いや〜!!! 気持ち良過ぎでしょ!! たまらんよ!!」
 
よしだ教頭「ね!! 踊ったほうがいいでしょ! 課長先生カッケー!」
 
とーやま校長「ちゃんMARI先生カッケー!!」
 
140409_sol26.jpg

 
 
♪ パラレルスペック(Live)  / ゲスの極み乙女。
 
 
140409_sol27.jpg

 
140409_sol28.jpg

 
絵音先生「ありがとう」
 
140409_sol29.jpg

 
とーやま校長「これね、絵音先生、課長先生、ちゃんMARI先生が一人ずつ弾いていく所で細胞が入れ替わりました!! 活性化されております!」
 
休日課長先生・ちゃんMARI先生「ありがとうございます!!」
 
とーやま校長「たまらんよ〜!」
 
学校掲示板には感想の書き込みがたくさん!
 

生ライブ
最高すぎて今夜寝れませんわ!!!!「キラーボールで踊りませんか」はヤバい (泣) ゲス極大好きです!最高!
わたがし少女
女/17/長野県
2014/04/09 23:35



絵音先生「ありがとうございます!」
 
この生徒には電話で直接、感想を伝えてもらいました!
 
けろさき 埼玉県 17歳 女
 
とーやま校長「けろさきはゲスの極み乙女。先生が大好きなんだよね? とりあえず2曲演奏を聴いてみてどうよ!?」
 
けろさき「めちゃくちゃカッコよくて興奮しています!!」
 
休日課長先生「いや〜」
 
とーやま校長「けろさきは、直接、ゲスの極み乙女。先生に感謝を伝えたいんだよね? これはどうして?」
 
けろさき「ゲスの極み乙女。先生の曲が自分の事を変えてくれたからです」
 
サッカーの推薦入学で高校に入ったRN けろさきは、人間関係に悩み、高2の秋に所属していたサッカー部をやめてしまった。
今までサッカーを一番頑張ってきた分、やめた途端に自分の中が空っぽに感じ、またサッカー強豪校でサッカー部をやめたという事で、周りの視線が気になり、学校も休みがちになっていたそう。
 
けろさき「自分で自分を追い詰めていて、気づいたら居場所が無くて…。そんなの時にCDショップでゲスの極み乙女。先生の曲を試聴したんです」
 
『ぶらっくパレード 』のイントロを聴いた時、ゾクゾクと来るのものを感じ、歌詞にも共感できる部分があり、それ以来ずっとゲスの極み乙女。先生の曲を聴いてきたそう。
 
けろさき「その時にサッカーと同じくらい大切なものが見つかりました。音楽を聴いて、ライブに行く事…。それで好きな事をやるためには、今やるべき事をやらないといけないと思ったので、ちょっとずつ学校に行くようになりました。
新学期も迎えられて、ゲスの極み乙女。先生のおかげで前向きになれました!」
 
とーやま校長「ゲス先生のおかげで楽しい生活を送れるようになったんだ」
 
けろさき「まだ視線は気になるんですけど、自分の中で胸を張れる物ができました」
 
とーやま校長「ゲスの極み乙女。先生は今の話を聞いてくれた。だから、けろさきに向けて、一曲頂いてもよろしいですか?」
 
絵音先生「はい! まさにこの曲って感じですね!」
 
140409_sol32.jpg

 
本日は黒板の代わりに、RN けろさき、そして生徒のみんなへ一つの曲を届けてもらいました。
 
絵音先生「じゃあ、ラジオの前の生徒のみなさんも一緒に“ドレスを脱げ”と叫んでください!」
 
 
♪ ドレスを脱げ(Live)  / ゲスの極み乙女。
 
 
140409_sol30.jpg

 
140409_sol31.jpg

 
とーやま校長「これを聴いて、“今すぐ何かやらなくちゃ”“何かしたい”という衝動に駆られたヤツ! 今すぐなんかやったほうがいい! 走り出したほうがいい! 歌い出だしていいですよね!?」
 
絵音先生「歌い出しましょう!」
 
とーやま校長「それで良いんですよね!?」
 
休日課長先生「それで良いんだよ!!」
 
140409_sol33.jpg

 
演奏後、メンバーでタオルを振回すゲスの極み乙女。先生!!
最後まで超盛り上がりました!!
 
140409_sol34.jpg

 

明日は
来るけど、憂鬱だから、今日の生演奏を思い出して、なんとか一日のりきります。 いや、1週間、1ヶ月でものりきれる。 というわけで、明日からもガンバろうっと!!
フラウらわん。
女/13/東京都
2014/04/09 23:39



絵音先生「頑張れ!」
 
ほな・いこか先生「やれ!!」
 
ちゃんMARI先生「コポゥ〜!」
 
とーやま校長「今日はとんでもないものをもらった!」
 
絵音先生「ハイセンス太郎から8年でこの場所でライブができると思っていませんでした…! これは聴いているみなさんにも可能性があるってことです!」
 
とーやま校長「何年後かに、ここで音を伝える事ができるってことですね!」
 
絵音先生「本当にツチノコのおかげです(笑)」
 
140409_sol35.jpg

 
ゲスの極み乙女。先生、本日はありがとうございました!!
ぜひまた来てください!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140409_fax01.jpg
RN ミジンコミチコ

 
140409_fax02.jpg
RN 琴美

 
140409_fax03.jpg
RN 滝

 
140409_fax04.jpg
RN うすしおマカロン

 
140409_fax05.jpg
RN 飴細工

 
140409_fax06.jpg
RN 夢叶

 
140409_fax07.jpg
RN フラウらわん

 
140409_fax08.jpg
RN のーたる

 
140409_fax09.jpg
RN さやえんどう

 
140409_fax10.jpg
RN FAXのてっぺい

 
140409_fax11.jpg
RN ロングジャンパー

 
140409_fax12.jpg
RN 赤秋

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
けろさき 埼玉県 17歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 迷いの森 / 荒川ケンタウロス
22:24 あなたの100の嫌いなところ / 剛力彩芽
22:37 パラレルスペック / ゲスの極み乙女。
22:51 市民野郎 / ゲスの極み乙女。
23:20 明日への賛歌 / flumpool
23:25 ユレルカレル / ゲスの極み乙女。
23:30 キラーボール(Live@SCHOOL OF LOCK!) / ゲスの極み乙女。
23:36 パラレルスペック(Live@SCHOOL OF LOCK!) / ゲスの極み乙女。
23:47 ドレスを脱げ(Live@SCHOOL OF LOCK!) / ゲスの極み乙女。
23:51 ぶらっくパレード / ゲスの極み乙女。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ゲスの極み乙女。、すごい! すごい! 最高ッ!!!
うわぁーーーーーー!!!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ゲスの極み乙女。先生、音楽の銀河系軍団だった!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140409_sol01.jpg

 
『 はじめての後輩 』
 
新学期、“はじめて”があるのは新入生だけじゃない!
新しく入ってくる後輩にたいしてどう接すればいいかわからないという先輩からの書き込みも学校掲示板に届いています!
 
とーやま校長・よしだ教頭のアドバイスは“偉そうにしない! 友達のように親しみやすい”キャラでいくこと!
 
とーやま校長「どんな声のトーンが偉そうじゃないかとか悩みそう」
 
よしだ教頭「結局、裏声になるパターンね(笑)」
 
とーやま校長「でも、そういうのが親しみやすそうって思うよね!」
 
140409_sol02.jpg

 
今夜のSCHOOL OF LOCK! には、我が校の生徒が大好き!!!
【 ゲスの極み乙女。 】先生が遂に初来校!
しかも初来校にして、音楽室からLIVEを届けてくれるゾ!
 
ゲスの極み乙女。先生を迎えて送る、今夜の授業テーマは…!
 
『はじめましてゲス。』
 
本日初来校!つまり“はじめまして”となる、ゲスの極み乙女。先生に伝えたいこと、聞いてみたいこと、
そして、まだ知らない生徒へのオススメポイントを学校掲示板もしくはメールで送ってもらいました!!
 
そして、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音先生には数々の疑惑が…!?
絵音先生は、我が校の生徒だった…?
しかも、逆電に出た事がある…?
さらには最近頻繁に学校掲示板に書き込みをしている…?
つまりは、みんなの先輩…?
そんな数々の疑惑(笑)も、今夜追求していったぞ!!
 
生放送教室には…
 
140409_sol03.jpg

 
ゲスの極み乙女。先生登場!!!
 
140409_sol11.jpg 
川谷絵音先生(Vo.Gt.Syn)

 
140409_sol12.jpg
休日課長先生(Ba)

  
よしだ教頭「部長でしょ!」
 
休日課長先生「いえいえ、課長ですよ」
 
とーやま校長「貫禄ありますよね!」
 
140409_sol13.jpg
ちゃんMARI先生(Key)

 
ちゃんMARI先生「コポォ!」
 
とーやま校長「出た! インタビュー記事などで文字面で見たんですけど、それ何ですか!?」
 
ちゃんMARI先生「これは…あいさつです!」
 
ゲスの極み乙女。先生「コポォ!」
 
校長・教頭「コポォ!」
 
140409_sol14.jpg
ほな・いこか先生(Dr)

 
ほな・いこか先生「よろしくお願いします」
 
休日課長先生「かわいい」
 
とーやま校長「何!?」
 
ほな・いこか先生「心の声が漏れてるよ!」

ほな・いこか先生が大好きな休日課長先生の声が漏れていましたが…(笑)
本日はよろしくおねがいします!!
 
140409_sol04.jpg

 
以前から曲を掛けさせてもらって、生徒から大人気のゲスの極み乙女。先生!
念願の生放送教室に来校ということで生徒からもたくさんの書き込みが届きました!!
 

ゲスの極み乙女。先生!!!!
もうずーーっと今日を心待ちにしてました!!! 「みんなノーマル」買って毎日聴いているんですが、最初から最後まであんなに興奮が止まらないアルバムはないです! 私にとって最高のアルバムになりました。 今日はゲス乙女先生の仲の良いトーク、音楽のお話、生演奏を楽しみにしてます! よろしくおねがいします!!!!
あおいとトット
女/16/滋賀県
2014/04/09 22:17



 
ゲスの極み乙女。先生「ありがとうございます!」
 
ゲスの極み乙女。先生は先週、3枚目のミニアルバム『みんなノーマル』をリリース! そしてメジャーデビュー!!
おめでとうございます!!
 
とーやま校長「ずっと聴かせてもらってるんですけど、めっちゃ良くて、ゲスの極み乙女。先生は“今回、良いものができた”って思ってるはずだって感じたんですけど」
 
絵音先生「そうですね。完成した時はみんなで“できた!”って思ったんですけど、新曲を作っている今は、もっとすげえやつ作ってやるって空気になってるよね」
 
とーやま校長「へぇ〜。課長はどう思ってるんですか?」
 
休日課長先生「まぁ…今言った通りだよね」
 
絵音先生「何も考えてないだろ!(笑)」
 
とーやま校長「何か言いたそうな目でこっちを見てたのに!」
 
休日課長先生「本当にその通りだったのでね」
 
ほな・いこか先生「まあね、その通りだもんね」
 
140409_sol06.jpg

 
ゲスの極み乙女。先生の独特の雰囲気に包まれる生放送教室!
 
とーやま校長「でもゲス先生って不思議ですよね。みんな他の活動もされてるのに、なんかスイッチとかがあるんですか?」
 
絵音先生「特に無いですね。メンバーが濃すぎるので自然とその空気になるかんじで」
 
とーやま校長「じゃあ最初からこんなかんじだったんですか?」
 
絵音先生「いや最初はそうでもなかったですね。課長が特によそよそしくて…(笑)」
 
よしだ教頭「信じられない!」
 
休日課長先生「ちゃんMARIが怖かったのでね」
 
ちゃんMARI先生「怖くないよ〜」
 
140409_sol05.jpg

 
とーやま校長「曲を聴いてるとみんなが意見を出し合ってぶつかり合って融合した結果だって思ったんです。他に聴いたこともないし、ゲス先生の中でも聴いたことが無くて、どの曲も常に新鮮に感じられて」
 
絵音先生「ありがとうございます!」
 
よしだ教頭「広いですもんね。色んな所に行ってる感じで」
 
 
♪ パラレルスペック / ゲスの極み乙女。
 
 
とーやま校長「全員スキルが尋常じゃないなって思いました!」
 
絵音先生・休日課長先生「いやいや〜」
 
よしだ教頭「オールスター感がありますよね!」
 
絵音先生「恐縮です!」
 
140409_sol19.jpg

 
この後は音楽室で生ライブをしてもらおう思ったのですが…ここである書き込みをしている生徒について疑惑を解消しました!!
 

そろそろ
逆電でSOLに出演して早7年。そろそろゲストで出たいなぁ。
ハイセンス太郎
男/25/東京都
2014/03/12 15:54


ゲスの極み乙女。
今日流れたゲスの極み乙女。の新曲「パラレルスペック」の聴き所は書ききれません!明日公開のPVも必見!
ハイセンス太郎
男/25/東京都
2014/03/17 23:44



絵音先生「なんか図々しいヤツですね〜」
 
今まで、我が校の学校掲示板に何度も意味深な書き込みをしているRN ハイセンス太郎!
そして、本日の授業開始直後にも…
 

もうすぐ
SOLの出番だー!皆さん聴いてね!
ハイセンス太郎
男/25/東京都
2014/04/09 22:11



よしだ教頭「あれれ?」
 
とーやま校長「でも、とにかくゲスの極み乙女。先生の事が好きみたいだから、今電話してみようと思う!!」
 
ここでRN ハイセンス太郎に逆電!!
 
≪Prrrr、Prrrr…≫
 
140409_sol07.jpg

 
すると、絵音先生のスマホに着信が…!!
 
よしだ教頭「あれ? なんか鳴ってますよ」
 
絵音先生「うん、関係ないと思うんだけど…とりあえず出てみるね」
 
≪ピッ≫
 
140409_sol08.jpg

 
とーやま校長「もしもし! 校長のとーやまです!」
 
よしだ教頭「教頭のよしだです」
 
絵音先生「東京都のハイセンス太郎です!」
 
とーやま校長「いつも書き込みありがとね!」
 
絵音先生「いえいえ…!」
 
よしだ教頭「なんか声が近いな…。二重で聴こえるし…」
 
ほな・いこか先生「なんか聞いたことのある声だよ」
 
とーやま校長「ゲスの極み乙女。大好きなんだ! どこが好き?」
 
絵音先生「メンバーのキャラが濃いところとか…」
 
140409_sol15.jpg

 
とーやま校長「うん、隣で喋ってるね!!!」
 
ということで!
実は、RN ハイセンス太郎は絵音先生だったんです!!!!
 
140409_sol17.jpg

 
とーやま校長「やっぱりそうだったんだ! 25歳だから約8年前から聴いてくれていた!」
 
さらに!
2006年6月6日、FLOW先生がゲスト講師で登場した『最近ビックリした事ランキング』の授業、2006年10月2日の『掲示板逆電』の授業に逆電で登場していたんです!!!!
せっかくなので、みんなで当時の音源を聴いてみました!!
 
140409_sol16.jpg

 
 
〜RN ハイセンス太郎の逆電を流し中〜
 
 
140409_sol18.jpg

 
当時聴いていた生徒から書き込みも!!

懐かしい!!、
覚えてる!!!このツチノコの話覚えてる!爆笑
ヒストリー マン
男/21/東京都
2014/04/09 22:49



とーやま校長「いやあ! 面白いな!!」
 
謎が解消されたところでいよいよ生ライブ!
みんなで音楽室へ移動しました!!
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140408_sol01.jpg

 
『 入学式 』
 
昨日も新学期、入学式を迎えた生徒からの書き込みを紹介しましたが、
今夜も、“今日、入学式だった!”という生徒からの書き込みを紹介!
 
自分のキャラをどうしようか迷ってるやつ!
とにかく、明るいオーラを出して元気にいこう!
好きなアーティストのCDを忍ばせて話すネタを持っておくのもいいぞ!!
“新クリアするファイル”を持ってるやつはぜひどんどん見せていってほしいな〜!
 
140408_sol02.jpg

 
今夜の生放送教室には…
SEKAI NO OWARI先生が登場!!!!!!!!!
 
毎週金曜日のセカオワLOCKS!を担当してくれている我が校の世界始の講師!
SEKAI NO OWARI先生!
 
セカオワ先生は明日…ニューシングル『炎と森のカーニバル』をリリース!
昨年の10月に行われたセカオワ先生初の野外ワンマンライブ「炎と森のカーニバル」のDVDも同時リリース!
掲示板を見るとGETしたっていうカキコミがいっぱい届いてる!!
 
今夜、この『炎と森のカーニバル』のリリースを記念して…
セカオワ先生とSCHOOL OF LOCK!がタッグを組んで送るビッグプロジェクトがスタート!
キーワードはもちろん…「炎と森のカーニバル」
セカオワ先生と一緒に生放送教室中に発表しました!
 
そしてセカオワ先生と送る今夜の授業は…!
「オマエ、今、何カーニバル中」??
 
「新学期早々、ひとめぼれして…初恋カーニバル中です!」
「春休みの課題が終わらなくて…宿題カーニバル中です!」
 
そんな、今キミの中で起こっている“カーニバル”を学校掲示板に書き込んでもらいました!

140408_sol03.jpg

 
140408_sol04.jpg

 
生放送教室には…!
我が校の“世界始の講師”SEKAI NO OWARI先生登場!!
 
140408_sol11.jpg

Nakajin先生 (Leader,SoundProduce,Gt)
  
140408_sol12.jpg

Fukase先生 (Vocal)
 
140408_sol13.jpg

Saori先生 (Pf,ShowProduce)
 
140408_sol14.jpg

DJ LOVE先生 (SoundSelector,DJ)
 
お久しぶりです!!
 
140408_sol06.jpg

 
とーやま校長「今夜は例のあのプロジェクトの発表をしたいんですが…まずは…! セカオワ先生、 明日、ニューシングル『炎と森のカーニバル』をリリース!」
 
おめでとうございます!!
 
とーやま校長「めっちゃいい! なんか手ごたえあるでしょ?」
 
Nakajin先生「そう言ってくれる方多いですね。“今回、力を入れてるね”と言われるんですけど、毎回本気なんですけどね〜(笑)」
 
Fukase先生「今回、人数が多いからじゃない? メンバーだけじゃなく、吹奏楽の人もいるから80人くらいの大編成だし」
 
Nakajin先生「入っている魂の量が違うかもしれないね」
 
とーやま校長「それが聴いている人に色んな形で届いているかもしれないですね。聴いた時に思ったんですけど、SEKAI NO OWARIって場所があって、その入り口でずっと流れている曲だと思いました。この曲がパスポートで、曲に一瞬でも触れた時に出迎えてくれるかんじがして…」
 
よしだ教頭「僕もそう思いました!」
 
Fukase先生「へぇ〜! ロマンチストだな、二人とも」
 
とーやま校長「だってそれを作り出したのはセカオワ先生ですよ!」
 
Fukase先生「僕らもロマンチストですけど、二人もかなりですよね(笑)」
 
140408_sol08.jpg

 
よしだ教頭「“線”で作り始めているなとも思いました。『スノーマジックファンタジー』とか『RPG』などの前の作品と一つ一つ途切れないで線で繋がっている感じがしました」
 
Saori先生「そう考えてやる時はあるけど、たいていは思うようにいかなくて、目の前の事をやっている事が多いですけどね(笑) でも線で考えてはいますね」
 
Nakajin先生「日々、僕らも進化してますからね」
 
Saori先生「その“線”も変化するしね。だからそうじゃない部分が大きいですね」
 
とーやま校長「なんか、想像したところとは違うけど、自分達の知らないところに行けたみたいなことがあるんですか?」
 
Nakajin先生「そうですね…。自分達のやりたかった事が少しずつ実現できているってところはありますね。80人の吹奏楽団と一緒にやったりとか、カップリングの『ピエロ』にはFukaseの心臓の音を使っているんです。
そういうアイディアとしてはあった事が、技術面を含めて…今回でようやく実現できたので、進化を経てできるようになったって事かもしれないですね」
 
 
♪ 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
 
 
とーやま校長「メチャメチャキラキラしてるな! 七色のヒカリで…」
 
Nakajin先生「学生達の演奏の素晴らしさを空気で感じる事もできて、そこが気に入ってます!」
 
140408_sol07.jpg

 
そして、ニューシングル『炎と森のカーニバル』のリリースを記念して、セカオワ先生と、我が校とのコラボプロジェクトを今夜発動!
 
SCHOOL OF LOCK!×SEKAI NO OWARI presents!
「炎と森のカーニバルでブラバンライオット」開催決定!!!
 
今回の主役は…吹奏楽部のキミ!
セカオワ先生のニューシングル『炎と森のカーニバル』を吹奏楽や、ブラスバンドで演奏して送ってくれ!
金管楽器、吹奏楽器、木管楽器、…何でもOK!
 
部活じゃなくても、吹奏楽をやっているサークル、友達同士での参加もOK!
応募の〆切は7月31日!
 
音源は郵送で受け付けます!
音源の送り方は…CD、DVD、USBメモリー、何でもOKです。
 
今回はセカオワLOCKS!で届いた音源からどんどん紹介していくから、録音したらすぐに送ってほしい!
 
とーやま校長「セカオワ先生たちからアドバイスもらって、送り直してもらってもいいし! 鉄は熱い内に打て! “セカオワのテツアツ”でしょ!!」
 
応募の詳しい情報は、
SCHOOL OF LOCK!のWEBサイト「炎と森のカーニバルでブラバンライオット」の特設ページでチェックしてくれ!
さらにこの特設ページでは、抽選で10グループに「炎と森のカーニバル」吹奏楽用スコアをプレゼント!!
 
とーやま校長「『炎と森のカーニバル』のレコーディングにも高校の吹奏楽部が参加しているんですよね? どうでした?」
 
Nakajin先生「今回、外でレコーディングをしたんですけど、2日あった収録日のうち1日目は大雪で2日目も風が強くて…。でも限られた時間の中でとても良い演奏をしてくれたんです。こっちが“こうしてくれ”って指示をするとすぐ反応してくれましたね」
 
Fukase先生「素晴らしい演奏だったね」
 
Nakajin先生「生で聴いたら涙出ちゃいそうでしたね」
 
とーやま校長「今回のブラバンライオットはどんな楽しみがありますかね?」
 
Saori先生「私は教育実習の時に、吹奏楽部で指揮を振った事があったんですけど、すごく感動して、楽しかったので。自分達の曲で演奏してくれるなら、ぜひ聴きたいですね!」
 
140408_sol05.jpg

 
とーやま校長「ライオットって事だから、まだ…グランプリを受賞した生徒に何をプレゼントするとか、決まってないんだけど…」
 
DJ LOVE先生「無いってことは無いよね」
 
よしだ教頭「教えてよ〜!!」
 
とーやま校長「気になったヤツはすぐに応募だ! テツアツだぞ!!」
 
DJ LOVE先生「テツアツですね〜」
 
140408_sol20.jpg

 
セカオワ先生は…今週土曜日から、全国アリーナツアー2014「炎と森のカーニバル-スターランド編-」がスタート!
 
今回も演出はもちろんSaori先生!
野外で行われた「炎と森のカーニバル」とはまた違う「炎と森のカーニバル」がはじまるそう。
 
今回、DVDも発売するので、DVDを観た人でも、昨年ライブに来てくれた人でも楽しめるよう、全く違った演出とのこと!
 
Saori先生「ちょっとダークファンタジーな演出ですね。“炎と森のカーニバルに危機が迫る”ってコンセプトですね」
 
Fukase先生「会場周りの演出を担当したんですけど、今回は男の子が好きな感じですね。軍隊が出てきます!」
 
演出はライブが開演する前から始まってるので、会場を見る時間をしっかり確保したほうがいいらしいぞ!!
 
Fukase先生「なんなら、チケットが取れなかった人も会場は観に来てほしいですね」
 
140408_sol22.jpg

 
そして我が校にも、沢山参加する生徒がいると思いますが…
今回のツアーでも、SCHOOL OF LOCK!とSEKAI NO OWARIの東日本大震災復興支援のためのリストバンド「STAY STRONG」が発売されます!
 
これまでに、1000万円以上の寄付金を届ける事ができました。
手にとってくれたみんなのお陰です。本当にありがとう。
 
140408_sol21.jpg

 
今回のツアーから新しいデザインのリストバンドになります!
値段は…変わらず500円。ツアーに行く生徒にはぜひ、手にとってほしいと思ってます。 
140408_sol23.jpg

 
ここからは、今夜の授業「オマエ…今、何カーニバル中?」!!
 
生徒に今、まさに行われているカーニバルを教えてもらいました!
 
いでっちょ 山梨県 17歳 男
 
RN いでっちょは今年2月「起死回生バレンタイン!」の授業で、セカオワ先生からのチョコをゲットした生徒!!
親友である男友達、好きな女友達と3人グループで一緒に遊んでいた、RN いでっちょ。
バレンタインに好きな女友達からチョコをもらう予定だったが、当日になると、その女友達は親友にチョコを渡していて、しかも親友と好きな女の子が付き合う事に…。
 
Fukase先生「LOVEさん泣いてるの?(笑)」
 
DJ LOVE先生「こんな苦い思い出を2回も言わせるなんて悪魔の所業ですよ!」
 
そんなRN いでっちょも、何かのカーニバル中!
 
いでっちょ「色んな意味でドキドキカーニバル中です!!」
 
以前、セカオワ先生のライブツアー「炎と森のカーニバル-スターランド編-」を親友と好きだった女の子の3人で観に行くと話してくれたRN いでっちょ。
 
行くつもりだったんですけど、親友が部活でドタキャンというハプニングがありまして…。親友からは“チケットをキャンセルしちゃったし、お前、俺の彼女と行ってこい”って言われたんですね」
 
とーやま校長「これは…だってお前、その子のこと好きだったんだろ? 今はどうなの?」
 
いでっちょ「今は、す、す、好きです!」
 
Fukase先生「聴いてたらどうするの!? これ親友と彼女が!!」
 
DJ LOVE先生「だいぶ最後まで言っちゃったよ!」
 
140408_sol28.jpg

 
結果、好きな子と一緒にセカオワ先生のライブを観に行く事になった、RN いでっちょ!
カーニバル中ということは…
 
いでっちょ「もちろんテンション上がりますよね!」
 
Saori先生「そりゃそうだよ。テンション上がりますよね」
 
Nakajin先生「でもさ、複雑じゃない!? どうしたいのさ?」
 
いでっちょ「それで、まあ、複雑な想いが混ざり合って、なんかとんでもないすごい事が起こるんじゃないかと……!!」
 
全員(大笑)!!!
 
Nakajin先生「でもその親友はいでっちょの事を信用して任せたのかもしれないじゃん。裏切る形になっちゃうよ?」
 
いでっちょ「でも実は、2月に逆電をもらった時は、親友はまだ、俺が親友の彼女の事を好きだって知らなかったんですけど、3月に言いまして。それを考慮した上で俺に任せてくれたので」
 
よしだ教頭「めっちゃ信頼されてるじゃん!」
 
とーやま校長「そこは男として嬉しいな!」
 
DJ LOVE先生「尚の事、裏切れないね」
 
140408_sol29.jpg

 
ちなみに親友の彼女はまだ、RN いでっちょが自分の事を好きだとは知らないそう…!
 
Nakajin先生「じゃあ安心してるのかもね。彼女も友達と一緒に行くと思ってるから」
 
いでっちょ「そうだと思いますね。≪ヴ〜ヴ〜≫
 
Fukase先生「いでっちょ、電話鳴ってない?」
 
いでっちょ「LINEをめっちゃ受信してるんです」
 
DJ LOVE先生「バレてるじゃん!! それ!!!」
 
Nakajin先生・Saori先生「大丈夫!?」
 
とーやま校長「その子からもLINE届いてるんじゃないの!?」
 
よしだ教頭「俺嫌だよ! この後、修羅場になるの!」
 
Fukase先生「前回はバレンタインで、今回はと続編、5月のいでっちょが気になるけど…!」
 
DJ LOVE先生「“生放送教室でバレた”!!」
 
とーやま校長「まあ、いでっちょの気持ちとしてはカーニバル中だからね! セカオワ先生のライブを観に行く事も楽しいし」
 
Fukase先生「気持ちにウソは付けられないで、後は友達にどうするかだよね。わからない〜!!」
 
Saori先生「男同士の友情の方が難しそう。女の子はすぐ裏切るからね(笑)
でも男の子の友情は…NakajinとFukaseが取り合っても絶対裏切れなさそう」
 
140408_sol30.jpg

 
DJ LOVE先生「でもさ、いでっちょは親友に“お前に彼女を任せる”って言われて、何て返したの?」
 
いでっちょ「“ありがとう!!!”って言いました」
 
全員「おいおいおい!!」
 
DJ LOVE先生「今、違う感情が漏れてたよね!? 大丈夫かな〜」
 
とーやま校長「お前、ウソ付けないだろう? そこらへんを親友も信用してるのかもな。お前、今すごく楽しみだろ?」
 
いでっちょ「はい!! すごく楽しみですッ!!!」
 
Fukase先生「友達には“しょうがないじゃん!”って言うしかないもんな。別にコソコソしてたわけじゃないしさ」
 
DJ LOVE先生「いでっちょはむき出しだもんな」
 
Fukase先生「このままむき出しで行こうよ!!」
 
とーやま校長「セカオワ先生からも許しが出たし楽しんで行け!」
 
いでっちょ「はい。楽しみにしてます!」
 
セカオワ先生のライブ楽しんでこい!
逆電中のLINEのメッセージについても後で掲示板に報告してくれ!!(笑)
 
本日の授業は以上!
最後の黒板の時間!!
 
SEKAI NO OWARI Nakajin先生に書いてもらいました! 
 
140408_sol33.jpg

 
『 みんなのブラバンライオット待ってる! 』
 
今回、ブラバンライオットの譜面を作ってくれたのが、
『炎と森のカーニバル』のレコーディングで吹奏楽部をコーチしていた先生なんですね。
 
その方と僕は打ち合わせをずっとしてきて、
最初から一緒につくってきてくれたんです。
 
その譜面が全国の色んなブラバンのみんなに演奏してもらえるという事で
僕はみんなの演奏を楽しみに待ってます!!
 
140408_sol31.jpg

 
SEKAI NO OWARI先生本日はありがとうございました!!
引き続き、セカオワLOCKS!よろしくお願いします!!
  
140408_sol32.jpg

 
そして、ブラバンライオットの応募待ってます!!
みんなの『炎と森のカーニバル』をセカオワ先生に聴いてもらおう!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140408_fax01.jpg
RN のろすけ

 
140408_fax02.jpg
RN いちじくタルト

 
140408_fax03.jpg
RN second world

 
140408_fax04.jpg
RN 怪物ガール

 
140408_fax05.jpg
RN 智薪

 
140408_fax06.jpg
RN ぱるふぁむ

 
140408_fax07.jpg
RN 笑顔担当☆空振り女王

 
140408_fax08_2.jpg

 
140408_fax09_2.jpg
RN リンゴリラッパ

 
140408_fax10.jpg
RN FAXのてっぺい

 
140408_fax11.jpg
RN 夢叶

 
140408_fax12.jpg
RN Book worm♪

 
140408_fax13_2.jpg
RN ちろる

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
いでっちょ 山梨県 17歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 なあ〜んにも / 爆弾ジョニー
22:13 RPG iTunesへのリンクAmazonへのリンク. SEKAI NO OWARI
22:39 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
22:51 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
23:09 Wonderland/不思議の国 / Gotch
23:21 海岸通り iTunesへのリンク / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:44 ピエロ / SEKAI NO OWARI
23:50 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
うう……炎と森のカーニバル見たい…
う、うう…
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
セカオワ先生との時間は楽しいね〜。
あっという間だね〜。
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
140408_sol01.jpg

 
『 入学式 』
 
昨日も新学期、入学式を迎えた生徒からの書き込みを紹介しましたが、
今夜も、“今日、入学式だった!”という生徒からの書き込みを紹介!
 
自分のキャラをどうしようか迷ってるやつ!
とにかく、明るいオーラを出して元気にいこう!
好きなアーティストのCDを忍ばせて話すネタを持っておくのもいいぞ!!
“新クリアするファイル”を持ってるやつはぜひどんどん見せていってほしいな〜!
 
140408_sol02.jpg

 
今夜の生放送教室には…
SEKAI NO OWARI先生が登場!!!!!!!!!
 
毎週金曜日のセカオワLOCKS!を担当してくれている我が校の世界始の講師!
SEKAI NO OWARI先生!
 
セカオワ先生は明日…ニューシングル『炎と森のカーニバル』をリリース!
昨年の10月に行われたセカオワ先生初の野外ワンマンライブ「炎と森のカーニバル」のDVDも同時リリース!
掲示板を見るとGETしたっていうカキコミがいっぱい届いてる!!
 
今夜、この『炎と森のカーニバル』のリリースを記念して…
セカオワ先生とSCHOOL OF LOCK!がタッグを組んで送るビッグプロジェクトがスタート!
キーワードはもちろん…「炎と森のカーニバル」
セカオワ先生と一緒に生放送教室中に発表しました!
 
そしてセカオワ先生と送る今夜の授業は…!
「オマエ、今、何カーニバル中」??
 
「新学期早々、ひとめぼれして…初恋カーニバル中です!」
「春休みの課題が終わらなくて…宿題カーニバル中です!」
 
そんな、今キミの中で起こっている“カーニバル”を学校掲示板に書き込んでもらいました!

140408_sol03.jpg

 
140408_sol04.jpg

 
生放送教室には…!
我が校の“世界始の講師”SEKAI NO OWARI先生登場!!
 
140408_sol11.jpg

Nakajin先生 (Leader,SoundProduce,Gt)
  
140408_sol12.jpg

Fukase先生 (Vocal)
 
140408_sol13.jpg

Saori先生 (Pf,ShowProduce)
 
140408_sol14.jpg

DJ LOVE先生 (SoundSelector,DJ)
 
お久しぶりです!!
 
140408_sol06.jpg

 
とーやま校長「今夜は例のあのプロジェクトの発表をしたいんですが…まずは…! セカオワ先生、 明日、ニューシングル『炎と森のカーニバル』をリリース!」
 
おめでとうございます!!
 
とーやま校長「めっちゃいい! なんか手ごたえあるでしょ?」
 
Nakajin先生「そう言ってくれる方多いですね。“今回、力を入れてるね”と言われるんですけど、毎回本気なんですけどね〜(笑)」
 
Fukase先生「今回、人数が多いからじゃない? メンバーだけじゃなく、吹奏楽の人もいるから80人くらいの大編成だし」
 
Nakajin先生「入っている魂の量が違うかもしれないね」
 
とーやま校長「それが聴いている人に色んな形で届いているかもしれないですね。聴いた時に思ったんですけど、SEKAI NO OWARIって場所があって、その入り口でずっと流れている曲だと思いました。この曲がパスポートで、曲に一瞬でも触れた時に出迎えてくれるかんじがして…」
 
よしだ教頭「僕もそう思いました!」
 
Fukase先生「へぇ〜! ロマンチストだな、二人とも」
 
とーやま校長「だってそれを作り出したのはセカオワ先生ですよ!」
 
Fukase先生「僕らもロマンチストですけど、二人もかなりですよね(笑)」
 
140408_sol08.jpg

 
よしだ教頭「“線”で作り始めているなとも思いました。『スノーマジックファンタジー』とか『RPG』などの前の作品と一つ一つ途切れないで線で繋がっている感じがしました」
 
Saori先生「そう考えてやる時はあるけど、たいていは思うようにいかなくて、目の前の事をやっている事が多いですけどね(笑) でも線で考えてはいますね」
 
Nakajin先生「日々、僕らも進化してますからね」
 
Saori先生「その“線”も変化するしね。だからそうじゃない部分が大きいですね」
 
とーやま校長「なんか、想像したところとは違うけど、自分達の知らないところに行けたみたいなことがあるんですか?」
 
Nakajin先生「そうですね…。自分達のやりたかった事が少しずつ実現できているってところはありますね。80人の吹奏楽団と一緒にやったりとか、カップリングの『ピエロ』にはFukaseの心臓の音を使っているんです。
そういうアイディアとしてはあった事が、技術面を含めて…今回でようやく実現できたので、進化を経てできるようになったって事かもしれないですね」
 
 
♪ 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
 
 
とーやま校長「メチャメチャキラキラしてるな! 七色のヒカリで…」
 
Nakajin先生「学生達の演奏の素晴らしさを空気で感じる事もできて、そこが気に入ってます!」
 
140408_sol07.jpg

 
そして、ニューシングル『炎と森のカーニバル』のリリースを記念して、セカオワ先生と、我が校とのコラボプロジェクトを今夜発動!
 
SCHOOL OF LOCK!×SEKAI NO OWARI presents!
「炎と森のカーニバルでブラバンライオット」開催決定!!!
 
今回の主役は…吹奏楽部のキミ!
セカオワ先生のニューシングル『炎と森のカーニバル』を吹奏楽や、ブラスバンドで演奏して送ってくれ!
金管楽器、吹奏楽器、木管楽器、…何でもOK!
 
部活じゃなくても、吹奏楽をやっているサークル、友達同士での参加もOK!
応募の〆切は7月31日!
 
音源は郵送で受け付けます!
音源の送り方は…CD、DVD、USBメモリー、何でもOKです。
 
今回はセカオワLOCKS!で届いた音源からどんどん紹介していくから、録音したらすぐに送ってほしい!
 
とーやま校長「セカオワ先生たちからアドバイスもらって、送り直してもらってもいいし! 鉄は熱い内に打て! “セカオワのテツアツ”でしょ!!」
 
応募の詳しい情報は、
SCHOOL OF LOCK!のWEBサイト「炎と森のカーニバルでブラバンライオット」の特設ページでチェックしてくれ!
さらにこの特設ページでは、抽選で10グループに「炎と森のカーニバル」吹奏楽用スコアをプレゼント!!
 
とーやま校長「『炎と森のカーニバル』のレコーディングにも高校の吹奏楽部が参加しているんですよね? どうでした?」
 
Nakajin先生「今回、外でレコーディングをしたんですけど、2日あった収録日のうち1日目は大雪で2日目も風が強くて…。でも限られた時間の中でとても良い演奏をしてくれたんです。こっちが“こうしてくれ”って指示をするとすぐ反応してくれましたね」
 
Fukase先生「素晴らしい演奏だったね」
 
Nakajin先生「生で聴いたら涙出ちゃいそうでしたね」
 
とーやま校長「今回のブラバンライオットはどんな楽しみがありますかね?」
 
Saori先生「私は教育実習の時に、吹奏楽部で指揮を振った事があったんですけど、すごく感動して、楽しかったので。自分達の曲で演奏してくれるなら、ぜひ聴きたいですね!」
 
140408_sol05.jpg

 
とーやま校長「ライオットって事だから、まだ…グランプリを受賞した生徒に何をプレゼントするとか、決まってないんだけど…」
 
DJ LOVE先生「無いってことは無いよね」
 
よしだ教頭「教えてよ〜!!」
 
とーやま校長「気になったヤツはすぐに応募だ! テツアツだぞ!!」
 
DJ LOVE先生「テツアツですね〜」
 
140408_sol20.jpg

 
セカオワ先生は…今週土曜日から、全国アリーナツアー2014「炎と森のカーニバル-スターランド編-」がスタート!
 
今回も演出はもちろんSaori先生!
野外で行われた「炎と森のカーニバル」とはまた違う「炎と森のカーニバル」がはじまるそう。
 
今回、DVDも発売するので、DVDを観た人でも、昨年ライブに来てくれた人でも楽しめるよう、全く違った演出とのこと!
 
Saori先生「ちょっとダークファンタジーな演出ですね。“炎と森のカーニバルに危機が迫る”ってコンセプトですね」
 
Fukase先生「会場周りの演出を担当したんですけど、今回は男の子が好きな感じですね。軍隊が出てきます!」
 
演出はライブが開演する前から始まってるので、会場を見る時間をしっかり確保したほうがいいらしいぞ!!
 
Fukase先生「なんなら、チケットが取れなかった人も会場は観に来てほしいですね」
 
140408_sol22.jpg

 
そして我が校にも、沢山参加する生徒がいると思いますが…
今回のツアーでも、SCHOOL OF LOCK!とSEKAI NO OWARIの東日本大震災復興支援のためのリストバンド「STAY STRONG」が発売されます!
 
これまでに、1000万円以上の寄付金を届ける事ができました。
手にとってくれたみんなのお陰です。本当にありがとう。
 
140408_sol21.jpg

 
今回のツアーから新しいデザインのリストバンドになります!
値段は…変わらず500円。ツアーに行く生徒にはぜひ、手にとってほしいと思ってます。 
140408_sol23.jpg

 
ここからは、今夜の授業「オマエ…今、何カーニバル中?」!!
 
生徒に今、まさに行われているカーニバルを教えてもらいました!
 
いでっちょ 山梨県 17歳 男
 
RN いでっちょは今年2月「起死回生バレンタイン!」の授業で、セカオワ先生からのチョコをゲットした生徒!!
親友である男友達、好きな女友達と3人グループで一緒に遊んでいた、RN いでっちょ。
バレンタインに好きな女友達からチョコをもらう予定だったが、当日になると、その女友達は親友にチョコを渡していて、しかも親友と好きな女の子が付き合う事に…。
 
Fukase先生「LOVEさん泣いてるの?(笑)」
 
DJ LOVE先生「こんな苦い思い出を2回も言わせるなんて悪魔の所業ですよ!」
 
そんなRN いでっちょも、何かのカーニバル中!
 
いでっちょ「色んな意味でドキドキカーニバル中です!!」
 
以前、セカオワ先生のライブツアー「炎と森のカーニバル-スターランド編-」を親友と好きだった女の子の3人で観に行くと話してくれたRN いでっちょ。
 
行くつもりだったんですけど、親友が部活でドタキャンというハプニングがありまして…。親友からは“チケットをキャンセルしちゃったし、お前、俺の彼女と行ってこい”って言われたんですね」
 
とーやま校長「これは…だってお前、その子のこと好きだったんだろ? 今はどうなの?」
 
いでっちょ「今は、す、す、好きです!」
 
Fukase先生「聴いてたらどうするの!? これ親友と彼女が!!」
 
DJ LOVE先生「だいぶ最後まで言っちゃったよ!」
 
140408_sol28.jpg

 
結果、好きな子と一緒にセカオワ先生のライブを観に行く事になった、RN いでっちょ!
カーニバル中ということは…
 
いでっちょ「もちろんテンション上がりますよね!」
 
Saori先生「そりゃそうだよ。テンション上がりますよね」
 
Nakajin先生「でもさ、複雑じゃない!? どうしたいのさ?」
 
いでっちょ「それで、まあ、複雑な想いが混ざり合って、なんかとんでもないすごい事が起こるんじゃないかと……!!」
 
全員(大笑)!!!
 
Nakajin先生「でもその親友はいでっちょの事を信用して任せたのかもしれないじゃん。裏切る形になっちゃうよ?」
 
いでっちょ「でも実は、2月に逆電をもらった時は、親友はまだ、俺が親友の彼女の事を好きだって知らなかったんですけど、3月に言いまして。それを考慮した上で俺に任せてくれたので」
 
よしだ教頭「めっちゃ信頼されてるじゃん!」
 
とーやま校長「そこは男として嬉しいな!」
 
DJ LOVE先生「尚の事、裏切れないね」
 
140408_sol29.jpg

 
ちなみに親友の彼女はまだ、RN いでっちょが自分の事を好きだとは知らないそう…!
 
Nakajin先生「じゃあ安心してるのかもね。彼女も友達と一緒に行くと思ってるから」
 
いでっちょ「そうだと思いますね。≪ヴ〜ヴ〜≫
 
Fukase先生「いでっちょ、電話鳴ってない?」
 
いでっちょ「LINEをめっちゃ受信してるんです」
 
DJ LOVE先生「バレてるじゃん!! それ!!!」
 
Nakajin先生・Saori先生「大丈夫!?」
 
とーやま校長「その子からもLINE届いてるんじゃないの!?」
 
よしだ教頭「俺嫌だよ! この後、修羅場になるの!」
 
Fukase先生「前回はバレンタインで、今回はと続編、5月のいでっちょが気になるけど…!」
 
DJ LOVE先生「“生放送教室でバレた”!!」
 
とーやま校長「まあ、いでっちょの気持ちとしてはカーニバル中だからね! セカオワ先生のライブを観に行く事も楽しいし」
 
Fukase先生「気持ちにウソは付けられないで、後は友達にどうするかだよね。わからない〜!!」
 
Saori先生「男同士の友情の方が難しそう。女の子はすぐ裏切るからね(笑)
でも男の子の友情は…NakajinとFukaseが取り合っても絶対裏切れなさそう」
 
140408_sol30.jpg

 
DJ LOVE先生「でもさ、いでっちょは親友に“お前に彼女を任せる”って言われて、何て返したの?」
 
いでっちょ「“ありがとう!!!”って言いました」
 
全員「おいおいおい!!」
 
DJ LOVE先生「今、違う感情が漏れてたよね!? 大丈夫かな〜」
 
とーやま校長「お前、ウソ付けないだろう? そこらへんを親友も信用してるのかもな。お前、今すごく楽しみだろ?」
 
いでっちょ「はい!! すごく楽しみですッ!!!」
 
Fukase先生「友達には“しょうがないじゃん!”って言うしかないもんな。別にコソコソしてたわけじゃないしさ」
 
DJ LOVE先生「いでっちょはむき出しだもんな」
 
Fukase先生「このままむき出しで行こうよ!!」
 
とーやま校長「セカオワ先生からも許しが出たし楽しんで行け!」
 
いでっちょ「はい。楽しみにしてます!」
 
セカオワ先生のライブ楽しんでこい!
逆電中のLINEのメッセージについても後で掲示板に報告してくれ!!(笑)
 
本日の授業は以上!
最後の黒板の時間!!
 
SEKAI NO OWARI Nakajin先生に書いてもらいました! 
 
140408_sol33.jpg

 
『 みんなのブラバンライオット待ってる! 』
 
今回、ブラバンライオットの譜面を作ってくれたのが、
『炎と森のカーニバル』のレコーディングで吹奏楽部をコーチしていた先生なんですね。
 
その方と僕は打ち合わせをずっとしてきて、
最初から一緒につくってきてくれたんです。
 
その譜面が全国の色んなブラバンのみんなに演奏してもらえるという事で
僕はみんなの演奏を楽しみに待ってます!!
 
140408_sol31.jpg

 
SEKAI NO OWARI先生本日はありがとうございました!!
引き続き、セカオワLOCKS!よろしくお願いします!!
  
140408_sol32.jpg

 
そして、ブラバンライオットの応募待ってます!!
みんなの『炎と森のカーニバル』をセカオワ先生に聴いてもらおう!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140408_fax01.jpg
RN のろすけ

 
140408_fax02.jpg
RN いちじくタルト

 
140408_fax03.jpg
RN second world

 
140408_fax04.jpg
RN 怪物ガール

 
140408_fax05.jpg
RN 智薪

 
140408_fax06.jpg
RN ぱるふぁむ

 
140408_fax07.jpg
RN 笑顔担当☆空振り女王

 
140408_fax08_2.jpg

 
140408_fax09_2.jpg
RN リンゴリラッパ

 
140408_fax10.jpg
RN FAXのてっぺい

 
140408_fax11.jpg
RN 夢叶

 
140408_fax12.jpg
RN Book worm♪

 
140408_fax13_2.jpg
RN ちろる

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
いでっちょ 山梨県 17歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 なあ〜んにも / 爆弾ジョニー
22:13 RPG / SEKAI NO OWARI
22:39 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
22:51 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
23:09 Wonderland/不思議の国 / Gotch
23:21 海岸通り / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:44 ピエロ / SEKAI NO OWARI
23:50 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
うう……炎と森のカーニバル見たい…
う、うう…
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
セカオワ先生との時間は楽しいね〜。
あっという間だね〜。
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140407_sol01.jpg

『 新学期 』
 
今日から新しい学校に入学、新学期がスタートという生徒からたくさんの書き込みが届きました!
 
入学式はどうだったかな? 新しいクラスは? もう友達はできたかな?
これからの学校生活一緒に楽しくしていこう!!
 
140407_sol02.jpg

 
今夜のSCHOOL OF LOCK!には……!
加藤ミリヤ先生・清水翔太先生が緊急来校!
 
まさに、急遽! 来てくれることになりました!
新入生のためにも、改めて説明しておくと…ミリヤ先生と言えば、この学校の夜空ノホケンシツ、ミリヤLOCKS!を担当!
一時期はこの学校のレギュラー講師、また卒業LIVEに行ってくれたり、これまでずっとこの学校の生徒みんなに愛を届け続けてくれました!!
 
そして、清水翔太先生!
翔太先生も今までに何度もこの校舎を訪れては、みんなに強いメッセージや音楽を贈ってきてくれた仲間…
 
今夜は4人で、時間の限り、生徒みんなの話を聞いていきました!!
 
生放送教室には!
 
140407_sol03.jpg


加藤 ミリヤ先生×清水 翔太先生登場!!

140407_sol04.jpg
加藤ミリヤ先生
清水翔太先生

 
本日はよろしくお願いします!!
  
とーやま校長「ミリヤ先生は生放送教室に来ていただくのが一年ぶりなんですけど、全然そんな気がしなくて…」
 
よしだ教頭「身近にいるかんじですよね」
 
ミリヤ先生「ありがとうございます」
 
校長・教頭「そして初めまして! 翔太先生!」
 
翔太先生「初めまして!」
 
やましげ先代校長・やしろ先代教頭の時には何回か来校してくれていた、翔太先生は、とーやま校長・よしだ教頭と出会うのが初めてになります!
 
とーやま校長「翔太先生は、まとっているオーラが“仙人”クラスですよね!? なんかこの数分のうちに感じ取っちゃってるんですけど!」
 
ミリヤ先生「フフッ(笑)」
 
よしだ教頭「わかりますよ!」
 
翔太先生「ありがとうございます(笑)先生として来ているので先生らしくいかないとと思いまして」
 
140407_sol06.jpg
 
 
そんなお2人は、ミリショーとしても活躍中!
先週、ベストアルバム『THE BEST』をリリースされたのですが、今回のアルバムでこの2人としての活動はラストだそうです。
 
翔太先生「二人で活動するって決まった時はここまでやるとは思ってなくて。最初に『Love Forever』を出した時に、たくさんの方に聴いて貰って、ライブでも求められたんですね。それなら続けていこうとなって、アルバムを出せるまでに続いていて。
ミリショーでやっている時はフレッシュでカッコイイと思う事をやろうって思っていたんですけど、あんまり長くやっていてもフレッシュさが無くなってしまう。ここで自分たちできっぱりやめるのが自分達流の“攻め”なのかなと。
ネガティブにやめるんじゃなくて、攻めるために。自分達のフレッシュさが無くならないうちにやめようと」
 
ミリヤ先生「私もそう思っていて。タイミングが合うんですよね。“それぞれの活動に集中していく時期かな”って思うのが、お互いタイミングが合っていて」
 
とーやま校長「“攻め”と言われていたんですけど、今回、ベストアルバムなのに新曲が3曲入っているじゃないですか。これ無くてもいいけど、“前に進んでいる”“これからのお互いの活動に発展させていこう”って気がするんですよね」
 
ミリヤ先生「ありがとうございます」
 
140407_sol05.jpg

 

お久しぶり!!!!!
ミリヤ先生、翔太先生がいらっしゃると聞いて、約6年ぶりにこの掲示板へ戻ってきました!!なんだか母校に帰ってきたような気分で、色々思い出します。 アルバム「THE BEST」、フラゲ日にゲットして以来、毎日聞いてます。学生のころいろんなシーンで聞いていたお二人の音楽を、今回のアルバムで改めて聴いて懐かしかったり、新曲で新たな一面が見えて新鮮だったり。これで終わりってすっごく惜しいけど、だからこそ生まれたであろうSakura Melodyも、きっと毎年この時期に思い出す1曲になるんだろうと思います。

xxayakaxx
女/24/鹿児島県
2014/04/06 22:36



とーやま校長「この『Sakura Melody 』、今回のアルバムの一曲目なんですけど、良い曲ですね」
 
ミリヤ先生「良い曲ですよね! もうマッキーさん(槇原敬之さん)が神なので…。ミリショーがシンガーソングライターとして尊敬している槇原敬之さんに曲を書いてもらえるって事実のために今までの5年間はあったのかなって思うくらい、最後に良い曲になりました」
 
 
♪ Sakura Melody / 加藤ミリヤ×清水翔太
 
 
140407_sol08.jpg

 
とーやま校長「俺、このアルバムを聴いてると切ない気持ちになって。一年半前に別れた彼女のことを思い出したりして、元気でやってるのかなって…」
 
ミリヤ先生「絶対、元気でやってるよ!」
 
よしだ教頭「自分の心配しなさいよ!」
 
とーやま校長「そう、これからの事も考えて、結婚…する人が見つかるのかなって思ってしまったんですけど。
でも、“そういうふうにクヨクヨしているやつには見つからないぞ”ってもう一人の自分に言われて…」
 
翔太先生「そういうふうに感じてくれて嬉しいですね」
 
とーやま校長「最初は不安を感じる想いがあったんですけど、最後には“何かを探していこう”って感じました」
 
よしだ教頭「二人は歌でコミュニケーションを取っているって思いました。さっき“攻める”表現をされていたのが伝わってきました。
誰かを頼る事は絶対に必要だけど、最後にはそれぞれ自分達の道を行かないといけないって思いましたね」
 
ミリヤ先生「嬉しい…ありがとうございます」
 
140407_sol07.jpg

 
ほかにも、とーやま校長とよしだ教頭が、翔太先生の独特の間、行間を大事にする姿勢に感銘を受け、翔太先生もとい“翔太師匠”に弟子入りをするなんてこともあり、
生放送教室が盛り上がっていたところ、突然とーやま校長からミリヤ先生にあるお願いをしました…!
 
とーやま校長「新学期を迎えて、この学校の部活も、いろんな活動を始めています。以前ミリヤ先生には、おしゃれ部の生徒の話を聞いてもらっていたんですが…やっぱりミリヤ先生と言えば、恋愛の曲がすごく人気なんですよね。
……うちの生徒のために、曲を作ってくれないですか? 生徒の書き込みを元に、この学校の恋愛部公式ラブソングを!!
 
ミリヤ先生「いいんですか!? そんな大役!」
 
とーやま校長「失礼なことを言ってるのはわかってます…!」
 
ミリヤ先生「やってみたい!!」
 
とーやま校長「言質取ったぞ〜!! 一応、翔太先生…翔太師匠にも確認を取りたいんですけど」
 
翔太師匠「いいんじゃないですか?」
 
とーやま校長「懐がデカイ!!!」
 
ということで、加藤ミリヤ先生がSCHOOL OF LOCK!恋愛部の公式ラブソングを作ってくれる事になりました!!
みんなが恋愛部掲示板に書き込んだ想いをミリヤ先生が歌ってくれるぞ!! ありがとうございます!!
 
詳細は今後決めていくので、生徒のみんなは待っていてほしい!
 
140407_sol09.jpg

 
今夜の授業は、ミリヤ先生、翔太先生と共にこの学校の全掲示板の中から気になる生徒と書き込みを見ていきました。
 
まずはおしゃれ部の書き込み!

質問
「おしゃれだなぁ」って思う男性の春コーデってどんなのですか?
ホリカズ
男/19/三重県
2014/04/05 22:44



とーやま校長「これはやっぱりミリヤ先生…」
 
ミリヤ先生「でも男性のですよね? 私、男性のはあまりわからないですよ」
 
とーやま校長「師匠!」
 
翔太師匠「そうですね、似合ってるか似合ってないかは大事だと思います。自分が思っているキャラ、他人が思っている自分のキャラそれを大事にしてコーディネートして、できている人がいたらオシャレだなって思いますね」
 
とーやま校長「流行り物に行くのもいいけども」
 
翔太師匠「それもいいけど、“たぶん俺、こっちだな”って思ったらそっちに行ってほしいですね」
 
とーやま校長「ちなみによしだ教頭のファッションは?」
 
翔太師匠「シンプルめですね」
 
よしだ教頭「“よしだの春”を着ているんですけど!!」
 
翔太師匠「…いいと思います!」
 
よしだ教頭「愛想笑いで返されました!(笑)」
 
140407_sol10.jpg

 
続いては恋愛部の書き込みを紹介!
 

告白
人生初の告白をしようと思います。 どんな風にしたらいいと思いますか?
すごいカタツムリ
男/18/大阪府
2014/04/07 18:48



とーやま校長「人生初の告白みたいなんですけど、こうやったらいいっていうのあります?」
 
ミリヤ先生「うん……結論から先にいただきたいですね。シンプルな方がいいかな…。結局言いたいのは好きって想いと付き合いたいって事だと思うなのでストレートに伝わる方がいいと思います」
 
とーやま校長「そうなんだよな。俺も緊張しちゃって、回りくどい事を言ってるなって思うときがあったんですけど、ズバッといった方がいいんですね! 特に男子だしね」
 
ミリヤ先生「それに回りくどいとあらたまっちゃうので。それは相手も構えちゃうので、普通の会話から不意に“好きなんだよね”って言われたら思わず、“あ、いいよ”って言っちゃいそうな…タイミングが大事ですよね」
 
とーやま校長「告白する時の緊張ってどうすればいいですかね?」
 
翔太師匠「受け入れるしかないんじゃないですかね。緊張している自分を。緊張しないって事は好きじゃないんだと思いますね」
 
とーやま校長「ドキドキするのはそれだけ相手を想ってるって事ですね」
 
140407_sol12.jpg

 
そして続いての生徒には逆電をしました!
 
happy smile SOL☆ 石川県 15歳 女
 
明日、好きな相手から、告白の返事を聞くという RN happy smile SOL☆!
 
とーやま校長「ってことは告白したの?」
 
happy smile SOL☆「今日しました!」
 
相手は一つ下の後輩。剣道部で一緒に活動してきて好きになったそう。
高校に上がる前にきちんとけじめをつけよう決意した!!
 
happy smile SOL☆「電話で話していて、言うタイミングがわからなくて、突然切り出して告白したんですけど、そしたら彼は“え!?”って驚いて、“考えさせてほしいから明日まで返事を待ってほしい”って言われて待ってます」
 
ミリヤ先生「念じましょう…!! これは」
 
よしだ教頭「まだまだドキドキしてるもんな、happy smile SOL☆」
 
140407_sol11.jpg

 
ちゃんと気持ちを伝えてよかったという、RN happy smile SOL☆
 
happy smile SOL☆「人生で後何回あるかわからないので、ちゃんと言うべきだと思いました!」
 
翔太師匠「いいですね。僕も聞いていてドキドキしてきました。ピュアな恋愛の感覚を思い出しました。上手くいくといいですね」
 
最後に、明日の返事が待ちどうしくて眠れないという、RN happy smile SOL☆に、4人で祈りを念じて届けました!!
 
happy smile SOL☆「ありがとうございます!」
 
報告待ってるぞ!!
 
そして黒板の時間!
本日は、ミリヤ先生、翔太師匠にそれぞれ黒板を書いてもらいました!
 
翔太師匠の黒板
140407_sol13.jpg

 
『 Respect!! 』
 
happy smile SOL☆の告白して待ってるという話を聞いて、
その勇気にrespectだと思いました。
これからまた新生活が始まって、色んな出会いがある中で、
respectできる事、respectする人を大事にしてほしいですし、大事にしたい。
 
ミリヤ先生の黒板
140407_sol14.jpg

 
『 恋 』
 
私は、最近愛についてずっと考えていたんですけど、
今日は恋する事ってすごく私たちに大切な事だと思いました。
 
愛を追及し過ぎて、その先に何があるんだろうって難しく考えていました。
 
ただ、“恋に落ちた”感覚は誰にでも平等にある事で
私たちも大人になってもあるものだから、恋をしようって思いました。
 
140407_sol15.jpg

 
とーやま校長「今は恋をしてるやつも、恋をしたいやつも色いろんな想いを書き込め! それをミリヤ先生が歌にしてくれるぞ!」
 
ミリヤ先生「みんな、恋しようぜ!」
 
よしだ教頭「師匠にはもっと頻繁に来校してほしいですね!
 
とーやま校長「あの僕、恋したくてでもビビッている自分がいるんですけど、いい人見つかるんですかね… 師匠?」
 
翔太師匠「そりゃあ見つかるんじゃないですか。」
 
とーやま校長「どうすれば…?」
 
翔太師匠「やっぱり、探そうとしない事じゃないですかね。探して見つかるものじゃないですからね」
 
とーやま校長「ありがとうございます!」
 
140407_sol16.jpg

 
加藤ミリヤ先生、清水翔太先生
本日は来校ありがとうございました!
 
ミリヤ先生、恋愛部公式ラブソングよろしくお願いします!
翔太師匠! またぜひ言葉を聞かせてください!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
happy smile SOL☆ 石川県 15歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
23
23:52 FOREVER LOVE / 加藤ミリヤ×清水翔太
23:49 LOVE STORY / 加藤ミリヤ×清水翔太
23:42 Jewelry / 加藤ミリヤ×清水翔太
23:15 Magic of Love (Album-mix) / Perfume
22:49 ESCAPE / 加藤ミリヤ×清水翔太
22:39 Sakura Melody / 加藤ミリヤ×清水翔太
22:26 15 〜Spring Flag〜 / ベッキー♪#
22:05 HANDS / BLUE ENCOUNT
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ミリヤ先生と翔太お師匠にこの2時間でたくさんの事を教えられた気が致します。
ありがとうございました!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ミリヤ先生、翔太師匠。
人間力ハンパない! 押忍!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140403_sol01.jpg

 
『 はじまったぞ 』

もう新しい学校が始まった生徒から書き込みが届いています!!

入学式
今日は、高校の入学式でした。 同じ中学校だった友達と同じクラスになれました!緊張もしたけれど、友達ができたのでよかったです! 高校3年間頑張ります!

ちゅーえつ
男/15/愛知県
2014/04/03 14:25


垢抜け度が上がったぞ(。-_-。)
校長と教頭が一昨日「新学期からワックス付けるなら今のうちに練習しとけ」と言っていたのを聞いて、7日の入学式に向けて眉毛を剃りました。 入学式は午後からなので、入学式の日の午前中に剃ろうかと思っていたのですが、結構時間がかかったので、校長と教頭のアドバイスがなかったら遅刻するところでした(^^;; 中学の間は、9割の人が校則を破って眉毛を剃っている中、生徒会役員だった私は剃ることができなかったので、高校生になって堂々と眉毛を剃ることが出来て嬉しいです。 まだ見慣れてませんが、入学式までの残り3日で慣れるといいな(o^^o) Let’s高校デビュー
先に寝たら怒るから
女/15/広島県
2014/04/03 17:32



よしだ教頭「どんな学校だよ! 生徒会だったんかい! 堂々とそらなくていい!! 慣れるって誰にだよ!」
 
とーやま校長「なんか、引っかからなくていいところまで突っ込んだよね(笑)!」
 
いよいよ始まった新学期!
新しい友達を作ったり、イメチェンしたりして、楽しみを取りに行け!!

140403_sol02.jpg

 
今夜のSCHOOL OF LOCK!には…!
シナリオアート先生が初来校!
 
今月開催する、この学校の新入生歓迎LIVE「LIVE OF ROOKIE」に出演してくれるバンド!
 
今夜はそのLIVEに先駆けて新入生歓迎祭を開催!
「書き込みOF ROOKIE」
 
この学校の“教室”、学校掲示板に初書き込みをしてくれた生徒に、シナリオアート先生と一緒に「初めまして」の挨拶をしていきました!
 
生放送教室には…
 
140403_sol03.jpg

 
シナリオアート先生登場!!!
 
シナリオアート先生「シナリオアートです!」
 
よろしくお願いします!

140403_sol11.jpg 
ハヤシコウスケ先生(Gt/Vo)

 
140403_sol12.jpg
ハットリクミコ先生(Dr/Vo)

 
140403_sol13.jpg
ヤマシタタカヒサ先生(Ba/Cho)

 
140403_sol04.jpg

 
とーやま校長「ようやくお会いできましたね! この学校の生徒だったと聞いたんですけど…」
 
コウスケ先生「そうですね。生徒でした!」
 
シナリオアート先生は、滋賀県出身!
当時、スタジオ練習のために往復4時間掛けて移動していた!
コウスケ先生とヤマシタ先生は、スタジオから帰る車の中でずっと聴いてくれていたそうです!
 
とーやま校長「じゃあ二人はこの学校の存在は知ってると」
 
クミコ先生「私も知ってます!」
 
とーやま校長「ありがとうございます! 僕らどうです? 実際に会ってみて」
 
クミコ先生「教頭先生の方が背が高くてビックリしました!」
 
クミコ先生のイメージでは、校長先生の方がバンッと大きいイメージがあったそうです(笑)
 
クミコ先生「校長と教頭が面白いです」
 
ヤマシタ先生「お二人がマジメなのかふざけているのかわからないですよね。聴いてると…(笑)」
 
SCHOOL OF LOCK!のイメージについて聞いてみると…
 
クミコ先生「私もそうですけど、だいたいの人が悩んでいるじゃないですか。それにこんなに親身になって相談に乗ってくれる場所は他にないと思います。生徒達の憩いの場所ですよね」
 
とーやま校長「そう思ってくれているのは嬉しいですね。これからもそうありたいですね」
  
140403_sol06.jpg

 
3人に10代の頃について聞かせてもらいました!
 
コウスケ先生「暗黒時代でしたね。音楽が自分の居場所でした。ずっと音楽を作っていて、中学、高校とバンドが自分の居場所でした」
 
クミコ先生「私もピアノとドラムだけでした。一筋でしたね」
 
ヤマシタ先生「僕は中学まで野球をやっていたんですけど、一時期めっちゃ暗い時期があって。高校の軽音部に入って少しずつ明るくなっていったんです」
 
とーやま校長「みんな音楽に助けられたって感じなんですね」
 
コウスケ先生とヤマシタ先生は高校の軽音部の先輩と後輩の関係!
その後別のバンドで活動していて、仲がよかったクミコ先生を誘い、今の3人となった。
 
とーやま校長「コウスケ先生的にはクミコ先生に何かあったんですか?」
 
コウスケ先生「そうですね。光ってました。後光がパァって感じで(笑)」
 
とーやま校長「へぇ!! 10代のころにあまり上手くいってなかった感じが、シナリオアート先生の曲から伝わってきて、どうにかしようって想いが伝わってくるんですよ」
 
コウスケ先生「そうですね、乗せてますね。僕、兄弟が4人いるんですけど、2人が学校に行けない時期があって。そういうときに何かできないかって、音楽をずっと作って歌詞をためていたんです。
それで僕は“音楽で人を救えたら”って思ったんです」
 
 
♪ ブレーメンドリームオーケストラ / シナリオアート
 
 
140403_sol21.jpg


シナリオアート先生
初来校、本当に嬉しいです!初めてラジオからシナリオアート先生の曲を聞いたとき、物語の中に一気に引き込まれて、その中の登場人物たちが自分に重なるところがたくさんあって、すごく感動したのを今でも覚えています。これからも、シナリオアート先生の楽曲をずっと楽しみにしています!
あんずんだもち
女/16/東京都
2014/04/03 22:08



シナリオアート先生「ありがとうございます!」
 
とーやま校長「すごい物語な感じがしますけどこれは意識をしてるんですか」
 
コウスケ先生「物語調は意識してますね。絵本であって、物語で…何と言えばいいか」
 
クミコ先生「音楽っていうよりも本で見たほうが入りやすい。ストーリーがあった方が中に入れると思ったんですよね」
 
よしだ教頭「まさしく、“シナリオアート”って感じですよね。一つのシナリオがあってそこに一つの芸術を加えることで現実になっていく感じがしてシナリオアートだなって。
アートがなかったら別世界だなと思うんですけど、アートがあるから自分もそこに行けるって思えるんですよね」
 
クミコ先生「きれいにまとめていだだいてありがとうございます!」
 
140403_sol08.jpg

 
シナリオアート先生には、今月行う、この学校の新入生歓迎ライブ『LIVE OF ROOKIE』に出演してもらいます!
今夜は、LIVEに先駆けて新入生歓迎祭を開催!
「書き込みOF ROOKIE」!!
 
この学校の新入生、掲示板に初書き込みをしてくれた生徒にシナリオアート先生と一緒に、「初めまして」の挨拶をしていきました!
 
たくさんの初書き込みがあった中で、電話をつないだのはこの生徒!
 
あやぱそぱそ 神奈川県 14歳 女
 
とーやま校長「初めまして! ようこそ!」
 
あやぱそぱそ「初めまして!」
 
シナリオアート先生が大好きで、書き込みをしてくれたRN あやぱそぱそ!
聞きたいことを思う存分話してもらいました!!
 
あやぱそぱそ「バンドを組もうと思ってるんですけど、シナリオアート先生はどうやって自分の担当楽器をと出会ったんですか?」
 
とーやま校長「あやぱそぱそは今楽器選びで悩んでるって事?」
 
あやぱそぱそ「はい、あんまり自分がやりたい楽器が見つからなくて」
 
コウスケ先生「そうですね、中1の頃にジョニー・デップ似のめちゃくちゃイケメンの友達がいたんですね。そいつがギターを弾けたんです。
そいつが家でギターを弾いてる姿を見て、せめてギターだけは弾けるようになろうって思ったんです(笑)それで始めました」
 
とーやま校長「じゃあ“天下をとってやろう”とか“俺の想いを聞かせてやる”とかはなかったんですか」
 
コウスケ先生「そうですね、最初はふわっとしてました」
 
140403_sol05.jpg
 

クミコ先生「私は3歳からピアノをやっていてピアニストを目指していたんですけど、行きたい音楽科のある学校に行けなかったんです。それで諦めてしまい、お姉ちゃんがギャルだったのでギャルになろうと思いました!」
 
よしだ教頭「ギャルになろうって決めちゃうの!?(笑)」
 
高校ではあまり活動のない部活に入り、バイトをしながらギャルになろうと思っていたそうですが、
幼稚園時代の友達に再会、一緒に軽音部の新歓ライブを見に行く事に!
 
クミコ先生「そこで女の先輩が“ DEEP PURPLE ”の曲でドラムをバコスカ叩いていて、瞬殺でした! すぐにドラムやろうと思って入りました!」
 
ヤマシタ先生「僕は初めて楽器を触ったのが、あやぱそぱそちゃんと同じ中3の時だったんです。文化祭でバンドやろうって誘われたんですけど…」
 
せっかくだから目立つギターをやりたいと思ったが、友達に“ギターは俺がやりたい”って言われてしまい、次にドラムをやろうとしたが、ドラムも既に決まっていたそう。
当時、音痴だったというヤマシタ先生は残ったベースをやる事に!!
 
ヤマシタ先生「だけど、きっかけはなんでもいいんじゃないかって思います。その後に愛着を持ってやることができればいいと思います。
だからあやぱそぱそちゃん今頑張って決めなくてもいいと思います。楽器なんて色々持ち変えらるし、何なら余り物で始めてみていいんじゃないですかね」
 
あやぱそぱそ「はい、ありがとうございます! 色々出会いがあるんだと思いました。ヤマシタ先生の言うとおり、とりあえずやってみます!」
 
とーやま校長「この結果で、今、生放送教室に来てるんだからね」
 
ヤマシタ先生「余り物でここまで来ましたからね(笑)」
 
よしだ教頭「あやぱそぱその結果が広がりましたね!」
 
ちなみに、RN あやぱそぱそは『LIVE OF ROOKIE』に参加するそう!
 
とーやま校長「楽しみに待っててな!」
 
シナリオアート先生「ありがとう!!」
 
140403_sol22.jpg

 
続いて逆電した生徒はこの書き込みをくれた生徒!!

シナリオアート!
掲示板初書き込みです(多分)! 今日の授業めっちゃ楽しみです! SOL のおかげでシナリオアートを知れて、好きになれたので、なんか、色々嬉しいです! 課題やりながら(泣)、聞きます!
麗希だよ
女/17/新潟県
2014/04/03 19:18



 
麗希だよ 新潟県 17歳 女
 
とーやま校長「課題はやってるの?」
 
麗希だよ「やってないです…(汗)」
 
とーやま校長「やってない! どうです!?」
 
ヤマシタ先生「うん、やらんでええ。やらんでええ。」
 
よしだ教頭「やさしいな〜!(笑)」
 
SCHOOL OF LOCK!がきっかけでシナリオアート先生を知り大好きになったという RN 麗希だよ!
大好きな想いを直接伝えました!!
 
麗希だよ「すごい好きなって…CDも買わせてもらってます。柔らかい世界観の中に強いメッセージがあって、…励みになってます!」
 
クミコ先生「ありがとう」
 
140403_sol23.jpg

 
次にRN 麗希だよが質問したのは、“好きなものの見つけ方”
麗希だよ「シナリオアート先生は好きな事を仕事になさっていると思うんですけど、まだ私は好きなものが見つからなくて。そろそろ受験で進路を決めなきゃいけない時期だし、どうすれば見つけられますか?」
 
コウスケ先生「見つかるタイミングは人それぞれなんじゃないかな。たまたま僕の場合は早かったけど、20代、30代、40代、自分のやりたい事は何歳になっても出てくると思う。
その時に“これだ!”って輝けば良いんじゃないかな。必ずしも今見つけないといけないってワケじゃないと思います」
 
とーやま校長「焦って見つける事はしなくてもいいと」
 
140403_sol09.jpg

 
クミコ先生「私もそうですね。私はドラムが好きで授業中もずっとドラムの事を考えてたし、成績悪い過ぎて先生と大ゲンカしたこともあったけどね。
自分は恵まれてるって思うし、周りにも言われます。友達にも好きな事が見つかっていなくて“どうすればいいんだろう”ってTwitterにつぶやく子もいるんです。でもそうやって考える必要はないと思う。
自分から探しに行ってもいいし、待っていてもいい。なんなら“お嫁さんになる”ことでもいいんじゃないかな」
 
麗希だよ「はい!」
 
140403_sol07.jpg

 
ヤマシタ先生「高3だと進路に悩むけど、僕も高3では就職しようか進学しようか迷っていて、夏休みまでは就職しようと思っていた。あるきっかけがあって大学に進学したんやけど、大学から先の事なんて考えてなかった。
とりあえず今やらなきゃいけない事がいっぱいあると思うから、それをやってく。課題とかね。やっていればそのうち見つかると思うから、難しく考えなくてもいいと思う」
 
麗希だよ「はい。…まだ大丈夫というか、不安が取れました」
 
とーやま校長「自分で“これをやらなきゃ”って決めないで、色々やっていくうちにいつのまにか持ってるってことかな」
 
ヤマシタ先生「はい、何かしら残ってると思います」
 
とーやま校長「色んなものを見つけてに行ったり、色んな人と探していくのが大事なのかな。だからまずは課題をやろう」
 
麗希だよ「はい…!(恥)」
 
ヤマシタ先生「さっきはやらなくていいって言ったけど、提出期限までにはやろうな」
 
麗希だよ「わかりました! 頑張ります!!」
 
そして黒板の時間!
本日はコウスケ先生に書いてもらいました!!
 
140403_sol24.jpg

 
『 はじまり はじまり 』
 
僕達もついこの前デビューしました。
新入生もいて、この春からで何かを始める人は多いと思います。
 
新入生、新学期関係なくても、4月を何かを始めるきっかけにしてくれたら嬉しいです。
今日まで陰鬱した世界にいた人が、どうか明日からは“何かを始めよう”と思ってくれたらと思います。
 
そのきっかけの日はいつでもいいと思うから。
できれば、明日から何かを変えていってほしいです。
  
140403_sol25.jpg

 
シナリオアート先生本日はありがとうございました!!
『LIVE OF ROOKIE』! 改めてよろしくお願いします!!
 
140403_sol26.jpg

 
シナリオアート先生も出演する『LIVE OF ROOKIE』はチケット好評発売中!!
この春、新入生のキミはもちろん! そうじゃないキミもLIVEを一緒に楽しもう!
  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140403_fax01.jpg
RN 智薪

 
140403_fax02.jpg
RN 愛二条

 
140403_fax03.jpg
RN アートチョコ☆

 
140403_fax04.jpg
RN 華

 
140403_fax05.jpg
RN メロウメイド

 
140403_fax06.jpg
RN うにまぐろ

 
140403_fax07.jpg
RN 紫の踏切

 
140403_fax08.jpg
RN どさんこ

 
140403_fax09.jpg
RN 夢叶

 
140403_fax10.jpg
RN だめじぃ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
あやぱそぱそ 神奈川県 14歳 女
麗希だよ 新潟県 17歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 OKAN GOMEN / 味噌汁's
22:08 OKAN GOMEN / 味噌汁's
22:14 なんてったって春 / サカナクション
22:22 ホワイトレインコートマン / シナリオアート
22:36 ブレーメンドリームオーケストラ / シナリオアート
23:20 グッドバイ / サカナクション
23:42 ウォーキングムーン / シナリオアート
23:48 ハジメマシテ / シナリオアート
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
シナリオアート先生にまた会える事がとても嬉しいよ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
シナリオアート先生、初来校
3者3様のオーラ! 雰囲気!
素敵な3人でした
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140402_sol01.jpg

 
『 春休み 』

とーやま校長「まっさかりなんだけど…大学はもう始まってるのかな? みんなどう過ごしているのかな」
 
よしだ教頭「学年が変わるだけのやつも、クラス替えがあったりして一大事でしょうね」
 
とーやま校長「自分を変えたいと思っているやつはチャンスだぞ! いきなり始業式から変えるんじゃなくて、少しずつに変えていこう!」
 
よしだ教頭「ワックスを髪に付けるなら、この2、3日でちゃんと練習しなさいね! 研究してください!!」
 
スタートを着るにはもってこいの時期
自分を変えたいと思ってる生徒はぜひ行動しよう!!
 
140402_sol02.jpg

 
本日より、未来の鍵を握る学校スクールオブロックに… 男子禁制、期間限定!!
「女子生徒専用ホケンシツ」を開設します!
 
我が校に通う生徒の多くは10代。
10代の女子とは、非常に繊細なるもの。男子が教室ではしゃいでいる頃…女子たちは、多くの悩みを抱えている。
 
男子に聞かれたくないものはもちろん!友達や、親、先生には相談しづらい事も多いはず!
そんな時こそ、SCHOOL OF LOCK!の出番!
悩める女子たちがアドバイスをしたり、相談しあったりできる場所!それが、女子生徒専用ホケンシツ!
 
この女子専用ホケンシツの先生は、我が校の職員ひっぴ先生にお任せしました。
さらによしだ教頭ののツテを使って、特別講師もお呼びしました。
 
その名も蘭ジェリー先生!
 
蘭ジェリー先生は、名前の通り…下着をこよなく愛する女性の体のエキスパート!
普段はおしゃれな女子を応援する「花王ロリエきれいスタイル」で活躍。今回10代の女子生徒のために特別講師をつとめてくれる事に!!
 
さらに、「花王ロリエきれいスタイル」が我が校のホケンシツをバックアップ!
 
毎週ホケンシツの特別講師「蘭ジェリー先生のつぶやき」を更新!
ホケンシツの特別講師、蘭ジェリー先生が女性の体や、綺麗になる秘訣を教えてくれます!
 
女子だけで話し合える場所!「女子生徒専用ホケンシツ」掲示板も設置します!
 
蘭ジェリー先生に会いたい! ひっぴ先生に相談したい!
男子には聞かれたくないけど相談したい事があるという生徒は、SCHOOL OF LOCK!WEBサイトから「女子生徒専用ホケンシツ」を訪ねて下さい。
ただし! このホケンシツは女子生徒専用! 男子は立ち入り禁止です!
 
140402_sol03.jpg

 
140402_sol04.jpg


女子生徒専用ホケンシツを訪ねて、ひっぴ先生と蘭ジェリー先生に質問やメッセージを送ってくれた生徒、毎月30名にSCHOOL OF LOCK!とロリエ特製ミラーをプレゼントします!
 
本日の授業テーマは「女子生徒専用ホケンシツ」のオープンを記念して…
 
「女と女の掲示板逆電」!!
 
今夜は普段はなかなか聞けない“女子から女子への質問”をぶつけるチャンス!
女子に聞きたい質問がある生徒の話を、男であり、女心もわかるオネェ! よしだ教頭が聞いてったいったぞ!
 
ちなみに男子たちには廊下に移動してもらい、「俺自慢」「好きな熟語」を掲示板に書いていてもらいました!(笑)
 
140402_sol05.jpg

 
それでは早速、女子の悩みを聞いていきます!
 
キュウ寛バー 広島県 14歳 女
 
キュウ寛バー「女子力を上げたいんですけど、そもそも女子力がわからなくて…」
 
よしだ教頭「なんで女子力を上げたいと思ったの?」
 
キュウ寛バー「周りの友達に彼氏ができはじめて、そいう子は女子力が高いからできるんだろうなって思って」
 
よしだ教頭「自分には女子力が無いからだと思ったのか」
 
とーやま校長「じゃあ、俺はそろそろ出たほうがいいのかな、男子出るぞ!」
 
≪ガラガラ、ピシャ!≫
 
とーやま校長が男子を連れて、廊下に移動したところで、
よしだ教頭が呼んでおいたアドバイスをくれる女子の先輩が登場!!
 
スパイシーアリス 愛知県 15歳 男
 
この春から高校生になる、一歳上のお姉さんが答えてくれます!!
 
スパイシーアリス「パッと目が付く身だしなみを整えておくことですね。あとは女子が持っておくべき小物を常に持っておくこと。ティッシュ、ハンカチ、絆創膏とかもですね」
 
よしだ教頭「確かにな〜。どうだ? キュウ寛バー」
 
キュウ寛バー「うん…なんとなく…(汗)」
 
よしだ教頭「俺も気になったんだけど、女子が持ってる小物って何?」
 
スパイシーアリス「たとえば、リップクリームとかハンドクリームとか…」
 
とーやま校長「たしかにな!!」
 
よしだ教頭「校長先生は離れてください! 続けてスパイシーアリス」
 
スパイシーアリス「体育の時とかに、髪がベタッてなるのが嫌じゃないですか。そういう時、髪をまとめるために“ヘアゴム持ってない?”って聞かれることあるので、そういう時にサッと渡せると女子からもしっかりしてるって思われます」
 
よしだ教頭「男子は持ってないもんあ、どんな時も持っておくのが大事なんだな。 キュウ寛バーは持ってた?」
 
スパイシーアリス「貸してもらっていた側でした(笑)」
 
よしだ教頭「色々ばれちゃったね!(笑)じゃあそろそろ買い揃えようか、中3になるし」
 
キュウ寛バー「はい! カッコイイですもんね」
 
女子力アップの秘訣を教えてくれた RN スパイシーアリスに改めてお礼を言いました!
 
キュウ寛バー「女子力を教えてくれてありがとうございます。ちゃんと貸せる側になるように頑張ります!」
 
よしだ教頭「キュウ寛バー、あなたが頑張るのは女子力を上げることだから!」
 
140402_sol06_2.jpg

 
続いての女子生徒の悩みは…
 
虹と風船 愛知県 15歳 女
 
4月から高校生になるので、制服もセーラー服からブレザーになる!
でも、白いワイシャツの下には何を着ればいいのか、どんな制服アレンジをすれば明るく元気にみえるか知りたいそう!
 
とーやま校長普通に着るだけじゃなくて、かわいくみせる方法か、これは確か男子には聞けないもんな」
 
それではとーやま校長と男子には出てもらって…
アドバイスをくれる先輩を呼びます!
 
めろっふぃーな☆ 愛知県 17歳 女
 
めろっふぃーな☆「ワイシャツ下には無地のものとか、白のキャミソールなど目立たない物を着ています。でもブレザーのジャケットを着ている時は、赤とかオレンジの色物を付けていますね」
 
とーやま校長「ふ〜ん」
 
めろっふぃーな☆「制服のアレンジなんですけど、ウチの学校もそんなに変えたりとかはできないので、腕まくりをして、手首にヘアゴム、シュシュ、時計をつけてオシャレをしています!」
 
とーやま校長「シュシュだって! 確かに腕まくりしている女子カワイイもんな」
 
虹と風船&めろっふぃーな☆「フフッ!!(笑)」
 
よしだ教頭「とーやま校長黙って! 声が聴こえてるから!! めろっふぃーな☆、色物ってこれもキャミソールなの?」
 
めろっふぃーな☆「キャミソールとかTシャツも着てるし、タンクトップも着ていました」
 
よしだ教頭「どう? 虹と風船。これで大丈夫?」
 
虹と風船「はい! 大丈夫です!」
 
2歳上のRN めろっふぃーな☆から、バッチリアドバイスをもらった、RN 虹と風船!
これからも女子同士で相談したい事があったらホケンシツ掲示板を利用してください!
 
140402_sol08_2.jpg

 
ホケンシツに入れない男子から自慢話と好きな熟語がたくさん書き込まれていた中、
続いての相談したい悩みをもった女子は…
 
おなかのくろいしろうさぎ 岡山県 15歳 女
 
おなかのくろいしろうさぎ「女子のみなさんってムダ毛の処理ってどうやってやってるのかなって」
 
よしだ教頭「なるほどね。はい、男子は出て行って! デリケートな問題だから!」
 
とーやま校長「早いな〜! 俺達だってムダ毛生えてるのに〜!!」
 
≪ガラガラ、ピシャ!≫
 
男子達を追い出しました!
 
よしだ教頭「やっぱり気になる?」
 
おなかのくろいしろうさぎ「はい、みんな剃ってるので…」
 
よしだ教頭「春が過ぎて夏が来るから露出が多くなるもんな」
 
そんなRN おなかのくろいしろうさぎの悩みに答えてくれたのは…
 
飴の、無知 高知県 15歳 女
 
RN おなかのくろいしろうさぎと同じく、春から高校生になる生徒にアドバイスをもらいました!
 
飴の、無知「私は場所によって使い分けています。自分の見える範囲はカミソリで剃って、見えない部分は除毛クリームでやっています」
 
おなかのくろいしろうさぎ「えっと…カミソリとか除毛クリームってどこに売ってるんですか?」
 
飴の、無知「ドラッグストアなどに売ってますね!」
 
よしだ教頭「カミソリとかって高校生のでも手に入れやすい値段なの?」
 
飴の、無知「はい、そうですね」
 
よしだ教頭「どう? おなかのくろいしろうさぎ」
 
おなかのくろいしろうさぎ「ドラッグストアに行ってみようと思います」
 
よしだ教頭「うん、そこで買って自分で処理していこう」
 
飴の、無知「はい!」
 
140402_sol09.jpg

 
最後に逆電したのはこの生徒!
 
あかぐま 兵庫県 17歳 女
 
あかぐま「私、ペチャパイなんですけど、周りにペチャパイの人がいなくて…。ペチャパイの人の気持ちを知りたいんです」
 
よしだ教頭「これは悩んでるの?」
 
あかぐま「はい、そうです。それでイジられる事もあって」
 
それではこの相談に答えてくれるのは…
 
ナナヨ 鳥取県 21歳 女
 
今年で大学4年生になる大人のお姉さんが、RN あかぐまの悩みに答えてくれます。
 
ナナヨ「私もペチャパイです。でも胸って成長すると思っています。その希望を抱くのは大事だと思います。あかぐまちゃんは信じてますか?」
 
あかぐま「多少はまだ信じています」
 
ナナヨ「じゃあ大丈夫です!」
 
よしだ教頭「うん。あかぐま、他に聞きたいことはない?」
 
あかぐま「服を着ていると、どうしても目立っちゃうじゃないですか。それをごまかす方法を知りたいです」
 
ナナヨ「そうですね。重ね着をすると、おっぱいのふくらみもなくなってしまって、もっとペチャパイが強調されるんですね。だからだぼっとした服よりも、ピチッとした服を着た方がいいですね」
 
あかぐま「私、真逆で、重ね着してごまかそうとしてました」
 
よしだ教頭「そうだよね、普通はそう考えるよね」
 
他にも水泳の授業について聞きました。
 
あかぐま「水泳の授業はどうしてましたか?」
 
ナナヨ「水泳は休んでいる時が多かったんですけど、授業中はなるべく水の中にいたり、タオルで隠してました」
 
よしだ教頭「だって。全然水泳の授業も乗り切れるみたいよ。解決した?」
 
あかぐま「はい…大丈夫です…!」
 
≪ガラガラ≫
 
ここで、ドア越しに話を聞いていたとーやま校長が戻ってきました。
 
140402_sol07.jpg


とーやま校長「あかぐま。ドア越しに聞いてたけど、男子に胸だけで決めるヤツはいないし、ペチャパイが好きなやつだっているんだからって男子は言ってる!」
 
よしだ教頭「これは男子の本当の意見よ」
 
あかぐま「はい!」
 
これからも女子同士で相談したい事があったらホケンシツ掲示板に書きこんでくれ!
 
とーやま校長「女子よ! もし俺が好きになった子がペチャパイでも、それを理由に嫌いになることは絶対にないから安心しろ!」
 
140402_sol10.jpg

 
それでは黒板の時間!
いつもはとーやま校長が書きますが、本日はよしだ教頭に書いてもらいました!
 
よしだ教頭「黒板の書く前に、少し話をします。
今日の授業を聞いてもらってわかったと思うけど、女の子には悩みや謎がいっぱいあるの。
男の子から見て謎なのに、女の子本人にもわからない事がある。
だからこそ、女の子はキレイで魅力的。男の子は一生、追いかけるの。そして一生敵わない」
 
そんな女の子を一言で表す熟語を黒板に書きました。
 
140402_sol11.jpg

 
『 神秘 』
 
いい? 女の子。
 
いつまでも、アナタの持っているその神秘で、
 
男の子達を惑わせちゃお。
  
140402_sol12.jpg

 
とーやま校長「今日の授業で、俺達、男子は女子の事をもっと知らなきゃいけない。理解しようと努力しなきゃいけないって思った。力不足かもしれないけど」
 
よしだ教頭「男子はいるだけで力になります。安心してください」
 
「女子生徒専用ホケンシツ supported byロリエきれいスタイル」は本日よりスタート!
これからも、女子に相談したい事があったらどんどんホケンシツ掲示板に書き込んでいこう!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140402_fax01.jpg
RN 愛二条

 
140402_fax02.jpg
RN うにまぐろ

 
140402_fax03.jpg
RN Book worm♪

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
キュウ寛バー 広島県 14歳 女
スパイシーアリス 愛知県 15歳 女
虹と風船 愛知県 15歳 女
めろっふぃーな☆ 愛知県 17歳 女
おなかのくろいしろうさぎ 岡山県 15歳 女
飴の、無知 高知県 15歳 女
あかぐま 兵庫県 17歳 女
ナナヨ 鳥取県 21歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 パラレルスペック / ゲスの極み乙女。
22:24 女のコのエトセトラ / さよならポニーテール
22:38 女の子は誰でも / 東京事変
22:47 ヒラヒラヒラク秘密ノ扉 / チャットモンチー
22:52 全力少女 / ももいろクローバー
23:10 花になれ / flumpool
23:19 明日への賛歌 / flumpool
23:34 神様はじめました / ハナエ
23:46 あの子のバラード / SHISHAMO
23:50 全.力.女.子! / N'夙川BOYS
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
男子チーム! 今日は寒かったなあ…
つぎは何とかホケンシツに忍び込もうぜ!!
今度作戦会議な!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
女の子には、いつまでも追いつけない
だからこそ、俺は追いかける!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: narita
140401_sol01.jpg

 
『 8% 』
 
4月1日!
今日から、消費税が8%になりました。
 
そのことについて、とーやま校長とよしだ教頭がフリートークをしてくれましたが…!
 
ちなみに、4月1日はエイプリルフール!!!
生徒のみんなはどこからウソかわかったかな???
 
140401_sol02.jpg

 
さあ、我がSCHOOL OF LOCK!は今日から新学期に突入です!!
昨日は2時間かけてこの春からのSCHOOL OF LOCK!の学校説明会を行いました。
 
4月からは、
マンガ図書部の部長に剛力彩芽ちゃん、
新聞部の部長に広瀬すずちゃん、
おしゃれ部の部長に川口春奈ちゃん、
写真部の部長に能年玲奈ちゃん、
恋愛部の顧問はラブ川ジュニア先生が就任、
バンド部の顧問は引き続きサカナクション先生が担当!
 
そして今日から1ヶ月間限定でアジカンLOCKS!スタート!!
 
今夜の生放送教室では、
この春、わが校に新しく入学した生徒を対象に、
「SCHOOL OF LOCK! Q&A」をお届け!
 
聴き始めの生徒がまず思うこと…
「何を書き込めばいいの?」
「どんな校則があるの?」
実は何度も聞いているんだけど、よく分かってない事があるという先輩生徒も分からないままでいるんじゃないかな?
そんな生徒の疑問に答えていきました!
 
140401_sol05.jpg
 
 
まず、SCHOOL OF LOCK!は、ただ聴くだけの学校ではない!!
 
みんなの教室である学校掲示板、
それから各アーティストLOCKS! GIRLSLOCKS!の掲示板、スマホLOCKS!の掲示板、各部活動の掲示板、
そして色々行われる特別授業、その全ての授業や部活に参加する事が出来ます。
 
そういう学校行事に参加してこそ、SCHOOL OF LOCK!というラジオの中の学校を十分に楽しむ事が出来るんだ!
 
SCHOOL OF LOCK!の学校行事に参加するためにメッセージを送る場合!
主に2つの方法がある!
 
★学校掲示板に書き込む★
 
これは学校掲示板のWEBページで1度、名前と携帯番号、生年月日などを登録すると書き込みができるようになります。
キミが書き込んだ内容は、KGBという掲示板管理チームのチェックが入り、その後掲示板に掲載され、全ての生徒が見ることが出来ます。
 
とーやま校長「たまに、書き込みが乗らないことがあるけど、それは、KGBによって取り締まりを受けた場合だ!」
 
よしだ教頭「KGBが取り締まるNGなメッセージってどんなものがあるんでしょうか?」
 
例えば…
“誰かの悪口!”
“アーティストの曲の歌詞!”
“ドラマや映画や漫画のネタバレ!”
“自分のSNSアカウントを書き込んで出会おうとする書き込み!”
 
他にも掲示板に書き込む際にはいくつかのルールがある!
 
そをがSOL! 学校掲示板基本ルール標語で紹介!!
1.「レスはレスにレスれ!」
学校掲示板で書き込みを見て、“この生徒に何か言いたいな!”と思った場合は、
書き込みを1つ増やすのではなく、その書き込みにレスする事!
そうすると、書き込んだ相手は自分へのレスを見つけやすいぞ!
 
2.「ラブはラブにラブれ!」
恋愛の話題は恋愛部、バンドの話題はバンド部、漫画の話題はマンガ・図書部など、
各部活動の掲示板に書き込む事、
 
3.「アジはカンにジェネれ!」
そして最後の各アーティスト、そしてGIRLS、スマホLOCKS!へのメッセージや話題は、各LOCKS!の掲示板に書き込む。
 
もちろん生放送教室にゲストで来た場合や、「今日からアジカンLOCKS!!スタート楽しみ!」というのは、学校掲示板に書き込んでも全然OK!
 
そして普段掲示板を管理しているKGB職員からの匿名希望な感じで最新書き込み注意情報!
 
KGB「同じ書き込みを連投する生徒がいますけど、ちゃんとKGBで管理しています。
乗るまでにタイムラグがありますから、書き込んですぐに乗るわけではないので連投しないで待っててください」
 
とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!の学校掲示板はこの学校の教室であり、お前の教室だ! 基本的には何でもOK! 思っていること、周りに言えないこと書き込んでくれ!!」
 
★メールでメッセージを送る★
 
我が校のサイトのメールフォームから送れるようになっています。
これは例えば特別授業でメッセージを募集する場合や各アーティストLOCKS!、GIRLSLOCKS!のコーナーへのメッセージを送る事が出来ます!!
プレゼントの応募があった時や、ライブ招待の時にも使われるぞ!!
 
とーやま校長「そして、ここが重要! 学校掲示板に書き込めない、周りの人に知られたくない事、これは『校長・教頭へのメール』というところから送る事が出来る!」
 
以上!SCHOOL OF LOCK!の掲示板・書き込みの個別説明会を終了!
各自に掲示板に書き込みをして、実際に学校生活をはじめるように!!
 
140401_sol04.jpg

 
ここからは、生徒の質問に電話で直接答えていきました!!
まずは、中2から聴いてくれているというこの生徒!
 
桃アイス 長野県 15歳 男
 
とーやま校長「なんでも答えちゃうよ!」
 
桃アイス「僕、校長・教頭の事をよく知らないのでプロフィールを教えてほしいです!」
 
とーやま校長「なるほどな〜! 俺達自身はどんな事を知ってるの?」
 
桃アイス「とーやま校長はPerfume研究員が好きで、彼女がいない…」
 
校長・教頭「(笑)!!!」
 
桃アイス「教頭は詐欺師で…」
 
よしだ教頭「違うよ! 一つ目から違うよ!!!」
 
桃アイス「お嫁さんがいる…」
 
とーやま校長「そりゃ結婚詐欺師になるよね〜(笑)」
 
他には二人の好きなアーティストやマンガなどを知りたいそう!!
 
<とーやま校長の好きなアーティスト>
BUMP OF CHICKEN先生、The Birthday先生、Perfume先生 etc…
この学校の講師の音楽はみんな好き!!
 
<とーやま校長の好きな漫画>
『暗殺教室』、『アイアムアヒーロー』、『SLAM DUNK』…
手塚治虫先生の作品も大好き!
 
<よしだ教頭の好きなアーティスト>
ザ・クロマニヨンズ先生(甲本ヒロト先生と真島昌利先生が大好き!)、竹原ピストル先生、ザ・ローリング・ストーンズ…
 
<よしだ教頭の好きな漫画>
ジャンルとしては野球漫画! とくに『ラストイニング』が好き!
他にも『刃牙』シリーズ、『黒子のバスケ』も最近読んでいます!
 
とーやま校長「最後に、二人の好きな人のタイプも教えてあげようかな〜!」
 
桃アイス「お願いします!」
 
よしだ教頭「急にニヤニヤしてきたな(笑)」
 
とーやま校長「綺麗という可愛らしい人かな。例えば、バレンタインで俺と教頭にプレゼントをくれたとして、俺の方が4倍くらい大きく物をくれる! ドラマや映画で主演をしていて、みんなから“は○○”って呼ばれてるんだけど…」
 
よしだ教頭「はるるだろ!」
 
とーやま校長「何で言うんだよ! 言わなきゃバレなかったのに〜」
 
よしだ教頭「僕は気が強い人が好きですね。口ケンカできる人」
 
とーやま校長「今の奥さんはどうなの?」
 
よしだ教頭「めっちゃ反撃してきますよ! 自分の意見をちゃんと持ってますね」
 
とーやま校長「どう? 俺達の好きな女性のタイプは?」
 
桃アイス「いいと思います!」
 
RN 桃アイス、質問ありがとう!
これからもよろしくな!!
  
140401_sol06.jpg

 
ピンクのひよこ 神奈川県 14歳 女
 
ピンクのひよこ「授業が始まる時に言う、“叫べー!”っていうあいさつにはどういう意味があるんですか?」
 
とーやま校長「たしかに毎日やってるけど、俺の口から説明した事がなかったかもな」
 
よしだ教頭「そうですね」
 
とーやま校長「先代のやましげ校長から引き継いだ時に、先代虎の巻と忍者パーカーを引き継いだんだけど、その忍者パーカーの裏側に書いてあった事を改めて説明するね!」
 
ピンクのひよこ「はい」
 
とーやま校長「普通のあいさつって、“起立、礼、着席”だろ? でも座ってほしくないんだ。そこから座らずに、自分の言いたい事、誰にも言えない事をまず叫んで伝えほしい。
そして、その気持ちあるいは“鍵”を持ったままどこかに駆け出してほしい。道なんかなくてもガンガン進んでほしいんだ。だから“起立、礼、叫べー!”なんだ
 
ピンクのひよこ「なるほど! いいですね!」
 
とーやま校長「普段、思っていてもなかなか言えない事とかあるでしょ。そういう気持ちを少しでもいいから吐き出してほしくて言ってるんだ」
 
ピンクのひよこ「わかりました!!」
 
とーやま校長「じゃあ、その気持ちでもう一回やってみるか!」
 
“叫ぶ”意味が改めてわかったところで、RN ピンクのひよこと一緒にもう一度あいさつをします!
 
よしだ教頭「起立!」
 
とーやま校長「そういう気持ちを込めて叫ぶから、ピンクのひよこも今思っていることを叫んでくれな? できる?」
 
ピンクのひよこ「はい」
 
よしだ教頭「礼!」
 
3人叫べーー!!!
 
とーやま校長「良い叫びだ! ピンクのひよこ!!」
 
140401_sol07.jpg


 shibuちゃん 福島県 15歳 男
 
2年前からSCHOOL OF LOCK!を聴き始め、先週、高校入学祝にスマホを買ってもらい掲示板登録をしてくれた!
 
とーやま校長「shibuちゃんも聴きたい事があるわけだな?」
 
shibuちゃん「はい、『KIFF&RELEASE』には1日に何回もエントリーしていいんですか?」
 
毎週月曜〜木曜の23時から行う、『KIFF&RELEASE』!
毎日エントリーした生徒×1円を、災害復興支援の義援金としてキッフ(寄付)!
そして、毎日ウルトラサーバーによって選ばれた生徒1名が電話に出て三択クイズに挑戦!見事正解すると給付金をゲットできる!
 
このエントリーは1日に何回でもやっていいのか? それとも1日1回なのか? 気になるそう!
 
とーやま校長「まず答えをいちゃうと、一日に何回もエントリーしてOK! エントリーした分、災害復興義援金に使われるからね」
 
shibuちゃん「おお!」
 
とーやま校長「shibuちゃんはエントリーしてくれてるの?」
 
shibuちゃん「最近してます!」
 
ギターに憧れていて、“ギターがほしい”でエントリーをしてくれている、RN shibuちゃん!
しかし、まだウルトラサーバーから選ばれていないので、選ばれる確率を上げたいとの事!
 
とーやま校長「なるほどな、じゃあshibuちゃんだけにコツを教えてあげよう!」
 
本当は二人だけの秘密みたいなんだけど、ラジオの前の生徒で聴かせてもらいました!
 
とーやま校長「今日だったら給付金が3万円だったけど、3万円の日には、“1万円のギターがほしい”よりも“3万円のギターがほしい!”と書き込んでエントリーすれば、選ばれる可能性が高い!」
 
よしだ教頭「その日の金額に見合ったものを書き込むことで選ばれる確率が上がるんですね!」
 
とーやま校長「たまにあるんだけど、10万円の時とかは、なかなか“10万円で何がしたいか”浮かばなくて、エントリーが少ないから選ばれやすいじゃないかと思うんだよね。普段から何がほしいか考えとくのがいいかもな!」
 
よしだ教頭「一万円刻みで考えていたらいいかもね。“1万円だったら○○”“2万円だったら○○”みたいに」
 
とーやま校長「これも俺の推測だけど、何回も同じ物でエントリーするよりも、ギター、ベース、スニーカーとか欲しい物をばらばらにしてエントリーすればいいかもしれない!」
 
shibuちゃん「なるほど! ナイスアイディアです!!」
 
とーやま校長「これお前にだけ教えてあげてるからな!」
 
shibuちゃん「shibuちゃんだけの…!」
 
とーやま校長、この学校は全国38局をネットしているんですが…
 
よしだ教頭「大丈夫? 人をだましてるみたいになってるんだけど(笑)」
 
とーやま校長「これからもたくさん我が校の行事に参加してくれ!」
 
shibuちゃん「はい!!」
 
140401_sol08.jpg

 
最後にこの生徒の質問に答えました。

質問
こんな事聞いていいかわかりませんがスクールオブロックが、創設された理由ってなんですか?
春希ッキ
女/15/東京都
2014/04/01 18:54



とーやま校長「なぜ創設されたか。それを今から黒板に書きます」
 
SCHOOL OF LOCK!では、いつも校長先生の黒板で1日を締めています。
 
140401_sol09.jpg

 
『 SOLが創設された理由 』
 
SCHOOL OF LOCK!の“LOCK”は鍵という意味。
俺達はこの鍵を“未来の鍵”だと思っている。
 
未来の鍵をみんなで探す。
どこにあるかわからない。目の前にあるかもれない、曲の中にあるかもしれない、俺達の何気ない言葉の中にあるかもしれない。
みんなとその鍵を探すために、SCHOOL OF LOCK!をやっている。
そのカギをつかんでほしい。つかんで走り出してほしい。
 
生徒全員が鍵を見つけて、走り出して、全員卒業。
この学校に一人もいないっていうのが理想。
 
校長の気持ちとしては鍵をつかんでどこかに行ってほしい。
お前達の背中をずっと見ていたい。
 
俺は普段、遠山大輔 34歳 男
教頭は、吉田大悟 34歳 男
 
今、俺達はお前に向けて喋っている。
お前がいるから、とーやま校長、よしだ教頭でいられる。
 
SCHOOL OF LOCK!が創設された理由は
 
まだ鍵を握っていない、君がいるから。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

140401_fax01.jpg
RN さきたのとりぷる

 
140401_fax02.jpg
RN うずのしゅげ

 
140401_fax03.jpg
RN 愛二条

 
140401_fax04.jpg
RN 紫の踏切

 
140401_fax05.jpg
RN カッパちゃん

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
桃アイス 長野県 15歳 男
ピンクのひよこ 神奈川県 14歳 女
shibuちゃん 福島県 15歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
22:14 君の街まで / ASIAN KUNG-FU GENERATION
22:42 だいじょばない / Perfume
22:50 ルーキー / サカナクション
23:09 ローリングストーン / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:17 Humanoid Girl / Gotch
23:21 遥か彼方 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
23:40 未来へのスパイラル / グッドモーニングアメリカ
23:47 夜をこえて / KANA-BOON
23:52 花になれ / flumpool
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
いつかみんなの背中しか見えない日が来たら良い。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
さあ、4月! 新年度突入!
なにかを始めるには、もってこいのタイミング
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★