過去の投稿

December 2014 の投稿一覧です。
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141231_sol01.jpg

 
『 大晦日 』
 
とーやま校長「今年も残すところあと2時間を切ってる! みんなにとって2014年はどんな1年だったかな?」
 
SCHOOL OF LOCK!としては、よしだ前教頭が退任して、あしざわ新教頭が就任したのが今年の秋でした。
 
とーやま校長「どう? ここまで3ヶ月だけど」
 
あしざわ教頭「もうあっという間! でも一日、一日がすごく濃いからヘンな感じ。2ヶ月前が1年前に感じますね。とーやま校長みたいに4年間やっているとどんなふうに感じるのかな…」
 
とーやま校長「そうだね〜。今年もたくさんの生徒と話をしてきたもんな。閃光ライオットがあって、MY GENERATIONがあったりして色々あったね。この短時間じゃ話せないもんな」
 
あしざわ教頭「しかも一つ、一つ覚えているでしょ」
 
とーやま校長「覚えてる」
 
あしざわ教頭「すごいな…」
 
とーやま校長「大晦日といえば何を思い浮かべ………そう合唱!!」
 
あしざわ教頭「だいぶいろんなものを飛ばしたけど、正解!」
 
141231_sol02.jpg

 
大晦日の今夜は、
SCHOOL OF LOCK! 〜 サカナLOCKS! presents『サカナクションと合唱ライオット』 Supported by カンロ ボイスケアのど飴」スペシャル!!
 
サカナクションの楽曲を合唱した音源を生徒から募集!
グランプリに選ばれた生徒には、プロによる合唱音源のレコーディング権をプレゼントするという授業!!
参加宣言をしてくれた生徒には事前にカンロボイスケアのど飴をプレゼントして、のどをいたわりながら合唱してもらい、そしてその音源を送ってもらうというものでした!!
 
先日のサカナLOCKS!既に発表しましたが、
グランプリは、岩手県 16歳の女子5人男子1人の混声合唱。
RN れいんがーるが送ってくれた『アイデンティティ』に決定!!
 
この生徒6人が、レコーディングスタジオでプロによるレコーディングを行ったぞ!
 
とーやま校長「しかも! このレコーディングに、サカナクションの山口一郎先生が立ち合い、なんと3時間に及ぶディレクションを担当してくれた!」
 
あしざわ教頭「ちなみにこれ、予定になかったそうです!」
 
とーやま校長「レコーディングとなると一郎先生も居ても立ってもいられなかったんだろうね!」
 
今夜は、その「合唱ライオット」のフィナーレとなったレコーディングの様子、そして合唱レコーディング音源をお届け!
生徒の声で大晦日の夜を過ごしていくぞ!!
 
SCHOOL OF LOCK!今夜も開校です!
 
141231_sol03.jpg

 
まず最初は、生徒たちのいる録音スタジオにこっそりと忍び寄る、一郎先生の姿の様子をオンエア!
 
141231_sakana02.jpg

 
一郎先生がこっそり忍び寄りながらレコーディングスタジオに登場!
 
141231_sakana01.jpg

 
しかしRN れんがーる達は、レコーディングスタジオの中で練習中でなかなか一郎先生に気付きません(笑)
そこで、一郎先生が大きな咳払いをすると…!
 
141231_sakana03.jpg

 
RN れんがーる達が振り返った先には…!
 
141231_sakana05.jpg

 
本物のサカナクション一郎先生!!
 
141231_sakana04.jpg

 
一郎先生とRN れいんがーる達の初対面です!!
 
あしざわ教頭「いやこれはこうなるよ!」
 
とーやま校長「れいんがーるとは逆電をしたことがあったけど、会うのは初めてだし、他の生徒もいたから一郎先生も緊張してたんだろうね!」
 
あしざわ教頭「気付かれない感じも面白かったね! それで気付いた時のリアクション!!(笑)」
 
141231_sakana06.jpg

 
今回、レコーディングを担当してくださったのは、TOKYO FMの技術部長、川島 修さん。
川島さんは、TOKYO FMの技術部を取りまとめているだけではなく、2013年には『日本プロ音楽録音賞 優秀賞受賞』を受賞!
JET STREAMコンサート/夢の第九コンサートの録音なども手がけています!!
 
プロによるレコーディングということで、一郎先生、機材のセッティングや録音環境などの川島さんの話に興味津々!!
 
141231_sol04.jpg

 
とーやま校長「すごいね! TOKYO FM技術部長、川島さん!」
 
あしざわ教頭「“本来はホールで録音するものをスタジオで撮るから、こうやってやりましょう”って話をしてたんだよね。 これ途中で出てきた“アンビエントマイク”って何だろう?」
 
とーやま校長「あれじゃない? その…0キロバトルから400キロバトルの間の音を集音するっていう…(嘘)」
 
あしざわ教頭「あれ? 単位何て言いました?」
 
とーやま校長「キロバトル…」
 
あしざわ教頭「あれ??? それ、球を入れて笑いを競うヤツだな…。あと“空間がデッド”って言葉も出ましたね。あれは何ですか?」
 
とーやま校長「それは音が逃げちゃうじゃん。それをデッドスペースに…」
 
あしざわ教頭「デッドスペース!?」
 
とーやま校長「間取りの話です!(嘘) 間取りと合唱は一緒です! デッドスペースをいかに埋めていくか!」
 
あしざわ教頭「階段のところを棚にしましょうみたいな…?(笑)」
 
とーやま校長「そういう事です!! 聴こえなかった音とかをデッドスペースにしまう!」
 
あしざわ教頭「その単位が…」
 
とーやま校長「キロバトル(大嘘)」
 
あしざわ教頭「それ、お笑いを測るヤツなんだよ!」
 
とーやま校長「俺に聞かないでもらっていいですか(笑) 俺も勉強したい側なんで…」
 
※ アンビエントマイク(アンビエンスマイク)は音源から遠い周囲の音を拾うマイクでスタジオ全体の“鳴り”を収録するために使います!
※ “デッドな空間”とは残響音が残らない空間の事を指します!
 
141231_sakana08.jpg

 
そしていよいよ山口一郎先生ディレクションによる、レコーディングがスタート!
この日は合唱ライオットをサポートしてくれているカンロさんも来てくれていたという事で、大勢の大人の前で歌うことになったRN れいんがーる達…!
慣れないレコーディングによる生徒の緊張をほぐすように、一郎先生が的確なディレクションをします!!
 
とーやま校長「既に良い関係だね!」
 
あしざわ教頭「やっぱりたくさんの大人がいる中で歌うって緊張するよね!」
 
とーやま校長「一郎先生頼もしいな」
 
141231_sakana09.jpg

 
141231_sakana07.jpg

 
早速一回、スタジオの中で歌ってみて、レコーディングされた合唱音源を全員でチェック!
 
あしざわ教頭「だんだんと足並みを揃えていってるかんじだね。本人達もヤル気が出てきてて! 指摘された所って自分達でもわかっていて、“やっぱりあそこか〜”って感じてるんだね」
 
141231_sakana11.jpg

 
RN れいんがーる達がレコーディング中の気持ち、そして一郎先生と、技術の川島部長はどんな事を考えていたのかも紹介!!
 
実はRN れいんがーる達は、今回のレコーディングに向けて、「アイデンティティ」の合唱バージョンを更にアレンジしてきた!!
その中からあるポイントに着目した一郎先生は、より具体的なアドバイスを送っていたぞ!
 
141231_sol08.jpg

 
とーやま校長「一郎先生が話してるときはよくわからなかったんだけど、合唱を聴いたらわかった!! こういうことか!」
 
あしざわ教頭「一瞬パッと止まってそこから出る感じ、波が引いてまだ戻るみたい…!」
 
とーやま校長「ゾワって来たね! これ生徒達もゾワって来たんじゃない!?」
 
141231_sakana12.jpg

 
何回も録音してきたRN れいんがーる達ののどを心配して、ボイスケアのど飴を差し入れする一郎先生!!
 
141231_sakana10.jpg

 
141231_sakana13.jpg

 
だいぶ緊張もほぐれて、休憩中は、一郎先生と生徒のみんなで雑談する場面も!!
一郎先生にとって今回の合唱の収録は、音源を聴きながらみんなで方向性を決めていくのが“バンドっぽいな”と思った事。
RN れいんがーる達は『アイデンティティ』と『ルーキー』のどちらでやるのか悩んだ事。
現在、製作中の一郎先生の心境などを話していました。
 
141231_sakana18.jpg

 
141231_sakana14.jpg

 
そして再び録音開始。レコーディングも大詰め。
RN れいんがーる達も録音された自分たちの合唱についていろいろとこだわり始めます。
 
とーやま校長「生徒みんなもプロ。プロの方に引き出されて、何か開き始めている!」
 
あしざわ教頭「ブレスの音とかも気にし始めて…!」
 
141231_sakana15.jpg

 
何度かトライされたレコーディング。最終的に2つのテイク、どちらを採用するかでみんなが悩み始めます。
 
141231_sakana16.jpg

 
そして悩んだ末、多数決で決定!!
 
141231_sakana19.jpg

 
一郎先生からは
「完璧に歌えたからといって、それが100点になるとは限らない。100点を狙っていると絶対に100点にならず、70点、80点になってしまう。100点を狙うのはなく、楽しむ事。それが120点を狙う事になって結果90点、100点になる」
 
という言葉をもらいました。
 
141231_sol06.jpg

 
とーやま校長「一郎先生の言葉は、合唱じゃない事にも当てはまるよね」
 
あしざわ教頭「完璧を目指そうとすると発揮できない事はあるよね」
 
とーやま校長「すごい事を学んでいるな!」
 
あしざわ教頭「ホントに濃い時間だよね」
 
とーやま校長「このレコーディングの空間はもうプロの空気が支配してるじゃん。それを通過して完成した音源がここにある!!」
 
あしざわ教頭「プロによるレコーディングでどう変わっているのか、気になりますね」
 
とーやま校長「れいんがーる達が歌うサカナクション『アイデンティティ』合唱音源聴いてくれ!」
 
141231_sakana20.jpg

 
♪ アイデンティティ / れいんがーるたちの合唱
 
141231_sol07.jpg

 
とーやま校長「熱がすごいね! 勢いがあって…!」
 
あしざわ教頭「緊張感がすごく良い効果になっていて…!」
 
とーやま校長「ヒリヒリした感じがすごく伝わってきて…」
 
あしざわ教頭「空気がピリッとしてるんだけどそこを声が切り開いていく感じ!」
 
とーやま校長「この6人の“アイデンティティ”がまさにこの合唱だよ!」
 
あしざわ教頭「声そのものの美しさや強さが全部詰まっていて鳥肌が立ったよ」
 
とーやま校長「どこまでも行ける感じがする!」
 
あしざわ教頭「スタジオで収録してる事を忘れてそのまま飛び立っちゃいそう」
 
とーやま校長「その場で上に昇っていく感覚もあるし、下に強靭な足腰を這わせる感覚もあって、すごい速度で前に進む感覚もあった!」
 
あしざわ教頭「生徒って事を忘れて、素晴らしい音楽を聴いてる感覚になって」
 
とーやま校長「途中、声が音に聴こえた!」
 
あしざわ教頭「わかるわかる! 風が歌っているみたいにね。そういう気持ち良さがあった!」
 
とーやま校長「れいんがーる、6人のみんなお疲れ様!!」
 
141231_sol05.jpg

 
そしてこのレコーディングに参加した6人の生徒の感想も聞いて、本日の授業は終わりかと思いきや…!
 
とーやま校長「ただ、実は合唱ライオットこれが終わりじゃないんだよ!」
 
141231_sakana17.jpg

 
なんと! レコーディングを無事終えた生徒に、一郎先生から「第九を歌ってくれない?」という提案が…!!
 
 
♪ 交響曲第九番 ニ短調作品125 / れいんがーるたちの合唱
 
 
141231_sol09.jpg

 
とーやま校長「まさか2014年12月31日、大晦日! 生徒が歌う第九をバックに今年最後の授業を終えられるなんて思ってもみなかったよ!」
 
一郎先生、RN れいんがーる達ありがとう!!
 
SCHOOL OF LOCK!今年の授業はここまで!
 
明日元旦は夜10時から生放送教室よりお届け!
go!go!vanillas先生が登場するぞ!
 
141231_sol10.jpg

 
校長・教頭「また来年! よいお年を〜!!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 アイデンティティ / サカナクション 
22:40 アイデンティティ(合唱音源) / れいんがーる
22:50 交響曲 第九番(合唱音源) / れいんがーる
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
れいんがーる合唱隊、一郎先生、そしてみんながいてくれたから2014年もずっと楽しかった!
また来年も楽しくなりたい! ありがとう!
よいお年を〜!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今年、後半からでしたが、改めて、お世話になりました。
そして、来年からもよろしく!!
よいお年を!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141230_sol01.jpg

 
『 2 』
 
2014年も残すところ、あと2日!!
今年一年を漢字一文字で表すと…
 
とーやま校長「あしざわ教頭は『儲』かな」
 
あしざわ教頭「いやいや! やめてくださいよ。そんな事言ったら、あなたは『太』でしょ」
 
とーやま校長「ああ、今年もアーティストの方々と“太い”絆が結ばれたもんね」
 
あしざわ教頭「ポジティブだな!(笑) 違うよ。体の事だよ!」
 
とーやま校長「何だよ! 体の事かよ!」
 
あしざわ教頭「気付くのが遅いよ!!」

『猫』『五』『抜』など…2人にまつわる漢字が出てきたけど、生徒みんなにとっての今年の漢字一文字は何かな?
 
あしざわ教頭「さあ何の生産性の無い話をしていたら生徒が集まってきました(笑) 本日も開校です」
 
とーやま校長「教頭、明日は二人で迎える初めての大晦日だね」
 
あしざわ教頭「………起立!!」
 
141230_sol02.jpg

 
今夜は昨日に引き続きこの授業!
 
「この1年はどうだった? 逆電」
 
今年もラジオの中の学校でみんなと一緒にたくさんの時間を過ごしてきたけど、キミにとってこの1年はどんな時間だっただろうか?
悩んだこともあったけど、少しだけでも前に進めたり、自分でも思わぬ成長があったり、忘れられない1日があったり。
いろんな出逢いがあったり、別れがあったり...。
思うように過ごせなかったヤツもいるだろうし、思わぬことでつまづいてしまったヤツもいるだろう。
良かったこと、悪かったこと、何でも大丈夫。
 
キミにとっての2014年はどうだったのか? どんなことがあったのか?
学校掲示板とメールで教えてほしい。
 
もちろん、2014年のわが校に関するキミの思い出でもいいぞ!
 
141230_sol03.jpg

 
今日まず最初に逆電したのはこの生徒!!
 
FUNKY MONKEY MAGIC 愛知県 16歳 男 高校1年生
 
FUNKY MONKEY MAGIC「たくさんの初めてを経験した一年でした!」
 
とーやま校長「おお! “初めて”は何があった?」
 
FUNKY MONKEY MAGIC「初めての受験を経験をして…。初めて合ったクラスメイトと仲良くなって、高校になって初めての彼女ができました」
 
とーやま校長「いつできたの?」
 
FUNKY MONKEY MAGIC「7月にできました」
 
あしざわ教頭「夏に彼女ができるなんて最高じゃないか!」
 
彼女の面白い性格に惹かれたという、RN FUNKY MONKEY MAGIC。
 
FUNKY MONKEY MAGIC「あとは…初めての別れも」
 
とーやま校長「……これはマジか」
 
あしざわ教頭「ごめんな。テンションが上がっちゃって…」
 
つい一週間前に彼女とは別れてしまったそう。
 
とーやま校長「何があったの?」
 
FUNKY MONKEY MAGIC「これも初めてなんですけど、浮気的なものをされました…」
 
あしざわ教頭「そっか…」
 
RN FUNKY MONKEY MAGICbは友達の友達から彼女の浮気について聞かされたそう。
最初は信じられなくて、友達にすごく相談していた。
 
FUNKY MONKEY MAGIC「彼女はすごい良い人なので、自分で決めて、友達として好きだけど、彼女としては見られないなって思って別れました」
 
あしざわ教頭「しんどいな」
 
とーやま校長「じゃあもう連絡は取ってないの?」
 
FUNKY MONKEY MAGIC「そうですね。冬休みに入ってしまったので…」
 
とーやま校長「彼女からは何て言われたの?」
 
FUNKY MONKEY MAGIC「彼女からは“楽しかったよ”って言われました」
 
とーやま校長「これ本当だったら、元彼女を悪く言ったっていいんだよ。でも付き合ってきた思い出がちゃんと良かったって言えるのは素敵な男だ」
 
あしざわ教頭「普通だったら恨んでしまったりするけど、“良い”って言えるのは素敵だな」
 
FUNKY MONKEY MAGIC「嬉しいです…(照)」
 
とーやま校長「色んな事があった。すごく楽しかった5か月間があって…感情が揺れ動いた一年だったな。今も彼女の事を思い出す?」
 
FUNKY MONKEY MAGIC「普通に生活してても思い出しちゃうし、もうちょっと時間が必要かなって思います」
 
とーやま校長「別に彼女の思い出を忘れる必要は無いからね。自分の気持ちに素直になっていこう。そして2015年も素直に気持ちでいてほしい」
 
あしざわ教頭「うん。彼女の思い出はそのまま来年に持って行っていいと思うよ」
 
とーやま校長「話しを聞かせてくれてありがとう」
 
FUNKY MONKEY MAGIC「いえ。こちらこそありがとうございました!」
 
141230_sol04.jpg

 
佐崎咲 千葉県 17歳 女 高校3年生
 
とーやま校長「この一年間はどうだった?」
 
佐崎咲「夏休みに達成できなかった目標を達成するために明日、茨城の取手に行ってきます!!」
 
校長・教頭「明日!?」
 
今年の夏、自宅のある千葉県北西部から秋葉原に行こうと目標を立てたRN 佐崎咲。
 
とーやま校長「これはなんで?」
 
佐崎咲「できたらカッコイイかなって思って」
 
校長・教頭「(笑)」
 
あしざわ教頭「ゲームとかアイドルが好きだからとか?」
 
佐崎咲「別にそういうわけじゃないです」
 
校長・教頭「(笑)」
 
とーやま校長「秋葉原になんで行けなかったの?」
 
佐崎咲「暑すぎて途中でやめちゃって…」
 
とーやま校長「計画性の無さ!!(笑) 暑いんだよ夏は!!!」
 
あしざわ教頭「メモに書いとけ!(笑)」
 
目標の距離の半分まで来たが、断念してしまった…!
 
佐崎咲「景色が面白くなくて」
 
あしざわ教頭「だからルートが悪いんだって!(笑) もうちょっと海沿いに行くとか最初の設定がミスってるんだよ!」
 
とーやま校長「なんかツーリング仲間に出会ったり、旅先のお店に寄って店員さんと仲良くなったりとかはあった?」
 
佐崎咲「無かったです」
 
とーやま校長「ヤバイな(笑) 自転車はどんなの?」
 
佐崎咲「ギアの無いママチャリです」
 
とーやま校長「全部ヤバイな!!(笑) 夏にもう一度挑戦しようと思わなかったの?」
 
佐崎咲「夏は暑いなって思ったので諦めました(笑)」
 
明日挑戦する茨城県の取手には、趣味のイベントが開催された事があり、以前電車で行ったことがあるそうで、また行きたくなって目的地に決めたそう!
 
あしざわ教頭「明日もあるの?」
 
佐崎咲「それはないですよ」
 
あしざわ教頭「無いのか(笑) あの…電車じゃダメなの?」
 
佐崎咲「自転車が好きなので」
 
とーやま校長「自転車が好きなんだな! でも明日は冬で寒いと思うんだけど大丈夫か?」
 
佐崎咲「大丈夫です! 手袋もあるので!」
 
既に準備をしていて、今回は片道2時間の旅になるそう!
取手の街は雰囲気が良かったので走るだけで楽しくなるのでは…!とのこと!!
 
とーやま校長「ちなみに、今、明日の天気を調べたんだけど……東京だけ午後からは50%雨だったんだけど大丈夫?(笑)」
 
佐崎咲「……!!(笑) 夕方の天気予報を見た時は大丈夫だったので、いけると思います。レインコートもあるので!」
 
とーやま校長「レインコートがあるなら大丈夫だな! じゃあ最後に意気込みを聞かせてもらっていい?」
 
佐崎咲「夏休みは最後まで行けなかったけど、明日は最後まで行きます!」
 
とーやま校長「最後は力強いね! いってらっしゃい!!」
 
141230_sol07.jpg

 

すごい!
夏の目標を改めて達成しようと思うなんてすごいですね!話はちょっとかわりますが、校長は夏に設定した目標達成したんですか?(笑)
レイ・ヒフミ
女/16/長野県
2014/12/30 22:47



あしざわ教頭「なんですか?」
 
とーやま校長「あのね…『太』的な事なんだけど」
 
あしざわ教頭「ああ、なるほど」
 
とーやま校長「冬は食べ物が美味しいからさ〜。一応控えてるし、筋トレもしてるよ!」
 
あしざわ教頭「ちなみに今は何?なんですか?」
 
とーやま校長「言わないほうが良いと思うんだ…。夏に一度最大80?まで行ったんだけど、そこから72?まで落として…。結果…77.8?だね」
 
あしざわ教頭「戻っちゃってるんじゃないですか!」
 
とーやま校長「年末だから! 年末だから!!」
 
あしざわ教頭「なんですか! その言い訳!! 餅が襲ってきますよ!」
 
141230_sol05.jpg

 
ちなみの今年の10月にあしざわ教頭が赴任してもう3ヶ月!!
生徒にあしざわ教頭の感想を聞いてみると…!
 

教頭!!!
全然馴染んでる! あと5年は頑張ってね♪
パリパリス
男/16/静岡県
2014/12/30 22:18



あしざわ教頭「けっこう長めですね! もう40歳か〜(笑)」
 
とーやま校長「でも本当に馴染んでいると思うよ!」
 
あしざわ教頭「ありがとうございます」
 

教頭は結構校長の言ったことを繰り返しますよね(笑)
酒 ギャンブル 女は身を滅ぼす
男/18/愛知県



あしざわ教頭「ああ〜なるほど!」
 
とーやま校長「俺が言った事をなぞって言うね」
 
あしざわ教頭「なぞって言う」
 
とーやま校長「あ! 今もだよ!」
 
あしざわ教頭「これ無意識でした! みんなちゃんと聞いてるね」
 
とーやま校長「“あるある”というか…。自分ではどうなの?」
 
あしざわ教頭「たぶん同意してるって事なんだと思いますね。でもこれは良い所って事なのかな? どうなんだろう(笑)」
 
141230_sol06.jpg

 
咲笑 静岡県 16歳 女 高校1年生
 
とーやま校長「今年一年はどうだった?」
 
咲笑「今年は自分が変わらないと何も変わらないって気づいた一年でした!」
 
とーやま校長「おお! 何があって気付いた?」
 
咲笑「今年、中学を卒業して高校に入学したんですけど、去年の中学のクラスが楽しかったので高校では何でも中学と比べてしまってあまり楽しくなかったんです」
 
“高校生活で新しい思い出を作ってしまうと、中学のたくさんの思い出が消えてしまうのでは”とずっと考えていた RN 咲笑。
 
とーやま校長「なかなか楽しむ事が無かったんだ。でも、どこでスイッチが入ったの?」
 
咲笑「夏休みに弦楽合奏部の活動があって、部活の子や同級生の子と話す機会があって、そこで高校生活も楽しいなって思えるようになりました」
 
とーやま校長「気持ちがグッと入ったのか、気持ちが加速したのかわからないけど、そこで色んな事が変わったんだ!」
 
あしざわ教頭「昔の事を振り返るだけじゃなくて、今の時間を楽しみたいって思えるようになったんだ!」
 
咲笑「今はクラスの子ともたくさん話せるようになって、部活も充実していて、良い思い出が出来たし、中学の思い出もあって充実した毎日が送れてます!!」 
 
あしざわ教頭「いいじゃない!」
 
とーやま校長「不思議なもんだよな! 周りの人とは毎日一緒にいていつもと同じなのに、心次第で全部変わるって証明できた1年だったんだな。 すごいことだよ! よく気付いて、後ろを振り返らずにちゃんと前を向いたよ。よくやった!」
 
咲笑「ありがとうございます!」
 
とーやま校長「部活もそうだし、。来年クラスが変わっても、今のクラスで思い出をたくさん作っておく。そしてさらにその思い出を上回る思い出を作っていこう!」
 
あしざわ教頭「友達って、中学、高校で変わっていくけど、振り返っていくとどの期間も大切な友達って変わらない。久々に会ったら当時の自分に戻るし。すごい濃い時間を共有できたのは、その時、その時で大切だったんだなって思う。今、仲良い友達をたくさん作って思い出をつくるのが良いよ!」
 
咲笑「はい!」
 
とーやま校長「2014年は咲笑にとって良い一年だったと思うから、このまま変わらずに2015年も迎えてほしい」
 
咲笑「はい!!」
 
141230_sol08.jpg

 
超絶バスケバカ 静岡県 16歳 男 高校1年生
 
とーやま校長「このどんな一年だった?」
 
超絶バスケバカ「すごくスッキリした一年でした!」
 
校長・教頭「すごくスッキリした!?」
 
超絶バスケバカ「バスケを中学からやってて、高校からまた始めて忙しかったんですけど、その中で、中1の頃から気になっていた女の子に告白したのが大きかったです」
 
先週、クリスマス直後の気になっていた女の子に告白をしたというRN 超絶バスケバカ!
 
とーやま校長「ちゃんと伝える事ができた?」
 
超絶バスケバカ「はい。電話だったんですけど」
 
とーやま校長「結果はどうだった?」
 
超絶バスケバカ「結果は残念でした。でもずっとモヤモヤ抱えていた自分がいて、大好きなバスケにも集中できてなかったんです。だけどモヤモヤが晴れて、今日の練習試合も活躍できたので、やることができた一年だったと思います」
 
とーやま校長「いいね! めっちゃ気持ち良いな!」
 
あしざわ教頭「まさにバスケバカになってるわけだ!」
 
とーやま校長「自分の中の気持ちを伝えるって大事だよね」
 
あしざわ教頭「あと伝えるその勇気! めっちゃ緊張しただろ? 声とか震えるもんな!」
 
超絶バスケバカ「体が震えました!(照)」
 
とーやま校長「でもその想いを伝えるって気持ちが絶対にお前を強くしてるし、そこをちゃんと乗り越えたって事が何より素晴らしい!」
 
超絶バスケバカ「ありがとうございます!」
 
あしざわ教頭「その気持ちがプレーの一つの勇気に変わっていくかもしれないよね。シュートを決めてやろうって思ったりね!」
 
とーやま校長「来年が楽しみだな!」
 
今はスタメンじゃないけど、サブメンバーとして活躍してるそう!
 
とーやま校長「じゃあ最後の来年の目標を聞かせてくれ!」
 
超絶バスケバカ「インターハイにスタメンで出場します!!」
 
とーやま校長「いいね! お前はちゃんと言った事をちゃんと実現できる男だ! 仲間を信じて、先輩を信じて、なにより自分を信じて2015年を良い一年にしろ!」
 
校長・教頭「頑張れ!!」
 
141230_sol09.jpg

 
『 とりで 』
 
今の自分がそのまま未来の自分になるわけじゃない!
ただ待ってるだけのものが未来じゃない
ちゃんと自分で変える事ができるのが未来だ。
 
今年一年、不甲斐なかったって思ってるヤツもいるかもしれない。
ただ待ってるだけだど変わらない。でも、それがそのまま続くわけじゃない!
 
変えるために、動く! ちゃんと伝える! 闘う!
 
もう一度言うぞ!
自分でちゃんと動く!!

141230_sol10.jpg

 
とーやま校長「全部自分次第だよ。今日みんなの話を聞いてそれは確実だと思ったよ」
 
あしざわ教頭「うん…! ちなみに『とりで』ってなんだったんですか?」
 
とーやま校長「だから…“とりで”を超えて行けよというか…。佐崎咲は実際に取手に行くけどそれはリベンジでもあるから。それを越えた先に未来があるって言いたかったんだけど、気持ちが高ぶっちゃったから抜けちゃった(笑)」
 
あしざわ教頭「そうですよね。“とりで”の説明が抜けてましたもんね(笑)」
 
とーやま校長「結果的に、教頭ありがとうだね! 今“とりで”だけ夜空に宙ぶらりんになっちゃってるからね(笑)」
 
あしざわ教頭「ニコ生だと、“とりで”弾幕がすごいですよ(笑)」
 
とーやま校長「教頭、ありがとう」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
FUNKY MONKEY MAGIC 愛知県 16歳 男
佐崎咲 千葉県 17歳 女
咲笑 静岡県 16歳 女
超絶バスケバカ 静岡県 16歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 会心の一撃 / RADWIMPS
22:13 Time Machine / androp
22:35 涙 / FUNKY MONKEY BABYS
22:46 イージュー★ライダー / andymori
23:22 ウワノソラ / クリープハイプ
23:37 楽しい / 赤い公園
23:43 アグレッシ部 / KREVA
23:47 時空間旅行代理時計 / ウソツキ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
楽しい2015年を取りに行く!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
このポジティブを来年までもってくぞー!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141229_sol01.jpg


今日はとーやま校長とあしざわ教頭は生放送教室にいません!!

141229_sol00.jpg


『 正面玄関教室 』

141229_sol02.jpg


とーやま校長「さあ! 今夜の授業は、いつもの生放送教室ではなく、正面玄関教室からお届け!」
 
あしざわ教頭「えー、教室と言っていいのか、今、僕達2人は、生放送教室のある建物、半蔵門TOKYO FM 1階の正面玄関その外におります!」
 
とーやま校長「だから、つまり、SCHOOL OF LOCK!の正面玄関教室ね」
 
なぜ校長と教頭が今、この正面玄関教室にいるのかと言うと…!

141229_sol03.jpg


今夜の授業は、いつもの生放送教室ではなく、正面玄関教室からお届け!
 
わがSCHOOL OF LOCK!と、進研ゼミでおなじみ、ベネッセがコラボしておくる、“合格ワゴン”!
 
この学校の受験生の想い、そして、受験生への応援メッセージを日本全国を回って集めながら、各地の縁起のいい場所を巡って、みんなの願いを、さらに強いものにしていく!
 
141229_sol04.jpg


このワゴンが今…目の前にある!
 
141229_sol05.jpg

 
141229_sol06.jpg

 
先週金曜日、渋谷パルコ前でメッセージを集めたのですでにそのステッカーが貼ってあります!!
 
141229_sol45.jpg
 
141229_sol46.jpg
 
141229_sol47.jpg
 
141229_sol48.jpg
 
141229_sol49.jpg


141229_sol16.jpg

 
このワゴンが出発する前に校長と教頭からのメッセージも、刻みます!!

141229_sol07.jpg


141229_sol08.jpg


141229_sol09.jpg

 
141229_sol10.jpg

 
この合格ワゴンは、みんなの想いを集める、元気玉みたいなもの!

141229_sol50.jpg


もっともっと大きくなって、受験生みんなのところに届いてくれ、俺達の想いはただ一つ!

141229_sol12.jpg


この1年の総決算! 2日間、同じテーマで授業をやるぞ!
【 この1年はどうだった? 逆電 】

今年も同じ校舎で、たくさんの時間を過ごしてきたけれど、君にとってのこの1年は、どんな時間だった?
自分でも思わぬ成長があったり。少しだけでも前に進めたり。
忘れられない1日があったり。いろんな出逢いがあったり…。
でも、一方で、別れもあったり。全然思うように過ごせなかったり。
思わぬことでつまづいてしまったり…。よかったこと、悪かったこと、何でも大丈夫。

君にとっての2014年はどうだった?
 
141229_sol13.jpg
 
 
アブラリアン 北海道 16歳 男 高校1年生
 
とーやま校長「この一年はどうだった?」
 
アブラリアン「理想と現実がまったく違うものでした…」
 
RN アブラリアンの理想の高校生活は…
・勉強や課題をスムーズにこなす!
・たくさん遊んでいる!
・彼女もすぐにできる!
 
アブラリアン「楽園が待っていると思っていたです…」
 
とーやま校長「楽園…だと思っていた! 結果はどうだったの?」
 
アブラリアン「それが…(笑)」
 
あしざわ教頭「自分で笑っちゃってるじゃん!(笑)」
 
アブラリアン「鬼のような課題で…周りばかりリア充になっていき、置いてかれ…まあ…現実を見せられたって感じです」
 
あしざわ教頭「自分では何か“オレ、輝いてるぜ!!”って思えるものはやってたの?」
 
アブラリアン「陸上部で円盤投げをやっているんです。でもやっぱりそれじゃモテないのかなって…」
 
とーやま校長「ひそかにカッコイイって思ってる女子もいるんじゃない?」
 
アブラリアン「いると嬉しいんですけどね(笑)」
 
今年びクリスマスでも、
理想は彼女と一緒にイルミネーションを観に行ったり、雪の中2人で手を繋いだり、自分のコートを彼女に着せたりしたかった。
しかし、実際は学校の講習で終わってしまったそう。
 
とーやま校長「好きな子はいるの?」
 
アブラリアン「いや…まあ…いますね(笑)」
 
同じ陸上部の女子が好きだけど、まだ友達の関係だということで…
 
とーやま校長「じゃあ2015年その子とどうなりたいか、今ここで言おうよ!」
 
アブラリアン「えっと…来年は、その子と良い関係になれたらいいなって。今年叶えられなかった理想を全部じゃなくていいんで少しずつ叶えられたらなと思います」
 
とーやま校長「うん! いいんだよ!! それで! 今年一年はイマイチだったかもしれないけど、何もしてなかったわけじゃない。助走の期間だったわけだ」
 
あしざわ教頭「自分のダメなところがわかったところだからそれを踏まえて次の年行動していけばいいんじゃないかな」
 
アブラリアン「はい!」
 
とーやま校長「じゃあ最後にお前書き込みに書いてある事を宣言しようか!」
 
あしざわ教頭「ちゃんと文末の“♪”も含めてだぞ」
 
アブラリアン「えっ……!(焦)」
 
とーやま校長「よし!! じゃあお願い!!」
 
アブラリアン「わかりました! “てことで来年は彼女出来るように頑張りマッスル〜♪”!!」
 
校長・教頭「(笑)!!! 応援してマッスル〜♪!!」
 
141229_sol14.jpg

 
続いて…!
 
トラトラトラトラ 栃木県 16歳 男 高校1年生
 
とーやま校長「今年はどうだった?」
 
トラトラトラトラ「一言でいうと“尻上がりの一年”でした!」
 
まず、今年の1月、7ヶ月付き合っていた彼女から“高校受験に集中したいから”と別れを告げられてしまったそう。
そして、そのあとすぐにサッカーの授業中に手首を骨折。
 
とーやま校長「うわ…最悪のスタートだったわけか。でもここから上がってくと…」
 
トラトラトラトラ「8月の話になるんですけど…」
 
高校からは野球部に入ったRN トラトラトラトラ!
入部から4ヶ月で試合に出してもらえる事になったそう!
 
トラトラトラトラ「それで12月のクリスマス前に…中学からの女友達から連絡が来て。話してるうちに自分も好きになっちゃって…」
 
女友達が彼氏と別れてしまった事について相談に乗っている内に、RN トラトラトラトラが相手が好きになってしまったそう。
そしてそのまま公演に女友達を呼び出して告白した!!!
 
トラトラトラトラ「素直に“好きです!”って言ったんです。そしたら向こうから“お願いします”って返ってきました!」
 
とーやま校長「急上昇じゃん!! 1月は元カノに振られて、骨折もしてたのにさ…!」
 
トラトラトラトラ「まだあります!! 今月の26日に家に招待して、一緒にご飯を食べました!!」
 
あしざわ教頭「あらヤダ!!」
 
トラトラトラトラ「めっちゃ楽しかったです!!」
 
あしざわ教頭「ってことは現状はどうなの?」
 
トラトラトラトラ「もう…最高ですっ!!」
 
とーやま校長「尻上がりの2014年だね! 8月の野球部で試合に出れるようになってから、変わったんじゃない?」
 
トラトラトラトラ「はい。自分でも感じました」
 
とーやま校長「これ2015年はどうしたい?」
 
トラトラトラトラ「ふつうだと下がっていっちゃうんで、今のままを維持できるように彼女と上手くやっていきたいと思います!」
 
とーやま校長「うん! 女子は寂しがりだからちゃんと愛してやるんだぞ! 来年もよろしく!!」
 
トラトラトラトラ「よろしくお願いします!!」
 
141229_sol15.jpg

 
3人目は…
 
あま 茨城県 18歳 男 高校3年生
 
今年で10年間やってきた野球人生が終わり、その野球人生を支えてくれた彼女別れたという。
そして母親の入院、兄の家出と様々な事があったと書きこんでくれてたRN あま。
今は、別れた彼女と同じ大学に行って、もう一度付き合うために受験勉強をしてるそう。
 
とーやま校長「まずは野球人生お疲れ! 10年っていったら小学校からだもんな。どうだった?」
 
あま「書き込みにも書いたんですけど、ケガが多い野球人生でした。何度もやめようと思ったけど、仲間に励まされて続けられました」
 
とーやま校長「お母さんは大丈夫?」
 
あま「はい、もう今は大丈夫です」
 
あしざわ教頭「それはよかった」
 
とーやま校長「それでお兄ちゃんが家を出たっていうのは…?」
 
あま「兄と親がケンカをしていて、兄が社会人なんですけど“俺、もう出ていくから”って言って、出て行ってしまって」
 
お兄ちゃんは、今、1人暮らしをしているそうで、先日RN あまが会いに行った時は元気だったそう。
 
とーやま校長「親とは会ってないのか…?」
 
あま「そうですね。お母さんは心配してるんですけど、お父さんとケンカしていたので」
 
あしざわ教頭「男同士はぶつかり合うからな…」
 
とーやま校長「まあ、お兄ちゃんは男だし、社会人でちゃんと働いてるから心配無いと思うけどやっぱり仲良くしてほしいよな」
 
あま「はい」
 
とーやま校長「どこかのタイミングでお父さんとお兄ちゃんの間に入って何かをしないといけないかもな。その時は家族のために出来る事があったらやってくれな」
 
あま「わかりました!」
 
とーやま校長「それで彼女と別れちゃったんだよな。でも“大学に行ったらもう一度付き合ってほしい”って言ったんだよな? その返事はどうだった?」
 
あま「“わかった”って言ってくれました。だけど今、彼女と同じクラスで隣の席なんですよ」
 
あしざわ教頭「うわ〜それはちょっと気まずいな…」
 
彼女とはたまに話すけど、彼女の態度によそよそしさを感じてしまい、不安を感じるそう。
 
あしざわ教頭「まあ、彼女も別れたっていうのがあるから、そういう態度になっちゃうんじゃないかな」
 
とーやま校長「でも、あまはまだ好きなんだろう?」
 
あま「好きです」
 
とーやま校長「そういう理由で良いよ。頑張る理由はさ。男ってそんなもんだよ」
 
あしざわ教頭「うん、男ってそんな単純な事をものすごい原動力に変えられるんだよね」
 
とーやま校長「でっかい夢があるからでももちろんいいけど、隣にいる彼女のために何かをやりとげようってこんな素晴らしい事ないよ!!」
 
あま「はい!!」
 
今日も10時間以上勉強したというRN あま。
途中で彼女の事を思い出しながら、大学に行くのが目標と言う事を再確認してるそう!
 
とーやま校長「やるね! 応援してるよ!! 良い2014年だったよ! ここからさらに明るい春が待ってるから、気を抜かずに頑張ろう!!」
 
あま「はい!」
 
141229_sol17.jpg


まーぶるゆーふぉ 埼玉県 18歳 女 高校3年生
 
とーやま校長「今年の一年はどうだった?」
 
まーぶるゆーふぉ「本当に大泣きした一年でした!」
 
今、受験生のRN まーぶるゆーふぉは吹奏楽部でユーフォニアムを吹いていたそう。
今年の9月に関東大会があり、そこで学校創立以来初めての金賞を取ったそう!!!
 
校長・教頭「すごいじゃん!!」
 
まーぶるゆーふぉ「でも金賞を取るまでがたいへんで…。地区大会の一週間前に顧問の先生が怒鳴って出て行っちゃったんですよ」
 
その時は部員の気持ちが大会に向けて一つになっていなおらず、また練習中の態度も悪かったそう。
それに顧問の先生が“こんな状態で出たくない”と言って出て行ってしまった…。
 
とーやま校長「でもあと一週間しかなかったんでしょ? 練習はどうしたの?」
 
まーぶるゆーふぉ「最初は話し合いをしていたんですけど、みんなが衝突してなかなかまとまりませんでした」
 
本番前日までピリピリしていたが、当日には“もうやるしかない”と覚悟を決めて、部員全員の気持ちを一つにしてやったそう…!
 
まーぶるゆーふぉ「先生に言う前に、みんなで決めた事があって。“あいさつをする”“先生へ感謝を忘れない”“気持ちを一つにする”」
 
先生だけが曲の構成を考えるのではなく、みんなで提案していく。先生と部員で作っていこうと決めたそう!
 
とーやま校長「先生の気持ちがまーぶるゆーふぉや他の自主性を呼び起こしてくれたのかな」
 
あしざわ教頭「うん!」
 
そして迎えた関東大会。
RN まーぶるゆーふぉにその時の事を聞いてみると…!
 
まーぶるゆーふぉ「緊張しすぎたせいか思い出せなくて…(照)」
 
とーやま校長「でも結果、金賞を取ったんだろう?」
 
まーぶるゆーふぉ「“曲を最後までミスなく吹き切ろう”とだけ思っていたのであんまり覚えてなくて」
 
あしざわ教頭「それだけ集中してたんだろうな…!」
 
とーやま校長「まーぶるゆーふぉは色々な事を経て、金賞を取ってどう思った?」
 
まーぶるゆーふぉ「辛い事の方が楽しい事より多くて、部活をやめようと何度も思いました。でも辛い事を乗り越えて目標を叶えた喜びを味わったので、この部活に入ってよかったと思いました」
 
とーやま校長「まーぶるゆーふぉ。今年体験した事は受験もそうだし、全てに生きるよ! 自覚がある所でも無い所でも“この子は仲間と一緒に駆け抜けてきたやつなんだな”って思ってもらえるよ。良いものを手に入れたな!」
 
まーぶるゆーふぉ「はい!」
 
とーやま校長「それでここからはセンター乗り越えていこう!」
 
あしざわ教頭「もっと良いものを手に入れていこう!」
 
とーやま校長「金賞を取った時の事を思い出して頑張ろう!」
 
141229_sol18.jpg


宮崎県SOL!広め隊 隊長 宮崎県 17歳 男 高校3年生
 
4月からは専門学校に行くというRN 宮崎県SOL!広め隊 隊長の今年の一年は…!
 
宮崎県SOL!広め隊 隊長「今まで休んでばかりだったのが、休みが0になりました!」
 
いじめられていたわけじゃないけど、クラスに上手く馴染めず中学校の頃からあまり学校に通えていなかったというそう。
高校に入学した時も自分では“行かなきゃ”って思ったけど、クラスに馴染めず、週1〜2回しか学校に通えてなかった。
 
とーやま校長「でも今年の4月から休み0でしょ? 何があった?」
 
宮崎県SOL!広め隊 隊長「3年生に進級する時に将来の事を考えたら“このままじゃダメだ”って思って。休みを0にしようって思ったんです」
 
とーやま校長「お前にとっては大きな目標じゃんか。ビビったりとかは無かったの?」
 
宮崎県SOL!広め隊 隊長「最初はできるのかなって思ってました。今まで休みや遅刻が多かったので体力的にキツくて」
 
あしざわ教頭「緊張する時間も多いもんな。それでも行かなきゃって思ったんだ! すごいな!!」
 
毎日通って行くうちに、クラスメイトとも仲良くなっていったそう!
 
宮崎県SOL!広め隊 隊長「周りからもそうだし、自分も話しかけるようになっていきました!」
 
とーやま校長「ちゃんと見てくれてるんだよ! 今は休み0でどうだ?」
 
宮崎県SOL!広め隊 隊長「楽しいです!! 友達と喋るのが!」
 
とーやま校長「お前すごいな!」
 
あしざわ教頭「頑張ったよ!!」
 
とーやま校長「途中からしんどいのが、喜びに変わったんだよ! ……お前に黒板を書くわ!!」
 
141229_sol19.jpg

 
『 少しが全部になる 』
 
途方もない目標だ。
でもお前は、いきなり全部やったわけじゃなくて、ちょっとずつ毎日やっていった。
 
お前の未来があって、その色は透明だ。
それをいきなりガラッと色を変えるのは無理だ。
でも学校に行く事で少しずつ、一つずつお前の色に塗っていったんだ。
 
そうやって、未来を変えていったんだ。
 
できるとは思わなかったかもしれない。でもお前が毎日歯を食いしばって頑張ったおかげだよ。
ちゃんと未来は変えられる!!
 
とーやま校長「俺はお前の話を聞いて思ったよ!」
 
宮崎県SOL!広め隊 隊長「ありがとうございます!!」
 
とーやま校長「楽しいよ!! これからは!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
アブラリアン 北海道 16歳 男
トラトラトラトラ 栃木県 16歳 男
あま 茨城県 18歳 男
まーぶるゆーふぉ 埼玉県 18歳 女
宮崎県SOL!広め隊 隊長 宮崎県 17歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 パイオニア / 高橋優
22:15 社会の窓と同じ構成 / クリープハイプ
22:30 地獄でなぜ悪い / 星野源
22:44 マカロニ / Perfume
23:17 コンピューター ドライビング / Perfume
23:40 君に出会えたから-精華女子高等学校吹奏楽部バージョン- / miwa
23:51 ぽあだむ / 銀杏BOYZ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
未来はボーッと待っているんじゃない、
君に変えられるのを待っているね!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
未来を輝かせるのは自分次第。
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141225_sol01.jpg

  
『 合格ワゴン 』
 
先週からキッフ&リリースの直後にお届け中!
「絶対!合格宣言! Supported by ベネッセ」!!
 
受験生のみんなからは、自分の心を奮い立たせる「合格宣言」を!
受験生以外の生徒からは応援メッセージを!
それぞれ“声”で届けてもらっているんだけど…
 
明日から、日本全国みんなの元に、その声を集めにいきます!
その名も「合格ワゴン」
 
この「合格ワゴン」。
スタート地点は…東京・渋谷パルコ前の…公演通り広場!
明日12月26日(金)のお昼の1時〜夕方6時まで、合格ワゴンがみんなの“宣言”を待っています!
 
東京近郊の生徒は、「絶対!合格宣言」もしくは「応援メッセージ」を書きに行ってほしい!

書いてくれた生徒には「合格ワゴン」クリアファイルをプレゼントするぞ!!

生徒の想いを乗せたこの「合格ワゴン」は日本全国の縁起のいい場所を巡ってみんなの願いをさらに強いものにしていくぞ!
 
とーやま校長「クリスマスも勉強、ほんとお疲れ! お前のサンタクロースは3月に“合格”の2文字を持ってやってくるから、それまで踏ん張るぞ!」
 
141225_sol02.jpg

 
そして、今日は春に向けて…全ての受験生! さらに全生徒に嬉しいお知らせ!!
 
SCHOOL OF LOCK!はこの10月から、開校10年目に突入!
アニバーサリーイヤーにおくる第一弾イベントがついに、決定!
 
来年3月!
“受験“という、大きな戦いを終えた生徒へ…!
そして、この春新たなスタートをきる全ての生徒へ…!
過去最大級のスペシャル卒業ライブを開催!!
 
SCHOOL OF LOCK! 10YEARS Project!!
「SCHOOL OF LOCK!× 進研ゼミ presents Whistle Song」!!!!!!
 
これまで我が校と一緒に様々なプロジェクトで受験生を応援してきた「進研ゼミ」とSCHOOL OF LOCK!がタッグを組んで送るスペシャル卒業ライブを開催!
日時は…2015年3月24日(火)
 
会場は……幕張メッセ イベントホール!!
 
10年目のアニバーサリープロジェクト第一弾は、過去最大級の卒業ライブ!
「ホイッスルソング」今年卒業ライブなんだけど、受験生はもちろん中1中2、高1高2の生徒も参加できます!
 
この「ホイッスル・ソング」出演するのは…
とーやま校長とあしざわ教頭!!
 
さらに、この思いに共鳴してくれた、我が校ともゆかりの深いアーティストが参加!
 
とーやま校長「受験生、そして、SCHOOL OF LOCK!の全生徒に告ぐ!来年3月!幕張メッセで共に、“はじまりの笛”を鳴らすぞ!!!」
 
141225_sol03.jpg

 
我がSCHOOL OF LOCK!は、
今週火曜日からクリスマス3daysをお届け中!
12月25日
クリスマス当日の今夜はこの授業やるぞ!
「いろいろあったね! クリスマス報告会!!」
 
あと2時間でクリスマスが終わっちゃうけど…みんな、今年のクリスマスをどう過ごしてる?
 
クリスマスデートはうまくいったのか?
サプライズでプレゼントと手紙をセッティングしておいたのに軽〜くかわされてないか?
 
昨日、おとといと、クリスマスの予定や、カッサカサな座禅組の生徒達の現状を聞いてきたけど、今夜は全方位のクリスマス報告会!
 
ハッピーメリクリチームも、ブラックリスマス座禅組チームも!
いろいろあった、オマエの“クリスマス”を報告してほしい!
 
学校掲示板・メールで送って来い!!
 
141225_sol04.jpg
 
 
まず最初に報告を聞かせてもらったのは…!
 
とーやま校長「つい何日も前に初彼女が出来て、彼女と一緒にカラオケに行くって言ってたけどどうなったのか…!?」
 
とーやま大好き系男子ランプ 愛知県 17歳 男 高校2年生
 
男子ランプ「もしもし!!」
 
あしざわ教頭「ものすごいテンション!!(笑)」
 
とーやま校長「たぶん良かったんだろうね!」
 
二日前に電話した時よりも幸せが声から溢れ出ているRN とーやま大好き系男子ランプ!
 
とーやま校長「どうだった?」
 
男子ランプ「“どうだった?”って聞かれて、答えられるレベルじゃないですよ!!!!」
 
あしざわ教頭「いやいや言えよ!!(笑)」
 
今日は、彼女部活が終わった後、夜7時に待ち合わせ!
23日の生放送教室で言っていたように、2人でカラオケを9時までやっていたそう!!!
 
男子ランプ「それでさっきまで外で話してて…」
 
とーやま校長「え? もしかして、彼女近くにいるの……?」
 
男子ランプ「いますよ〜!」
 
なんと! RN とーやま大好き系男子ランプ、右隣には彼女がいながら逆電に出ていた!!
 
校長・教頭「ええええ!!」
 
とーやま校長「ちょっと彼女と変わってもらっていい?」
 
もこいぬ 愛知県 16歳 女 高校2年生
 
とーやま校長「ラジオネームをちゃんと持ってる!!」
 
付き合いはじめてすぐのクリスマス!!
彼女のRN もこいぬにも感想を聞いてみると…!
 
もこいぬ「私、部活があったんですけど、部活中からずっと会いたくて…すごく会いたくて…! 待ち合わせで見つけた時は…!!」
 
男子ランプ「そうなんですよ!」
 
あしざわ教頭「何をしたんだよ〜」
 
もこいぬ「抱き付いちゃいました〜!!!」
 
校長・教頭「メリークリスマース!!!!!!」
 
とーやま校長「とーやま大好き系男子ランプはどうだったの!!??」
 
男子ランプ「びっくりしました! でも振り向いたらいたので、キュンキュンが止まらないですね!」
 
とーやま校長「幸せだな!!」
 
カラオケでは、
androp先生『Bright Siren』、BUMP OF CHICKEN先生『ray』など…
そして一昨日の逆電でも言っていた、RADWIMPS先生の『ふたりごと』を歌ったそう!!
 
とーやま校長「彼氏のワンマンライブどうだった?」
 
もこいぬ「カッコよかったです!!!」
 
ちなみにRN もこいぬはSHISHAMO先生の『僕に彼女ができたんだ』を歌ったそう!
 
あしざわ教頭「めっちゃいいな! あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!! マジかぁ〜〜〜〜!!!」
 
とーやま校長「そういえば、ギターの弾き語りはどうだったの?」
 
男子ランプ「それが…。この前電話で弾き語りをしたって話したじゃないですか。その時使ったギターは母のもので、今日借りていいか聞いたら、“ダメ!”って即答されたんです」
 
とーやま校長「あれ! 断られちゃったんだ」
 
男子ランプ「それでテンション下がっていたんですけど、カラオケで抱きつかれてテンションMAXですよね!!」
 
もこいぬ「もう〜!! 何言ってるの!!!(照)」
 
あしざわ教頭「夫婦か!!(笑)」
 
掲示板には2人を羨ましがる声がたくさん届いてます!
 
とーやま校長「じゃあ夜も遅いから気を付けるんだぞ!」
 
男子ランプ「はい! 校長も頑張ってね!」
 
とーやま校長「うるせ〜!」
 
141225_sol05.jpg

 
オフサイドの魔術師 佐賀県 17歳 男 高校2年生
 
オフサイド「もしもし……」
 
あしざわ教頭「ウソだろ!? こんなフォークボールの落差ある!?」
 
とーやま校長「聴いていい?」
 
オフサイド「どうぞ…!」
 
あしざわ教頭「何かの境地に達しているな(笑)」
 
オフサイド「クリスマスイヴなんですけど、男7人でアオハルにライドしてきました!」
 
所属してるサッカー部の中でも“彼女に振られた組”で集まって『アオハライド』を観てきたという…!!
 
オフサイド「振られた組の主将は1年生の時に付き合って3日で別れ…。その他のメンバーも色々あって。自分はルーキーでした」
 
とーやま校長「これルーキーってことは…」
 
オフサイド「3週間前に振られました」
 
とーやま校長「何があった?」
 
オフサイド「何があったというよりは、飽きられたんでしょうね(達観)」
 
とーやま校長「まあ、その7人で気持ち共有できるよ! 映画どうだった?」
 
オフサイド「全員泣きました!」
 
あしざわ教頭「それはどういう成分だったの?(笑)」
 
オフサイド「最初は惨めさから泣くのかなって思ったんです。でも洸くんの過去編で全員が鼻をすすり始めました…!」
 
とーやま校長「良い映画だったんだな(笑)」
 
オフサイド「“本田翼ちゃんかわいいな”“東出昌大くんの洸くんもカッコイイけど、俺らもあのシーンがあったら言うよ!!”って思いました」
 
あしざわ教頭「あのシーンね(笑)」
 
映画を観た後は駅前のうどん屋に行く予定だったのだが…。
 
オフサイド「そこに行くためにはイルミネーションの前を通らなきゃいけなくて…」
 
あしざわ教頭「ああ…」
 
メンバーは主将に“回りましょうよ、3分しか変わらないですよ”と進言。
しかし主将は…
 
オフサイド「“ここまで来たら行くしかない!”って言ったんです」
 
とーやま校長「…結果はどうだった?」
 
オフサイド「イルミネーションの前を自転車を押しながら練り歩きました…」
 
とーやま校長「それが7人のクリスマスイヴだったわけか」
 
あしざわ教頭「素晴らしいよ!」
 
とーやま校長「これは決断力も高まって、部活のメンバーの絆も深まっただろ! ちなみに今日は何をしてた?」
 
オフサイド「母と仲良くケーキを食べました」
 
あしざわ教頭「いいよ! これも青春だよ。ライドしてるよ!!」
 
とーやま校長「逃げずに立ち向かったお前にまた春が来て彼女ができるよ!」
 
オフサイド「俺も後ろから抱きつかれたいですよ! 今、後ろから来るのは膝かっくんだけですよ!」
 
とーやま校長「こんなにも落差があるだな〜」
 
141225_sol06.jpg

 
なつみぃる♪ 大分県 16歳 女 高校1年生
 
23日のunBORDEXmas LIVEへの招待が当たったRN なつみぃる♪!!
ずっと好きだった幼馴染の男友達と2人で行く予定だったのですが…!
 
とーやま校長「もう25日になったという事で…ライブにはもう行ってきたって事だな」
 
なつみぃる♪「はい…!」
 
とーやま校長「聞くぞ! 一昨日の朝からどうだった?」
 
なつみぃる♪「飛行機までに乗る時はずっと彼といたので、全部がドキドキしていたんですけどライブを楽しもうと思ってライブに集中してました…!」
 
あしざわ教頭「なるほどね」
 
とーやま校長「unBORDEXmas LIVEはどうだった?」
 
なつみぃる♪「めっちゃ良かったです!」
 
好きな人と一緒に観たandrop先生は最高だったそう!!
 
あしざわ教頭「ライブ中に彼の事見たりとかしてたの?」
 
なつみぃる♪「はい(照)」
 
とーやま校長「ライブ中もいつ告白するのかなって考えてた?」
 
なつみぃる♪「はい…!(照)」
 
141225_sol07.jpg

 
そしてライブ後はお台場のイルミネーションを2人で観て回り、そこで告白したそう!!
 
とーやま校長「来たね!!」
 
なつみぃる♪「ホテルに帰ろうとしてて、イルミネーションがキレイだったので、人がいっぱいいたんですけど、“ここしかない!”って思ったので彼に“ずっと前から好きです”って言いました」
 
あしざわ教頭「それを伝えたんだ…!」
 
とーやま校長「良く言った! だって小さい頃から思ってたんだもんな!」
 
彼はビックリして、1回立ち止まったが、またお互い無言でホテルに歩いていったそう。
 
なつみぃる♪「だから自分はやっちゃったなって思ってたんです。そしたら彼の方から無言で手をつないできてくれたんです」
 
あしざわ教頭「え? 無言で…!?」
 
とーやま校長「まだ返事もらってないよね!?」
 
そしてホテルに到着するした時…!
 
なつみぃる♪「ホテルの前で、彼から名前を呼ばれて、“好きだ”って言われました!」
 
あしざわ教頭「ちょっと待って!! なんか嬉しい!」
 
とーやま校長「これは良くない事になってしまったのかって思わせるんじゃないよ!! そのホテルまでの道のりは彼も嬉しかったのかな…!」
 
その後チェックインして、お互い自分の部屋で荷物を整理していた時、RN なつみぃる♪はあることに気付いた…!
 
なつみぃる♪「彼の“好き”は幼なじみとしての好きなのか、それとも恋人の“好き”なのかわからなくて…」
 
すると彼からLINEで“散歩しよう”とメッセージが来て、散歩する事に!
 
散歩中はずっと手を繋いでいた、2人。
 
なつみぃる♪「それで人があまりいないベンチがあって座って、普通に話していたら、彼に“付き合おう”って言われて、付き合う事になりました!!!」
 
とーやま校長「いや〜よかった!!! 幸せだね〜!!」
 
あしざわ教頭「って事は最高だった事だよね!」
 
とーやま校長「10年くらいずっと想ってて、彼氏彼女の関係になったんだな! …それでそのまま帰った?」
 
なつみぃる♪「それで…キスしました…!」
 
あしざわ教頭「え? なんて?」
 
なつみぃる♪「チューしました!」
 
校長・教頭メリークリスマス!!!!
 
あしざわ教頭「今までをとり返したな!!」
 
とーやま校長「ちゃんと勇気を出して気持ちを伝えた結果だな!」
 
今日も大分県で一緒に街でデートをして、ペアのネックレスを買ったそう!
 
とーやま校長「よかったな!! これからも気持ちを伝えてけよ!!」
 

最後に黒板の時間!!
 
141225_sol09.jpg

 
『 365回 』
 
141225_sol10.jpg

 
クリスマス。
リア充なヤツもいて、俺を筆頭にした座禅組で、“あんまり話も聴きたくないし、することもない”ってヤツもいた。
 
だけど、みんなにとって大切な日には変わりない。
 
このクリスマスに向けて頑張ってきたヤツはたくさんいる。
そして、明日や明後日が自分にとって大切な日だって思えるヤツもいる。
 
大切な日は自分で作れる。
 
RN なつみぃる♪だって勇気を持って気持ちを伝えたら、相手の気持ちも返ってきた。
座禅組のみんなも祝福してくれている。
 
勇気を出せば必ず誰かが応援してくれる。
それを感じた、2014年のクリスマスでした!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141225_fax01.jpg
RN 瀬戸内海のワカメ

 
141225_fax02.jpg
RN まっしゅ13号

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
とーやま大好き系男子ランプ 愛知県 17歳 男
オフサイドの魔術師 佐賀県 17歳 男
なつみぃる♪ 大分県 16歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 かけぬけて / KANA-BOON
22:26 まつり / 北島三郎
22:40 スノースマイル 〜ringing version〜 / BUMP OF CHICKEN
22:50 ぼくらのfrai awei / Base Ball Bear
23:23 グッドバイ / サカナクション
23:45 Voice (unBORDE Xmas PARTY 2014) / androp
23:50 雪が降る町“more bell mix”/ ユニコーン
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
世の中は色々あるから
どうか元気で、お気をつけてなー
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
それぞれが最高!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141224_sol01.jpg


『 かんぱい 』
 
141224_sol04.jpg

 
本日は12月24日クリスマスイヴ!!
生放送教室にもクリスマスケーキとシャンメリーが!!!!
 
141224_sol02.jpg

 
とーやま校長「ってことで…かんぱ〜い!!」
 
あしざわ教頭「かんぱ〜い!!!」

141224_sol03.jpg


141224_sol05.jpg
 

クリスマス3days!!2日目の今夜は…
「クリスマスイブ座禅組出席確認」!!やるぞー!!

昨日の生放送教室ではクリスマスイブ&クリスマスの予定を聴いたけど…!!
今日はいよいよクリスマス・イブ!!

今夜はの主役は、リア充な生徒達…ではなく!
心がカッサカサな生徒…“通称・座禅組”!!!

我が校の掲示板にはかなりの数(笑)の座禅組がいるけれど、
“クリスマスイブの今夜、本当に出席しているか?”
“本当に"座禅組的クリスマス" を過ごしているのか?”
出欠確認していくぞ!
 
さぁ、座禅組よ…!
クリスマスをどんな風に過ごしているかの現状報告と出席届を学校掲示板とメールに書き込んでくれ!!
 
出席確認がとれた生徒には、職員室の大掃除で発見したSCHOOL OF LOCK! 特製グッズをプレゼントしていくぞー!!
 
141224_sol06.jpg

 
それでは座禅組出席確認スタート!! 
 
とーやま校長「いきなり電話をかけるからな! いくぞ!!」
 
Prrrrrr
 
Prrrrr

 
???「もしもし」
 
酸化カツゲン 北海道 18歳 男 高校3年生
 
とーやま校長「今日はどうしてた?」
 
酸化カツゲン「今日は学校が年内最後の日で特に予定も無く、クリスマス祝会があって…」
 
キリスト教信仰の学校に通ってるというRN 酸化カツゲン。
クラスでクリスマス祝会を行い、ビンゴ大会もあったそう!!
 
酸化カツゲン「でも景品は外れが多かったんですよ。それで特に上位で当たる事も無く…、最後に方に当たって、“カッパシール”を貰いました」
 
校長・教頭「カッパシール!?」
 
とーやま校長「35年間生きてきて聞いた事が無い!(笑)」
 
あしざわ教頭「キリスト教の学校で日本の妖怪のシールがプレゼントされるの!?(笑)」
 
とーやま校長「カッパシールって何?」
 
酸化カツゲン「なんか、出てくるキャラクターが全部カッパっていう…」
 
きゅうりや葉っぱ、さらにはDJや侍の格好をしたカッパのシールだそう…!
 
校長・教頭「(笑)!!」
 
とーやま校長「それをどうしたの?」
 
酸化カツゲン「学校にモアイ鼻から取れるティッシュケースがあるんですけど、そこに貼って…少しハデになったくらいです」
 
とーやま校長「それでクリスマスイヴが終わったと!! どんなんだった?」
 
酸化カツゲン「去年と変わらず、今年もむなしいクリスマスでした…」
 
とーやま校長「カツゲン…! お前は座禅組でちゃんと出席もしてから…デッドストックカッパグッズをプレゼント!!」
 
あしざわ教頭「無いだろ!! そんなもん!!! カッパは足りてるんだよ!!」
 
とーやま校長「間違えた! SCHOOL OF LOCK!デッドストックグッズをプレゼントするぞ!! メリークリスマス!!」
 
酸化カツゲン「ありがとうございます!」
  
141224_sol07.jpg

 
続いて出席確認の電話が繋がったのは…!
 
ねぎ塩焼き肉弁当 長崎県 男 高校1年生
 
とーやま校長「今日はどうだった?」
 
ねぎ塩焼き肉弁当「今日は学校に行って、何も無く終わって。そのまま帰って皮膚科の病院に行きました…」
 
校長・教頭「皮膚科???」
 
ねぎ塩焼き肉弁当「ちょっと、おでこのニキビが大きくなちゃって…」
 
とーやま校長「それは何で今日だった? 昨日とかじゃダメだったの?」
 
ねぎ塩焼き肉弁当「何も予定が無かったので…」
 
あしざわ教頭「…(笑)」
 
17時に病院に着いたRN ねぎ塩焼き肉弁当。
そこから診察されるまでなんと3時間も待っていたそう…!!
 
とーやま校長「3時間どうしてたの!?」
 
ねぎ塩焼き肉弁当「宿題してました」
 
とーやま校長「皮膚科の待合室で宿題のクリスマスイヴ…!」
 
あしざわ教頭「はかどったんだろうな…」
 
ねぎ塩焼き肉弁当「それで自分の診察になったんですけど…10分で終わりました」
 
とーやま校長「10分!! もうちょっと楽しませてほしかったな…!」
 
ニキビは病院の先生に切ってもらい、今は大きな絆創膏がおでこに貼ってあるとのこと!!
 
とーやま校長「じゃあニキビが無くなったならメリークリスマスだな!」
 
あしざわ教頭「絆創膏がプレゼントだな!」
 
ねぎ塩焼き肉弁当「そうですね(笑)」
 
ちゃんと出席してくれていた、RN ねぎ塩焼き肉弁当にもSOLオリジナルグッズをプレゼント!!
 
とーやま校長「今さ、SOLを出席せずに色々楽しんでいる生徒もいるわけだけど、そういう生徒達に向けてメッセージとかある?」
 
ねぎ塩焼き肉弁当「そうですね…。僕は皮膚科に行ってたのに、なんでキラキラした場所に行ってるのかなって…」
 
とーやま校長「(笑)!! ただ鏡を見てみろ」
 
あしざわ教頭「絆創膏がキラキラ輝いてるだろ?」
 
とーやま校長「何が言いたいかっていうと……メリークリスマス!!」
 
ねぎ塩焼き肉弁当「メリークリスマス!」
  
141224_sol08.jpg

 
出席確認3人目は…
 
とーやま校長「次は女子に行ってみる? 俺…ちょっと確認したいヤツが居るんだよね」
 
あしざわ教頭「うん。これは相当だよ」
 
灯りのありか 福島県 15歳 女 中学3年生
 
灯りのありか「クリスマスイブなのに、朝8時から6時間かまくらを作ってました!!」
 
とーやま校長「あ〜〜〜!(悲)」
 
あしざわ教頭「あ〜〜〜(笑)!! 誰かに命令されたのかい?」
 
灯りのありか「これは…昨日雪が大量に降ったので…やりました!(笑」
 
あしざわ教頭「最初から決まってたわけじゃないんだね」
 
灯りのありか「最初はお菓子作ったり、映画を観たり、女子らしい事をしようと思ってたんですけど…それがいつのまにかこんなことに…(笑)」
 
RN 灯りのありかの家は、自宅前に大きな畑を持っていて、そこで友達と2人でかまくらを作っていたそう!
 
灯りのありか「雪が無限に降っていたので…」
 
あしざわ教頭「無限ってことはないだろう!(笑)」
 
とーやま校長「これは会話しながら作ってたの?」
 
灯りのありか「それが相手は脱・座禅組で…。明日、友達はそういう事をするらしいんですよ!」
 
とーやま校長「急にけしからん話になったな!(笑)」
 
灯りのありか「それでずっと明日の話をしてたんです…!」
 
あしざわ教頭「あ〜怖い怖い!!」
 
とーやま校長「ずっと聞かされてた!?」
 
灯りのありか「はい! 楽しかったんですけど、たまにふと我に返ると時があって。手押し車を押していておばあちゃんがこっちを微笑ましそうに見てました…(笑)」
 
そして、かまくらは無事に完成!
RN 灯りのありかのお母さんが持って来てくれたみかんを、かまくらに入って食べたそう!
 
とーやま校長「いや〜すごく良い話だと思うよ! 灯りのありかもカワイイし! でもよくよく考えたら、相手には彼氏がいるし…お前、何をやってるんだよ!!」
 
灯りのありか「(笑)!!」
 
ちなみにRN 明日は、一日中、家にいるそうで…
 
あしざわ教頭「かまくらに入ったりするだろ?」
 
灯りのありか「そうですね! こたつを持ち込みます!」
 
とーやま校長「お前にもグッズをプレゼント! かまくらに飾ってくれ!!」
 
掲示板には、昨日紹介したある生徒からこんな書き込みが…!
 

虚しい
クリスマスをこんな残酷に迎えたくなかった。昨日、逆電もらって筒石駅を見て大阪に行く夜行バスの中だけどとなりにリア充が。めっちゃいちゃつくからうるさい(?^∀^)俺の本来の予定では、となりには誰もおらんで気持ちよくクリスマスを迎える予定だったのに・・・・・。だから、坐禅くんでバスに乗ってます。座禅いえーーーーーい!
のぼりやまてつみち
男/16/広島県
2014/12/24 22:06



とーやま校長「となるとね、隣の人に膝が当たってるんだろうな…。だから昨日は言えなかったけど、どう考えてもクリスマスイヴにカップルで旅行にいくヤツはいるからね! そこを懸念しろとは言えなかったけど、結果囲まれてるのか…」
 
あしざわ教頭「座禅組んでるなかな」
 
とーやま校長「ラジオをイヤホンで聴いてるんだろ? イヤホンの音量MAXにして音漏れ攻撃してやれ(笑)」
 
141224_sol09.jpg

 
4人目に出席確認の逆電が繋がったのは…!
 
紗和 北海道 18歳 女 高校3年生
 
とーやま校長「まずは出席おっけ ありがとう!! 今日一日どうだった?」
 
紗和「午後3時くらいまで学校で勉強していたんです。それで学校の帰り道に、氷に滑って思い切り転んでその拍子にスマホを雪の中に落としました……!!」
 
山の上にある学校で帰り道は下り坂になっていている。
その帰り道はこの数日間の雪が積もり、氷が張っていて、そこで3回も転んでしまったそう…!
 
校長・教頭「最悪だ…」
 
雪は10cm積もっていて、スマホを落としたことにはすぐ気付きずっと探していたが見つからなかったそう…。
 
とーやま校長「うわぁ…! 大丈夫か!? 手袋とかしてた?」
 
紗和「はい。ちゃんフードも被って、坂道を1人でさまよっていました…!」
 
1時間以上探したがスマホは見つからなかった…。
そこから雪がひどくなってきたので一度家に帰った、RN 紗和。
 
紗和「それでお父さんが帰ってきて、スマホを落とした事を言ったら“今から掘り出しに行こう”って言ってくれて、車でもう一回向かって、今度はスコップと懐中電灯持って探したんです」
 
あしざわ教頭「良いお父さんだな」
 
探してくれてる間、ずっとお父さんがRN 紗和のスマホに電話をかけていたそう。
 
あしざわ教頭「雪の中の震えを感じなきゃいけないのか…!」
 
紗和「そしたら、お父さんが雪の中に光るものを見つけて…!」
 
あしざわ教頭「雪の中にイルミネーションがあったのか!!」
 
紗和「スマホ生きてました!!」
 
校長・教頭「良かった〜!!」
 
とーやま校長「だって見つからなかったら来年の春まで待たなきゃいけないし、つくしと一緒に盛り上がってくるスマホを見なきゃいけないからね!(笑)」
 
紗和「一瞬過ぎりました(笑)」
 
あしざわ教頭「スコップを持ってるお父さんはサンタに見えなかったか?」
 
紗和「救世主に見えました!!」
 
あしざわ教頭「もうサンタ以上だな!」
 
RN 紗和にもSOLデッドストックグッズプレゼント!!
 
141224_sol10.jpg

 
ギガガ 神奈川県 18歳 男 高校3年生
 
とーやま校長「今日はどんな一日過ごした?」
 
ギガガ「家にいるのもアレなんで…」
 
あしざわ教頭「アレだよな(笑)」
 
とーやま校長「親の目もあるし…」
 
ギガガ「塾に行こうと思って、行ってみたらまだ閉まっていて…」
 
とーやま校長「うわ…」
 
ギガガ「開くまで2時間、ファーストフード店にいよう思ったんです。そこで待ってたら、店内にクリスマスソングが流れてきたんですけど…」
 
あしざわ教頭「まあたいてい流れてるよな」
 
ギガガ「それに合わせて舌打ちしてる、おじさんが隣にいて…」
 
校長・教頭「(笑)!!」
 
ちなみに流れていたのはジョン・レノンの『Happy Xmas (War Is Over)』だったそうで…!
 
とーやま校長「これに怒ってなのかな…?」
 
あしざわ教頭「どうやって舌打ちしてたの?」
 
ギガガ「なんか“チッチッチッチッチッチッ”って4つ打ちで舌打ちしてたんですよ」
 
とーやま校長「集中できねえ〜!!!」
 
あしざわ教頭「“featuring隣のおじさん”だろ? 嫌だな〜!!」
 
勉強も全然はかどらなかったそう…。
 
とーやま校長「どんなおじさんだったの?」
 
ギガガ「けっこうなおじいちゃんで険しい感じでした」
 
あしざわ教頭「そのおじいちゃんも座禅組だったのかもしれないね」
 
とーやま校長「これもっとビートの速い曲だったらどうなってたんだろう…(笑)」
 
明日は塾行って勉強するというRN ギガガ!!
 
とーやま校長「うん! 今は 勉強頑張ろう! その祈りを込めてプレゼントあげる!」
 
ギガガ「ありがとうございます!!」
 
それでは黒板の時間!!
 
141224_sol11.jpg

 
『 みんながいて、良かったなあ 』
 
俺、とーやまもみんなと同じ座禅組なわけさ。
寂しかったよ。
入ったラーメン屋でクリスマスソングばっかり流れてて…。
 
「なんで俺1人なんだろう」って思ったさ。
 
ただ、出席してくれたみんながいてくれたおかげで、1人じゃないって思うことができた。
座禅組のみんながいてくれてよかった!
 
141224_sol12.jpg

 
とーやま校長「そして今…溢れそうな言葉を言って良いですか? “恋人欲しいなぁ”」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141224_fax01.jpg
RN うにまぐろ
 
141224_fax02.jpg
RN はなどん

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
酸化カツゲン 北海道 18歳 男
ねぎ塩焼き肉弁当 長崎県 男
灯りのありか 福島県 15歳 女
紗和 北海道 18歳 女
ギガガ 神奈川県 18歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 Snowy Nights Serenade 〜心までも繋ぎたい〜(Xmas ver.) / flumpool
22:13 Xmas Party Rock Anthem / WHITE ASH
22:26 花鳥風月 / SEKAI NO OWARI
22:42 WISH / 嵐
22:52 Honnoji / ZAZEN BOYS
23:14 Happy Xmas(War Is Over) / flumpool
23:21 明日への賛歌〜flumpool 5th Anniversary tour 2014 at 横浜アリーナ / flumpool
23:41 奇跡を望むなら...Xmas story / JUJU
23:49 Merry Christmas / BUMP OF CHICKEN
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
いいなあ…。デートしたいなあ…。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
来年は彼女つくろう…!!
みんな…!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141223_sol04.jpg


『 Toppa 』
 
ロッテToppoのSCHOOL OF LOCK!バージョンToppa
先週全国発売がスタートしたのですが…
学校掲示板を見る限り、発売している地域とまだ発売してない地域があるみたい…。
 
とーやま校長「毎年言ってるけど、特に受験生のみんなは寒空の中、Toppa探しをして風邪とか引かないように注意するんだぞ!」
 
あしざわ教頭「本末転倒になっちゃいますよ!」
 
とーやま校長「でもコンビニで見つけた時には、ぜひ手に取って欲しい!!」
 
とーやま校長「あしざわ教頭、今日は二人になってはじめてのクリスマスイブイブだね」
 
あしざわ教頭「…起立!」
 
141223_sol05.jpg

  
12月23日ともなると、学校掲示板もクリスマス関連の書き込みでざわざわしています!!
 
予定がある生徒も、予定がない生徒もざわざわしちゃう!
ということで、今日から3日間、我がSCHOOL OF LOCK!は……クリスマス3daysをお届け!
 
初日の今日12月23日はこんな授業をお届け!!
 
「明日はSCHOOL OF LOCK! 休みます」
 
「明日のクリスマスイブ、好きなあの子を誘ってデートに行って、あんなことになって、こんなことになるので…明日SCHOOL OF LOCK!休みます」とか!
「明日のクリスマスイブ、私、好きな人に誘われる可能性が高いので、多分あんなことになって、こんなことになって、ああなるから、明日SCHOOL OF LOCK!休みます」とか!
 
実際に予定がある生徒も、予定がありそうな生徒も、予定はないけど、妄想上ではかなり良い事が起こりそうな生徒も!!
明日のクリスマスイブの予定と欠席届を今日のうちに送ってこい!
 
あしざわ教頭「大丈夫ですか?今日の段階で妄想を膨らませていると、明日何にも無い時に痛い目を見ますよ」
 
とーやま校長「まあ、実際に予定がある生徒もいるだろうけど、幸せになる予感だけがしてる生徒もいるだろうよ。でも12月23日は、全員ドキドキしていていい日なの!! だって明日はクリスマスイブだよ?  何が起こるか分からないじゃん! 今なんにもないカッサカサな生徒も、奇跡起こるかもしれないじゃん! なんだよ!あしざわ教頭、オラフみたいな顔してるのに!」
 
あしざわ教頭「何を言ってるですか。僕はオラフに似てないですよ」
 
とーやま校長「もうまったく!! このニンジンを付けて…!」
 
141223_sol03.jpg


あしざわ教頭「やあボク、オラフ。ギューって抱きしめて」
 
とーやま校長「出た!! オラフ!」
 
今日の授業はあしざわ教頭は改め、「アナと雪の女王」のオラフがお届け!!
 
141223_sol08.jpg

 
ミライの歌姫 ソフィア 千葉県 16歳 女 高校1年生
 
あしざわ教頭「もう幸せがだいぶ声から零れてきてるね! 表面張力を超えちゃってるよ!」
 
ソフィア「えへへ(照)」
 
とーやま校長「確認しておくけど、ソフィアは明日SCHOOL OF LOCK!を…」
 
ソフィア「休みます!!」
 
明日は彼氏とお台場でデートをするというRN ミライの歌姫 ソフィア!!
彼氏は同じ歳で、付き合って5カ月になるそう!!
 
ソフィア「お互い、バンドのボーカルをやってて…」
 
あしざわ教頭「ボーカル同士が付きあうなんてニュースだよ!!」
 
ソフィア「それで話が盛り上がって…7月に彼氏の方から告白されました!」
 
実はRN ミライの歌姫 ソフィアも彼の事が気になっていて、両想いだったそう!!
 
あしざわ教頭「あるんだね! 両想いって!!」
 
とーやま校長「そこからはけっこう色んな所に遊びに行ってるの?」
 
ソフィア「いえ、夏に花火大会と3ヶ月記念に水族館に行っただけなんです。彼がバイトもしてて忙しくて…」
 
とーやま校長「じゃあ明日のクリスマスイヴが3回目のデート!?」
 
ソフィア「そうです!」
 
とーやま校長「一番楽しい時期じゃん! いや〜! どこに行くんでしたっけ???」
 
ソフィア「お台場です! イルミネーションを見に行きます!」
 
とーやま校長「これは楽しいね!!」
 
他にも、まだ一緒に写真を撮った事が無いので、プリクラを撮りたいんだって!
 
とーやま校長「いいじゃん! きっとクリスマス仕様になってるだろうし! ちなみにクリスマスプレゼントは…?」
 
ソフィア「お互い、中身は内緒で用意してます!!」
 
あしざわ教頭「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」
 
とーやま校長「明日、楽しみだね! これ、イルミネーション見て、プレゼント交換してとかあるけど、ソフィアはチューとかは…どうなの…!?」
 
ソフィア「まだしたことないから、そこまで持ち込めたらなぁって…!」
 
校長・教頭「“持ち込めたらなぁ”!!」

141223_sol06.jpg

 
生徒のあったか〜いクリスマスイブの予定を聞いてドロドロと溶けてしまったあしざわオラフ!!! 

オラフ「あ、あ、あ…もう溶けちゃう」
 
とーやま校長「オラフ〜!! ソフィアが熱過ぎてもうニンジンしか残ってない! どうしよう! 寒い事を言えばいいのかな! “ふとんがふっとんだ”!!」
 
141223_sol01.jpg

 
オラフ「オラフだよ〜」
 
とーやま校長「元に戻った!! 良かった!(笑) お台場は寒いから気を付けてな!」
 
オラフ「明日はね、ギューっと抱きしめられてね♪」
 
141223_sol07.jpg

 
坂井アユ 大分県 18歳 女 高校3年生
 
あしざわ教頭「元気だな〜!! 溢れてるな〜!」
 
とーやま校長「明日はSCHOOL OF LOCK!を…」
 
坂井アユ「休みます!!」
 
とーやま校長「じゃあ恋人がいるの?」
 
坂井アユ「いません。スーパーで知り合ったお兄さんと花火大会に…!」
 
あしざわ教頭「ちょっと待って置いていかないで!! どういう事!?」
 
近所のスーパーでよく、あるお兄さんによく会計をしてもらっていたというRN 坂井アユ!
そのスーパーは9月に閉店してしまったが、最終日にスーパーに行くと、いつも会計をしてくれていたお兄さんから、電話番号を渡されたそう!!
 
あしざわ教頭「レジのお兄さんが売られてたって事!?(笑)」
 
とーやま校長「これどうやって渡されたの?」
 
坂井アユ「レシートの裏に番号が書いてあって…!」
 
校長・教頭「うわ〜〜!!!(感嘆)」
 
それからそのお兄さんと連絡を取り合い、11月の終わりにクリスマスの予定を聞かれたそう!
 
坂井アユ「私が“何も無いよ”って答えたら、向こうが“俺がお前のサンタになっちょるけん!”って言われました!!」
 
校長・教頭「おおおーーーー!!!!」
 
141223_sol09.jpg


あしざわ教頭「ははは…ははは……」
 
とーやま校長「あ!! ちょっと早いな!! あれ教頭?」
 
オラフ「オラフだよ…溶けちゃったよ…」
 
とーやま校長「どうしよう! ヤ―!! ヤ―!! ヤ―!! 気合いを入れてヤ―ヤ―ヤ―!!」
 
オラフ「オラフです!!」
 
とーやま校長「寒いギャクだけじゃなくてよく分からない芸でも戻るのか(笑)」

141223_sol02.jpg

 
明日は、そのお兄さんと冬の花火大会を見に行くというRN 坂井アユ!!
 
とーやま校長「花火大会が始まるまでは何をするの?」
 
坂井アユ「お好み焼きを食べます!!」
 
あしざわ教頭「いいね! ちなみに坂井アユはクリスマスに男の子と一緒に過ごすのは…?」
 
坂井アユ「初めてです!」
 
とーやま校長「そっか…! でもこれまだ付き合ってるわけじゃないんだよね。何か言うの? どうするの?」
 
坂井アユ「告白してほしい!」
 
あしざわ教頭「まあね。でもレシートの裏に番号書いて渡されて、さらに何を言われたんだっけ?」
 
坂井アユ「“俺がお前のサンタになっちょるけん!”」
 
とーやま校長「しかもそれが24日のイヴだよ!! これは期待して良いよ!!」
 
あしざわ教頭「プレゼントの中から彼が出てきたりしてね!」
 
校長・教頭「マジかよ〜!! 良いな〜!!!!」
 
とーやま校長「休んでよし!! クリスマスを楽しんでこい!」
 
オラフ「抱きしめられておいで〜!」
 
141223_sol10.jpg

 
とーやま大好き系男子ランプ 愛知県 17歳 男 高校2年生
 
男子ランプ「お久しぶりです! とーやま大好き系男子ランプです!」
 
あしざわ教頭「また新しいキャラクターが出てきましたね〜!(笑)」
 
とーやま校長を支持し続けている、RN とーやま大好き系男子ランプ!
最近のとーやま校長の良い所は“フテイヌ”だそう!(笑)
 
とーやま校長「お前は明日SCHOOL OF LOCK!を…」
 
男子ランプ「明後日休みます!!」
 
昨日、12月22日に誕生日だったというRN とーやま大好き系男子ランプ!
21日から22日に日付が変わる時、クラスの女の子から電話が掛かってきて、“お誕生日おめでとう!”と言われたそう!!
 
男子ランプ「それでその流れで、雑談しててたら“ランプくんって好きな人いるの?”って言われて」
 
あしざわ教頭「なんかジャブみたいなの打ちこまれてるね…!」
 
男子ランプ「俺は向こうにも“好きな人はいるの?”って聞き返したんです。それでどんどんお互いの好きな人の条件を絞っていったんですよ…」
 
とーやま校長「おお…!」
 
男子ランプ「それで、“ここまで来たんだから言おうよ!!”ってなって…とーやま校長には申し訳ないんですけど…彼女ができました!!」
 
校長・教頭「うわ〜〜!!」
 
とーやま校長「うん。置いていかれた感はあるけど……おめでとう!!!」
 
あしざわ教頭「いや〜すごい!!!」
 
その彼女とは元々音楽の趣味が合って、先日[Alexandros] 先生主催のディスフェスにも彼女から誘われていたそう!
 
あしざわ教頭「もうその時には彼女はランプの事が好きだったんだね!」
 
男子ランプ「たぶん。僕は意識をしてました!(照)」
 
25日は2人でカラオケに行く予定!
 
男子ランプ「お互いの好きな曲を歌ったり…あとはRAD先生の『ふたりごと』?」
 
とーやま校長「聞くなよ〜疑問形にするなって(笑)」
 
他にも…RN とーやま大好き系男子ランプが以前聴かせてあげた弾き語りがすごく彼女に喜ばれたそうなので、25日もギターを弾こうと思っているそう!!
 
男子ランプ「お互いプレゼントする事になって…。向こうはイヤホンが欲しいって言ってたのでそれを買おうと思ってるんですけど、俺は特に今欲しいものが無くて“ギターのピックが良いな”って頼んだので、彼女から貰ったピックで何かやりたいって思って…」
 
とーやま校長「いや〜いいね!!!」
 
141223_sol11.jpg

 
あしざわ教頭「あははははははは…」
 
とーやま校長「これ来てるね…」
 
オラフ「オラフだよ♪ もう溶けちゃう…」
 
とーやま校長「じゃあ明後日は彼女と一緒に楽しんでこい!!」
 
オラフ「ギューっと抱きしめられて、溶けちゃいなよ♪」
 
とーやま校長「そういう事もあるの!? とーやま大好き系男子ランプ!?」
 
男子ランプ「あるんじゃないですかね!!」
 
141223_sol13.jpg

 
のぼりやまてつみち 広島県 16歳 男 高校1年生
 
他の3人と同じく、明日明後日のSCHOOL OF LOCK!は休むというRN のぼりやまてつみち!
 
とーやま校長「今は彼女はいるの?」
 
のぼりやまてつみち「いないです!」
 
校長・教頭「いない…?」
 
どんな予定が入っているのか聞いてみると…!
 
のぼりやまてつみち「明日は始発電車に乗って、新潟の筒石駅に行きます!!」
 
とーやま校長「広島から新潟に!!?? これは誰かに会いに行くのか?」
 
のぼりやまてつみち「いえ、ただ駅を見るだけです」
 
校長・教頭「駅を見るだけ…?」
 
とーやま校長「え!? 待って! 俺わからない!!!!」
 
2015年4月に北陸新幹線の開通と共に、JRからえちごトキめき鉄道の駅となる筒石駅。
JRの駅から外れてしまうとーやま校長「青春18きっぷ」では行く事ができなくなってしまうため、今のうちに行きたいと計画したそう!!
 
のぼりやまてつみち「筒石駅はトンネルの中にある珍しい駅なんですよ!」
 
とーやま校長「そっか鉄道が大好きだから駅を見に行きたいんだな!! でもこれってクリスマスイヴじゃなきゃダメなの?」
 
のぼりやまてつみち「いや、全然そんな事無いですけど…クリスマスとイヴを電車と一緒に過ごしたいんです!」
 
あしざわ教頭「そっか〜!! 電車が恋人なんだな!!」
 
広島県を朝の4時に出発して筒石駅に到着するのは夕方5時!
13時間電車と共に過ごす事に!
 
のぼりやまてつみち「超嬉しいです!!」
 
とーやま校長「これはオラフさんは…」
 
141223_sol14.jpg

 
あしざわ教頭「微塵も出てくる余地が無いよ! だって電車に抱きしめられて溶けるって怖いもん!!(笑) これ電車に載ってる間は何をするの?」
 
のぼりやまてつみち「宿題やってます」
 
あしざわ教頭「宿題!!(驚) クリスマスに普通に宿題をやるのか!」
 
のぼりやまてつみち「あとは音楽聴いて、アニメ見るみたいな」
 
あしざわ教頭「景色を見ろよ!!」
 
のぼりやまてつみち「景色も見ますけど、『アオハライド』とか…」
 
あしざわ教頭「たしかにリアルにライドしてるけど…!」
 
とーやま校長「でも電車にもカップルはたぶんいるだろう?」
 
のぼりやまてつみち「そこは気にしたら負けです!」
 
さらにRN のぼりやまてつみちは筒石駅を見た後、富山駅に移動して、夜行バスに乗り大阪駅へ!
25日は大阪駅から名古屋駅に行って名古屋鉄道の写真を撮影!!
名古屋から天王寺駅を経由して広島に戻るという、一泊二日の弾丸ツアーだそう!!
 
あしざわ教頭「これは楽しそうだな!!」
 
のぼりやまてつみち「もう眠れません!」
 
あしざわ教頭「いやそこは寝たほう良いよ!」
 
のぼりやまてつみち「あと4時間後には出発なので…!」
 
あしざわ教頭「そっかもうすぐか!」
 
とーやま校長「気を付けて行ってこいな!! 楽しそうだ!!」
 
黒板の時間!
今日はとーやま校長ではなく…オラフに書いてもらう事に!!
  
141223_sol15.jpg

 
『 明日みんなだきしめられてとけちゃいなよ 』
 
141223_sol12.jpg

 
とーやま校長「もう人と人との熱さで溶けちゃえと!!」
 
オラフ「その通りだよ。あとは彼氏、彼女から寒いギャグを貰って元に戻ればいいからね〜♪」
 
とーやま校長「良い言葉が貰えた! 明日、明後日は心おきなく休んでいいぞ!」
 
オラフ「メリークリスマス♪」
 
とーやま校長「あれ? プーさんじゃないですよね?」
 
???「ハチミツ…」
 
とーやま校長「やめろ! キャラがぶれるのやめろ!!」
 
オラフ「キャラが溶けそうだよ〜」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

141223_fax01.jpg
RN りょ〜ちゃん

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ミライの歌姫 ソフィア 千葉県 16歳 女
坂井アユ 大分県 18歳 女
とーやま大好き系男子ランプ 愛知県 17歳 男
のぼりやまてつみち 広島県 16歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 誰もが / 片平里菜
22:28 僕に彼女ができたんだ / SHISHAMO
22:41 スノーマジックファンタジー / SEKAI NO OWARI
23:23 転校生 / クリープハイプ
23:39 You're So Sweet&I Love You / [Alexandros]
23:48 銀河鉄道の夜 / 銀杏BOYZ
23:52 雪に願いを / 槇原敬之
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
いーなー、とてもうらやましいなー、いーなー
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
新しいキャラ、溶けないようにしないと〜
メリクリ〜
 
オラフ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141222_sol01.jpg


『 スマホ 』
 
なんと!明日より様々なニュースをさくっと見る事が出来るニュースキュレーションアプリ「SmartNews」の中に SCHOOL OF LOCKの専用チャンネルが設置!!
これからこのSCHOOL OF LOCK!から生まれた様々なニュースを毎日、たくさんこの「SmartNews」の中でチェックする事が出来るようになるぞ!
 
今後のゲスト情報や予定などはもちろん!
初解禁情報、各アーティストLOCKSの内容もダイジェストで見れたり…
女子クラスの中で話題になったものが改めて読めたりもする!!
 
このは「SmartNews」「iOS・Android」共にアプリがあるから、ぜひ、ダウンロードしてSCHOOL OF LOCK!NEWSをチェックしてくれ!!

141222_sol02.jpg
 

今夜のSCHOOL OF LOCK!は、
9mm Parabellum Bullet 菅原卓郎先生が生放送教室に登場!
 
我が校の技術の講師、通称テクの講師、9mm先生!!
今年は、閃光ライオット2014の時に「9mmとコピバンライオット」と題して、閃光ライオットと同時開催のコピバンライオットのステージに登場 するミュージシャンに、直接バンドの練習につき合ってくれて…我が校とは深い関係になっているぞ!
 
菅原卓郎先生を迎えてお送りする授業は…!
「9mmと煩悩ライオット」
 
2014年ももうすぐ終わり!
「来年に持ち越したくない」
「出来れば2014年で消し去りたい」
そんな煩悩を募集!
 
今夜はそんな108つ以上はあるだろう、キミが負けそうな煩悩を教えてくれ!
それを我が校の技術の講師、通称1000のテクを持つ男、9mm Parabellum Bullet先生がその煩悩を撃ち抜いてくれるぞ!
 
そして現在発売中の9mm先生のニューシングル『生命のワルツ』の感想書き込みも待っています!!
 
141222_sol04.jpg

 
生放送教室には9mm Parabellum Bullet・菅原卓郎先生登場!!
 
本日はギターを持って来校してくれました!!
 
とーやま校長「3ヶ月ぶりの来校なんですけど、我が校の教頭先生が3代目に…あれ?」
 
卓郎先生「久しぶり!」
 
あしざわ教頭「うん! 久しぶり!」
 
とーやま校長「仲良いな!! 嫉妬しちゃうから〜!!」
 
あしざわ教頭、なんと卓郎先生とも太いパイプがあったんです…!!
 
卓郎先生「彼(あしざわ教頭)は暗躍してますからね(笑)」
 
141222_sol03.jpg

 
9mm先生は「生命のワルツ」が9月に配信シングルとしてリリースされましたが、その曲を含むシングルが12月10日に今度はCD盤としてリリース!!
結成10周年イヤーの最後を飾るこのシングルについて、まずは話を聞いていきました!! 
 
とーやま校長「9月の時も話をさせてもらったんですけど、圧巻ですね!!」
 
あしざわ教頭「校長、“もう全部だ!!”って言ってたもんね!」
 
とーやま校長「テク全部入り!! 出し惜しみしないですよね!」
 
卓郎先生「そうですね。10周年記念って事で、これをシングルで出すやつはいないでしょうね!」
 
9月に配信リリースだったこともあり、夏のライブではすでに披露されていた『生命のワルツ』!!
9mm先生にとってはCD盤のリリースがとても待ちどうしかったそう!
 
卓郎先生「ツアー中に育っちゃって、昔の曲を肩を並べるくらいですよ!!」
 
とーやま校長「やっぱり反応がすごいんですか?」
 
卓郎先生「最初はみんな、“全部盛りだ!”って事にあっけにとられてますね(笑)」
 
とーやま校長「これ本を読んでいる時にラジオから聴いたら、絶対に読むのが止まりますもん!!」
 
卓郎先生「集中力をかき乱しますもんね」
 
 
♪ 生命のワルツ / 9mm Parabellum Bullet
 
 
あしざわ教頭「こりゃあ止まるよね!」
 
とーやま校長「今受験勉強のシーズンだから、やってるやつはさらに加速するだろうし、眠気が来てたやつはハッと目が覚めますよ!!」
 
卓郎先生「3分半でリフレッシュしてもらって…! この曲の間はピクリとも動かないっていうね(笑)」
 
141222_sol12.jpg

 
さらに今回のシングルには新曲『オマツリサワギニ』『EQ』も収録!! 
 
あしざわ教頭「『オマツリサワギニ』にはタイトルに“オマツリ”って入ってるように“和”の要素があって、それがギターで始まるとあんなに不思議な世界観になるんだなって思いました!!」
 
卓郎先生「なんか“土着的なリズムにするんだ”って滝が作ってきたんだけど、土着って突き詰めていくと太鼓とか原始的な楽器を叩くイメージで」
 
この『オマツリサワギニ』も前回のツアーで既に披露しているとの事!!
 
あしざわ教頭「9mm先生の曲ってなんか哀愁があるんですよね。激しいんだけど、声とか、色んな要素に哀愁を感じてそこがカッコイイんですよね〜」
 
卓郎先生「自分達が哀愁を感じたいってのがあるかも(笑) “自分達が好きな物をやろう”ってやっているんだけど、こういうものになるからね」
 
141222_sol05.jpg

 
そして、菅原卓郎先生ですが、なんと2015年「菅原卓郎 弾き語りツアー 2015」を開催予定!! 
 
とーやま校長「これはアコギ1本持ってってことですか…?」
 
卓郎先生「そうですね」
 
あしざわ教頭「まさに今の状態だ…!」
 
今まで、イベントに呼ばれて弾き語りをやったり、9mm先生4人でアンプラグドライブを行ってきた事はありましたが、菅原卓郎先生がソロで弾き語りツアーをやるのは今回が初めて!!
 
卓郎先生「1人でツアーしてみるかって思って。人から“やってみたらいいんじゃない?”って言われたのもあるんですけど、修行かなって思って。そもそも1人で歌うのは好きだから」
 
とーやま校長「これは9mmの曲をやるんですか?」
 
卓郎先生「まずは9mmの曲ですね」
 
あしざわ教頭「バンドサウンドガッツリじゃないですか!! 1人でどうやってやるんですか…!?」
 
卓郎先生「それは言っちゃうと…できないものもありますね!(笑)」
 
とーやま校長「そうだよね!(笑)」
 
卓郎先生「どうしてもできない曲はある!!(笑) それはやらないんだけど、今まで弾き語りで呼ばれた時にやった曲はやっていこう思ってて。あとは自分の好きな曲を…9mmとか関係なく…」
 
あしざわ教頭「カヴァー曲ってことですか!」
 
卓郎先生「うん。あとはこのツアーのために曲を作って、その後、9mmでやる事もあるかもね!」
 
とーやま校長「新曲を!!」
 
卓郎先生「ただやらなかったら…ボツになったと思ってください(笑)」
 
とーやま校長「かみじょう先生が“これ…違うな”って言ったりって事ですね(笑)」
 
141222_sol13.jpg

 
さあここからは本日の授業!!
「9mmと煩悩ライオット!」をお届け!
 
今夜は生徒からは「来年に持ち越したくない」「出来れば2014年で消し去りたい」そんな煩悩を募集しましたが…!
 
ちっぴはっぷばーん 岩手県 16歳 男 高校1年生
 
とーやま校長「お前は今、どんな煩悩があるわけ?」
 
ちっぴはっぷばーん「黒タイツ女子の足をついつい見てしまう事です!」
 
3人「(笑)!!」
 
あしざわ教頭「これは煩悩中の煩悩来ましたね〜!!」
 
卓郎先生「ジャスト煩悩!!」
 
とーやま校長「黒タイツってことは靴下ではないのか?」
 
ちっぴはっぷばーん「夏だと靴下も見ちゃいます」
 
卓郎先生「靴下もたしなむのか…(笑)」
 
冬になって黒タイツの女子が増え、ついついに見てしまうというRN ちっぴはっぷばーん!
 
ちっぴはっぷばーん「タイツの透け感とか厚みとかが良いんですよ!」
 
とーやま校長「色んなタイプの黒タイツがあるってことか!」
 
あしざわ教頭「どれが一番好きなの!?」
 
ちっぴはっぷばーん「ちょっと透けている感じが…!」
 
卓郎先生「煩悩だな〜!!」
 
ちっぴはっぷばーん「肌の色がちょっと見えてるのが良いんです」
 
登下校中だけではなく、授業にもついつい見てしまうそう!!
 
とーやま校長「それはただボーっと見てるの?」
 
ちっぴはっぷばーん「いえ、ちょっとゾクゾクして興奮しながら…」
 
あしざわ教頭「もうダメだ…(笑)」
 
とーやま校長「ほぼもうアウトだよ!」
 
141222_sol06.jpg

 
卓郎先生「煩悩って“黒タイツを見ちゃう! ダメだ〜!!”って思い悩む事を言うんですよ。でもこれは“最高だ〜!!”って言っちゃってるのはもう煩悩じゃなくて邪心だよ!(笑)」
 
とーやま校長「確かに!!(笑) お前今年いっぱいでやめる気無いだろ!?」
 
ちっぴはっぷばーん「いえ、なるべく今年には…!(笑)」
 

わかる。
すげえわかる!!朝の登校の時とか前の子のタイツみちゃうよな!!最高だよな!!!!( ´ ▽ ` )b
ギョエー
男/17/群馬県
2014/12/22 22:48



あしざわ教頭「共感の声がすごいです!」
 
とーやま校長「でもこれは黒タイツの女子をみんな見ちゃうの? カワイイ子だけとか?」
 
ちっぴはっぷばーん「足の形がキレイな女の子を見ちゃいますね。ふくらはぎから足首のラインがキレイになっていると…」
 
卓郎先生「職人か!!」
  
とーやま校長「じゃあ顔は関係無いんだ! 匠の域まで到達してるな!!」
 
卓郎先生「これを自分で宣言してるとアウトですけど、思う事って断ち切れないんじゃないですか。だから考えるだけならOKか…」
 
ちっぴはっぷばーん「はい!! ありがとうございます!」
 
あしざわ教頭「喰い気味に返事をするんじゃないよ!!(笑)」
 
卓郎先生「“やった〜!”みたいに言うな!(笑) バレたら即アウトだからね。同志からのメールは届いてるからさ」
 
とーやま校長「明日の学校ではどうするの? 見るの?」
 
ちっぴはっぷばーん「凝視します!」
 
卓郎先生「いや凝視はダメだろ!!」
 
141222_sol16.jpg

 
ひなこ 東京都 16歳 女 高校2年生
 
ひなこ「エナジードリンクがやめれられないんです!!」
 
とーやま校長「エナジードリンク! 卓郎先生は飲まれますか?」
 
卓郎先生「俺は飲まないですね。ただ和彦とか滝は飲むけど…」
 
あしざわ教頭「ライブ前とかですか?」
 
卓郎先生「ライブ前ですね。和彦は会場に着くなり飲んでて、“俺は味がウマイから飲んでる”って言ってますね〜」
 
とーやま校長「ひなこはそもそも、なんでエナジードリンクを飲むようになったの?」
 
ひなこ「私、9mm先生が大好きで…。それで和彦先生が飲んでいる所を見て、“私も飲んでみたいな”って思って飲んでみたらドハマリですね!」
 
卓郎先生「それは申し訳ない!」
 
RN ひなこもバンドをやっていて、9mm先生の曲を演奏したりしている!!
エナジードリンクはライブ前に飲むそう。
 
とーやま校長「やっぱり変わるの?」
 
ひなこ「変わりますよ〜〜!」
 
卓郎先生「“何言ってるんですか! 変わるに決まってるじゃないですか!!”って感じだね(笑)」
 
ひなこ「私、常に眠いんですよ。それでライブ前に飲むとシャキッと目が覚めてギターが弾けます!!」
 
とーやま校長「でも、これは今年中にやめたいんだよね? なんで?」
 
ひなこ「ちょっとお金が……!」
 
141222_sol07.jpg

 
和彦先生と同じでエナジードリンクの味が大好きで1日1本飲んでいるというRN ひなこ!
1本300円×30日分で計算すると…1ヶ月で9,000円もエナジードリンクに使っている事になる!!
 
とーやま校長「お前マジで!! お小遣いとかあるの?」
 
ひなこ「バイトしてます!」
 
あしざわ教頭「一日のバイト代がエナジードリンク消えてしまってるよ!」
 
とーやま校長「他に欲しい物は無いの!?」
 
ひなこ「9mm先生の曲をコピーするためにエフェクターを揃えたいっていうのはあるんですけど…」
 
卓郎先生「ああ、先月我慢してたら買えたよ〜」
 
今日も学校で1本飲んでしまったそう。
 
とーやま校長「学校であんまり見たくないぞ! 好きな女の子がエナジードリンクを飲んでバキッとしてるなんてさ」
 
卓郎先生「高2だから、外からエナジーを補給しなくても溢れていると思うんですよ。だから自分の中のエナジー待ちをしてみたらどうかな?」
 
とーやま校長「エナジー待ち!!」
 
卓郎先生「飲みたいなって思ったら、“エナジー待ちしてみよう”って思ったらいいんじゃない?」
 
とーやま校長「これならお金も溜まるしいいね! ちょっと1回やってみよう!」
 
ひなこ「え!?」
 
…………………
 
……………

………
 
ひなこ「え!?」
 
とーやま校長「ゴメン!! こっちが悪かった!(笑) バンド活動頑張って!!」
 
 
♪ EQ / 9mm Parabellum Bullet
 
 
あしざわ教頭「ちなみにエナジー待ちってなんですか?」
 
卓郎先生「エナジー待ちを知らないんですか?」
 
とーやま校長「じゃあやってみたらいいわけ???」
 
あしざわ教頭「あ、まあそうですけど…」
 
141222_sol14.jpg

 
とーやま校長「うううう……………」
 
141222_sol15.jpg
 
 
とーやま校長エナジーーーーーーーィ!!
 
♪〜ゴーン(鐘の音)〜
 
卓郎先生「(笑)!!」
 
あしざわ教頭「煩悩の音が鳴りましたけど…(笑)」
 
とーやま校長「エナジーが溜まってるって事だよ! 溜まらないと鐘は鳴らないからね!」
 
141222_sol08.jpg

 
それでは黒板の時間です!!
本日は9mm Parabellum Bullet 菅原卓郎先生に書いてもらおうと思ったのですが…!
 
卓郎先生「黒板の代わりに1曲弾いていいですか?」
 
とーやま校長「嬉しい…!」
 
141222_sol09.jpg

 
最後は卓郎先生にこの曲を弾いてもらいました!!
 
 
♪ 黒い森の旅人 (Studio Live) / 菅原卓郎 (9mm Parabellum Bullet)
 
 
141222_sol10.jpg

 
とーやま校長「ありがとうございます!!」
 
あしざわ教頭「ゆっくりと煩悩が天に帰っていくようでした!」
 
卓郎先生「それなら嬉しいですね!」
 
とーやま校長「やっぱり優しいですね!」
 
あしざわ教頭「声が良いのよ〜! 優しさと色気が…!」
 
卓郎先生「いやいや〜!」
 
とーやま校長「卓郎先生の弾き語りと9mm先生のバンドだとまた曲の顔が違うんですよ!! 卓郎先生! 今年は色々とお世話になりました!! 来年からもよろしくお願いします!!」
 
141222_sol11.jpg

 
9mm Parabellum Bullet先生、本日はありがとうございました!!
来年からもよろしくお願いします!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141222_fax01.jpg
RN こいティス
 
141222_fax02.jpg
RN 穂月
 
141222_fax03.jpg
RN 穂月

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ちっぴはっぷばーん 岩手県 16歳 男
ひなこ 東京都 16歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 MIETA / 木村カエラ
22:25 クルクル ミラクル / 篠原ともえ
22:38 生命のワルツ / 9mm Parabellum Bullet
23:16 GAME / Perfume
23:22 Hold Your Hand / Perfume
23:41 EQ / 9mm Parabellum Bullet
23:46 黒い森の旅人 (Studio Live) / 菅原卓郎 (9mm Parabellum Bullet)
23:52 オマツリサワギニ / 9mm Parabellum Bullet
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
卓郎先生! エナジーまた注入しますよ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
卓郎先生のおかげで煩悩が浄化されました!
ありがとうございました!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141218_sol01.jpg

  
『 新プロジェクト 』
 
今週の月曜日から水曜日までは受験生応援3DAYS!
新たなプロジェクトが続々スタートしてるけど、みんなチェックしてるかな?
 
月曜日!…「おなかレスキュー隊」
火曜日!…Toppa発売記念スペシャル!
水曜日!…「絶対!合格宣言!」
 
そして!今夜新たなプロジェクトがスタート!
 
とーやま校長「来たる春! お前と友達に、一生忘れられない一日をプレゼント!」
 
あしざわ教頭「二人の思い出をサポートするのは…東京ディズニーリゾート®!」
 
キミとと友達の忘れられない一日をプロデュースするのは…!
とーやま校長あしざわ教頭!!
 
大切な時間を共有してきた友達と、もっともっと仲良くなって絆を深めて欲しい!
そんな思いを込めて、今夜スタート!!!
 
SCHOOL OF LOCK! 友情パスポートプロジェクト Supported by 東京ディズニーリゾート®!!
 
卒業、クラス替え、転校、留学。
この春、離ればなれになってしまう友達と、さらに友情を深めたい友達と、一生忘れられない一日を過ごしてもらうべく、東京ディズニーシー®に招待!
 
今回、校長と教頭二人が、みんなの友情をさらに深めるべく!
東京ディズニーシー®のおすすめツアーをそれぞれ制作!
とーやま校長レコメンドツアー
あしざわ教頭レコメントツアー
どちらのツアーがいいか選んで応募してくれ!
 
さらに当日は、校長と教頭もツアーに参加するぞーーーー!!
 
141218_sol02.jpg


この友情パスポートプロジェクトを東京ディズニーリゾート®が完全バックアップ!
友達と一緒に東京ディズニーシー®に「春のキャンパスデーパスポート」で招待!
交通費や宿泊費も完全サポートしてくれるぞ!
 
さぁ、今すぐ友達を誘って「友情パスポートプロジェクト」に参加してくれ!
 
今夜は早速、
『友情パスポート』に一緒に参加したい友達や仲間とのエピソードを聞いていきたい!
一生忘れられない一日を過ごしたい友達の思い出を学校掲示板とメールに書き込んでくれ!
 
141218_sol03.jpg

 
ハラハラドキドキが止まらない、ノリノリなとーやま校長レコメンドツアー!!
 
ショーや期間限定のスィーツもバッチリ!! 優雅なあしざわ教頭レコメンドツアー!!
 
そしてもう一人!! 我が校の仲間もこのプロジェクトも参加!!
川口春奈ちゃんも友達の友情をバックアップ!
 
はるるオススメのアトラクション!!
「タワーオブテラー」は1月6日(火)〜3月20日(金)の期間は、新バージョン「タワー・オブ・テラー:Level13“シャドウ・オブ・シリキ”」
呪いの偶像“シリキ・ウトゥンドゥ”がパワーアップ!さらなる超常現象を引き起こすぞ!!!
 
とーやま校長「それぞれのツアーを楽しんだあと…最後ははるるがお勧めしてくれた『タワー・オブ・テラー』で、一日の思い出を思いっきり叫ぼう!!」
 
141218_sol04.jpg

 
それでは「友情パスポートプロジェクト」に参加したい生徒に逆電!!
 
麻飛 福島県 15歳 女 中学3年生
 
中高一貫校に通っているというRN 麻飛。
友情パスポートプロジェクト”に参加して、一緒に東京ディズニーシー®に行きたいのはどんな友達なのか…?
 
麻飛「薙刀部の部をやめてしまうと友達です」
 
中高一貫校なので6年間同じ部活を続けることができるという、RN 麻飛の学校。
友達は進路の為、中学で薙刀部をやめるそう。
 
麻飛「3年間辛い練習を乗り切ったり、一緒に遊んだり、恋のキューピットをしたり…一緒にSOLの公開収録にも参加しました!!」
 
とーやま校長「福島の秋夜祭か!! 教頭がバジェットの関係で来れなかったやつね!」
 
あしざわ教頭「言わなくていいんだよ!!」
 
麻飛「私、“子羊コーフン野郎!!”って叫んだんですけど、誰も乗ってくれなくて…(笑)」
 
あしざわ教頭「懐かしいな!(笑)」
 
とーやま校長「それで、書き込みを見たらその友達は、部活をやめたって事でちょっと負い目を感じてるんだよね」
 
麻飛「はい。今まで仲が良かったんですけど、部活をやめるって決めてから、距離を感じるようになって。ずっとやってた交換日記もやめたり、部活のみんなでカラオケに行くときも“私はいいよ”って断られてしまって」
 
とーやま校長「部活をやめても友達の関係は変わらないのにな」
 
あしざわ教頭「変な気遣いをしちゃってるんだ」
 
とーやま校長「やっぱりそれは麻飛はどうなの?」
 
麻飛「一番の友達だったのに離れるのは寂しいし、3年間の絆が、部活が変わったからって無くなるのは嫌だなって思います」
 
とーやま校長「うん。これはまず2人で遊んで、どこかのタイミングで“気にしてないよ”って言えたらいいね」
 
あしざわ教頭「東京ディズニーシー®に行こうって誘ってみてほしいな」
 
とーやま校長「一緒に行きたいって言うだけでも嬉しいだろうし。ちなみ俺達のツアー聴いてた?」
 
麻飛「はい!」
 
とーやま校長「どっちがいいのとかある?」
 
麻飛「う〜ん……!!(悩)」
 
とーやま校長「俺は“インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮”で写真を取る時には必ず面白い顔します!!」
 
麻飛「あ〜!!」」
 
あしざわ教頭「俺はその代わりに全部にツッコみます!」
 
麻飛「え〜!! 叫んでも大丈夫ですか!?」
 
あしざわ教頭「全部にツッコみます!!」
 
麻飛「う〜〜ん!! どっちも良いんですけど、友達がカワイイの好きなので教頭コースかな…!」
 
あしざわ教頭「うんうん!! でも全然どっちでもいいよね!! 楽しいから!!」
 
とーやま校長「友達と行ったらどんな事をしたい?」
 
麻飛「一緒に写真を撮ったり、おそろいのものを付けたいです!」
 
とーやま校長「付け耳とかな!! ぜひ参加してほしいわ! ちゃんと声掛けてやってくれ!!」
 
141218_sol05.jpg

 
まいぺーす少女 東京都 15歳 女 中学3年生
 
中1から中3まで毎日一緒に帰ってる友達と一緒に東京ディズニーシー®を楽しみたいというRN まいぺーす少女!
 
とーやま校長「親友じゃんか!」
 
まいぺーす少女「はい!!」
 
とーやま校長「どういう存在なの?」
 
まいぺーす少女「自分がどんなにイライラしてても、毎日一緒に帰ろうって言ってくれる友達です!!」
 
とーやま校長「なかなかできないよ。毎日一緒に帰るってさ」
 
あしざわ教頭「お互いの事を想ってるだな」
 
とーやま校長「ケンカとかもしないの?」
 
まいぺーす少女「中1の時に一方的に嫌いになっちゃって…。それでも毎日一緒に帰ってくれたんです。私、ずっと無言で帰ってしまたんですけど、その時に“ごめんね”って手紙を書いてくれて、もっと仲良くなりました!」
 
あしざわ教頭「超良いやつだな!!」
 
とーやま校長「険悪な時でも想ってくれてたんだな」
 
その友達とは高校で別々になってしまうそう。
 
まいぺーす少女「毎日一緒に帰ってくれる友達がいなくなるのは寂しいですね」
 
とーやま校長「これは行きたいね!! その友達との最高の1日になるから、一緒に楽しんでほしい! ぜひ参加してくれ!!」

141218_sol06.jpg

 
みるきてぃ 愛知県 17歳 女 高校2年生
 
今まで文通で100通以上やり取りしてきた友達と一緒に行きたいというRN みるきてぃ!!
 
校長・教頭「100通!!」
 
みるきてぃ「はい!」
 
とーやま校長「って事はてことは愛知にはいないのか」
 
みるきてぃ「はい、今は東京にいます」
 
中学に入学するタイミングで、向こうが東京に引っ越してから4年間ずっと文通を続けているそう!
 
とーやま校長「そもそも、最初はどっちから送ってきたの?」
 
みるきてぃ「小学校の先生に“渡し忘れた物を送ってほしい”って頼まれて、近況報告を兼ねて手紙を添えて送ったんです。それから返事が来て…」
 
とーやま校長「ずっと続いてるのか…!」
 
みるきてぃ「はい!!」
 
あしざわ教頭「素敵〜!」
 
とーやま校長「だってお互いケータイ持ってるんだろ? LINEとかメールはしないの?」
 
みるきてぃ「あんまりしないです。手書きの文字のほうが気落ちに伝わるなって思っていて…」
 
お互い、部活、恋愛、悩んでいる事を書いていていて、文字の書き方から、相手の想っている事がわかるそう!!
 
もし一緒に東京ディズニーシー®へ行く事になったら、会うのは2年ぶり!!
 
とーやま校長「久しぶりだと緊張するか?」
 
みるきてぃ「緊張しますね!!(汗)」
 
あしざわ教頭「そうだよね。ずっと手紙だったもんな」
 
とーやま校長「でもお互いのことは誰よりもわかってるだもんな。そこで再会して、一緒に巡ってポップコーンを食べたりしてさ…! 後で“あの時のストロベリー味が美味しかったね!”ってまた手紙で書いたりね!」
 
あしざわ教頭「“ミッキーのショーが良かった”とかね!!」
 
とーやま校長「じゃあ二人で参加して、これからも仲良くな!!」
 
みるきてぃ「はい!!」
 
141218_sol07.jpg


『 友情パスポート 』
 
俺達は1人だ。
1人で色々やっていかないといけないし、1人で闘わなければいけない。
でも中には、どうしても1人じゃいけない所だってある。
 
そんな時、友達がいれば、2人で乗り越えられる事がたくさんある!
友達はキミの世界を広げて、さらに遠くまで連れてってくれるパスポートだと思いました。
 
友達と一緒にどこまでも、どこまでも遠くへ旅をしよう!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
麻飛 福島県 15歳 女
まいぺーす少女 東京都 15歳 女
みるきてぃ 愛知県 17歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 スターライトパレード -CAN'T SLEEP FANTASY NIGHT Version- / SEKAI NO OWARI
22:22 少年少女 / 加藤ミリヤ
22:46 二十九、三十 / クリープハイプ
23:22 INORI / サカナクション
23:39 Forever Young / [Alexandros]
23:48 カナリア / Base Ball Bear
23:51 リユニオン / RADWIMPS
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
東京ディズニーシ―®で、友情をもっと強く結ぼう。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
早く行きたい!
東京ディズニーシ―®行きたい!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141217_sol01.jpg

  
『 絶対合格!』
 
今週のSCHOOL OF LOCK!は、月曜から3日間毎日、受験生を応援する授業をしている!
 
月曜日は、この時期 不安な生徒を救うべく、“おなかレスキュー隊”が出動!
昨日は、片平里菜ちゃんが、受験生を応援する曲を作ってきてくれました!
 
とーやま校長「そして今夜からさらに! 受験生を応援する、新授業をスタートする!
 
合言葉は“絶対合格”
 
新授業の名前は…!
 
「絶対!合格宣言!! supported by ベネッセ」
 
受験生のキミの本気の決意「絶対に合格する!」
この宣言を、夜空に響き渡らせてゆく授業!
 
とーやま校長「お前の宣言は、他の受験生たちが戦うための力になり! 何より、お前自身を奮い立たせることになるはず!」
 
今は不安かもしれない! ネガティブなことが浮かぶこともあるかもしれない!
そんな時こそ、キミが描く未来をそのまま叫んでマイナスなイメージを全て吹き飛ばして欲しい!
 
あしざわ教頭「 人の声って不思議な力があるんですよ、絶対!!」
 
この授業をサポートしてくれるのは、この数年、受験シーズンに様々なプロジェクトでわが校の受験生を合格へと導いてくれたベネッセ
 
みんなの声を基にした教材、進研ゼミでお馴染みのベネッセ!
今回は「SCHOOL OF LOCK!と一緒になって、みんなの声を応援したい!」とこの授業のサポートに名乗りをあげてくれました!
 
SCHOOL OF LOCK!では明日から、みんなの受験が終わるまで、毎週月曜日から木曜日まで毎日みんなの合格宣言を届けていきます!
 
明日から3月まで、夜11時ジャストのKIFF&RELEASE明け、11時8分頃に、毎日、誰かの合格宣言が、夜空に響き渡るぞ!
 
とーやま校長受験生のみんなは、この校舎内に設置した留守番電話050-3588-3992にお前なりの“絶対!合格宣言!!”を吹き込んで欲しい!
 
「○○大学に絶対合格して、弁護士になるぞー!」
という宣言はもちろん!!
 
「大好きなあの人と一緒になるために、あの専門学校に絶対合格して、春に告白して、それで、来年の夏は花火に行って、秋には旅行をしたりして、んで、冬は逆に家でのんびりゲームしたり、こたつでトランプやったりして、たまにお互い料理作りあったりして、好きな音楽を一緒に聞いたりもして、とにかく、ユルくて幸せな日々を過ごします!」
こんな願い事でも大丈夫!!
 
志望校の名前を実際に入れてもいいし、入れなくてもいい!
メッセージは、スマホのボイスメッセージと、留守番電話で受け付けます!
 
詳しくは全て、「絶対!合格宣言!!」のサイトに書いてあります!
 
とーやま校長「そして! この授業では、受験生以外の生徒の力も貸して欲しい!」
 
受験生以外の生徒は、受験生の生徒に向けての応援メッセージを吹き込んでくれ!
 
こちらも内容は自由! ボイスメッセージ、もしくは留守番電話050-3588-6747で、受験生へのエールを吹き込んで下さい!
この声も、毎週の授業内でオンエアしていきます!
 
とーやま校長「お前たちの未来を! そして勝利を! この夜空に響き渡らせよう!」
 
141217_sol02.jpg

 
さらに!!
今夜新曲『もっと光を』をオンエアしたBLUE ENCOUNT先生に関する嬉しいお知らせ!!
 
とーやま校長「ブルエン先生が、なんと今月から…! スマホLOCKS!への参加が決定!
 
ブルエン先生のスマホLOCKS!は来週12月26日(金)から毎週金曜日に更新!
 
とーやま校長「ブルエン先生、来週からよろしく!」
 
141217_sol03.jpg


今夜の生放送教室では
早速、みんなの“絶対!合格宣言!!”をこの生放送教室で聞いていくぞ!!
 
白金カイロ 群馬県 18歳 男 高校3年生
 
とーやま校長「まずは声が良いな!! 早速、お前の絶対合格宣言を聞かせてもらえるか!!」
 
「好きな子とデートをするためにも絶対に大学合格する!!」
 
あしざわ教頭「おお! どういう事よ!?」
 
白金カイロ「京都で行われた国際交流プログラムに参加したんです。そこで兵庫県の子に出会ったんですけど、その子が好きになりました!!」
 
一緒のプログラムをやっていたので、LINEグループも作り、その子とも1対1でも連絡を取るように!!
 
とーやま校長「いいね! テンション上がる!!」
 
白金カイロ「それで今日までずっとLINEをして来ました!」
 
あしざわ教頭「それで好きな子とデートするためってどういう事!?」
 
子「僕から受験が終わったら“息抜きがてらどこかに遊びに行きたいね”って誘ったら相手もある程度、乗り気だったので」
 
あしざわ教頭「ある程度!! イイネ!!(笑)」
 
白金カイロ「Facebookでその子が“いいね!”を押している水族館に行きたいと思っています!!」
 
あしざわ教頭「お前はあらゆるSNSを駆使してるな!」
 
とーやま校長「毎日その子の事を考えちゃってるんだな! 勉強はちゃんとできてるのか!?」
 
白金カイロ「はい! そこは区切りを付けてるのでしっかり勉強してます!」
 
とーやま校長「偉いな!」
 
白金カイロ「今まで彼女が出来たことが無かったので」
 
とーやま校長「この子が人生初めての彼女になるかもしれないのか! 俺もできてほしい!!」
 
それでは最後に、校長、教頭、そしてRN 白金カイロの3人であの“4文字”を夜空に叫びます!!」
 
3人絶対合格!!
 
141217_sol04.jpg

 
ナンプレ 兵庫県 15歳 女 中学3年生
 
ナンプレ「あの人に会うため、あの人と同じ部活に入るため絶対合格!」
 
とーやま校長「これはまた恋か!!」
 
ナンプレ「あっはい!(照)」
 
小学校3年生〜5年生までスイミングスクールに通っていたRN ナンプレ!
先日、ある高校の見学会に行った時、その高校の水泳部に行くと…!
 
ナンプレ「スイミングスクールで一緒だった、一歳上の先輩に再会したんです!」
 
あしざわ教頭「おお!!」
 
ナンプレ「私はパッと想い出せなかったんですけど、向こうは覚えてくれていて、話しかけてくれたんです!! それで…小学生の時よりカッコ良くなっていて…!」
 
とーやま校長「その時もテンションが上がっただろ?」
 
ナンプレ「はい! 10月にもう一回高校の見学会があって、そこで先輩に“お前が水泳部に入るの楽しみに待ってる!”って言ってくれたんです」
 
あしざわ教頭「これはあるんじゃないか!?」
 
とーやま校長「全然あるでしょ!!」
 
あしざわ教頭「先輩が逆にアプローチしてるパターンだね! 恋愛自由形始まりました!!」
 
とーやま校長「出た!! 恋のバタフライ始まってます!! じゃあダメ押しだ! 行くぞ!」
 
ナンプレ「はい!!」
 
3人絶対合格〜!!
 
141217_sol05.jpg

 

ふりしゅん 長野県 18歳 男
 
ふりしゅん「今はE判定だけど大学で全てをつかみたい! 絶対合格!」
 
現在、浪人生のRN ふりしゅん!
今は一日15時間も勉強してるそう!!
 
とーやま校長「この“全てをつかみたい”っていうのは?」
 
ふりしゅん「志望校が千葉大学の薬学部なんですけど、薬剤師になるのが夢なんです」
 
小さい頃から薬剤師になるのが夢だったという、RN ふりしゅん。
 
ふりしゅん「去年、クラスメイトが難病で亡くなったんです。それで薬剤師になりたいって想いが強くなりました」
 
とーやま校長「友達のため、自分のために合格したいんだな!」
 
ふりしゅん「はい!」
 
とーやま校長「あと1ヶ月ちょっと!! 自分のやる事は決まってるのか?」
 
ふりしゅん「はい! 完全に見えてます!!」
 
とーやま校長「おし!! じゃあそこに向けて一歩ずつ進んでいった先にあるんだな! 俺は祈ってる!!」
 
あしざわ教頭「俺も祈ってる!!」
 
とーやま校長「想いは例えどこに居ても通じるもんだから! その友達に絶対に届く!! 全てを掴もう!!」
 
ふりしゅん「はい!!!」
 
3人絶対合格ッ!!!
 
141217_sol06.jpg

 
フルート娘☆ 神奈川県 18歳 女 高校3年生
 
フルート娘☆「勉強、バイト、サークル、恋に忙しい女子大生になりたい!!」
 
あしざわ教頭「最高の女子大生だな!」
 
とーやま校長「大学に入ってまず最初に何やりたい!?」
 
フルート娘☆「友達をたくさん作りたいです!」
 
軽音部に入っていてベースが弾けるので大学でも軽音サークルに入りたいそう!!
 
フルート娘☆「あとは…恋愛をしたいです!」
 
とーやま校長「フゥ〜!!」
 
あしざわ教頭「大学に入って、忙しい最高の生活を送りたいと!!
 
とーやま校長「勉強の方はどうなの?」
 
フルート娘☆「後1ヶ月なんですけどたまに気が緩んじゃって、ケータイを見ちゃったりして…」
 
とーやま校長「色々見ちゃうのね。まあそう言う時間もあってもいいとは思うけど、その見てる時間でな〜」
 
フルート娘☆「はい…! そうなんです」
 
あしざわ教頭「自分の行きたい大学にで楽しむ時間が減っていくって事はわかってるんだな」
 
様々な大学のオープンキャンパスに参加して、自分の理想に合った大学を見つけたというRN フルート娘☆!!
 
フルート娘☆「キャンパスが広くて…先輩達も輝いていて…!!」
 
あしざわ教頭「膨らむよな、想像するよな、来年自分がそこで生活してる姿!!」
 
とーやま校長「フルート娘☆は来年4月以降の話をしてる時はすごい楽しそうだ!! 自分の理想通りになるためにはここが踏ん張り時だ。いっちょ気合いを入れなおしておこうか!!」
 
フルート娘☆「はい!!」
 
とーやま校長「神奈川中に届けよう!! せーの!!」
 
3人絶対合格ッ!!!
 
141217_sol07.jpg

 
最後の晩餐はナマコ酢で 北海道 19歳 女
 
今、一年間浪人をしているというRN 最後の晩餐はナマコ酢での合格宣言は…!
 
最後の晩餐はナマコ酢で「グラフィックデザイナーになるために絶対に美大に合格します!!」
 
あしざわ教頭「おお!! これはどこの大学に行きたいのか聞いてもいい?」
 
最後の晩餐はナマコ酢で「多摩美です!!」
 
なんと、あしざわ教頭も通っていた多摩美術大学入りたいそう!!
 
あしざわ教頭「まさにド直球の後輩だ!」
 
最後の晩餐はナマコ酢で「広告の仕事がしたいんです!」
 
箭内道彦先生に憧れて広告の仕事をしたいと思ったそう。
 
とーやま校長「今のところはどうなの? 去年のダメだった部分を克服できてるの?」
 
最後の晩餐はナマコ酢で「けっこう克服できてるんですけど、デッサンが周りより劣っていて…」
 
あしざわ教頭「多摩美のデッサンはレベルが高いんだよね。たまに悩むよな、“物って何なんだろう”って思ったりしてさ。何か苦手な物があるの?」
 
最後の晩餐はナマコ酢で「“手”が苦手です」
 
あしざわ教頭「人体の中でも特に難しいんだよね。複雑な造りをしていて形をとるのが難しい。僕としては、手を1回大きな形ごとに見る。“手のひら”と“指”とかね。細かいところに意識が行き過ぎえて全体が把握できないと上手くいかなくなるから。“手になれ”って思って描くだけでもかなり変わってくるから!!」
 
最後の晩餐はナマコ酢で「へぇ〜〜!!」
 
あしざわ教頭「けっこう筆にの走りにそういう気持ちが乗ってくるから」
 
とーやま校長「直の先輩からのアドバイスすごいね!!」
 

こんばんは!
わたし多摩美のグラフ生です。待ってます!!がんばれ!!
ソポ
女/18/神奈川県
2014/12/17 23:36



あしざわ教頭「おお!! 素敵!」
 
最後の晩餐はナマコ酢で「がんばります!!」
 
とーやま校長「じゃあ最後に合言葉を言おうか!」
 
3人絶対合格ー!!
 
141217_sol08.jpg

 
サッカー選手 メダカ26 石川県 17歳 男 高校3年生
 
サッカー選手 メダカ26「大学に絶対に合格してサッカー部で活躍します!!」
 
小学校1年生から10年間サッカーをやっているRN サッカー選手 メダカ26!!
今は受験勉強の間も、家でトレーニングをして、4月に備えているそう!!
 
とーやま校長「志望している大学でサッカーがしたい理由は何かがあるの?」
 
サッカー選手 メダカ26「その大学のサッカー部は全国大会にも出場していて、高校の全国大会出場者やJリーグのユースチーム所属者もいるので、そこで下剋上を起こしてチームの勝利に貢献したいんです!!」
 
とーやま校長「すごいな!! ちなみに大学名は聞いてもいい?」
 
サッカー選手 メダカ26「北陸大学です!!」
 
あしざわ教頭「俺でも知ってる!!」
 
とーやま校長「そこサッカーするのが夢か! じゃあ早く叶えてほしいな!!」
 
RN サッカー選手 メダカ26のポジションはフォワード!
得意なダイレクトボレーシュートを早く大学でも披露してほしい!!
 
とーやま校長「たまらんね!! 勉強の方はできてる?」
 
サッカー選手 メダカ26「ぼちぼちです!」
 
とーやま校長「じゃあここからピッチを上げていくと! 将来はサッカー選手になりたいの!?」
 
サッカー選手 メダカ26「いえ、体育教師になりたいんです!」
 
今の通ってる高校の体育教師に憧れてなりたいと決意したそう!!
 
あしざわ教頭「生徒をお前の想いで応援してあげたいと!」
 
とーやま校長「今までの10年かのサッカー生活! そしてここでの頑張りが将来の生徒達へ繋がるぞ!! よし!! 来年、4月以降にサッカーをやってる姿を想像していくぞ!!」
 
サッカー選手 メダカ26「はい!!」
 
3人絶対合格ー!!
 
それでは黒板の時間!!
 
とーやま校長「今日冒頭で、『絶対合格』って書いた。それでやっぱりこの言葉しかないと思った!! だからこの言葉にさらに加える形で書きたいと思う!! 教頭も一緒に叫ぼう!」
 
あしざわ教頭「わかりました!」
 

141217_sol09.jpg

 
『 絶対「全員」合格 』
 
校長・教頭「絶対『全員』合格!!!」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141217_fax01.jpg
RN こいティス

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
白金カイロ 群馬県 18歳 男
ナンプレ 兵庫県 15歳 女
ふりしゅん 長野県 18歳 男
フルート娘☆ 神奈川県 18歳 女
最後の晩餐はナマコ酢で 北海道 19歳 女
サッカー選手 メダカ26 石川県 17歳 男
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:09  もっと光を / BLUE ENCOUNT
22:22 デジタルモグラ / ゲスの極み乙女。
22:24 マジック / go!go!vanillas
22:25 緑閃光 / LAMP IN TERREN
22:40 現状ディストラクション / SPYAIR
22:46 Believe in yourself / 阿部真央
22:51 Funny Bunny / the pillows
23:10 イイじゃない? / flumpool
23:19 覚醒アイデンティティ / flumpool
23:32 Fight For Liberty / UVERworld
23:39 again×again / miwa
23:46 勝利の笑みを 君と / ウカスカジー
23:49 Fight Music / SEKAI NO OWARI
23:51 フルドライブ / KANA-BOON
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
すごいぞ! 気合い入りまくった!
いける!!!!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
全員、必ず!! イケるぞ!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
いつもはとーやま校長が書いている黒板を今夜は………!
 
あしざわ教頭「さあ! とーやま校長! 大きな声で読み上げて下さい!」
 
141216_sol01.jpg


『 Toppa 』
 
141216_sol03.jpg


ロッテToppoのSCHOOL OF LOCK!バージョン! Toppa
 
ついに本日から、全国発売がスタート!
 
141216_sol02.jpg


あしざわ教頭「受験生諸君よ! 決戦が迫っているぞ! 私は応援部顧問……あしざわである!」
 
とーやま校長「来た!! いつもは、金曜日にしかいらっしゃらない顧問が!」
 
今年で第9弾となるToppa!
これは、この学校の生徒みんなでつくった勇気のお菓子!
 
今回も、受験生の心の支え、勇気のお守りとなるべく!
裏パッケージを飾るのは、わが校の生徒から選ばれた“Toppaモデル”
彼らが持つ黒板には、同じく我が校の生徒が考えてくれた “勇気の言葉”
 
パッケージは全部で6種類!
それぞれの裏面には、Toppaモデル6組が、黒板に書かれた、“勇気の言葉”を手にしている!
 
141216_sol04.jpg
141216_sol05.jpg
141216_sol06.jpg

さらに、このパッケージの中にある、お菓子を包む、内装パッケージ!
そこには、とーやま校長とあしざわ教頭からの“勇気の言葉”も入れてあるのでぜひToppaを手にした時に見て欲しい!!
 
141216_sol07.jpg

あしざわ教頭「今回、“Toppaモデル”に応募してくれたみんな! そして“勇気の言葉”に応募してくれたみんな! ありがとう! みんなのおかげで、今年もToppaが完成した!!」
 
とーやま校長「今回もこのパッケージの中に、参加してくれたお前の気持ちを込めました!」
 
さあ! Toppaが発売されるということは、受験がすぐそこに迫っているということ!
センター試験まで、あと1ヶ月!
 
あしざわ教頭「今夜は、受験生を応援するべく、2時間丸ごと、わが応援部が授業を仕切らせていただく! さあ! 受験生諸君! もしも勉強中なら、ラジオを切って構わない! ただ、少しでも不安を感じていたり、誰かの励ましを求めているのなら、集まってきてほしい! 今夜はキミのためだけに、授業をするつもりだ!」
 
さらに! そんな君たちの心強い仲間が生放送教室に登場!!
生徒のみんなのための、受験生応援ソングを担当……!
片平里菜ちゃん!
 
現在、わが校のスマホLOCKS!を担当中!
いつもみんなの近い場所にいてくれる、大切な仲間!
 
今年は、里菜ちゃんが、生徒みんなが送ってくれた“勇気の言葉”を見て受験生のためのオリジナル応援ソングを作ってくれることになりました!
 
あしざわ教頭「まさにこれは“勇気の歌”! ついに今夜、完成した“勇気の歌”を持ってきてくれます!」
 
とーやま校長、あしざわ顧問、そして里菜ちゃんの3人で受験生の背中を押していくぞ!!
 
141216_sol08.jpg

 
生放送教室には…!
片平里菜ちゃん登場!!
 
141216_sol14.jpg

 
本日はよろしくお願いします!!
 
141216_sol09.jpg
 

まずは今回作ってもらった応援ソングについて話を聞いていきました!!
 
あしざわ教頭「今回は、生徒のみんなから届いた、“勇気の言葉”を元に楽曲を書いてもらったんですが…具体的には、どうやって曲をつくってくれたんですか?」 
 
里菜ちゃん「今回は『夏の夜』のよう作ったみたいにギターを弾きながら作ったんですけど、なかなか曲ができなくて…。それで勇気の言葉を読みながら、考えていたんです」

141216_sol11.jpg

 
里菜ちゃんは受験を経験したわけではないので、自分がホントにみんなの背中を押せる曲が作れるか不安だったそう。
 
里菜ちゃん「でも勇気の言葉の中には“不安や緊張はみんな同じだ”ってものがあって。“あの子も頑張っている”って情景が浮かぶような曲を作りました」
 
あしざわ教頭「普段、曲を作る時って自分で言葉を考えるじゃないですか。今回みたいに前もって言葉があるって場合はどんなふうに曲を作っていったんですか?」
 
里菜ちゃん「とりあえずみんなの言葉を吸収して、一旦自分の中でフラットにして、その上で心に残ったものを表現していきました」
 
とーやま校長「じゃあ、すんなりできたっていうよりは、色んな事を考えて、色んな人の顔が浮かびながら作っていったって感じですか」
 
里菜ちゃん「そうですね。私も自信が無かったんですけど、押し付けがましい感じにはしたくなかったので」
 
受験生である生徒からは“里菜ちゃんの曲を待っていた!”という書き込みがたくさん届いています!
 
とーやま校長「今、あとセンター試験があと1ヶ月まで迫ってきていて、やってもやっても不安が消えないって思っている中、この曲はみんなが作ったって部分もあるじゃないですか。だからみんな“早く聴きたい!”って思っているんですよ…! 俺も思っております!! いいですか?」
 
里菜ちゃん「はい、聴いてもらいたいです! この曲は“誰もが闘っている”というメッセージを込めて作りました。聴いてください。『誰もが』」
 
 
♪ 誰もが / 片平里菜
 
 
141216_sol12.jpg

 
とーやま校長「みんな聴いた? 嬉しいな……!!」
 
あしざわ教頭「自分が受験していた頃を思い出しました。受験ってホントに“辛いのは自分だけなんじゃないか”“俺だけこんなに出遅れてるんじゃないか”って思ってしまって。味方がいない気持ちになるから、この歌は本当にみんなの心に刺さっていると思います!」
 
とーやま校長「今の時期って、“速度を上げていこう!”って俺も言うし、生徒のみんなもそう思う。でも迫っている今だからこそ、“しっかりと大きく、一歩ずつ進んで行ったほうがいいよ”って、この歌は言ってくれている気がします! 曲調もどっしりして優しいし」
 
里菜ちゃん「うん。“これだけやって来たんだから大丈夫だよ”って言ってあげたいって思ったんです」
 
とーやま校長「マジでこれを受験当日に聴いてほしいです!!」
 

里菜様!!!
勉強しながら、里菜ちゃんの声を聴いた瞬間、 涙が止まらなくなって ノートがぐしゃぐしゃになって 前が見えません もっともっと頑張ろうと思います
ゆずみかん♪
女/18/兵庫県
2014/12/16 22:42



あしざわ教頭「さっき“里菜ちゃんは受験を経験してない”って言ってたけど、心の支えを歌っているから、生徒に響いていますよ!」
 
里菜ちゃん「嬉しい…!」
 
そして『誰もが』のオリジナル・ミュージック ビデオを今日からToppaの特設サイト公開!
 
このビデオには勇気の言葉を送ってくれた3人の生徒が登場!!
Toppaオーディション時の映像や里菜ちゃんのレコーディングシーンも入っているぞ!!
 
とーやま校長「この映像もめっちゃ良い!! 勇気の言葉を送ってくれた生徒の顔を見るだけで勇気が出てくる!!」
 
あしざわ教頭「生徒の表情を見るだけで、1人じゃないって思えますよね!!」
 
そして、明日からはiTunesで楽曲配信がスタート!
さらに、2月25日にシングルとして発売が決定!!

 
141216_sol13.jpg

 
ここからは受験生に電話をつないで、
応援部顧問、あしざわ教頭と、とーやま校長、そして片平里菜ちゃんの3人で背中を押していきました!! 
 
くまぺんぎん 東京都 18歳 女 高校3年生
 
RN くまぺんぎんは学校掲示板にこんな書き込みをしてくれました!!

頑張る頑張る
ずっと塾が同じで志望も同じ男の子が、一足早く推薦で合格決まったので、おめでとうって言うのとともに、思いきって勇気だして私が受かったら第2ボタンほしいって頼んだら、いいよ、頑張れ!!って言ってもらえました!!すごく嬉しいです!成績悪いし間に合うか不安だったけど、やってやります!もう絶対合格します!そしてボタンもらいます!!
くまぺんぎん
女/18/東京都
2014/12/16 18:57



あしざわ教頭「くまぺんぎんよ!! 逆に勉強に集中できてるのか?(笑)」
 
とーやま校長「いや嬉しいね!! どうなの自分としては!」
 
くまぺんぎん「ちょっとへこむ事もあったんですけど、これだけ言ってもらったので落ちたら恥ずかしいから絶対に合格したいって思います!」
 
里菜ちゃん「カッコイイ!!」
 
とーやま校長「これはボタンを貰いたいの? 貰うの? 絶対に貰うの!?」
 
くまぺんぎん「絶対に貰います!!」
 
とーやま校長「何%くらいで貰うの?」
 
くまぺんぎん「85%です!!」
 
里菜ちゃん「現実的な数字!」
 
あしざわ教頭「残りの15%は何かあるのか?」
 
くまぺんぎん「毎日ちょっとずつ埋めていきます!!」
 
あしざわ教頭「いいね!! 頑張ってほしいな!」
 
里菜ちゃん「絶対に貰いましょう!!」
 
あしざわ教頭「それじゃあ、最後に、我々3人から、この言葉をおくります! せーのっ!!」
 
3人頑張れーーー!!
 
くまぺんぎん「ありがとうございます!!」
 
とーやま校長「合格もボタンも両方取っちゃおう!!」
 
141216_sol15_2.jpg

 
Stacey Kei 千葉県 18歳 男 高校3年生
 
あしざわ教頭「受験はどうなんだ?」
 
Stacey Kei「まあまあなんですけど、自分は本番に極端に弱くて」
 
とーやま校長がよく言ってる様に、“本番前に応援ソングを聴いて気持ちを奮い立たせる”事もしてるそうなのだが、聴いた直後は元気になっても、いざ試験が近づくとまた緊張してしまうそう。
 
Stacey Kei「本当に緊張で手の震えが止まらないんです」
 
あしざわ教頭「元々、緊張しがちなのかな。ちなみに今は?」
 
Stacey Kei「今も手が震えてます…!」
 
とーやま校長「スター3人の前だからね」
 
あしざわ教頭「そんな事をよく言えたな!(笑)」
 
とーやま校長「過去、緊張したせいでダメだった事があったの?」
 
Stacey Kei「それだけのせいにできないんですけど、やっぱり緊張して焦っちゃうのでそこが不安です」
 
受験勉強はしてるけど、本番に緊張する事を想像したら不安がどうして拭えないそう。
 
141216_sol16.jpg

 
あしざわ教頭「里菜ちゃんはどうです?」
 
里菜ちゃん「私も緊張もするし、今も緊張しています!!」
 
あしざわ教頭「今も!?」
 
里菜ちゃん「はい!(笑) もう何回もステージに立っているけど緊張しますね。逆に緊張しないステージだとグダってしまう事が多いので、私は緊張があったほうがいいですね。それは私は程よい緊張感を楽しんでるからかも」
 
とーやま校長「里菜ちゃんはライブに臨む時に緊張してる自分がいる。だからStacey Keiも緊張しない自分はいないんだよ」
 
Stacey Kei「はい…」
 
とーやま校長「ただ里菜ちゃんはその上でどういう気持ちで臨んでいるんですか?」
 
里菜ちゃん「もう本番立ったら楽しむつもりでいますね。それは受験も同じなのかな…?」
 
あしざわ教頭「あ〜! そうかも!」
 
毎日、スタジオで曲を作って、練習を重ねてきて、ステージでは“やるぞ!!”と思いライブに臨んでいる里菜ちゃん!!
 
とーやま校長「じゃあStacey Keiも日々受験勉強をしてきたんだから、ここは“よし! 解くぞ!!”って気持ちで臨めって事ですよね!」
 
あしざわ教頭「緊張を味方にするって事だよね。本番が来ちゃったらもうしょうがないから、後は自分を信じるしかない。リラックスした状態で臨んだほうがいいからね」
 
リラックスした状態が一番ということで、
天井を見上げてみたり、ストレッチをすることで体と心の緊張がほぐれるそう!!
 
とーやま校長「実際の俺もやってるしね!」
 
里菜ちゃん「私はお母さんのメールを読み返してみたり、実家の犬の事を思い出したりしますね! だからToppaの御守りも同じで友達の事を思い浮かべたら緊張がほぐれると思います!!」
 
Stacey Kei「じゃあ、Toppaを絶対に買わないといけないですね!!」
 
実は、RN Stacey Keiは今日Toppaを買うために何件もお店を回ったけど、まだ売られてなかったそう…!
 
あしざわ教頭「じゃあ買ったら御守りにしよう!!」
 
とーやま校長「それにStacey Kei。この学校には40万人の生徒がいて、今みんなが聴いてる! その前でお前は喋っている!!」
 
Stacey Kei「震えが止まらないです!(汗)」
 
とーやま校長「でもそこで堂々と喋ってるんだから、受験当日も“俺は40万人の前で喋ったんだ”ってそれを思い出そう!」
 
あしざわ教頭「なんなら“俺もカリスマなんだ!”って大きく思おう!!」
 
Stacey Kei「はい!」
 
あしざわ教頭「じゃあ、お前にも我々3人から、この言葉をおくります! せーのっ!!」
 
3人頑張れーーー!!
 
141216_sol17.jpg

 
フィオラ 新潟県 18歳 女 高校3年生
 
あしざわ教頭「どう? 受験のほうは」
 
フィオラ「けっこうキツイです…!」
 
最後の追い込みということで10月末から塾に通い始めたというRN フィオラ!
 
フィオラ「それで最近の模試を解いてて、ペンは止まる事は無いんですけど結果が付いてこなくて…」
 
とーやま校長「そうか…」
 
将来は保健室の先生になりたいというRN フィオラ!
 
フィオラ「具合が悪くない子でも通える保健室をつくりたくて」
 
とーやま校長「病気じゃなくても、気軽に悩みを相談できるような場所にしたいってことか」
 
フィオラ「はい」
 
あしざわ教頭「だけど上手く行ってない感じか」
 
141216_sol18.jpg

 
友達には同じ様に、保健室の先生を目指している子がいるそうだが、成績が良くて、無意識に比べてしまってへこんでしまっているそう。
 
あしざわ教頭「なんか自分の中で“これができてないな”ってある?」
 
フィオラ「いえ、けっこう頑張っているんですけど…(焦)」
 
あしざわ教頭「そうだよね。里菜ちゃんはそういう時って何かある?」
 
里菜ちゃん「ありますね。この『誰もが』を作っている時もそうだし、オーディションに出ても引っかからない時期がたくさんありました。でもそういう時って焦ってもしょうがないし、やっぱりその人のタイミングしかないからコツコツやっていくしかないんですよね」
 
あしざわ教頭「うん、やっぱり日々間違った所を修正して行くしかないよね」
 
とーやま校長「そういう作業はしてるの?」
 
フィオラ「はい。塾に通うになって自分の分かってなかった所は把握してきたんですけど、後1ヶ月で間に合うのかなって…」
 
とーやま校長「顧問、フィオラは今まで自分が納得できるレベルまで達してないけど、出来ない部分がわかるのは大切ですよね」
 
あしざわ教頭「うん! 漠然とわからないと何から手を付けたらいいかわからないから苦手意識が強くなっちゃうんだよね。だから分からない部分が理解できてるって事は進んでいるよ」
 
フィオラ「はい」
 
あしざわ教頭「分からない部分は何度もやろう。出題の仕方が違うと分からなくなるって事はよくあるからさ、何度も似たような問題解いてできるようになっていこう! まだ1ヶ月もある!!」
 
とーやま校長「角刈りだって1ヶ月あればけっこう伸びるよ!」
 
フィオラ「(笑)!!」
 
里菜ちゃん「素晴らしい夢があるからその夢に向かって進んでほしいです!!」
 
フィオラ「はい!」
 
あしざわ教頭「気持ちは少しは晴れたかな? 最後に3人でこの言葉をおくるぞ!!」
 
3人頑張れーーー!!
 
フィオラ「ありがとうございます!」
  
141216_sol19.jpg

 
それで最後に黒板の時間!!
本日は片平里菜ちゃんに書いてもらいました!!
 
141216_sol20.jpg

 
『 今はまだ未来から試されている 』
 
これは『誰もが』のフレーズです。

私も受験ではないけど、音楽の世界でずっとプロを目指してきてました。
路上ライブを寒い中やったり、デモテープを色んな所に送ったり…。

そういう時ってとにかくガムシャラに頑張るしかないから。
 
自分が描いた未来を信じて、
“今はその未来に試されているんだ”って思って、頑張ってほしいです!!
 
141216_sol21.jpg

 
里菜ちゃんがつくってくれた勇気の歌、『誰もが』。
みんながいつでも聴けるように、Toppaのサイトでミュージックビデオが公開されています!
 
そして! Toppaも本日から発売中!
ぜひ手にして下さい!
 
この学校は受験生のみんなの事を応援してるぞ!!
 
141216_sol22.jpg


片平里菜ちゃん、本日はありがとうございました!!
これからも片平LOCKS!よろしくお願いします!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141216_fax01.jpg
RN おたふくねこ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
くまぺんぎん 東京都 18歳 女
Stacey Kei 千葉県 18歳 男
フィオラ 新潟県 18歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 Who What Who What / 凛として時雨
22:13 HIGH FIVE / 片平里菜
22:23 クリスマス・イブRap / KICK THE CAN CREW
22:36 誰もが / 片平里菜
23:09 同じ空の下 / 高橋優
23:36 小石は蹴飛ばして / 片平里菜
23:47 誰もが / 片平里菜
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
『誰もが』、力強い味方!!
里菜様、ありがとう!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
誰もが不安。
誰もががんばっている。
そして、誰もがきっと夢を叶えるぞ!!
片平里菜ちゃん、すばらしい曲をありがとう!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141215_sol01.jpg

 
『 33日 』
 
センター試験まで、いよいよ33日
その他の入試も、ついに目前まで近づいています!
 
とーやま校長「そこまで迫った試練を目の前に不安な生徒、あるいはこの時期になってもまだ身が入らない! そんな生徒もたくさんいるだろう!」
 
そんな生徒たちのために!
今日から水曜日までのSCHOOL OF LOCK!は、“受験生応援3DAYS”
受験生みんなのために授業をしていきます!
 
その初日となる今夜は、とにかく、受験が不安な生徒におくる授業!
「最近、ライバルに差をつけられて焦っている」
「今のところ調子はいいけど、本番で何をミスしたらどうしよう…」
 
あしざわ教頭「調子がよくても悪くても、誰にでも不安はあるでしょう!」
 
とーやま校長「そんなことを考えていると、おなかが痛くなってきたりね……」
 
あしざわ教頭「考えても無駄なのは分かってるんですけど、それでも考えちゃって、しかも、体がそれに反応しちゃうんですよね」
 
141215_sol02.jpg

 
そんな生徒たちを“メンタル救護”すべく!
今夜から、我が学校の校舎内を、“救護班”が巡回します!
 
♪ 〜正露丸のラッパ〜
 
ラッパが鳴ったら、直ちに出動!
不安な受験生をメンタル救護!
 
「出動!おなかレスキュー隊! supported by 正露丸」
 
とーやま校長「今楽器を吹いてくださったのは、100年以上もの間、あの有名なメロディーを鳴らし続けてきた、“正露丸ラッパ部隊”の方! 日本のおなかに勇気を与え続けてくれた、ラッパの中のラッパ! そんな皆さんが、今日から協力してくれることになった!」
 
おなかレスキュー隊!!
受験生のおなかを守るために立ち上がった、期間限定の精鋭部隊!
メンバーはとーやま隊長とあしざわ隊員!
 
今夜から、「正露丸」「セイロガン糖衣A」の強力なバックアップの元、不安に悩む受験生たちをメンタル救護するべくこの学校にやってきた!
 
100年以上の歴史を誇る、「正露丸」です!
ストレスや様々な原因で起こる下痢や軟便に、ばっちり効き目を発揮!
そして、「セイロガン糖衣A」は、匂いが抑えられた、錠剤タイプでございます!
 
来週の12月22日(月)〜1月12日(月)まで、
毎週月曜日、Perfume LOCKS!明けの11時25分頃に出動!
不安に悩む生徒のメンタル救護をしていく!
 
まさに今、“メンタル救護をしてほしい”という受験生は、WEBサイトから、“おなかレスキュー隊”への出動要請を行ってほしい!
 
特設サイトの中に、専用フォームに“今の君の状態”“症状”をなるべく詳しく書いて送ってこい!
 
141215_sol05.jpg


出動要請をしてくれた受験生の中から抽選で100人の生徒には、「君の不安が消えて無くなりますように…!」そんな想いを込めた、“おなかのおまもり”をプレゼント!
 
141215_sol03.jpg

 
表には
「SCHOOL OF LOCK!」ロゴと「御腹守」の文字が…!!!

141215_sol04.jpg

 
そして裏には、強力なバックアップをしてくれる
「正露丸」と「セイロガン糖衣A」の名前が入っているぞ!!
 
これがあれば、受験本番もきっと大丈夫!
 
今夜から早速、この学校の受験生たちをメンタル救護していくぞ!

141215_sol06.jpg
 

hanami 広島県 18歳 女 高校3年生
 
とーやま校長「今はどんな感じだ?」
 
hanami「ちょっと、ナーバスです」
 
クラスの大半が推薦で大学が決まっているが、RN hanamiはセンター試験を受けるので、本番まであと1ヶ月あるそう。
 
とーやま校長「じゃあ学校に行っても、みんなはキャッキャッしてるのが聞こえてくるけど、“私はやらなきゃいけないのに”って思っちゃうのか」
 
hanami「はい」
 
親しい友達はみんな大学合格が決まっていて、すでに大学生活が話題になっているそう。
 
あしざわ教頭「勉強はどのくらいやってるの?」
 
hanami「学校でやって、塾に行ってて、家でも勉強してます」
 
とーやま校長「塾でも引きずってるのか?」
 
hanami「時々、思い出してしまいます」
 
あしざわ教頭「不安が大きくなっちゃうんだな」
 
とーやま校長「私だけって気持ちになっちゃうよな。でも“私だけが…”って想いはそれでいい。なぜなら受験は、周りはライバルであっても、結局闘うのは自分自身なんだ。友達が合格したけど、みんな頑張ってちょっと早めのゴールに着いたんだ。みんな別々の道を進んでいて、hanamiはhanamiの道を進んでいるんだ」
 
あしざわ教頭「今後の人生でもこういう事はたくさんあるよ。自分より先に成功してる人と比べる事が。でも自分は自分の行きたい大学に行くんだからさ、今後“受験の時はこうやって乗り越えたな”って思えるように、周りの事を忘れて集中できるように考えていこう。これで合格したら“私は行きたい大学に入ったぞ!”って見返してやろうと思ってガンガン行こう!!」
 
hanami「はい!」
 
とーやま校長「頑張っているhanamiを見てるやつはちゃんといる! もし“この子は同じように頑張っている仲間だ!”思ってやつに話しかけてみよう!! どうだ、楽になった?」
 
hanami「楽になりました!」
 
あしざわ教頭「よかった! 初めての出動だったら不安だったよ(笑)」
 
それでは“正露丸ラッパ部隊”の皆さんが、RN hanamiが受験という戦いに立ち向かえるようラッパの音を捧げてもらいます!!
 
♪ 〜正露丸のラッパ〜
 
校長・教頭「頑張れい!!」
 
hanami「ありがとうございます!!」
 
とーやま校長「本番まであと少し歯をくいしばって頑張るんだぞ!!」
 
141215_sol07.jpg

 
全力ハムスター 神奈川県 17歳 女 高校3年生
 
とーやま校長「具合はどうだ?」
 
全力ハムスター「いっぱいいっぱいです…!(焦)」
 
とーやま校長「症状はどんな感じ?」
 
全力ハムスター「休む事ができなくて、ずっと受験の事を考えちゃうんです。今までは音楽を聴いてリフレッシュできてたんですけど、でも今は音楽を聴いていても受験の事を考えちゃって…」
 
1日14時間は必ず勉強をやってるという、RN 全力ハムスター。
 
あしざわ教頭「じゃあ寝る以外はほとんど勉強なのか、体は大丈夫!?」
 
全力ハムスター「どこまで休めばいいのか分からなくて」
 
とーやま校長「集中できてるのか…?」
 
全力ハムスター「今日も集中できなくて、ここに依頼しました……!」
 
とーやま校長「これは休むことも勉強の一つだから。次の勉強のために休まないと頭に入ってこないし、手も動かなくなる。休むのは何もしてないけど、次の準備を着々とする時間なんだからちゃんと取らないとダメだぞ!」
 
全力ハムスター「はい」
 
RN 全力ハムスターは軽音部に入っていたという事を聞き、自分の楽器を弾いてみる事もオススメする、とーやま校長。
 
とーやま校長「それで、“休んだから、またやらなきゃ”って速度を上げてやるんだ。その方が効率が上がると思う!」
 
全力ハムスター「わかりました!」
 
とーやま校長「わかってるかもしれないけど、それでも言うよ! お風呂に入って、髪を洗って、髪を乾かして…髪を乾かす時間も受験の事を考えていたんだろ!?」
 
全力ハムスター「はい…考えてました(汗)」
 
とーやま校長「そこは乾かす事だけ考えよう。そしてボーッとしていよう。散歩するだけでもいいんだ」
 
全力ハムスター「ずっと散歩する時にも単語帳を持ってい行ってたんです。頭に入らないのに読んでて…」
 
とーやま校長「うん、持って行っていいと思うけど、ちゃんとオフにしてね」
 
あしざわ教頭「ずっと考え過ぎちゃってると結果、勉強してるような状態になっちゃって、1ページ、2ページくらいしか進んでいないんだよね。 受験の事を考えてるだけで何もしてないっていう謎の状態になっちゃうから、休むならちゃんと休もう」
 
全力ハムスター「はい、休むのも勉強なんですね!」
 
とーやま校長「よし!! ラッパ部隊のみなさんお願いします!!」
 
♪ 〜正露丸のラッパ〜
 
校長・教頭「頑張れい!!」
 
全力ハムスター「ありがとうございます!」
 
141215_sol08.jpg

 おやマッチョ 熊本県 18歳 男
 
今は浪人中で、今年2回目の受験を受けるというRN おやマッチョ。
 
おやマッチョ「去年失敗していて、“今年も失敗するんじゃないか”って思ってしまって…。“今年こそッ!”とプレッシャーを感じてしまうんです」
 
とーやま校長「去年はどのくらいまで勉強やってたの?」
 
おやマッチョ「やってはいたんですけど、自信に繋がるまでは出来なかったです」
 
とーやま校長「今のところは12月まででどう?」
 
おやマッチョ「去年よりは力は付いてると思うんですけど、まだ力を付けられるかなって」
 
今は朝から予備校に通って、21時までずっと勉強しているそう!
 
とーやま校長「行きたい大学に向けて高みを目指しているんだな」
 
不安なRN おやマッチョに浪人経験のあるあしざわ教頭からアドバイス!
 
あしざわ教頭「確かに浪人すると去年よりは時間があって勉強できるんだけど、前もやってるからって手を抜きがちになっちゃうんですよ。でも、おやマッチョはちゃんと勉強してるみたいだね。今のところどうなの?」
 
おやマッチョ「今のところは成績は良いんですけど、先生からは“お前はメンタルだな”って言われて」
 
あしざわ教頭「うん。浪人すると周りの競う相手がいなくなって孤独になりがちで、予備校で仲良くなった友達も一緒に同じ大学に行くわけじゃないからさ、変な距離になっちゃうんだよね。でもお前はちゃんとやってるんだからさ、自信を持ってやっていこう!」
 
おやマッチョ「はい!」
 
とーやま校長「去年の受験当日の事を思い出すんだろ? 今回もそいつは必ず来る。まずはそこを受け入れる! そして。そのために武器を蓄えている時間。それが毎日の勉強だ。お前はしんどい所までやってる! だから去年のような事は無い!」
 
おやマッチョ「はい」
 
とーやま校長「俺は受験はやっていないけど、失敗しても、そこからちゃんとやってるやつは、前より下になったやつは見たことが無い! そこは責任を持てる!」
 
あしざわ教頭「浪人はマイナスイメージがあるけど、俺はその大学に行くために必要な時間だったって考える。その大学に2年かけて入ったから会えた人達がたくさんいるからね。お前もそうやって思ってほしい!」
 
おやマッチョ「わかりました!!」
 
とーやま校長「よし!! ラッパ部隊のみなさんお願いします!!」
 
♪ 〜正露丸のラッパ〜
 
校長・教頭「頑張れい!!」
 
おやマッチョ「ありがとうございます!!」
 
とーやま校長「お前の成功を祈ってるぞ! 駆け抜けろ!!」
 
141215_sol09.jpg

 
ハニカミのエース 秋田県 18歳 男 高校3年生
 
ハニカミのエース「第1志望の大学しか入りたくないんですけど、ずっとE判定なんです」
 
小学校の頃に見た大学野球で憧れてきた大学に入りたいという、RN ハニカミのエース。
自分もその大学のユニフォームを来て試合をしたいとずっと思ってきたそう!
 
とーやま校長「ようやくたどり着けそうだけど、なかなか結果がで着いてこないのか」
 
ハニカミのエース「はい」
 
とーやま校長「自分では毎日の勉強をちゃんとやってる、足りているって思うのか? やってるのか?」
 
ハニカミのエース「毎日、机に向かってるんけですけど、机に向かってもケータイをいじってしまって」
 
とーやま校長「なんでだと思う?」
 
ハニカミのエース「やっぱり気落ちが弱いのかなって」
 
あしざわ教頭「確かに弱いね」
 
とーやま校長「やらなきゃいけない事が沢山あるけどできないと自信が付かないよな。そんな自分を責めるからさらに自分が嫌になるだろう」
 
ハニカミのエース「そうですね」
 
あしざわ教頭「でも子どもころから目指してる、“そこに行きたい”って気持ちが本物かどうかって事だからね。ケータイいじってしまってる所で負けてるよな。言い訳ができないじゃん。その時間で勉強すればいいんだからさ。あとはやるしかないよ。E判定は取っても良いんだよ。基準の一つだから」
 
ハニカミのエース「……」
 
あしざわ教頭「だからケジメを付けてさ、自分が勝つために真剣に野球やってただろ?」
 
ハニカミのエース「はい」
 
あしざわ教頭「野球と同じで、勉強もやればできる。“野球だったら得意なのにな…”って思わずに、勉強も得意になろう!」
 
とーやま校長「行きたいんだよな」
 
ハニカミのエース「行きたいです!」
 
とーやま校長「だったら今のままだと、昔の自分にウソを付く事になっちゃう。その約束は守りたいじゃん。自分との約束を守れないと、人との約束も守れなくなっちゃうから。ケータイいじる事は後でもできるよ。来年の3月までケータイもきっと無くならないよ」
 
ハニカミのエース「はい」
 
とーやま校長「あの時の約束を守って、歯をくいしばって剛速球を投げるしかない!」
 
ハニカミのエース「はい!」
 
とーやま校長「じゃあ最後にラッパ隊のみなさん、気合いの入ったやつお願いします!!」
 
♪ 〜正露丸のラッパ〜
 
校長・教頭「頑張れい!!」
 
とーやま校長「次会うときはお前の元気な声を聴かせてくれ!! 頑張れな!」
 
ハニカミのエース「はい!!」
 
141215_sol10.jpg

 
『 吹き飛ばす 』
 
我々はおなかレスキュー隊!
 
隊員は二人だけしかいない!
何か特技があるわけでもない!
 
しかし。我々に唯一出来る事がある!!
それは生徒の話を聞く事である!!
いつまでも、キミの不安が消えるまで話を聞く!
 
そして、キミの不安が無くなった時、祝福のファンファーレがなるだろう!!
 
今こそ、みんなの力をを合わせて、この不安を吹き飛ばそう!!
  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141215_fax01.jpg
RN こいティス
 
141215_fax03.jpg
RN おたふくねこ
 
141215_fax02.jpg
RN まかっちょ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
hanami 広島県 18歳 女
全力ハムスター 神奈川県 17歳 女
おやマッチョ 熊本県 18歳 男
ハニカミのエース 秋田県 18歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:13 ファンファーレがきこえる / Base Ball Bear
22:25 Winter Wonderland / Don't Worry be happy / Pentatonix
22:43 1984 / andymori
23:09 Twinkle Snow Powdery Snow / Perfume
23:40 挑め / KREVA
23:50 閃光 feat.10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
近道はない!
不安とたたかいながら一歩ずつ進め!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
こっからだ、こっからだぞ!!
大丈夫だ、吹き飛ばしてやるんだよおおおお!!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141211_sol01.jpg


『 遂に決定 』
 
今夜の生放送教室は…!
今年、SCHOOL OF LOCK!の生徒の“未来の鍵”となった曲BEST10を一挙プレゼント!
「SCHOOL OF LOCK!鍵曲ランキング2014」
 
今年も沢山の曲と出会ってきたけど…
オマエの心に最も突き刺さった!最も心を動かした!
未来の鍵となった曲は一体何だ…?
 
今夜は、先週みんなが送ってくれた投票結果を集計!
BEST10を発表していきます!
 
我が校のスマホサイトには、みんなからの投票を集計したBEST30にランクインした曲一覧を掲載!
この一覧の中から1位になった曲を予想して送ってもらいました。
 
141211_sol02.jpg

 
校長と教頭もBEST10を予想!外した数が多かったほうが、鍵曲ランキングBEST10にランクインした楽曲が収録されているCDを全て!
10枚セットにして、とーやま校長とあしざわ教頭どっちかが“自腹”で、生徒1名にプレゼント!
 
さらに我が校のスマホ・ケータイサイトにTOP30にノミネートされた曲が掲載されているからその中から1位を予想して学校掲示板に書き込んでくれ!
1位を当てた生徒の中から3名に好きなCDをプレゼントするぞ!

あしざわ教頭「いや、だって僕がこの学校に就任してまだ2ヶ月半ですよ! 圧倒的に不利なんですけど…!」
 
とーやま校長「生徒の気持ちになればわかるでしょうが! いきましょう!」
 
SCHOOL OF LOCK!鍵曲ランキング2014 BEST10!!
まずは10位を発表!
 
さっそく、校長と教頭の予想を発表!
 
とーやま校長「とは言ったものの…。いや〜どれを選んでも生徒が“それもっと上じゃん”って言うわけだからね! 色々踏まえた上での苦渋の決断です!」
 
あしざわ教頭「色々好みがあるからね!」
 
とーやま校長「とーやまの予想では…クリープハイプ先生の『二十九、三十』!!」
 
あしざわ教頭「あしざわ教頭の予想は…SHISHAMO先生『君と夏フェス』!」
 
とーやま校長「なるほどね!」
 
あしざわ教頭「好きなんですよ! SHISHAMO先生が!!」
 
とーやま校長「俺ももっと上だと思うんだけど、クリープハイプ先生は1曲目はこのくらいかなと…!」
 
鍵曲ランキング、第10位はこの曲……!!
 
 
♪ 結晶星 / KANA-BOON
 
 
とーやま校長「うわーーーーー!!」
 
あしざわ教頭「そっか!! 悔しいな〜!! 楽しいけどね!」
 
とーやま校長「負けたら自腹だからな〜!」
 
141211_sol03.jpg
 

続いて、第9位の発表をする前に…!
 
あしざわ教頭「やっぱりおかしいと思うんですよ。校長先生は1年間授業してますけど、僕がSCHOOL OF LOCK!に就任したの、今年の10月! 絶対不利! おかしい!」
 
とーやま校長「まあ、確かにね〜。たしかに俺でも難しいからね、これ。じゃあ30曲の中から10曲に絞ろう!」
 
ということで、ここで鍵曲ランキング2014 30位〜11位を一気に発表!!
 
あしざわ教頭が10位と予想していた、SHISHAMO先生の『君と夏フェス』は30位!
とーやま校長も大好きなPerfume研究員『Cling Cling』が18位!
The SALOVERSの「喉が嗄れるまで」が第15位!
サカナクション先生の「さよならはエモーション」が12位などなど波乱万丈なランキングでした!!
 
とーやま校長「The SALOVERSは2位だろ! 色々考えて…! とりあえず30位から10位まで出たから!」
 
あしざわ教頭「色々聴いてやっぱり思ったんですけど…やっぱりこれ僕不利ですよ!」
 
とーやま校長「しょうがないな〜!! じゃあ教頭には…“スキルアップチャンス”をあげる!!」
 
“スキルアップチャンス”とは…
あしざわ教頭が、DJバトルの時にかけたトリプルファイヤー先生の「スキルアップ」!
この曲がTOP9のどの順位か当てる事ができたら、あしざわ教頭のポイント2倍!
 
あしざわ教頭「校長…! サンキュ!」
 
2人が予想を立て直したところで、鍵曲ランキング2014 第9位の発表!!

とーやま校長の予想は…片平里菜ちゃん「amazing sky」!
あしざわ教頭の予想は…片平里菜ちゃん「amazing sky」!
 
とーやま校長「まあ、あるよな! 里菜様は今年大躍進だったし!」
 
鍵曲ランキング2014!
第9位は…!
 
 
♪ スキルアップ / トリプルファイヤー
 
 
あしざわ教頭「クソ〜〜〜〜〜〜!!! もっと上行けよ〜!!」
 
とーやま校長「(笑)!!」
 
「第1回お願いDJバトル」であしざわ教頭が紹介し、生徒の間でも衝撃が走った『スキルアップ』が第9位!!
 
とーやま校長「という事で、“スキルアップチャンス”使わずに終了〜!」
 
あしざわ教頭「早いよ!! 次に行こうと思ってたのに…!」
 
続いて…!第8位!
 
とーやま校長の予想は再び、片平里菜ちゃん「amazing sky」!
あしざわ教頭の予想も同じく、片平里菜ちゃん「amazing sky」!
 
あしざわ教頭「対決としておかしいけど(笑)」
 
とーやま校長「真剣に考えた結果だからね!」
 
鍵曲ランキング2014!
第8位は…!
 
 
♪ 百八円の恋 / クリープハイプ
 
 
とーやま校長「俺、寸前まで行こうと思ってたのにな〜!! 良い曲だよな!」
 
続いて…第7位!
とーやま校長の予想は…flumpool警備員「明日への賛歌」!
あしざわ教頭の予想は三度目の正直、片平里菜ちゃん「amazing sky」!
 
鍵曲ランキング2014!
第7位は…!
 
 
♪ 猟奇的なキスを私にして / ゲスの極み乙女。
 
 
とーやま校長「あ〜ダメだ!! もっと上だと思ってたな〜!」
 
あしざわ教頭「当たらねえ〜! ダメだ! 俺このままじゃ片平里菜ちゃんを言い続ける人になっちゃう!」
 
141211_sol04.jpg

 
続いて…第6位の発表!
とーやま校長の予想は…今度こその片平里菜ちゃん「amazing sky」!
あしざわ教頭の予想は…flumpool警備員「明日への賛歌」!
 
第6位に選ばれたのは…!
 
 
♪ amazing sky / 片平里菜
 
 
とーやま校長「来た!! ようやく来ましたよ!」
 
あしざわ教頭「あ〜! ごめんなさい〜!!(泣)」
 
とーやま校長「いつだって前を向いて行ける曲だね」
 
あしざわ教頭「うん。ただ俺は何も言えない…」
 
ということで、ここでとーやま校長が順位を当てたので、1ポイントゲット!!
 
あしざわ教頭「ただ、とーやま校長が当ててくれてホッとしてる(笑)」
 
前半ラスト!
鍵曲ランキング2014!第5位の発表!
とーやま校長の予想は…SEKAI NO OWARI先生「Dragon Night」!
あしざわ教頭の予想は…クリープハイプ先生「二十九、三十」!
 
ランキング2014!
第5位は…!
 
 
♪ 二十九、三十 / クリープハイプ
 
 
あしざわ教頭「っしゃああああ!」
 
とーやま校長「これダメだ…教頭、アンタカッコいいよ。大好きな曲なのにこんなに悲しく聴こえる事ってあるんだな…」
 
あしざわ教頭「アルバムの最後の曲ですね。あえて攻めさせてもらいました!」
 
順位を当てた、あしざわ教頭が1ポイントゲット!!
 
前半終了で、とーやま校長1ポイント、あしざわ教頭1ポイントの互角となりました!!
 
141211_sol05.jpg

 
後半は残すところあとベスト4!
 
とーやま校長「教頭は予想変えたの?」
 
あしざわ教頭「そうですね。最初の10位発表の時点で、もう頭の中グチャグチャになってしまったというか…変わってはいますね」
 
さあ正直どの曲も1位だと思えるこのランキング!
果たして自腹を払うのはどちらなのか…!
 
第4位の発表!
とーやま校長の予想は…flumpool警備員「明日への賛歌」!
あしざわ教頭の予想は…同じくflumpool警備員「明日への賛歌」!
 
とーやま校長「なんか、面白くないな〜」
 
あしざわ教頭「え…! じゃあ変えても良いんですよ」
 
とーやま校長「変える?」
 
あしざわ教頭「じゃあ変えます! なんか自分らしくないと思ったんですよね」
 
ここであしざわ教頭が予想を変更!
SEKAI NO OWARI先生「Dragon Night」!
 
鍵曲ランキング2014!
第4位は…!
 
 
♪ Dragon Night / SEKAI NO OWARI
 
 
とーやま校長「あ〜……」
 
あしざわ教頭「チャンスをくれてありがとう!」
 
第4位はSEKAI NO OWARI先生の『Dragon Night』!
あしざわ教頭1ポイントゲット!!

とーやま校長「それぞれの“正義”ね。ずっとその事をセカオワ先生は歌っていて、それを感じる生徒はたくさんいるんだよな。なのに俺はな…!
 
続いて第3位の発表!
とーやま校長の予想は…flumpool警備員「明日への賛歌」!
あしざわ教頭の予想は…同じくflumpool警備員「明日への賛歌」!
 
とーやま校長「でも、ここで変えないと勝負がな…でもこのまま行きます!」
 
 
第3位は…!
 
 
♪ 明日への賛歌 / flumpool
 
 
2人とも予想的中です!
 
とーやま校長「なかなか言う機会が無いけどflumpool警備員、いつもありがとう!」
 
141211_sol06.jpg

 
いよいよ第2位を発表!
という事は自ずと…第1位も決定します!
 
残っているのはBUMP OF CHICKEN先生『ray』。
RADWIMPS先生『会心の一撃』。
 
現在両者の得点は…!
とーやま校長1ポイント
あしざわ教頭2ポイント
 
とーやま校長「これ俺が1ポイントで負けてるから、当てても同点が最高なんだよね」
 
あしざわ教頭「そうなりますね」
 
とーやま校長「じゃあ…先に言ってもらっていい? その逆にするわ!」
 
ということで、まずはあしざわ教頭が2位の予想を発表します!
 
あしざわ教頭「BUMP OF CHICKEN先生『ray』!」
 
とーやま校長「そうだよな…。でもここであのギターのイントロが流れる気がしないんだよな。でも…! RADWIMPS先生『会心の一撃』!」
 
鍵曲ランキング2014!
第2位に選ばれたのは…
 
 
♪ ray / BUMP OF CHICKEN
 
 
とーやま校長「うわ…!」
 
あしざわ教頭「あ〜! 光が射してきた!!!」
 
第2位はBUMP先生の『ray』!
 
とーやま校長「全部の曲が大切なんだけど。『ray』は今年のBUMP先生の活動において特に大切な曲なんだよな。1位になってもおかしくないよ! 東京ドームで聴いた時も生徒と聴いた時もすげーよかったもん!」
 
あしざわ教頭「そうですね!」
 
141211_sol07.jpg

 
という事で、、、
SCHOOL OF LOCK!の生徒が選ぶ「鍵曲ランキング2014」!
第1位の発表です!!
 
とーやま校長「この曲は本当に色んなところで聴いてきたし、いつも隣にいてくれて、背中を押してくれた。そして俺は今年お別れを告げた仲間に送った曲でもある。この曲に出会えてよかった」
 
あしざわ教頭「僕のこの曲から勇気をもらいました」
 
とーやま校長「ホントに“こんな景色が見られるんだ”って思えて」
 
あしざわ教頭「“まだこんなに良い曲に出会えるんだ”って思いました!」
 
とーやま校長「まだまだ自分の中の限界を伸ばす事ができるし」
 
あしざわ教頭「俺もやれるぞって気持ちをもらいました! ありがとうございました!!」
 
とーやま校長「2014年、今年、最も生徒の心に突き刺さったのは…この曲だ!!!!」
 
 
♪ 会心の一撃 / RADWIMPS
 
 
SCHOOL OF LOCK!鍵曲ランキング2014!
第1位は…RADWIMPS先生の『会心の一撃』!!
 
141211_sol08.jpg

 
鍵曲ランキング2014が全て決定!
BEST10順位を予想してきましたが…
とーやま校長 2ポイント
あしざわ教頭 4ポイント
 
141211_sol09.jpg

 
という事で…!
1位から10位にランクインした楽曲が収録されている全てのCDを自腹でプレゼントするのは…とーやま校長!!
 
それでは、1位の楽曲を予想した生徒の中から1人、当選者を選びます!
 
伊佐坂先生の孫 北海道 17歳 女
 
とーやま校長「おめでとー! いっぱい聴けよーーー!」
 
そして!今日学校掲示板に書きこみで1位を予想してくれた生徒の中から3名に好きなCDプレゼント!
ラッキーな当選者は…
五月の魂 宮城県 16歳 男
万里一空 広島県 16歳 男
ふーちゃん? 愛知県 15/歳 女
 
あしざわ教頭「おめでとう!!」
 
SCHOOL OF LOCK!は明日夜10時に再び開校!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141211_fax01.jpg
RN こいティス
 
141211_fax02.jpg
RN めりー

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 結晶星 / KANA-BOON
22:29 It's Alright! / THE TURTLES JAPAN
22:38 スキルアップ / トリプルファイヤー
22:41 百八円の恋 / クリープハイプ
22:44 猟奇的なキスを私にして / ゲスの極み乙女。
22:46 amazing sky / 片平里菜
22:49 二十九、三十 / クリープハイプ
23:17 アイデンティティ / れいんがーる
23:32 Dragon Night / SEKAI NO OWARI
23:35 明日への賛歌 / flumpool
23:40 ray / BUMP OF CHICKEN
23:46 会心の一撃 / RADWIMPS
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
全部1位!!!!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
勝ったどー!!
でも本当どれが1位でもおかしくない!!
ありがとー!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141210_sol01.jpg

  
『 unBORDE 』
 
RIP SLYME先生、高橋優先生、androp先生、ゲスの極み乙女先生、さらにきゃりーぱみゅぱみゅ先生、神聖かまってちゃん先生、indigo la End先生などが所属している音楽レーベルunBORDE。
 
この豪華アーティストが一堂に会する、
毎年恒例のXmas LIVEが今年も開催!
 
日時、12月23日(火・祝)
場所、ZEPP TOKYO
 
超プレミアムなLIVEなので、オフィシャルでは、チケットは即SOLD OUT!
しかし!
 
このLIVEを、ぜひ、SCHOOL OF LOCK!の生徒に観て欲しい!
そして、このLIVEを、素敵なXmasを過ごすために役立ててほしい!
そんな、unBORDEアーティスト講師陣からの嬉しいクリスマスプレゼントが届いた!
 
1組2名の生徒をこのLIVEに招待します!!
 
しかも、交通費&宿泊費もプレゼント!
 
とーやま校長「これは、ただのチケットプレゼントではない! 今回は、音楽が大好きな生徒はもちろんのこと、この機会をクリスマスデートに役立てたい生徒に応募してほしい!」
 
これはお前とお前の大好きなあの人を、理想のクリスマスへと導く魔法のチケット!
手に入れたお前を待っているのは、カップルが行き交うお台場のイルミネーションを見て、最高の音楽を聴いて・・・そして宿泊もセット!
 
あしざわ教頭「じゃあ今回は、好きな人や大切な人を誘うって生徒限定ですか?」
 
とーやま校長「そういうことになるね〜」
 
ただし、ここまで言っておきながらSCHOOL OF LOCK!は健全な学校です。
泊まりで東京に来るって生徒は、もちろん親の許可が必要です!!
 
親公認でクリスマスイブイブに泊る、これはハードルが高い!
でもそのハードルを越えたところに、すごい景色が待ってるぞ!
 
応募は今日からスタート!
SCHOOL OF LOCK!のWEBサイトから応募出来るぞ!
締め切りは12月17日水曜日の24時まで!

unBORDEのクリスマスパーティーにも出るゲスの極み乙女。先生といえば…

先週末に行われた、ゲスの極み乙女。先生のワンマンライブに、
とーやま校長とあしざわ教頭がシークレットゲストとして参加!


141210_gesu01.jpg
 
そのライブ模様を写真でドドーンと紹介!!
 
141210_gesu02.jpg
 
141210_gesu03.jpg
 
141210_gesu04.jpg
 
141210_gesu05.jpg
 
141210_gesu06.jpg
 
141210_gesu07.jpg
 
141210_gesu08.jpg
 
141210_gesu09.jpg
 
141210_gesu10.jpg
 
141210_gesu11.jpg
 
141210_gesu12.jpg
 
141210_gesu13.jpg

141210_gesu14.jpg
 
141210_gesu15.jpg
 
141210_gesu16.jpg

 
141210_sol02.jpg

今週のSCHOOL OF LOCK!は、
年末スペシャル授業 6daysをお届け中!
 
3日目の今夜は、10月に行った大人気授業を再び開催!
「今年○○だったけど、何か質問ある?」
 
「今年、道場破りにあったけど何か質問ある?」とか
「今年、隣の家に板東英二が引っ越してきたけど何か質問ある?」
 
とーやま校長とあしざわ教頭が気になり過ぎて、つい電話で色々と質問したくなるような書き込みを学校掲示板とメール送ってほしい!
 
今夜はレスで生徒同士でもどんどん質問して欲しい!!
 
141210_sol03.jpg

 

へその緒取れた人だけど何か質問ある??
校長と教頭と話すのめっちゃ緊張しました。焦ってて何話したか分からない(笑) 皆様へその緒は大切にね!
けろりん@
女/18/福井県
2014/12/10 22:58



 
とーやま校長「ちょっとマジ!?」
 
あしざわ教頭「ウソでしょ! 生まれた時に取れるもんだよね!?」
 
けろりん@ 福井県 18歳 女 高校3年生
 
とーやま校長「これ意味がわからないんだけど!!」
 
けろりん@「すっとおへそが人より大きいなって思っていたんです。ジャイアンっておへそが大きいじゃないですか。だから私も大きいのかなって思っていたんです」
 
とーやま校長「ああ、出べそってことか。付いてるのってどんな感じだった?」
 
けろりん@「引っ張ったりすると痛くて、繋がっていたのでずっと一緒に生きてる感じでした!」
 
あしざわ教頭「奇生獣みたいだな〜!」
 
しかし…!
 
けろりん@「それがこの前、お風呂で触ってたら取れちゃったんですよ!!」
 
校長・教頭「えええ!!」
 
あしざわ教頭「だって、これ“おへそが取れた”って思ってたってことだよね!?」
 
けろりん@「はい! お母さんに“おへそ取れたああああああ!!!”って叫んじゃいました!!」
 
校長・教頭「(笑)!!」
 
とーやま校長「この…取れたへその緒は?」
 
けろりん@「片手に持ってました」
 
おへそ(へその緒)が取れてしまった事をお母さんに報告すると…
 
けろりん@「“え!? おへそって取れるの!?”って驚いてパニックになっちゃって…!!(笑)」
 
その後、もし病気などの命に関わる症状な場合、救急車を呼ばないといけないと判断し、
念のため、インターネットで検索して調べてみたそう!!
 
とーやま校長「“おへそ 取れた”って検索したのか…(笑)」
 
けろりん@「でも新生児のことしか出てこなくて…」
 
あしざわ教頭「まあ18歳は出てこないと…!」
 
けろりん@「それで画像で見比べてたら、“これはへその緒だ”って思ったんです」
 
RN けろりん@の取れてしまったへその緒は約2?!!
 
とーやま校長「ちょっと待って! この大きさをずっと付けて生きてきたの!?」
 
けろりん@「はい!」
 
とーやま校長「今は痛くないの?」
 
けろりん@「全然、痛く無いんですけど喪失感があって…!“あいつなもういないんだな”って…」
 
あしざわ教頭「うん…! この喪失感は何で埋めたら良いんだろう…?(笑)」
 
ちなみにへその緒はパニックなったお母さんがティッシュに包んで捨ててしまったそうです!
 
けろりん@「もし、へその緒がついてる生徒がいたら大事にしてほしいですね!」
 
とーやま校長「(笑)! これ、へその緒に何がメッセージあるかな?」
 
けろりん@「これからの人生、お前のことは忘れないよ”と言いたいです!!」
 
141210_sol04.jpg

 

誘拐されてしまった事になってしまったけど、何か質問ある?
SEIGI
女 17歳 山形県



とーやま校長「これはされてはいないんだよな。周りが誘拐されたって事実を作ったって事? 聴いてみよう!」
 
SEIGI 山形県 17歳 女 高校2年生
 
SEIGI「自転車で学校に行ってるんですけど、その日は雨で、おばあちゃんの車で学校に送ってもらったんです。それで信号で待ってたら車が止まっちゃったんです!(汗)」
 
おばあちゃんの車は、近くの自動車専門店で対応してもらったが、そのままでは学校に遅刻してしまう事に…!
 
SEIGI「それで、同じ通学路を使っている先生に拾ってもらって遅刻をまぬがれたんです」
 
校長・教頭「おお!!」
 
学校到着後、先生はRN SEIGIのおばあちゃんに事情を説明。無事に学校に到着している事を伝えたが…。
 
SEIGI「おばあちゃんの耳が遠くて伝わらなくて…。おばあちゃんが学校に“うちの孫、学校ついてますか!?”って電話で聞いてきたので、周りの職員の先生が“誘拐された”って思ってしまったんです!」
 
とーやま校長「ほーーー! これはおばあちゃんからしたら大分心配したんだろうな。そのあとちゃんとおばあちゃんと話した?」
 
SEIGI「しました。“ごめんね”って言われました」
 
あしざわ教頭「シンプル! かわいいおばあちゃんだね〜!」
 
とーやま校長「これは学校のみんなは知ってるの?」
 
SEIGI「人の笑い話が好きな先生がいて、その先生が話して、他のクラスにも広まりました…」
 
校長・教頭「うわ〜!!」
 
141210_sol05.jpg

 

えっと、
文化祭の1日だけ2個上の先輩とお付き合いしました。が、何か質問ありますか?
りりりり♪
女/15/熊本県
2014/12/10 16:24



りりりり♪ 熊本県 15歳 女 高校1年生
 
とーやま校長「これはもうお付き合いしてないんだよな?」
 
りりりり♪「はい」
 
とーやま校長「いつの話なの?」
 
りりりり♪「文化祭があって、2日目の夜から3日目の昼まで付き合ってました」
 
とーやま校長「え!? 一日どころ15時間くらいじゃないか(笑)」
 
文化祭2日目の夜、RN りりりり♪の学校では、校庭にロウソクを並べて道を作ったり、キャンドルアートを作る、通称“ロウソク”というイベントがあるそう!
 
りりりり♪「私、そのロウソク準備のスタッフになったんですけど、同じ係になった2歳上の男の先輩に“一緒にロウソクを見に行きませんか?”って言われたんです」
 
あしざわ教頭「そうなんだ!」
 
RN りりりり♪の学校では“ロウソク”を見るのは、カップル同士で行く事が多いイベントだそうで…!
 
あしざわ教頭「それに誘うってことはもう好きって言ってるようなものなのか」
 
りりりり♪「はい」
 
とーやま校長「今まではその先輩からはアプローチはあったの?」
 
りりりり♪「いえ、まったく無くて、ただ知り合いの先輩だと思っていたのでビックリしました!」
 
相手が先輩ということもあり、断るのが申し訳ないと思い、一緒に見に行く事にしたそう!
 
りりりり♪「それで、見終わった後は、階段のところで話してました。“好きな人がいるの?”って聞かれて、“います”って答えて…」
 
とーやま校長「りりりり♪は好きな人がいたんだ!」
 
りりりり♪「はい。ずっと好きな人がいて…」
 
しかし、その男の先輩は“それでも付き合いたい”とアプローチをしてきたそう!!
 
あしざわ教頭「グイグイ来たわけだ」
 
りりりり♪「その先輩、ロマンチストで“キミが好きな人を忘れさせるくらい、キミが好きなんだ”って言われて…。それで私も“わかりました”って言って付き合う事になったんです」
 
あしざわ教頭「おお〜!」
 
その後、暮らしている寮に帰り、付き合う事を友達に報告したそう。
 
りりりり♪「そしたら“あなたは好きな人がいるのに、そんなに好きじゃない人と付き合っちゃったダメだよ”って言われたんです」
 
とーやま校長「あ〜! そうなるよな〜。まあ友達が言ってる事正しいと言えば正しいね」
 
りりりり♪「それで次の日の文化祭3日目に、ずっと好きだった人に会ってみたら、やっぱりカッコよくて。先輩には断ろうと思ったんです」
 
とーやま校長「そっか。これは辛かっただろう」
 
りりりり♪「はい。先輩にすごい愛している言葉を言われたんですけど、でもこれじゃダメだって思ったので断りを言ったんです」
 
とーやま校長「そういう事か。これは色々な葛藤をしたんだろうな。でもお前が取った行動は優しい行動で、誠実な行動だからね。誰からも何か言われる筋合いはないよ。その先輩は辛いかもしれないけど」
 
あしざわ教頭「でも、その先輩も諦められなかったら、何度も行けばいいからね」
 
りりりり♪「怖いですね!(笑)」
 
あしざわ教頭「(笑)!! いや〜男の気持ちはそのくらいじゃないとね!」
 
とーやま校長「(笑)!! 男はバカだからな〜! でもそのくらいりりりり♪が魅力的だってことだよ」
 
りりりり♪「いやいやいや!(照) でも初めての彼氏さんになってしまったって…」
 
とーやま校長「あ〜! これはノーカンでいいんじゃないか? とーやま審判がジャッジするよ! ノーカンです!!」
 
りりりり♪「ありがとうございます!(笑)」
 
とーやま校長「ちなみに、RN りりりり♪が好きな人はどうなの?」
 
りりりり♪「先輩にロウソクに誘われた事を言ってしまって…」
 
とーやま校長「ちょっとマイナスになってしまったのか」
 
りりりり♪「それでLINEで“本当は一緒に行きたかったな”って届いていて。でも見るのが遅くなってしまって気付かないでいて…」
 
あしざわ教頭「そっちも脈があったのか〜!」
 
とーやま校長「とんでもないな〜!」
 
あしざわ教頭「リアル『アオハライド』だな!」
 
その好きな人には自分が告白された事はまだ言えてないそう。
 
とーやま校長「先輩に誠実だったように、その好きな男の子にも誠実であってほしいからね。言える時があったらきちんと言ってほしいな」
 
りりりり♪「はい、言う時が来たら言います!」
 
あしざわ教頭「これロウソクってイベントだ! 来年もあるといいな!」
 
141210_sol06.jpg

 
最後は「今年1回も骨折しなかったけど何か質問ある?」と送ってきてくれたこの生徒!!
 
ピンクウサギ 鹿児島県 12歳 女 小学6年生
 
小学2年生の頃からSCHOOL OF LOCK!を聴いてくれているという、RN ピンクウサギ!
 
とーやま校長「それで今年一回も骨折してないんだよな…!」
 
ピンクウサギ「してません!!」
 
とーやま校長「去年は…骨折してないんだな?」
 
ピンクウサギ「去年はしました!」
 
とーやま校長「…! 一昨年は…?」
 
ピンクウサギ「やりました!」
 
とーやま校長「小3は…」
 
ピンクウサギ「やっています!」
 
とーやま校長「小2は……!」
 
ピンクウサギ「やってまーす!!」
 
とーやま校長「まさかね……。1年生は!?」
 
ピンクウサギ「やってまーーす!!!」
 
あしざわ教頭「部活みたいに言わないでよ!(笑)」
 
とーやま校長「ってことは5年間ずっと骨折してたの!?」
 
小学1年生! 運動会の練習中に小学6年生の先輩とぶつかって右手首を骨折…!
小学2年生! 遊んでいて、左ひじを骨折…!
小学3年生! 側転をしようとして左手手首を骨折!
 
ピンクウサギ「小学4年生は原因を忘れてしまったんですけど、右ひじをやりました!」
 
あしざわ教頭「もうやった理由を忘れちゃってるのか!?(笑)」
 
とーやま校長「それで小学5年生は…?」
 
ピンクウサギ「靴をちゃんと履いてなくて、走った時に転んで右手首を!」
 
あしざわ教頭「割と手が多いんだ!」
 
とーやま校長「でも今年はまだ無いんだ! 何か自分の中で理由とかあるの?」
 
ピンクウサギ「ちゃんと靴を履きました!」
 
とーやま校長「ちゃんと靴(笑)!!」
 
あしざわ教頭「全部の原因がそれなのか?」
 」
ピンクウサギ「はい!!」
 
あしざわ教頭「ああ。でも6年生とぶつかった時も動いてたんだもんな〜」
 
ピンクウサギ「あ! でも側転の時は靴をちゃんと履いてたんですけど、床に滑って転びました!」
 
とーやま校長「(笑)!! 靴を履いてても骨折する可能背があるのね! 今年はまだね21日あるから、骨折しない事を願っているから!」
 
ピンクウサギ「はい!」
 
とーやま校長「ちゃんと靴をはいておけよ。ちなみに側転するイベントある?」
 
ピンクウサギ「もう無いです!!」
 
141210_sol07.jpg

 
そして黒板の時間!
本日は、とーやま校長、あしざわ教頭の持っている話を披露する事に!
 
とーやま校長「でも、俺いつも喋っているからな〜! 教頭はある?」
 
あしざわ教頭「僕、一つだけありますよ。最近あった出来事が…!」
 
とーやま校長「じゃあ教頭先生の話をお願いします!」
 
あしざわ教頭「僕、初めて書きますね」
 
あしざわ教頭が黒板に“ある一言”を書きました…!
 
あしざわ教頭「ちょっと長くなりましたが…はい!」
 
141210_sol08.jpg

 
『 最近GLAYとコラボしたけど何か質問ある? 』
 
141210_sol09.jpg

 
とーやま校長「ちょっと何を言ってるかわからないんだけど…! GLAYって俺らが知ってるあのGLAYかい!?」
 
あしざわ教頭「はい」
 
とーやま校長「TERU先生、TAKURO先生、HISASHI先生、JIRO先生のあのGLAY!?」
 
あしざわ教頭「うん、正解」
 
とーやま校長「あなた一体何者!?」
 
あしざわ教頭「実は、HISASHI先生が僕のフテネコの大ファンで。“よかったらコラボしませんか?”ってTwitterのダイレクトメッセージで来たんですよね」
 
とーやま校長「またネコかい!!」
 
なんと! 今年デビュー20周年を迎えたGLAY先生とフテネコがなんとTシャツでコラボしたそうです!!
もしかしたら既に持っている生徒も…!
 
とーやま校長「質問したいことばっかりだよ!」
 
あしざわ教頭「生きていると色んな事ありますね」
 
とーやま校長「まだまだ俺達が質問したい事あるだろ? 教えてよ!!」
 
あしざわ教頭「今度ね!」
 
141210_sol10.jpg

 
とーやま校長「あの〜。教頭先生が来て2カ月。毎日アーティスト講師の方々とのパイプを見せつけられて、そしてGLAY先生とのコラボ。たぶん俺より稼いでいるんだろうな〜。しかもとんでもない額を稼いでいるんだろうな〜!!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
けろりん@ 福井県 18歳 女
SEIGI 山形県 17歳 女
りりりり♪ 熊本県 15歳女
ピンクウサギ 鹿児島県 12歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:08 猟奇的なキスを私にして / ゲスの極み乙女。
22:16 どんな未来にも愛はある / flumpool
22:26 私たち / 西野カナ
22:41 The Beginning / ONE OK ROCK
23:21 ビリーバーズ・ハイ / flumpool
23:39 私は貴方がいいのです / 阿部真央
23:47 イチ、ニッ、サンでジャンプ / グッドモーニングアメリカ
23:50 HOWEVER / GLAY
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
骨折した事俺も1回もないんだけど、12歳で5回もやってるのすげえ…。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
他に何か質問ある?
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141209_sol01.jpg

 
『 CDまとめてプレゼント 』
 
今週木曜日の生放送教室は…!
「SCHOOL OF LOCK!鍵曲ランキング2014」!
 
SCHOOL OF LOCK!の生徒が選ぶ、今年最も心に突き刺さった…
“未来の鍵となった曲”、鍵曲”BEST10を発表!
 
現在我が校のスマホ、そしてケータイサイトで、鍵曲ランキングBEST30にランクインした曲を発表!
この中から1位になった、曲を予想して送ってほしい!
 
見事!1位を当てた生徒の中から抽選で鍵曲ランキング2014、TOP10にランクインした楽曲が入っているCDを全部まとめて1名にプレゼント!
 
あしざわ教頭「あ、そういえばこのCDって、我が校からのプレゼントって事でいいんですよね?」
 
とーやま校長「その件なんだけど、さっき我が校のミモザ先生から手紙を渡されから…読むね」
 


とーやま校長、あしざわ教頭。
 
いつもおつかれさま。
昨日の生放送教室も楽しい授業でしたね。
 
ただ、昨日の生放送教室終了後、
我が校の金庫から、
年末スペシャル授業のためにとっておいた
バジェットが姿を消しました。
監視カメラに写っていたのは、一匹の変なイヌ。
 
犯人探しをするつもりはありませんが、これは連帯責任です。
 
今週木曜日の「鍵曲ランキング2014」。
生徒のみんなには1位を予想してもらっていますが、
二人TOP10を予想してください。
予想が外れた回数の多かった方が自腹で
生徒にCD10枚をプレゼントするように。
もう一度いいます。これは連帯責任です。

ミモザ


あしざわ教頭「おかしい、おかしい。校長が勝手にSCHOOL OF LOCK!の予算からフテイヌを選ばせるためにプレゼントしたって事でしょ?」
 
とーやま校長「うーん…。仕方ないな…。教頭!予想しようか!」
 
あしざわ教頭「いや、ちゃんと自分で払ってくださいよ!」
 
とーやま校長「ミモザも言ってるでしょ!校長教頭は、常に一心同体! え? 教頭自信ないの? 俺より沢山当てればいいんだから!」
 
SCHOOL OF LOCK!、本日も開校です!!
 
141209_sol06.jpg

 
今夜は…映画『アオハライドスペシャル』…!
生放送教室には…早速!
 
141209_sol02.jpg

 
本田 翼先生&三木孝浩先生登場!!
 
翼ちゃん「SCHOOL OF LOCK!の生徒のみなさん、はじめまして。本田翼です!」
 
三木先生
「監督の、三木孝浩です!!」

本田翼ちゃんは初来校!
しかし! Base Ball Bear先生の『short hair』に出演していて、実は我が校とも縁があったんです!

そして、三木先生は以前、映画「ソラニン」スペシャルの授業で来校して頂いています!
さらにはGalileo Galileiの楽曲をモチーフにした映画「管制塔」を撮影しています!!
  
141209_sol10.jpg

 
三木先生が監督を務め、本田翼ちゃんが主演する映画『アオハライド』が今週の土曜日から公開!

原作は、別冊マーガレットで連載中! 我が校の生徒たちにも超人気の少女漫画!
 
この主人公“吉岡双葉”役を演じるのが本田翼ちゃん!
相手役 “馬渕 洸”演じるのが東出昌大くん!
 
さらに! 我が校の生徒みんなの先輩! RN まさかりポンバーこと千葉雄大くんも出演しています!!
 
そして、監督をつとめるのが、映画「ソラニン」や「管制塔」、さらに、能年玲奈ちゃんが主演した「ホットロード」などを手がけてきた三木先生!!
 
本日はよろしくお願いします!!

我が校の生徒にも大人気!別冊マーガレッドで連載中の少女漫画『アオハライド』がついに映画化!! 主演の本田翼ちゃん&三木孝浩監督を迎えて授業していくぞ!!
二人を迎えて送る今夜の授業は…
【 アオハ“ラブ”相談室 】!!

「アオハライド」には、“一生に一度の青い春! 青春に、ライド=乗って行け!” という意味が込められているんだけど、君が青春をかける "恋"= "アオハラブ" の悩みを教えてほしい!!
 
141209_sol03.jpg
本田翼ちゃん

 
まずは「アオハライド」について…!
 
とーやま校長「本田翼ちゃん演じる主人公、吉岡双葉は、不器用でまっすぐな女の子ですよね」
 
翼ちゃん「はい」
 
とーやま校長「僕、双葉役を翼ちゃんが演じるって聴いた時はピッタリだなって思ったんですけど、自分自身ではどうでしたか?」
 
翼ちゃん「そうですね。監督に“翼ちゃんの中に双葉ちゃんを見つけた”って言われたんですけど、“どこを見て言ってるんだろう?”って思って…!」
 
三木先生「(笑)!!」
 
あしざわ教頭「あれ? 怒ってるんですか?(笑)」
 
とーやま校長「双葉ちゃんは作品の中では、キャラ設定を間違えたり、告白するタイミングを間違えたりって感じなんですけど、三木先生はどの辺を見て感じたんですか?」
 
141209_sol05.jpg
三木孝浩先生

 
三木先生「最初に顔合わせした時に……良い意味で、落ち着きが無いなって思ったんですよ」
 
翼ちゃん「(笑)!!」
 
あしざわ教頭「どれだけ“良い意味”を付けても不安なワードですね(笑)」
 
三木先生「表情がコロコロ変わる感じがとっても面白くて、気になっちゃってずっと見てしまうんですよ。それが双葉のキャラクターである“色んな感情にコロコロ変わるけど、その都度一生懸命”なところにピッタリだと思ったんです」
 
とーやま校長「それって翼ちゃんには伝えたんですか?」
 
三木先生「そこまで具体的じゃないんですけど“双葉の要素あるから、自分を出していいよ”って言いましたね」
 
翼ちゃん「私、すごく人見知りなんです。だから初対面の時ってすごく挙動不審だったと思うんですよ! 良い意味で!!(笑)」
 
あしざわ教頭「良い意味の挙動不審ってあんまり聞いた事ないけど!(笑)」
 
翼ちゃん「それで、挙動不審な私を見て“双葉の要素があるよ”って言ってもらえたので逆に安心しました!」
 
あしざわ教頭「ホントにピッタリですよ!」
 
141209_sol04.jpg

 
既に映画を観た校長、教頭!
映画の内容に思わず2人ともキュンキュンしてしまったんです!!
 
とーやま校長「10代の頃をメッチャ思い出しました! それに20代の頃に好きだった人も思い出しちゃったから。10代の生徒にはまさにドンピシャで、共感もすごいから観てほしい!」
 
ラブストーリーではあるけど、双葉と洸の成長の物語でもある「アオハライド」。
 
翼ちゃん「最終的にみんなで“洸くんを助けたい”って気持ちが一致団結するところが良いんですよ〜! 三木さんのそういうところが好き〜!!」
 
とーやま校長「急に告白来たけども!(笑)」
 
三木先生「ラブストーリーではあるんですけど“青春群像劇”。友情物語であるんです。だからこの物語を読んだ時に“最近、損得勘定で人間の付き合いを選んでいるな”って思ったんです。それでこの物語の登場人物みたいに“コイツのために何かしてやりたい”って気持ちを忘れてたなって感じながら撮影してました」
 
とーやま校長「だって登場人物みんな、各々感情があるじゃないですか。あの子はあの彼が好きだったりとか。それが一つになって洸に気持ちを届けていくのが良かったです」
 
翼ちゃん「ありがとうございます!」
 
とーやま校長「メッチャ良かったよ!」
 
翼ちゃん「ホント〜!? マジ嬉しいな〜」
 
とーやま校長「言いかえると…マジで良かった!!」
 
翼ちゃん「マジッすか校長!?」
 
あしざわ教頭「同じ事しか言ってないから!」
 
 
♪ キラリ / いきものがかり
 
 
141209_sol08.jpg

 
映画「アオハライド」の主題歌。いきものがかり先生の『きらり』!
三木監督は、いきものがかりのミュージックビデオも手がけていらっしゃるんです!!
 
三木先生「ずっとミュージックビデオを撮ってきて、満を持して映画主題歌を歌ってもらえて嬉しいですね!」
 
とーやま校長「監督としてはいかがですか? この楽曲は」
 
三木先生「エンディングで流れるんですけど、なんか背中を押してくてくれる、また走りたくなる感じですよね」
 
とーやま校長「終わりなんだけど、終わりじゃない感じですよね」
 
三木先生「映画館を出た後も元気でいられるような素敵な曲ですよね」
 
141209_sol11.jpg

 
ここからは今夜は翼ちゃん、三木先生と一緒にこちらの授業をお届け!
「アオハ“ラブ”相談室」!!
 
blackout0713 宮城県 17歳 男 高校2年生
 
とーやま校長「話を聴かせてもらいたいんだけど、今、アオハ“ラブ”中で好きな子がいるって事でいいんだよな?」
 
blackout0713「はい!」
 
RN blackout0713が好きな子は小学校、中学校が一緒だった女の子!
家も近所で、幼馴染みたいな関係。中学1年生の時に一度告白をしているが、その時は“友達でいよう”と言われてしまったという。
 
とーやま校長「まあ中一だったら恥ずかしいとかあったかもしれないしね。今はどういう状況?」
 
blackout0713「今はLINEで連絡をしています」
 
翼ちゃん「会ったりはしないんですか?」
 
blackout0713「はい」
 
翼ちゃん「あら…」
 
とーやま校長「でも遊びたい気持ちはあるんだろ? 誘ったりしないの?」
 
blackout0713「今度映画館に行こうって誘うつもりなんですけど…」
 
あしざわ教頭「ちなみにこれはなんの映画なのかな…?」
 
blackout0713「『アオハライド』です!」
 
翼ちゃん・三木先生「ありがとうございます!」
 
翼ちゃん「嬉しい…!」
 
とーやま校長「もう誘うって決めてるって事か。どんなふうに誘うの?」
 
blackout0713「いや、まだ決まってなくて…。それを今回相談したくて」
 
とーやま校長「なるほどね!! これどうですか、翼ちゃん」
 
翼ちゃん「LINEでやり取りはしてるんですもんね。その時の雰囲気はどんな感じですか?」
 
blackout0713「いつも明るくて…なんか…騒々しい会話をしています…!」
 
141209_sol09.jpg

 
翼ちゃん「クリスマスの時期に映画に誘われたら、ちょっと意識しちゃいますね。女の子としては」
 
あしざわ教頭「まあね〜。いつ行こうとかあるの?」
 
blackout0713「クリスマスは用事があるので、1月中旬とかに…」
 
とーやま校長「1月中旬!? だいぶ先だな!! 今週土曜日からなんだからクリスマス前でもいいんじゃない?」
 
三木先生「そうですね。なんとなく年は跨がない方がいいと思うので、クリスマスシーズンの方が」
 
とーやま校長「今年の方がいいんじゃないかな? これはいつも通りの雰囲気で誘えば良いと思うんですけど」
 
翼ちゃん「それだと友達っぽくなっちゃいません? 特別感を出したくないですか?
 
とーやま校長「あ〜。どうだblackout0713」
 
blackout0713「出したいです!」
 
三木先生「そのためには…!」
 
翼ちゃん「クリスマスに『アオハライド』!」
 
blackout0713「…ッ!! 考えてみます!!」
 
三木先生「だから用事があるんだって!(笑)」
 
翼ちゃん「そうなんですよね〜。でもイルミネーションがある時期の方がいいと思うんだけどな…」
 
とーやま校長「うん。その方が気持ちが弾むと思うし、クリスマス前はどうだ?」
 
blackout0713「ちょっと気持ちの準備が…」
 
とーやま校長「大丈夫、まだ1週間あるから! そこでLINEでもいいし、電話かな?」
 
翼ちゃん「電話が良いですね!」
 
blackout0713「緊張しますけど電話します!」
 
とーやま校長「じゃあ最後に翼ちゃんから一言!!」
 
翼ちゃん「チケットは割り勘ですか!?」
 
blackout0713「僕が全額払います!」
 
翼ちゃん「お!! ステキだ〜!!」
 
とーやま校長「行ってこい!!」
 
141209_sol14.jpg

 

アオハルきたー!
実は今年の春に、長崎でアオハライドの撮影があって、初めてエキストラに挑戦してみました(*゚▽゚*)!大学入学前だったから、いろいろギリギリだったけど、人生最後の青春に乗れました!ありがとう!キャストの皆さん、監督さん、スタッフさん、ありがとうございましたー☆彡!公開が楽しみです!
あみぃご2ーちゃんぽ〜ん
女/19/長崎県
2014/12/09 18:14



とーやま校長「長崎って言ったらアレですよね!」
 
三木先生「アレがアレですよね〜!」
 

アオハライド
男5人くらいで、公開初日に見に行きたいと思ってます。男子校なので、共学だったらこんな感じなのかなーって、思いながら見てきます!笑この時期ですし、恋人同士で来てる人に座席を囲まれるのが、一番恐ろしいですね笑笑
promise
男/16/埼玉県
2014/12/09 16:24



翼ちゃん「嬉しい〜!!」
 
あしざわ教頭「いいね! 楽しんでるね!!」
 
三木先生「むしろこの5人の友情は強まりますからね!!」
 
とーやま校長「どうですか? あと5日で公開ですけど」
 
翼ちゃん「ドキドキしますね! 観てくれた人がどう思うのか。“あれは良いラブストーリーだった”って言ってくれてるのか、それとも“良い友情物語だった”って言ってくれるのか」
 
とーやま校長「どういう人に観てほしいってありますか?」
 
三木先生「“アオハル”って青春って事なんですけど、青春って別に年齢は関係ないので、いつだって自分が青春って思えば青春なので、色んな世代に観てほしいですね!」
 
とーやま校長「そうですね! 僕もキュンと来ましたし!」
 
三木先生「ライドしてほしいですね!!」
 
141209_sol13.jpg

 
続いてはこの生徒の“アオハ“ラブ””について聴いていきました!

どーしよー?
昨日彼女とアオハライド見に行く約束しましたぁー!!!! 見に行った時に、誕生日が近いので誕生日プレゼントをあげようと思ってます!! 女子はどんなものが嬉しいんですか?? 教えてください!!
トミっち
男/14/青森県
2014/12/09 21:02



トミっち 青森県 14歳 男 中学3年生
 
中学2年生から同じクラスで、学校の運動会をきっかけに距離が縮まったそう!
RN トミっちから告白して、付き合う事に!!
 
とーやま校長「映画はいつ観に行くの?」
 
トミっち「公開初日です!」
 
翼ちゃん「イヤ〜〜〜!!!(喜)」
 
とーやま校長「彼女の誕生日は?」
 
トミっち「12月12日の前の日です」
 
とーやま校長「これはどうしょう!!」
 
翼ちゃん「何をあげよう!?」
 
三木先生「付き合って最初の誕生日で、最初のクリスマスを迎えるわけですよね。ファーストプレゼントは何が良いですか?」
 
翼ちゃん「中学生だったら制服を着てる時間が長いから、私だったらマフラーとか!」
 
とーやま校長「青森だし、寒いしね」
 
翼ちゃん「身に付けられるものがいいですよね」
 
RN トミっちの予算は4,000円という事で、マフラーは買えそう!!
 
とーやま校長「監督としては?」
 
三木先生「やっぱり身に付けるものが良いですよね。自分とおそろいの色違いとか」
 
翼ちゃん「うわ〜〜!!!(喜)」
 
141209_sol07.jpg

 
とーやま校長「となると、これ、いつあげるかですよね?」
 
翼ちゃん「やっぱり当日がいいんじゃないかな。トミっち…! 当日の夜にLINEで連絡もせずに…! 家に行ってチャイムを押す…!! キャー!!」
 
とーやま校長「それで次の日におそろいのマフラーで『アオハライド』を観に行く! 完璧じゃないですか…!」
 
トミっち「それでいこうと思います!!」
 
とーやま校長「だってこれ全部翼ちゃんが考えてくれたんだぜ!」
 
翼ちゃん「もし失敗したら全部私のせいにしていいから!」
 
とーやま校長「優しい! ただビックリするだろうな、彼女。“本田翼ちゃんがこうやれって言った”って言ったら(笑) じゃあこれでいってみようか!!」
 
トミっち「はい!!」
 
 
♪ ラッキー / 金木和也
 
 
この曲を歌っている金木和也くんは実は閃光ライオット2011ファイナルに“ALOE#squash!”というバンドで出場していた閃光アーティスト!!
 
三木先生「この曲は映画『アオハライド』のコンピアルバムにも入っているんですよ」
 
とーやま校長「あの時野音で歌っていた10代の閃光アーティストが今度は全国に向けて、スクリーンから曲を届けているってめっちゃ嬉しいな!! しかも作詞がいしわたり淳治先生!! いや〜嬉しいな!!」
 
141209_sol15.jpg
 
 
3人目の生徒は…!
 
ふぅまる 東京都 17歳 女 高校2年生
 
とーやま校長「ふぅまるもアオハ“ラブ”中なんだよね? でも今悩んでいる事がある?」
 
ふぅまる「あります! 幼馴染の事がずっと好きなんですけど、もし気持ちを伝えたら関係が壊れるかもしれないって思って…」
 
小学校、中学校はずっと同じで、小学4年生から今で好きだそう。
 
とーやま校長「じゃあ今まで好きになった男の子はその子一人か」
 
ふぅまる「そうです」
 
全員「おお……!!」
 
とーやま校長「これは言葉にした瞬間にね」
 
翼ちゃん「幼馴染って難しいですよね。照れっていうのもあるだろうし…」
 
いつかは絶対に気持ちを伝えたいと思っているRN ふぅまる!
だけどなかなか勇気が出ず、怖いと思ってるそう。
 
あしざわ教頭「2人の関係はどんな感じなの?」
 
ふぅまる「誕生日が1カ月違いで、お互いメッセージを送り合ったり、プレゼントを交換したり、遊びに行ったりしています」
 
とーやま校長「そうだな。ふぅまるは付き合いたいって気持ちはあるんだよね。遊びに行った事はあるけど、今度は恋人同士でデートがしたいんだよな」
 
2人で遊びに行った事もあり、遊びの誘いはお互いからだそう…!
 
翼ちゃん「あれ…!?」
 
とーやま校長「これってさ…。ふぅまる、その彼は今彼女はいるの?」
 
ふぅまる「いえ、ずっと“彼女ほしい”とは言ってるんですけど」
 
あしざわ教頭「サイン来てる!?」
 
ふぅまる「でも私向けだと思えなくて!」
 
あしざわ教頭「男子はわからないからな。遠まわしにしがちなんだよな」
 
141209_sol12.jpg

 
三木先生「でも男子ってホントにバカなんで、身近な気持ちに目が行かないんですよね」
 
とーやま校長「だから、ふぅまるが想いを伝えることで彼の今までのふぅまるへの想いが溢れる事もあるかもしれないんですよね!」
 
三木先生「ありえますよね。でもこれは言わずに後悔するのは良くないですよね」
 
翼ちゃん「幼馴染で親友って立場でもあるから、その関係が壊れるのが怖いってのはわかりますね」
 
とーやま校長「俺、『アオハライド』を観てて今を大事にしてる映画だと思ったんですよ。だから今、自分が直面している人、気持ちと向き合うのが大事なのかなって思います。『アオハライド』はそう言ってくれてるのかなって思って」
 
翼ちゃん「じゃあ、一回『アオハライド』を観て考えよう! それと“クリスマス、何してるの?”って質問してみてもいいと思うよ」
 
あしざわ教頭「その質問がアピールになってるわけですね!」
 
とーやま校長「それでちょっとずつ探っていくっていうね」
 
三木先生「ここで取り上げられたっていう一つのきっかけが出来たじゃないですか。だったら今動かないでどうするんですか?ってことですよ」
 
翼ちゃん「さすが監督!!」
 
三木先生「『アオハライド』のキャッチコピーは“青春は間違える”なんです。いいんですよ、タイミングとか間違えても今行くべきだと思います!」
 
翼ちゃん「ふぅまる、後悔はしちゃダメだよ!」
 
ふぅまる「はい!」
 
本日の授業はここまで!
 
141209_sol16.jpg

 
最後に黒板の時間!!
本日は本田翼ちゃんに書いてもらいました!!
 
141209_sol20.jpg

 
『 失敗は怖いけど はずかしいことじゃない! 』
 
最初はどうしても怖いと思っちゃう。
でも、挑戦して失敗する事は恥ずかしい事じゃなくて、将来に生きてくるから。
 
怖いと思って諦めないでほしい!
   
141209_sol17.jpg

 
141209_sol18.jpg

 
本田 翼先生、三木孝浩先生、本日はありがとうございました!!
ぜひまた来てください!!
 
映画「アオハライド」はいよいよ今週12月13日(土)から公開!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141209_fax01.jpg
RN こいティス
 
141209_fax02.jpg
RN 穂月

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
blackout0713 宮城県 17歳 男
トミっち 青森県 14歳 男
ふぅまる 東京都 17歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 百八円の恋 / クリープハイプ
22:25 瞳 / 大原櫻子
22:40 キラリ / いきものがかり
22:52 キラリ / いきものがかり
23:20 駱駝 / 尾崎世界観×高橋優 (弾き語り@SCHOOL OF LOCK!クリープLOCKS!)
23:38 ラッキー / 金木和也
23:51 キラリ / いきものがかり
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
アオハライド!!
キラキラしているよ〜。
三木監督、翼ちゃん!
どうもありがとう〜。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
アオハライド観てキュンキュンしよう!
本田翼ちゃん、三木孝浩監督ありがとうございました。
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141208_sol01.jpg


『 6月16日 』
 
これは、このSCHOOL OF LOCK!で、あるプロジェクトがスタートした日!
ひょっとしたら、忘れちゃった生徒もいるかもしれないけど…本当に待たせた!
 
とーやま校長「あの日からおよそ、半年経った本日、ついに! 完成した“アレ”を、生徒みんなに届けられることになった!」
 
SCHOOL OF LOCK! オリジナルLINEスタンプがついに完成したぞーー!
 
141208_sol02.jpg


とーやま校長「しかも、このスタンプ……! すでに配信をスタートしているぞ!」
 
とーやま校長、あしざわ教頭だけでなく、我が校の職員も揃って登場!!
みんなが選んでくれた、恋に効くスタンプ! ラブ川ジュニア先生スタンプもあるぞ!!
 
生徒のみんな、LINEのスタンプショップ「クリエイターズスタンプ」を今すぐチェックしてほしい!
SCHOOL OF LOCK!オリジナルLINEスタンプは、LINEのスタンプショップで50コイン販売中!
 
141208_sol03.jpg

  
とーやま校長「……さて、スタンプの楽しい話は、これでおしまい!」
 
あしざわ教頭「どういうことですか? 楽しい話…? いきなり、いやな感じの雰囲気になってきましたけど…」
 
とーやま校長「もう、口にするのも嫌なんだけど……学校を挙げた一大プロジェクトがスタートする前に、何で教頭のオリジナルスタンプが出ちゃってんのよ!!」
 
あしざわ教頭「あ、フテネコの話ですかこれ?」
 
とーやま校長「順序逆だろ! しかも、何ちょっと人気出てんだ! 今夜は、そんなフテネコを使って、“ほくほく”になっている教頭から生徒みんなに、クリスマスプレゼントをしてもらいます!」
 
あしざわ教頭「まずこれ、なんで僕が自腹切る話になってんですか? もちろん生徒のことは好きですけど、それとこれとは…!」
 
とーやま校長「フテネコ、ケチだわー! なら、いいよ! 俺が負担するから!」
 
あしざわ教頭「ん!?」
 
とーやま校長「じゃあ、今夜は、俺が生み出したオリジナルキャラクター・フテイヌがもたらしてくれた“バジェット”を全て、生徒みんなのために使いたいと思う!」
 
本日の生放送教室は…!
 
「フテネコ VS フテイヌ プレゼントバトル!」
校長と教頭が生徒みんなにクリスマスプレゼントをしていくぞ…!
 
141208_sol04.jpg

 
ささらせん 栃木県 17歳 女 高校2年生
 
加湿器が欲しいというRN ささらせん!!
 
とーやま校長「じゃあ、まずフテネコ派なのかフテイヌ派なのか、これを選んでもらいます」
 
あしざわ教頭「生々しいな」
 
ささらせん「フテネコ派です!」
 
あしざわ教頭「おお! ありがとー!」
 
ささらせんには、猫にまつわる、3択クイズに答えてもらいます!
それに正解すれば、見事プレゼントをゲット!
 
あしざわ教頭「フテネコクリスマスプレゼントクイズ! …………問題!」
 
とーやま校長「ちょっと待った! 本当にそれでいいのか? フテネコでいいのか? もし、お前がフテイヌ派なら…まず、クイズは2択だ。しかも! 誰でも答えられる、カ〜ンタンな問題を用意している! 2択だけれど、ほぼ正答率は100%!」
 
ささらせん「え〜!」
 
とーやま校長「教頭はイジワルだから3択問題出してくるだろう! およそ33%しか加湿器を手に入れられる確率が無いんだ。ただ! 今、“フテイヌ派”と言えば100%手に入ります!! たんまりバジェットあるからね!」
 
あしざわ教頭「汚いよ! フテイヌサイド!! だいたいなんでそんな大盤振る舞い!?」
 
とーやま校長「フテイヌが校長室の金庫からくわえてバジェットがあるからさ…!」
 
あしざわ教頭「あ、ダメだコイツ。クビになるぞ!!」
 
ささらせん「ああ〜!!」
 
とーやま校長「さあ! ささらせんよ! もう一度言ってみろ! お前はフテネコ派、フテイヌ派、どっちだ!」
 
ささらせん「フテ…イヌです!(笑)」
 
あしざわ教頭「マジか!! ガッカリだよ〜!!」
 
とーやま校長「それじゃあ、いこう! フテイヌクリスマスプレゼントクイズ!」
 
━━━━━━━━━━━
【問題】
「イヌも歩けば、○○に当たる」さて、この、○○に入る言葉は、次のうちどっち?
 
【1】有刺鉄線
【2】
━━━━━━━━━━━
 
あしざわ教頭「え…! めっちゃ簡単じゃん。なんなんだよコレ!」
 
ささらせん「【2】で!!」
 
とーやま校長「有刺鉄線もデスマッチになっちゃうし、棒もありきたりだからな〜この正解は………」
 
あしざわ教頭「仰々しくやらなくていいよ! 長く尺を取るな!」
 
とーやま校長「【2】!! おめでとう!! 加湿器ゲットだ!」
 
ささらせん「ありがとうございます!!」
 
あしざわ教頭「ささらせん、変わったな…(落胆)」
 
とーやま校長「この結果を踏まえて、もう一度聞くけどお前はフテネコ派、それともフテイヌ派?」
 
ささらせん「…フテイヌ派です!(笑)」
 
あしざわ教頭「変わっちまったよ!」
 
本日はこんな雰囲気でお届け!!
  
141208_sol05.jpg

 
続いて、ラジオが欲しいという、この生徒!!
 
KY侍 福島県 17歳 男 高校2年生
 
今まで使っていたラジオはアンテナが折れてしまい、雑音が入るようになってしまったので新しいラジオが欲しいとのこと!!
 
とーやま校長「なるほど。ちょっと聞いてみるけど、KY侍はフテイヌ派なの、フテイヌ派なの?」
 
KY侍「フテネコ派です!」
 
とーやま校長「え? そうなの!?」
 
KY侍「生まれてこの方、ずっとネコが大好きで、フテネコの表情が好きです!」
 
あしざわ教頭「ありがとう! よく見てくれてるね!」
 
とーやま校長「じゃあ3択問題で33%でいいんだな?」
 
KY侍「はい! 大丈夫です! ネコ好きなんで」
 
あしざわ教頭「100%じゃなくていいの?」
 
KY侍「オレのネコ愛はそんなもんじゃないんで!」
 
あしざわ教頭「力強いな!」
 
とーやま校長「じゃあ、とくと見させてもらいますわ!」
 
それでは、RN KY侍にはネコに関する3択問題に挑戦してもらいます!
━━━━━━━━━━━
【問題】
ネコの種類の中で、外向きにカールした耳が大きな特徴の猫は、次のうちどれ?
 
【1】メキシカンカール
【2】ハワイアンカール
【3】アメリカンカール
━━━━━━━━━━━
 
KY侍「【1】です!!」
 
果たして、RN KY侍は正解する事ができるのか…!
 
あしざわ教頭「正解は………【3】です」
 
KY侍「あ〜」
 
とーやま校長「ほら〜!! だから言っただろ!」
 
KY侍「いや、全然大丈夫です。フテイヌに行くよりは」
 
あしざわ教頭「お前、良いやつだな」
 
とーやま校長「俺は、ただお前に喜んでもらいたいだけなんだよ。フテイヌもそうだ。KY侍、もし今“フテイヌが好きです”って言ったらラジオあげちゃう」
 
KY侍「おお…!」
 
とーやま校長「…どうする?」
 
KY侍「ボクは…フテネコ派です!」
 
あしざわ教頭「すげえな!! お前…! カッコイイな! 今すぐ抱きしめたいよ!」
  
141208_sol06.jpg

 
続いては…!!
 
青いイチゴジャム 新潟県 17歳 女 高校2年生
 
お菓子作りのためにアーモンドプードル(アーモンド粉末)3?欲しいそう!!
 
とーやま校長「お前はどっちだ?」
 
青いイチゴジャム「フテネコです! 元からネコ好きなんですけど、Twitterで見かけてから一目ぼれです! ネコなのに楽器などを弾くところが好きで!」
 
とーやま校長「フテイヌも喋るけどね」
 
あしざわ教頭「喋り過ぎなんだよ」
 
とーやま校長「フテイヌ派だったら、正解する確率が50%なんだけどさ…。さっきの生徒の事聴いてただろ? どうする?」
 
青いイチゴジャム「え…」
 
あしざわ教頭「言うな! 揺れるな!」
 
青いイチゴジャム「フテ…イヌで」
 
とーやま校長「イェーイ!!」
 
あしざわ教頭「もう!! じゃあ最初からフテイヌって言ってくれよ!!」
 
それではとーやま校長が出すイヌに関する2択問題に挑戦!
━━━━━━━━━━━
【問題】
次のうち、犬はどっち
 
【1】平井堅
【2】秋田犬
━━━━━━━━━━━
あしざわ教頭「あ〜これは茶番だ!」
 
青いイチゴジャム「…! 2番で!!」
 
とーやま校長「これは難しいよね…正解は……【2】秋田犬です!!」
 
青いイチゴジャム「イェーイ!」
 
あしざわ教頭「イェーイじゃねえんだよ! 青いイチゴジャム? 俺と会話が無くなるんだよなぁ」
 
とーやま校長「最後にもう一度聴くよ。フテネコ派? フテイヌ派?」
 
青いイチゴジャム「校長……今回だけですよ」
 
とーやま校長「お! なんだ!?」
 
あしざわ教頭「ざまあみろ!!(笑)」
 
とーやま校長「毒を盛られたみたいだ!!(焦) わ〜口の中がニガイ!!」
 
あしざわ教頭「「なんか、お金だけの関係って感じですね(笑)」
 
141208_sol07.jpg

 
すかいオレンジ 東京都 14歳 女 高校2年生
 
友達がスケートボードをやっていて、自分もやりたくなったのでスケボーが欲しいというRN すかいオレンジ!
 
とーやま校長「ちなみに! お前はフテネコ派? フテイヌ派?」
 
すかいオレンジ「フテイヌ派です!」
 
あしざわ教頭「ついに現れたか…」
 
鳴き声が低くてあまり可愛くないところが好きだそう!(笑)
 
とーやま校長「あれクセになっちゃうんだよね! じゃあお前にはちょっと難しい2択クイズを出すぞ!」

141208_sol08.jpg

 
━━━━━━━━━━━
【問題】
犬はどのように鳴く?
 
【1】「ウッウッウッ! ヒック!!ウワァーーーーン!! オマエガダッテウシロヒイタカラァ〜オレワルクナイノニィーーーーー!!!!」
【2】「ワン」
━━━━━━━━━━━
 
あしざわ教頭「もう【1】おかしいじゃん! 長いし、喋っちゃってるし!」
 
すかいオレンジ「【2】です!」
 
とーやま校長「これはカン?」
 
すかいオレンジ「カンです」
 
あしざわ教頭「そんなわけ無いだろ! あれ? ここからへんから会話ができないんだよね、俺。副音声です」
 
とーやま校長「正解は………【2】です!!」
 
すかいオレンジ「やったー! ドキドキしました!」
 
とーやま校長「鳴き声って“ワン”なんだって!」
 
すかいオレンジ「そうなんですか!」
 
あしざわ教頭「“そうなんですか”じゃねえんだよ。当たり前だろ!」
 
RN すかいオレンジにはスケートボードをプレゼント!!
おめでとう!!
 
とーやま校長「最後に改めて聞かせてくれ! お前はフテネコ派? フテイヌ派?」
 
すかいオレンジ「フテイヌ派です!!」
 
とーやま校長「イェーーーーイ!!」
 
141208_sol09.jpg

 
リトルマインド 青森県 17歳 男 高校2年生
 
石油ストーブが欲しいという、RN リトルマインド!
今日の青森県の気温は-6℃でずっと氷点下だったそう…!
 
とーやま校長「石油ストーブは自分の部屋用?」
 
リトルマインド「はい。今、暖房器具が壊れてしまって、布団に包まっています」
 
とーやま校長「死活問題じゃん。じゃあこれはフテイヌ派だ!」
 
リトルマインド「いえ…フテネコ派…」
 
あしざわ教頭「おお! 寒くてもね!」
 
とーやま校長「どこがいいの?」
 
リトルマインド「癒される感じが…!」
 
とーやま校長「でもフテネコだと3択になっちゃうから、内緒だけどフテイヌだとほぼ1択だから!」
 
あしざわ教頭「おいおい! 言っちゃってんな!」
 
とーやま校長「やっぱさ正解したいだろ? それを踏まえて、お前はどっちだ?」
 
リトルマインド「フテ……イヌ派です」
 
とーやま校長「ようこそ! Welcome to the FUTEINU world!! ピピピピ」
 
あしざわ教頭「ここから副音声になりまーす!」
 
141208_sol10.jpg

━━━━━━━━━━━
【問題】
犬は喜んだ時どのように鳴く?
 
【1】「ハハハッ! うひゃひゃ! うっそ!マジでぇー!? いやオレは全然期待してなかっウハハハハッ!!! いやホントにハハハハッ!! オイ! オイ! オイ! オーイ!! ハイタッチしよう! イエーイ! お前ハイタッチ痛いな〜…うっうっヒックヒック…」
【2】「ワンワン!!」
━━━━━━━━━━━
あしざわ教頭「長いな!! もう泣いてじゃん。喜んでないじゃん」
 
リトルマインド「う〜ん、【2】で」
 
果たして正解は………!
 
とーやま校長「正解は……! 【2】です!!」
 
リトルマインド「ありがとうございます!!」
 
あしざわ教頭「もう電話切れよ!」
 
とーやま校長「ちゃんと暖まってな! ちなみに最後に聞くけど、お前はどっち派だ?」
 
リトルマインド「フテ…イヌ派です!」
 
とーやま校長「ありがとう〜〜〜〜!!」
  
141208_sol11.jpg

 
そろそろ、黒板の時間になってしまいましたが……!
 
あしざわ教頭「もうひと勝負いきますか、これは?」
 
とーやま校長「いいの? 一緒だと思うけど」
 
あしざわ教頭「時間がないので、次は、フテネコがフテイヌ、選んでもらった時点で、プレゼントをするってのは?」
 
とーやま校長「あ、全然いいよ。こっちはバジェットあるし。自信あるの? フテネコが選ばれるって思ってるの?」
 
あしざわ教頭「ありますよ! 今までは条件が変だったし。2択っていうか1択だったし」
 
とーやま校長「クイズだから! フテイヌクイズ!」
 
あしざわ教頭「さっきなんて最後の絶叫しかしてなかったですよ! 途中から聴いた人なんだろうって思いますって!!」
 
とーやま校長「そんな事ない! 掲示板には“フテイヌありがとう!”の言葉で埋め尽くされているよ。じゃあ電話するって事で良いのね?」
 
あしざわ教頭「いいですよ! これどっちを選んでもプレゼントがもらえるって事ですよね」
 
とーやま校長「いいよ! でも選ばれちゃうのがフテイヌだから!! 2時間授業参加していましたか?」
 
あしざわ教頭「参加していたから言ってるんだよ!」
 
それでは生徒にいきなり電話します!!
 
アオトアオ 広島県 16歳 女 高校1年生
 
とーやま校長「まずは欲しい物は何だ?」
 
アオトアオ「サッカーウェアのピステ欲しいです!!」」
 
小学校からずっとサッカーをやっているというRN アオトアオ!!
 
とーやま校長「オリンピックを目指してくれ!!」
 
あしざわ教頭「なでしこ! なでしこ!」
 
アオトアオ「頑張ります!!」
 
とーやま校長「それでここだね」
 
あしざわ教頭「ここからが勝負ですからね!」
 
それでは、クイズの難易度関係無しに、フテネコとフテイヌどっちが好きかRN アオトアオに聞きました!!
 
アオトアオ「フテイヌ派です!!」
 
とーやま校長「イエーーーーーイ!!」
 
あしざわ教頭「あーーあーー」
 
とーやま校長「どこが好き?」
 
アオトアオ「なんか良くわからないところが好きです!」
 
あしざわ教頭「あーーあーーーこれだもんなーーー」
 
とーやま校長「教頭がちょっと白目向いちゃってるんだけど何か言っておく事ある?」
 
アオトアオ「やっぱりフテイヌです!」
 
とーやま校長「よし! じゃあ最後に“フテイヌサイコー”って叫ぼうか」
 
校長・アオトアオ「フテイヌサイコー!!」
 
141208_sol12.jpg

 
あしざわ教頭「あーーーーーーー!!」
 
とーやま校長「今日はみんなにクリスマスプレゼントができてよかった! みんなフテイヌを好きでいてくれてありがとう!!」
 
あしざわ教頭「あーーーー損したーーーーー!!」
 
とーやま校長「教頭。こっちの目を見て。うん。どうしたの?」
 
あしざわ教頭「損した。今日。なんだろうな。
 
とーやま校長「損って。今日はみんなにプレゼントをあげる事ができたじゃん!」
 
あしざわ教頭「俺、今日何しに来たの? 俺だけずっと一人喋り。副音声。知ってた? チャンネル変えないと聴こえないの」
 
とーやま校長「そんな事無いよ! みんな聴こえてるって! そうだろ?」
 
シ〜〜〜〜ン
 
とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!は明日も開校!!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【クリスマスプレゼント当選者アフターレポート!!】
 
141208_present01.jpg

141208_present02.jpg
 
青いイチゴジャム 新潟県 17歳 女
フテネコvsフテイヌの授業でアーモンドプードルを希望した者です!
アーモンドプードル3キロ届きました!いやー、壮観!
大切に使っていると永遠に終わらなさそうなので今回のクリスマスのお菓子作りから湯水のように使わせていただいております!
おかげで22日夜から25日夕方まで時間の八割はキッチンにこもっていました。
友達や部活の後輩にこのアーモンドプードルを使ったお菓子を持っていきましたが、とても好評でした!
バレンタインにもたっぷり使わせていただきますね。
フテネコ、フテイヌ、最高のクリスマスプレゼントをありがとうございました!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141208_fax01.jpg
RN こいティス
 
141208_fax02.jpg
RN つむじ風歌花
 
141208_fax03.jpg
RN 月ウサギ
 
141208_fax04.jpg
RN 瀬戸内海のワカメ


141208_fax001.jpg
RN のろすけ
 
141208_fax002.jpg
RN おたふくねこ

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ささらせん 栃木県 17歳 女
KY侍 福島県 17歳 男
青いイチゴジャム 新潟県 17歳 女
すかいオレンジ 東京都 14歳 女
リトルマインド 青森県 17歳 男
アオトアオ 広島県 16歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:28 有頂天 / B'z
22:46 インスタントラジオ / SEKAI NO OWARI
23:13 Cling Cling / Perfume
23:37 スキルアップ / トリプルファイヤー
23:45 Last Christmas / KEYTALK
23:50 あかさたなはまやらわをん / KREVA
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
フテイヌ最高だよな!!
サイコーだ!! イェーイ!!
フッテイヌ!! フッテイヌ!! ヘイヘイヘーイ!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
損した―。
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141204_sol01.jpg

 
『 曲選び 』
 
来週12月11日(木)の授業は、
「年間“鍵曲”ランキング2014」
 
この1年間で、生徒みんなの心に刺さった曲、未来の鍵になった曲のベスト10を発表します!!
現在、生徒からの鍵曲を募集中!
もちろん、一人何曲も応募してもOK!!
 
キミの鍵曲をみんなに教えてほしい!!
締切は明日、12月5日(金)24時まで!
 
そして!! 鍵曲ランキングベスト10に選ばれた楽曲を当てた生徒には…!
ランクインした楽曲が入ったCDをプレゼント!!
 
まだまだ時間はあるぞ!!
みんなからの応募待ってまーす!!
 
141204_sol02.jpg

 
今夜の生放送教室は……
「THE 大掃除JUDGE!!」
 
12月に突入!! 期末テストに、クリスマス、年賀状の準備…イベント盛りだくさんで忙しい12月だけど、そろそろ年末に向けて大掃除をはじめるべし!!
掃除のコツ…それは“捨てる事”!
要らないものをきれいさっぱり捨てて、すっきりした心と空間で新年を迎えよう!
 
でも、要らないと分かっていても、捨てられないものあるよね。
 
「別れた彼氏にもらったネックレス。」
「小さくなって着れなくなった洋服。」
「好きな女の子にもらった、義理チョコの包み紙。」
 
そんな、君の2014年の間に捨てたい、でも捨てられずにいるものを学校掲示板に書き込んでほしい!
校長&教頭が捨てるべきか、とっておくべきかをジャッジ!
キミの大掃除の手助けをしていくぞ!
 
実物の写真がある生徒はメールから送ってね!
 
141204_sol03.jpg

 
さあ生徒から相談された捨てるべきものを校長と教頭が判断します!!
 
ぐりろっくす! 静岡県 18歳 男 高校3年生
 
とーやま校長「受験?」
 
ぐりろっくす!「もう終わりました! 受かりました!!」
 
とーやま校長「おめでとう!! でも捨てたいけど捨てられない物があるんだよね?」
 
ぐりろっくす!“Amazonの段ボール箱”です!!」
 
あしざわ教頭「これは中身の無いダンボールって事?」
 
ぐりろっくす!「はい」
 
高校3年生になってからネットショッピングを利用するようになったRN ぐりろっくす!。
服やバックを買った時の箱がそのままの状態で5、6箱クローゼットにあるそう…!!
 
とーやま校長「めっちゃスペースとるじゃん!」
 
ぐりろっくす!「この先に何か使うんじゃないかなって思ってしまって」
 
あしざわ教頭「あ〜例えば使う予定はあるの?」
 
ぐりろっくす!「う〜ん、無いですね」
 
あしざわ教頭「(笑)!! 元から捨てられないの?」
 
ぐりろっくす!「そうですね。袋とかも全部、残していて」
 
とーやま校長「俺も気持ちは分かるんだ。俺も残しているから…」
 
あしざわ教頭「え? 大丈夫ですか? ジャッジできるんですか?」
 
とーやま校長「俺も残しておいてある箱を使って“コンポのスピーカ一の位置を上げたい”って思った時に箱を積み上げてその上にスピーカーを置いたりしてる」
 
あしざわ教頭「その見た目!(笑)」
 
とーやま校長「そのラフさが良いと思って!(笑)」
 
あしざわ教頭「なるほど。でもぐりろっくす!は使う予想も出来ないんだもんな」
 
それでは、JUDGEの時間です!!
 
とーやま校長「どっちかな〜」
 
あしざわ教頭「ウソでしょ!!」
 
RN ぐりろっくす!が8か月間ため続けているダンボール箱は…!
 
せーのっ!!
 
あしざわ教頭捨てるべき!!
 
とーやま校長捨て※▲○るべき…!
 
あしざわ教頭「え? 何て言いました?」
 
とーやま校長「捨てるべき!!!」
 
あしざわ教頭「今のところ使う予定もないし、“どうしても”って言うなら一箱だけ残してバッと捨てて。後々使うってわかったら今後買ったものを使うって事でいいんじゃない?」
 
とーやま校長「あとは畳むとか…」
 
あしざわ教頭「あれ? この人残しておきたい人だ」
 
とーやま校長「もし使うなら近所のスーパーでも貰えるから、あとは畳んでおけば物置とかにおいておけるし」
 
ぐりろっくす!「わかりました!」
 
141204_sol04.jpg

 
ざきんぬ 新潟県 17歳 男 高校2年生
 
とーやま校長「ざきんぬも捨てられない物は何?」
 
ざきんぬ「元カノとのおそろいのネックレスです」
 
あしざわ教頭「これはな〜」
 
中学2年生の時から約2年間付き合ってきて、元カノとは3週間前に別れたそう。
 
ざきんぬ「高校がお互い違う学校に行って、そこからお互い行き違いがあって…、3週間前に別れようってなって」
 
とーやま校長「元カノとは結構、話をしたの?」
 
ざきんぬ「はい。後半はケンカをする事が多くて。“そろそろ別れようか”ってなりました」
 
とーやま校長「ぶっちゃけ、ざきんぬはどう思ってる?」
 
ざきんぬ「やっと最近踏ん切りが付きました。でも少し前まで引きずってました」
 
おそろいのネックレスは、去年の秋、地元のお祭りで買った、2人の名前が入ったもの。
 
とーやま校長「ネックレスの他にもあったりするの?」
 
ざきんぬ「指輪があったんですけど、友達が“捨てよう”って言ってくれて、川に行って投げました」
 
あしざわ教頭「ドラマみたいだな…」
 
ざきんぬ「投げた時は“自分の中で終わったんだ”ってスカッとした気持ちが半分でした」
 
あしざわ教頭「でも複雑な気持ち半分か」
 
とーやま校長「ちょっと待ってくれ…」
 
あしざわ教頭「やっぱり思い出があるとね…」
 
RN ざきんぬには“捨ててサッパリとして今年を終わらせたい”って気持ちもあるそう。
 
とーやま校長「よし!! じゃあJUDGE行こうか!」
 
元カノとおそろいのネックレスは…!
 
校長・教頭「捨てるべき!!」
 
とーやま校長「ざきんぬ、俺は捨てるべきだと思う。別に物を捨てるからと言って、元カノへの想いや思い出が無くなるわけじゃない。思い出は物にも詰まっているけど、体に細胞に詰まっていて、決して忘れるわけじゃない!」
 
あしざわ教頭「ざきんぬの中ではもう決まってると思うし、指輪を捨てられたんだ。ここで一応踏ん切りを付けて新しい恋に向かっていいと思う」
 
とーやま校長「忘れるわけ無いから思い出を持って前に進んでいいんじゃないかな」
 
ざきんぬ「捨てます!!」
 
とーやま校長「うん、ありがとうの気持ちを持って捨てよう」
 
ざきんぬ「はい」
 
とーやま校長「良い2015年になるといいな! あと1ヶ月よろしく!!」
 
141204_sol05.jpg

 
無印の花 長崎県 17歳 女 高校3年生
 
RN 無印の花も受験で合格したそう! おめでとう!!
 
とーやま校長「だけど捨てれないものがある、と」
 
無印の花「はい、幼稚園から高校までの制服です!」
 
RN 無印の花は幼稚園、中学校、高校の制服(夏用と通常の各2着ずつ)をずっと残しているそう!
 
あしざわ教頭「中学、高校はわかるけど幼稚園の時はまだ残しているんだ」
 
無印の花「捨て時と、あげるタイミングを逃しました!」
 
今は、服用のポールに掛けているらしく、着替えをする度に目に入るそう。
 
とーやま校長「それを見てどう思った?」
 
無印の花「捨てる時逃したな〜って」
 
とーやま校長「じゃあ捨てる気持ちはあるんだ」
 
無印の花「でも捨てるの“もったいないな”ってのもあって…」
 
とーやま校長「もったいなさかとかあるのか。じゃあ別に思い出があるからとかじゃないんだな」
 
無印の花「はい。でも捨てたら後悔しそうだし、親も“生地が良いから捨てたらもったいないよ”って言ってて」
 
あしざわ教頭「考え方の角度がおかしい(笑)」
 
とーやま校長「だってその生地を再利用するならまだしも、飾っているだけだろ?」
 
無印の花「裁縫ができないので。眺めているだけですね〜」
 
あしざわ教頭「“いや〜この制服は生地がいいね”って見るだけなんだ(笑)」
 
さあJUDGEの時間!! この幼稚園・中学・高校の制服は…
 
とーやま校長「捨てるべき!!」
 
あしざわ教頭「残しておくべき!」
 
とーやま校長「え!! 俺はいらない! 気持ちがこもってるならともかく、それほど無いならな〜」
 
あしざわ教頭「そうですけど、僕は気持ちがこもってるなら、捨てるべきだと思ったんです。スカッとしたいから。でもそれほどでもないなら逆に長く残しておいて“私、コレを着てたんだ”って素敵な思い出になるかなって思ったんですよ」
 
とーやま校長「無印の花は将来、お嫁に行く時も持ってくの?」
 
無印の花「うん…荷物にはなるんですけど…」
 
とーやま校長「ちょっとは思ってるのか〜」
 
本当の思い出は、体に刻まれているもので。制服を見ないと思い出さない事は忘れても大丈夫。
未練がそれほどないなら、この逆電をタイミングに捨てるべきだという、とーやま校長。
 
一方で、軽い気持ちだからこそ、捨てて踏ん切りを付ける必要も無いので、長く残しておいてもいいのでは。とあしざわ教頭。
 
2人の意見が分かれましたが、RN 無印の花に聞いてみると…!
 
無印の花「中学校と幼稚園の制服を捨てます!」
 
あしざわ教頭「間をとってくれた!(笑) じゃあ幼稚園と中学の制服は捨てよう!」
 
とーやま校長「よし! ありがとう!!(笑)」
 
141204_sol06.jpg

 
森のクマさん 宮城県 15歳 男 中学3年生
 
森のクマさん「今まで約10年サッカーをやってきて、使ってきたスパイクが捨てられないんです!」
 
サッカーを始めた小学校3年生の時から中学3年生まで約20足あるというRN 森のクマさん!
 
とーやま校長「これは何故捨てられないんだ? だって履けないんだろ?」
 
森のクマさん「履けないんですけど、思い出があって、捨てられないんです。“このシューズで、あのゴールを決めたな”とか」
 
現在は、玄関に置いてあって、親からは今年中に捨てるように言われるそう。
 
とーやま校長「俺も野球のスパイクとグローブがあったな。どうしようかな…。高校ではサッカーやるの?」
 
森のクマさん「やります!」
 
あしざわ教頭「なら今後も増えてくのか…」
 
とーやま校長「教頭はもう決まった?」
 
あしざわ教頭「はい。決まりました。色々あるけど俺視点からなら“これがいいんじゃないかな”って思ったので」
 
とーやま校長「俺も決めた…!」
 
今まで約10年サッカーをやってきて、使ってきたスパイクは…!
 
せーのっ!!
 
校長・教頭「捨てるべき!!」
 
とーやま校長「思い出振り返るのはすごい大切だと思う。でも今後もこの20足を見るたびに昔を思い出してたら、過去を見る時間がすごく増えてくんじゃって思う。その時間をちょっと未来に向けて、“明日の試合で良いクロスを上げるためにこういう練習をしよう”とかに使えたらって思う。より良いサッカー人生が送れて、今までのスパイクも輝くんじゃないかなって思った。」
 
お世話になったスパイクにお礼を言って、捨てるべきだという、とーやま校長。
 
あしざわ教頭「僕も、スポーツで勝負の世界で生きてるんだから、過去を振り返るよりも進んで行くべきだと思う。今のお前が履いているスパイクを精一杯愛するのが大事なんじゃないかな」
 
とーやま校長「どうだ?」
 
森のクマさん「…思い切って捨てます!!」
 
とーやま校長「まあ、JUDGEが出たからな」
 
あしざわ教頭「1足だけならいいかもね。初めてのやつとかは」
 
とーやま校長「うん。でも未来を向くためにバッと捨てよう」
 
それでは黒板の時間!
 
とーやま校長「いろいろ考えちゃうよね。みんなもすごく迷って、迷ってとまどいながらもちゃんと答えを出したもんな。だからこの黒板を書きます」
 
141204_sol07.jpg

 
『 自分に決着をつける 』
 
物を捨てるってこういう事なんだ。
 
今までの自分と向き合って、決着を付ける覚悟を決める。
手ぶらな状態で進んで行った方が、これから良い物をたくさん掴める。
 
決して冷たい気持ちじゃない。
 
ありがとうって気持ちを込めて置いていく。
 
これが捨てるという事だと思いました!

141204_sol08.jpg

 
とーやま校長「捨てるって変わることかもね。この曲を聴いて思った。自分が一瞬ぶれた時もあったけど、みんなもあるんだよな。俺も元カノのおこりんの部屋着捨てます!!」
 
あしざわ教頭「それがあったんだな〜」
 
とーやま校長「みんなが捨てるなら、残すなんて、そんなカッコ悪いことできないよ!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【生徒から届いた捨てられないもの】

授業の中では紹介し切れなかった生徒みんなの捨てたいけど捨てられないものを紹介!!
141204_sol11.jpg
小さなオニオン 和歌山県 15歳 女

みんなから貰った手紙です。
授業中に回した手紙とかも、全部残ってあります。
 
141204_sol12.jpg
みきおきみ 群馬県 18歳 男

小学校低学年の時に、かーちゃんに買ってもらった。キャラクターパンツです。
 
141204_sol13.jpg
Missy 新潟県 16歳

僕の捨てられないものは、トイレットペーパーの芯です。笑
 
141204_sol14.jpg
Amanojaku 青森県 18歳

私の捨てられない机です。
電話したときは県の議員さんと言いましたが、母に詳しく聞いたところ祖母のいとこが県庁で働いてたときに使っていた机らしく、貴重なものなので、祖母がいとこから譲り受けたそうです。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ぐりろっくす! 静岡県 18歳 男
ざきんぬ 新潟県 17歳 男
無印の花 長崎県 17歳 女
森のクマさん 宮城県 15歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:03 ばかもののすべて / 忘れらんねえよ
22:13 ミュージック (Cornelius Remix) / サカナクション
22:26 Believe in yourself / 阿部真央
22:42 断捨離ズム / RIP SLYME
22:49 ラブソング / サンボマスター
23:13 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 / つくちゃん (女子3人による合唱)
23:16 ミュージック / 680円5銭 (男女6人による合唱)
23:20 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 / レイディヲウエーブス (男子3人による合唱)
23:22 INORI〜Ame(B)〜ミュージック〜ルーキー〜さよならはエモーション / ぴすた (女子2人による合唱多重録音)
23:41 六年間 / 環ROY
23:50 changes / Base Ball Bear
23:53 やどかり / RADWIMPS
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
捨てらんないよな〜わかるよ〜、
でも捨てる!! そうさ俺は捨てられる男になる!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
“捨てる”と、“拾う”は似てる。
拾うために、おいていこう。
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141203_01.jpg

 
『 鍵曲 』
 
今年、キミの心に最も刺さった曲、未来の鍵になった曲=鍵曲!!
みんなの鍵曲を集計し2014年ベスト10ランキングをつくるのが、
12月11日(木)の授業!
「“鍵曲”ランキング2014」
 
見事、ランクインした曲を当てた生徒にはTOP10の楽曲が収録されたCDをすべてプレゼント!!
 
現在、生徒のみんなから“鍵曲”を募集中!
曲名とエピソードを書いて送ってきてほしい!!
 
締切は今週の12月5日(金)まで!!
 
まだ送っていない生徒は急げ〜〜〜!!!!
 
141203_02.jpg

 
今夜の生放送教室には…
SKY-HI先生が初来校!!!
 
パフォーマンスグループAAAの一員としても活躍する日高光啓先生が、ゼロから自分で築き上げた“SKY-HI”。
そんなSKY-HI先生の1stアルバム『TRICKSTER』の歌詞カードの一番最後には、こんな言葉が刻まれています。
 
『さぁ、この人生(ゲーム)をひっくり返そう』。
 
今夜はこの言葉に込められた思いを、SKY-HI先生に聴いていくぞ!!
そして、生徒のみんなからは…君がひっくり返したい“ゲーム”を教えてほしい!
 
「E判定をひっくり返して第一志望校に合格したい!」
「好きな子には彼氏がいるけど、このゲームをひっくり返して彼女を彼氏からうばいたい!」
「イケてない自分だけど、ギターと歌でこの人生をひっくり返したい!」
 
君がひっくりかえしたい“ゲーム”を学校掲示板とメールに書き込んでくれ!
 
141203_sol05.jpg

 
生放送教室には、
SKY-HI先生登場!!
 
Yeah!
ドアタマから、まず、まず、まず、まず
マイクテスから、TFM系列から退屈な日々から決別。
Ah、L・O・C・K、老若男女、ちょっと聴いて。
どーも、こーも、調子イイぜ。
ちょっと校長、集まって乗っかれ!
S・Lからなんだっけ?
SCHOOL OF LOCK!言ってんぞ!!

 
まずはSKY-HI先生のフリースタイルラップから授業スタート!!
 
とーやま校長「カッコ良過ぎじゃないですか!!」
 
あしざわ教頭「すげええ!!」
 
SKY-HI先生「すごいですよ! やっと出させてもらったSCHOOL OF LOCK!。記念すべき最初の言葉が打ち合わせで“SKY-HI先生のフリースタイル”(笑)」
 
校長・教頭「(笑)」
 
SKY-HI先生「念願の初登校なので気合入れてやらせてもらいました!」
 
141203_sol04.jpg
SKY-HI先生

 
本日はよろしくお願いします!!
 
とーやま校長「このフリースタイルってその場で考えてやるんですよね!?」
 
SKY-HI先生「はい、普通に会話していてそのスピードを上げていって、そのまま入れてくって感じですね」
 
とーやま校長「これ、うちの教頭もけっこうフリースタイルには足をつっこんでいるので!」
 
あしざわ教頭「え!?」
 
141203_sol12.jpg
 
 
ここであしざわ教頭もフリースタイルを披露!
 
あしざわ教頭「マイク・マイク・マイク・マイク・マイク! マイクチェック! マイクを……食べる! パクパク! パクパク! …なんだよコレ!!」
 
SKY-HI先生「すごいですね。僕らレベルだと理解できないラップでした!!」
 
あしざわ教頭「もう悪口だよ!(笑) なんでマイクを食べたんだろう…」
 
141203_sol13.jpg

 
今回のきっかけは、以前、SCHOOL OF LOCK!で、SKY-HI先生の『トリックスター』を流した時にすぐにTwitterで反応してくれたこと!
 
SKY-HI先生「最初はよく状況が飲み込めなくて…。“あのSCHOOL OF LOCK!が俺の曲を掛けてくれてる…!”って思って」
 
とーやま校長「じゃあ我が校の事は知っていたんですか!?」
 
SKY-HI先生「はい! いつも色んな気持ちで聴かせて貰っていました! 僕、メジャーデビュー以降に“自分が中学生時代にラジオを聴いて、『何だこのワクワクする世界は…!!』って感じたあの衝動をかき立てる詩を書こう”ってずっと思っていたんです! だからSCHOOL OF LOCK!を聴いてたら初期衝動が蘇ってきましたね!」
 
『トリックスター』を我が校流した夜、SKY-HI先生はスタッフと一緒にカフェで深夜まで“流れてたね!”とずっと盛り上がっていたそうです!
 
とーやま校長「それを我が校の職員がTwitterで見つけて、今回の生放送教室に来てくれることもツイートしてくれて…! あとメルマガでも書いてくれたんですよね!?」
 
SKY-HI先生「そうなんです! 曲をかけてもらった後、スタッフと話していて“次は生放送教室に…とかガツガツしちゃいけないよね”って話をしていたんです。でもいざ決まったら、もうガツガツしていこうと思いました!!」
 
とーやま校長「そういう感じなんですね(笑)」
 
SKY-HI先生「もう感覚としては生徒、教育実習生ですね!!」
 
141203_sol03.jpg

 
SKY-HI先生は、AAAのメンバーとして、2005年にデビュー!
紅白歌合戦にも5年連続で出場! もちろん今年も出場!
 
そんな日高先生先生が始めたプロジェクト「SKY-HI」
最初は事務所にも内緒で始めたそうです!
 
SKY-HI先生「元々ラップが好きで、ヒップホップをずっとやっていくなかで、19歳の頃によく通っていたクラブでレギュラーイベントに出てくれるラッパーを探しているって言われてて。僕はもうAAAでデビューしていたんですけど、もうこれはやるもんだなって思いました。その場でやりますって言いました!」
 
事務所には基本内緒だったけど、AAAのデビュー当時のマネージャーさんには打ち明けていたそうです。
 
SKY-HI先生「その人が前はバナナマンの元マネージャーで。”そのクラブでのラップをすることがどんなことかわからないけど、芸人さんの下積み時代をずっと見てきたから、お前の事1個も理解してやれないけど頑張れよ”って言われたんです」
 
とーやま校長「それめっちゃ嬉しくないですか!!」
 
SKY-HI先生「そうですね! めちゃくちゃ嬉しかったです!」
 
そこからはマイクを握りる機会があればガツガツ参加して行ったそうです!! 
昼間はAAAでライブを行い、夜そのままクラブで20人程の前でラップを披露するなんて事もあったそうです。
 
あしざわ教頭「ライブってどうやって出るんですか?」
 
SKY-HI先生「今はインターネットがあるんですけど、2005年とかってまだそんなに普及してなかったから、クラブに足繁く通って、デモ音源を作って渡して…。それでも一手間かかるから、さっきやったフリースタイルでみんながやっている所に参加するとか。バトルに出て一番目立つとかひたすらやり続けるっていう…(笑)」
 
とーやま校長「でも昼間はAAAとして何万人の前でやって、夜は20人位の間でやるっていうギャップは無かったんですか?」
 
SKY-HI先生「いや、変わらないなって思うのは、何千、何万のお客さんが盛り上がってくれるシチュエーションっていうのはホントにすごく尊いんですけど、クラブで酒を飲みに来てバーカウンターにもたれてるお兄ちゃんやお姉ちゃんを盛り上げる事も同じくらい尊いと感じるので」
 
あしざわ教頭「夜は武者修行みたいですね!!」
 
SKY-HI先生「そうですね。ラップが上手くないと絶対に認められなかったし、フリースタイルもずっと続いてナンボだったし…。まあラップが上手くなって良かったです(笑)」
 
とーやま校長「原動力って何ですか?」
 
SKY-HI先生「一つは根拠の無い自信ですね。スタートで自分のファンになれたっていうのはラップを初めた時って、クラブでお客さんは全然来ないし、AAA側では“お前の事理解してやれないけど頑張れ”って状態だし。SKY-HIとして名前が挙がってきた時にバトルで“アイツ、昼間はAAAとしてやってるんだぜ”って仲間に売られるって事もあったんです。でも全部踏まえて自分は“勝ち目がある”と思っていたそうです」
 
当時はそれが説明できなかったけど、
それがだんだんと“俺はこうなるために、まずはこれをやって、これをやって…”という作業に成功してからは、毎日辛いことがあってもブレずにやって来れたそうです!
 
141203_sol14.jpg

 
そして!SKY?HI先生は、
12月12日に、セカンドシングル「スマイルドロップ」をリリース!
 
もちろん、この「スマイルドロップ」についても聞いていったぞ!!

141203_sol06.jpg

 
後半もSKY-HI先生のフリースタイルからスタート!!
 
Yeah! Yeah! Yeah!
さあ、Once again、back この現場。
 
掲示板も準備良いかい?
東京だったら、“OGy”
神奈川県なら“むー。”から“えちだ”
 
最後までこれを聴くべきだ!
 
鳥取、“み な み ”、何が聴きたい?
“おぐおぐめ”それから“みくみこ”

SCHOOL OF LOCK!をチェックしろッ!!

 
とーやま校長「ちょっと待って下さい! 分かった!? 教頭!!」
 
あしざわ教頭「はい! 後半に生徒のラジオネームのくだりが…!」
 
SKY-HI先生「はい。さっき掲示板でオレの事を書いてくれた生徒達を見ながらやりました!」
 
とーやま校長「めっちゃ嬉しい!!」
 
SKY-HI先生「2回目やらせてもらったからもうすごい楽しいです!! 最初は緊張していて、それをどう隠すか、余裕あるように見せるか必死だったんですけど、今は純粋に楽しいです!!」
 
とーやま校長「でも前半で喋ったように、我が校の事を良く知っているし、生徒との距離がめっちゃ近いですよ!!」
 
SKY-HI先生「ありがたい! じゃあみんなを引っ張っていけるように頑張ります!!」
 
SKY-HI先生は、来年2月から、全国ツアーが決定!
福岡からスタートして、ラストは東京・赤坂BLITZとなっています!!
 
あしざわ教頭「ヒップホップのライブに行った事がない生徒が 多いと思うんですけど、こんな風に楽しんでほしい!とかってありますか?」
 
SKY-HI先生「そうですね。ライブ前だから、“こうやったら盛り上がるのかな”とか“予習しておいたほうがいいかな”って思わなくていいです。ホントに後ろの方でボーっと見てて、たまにドリンクを買いに来るくらいでも、“SKY-HI超大好きだぜ!”って前で盛り上がるのもOKで、どんなスタイルでもライブ後に“SKY-HIのライブ来てよかったね”って思えるようにトリートするから!」
 
とーやま校長「おお!!」
 
SKY-HI先生「安心してもらって大丈夫です! ただライブハウスなんで、服装とかは気をつけてほしいんですけどね」
 
とーやま校長「頼もしい!! どんなライブにしたいんですか?」
 
SKY-HI先生「そうですね。ものすごくエンターテインしたくて“曲は知らないんだけど、気が付いたら気持ち良くなっちゃった”って思ってほしくて。そういう気持ちにさせるパワーと、聴いてくれた人がこれから何年先か歩いていく中で明るい気持ちになれるようなパワー。この二つの要素を盛り込んでいくので!」
 
141203_sol15.jpg

 
ここからはSKY-HI先生と送る、今夜の授業!!
「さぁ、このゲームをひっくり返そう」
 
SKY-HI先生がファースト・アルバムの一番最後に刻んだ言葉!
受験!部活!恋愛!夢!
キミひっくり返したいゲームを教えてほしい!
 
SKY-HI先生「実際にアルバムを全曲作って、歌詞カードも入稿する直前に“このアルバム、一言で表すと何だろう”って考えて浮かんだ言葉なんです」
 
明日からの一日をポジティブに過ごすために、“やる”か“やらないか”の決断をするなら
その“やる”というきっかけに、力になる後押しをする想いが込められているそうです。
 
SKY-HI先生「今までもある程度、“SKY-HIなんて…”って言ってきた人をひっくり返してきたけど、これからももっと自分を知らない人をひっくり返していくっていう意志を持ってやっていくから。“キミ達の人生、より良い物にしていこう。俺がしてやる”って気持ちを込めての言葉ですね『さぁ、このゲームをひっくり返そう』」
 
とーやま校長「学校とかで馬鹿にされてて、心が折れてるヤツにとってホントにただ力になる言葉!」
 
SKY-HI先生「やり方はいくらでもあって。ホントにいじめられていて辛いと思ったら逃げてもいいと思うし。辛いことに背中を向けるって全然前向きだから。ただそういう逃げる事を前向きに捉えるのに勇気が必要なので、その後押しを俺がしてやるぜっていう言葉ですね!」
 
それではさっそく生徒にひっくり返したいゲームを聞いていきました!
 
美和ザムライ 栃木県 16歳 女 高校1年生
 
とーやま校長「さっそくだけど、美和ザムライがひっくり返したいゲームはなんだ?」
 
美和ザムライ「“あの子と戦えば勝てる”という考えをひっくり返して全国に行きたいです!」
 
小学校1年生から10年間、剣道をやっていて、高校の剣道部では1年生ながらも団体戦の大将に選ばれているそう!!
 
美和ザムライ「今までは全国大会や関東大会でそれなりの実績を残して来れたんですけど、3年生が抜けて新チームになってからなんか、プレッシャーとかで調子が悪くて、格下の相手に負ける事が多くて…」
 
他校からの“美和ザムライになら勝てるから”と思われてるそう。
 
とーやま校長「ようは舐められてるんだな。それをひっくり返したいと…。でもそもそもで美和ザムライがいる高校はめちゃくちゃ強いところだよね。すごいな!! そこで1年生で大将ってプレッシャーか」
 
SKY-HI先生「でも校長先生と教頭先生が言ってるけど、めちゃくちゃ強いと思うし、カッコイイなと思います。ものすごいプライドを持っていい事だし。プレッシャーもものすごく掛かるけど、実際にステージが始まったら自分が主役で、その舞台で自分が一番遊べるっていうシチューションはとても楽しみがいがあると思う」
 
これからの高校生活、一番最後に“楽しかった”と思うためにはやり尽くすことが大事だというSKY-HI先生。
 
SKY-HI先生「元々強いんだから、楽しんでやっちゃえばいいと思う。羨ましい!」
 
とーやま校長「さっきSKY-HI先生が言ってたけど、“散々自分の事を言ってきたヤツをガツンと言ってきた”って状況はまさに美和ザムライも同じじゃん! 今、馬鹿にされてて、これでもし美和ザムライが弱かったら別の狡い手段をオススメしてた!」
 
美和ザムライ「(笑)」
 
SKY-HI先生「裏側のね!(笑)」
 
とーやま校長「ただお前は先生、部員、みんなの信頼があってそこにいるんだからお前はやっぱり強い! その強さで相手を“なんであんな事を言っちゃったんだろう”って思わせてたら気持ちがいいぞ!!」
 
SKY-HI先生「いいな〜! ゲームや漫画だったら主人公ですからね!」
 
とーやま校長「ここからが盛り上がるところですよね」
 
あしざわ教頭「SKY-HI先生の言葉にはさっきから“楽しむ”ってワードが心に来てるんだ。だから美和ザムライもプレッシャーを感じすぎてるから、戦う事を楽しむことに何かヒントがあるんじゃないかな」
 
美和ザムライ「はい」
 
SKY-HI先生「プレッシャーを感じるまで追い込まれる事って中々無いんですけど、それを楽しむきっかけをつかめればいいですね」
 
RN 美和ザムライの次の大会は1月末!!
 
とーやま校長「見返してやれ! 頑張れ!!」
 
141203_sol07.jpg

 
♪はるか♪ 大阪府 18歳 女 高校3年生
 
とーやま校長「♪はるか♪がひっくり返したいゲームはなんだ?」
 
♪はるか♪「E判定をひっくり返して、大学に合格したいです!」
 
受験生のRN ♪はるか♪。
“目標を高く持とう”、ということで志望校は難しい大学を選らんだがE判定がずっと続いている。
今は学校の勉強はもちろん、帰ってきてからも、苦手な部分を克服できるように重点的にやったりして夜遅くまでやっているそう。
 
♪はるか♪「でも夜更かしもいけないのかなって思うんでけど」
 
あしざわ教頭「根を詰め過ぎるとね…」
 
実は、今日初めて掲示板登録をして書き込みをしてくれたRN ♪はるか♪!!
ありがとう!
 
とーやま校長「なんで今日?」
 
♪はるか♪「SKY-HI先生の大ファンなので、“さあ、このゲームをひっくり返そう”に送りたいなって思いました!」
 
SKY-HI先生「ありがとう!! すごい嬉しい!」
 
とーやま校長「ちょっとSKY-HI先生、何か♪はるか♪がこの状況をひっくり返すためのヒントを…!」
 
SKY-HI先生「そうですね。高校生のこの時期って目標が決まってる人もそうじゃない人も揺れる時期だと思うんです。でも大学に合格したい、って気持ちがあったら物差しになると思うんです」
 
E判定が続いてるは何が原因なのか1個ずつ遡っていって、計画を組み立てていけば、最初の一歩は案外軽いのではとアドバイス!!
 
SKY-HI先生「目標は定まってない方がたいへんだと思うんですけど、“E判定をひっくり返したい”っていう目標があるなら、その目標から逆算して一歩ずつ大切にしていってほしい。もし合格して春から幸せなライフを送れるならその幸せが増幅するような曲を贈るし、もし落ちても“あの時私あそこで落ちたから、今幸せなんだ”っていう気持ちでいられる曲をつくるから頑張りましょう!」
 
♪はるか♪「はい!!!」
 
あしざわ教頭「すごいな! お前のためだけに曲を作るって最強の家庭教師だぞ!」
 
SKY-HI先生「好きって言って貰ったんで嬉しくて言っちゃいましたね!」
 
とーやま校長「勇気出た?」
 
♪はるか♪「はい! E判定をひっくり返そうな気がします!」
 
とーやま校長「E判定で合格してるやつは何人も見てるし、今のお前にはSKY-HI先生が付いてるんだから! いけるよ!!」
 
141203_sol08.jpg

 
『 知ってるか キミはもう ひっくり返している 』
 
明日、明後日からの一日をどう過ごすかって結局、聴いてくれているみんな自身です。
どんなネガティブも考え方次第でポジティブに捉える事ができるから。

あと、既にひっくり返している理由としては、
「キミはもうSKY-HIに出会ってしまったから」」

もうひっくり返り始めている!
 
だから、これからも“ひっくり返していきたい”って人は付き合ってほしい。
まだ“ひっくり返し足りない”って人はもっと期待してくれて構わない!
 
いつでも、いくらでも、ひっくり返してやるぜ!

141203_sol10.jpg

  
141203_sol11.jpg

 
SKY-HI先生、本日はありがとうございました!
ぜひまた来てください!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
美和ザムライ 栃木県 16歳 女
♪はるか♪ 大阪府 18歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:02 緑閃光 / LAMP IN TERREN
22:25 Image / SCANDAL
22:42 トリックスター / SKY-HI
22:47 スマイルドロップ / SKY-HI
23:11 Present / flumpool
23:20 フレイム / flumpool
23:49 逆転ファンファーレ / SKY-HI
23:52 スマイルドロップ / SKY-HI
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
最後に全てがひっくり返った!!
すごい! SKY-HI先生、あんたすごいよ
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ポジティブパワー注入!!
ありがとう! SKY-HY先生!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141202_sol01.jpg

 
『 じゅじゅじゅ 』

11時ジャストの恒例授業!
日本復興バトルクイズ「KIFF&RELEASE」!!
 
本日の給付金は……
とーやま校長「じゅじゅじゅ…! 12万円!!!!
 
3択クイズに正解するだけで、12万円がもらえるチャンス!
12万円あったら、世の中にある大抵のもの買える!
漫画だったら250冊!
パソコンも、カメラも!
 
エントリー方法は、
“SCHOOL OF LOCK!のWEBサイト「KIFF&RELEASE」のページにあるエントリーボードに12万円の使い道を書き込む”
これだけ!!
 
エントリーしてくれた生徒の中からウルトラサーバーが選んだ1名が3択クイズに挑戦!
正解すれば12万円がオマエの手元に飛んで行くぞ!
さらに1エントリーにつき、1円が災害復興支援として寄付されます!
 
ちなみに、今夜は映画『日々ロック』に関する3択問題を出題!
映画を観たヤツはチャンス! 今のうちに予習しとけ!
 
141202_sol02.jpg

 
今夜の生放送教室には…!
我が校の“社会の講師”
クリープハイプ先生が登場!!
 
クリープハイプ先生の担当科目は社会!
世の中の政治とか、経済とか、いわゆる世の中の事じゃなく、自分の身の回り、半径3mの社会を考える授業!
 
毎週火曜日にSCHOOL OF LOCK!の屋上に続く 階段の“踊り場”で授業してくれています!!
 
クリープハイプ先生は、明日ニューアルバム「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」をリリース!
 
このアルバムを持って、クリープハイプ先生全員で生放送教室に登場!
 
今夜は、クリープLOCKS!の時間もぶち抜きで、クリープハイプ先生のアルバムを聴いていくぞ!
すでにアルバムをフラゲした生徒は、感想を学校掲示板とメールに書き込んでほしい!
 
さらに、一ヶ月にわたりクリープLOCKS!で授業してきた…
『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう〜半径3mの社会編〜』
 
「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」。
アルバムタイトルとなっているこの一行から受け取った事を、文章や写真、映像など作品にして送ってもらっています!!
 
今夜は生徒から届いた「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」をクリープハイプ先生と一緒に見て行くぞ!
 
141202_sol03.jpg

 
生放送教室には…
クリープハイプ先生!!
 
クリープハイプ「クリープハイプです!(4人でハモりながら)」
 
とーやま校長「今、ハモってましたよね?」
 
あしざわ教頭「ゴスペラーズ先生みたいになってますよ!!」
 
尾崎先生「最近、スタジオに入ってそればっかり練習してます(笑)」
 
尾崎世界観 先生(Vo./G)
長谷川カオナシ 先生(B)
小川幸慈 先生(G)
小泉拓 先生(Dr)
 
尾崎先生とカオナシ先生は、約一ヶ月ぶり!
小川先生と小泉先生は、5月に音楽室でライブを届けてくれた以来!
 
141202_sol04.jpg

 
まずはいよいよ明日発売になるニューアルバム「一つになれないなら、せめて二つでいよう」について話そうと思ったのですが…!!
 
とーやま校長「俺、ちょっとドキドキしてるんですよ」
 
クリープハイプ「CM中もめちゃくちゃ褒めてくれて、それをとっておいてほしかったんですよ(笑)」
 
あしざわ教頭「校長、教頭の想いが溢れてるんですよね」
 
とーやま校長「これもう喋らなくていいんじゃないかな!」
 
尾崎先生「“喋らない”っていう伝え方もありますからね!」
 
とーやま校長「そうですね(カフを切る)」
 
あしざわ教頭「カフを切るんじゃないよ!」
 
カオナシ先生「遠くなっちゃった(笑)」
 
それではアルバムについて話していきます!!
 
とーやま校長「ホントにこのアルバムすごいでしょ!! 前回、尾崎先生とカオナシ先生が来てくれた時に、“今年の総決算になった”って言っていて、2014年があって良かったって思えるアルバムになる可能性があるって事で聴いてみたら、ホントにそうなんですよ」
 
あしざわ教頭「どこを切り取ってもスゴイんですよ!」
 
ここで我が校の職員、ヘルツ先生が作ったアルバム「一つになれないなら、せめて二つでいよう」ダイジェストをみんなで聴きました!!
 
 
〜「一つになれないなら、せめて二つでいよう」ダイジェスト〜
 
 
尾崎先生「こっちの方がいいですよ」
 
あしざわ教頭「それは話が違ってきます(笑)」
 
とーやま校長「なんか俺、すごい来ちゃった…(泣)」
 
あしざわ教頭「ええ!」
 
カオナシ先生「愛のあるエディットありがとうございます」
 
尾崎先生「“愛ジェスト”ですね」
 
とーやま校長「俺、なんなんだろうな…」
 
カオナシ先生「頑張ってください…!」
 
尾崎先生「俺、校長の感動した時の、太った相撲部員みたいな声大好きなんですよ」
 
とーやま校長「すいません! ダイジェストの最後『二十九、三十』の“前に進め”って、この歌の中の男は女々しいのに“最後は、なんでこんなにカッコいいんだろう”って思ったり、“そういう強さ、実は持ってるじゃん”って思ったりとか。『大丈夫』の中の子どもに背中を押されたりするし。とにかく人間なんですよ」
 
尾崎先生「“さよなら”からの“前に進む”って普通、一曲で表現しなきゃいけないと思うんですけど、クリープハイプは12曲使わないと言えなくて。でもその距離感とか時間はみんなにあるものだから、ちゃんとそれを表現できてよかったですね」
 
あしざわ教頭「1曲というよりは全体の力強さをたしかに感じましたね」
 
とーやま校長「小川先生はどうですか? 今回のアルバム」
 
尾崎先生「聞いてなかったでしょ?(小川先生の方を向いて)」
 
小川先生「全然、聞いてなかった」
 
とーやま校長「おいおいおい!!」
 
あしざわ教頭「逆に器用!」
 
尾崎先生「聞いてましたね! 瞬時に自分の役割を理解しましたから(笑)」
 
小川先生「自分でも聴きいっちゃうような素晴らしいアルバムができました。今年、『寝癖』から始まって、一曲ずつレコーディングをしていって、“こういう音を出したかったな”っていう、自分の好きなアルバムが出せました」
 
とーやま校長「小川先生のギターがすごい歌っているように感じて、ボーカルみたいで。カオナシ先生のベースももちろんそうですし、小泉先生のドラムも。4人が歌っているって思ったんですよ」
 
カオナシ先生「ゴスペラーズ先生みたいに」
 
とーやま校長「(笑)」
 
あしざわ教頭「やっと目指している方向性が形になってきたなと」
 
あしざわ教頭「それで最初にやったわけじゃないでしょ!」
 
どの曲も良いというとーやま校長。一曲の中の言葉一つ一つにもフックのような威力があるという、あしざわ教頭。
 
そんな中でまずはこの曲をみんなで聴きました。
 
 
♪ ボーイズENDガールズ / クリープハイプ
 
 
とーやま校長「震えるよ…! この曲はけっこう前に作った曲なんですよね?」
 
尾崎先生「はい、このメンバーになって2番目に作った曲で。早くリリースしたかったんですよ。形を変え過ぎて、本当の正解がわからなかったんですけど、やっぱりシンプルになりましたね」
 
とーやま校長「この歌詞の“シャンプーの匂いが消えないうちに”っていうのは女子は当然あるだろうし、男子もあると思うんですよ。“今日、髪型決まってる時に会いたい”とか」
 
あしざわ教頭「あるよ〜!!」
 
尾崎先生「家を出る時にはよかったのに、駅に着いたらヘンになっちゃってるんですよね」
  
141202_sol09.jpg

 
ここからは校長、教頭からの感想だけでなく、我が校の生徒からも感想を伝えてもらいます!!
 
黄色コロッケ 岡山県 17歳 女 高校2年生
 
ニューアルバムをフラゲしたというRN 黄色コロッケ!!
 
黄色コロッケ「もう…朝8時に学校に行く前にフラゲしたんです! 今週テスト週間で今日もテスト中にウズウズして…。帰って聴いたら“今回のアルバムは、ぽかぽかするアルバムだな”って思いました」
 
とーやま校長「あったかいなって感じか。どの辺に感じた?」
 
黄色コロッケ「1曲、1曲はクリープ感が満載なんですけど、全体を通すと颯爽感があって、最後が『二十九、三十』で終わってるのも前向きになれるし、スカッとするアルバムだなって思いました」
 
クリープハイプ先生「おお…!」
 
小泉先生「嬉しいですね。僕と同じ感じ方をしてくれていますね」
 
とーやま校長「やっている方も感じますか」
 
小泉先生「こういう感じになってくれたらいいなって思ってて、すごいですね。一致しました」
 
RN 黄色コロッケがアルバムの中で特に好きな曲が『大丈夫』。
 
黄色コロッケ「『大丈夫』を聴いて、私の目標にする人物ができました!」
 
尾崎先生「その『大丈夫』女子側って事ですか?」
 
黄色コロッケ「はい!」
 
尾崎先生「本当にどんどん育ってほしい!! どんどん予備軍を作って、5年後に収穫したいです!」
 
あしざわ教頭「収穫!!(笑) ツアーの意味が違ってきちゃうよ!」
 
黄色コロッケ「私は今、彼氏がいて、ちょっと変わった環境なのでなかなか言いたい事が伝えられないんです。でも頑張って大丈夫な彼女になって、彼氏を支えていけるように、クリープハイプ先生の曲と共に成長していきたいのでこれからもよろしくお願いします!!」
 
クリープハイプ「よろしくお願いします!!」
 
黄色コロッケ「大好きです!」
 
141202_sol05.jpg


ここからはクリープLOCKS!の時間!!
 
いつもは尾崎先生が一人でSCHOOL OF LOCK!の階段の踊り場から授業をしてくれていますが、今夜は生放送教室から一緒に授業していきます!! 
 
クリープLOCKS!では、一ヶ月間にわたりこのテーマで授業しています。
「『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』〜半径3mの社会編〜」 
これは、明日リリースになるクリープハイプ先生のニューアルバムのタイトル!!
生徒のみんなから、アルバムを聴く前にこのタイトルというか、文章から感じた事、思い浮かんだ事を作品にして送ってもらっていました。
 
とーやま校長「これたくさんの作品が届いたんですよね」
 
尾崎先生「はい。何が嬉しいかというと、いつもと同じような文章をたくさん送って来てくれたんですね。それはつまり、いつも送ってくれている文章も作品という意識を持って送ってきてくれているということなので」

「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」。
この一行から受け取ったものを自由に受け取って表現してほしいという事でスタートしたこの授業。
明日、アルバムが発売という事で、今夜で応募を締め切ります!
 
あしざわ教頭「アルバムを聴いてない状態っていうのがすごいですよね! こんなにたくさんの表現方法があるなんてビックリです!!」

漫画、写真、イラスト、小説、詩、短歌…みんな沢山の作品を本当にありがとうございました!
 
届けられた作品をあつめて、来週火曜日にSCHOOL OF LOCK!のWEBサイトにUPします!
その名も、「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう〜半径3mの社会編〜作品集」
 
現在、この作品集に掲載する作品を選考中なんですが、今日は僕らも一緒に届いた作品を見に行きます!!
 
まずは…漫画

141202_creep_mash01.jpg

まっしゅ13号 千葉県 15歳 女
タイトル
『この気持ちが伝わらないなら、せめてポケットにしまっておこう』
 
141202_sol06.jpg

 
カオナシ先生「すごい…!」
 
あしざわ教頭「絵がめちゃくちゃ上手いですね」
 
尾崎先生「色が全部に付き切っていない所がいいですね」
 
この作品は全4ページ構成なのですが、本日は、1ページ目のみ掲載します!!

尾崎先生「僕が明日アルバムと同時発売する雑誌『SHABEL』で真造圭伍さんという好きな漫画家さんに描いてもらった漫画を掲載しているんですけど、ちょうど4ページでセリフが無いんですよ」
 
校長・教頭「ええ!!」
 
尾崎先生「たまたま偶然ですけど鳥肌が立ちますね…!」
 
とーやま校長「言葉が無くても伝わるんですね」
 
カオナシ先生「そうですね」
 
尾崎先生「言葉があると伝わらないものもあるので、いいですね」
 
あしざわ教頭「漫画家になりそうですね。15歳でこの世界観と空気感はなかなか出せないですよ」
 
続いてはダンス!!
 

とーき 福島県 16歳 男
RN とーきは、コンテンポラリーダンスで『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』を表現してくれました!
 
カオナシ先生「すごい…雰囲気がおごそかですね。言葉が無くて、体だけでアルバムタイトルを表現してくれて…!」
 
尾崎先生「こういうのを“よく分からない”って言いたくないですよね。それが一番手前にある意見で言うのは簡単なんですけど、一生懸命考えて、何か意味を見つけたいって思えるダンスです」
 
小川先生「感じるままに踊っているというか体で表現していますね。言葉ってすぐに伝わるじゃないですか。でもこれは見る自分が考えて伝わるものなので、そこがいいですね」
 
ちなみにRN とーきはコンテンポラリーダンスで全国トップを目指してるそう! 
 
尾崎先生「他の踊りも見たいですよね。一つだけだと比べられないので、興味があります。」

そして…文章・文字の作品もたくさん届いています!!
 

君に嫌われるのが怖いから、できるだけ距離をとって、
そっとそばにいようと思うよ。
そんな友達が私にはいます。
きょど 愛知県 15歳 女


 
尾崎先生「わかります。好きだったミュージシャンとか、色んな方に会う機会があるんですけど、怖いですね。“嫌われたらどうしよう”って思ってしまって。会わなければそんな事は無いんですけど、もし意見が違ったりしたらどうしようとか思ってしまって。でも会ったら、それ以上の事が待ってるかもしれないので会いたいって思うんですけどね。この気持ちはすごくわかります」
 
カオナシ先生「僕もあります。きょどさんはできるだけ距離は取っているけど、一緒にいようって思ってるから優しい方だなと思いました。三行だけなんですけどすごい優しさが伝わってきました」
 
とーやま校長「きょどと友達の間には色んな事が詰まっていて、これからも色々あるんだろうなって伝わってきました」
 
あしざわ教頭「さっきまでは言葉が無い作品だったんですけど、言葉3つでもすごい想像力が働くというか…伝わり方が全然違いますね」
 
小泉先生「このまま行ってほしいですね」
 

私は、私と一つになれません。
昔から眠る前に一日の反省会をすることが癖で、
そのためか自分を客観的に見る自分を持つようになりました。
 
自分が二人いるおうなもので、矛盾だらけの感情が次々と生まれてきたり、
生き辛いこともたくさんありますが、
困ったときに助けてくれる大切な存在です。
 
これからも、私のことちゃんと見ててね。
ダメな私をときどき叱ってね。
それでもその後には大丈夫って言ってね。
信じてるからって、言ってね。
ののまる 広島県 18歳 女


 
小泉先生「これ好きですね。“客観視する自分”を、自分の中に置くっていうのが共感できるし、その“信じてるから”っていう最後の締めくくりも入ってきますね」
 
とーやま校長「クリープ先生を聴いてて思うのが、クリープ先生ってどこかクリープハイプを俯瞰(ふかん)で見てるじゃないですか」
 
尾崎先生「ありますね」
 
とーやま校長「“なんか先に言われる前に、言っておこう”っていうのがありますよね!」
 
尾崎先生「知らない誰かに言われて傷つけられるくらいなら自分で傷付けるっていうのがありますね」
 
あしざわ教頭「クリープハイプの世界観に近いですよね」
 

三ヶ月前に彼氏と別れました。
わたしがSCHOOL OF LOCK!を聴くようになったのも
クリープハイプ先生を知ったのもその人のおかげです。
別れてしまったからもうラジオの話もできないし、
もう一緒にクリープ先生のライブに行く事もできないけど、
それぞれの毎日の中にラジオもクリープ先生の音楽もあり続けると思います。
愛し合うことはできないけど、別の場所から同じものを愛することはできる。
これがあたしにとっての
『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』です。
きいろいかえる 宮城県 16歳 女


 
尾崎先生「ありがとうございます。嫌いになる事もできるけど、“あの人が好きだった物だからいいや”って捨てることも出来るんですけど、好きでいてもらえるのは嬉しいですね。その間にいつまでも意味のある在り方をしたいですね」
 
とーやま校長「今、聴いてるのかな…」
 
小泉先生「どうなんだろうね…」
 
カオナシ先生「2人がもしかしたら別々の場所で聴いてるかもしれないですね。そしたらこれ以上の幸いは無いのかなって思います。前に好きだった人が好きな物ってなかなか好きになりづらいんですけど、好きでいてもらえるっていうのは嬉しいですね」
 
とーやま校長「彼氏は何を思ってるのかな」
 
尾崎先生「これ“俺の事じゃないか”って思うヤツは急増してそうですね。それで連絡を取ってみたら“何が?”って返ってきて…。それもいいですね」
 
141202_sol07.jpg

 
そして、クリープハイプ先生のニューアルバムと同じく明日!
尾崎先生が責任編集をつとめる雑誌『SHABEL』が発売になります!
 
これは、尾崎先生の興味のある事を喋って、掘って行くという尾崎先生の頭の中を覗き見できる雑誌!
そんな「SHABEL」創刊号は写真特集!
尾崎先生が大好きだと小野啓さんの撮りおろしポートレートにSCHOOL OF LOCK!の生徒が被写体として参加しています。
 
とーやま校長「みんな眼光が鋭いですよね!」
 
尾崎先生「“見つけてほしい”って感情が強かったですからね」
 
撮影モデルになった生徒はそれぞれ自然とポーズをとっていたそう。
 
あしざわ教頭「じゃあこれは撮らされてるんじゃなくて自然体でいるポーズなんですね」
 
とーやま校長「良いですね!! うちの生徒は!!」
 
尾崎先生「そうですね!」
 
「SHABEL」には、尾崎先生がカメラマンをつとめたSKE48、そして乃木坂46の松井玲奈さんの写真や、俳優・池松壮亮さんのコラム、さらに特別付録としてCDも収録!
 
来週火曜日のクリープLOCKS!には、高橋優くんと一緒に、踊り場から授業していきます!!
 
141202_sol08.jpg

 
クリープハイプ先生は来年1月から全国ツアー
『一つじゃつまらないから、せめて二つぐらいやろう』が決定しています!!
 
とーやま校長「どうですか、全貌は?」
 
尾崎先生「まだ決まっていないですね。だからアルバムを聴いた感想を届けてもらってから…って感じですね(笑)」
 
前半、1月〜3月がライブハウスツアー!
そして、後半3月〜5月が全国ホールツアー!
ニューアルバムの初回生産分には、ホールツアーチケットの先行予約シリアルナンバーが入ってます!
 
後半も引き続き、生徒からアルバムの感想を聞いていきました!

一つになれないならせめて二つでいよう
今日フラゲしてきました! シングルできいた曲たちもアルバムできくとちがってきこえてきて全部通してきいたら涙がとまりません。本当にアルバムがだせてよかったな…クリープハイプについてきてよかったです。このアルバムは私にちゃんと届いてます。届けてくれてありがとうございます。あとは私のなかでふくらまします。
まいてぃーん
女/16/東京都
2014/12/02 20:12



尾崎先生「嬉しい。破裂しないように気を付けてほしいですね(笑)」
 
とーやま校長「アルバムが出て良かったってみんな思ってるんですね」
 

アルバム
フラゲしました! なんかすごく未来を感じるアルバムでした。 シングルの曲は改めてすごさを感じて、アルバムで初めて聴いた曲はこれから聴いて一緒に生活していく事を考えてわくわくしました! 出会えてよかったです!
ぴよぴよROCK
女/18/千葉県
2014/12/02 22:47



尾崎先生「みんな同じことを言ってくれてますね“これから”って」
 
あしざわ教頭「未来を感じるって言ってますよね」
 
とーやま校長「すごいポジティブな力が溢れてるんですよね」
 
尾崎先生「今回、色んな事があって。渦中の時もラジオに出させてもらって。アルバムを出すまでには何とかしたいっていうのがあったんです。そういう気持ちを吐き出すのは簡単だけど、そういう事あったからこそある希望を歌いたくて、演奏したかったので」
 
とーやま校長「11曲目もノイズが…!」
 
尾崎先生「そうですね。できてるだけ歌いたかったですけど、捕まってしまいました(笑)」
 
そして、ここでもう一人の生徒に逆電して感想を聞きました!!
 
ちょんなっつ 愛媛県 17歳 女 高校3年生
 
アルバムをフラゲして既に3周聴いているという、RN ちょんなっつ!!
 
ちょんなっつ「このアルバム、ホントに、ホントに! 最高で!! ずっとそばに置いておきたいって思えるアルバムでした!!」
 
好きなアーティストでも、自分の中での熱が冷めてしまったら聴かなくなってしまう事があるけど、“クリープハイプ先生は絶対に嫌いにならないから”そばに置いておきたいそう!!
 
ちょんなっつ「だからずっと聴き続けていきたいです」
 
クリープハイプ先生「ありがとうございます!!」
 
とーやま校長「やっぱり力をもらった?」
 
ちょんなっつ「はい! 私『2LDK』が好きなんです。歌詞が切ないんですけど、その中に希望が見えて…」
 
クリープハイプ先生の曲はちょっとせつない感じで思い通りにならない事を歌っている曲が多いというRN ちょんなっつ。
 
ちょんなっつ「私も大学に合格したんですけど、それが一番行きたい大学じゃなくて。でも受け入れなきゃいけないし。周りには第一志望の大学だったから、合格して嬉し泣きしている友達もいたので、複雑な気持ちになっちゃったんです。でも『二十九、三十』で私も前に進まなきゃって思いました!」
 
尾崎先生「嬉しい」
 
カオナシ先生「嬉しいですね。ちょんなっつさんが買ってくれたアルバムは健やかなる時も病める時もずっと一緒にいて、力になりたいって思ってくれているので、ずっと仲良くしてほしいです。好きなを見つけてくれてありがとうございます」
 
とーやま校長「このまま大学も楽しんでほしいな。だってお前が選んだ大学だし、選ばれたんだし。クリープハイプ先生のアルバムと一緒に行ったら楽しいこと間違い無しだよ!」
 
尾崎先生「その第一志望の子に申し訳ないって思ってる事もいいですよね。ちゃんと周りが見えてるなって思います」
 
“大学に行ったら、彼氏も作れるぞ!!”とみんなでこれからの楽しい生活を伝えました!
 
最後に黒板の時間!
今日は、クリープハイプ尾崎先生に書いてもらいました!
 
141202_sol11.jpg


『 一つになれないなら、せめて二つだけでいよう 』

141202_sol10.jpg

 
“この言葉の意味って何?”ってよく訊かれるし、自分でも考えた言葉です。
 
でも、その一瞬自分が良いって思って信じた言葉です。
考えれば、考えるほどわからなくなるし、逆に考えなかったらこの言葉しかないって思えます。
 
今日、ここに来て、改めてちゃんと伝わってるなと感じたので、
この言葉を選びました。
 
 
141202_sol14.jpg


141202_sol13.jpg

 
クリープハイプ先生、本日はありがとうございました!!
これからもクリープLOCKS!をよろしくお願いします!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
141202_fax01.jpg
RN 飴細工
 
141202_fax02.jpg
RN こいティス

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
黄色コロッケ 岡山県 17歳 女
ちょんなっつ 愛媛県 17歳 女

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 Flowerwall / 米津玄師
22:26 love in action / SCANDAL
22:40 ボーイズENDガールズ / クリープハイプ
22:48 大丈夫 / クリープハイプ
23:21 本当 / クリープハイプ
23:42 二十九、三十 / クリープハイプ
23:49 2LDK / クリープハイプ
23:52 社会の窓と同じ構成 / クリープハイプ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
クリープ先生のアルバム好き過ぎてしゃべり過ぎたかも、すません!!
でも最高です!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
最高アルバム!
僕らも前に進もう!
クリープハイプ先生ありがとうございました!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
141201_sol01.jpg

 
『 フシジだなーって 怖いなーって 』
 
とーやま校長「フシギだなーっ!!! 怖いなーっ!!!!」
 
あしざわ教頭「“フシギ”じゃなくて、“フシジ”になってますよ(笑)」
 

不思議な出来事
これは日曜日の明け方に起こったことです。僕が寝ていると、突然の電話に起こされました。時計を見ると、夜中の2時過ぎでした。着信元は実家の母からでした。なんだよと思いながらも電話に出ると、こっちがいくらもしもしと言っても全く応答が無かったので、寝ぼけて間違って電話をしたのかと思い、そのまま電話を切って再び眠りに落ちました。翌朝目が覚めると、そのことを思い出して母に文句を言いに電話をかけましたが、母はなんとその時ケータイをベットの枕元には置いてなかったそうです。しかも、そんな時間に誰も起きているはずはなく、あんたが寝ぼけてたんじゃないかと笑われましたが、何度自分のスマホの着信履歴を見ても「2:06 母」の文字があります。一体あの電話は何だったのでしょうか?
ズッチー
男/19/新潟県
2014/12/01 20:46


とーやま校長「怖いなーっ!!」
 
あしざわ教頭「ずいぶん時間を取った割に薄い話だな!(笑)」
 
とーやま校長「じゃ誰が電話してきたのかなーっ!!!」
 
あしざわ教頭「いや、誰かが間違えたんじゃないですか?」
 
とーやま校長「でも、犬とか猫を飼っているって記述も無いなーっ!! 説明できないなーっ! 怖いなーっ!!」
 
あしざわ教頭「なんでこれを紹介したんですか?」
 
とーやま校長「週の初めの怖い話、怖いなーっ!! 季節はずれの怖いなーっ!!」
 
あしざわ教頭「たしかに季節はずれだよ! 言われて気付いたわ!!」
 
とーやま校長「……。良いコメント浮かばなかったなーっ!!」
 
あしざわ教頭「言わなくていいんですよ! それが一番怖いわ!!」

141201_sol02.jpg

 
今夜の生放送教室にも、大切な仲間が来てくれます!
かりゆし58先生!
 
開校以来、優しい音楽と言葉で、何度もわが校を助けてくれている大事な仲間!
 
10月にリリースしたかりゆし58先生のニューアルバムのタイトルは『大金星』
“大金星”とは格上の相手に勝った時とか、いわゆる“ジャイアントキリング”、番狂わせを起こした時に使う言葉。
 
……でも、この学校の中には、そんなことを夢見ながらも、日常にある”黒星”、つまり、負けや失敗について悩んでいる生徒も多いと思う。
部活だったり、恋愛だったり、試験だったり、友達とのことだったり…
 
今夜の授業テーマは
“黒星”
今、お前の中にある黒いもやもやが少しでも晴れるように、かりゆし先生と一緒に考えていきます!!
 
141201_sol03.jpg

 
かりゆし58先生登場!!
 
141201_sol00.jpg

 
右から…!
前川 真悟先生(ヴォーカル/ベース)
新屋 行裕先生(ギター)


前回のアルバム「8」をリリースされた時から約1年ぶりの来校となります!!
本日はよろしくお願いします!!
 
141201_sol04.jpg

 
かりゆし58先生は、10月8日に6枚目のアルバム「大金星」をリリース!!
 
とーやま校長「遅ればせながらおめでとうございます!」
 
かりゆし58先生「ありがとうございます!」
 
とーやま校長「2ヶ月前にリリースされてちょっと間が空いてしまったんですけど…(汗)」
 
真悟先生「そうですね。電照菊という花が抑制栽培という方法で時期をずらして育てることで高く売れるんですけど、たぶんその感じじゃないかなと」
 
あしざわ教頭「すばらしい例えですね!」
 
真悟先生「紹介の時期をずらして、生まれた時より2ヶ月分、僕らの愛が詰まっていますからね!」
 
あしざわ教頭「じゃあ最高のタイミングだと!」
 
とーやま校長「これ優しいアルバムで、すごい友達みたいですね!」
 
あしざわ教頭「聴いてると色んな人の笑顔が浮かんでくる感じで…」
 
真悟先生「ありがとうございます! こんな感想を頂いたら曲を聴かなくてもいいですね」
 
あしざわ教頭「いや聴きましょうよ!!(焦)」
 
141201_sol06.jpg

 
とーやま校長「タイトルが“大金星”で1曲目も『大金星』じゃないですか。このモチーフは友達なんですか?」
 
真悟先生「はい。俺の本当に大事な友達が、30歳半ばで今までやってきた仕事をキレイさっぱりにやめるんですよ。それでカウンター7席しかないラーメン屋を裸一貫で始めたんです」
 
その親友が始めたラーメン屋の名前が“大金星”。
これを見た真悟先生はすぐに“良いな…!”と思いアルバムのタイトルにしたそうです。
 
とーやま校長「じゃあアルバムを作っている最中でそういうのが決まったんですか?」
 
真悟先生「逆でしたね。この1〜2年で、俺の周りの色んな人の話を聞いてきて、頑張っているヤツはたくさんいて、“コイツの話泣けるな〜”っていう話だってあったのに、なんで自分はもっと遠くの世界にドラマを探して目を向けてるのかなって思って、そこからアルバムがトントンとできました」
 
行裕先生「僕らの周りの人達との縁があって色んな歌詞ができたので、すごい縁があるアルバムかなと思います」
 
とーやま校長「最初、『大金星』で“コイツが頑張ってるからこっちも気合入れていかないと”ってなって、最後には“ソイツを紹介してやりたい”っていう14曲目の『大洋と太陽のBBQパーラー』があって。アルバムとしてはここで終わるけど、その先にも新しくこのアルバムを手に取る人がいて、お2人の友達がいて、大きなアルバムだなって思いました」
 
真悟先生「1回どうなりたいかなって思ったんです。音楽家としても」
 
ある居酒屋で、メンバーで飲んでるテーブルに子どもが居る時、
隣で聞いてる子どもがどんな話を聞いたら“ミュージシャンになりたい”と思うか。人生の選択肢にカッコイイ職業が一つ追加されるのか考えたそうです。
“週末は釣り好きの友達と一緒にクルージングに行ってるらしいよ”
“近くの居酒屋で有名な○○のギターと飲んで、酔っ払いながら一緒に歌ったらしいよ、楽しかったね〜”
なとそういう話がワクワクするのかなと思ったそうです。
 
真悟先生「それでワクワクするヤツの歌を作りたくて。そしたら身近にたくさんいて。こんな恵まれた俺達なら、変に考えなくても良い曲が作れるかなと思ったんです」
 
 
♪ 生きてれば良い事あるみたいよ / かりゆし58
 
 
141201_sol05.jpg

 
とーやま校長「このタイトルが“良い事あるよ”じゃなくて“あるみたいよ”っていうのがいいですね」
 
あしざわ教頭「なんかウワサであるみたいよっていうのが」
 
真悟先生「この曲は元々、行裕が曲と歌詞を作って、行裕が歌う予定だったんです」
 
真悟先生は、行裕先生に“一生物の曲ができたね。縁起でもないけど、この先4人がバラバラになっても一生分の曲ができてよかったね”と言ったそうです。
 
真悟先生「でも次の日からの曲作りの作業の手が止まって、気付いたらずっと行裕の曲が頭の中を流れていて。これが一ヶ月続いたので、行裕に“一生大事にするので、これを僕に歌わせて頂けませんか”って言って歌わせてもらったんです」
 
校長・教頭「ええ〜!!」
 
とーやま校長「行裕先生はどう思われたんですか?」
 
真悟先生「う〜ん、でも作業的に一つ減るからいいかなって思いましたね」
 
とーやま校長「え!! そんな感じ!」
 
あしざわ教頭「すごいクール!!(笑)」
 
141201_sol07_2.jpg

 
真悟先生「でも、俺の中で、“相手が作った曲を同じグループのボーカルとはいえ、横からかっさらうのはいかがなものだろうか”っていうのをずっと悩んでいたんです」
 
“その気持ちを汲み取ってくれるのは誰だろう”と考えた時、ある人が浮かんだそうです。
 
真悟先生「“あの人しかない”って浮かんだのが、“BEGIN”のギターの優さん(島袋優 先生)だったんです。我々と同じ沖縄の大先輩で、『恋しくて』や『涙そうそう』も優さんが作って、栄昇さん(比嘉栄昇 先生)が歌っているからどういう気持ちなのかなって」
 
そして真悟先生は『生きてれば良い事あるみたいよ』を島袋優 先生にギターで入ってもらって、プロデュースしてもらう事を行裕先生に伝えると、“他の人だったらイヤだというつもりだったけど、この人ならいい”と行裕先生はOKを出したそうです。
 
10代の頃高校卒業して、東京に出てきてバンドで有名になる事を目指していたという行裕先生。
しかし東京の環境に周囲の実力に打ちのめされ嫌気が差し、沖縄にも戻れずにいた時期、ラジオから流れてきたBEGIN先生の『島人ぬ宝』を聴いて大号泣したそうです。
 
校長・教頭「へぇ〜!!」
 
真悟先生「“そんな人とまさか一緒にギターを弾けるなんて”っていうのがあって。しかも曲のタイトルが『生きてれば良い事あるみたいよ』なんてさ…!」
 
校長・教頭「ああ〜!!」
 
行裕先生「なんかね、ホントに元々そこにあった曲を色んな人たちが彫って作った曲かなって思いますね」
 
真悟先生「今、聴いてる生徒達のように心をむき出しの人たちが俺らの曲作りの経緯を聴いてどうなるかわからないけど、“大金星”って付けたアルバムがまだ結果的に何万枚売れたわけじゃないさ。まだ白星も黒星も誰も呼べないけど、やってたら何かあるって俺達が信じていかないと」
 
とーやま校長「ホントにそうですよ! 今ホントに何か変わったヤツもいるだろうし、10年、20年曲を聴き続けて、その先でパッと変わる事もあるだろうし、そういう瞬間に出会えるって事ですよ」
 
真悟先生「やめてたら0って事だけはわかるからね」
 
141201_sol08.jpg

 

今、聴いて
今初めてかりゆし先生の曲を聴きました。テスト勉強の合間に聞いてたんですが、自然に頑張ろうって思ってました。意識して聞いてたわけではないのに、気づけば思っていました。ありがとうございました。勇気が出ました。
ムイ
女/16/京都府
2014/12/01 22:47



真悟先生「いや〜嬉しいね!」
 
あしざわ教頭「こういうふうに出会ってくれて嬉しいですね!」
 
とーやま校長「こうやって出会った事が大金星じゃん! これでテストもきっと良い点数を取れるだろうし…」
 
あしざわ教頭「かりゆし先生のアルバムを聴いてて暗い道で光っている街灯みたいなイメージがあって。“真っ暗な道なんだけどしばらく歩いたら街灯があって、またかりゆし先生の曲に出会えた”っていう気持ちになれるっていうか。色んな角度から悩んでいる人を照らしてくれるって思います」
 
真悟先生「今までの作品では、“一人でも多くの人に手に取って欲しい”ぶっちゃけ“一枚でも多く買ってほしい”と心から思っていたんです。今回、ジャケットも“だいちゃん”っていう友達のラーメン屋の暖簾を借りてきて全員で背負ってみたりして一つ一つが自信を持って良い物だって言えるんですね」
 
“以前は自分達の曲がお金で買える意味がわからなかった”と言う真悟先生。
ケガも治せない、お腹を膨らませることも出来ない、現実には何も変える事ができない音楽にお金を出してもらうなんて詐欺なんじゃないかと考える事もあったそうです。
 
真悟先生「でも今は、俺の好きな友達のピカピカに光っている人生を描いたアルバムを、お金を出してでも買いたい人の顔を見た時に、“宝物をお互いシェアし合った”感じがするんですよね。きっと今、勉強していたり、部活や人間関係で、しんどい中を一生懸命、傷つきながらももがいてる姿を書いたものが、また新しい誰かに新しい何かをくれててっていう優しさを最近信じれるようになったから。とてもありがたいです。みんなの中に入れて」
 
とーやま校長「ホントにもっと話したいです!! 『RRC』なんて、自転車、ママチャリの事をめっちゃカッコよく歌っているじゃないですか!! 俺もママチャリユーザーだからめっちゃ嬉しくなっちゃって!」
 
真悟先生「自分で宝物って思ったら、誰にガラクタって言われても宝物なんですよ」
 
あしざわ教頭「自分の中でめちゃくちゃカッコいいんですよね!」
 
141201_sol10.jpg

 
 
とーやま校長「これけっこう全国回られてますよね!? どうですか?」
 
真悟先生「楽しいよな? これをやるためにやってきたっていう感じ無い?」
 
行裕先生「まあ、アルバムができて、ライブでやって完成というものが今回のアルバムでは実感できますね」
 
とーやま校長「いつも思うんですけど、ステージを観てる僕らの顔って見えてるんですか?」
 
行裕先生「はい。今回ライブハウスを回らさせてもらっているっていうのもあるんですけど、今まで何回か全国で回らさせてもらっていて、その度“知らない人と3人仲良くなろう”っていうのを自分1人でやっていて、割と飲みに行きますね」
 
あしざわ教頭「へぇ〜」
 
そこでは、一緒に行った人と良い時間が共有できたと実感できるまで飲むそうです!!
 
とーやま校長「僕は真悟先生と一緒に飲みに行った事があるんですけど、あの時は夜の10時から始まって終わったのが…朝の11時ですよ!! 俺、あの時沖縄の人はマジでヤバイって思ったんですよ!!」
 
真悟先生「あの時はあの時間までだったんですよ!(笑)」
 
あしざわ教頭「その度に時間は違うわけですね〜」
 
141201_sol09.jpg

 
ここからは、本日の授業テーマ“黒星”について生徒の話を聞いていました。
 
なべライオンズ 新潟県 15歳 男 高校1年生
 
とーやま校長「今、黒星みたいなものにつきまとわられたりしている?」
 
なべライオンズ「自分、野球部でピッチャーをやってるんですけど、9月の春の甲子園出場を決める大会で、あともう少しのところだったんですけど、自分が打たれて負けちゃいました」
 
とーやま校長「そうか……でも1年生だけどエースなんだ!」
 
なべライオンズ「今は競っているところですね」
 
9月に負けてからの3ヶ月間。
自分では切り替えてやっているつもりだが、試合でピンチになると“打たれちゃいけない”と思い体に力が入ってしまい本来の力が出せないそう。
 
あしざわ教頭「どうしてもよぎっちゃうの?」
 
なべライオンズ「いや自分では意識してないんですけど体が…」
 
真悟先生「覚えてるのか」
 
なべライオンズ「はい」
 
チームのムード―メーカー的存在のチームメイトに相談すると、“お前は今頑張ってるからこのまま続けたら春にはまた上手くいくようになるよ”と励まされてそうです。
 
なべライオンズ「今、色んな人に相談してるんですけど迷走している感じです」
 
真悟先生「うん、これは野球だけの話じゃないんだけど、負けた事を認めたやつはやっぱり応援できなくなるよね」
 
なべライオンズ「はい」
 
141201_sol12.jpg

 
真悟先生「“そこまで頑張ったから”とか決めるのは自分じゃないと思ってる。それでなべライオンズが良いチャンスにいると思ったのが、黒星付いた時って今、野球の怖さを体の隅まで叩き込まれて試されてると思うんだよね。そこから這い上がったやつって。負けた事ないやつよりもマウンドに上がっている姿はカッコいいというか、野球人の生き様を感じるわけ」
 
一緒に一生懸命やってきた仲間。自分の代わりにベンチに居る仲間の事を考えたら余計に体は緊張したりするかもしれない。
でもそれを振り切って、勇気を持ってRN なべライオンズがマウンドで投げた球を見たら“コイツが打たれたから負けた”と思うヤツはいなくなると言ってくれた、真悟先生。
 
真悟先生「それは結果よりも勇気だと思う。ここに電話してくるのも一つ勇気さ。ラジオに電話した翌日に急に打たれなくなったなんて事は無いってわかった上で藁にもすがる思いで電話してきたのは、投球練習と同じくらい今の状況から抜けだそうとしている“お前の底力”だと思ってるから、実はあんまり心配はしてないさ」
 
とーやま校長「うん!」
 
真悟先生「もう変わり始めてるからさ」
 
行裕先生「僕らはライブで失敗とか多かったりするんですよ。その時に、俺の失敗で白けさせたって感じる事もあって。それをどう乗り越えるかって言ったら勇気もそうだし、周りにいる人達を思う事が大切だなって感じる事があります」
 
なべライオンズ「やっぱり最近、弱気になっている部分があって。今かりゆし先生の話を聞いたら勇気を持っていかないとなって思いました」
 
とーやま校長「うん!!」
 
真悟先生「切り替えが大変なのは、切り替えようと思ってるからなんだ。忘れることはバカでもできるからね。お前が切り替わってからが、本当に怖いと思うんだよ。野球の神様も喜んでくれているさ。こんなに真剣に考えていくれて」
 
なべライオンズ「はい!」
 
とーやま校長「俺も野球やってた時はピッチャーで、ホントに球が入らなくなった時があった。なべライオンズと同じ事を考えた時期があった。でもそれをバッティングで取り返そうと思っても、あの時の負けた時の感触は拭えなくて。どうしたら拭えるかって考えたらやっぱり同じ状況で勝つことなんです」
 
真悟先生「うん」
 
とーやま校長「今、なべライオンズに打ち勝ってほしい事はやっぱりその時と同じ状況なんだ。そのためにトレーニングやメンタルも必要だし、なんか俺がやってあの時の瞬間を思いだして乗り越えてほしい」
 
あしざわ教頭「なべライオンズから滲みでてますからね。悔しさが出てるから、どうにかしたいってもがいてここに電話してるからね」
 
真悟先生「過去は変えられないけど、過去の意味は変えられるからね。いいね〜。今からが楽しみだな。1年生だから来年の選抜も活躍するのも楽しみさ!」
 
とーやま校長「頑張れ!!」
  
141201_sol14.jpg

 
我はひど目の天然パーマ 山形県 17歳 男 高校2年生

中学から高校までずっとバスケットボールを続けている、RN 我はひど目の天然パーマ。
今までは部活内のBチームに入っていたが、9月に外されてCチームに降格。その代わり高校から始めたチームメイトがBチームに入ったそう。
 
天然パーマ「それで、その時中学校からやっていたんで、“自分才能無いんだな”って思って。最近、練習が身に入らなくて」
 
とーやま校長「自分よりキャリアが少ないヤツに抜かれたのか」
 
練習はこなしているが、なかなか集中できないという。
 
真悟先生「自分より後に始めた人が上に行ったの事と、それを経験して自分に才能が無いって感じた事とどっちが辛い?」
 
天然パーマ「やっぱり…自分のほうが経験あるのに高校からの人に負けたのが辛いです」
 
真悟先生「うん。それはやっぱりさ才能が無いって事じゃないと思う。まずは何がその相手に負けたのか、身体的な事とか色々調べてからじゃない? ダブルパンチは俺も喰らう事があるさ。そしたら練習も行けなくなる。本当は“みんなをサポートしてあげたい”って思えたら良いんだけどさ。そんな事、悔しくてなかなか思えないさ」
 
とーやま校長「うん…!」
 
真悟先生「今までこれ一本って決めて、ずっとやってきて学校の勉強が終わった後もずっと打ちこんできてもコートに立てるのは5人だからさ。自分の才能を見る前に、自分と相手何が違うんだろうって研究して盗んで自分の物にして、行けるところまで行くのと、“俺、やめた”って思うのとはこの1年は違うと思うんだ」
 
“何くそ!!”と思いバスケットボールに打ち込む事と、きっぱりと諦めて新しく再スタートを切る事。
どっちがいいか、RN 我はひど目の天然パーマに尋ねる真悟先生。
 
天然パーマ「………あの…まあ…悔しがってもやる方です」
 
真悟先生「うん。それは才能だぜ。ぶっちゃけ高校はスポーツやらなくてもモテる事はできる。なんならバイトをしてお金を貯めて車買ったほうがモテるさ。でもそこでスポーツにしがみつくのはここから先の10年、20年が違ってくるからさ。そうあってほしい」
 
141201_sol13.jpg

 
天然パーマ「はい。それで一つ言い忘れてたんですけど、5月に一回バスケ部をやめてるんです。それで新チームになった時に顧問の先生に“戻ってこい”って言われて、戻ったんですけど、そこで高校から始めたやつに抜かされてたんです」
 
真悟先生「なるほどな。よく戻ったぜ。それはレギュラーになるとかは別にして、顧問に求められたんだと思う。ダラダラしてるヤツがいると士気に関わるからさ。それでも気になったと思うんだ。“コイツにはバスケットを通して何かをわかってくれる”って信じているやつがいるって信じていいと思う」
 
とーやま校長「だって一回やめてまた戻ってくる時に緊張しなかった?」
 
天然パーマ「しました」
 
とーやま校長「ちょっと怖かっただろ? でもちゃんとそこから練習に参加してるんだろ?」
 
天然パーマ「はい」
 
真悟先生「太い男さ」
 
とーやま校長「それは才能だよ! だから、お前は勝てる男だよ。まだここから時間があるだろ」
 
行裕先生「チャンスを噛みしめてやっていってほしいなって思いますね」」
 
真悟先生「チャンスはあるよ。いいな」
 
あしざわ教頭「まだ自分でもできるって思うから悔しんだろうし。だから100%やり切ったらもう踏ん切りが付くと思うんです。だから戻ってきたって事はまだモヤモヤしてるものがあると思うんです」
 
天然パーマ「はい」
 
あしざわ教頭「だからホントにスッキリするまでやればいいと思う。悔しい相手に勝とうって想いをパワーに変えたらいいと思う」
 
天然パーマ「わかりました!!」
 
本日の授業はここまで!! 
最後に黒板の時間。
かりゆし58先生に書いてもらいました!

真悟先生「今日はちょっと5・7・5風に書きました」
 
141201_sol20.jpg

 
『 ニューアルバム 明日リリース HY 』
 
とーやま校長「ちょっと待ってください!! 語呂は良いんですけど、これは…!?(笑)」
 
真悟先生「我々のアルバムはもう出てしまっているので、言える事と言えば同志のHYが明後日アルバムを出すので、みなさんぜひ!」
 
とーやま校長「真悟先生、人が良過ぎる…!」
 
141201_sol21.jpg

 
とーやま校長「今日ね、話した生徒とこのアルバム『大金星』を聴いてる生徒に大金星が付く事を願っています! そして黒板がHY先生の告知と…!(笑)」
 
あしざわ教頭「素晴らしい!」
 
真悟先生「好きな物や音楽が一つでも多い方が嬉しいからね」
 
行裕先生「誰か喜んでくれているよね!」

141201_sol22.jpg

 
かりゆし58先生、本日はありがとうございました!!
ぜひ、また来て下さい!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
なべライオンズ 新潟県 15歳 男
我はひど目の天然パーマ 山形県 17歳 男

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 / サカナクション
22:26 Runners high / SCANDAL
22:40 生きてれば良い事あるみたいよ / かりゆし58
23:14 心のスポーツ / Perfume
23:37 Oh! Today / かりゆし58
23:48 今ならここに / かりゆし58
23:50 南風になれ / かりゆし58
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
かりゆし58先生、いつもいつも本当にありがとう。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
がんばっていればなんくるないさー!!
かりゆし58先生のおかげで心があったかくなった!
ありがとうございました
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★