『合唱ライオット』ファイナル!

生放送 2014.12.31 水曜日

141231_sol01.jpg

 
『 大晦日 』
 
とーやま校長「今年も残すところあと2時間を切ってる! みんなにとって2014年はどんな1年だったかな?」
 
SCHOOL OF LOCK!としては、よしだ前教頭が退任して、あしざわ新教頭が就任したのが今年の秋でした。
 
とーやま校長「どう? ここまで3ヶ月だけど」
 
あしざわ教頭「もうあっという間! でも一日、一日がすごく濃いからヘンな感じ。2ヶ月前が1年前に感じますね。とーやま校長みたいに4年間やっているとどんなふうに感じるのかな…」
 
とーやま校長「そうだね〜。今年もたくさんの生徒と話をしてきたもんな。閃光ライオットがあって、MY GENERATIONがあったりして色々あったね。この短時間じゃ話せないもんな」
 
あしざわ教頭「しかも一つ、一つ覚えているでしょ」
 
とーやま校長「覚えてる」
 
あしざわ教頭「すごいな…」
 
とーやま校長「大晦日といえば何を思い浮かべ………そう合唱!!」
 
あしざわ教頭「だいぶいろんなものを飛ばしたけど、正解!」
 
141231_sol02.jpg

 
大晦日の今夜は、
SCHOOL OF LOCK! 〜 サカナLOCKS! presents『サカナクションと合唱ライオット』 Supported by カンロ ボイスケアのど飴」スペシャル!!
 
サカナクションの楽曲を合唱した音源を生徒から募集!
グランプリに選ばれた生徒には、プロによる合唱音源のレコーディング権をプレゼントするという授業!!
参加宣言をしてくれた生徒には事前にカンロボイスケアのど飴をプレゼントして、のどをいたわりながら合唱してもらい、そしてその音源を送ってもらうというものでした!!
 
先日のサカナLOCKS!既に発表しましたが、
グランプリは、岩手県 16歳の女子5人男子1人の混声合唱。
RN れいんがーるが送ってくれた『アイデンティティ』に決定!!
 
この生徒6人が、レコーディングスタジオでプロによるレコーディングを行ったぞ!
 
とーやま校長「しかも! このレコーディングに、サカナクションの山口一郎先生が立ち合い、なんと3時間に及ぶディレクションを担当してくれた!」
 
あしざわ教頭「ちなみにこれ、予定になかったそうです!」
 
とーやま校長「レコーディングとなると一郎先生も居ても立ってもいられなかったんだろうね!」
 
今夜は、その「合唱ライオット」のフィナーレとなったレコーディングの様子、そして合唱レコーディング音源をお届け!
生徒の声で大晦日の夜を過ごしていくぞ!!
 
SCHOOL OF LOCK!今夜も開校です!
 
141231_sol03.jpg

 
まず最初は、生徒たちのいる録音スタジオにこっそりと忍び寄る、一郎先生の姿の様子をオンエア!
 
141231_sakana02.jpg

 
一郎先生がこっそり忍び寄りながらレコーディングスタジオに登場!
 
141231_sakana01.jpg

 
しかしRN れんがーる達は、レコーディングスタジオの中で練習中でなかなか一郎先生に気付きません(笑)
そこで、一郎先生が大きな咳払いをすると…!
 
141231_sakana03.jpg

 
RN れんがーる達が振り返った先には…!
 
141231_sakana05.jpg

 
本物のサカナクション一郎先生!!
 
141231_sakana04.jpg

 
一郎先生とRN れいんがーる達の初対面です!!
 
あしざわ教頭「いやこれはこうなるよ!」
 
とーやま校長「れいんがーるとは逆電をしたことがあったけど、会うのは初めてだし、他の生徒もいたから一郎先生も緊張してたんだろうね!」
 
あしざわ教頭「気付かれない感じも面白かったね! それで気付いた時のリアクション!!(笑)」
 
141231_sakana06.jpg

 
今回、レコーディングを担当してくださったのは、TOKYO FMの技術部長、川島 修さん。
川島さんは、TOKYO FMの技術部を取りまとめているだけではなく、2013年には『日本プロ音楽録音賞 優秀賞受賞』を受賞!
JET STREAMコンサート/夢の第九コンサートの録音なども手がけています!!
 
プロによるレコーディングということで、一郎先生、機材のセッティングや録音環境などの川島さんの話に興味津々!!
 
141231_sol04.jpg

 
とーやま校長「すごいね! TOKYO FM技術部長、川島さん!」
 
あしざわ教頭「“本来はホールで録音するものをスタジオで撮るから、こうやってやりましょう”って話をしてたんだよね。 これ途中で出てきた“アンビエントマイク”って何だろう?」
 
とーやま校長「あれじゃない? その…0キロバトルから400キロバトルの間の音を集音するっていう…(嘘)」
 
あしざわ教頭「あれ? 単位何て言いました?」
 
とーやま校長「キロバトル…」
 
あしざわ教頭「あれ??? それ、球を入れて笑いを競うヤツだな…。あと“空間がデッド”って言葉も出ましたね。あれは何ですか?」
 
とーやま校長「それは音が逃げちゃうじゃん。それをデッドスペースに…」
 
あしざわ教頭「デッドスペース!?」
 
とーやま校長「間取りの話です!(嘘) 間取りと合唱は一緒です! デッドスペースをいかに埋めていくか!」
 
あしざわ教頭「階段のところを棚にしましょうみたいな…?(笑)」
 
とーやま校長「そういう事です!! 聴こえなかった音とかをデッドスペースにしまう!」
 
あしざわ教頭「その単位が…」
 
とーやま校長「キロバトル(大嘘)」
 
あしざわ教頭「それ、お笑いを測るヤツなんだよ!」
 
とーやま校長「俺に聞かないでもらっていいですか(笑) 俺も勉強したい側なんで…」
 
※ アンビエントマイク(アンビエンスマイク)は音源から遠い周囲の音を拾うマイクでスタジオ全体の“鳴り”を収録するために使います!
※ “デッドな空間”とは残響音が残らない空間の事を指します!
 
141231_sakana08.jpg

 
そしていよいよ山口一郎先生ディレクションによる、レコーディングがスタート!
この日は合唱ライオットをサポートしてくれているカンロさんも来てくれていたという事で、大勢の大人の前で歌うことになったRN れいんがーる達…!
慣れないレコーディングによる生徒の緊張をほぐすように、一郎先生が的確なディレクションをします!!
 
とーやま校長「既に良い関係だね!」
 
あしざわ教頭「やっぱりたくさんの大人がいる中で歌うって緊張するよね!」
 
とーやま校長「一郎先生頼もしいな」
 
141231_sakana09.jpg

 
141231_sakana07.jpg

 
早速一回、スタジオの中で歌ってみて、レコーディングされた合唱音源を全員でチェック!
 
あしざわ教頭「だんだんと足並みを揃えていってるかんじだね。本人達もヤル気が出てきてて! 指摘された所って自分達でもわかっていて、“やっぱりあそこか〜”って感じてるんだね」
 
141231_sakana11.jpg

 
RN れいんがーる達がレコーディング中の気持ち、そして一郎先生と、技術の川島部長はどんな事を考えていたのかも紹介!!
 
実はRN れいんがーる達は、今回のレコーディングに向けて、「アイデンティティ」の合唱バージョンを更にアレンジしてきた!!
その中からあるポイントに着目した一郎先生は、より具体的なアドバイスを送っていたぞ!
 
141231_sol08.jpg

 
とーやま校長「一郎先生が話してるときはよくわからなかったんだけど、合唱を聴いたらわかった!! こういうことか!」
 
あしざわ教頭「一瞬パッと止まってそこから出る感じ、波が引いてまだ戻るみたい…!」
 
とーやま校長「ゾワって来たね! これ生徒達もゾワって来たんじゃない!?」
 
141231_sakana12.jpg

 
何回も録音してきたRN れいんがーる達ののどを心配して、ボイスケアのど飴を差し入れする一郎先生!!
 
141231_sakana10.jpg

 
141231_sakana13.jpg

 
だいぶ緊張もほぐれて、休憩中は、一郎先生と生徒のみんなで雑談する場面も!!
一郎先生にとって今回の合唱の収録は、音源を聴きながらみんなで方向性を決めていくのが“バンドっぽいな”と思った事。
RN れいんがーる達は『アイデンティティ』と『ルーキー』のどちらでやるのか悩んだ事。
現在、製作中の一郎先生の心境などを話していました。
 
141231_sakana18.jpg

 
141231_sakana14.jpg

 
そして再び録音開始。レコーディングも大詰め。
RN れいんがーる達も録音された自分たちの合唱についていろいろとこだわり始めます。
 
とーやま校長「生徒みんなもプロ。プロの方に引き出されて、何か開き始めている!」
 
あしざわ教頭「ブレスの音とかも気にし始めて…!」
 
141231_sakana15.jpg

 
何度かトライされたレコーディング。最終的に2つのテイク、どちらを採用するかでみんなが悩み始めます。
 
141231_sakana16.jpg

 
そして悩んだ末、多数決で決定!!
 
141231_sakana19.jpg

 
一郎先生からは
「完璧に歌えたからといって、それが100点になるとは限らない。100点を狙っていると絶対に100点にならず、70点、80点になってしまう。100点を狙うのはなく、楽しむ事。それが120点を狙う事になって結果90点、100点になる」
 
という言葉をもらいました。
 
141231_sol06.jpg

 
とーやま校長「一郎先生の言葉は、合唱じゃない事にも当てはまるよね」
 
あしざわ教頭「完璧を目指そうとすると発揮できない事はあるよね」
 
とーやま校長「すごい事を学んでいるな!」
 
あしざわ教頭「ホントに濃い時間だよね」
 
とーやま校長「このレコーディングの空間はもうプロの空気が支配してるじゃん。それを通過して完成した音源がここにある!!」
 
あしざわ教頭「プロによるレコーディングでどう変わっているのか、気になりますね」
 
とーやま校長「れいんがーる達が歌うサカナクション『アイデンティティ』合唱音源聴いてくれ!」
 
141231_sakana20.jpg

 
♪ アイデンティティ / れいんがーるたちの合唱
 
141231_sol07.jpg

 
とーやま校長「熱がすごいね! 勢いがあって…!」
 
あしざわ教頭「緊張感がすごく良い効果になっていて…!」
 
とーやま校長「ヒリヒリした感じがすごく伝わってきて…」
 
あしざわ教頭「空気がピリッとしてるんだけどそこを声が切り開いていく感じ!」
 
とーやま校長「この6人の“アイデンティティ”がまさにこの合唱だよ!」
 
あしざわ教頭「声そのものの美しさや強さが全部詰まっていて鳥肌が立ったよ」
 
とーやま校長「どこまでも行ける感じがする!」
 
あしざわ教頭「スタジオで収録してる事を忘れてそのまま飛び立っちゃいそう」
 
とーやま校長「その場で上に昇っていく感覚もあるし、下に強靭な足腰を這わせる感覚もあって、すごい速度で前に進む感覚もあった!」
 
あしざわ教頭「生徒って事を忘れて、素晴らしい音楽を聴いてる感覚になって」
 
とーやま校長「途中、声が音に聴こえた!」
 
あしざわ教頭「わかるわかる! 風が歌っているみたいにね。そういう気持ち良さがあった!」
 
とーやま校長「れいんがーる、6人のみんなお疲れ様!!」
 
141231_sol05.jpg

 
そしてこのレコーディングに参加した6人の生徒の感想も聞いて、本日の授業は終わりかと思いきや…!
 
とーやま校長「ただ、実は合唱ライオットこれが終わりじゃないんだよ!」
 
141231_sakana17.jpg

 
なんと! レコーディングを無事終えた生徒に、一郎先生から「第九を歌ってくれない?」という提案が…!!
 
 
♪ 交響曲第九番 ニ短調作品125 / れいんがーるたちの合唱
 
 
141231_sol09.jpg

 
とーやま校長「まさか2014年12月31日、大晦日! 生徒が歌う第九をバックに今年最後の授業を終えられるなんて思ってもみなかったよ!」
 
一郎先生、RN れいんがーる達ありがとう!!
 
SCHOOL OF LOCK!今年の授業はここまで!
 
明日元旦は夜10時から生放送教室よりお届け!
go!go!vanillas先生が登場するぞ!
 
141231_sol10.jpg

 
校長・教頭「また来年! よいお年を〜!!」
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 アイデンティティ / サカナクション 
22:40 アイデンティティ(合唱音源) / れいんがーる
22:50 交響曲 第九番(合唱音源) / れいんがーる
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
れいんがーる合唱隊、一郎先生、そしてみんながいてくれたから2014年もずっと楽しかった!
また来年も楽しくなりたい! ありがとう!
よいお年を〜!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今年、後半からでしたが、改めて、お世話になりました。
そして、来年からもよろしく!!
よいお年を!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 || Next -
<   2014年12月   >
MonTueWedThuFriSatSun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE