過去の投稿

September 2015 の投稿一覧です。
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
20150930_sol01.jpg


『 ハナの警備員 』

この学校には、みんながお昼に通っている学校と同じように、警備員がいます!
2009年の10月から、およそ6年間に渡って、
毎日、校舎の“警備”を続けてきてくれました!

“花”が大好きで、そして、いろんなことに対する“鼻”が効く!
そんなことから、“ハナの警備員”と呼ばれていた4人の名前は…!
flumpool

2009年から、300回以上届けてくれていたflumpool LOCKS!は、
本日をもって、無期限の休講に入ります。

今夜はメンバー4人が、生放送教室に登場。
今のみんなの思いを、4人に直接伝えよう。
永遠のお別れじゃないけど、今日だけしか言えない、
「ありがとう」「さようなら」を伝えておこう。

20150930_sol02.jpg


そして今夜の生放送教室には…
すでにflumpool警備員がいます…けど様子が…??

一生警備員「…はい、じゃあ、校長と教頭も、一緒に復唱、お願いしますね、いきますよ…」

とーやま校長「んっ!?」

あしざわ教頭「なんすかなんすか?」

一生警備員「…じゃあ、BGMお願いします!」

♪ BGM 旅立ちの日に

一生警備員「6年通った警備室!」

flumpool警備員「警備室!」

とーやま校長「俺たちも言ったほうがいいのか?」

一生警備員「レギュラー授業の発表をしたのは、2009年の閃光ライオット!」

flumpool警備員・校長・教頭「閃光ライオット!」

一生警備員「初めてのラジオで最初はうまく喋れなかったけど、今もあんまりうまく話せない!だから、最後まで先生になれず、警備員どまり!」

flumpool警備員・校長・教頭「警備員どまり!」

一生警備員「むかついた時もあったけど、楽しい思い出もあった!2010年、岡山県長船中学校の卒業式に、サプライズLIVEを仕掛けたMY GENERATION!」

flumpool警備員・校長・教頭「MY GENERATION!」

一生警備員「2013年、“証”という曲をみんなで合唱した、証プロジェクト!」

flumpool警備員・校長・教頭「証プロジェクト!」

一生警備員「感動のこのプロジェクトには、元気と誠司は参加してない!」

flumpool警備員「参加してない!」

あしざわ教頭「言わなくていいでしょ(笑)」

一生警備員「2015年、この学校の卒業生のために歌ったWhistle Song!」

flumpool警備員・校長・教頭「Whistle Song!」

一生警備員「幕張メッセのステージに、警備服を着て、さっそうと登場したのに、会場はややウケだった!」

flumpool警備員・校長・教頭「ややウケだった!」

一生警備員「こういう行事も楽しかったけど、思い出すのはやっぱり、毎週の授業!小倉が勝手に泣き出した水曜日!」

flumpool警備員・校長・教頭「水曜日!」

一生警備員「尼川がテキトーなことを言い出した水曜日!」

flumpool警備員・校長・教頭「水曜日!」

一生警備員「山村が喉の手術でしばらくお休みした水曜日!」

flumpool警備員・校長・教頭「水曜日!」

一生警備員「残りのメンバーでグダグダの授業をした水曜日!」

flumpool警備員・校長・教頭「水曜日!」

一生警備員「Perfume姉さんと合同で授業をして、ボコボコにされた水曜日!」

flumpool警備員「水曜日!」

とーやま校長「そりゃ水曜日しかないでしょ」

一生警備員「受けると思ったのに、思い切りスベった水曜日!」

flumpool警備員「水曜日!」

一生警備員「水曜日!」

flumpool警備員「水曜日!」

一生警備員「水曜日!」

flumpool警備員「水曜日!」

一生警備員「火曜日!」

flumpool警備員「火曜日!」

一生警備員水曜日!」

flumpool警備員「水曜日!」

一生警備員「水曜日の授業がなくなるのは寂しいけれど、みんなとはこれからも、どこかで会えたらいいなと思う!これまで約6年間、ありがとう!」

flumpool警備員「ありがとう!」

一生警備員「2015年9月30日。SCHOOL OF LOCK!の警備室代表阪井一生。」

…………

一生警備員「…とまあ、こういう訳で………お疲れっしたー」

隆太警備員「おし、帰ろ帰ろ…」

とーやま校長「飯いこう、飯」

あしざわ教頭「何してんだこれ〜〜〜!!!!火曜日1回入ってるし!!!!校長も」

振り返るのもいいけど、もちろんまだまだ帰りませんよ!!

とーやま校長「改めて!今夜の生放送教室には…flumpool警備員!」

隆太警備員「flumpoolのボーカル 山村隆太です!」

一生警備員「ギターの阪井一生です!」

元気警備員「ベースの尼川元気です!」

誠司警備員「リーダーでドラムスの小倉誠司です!」

とーやま校長「よろしくお願いします!これで最後とは思っていないですが、ひとまず、水曜日の授業とは、いったんお別れ。今日は最後まで、あと1時間半とちょっと。一緒に授業、お願いします!」

あしざわ教頭「SCHOOL OF LOCK! 本日も開校です!起立!…礼!」

flumpool警備員「叫べーーーーーー!!!!」

みんなからのメッセージ待ってます!!!!
すでに授業前からこんなにたくさんのメッセージも届いています!!!!

20150930_sol05_2.jpg


11時8分ごろからのflumpool LOCKS!は、4人だけで授業!
溜まりに溜まった、生徒みんなの事件を解決します。
ハナの警備線スペシャル ひとまず the FINAL!!!!

改めて、生放送教室にはflumpool警備員が登場!

20150930_sol10.jpg


山村隆太警備員(Vo.)
阪井一生警備員(Gt.)
尼川元気警備員(Ba.)
小倉誠司警備員(Dr.)

まずは書き込みを紹介!!


『ありがとう』くらいじゃ伝えきれない気持ちを
何を書き込んだら良いか、勿体ぶってたらこんな時間だ。
どうしようもなく不安を抱えたとき助けてくれたこと。崩れるくらい孤独に襲われたとき救ってくれたこと。毎週毎週に思い出が詰まっていて語り尽くせません。
flumpool LOCKS!が無くなることは、つまり、
食事が1日2食になるような、
髪を洗うときシャンプーしかないような、
右だけしか靴下がないような、
足りない生活になってしまいます。
だから、寂しいとか悲しいよりコワイという気持ちが大きいです。
flumpool LOCKS!に出逢う前の生活に戻るだけかもしれませんが、想像がつきません。
「頑張ろう」とか「やってみよう」とか「大好き」とか、たくさんの気持ちをくれてありがとうございました。私の心が豊かになったのはflumpool LOCKS!とflumpool掲示板に出逢えたから。私の誇りはあなたたちへの愛です。
Kotone
女性/17歳/茨城県
2015-09-30 17:13



一生警備員「いや〜嬉しいねぇ」

とーやま校長「flumpool LOCKS!をやる前に戻るだけなのかなって思ってたけど、Kotoneにはこの6年でたくさんの出会いがあって、flumpool警備員の曲や言葉を聴いて何かしようとか考えたりするっていうのは、体の中にいるってことだからね」

隆太警備員「そうですね…ありがたいです」

そしてまずは1人目の生徒に逆電!!

いけりか 神奈川県 20歳 女性 大学3年生

とーやま校長「いけりかはflumpool警備員のことが大好きなんだよな?」

いけりか「はい!大好きです!」

とーやま校長「flumpool LOCKS!もずっと聴いてた?」

いけりか「最初の方からずっと聴いてます!」

一生警備員「6年前から?」

いけりか「そうですね、この前友達と“もう6年も経ってるんだね”って盛り上がりました!」

とーやま校長「最初の方のflumpool警備員ってどうだった?」

いけりか「ずっとおもしろくて、flumpool LOCKS!が毎週の楽しみで、ずっと聴いてました!!」

とーやま校長「じゃあ伝えたいこともたくさんあるでしょ?」

いけりか「たくさんあります!」

とーやま校長「よし!いっとこう!思いのたけを!」

いけりか「私はflumpool警備員の音楽に出会えて、『誰かのために演奏する』っていう気持ちで、ピアノが弾けるようになりました!」

とーやま校長「これはどういうこと?」

いけりか「実は3年前の受験の時に、flumpool警備員にピアノを聴いていただいて」

とーやま校長「flumpool LOCKS!で逆電してピアノやってるんだ!」

一生警備員「あった!!」

隆太警備員「ありましたね!」

とーやま校長「思い出しました?」

いけりか「嬉しいです!!そのときはケリーっていうラジオネームで、緊張するから聴いて欲しいっていうので演奏させていただきました」

当時の放送の様子はコチラから
2012年 11月14日の放送後記を見てね!!

隆太警備員「試験前やったよね」

いけりか「そうです!」

一生警備員「すでに相当うまかった記憶がありますね」

とーやま校長「その時の演奏のこと覚えてたりする?」

いけりか「録音して、受験で東京に行くとき飛行機の中でずっと聴いてたので、覚えてます!」

とーやま校長「受験はどうだったの?」

いけりか「受かりました!」

一生警備員「よかったなぁ!」

あしざわ教頭「今もピアノは続けてるの?」

いけりか「はい!今は音大の3年生です」

とーやま校長「3年前にピアノの演奏聴いてもらって、例えば今とかピアノで弾けたりする?」

いけりか「電子ピアノならあります!」

とーやま校長「じゃあ3年越しにいくしかないだろ!」

隆太警備員「それは聴きたい!聴きたい!」

一生警備員「聴きたいなぁ」

いけりか「はい!聴いていただけるなら是非!」

とーやま校長「曲はどうする?」

いけりか「flumpool警備員の曲で『花になれ』をやります」

全員「おおお〜〜!!」

いけりか「間違えたらすいません!」

隆太警備員「全然大丈夫だからね」


♪ 花になれ / flumpool(いけりか演奏Ver.)


一生警備員「しっかりアレンジも加わって、ありがとう!!」

隆太警備員「1人で弾いてるとは思えないくらいだった、緊張してた?」

いけりか「すごい緊張しました!」

隆太警備員「ほんまに嬉しい」

誠司警備員「もし可能だったら、いつか一緒にやりたいですね」

いけりか「ええ!?」

誠司警備員「それぐらい本当に気持ちこもってて、伝わってきて、すごいなと思いました」

隆太警備員「ほんまにこの曲を好きでいてくれてるというか、自分のものにしてくれてるっていうのが、その思いがすごく感動したよ」

いけりか「ありがとうございます!あの、野外LIVEに行ったとき『花になれ』で流れた映像が自分とすごいリンクして、涙が止まらなくて、改めて大好きになった曲です!」

とーやま校長「いけりかありがとうな!」

flumpool警備員「ありがとう!」

いけりか「ありがとうございました!」


♪ 花になれ / flumpool


20150930_sol06.jpg


続いては…

屋根の上のよもち 岐阜県 19歳 女性 大学1年生

とーやま校長「よもちもflumpool警備員に伝えたいことがあるんだよね?」

屋根の上のよもち「はい!」

とーやま校長「うまく言えなくてもいいから」

隆太警備員「聞かせてくれ〜!」

屋根の上のよもち「flumpool警備員は私の青春でした!!中1の頃からflumpool LOCKS!を聴きはじめて、毎週flumpool LOCKS!の話をする友達と高1まで付き合ってました!」

元気警備員「早いなぁ〜」

屋根の上のよもち「それでいつもflumpool警備員の話で盛り上がってたし、flumpool警備員のLIVEが私の人生初LIVEで、それも彼と2人で行って本当に幸せでした」

誠司警備員「ありがたいです」

屋根の上のよもち「その後、別れてしまったあともflumpool警備員の曲を聴いて、また違う聴こえ方もして、すごく支えられて、本当に私の中でflumpool警備員がずっとそばにいてくれました!」

とーやま校長「青春のすべてなんだね」

隆太警備員「色々なところでアドバイスじゃないけど、自分たちが言葉とか歌とかで伝えたものをずっと大切にしてきてくれたんだなっていうのがすごく嬉しいね」

屋根の上のよもち「はい!」

とーやま校長「よもちにとって、改めてflumpool警備員はどんな存在なの?」

屋根の上のよもち「大きすぎて…いつも支えてもらってます!大学入ってからも、軽音を初めて、それをきっかけにその彼と連絡取って、この前の大阪のLIVEも一緒に観に行ったりして」

一生警備員「じゃあその彼もまだflumpool聴いてくれてるんや?」

屋根の上のよもち「はい!今は友達で大切な存在になってます!」

一生警備員「嬉しいねぇ」

とーやま校長「でも一生警備員、LIVEとか見てたらまたそんな気持ちが生まれてくるかもしれませんよね?」

一生警備員「これはね……いこう!もっかい付き合おう!(笑)」

とーやま校長「っていうことがあってもおかしくないですよね!」

一生警備員「ここでまた出会うってのもすごいことですもんね」

とーやま校長「彼との間にもflumpool警備員がいて、これからのよもちの人生にもflumpool警備員の存在があって生きていくんだな」

屋根の上のよもち「はい!!」

とーやま校長「じゃあ最後に一言、なんでもいいからこい!!」

屋根の上のよもち「flumpool LOCKS!が終わってしまうのは寂しいんですけど、これからもずっと応援しているのでがんばってください!!」

flumpool警備員「ありがとう!」


♪ 僕はここにいる / flumpool


とーやま校長「よもちの話を聞いていたら、僕まで胸がいっぱいになってしまって…嬉しいことですね」

隆太警備員「僕にとっての音楽も、やっぱり辛い時とか落ち込んだ時に聴くもので、実際の自分たちがそういう人間じゃないかもしれないんですけど、でも音楽が好きでここまでやってきて、その音楽が見えないところでこんな力になってるっていうのが今の話を聞いて思いましたね。まさか青春なんて言いわれると思ってなかったです」

とーやま校長「6年前はそんなこと思ってなかったんじゃないですか?」

隆太警備員「もう全くそんな気持ちはなくて、ただ音楽が好きでやってきたのが、誰かの力になれてるのはこの学校のおかげだと思います」

20150930_sol07.jpg


さぁここからはflumpool LOCKS!
ここからは4人で授業をしていきます!

一生警備員「さぁ!我々がSCHOOL OF LOCK!から派遣切りをされるまで、残り1時間切りましたけど」

隆太警備員「いや、派遣切りとかじゃないですからね、言い方がおかしい」

元気警備員「クビ」

一生警備員「クビね」

隆太警備員「クビとかじゃなくて、無期限休校っていうね、またあるかもしらんし」

一生警備員「表向きの言い方はそうかもしらんけど」

誠司警備員「(笑)」

隆太警備員「みなさんに誤解を与えちゃダメですから、そんな事情はないんで」

一生警備員「まぁ時間ももったいないんで、この時間も書き込み読ませて下さい!」

隆太警備員「これどんどん来てるよ、ガラパゴスゾウガメみたくなってきてるやん」

元気警備員「あれはすごいよ!」

一生警備員「もう読んでいくね、神奈川県、18歳、女の子、あ…綾燐……flumpool警備員が…(グスッ)…ちょっゴメン」

隆太警備員「どうしたん?」

一生警備員「えー神奈川県、18歳、女の子」

誠司警備員「そっから?(笑)」

一生警備員「flumpool警備員が…ラスト警備ということで……(グスッ)」

隆太警備員「がんばれ、俺読もうか?」

一生警備員「しつ…もんです。質問です(グスッ)」

元気警備員「時間の無駄やって!2人分読めたわ!!」

誠司警備員「無茶なマネしやがって、最後の最後で」

隆太警備員「こんないっぱいきてるのに」

一生警備員「ホワイトチョコとブラックチョコ……どちらが好きですか?………黒かな…」


ラスト警備
flumpool警備員がラスト警備ということで、質問です。ホワイトチョコとブラックチョコ、どちらが好きですか?
綾燐
女性/18歳/神奈川県
2015-09-29 15:31



誠司警備員「どうでもよかったなぁ」

隆太警備員「これ前もやってるからね、初めてちゃうから」

一生警備員「千葉県、18歳、女の子、抹茶とチョコレート、もうふらろくが本当に終わってしまいます!!……(グスッ)……最後の最後です!!……(ううっ)…タイムカプセル聴かせてください!!」


一生警備員…!!
もうふらろくが本当に終わってしまいます!!
最後の最後です!!
タイムカプセル聴かせてください!!
抹茶とチョコレート
女性/18歳/千葉県
2015-09-30 16:32



一生警備員「わかりました。聴いてください『タイムカプセル』」

隆太警備員「かけへんよ!かけへん!」

タイムカプセルの伴奏が流れ始め…

誠司警備員「かかった!!(笑)」

元気警備員「えっ!?何なん?そんな感じなん?ここの職員は!」

全員笑い


♪ タイムカプセル / flumpool


隆太警備員「何で最後の授業にこれをかける?」

一生警備員「何なん?みんな待ってんねん!さっきの電話の子も好きって言ってたやん!」

直前のKIFF&RELEASEに出てくれた生徒の一番好きな曲が『タイムカプセル』でした!!

隆太警備員「あれもう…仕込みやろ(笑)」

一生警備員「仕込って言うなや!メッセージも来てたやんけ!」

隆太警備員「やりかねへんやろ!まぁでも聴き納めですからね」

一生警備員「聴き納めちゃうわ、まぁ派遣は切られますけど、色々とがんばってます」

隆太警備員「切られるわけじゃないですけど、これだけメッセージ来てるのは驚きですよ!」

一生警備員「今までもあんまり見たことないって言ってたで」

隆太警備員「いいんですか?(職員の顔を見つつ)」

一生警備員「そっち側の自分らどうなん?(教室の外の職員の顔を伺いつつ)」

全員笑い

隆太警備員「でもほんとにこんだけきてくれるとは思わんかったね」

20150930_sol5_3.jpg


さぁここからはflumpool LOCKS!の通常授業
ハナの警備線スペシャル ひとまず the FINALをやっていきます!!

一生警備員「改めて!僕らflumpoolはSCHOOL OF LOCK!の中で生徒の身の回りに起こった事件・トラブルを何でも解決する警備員です、目安箱に届いた事件を完全に解決していきます!」

隆太警備員「一応レギュラー授業として6年間やってきましたけど、実際に解決したのは3つくらい…」

一生警備員「いや全部解決してるから…あああああああああ」

一生警備員に電流が流れる

隆太警備員「3つしか解決してないから、電気流れんねん、1日でいけるよこんなん」

一生警備員「質問してくるあいつらがしょぼいだけやで…あああああああああああ」

隆太警備員「それはアカン、電気いけいけ」

事件を無事解決したら、お祝いとして“お蚕ちゃん”をプレゼント
ここで一生警備員から提案が

一生警備員「今日は最後の合言葉、4人でいいましょか?」

……

一生警備員「じゃあ練習するで!“お蚕さんありがとう”やから」

隆太警備員「もうこれも何回言えるかわからんから、とりあえずいこう」

一生警備員「せえーの」

flumpool警備員「お蚕さん、ありがとー」

一生警備員「もうちょっと声出さへん?」

元気警備員「まぁ最後やからな」

一生警備員「もう1回いこう、せえーの」

flumpool警備員「お蚕さん、ありがとーー!!」

一生警備員「それです。さぁいきましょう!!」



18歳になってもキャベツとレタスの見分けがつきません。いつもはずれます。
どうやったら見分けられますか?
ゆうき
18歳/女性



元気警備員「図鑑やな、図鑑買おう」

隆太警備員「白菜もたまにわからんようになるよね」

一生警備員「八宝菜って何?ってならへん?八宝菜と白菜もわからやろ」

元気警備員「チンゲンサイとかもいれたらもうパニックやね」

一生警備員「料理してないとわからへん」

隆太警備員「いや、わかるやろ!!」

一生警備員「誠司は料理やってんねんから、見極め方わかるやろ」

誠司警備員「いや全部わかるやろ」

隆太警備員「どこで見極めてるかずばり言おうや」

元気警備員「ズバッと」言ってくれ

誠司警備員「どこが違うか………見た目やな」

………

元気警備員「どうしたんリーダー1万円のダメージでかかったん?」

誠司警備員「引きずってるのかなぁ」

一生警備員「レタスのほうが黄緑じゃなかった?」

隆太警備員「たまらず一生がフォローしだした(笑)」

元気警備員「レタスのほうがフニャフニャしてて、キャベツのほうがカチッとしてる」

一生警備員「それや」

元気警備員[投げたらわかるんちゃう?当たったら痛いほうがキャベツですよ」

隆太警備員「痛くないほうがレタス」

生徒のみんな、見極められなくても食べ物を投げちゃダメだぞ!

一生警備員「じゃあこれで解決ということで、せえーの」

flumpool警備員「お蚕さん、ありがとーー!!」

一生警備員「いいですね〜」

隆太警備員「どこがやねん」

一生警備員「ただみなさん、衝撃の事実言っていいですか、今カンペきまして、“時間がないので、今日のflumpool LOCKS!これで終わりです”」

20150930_sol19.jpg


隆太警備員「待て待て待て!(笑)」

一生警備員「これマジなやつや(笑)」

隆太警備員「これほんまやったらお前の嘘泣きのところ怒んで」

誠司警備員「ほんまにいらんやろ」

一生警備員「なんで俺のせいになんねん」

誠司警備員「いやいや、いらんやろ」

一生警備員「レタスとキャベツすんなりいってたらいけたやろ」

元気警備員「お前が悪いで、最後やろ」

一生警備員「な…何で…」

隆太警備員「お前のせいで最後の最後までグダグダで」

一生警備員「……(グスッ)……フフッ(笑)」

元気警備員「ちゃんとやれや!(笑)」

誠司警備員「やれや!(笑)」

一生警備員「いやちゃう、ほんまゴメンゴメン」

隆太警備員「泣き出せ、泣き出せ(笑)」

一生警備員「やろう思ったけど、なんかゴメン、無理や」

誠司警備員「なんで途中であきらめてんねん」

一生警備員「いやでも、もうほんまに終わりやで」

隆太警備員「最後の解決あれか?(笑)」

一生警備員「延長とかで来週ダメっすか?」

隆太警備員「6年間の最後の解決終わった(笑)」

元気警備員「(笑)」

隆太警備員「こんなことあんの?」

一生警備員「でもほんまに終わりらしいから、まぁでも“ひとまず the FINAL”なんで、また」


♪ Birds / flumpool


とーやま校長「聴かせてもらいましたけど、衝撃的にやばかったですね」

隆太警備員「いやでも、最後に解決できて」

とーやま校長「いいんすか!?」

あしざわ教頭「最後レタスとキャベツですよ!」

一生警備員「まぁ仕事は終えたかなと」

全員笑い

とーやま校長「ひとまずは、水曜日のレギュラー授業、お疲れ様でした!」

flumpool警備員「お疲れ様でした」

とーやま校長「まぁこれはこれで」

一生警備員「我々らしい終わり方ですよ」

隆太警備員「300回以上やってきたのがこんな幕切れ(笑)」

一生警備員「尺のこともわからず(笑)」

とーやま校長「とりあえず本当にお疲れ様でした!」

これにて水曜日のレギュラー授業は一旦休校です!
6年間ありがとうございました!
生放送教室はまだ少し続きます!

とーやま校長「もうすぐ生放送授業も終わってしまいますね」

隆太警備員「早いですね。この6年間のようにあっという間です」

20150930_sol08.jpg


まだまだ生徒に逆電していきます!

あんちゃん*° 岩手県 21歳 女性

とーやま校長「6年間欠かさず、flumpool LOCKS!聴いてくれてたの?」

あんちゃん*°「はい!中学3年生くらいからです」

とーやま校長「中3で聴き始めた生徒が働いてるんですよ」

一生警備員「そう考えるとすごいな」

とーやま校長「あんちゃん*°もflumpool警備員に伝えたいこと、直接いっちゃおう!」

あんちゃん*°「私は、中学・高校の時にクラスの人からいじめにあっていたんですけど、flumpool警備員に出会って、flumpool LOCKS!を聴き始めて、毎週水曜日だけが楽しみで、その頃は水曜日のためだけに生きてた感じでした」

とーやま校長「その水曜日があったからこそ、今日まで生きてこれたんだ」

あんちゃん*°「はい、学校ですごい辛かったんですけど、flumpool LOCKS!の時間だけは笑顔になれていつも元気もらってました」

隆太警備員「俺たちの音楽がその辛さをちょっとでも軽減できてたっていうのをい、今知って、ちょっとでも力になれたことが嬉しくもあり、でもようがんばったなって思います」

とーやま校長「flumpool警備員の力を借りてしっかり生きてきて、今日に至るわけだから」

あんちゃん*°「flumpool警備員だけが私の生きる道で、希望です!」

とーやま校長「今はお仕事どう?」

あんちゃん*°「人間関係が苦手で、毎日が楽しいわけではないんですが、flumpool警備員がいてくれて、flumpool LOCKS!を聴いてたおかげでがんばれてます」

一生警備員「毎週しょうもないこともたくさんやってましたけど、それをきっかけに前向きになってくれてるっていうのは、すごくやってる意味を感じて、嬉しいですね」

隆太警備員「バンドとしてのラジオとしては0点だったかもしれないけど、それでも周りに支えられてやってきた足跡を一緒に刻んできた人がいるんだなって思うと、この6年間が大切な6年間だったと意味が持てたんだと思います」

とーやま校長「あんちゃん*°、最後にflumpool警備員に今の気持ちを伝えておこう」

あんちゃん*°「flumpool LOCKS!が終わっちゃうのは本当に寂しくて、泣きそうなんですけど、flumpool警備員の歌にいつも元気をもらってて、毎日がんばろうって思えることができます。flumpool警備員がいてくれるおかげで、今、生きていられるので、本当にありがとうございます。これからも大好きです!」


♪ 大切なものは君以外に見当たらなくて / flumpool


20150930_sol09.jpg


隆太警備員「みんな本当に6年間、flumpoolを応援してくれてありがとう。今日でひとまず、僕たちは休校になっちゃいますけども、みんなのたくさんのメッセージを見て、声を聞いて思ったことは、人間一生懸命やってたら絶対誰かが見てると思います。自分たちもまだまだできると思ってこれからもがんばっていきます、今日は1つの区切りになるかもしれないけど、これは終わりじゃなくて、僕らとみんなの新たな始まりだと思うし、生きていると別れはあるけど、また新たな出会いに向けて進んで行こうと思ってるんで、みんながその姿を見てくれていると思います。誰かが見てくれていると思います。だからお互いにこの歩みを止めずに、この先も6年間で培った絆を胸にお互いがんばっていきましょう。そんな気持ちをこめて、拙い演奏かもしれないですけども届けたい歌があります。聴いてください」


♪ 証(Last Live) / flumpool


20150930_sollive01.jpg


20150930_sollive02.jpg


20150930_sollive03.jpg


20150930_sollive04.jpg


あしざわ教頭「授業も終わりの時間となってしまいました」

とーやま校長「flumpool警備員からは全て伝えてもらったので、最後はうちの学校の生徒のみんなからメッセージを4人に伝えてもらおうと思うので、聴いてください」


♪ 証(合唱@証プロジェクト2013) / 八街市立中学校,聖ウルスラ学院英智高等学校,葛飾区立常盤中学校


一生警備員「まさかの、こんなのあるなんて聞いてなかった」

隆太警備員「本当に嬉しいです。ありがとうございます」

とーやま校長「思い出のみんなの合唱と、声を届けてくれたのはflumpool警備員が大好きな生徒のみんなからでした」

隆太警備員「このflumpool LOCKS!で何を伝えてこれたのかはわからないですけど、仲間の大切さをここで勉強させてもらったし、それをこれから多くの人に僕らが伝えていけたらなと思います」

とーやま校長「元気警備員、もうそろそろお別れの時間ですけど」

元気警備員「いや、そうっすね、すごいじんわりきましたけど、感動的になればなるほど、もし次復活するならもうちょっと入れてくれよって思いました(笑)」

全員笑い

隆太警備員「確かにな」

元気警備員「俺なんもしてないって思っちゃう部分があるからさ」

隆太警備員「そんなん思わんでいいから、大丈夫、大丈夫」

とーやま校長「え〜じゃあこっちで動いておきます(笑)」

あしざわ教頭「さすが校長!」

とーやま校長「誠司警備員はどうでしたか?」

誠司警備員「6年間ありがとうごいましたって思いもと、ひとまず休校という形にはなってしまいますけど、僕らflumpoolはこれからもみなさんと出会えるLIVEであったりイベントであったり、必ず作り続けていくので、またそこでみなさんと笑顔で会えたらと思います。本当にありがとうございました」

とーやま校長「最後に一生警備員もお願いします」

一生警備員「この場所だけが素でいられる場所というか、当時はここでしかありのままを出せない環境からやらせてもらって、すごい勉強になったし、10代子と話す機会もあんまりないんで、一緒に成長させてもらったなと思います」

とーやま校長「一旦のお別れなので、いつでもまたフラッと警備しにきてくださっていいので」

あしざわ教頭「フラッと警備しにくるって不思議な言葉ですね」

とーやま校長「もう警備員は雇わないつもりでいるので、そしたら警備が手薄になるので、いつでもまた警備しにきてくださいよ」

一生警備員「呼んでくれたらいつでも行きますんで」

とーやま校長「6年間、ほんとにありがとうございました!」

あしざわ教頭「ありがとうございました!」

flumpool警備員「ありがとうございました!!」

あしざわ教頭「起立!」

とーやま校長「はい立って!」

あしざわ教頭「礼!」

校長・教頭・flumpool警備員「また明日!!」

20150930_sol11.jpg


いつも掲示板へメッセージを書き込んでくれている。flumpool警備員ですが、
本日は黒板にメッセージを書いてくれました!!

20150930_sol12.jpg

『 flumpoolよりflumpoolを愛してくれてありがとうございました 』

20150930_sol13.jpg

『 NO 警備員 NO スクールオブロック! 』

20150930_sol14.jpg

『 flumpool LOCKS ラブ!! 』

20150930_sol15.jpg

『 またね!! 』

20150930_sol16.jpg


flumpool警備員、6年間お疲れ様でした!
SCHOOL OF LOCK!は警備をせずに、いつでもflumpool警備員を待っています!!
ありがとうございました!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150930_fax01.jpg
RN ぴぃ。

150930_fax02.jpg
RN 多消2199

150930_fax03.jpg
RN まかっちょ

150930_fax04.jpg
RN マイのびすけっと

150930_fax05.jpg
RN かくれももいじり

150930_fax06.jpg
RN あまひろ

150930_fax07.jpg
RN K:K:

150930_fax08.jpg
RN pako

150930_fax09.jpg
RN Amanojaku

150930_fax10.jpg
RN りさはむ

150930_fax11.jpg
RN ぶるっち。

150930_fax12.jpg
RN かわいい招き猫さん

150930_fax13.jpg
RN 野乃華

150930_fax14.jpg
RN ささらせん


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
いけりか 神奈川県 20歳 女性
屋根の上のよもち 岐阜県 19歳 女性
あんちゃん*° 岩手県 21歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:13 強く儚く / flumpool
22:20 夢 / THE BLUE HEARTS
22:44 花になれ / flumpool
22:48 見つめていたい / flumpool
22:51 僕はここにいる / flumpool
23:12 タイムカプセル / flumpool
23:24 Birds / flumpool
23:36 大切なものは君以外に見当たらなくて / flumpool
23:39 証(Last Live) / flumpool
23:43 証(合唱@証プロジェクト2013) / 八街市立中学校,聖ウルスラ学院英智高等学校,葛飾区立常盤中学校
23:52 明日への賛歌 / flumpool
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
楽しかったよ!ほんとに!
これから警備員いないんで、備品盗まれまくるんで、
これ以上はヤバいってなったら、またすぐ来て下さい!
flumpool警備員ありがとう!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
flumpool警備員の声が聴けなくなるのは寂しすぎる…!!
またくだらない話をしに学校にフラッと警備しに来て下さい!
6年間、本当にありがとうございました!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150929_sol01.jpg


『 セ・リーグの優勝は… 』

東京ヤクルトスワローズ!!…
とはならず明後日以降に持ち越し…
尾崎世界観先生もSCHOOL OF LOCK!開校ギリギリまで応援していたらしいです。
でもスポーツと同じで切り替えが大事!!

今夜の生放送教室には…
我が校の “社会の講師”
クリープハイプ先生がメンバー全員で生放送教室にオープニングからさっそく登場!!

150929_sol14.jpg


去年の5月から毎週火曜日、SCHOOL OF LOCK!の階段の踊り場から、
君の身の回り半径3m=「社会」について授業してきたクリープLOCKS!は、本日の授業を以って一旦休講です。

クリープハイプ先生を迎えて行う今夜の授業テーマは……
「真逆の気持ち」
明日、9月30日(水)にリリース(本日フラゲ日!)の、クリープハイプ先生のニューシングル
「リバーシブルー」は、“真逆の気持ち”を歌っているけれど、
今夜は君の「本当の気持ちの…真逆の気持ち」を教えてほしい!

例えば
「大好きなあの子に、会いたくないーーーー!(本当は会いたい!)」
「明日学校に行きたーーーーい!(本当は行きたくない!)」
「早く部活辞めたーーーーい!(本当は引退したくない!)」

ほんとは恥ずかしくて言えない気持ちも、真逆だったら言えるかもしれない…!
そんな君の “真逆の気持ち” を思いっきり叫んでほしい!

そして、今夜で休講となるクリープLOCKS!。
社会の授業を聞いて君が思った事、クリープハイプ先生に伝えたい想いなども受け付けます。
学校掲示板もしくはメールに書き込んでほしい。
(こちらは真逆にしないで、普通に書き込んでね。)

リバーシブルーをフラゲした生徒からの感想も待ってるぞ!

改めて、生放送教室には…
クリープハイプ先生が来校!!

150929_sol17.jpg


尾崎世界観先生(Vo./G)
長谷川カオナシ先生(B)
小川幸慈先生(G)
小泉拓先生(Dr)


尾崎先生「みんないくよ、せーの(小声)」

尾崎先生・カオナシ先生・小川先生・小泉先生「クリープハイプです!」

とーやま校長「だんだんあざとくなってきてますよね、“せーの”っていうのもわざとマイクに近づいて小声で言ってるし(笑)」

尾崎先生「ああ、見えてました?」

あしざわ教頭「見えてますよ!」

とーやま校長「ただね、結果的にかわいいよね!」

尾崎先生「もうおじさんになっていきますからねぇ、誤魔化していかないと」

とーやま校長「そんなおじさんじゃないでしょ!」

クリープハイプ先生は9月30日(水)にニューシングル「リバーシブルー」をリリースします!

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!でもかけさせていただいてますし、CMでもたくさん耳にしますけど、自分たちでも耳にすることってありますか?」

尾崎先生「ありますね、落ち込んでるときに流れてくると元気でますね」

とーやま校長「小泉先生も大きくうなずいてますね」

小泉先生「テレビとかで見ると“おっ”って思いますよね」

とーやま校長「それに、タイトルが決まっていない状態でクリープLOCKS!で流していただいて」

尾崎先生「本当は“爆発”ってタイトルにしようかと思ってたんですけど、そしたらO.Aが無理になるからやめてほしいってことでやめたんですよ。今となってはリバーシブルーにしてよかったなと思いますね」

とーやま校長「え!?歌詞はこのままですか?」

尾崎先生「このままです」

あしざわ教頭「これ全体で“爆発”ですか!?」

尾崎先生「気持ちがバーン!!ってなるイメージがあって、MVでも最後に胸が破裂するってのがあったんで尖ってるしいいかなと思ったんですけど、尖りすぎててスタッフに止められました(笑)」

あしざわ教頭「そんなことがあったんですね(笑)」

とーやま校長「僕、今彼女はいないんですけど、いたとしたらこの曲みたいな関係性がいいなって思っちゃうんですよ。好きは好きで伝えたいんだけど、そっけない態度をとってしまう感じが」

尾崎先生「いいですよね、何も言わずに手渡したりする感じとか」

とーやま校長「本当はめっちゃ好きなんですよ、でも恥ずかしかったりとか。そういうのをすごく思いながら聴いてました」

尾崎先生「恥ずかしさとか、僕も野球見てても、小川君とはハイタッチとかしないんですよ」

150929_sol16.jpg


小川先生「お互いにすれ違ったりして」

尾崎先生「でもここぞってときは、ハイタッチしますね」

小川先生「手が痛くなるくらい強いのをしますね」

とーやま校長「何なんですかね、そういう感じって」

尾崎先生「やっぱり恥ずかしいってのがあるんでしょうね」

とーやま校長「でもそういう風にお互いあえて決めてるわけじゃないんですよね?でもどっかで通じてるところもあって」

尾崎先生「サヨナラ勝ちのときとかはガッチリしますね!」

とーやま校長「そういうときは恥ずかしさもなくて」

尾崎先生「振り切れちゃうんでしょうね」


♪ リバーシブルー / クリープハイプ


ここから書き込みをいくつか紹介!


これはまさにリアルリバーシブルー…
今日、「リバーシブルー」の初回限定版をフラゲしましたー!!でも…明日は学校のテスト…。開封したいけど、聴いたら、観たら、止まらなくなっちゃう!!開封しない!!絶対しない!!……開封したい!!!これはまさに、リアルリバーシブルー状態です…。ああ…。クリープハイプ先生、大嫌いです。…嘘です!!大好きです!!!!!!!!!
まこまこまーこ
女性/15歳/新潟県
2015-09-29 20:19



尾崎先生「可愛らしいですね、この感じが愛おしくてたまらないです」

とーやま校長「でもやっぱりふと掲示板見ると“クリープハイプ大っ嫌い”っていうのにびっくりしちゃって」

尾崎先生「一瞬そう思ってからの、ジワジワくる感じが好きなんですよ」


無事買えました
始めての店着日で、12時すぎてずーっとさわさわしてました。
私は放送部で明日がDJなので、リバーシブルーを流します。
ラジオの中の学校の次に早くリバーシブルーを校内放送で流す学校になります。
純度の高いあさひ
女性/17歳/広島県
2015-09-29 18:29



尾崎先生「ありがとうございます!」


真逆の気持ち
リバーシブルーひどい!歌詞も演奏も全てが全然だめです!もう聞かないことにしますね!※全て真逆の気持ちです。
校長の弟子(仮)
女性/15歳/愛知県
2015-09-29 22:23



尾崎先生「やっぱりドキドキしますね(笑)」

とーやま校長「俺も読んでていいのかって思っちゃいます」

カオナシ先生「すごい強いエイプリルフールみたいですね(笑)」

150929_sol11.jpg


ここからは生徒の本当の気持ちと“真逆の気持ち”を聞いていきます!

雪待-ゆきまち- 熊本県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「さっそくなんだけど、雪待-ゆきまち-の本当の気持ちとは真逆の気持ちを教えてくれ!」

雪待-ゆきまち-「尾崎先生のせいで、人前で歌いたくなくなりました!」

尾崎先生「やっぱり一瞬胸がキュンってなりますね(笑)」

とーやま校長「“歌いたくなくなった”ってことは“歌いたくなった”ってことだよね、どういうこと?」

雪待-ゆきまち-「私、小学生くらいの頃から、人前で歌ったりとかしてみたかったんです。だけど高学年になった頃から声のことでからかわれるようになって、どんどん自分の声が嫌いになって、人前で歌うのもやめた方がいいんじゃないかって思うようになったんですけど、クリープLOCKS!で尾崎先生も声にコンプレックスがあったっていうのを聞いて、それでも大丈夫なんだと思ったら、歌いたいってまた思えるようになりました」

とーやま校長「実際に人前で歌ったの?」

雪待-ゆきまち-「去年の文化祭で歌いました」

とーやま校長「誰かと一緒に?」

雪待-ゆきまち-「1人で歌いました」

尾崎先生「すごいなぁ!」

とーやま校長「そのときはどうだった?」

雪待-ゆきまち-「物凄く緊張して、何回も練習してたけど全然音もうまく出せなくて、動きも変になってしまって、難しいなって思いました」

とーやま校長「クリープ先生の曲と歌があって、こうやってできるよになったんだね」

尾崎先生「本当によかったです。何か演奏しながらとか歌ったりはしないの?」

雪待-ゆきまち-「夏休みぐらいからギターを練習してます」

尾崎先生「楽器があって歌うと、また違った自信も出てくるだろうし、聴いてみたいなぁ」

150929_sol06.jpg


とーやま校長「いつかクリープ先生に聴いてほしいよな?」

雪待-ゆきまち-「もう全然聴いて欲しくないです!!」

とーやま校長「これはどっちだ?(笑)」

尾崎先生「絶妙なところですね(笑)」

とーやま校長「じゃあ最後に、雪待-ゆきまち-の本当の気持ちを教えてもらっていいか?」

雪待-ゆきまち-「クリープハイプが大好きで、本当にクリープLOCKS!終わってほしくないです!でもずっと応援してます!本当に尾崎先生の声が大好きです!!」

尾崎先生「ありがとう!嬉しい気持ちです!」

とーやま校長「雪待-ゆきまち-ありがとうな!!」

雪待-ゆきまち-「ありがとうございました!!」


♪ 社会の窓 / クリープハイプ


150929_sol18.jpg


ここからはクリープLOCKS!
…タンタンタンタン

尾崎先生「クリープハイプ尾崎世界観です。今日で休校前最後の授業か…じゃあ先にこれを言いますか」

尾崎先生「SCHOOL OF LOCK!の階段の踊り…SCHOOL OF LOCK!の階段の踊り場から送るクリープLOCKS!クリープハイプ尾崎世界観です。担当科目は『社会』!自分の周り、半径3mの社会について考える授業です。これいつも噛んじゃうなぁ」

尾崎先生「ここからは生放送教室を飛び出して、いつも来ている踊り場から1人で授業をしていきます!」

尾崎先生「この授業をやるにあたって、自分は10代の頃すごいラジオが好きで、夜寝むれないときとかに聴いていると、誰かがいてくれるような気がして、でもそれは友達とかじゃなくて他人なんだけど、でも近くにはいてくれるっていう、その距離感がすごい好きで、どうせなら1人で1人と向き合っていきたいと思って始めました。みんながさっきみたいに楽しそうに喋ってるのもすごくいいんだけど、自分と向き合ってくれるのもすごく嬉しかったかな、だからそうやってやってきました!」

150929_creep01.jpg


尾崎先生「先生ってことでやってたけど、最後まで授業はできなかったのかなって思います。いつも中途半端なところで悩みながらやってると思いました。でもそれが自分らしいし、生徒と一緒に悩んで、答えが出るのを待ってる感覚でやれてたらいいな」

尾崎先生「あとは毎回落書きをしてくれたり、社会の声を送ってくれて、すごく切実で気づかされることもたくさんあって、みんなが送ってきてくれて、それを聴けるのがすごく嬉しかったなぁ」

尾崎先生「これからみんなが大人になって、今クリープハイプが好きな人が“クリープハイプっていうバンド好きだったなぁ”ってなることもあると思うし、でもそうだとしてもその事実は消えないから。できればずっと好きでいてほしいと思うけど、代わりに同じくらい好きなものを見つけてほしいなって思います」

尾崎先生「声を聴いてて思い返すとそう思います。自分もそうやって何かに救われてきたから、何か返せたらいいなって思います。色々悩んだけど楽しかったです」

尾崎先生「それに今日は生放送教室でみんなが来て楽しく喋れてよかったなって思います」

尾崎先生「他に何か言えることあるかなぁ……」

………

尾崎先生「家に帰ったらいくらでも言葉が出てくるんだろうけど、結局こういう大事なときに大事なことが言えないんだなって改めて感じますね」

尾崎先生「なので!最後に聴いて欲しいものがあります!」

9月28日午後4時9分、自分の部屋にて…



さよなら 長い間お世話になりました
さよなら 長い間お世話になりました

落書きだらけになった壁の色はもう黒くなって
そろそろ下校の時間 窓の外はもう暗くなった

答えは出てるはずだよ
わからないふりをしても
もう時間が無いから 僕にだけ教えてよ

ため息をつくみたいに吹き込んだ君の悩み事を
相槌を打つみたいに吸い込んで
ずっと聴いていたかった

さよなら長い間お世話になりました
さよなら長い間お世話になりました




最後は尾崎先生の弾き語りの社会の声を届けてくれました!

150929_sol19.jpg


とーやま校長「今日、22時から一緒に授業をしてきて、楽しかった反面、これからは今までより会う機会が減ってしまうんだっていうのをどこかに抱えながらやってたんですけど、今の尾崎先生の声で、それが大きくなってしまった感じかな…」

あしざわ教頭「本当にそうですね…“社会の声”ってよりリアルに聴こえるから、すごく入ってきますね」

尾崎先生「この一方通行なのがすごくよくて、訂正とかできないからすごく強い気持ちで送らないと伝わらないから、それを送ってくれるってのは毎回嬉しかったですね」

とーやま校長「俺、クリープ先生のこと好きでしたけど、また好きになりましたよ、今日で言うところの、嫌いになりました!」

尾崎先生「よかった!」

150929_sol03.jpg



社会の声
本当はちゃんと録音して送りたかったけど、ちょっと照れ臭くなってしまったので掲示板に書き込むことにします。
27日にBowlineに行きました。ずっと一人で参加していたけど、最後のクリープハイプだけは、仕事から直接来た父と一緒に見られました。大好きなクリープハイプを父と見られたことがちょっとだけ嬉しかったです。
ライブ最高でした!!曲の途中で「終わってほしくないから時間稼いでる」って言っていた尾崎先生が印象的でした。私も終わってほしくなかった。でもライブを見ていて、クリープハイプはどんどん前に進んでいこうとしてるんだなと思いました。だから私もこのライブをきっかけに進まないとって思えました。
終わりは始まりだと思えたから、私は色んなことに精一杯向き合って、沢山楽しんで、後悔して、嫌なことばっかりだと思うけど、進んでいきます。その途中には必ず沢山のクリープハイプの曲がありますように。
クリープハイプはやっぱり最高です。
blue swan
女性/17歳/神奈川県
2015-09-29 18:12



尾崎先生「ありがとうございます」

とーやま校長「カオナシ先生、やっぱりこういうの嬉しいですね」

カオナシ先生「嬉しいですね。僕、中学の頃に、“1つのことから3つ学べ”って教わったんですけど、1つのライブからたくさんのことを得てくれて本当に嬉しく思います」

とーやま校長「このBowlineはSCHOOL OF LOCK!にも出てくださったアーティストの方もたくさんいらっしゃいましたけど、改めていかがでしたか?」

尾崎先生「すごく大変でした。朝から全バンドも見て、さらに野球の結果も気にして、本番前にメンバーみんな疲れちゃいましたね。好きな音楽なので全部入ってきて、気持ちがきちゃうんですよ。でも最後にこれだけのアーティストのあとにできるんだと思って、お客さんの声を聞いたら、ひっくり返りましたね」

とーやま校長「小川先生はいかがでしたか?」

小川先生「すごい長い1日だったんですけど、好きな音楽ばかりだったので、楽しみつつ最後は力をもらってできたかなって思いますね」

あしざわ教頭「プレッシャーとかはなかったんですか?」

小川先生「それはけっこうありましたね。みんないいライブやってて、これで最後にキュレーターの僕たちがこけたら恥ずかしいなって思いましたね」

とーやま校長「小泉先生はどうでした?」

小泉先生「全バンド見たんですけど、みなさんよくて心が忙しかったですね」

150929_sol09.jpg


尾崎先生「みんな同じこと言ってますね(笑)」

とーやま校長「一心同体って言葉もありますからね(笑)」

小泉先生「メンバー4人でライブも回ってたんですけど、カオナシも泣いてたりとかしてましたね」

尾崎先生「私立恵比寿中学の僕が作らせてもらった『蛍の光』っていう曲を当日アカペラでやったくれて、それがすごいよくて、横を見たらカオナシが号泣してて」

小泉先生「俺は寸前のところでこらえたんですけどね」

とーやま校長「カオナシ先生はどんなところで感極まったんですか?」

カオナシ先生「あれだけ一生懸命歌って踊ってくれる子たちが、最後に我々が聴きたいって言った『蛍の光』を持ってきてくれて、それが手を繋いで嬉しそうに一生懸命歌うんですよ。胸がいっぱいになっちゃって目から汁がつたいましたね。生きててよかったなと思いました」

とーやま校長「そうなると…?」

尾崎先生「生きててよかったのはどんな気持ちだったの?」

カオナシ先生「そのときは………」

ピィィィーーーーー!!

150929_sol13.jpg


あしざわ教頭「きたー!」

とーやま校長「みんなして、なんか振りすぎてごめんなさい(笑)」

そんなクリープハイプ先生は来年の全国ツアーも決まっています!
「わすれもの〜つま先はその先へ〜2016」
このツアーはメジャーファーストアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』
リリースしたときに行ったツアーと同じ会場をめぐるツアーとなっています!

とーやま校長「これはなぜ同じ場所を?」

尾崎先生「だんだんと忘れていくなと思って、今はありがたいことにステージに簡単に立たせていただけることが多くなって、でも昔はもっと大変だったので、それが変わってしまうのはどうかなと思って、それで今回は同じ会場でどんな気持ちでやれるのか自分たちでもすごい楽しみですね」

明日発売の『リバーシブルー』の初回プレス盤には
このツアーのチケット最速先行受付シリアルナンバーが封入されているので、みんなぜひ手に入れよう!

150929_sol20.jpg


さぁここから再び、生徒に本当の気持ちと真逆の気持ちを聞いていきます!

のろすけ 東京都 13歳 女性 中学1年生

とーやま校長「じゃあ、のろすけの真逆の気持ち、教えてくれぃ!」

のろすけ「将来、漫画家になって、アニメ化してもクリープハイプ先生に主題歌を担当してほしくないです!」

尾崎先生「わかりやすいなぁ、“絶対にしません!”(笑)」

とーやま校長「ちょっとのろすけから話は聞きたくないんだけど…」

あしざわ教頭「ややこしくなっちゃうから(笑)」

とーやま校長「ちなみに漫画家になりたいっていうきっかけはなんだったの?」

のろすけ「小学校2年生のときに『バクマン。』っていう漫画に出会って、それで憧れました」

とーやま校長「『バクマン。』に出会って、そこから何かしてるの?」

のろすけ「絵は描くのが好きでよく描いてて、話もたまに考えたりしてます」

とーやま校長「それをアニメ化して、クリープハイプ先生に歌ってほしいんだ。なんでクリープハイプ先生に頼みたいの?」

のろすけ「小さい頃から漫画家になりたいって思ってて、周りにも言ってきたんですけど、応援してくれない人もいて、それが悔しかったりしたときにクリープハイプ先生の歌に元気をもらってきたので、ぜひクリープハイプ先生に歌ってほしいです!」

尾崎先生「ありがとう」

小泉先生「本当に嬉しいね」

とーやま校長「どんな曲になるんだろうね」

尾崎先生「最近漫画は描いてるの?」

のろすけ「ちょっとずつですけど描いてます」

とーやま校長「描きたいジャンルとかあるの?」

のろすけ「バトル系の少年漫画が描きたいです!」

とーやま校長「そこにクリープ先生の歌っていうのもよさそうですね!」

尾崎先生「おもしろそうですね!」

とーやま校長「よし、じゃあ最後に、のろすけの本当の気持ちを教えてくれ!」

のろすけ「将来、漫画家になってアニメ化してクリープハイプ先生に主題歌を担当してもらいたいです!!」

尾崎先生「ありがとう!」

とーやま校長「ありがとうな!」

150929_sol21.jpg


サブリナ姫 兵庫県 18歳 女性 高校3年生

とーやま校長「さっそくなんだけど、サブリナ姫の真逆の気持ち、教えてもらっていいかい?」

サブリナ姫「クリープハイプ先生のせいで自信がなくなりました!」

尾崎先生「そこまでリアルな感じで言われると…(笑)」

とーやま校長「これ真逆の気持ちでいいんだよな?」

サブリナ姫「真逆です!」

とーやま校長「ってことは自信がついたってことだよね?」

サブリナ姫「はい!」

尾崎先生「よかったぁ」

とーやま校長「じゃあ話を聞かせてもらってもいいか?」

サブリナ姫「もう引退してしまったんですけど、部活をやってたとき、好きで始めたはずなのに、だんだん苦痛になってしまって、でもそんなときにクリープハイプ先生の『百八円の恋』を聴いて、すごく共感して助けられたんです。それで去年の12月にクリープLOCKS!で作品集の募集があって、それに応募して、掲載してもらってすごく自信に…なりませんでした!」

とーやま校長「自分の言葉が掲載されたのが嬉しかったのかな?」

サブリナ姫「今まで自分の言葉を全然発信できなかったけど、すごく居場所があるって思えたんです」

とーやま校長「どんな言葉だったか教えてもらっていい?」

サブリナ姫「『髪を切ったことを後悔していない 私は君のものにはならない』です」

尾崎先生「いいですね。強い言葉です」

とーやま校長「これはどんなときに生まれた言葉だったの?」

サブリナ姫「髪を切ってしまったら、その髪と前の自分とはもう1つになれないので、そういうことを考えて読みました」

とーやま校長「そのままクリープ先生の歌詞で…

尾崎先生「いただいちゃってもいいですか?」

150929_sol05.jpg


とーやま校長「早いな、躊躇がない」

サブリナ姫「ぜひぜひ(笑)」

とーやま校長「それで自信ついて、今はどう?」

サブリナ姫「今は受験勉強ですね」

とーやま校長「勉強の調子はどう?」

サブリナ姫「科目数が多いので大変です」

尾崎先生「ちょっとカオナシ応援してあげて」

カオナシ先生「がんばってね」

ピィィィーーー!!

尾崎先生「どうだった?」

サブリナ姫「かわいいなって思いました(笑)」

一同笑い

とーやま校長「大学に行ったらどんなこと勉強したい?」

サブリナ姫「クリープハイプ先生のおかげで言葉っていいなって思えたので、言葉について勉強したいです」

尾崎先生「クリープLOCKS!でサブリナ姫の居場所を作れたんだったら、逆に将来クリープハイプの居場所を作ってほしいなって思いますね」

サブリナ姫「がんばります!」

とーやま校長「じゃあ最後にサブリナ姫の本当の気持ちを教えてもらっていいか?」

サブリナ姫「クリープハイプ先生のおかげで自信がついて、大学でやりたい勉強もみつかりました。ありがとうございました!!」

尾崎先生・カオナシ先生・小川先生・小泉先生「ありがとう!」

サブリナ姫「本当に大好きです!ありがとうございました!」

そして授業も終わり、黒板の時間となりました。
今夜は尾崎世界観先生に書いてもらいました。

150929_sol22.jpg


『 踊り場から愛を込めて 』
これはインディーズ時代のファーストアルバムのタイトルであり、
さっきクリープLOCKS!で歌った歌のタイトルでもあります。



さよなら 長い間お世話になりました
さよなら 長い間お世話になりました

落書きだらけになった壁の色はもう黒くなって
そろそろ下校の時間 窓の外はもう暗くなった

答えは出てるはずだよ
わからないふりをしても
もう時間が無いから 僕にだけ教えてよ

ため息をつくみたいに吹き込んだ君の悩み事を
相槌を打つみたいに吸い込んで
ずっと聴いていたかった

さよなら長い間お世話になりました
さよなら長い間お世話になりました



150929_sol23.jpg


150929_sol24.jpg


クリープハイプ先生、長い間ありがとうごいました!
これから、また来てください!
真逆の気持ちじゃなくて素直な気持ちです!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150929_fax01.jpg
RN ひっかちゃん1000%

150929_fax02.jpg
RN さざっこサザビー

150929_fax03.jpg
RN でんでけことね

150929_fax04.jpg
RN ぶるっち

150929_fax05.jpg
RN まっしゅ13号

150929_fax06.jpg
RN かわいい招き猫


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
雪待-ゆきまち- 熊本県 16歳 女性
のろすけ 東京都 13歳 女性
サブリナ姫 兵庫県 18歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:06 わすれもの / クリープハイプ
22:36 リバーシブルー / クリープハイプ
22:47 社会の窓 / クリープハイプ
22:50 リバーシブルー / クリープハイプ
23:14 踊り場から愛を込めて / クリープハイプ
23:38 さっきはごめんね、ありがとう / クリープハイプ
23:46 オレンジ / クリープハイプ
23:49 おやすみ泣き声、さよなら歌姫 / クリープハイプ
23:53 リバーシブルー / クリープハイプ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
クリープ先生ーー!!!!!
もう来てくれなくていいですからね!!!!!
の真逆の気持ち!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
クリープハイプ先生は音に人の温度や表情を感じる、
本当にステキなバンドです。
また必ず来て下さい。必ず!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150928_sol01.jpg


『 まさかりボンバー 』

150928_sol02.jpg


今夜のSCHOOL OF LOCK!はオープニングから千葉雄大先生が登場!!

150928_sol03.jpg


とーやま校長が黒板に書いたのは、
千葉雄大先生が、我が校の生徒だった時のラジオネーム!

残念ながら掲示板リニューアルのため、現在は書き込みは見ることができなくなってしまいました。
それを聞いてびっくりする千葉雄大先生

150928_sol04.jpg


我が校とロッテToppoがコラボして受験生に贈る勇気のお菓子
『Toppa』のモデルとして、Toppaの裏面を飾った元生徒であり!
とーやま校長が喉の修行のためお休みした時に、臨時校長もつとめてくれました!!

さらに今夜は…
日曜の黄昏時の世界からきわめて平均的なサラリーマン、
あ、安部礼司先生も登場!!

150928_sol05.jpg


JFN37局で日曜、夕方5時から放送しているラジオドラマ、
NISSAN あ、安部礼司の安部礼司先生!

もしかしたら、みんなのお父さん、お母さんは、
「あ、安部礼司」、知ってるかもしれないぞ!

「NISSANあ、安部礼司」は、2006年の4月に始まって今年で10年目!
2005年10月開始のSCHOOL OF LOCK!の後輩になります。
今夜はそのあいさつと、お知らせをしに来てくれました!!

NISSANあ、安部礼司が番組開始10年を記念して送る史上最大のお祭り、
それが「ABE-GIGin日本武道館」
アーティストのライブ
お客さんの前で、完全新作のオリジナル生ラジオドラマの上演
生ラジオドラマと言ってもただの朗読劇ではなく俳優と、音楽と、映像と、歌がコラボして、全く新しいライブ体験が待っている!!

我が校の元生徒である千葉雄大先生!
そして、我が校の女子クラス、GIRLS LOCKS!3週目担当の
乃木坂46 橋本奈々未ちゃん!
さらに!あしざわ教頭が金曜日でお世話になっている、サンプラザ中野くん先生が、
「ABE-GIGin日本武道館」に出演することになっています!

開催は10月2日(金)、場所は、日本武道館
詳しくは公式サイトをチェックしてね!!

150928_sol06.jpg


さぁ!今夜の生放送教室のテーマは…

「集まれ!突破女子!突破男子!」

受験シーズンを迎え、我が校の受験生応援プロジェクトが始動!
Toppa10!!

今年もToppaが受験生の“勇気のお守り”となるべく!
その姿で受験生の背中を押すToppaモデル!
受験生の背中を押す、勇気の言葉を現在、募集中!!

さらに今回、Toppa10では、こんな生徒も募集している!
『何かを突破した生徒』!!
今夜は、“何かを突破した生徒”、つまり突破女子や突破男子の話を千葉雄大先生と、一緒に聞いていきます!!

例えば!
「難しいと言われた志望校に合格!受験を突破しました!」
「県大会を突破して、全国大会に出場しました!」
「大好きな彼を一途に想い続け、一点突破しました!」

苦労の末に、乗り越えた!突破したことがある、という突破女子!突破男子!
君が突破したエピソードを詳しく書いて
学校掲示板またはメールから送ってくれ!!

150928_sol07.jpg


千葉雄大先生と一緒に、そしてあしざわ教頭は応援部のあしざわ顧問として
“何かを突破した生徒”の話を聞いていくぞ!!

らむねキャンディ 群馬県 16歳 女性 高校1年生

あしざわ顧問「らむねキャンディ、さっそくなんだけれども、何を突破したのか教えてくれ!!」

らむねキャンディ「諦めていた高校受験を突破しました!!」

あしざわ顧問「おお!!それはどこかの高校に入りたいとかあったの?」

らむねキャンディ「入りたい軽音部がある高校があったんですけど、そこはすごく偏差値が高くて、当時の自分の実力だと厳しかったので諦めていたんです」

とーやま校長「ちなみに自分の点数とそこの偏差値比べるとどれくらい足りなかったの?」

らむねキャンディ「10くらい上げないと厳しかったくらいです」

雄大先生「結構大変だよね、不安になる気持ちはわかるよ」

あしざわ顧問「諦めかけてたけど突破できた、その理由とか教えてくれる?」

らむねキャンディ「本番の入試がある前に私立の滑り止めの入試があって、そのときの結果を見て、“やばいなぁ”って思ってそこから本気になりました」

あしざわ顧問「そのやばい状況が自分に火をつけたんだね」

らむねキャンディ「はい!」

あしざわ顧問「雄大先生はこういう追いつめられたところから力を発揮した経験とかありますか?」

雄大先生「僕は大学受験が第一志望がうまくいかなくて、滑り止めもうまくいかなくて、背水の陣でやってなんとか突破しましたね」

とーやま校長「らむねキャンディは具体的にどんな風にがんばったの?」

らむねキャンディ「塾の自習室に、学校終わったら毎日通って、夕方から夜までずっと勉強してました」

あしざわ顧問「辛くなかったの?」

らむねキャンディ「友達も一緒に勉強してたので、心強かったです!」

あしざわ顧問「他に自分の支えになったものってあった?」

らむねキャンディ「Toppaを買って、いつも机の上に置いて勇気を貰ってました!」

あしざわ顧問「勉強前にちょっと見たりしたんだね」

らむねキャンディ「はい!」

あしざわ顧問「雄大先生、Toppaの力も借りて、自分で突破してますし、ぜひToppaモデルに応募してほしいですよね?」

雄大先生「そうですよね、諦めかけてたけど、がんばって受験を突破してるわけですから、ぜひ応募してほしいです!」

150928_sol08.jpg


あしざわ顧問「らむねキャンディは考えてないの?」

らむねキャンディ「あるんですけど、お金がなくて、東京に行けないんですよ」

とーやま校長「あしざわ顧問、これはいっときましょう!」

あしざわ顧問「全額出します!!!!」

らむねキャンディ「え!?」

とーやま校長「全額支給だよ!」

らむねキャンディ「嘘!?」

あしざわ顧問「オーディションは東京でやりますけど、その交通費はコチラで負担いたします!!」

らむねキャンディ「知らなかった…」

あしざわ顧問「もちろんやってくれるか?」

らむねキャンディ「やりたいです!!」

雄大先生「おお!いいね!!」

とーやま校長「ただし、バスか電車にしてね!タクシーだとけっこうお金かかっちゃうから!」

一同笑い

とーやま校長「ちなみにさ、今高校1年生で、高校生活は楽しい?」

らむねキャンディ「楽しいです!!」

あしざわ顧問「そういう喜びがあるからがんばれる部分もあるからね!」

らむねキャンディ「はい!」

あしざわ顧問「じゃあ最後に、らむねキャンディから突破女子として、受験生のみんなにエールを送ってもらってもいいかい?」

らむねキャンディ「諦めずにがんばれば、絶対に結果はついてくると思うので、がんばってください!!」

あしざわ顧問「オッケイ!!ありがとう!!Toppaモデル待ってるぞ!!」

らむねキャンディ「ありがとうございました!!」

150928_sol10.jpg


続いては…

ゆいま 茨城県 18歳 女性 大学1年生

あしざわ顧問「ゆいまが何を突破したか教えてくれ!」

ゆいま「10月に行われる、陸上の全国大会に参加するための標準記録を突破しました!」

とーやま校長「おお!!」

あしざわ顧問「何の種目をやってるの?」

ゆいま「円盤投げです!」

とーやま校長「いつからやってるの?」

ゆいま「中学2年生からやってます!」

あしざわ顧問「今まではその標準記録に届かなかったんだね」

ゆいま「高校2年生と3年生のとき参加しようとしたんですけど、標準記録まで20cm届かなくて…」

とーやま校長「あとちょっとのところまではいってたんだね」

ゆいま「はい!でも今回は10cmだけ標準記録を上回ったので参加することができます!」

とーやま校長「すごい!」

雄大先生「おめでとうございます!」

あしざわ顧問「どうやってその記録を越えることができたの?」

ゆいま「毎日“絶対越えてやるんだ!”思いながら必死に練習して、1本1本集中してやってたらでました!」

あしざわ顧問「雄大先生、やっぱりこの日々の努力の積み重ねって大事ですよね」

150928_sol16.jpg


雄大先生「でも誰にでもできるわけじゃないから、それを続けてこれたのは素直にすごいと思います」

あしざわ顧問「自分を支えてくれたものとかあった?」

ゆいま「仲間と親ですね」

とーやま校長「どんな存在だった?」

ゆいま「もしいなかったら、今の自分は存在してないと思います」

とーやま校長「練習のときとか、その顔が浮かぶ感じだったの?」

ゆいま「はい、親とかは大会とかも見に来てくれてたので、記録残したいとずっと思ってたので本当によかったです!」

あしざわ顧問「突破した瞬間の気持ちはどうだった?」

ゆいま「嬉しくて、競技中だったんですけど叫びました(笑)」

あしざわ顧問「思わず叫んじゃったんだね、来月の全国大会に向けてはどう?」

ゆいま「もう高まってきてます!」

雄大先生「日もないんですけど、そこに向けてがんばってるんだっていうのが伝わってきますね」

150928_sol09.jpg


とーやま校長「あと書き込みを見たんだけど、全国大会でゆいまが出る10月16日はゆいまの誕生日なんだよね?」

ゆいま「はい!」

雄大先生「すごい!!」

あしざわ顧問「何か起きる予感がするよ!!もう俺から応援の言葉を伝えちゃいますね、“がんばれい!!”」

ゆいま「ありがとうございます!」

あしざわ顧問「雄大先生からも一言もらってもいいですか?」

雄大先生「がんばれい!!」

ゆいま「ありがとうございます!」

あしざわ顧問「じゃあ最後に、突破女子から受験生にエールをもらってもいいかい?」

ゆいま「何が何でも絶対に叶えてみせるって気持ちがあれば、どうにかなります!受験生の皆さんがんばってください!!」

あしざわ顧問「ありがとう!!」

150928_sol12.jpg


最後は…

うろこ雲 岩手県 17歳 男性 高校2年生

あしざわ顧問「じゃあ、うろこ雲の突破したことを教えてくれ!!」

うろこ雲「学校に行けなかったんですけど、それを乗り越えて、今は部活で東北大会にいけました!」

とーやま校長「これはすごい突破ですよね!」

150928_sol14.jpg


あしざわ顧問「うろこ雲はいつごろから学校に行けなくなったの?」

うろこ雲「小学校6年生から中学校2年生の終わりくらいまでです」

あしざわ顧問「そうか、それは何か理由があったの?」

うろこ雲「突然何かが切れたように“学校に行きたくない”って気持ちがでてきて」

とーやま校長「特に理由はわからないけど、そういう気持ちになっちゃったんだね」

うろこ雲「違和感を感じたというか、嫌になってしまった感じです」

あしざわ顧問「でも中学3年から学校行けるようになったのは何か変わったの?」

うろこ雲「周りの人から励ましてもらって、行きたいっていう気持ちもあったし、高校は卒業しないと社会にでるとき大変だと思って、勇気出して行ってみました」

とーやま校長「周りの人っていうのは誰?」

うろこ雲「親です。“辛いけどがんばって行こう”とか“お父さん、お母さんがついてるから大丈夫だよ”とか言ってもらって」

とーやま校長「うろこ雲ががんばって学校に行ったその日は怖かった?」

うろこ雲「最初は怖かったです。クラスのみんなにどう思われてるか、からかわれたりしないかと思ったりで不安でした」

とーやま校長「それでもそれを突破して学校行き始めて、どんなものが見えた?」

うろこ雲「勉強が楽しいって思えたり、友達っていいなって改めて感じることができました」

あしざわ顧問「それで高校受験もして、志望校には行けた?」

うろこ雲「行けました」

とーやま校長「よかった!おめでとう!」

雄大先生「中学校3年から行けるようになって、すぐ受験で、そこを突破するために人一倍がんばったと思うし、それは今の励みになると思いますね」

150928_sol11.jpg


あしざわ顧問「今は高校でやってることがあるんだよね?」

うろこ雲「演劇部に入ってがんばってます!」

あしざわ顧問「それは出るほう?裏方?」

うろこ雲「キャストです」

とーやま校長「何で演劇部に入ろうと思ったの?」

うろこ雲「中学のときの自分と区切りをつけたかったっていうのがあります」

あしざわ顧問「すごいなぁ」

雄大先生「はじめてみて、まったく違う人を演じていくわけだけど、変わった部分とかあった?」

うろこ雲「周りをよく見られるようになったと思います」

とーやま校長「周りを観察できるようになったんだね」

あしざわ顧問「書き込みにあった県大会に出場ってのもすごいね!演劇祭ってこと?」

うろこ雲「はい、地区の高校が集まって一緒に発表するコンクールみたいな形です」

あしざわ顧問「お芝居をやってるとき周りの仲間と意識してることとかある?」

うろこ雲「やっぱり周りの人とセリフをあわせて、もし忘れたとしてもお互いにカバーできるようにやってます」

雄大先生「みんなで助け合ってるんだね」

あしざわ顧問「これは本当にすごいことだと思う、周りに支えられてたとしても、最後の1歩は自分から踏み出したわけだから、すごくみんなの励みになると思う」

うろこ雲「ありがとうございます」

あしざわ顧問「じゃあ最後に突破男子から、受験生のみんなにエールを送ってもらっていいかい?」

うろこ雲「辛いこともあるけど、周りの人からの助けもあるから、負けないようにがんばってください」

あしざわ顧問「ありがとう!」

とーやま校長「今までの経験も必ず演技に活きますよね」

雄大先生「絶対に活きるから、がんばってね!」

うろこ雲「ありがとうございました!!」

150928_sol13.jpg


本日の授業も終了して
千葉雄大先生に黒板を書いていただきました

150928_sol18.jpg


150928_sol19.jpg


『 はじめの1歩の繰り返し 』
何かを突破する前の1歩はすごく足が重くて大変だと思うけど、
そこから先にがんばって進んだとしても、また新しい壁は現れます。
だけど、1つ1つのはじめ1歩が自分の中で次の1歩を軽くしてくれると思うので、
はじめの1歩を奮い立たせて、がんばって突破してほしいと思います。

150928_sol20.jpg


150928_sol21.jpg


千葉雄大先生ありがとうございました!!
ぜひ、また来てください!!

そして生徒のみんな、Toppa10への応募待ってるぞ!!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150928_fax01.jpg
RN Ms.カリントウ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
らむねキャンディ 群馬県 16歳 女性
ゆいま 茨城県 18歳 女性
うろこ雲 岩手県 17歳 男性

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:14 制服のマネキン / 乃木坂46
22:34 第3ボタン / SHISHAMO
22:49 Runners high / SCANDAL
23:14 SEVENTH HEAVEN / Perfume
23:35 Higher / 04 Limited Sazabys
23:49 スターリングスター / KEYTALK
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
まさかりパイセンが先に道を作ってくれた!
つづけえええいぃぃ〜!!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
千葉先生のあとにつづけー!!
Toppaへの応募待ってるぞー!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150924_sol01.jpg


『 教頭、ケータイ忘れたってよ 』

携帯を家に忘れてきてしまったあしざわ教頭。
でも悪いことだけじゃなかったみたいです。
みんなも携帯から離れる時間が少しあるだけで、新しい世界が見えるかも??

150924_sol02.jpg


今夜のSCHOOL OF LOCK!は
サカナクション 山口一郎先生が生放送教室に登場!!
しかもサカナLOCKS!の時間も、
一緒に生放送教室より、授業をお届けします!!

サカナクション先生は9月30日(水)に映画「バクマン。」の主題歌にもなっている
ニューシングル「新宝島」をリリース。

ということで、今夜は2つの授業テーマを設けて
生徒からメッセージを募集したいと思います!

まず1つ目は!
「サカナクション 山口一郎先生にインタビューしたいインタビュアー募集」
生徒の君がインタビュアーとなって、
一郎先生本人からいろいろ話を聞き出して欲しいと思う。

新曲「新宝島」の話、何故半年間も歌詞が書けなかったのか?
その間どんな生活を送っていたのか?などなど
音専誌のライターのように、色々と聞き出して欲しい!

そして2つ目の授業テーマは!
「LIVEで聴きたいサカナクションの曲」

10月3日(土)から
「SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records launch tour"」がスタートしますが、
今回のツアーで君が聴きたいサカナクションの楽曲を教えて下さい。

その曲を聴きたい理由とか、
ライブの序盤・中盤・後半どの辺りで演奏してほしいとか
この曲からこの曲に繋げて欲しい!
なんていうマニアックなお願いでもいいぞ!

学校掲示板もしくはメールから書き込んでね!!

150924_sol03.jpg


生放送教室にはサカナクションの山口一郎先生が登場!!

一郎先生「こんばんは!! サカナクションの山口一郎です!」

150924_sol04.jpg


とーやま校長「すごく凛々しい表情で、一点を見つめてご挨拶をされましたが…(笑)」

あしざわ教頭「いつもとは違う感じがしますね!」

一郎先生「緊張してます…」

あしざわ教頭「両手も最大まで広げて、机をがっしりと掴んでいますね(笑)」

とーやま校長「だって、何回も生放送教室ではやられていますよね? 慣れてるんじゃないですか?」

一郎先生「今日の為に生放送教室をやってきたはずなのに、緊張してます!」

とーやま校長「緊急学級会とかも、中々の回数でしたよ?」

一郎先生「あれは僕の土俵だから。サカナLOCKS!の中なので緊張しないんですけど、今日は校長と教頭の土俵ですから」

一同笑い

とーやま校長「でも、一郎先生はわが校にとって何年に渡るってくらい大切な仲間ですし、今だって一郎先生の土俵ですよ!」

一郎先生「いいんですか? ……チャオ!

とーやま校長「チャオ!!」

あしざわ教頭「来た! 本日1発目のチャオいただきました!!(笑)」

とーやま校長「良かった〜(笑) こうして生放送教室に登場していただくのは1年以上ぶりですね」

一郎先生「そんな気がしないですね」

そんな、お久しぶりな一郎先生ですが、サカナクション先生は来週9月30日(水)にニューシングル『新宝島』をリリースされます!!

とーやま校長「サカナLOCKS!でも話されていましたけれど、今回も歌詞を書くのに半年ほどかかったと…」

一郎先生「半年間、完全に引きこもっていましたからね。その前に『グッドバイ/ユリイカ』、『さよならはエモーション/蓮の花』という両A面シングルを2枚出しているんですよ。その2枚は内向的というか、自分の内面をしっかり歌おうというモードになっていたんです。
『サカナクション』というアルバムで沢山の人に知ってもらえたから、ここからは自分たちの中で今までとは違うアプローチで音楽を届けていけたらな、という気持ちだったんです。でも、外に向けて作る分かりやすい曲とか、アッパーな曲とか、表向きな曲というもの対して踏み込めなかったんですね」

とーやま校長「そういう話もされていましたよね」

一郎先生「今回『バクマン。』の主題歌ということで、元気のある曲にしないといけないなっていう所で苦しみましたね。どうやって今まで避けてきた道を歌詞で拓くか。そこを悩みましたね」

150924_sol06.jpg


とーやま校長「でも、サカナクション先生はMステとかにも出演されてきているじゃないですか」

あしざわ教頭「紅白とかもそうですよね」

とーやま校長「でも、“自分たちの音楽とは何か。”っていうせめぎ合いとずっと闘われているアーティストだなあと思っていて、今回の『新宝島』も、イントロの瞬間はサカナクション先生が次に行こうとしているゴールやその過程、全てにモヤがかかっている状態で見えて。曲が進むにつれ試行錯誤しながら進んでいて、アウトロでそのモヤが全部開けて『新宝島』が見えるっていう曲だなぁって思ったんです」

一郎先生「正直、この曲で脱皮した感はありますよ。自分たちの船の舵を別の方向に向けていたのを、この曲をきっかけに、“また新しい所へ向かっていこう!”っていう気持ちがこの曲ににじみ出ていると思いますね」

とーやま校長「また新しいサカナクション先生が俺たちの目の前に現れたな! って思いましたね」

一郎先生「今回、すごい研究したんですよ。J-ROCKというジャンルの音楽を片っぱしから聴いて“どんな曲が今の時代に違和感があるか”とか、“どんなイントロだと引っかかるかな?”とかを研究しました」

とーやま校長「どういうものが生まれたんですか?」

一郎先生「この時代、フェスが主体になっていて、フェスの中で通用する曲がメインになってきているな、というのが感じられたし、自分たちはそこから逸脱して曲を作ってきた事でどういう結果になったかっていうのも分かってきたんです。今回、表向きに分かりやすくテンポの速い曲をやるにあたって、良い違和感のある物をやるにはどうしたらいいのかなっていうのが分かってきましたね」


♪  新宝島  / サカナクション


とーやま校長「カッコイイなあ〜!」

あしざわ教頭「サビの“丁寧、丁寧、丁寧〜♪”という所が筆を進める時に描き直すみたいに聴こえて、それをイメージされているのかな? と思ったんですけど…」

150924_sol12.jpg


一郎先生「歌で丁寧に歌うとか、丁寧に描くとかって、作る人間にとって重要な部分だったりするじゃないですか。気持ちを込めて丁寧に作る、描く、歌うというのが重要だなぁと思いましたね」

とーやま校長「『新宝島』にはDVDが付いていまして『バクマン。』の大根仁監督による『新宝島カラオケ映像』という特典映像がついています。それとは別に『新宝島』はミュージックビデオがありまして…実は教頭と一緒に観させて頂きました!!」

あしざわ教頭「観ましたよ〜!」

とーやま校長「あれは……思わず声出たよね?」

あしざわ教頭「二人してワーワー言ってました(笑)」

とーやま校長「僕たちの世代にドンピシャな映像で、でも改めて観るとすごく前衛的で、若い人が観たらお洒落って思うかもしれない! あれはまだ公開前なんですよね?」

一郎先生「Youtubeとかは26日からとかかな?」

とーやま校長「必ず見て欲しい!」

あしざわ教頭「それこそ良い違和感を感じられるんじゃないでしょうか?」

一郎先生「船出感あるでしょ? 監督は『バッハの旋律を夜に聴いたせいです』を撮ってくれた田中裕介監督なんですけど、綿密に打ち合わせをしましたね」

とーやま校長「さらに、カップリングの『聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに』こちらはまだオンエアー出来ないんだけど、これもめっちゃスゴイぞ!!」

一郎先生「『新宝島』は『バクマン。』の主題歌であって、作品としてコラボしているものじゃないですか。だけど、今のサカナクションのリアルをカップリングに込めようということで作ったので、生々しさはあるんですよ」

とーやま校長「恵比寿のLIQUIDROOMで、この曲を聴けたら最高すぎるでしょ!」

あしざわ教頭「僕も、それを想像したらすごいイイなぁって思いました! 夜に聴くのも良いですよね〜」

とーやま校長「良い音楽体験が出来る曲ですね! 夜が更ければ更けるほどイイね!」

150924_sol05.jpg


そして、サカナクションの山口一郎先生を迎えて、こちらの授業をお届けします!

サカナクション 山口一郎インタビュー!

とーやま校長「生徒の君がインタビュアーとなって、一郎先生本人からいろいろ話を聞き出して欲しいと思ってます。みんな緊張してるかな〜?」

まず、最初にインタビューをする生徒は…!

えるふぁばぐりどるぼーん 鹿児島県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「サカナクション先生が大好きか!」

えるふぁばぐりどるぼーん「大好きです!!」

一郎先生「ありがとう〜!」

えるふぁばぐりどるぼーん「中学2年生から好きで、最初はサカナLOCKS!がきっかけでした。一番好きな曲は『シーラカンスと僕』です!」

とーやま校長「今日は、一郎先生にインタビュアーとなってインタビューするんだけど、緊張してる?」

えるふぁばぐりどるぼーん「緊張してます!」

一郎先生「厳しく行きますよ!」

一同笑い

とーやま校長「より硬直しちゃいますよ(笑) じゃあ、えるふぁばぐりどるぼーん記者。頑張ってインタビューしてくれ!」

えるふぁばぐりどるぼーん「はい。……チャオ!」

一郎先生「チャオ!!」

えるふぁばぐりどるぼーん「一郎先生に質問です。一郎先生がよくおっしゃっている良い違和感っていうのがよく分からないんですけど、それを教えてほしいです!」

とーやま校長「先ほどのお話にも良い違和感のお話は出てきましたよね」

一郎先生「例えばなんだけど、長袖でもなく、半そででもない。7分丈のシャツがあるじゃん。中途半端だけど、その違和感が良かったりするんだよね。だから、自分が好きなものには良い違和感があるんじゃないのかなって思っているんだ」

えるふぁばぐりどるぼーん「うう〜ん…」

一郎先生「難しいかな…。柿ピーにチョコをコーティングしてあるお菓子知ってる? あれって良い違和感じゃないかな。甘さとしょっぱさが混ざっている訳で、それって普通は考えない組み合わせだけど、それがアリだったりする。そういうのが僕の思う良い違和感かな」

えるふぁばぐりどるぼーん「ああ〜!!」

とーやま校長「柿ピーで分かった(笑)」

一郎先生「音楽も、フォークソングとかは弾き語りで聴いていてもいいけど、そこにピアノの音が入ってきたり、街の雑踏や、綺麗な音が入ってくるだけで急に雰囲気が変わるでしょ? そういった違和感がフォークソングの中に入り込んでいることで良いって思ったりする人もいるんだよね。それが、音楽での良い違和感だと思うな」

えるふぁばぐりどるぼーん「じゃあ、ちょっと聞きたいんですけど…」

あしざわ教頭「いいぞいいぞ!」

えるふぁばぐりどるぼーん「昔『笑っていいとも!』にサカナクション先生がゲストで出られた時に、一郎先生が“良い違和感”って最初に言ったんですけど、その時の良い違和感ってどういうものなんですか?」

とーやま校長「覚えてらっしゃいますか?」

一郎先生「覚えてますね〜。テレビとかにも余り出ていなかった、そんな5人が北海道から東京に出てきて、音楽をやって、あの『テレフォンショッキング』の席に座っているっていうって事が先生にとって良い違和感だなって思ったの。その違和感を好きだって言ってくれる人達がテレビの向こう側にいるとして、そういう人たちがサカナクションを応援してくれるんじゃないかな」

150924_sol07.jpg


一郎先生「僕たちの姿を観て、不思議な感じするって思ってくれた人達は、僕らの曲を聴いてくれた時に面白いって思ってくれたり、イイねって言ってくれるような気がしたんだ。それを狙って出たのもあった」

えるふぁばぐりどるぼーん「へぇ〜!!」

一郎先生「僕らはテレビに出る時には必ず、そういう違和感を出す時にしか出ない!」

とーやま校長「そうなんですね!」

えるふぁばぐりどるぼーん「なんか、名言…!」

とーやま校長「今の話聞いて、スッキリした感覚ある?」

えるふぁばぐりどるぼーん「ずっと心の中で引っかかっていたので、スッキリしました!」

一郎先生「何となく好きだなって思うもの沢山あるじゃん? 音楽や漫画とか色々…。そういうものが何となく好きじゃなくて、“何で好きなのか”って考えていくと、違和感についてもっと理解できてくる気がするよ。それを探していくっていうのが、音楽の楽しみ方の一つだったりするんですよ」

あしざわ教頭「これは、イイ事聞いた!」

一郎先生「違和感に対して自分の中で考えてみて、好きだなっていう所まで行き着けたら、より好きになれるし、自分の中でも広がるって事なんですね。これ、えるふぁばぐりどるぼーん記者、良い質問だったね!」

あしざわ教頭「僕たちもスッキリしましたね!」

えるふぁばぐりどるぼーん「1月の鹿児島のライブ行きます!」

一郎先生「おお! じゃあ、鹿児島で会おう!!」

えるふぁばぐりどるぼーん「はい! ありがとうございました〜!!」


いつもならサカナLOCKS!の時間なんですが、本日はサカナクションの山口一郎先生が生放送教室に来ているということで、引き続き一緒に話を聞かせてもらうぞ!

一郎先生「僕の土俵ですよ!」

あしざわ教頭「急に顔つきが違う!(笑)」

150924_sol13.jpg


この時間は、いよいよ来週末10月3日(土)よりスタートとなる「SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records launch tour"」について、色々と話しを聞いていきたいと思います!

とーやま校長「サカナクション先生としては1年半ぶりのライブということですが…」

一郎先生「デビュー以来、というかバンド始めて以来ですね。こんなにライブしていなかったのは」

とーやま校長「ツアーの最初はサカナクション先生の地元、札幌のきたえーるですが、そこでベース草刈先生が復帰されますね!」

一郎先生「はい! 今までのライブではZepp札幌だったんですよ。草刈の復帰初日を札幌のきたえーるで迎えられるという事で、相当、気合い入っています!」

とーやま校長「いつも以上にお祝いっていう感じの空間なんでしょうね! そして、きたえーるを皮切りに様々な会場でやられますが、地元札幌のライブは特別なライブになったりする感じですか?」

一郎先生「やっぱり、札幌は僕達の地元だし、想い掛けないことをやっちゃおうかな、と」

とーやま校長「ヒント、欲しいなぁ…」

150924_sol11.jpg


一郎先生「イイっすよ(あっさり)」

あしざわ教頭「ええっ! 流石だ…!!」

一郎先生「札幌初日のライブ終了後に『GO TO THE FUTURE』という曲の弾き語りをやっちゃいます!」

とーやま校長「それ、言っちゃっていいんですか?」

一郎先生「『懐かしい月は新しい月』の映像に入っているんですけど、アマチュア時代、僕たちのホームとしてるライブハウスで『GO TO THE FUTURE』をレコーディングして弾き語りしたんです。それをドキュメンタリーの映像の中で再現しようというのを前回やったんですよ。今回はアリーナでやっちゃおうと!」

とーやま校長「めっちゃ貴重じゃないですか!」

一郎先生「札幌の初日でしかやりませんよ!」

とーやま校長「じゃあ、ライブ終わりまで目を離せないですね」

あしざわ教頭「これはファンからしたら堪らないですよね」

とーやま校長「セットリストとか…教えてもらいたいなあ…。多分、俺の予想だと『新宝島』やるね(小声)」

あしざわ教頭「それはやるでしょ(笑)」

一郎先生「やりますよ」

とーやま校長「ほら! 俺のセットリスト決めおじさんの本領発揮だよね。俺の一言でやることにしたんだから」

一郎先生「はい。それでやることにしました(笑)」

あしざわ教頭「ウソォ! 校長すごいな(笑)」

とーやま校長「さらに、ツアーの最初はアリーナの会場ですが、ホールの会場もありますよね。ホールとアリーナで演出は変えますか?」

一郎先生「仕込みとか、映像の規模も違うし、持ち込める量が違うから、全然演出違いますよ。今回のアリーナツアーでは、共演者がいます」

とーやま校長「共演者!?」

一郎先生「GOCOOという、和太鼓グループとコラボします! 『NF』という僕達がやっているクラブイベントがあるんですけど、それに出てもらったんです。そしたら余りにも良くて、先生も興奮して踊りまくっちゃったから。それを皆に体験してもらおうと思ったんです」

あしざわ教頭「和太鼓の演奏がサカナクション先生の演奏に混ざるっていうことなんですか?」

一郎先生「そこは…(ごにょごにょ)だから、初日って特に緊張感があるんです。ホールはホールでまた違う演出もするので、楽しみにしていて欲しいですね!」

あしざわ教頭「良い違和感があるんじゃないでしょうか!」

150924_sol08.jpg


さらに今夜は、生徒から2つ目の授業テーマとして、「LIVEで聴きたいサカナクションの曲」というのを募集してました。
掲示板に届いた書き込みを紹介していくぞ!!


ライブで歌ってほしい曲!
やっぱりアルクアラウンド→アイデンティティの一番盛り上がる流れがたまらなく好きです!
あとはやっぱり最後のナイトフィッシングイズグッド、または目が明く藍色がいいです
どっちも聴きたいと思ってしまうので、出来れば最後にNFIG、アンコールのラストに目が明くを演奏して欲しいです!
それと今回は新曲の新宝島はもちろん、ミュージックや夜の踊り子などがどう演奏されるのかもめちゃくちゃ楽しみです!
ライブ楽しみにしてます!!!
プラチナの卵
男性/18歳/広島県
2015-09-24 22:00



あしざわ教頭「一郎先生が悶絶しております(笑)」

一郎先生「先生が一番のサカナクションファンですからね! 一番のファンがセットリストを考えている訳ですから、ファンの皆さんの意見はすごく分かるんです! 僕達のライブって、セットリスト決めたらそれをあまり変えないんです」

とーやま校長「ツアー中でも?」

一郎先生「ツアー中でもずっとやり続けていたんだけど……今回ちょっと変えていこうかな!」

校長・教頭「おおおっ!!」

一郎先生「やりたい曲がいっぱいあるんですよ」

とーやま校長「ファンの人からしたら、すごく嬉しいよね!」



サカナクション
Aoiがききたい!俺サッカーが好きでこの曲がJリーグの試合の最後に流れているのを何回も聞きました!この曲は聞くと落ち着けていいんすよね(笑)中盤に歌って欲しい!
エスパルス小僧
男性/17歳/静岡県
2015-09-24 07:33



一郎先生「あの曲、テンポが速いんで、その後にやれる曲が限られてくるんですよね。次に聴く曲遅く感じちゃうでしょ? だから、場面と場面を切り替える時にかかる可能性がある曲ですよね」

とーやま校長「壮大なメロディとかが次に来るっていう時には、すごい良いですね!」

150924_sol15.jpg



ライブについて!
大阪城ホールライブ参加します!
サカナクションのライブは初めてです!
最初の方ははグッドバイNEXTworldremixで一気に盛り上がり、中盤はアルクアラウンドなどでさらに盛り上がり、最後は目が明く藍色などの曲でゆったり終わる、そんな感じがいいなーって思ってます。
セフイロス
男性/15歳/大阪府
2015-09-24 22:18



一郎先生「ああ〜」

150924_sol09.jpg


とーやま校長「一郎先生が頭抱えてます…(笑)」

一郎先生「…分かる!!」

とーやま校長「分かる!(笑) 先生に迷いが生じてますよ!」

一郎先生「気持ちが揺れます…。昨日までずっとセットリストを考えていたので、頭のモードがまだ残っているんですよ。一つだけ言えるとしたら、先生達、Mac5台用意しました!」

とーやま校長「いつも、目の前で横1列で並ばれていますよね。あれカッコイイんだ〜! ってことで、『SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records  launch tour"』いよいよ10月3日(土)よりスタートだ!!


続いて、「サカナクション 山口一郎インタビュー」!第2弾!!

まだまだ一郎先生にインタビューしたい! という生徒が沢山いるので、どんどん話を聞かせてもらおう!

サカナサキ 大阪府 18歳 女性 高校3年生

とーやま校長「サカナサキは、いつくらいからサカナクション先生が好きなの?」

サカナサキ「中3の終わりから好きで、元々サカナクションという存在は知っていたんですけど、深夜番組に一郎先生が出ていて、そこで一郎先生の人間性に惹かれて、動画とかを見始めたのがきっかけです!」

一郎先生「テレビから興味を持ってくれたってことなんだ?」

サカナサキ「そうです!」

とーやま校長「これから一郎先生にインタビューするんだけど、どう? 今の気持ちは」

サカナサキ「緊張してます!」

とーやま校長「そうだよね〜。でも、一郎先生もガチガチだから(笑)」

あしざわ教頭「頑張れ!」

サカナサキ「はい! では、インタビューさせていただいてもよろしいでしょうか?」

一郎先生「チャオ!」

サカナサキ「あっ…チャオ!!(笑)」

一郎先生「お願いします!」

サカナサキ「今、サカナクションは再始動して新しいことにチャレンジしているイメージがあるのですが、不安はないのでしょうか?」

一郎先生「その不安が無かったら、新しいことにチャレンジする気持ちが湧いてこないと思うんですね。僕は、不安っていうのは自分の信念を呼び起こす重要なファクターだと思っていて。もちろん、チャレンジする時には不安だらけですよ。『グッドバイ』や、『さよならはエモーション』を出す時も、先生達からするとすごい新しいことにチャレンジしたことだったんです」

150924_sol10.jpg


一郎先生「『サカナクション』というアルバムで自分たちの世界観を作ったのにも関わらず、そこから逸脱して内向的な曲をシングルとして出すって自分たちにとってチャレンジだったんです。その時は不安もあったし、苦しかったけど、今こうやって『新宝島』っていう曲を作れたりしたのも、その不安があったからだと思うんです。ネガティブに捉えてしまうとどんどん沈んでいってしまうけど、僕にとって不安っていうのは重要なものなんですよ」

サカナサキ「ありがとうございます!」

とーやま校長「不安を打ち消そうとしなくても、良かったりするものなんですか?」

一郎先生「不安って、なくてはならないものだと思うんです。不安が無いと楽観的になって、全然違った未来になるし。不安を持つことで、危機感を持ったり、新しいものに対して向き合えたりするんじゃないかな。生きていく内に必ずあるものだから、それとどう向き合っていくか、受け入れていくかっていうのが大事だと思います」

サカナサキ「はい!」

一郎先生「僕は、失敗してもいいと思っていて。人生は快速電車じゃなくて、各駅停車の方が良いと思うんです。一つひとつクリアしていって、そこの駅で色んなものを吸収して、最後に自分の目指している駅に辿り着ければいいんです」

150924_sol14.jpg


サカナサキ「なるほど…」

とーやま校長「同じ時にスタートしたのに、隣の電車はすごいスピードで前の方に行ったと思って不安になることってあるじゃない。そう思わないでもいいってことですかね」

一郎先生「思わないでも良いですね。遠回りすることの方が、近道になることの方が多いと思う。色んな物を吸収して、人よりも遠回りして進んでいく方が、人間として豊かだと思うな」

サカナサキ「ありがとうございます!」

とーやま校長「サカナサキは、何でこの質問をしたの?」

サカナサキ「来年の春から音楽系の大学に進むことになって、そのきっかけがサカナクション先生のライブの裏側を見せてもらった時にPAの方やレコーディングエンジニアの方の映像を観て、私も音楽に関わる仕事に就きたいと思ったんです!」

RN サカナサキは、音楽はずっとやってきていたけど、大学では触れたことのない音楽にも触れる機会が増えると思い、それを不安に感じて一郎先生にインタビューしてみようと思ったそう!

一郎先生「じゃあ、これから音楽の人生が拓けていくんだね! 大学に行ったら色んな音楽が好きな人がいるんだろうね。僕は音楽って平等だと思っていて、どんな音楽やジャンルでも全てに良さがあると思うんだ。その良さにどれくらい気づけるかっていうのが音楽を仕事にするうえで重要なんじゃないかと思う」

サカナサキ「はい!」

一郎先生「難しくて、この音楽よく分からないなぁって思っても、差別しない事。ちゃんと自分の中で考えるのが大事かな」

サカナサキ「分かりました!」

とーやま校長「この先、そういう学校に通って、色んな悩みとか必ず生まれると思うけど、その時こそ、一郎先生が言ってくれた言葉は全部太字だね! サカナサキの為の言葉だと思うよ!」

サカナサキ「ノートに書いておきます!」

とーやま校長「そうだね!(笑) ちなみにツアーには参加するの?」

サカナサキ「大阪城ホールに観に行きます!」

一郎先生「PAの近くに行ったらいいよ! 今回、PAが二人いるんですよ」

とーやま校長「そんなことがあるんですか?」

一郎先生「共演者のGOCOOさんのPAもいるから、今回PAのコラボもあるんです」

とーやま校長「すごい!! 面白そう!」

サカナサキ「しっかり見ておきます! 楽しみにしてますー!」

150924_sol16.jpg


最後に一郎先生にインタビューした生徒は…

くまの音楽隊 愛知県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「早速、一郎先生にインタビューいっちゃおうか!」

くまの音楽隊「ハイ!! 山口一郎先生は、音楽を作っていく中で音楽を嫌いになったことはありますか?」

とーやま校長「その質問をしようと思った理由ってある?」

くまの音楽隊「私は今、吹奏楽部に入っているんですけど、高校生になってから音楽があまり好きじゃなくなってしまったんです」

中学までは楽しかったが、高校になってからは発表の機会も減り、どこに向けてやっているのか分からなくなったりして、ハリが無くなってしまったそう。
最終的には音楽を聴きたくないという思いにまでなってしまったというRN くまの音楽隊。

くまの音楽隊「今は少し聴くようになったんですけど、そういう時はどうしているのか教えてほしいです」

一郎先生「先生は音楽を嫌いになったことはないけど、外に向かって音楽を作るっていう気持ちがイヤになったことは何度もありますよ。例えば、シングルを出すにしても発売日が決まっていたりするんだよ。その日のために音楽を作らないといけなかったり、嬉しいことにタイアップのお話をいただけたりしたのね。そういう時に自分の作りたい気持ちとは違うものを作らなきゃいけなかったりする時もあったんだ…」

150924_sol17.jpg


一郎先生「すごく有難いことだし、期待に応えたいって思うから頑張るんだけど、どこかで引っかかっちゃっていたんだよね。本当は、自分の作りたい時に音楽を作って、皆に聴いてもらって、皆の気持ちを代弁したり、音楽で色んな気分を共有できたらいいなって思っていたのに、どこか、そことは違う所で音楽を作っている自分がイヤだなって思っていた時があったのね」

くまの音楽隊「ああ〜…」

一郎先生「でも、僕は音楽に本当に救われてきたから、音楽をやっていなかったら、皆とこんな風に話したり、皆と繋がることも出来なかったなって思うんだ。だから、救われた分、音楽でお返ししないとなっていう気持ちを思い返すと、また頑張れたりしているね」

くまの音楽隊「ありがとうございます!」

一郎先生「でも、音楽って気まぐれだよ? 楽しい時も、楽しくない時もある。先生だってそういう時あるよ。そういう音楽の気まぐれに付き合ってあげるっていう事も、音楽を楽しむ上で大事な事だと思うな」

とーやま校長「これは、くまの音楽隊も良い意味で力抜けたんじゃないかな?」

くまの音楽隊「はい!」

一郎先生「たまに違う楽器をやってみるとかね。先生も、歌が作れなくなると歌の入っていない音楽を作ったりするよ」

とーやま校長「くまの音楽隊は、サカナクション先生のライブは行くの?」

くまの音楽隊「名古屋の1日目に行きます!! めっちゃ楽しみにしてます!」

一郎先生「先生、ガイシホールは目標にしていた会場だから、思いっきり気合い入れてライブするからね!」

くまの音楽隊「待ってます!」


本日の授業もそろそろ時間になってしまいました…!
最後の黒板は一郎先生にお願いいたしました。

150924_sol18.jpg


150924_sol19.jpg


『 音を楽しむ 』

色々考えすぎていた所があるなって、今日みんなの話を聞いていて思いました。
『さよならはエモーション』とか作っていた時は本当に切羽詰まっていたし、伝え方っていうのを難しく考えていたんだなと思った。
『新宝島』を作ったことで一皮むけたというか、皆に向かってちゃんと音楽を作ろうっていう気持ちになれたんです。
なので、もっと音を楽しむっていう事を意識してレコーディングもライブもこれから頑張っていきたいと思います!

150924_sol20.jpg


150924_sol21.jpg


山口一郎先生、本日はありがとうございました!!
またぜひ遊びに来てください! サカナLOCKS!もよろしくお願いします!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150924_fax01.jpg

150924_fax02.jpg
RN 勝丼

150924_fax03.jpg
RN コナ@


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
えるふぁばぐりどるぼーん 鹿児島県 16歳 女性
サカナサキ 大阪府 18歳 女性
くまの音楽隊 愛知県 16歳 女性

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 君のほんの少しの愛で / sebuhiroko
22:25 漂流教室 / 銀杏BOYZ
22:37 新宝島 / サカナクション
22:51 シーラカンスと僕 / サカナクション
23:23 GO TO THE FUTURE (2006 ver.) / サカナクション
23:39 ミュージック (Cornelius Remix) / サカナクション
23:50 新宝島 / サカナクション
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
一郎先生、俺ほんと好きなんすよ。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
音楽の本来の楽しさ。
物を作る事。
何だか色々な事に気づかせてくれました。
山口一郎先生ありがとうございました!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada

久々の書き込み!
今日はもうシルバーウィーク最終日ですよ!早い! しかも次にシルバーウィークがあるのは11年後…!
おからドーナツ
女性/17歳/山形県
2015-09-23 16:53



とーやま校長「え!!!」

あしざわ教頭「だからすごい奇跡的なことだったんです!」

とーやま校長「次に来るとき生徒のみんなはアラサーじゃん!!(笑)」

あしざわ教頭「だからボーっとしてたヤツ、めっちゃ損してるんだぞ!」

みんなはどんなシルバーウィークを過ごしたかな…?

150923_sol00.jpg

『 RADWIMPS 』

とーやま校長「今日の夕方くらいかな。ニュースで見たんだけど、RADWIMPSのドラムの智史先生の無期限休養が発表されました。」

智史先生の無期限休養について、くわしくはコチラを読んでね。

150923_sol09.jpg

とーやま校長「2009年ごろからこういった状態だったということなんだけど、生放送教室にも何度も来ていただいて、そのときはもう、ずっとニコニコしていたのが俺の中の智史先生のイメージで、ライブの時もすごく楽しそうにされているなとずっと思っていたんだけども、でも実は自分の中で闘っていて、葛藤がすごくあって、でもそれを一切見せずにやられていたっていうのは、本当に俺らとしては、胸が締め付けられる思いだなって今思ってる」

あしざわ教頭「そうですね…」

150923_sol08.jpg

とーやま校長「ファンのみんなも色んな事を思ってて、整理ついてないヤツもいるかもしれないけど、でも、俺はRADWIMPS先生が話し合った結果がこれだから、応援するしかないし、みんなもたぶん同じ気持ちだと思うけど…」

あしざわ教頭「僕も同じ気持ちです」

とーやま校長「“早くあの4人のRADWIMPSが観たい”って気持ちもあると思うけど、でもまずは、時間を大切に使っていただいて、焦らずにゆっくり治してほしいと思ってる。智史先生、いつまででも、待ってます!」

150923_sol01.jpg

そして本日は、SPYAIR先生の、10月21日(水)リリースの新曲をオンエア!

♪ アイム・ア・ビリーバー / SPYAIR

とーやま校長「毎日毎日、明日からみんなも学校が始まって、行きたくねぇなーってヤツもいるかもしれないし、なるべく時間ゆっくり進んでくれないかなーって思ってるヤツもいると思うし、俺だって毎日楽しいことばっかじゃないからね」

あしざわ教頭「そうですよね」

とーやま校長「今日マジでしんどいわ〜って時もあるけど、そういうときにこのSPYAIR先生の『アイム・ア・ビリーバー』、これ1個持っとけば、結構いけるよ!」

あしざわ教頭「僕この曲聴いてて、大学時代の友達が“迷ったらやるしかない”みたいなことをよく言ってて、そいつのこと思い出しちゃいましたね!(笑)」

この曲は、10月3日からスタートするテレビアニメ「ハイキュー!! セカンドシーズン」のオープニングテーマになっているそう!

150923_sol02.jpg

ここで本日の授業テーマにまつわる書き込みを紹介♪


ひとりでどこまで行けますか?
今週は人生初のひとりファミレスを体験しました… なかなかキツかったです…笑 僕は今までひとり映画、ひとり音楽ライブ(ベボベ先生のライブ)、ひとり野球観戦は達成済です笑 そこで質問なのですが、皆さんはひとりでどこまで行った事ありますか?
全日本SOL!広め隊 会計係
男性/18歳/宮崎県
2015-09-11 23:59



とーやま校長「さぁ! 今夜は“1人っきりで○○したことがある!”という話を生徒のみんなに聞いてみたいと思ってる!…ということで、全日本SOL!広め隊 会計係の書き込み元に、こちらの授業を開催します!!」

1人○○フェス!!!

あしざわ教頭「…フェス?」

とーやま校長「文化祭や体育祭のシーズンでもある今の時期、1人で祭りを開催している生徒がいる! 我が校では、そんな生徒を集めて! お祭りをやっていこうと思う!」

あしざわ教頭「ああ、それが“1人○○フェス”ですか! あの、1人○○フェスって、ことは生徒が、この○○に何かを入れるってことですよね?」

とーやま校長「そう!例えば! 1人旅!1人柔道部!1人海水浴!

他にも1人○○、いろいろあると思います!
今日は、お前がすでに開催している1人○○フェス学校掲示板もしくはメールで教えてくれ!

150923_sol03.jpg

とーやま校長は…
1人夏フェス!
FUJI ROCK FESTIVALに3日間1人で行ったことがあるそう! 屋台の店員さんと喋ったくらいで言葉も発さず3日間過ごしたとのこと!
1人スキー!
北海道ではスキー学習という授業があり、そこで滑れないとかっこわるい! ということで前日に近くのスキー場に1人で行ってたりしていたらしい!

一方、あしざわ教頭は30代になるまで1人で行動することが全然できなかったとのこと!
そんな中、あしざわ教頭がやった1人○○は…
体育祭の前に1人練習!
体育祭の前日に100m走の練習を1人でしていた教頭。当日は筋肉痛になってしまい、最悪の結果に…(笑)
1人海水浴!
実家が鎌倉に引っ越して、近くに海があったので、“1人で行ったらかっこいいな…”と思って行ってみたけど…

あしざわ教頭「これ、めっちゃ寂しいんですよ! 1人で海に入ると、待ってる人がいないわけですよ。そうすると上がるタイミングがわからなくなっちゃって、手の皮がふよふよですよ(笑)」

150923_sol04_02.jpg

最初に電話をつないだのはこの生徒!

デジタル土竜 新潟県 18歳 男性 高校3年生

RN デジタル土竜が開催したのは…
1人ディズニーフェス!!

とーやま校長「1人で新潟から東京ディズニーランドやシーに行ってるってこと?」

デジタル土竜「そうです!」

あしざわ教頭「ぱっと聞き、寂しいって感じがしてしまうんだけど…」

子供のころから家族でディズニーに行っていたけど、みんなといると自分の好きな所に行けないなと思って、今年ついに、1人で夜行バスに乗って1人ディズニーに行ったRN デジタル土竜!
大好きなチップとデールに会うために、自由に行動したかったので1人で行くことにしたらしい!

とーやま校長「実際1人で行って寂しくないの? まわりは友達や家族とか、恋人とかと来てるわけじゃん?」

デジタル土竜「自由なので全然気にならなくて、すごい楽しいです!」

とーやま校長「やっぱ誰ともしゃべらず終わる?」

デジタル土竜「はい、ほとんど何もしゃべらず無言で終わります(笑)」

とーやま校長「1人でディズニーに行っていいところって、自由にまわれることのほかに何かある?」

デジタル土竜「乗り物に乗るときも、1人の方が簡単に乗れたりしますよ!」

あしざわ教頭「簡単に乗れるってどういうこと?」

デジタル土竜「たとえば3人掛けで2人うまったところに1人で入れるみたいな…」

校長・教頭「あ〜! なるほどね!」

あしざわ教頭「…本当は誰かと行きたいとかじゃないの?」

デジタル土竜「いや、やっぱ1人がいいです!」

とーやま校長「頑なだな〜(笑) じゃあ最後に、お前にとって1人ディズニーフェスとは、どんなもんだい!!」

デジタル土竜「1人で自由に行動できて、とっても楽しいことです!」

RN デジタル土竜、ありがとう!!

ちなみに、1人ディズニーフェスを開催している生徒は他にもいたぞ!


1人!
掲示板初来校です!
僕はこの前1人で夜行バスにのりディズニーシーに行ってきました!友達には「えっ…」って言う反応をされましたがとっても満喫した1日でした!
グミンぐみん
男性/15歳/富山県
2015-09-23 22:16



とーやま校長「1人でフェスに行って1人で見たいもの沢山あるのと同じ発想なのかな…?」

あしざわ教頭「たしかに、似てますね(笑)」

150923_sol05.jpg

次に電話をつないだのは…

ふぁんちゃん 東京都 18歳 男性 高校3年生

RN ふぁんちゃんが開催したのは…
1人スウェーデンフェス!!

とーやま校長「嘘だろ…」

あしざわ教頭「規模でかっ!」

6月までお父さんの仕事の都合で中学2年生の夏から4年間ドイツにいたRN ふぁんちゃん。
2013年頃、家族旅行でデンマークに行った際にふらっと1人でスウェーデンに行ったそう!!
ちなみにデンマークからスウェーデンまでは電車で30〜40分ほどで到着するらしい…!

とーやま校長「1人でスウェーデンに行って何したの?」

ふぁんちゃん「城とか運河とか見て、時間が余ったのでカフェに立ち寄って…」

とーやま校長「言葉はどうしたの?」

ふぁんちゃん「なんとか英語で切り抜けた感じです!」

あしざわ教頭「じゃあ英語はしゃべれるんだ!」

ふぁんちゃん「まあちょっとだけ…」

とーやま校長「よく行こうと思ったねー! 不安とかはなかった?」

ふぁんちゃん「いや、全然!」

あしざわ教頭「めっちゃ緊張しない…?」

ふぁんちゃん「いや、そんなに! メニューさえわかればもう…」

RN ふぁんちゃんは、スウェーデンの他に、ドイツ国内も1人で何度かまわったそう!

あしざわ教頭「じゃあもうそういうの、基本怖くないんだ?」

ふぁんちゃん「全然、慣れちゃえばもう…大丈夫です!」

とーやま校長「今後1人で行ってみたい国とかある?」

ふぁんちゃん「今まで行ったことのない、東南アジアとか南米とかにも行ってみたいなあって…」

あしざわ教頭「ふぁんちゃんはもう、どんどん行けるんだな!」

とーやま校長「この時点で自分の行ったことのないところに行きたいって欲求が出てきて、それにちゃんと恐れず進んでいくことができるっていうのは、本当に素晴らしいことだよ!! 何事もそうだけど、飛びこむ勇気がふぁんちゃんにはもうあるわけだから!」

あしざわ教頭「すげぇ…」

今後は受験を乗り越えてから、一人旅とかができたらいいなあというRN ふぁんちゃん。

とーやま校長「ふぁんちゃんにとって1人スウェーデンフェスって、どんなもの?」

ふぁんちゃん「“自分の世界観を拡げてくれるもの”だと思います!」

RN ふぁんちゃん、ありがとう!! これからも、気を付けていってらっしゃい!

♪ ハイウェイ / くるり


1人○○フェス!!
私は昨年、なんと「1人恋愛映画フェス」してきました!

私はもともと1人映画が好きだったのですが、恋愛胸キュン映画は恥ずかしくて必ず友達と見に行っていました。その時、「あと1cmの恋」が公開されていて友達と見に行こうと思ったのですが、誘った友達全員に見事に振られました。笑
すごく見たいけど一人恥ずかしいなと思っていたら、ふと、「遠くの映画館に行けば、逆に知らない人ばっかでボッチ恋愛映画してもバカにされないからいいじゃん!」と思い、行ってまいりました。案の定周りはカップルや友達と来ている人しかいませんでした。初めは寂しかったし、恥ずかしかったのですが、映画が始まっちゃえば見入ってしまってすごく楽しめました!
1人恋愛映画フェスデビュー以来、私は何度か一人で恋愛映画見に行ってます。慣れとはとても恐ろしいものですね笑
スポーツ大好き系女子
女性/18歳/千葉県
2015-09-23 17:25



とーやま校長「これで男子も1人で観に行ったりして、それがまた出会いの場とかになる可能性もあるんじゃないかな」

あしざわ教頭「うまいこと合えばね! いいですけどね!」


一人○○フェス
僕は一人花火フェスをしたことがあります。家の前で一人で花火をしました。手持ち花火とかをしてる時はまだ楽しいのですが、線香花火をしてると急に寂しくなります。やっぱり花火は誰かとやるものですね笑
爆破マン
男性/16歳/長野県
2015-09-23 16:57



1人線香花火、1人パラシュート、1人ねずみ花火…いろんな1人花火がありますが…

とーやま校長「1人ロケット花火はさ、うるさいから近隣住民の方が公園とかに様子を見に来た時に、“ん?…1人でやってる?彼は話しかけちゃいけないタイプの人かな…?”って何かしら危険な匂いを感じてしまって、とにかくよくないことがいっぱい起こりそうな気がする(笑)」

あしざわ教頭「これはやめたほうがいいかもしれないな(笑)」

150923_sol06.jpg

掲示板から色々な1人○○を紹介しているけど、こんなメールも届いていたぞ!


2週間ほど前から一人旅、一人四国八十八箇所お遍路巡りをしています。
今日は、愛媛県の松山市にある高島屋の屋上にて、思い切って一人観覧車を敢行しました。
前は家族連れ、後ろは高校生カップルで非常にいたたまれない気持ちでゆっくりと動く観覧車の中を過ごしました…
基本的に一人でなんでも出来るタイプだと思うのですが、まるで閉じ込められたような感覚がして、こればかりはキツかったです…
最後の10代
19歳/群馬県



RN 最後の10代が観覧車から眺める景色の写真を送ってくれました!

150923_sol11.jpg

とーやま校長「ごめんな、最後の10代。これだと“1人観覧車感”がほぼゼロなんだよな(笑)」

あしざわ教頭「すごく高いところから撮ってるっていうのはわかりますね」

150923_sol07.jpg

そして最後に電話をつないだのはこの生徒!

闇月 長崎県 17歳 女性 高校3年生

RN 闇月が開催したのは…
1人ラジオドラマフェス!!

放送部に所属しているRN 闇月。
自分で脚本を書いて、自分で演技して、自分で録音して、自分で編集して、ラジオドラマを1人でつくったそう!!

あしざわ教頭「登場人物は結構たくさんいたの?」

闇月「4〜5人だったので、なんとかなりました(笑)」

男役も含めて、その役を全部演じ分けたとのこと!
なんと出来上がったラジオドラマを聴いたのも自分ひとり。

とーやま校長「作品聴いて、どうだった?」

闇月「もうダメでしたね。上手く演じていなかったり、脚本がもう面白くないなという感じだったので、また新しいのを書いています」

とーやま校長「自分自身に現実を突きつけられて、ちょっとへこんだよね?」

とーやま校長も、SCHOOL OF LOCK!で自分が話していることを同録(放送と同時に録音している音源があるのです!)で聴くことがあって、逃げたくてしょうがなくなるそう。

とーやま校長「でも闇月は全部やってみようって、逃げずに向かって行って、また新しいものをつくろうとしているわけでしょ?」

闇月「はい…」

とーやま校長「で、その時ダメだって思ったことって、次の脚本に絶対に活きてくるからね。もしも誰かがそれを聴いたら、同じ経験をした人が共感できると思うし」

あしざわ教頭「普通だったら嫌になっちゃったりとかすると思うから、また新しいのをつくろうとしているというのが、すごいことだと思う。ダメなところを直そうとしている気持ちがすごいなって。いつか聴きたいですよね!」

とーやま校長「そうだね。機会があったら送ってほしいわ」

闇月「えぇ…はずかしいです…」

とーやま校長「そんなこと言ったら…俺だって今日の同録聴いて恥ずかしい気持ちになるんだよ!(笑)」

あしざわ教頭「でも、恥ずかしいけど誰かに聴いてもらった方がいいと思うよ!」

とーやま校長「なんでこんなに大変なことをやるんだろうって、いつかその作品が闇月にそれを教えてくれるのかもしれないね」

闇月「はい!」

とーやま校長「じゃあ最後に、闇月にとって1人ラジオドラマフェスってどんなものか、教えて?」

闇月「うーん…どんなものって言われても…」

とーやま校長「うーん、でも、それが答えだな。だからこそまた新しいものをつくろうとしてるんだね」

RN 闇月、ありがとう!! これからも頑張って新しい作品を作り続けてくれ!

さぁ、本日も黒板の時間がやってまいりました!

150923_sol10.jpg

『 迷いを吹き飛ばすのは『好き』 』

みんな何か一つは持っている『好き』の気持ちをより強大にしていくことで、不安も吹き飛ぶし、迷いもなくなるし、それが行きたいところやなりたい自分になれる一歩だったりするのかもしれない。
だからその『迷い』を吹き飛ばす一歩としては、今の好きなことをより好きになることが大事なのかな、と思いました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150923_fax01.jpg
RN まかっちょ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
デジタル土竜 新潟県 18歳 男性 高校3年生
ふぁんちゃん 東京都 18歳 男性 高校3年生
闇月 長崎県 17歳 女性 高校3年生

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 アイム・ア・ビリーバー / SPYAIR
22:25 熱帯夜 / SHISHAMO
22:36 Supercalifragilisticexpialidoc / [Alexandros]
22:47 ハイウェイ / くるり
23:09 Over the rain 〜ひかりの橋〜 / flumpool
23:20 今年の桜(2010.3.15 MY GENERATION@岡山県長船中学校) / flumpool
23:46 ヒズムリアリズム / カラスは真っ白
23:51 唯一人 / 爆弾ジョニー
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
1人回転寿司は
よく行きます。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
1人フェス
もっと早くやれてればよかったなー。
みんなも今のうちに
色んな事やってみよう!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150922_sol01.jpg


『PerfumeFes』

昨日、メジャーデビュー10周年を迎えた、
我が校のヒミツの研究室勤務のPerfume研究員

その10周年を祝う、
『Perfume Anniversar10days 2015 PPPPPPPPPP』が昨日から行われています!!

2日目の今日は、日本武道館での対バンライブ
『Perfume FES!! 2015 〜三人祭』が開催!
WEAVER先生 空想委員会先生 Negicco先生 フジファブリック先生 凛として時雨先生との対バンライブ!!

その日本武道館のステージにとーやま校長もMCとして立ちました!!
そしてアンコールのステージにも!!!!
嬉しそうなとーやま校長。

150922_sol04.jpg


昂ぶるとーやま校長

150922_sol03.jpg


さあ、今夜のSCHOOL OF LOCK!は、
トリプルファイヤー先生が初来校!!

トリプルファイヤー先生は、
あしざわ教頭がSCHOOL OF LOCK!で紹介した時にものすごい反響がありました!!
そして、先日3枚目のアルバム「エピタフ」をリリース!!!
アルバムの収録曲のタイトルだけ並べてみてもすごいアルバムです…

「SEXはダサい」
「トラックに轢かれた」
「変なおっさん」
「Bの芝生」
「戦争の話」
「面白いこと言わない人」
「今日は寝るのが一番よかった」
「ゲームしかやってないから」
「質問チャンス」
「なんかしゃべんないと友達になれない」
「こだわる男」
「全国大会」


今夜はトリプルファイヤー先生を迎えて、この授業をお届け!
「質問チャンス」
今夜はトリプルファイヤー先生に質問するまたとないチャンス!
いつも疑問に思っていること、知りたいこと、不思議な謎、
トリプルファイヤー先生への質問など、学校掲示板もしくはメールから書き込んでくれ!!

150922_sol05.jpg


さらに今夜は
グッドモーニングアメリカ先生の新曲解禁!!

10月28日(水)リリース!
セルフタイトルアルバム「グッドモーニングアメリカ」より、
「ディスポップサバイバー」


♪ ディスポップサバイバー / グッドモーニングアメリカ


150922_sol02.jpg


今夜の生放送教室には…
トリプルファイヤー先生が来校!!!!

150922_sol06.jpg


吉田先生(Vo)
鳥居先生(Gt)
山本先生(Ba)
大垣先生(Dr)

トルプルファイヤー先生「こんばんは〜」

とーやま校長「はじめまして、まずは1人ずつ自己紹介の方、お願いしてもいいですか?」

大垣先生「ドラムの大垣です」

吉田先生「ボーカルの吉田です。よろしくお願いします」

山本先生「ベースの山本です」

鳥居先生「ギターの鳥居です」

とーやま校長「よろしくお願いします!」

あしざわ教頭「お願いします!!」

とーやま校長「僕ら的には、ようやくお会いすることができたって感じなんですけど、ラジオとかってによく出演されたりするんですか?」

吉田先生「今まで何回か出たことはあるんですけど、全国ネットっていうのは初めてです」

山本先生「生放送も初めてだよね」

とーやま校長「マジっすか!?大垣先生、生放送なんで、色々気を付けてくださいよ」

大垣先生「それをちょっと気にしてんですよね、気を付けます」

全員笑い

とーやま校長「それでですね、このSCHOOL OF LOCK!でも何度も曲をかけさせてもらって、教頭が最初に知って教えてくれたんですよ」

あしざわ教頭「タワーレコードの視聴コーナーで偶然聴きまして、笑いが止まらなくなってしまって、それを機にこちらで紹介させてもらったら生徒からたくさん反応がありまして」

150922_sol08.jpg


大垣先生「ありがたい話ですよ」

とーやま校長「“勉強が手につかない”とかもありました」

山本先生「それはよくないですね(笑)」

そんなトリプルファイヤー先生は、先日3枚目のアルバム「エピタフ」をリリース!!!

あしざわ教頭「聴かせていただいたんですけど、とにかく歌詞が面白くて、でもだんだん聴いていくうちに、“そういうやついるよ!”とかそんな感覚も出てくるんですよ。これはどうやって曲作ってるんですか?」

吉田先生「え〜曲は鳥居君が作って…デモをスタジオに持ってきて…それに演奏を合わせて…そこに適当に歌詞を乗っけていく感じです…」

あしざわ教頭「吉田先生落ち込んでますか?」

吉田先生「いや、本当に今日出ることができて幸せです」

大垣先生「これでもめちゃくちゃテンション高いですから」

あしざわ教頭「え!?高いんですか!?」

とーやま校長「普段はどんな感じなんですか?」

大垣先生「普段は歩く死体みたいなもんですよ」

あしざわ教頭「なんちゅうことを(笑)」

山本先生「これでも大きい声で喋ってて、ビックリしましたよ」

大垣先生「ちゃんと説明してるのにビックリです」

とーやま校長「じゃあこれはいつもと違う吉田先生ってことなら、普段の吉田先生もどんな感じなのか見てみたいですね」

吉田先生「会話にならないですからね」

一同笑い

150922_sol12.jpg



♪ 変なおっさん / トリプルファイヤー


あしざわ教頭「鳥居先生が曲を完成させて渡して、吉田先生の歌がきたら、どういう感覚になるんですか?」

鳥居先生「う〜〜〜〜ん、何も想定してないので、何がきても何も思わないです」

とーやま校長「感情がなくなっちゃったのかな(笑)」

鳥居先生「最初のころは気にしてたんですけど、途中から気にしなくなりました」

山本先生「アルバムも3枚目ともなればねぇ」

鳥居先生「まぁこんなものかと思ってます」

とーやま校長「でも歌詞だけじゃなくて、演奏もめっちゃかっこいいじゃないですか、ファンクな要素とか、シティポップな要素とか色々あってルーツが見えない感じなんですよね」

あしざわ教頭「宇宙人なんじゃないかと思いますよ」

とーやま校長「それでそのかっこいい演奏に面白い言葉とか、普段思ってることとかがきて、“よく言ってくれた!”って気持ちになって、そこが悔しい気持ちもあるんですよ」

大垣先生「先に言葉にされちゃったみたいな感じですか」

とーやま校長「そうなんですよ!!僕もお笑い好きでやってまして、初めてトリプルファイヤー先生の曲を聴いたときは“こんなやり方あるのか!”って思って悔しかったですね」

大垣先生「ありがとうございます!」

150922_sol13.jpg


そしてここからは「質問チャンス」!!
ということで、生徒からの質問を聞いていきます!

でんでけことね 宮城県 14歳 女性 中学3年生

とーやま校長「でんでけことねは『エピタフ』聴いた?」

でんでけことね「買いました!」

トリプルファイヤー先生「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「中学3年生がこれを聴いてるんですね」

とーやま校長「感想とか聞いてみたいですよね?」

大垣先生「ぜひ聞きたいですね〜!」

でんでけことね「どの曲もカッコよくて、曲はたくさん入ってるのに、最後の曲になると“もう終わり?”って思えるくらいずっと聴いていられます!!」

とーやま校長「なかなかこうやって直接感想を聞くなんてないですよね」

吉田先生「ないですね、嬉しいですね」

あしざわ教頭「でんでけことねは、給食の時間にこの曲を流したんだよな?」

でんでけことね「流しました!」

山本先生「食事中ざわざわしそうだけど」

でんでけことね「“変なおっさん”を流したんですけど、私はすごい好きで楽しかったんですけど、教室の雰囲気は異様なものになりました」

一同笑い

とーやま校長「食は進まないよね(笑)」

でんでけことね「でも大満足でした!(笑)」

とーやま校長「そしてトリプルファイヤー先生に聞きたいことあるんだよね?」

でんでけことね「はい!歌詞はどんなときに書いているんですか?」

とーやま校長「これはなんで聞いてみたいの?」

でんでけことね「昔からギターとか触ってて、曲作ったり、歌詞を書いたりするんですけど、どうしてもトリプルファイヤー先生みたいな印象的なものが作れなくて、いつどんな思いで書いてるのか気になりました」

とーやま校長「ちょっと教えていただいてもいいですか?」

150922_sol19.jpg


吉田先生「そうですね、歌詞は…家で寝ころんで書いてて…いつも思ったことを思い出して書きますねぇ」

大垣先生「今の何も言ってないでしょ!!(笑)」

とーやま校長「全然前に進んでないですよね、話の着地のポーズだけ決めてるけど(笑)」

あしざわ教頭「歌詞を書くときの体勢だけわかりましたね(笑)」

とーやま校長「とっかかりとかはないんですか?」

吉田先生「とっかかりは、自分だけしか思ってなくて、友達に言っても共感されないようなことを覚えておいて歌詞にするとちょうどよくなりますね」

とーやま校長「『変なおっさん』はどうやって書いたんですか?」

吉田先生「周りが働いててちゃんとした大人になってるのに、俺はただのコミュニケーション能力のない変なおっさんになって死ぬのかなって思って、それをポップな感じで書きました」

とーやま校長「なるほど、『SEXはダサい』これはどうやって書いたんですか?」

吉田先生「これは、自分が偉そうに言った後に、“あっそうでもなかったな”って思ったことを形にして、今まで言ってきた人に言い訳をしている感じです」

一同笑い

とーやま校長「でんでけことね、こういう感じらしいけど参考になった?」

でんでけことね「参考に…なります」

大垣先生「めっちゃ大人な対応だな(笑)」

とーやま校長「負の感情が生まれてもそれを明るくして書くといいなじゃないか?」

でんでけことね「わかりました。ありがとうございました!」

150922_sol07.jpg


いくつか書き込みを紹介


ダメだww
勉強中にトリプルファイヤーはマジでダメ!!www
どうしても手が止まっちゃうwwwww
ユマさん
女性/18歳/東京都
2015-09-22 22:38



とーやま校長「トリプルファイヤー先生の曲は吸引力がありますよね!」

あしざわ教頭「後ろでこの曲が流れるとなんとなく耳を傾けちゃいます」

大垣先生「ライブ中もコイツの声聞いてないですからね」

とーやま校長「え!?そんなことありえるんですか?」

大垣先生「演奏に集中できないんで」

山本先生「ベースとギターのほうもボーカルの返しはカットしてます」

150922_sol15.jpg


とーやま校長「誰も吉田先生の声を聞いてないんですか?」

大垣先生「ほんのりと外の音で聞こえてくるんで、それであわせてやってます」

とーやま校長「言われてる吉田先生はどう思ってるんですか?」

吉田先生「寂しいですね〜」

一同笑い

あしざわ教頭「こんなに寄り添わないバンドいるんですね(笑)」

とーやま校長「それでもちゃんとライブができるってのはすごい」

150922_sol18.jpg



トリプルファイヤー?
トリプルファイヤー、つまり3つの炎。なぜバンド名にしたのですか?目標みたいな意味とかあるのですか?
フテネコのキング
男性/17歳/兵庫県
2015-09-22 21:36



吉田先生「これは僕がつけたんですけど、最初はライブに入ってるいろいろなバンド名を紹介する会みたいなのがあって、そこで普通の名前じゃ面白くないかなって思ってトリプルファイヤーって言ったんですけど」

とーやま校長「実際ウケたんですか?」

吉田先生「ちょっとウケて、それが続いてる感じです」

大垣先生「でも中々自分たちのバンド名恥ずかしくて言いづらいですよ」

とーやま校長「どういう恥ずかしさなんですか?」

大垣先生「ダサいじゃないですか」

あしざわ教頭「いやいやいや、自分たちのバンド名じゃないですか(笑)」

とーやま校長「山本先生はどう思ってるんですか?」

山本先生「今更変えられないし、これで一生やっていけばいいのかなって」

150922_sol11.jpg


あしざわ教頭「無の境地みたいですね」

とーやま校長「鳥居先生は?」

I「疑問はまだあるんですけど…」

とーやま校長「多分その疑問は解消されないですね(笑)」

あしざわ教頭「みんなモヤモヤしてますね」

とーやま校長「先日発売されたアルバムの『エピタフ』っていうのはどこからきてるんですか?」

吉田先生「これはバンドを手伝ってくれてる人が『エピタフ』でいいんじゃないって言ってくれて」

大垣先生「一言で“バン!”って強い言葉がないかなって考えてて、いいんじゃないかってことになりまして、決まりました」

とーやま校長「そんなトリプルファイヤー先生は11月24日にSHIBUYA CLUB QUATTROで『エピタフ』発売記念ワンマンライブ、“アルティメット パーティー”を開催(笑)、すいません笑っちゃいました」

大垣先生「これは勝ったなって思いましたね(笑)」

とーやま校長「やられたわ…アルティメット感がないんですもん!」

あしざわ教頭「僕も何を言ってるんだって思っちゃいましたよ(笑)」

大垣先生「こんな真面目に大きい声で言ってくれてるって思うと(笑)」

とーやま校長「そりゃ言いますよ!!やっぱり常に狙ってるんですか?」

吉田先生「あんまりかっこつけるのは似合わないので」

大垣先生「この名前ってバスに書いてあったんだっけ?」

吉田先生「渋谷ですごいチャライ人たちを乗せた2階建てバスに“アルティメットパーティー”って書いてあって」

大垣先生「すごく強い言葉でみんなに響いたんで使いました」

150922_sol09.jpg


ここからは再び質問チャンス!
生徒の質問に答えていきます!!

みふぃたん 大阪府 22歳 女性

とーやま校長「みふぃたんもトリプルファイヤー先生の『エピタフ』買った?」

みふぃたん「発売日に買いました!!」

とーやま校長「感想教えてもらってもいいか?」

みふぃたん「すごい才能があふれてる人たちが作ってるんだなっていうのを感じました」

大垣先生「初めて言われましたね」

みふぃたん「歌詞がずっと離れなくていい意味で酔います!」

とーやま校長「それでトリプルファイヤー先生に聞きたいことがあるんだよね?」

みふぃたん「トリプルファイヤー先生のアルバムを聴いてすごく天才的だと思ったんですけど、自分たちで“才能あるな”って思ったときはあるんですか?」

大垣先生「まさか自分たちが才能ある側だと思っていなかったので…」

とーやま校長「みふぃたんはそう思ってるんだよね」

みふぃたん「はい!」

吉田先生「才能があるかどうか考えると辛くなるからあんまり考えないようにしてましたね」

山本先生「才能があるからやってるんだっていうのは胸を張って言えないかな…」

とーやま校長「ちょっと質問の入り口に入れなったね(笑)」

大垣先生「申し訳ないですね(笑)」

みふぃたん「ありがとうございます」

とーやま校長「他になんか聞きたいことある?」

みふぃたん「じゃあ逆に才能ないなって感じることはありますか?音楽のこと以外でも」

大垣先生「僕は絵が本当に下手なんで、絵がうまい人見るとすごいなって思いますね」

吉田先生「僕は人とコミュニケーションがうまくとれないので、才能ないなって思いますね」

あしざわ教頭「吉田先生はライブとかで歌を歌ってるときはスイッチ入ってるってことですか?」

吉田先生「あれはお酒を飲んで…」

あしざわ教頭「あ〜あ〜あ〜」

大垣先生「あんまり突っ込まないほうがいいですよ(笑)」

とーやま校長「みふぃたんの成果が得られるような答えあった?」

みふぃたん「いや〜ほんとうに、ありがとうございました!(笑)」

一同笑い
150922_sol20.jpg


続いては質問してくれる生徒は

カンプ君 千葉県 16歳 男性 高校1年生

とーやま校長「カンプ君は何をきっかけでトリプルファイヤー先生のこと知ったの?」

カンプ君「CS放送でライブを見て、今までにない人たちがいるのに驚いて、好きになりました!」

トリプルファイヤー先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「それでトリプルファイヤー先生に聞きたいことはどんなこと?」

カンプ君「どんな学生生活をすごしてきたか教えてほしいです!」

とーやま校長「ちなみになんで聞いてみたいの?」

カンプ君「自分は今、高校で野球をやってるんですけど、トリプルファイヤー先生の音楽に力をもらうこともあって、どんな学生生活をすごしたらそんな音楽が作れるのか気になりました」

とーやま校長「吉田先生はどうだったんですか?」

吉田先生「僕は吹奏楽部に入ってたんですけど、めちゃくちゃしんどくてやめたかったです。野球部を続けていくのはかっこいいと思いますね」

カンプ君「ありがとうございます!」

大垣先生「僕はバンドやってましたね、でも部活やっておけばよかったなって思いますね。学生時代しかできないことなので」

山本先生「僕は軽音楽部に入ってたんですけど、あんまりがっつりやらずに一人でいることも多かったですね」

鳥居先生「僕は帰宅部だったので、学校終わったら友達グダグダして3年間終わりましたね」

150922_sol14.jpg


あしざわ教頭「3年間って割とあるんですけどね!」

大垣先生「こんなんで大丈夫かな?(笑)」

カンプ君「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「みんな口をそろえて『ありがとうございます』って言ってますね(笑)」

とーやま校長「どう感じたか一応聞いておきましょうか」

カンプ君「今やっている野球部を、これからも続けていこうって思いました!!」

とーやま校長「おおそうか!それならよかった、カンプ君ありがとうな!」

カンプ君「ありがとうございました!」

150922_sol17.jpg


そして吉田先生に黒板を書いていただきました

150922_sol21.jpg


150922_sol22.jpg


『 Just do it! 』
これは僕が町を歩いていたらNIKEの店に書いてあって
かっこいいなって思いました

150922_sol23.jpg


150922_sol24.jpg


トリプルファイヤー先生、めちゃくちゃおもしろかったです!
ぜひまた来て下さい!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150922_fax01.jpg
RN もりんご


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
でんでけことね 宮城県 14歳 女性
みふぃたん 大阪府 22歳 女性
カンプ君 千葉県 16歳 男性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:03 Puppy love / Perfume
22:12 ディスポップサバイバー / グッドモーニングアメリカ
22:28 やさしさとは / 乃木坂46
22:36 変なおっさん / トリプルファイヤー
22:48 SEXはダサい / トリプルファイヤー
22:51 質問チャンス / トリプルファイヤー
23:20 本当 / クリープハイプ
23:40 トラックに轢かれた / トリプルファイヤー
23:48 全国大会 / トリプルファイヤー
23:52 今日は寝るのが一番よかった / トリプルファイヤー
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
面白かった…と同時に若干悔しい感情が芽生えてくる…
また来て下さい…
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
変な人たち!!
トリプルファイヤー先生、また必ず来て下さい!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150921_sol01.jpg


『 10年間 』

未来の鍵を握るラジオの中の学校、SCHOOL OF LOCK!
2005年10月3日(月)に開校したこの学校は、
2015年10月、つまり、来月に…10周年を迎えます!!!!

これも全て、生徒みんなのおかげです。
開校当初から、ずっと同じ夜を、過ごしてくれた君。
もう“卒業”はしてしまったけれど、昔、よく通ってくれていた君。
最近“入学”してくれたばかりの君。
本当にありがとう!!!!

10年間という時間は、
君がここで過ごした“今”を積み重ねた結果です。

未来の鍵 つかめたかな…?

とにかく、君がその時その時を必死で生きてきた、
“今”に導かれ、SCHOOL OF LOCK!は、ここまで来ることができました。
10年間、ここにあり続けることができました。

だから、君がこの校舎で刻んでくれた、全ての瞬間に敬意を込めて。
来月、10周年のお祝いをさせてください。
君のこれまでと、これからに、お祝いをさせてください。

今夜から、この学校のWEBサイトに、
10周年 寄せ書き掲示板を開設しました!

君がSCHOOL OF LOCK!で過ごした時間を振り返って思うこと、
昔の授業や、この学校に通っていた頃の思い出、
授業を担当してくれていた講師の皆さんや、
歴代の校長、教頭へのメッセージ、
ここでつかんだ未来の鍵のこと、お祝い……内容は何でも大丈夫!!
君からの寄せ書きメッセージ、待っています!!

10年間、ありがとう!
そして、これからもよろしく!


150921_sol02.jpg


さて、今夜のSCHOOL OF LOCK!には…
長渕剛先生が登場!

剛先生は、8月22日(土)と23日(日)に
長渕剛 10万人 オールナイト ライヴ in 富士山麓!
コチラを成功に導いたばかり!
このLIVEには、この学校の生徒も参加させてもらいました!

さあ、あのLIVEを終えた剛先生は今、何を考えているのか!
そして、一緒に朝日を引きずり出した生徒はあの日、一体何をつかんだのか!
今夜の生放送教室で確かめよう!

そして長渕剛先生は、SCHOOL OF LOCK!の炎の生活指導担当!
本気で、みんなと向き合ってくれる方です!
今夜は、剛先生と話したいこと、何でも送ってこい!

今、誰かに言いたいこと、誰にも言えないこと、10代のみんなにとっての日本の話。

剛先生に聞いてみたいこと、剛先生に宣言してみたいこと、何でもいい!
学校掲示板メールで待っています!

150921_sol03.jpg


今夜の生放送教室には…
長渕剛先生が来校!!!!

150921_sol07.jpg


剛先生「一つ、我々は、富士の大自然に劣らぬ純粋で無垢な魂であること!!」

校長・教頭「一つ、我々は、富士の大自然に劣らぬ純粋で無垢な魂であること!!」

剛先生「一つ、我々は、心身ともに己と言う武器を限界まで練磨すること!!」

校長・教頭「一つ、我々は、心身ともに己と言う武器を限界まで練磨すること!!」

剛先生「一つ、我々は、たとえ苦しく孤独でも炎を決して絶やさず何があっても諦めぬこと!!」

校長・教頭「一つ、我々は、たとえ苦しく孤独でも炎を決して絶やさず何があっても諦めぬこと!!」

剛先生「とーやま校長!只今、帰ってまいりました!!」

とーやま校長「お帰りなさい!!」

あしざわ教頭「お帰りなさいませ!!」

とーやま校長「まず最初に道場訓から言ってくださって、久しぶりですね!」

剛先生「久しぶりだね」

とーやま校長「そして、生きて帰ってきてくださって、ありがとうございます!!」

剛先生「いや〜死ぬかと思いましたよ」

とーやま校長「ほんとですよね!」

あしざわ教頭「あのライブの様子を聞いただけでも、大変だったことが物凄く伝わってます!」

剛先生「10万人の渦と言いますかね、人間の圧力と言いますか、その中に自分が埋まってしまって、自分がもう微動だにできなくなるんじゃないかっていうとてつもないプレッシャーを感じながら、それを跳ね除けるのに最初は必死でした!」

長渕剛先生は昨年の10月から今年の6月まで長渕LOCKS!で炎の生活指導を担当してくださいました!!
それ以来、4ヵ月ぶりの生還!
そしてあしざわ教頭とは初対面、第一印象は…

150921_sol08.jpg


剛先生「前歯が思いっきり出てるね〜」

あしざわ教頭「そうなんですよ!!」

そして前歯談義で盛り上がる長渕先生と教頭…

とーやま校長「ちょちょちょ、前歯出てるあるあるはいいんですよ(笑)」

剛先生「ああ、そうか、どうでもいいんですよ、校長!早く進めてください!!」

とーやま校長「剛先生が脱線しちゃってるから!!」

剛先生「俺か?(笑)」

あしざわ教頭「この感じを生で聴けるの嬉しい!!」

とーやま校長「あとですね、剛先生、今月7日、誕生日おめでとうございます!!」

あしざわ教頭「おめでとうございます!!」

全員で“Happy birthday to you”を合唱

剛先生・校長・教頭「Happy birthday to you〜♪」

とーやま校長「まぁそんなこともありまして…」

剛先生「とーやま校長がね、僕の富士のスタッフの打ち上げの司会をやってくれてね、9時くらいまで一生懸命やってたのに生放送があるって言って、マイクを僕に預けて行っちゃったんだよ!」

とーやま校長「それはしょうがないじゃないですか、でもそこから剛先生と奥様の夫婦の司会が始まったと聞きましたけど」

あしざわ教頭「えぇ!?」

剛先生「いや、夫婦の司会と言いましても、ほとんど私が司会を務めてですね、え〜え〜え〜」

とーやま校長「すごい盛り上がったって聞きましたよ!!」

剛先生「私もね、大変でございましたよ、え〜え〜え〜」

あしざわ教頭「どんなキャラなんですか(笑)」

とーやま校長「これはもう『え〜え〜え〜の神』降臨ですね!!」

剛先生「はい!『え〜え〜え〜の神』降臨!!」



とーやま校長「剛先生、時間押してます」

剛先生「押してんのか」

とーやま校長「富士山のお話が聞きたいんですよ!」

ここでSCHOOL OF LOCK!の職員達からプレゼントした
富士合宿に参加した生徒の声を聴きました。

150921_sol09.jpg


改めて、剛先生も真剣に聴いてくださいました。

剛先生「この音源を先にいただいてたんですけども、今日、家でずっと聞いてました。涙がとめどなく溢れてきましたね。僕の人生の中で、いつも“逃げる自分”がいるんですよ。今でもいるんです。自分が1歩階段を登るとき、左足を上げた瞬間に、一瞬だけ“逃げようとする自分”がいるんですね。その時になぜ逃げないで、もう1つの足を前に出せるか…校長なんでだと思う?」

とーやま校長「…待ってくれてる人がいるから」

剛先生「その通りなんですよ。苦しくて辛くても、お前のために、お前がそこにいるから、お前のところまで必ず行くぞって、お前たちがたくさんの気持ちを込めて、たくさんの情熱で、たくさんの悲しみや、たくさんの憤りをもって、俺のことを呼ぶから、だから俺はお前たちのために、そう思うと足が1歩踏み出せるんですね」

150921_sol12.jpg



♪ 富士の国 / 長渕剛


とーやま校長「全身全霊を込めた、一夜から1ヵ月経つんですけど、他にはどういったことを思われましたか?」

剛先生「ほとんどのスタッフが、自分が何をやったか覚えてないって言うね。僕も断片は覚えてるけど全部は覚えてないです。でも終わった後に、自分の使命は終わったと思って失神して3日4日くらい点滴治療をして、そこから日を追うごとに思うことは、物を作るときっていうのは“お金”のことを考えるんですよ。つまり“お金”に寄り添って生きてるんですね。
でも今回僕たちは“命”に寄り添ったんです。幾百人のスタッフが5日前に入って、壮大なステージを作りました。ところが想像もしなかった雨風がきて、泥まみれになって、その中で徹夜で作り上げていくわけですね。
それでも晴れない、その中で、なぜ作り上げることができたか、それは“絶対に成功させる”“長渕を絶対に死なせてはならない”っていう命に寄り添ったんですね。
僕は彼らのその姿を見て、その命を見て無駄にしたくないという気持ちで、命に寄り添ったんです。そして10万の観客も僕の命に寄り添った、その想いの力が、どんより曇った富士の空に朝日を引きずり出した。
そしてみんな号泣して。そのときに僕はね、みんなが命を寄り添えば、この腐った混沌とした世の中に太陽を引きずり出せるんじゃないかと体感しましたね」

150921_sol10.jpg


とーやま校長「この10万人の力、スタッフの力、そして剛先生の力で、本当にきれいな朝日が昇ったと思いますし、そこから朝日と富士に向かって剛先生が『俺たちを幸せにしてくれ!』と叫ぶんですよ!
その背名を見たときに、心と胸がグシャグシャになって、目から熱いものがこぼれるよ、あの瞬間は一生忘れないっす!!」

150921_sol16.jpg


剛先生「ありがとうございます!!」

とーやま校長「10代の生徒20人を招待もしてくれて本当にありがとうございました!!」

剛先生「いや〜こちらこそ!来てくれてありがとうね!」

ここから生徒の書き込みを紹介!!


あの日の事!そして未来の事!
剛先生?!
あの日、初めて出会ったスクールオブロックのみんなとは、すぐに打ち解けました。バスの中ではみんなで剛先生の曲の大合唱。
宿場町(笑)で、夕食を食べたり、もうすぐと思うとワクワク。
太鼓の音・花火・ヘリコプターでの登場!ヤッタァー??
一曲目からの拳。途中で帰らなければならないのは、本当涙ものでした。
夜、すぐに眠る事なんかなかなかできず。みんなで歌ったりしちゃいました。
朝、起きてからの遠山校長と鬼ごっこ(笑)
汗をかいて、再び剛先生の元へ。
太陽が富士山から出た時は、感動でした。sucsess!
剛先生との日々は絶対忘れません。
今、毎日いろいろあるけど、剛先生の曲はいつも励ましてくれます。そして、未来への希望をくれます。頭の中に剛先生の曲がぐるぐる回り力付けてくれます。
アルゴビーン
男性/14歳/茨城県
2015-09-21 09:13



剛先生「ありがとう!!」

とーやま校長「改めて、合宿に参加してくれた生徒からの書き込みなんですけど、熱い想いのこもった長文ありがとう!!」


富士合宿に参加して。
剛先生は、授業でこうおっしゃいましたよね。「俺は8月22日をみんなが『変えようよ、何かを』って思える祭典にしたいんだよ」と。
8月22日から23日の朝、太陽を引きずり出すことができたあの時に、参加した僕を含めた20名の生徒や引率してくださったとーやま校長、職員の方々のそれぞれの中で、確実に「変革」が起こったはずです。
「変革」とは、「革命」を起こし、なにかを「変える」と書きます。
僕は その革命を起こす という行動を今まで怖く思っていました。しかし もう怖くありません。
いっしょに肩を組んで勇気を与え合う仲間、底知れぬ勇気やエネルギーをくれる剛先生や校長、そして、母なる霊峰富士と日本の存在があるから。

はじめの一歩をまず踏み出し、少しずつですが 一歩一歩 地を踏みしめながら、進んでいきます。
これからの日本を担うためにも、大切な人を護るためにも、自分の未来の鍵のためにも。

剛先生、本当にありがとうございました。
剛先生のことは一生忘れることはありません。
いつか、お会いしたいです。
ターモネーター
男性/17歳/静岡県
2015-09-21 17:58



剛先生「いいね、このターモネーターの書き込みはすばらしい。変革っていうのは大袈裟なことじゃないんだよね、自分の中に咲く小さな花みたいなものなんだよ。みんなの心の中に“それは絶対におかしい”って思ってるところがあるんだけど、体制や社会や大義で者配されたように生きてるんですよ。
それは1人では変えられない、でもそれを周りに伝えてどんどん人数が増えて勇気の花を咲かせることができれば、小さな変革になると信じてるんですね。だから変革を起こすなら周りの人に話してみる、それが大切ですね」

とーやま校長「まさしく、富士合宿の行きのバスの中で、1人で来てる生徒もいたんだけど、1人ノリのいいやつがいて、みんながどんどん心を開いていって、それが20人の固まりになって、そして10万人の一部になって、あれはよかったなと思います!」

剛先生「僕の持論はね、『1人+“1人”』このもう1人が大切、この関係性を作りながら1つの集団を作っていいけば、ラジオ界も!テレビ界も!お笑い界も!変わるんじゃーーーい!!!!」

とーやま校長「つよしーーーーー!!!!」

150921_sol06.jpg


あしざわ教頭「おしゃあああああ!!!!」

剛先生「この心意気でいこうよ!!」

150921_sol14.jpg


ここからは生徒に逆電をして、直接話をしていきます!!


剛先生
剛先生とは鹿児島のサマーキャンプで初めてお会いして、それをきっかけにコンサートなどに招待してくださいました。そしてオールナイト・ライブにも招待していただきました。
剛先生がおっゃっていた言葉で印象深い言葉があります。それは、「もうこれで最後かもしれないと思って生きろ」という言葉です。いままで大変な事、悲しいこと、やりきれない事があった時、いつもこの言葉に励まされています。
剛先生の真っ直ぐな言葉、皆待ってます。
みゆ子800
女性/14歳/福島県
2015-09-21 17:05



みゆ子800 福島県 14歳 女性 中学2年生

とーやま校長「みゆ子800は福島県のどこに住んでるの?」

みゆ子800「今は福島市ですけど、前は浪江町に住んでました」

とーやま校長「俺と会ったよね?一緒にライブ見たよね?」

みゆ子800「はい!」

とーやま校長「俺らの合宿メンバーと場所が近くで一緒に見たんですよ。どうだった剛先生のライブは」

みゆ子800「最初、剛先生がどこから出てくるのかわからなくて、花火が上がったと思ったらヘリコプターから登場してかっこよかったです!!」

とーやま校長「俺は最初、取材用のヘリコプターだと思ってわからなくてさ、でもそれがステージの左側に降り立ってさ、そしたらモニターがヘリコプターの映像に切り替わって、中からギターを抱えた剛先生が現れるわけですよ!!」

剛先生「俺はね、車で少し離れたところからヘリコプターに乗り込んで、そして暗闇の中進んでいって、そしたらその闇の中で生き物のようにキラキラ輝いているんですね。“あそこが会場か、あそこに俺を待っている人たちがいるのか”と思って、2度と見れない光景だと感じて息を潜めながらじっと見てました。そして降り立った瞬間に変革と改革の嵐が訪れる、そんな想いででいてもたってもいられなくなりましたね」

とーやま校長「みゆ子800、嬉しいね、お前も光ってたんだよ」

みゆ子800「はい!」

とーやま校長「で、ライブが始まって、みゆ子800はどうだったよ?」

みゆ子800「『ひまわり』が流れて、モニターにひまわりが映って、それが綺麗で感動しました」

とーやま校長「『ひまわり』が印象的だったんだね。剛先生のライブからどんなものをもらったかな?」

みゆ子800「勇気とか感動とか、おれに1歩踏み出す心構えをもらいました!」

とーやま校長「みゆ子800も今、踏み出さなきゃいけないことがあるの?」

みゆ子800「来年の受験です」

あしざわ教頭「やっぱりライブ見て気持ちがグッと変わってきたんだね」

みゆ子800「そうですね」

とーやま校長「しかもみゆ子800は剛先生にずっとお世話になってるんだよね?」

みゆ子800「はい!」

剛先生「浪江町の子とは昔から交流させてもらってたんで、今回も招待したんですけど、その中の子なのか?」

みゆ子800「はい!」

剛先生「そうか!!鹿児島にもきた子かな?」

みゆ子800「いきました!!」

剛先生「写真見たけどみんな大きくなったね!」

とーやま校長「僕もちょっとお話させてもらったんですけど、お母さんがすごく感謝してらっしゃいましたね。あと書き込みにあったんだけど、剛先生からもらった『もうこれで最後かもしれないと思って生きろ』っていうのはいつもらった言葉なの?」

みゆ子800「鹿児島のキャンプの最終日にお話ししてくれました」

とーやま校長「この言葉を受け取って、どんなことを感じたの?」

みゆ子800「これまで、自分のこととか嘘をついてたけど、自分をさらけ出してもいいんじゃないかと思って。これが最後かもしれないから本気でやろうって思いました」

剛先生「そうだな、みんなでお別れ会やったときも、泣きながら歌を歌ったな、何が悲しいってわけじゃないんだけどさ」

みゆ子800「はい!」

剛先生「君たちとの思い出は生涯、僕の中でダイヤモンドのように輝き続けるんだよ。いわば君たちはダイヤモンドの原石で、でも最初から輝いてるわけじゃなくて、社会の荒波にもまれて研磨されて、それで輝くんだよ。みゆ子800にも苦しいこと辛いことたくさんあるけど、それがあればあるほど原石は輝いていきますから、がんばるんだぞ!!」

みゆ子800「はい!!」

剛先生「そしてダイヤモンドのように人生を輝かせて、誰かのために生きてくれよ!!今日はありがとう!!」

みゆ子800「ありがとうございました!!」

150921_sol17.jpg


♪ 明日へ続く道 / 長渕剛


最後に剛先生が、ライブを終えて、生徒たちの声を聞いて、改めてお話してくれました。

150921_sol11.jpg



10万の命の束がね、『日の丸』俺たちの国の国旗を揺らしていたんですね。10万人以上の人たちが、命が、
僕はその光景を見たことは当然初めてで、みんなも初めてですね。
そして9時間歌い、叫び、国旗を揺らし続けました。
俺は3部のときには、もう自分のほっぺたを裏拳で殴りながら、気が失いそうになるのをもう1回奮い起こして、その揺れる国旗と、その国旗を揺らしている個人個人の命をずっと見つめていたような気がするんですね。今思うと。
そして朝、俺たちは泣きながら眼前に広がる富士の山から昇る朝日を目撃しました。
言い換えれば、俺たちがその朝日を引きずり出したとも言えます。
さらに涙が出て、さらに涙が出て、僕と10万人のお前たちは昇る朝日に向かって叫んだんです。
『うぉーーーーー!!!!頼むぞーーー!!富士よ!!俺たちを幸せにしてくれーーーーー!!!!!!』
僕は思うんですね、幸せっていうのはね、誰も与えてくれないんです。誰も幸せは与えてくれない。
改めて僕は思ったなぁ。
10万の命と寄り添って、国旗を振りながら、拳を上げて、いろんな感情を、それぞれの感情を1つにして、幸せにしてくれって叫んだときに、その心のもう1つの裏側には
『幸せはよ!誰も与えてくれねぇんだから、自分で掴まえなきゃダメぞ!!!!』そういう風に思った。
本当の心の奥底で。
僕は親の世代の人たち、さらにはお爺ちゃんお婆ちゃんの世代の人たち、
そしてふっと見ると子供を抱いたお母さん、そしてふっと見ると少女たち、
そしてふっと見ると赤ちゃんを抱いた人たちがいました。
3世代、さらにこれから4世代と、未来永劫に続いてほしいこの世の中、
幸せが続いてほしいと誰もが思うこの世の中に、たくさんの大事件が起きています。
災害や、あるいは闘争や、戦争が。誰もがそれをやめてくれてって叫んでます。
叫んで叫んで叫んで叫び続けなきゃダメです!本当にお前ら!!
そしてね、ラジオを聴いているみんな!!絵空事のように思っちゃダメだぞ。
心を1つにして、このラジオで結ばれた、34局ネットとうのはものすごく大きな力をもってるってことを、
心の中にしまっておけ!!
そして本気で、恋愛もいい、勉強もいい、だけども国のことを考えろ。
国のことを考える前に、自分の親のことを考えろ。
もしも親がいなかったら、自分の友達のことを考えろ。そして仲間を作れ、正しい仲間を作れ。
そしたら、もしかしたら、戦争がなくなるぞ。
中国も韓国も、みんな本当は心の中にそのことを思ってるってことを忘れるな!
だから幸せを叫び、叫び続けて、涙が枯れるまで、声が枯れるまで、叫ぶっていうことをやめるな!!
僕はそのことを、ラジオを聴いている10代、これから俺たちの国を作ってくれる君たちに、
どうか頭を下げて、よろしくお願いします。
叫ぶことをやめるな、幸せは自分で掴め。


150921_sol18.jpg


とーやま校長「剛先生、改めまして、本当にありがとうございました!」

あしざわ教頭「ありがとうございました!」

剛先生「こちらこそありがとうございました!」

とーやま校長「俺も毎日。10代に向けて喋る身ですので、気が引き締まる思いで、これから死ぬ気で、今日が最後と思う気持ちで、毎日生徒とぶつ7かっていきます!」

剛先生「そうだね!とにかく正直の種を10代のみんなに蒔いてほしいです!」

あしざわ教頭「僕も剛先生を見て、全身全霊が大事なんだって改めて思いました!」

剛先生「教頭!全身全霊で歯茎を出して生きていけよ!!!!」

あしざわ教頭「生きます!!!!」

150921_sol19.jpg


とーやま校長「前歯ならぬ歯茎まで出さなきゃいけないんですね、写真とってあげろあげろ!!」

剛先生「いいぞ!!」

とーやま校長「剛先生、これからもよろしくお願いしますね!!」

あしざわ教頭「お願いします!!」

剛先生「こちらこそよろしくお願いします!!」

150921_sol20.jpg


剛先生、本日はありがとうございました!!
また、よろしくお願いします!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150921_fax01.jpg

150921_fax02.jpg

150921_fax03.jpg
RN 赤秋


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
みゆ子800 福島県 14歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 Success / 長渕剛
22:11 勇次 / 長渕剛
22:25 今、話したい誰かがいる / 乃木坂46
22:44 富士の国 / 長渕剛
23:18 wonder2 / Perfume
23:43 明日へ続く道 / 長渕剛
23:51 JAPAN / 長渕剛
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
つよしー!!!
俺は毎日、死ぬ気でここに来ます!!
つよしー!!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今、足りていない何かがありました!
剛先生ありがとうございました!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150917_sol01.jpg


『 2015年9月17日 』

今日、2015年9月17日も、掲示板にはたくさんの書き込みがありました。


体育祭
明日は体育祭です!!
僕は80メートルとモンキーレースしかでないけど
頑張っていきます!!
そして最後にあるのはフォークダンス!
アンコールがあれば気になってる子と踊れるかも、、、
道に迷ったタカさん
男性/17歳/大分県
2015-09-17 19:53



とーやま校長「アンコールなんてあるの!?(笑)」

あしざわ教頭「僕、フォークダンスやったことないんですよ」

とーやま校長「ええっ!? どこで産まれたの? 俺なんて、女の子とちゃんと手を繋いだのってフォークダンスが初めてだよ」

あしざわ教頭「なんにもなかったよー!」

150917_sol04.jpg



どうしよう
朝、勉強するために早く学校にいってます。
その学校までの道のりを歩いていたら、私の好きな人が女子と二人で歩いていました。
しかもその女子は私の友達でした。
昨日も同じ光景を見て、あれって思ったんですけど。
まだ付き合っているのかどうかはわかりません。
本人に直接聞く勇気なんてないから。
どうしたらいいんだろう。
ずっとモヤモヤしてます。
うにゃーにゃにゃ
女性/16歳/北海道
2015-09-17 19:32


とーやま校長「少なくとも2日連続で見ちゃってるってことだよな」

あしざわ教頭「これは恐いな〜。友達だから余計に聞きづらいですよね」

とーやま校長「これは聞けないよな〜。だってとんでもない答えが返ってくる可能性があるわけじゃん! でも、俺はついついその道で張っちゃうかもしれないな…」

あしざわ教頭「僕もあとつけちゃうかもしれないです…」

とーやま校長「何もしなくてもモヤモヤしちゃうかもしれないし、難しいな…!!」

あしざわ教頭「もうちょっと様子を見るっていうのもアリかもしれないですね」


受験生。
受験生です。センター試験まであと121日。もう4ヶ月ぐらいなのに成績は上がらないし、合格に近づけない。行きたい大学は、高校に入る前からずーっと行きたかった大学。でも定員が5人。5人の中になんか入れないと思ってる。でも、諦めたくない。どーしたらいいんだろうな。校長、教頭、かつをいれてください!!!
めぐみんみん
女性/17歳/徳島県
2015-09-17 18:52



あしざわ教頭「でもこれは、やるしかないですよ! 行きたい所があるって目標が決まっているわけですから、弱音を吐いた時点で負けてしまいます!」

とーやま校長「うん!」

あしざわ教頭「成績ってガッと上がるものじゃないから、伸び悩んでいる所を地道にやっていく内に手応えを感じる瞬間が必ず来るはずです! そこまでとにかくやり続けるしかない!!」

とーやま校長「めぐみんみん!! 頑張れよっ!」

あしざわ教頭「頑張れっ!!!!」

150917_sol05.jpg



いよいよ!入試。。
土曜日に入試があります!
いよいよだぁ。。
面接がすごい不安。。
もし落ちたらどうしよう。。
こわいよー(泣)
TUKUTA
女性/18歳/愛知県
2015-09-17 19:30



あしざわ教頭「面接も確かに不安ですけど、面接官は悪い所を探そうとしている訳ではないから」

とーやま校長「新しい仲間がどんな人なのかって見るためのものが面接だからね」

あしざわ教頭「初めて会う人たちだから敵のように見えてしまうかもしれないけど、そういう気持ちで行くと不安も取れると思う。あと、ウソをつかないっていうのが大事だと思います」

とーやま校長「自分にも、相手にもね」

150917_sol02_1.jpg


そして今夜は、
SEKAI NO OWARI先生が9月25日(金)にリリースする新曲!
「SOS」を初オンエア!!


♪ SOS / SEKAI NO OWARI


とーやま校長「めちゃめちゃ優しい声で、最初はFukase先生じゃないのかな? って思うほどだったなあ。誰かを思うとあんだけ優しい声になるんだな。SCHOOL OF LOCK!を聴いている皆が一人残さず幸せになって欲しいってセカオワ先生の『SOS』を聴きながら、その想いが強く胸に湧きました」

あしざわ教頭「今回、Saori先生が歌詞を書いていますけど、『自分でも不思議なんだけど、自分が教えてもらったことを伝えたい』という言葉が歌詞に入っていて、Saori先生が経験したことを皆に伝えたいっていう気持ちが入っているんだなって思いましたね」


ぬわぁ!!!
ANTI-HEROとぜんっぜんちがう!!!海に放り込まれてゆっくり沈んでる感じのサビ!!!なんとも言えない雰囲気!!新しいぞ!!!とにかく今までになかった感じだっ!!!!すげぇ!!!
ぶるっち。
女性/16歳/群馬県
2015-09-17 22:11



とーやま校長「セカオワ先生は、簡単な3文字で片づけてしまうのは失礼かもしれないけど"無敵"だと思っていて。どこにでも連れて行ってくれると思う!」

あしざわ教頭「いろんな角度で感動を与えてくれて、パワフルなのもあれば、今回の『SOS』のように突然胸に沁みてくる曲もあって…」

とーやま校長「どこにでも連れて行ってくれるっていうのは、どんな気持ちにもさせてくれるっていうことだからね」

150917_sol06.jpg


SCHOOL OF LOCK!の掲示板にはたくさんの書き込みがあって、
自分の悩みやSOSを書き込んでくれてる生徒もいます。
セカオワ先生の新曲「SOS」の歌詞の中に
「“SOS”に答えることは、『自分は何の為に生きているんだろう?』という疑問に答えることなんだ」っていう、歌詞があるんだけど、
SCHOOL OF LOCK!がある理由、それは生徒のみんなと話をするため。

学校掲示板に届いた「SOS」
今夜はSOSを出してくれた生徒と話をしていきたいと思います。

学校の事。部活の事。友達の事。家の事。誰かと話してみたい事。
一緒に考えさせてほしい。

みんなに見られるのが恥ずかしい!という生徒は、メールで送ってくれても大丈夫です。

150917_sol03.jpg



学校掲示板に届いた沢山の「SOS」。今日は、その中の一つを紹介していこうと思う。


今日も
今日もまたおこられた。正確には昨日です。怒られるのは私が悪いからしょうがない。
でも...でも、それで遊びに行っちゃだめ!あそびたいなら結果で表わせって...
そういったってもう約束しちゃってるし、友達だって遊びに行く気だし、予約までしちゃったし...どうやってキャンセルしろっていうんだよ!
それより結果で表わせってなんだよ!結果が全てじゃない。確かに結果も大事だけど...他にも大切なことはあるよね?
最近ママは口癖のように「結果が良くなきゃ意味がない」とか言うけど本当にそれ合ってるの?といつもおもう。
このモヤモヤなんとかして下さい...
にゃるな
女性/14歳/東京都
2015-09-17 07:21




にゃるな 東京都 14歳 女性 中学2年生

とーやま校長「書き込みありがとうね。お母さんになんて言って怒られたの?」

にゃるな「最近、ずっと成績が悪くて…。テストの点数が悪かったりして怒られます。とにかく、昔から成績が悪いとお母さんの機嫌が悪いんです」

とーやま校長「それは、にゃるなの成績がどれくらい悪いからとかっていうのはあるの?」

にゃるな「中間とか期末テストでは平均にいった事がないんです」

とーやま校長「せめて平均にいったらそんな風には言われないかもしれないけど、お母さんもそこの所が納得いかなくて怒っちゃうって感じなんだ」

にゃるな「そんな感じです…」

とーやま校長「にゃるなは、テストに向けて勉強は出来たと自分では思った?」

にゃるな「自分なりにはやった方だと思います!」

とーやま校長「ちゃんと勉強をやったことはお母さんは知っているの?」

にゃるな「普段、リビングで勉強しているんですけど、勉強をやっていることは知っているけど、怒られたときに“頑張ってるよ?”って言っても勉強の仕方が悪いんだって言われちゃうんです」

とーやま校長「にゃるなはお母さんの見える所でも、見えない所でも自分なりにはやってるけれども、認められてないんだ」

にゃるな「そうです」

あしざわ教頭「なるほど…。お母さんにはどう言って欲しいとかあるの?」

にゃるな「頑張ったんだからしょうがないよね? とか言って欲しいです。そういう風に言われたことが無いので…」

とーやま校長「厳しいなあ〜。お母さんも勉強熱心な所があるように思えるし、にゃるなの事を思って言ってくれてるところもあると思う」

にゃるな「はい」

とーやま校長「素敵な人生を歩んでほしいっていう思いがそういう言い方になっちゃってるのかな」

150917_sol07.jpg


あしざわ教頭「何の科目が苦手とかあるの?」

にゃるな「文系が苦手で、生物しか出来ないんです! でも、中2になったら生物やってなくて、余計にどうしようって感じです」

とーやま校長「中2になってから得意な科目がないんだ! それで、お母さんの“結果が良くなきゃ意味がない。”っていう言葉が納得いかないんだよな?」

にゃるな「そうです!」

あしざわ教頭「過程も認めてほしいんだね」

とーやま校長「でも、こういう風に言う人は、にゃるなが社会に出て大人になってもいるよね。プロ野球選手だって、一生懸命練習したけど、全然打てなくって年俸が下がったりとか、それも結果の中で生きている人たちだし、そういう人はやっぱりいるんだよ」

あしざわ教頭「そういう意見も間違ってはいないんですけどね…。友達とかと成績について喋ったりする?」

にゃるな「最近、ちょっと話しました。お母さんが結果しか見てくれないって言うんですけど、“そうなんだ〜”くらいしか言われないんです」

とーやま校長「プロとか、仕事とか、シビアな所では結果優先もあるけど、にゃるなの場合はそうじゃなくて……これって難しいな! でも、結果が全てって言われたら、そこまでの辛い思いした過程のことなんて見なければいい話で。うーん。俺も、何となく分かっているつもりだったけど、パッと出てこないや」

150917_sol08.jpg


にゃるな「数学で証明をする感じなのかもしれないです。数学の証明問題って手順とかが全部合っていてようやく正解だから、それと近い考えなのかも…」

とーやま校長「そういう正しさもあるよね。例えば、受験の時はルールの中でやっている訳だから、お母さんはそっちにいる人なのかもしれないな。にゃるなは音楽好き?」

にゃるな「わりと好きです!」

とーやま校長「俺が思ったのは、詳しくは分からないけど、Cのコードがあったら次のコードはこれかこれ、っていう音楽論があって。曲の中でもAメロBメロがあってサビっていう感じで誰もが分かるシステムがあるじゃん。それって数学でいう証明と一緒なのかなって思って、その中で心動かされる曲とかにも沢山出会えたんだけど、そうじゃなくて、そんなものを全て取っ払っている曲っていうのも沢山あって、そういった曲たちを聴いて時には涙が流れてしまう時もあったんだ」

150917_sol12.jpg


とーやま校長「ちょっと話はズレてしまうかもしれないけど、結果が全てっていう話は、そういう音楽の作り方がありますよっていうサイドの話で。だけど、そうじゃない音楽もこの世の中には確実にあるんだよね。だから結果が全てっていうのは違うのかなって思うな」

あしざわ教頭「そうですね。お母さんには全部の教科に対して言われているの?」

にゃるな「目の前の成績しか見ないで色々言われてしまいます」

あしざわ教頭「例えばだけど、1つの教科だけでも頑張ってみるとかね。全体的に上手いことやろうとしてるのかなって思ったりしてるんだけど」

にゃるな「あるかもしれないです…!」

あしざわ教頭「俺も生物の点数だけ高い時があって、一つ得意なものがあるっていうのが自分の中で自信が持てたんだよね。にゃるなは今、お母さんから言われるから全部の教科を上手くやろうとしているかもしれないんだけど、この科目だけ集中してやってみよう! っていう感じで一つの教科を底上げするだけでもお母さんの反応も変わると思うな」

とーやま校長「確かに!」

あしざわ教頭「にゃるな、器用じゃないだろ?」

にゃるな「全く器用じゃないです…!」

あしざわ教頭「だから、少しでも興味があるものに一度集中してみて、他のがダメでもいいから、一つ掴むものを持った方がいいと思う!」

とーやま校長「そうだな! 胸張ってやりましたって言えるものを探して、自信持って頑張ってみよう!!」

150917_sol09.jpg

150917_sol11.jpg



RN にゃるなの話を聞いて皆はどう思ったのか? たくさん届いた掲示板の書き込みを紹介していこうと思う!!



結果が全て
話を聴いてると、共感できる部分がめっちゃある。私も結果結果って言われてきてプレッシャーで押し潰されそうになったこともある。でも、勉強は長期戦だし、今結果が出なくてもいいと思うなぁ。自分が努力すればそれだけ自分を高められるし、自ずと結果が伴うと思う。
いとうれし。
女性/15歳/東京都
2015-09-17 22:52


にゃるなさん
自分は高校受験で失敗して抑えだった私立高校に通っています。過程も見て欲しいと言いますがシビアなことを言うとそんなこと言ってられないことも出てきます。身近なことで言ったら受験でしょう。受験には情も涙も通用しません。まだ時間はありますがいつかはその時が来ます。自分には憧れている大学があります。柔道部の同期や後輩、監督やコーチ、周りの先生方に支えられて勉強しています。もちろんこのSOLもそうです。周りのひとの力を借りてもいい。そしたらその人達におんがえしをするためにも結果を出すことを目指せるかと思いました。
ペンが相方になった柔道部員
男性/18歳/千葉県
2015-09-17 23:02



とーやま校長「にゃるなも、こうやってすごい悩んでいるところだと思う。受験は結果なんだよなあ…」

あしざわ教頭「僕が話していて思ったのは、結果が全てというのは合っているとは思うんですけど、どこに結果を置くかだと思うんです。その子がミュージシャンになりたいっていう夢を持ってどう生きるかっていうのは人それぞれじゃないですか」

とーやま校長「うん」

あしざわ教頭「独学で何かを学んで、大会で優勝したりして形になるやつもいれば、自分で地道に作ったものをどこかに送り続けて、誰かに気がついてもらってそこから夢が叶う奴もいる。そこのゴールに行けるかが大事なことだから、なかなか結果が出ない奴が悩んだりした時間も結果につながる瞬間もいつか必ずあると思う。目の前の結果というよりも、そこに向かおうとする気持ちが大事なんじゃないかな」

150917_sol10.jpg

150917_sol13.jpg


あしざわ教頭「にゃるなは、お母さんのために目の前の勉強っていう結果に答えないといけないと思って頑張っているけど、もし、にゃるなにもっとしたいことがあって、そこに努力しようっていう思いが生まれたらそこに結果を求めてもいいんじゃないかなと思いましたね」

とーやま校長「先生や親にも一番勉強を求められる時期だから、頑張らないといけない所だけど、どれだけ頑張っても出来ないんですよ! っていう生徒いるよね?」

あしざわ教頭「います!」

とーやま校長「今は、みんな勉強で点数を取らないといけないっていうルールの中で生きてるし、部活だったら戦績を上げないといけないっていうルールの中で生きてると思うけど、そうじゃないルールも世の中にはある。何もやらないで結果が出ませんでしたっていうのはどうかと思うけど…ああ〜!! 難しいなぁ…」

150917_sol14.jpg



勉強
私も努力が全然実らないタイプ。人一倍がんばったはずなのに、テストの結果はいつも最下位。でも勉強だけじゃないと思って、大学は美大を目指すことに決めた。きっと、どんなに頑張っても勉強できないって人居ると思うけど、必ず誰にでも、他の何かしら人と違う才能はあるはず。それを発見するのが大事だと思う。絶対あるから、
nonnna
女性/17歳/東京都
2015-09-17 23:41



とーやま校長「やり続けたからこそ美大に行くっていう道も見えたわけだし、分からないなりにもちゃんと進めた。その結果が出たってことだよね!」


今日の授業で思ったこと
結果は勿論大切だけど、そこにたどり着くまでの過程、つまりそこにいくまでに何をどんな気持ちでやったのかって言うのが大事と言うことを思った。今の時間をどう過ごしているのか、どれ程充実しているかを、少しの時間でもいいから考えてみたいと思った。
俺だよオレオレ
男性/15歳/長野県
2015-09-17 23:42



とーやま校長「途中のことって、自分にしか分からないことだったりするしね。常に誰かが見ているわけではないし。それを、誰かに分かってもらいたいっていう気持ちもめっちゃ分かるんだけど、それを全部分かってもらおうと思うと、モヤモヤした気持ちが生まれちゃうんだよな」

あしざわ教頭「そうですね」

150917_sol15.jpg



勉強と結果
私は将来の夢がまだ決まってません。音楽関係の仕事に就きたいとかは思ったりするけど、自分に自信が持てなくて、夢を見るのをやめてしまいます。
そんなとき、前期期末考査というものがやってきて、「まず、このテストで良い点とることを夢にしよう。」と思って、勉強をしました。
結果は中間考査より全体的に点数があがって良い結果となりました。
このことをきっかけに、「将来の夢はまだ決められてないけど、身近な事から積み重ねていけば、良い結果てなるんじゃないか。良い夢に出会えるんじゃないか。」と思いながら、
今を過ごしています。
hinapoo
女性/16歳/北海道
2015-09-17 23:43



とーやま校長 「良いね! そういう結果の使い方もあって、自分の中で良い結果を出す。ちょっとずつ積み重ねることで大きな結果を呼び込む事が出来るし、明確に見えている奴はガンガンそういう結果の使い方をしていけばいいと思う!」

あしざわ教頭「方角みたいなものが自分の中で決められると、そこを目指せばいいのかっていう指針になるので、それだけでだいぶ違うんじゃないかなって思いますね」

150917_sol16.jpg


そして、黒板の時間になってしまいました!
とーやま校長なりの答えとは…

150917_sol17.jpg


『 自分の中の「やった」という結果 』

例えば、受験だったら志望したところに合格したっていう結果を取りに行くのは大前提。ただ、もしかしたら落ちてしまう時もある。そんな時に周りの人たちから「なにやってんだ」って言われることがあると思う。
でも、それまでに自分の中に「やったから」と、胸張って言えるような“結果”を生み出すことが大事なことだと思う。
ちゃんと、自分の中に「やった」っていう大きな文字を出せた。そう言えるように向かっていこう!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
にゃるな 東京都 14歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:08 SOS / SEKAI NO OWARI
22:25 ありがとう / 新山詩織
22:52 ABCDC / クリープハイプ
23:22 新宝島 / サカナクション
23:38 最後の歌 / RADWIMPS
23:49 明日、晴れればいい / Dr.DOWNER
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
みんなの書き込みで、自分のモヤモヤが晴れた。
常にこうあれば良いと思う。
なので、たくさんの書き込み、これからも読むし、みんなに読んで欲しいし、書いて欲しいし、たくさんしゃべっていこう。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
光る方に歩いてみる。
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150916_sol01.jpg


『 就職試験 』

オープニングではこんな書き込みを紹介!

入社試験頑張ります
土曜日に入社試験があります。今までやってきたことを発揮し、精一杯頑張ります。とにかく緊張がやばいです。皆さん応援よろしくお願いします!
三代目岩ちゃん
女性/18歳/福井県
2015-09-16 12:50



掲示板の書き込みを見ていると、今日とか明日、今週末が就職試験という生徒がすごく多いです!!
とにかく自分がこれまでやってきたことを信じて、本番は臨んでほしい!

他にも、就職試験がこれからあるっていう、
はるちる 宮城 18歳 女性
ナポリたん 島根県 17歳 男性
じゅんやSCANDAL大好き 滋賀県 17歳 男性
ナウマンゾウは悩まんぞー 広島県 18歳 男性

他にもこんな書き込みも!


久しぶりに
三年ぶりに登校する三年前の受験の時は凄く勇気付けられたSOLに明日就職試験なのでまた勇気をもらいにきたしかも今日の授業は逆転の話らしいので今日勇気をもらい自分も明日大逆転で採用してもらえるように頑張ってきます
サムぞう
男性/17歳/北海道
2015-09-16 21:42



全員の名前は紹介できないけど、これから就職試験に臨む生徒全員のことを
SCHOOL OF LOCK!は、応援してるぞ!がんばれ!!

今夜はBase Ball Bear先生が10月7日(水)にリリースする新曲
「不思議な夜」を初オンエア!!


♪ 不思議な夜 / Base Ball Bear


150916_sol02.jpg


さぁ今夜の生放送教室は…
生徒に大逆転エピソードを聞いていきたいと思います!

例えば!
「野球の試合!9回裏まで8点差で負けてたのに、9回裏に9点取って劇的な勝利を飾りました!」
(これは去年の甲子園地方予選の石川県大会決勝で起きた実際の出来事!!)
「成績が学年ビリだったのに、模試で全国1位を取りました!」
「好きな人に8回も振られたけど、9回目の告白で恋が実っちゃいました!」

ここから挽回したい!でもなかなか気合いが入らない!
そんな生徒たちに勇気とパワーを注入すべく!
こちらの授業を開催!!

逆転!ヒーローインタビュー!

逆転劇を実際に聞かせてもらいます!
そして、その逆転劇の主人公に、実況のとーやま解説のあしざわ
ヒーローインタビューを行っていきます!!

「大逆転エピソードなんて無いですよー」っていう生徒も
遅刻しそうになったけど、電車の乗り換えがうまくいって、間に合った、セーフ!
みたいに、大なり小なり、「逆転」はあるはず!
そんなエピソードでも大丈夫!!
学校掲示板またはメールで待っています!!!!

逆転にはドラマがある…

まず1人目にインタビューする前に、各地で起きた逆転劇の書き込みを紹介!!

150916_sol10.jpg



大逆転!!
私は小学校6年間、転校をして2つの学校に通いましたが、どの学校に行っても背の順が必ず1番前でした。後ろの人が手をまっすぐ伸ばして並んでいるのを見て、ずっと羨ましいと思いながら並んでいました。
でも、6年間1回も1番前以外になった事がなかったのに、中学校に入ったら背の順が前から5番目になっていました!!
私の中での大逆転です(笑)
kanon☆
女性/13歳/東京都
2015-09-16 16:34



実況とーやま「打ったあああぁぁぁぁぁ、大きい!ホームラン!!フェンスの一番手前に入りました!!」

解説あしざわ「ギリギリ入ったんですね!!(笑)」


逆転!
凄い猛ダッシュで走ったのですが電車のドアが物凄く目の前で閉まってしまいました…中の人も凄いかわいそうな目で私を見てきたその時!ドアが自分だけのために開き、横を見たら車掌さんがグッジョブサイン!w その開いた扉へ一歩踏み入れた、そんな私の逆転エピソードですw
のりたましゅまろ
女性/17歳/鹿児島県
2015-09-16 22:25



実況とーやま「これも打ったぁ!レフト前へのクリーンヒット!!」

解説あしざわ「素晴らしい逆転劇ですね!!」


大逆転
9時29分に教室に着けば遅刻
30分に着いたら欠席と言う状況で
朝9:26分に起きてダッシュで29分に着きました。大逆転です。
ごりすこ
男性/19歳/北海道
2015-09-16 14:00



実況とーやま「ツーベース!!」

解説あしざわ「めっちゃ近いんでしょうね」

実況とーやま「3分でいけちゃうのがすごい!!」

解説あしざわ「信号もちょうど青でうまく渡れたとか、そういうのもあったんでしょうね!!」

実況とーやま「それ含めたら…二塁から盗塁で三塁へ!!」

解説あしざわ「イチローみたいですごいですね!!」

150916_sol03.jpg


さぁ!生徒に直接インタビューしていきます!!

すずっち 千葉県 15歳 女性 中学3年生

実況とーやま「すずっち選手の大逆転はどんなことか教えてもらってもいいですか?」

すずっち「クラスで1番モテている男子が好きで、諦めかけていたときに、告白されました」

実況とーやま「これはもうこの時点でホームラン!!!!!」

解説あしざわ「早くもいきましたね!!」

実況とーやま「1打席目ホームランで、2打席目も見たいから詳細を教えていただけないですかね?」

すずっち「同じクラスの男の子で、中学2年から3年までクラスが一緒で、最初に会ったときから同じグループで仲良くなったんですね」

実況とーやま「なるほど、いいスタートですね」

すずっち「その男の子はすごいかっこよかったんですけど、アニメが好きで、2次元のキャラとか、可愛い声優さんにしか興味がなかったんですね、だから他の人から告白されても断ってたみたいなんです」

実況とーやま「ちょっとここまで聞いてどうですか、解説のあしざわさん」

解説あしざわ「ここまでだと全く脈がなくてダメそうにしか思えませんね〜」

実況とーやま「そうですよね、すずっちさん、ここからどういった流れになったんでしょうか?」

すずっち「この前、その男の子の友達から公園に呼び出されて、行ったらそこにその好きな男の子もいて、30分くらいモジモジして何も言わなかったんですよ」

実況とーやま「けっこう長い時間待たされましたね」

すずっち「それで待ってたら『好きです』って言ってくれました」

実況とーやま「とんでもない剛速球ですね!!それに対してどんな気持ちでした?」

150916_sol07.jpg


すずっち「『えっ?』って感じでした」

解説あしざわ「今までそんな素振りもなかったわけですしね」

実況とーやま「そのあとはどうしたんですか?」

すずっち「私も中学2年のときからずっと好きだったので、『私も好きです』って言いました」

実況とーやま「打ったああ!!大きい!!ホーームラーーーーーン!!!!」

解説あしざわ「見送るしかなかったようです!!」

実況とーやま「打った瞬間のホームランでしたね、どうですか解説のあしざわさん」

解説あしざわ「まさか好きだった相手からくるなんて中々ないですよ!!もう奇跡です!!」

実況とーやま「このままヒーローインタビューに移ります!え〜まずは、おめでとうございます!!」

すずっち「ありがとうございます(笑)」

実況とーやま「改めて、今のお気持ち、聞かせていただいてもよろしいでしょうか?」

すずっち「今、思い出しても、ドキドキして、心拍数やばいです!」

実況とーやま「今回、こんな大逆転劇が起こった要因はなんだと思いますか?」

すずっち「中学2年のころからずっと好きで、諦めずいたことだと思います」

実況とーやま「それで今はお付き合いをしていて、デート的なこととかどうなんでしょうか?」

すずっち「それが、彼は初恋らしくて、クラスでもすごく恥ずかしがってしまって、なかなか恋人らしいことができていないので、私から話しかけるようにしてがんばってます」

実況とーやま「今の言葉、明日の見出しにさせていただきます!最後に、逆境に立ち向かっている逆転したいという全国のみなさんに、すずっちさんから一言いただけますか?」

すずっち「私みたいに恋愛のことじゃなくても、気持ちを持ち続けていれば叶うと思うので、がんばってください!!」

実況とーやま「大逆転ホームランのすずっちさんでした、ありがとうございました!!」

解説あしざわ「ありがとうございました!!」

すずっち「はい!ありがとうございました!!」

150916_sol06.jpg


実況とーやま「諦めない気持ちっていうのはすごく大切だと思いましたね〜」

解説あしざわ「実況のとーやまさん、各地の逆転劇もきております!」


大逆転!!
私の大逆転エピソードはいつも通り夏休みもこのまま座禅組だと思ってたら夏休み2日目に彼氏ができて座禅組じゃなくなったことです笑
benipool.
女性/16歳/愛知県
2015-09-16 17:46



実況とーやま「2日目に!?スリーベースヒット!!」

解説あしざわ「こんなにすぐできるんですね!すごい!」

実況とーやま「とりあえずバットを振って出会いがしらのスリーベースヒット!ありがとうございます!」


大大大逆転
小学校でマラソン大会があった。何日か前に一度走ってその順位で当日のスタート位置が決まる。でも休んで当日はビリからのスタートだった。でも1位でゴールできた。
サッカー少年 ピラルドサンダー
男性/13歳/秋田県
2015-09-16 21:46



実況とーやま「これは弾丸ライナーでホームランです!!地上30僂魘遒曳瓦韻董∈埜絅曠奪廚靴泙靴!!」

解説あしざわ「こんなことありえますか!?」

実況とーやま「ごぼう抜きどころじゃないね!!」


逆転
中2の時、2学期に半不登校だったけど、3学期に生徒会副会長になったこと。
音琴 (negoto)
女性/16歳/広島県
2015-09-16 20:23



実況とーやま「これもすごいな、見なくてもホームランってわかる」

解説あしざわ「どんな変化があったんでしょうね?」

実況とーやま「色々なことがあっても、がんばって乗り越えた結果のホームランでしょう!素晴らしい!」

150916_sol08.jpg


さぁ続いてインタビューするのは…

akky2265 福岡県 18歳 男性 大学1年生

実況とーやま「akky2265さんも大逆転エピソードがあるんですよね?」

akky2265「はい!」

実況とーやま「さっそくなんですけども、それを教えていただいてもいいですか?」

akky2265「成績最下位からの大逆転で、大学が選び放題になりました!!」

実況とーやま「おお!これもぜひ詳しく聞かせてください!!」

akky2265「小学生のころからずっとサッカーをしていたんですけど、中高一貫の進学校に合格してからサッカーにのめり込んでしまって、大学受験のときには周りから勉強でかなり置いていかれてしまって」

実況とーやま「これはかなりやばい状況だ!!」

150916_sol09.jpg


akky2265「センター試験も失敗してしまって、周りの先生からもどこにも行けないって言われてしまって…」

解説あしざわ「これはだいぶ絶望的な状況ですね」

実況とーやま「ここからどうやって逆転したんですか?」

akky2265「とにかく言われたことが悔しくて、センター終わってからの1か月間猛勉強したら、希望してた大学全部合格しました!」

解説あしざわ「ええ〜〜!!!」

実況とーやま「ホーーームラーーーーーン!!!!さぁヒーローインタビューです!!!!」

解説あしざわ「お立ち台の方に登っていただいて」

akky2265「はい!」

実況とーやま「まずはおめでとうございます。センター終わってから1日どれくらい勉強をしたんですか?」

akky2265「学校でも家でも勉強して、他に何をやったかの記憶もないくらい勉強しました」

解説あしざわ「元々勉強は好きだったんですか?」

akky2265「いや、嫌いでした」

実況とーやま「じゃあその周りから言われた悔しさでが原動力になったんですね?」

akky2265「そうですね、めちゃくちゃ悔しかったです」

実況とーやま「色々な誘惑とかには負けなかったんですか?」

akky2265「逆に周りから言われなかったら、負けてたと思います!」

解説あしざわ「普通センター試験がダメだったら諦めちゃいますよね、それなのにすごい!」

実況とーやま「諦めるっていう選択肢もなかったんですかね?」

akky2265「そうですね!」

実況とーやま「今は大学はどうですか?」

akky2265「めちゃくちゃ楽しいです!」

実況とーやま「ちなみに大学の勉強はどうなんですか?」

akky2265「今度はしっかりやってます!」

実況とーやま「素晴らしいですね〜、では最後にakky2265さんに同じような状況に陥ってるみなさんに一言いただけますか?」

akky2265「大学で楽しいことを思い浮かべて、それに目指して一生懸命やれば受かると思います。がんばってください!!」

実況とーやま「ありがとうございました!!」

150916_sol05.jpg



続いては…

りんごマスクガール 秋田県 18歳 女性 高校3年生

実況とーやま「さっそくなんですけれども、りんごマスクガールさんの逆転エピソードを教えていただいてもよろしいでしょうか?」

りんごマスクガール「友達ができなくて、学校辞めようと思ってたんですけど、1人の友達が助けてくれたおかげで、今は楽しく通ってます!!」

実況とーやま「これ、学校を辞めようと思ってたとのはいつごろの話なの?」

りんごマスクガール「高校1年生の9月ごろです」

実況とーやま「高校のどんなところが嫌だった?」

150916_sol11.jpg


りんごマスクガール「入学してから、すぐ周りにグループができてて、私も話しかけたりしたんですけど、入れなくて友達もできなくていじけてましたね」

解説あしざわ「タイミングとかも難しかったのかもね」

実況とーやま「この状況から、今の楽しい状況になれたのは友達のおかげなの?」

りんごマスクガール「高校2年生になってクラスが変わって、気持ちを新しくして通ってたら、1人の男の子が『おはよう!』とか挨拶してくれて、話しかけてくれる子がいて、最初はビックリしたんですけど、その子のおかげで周りにもいじってもらえてクラスに馴染めるようになりました!!」

実況とーやま「その男の子は、りんごマスクガールのこと知ってたの?」

りんごマスクガール「部活が一緒だったんですけど、話したりとかはあんまりしてませんでした」

実況とーやま「りんごマスクガールのことをなんとかしてあげたいって思ったんじゃないかな」

解説あしざわ「りんごマスクガールのいい部分をいじることで周りに伝えてあげてたような感じもするね」

実況とーやま「それからはずっと楽しい?」

りんごマスクガール「高校3年生でもその人ともクラスが一緒で、友達もできて楽しくやってます!」

実況とーやま「もうこれは知らないうちにホームランだね!!ほんとによかったな!!」

解説あしざわ「でもそんな風に助けてくれたら、好きになっちゃいそうな気がするんですけど、そこらへんはどうなの?」

150916_sol04.jpg


りんごマスクガール「なきにしもあらず、みたいな(笑)」

実況とーやま「そうだよな、それも正しい感情だし、りんごマスクガールの中で育てていってほしいと思う」

りんごマスクガール「はい!」

実況とーやま「いや〜ほんとに大逆転だな!!」

解説あしざわ「今のりんごマスクガールの声から学校辞めようと思ってたなんてまったく伝わってこないですもんね!!」

実況とーやま「じゃあ最後に、今、同じような気持ちになっているみんなに、一言もらってもいいかい?」

りんごマスクガール「私みたいに学校辞めたいとか、行きたくないって思っている人は、たくさんいると思うんですけど、いい出会いは必ずあると思うので、耐えながらでも通ってほしいと思います!!」

実況とーやま「とんでもない大逆転劇聞かせてくれてありがとう!!

解説あしざわ「ありがとう!!」

実況とーやま「ちなみに、その男の子に感謝の気持ち伝えてるの?」

りんごマスクガール「そういうのは全然話せてないです」

実況とーやま「いつかちゃんとそれも伝えられるといいな」

りんごマスクガール「はい!!ありがとうございました!!」

150916_sol17.jpg


今夜も黒板のお時間です。

150916_sol19.jpg


『 追い詰められる=研ぎ澄まされている 』
追い詰められている状況こそ、信じられない力を発揮できるんだなって
今日の生徒の話を聞いて、改めて思いました。
普通だったら漫画でもありえないようなことがみんなの周りで起きている。
追い詰められている時間は、新しい研ぎ澄まされた自分に出会える時間だと思うので、
それは大逆転へのスタートなんだと思ってほしいです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150916_fax02.jpg
RN さくさく★

150916_fax01.jpg
RN フランチェッポール


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
すずっち 千葉県 15歳 女性
akky2265 福岡県 18歳 男性
りんごマスクガール 秋田県 18歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:07 不思議な夜 / Base Ball Bear
22:25 もっと… / 西野カナ
22:46 綺麗 / 吉澤嘉代子
23:21 two of us / flumpool
23:34 カウンターアクション / go!go!vanillas
23:44 今、話したい誰かがいる / 乃木坂46
23:49 ミラクルをキミとおこしたいんです / サンボマスター
23:52 逆転の発魂 / ケツメイシ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
あきらめを捨てる!!!
 
実況とーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
バットはふらないと当たらない!
 
解説あしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150915_sol01.jpg


『 本人に伝わるよね〜 』

昨日の授業ではみんなのオススメディスクを教えてもらいました!!
まだまだ知らないアーティストと出会うことができてよかったです!!
コレサワ先生のTwitterに生徒が伝えてくれて、本人にも伝わっているとか…
昨日紹介したアーティストの方たちとも、
いつか生放送教室で出会うことを楽しみにしてます!!

今日はSiM先生の新曲解禁から!!
SiM 10月7日(水)リリース「CROWS」


♪ CROWS / SiM


150915_sol02_1.jpg


ここで1つお知らせ!!
校長未来の鍵を握るRADIO、SCHOOL OF LOCK!の“影の支配者”だとされているミモザ先生から、
「生徒のみんなにアンケートに協力して欲しい」とのこと!!
今後の授業の参考にするらしい…
しかも、参加してくれた生徒の中から抽選で10名の生徒に、
5000円分のQUOカードをプレゼント!!

締め切りは9月21日(月)の24時まで!
アンケートはコチラから答えてくれ!!

150915_sol03_1.jpg


今夜の生放送教室には…、
SCANDAL先生が来校!!!!

SCANDAL先生といえば、
今年の1月に、とーやま校長が喉の修行のために、
SCHOOL OF LOCK!をお休みした時に、臨時校長を務めてくれました。
今回はちゃんとゲスト講師として登場です。

SCANDAL先生は、先週、9月9日(水)
ニューシングル「Sisters」をリリースしたばかり。
この曲は仲間たちへ!という気持ちのこもった曲になっています!!

ということで今夜の授業は!
「Hey Sister&Brother逆電」をお届け!

SCANDAL先生に、相談したいこと、背中を押して欲しいこtをMy SisterMy Brotherから待ってるぜ!
学校掲示板もしくはメールから書き込んでくれ!!

生放送教室にはSCANDAL先生が来校!!
150915_sol04.jpg


HARUNA先生(VO&Gt)
MAMI先生(Gt&VO)
TOMOMI先生(Ba&VO)
RINA先生(Dr&VO)


SCANDAL先生「よろしくお願いします!」

校長・教頭「お願いします!!」

とーやま校長「生徒待望のSCANDAL先生ということで、まずは自己紹介からしていただいてもいいですか?」

HARUNA先生「ボーカルのHARUNAです。よろしくお願いします」

ここでなんとトラブル…TOMOMI先生のマイクがなぜか入らず、教頭のマイクで代わりに自己紹介を…

TOMOMI先生「ベースのTOMOMIです。よろしくおねがいします」

とーやま校長「これTOMOMI先生のマイクがダメってことは…もうずっと大声で話してもらうしかないですね」

あしざわ教頭「ゲスト講師におかしいでしょ!(笑)」

一同「(笑)」

とーやま校長「そして続いては」

MAMI先生「ギターのMAMIです。よろしくお願いします」

RINA先生「ドラムのRINAです。よろしくおねがいします」

校長・教頭「お願いします!!」

とーやま校長「まずは改めまして、臨時校長務めてくださってありがとうございました!!」

SCANDAL先生「ありがとうございました!」

とーやま校長「いかがでしたか?臨時校長のときは」

HARUNA先生「教頭とSCHOOL OF LOCK!で一緒に話すのが初めてだったので、ドキドキもありつつ楽しかったです」

RINA先生「二度目の登場でこんなに昇格していいものなのかって思いましたね」

150915_sol07.jpg


TOMOMI先生「やっぱり校長がいない分、少しさみしい部分もありました」

とーやま校長「教頭はどうだったの?」

あしざわ教頭「“あのーすごく頼もしくてですね!逆電の悩みに対して、みなさんが一発でズバッと解決してくれて、すごかったです”」

(マイクをTOMOMI先生に譲ったため大声で話す教頭)

HARUNA先生「結構バッサリ言ってたかもね(笑)」

とーやま校長「俺らじゃあんまりいけない部分もあるからね、僕もそのとき授業を聴いてて、教頭がいつもより18倍くらいイキイキしてたなって感じましたよ」

あしざわ教頭「校長、20倍です!!楽しかったです!!」

一同「(笑)」

とーやま校長「あの時はワールドツアーが始まる前に来ていただいたんですけども、ワールドツアーはいかがでした?」

HARUNA先生「大成功で、すごい楽しかったです!!」

とーやま校長「どれくらい世界の国を回ったんですか?」

HARUNA先生「日本を含めて、イギリス、フランス、ドイツ、シンガポール、台湾、アメリカ、メキシコ、香港の世界9ヵ所ですね」

とーやま校長「そんな忙しい時期に来ていただいて本当にありがとうございました!」

150915_sol05.jpg


そしてSCANDAL先生は、先週、9月9日(水)にニューシングル「Sisters」をリリースしました!!!!

とーやま校長「おめでとうございます!!」

あしざわ教頭「“おめでとうございます!!!!”(大声)」

SCANDAL先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「聴いてるとテンション上がりますよ、サビの部分は隣の奴と肩を組みたくなる気分になりますね!これは『Sisters』って女の子を応援する曲かと思ったんですけど、そうじゃない部分もあるんですか?」

TOMOMI先生「私は書きながら、今生きている全ての人に向けて書いてて、ガールズバンドをしている私たちがこの歌を歌うときに、どんなワードを使ったらいいか考えたとき『Sisters』って言葉が浮かびました」

あしざわ教頭「なるほど〜」

とーやま校長「あれ、教頭マイク大丈夫?」

あしざわ教頭「マイク復活教頭です。大丈夫です!」

とーやま校長「教頭はどんな風に感じたの?」

あしざわ教頭「会ったときも曲を聴いた時もそうなんですけど、漢気のようなものを感じまして、すごく応援歌みたいというか、こっちがついていきたくなるよな曲だと思いましたね!」

とーやま校長「ちょっとわかる!!」

TOMOMI先生「でもこれだけ女子っぽいワードを詰め込んでも漢気って言われちゃった(笑)」

HARUNA先生「確かにそうだよね(笑)」

あしざわ教頭「あ、いや、なんかすいません!!もちろん女性っぽい部分もたくさんありますし、その中でも音がそう聴こえるときがあるんですよ!!(焦)」

TOMOMI先生「よかった〜ありがとうございます!」

とーやま校長「教頭一瞬にして焦ったね(笑)」

あしざわ教頭「とんでもなく汗が出てますよ!!」


♪ Sisters / SCANDAL


150915_sol14.jpg


さぁここからは逆電をしてMy SisterMy Brotherからの相談に答えていきます!!

とーやま校長「準備はいいかいメ〜ン?」

あしざわ教頭「なんだかチャラいな!(笑)」

とーやま校長「MAMIメ〜ン?今日は声出てるメ〜ン?」

MAMI先生「出てるメ〜ン!」

とーやま校長「前に来たときは全然声が出てなかったメ〜ン?」

MAMI先生「申し訳ないメ〜ン!」

とーやま校長「でも今日出てるからいいメ〜ン!」

MAMI先生「ありがとメ〜ン!」

150915_sol11.jpg


HARUNA先生「続くなぁ(笑)」

あしざわ教頭「会話しちゃったよ、すごいな!!(笑)」

とーやま校長「共鳴メ〜ン!というわけで…もしもしメ〜ン?」

オリオンパンチ 岩手県 16歳 女性 高校1年生

オリオンパンチ「もしもし」

とーやま校長「あっ…」

あしざわ教頭「はいリセットされました!!」

一同「(笑)」

とーやま校長「オリオンパンチの相談したいことってなんだい?」

オリオンパンチ「告白する前にフラれてしまったので、立ち直るために前を向く方法を知りたいです!!」

とーやま校長「たまにこういうのあるよね、どんなことがあったの?」

オリオンパンチ「2個上の先輩がいて、電車で仲良くなって、LINEとかするようになったんですけど、恋バナとかした時に恋愛観が似てるねって話してて、お互い彼氏彼女もいなくて冗談っぽく話してたんですよ」

あしざわ教頭「お〜いい感じじゃん!」

オリオンパンチ「そしたら8月末に、いきなり電話がかかってきて、『恋愛ってうまくいかないよね?』って言われて、そこから好きな人がいるっていう話をされて、その時、私はその先輩のことが気になってたのですごくショックだったんです」

とーやま校長「それはキツイなぁ」

オリオンパンチ「でも励まさなくちゃいけないと思って、励ましてたんですけど、その中で『俺とお前は恋愛観が似すぎてて付き合えないな』って言われてダブルでフラれた感じになって…」

とーやま校長「そこからオリオンパンチはどうしていこうと思ってるの?」

オリオンパンチ「私の中では、上手くいってほしいと思えるようになったので」

RINA先生「すごい“大人”やね」

オリオンパンチ「まだ新学期始まって、電車で会っていないので、これから会っても変な思いしないでスパッといけるアドバイスが欲しいです」

とーやま校長「これはSCANDAL先生がいてくれてよかった!俺だったら今年いっぱい引きずっていけとしか言えない!どうしたらいいですかね?」

TOMOMI先生「やっぱり新しい恋愛しかないんじゃないですかね?でも作ろうと思っても相手のいることだから、そういうい心構えでいることだと思います」

150915_sol12.jpg


とーやま校長「準備しておくってことですか」

TOMOMI先生「その先輩にとらわれずに、“人生はフリーダム”なんだから、そういう気持ちでいると進めるんじゃないかと思いますね!」

とーやま校長「なるほどねぇ、HARUNA先生はどうですか?」

HARUNA先生「微妙なところなんですけど、私はもうちょっとその先輩にアタックしてもいいなんじゃないかな?って思って」

とーやま校長「ここからでもいってしまおうと」

HARUNA先生「まだその先輩も付き合ってしまったわけじゃないから、好きなんだったらいってもいいかな」

RINA先生「私は優し過ぎるし大人すぎると思って、まだ高校1年生やし、1回好きだってことを伝えて、でも“先輩にうまくいってほしいからこれからはお友達でよろしく”ってするのが一番スッキリするんじゃないかな?」

とーやま校長「確かにまだ想い届けてないもんね」

オリオンパンチ「そうですね…」

とーやま校長「TOMOMI先生の言った次に行く前に、ちゃんと自分の中で踏ん切りつけるのも大事なことかもしれないよ」

オリオンパンチ「その先輩に“好きな人に告白した方がいいですよ”って言ってしまって、その結果も知らないので、それを確認して、自分の気持ち伝えようと思います!」

とーやま校長「いいね!お話聞かせてくれてありがとうな!」

SCANDAL先生「ありがとう」

オリオンパンチ「こちらこそ、ありがとうございました!」

HARUNA先生「素直にね!」

オリオンパンチ「はい!SCANDAL先生大好きです!ありがとうございました!!」


ここでSCANDAL先生のお知らせ!!
SCANDAL先生ワールドツアーに完全密着した
SCANDAL“Documentary film「HELLO WORLD」”が10月17日(土)から公開!!
その予告トレーラーはすでに見ることができます!!

とーやま校長「トレーラー見たんですけど、もうロックンロールバンドですよね!!」

あしざわ教頭「めちゃくちゃかっこいいです!!」

150915_sol16.jpg


HARUNA先生「そうですね、それに純粋にバンドのロードムービーとしても楽しんでもらえたらいいと思いますし、メンバー1人1人の人となりがものすごくわかるので、ファンの方にはもちろん、ちょっと興味あるっていう人でも楽しめると思います!!」

とーやま校長「すごい楽しそうなところもあれば、涙があふれるような場面もあったりして…」

HARUNA先生「ツアーってこうやって進んでいくんだなっていうのがよくわかると思います!」

あしざわ教頭「一緒に旅している気分になりましたもん」

TOMOMI先生「各国のおいしい食べ物や景色とかも映像に収まっているのでそういう側面もありますね」

さらに!!
SCANDAL先生のアリーナツアーもあります!!

2015年12月 9日(水) 神戸ワールド記念ホール(兵庫県)
2015年12月23日(水) 日本ガイシホール(愛知県)
2016年 1月12日(火) 日本武道館(東京都)
2016年 1月13日(水) 日本武道館(東京都)


で行われる東名阪のアリーナツアーです!!

とーやま校長「すごいっすね!!」

HARUNA先生「楽しみですね」

とーやま校長「まだ少し先ですけど、意気込みとかありますか?」

RINA先生「この間セットリストを4人で決めたんですけど、やりたい曲がありすぎて40曲くらいになっちゃって!」

とーやま校長「5時間弱のライブになりますね(笑)」

RINA先生「なので整理して、ベストなセットリストでいきたいと思います!」

とーやま校長「MAMI先生はどうですか?」

MAMI先生「昨年末に出した『HELLO WORLD』っていうアルバムでワールドツアーをまわったんですけど、今度はアリーナツアーでまた新しい『HELLO WORLD』の魅力を出せるんじゃないかと思ってます!あとは新曲も…それも楽しみにしててほしいなと」

とーやま校長「おおっ!これはめっちゃ楽しみですね!!」

生徒のみんなもぜひ見に行こう!!

150915_sol13.jpg


ここからは再び、My SisterMy Brotherからの相談に答えていきます!!

とーやま校長「MAMIメ〜ン?」

MAMI先生「なんだいメ〜ン?」

とーやま校長「どんどんいっちゃっていいかメ〜ン?」

MAMI先生「オッケーメ〜ン」

とーやま校長「センキューメ〜ン」

………

HARUNA先生「ちょっと噛み合ってないですね(笑)」

150915_sol09.jpg


あしざわ教頭「これはリハが必要ですね(笑)」

とーやま校長「もう一回挑戦させてほしい…もしもし?」

ユーゴっサム 埼玉県 16歳 男性 高校1年生

ユーゴっサム「もしもし!」

とーやま校長「早速なんだけど、ユーゴっサムがSCANDAL先生に聞きたいことはどんなこと?」

ユーゴっサム「女の子にどうやって話しかけたらいいか教えてほしいです」

とーやま校長「切実だけど、これが全てみたいなところあるしな」

TOMOMI先生「ナンパ?どういうこと?」

ユーゴっサム「中高一貫の男子校で今まではかわいい子がいても声をかけられなかったので、今度の10月に文化祭があって、高1からはじめたバンドを披露するので、その時来た女の子に声をかけたいと思ってるんです」

とーやま校長「なるほどな、ちなみに楽器は何やってるの?」

ユーゴっサム「ベースです」

とーやま校長「それで文化祭で演奏を見に来てくれた女の子に話しかけたいんだな!」

ユーゴっサム「そうです!」

TOMOMI先生「それは特定の子がいるとかじゃなくて誰でもいいの?」

ユーゴっサム「その日に来てくれた中にいい子がいれば話しかけたいです」

とーやま校長「女子側からしたらどうなんですか?」

RINA先生「ステージの後やから、“ライブどうやった?”ってところからいくのが自然なんじゃないですか?」

あしざわ教頭「感想を聞く感じでね」

RINA先生「そこから“どんな音楽好き?”とか健全な会話をする」

150915_sol10.jpg


ユーゴっサム「はい!」

RINA先生「いきなりLINEとか聞いてくる男子はちょっと嫌なんですよ」

とーやま校長「何で嫌なんですか?」

RINA先生「なんかチャラいと思ってすごい引いちゃいます。LINEもアドレスとか電話番号とかと変わらないし、最初は音楽の話とかして仲良くなってから聞いてほしい」

MAMI先生「相手も了承した上での交換はいいと思う」

RINA先生「でも第一声が難しいよね」

とーやま校長「確かに!」

TOMOMI先生「“どこ高?”とか、“どこからきたの?”とかは?」

ユーゴっサム「あ〜」

MAMI先生「じゃあ最初からライブに誘えばいいじゃん!文化祭に来てる女の子見つけて、ライブに呼んで、そのあと感想を聞きに話しかけるとか」

150915_sol08.jpg


ユーゴっサム「なるほど!」

とーやま校長「ライブに来るお客さんも増えるし、話すキッカケもすごい自然な流れだし!」

ユーゴっサム「これでいきます!!」

あしざわ教頭「大前提として、ライブかっこよくやるんだぞ!」

とーやま校長「ベース始めてどれくらいなの?」

ユーゴっサム「半年くらいです」

とーやま校長「じゃあTOMOMI先生にアドバイスもらっておこう」

ユーゴっサム「お願いします!」

TOMOMI先生「そうですね〜文化祭とかだったら、目立たないとダメだから、ベースでも前に出てアクションしたらいいかなって思いますね。ギタリストに負けない気持ちで!!」

とーやま校長「これは普段の気持ちもぶちまけてるんですか?(笑)」

MAMI先生「そういう思いでやってるの?(笑)」

一同「(笑)」

とーやま校長「じゃあそういう気持ちを持って、文化祭がんばってくれよ」

ユーゴっサム「はい!がんばります!!」


♪ LIFE IS A JOURNEY / SCANDAL


続いては…

はなたんぽ* 秋田県 17歳 女性 高校3年生

とーやま校長「はなたんぽ*はSCANDAL先生が大好きなんだ?」

はなたんぽ*「大好きです!」

SCANDAL先生「ありがとうー!」

とーやま校長「それで相談したいことって何かな?」

はなたんぽ*「夢を追いかけてる途中で挫折をしてしまったときに、SCANDAL先生だったらどう乗り越えますか?」

とーやま校長「はなたんぽ*は今、そういう状況なのか、詳しく教えてもらってもいいかい?」

はなたんぽ*「私は助産師になりたくて、看護大学を目指しているんですけど、成績や大学の学費とか周りの人からも色々言われて自信をなくしたこともあったんですけど、それでもやっぱりなりたいと思って」

とーやま校長「うん、いいことだと思う!」

はなたんぽ*「SCANDAL先生は目標に向かう途中に躓いてしまったときの立ち直り方を教えてほしいと思ってます」

とーやま校長「SCANDAL先生は挫折とかあったときどうしてましたか?」

150915_sol15.jpg


HARUNA先生「挫折というか、諦めかけてしまうことは何度かあるんですけど、でも気持ちが強ければ強いほど人の心は動かせると思うんです。学費でお母さんに反対されても、本当になりたい気持ちがあって話をしたら、きっと気持ちを動かせると思う」

RINA先生「自分で見つけた夢やし、叶えてほしいなって。成績は自分のがんばり次第で何とかできると思うからがんばって、それで成果を出してお母さんに認めてもって、それで周りの批判は一切気にしなくていいから、うちらはすごく応援してます!」

はなたんぽ*「はい!ありがとうございます!」

とーやま校長「これからきついこともあるけど、その時は、今、SCANDAL先生から届けてもらった言葉を思い出してがんばってくれ!」

はなたんぽ*「はい!がんばります!」

とーやま校長「ありがとう、話聞かせてくれて!」

SCANDAL先生「ありがとうね!」

RINA先生「がんばって!」

はなたんぽ*「ありがとうございました!」

さぁ黒板のお時間となってしまいました。
本日はHARUNA先生に黒板を書いていただきました!

150915_sol17.jpg


150915_sol19.jpg


『 人生はフリーダム!メン? 』
今日、色々な生徒に逆伝をして、それぞれの人生にストーリーがあって、
その中に悩みがあったけど、自由でいる気持ちが1番大切になってくるし、
そう思うことがこれからの人生につながっていくキッカケになるんじゃないかと思いました。

150915_sol18.jpg


150915_sol20.jpg


150915_sol21.jpg


SCANDAL先生、本日はありがとうございました!
ぜひまた来てください!メ〜ン?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150914_fax01.jpg
RN さくさく★


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
オリオンパンチ 岩手県 16歳 女性
ユーゴっサム 埼玉県 16歳 男性
はなたんぽ* 秋田県 17歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 CROWS / SiM
22:14 Flashback No.5 / SCANDAL
22:26 ミラクル / miwa
22:38 Sisters / SCANDAL
23:12 リバーシブルー / クリープハイプ
23:20 風にふかれて / クリープハイプ
23:37 LIFE IS A JOURNEY / SCANDAL
23:49 Sisters / SCANDAL
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
SCANDAL先生は、生徒にとって友達みたいな存在だ!
うれしい!また来て下さい!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
SCANDAL姉さん!
ほんとうに頼もしい!!
いつでも校長として来てくれることを待っていますよ!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150914_sol01.jpg


『 毎日、劇的な事なんかない 』

まずは書き込みから

ぼんくらぐらし!
テキトーに2時間目から学校行ってラムネなんか食って過ごした。
放課後にクラス対抗の綱引きがあって相手はゴリゴリマッチョの2年でモチロン尻餅ついた。美味しかった。
今週は進路とか電話とか面接とか親とか教師とか色々しんどい。はよ、しるばーになれ思う。
ボンクラ微少年
男性/18歳/兵庫県
2015-09-14 19:27



今、ぼんくらぐらしでも、いつか劇的な事は必ず訪れるから、
そのための準備として、日々過ごしてほしいと思います!

150914_sol02.jpg


今夜のSCHOOL OF LOCK!のスタートはゲスの極み乙女。先生の新曲
『オトナチック』を初オンエア!


♪ オトナチック / ゲスの極み乙女。


10月14日(水)リリースの『無垢な季節』との両A面シングルに収録されているぞ!!

150914_sol03.jpg


そして今夜の生放送教室は…

オススメのアーティスト教えて(´-`)
みんなのオススメのアーティスト教えてくださいぃぃぃ?(´-`).。oOちなみに僕はGOOD ON THE REELっていうバンドにハマってるお∧( 'Θ' )∧
にゃらららららーーん
男性/16歳/三重県
2015-08-19 19:27


アーティスト
みなさんのオススメのアーティストを教えてほしいです!
グドモに最近いいなって思ってるんですがもっといっぱい色んなアーティストを知りたいなーと思ってですね笑
ジブリモール坂本
男性/16歳/北海道
2015-08-15 19:13



というわけで今夜は、
秋のオススメディスク スペシャル!

タイトルそのまま、生徒のみんなに、今、いちばんのオススメディスクを教えてもらう授業です!
ゲスの極み乙女。先生も元々はこの学校の生徒に教えてもらいました。
なんていうか……本当にみんな、ブレイクする少し前に見つけるので情報が早い!

さあ、今、みんなが一番オススメしたいアーティストを教えてくれ!
友達の周りで流行っているアーティスト!
まだ全然話題になってないけど、自分的に“キテる”CD!
有名でも無名でも、なんでも大丈夫!
CDや曲のタイトル、アーティスト名、そして、それがどれだけヤバいのか!
オススメポイントと共に、できるだけ詳しく学校掲示板メールに書き込んでね!

そして教頭就任以来、初のオススメディスクの授業となるあしざわ教頭
そのアーティストとパイプを作ろうと考えている(かもしれない)あしざわ教頭の姿はこちら

150914_sol04.jpg


さぁ早速、生徒からオススメディスクを紹介してもらいます!!

宇宙の国王陛下7世 長崎県 17歳 男性 高校3年生

とーやま校長「国王陛下7世いつもご苦労様です!」

宇宙の国王陛下7世「はい、お疲れ様です」

あしざわ教頭「まだ国王にあんまり慣れてない感じですね(笑)」

とーやま校長「即位したてだからね(笑)、じゃあ宇宙の国王陛下7世が、今、オススメされているアーティストはどなたでございましょうか?」

宇宙の国王陛下7世「『Fear, and Loathing in Las Vegas』です!」

とーやま校長「『Fear, and Loathing in Las Vegas』はSCHOOL OF LOCK!でも何回か曲かかってるし、俺も夏フェスとかで名前聞くよ!」

150914_sol11.jpg


あしざわ教頭「僕も名前はよく見ます」

とーやま校長「このバンドとはどうやって出会ったの?」

宇宙の国王陛下7世「1年くらい前にオリコンでよく入ってるのを見て、それで聴いてみようと思って聴いたらめちゃくちゃはまりました!」

とーやま校長「どんなバンドなの?」

宇宙の国王陛下7世「6人組のバンドで、ツインボーカルなんですよ」

あしざわ教頭「ツインボーカルなんだ!!」

とーやま校長「ジャンルとかそういうの表現できる?」

宇宙の国王陛下7世「ツインボーカルの1人が高音で、もう1人がシャウトする感じなんですけど、それがめっちゃ合ってるんですよ」

とーやま校長「その共鳴が好きなんだなねぇ、じゃあさっそくいっちゃおうか」

あしざわ教頭「早く聴きたいですね!」

とーやま校長「じゃあ宇宙の国王陛下7世様、曲を紹介していただいてもよろしいですか?」

宇宙の国王陛下7世「はい!」

とーやま校長「では、お願いします!!」

宇宙の国王陛下7世「めっちゃテンションが上がる曲なんで、みなさんも一緒に聴いて楽しみましょう!『Fear, and Loathing in Las Vegas』で『Rave-up Tonight』!」


♪ Rave-up Tonight / Fear, and Loathing in Las Vegas


とーやま校長「デジタルディスコハードコアバンド!!キラキラしてて熱もこもっててカッコイイね!!」

あしざわ教頭「演奏もカッコよくないですか?バッキバキのベースも入ってきますし!」

とーやま校長「重低音の響きがめっちゃいいね!!7世様教えてくださってありがとうございました!!」

あしざわ教頭「ありがとうございました!!」

150914_sol16.jpg


続いて曲を紹介してくれるのは…

だめじい 福岡県 15歳 女性 高校1年生

とーやま校長「だめじいは今いくつぐらいですか?」

だめじい「え〜81歳くらいですかね(笑)」

とーやま校長「じゃあ…高校1年生くらいか(笑)」

150914_sol13.jpg


だめじい「そうですね」

あしざわ教頭「なんだよこのやりとりは!!(笑)」

とーやま校長「早速なんだけど、だめじいのオススメのアーティストは誰なんだい!?」

だめじい「『Mrs.GREEN APPLE』です!!」

とーやま校長「あっ!!これは俺も知ってる!!」

あしざわ教頭「僕も知ってます!!」

150914_sol12.jpg


とーやま校長「改めてどんなバンドか教えてもらえるか?」

だめじい「ポップで、ロックなメロディーに伸びやかな歌と、概念をぶち壊してくれるような歌詞が魅力的な5人組のバンドです!!」

とーやま校長「概念をぶち壊す!?」

あしざわ教頭「聴いたときに衝撃があったってこと?」

だめじい「はい!!」

とーやま校長「確かめっちゃ若かったよね?」

だめじい「ボーカルの大森元貴さんが今日誕生日で19歳です!」

あしざわ教頭「えっ!?」

とーやま校長「元貴おめでとーーー!!!!」

あしざわ教頭「おめでとー!!」

だめじい「おめでとうございます」

とーやま校長「最近よく名前見るようになってきたよね」

150914_sol09.jpg


あしざわ教頭「それに顔もみんなめっちゃ可愛らしい」

だめじい「そうですね!!」

とーやま校長「じゃあ、だめじい曲紹介してもらっていいかい!!」

だめじい「新しいスタートラインにあなたをお連れ致します、『Mrs.GREEN APPLE』で『StaRt』!!」


♪ StaRt / Mrs.GREEN APPLE


とーやま校長「だめじいの言った通り、既成概念をとっぱらう歌詞だったなぁ〜今までに見たことなかった並びだった」

あしざわ教頭「それにポップなんだけど、言葉が刺さってきますよね!!」

とーやま校長「“ここは遊び心で満ちよう!敢えての策略なのら。ララララ♪”とかすごい!」

あしざわ教頭「メロディも“幸せな時間を”のところは“ドレミファソラシド”だったような気がしました」

とーやま校長「お〜すごいな!!しかもまだみんな若くて、生徒と同じくらいだからね」

あしざわ教頭「いや〜おもしろいです!」

150914_sol07.jpg


続いては…

現実逃避のラブライバー 埼玉県 12歳 女性 中学1年生

とーやま校長「早速なんだけど、一番のオススメアーティストは誰!?」

現実逃避のラブライバー「『コレサワ』です!」

とーやま校長「このアーティストも確かSCHOOL OF LOCK!で曲かかってるよね」

あしざわ教頭「名前覚えてます」

とーやま校長「どうやって出会ったの?」

現実逃避のラブライバー「友達に勧められて聴きはじめました!」

とーやま校長「最初に聴いたときはどんな風に感じたの?」

現実逃避のラブライバー「声とかがすごく可愛かったです!」

とーやま校長「どんなところをみんなに聴いてほしい?」

現実逃避のラブライバー「私は曲の主人公と似ているところがあって、そこがいいと思ったので、私と同じように重ね合わせて聴いてもらえると嬉しいです!」

とーやま校長「よし!それじゃあ、曲紹介のほうやってもらっていいかい?」

現実逃避のラブライバー「『コレサワ』で『君のバンド』です!」


♪ 君のバンド / コレサワ


とーやま校長「思い出した!!みんなと一緒に聴いた!!」

あしざわ教頭「すごいよかったって話しましたね!!」

とーやま校長「すごくポジティブで明るくて、この子がすごい良いって思った感情がよみがえってきたよ」

あしざわ教頭「ほんとに可愛いです!」

ここからはたくさんの書き込みの中から何曲かオススメディスクを紹介!!

150914_sol10.jpg



秋のオススメ・ディスク
今日は「秋のオススメ・ディスク」ということなので、最近のカルガモット一押しアーティストを紹介します。”BAYCAMP”でも盛り上がっていたようですが、『夜の本気ダンス(通称:夜ダン)』です!あしざわ教頭は耳が早いのでご存知だと思いますが、特に「where?」という曲はアガリます。゚+.(・∀・)゚+.゚
さぁ一緒に踊りません??
カルガモット
男性/19歳/東京都
2015-09-14 17:16




♪ WHERE? / 夜の本気ダンス


あしざわ教頭「僕、知ってます!夜ダンと呼ばれてるバンドですね!この『WHERE?』って曲のMVがめちゃくちゃかっこいいんでぜひ見てください!!」

とーやま校長「かっこいいね!!カルガモット教えてくれてありがとー!!」

あしざわ教頭「ありがとう!!」


おすすめディスク!!
僕がおすすめするアーティストのディスクは...Bentham先生の「NEW LIFE」です!!
Bentham先生は四人組のバンドで、音楽性といえばどの曲もとてもキャッチーで、また、最近流行りのハイトーンボイスで楽しく聴けるロックといえるでしょう!Bentham先生が有名になったきっかけといえば、レーベルメイトのKEYTALK先生のライブでオープニングアクトを務めたことです!僕もこれをきっかけに知りました!!
なおぞうちくわ
男性/14歳/高知県
2015-09-14 19:32




♪ Undulate / Bentham


とーやま校長「これもかっこいいなぁ!!ライブでガンガン腕振り上げて蒸気がすごそう!!」

あしざわ教頭「聴いてるこっちもハッピーになれる曲ですね!教えてくれてありがとー!!」


おすすめディスク
LILI LIMIT というバンドは必ず大ブレイクすると私は確信しています! サカナクションと同じ男女5人組の構成で、シティロックの雰囲気がありつつもはっきりしたメロディーが耳に残ります?| 'ω' |?♪
地味にSOLでもたまに流れているんです!
ぜひ聴いてみてください(^ ^)
ソーピッズキャメル
女性/16歳/秋田県
2015-09-14 20:04




♪ Girls like Chagall / LILI LIMIT


とーやま校長「この時間帯のLILI LIMIT先生はいいね」

あしざわ教頭「心に染みますね、でも地味に曲をかけてるってどういうことですかね?(笑)」

とーやま校長「ちゃんとやってるつもりだけどね(笑)」

あしざわ教頭「僕らの紹介の仕方か…!!」

とーやま校長「そういうことか!!ゴメン!!教えてくれてありがとー!!」

150914_sol06.jpg


さぁここからは再び逆電をしてオススメディスクを紹介してもらいます!!

夢遊 神奈川県 15歳 女性 中学3年生

とーやま校長「“夢”で“遊ぶ”ってなんだかいいラジオネームだね!」

夢遊「ありがとうございます!」

とーやま校長「夢遊のオススメを教えてもらえるかい!?」

夢遊「『和楽器バンド』です!」

とーやま校長「名前は少し知ってるけど、音は聴いたことないなぁ、どういうバンド?」

夢遊「尺八だったり、三味線だったりの和楽器を使って演奏してるんですけど、全員が先生レベルの上手さなんです!それでとにかくかっこいいです!」

とーやま校長「どんなところが魅力的?」

夢遊「ボーカルの鈴華ゆう子さんの、ハイトーンでビブラートの効いてる声がすごいです!それに綺麗です!」

とーやま校長「今、こっちでも検索したんだけど、アー写もめっちゃかっこいいね!!」

あしざわ教頭「衣装がすごい!!」

とーやま校長「和テイストで、着物で和太鼓あって三味線あっていいね!!」

150914_sol08.jpg


あしざわ教頭「ライブとかすごそう!」

とーやま校長「じゃあ夢遊、曲紹介してもらっていいかい?」

夢遊「すごく綺麗でかっこいい曲です。『和楽器バンド』で『脳漿炸裂ガール』!」


♪ 脳漿炸裂ガール / 和楽器バンド


とーやま校長「あっという間に和楽器バンドの世界観に包まれたね!!」

あしざわ教頭「やばい!!めっちゃいい!!なんだこれ!!」

とーやま校長「気分上げたいときに聴いたらテンション上がりまくりでしょ!!」

あしざわ教頭「本当に新しいですね!!“和”にいくだけじゃなくて、“洋”の要素もあって」

とーやま校長「“和楽器バンド”って感じだね!!」

150914_sol15.jpg


続いて紹介してくれるのは…

SEIGI 山形県 18歳 女性 高校3年生

とーやま校長「じゃあ早速、SEIGIのオススメしたいアーティストは誰!?」

SEIGI「『フジロッ久(仮)』です!」

とーやま校長「最近めっちゃ名前見る!」

あしざわ教頭「僕は初めて聞きました」

とーやま校長「どうやって出会ったの?」

SEIGI「友達に勧められたラジオを聴いてたら、たまたま流れてきて、それではまりました!」

とーやま校長「どんなところが魅力的?」

SEIGI「ピアノサウンドが素敵で、キラキラしているところです!」

とーやま校長「名前とのイメージは全然違った。もう早く聴いてみたから、曲紹介してもらってもいいかな?」

SEIGI「はい!」

とーやま校長「それじゃあ曲紹介よろしく!」

SEIGI「私に笑顔のキッカケを与えてくれた曲です!『フジロッ久(仮)』で『シュプレヒコール』!」


♪ シュプレヒコール / フジロッ久(仮)


とーやま校長「出会ったな!完全に出会ってしまった!!」

あしざわ教頭「すごく前を向ける曲ですね!」

150914_sol14.jpg



うわっ!
なにこれ!
やばい!!
めっちゃ好きなかんじの声だぁ?!!!!
あーやばい、好きな系だ?笑笑
あとでしらべよ!!
ぴな♪
女性/14歳/愛知県
2015-09-14 23:45


みんな
凄いどストライクな、音楽ばっかり!!
そういう情報ってどこで知ってるんだろう…
ネトロヴィッチ
男性/17歳/山形県
2015-09-14 23:44



とーやま校長「本当にどうやって見つけてるんだろうね、こんないい曲」

あしざわ教頭「ピアノだからできる優しさが感じられますよね」

150914_sol05.jpg


そして今夜も黒板のお時間となりました!

150914_sol18.jpg


『 1曲は1つの世界 』
1つの曲に出会って、そこからまた新しい音楽が開けていき、さらに色々な曲を知る、
そう考えると曲は人のようなものだと思います。
へこんだときに聴いた曲の印象が違ったりするし、たくさんのことを教えてくれる、
1つの曲に出会うことは新しい世界に出会える、そう思いました。
これからもどんどん新しい世界に飛び込んでいこう!!

150914_sol17.jpg


そして最後は書き込みからオススメディスクを紹介!


おすすめディスク!
私のおすすめディスクは、Ken YokoyamaさんのI Won't Turn Off My Radioです!この前タワレコに行った時、流れていて気になる曲が二曲あったので「今流れている曲はなんですか?」と店員さんに聞いたら、二曲ともKen Yokoyamaさんでした!
思わずCD買っちゃいました!
ふもふもっくま
女性/18歳/東京都
2015-09-14 12:53





♪ I Won't Turn Off My Radio / Ken Yokoyama


生徒のみんな、たくさんの曲との出会いをくれてありがとう!!
みんなも色々な曲を聴いて、世界を広げよう!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
宇宙の国王陛下7世 長崎県 17歳 男性
だめじい 福岡県 15歳 女性
現実逃避のラブライバー 埼玉県 12歳 女性
夢遊 神奈川県 15歳 女性
SEIGI 山形県 18歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 オトナチック / ゲスの極み乙女。
22:14 ゲームしかやってないから / トリプルファイヤー
22:26 リバーシブルー / クリープハイプ
22:39 Rave-up Tonight / Fear, and Loathing in Las Vegas
22:43 StaRt / Mrs.GREEN APPLE
22:49 君のバンド / コレサワ
23:15 Dream Fighter / Perfume
23:32 WHERE? / 夜の本気ダンス
23:33 Undulate / Bentham
23:34 Girls like Chagall / LILI LIMIT
23:38 脳漿炸裂ガール / 和楽器バンド
23:43 シュプレヒコール / フジロッ久(仮)
23:50 I Won't Turn Off My Radio / Ken Yokoyama
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
楽しいぞ!
聴きたいのたくさん!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今夜もたくさん出会えた!!
ありがとー!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150910_sol01.jpg


『 台風 大丈夫かい? 』

台風の影響が心配されるけど、みんな大丈夫かな?
書き込みもたくさんありました。


台風18号
台風ヤバかったです!僕のところは避難勧告も出て、とにかくすごかったです。過ぎてくれたので明日は安心できますかね?
クロッピー
男性/17歳/栃木県
2015-09-10 18:57


そういえば
うち、断水してます。不便です。きっともっと大変な人もいると思いますが、災害対策の大切さを改めて感じました。日頃からこうなったら、ああなったらっていうシュミレーションが大切なんだと思いました。校長、教頭。応援お願いします。気休めでも、安心を下さい。
ささらせん
女性/18歳/栃木県
2015-09-10 21:26



情報をしっかり確認して、外に出るのはなるべく控えるようにしよう!!

150910_sol02.jpg


今夜の生放送教室には…!
我が校の技術の講師、通称テクの講師!!
9mm Parabellum Bullet先生が来校!!


音楽室から何度もライブを届けてくれたり…
9mmのコピバンを集めて、一緒に練習したりと…
いつも様々なテクを伝授してくれる9mm先生!

もちろん今夜も9mm先生と一緒に未来のスキルを握る…
“テク”の授業やるぞ!

音楽やバンドのテクはもちろん!
友達関係のテク!恋のテク!
9mm先生に教えてもらいたい事だったら何でもOK!
生徒のみんなが伝授してもらい「テク」学校掲示板もしくはメールに書き込んでほしい!

ちなみにあしざわ教頭の教えてもらいたい「テク」は…
色気がほしい!!

150910_sol03.jpg


とーやま校長いわく、原因はシャツのボタンを上までしちゃうところ、
みんなから見てどう?

150910_sol04.jpg


生徒からはこんな書き込みが……


シャツww
シャツ全部閉めてるとかめっさおもろwww
色気がんば!
トマッティ柚音yuzuto
女性/15歳/島根県
2015-09-10 22:13



あしざわ教頭「やかましいわ!(笑)」

とーやま校長「上まで閉めちゃうと坊ちゃん感が出ちゃうよね」

あしざわ教頭「なんか閉めたくなっちゃうんですよね」

とーやま校長「でも、色気がある人はシャツをキッチリ着ていても色気はあるんだよ。多分、教頭と色気は相性が良くない!」

あしざわ教頭「ええっ!」

とーやま校長「とんがったメガネにするとか、サングラスにするとか…。とりあえず、教頭の今年の目標にしよう!」

あしざわ教頭「色気、出していくぞ!!」

ちなみにボタンを開けると…

150910_sol05.jpg


…………

とーやま校長いわく、「チャラい」そうです……。


さらに9mm先生が、昨日、9月9日(水)にリリースした…QUATTRO A-Side Single!
『反逆のマーチ/ダークホース/誰も知らない/Mad Pierrot』!!
このQUATTRO A-Side Singleのリリースを記念して、
9月9日(水)、9mmの日に行われた
東京・SHIBUYA CLUB QUATTROで行われたリリースパーティー。

このライブに9mm先生が、我が校の生徒4名を招待してくれました!
その名も9mm Parabellum Bulletライブハウス実習

今夜はこの「ライブハウス実習」の模様を9mm先生と一緒に振り返っていくぞ!
昨日のライブに参加した生徒!さらにニューシングルの感想も待ってます!!

150910_sol06.jpg


生放送教室には…
我が校の技術の講師!通称…テクの講師! 9mm Parabellum Bullet先生が登場!!!

150910_sol07.jpg


卓郎先生「菅原卓郎です! よろしくお願いします」

とーやま校長「よろしくお願いします! 今日は、菅原先生おひとりでの来校ということで、我が校には昨年の12月以来の来校です! わりと開きましたね?」

卓郎先生「そうですね。今年の前半はずっと曲を作っていたので、それが今回カタチになったんですけど…」

とーやま校長「夏フェスとかも出られていましたけど、新曲の反応はいかがでした?」

卓郎先生「やっぱり、最初はみんな曲を知らないから、無理やり盛り上がろう奴と、じっとしている奴がいるんだけど、それがちょうどいいくらいの温度になって、最後の方はオオ〜って感じになってましたね

とーやま校長「上手い具合に融合したんですね! それがどういう曲かというと……」

9月9日(水)にリリースされましたQUATTRO A-Side Single「反逆のマーチ/ダークホース/誰も知らない/Mad Pierrot」!!!

クアトロとは、イタリア語で「4」。メンバー4人がそれぞれ作曲とプロデュースを担当!

とーやま校長「今回、何でこんな構成になったんですか?」

卓郎先生「先ほど言っていた作曲期間中に、シングルかミニアルバムを作ろうっていうのを話していて、その為に全員で曲を書いていたんですよ」

とーやま校長「それっていつものスタイルなんですか?」

卓郎先生「いや、全員必ず曲を持って来いっていうのは初めてですね。それで曲を集めていって、最初は普通のシングルにしようっていう相談はしていたんだけど、蓋を開けてみたらみんな良い曲だから、“じゃあ4曲入れちゃいましょう!”ってなったんです」

とーやま校長「いいですね〜!」

卓郎先生「そしたら、スタッフが“4曲A面にしちゃいましょうよ!”って」

とーやま校長「トリプルくらいなら聞いたことありますけど、クワトロは聞いたことない!!」

あしざわ教頭「きっかけはそのスタッフさんの一言だったんですね」

卓郎先生「“何バカな事言ってるんだ! 採用!!”っていう感じです(笑)」

あしざわ教頭「それで、このシングルが生まれたんですね!」


さらに、完全受注生産限定Special EditionはピザBOX仕様!

150910_sol09.jpg


とーやま校長「すでに見たやつもいるかもしれないけど…」

あしざわ教頭「まさに宅配ピザの入れ物そのもの!!」

とーやま校長「ピザ頼んでこれ持ってこられても何の違和感もないよね(笑)」

あしざわ教頭「すごくワクワク感がありますよね!」

150910_sol10.jpg


とーやま校長「卓郎先生は『誰も知らない』の作詞・作曲を担当されていて、さらに、『反逆のマーチ』『ダークホース』の作詞もされています。いつもは詩を書かれていますけど、曲は今までも書かれていたんですか?」

卓郎先生「インディーズの時は半分くらい歌のメロディを付けたりとか、曲のアイディアの素を作ったりしていたんですけど、こんなにがっつり作詞作曲やっているのは初めてですね」

とーやま校長「どういう気持ちだったんですか?」

卓郎先生「全員の曲を入れるんだっていうことになっていたので、別にそんなに気負うこともなく、“俺、そういえば曲書いてたよな”くらいな感じでしたね。今回は全員で曲を出すっていう面白さがあったから、俺は俺でいればいい。その方が良いなって思いましたね」


♪ 誰も知らない / 9mm Parabellum Bullet


あしざわ教頭「色気あるなぁ…!!」

とーやま校長「教頭に無い色気がバンバンあるね! AメロBメロはすごくゆらゆらしていて、ゆったりしている所にサビになると攻撃開始っていう感じで、酔拳みたいでしたね。バンドサウンドの達人の域に行っているなと思いました!」

卓郎先生「なるほど! 例えが上手いですね」」

とーやま校長「俺ね……上手いんですよ(照)」

あしざわ教頭「今のは下手でしょ(笑)」

卓郎先生「照れてる(笑)」

そして…このQUATTRO A-Side Singleのリリースを記念して、昨日9月9日に行われたリリースパーティーに我が校の生徒4名を招待していただきました!

その名も「9mm Parabellum Bulletライブハウス実習@SHIBUYA CLUB QUATTRO」!

とーやま校長「まさに、9mm先生の技術! テクを目の前で見る事ができる、実習に生徒を招待してくれたんです! ありがとうございます!!」

あしざわ教頭「このリリースパーティーはUstreamでも配信されていたから、パソコンやスマホで参戦した生徒もいるかと思いますが…!」

とーやま校長「まずは、当日参加した生徒に話を聞いてみたいと思います! もしもし!」

???「もしもーし!!」

とーやま校長「校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです! そして…!」

卓郎先生「菅原卓郎です!」

はす@邦ロック好き 神奈川県 16歳 女性 高校1年生

はす@邦ロック好き「はす@邦ロック好きです!」

とーやま校長「挨拶の力強さから昨日の余韻や熱が伝わってくるけど、はすは、9mm先生が大好きなんだよね?」

はす@邦ロック好き「はい、大好きです!!  中2の頃にSCHOOL OF LOCK!で『Black Market Blues』を聴いて、ヤバいヤバい!! みたいになって!」

とーやま校長「すごい衝動が生まれて、そこから9mm先生の曲を聴くようになったんだ! 今まで9mm先生のライブは観た事があった?」

はす@邦ロック好き「いえ。そのライブが人生で初めてのライブだったんです!」

あしざわ教頭「9mm先生の演奏を生で見るのも、ライブに行くのも初だったんだ!」

はす@邦ロック好き「はい!」

とーやま校長「それって、一生忘れないライブになるよね」

卓郎先生「俺も初めて観に行ったライブ覚えてるもん。俺、山形出身なんだけど、新潟にBUMP OF CHICKEN先生を観に行ったんだよ!」

150910_sol12.jpg


とーやま校長「ええっ!! それっておいくつくらいの時ですか?」

卓郎先生「17歳くらいの時で、『天体観測』が出たばかりくらいの時で、アリーナとかじゃなくて、普通のライブハウスだったんですよ」

とーやま校長「その事をいまだに忘れていないんですね。そんな忘れることのない初ライブを、はすは体験することが出来て、しかも大好きな9mm先生のライブだったんだね! 感想を聞かせて?」

はす@邦ロック好き「まず、セットリストから素晴らしくて、4人のメンバーの先生達が1人4曲ずつ選んでいて、ライブでよくやる曲じゃなくても演奏してくれたりして、豪華なセトリでした!」

卓郎先生「QUATTRO A-Side Single以外のシングルの曲は2曲しかやらなかったね」

とーやま校長「例えば、卓郎先生はどういう基準で4曲選んだんですか?」

卓郎先生「頭のブロックは俺で、次はかみじょう君で。っていうのは決めていたから、ライブの滑り出しだなっていうのを考えながら選曲しましたね」

あしざわ教頭「起承転結みたいな、全体のイメージがあったんですね」

とーやま校長「『Discommunication』3曲目とか、ヤバ過ぎるな!」

はす@邦ロック好き「ヤバかったですよ!!」

とーやま校長「はすから見て、後はどの辺がヤバかった?」

はす@邦ロック好き「初めてのライブだったので、本当にワケが分からなかったんですけど、動画とかで見た9mm先生のライブと、生では会場の雰囲気とか盛り上がりが全然違って、すごかったです!」

とーやま校長「そのライブ実習で、はすが得たテクってある?」

はす@邦ロック好き「あります! 私、高校からベースを始めて、和彦先生のベースの弾き方とか魅せ方とか、すごいテクをもらいました!!」

あしざわ教頭「そうなると、マイクの位置がだいぶ変わりますね(笑)」

とーやま校長「はすのシャウトもあるんだろうなあ」

卓郎先生「教育としてはいかがなものか…(笑)」

とーやま校長「そして、噂に聞いていたんですけど、SHIBUYA CLUB QUATTROに花道を作ったんですって?」

卓郎先生「はい。赤いカーペットにしてパーティ感出しました」

はす@邦ロック好き「私は、花道の先端の3列目くらいで観ていて、めっちゃ近かったです!」

とーやま校長「うわあ〜! それはすごい!」

あしざわ教頭「汗とか飛んでくるくらいの距離だね!」

とーやま校長「最後に改めて、卓郎先生にお礼の言葉を伝えようか!」

はす@邦ロック好き「本当に昨日はありがとうございました! 10月のツアーも行きます!!」

卓郎先生「ありがとう! じゃあ、またテクを盗んでいってね」

とーやま校長「盗んだテクをベース弾きに生かして、シャウトするんだぞ!!」

はす@邦ロック好き「はい!!」


♪ ダークホース / 9mm Parabellum Bullet


150910_sol13.jpg


とーやま校長「卓郎先生が聴いている最中に頭を抱えていたんですけど……」

卓郎先生「いやぁ、女子高生が和彦のマイクの位置でシャウトした場合、大変にハレンチな状態になるんじゃないですか?」

とーやま校長「ドラムが女子か男子か分からないですけど、色々と丸見え必至ですよね(笑)。 今後、ツアーに参戦する時は、和彦先生には直立不動でシャウトしてもらえばいいかな?(笑)」


逆電したはす@邦ロック好きや、我が校を代表して「ライブハウス実習」に参加した4人のレポートはコチラ!

とーやま校長「そして、ライブハウス実習の中で大喜利セトリというのがあるとお聞きしましたが、これってどういうことなんですか?」

卓郎先生「“ク・ア・ト・ロ”で、あいうえお作文みたいな感じで曲を披露したんですけど、ロが9mmの曲になかったので、スピッツの『ロビンソン』をやったんですよ」

あしざわ教頭「えええっ!?」

とーやま校長「想像がつかないんですけど、速いんですか?」

卓郎先生「速いですよ」

あしざわ教頭「速い!? すごいですね!」

卓郎先生「スピッツのイベントに9mmを呼んでくれたことがあって、その時に“自分たちの曲をメタルみたいにしてやって欲しい”っていう事を話してくれて。だから、今回アレンジ変えてやってみました」

とーやま校長「元々、スピッツ先生って、初期の方とかパンクとか激しい感じだったから、そこでつながるんですかね!」

あしざわ教頭「でも、まだイメージが湧かないなぁ〜」

とーやま校長「そんな貴重な演奏を観られたってめっちゃイイね!」


そして、9mm Parabellum Bullet先生は10月からは、ツアーもスタート!

『カオスの百年TOUR 2015』

10月8日(木)仙台 Rensaを皮切りに、北海道・新潟・名古屋・福岡・広島
東京・高松・大阪!!

とーやま校長「もうすぐですよね? どんな感じになりそうですか?」

卓郎先生「そうですね。もう、対バンが最高すぎるんで、対バンしたことがありそうで無さそうなバンドと沢山やろうと思っています」

あしざわ教頭「これは楽しみですね〜!!」

卓郎先生「オープニングアクトは、自分たちのアコースティックなんですよ」

とーやま校長「ええっ! その後に対バンのバンドが出て、最後に再び9mmなんですか!?」

あしざわ教頭「9mm挟みじゃないですか!」

卓郎先生「そうそう(笑)」

150910_sol08.jpg


とーやま校長「さぁ、ここからは9mm Parabellum Bullet菅原先生と一緒にこの授業をしていきたいと思います!」

未来のスキルを握る…テクの講座!!!!!

あしざわ教頭「1000のテクを持つ菅原先生に、その技術、テクを伝授してもらいたいと思います!」

とーやま校長「テクが欲しくてしょうがない奴が沢山いるんで、どんどん行きましょう!」

友祐(ゆうすけ) 千葉県 16歳 男性 高校2年生

とーやま校長「友祐は、卓郎先生にどんなテクを伝授してもらいたいんだ?」

友祐(ゆうすけ) 「好きな子を振り向かせるためのテクを教えてください!」

卓郎先生「あらやだ、青春の悩みだよ…!」

とーやま校長「卓郎おばあちゃんが出てきた(笑) 好きな子っていうのはどんな子なんだ?詳しく教えてくれ!」

友祐(ゆうすけ) 「今、部活で軽音部に入っていて、ボーカルをやっているんですけど、基本はコピーで、色んなアーティストの曲をやっています。9mm先生の『Black Market Blues』とかもやったことあります! 今、こうやって歌っている人と話せてワー!! って感じです(笑)」

とーやま校長「すごい状況だよね(笑) ただ、好きな人を振り向かせるテクっていうのはどういうこと?」

友祐(ゆうすけ) 「バンドのメンバーの子が好きで…」

とーやま校長「バンド内恋愛ですよ!」

卓郎先生「あらやだよ〜。これはいけないよ〜」

とーやま校長「卓郎おばあちゃん(笑)  友祐は、その子がいつくらいから好きなの?」

友祐(ゆうすけ) 「元々、去年同じクラスになってから気になっていて、その後色々話して仲良くなって、席も前後になったり、一緒にカラオケ行ったりしたんですよ」

あしざわ教頭「幸せだなあ」

とーやま校長「めっちゃイイじゃん!!」

友祐(ゆうすけ) 「それで、カラオケの時に俺の歌を聴いて、“バンドのボーカルが抜けちゃったから、入ってくれない?”って今のバンドに誘われたんです」

卓郎先生「そこでスカウトされたんだね」

友祐(ゆうすけ) 「それで、軽音部に入ってバンドで一緒にやっていく内に仲良くなって、好きだなって思って、一度告白したんですよ」

とーやま校長「1回告白したんだ!」

友祐(ゆうすけ) 「でも、LINEで返事が来て、“1日待ってくれ”って言われて、結局は友達でいようって感じでフラれてしまったんです」

とーやま校長「それでもやっぱり想いは消えないんだ。どうにか振り向かせたいんだね! これ、卓郎先生がテクを与えるとしたらどうしますか?」

あしざわ教頭「同じバンド内ですからね……」

卓郎先生「でも、一度告白しているわけだから、これはステイですよ」

とーやま校長「様子見というわけですね。ちなみに、前に告白したのはいつ?」

友祐(ゆうすけ) 「今年の5月くらいですね」

卓郎先生「相手の子は、カラオケに二人で行って、良いボーカル見つけたって思うくらいバンドをやりたい子なわけじゃないですか。だから、バンドのメンバーとして、音楽をやる仲間だと思って見ているんだと思う。でも、好きだっていう事はその子は知っているわけだから、この先、その子がバンドじゃない所で良いねって思ってもらえるかもしれないね」

150910_sol11.jpg


とーやま校長「ほ〜!」

卓郎先生「だから、今はステイでね。でも、向こうに好きな子出来そうだなって時は焦らないとね!(笑)」

とーやま校長「カッコイイ所を見せるテクを身に着けて、今はステイというテクを!!」

あしざわ教頭「ちょっと大人なテクですね」

友祐(ゆうすけ) 「ありがとうございます!」

150910_sol14.jpg


続いて、卓郎先生にテクを教えてほしい! という生徒は?

ミスタージャック 鹿児島県 16歳 男性 高校2年生

とーやま校長「早速なんだけど、卓郎先生に伝授してもらいたいテクはなんだ?」

ミスタージャック「広い心を持つためのテクです!!」

とーやま校長「これは難しそうだな…」

ミスタージャック「去年、高校に入学したんですけど、高校生になってからなんか怒りっぽくなっちゃって、自分の中では悪いって思っているんですけど、ちょっとしたことで怒ってしまう事が結構あって…」

自分の怒りっぽい性格を直さないと、周りの空気も悪くなるから、常に友達と笑顔で接することが出来るようになりたい! と言うRN ミスタージャック。

とーやま校長「このテクはどうしたらいいですかね?」

卓郎先生「ミスタージャックは、友達とは常に一緒にいるような生活を送っているの?」

ミスタージャック「そうですね」

卓郎先生「一人でいる時間を自分で作ったら、友達と会っている時は“仲良くしよう”ってより思うんじゃないかな? スポーツやバンドとかはやってるの?」

ミスタージャック「卓球部に入っているんですけど、練習とかは1対1でやらないといけないので、一人になるっていうのが中々難しいんです…」

とーやま校長「そうか〜」

卓郎先生「でも、周りの人全部と仲良くしなくても良いと思うんだ。気の合う友達で、自分の性格を分かってくれる奴が一人や、二人でもいれば、それでいいんじゃないかと俺は思うな」

ミスタージャック「周りにも、僕の性格を理解してくれる人が何人かいます」

卓郎先生「俺も、何でもかんでもムカつくって思っていた時期もあったし、俺の友達でもそういうことがあったし、だからってソイツのことが嫌いになるかって言ったら、そういうわけじゃなくて……。ミスタージャックがそうなのはしょうがないから、全部の事を上手くやろうとしなくてもいいんじゃないかな」

とーやま校長「確かに、皆に好かれようと思って無理な話だしね」

あしざわ教頭「それがまた、自分でイラついてしまう原因になってしまうかもしれないですよね」

卓郎先生「皆の人気者でいるより、良い友達が一人いる方が絶対イイよ! そういう奴いるかな?」

ミスタージャック「相手は分からないですけど、僕自身、話したりしている人たちは皆友達だと思っています!」

卓郎先生「じゃあ大丈夫だよ!」

とーやま校長「今の言葉と、卓郎先生からいただいたテクで、明日からの学校で友達と話してみて!」

ミスタージャック「はい! ありがとうございます!!」


ここで、本日の授業はおしまい! 黒板のお時間になってしまいました。

150910_sol15.jpg


今夜は、菅原先生に黒板をお願いしたいと思います。

150910_sol17.jpg


150910_sol18.jpg



『 自分でいればいい 』

ミスタージャックの話から続いているんだけど、やっぱり、人って全部の事を上手くしたくなっちゃう。
だけど、自分はこうして自分になってるんだって気づかせてくれるような、そんな関係を大事にしていけばいいんじゃないか。そう、思いました。

150910_sol16.jpg


とーやま校長「“上手くいってないな”とか、“テンパってるな”っていう時こそ、卓郎先生が書いてくれたこの文字を見て欲しいね!」

卓郎先生「良かった。俺も、みんなの話を聞いて自分のことを色々と考えましたね」

とーやま校長「たまに、この言葉って自分に返ってきますよね」

あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「卓郎先生、本日はありがとうございました!!」


150910_sol19.jpg


卓郎先生! ありがとうございました!
また、ぜひ遊びにきてください!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150910_fax01.jpg
RN のろすけ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
はす@邦ロック好き 神奈川県 16歳 女性
友祐(ゆうすけ) 千葉県 16歳 男性
ミスタージャック 鹿児島県 16歳 男性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:02閃光 feat.10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ
22:23ファビュラス / ビッケブランカ
22:36誰も知らない / 9mm Parabellum Bullet
22:49ダークホース / 9mm Parabellum Bullet
23:15新宝島 / サカナクション
23:41Mad Pierrot / 9mm Parabellum Bullet
23:50反逆のマーチ / 9mm Parabellum Bullet
23:52Mad Pierrot / 9mm Parabellum Bullet
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
9mm先生はいつも素敵なテクを生徒にくれる!
ずっと頼もしいよ!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
どの曲も9mm先生らしく、色の違う名作!!
そして、卓郎先生、その色気…ください!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150909_sol01.jpg


『 あの坂をのぼる 』

150909_sol02.jpg


オープニングから、乃木坂46の魅力を真剣に語るとーやま校長…かっこいい…

150909_sol03.jpg


あしざわ教頭も真剣に聞いていました。

今夜はそんな乃木坂46の新曲!
『今、話したい誰かがいる』を初オンエア!


♪ 今、話したい誰かがいる / 乃木坂46


今夜の授業テーマ
“アイドル”についてたくさんの書き込みがありました!!みんなありがとう!!
ということで今夜は、
生徒による、アイドルの授業ということで。
今、1番好きなアイドルの魅力を、生徒のみんなと校長・教頭の2人に教えてほしい!

学校掲示板メールで待っています!

150909_sol04.jpg


オープニングのとーやま校長の熱弁を聴いてたくさんの書き込みも!


校長の乃木坂愛
校長の乃木坂さんに対する愛がそんなに深いものだとは!今年の初めに『制服のマネキン』を踊りだした時には、ただ面白いとしか思っていませんでしたが、聴いているうちにハマってしまいました!最近では、乃木坂が何かに出ていたら、注目するようになりました。校長の深い思いに感動しました!乃木坂、もっと好きになったなぁ。
カミングアップお兄さん
男性/19歳/山梨県
2015-09-09 22:19



そして踊るとーやま校長
♪BGM 制服のマネキン

150909_sol05.jpg


シャキーン!!

150909_sol06.jpg


カメラ目線でシャキーン!!

150909_sol07.jpg



校長・・・かっこいい!
アイドルから人生の話になってる!深いですね〜校長!!かっこいい!!
マックス・クラウン
男性/16歳/鹿児島県
2015-09-09 22:15



とーやま校長「今まではアイドルとか全然知らなかったんだけど、乃木坂46を知って、こんな人生もあるんだと思って改めて感じたよね、でも時間が足らないんだよ!!乃木坂特番やらしてくださいよ!!」

あしざわ教頭「こういう“好きだ”って気持ちで、曲の響き方とか違ってくるわけじゃないですか、だから生徒からも聞いていきましょうよ」

とーやま校長「嫌だ!乃木坂だけでいい!!」

あしざわ教頭「ええ!?そんなこと言わず聞いていきましょうよ!このままだとこれだけになっちゃいますから!!だからやっていきます!!」

とーやま校長「しょうがないから、わかった!!やっていこう!!」

150909_sol10.jpg


最初に好きなアイドルの魅力を紹介してくれるのは…

メロンエナジー 岩手県 18歳 男性 高校3年生

とーやま校長「早速なんだけど、メロンエナジーの好きなアイドルを教えてくれ!!」

メロンエナジー「僕が好きなアイドルは『夢みるアドレセンス』です!!」

とーやま校長「俺、乃木坂46を初めて見たときに一緒に出てたと思うわ」

あしざわ教頭「『夢アド』って呼ばれてるよね?」

メロンエナジー「はい!」

とーやま校長「どういうアイドルなの?」

メロンエナジー「元々読者モデルで、そこから3年前に結成されたアイドルですね」

とーやま校長「推しメンとかはいるの?」

メロンエナジー「志田友美ちゃんですね!」

あしざわ教頭「うわー綺麗だね!!」

とーやま校長「志田友美ちゃんのどんなところがいいの?」

メロンエナジー「彼女を知ったキッカケが、仮面ライダー鎧武にヒロイン役で出てて、それを見て、自分と1つしか年齢が変わらないのにがんばってて、あと同じ岩手県出身というのもあって応援してます」

とーやま校長「学校の友達と喋ったりしてるの?」

メロンエナジー「僕の学校では夢アド知ってる人がいなくて喋ったことはないですね」

とーやま校長「知らない友達に紹介とかしてない?」

メロンエナジー「あまりしてないですね…」

とーやま校長「そこを広めていくのがお前の仕事じゃないのか、メロンエナジーよ!!!」

あしざわ教頭「熱い校長が出てきました!」

150909_sol13.jpg


メロンエナジー「これからはとーやま校長のようにがんばっていきたいと思います!!」

とーやま校長「そうだよ!!メロンエナジーにとって『夢みるアドレセンス』はどんな存在?」

メロンエナジー「同じ10代なのにモデルやアイドルとして色々な分野で仕事をしていて、そういう部分が自分にとってお手本というか、勉強になります」

とーやま校長「やっぱりアイドルってかわいいだけじゃなくて、見ていると何かもらえるんだよな」

メロンエナジー「そうですね!」

とーやま校長「ちなみにライブとかは行ったことあるの?」

メロンエナジー「ライブはまだ行ったことないんですけど、5月に一関でイベントがあって、実際に志田友美ちゃんに会って握手してきました」

とーやま校長「どうだったのよ!!握手は!?」

メロンエナジー「初めて目の前にして緊張したんですけど、色々会話してがんばってって伝えました(笑)」

あしざわ教頭「嬉しさが岩手からすごい伝わってくるよ」

とーやま校長「アイドルの曲にコールとかあるじゃん?あれできたりする?」

メロンエナジー「動画では見たことあるので、少しはいけます」

とーやま校長「よし!じゃあメロンエナジーは今、家?」

メロンエナジー「家にいます」

とーやま校長「なら大きい声出せるだろ」

あしざわ教頭「そういう判断ですか!」

メロンエナジー「多分いけます」

あしざわ教頭「いけるんかい!!」

とーやま校長「曲名言ってくれたら、それをかけるから、そしたらコールいれてくれないか?」

メロンエナジー「わかりました!」

とーやま校長「それでライブの雰囲気とか少しは伝わると思うから、みんなも聴いてくれ、メロンエナジー曲紹介よろしく!!」

メロンエナジー「『夢みるアドレセンス』で『くらっちゅサマー』です!」


♪ くらっちゅサマー / 夢みるアドレセンス


とーやま校長「いや〜カッコイイな!この曲のどんなところが好きなの」

メロンエナジー「アップテンポで夏の熱さを表現してるところがいいなって思いました」

とーやま校長「ライブとかで観たら盛り上がるし、コール楽しいな〜」

あしざわ教頭「一体感がいいですよね」

メロンエナジー「はい!」

とーやま校長「夢みるアドレセンスしっかり覚えたぞ!ありがとうな!」

メロンエナジー「はい、ありがとうございました!!」

150909_sol15.jpg


メロンエナジーのコールに対して書き込みが!


聞こえました!
メロンエナジーさんの掛け声陸前高田までしっかり聞こえました! 笑
でんでんでんむし
男性/13歳/岩手県
2015-09-09 22:49



とーやま校長「響きわたったよなぁ“ちゅっ”と“夢アド!”が!」

あしざわ教頭「いや〜届いてますよ!」

とーやま校長「コールができるやつはいいね〜」

あしざわ教頭「盛り上がりが違いますよね!」

150909_sol14.jpg


ここで書き込みをいくつか紹介


ぼっちの乃木坂好き
ぼくの周りでは乃木坂46が好きな人は一人しかいません。しかも女子なので話しにくいです(T^T)そもそも乃木坂46を知ってる人が少ないです(涙)なので校長の乃木坂46の話をたくさん聞きたいです
青山のお隣の大ファン
男性/14歳/東京都
2015-09-09 23:25




150909_sol12.jpg


とーやま校長「だろ?やっぱりね、今度発売する新曲『今、話したい誰かがいる』なんだけど…」

あしざわ教頭「別にいいんですけど、校長に拍車がかかっちゃうんだよなぁ」

とーやま校長「話をするってことは本当に大切だと思っていて、例えば好きなものを共有できる喜び、それが全国ツアーの場所だったり、握手会だったりでまた共有できて、さらに思いを確認できる。こういう話をどんどんしていきたいよ!」

あしざわ教頭「なるほど」

とーやま校長「だから青山のお隣の大ファンも、掲示板とかに書き込んでみんなと共有してほしい!」


しょぼんぬ
ちょっと気になってた人が乃木坂が大好きらしいことを知った。やっぱりアイドル好きな人ってあからさまにかわいい子がタイプなのかなって考えてたら凄まじく落ち込んだ。好きになる人とタイプは違うというけれど、いやはや、、しょぼんぬ、、生まれ変わったら誰もが羨む絶世の美女になりたいもんだ。くそう、、
青色センチメンタル
女性/18歳/山形県
2015-09-04 17:38



とーやま校長「俺も、最初は容姿を見て綺麗だと思って好きになったけど、今となって色々なものを見て、内面が好きになったのね。だから気になってた人がそう思ってたとしても、外見よりも、自分のやらなきゃいけないことにがんばって内面を磨くこと、その心の変化が顔に出ると思う!」

あしざわ教頭「それにその人の好きなタイプと、アイドルが一致するわけじゃないですからね、その子に魅力を感じれば好きになってくれますからね」

150909_sol11.jpg


さぁ続いて、アイドルの魅力を伝えてくれるのは…

のぼりやまてつみち 広島県 17歳 男性 高校2年生

とーやま校長「のぼりやまてつみちも好きなアイドルがいるんだな?」

のぼりやまてつみち「います!」

とーやま校長「じゃあ教えてくれ、誰だい!?」

のぼりやまてつみち「アイドルマスターです」

とーやま校長「俺は初めて聞いたんだけど、どういうアイドル?」

のぼりやまてつみち「アイドルマスターシンデレラガールズっていう携帯ゲームがアニメ化されて、その中のアイドルなんです」

とーやま校長「アニメってことは、実際の人もいるの?」

のぼりやまてつみち「声優さんがライブをやってます!」

あしざわ教頭「なるほどね!」

とーやま校長「じゃあ、ライブとか見たらそのキャラの中の人が歌ってるんだ!ライブとかは行ったことあるの?」

のぼりやまてつみち「行こうと思ってるんですけど、チケットが当たらなくていけなかったです…」

とーやま校長「それは残念だなぁ…ちなみにどんなところが好きなの?」

のぼりやまてつみち「キャラがかわいくて、ストーリーの内容もよくて最高です!」

あしざわ教頭「そうか、アニメだからストーリーもあって、それでも楽しめるんだね」

とーやま校長「推してる子とかいるの?」

のぼりやまてつみち「前川みくです!」

とーやま校長「どんなところが好きなの?」

のぼりやまてつみち「ネコキャラで、ネコミミつけて、語尾に“にゃ”をつけて喋るのがすごいかわいいんですよ!」

とーやま校長「じゃあライブとかでも実際に“にゃ”をつけて喋るんだ」

のぼりやまてつみち「はい!」

とーやま校長「それはかわいいね!それを観たらのぼりやまてつみちはどうなっちゃうの?」

のぼりやまてつみち「もう幸せになりますね(笑)」

とーやま校長「自分の中でアイドルマスターはどんな存在?」

150909_sol18.jpg


のぼりやまてつみち「5月に告白してフラれたんですよ、どうしようもなくて、そのときアニメを見て元気づけられて、大切な存在です」

とーやま校長「やっぱり勇気や元気もらえるよな、なんか好きな曲あるの?」

のぼりやまてつみち「『おねだりShallWe〜?』っていう曲が好きですね」

とーやま校長「コールとかあるの?」

のぼりやまてつみち「コールできるのは『お願い!シンデレラ』です」

とーやま校長「じゃあ『おねだりShallWe〜?』を一緒に聴くか、『お願い!シンデレラ』でコールをやるか、どっちがいい?」

のぼりやまてつみち「『お願い!シンデレラ』をお願いします!」

とーやま校長「じゃあ、曲紹介からやってコール見せてくれよ!」

のぼりやまてつみち「はい、『アイドルマスターシンデレラガールズ』で『お願い!シンデレラ』」


♪ お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS


とーやま校長「オッケー!やっぱり声優さんだけあってめちゃくちゃ声かわいいし、ポップな曲でいいな!」

あしざわ教頭「さすがですね」

とーやま校長「コールはやってみてどうだった?」

のぼりやまてつみち「いや〜緊張して全然普段の力発揮できませんでした…」

あしざわ教頭「本当ならもっとできるもんな」

とーやま校長「教えてくれてありがとうな!」

のぼりやまてつみち「はい!ありがとうございました!」

あしざわ教頭「じゃあな〜!」

150909_sol16.jpg


そしていつもより早く黒板のお時間……に?

150909_sol21.jpg


『 アイドルとは、俺たちのライバル 』
青春の全てを投げうって1つのものにかけてるのがアイドルだと思います。
それに対して、俺たちはそういうものがあるのか、見つかっているのか、見つけていたらそれに全てをかけているのか、
それをアイドルから教えられました。
だからこそ、今、そのアイドルに負けないようにがんばっていくことができるのだと思います。


とーやま校長「よし、黒板終わった!!もうここからはアンコールだよな!!」

あしざわ教頭「えっ!?」

とーやま校長「ラジオネーム、スポーツマンのバスケ少年!!」

スポーツマンのバスケ少年 島根県 15歳 男性 高校1年生

スポーツマンのバスケ少年「はい!」

あしざわ教頭「ええっ!?」

とーやま校長「好きなアイドルは誰?」

スポーツマンのバスケ少年「乃木坂46です!」

とーやま校長「一言で乃木坂46の好きなところを!」

スポーツマンのバスケ少年「みんながかわいいところです!」

あしざわ教頭「確かにかわいいですけど…」

とーやま校長「そして!!ラジオネーム、はるぼっくる!!」

はるぼっくる 神奈川県 15歳 男性 高校1年生

はるぼっくる「はい!」

あしざわ教頭「えええっっ!!??」

150909_sol19.jpg


とーやま校長「好きなアイドルは誰よ?」

はるぼっくる「乃木坂46です!」

とーやま校長「ちなみに推しメンは?」

はるぼっくる「ななみんです!!」

とーやま校長「イエーイ!!まだまだ楽しい時間はこれからだからな、スポーツマンのバスケ少年もはるぼっくるも叫び足りないだろ?」

スポーツマンのバスケ少年・はるぼっくる「はい!」

あしざわ教頭「この3人は何なんだ!?」

とーやま校長「じゃあ曲流れるから、思い思いのコールをやっちゃおうぜ!電波の私物化だ!」

スポーツマンのバスケ少年・はるぼっくる「はい!」

とーやま校長「よし!いくぞ!スポーツマンのバスケ少年とはるぼっくる、そして全国の乃木オタのみんなと一緒に盛り上がるのはこれ!」


♪ ダンケシェーン / 乃木坂46


とーやま校長「フーーーーーー!!!!!!」

150909_sol08.jpg


とーやま校長「いや〜最高だね!乃木坂46サイコーーーーーーーーー!!!!」

スポーツマンのバスケ少年・はるぼっくる「サイコーーーーーー!!」

とーやま校長「このダンケシェーン、ライブでめちゃくちゃ盛りあがったのよ」

あしざわ教頭「みんなのこと大好きになったわ(笑)」

ここでメールが!


校長、教頭こんばんは。
たった今SOLを聞いてくれているであろう乃木坂46のさゆニャンこと井上小百合さんが755に
「とーやま校長さん、すごい語ってくれてたね。嬉しかった。ずっと聴いてて自分を変えるキッカケになったラジオ番組の方が、今、自分のいるグループを好きになってくれていることが、本当にうれしくて夢みたい。」
と語っていました。
校長の愛はしっかりメンバーにも伝わってますよ!やりましたね!
自由飲酒党
男性/北海道



150909_sol17.jpg


あしざわ教頭「すごい繋がりですね!」

とーやま校長「聴いててくれて本当にありがとう!!乃木坂46のみんなはこれからもよろしくだし、スポーツマンのバスケ少年とはるぼっくるも一緒に応援していこうな!」

スポーツマンのバスケ少年・はるぼっくる「はい!」

とーやま校長「じゃあみんなで挨拶いこう」

あしざわ教頭「起立!!」

とーやま校長「はい、立って!!」

あしざわ教頭「礼!!」

校長・教頭・スポーツマンのバスケ少年・はるぼっくる「また明日!!」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150909_fax01_02.jpg
RN まかっちょ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
メロンエナジー 岩手県 18歳 男性
のぼりやまてつみち 広島県 17歳 男性
スポーツマンのバスケ少年 島根県 15歳 男性
はるぼっくる 神奈川県 15歳 男性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 何度目の青空か? / 乃木坂46
22:09 そんなバカな… / 乃木坂46
22:12 僕がいる場所 / 乃木坂46
22:18 今、話したい誰かがいる / 乃木坂46
22:32 ALL FOR YOU / GENERATIONS from EXILE TRIBE
22:46 くらっちゅサマー / 夢みるアドレセンス
23:12 君に届け / flumpool
23:21 タイムカプセル / flumpool
23:40 お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
23:47 ダンケシェーン / 乃木坂46
23:52 乃木坂の詩 / 乃木坂46
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
今日聴いてくれたみんな、
ダンケシェーン!
フゥー!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ちゃんと熱を持って話すって大事ね!
いい曲たくさんあった!!…ちゅ!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150908_sol01.jpg


『 帰還! 』

昨日のエフエム山形の生放送から
無事、東京に帰還致しました!!!
会いに来てくれた生徒のみんな、ありがとう!!
当日の様子は職員ブログを見てね!!

150908_sol02.jpg


まずはお知らせを1つ!
今、生放送教室で話した、
「9mm Parabellum Bullet LIVE HOUSE実習」で9mm先生の凄腕テクを盗み出してもらう生徒は…

たくまろん 16歳 東京都
たむたむ 16歳 東京都
ぽひゃん 17歳 神奈川県
はす@邦ロック好き 16歳 神奈川県


以上の4名!
4人には当日LIVE HOUSE実習に参加したレポートをUPしてもらう予定!!
楽しみにしていてくれ!!

たくさんの応募ありがとう!!

150908_sol03.jpg


さあ、今夜のSCHOOL OF LOCK!は、
映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」より、
エレン役の三浦春馬先生、
アルミン役の本郷奏多先生がSCHOOL OF LOCK!に進撃!!!!

8月1日(土)に前篇が公開され、
今月、9月19日(土)に後篇の
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」が公開となります!!

なので今夜は、三浦春馬先生、本郷奏多先生を迎えて、
後篇の見どころなんかも色々と聞いていきたいと思っています!!

そして本日の授業テーマは!
「世界は残酷だぁああああああ!!!!!!」

原作とも映画とも言い方のニュアンスが違うけど、今夜はこのテンションで!!!!
「世界は残酷だぁああああああ!!!!!!」

生徒のみんなが、
思わず心の中でそう叫んでしまったような出来事、
思いきり壁にぶち当たってしまったような出来事、
を教えてほしいと思う!!

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」を楽しみにしている生徒から、
三浦春馬先生、本郷奏多先生への作品に対する質問やメッセージも待ってるぞ!!

さらに今夜は生徒から、
進撃の巨人ごっこの写メも待ってるぞ!
掲示板に画像も添付出来るようになっているので、
進撃の巨人ごっこの写メを添付して……心臓を捧げよ!!!!

全ては学校掲示板またはメールから送ってくれ!!

150908_sol08.jpg


生放送教室には…
エレン役の三浦春馬先生とアルミン役の本郷奏多先生が登場!!

春馬先生「こんばんは〜」

奏多先生「よろしくお願いします」

校長・教頭「よろしくお願いします!!」

「進撃の巨人」
全世界累計発行部数5,000万部を突破する大人気の漫画!!
その原作をベースに新たなキャラクターとストーリーで構成される
映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」

8月1日(土)に前篇が公開され、
今月、9月19日(土)に後篇の
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」が公開となります!!

とーやま校長「おめでとうございます!!」

春馬先生・奏多先生「ありがとうございます」

とーやま校長「まずお聞きしたいんですけど、春馬先生はこの“進撃の巨人”が実写化されて、それに出演することになってどう思われましたか?」

春馬先生「本当にビックリしました。自分も元から原作のファンで、お話がきたときは、にわかには信じがたかったです。まさかでした」

とーやま校長「あの原作が映画になるっていうのは、僕はなかなか想像できなかったんですけど…」

春馬先生「そうですね、僕もそうでした。オファーが来たとき、どうやって描いていくんだろうか気になりましたね」

とーやま校長「奏多先生はどう思われましたか?」

奏多先生「僕も原作の大ファンだったので、とにかくあの世界観に自分が入れるのが嬉しかったですね。進撃の巨人の印象的なあの装備を初めて身に着けたときの感動は今でも覚えてますね」

あしざわ教頭「好きな作品の世界観に入るって不思議な感覚になりそうですね」

奏多先生「写真を撮ってもらったんですけど、でも自分が出演することを教えることができなかったので、家でゴロゴロしながらニヤニヤして見てました(笑)」

あしざわ教頭「かわいい(笑)」

とーやま校長「ちゃんと誰にも言わなかったんですね!」

奏多先生「もちろんですよ!!」

とーやま校長「お二人の演じるエレンとアルミンは原作と同じ名前の登場するキャラクターですけど、この役をやるうえで意識したことはあるんですか?」

春馬先生「原作のシーンの撮影があったら、前日は穴が開くほど原作読んで、アニメ見返したりしましたね。でもそれが面白すぎて、余計な所まで見てしまって寝不足みたいな(笑)」

あしざわ教頭「本末転倒かもしれないですね(笑)」

とーやま校長「現場で役についてのお話しとかされたんですか?」

春馬先生「頻繁にはないですけど、要所要所ではありましたね」

奏多先生「僕が2人で撮ったシーンの中で気に入っているのが、巨人の口の中から助けてもらうシーンなんですけど、そこは2人とも熱くなって、話し合いながら組み立てられたかなと思います。すごくいいお芝居の時間でした」

とーやま校長「僕が見た感想なんですけど、最初はほのぼのした平和なシーンから始まるのに、でも巨人が出てきたらめちゃくちゃ怖くて、本当に目を背けたくなるくらい怖かったです!」

春馬先生「やっぱり実写版ならではの巨人のリアリティや怖さを感じられますよね。そういうこと含めて新しい魅力を伝えることできたと思いますね」

とーやま校長「本当に絶望だよ!大きい巨人から、小さい巨人もいて!」

春馬先生「実は、あの小さい巨人にも名前があるんですよ」

あしざわ教頭「え!?」

奏多先生「放浪巨人っていうんですけど、あれは監督もお気に入りで、後篇ではすごく良いシーンで出てくるので、注目してほしいです!」

150908_sol04.jpg


ここからは書き込みを紹介!!


三浦先生!本郷先生!
この前、前編の舞台挨拶に行かせていただきました!
本編も2度目だったのですが迫力はやっぱり何回みてもものすごくて!!!
もう、震えが止まりませんでした。
終始カタカタしてました。笑
巨人に食べられそうになったアルミンをエレンが助け出してそのまま自分が食べられてしまうところが印象に残ってます。こんな友人がいたらいいだろうなと思いました。
後編もぜったい見に行きます、楽しみにしてます!!!
みこぞー。
女性/14歳/東京都
2015-09-08 22:21



とーやま校長「僕も自分だったらっていう感覚で見ちゃいましたね」

春馬先生「ありがとうございます!」


しんげきーー!
お二人に質問です!
アクションとかってどれぐらい練習したんですか?
あぷあぷあっぷる
女性/14歳/山形県
2015-09-08 22:13



とーやま校長「立体起動装置を使うシーンとかももありますし、どうだったんですか?」

春馬先生「クランクインの前に、ワイヤーアクションを練習しましたね。ここまで本格的なワイヤーアクションは初めてでした」

あしざわ教頭「空中で殺陣をしなきゃいけないってことですよね?」

春馬先生「そうなんですよ、空中で足がつかなくて体が安定しないので、軸を大切にする為にインナーマッスルを鍛えるのが辛かったですね」

とーやま校長「奏多先生も辛かったですか?」

奏多先生「自分も本格的なワイヤーアクションの練習をやったんですけど、本編では全然飛んでないんですよね…」

とーやま校長「飛んでない!?(笑)」

奏多先生「決して、下手だからダメとかそういうことではないと思うんですけど…あれやんなくてもよかったのかな?」

あしざわ教頭「いやいやいや!そんなことないですよ!!」

とーやま校長「でも後篇にはかっこいい部分があるんですよね?」

奏多先生「はい、後篇は全キャラまたかっこよくなってますよ!」

とーやま校長「楽しみにしてます!!」

150908_sol09.jpg



進撃の巨人 Attack on Titan観ましたヽ(≧Д≦)ノ
進撃の巨人観ました。
一人で観に行ったのですが、とても興奮して
めっちゃ1人で動いていました。
ここで終わるのか!!ってかんじで後編がとても気になりました。
エンドオブザワールドは初日に観に行きます!!
さくら父兄
女性/14歳/埼玉県
2015-09-08 19:52



とーやま校長「アトラクション的な部分もありますよね」

春馬先生「ここまで体感型な映画って邦画では少ないんじゃないかと思うんですよね」

とーやま校長「映画館で観ると迫力がすごいですよね」

あしざわ教頭「映像の細やかさ、1つ1つすごいリアルでドキドキしましたよ」

奏多先生「やっぱり巨人のすごさは、大きいスクリーンで見てほしいですね」


進撃の巨人(^ ^)
進撃の巨人前編のジャパンプレミアと大ヒット御礼舞台挨拶に行きました!炎の演出にはすごく驚きました!!春馬先生、奏多先生とってもかっこよかったです(^ ^)
本編のアクションシーンは圧巻でした!
進撃の巨人の世界観は、とても迫力があって観ていてとても引き込まれました^ ^後編も楽しみです♪今から待ちきれません?
後編も舞台挨拶行きたいですo(^▽^)o

春馬先生と奏多先生に質問です!
撮影中にあったハプニングはありますか?教えてください!!
はるぽー
女性/15歳/東京都
2015-09-08 21:07



とーやま校長「何かありましたか?」

春馬先生「ハプニングは……監督が、後篇の最初の身動きが取れないシーンで、すごい衣装が暑くてでも動けなかったんです。そのとき監督が“ハルマのためにパルム買ってきた”って言われて、あれはなんだったんだと」

一同爆笑!!

春馬先生「ほんとは優しさなんですけどね(笑)、すごくユーモアがある監督なので」

とーやま校長「奏多先生はありましたか?」

奏多先生「監督がとてもチャーミングな方で、僕の好きなガンダムのグッズを持ってきて自慢してきたりして、すごく子供っぽい楽しい監督でしたね」


しつもーん!!
三浦先生と本郷先生が進撃の巨人の撮影をしていて『こんなのはじめてー』って思ったことはありますか?
ことろはこっこにゃっつ13
女性/14歳/愛知県
2015-09-08 22:15



春馬先生「進撃の巨人の世界観を表現をするために、色々な汚しのメイクとかもしてきて、セットも含めてそうだったんですよ。奏多君が演じるアルミンと、僕の演じるエレンの救出劇とか、巨大なセットでやってて、お互い必死な中で、でもその中で巨人のよだれにみたてたローションでグチャグチャになりながら演技したのは…」

春馬先生・奏多先生「初めて!」

あしざわ教頭「あ!揃った!!」

とーやま校長「ネタ合わせしてきたんですか!?(笑)」

春馬先生「最近意気投合しちゃってます(笑)」

150908_sol12.jpg


さぁ、ここからは生徒に逆電をして、
「世界は残酷だぁああああああ!!!!!!」と思ったことを聞いていきます!!

かも☆ 宮城県 19歳 女性 大学1年生

とーやま校長「かも☆は進撃の巨人観た?」

かも☆「友達と観に行きました!!」

とーやま校長「どうだった?」

かも☆「原作は知らなかったんですけど、予告編を観たら行きたくなって、実際、興奮しっぱなしでした!!」

奏多先生「ありがとうございます」

とーやま校長「じゃあ、かも☆の“世界は残酷だぁああああああ!!!!!!”と思うこと教えてくれるか?」

かも☆「私は今年、大学に入学して、陸上部のマネージャーになって、この前の大会で走り終わった選手のナンバーカードをもらう補助員をしたんですけど、そのとき一緒にやっていた先輩が美人過ぎて、走り終わった人たちがその先輩のところばっかりに行き、私のところには数人しか来ませんでした!!」

一同爆笑

とーやま校長「これは残酷すぎるな(笑)」

あしざわ教頭「そんな露骨なことあるのか!(笑)」

とーやま校長「男子はどれくらいいたの?」

かも☆「1レースで7〜8人走るんですけど、1〜2人しかきてくれないこともありました」

春馬先生「これは残酷ですね…」

奏多先生「たまたまかもしれないですよ、その先輩が近くにいたからとかかも」

かも☆「目の前を通ってスルーされちゃったんですよ」

とーやま校長「あ〜それは悲しいな、先輩の周りには男子が集まってたのか」

かも☆「囲まれてました」

あしざわ教頭「本当はそういうことじゃないんだけどね(笑)」

春馬先生「ただカード渡すだけですからね(笑)」

奏多先生「1〜2人を大切にしてあげたほうがいいよね」

とーやま校長「そうだよね、来てくれた男子を大切にしよう」

あしざわ教頭「何のアドバイスなんですか!(笑)」

奏多先生「あとはその先輩が先に卒業するのを祈るだけですね」

かも☆「えええええ!?(笑)」

とーやま校長「かも☆、話聞かせてくれてありがとうな!!」

かも☆「はい!」

とーやま校長「でも世界は残酷かもしないけど、本当は美しいぞ(キリッ)」

あしざわ教頭「名言でた!」

かも☆「ありがとうございました!!」

春馬先生「ありがと〜」

奏多先生「バイバイ!」

150908_sol06.jpg


まだまだ逆電していきます!!

さくさく★ 神奈川県 15歳 女性 中学3年生

とーやま校長「さっそくだけど、さくさく★が“世界は残酷だぁああああああ!!!!!!”と思ったことは何?」

さくさく★「流行の残酷さがわかってしまいました…」

とーやま校長「え?どういうこと?」

さくさく★「今年の春くらいに、前髪を眉毛より上にするオン眉が流行ってたんですよ」

あしざわ教頭「三戸なつめちゃんみたいなやつね」

さくさく★「それで、私がそのとき、目にかかるくらいの前髪があって、伸ばすかオン眉にするか悩んで、オン眉に切ったんですよ」

とーやま校長「流行に乗ったわけだ!」

さくさく★「そしたら切ったちょっとあとくらいに、あれ?って思って、周りのみんなが前髪を伸ばしてて、オン眉のピークが終わってたんですよ!!」

あしざわ教頭「オン眉のピークって初めて聞いたよ!(笑)」

さくさく★「どうしようもなくて、髪が伸びるおまじないとかやったんですけど、全然だめで…」

春馬先生「かわいい!」

奏多先生「知りたいな、それ!(笑)」

とーやま校長「どんなおまじないなの?」

さくさく★「水曜日に、水色のゴムで髪の毛を縛ると伸びるって聞いたんですけど、全然伸びなくて、やっぱり一度失ったものは元に戻らないって感じました」

春馬先生[でもいいじゃないですか、個性出て!みんなと一緒が言いわけじゃないですから!」

さくさく★「はい!」

奏多先生「髪なら時間経てば戻るから、失ったものが前髪でよかったよ」

とーやま校長「それもさくさく★の個性でいいってことだよ!」

さくさく★「はい!ありがとうございます!」

とーやま校長「ただな、残酷かもしれないけど、世界は美しいぞ(キリッ)」

さくさく★「わかりました!ありがとうございました!」

そして黒板のお時間。
今日は三浦春馬先生、本郷奏多先生のお二人に書いていただきました!
まずは本郷奏多先生から

150908_sol13.jpg


『飛べ!アルミンのように!』
10代の頃は、何事にもチャレンジしたほうがいいと思うので、
とにかく広い世界に羽ばたいてほしいと思います。
アルミンが飛んでいるかどうかは…劇場で確認してくれ!!


そして三浦春馬先生は…

150908_sol14.jpg


『世界は幸福』
今回の映画の前篇、後篇を通して、
自分にとっての巨人や、壁が何なのか、考えても楽しめると思います。
今、考えていることが、すごい狭いところにあるなら、
少し俯瞰で見て、客観性を手に入れると、世界観が広がって、
そこからの新しい考え1つで幸せになれるし、
進撃の巨人の世界観をよりいっそう楽しめると思います。


三浦春馬先生、本郷奏多先生、本日はありがとうございました!!
ぜひ、またいらしてください!!
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」9月19日(土)に公開!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

150908_fax01.jpg
RN 玉ちゃん

150908_fax02.jpg
RN ふぐふぐのどか

150908_fax03.jpg
RN 紫の踏切

150908_fax04.jpg
RN 智薪


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
かも☆ 宮城県 19歳 女性
さくさく★ 神奈川県 15歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:02 ダークホース / 9mm Parabellum Bullet
22:13 ステレオライダー / HOWL BE QUIET
22:19 デートプラン / SHISHAMO
22:20 花火 / たんこぶちん
22:23 モラトリアムスパイラル / Suck a Stew Dry
22:38 ANTI-HERO / SEKAI NO OWARI
22:52 ANTI-HERO / SEKAI NO OWARI
23:16 エロ / クリープハイプ
23:22 リバーシブルー / クリープハイプ
23:39 世界は赤色 / 赤色のグリッター
23:49 ANTI-HERO / SEKAI NO OWARI
23:52 この気持ちは僕のもの / アナログフィッシュ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
春馬先生!奏多先生!
絶対また来て下さい!
ありがとうございました!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
後篇のアルミンどうなってるかな〜。
三浦春馬先生、本郷奏多先生
またぜひ来て下さい!!
ありがとうございました。
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150907_sol_00.jpg


『 足がプルプルしております 』

150907_sol01.jpg


オープニングでいきなり芋煮をほおばる校長!羨ましい!!

SCHOOL OF LOCK!の10周年プロジェクト!
全国家庭訪問

第一弾の石川県、第二弾の高知県、第三弾の三重県に続いて、
今回第四弾はエフエム山形にお邪魔して
いつもラジオの中に会いに来てくれる生徒のみんなと、
そして、全国のラジオ局の皆さんに「ありがとう」を伝えます!

題して
秋だ!“芋煮”の到来とともに山形へ!東北のみんなを訪ねる『みちのく授業』を開催だべ!

校長・教頭は「レディ音タイム 〜Ready? On Time!〜」という夕方の番組にも出演しました!
その様子は職員ブログを確認してね!

来てくれた生徒からの書き込みも!


ありがとうございました!
山形にお越しいただきありがとうございます!美味しいものはいっぱいあるしいい所ですよね!今日は2階のほうから校長教頭を見させていただきました!クリアファイル配布の時はお二人と握手できとても嬉しかったです!!教頭には「背大っきいねぇ!w」と言っていただき、校長には修行お疲れ様でした!と言え「ありがとう!」と返されたのでとても嬉しかったです!今度プライベートでも是非山形にお越しください!待ってます!
時雨
男性/17歳/山形県
2015-09-07 22:03




150907_sol02.jpg


そしてエフエム山形から送る、今夜の授業は……
東北のみんなを訪ねる
「みちのく逆電」!!!!

話す内容は何でもオッケー!
今日あったこと、学校のこと、恋愛のこと、芋煮のこと、何でもいいぞ!!!!

東北の生徒は学校掲示板もしくはメール
校長・教頭と話したいこと、自分のことを書き込んでくれ!!一緒に話そう!!

東北以外の地域に住む生徒には山形土産を用意したぞ!

150907_sol03.jpg


あしざわ教頭が漢字を読めなかった芭蕉の句がしっかりと刻まれた「タオル」
校長・教頭が旅の途中からかぶっていた「三角笠」
(ここにも、あしざわ教頭ゆかりの芭蕉の句が入ってます!)

今夜、書き込みまたはメールを紹介した東北エリア以外の生徒に、この山形土産をプレゼントするぞ!!
みんなからのメッセージ待ってます!!

150907_sol04.jpg


まず最初に逆電する東北の生徒はこちらの書き込みをしてくれた生徒!!


久しぶりの再会!
イモ天での公開録音で中学校卒業後会っていなかった親友と久しぶりに会えました!
トリトンブルーの747400d
男性/16歳/山形県
2015-09-07 17:59



トリトンブルーの747400d 山形県 16歳 男性 高校1年生

とーやま校長「山形お邪魔させてもらってるわ、空気おいしいね!」

トリトンブルーの747400d「ありがとうございます」

とーやま校長「今日、イモ天に来てくれたんだ、ありがとう!

トリトンブルーの747400d「はい!」

とーやま校長「中学の友達とはたまたま出会ったの?」

トリトンブルーの747400d「ほんとにたまたまですね」

あしざわ教頭「じゃあ、その友達もSCHOOL OF LOCK!聴いてくれてるってことなんだ」

トリトンブルーの747400d「そうですね」

とーやま校長「お互い来ることは知らなかったんでしょ?よく見つけられたね」

トリトンブルーの747400d「最初は、“どっかで見たことある顔だなぁ”って思って、よく見たら友達だってわかりました」

とーやま校長「トリトンブルーの友達もありがとなー!」

あしざわ教頭「ありがとー!」

とーやま校長「高校入ってどう?楽しい?」

トリトンブルーの747400d「楽しいです!」

とーやま校長「部活とかやってるの?」

トリトンブルーの747400d「山岳部に入ってて、今週末、新人戦の大会があります」

とーやま校長「大会ってどんなことやるの?」

トリトンブルーの747400d「山を登るスピードだけじゃなくて、知識や、テント設営のやり方とか炊事のやり方とかを審査されます」

とーやま校長「これ勝ち抜いたら県大会とかもあるの?」

トリトンブルーの747400d「あります」

とーやま校長「へぇ〜!初めての大会に向けてどう?」

トリトンブルーの747400d「1人1人役割が割り振られるんですけど、僕は天気図係りになって…」

あしざわ教頭「天気図の係りってどんなことやるの?」

トリトンブルーの747400d「天気予報の情報を地図に書いていっていく作業ですね」

あしざわ教頭「大切な役割だね」

とーやま校長「でもさ、山登ると足プルプルするだろ?」

150907_sol05.jpg


トリトンブルーの747400d「いや慣れれば大丈夫ですよ」

とーやま校長「いや〜それはやせ我慢してるね!」

あしざわ教頭「トリトンブルーはそんなことないんだ!?」

トリトンブルーの747400d「たまにあるくらいですね」

とーやま校長「俺らとは全然違うところ登ってるのにすごいな!大会ではどこ登るの?」

トリトンブルーの747400d「最上地方の山で標高1500mくらいです」

あしざわ教頭「すごいなぁ!」

とーやま校長「しんどくなるときもあるかもしれないけど、『校長・教頭みたいに足プルプルしないようにがんばろう』って思ってがんばってくれよ!」

あしざわ教頭「反面教師ですね(笑)」

トリトンブルーの747400d「ありがとうございます!あと、天童市にある水車生そばっていうお店がおいしいですよ!」

とーやま校長「じゃあ水車生そばチェックしとくな!!ありがとう!!」

トリトンブルーの747400d「ありがとうございました!!」

150907_sol09.jpg


ここからはカキコミを読んでいきます!!


ようこそ山形へ!!
校長、教頭!!ようこそ山形へ!!
家からFM山形見えますよー
窓開ければほぼ目の前www
毎日楽しみに聞いてまーす
とも@暇人
男性/15歳/山形県
2015-09-07 22:34



とーやま校長「ほんとか!?」

あしざわ教頭「今、校長が窓の方行きました!」

150907_sol08.jpg


とーやま校長「ともーーーーーーーー!!!!!!」

あしざわ教頭「とも聞こえるか!?」

とーやま校長「よし、届いたはずだ」


山形住み・好きな和尚さん
僕が好きな和尚さんは金髪の和尚さんですね。
シラベナグサ
男性/16歳/山形県
2015-09-07 22:40



とーやま校長「おーなるほど、でもちょっとやさぐれすぎてるね、銀くらいがいいと思う!」

あしざわ教頭「そういう問題じゃないですけどね(笑)」


山形
りんごにラフランスにさくらんぼ!
美味しい果物がたくさんの山形には一回行ってみたかった!
お土産欲しいです!
もらえたらこれを機に山形に旅行でも行くかな。
ソフト☆カツゲン
女性/14歳/北海道
2015-09-07 22:17



とーやま校長「よし、じゃあソフト☆カツゲンにお土産あげる!!」

あしざわ教頭「では“白”のタオルあげましょう!」


閑けさやタオルほしいです!!
いいなー私も座禅組だからリアル座禅したい!!笑マジで、座禅組んだら余計な気持ちなくなりそう……。もうリア充見てうわーってなりたくない泣出汁が閑かに染み込んだタオルください!!
雪待-ゆきまち-
女性/16歳/熊本県
2015-09-07 22:27



あしざわ教頭「僕が“出汁(だし)”という感じを“でじる”と読み間違えちゃったやつですね(笑)」

とーやま校長「さらに“閑けさや”も読めなかったからね!」

あしざわ教頭「じゃあ雪待にもあげましょう!」

とーやま校長「あげる!!」

あしざわ教頭「“黄色”のタオルあげます!!」

150907_sol07.jpg


さぁ!続いて逆電する生徒はコチラの書き込みをくれた生徒!!


みちのく逆電!
ついに夏休みが終わり、今日から学校でした。しかも1週間後にはテストです。そのせいで部活も休みになりました。部活がないと好きな人にも会えません。どうか逆電でこのさみしさを減らしてください。
しろおにたけ
女性/16歳/宮城県
2015-09-07 14:46



しろおにたけ 宮城県 16歳 女性 高校1年生

とーやま校長「今、俺たち山形にいるんだけど、“宮城にも来て”って感じ?」

しろおにたけ「そうですね!宮城もいいところですよ!」

とーやま校長「例えば、しろおにたけの思う、宮城のアピールポイントとかある?」

しろおにたけ「おいしい食べ物いっぱいあります!!ずんだもちとか、牛タンとか」

あしざわ教頭「あ〜おいしいよね〜!!」

とーやま校長「宮城もどっかのタイミングでお邪魔するかもしれないから待っててね」

しろおにたけ「はい!」

とーやま校長「しろおにたけは夏休みは終わったの?」

しろおにたけ「今日から学校だったんですけど、久しぶりなんで不思議な感じでした」

とーやま校長「何喋ってたか忘れちゃったりしてるよなぁ、部活はやったりしてる?」

しろおにたけ「水泳部に入ってるんですけど、今はテスト前で練習とかないです」

とーやま校長「それでさ、書き込み読ませてもらったんだけど、好きな人ってのは同じ学年?」

しろおにたけ「1つ上の先輩なんですけど、部活がなくて会えないので、寂しいんです」

あしざわ教頭「学年違うとタイミングも難しいよね」

150907_sol06.jpg


とーやま校長「これは、いつぐらいに好きになったの?」

しろおにたけ「4月に入学してすぐ一目惚れしちゃいました…」

あしざわ教頭「今はどんなところが好き?」

しろおにたけ「周りの人が気づかないようなところも細やかに気づいてくれるところです」

とーやま校長「部活のときはよく話したりしてたの?」

しろおにたけ「結構話してたと思います」

とーやま校長「他の女子とその先輩が話してるときも横目で見ちゃう感じだった?」

しろおにたけ「はい、そうですね(笑)」

とーやま校長「見ちゃうんだよね〜わかる!!見なきゃいいのに見ちゃうんだよ!!これ、部活はいつから再開するの?」

しろおにたけ「9月26日からです」

あしざわ教頭「まだまだけっこうあるね」

とーやま校長「このこと誰かに相談したりしてる?」

しろおにたけ「してないです」

あしざわ教頭「告白する気はないの?」

しろおにたけ「今のところないです」

とーやま校長「俺も学生時代こういうことはあったけど、会いたくて、スーパー行くときとかに、好きな人の家の近くを回ったりとか(笑)」

あしざわ教頭「偶然ですもんね!!(笑)、僕も偶然装って、駅で一緒になろうとしてました(笑)」

とーやま校長「少しぐらい、こういうことやってもいいと思う!!」

あしざわ教頭「連絡先は知ってるの?」

しろおにたけ「LINEは知ってます」

とーやま校長「会話はしてるの?」

しろおにたけ「たまにですね」

とーやま校長「やっぱり先輩と話したいよね?」

しろおにたけ「したいです!!」

とーやま校長「俺がたまに使った方法で、全く見てないのに『○○いませんでした?』って聞くのね、それできっかけを作るの!」

しろおにたけ「あ〜なるほど!」

とーやま校長「もう俺、今、顔真っ赤だよ、恥ずかしい!」

150907_sol10.jpg


あしざわ教頭「いいと思います!!」

とーやま校長「あと誰かに聞いてもらうってのも、寂しさを紛らわすのにはいいかと思うよ、気持ちもスッキリするし、みんなが応援してくれるかもしれないし」

あしざわ教頭「なんだかテンションあがりすぎて、色々な方法出し過ぎましたね」

とーやま校長「参考になった?」

しろおにたけ「参考になりました!!」

あしざわ教頭「ちょっと色々やってみてな!」

とーやま校長「なんとか仲良くなれること祈ってるぞ!」

しろおにたけ「はい、ありがとうございました!!」

150907_sol14.jpg


ここで書き込みを1つ紹介!!


座禅組。
山形いいな〜。
さくらんぼ大好きです!!
名前も見た目もかわいい!!!
いつか、さくらんぼ狩りデートするのが夢な座禅組の私に、校長、教頭タオルのおみやげください!
かなまお
女性/17歳/東京都
2015-09-07 23:18



とーやま校長「教頭どうしますか?」

あしざわ教頭「あげます!!タオル差し上げます!!」

150907_sol11.jpg


そして続いての逆電する生徒は…


弁論大会
今日は英語弁論大会でした。私はこの夏、この大会のために全てを尽くしてきました。スピーチの内容は聞いてくれる人に伝わるように、自分の訴えや結論をとことん考え抜きました。正直、自分の納得のいくスピーチを書き上げることは、私一人の力では無理でした。たくさんの人と話し合ったり、アドバイスをもらったり…私を手助けしてくれた人たちのおかげです。大会の結果は参加賞だったけど、私はこの夏の全てを出し切ることができました!だから後悔はありません!清々しい気持ちです!今回、この大会に出場する機会を与えてくれた先生には頭が下がります…この大会への挑戦は私を大きく成長させてくれました。大会を通して、どんな挑戦も自らの成長の糧になるんだなって思えました。本当に今日は良かった!やり切った!
またぞー
女性/17歳/秋田県
2015-09-07 19:18



またぞー 秋田県 17歳 女性 高校2年生

とーやま校長「書き込みありがとう!」

またぞー「はい!」

とーやま校長「この英語弁論大会って部活?英語部とかに入ってるのかな?」

またぞー「そうです!英語部に入ってます!」

とーやま校長「これどんな大会なの?」

またぞー「自分の意見を英語にする弁論部門と、有名な人のスピーチとか物語を英語で話す、暗唱部門があります」

とーやま校長「またぞーはどっち出たの?」

またぞー「私は弁論部門に出てました!」

とーやま校長「ちなみにどんなことを話したの?」

またぞー「私の友達が、目の色覚異常で夢を諦めたことに対して、私はこう受け取ったけど、観客の皆さんはどんなことを思いましたか?っていう投げかけをしました」

とーやま校長「すごいなぁ、その友達に対しての気持ちとか、英語で話す苦労とかあったと思うけど、出来とかはどうだったの?」

またぞー「最初は緊張して、声とか震えたんですけど、最後はやり切った気持ちで後悔はありません!」

あしざわ教頭「その気持ちはすごいいいね!!」

150907_sol15.jpg


とーやま校長「友達はそのスピーチ聞いてくれてたの?」

またぞー「平日だったので、いませんでした」

とーやま校長「そうか、君のこと喋るよってのは伝えてたの?」

またぞー「実は伝えられてないんです」

とーやま校長「それもまたぞーが思ってのことなんだよね」

またぞー「そうですね」

とーやま校長「結果とかはどうだったの?」

またぞー「1位と2位の人は東北大会に出られんですけど、私は参加賞どまりでした…」

とーやま校長「でもさ、ちゃんと伝えたいことを伝えられて、後悔はないんだよね?」

またぞー「ないです!!」

とーやま校長「それはすごい素晴らしいことだと思う、未確認フェスティバルでも、賞を取ってないやつだってめちゃくちゃかっこよかったし、自分が後悔しないようにやるってのが何より大切なことだよ!!」

あしざわ教頭「またぞー自身も、最初は声震えたけど、最後は自信ついたんだよね?」

またぞー「1回きりだと思って、伝えたいことをちゃんと考えたから、ぶつけるしかないと思ってがんばりました!!」

とーやま校長「いいねー!!すごく人間らしくていい!!」

あしざわ教頭「でかい舞台を乗り越えた自信が、今日話してても伝わってくるよ!」>

またぞー「ありがとうございます!嬉しいです!」

とーやま校長「そこで手に入れたもので、友達とも支えあってな!」

またぞー「はい!」

とーやま校長「今日はありがとう!それとお疲れ様!」

またぞー「ありがとうございました!!」

そして今夜も黒板の時間となりました。

150907_sol17.jpg


『またね』
今日は山形に来て、生徒のみんなと会うこともできて、楽しかったです。
“またね”って言葉にはまたもう一度会いたい、今回だけじゃ物足りないって気持ちがあると思います。
また山形に行ったとき、別の地域に行ったときも、別れ際にはこの言葉を言いたいと思います。
またね!!

150907_sol18.jpg


そして最後のプレゼント、校長・教頭の使用済み三角傘をあげるのはコチラの書き込みをしてくれた生徒たち!!
おめでとーーー!!

150907_sol12.jpg



欲!し!い!
校長が被ってるやつ欲しいです!!!!!
山形一度も行ったことないから行ってみたい、食べ物が美味しそう!!!!!
あと山形行ったら是非座禅組んでみたいです、、(笑)

校長が被ったやつ縁起良さそう、、、
アオイお米◎
女性/15歳/千葉県
2015-09-07 23:08


あしざわ教頭!
私はあしざわ教頭の三度笠がほしいです!大好きな数学の先生があしざわ教頭そっくりなんです!!
とーやま校長の三度笠ではなくあしざわ教頭の三度笠がどうしてもほしいです!(笑)お願いします!あしざわ教頭大好きです!
ゆずっきょ
女性/15歳/兵庫県
2015-09-07 22:59



さぁそして次の全国家庭訪問の場所も決まりました!!

150907_sol016.jpg


次回は“大分県”!!!!
日時は来月、10月12日(月)!!
詳しくは特設サイトを見てね!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
トリトンブルーの747400d 山形県 16歳 男
しろおにたけ 宮城県 16歳 女性
またぞー 秋田県 17歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:12 MUTOPIA in Tohoku / BIGMAMA
22:31 誰にだってシンデレラストーリー / 片平里菜
22:46 Answer And Answer / 9mm Parabellum Bullet
23:13 575 / Perfume
23:41 あなた。 / ハジ→
23:51 Basho / androp
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150903_sol01.jpg


今夜のSCHOOL OF LOCK!はお知らせから!!
9月16日(水)にリリースになる、RADWIMPS先生が初の単独野外LIVE
『青とメメメ』のBlu-ray&DVD
この発売に先がけ、8月24日(月)の生放送教室で、
今週、土曜日に行われる先行劇場上映会に生徒を無料招待をしました!!
その当選者はコチラ!!

9/5(土)18:30〜@新宿ピカデリー RN うぃま 東京都 18歳 女性
9/5(土)10:30〜@横浜ブルク13 RN Ms 神奈川県 18歳 男性
9/5(土)18:00〜@MOVIXさいた RN たくやん 埼玉県 17歳 男性
9/5(土)18:00〜@MOVIX仙台 RN ちぁる 宮城県 16歳 女性
9/5(土)18:00〜@札幌シネマフロンティア RN らーな 北海道 15歳 女性
9/5(土)13:00〜@なんばパークスシネマ RN たにし。 兵庫県 14歳 女性
9/5(土)18:00〜@MOVIX京都 RN りんごりら 17歳 女性
9/5(土)18:00〜@ミッドランドスクエアシネマ RN ありんこ 愛知県 16歳 女性
9/5(土)11:00〜@広島バルト11 RN 眺める人@トイレのピエタ 広島県 16歳 女性
9/5(土)11:00〜@T・ジョイ博多 RN おがっさん 熊本県 16歳 女性

当選した生徒はおめでとーー!!
感想レポート待ってるぞ!!

150903_sol02.jpg


そして、皆は今日の「めざましテレビ」は見た?
なんと、未確認フェスティバルの様子が放送されたそうです!!

放送を見た生徒からはこんな書き込みが届いたぞ!


わー!
朝、めざましテレビで未確認フェスティバルの特集やってた!!朝から興奮がとまらないです!
レイニアちぇりー
女性/16歳/神奈川県
2015-09-03 06:44



とーやま校長「5分とか6分の結構な尺で、出場した8組の演奏も流れたし、ゲス先生の演奏も流れたりしてたね! ちなみに俺と教頭先生が映ったのは一瞬だったね…」

あしざわ教頭「まぁ、そうでしょうね…」

とーやま校長「これに関してはいつもの事です。だって未確認フェスティバルの主役はアーティストであり、生徒の皆だから!」

150903_sol11.jpg



そして、本日のSCHOOL OF LOCK!女子クラスの時間は、特別版!!
我が校の5週目ガールズ、関根史織ちゃんが登場!

あしざわ教頭「関根史織“ちゃん”…っていうか、Base Ball Bearの関根史織先生ですよね? いつから5週目ガールズになったんですか?」

とーやま校長「教頭、びっくりしないでね。勝手にねじ込まれてたんだよ」

あしざわ教頭「なんの権限もなしにいきなり!?(笑)」

とーやま校長「ベボベ先生は俺よりもSCHOOL OF LOCK!歴が長いし、グイッと来られたんだよ」

あしざわ教頭「先輩風を吹かせたと…(笑) 生徒からもこんな書き込み来てますよ」


ガールズロックス
関根史織のガールズロックス!! 楽しみだなー?(`・ω・´)ノいつもよりちょっぴり大人な女性が授業してくれますよ! みんな必ず聴くように!
ヨイヨイさんの 従兄弟
女性/15歳/東京都
2015-09-03 08:10




あしざわ教頭「あと、女子クラスって事は、男子禁制ですよね? 他の男子メンバーは、今日はお休みですか?」

とーやま校長「色々とご法度が過ぎるんだよなぁ。でも、ベボベ先生の事だから、史織先生ひとりって事はないでしょ。絶対何かしかけてくると思う…!」

どんな内容か気になった生徒はコチラをチェック!

そして…ここでベボベ先生から嬉しいお知らせ!
9月16日、水曜日の生放送教室で、Base Ball Bear先生の第3弾エクストリーム・シングル「不思議な夜」を初オンエアするぞーーーーー!!!!!

150903_sol09.jpg


今夜の生放送授業は…
新学期が始まった生徒の話を聞かせてほしい!

「あれ、俺どうやって挨拶してたっけー?」って考えたり…
一ヶ月ぶりに会った隣の席の女子が可愛くなっててソワソワしちゃったり!
逆に新学期から変わるはずだった!でも…っていうのもあったり

今夜は、始まったばかりの学校で起きたこと、考えたことを学校掲示板で教えてほしい!
見られるはちょっと…という生徒は、メールで送ってくれても大丈夫です。
みんなからのメッセージ待ってます!!

150903_sol03.jpg


さらに1つお知らせ!!
9mm Parabellum Bullet先生が9月9日(水)にクアトロA-Sideシングルをリリースします!
それを記念して東京・SHIBUYA CLUB QUATTROで行われるリリースパーティーに生徒4名を招待!!!!
詳細はコチラから!!
そして来週、木曜日には9mm Parabellum Bullet先生が来校決定!!
お楽しみに!!!!


ここからは新学期が始まって色々と思うことがある生徒たちの書き込みを紹介していくぞ!!


やべぇぇ
新学期、やべぇんだって!




リア充ふえてんじゃんか!悔しすぎる!もーなんなん!読んでください!
ゆるるんぷーる
女性/13歳/三重県
2015-09-03 22:01



あしざわ教頭「だから読みましたよ!(笑)」

とーやま校長「やっぱり夏ってそういう季節だから、皆をより開放的にするし、加速度をあげてしまうよなあ」

あしざわ教頭「ゆるるんぷーるにはちょっと辛い状態かもしれませんけどね」

とーやま校長「ゆるるんぷーるの友達にも彼氏とかが出来たりして、いつも一緒に帰っている友達が私と帰ってくれないっていう状況とか…」

あしざわ教頭「そういうのあるな〜」

150903_sol04.jpg


とーやま校長「でも、同じように彼女がいない男子も同じこと思っているよね」

あしざわ教頭「とーやま校長的な人が絶対いるはずですから」

とーやま校長「ということは、皆がみんな、人恋しいモードに突入しているって考えたら、ちょっと勇気を出せば一気に距離が近づいたりするかもしれないよね!」

あしざわ教頭「そうかもしれないですね! 告白するとかじゃないにしても、話しかけてみたりするだけでも何か変化があるかもしれないですね」

とーやま校長「周りの友達に彼氏が出来たってことは、逆に一人になるチャンスと捉えて、どんどんいろんな男子にいってみたりするといいかもな!」

150903_sol10.jpg



新学期
おとといから新学期です。
新学期になり、部活も文化祭発表で忙しくなり、夜暗くなるまでやってます。
また、部活を辞めた友達も成績が上がり、あせってます。
文化祭終わったら部活を辞めることも考えようかなぁ・・・。
マナっち3号
女性/17歳/愛知県
2015-09-03 18:46



とーやま校長「最終的にはマナっち3号が決めなくてはいけないことだけれども、やっぱり周りを見ると焦るよね」

あしざわ教頭「比べる相手がいるとより焦りますよね」

とーやま校長「一人ひとり状況は違うわけだから、結局は周りに惑わされないやつが何事も強いと思っているんだ。不安な気持ちとか、成績上がっているやつとか見たらどうしよう…って思うかもしれないけど、まずは自分のやるべきことは何かっていうのを、時間はたくさんあるから自分自身に聞いてみて、出た答えに全力を注ぐことが大事だと思うな」

あしざわ教頭「悔いを残さないようにっていうのが大事かもしれませんね」

150903_sol07.jpg


ここで、校長と教頭に届いたメールを紹介!


新学期、友達から驚く事を言われました。同じクラスの好きだった男子が同じクラスの女子と付き合っていると…
新学期早々失恋するとは思ってもいませんでした。
夏休み中ずっと好きだった男子のことを想っていたのに、早く会いたいと思っていたのに…
なんだったんでしょう、この夏休みは…
もこもこぶるー
女性/15歳/熊本県



とーやま校長「はぁ〜〜〜!」

あしざわ教頭「これはキツイね…」

とーやま校長「しかも、幸せを願わないのもまた違うしね。だって今でも好きな人なんだから。いやー、これは参ったなあ」

あしざわ教頭「参りましたね…!」

とーやま校長「曲を聴いたり、好きな本を読んだりしないと、今は振り切ることは無理だと思う」

あしざわ教頭「何かに没頭すると!」

とーやま校長「でも、好きな人のために自分は何ができるだろう? とか、夏休み中にバッタリ会ったらこんなことを話したいなとか、色んな事をいっぱい思って、この2015年の夏をもこもこぶるーは過ごし切ったわけで。その人のために生きようと思っていた時間だったって、すごいことだと思う。そんな自分を確認できた夏だったと思ってほしいな」

あしざわ教頭「そういう時に聴いた音楽って忘れないですよね。気持ちと曲が一緒になった瞬間みたいなことも絶対覚えているから、すごく大切な時間だったと思いますよ!」

150903_sol05.jpg


メールを紹介した後、RN もこもこぶるーからこんなメールが届きました…!!


校長 教頭ありがとうございます。
さっきまで、夏休みの間好きな人のことを想い続けていたのに…なんだったんだろう、無駄だったのかなとも思っていました。
ですが、想い続けていた約1か月の夏休みは決して無駄ではないと校長 教頭に言っていただいて、なんだか元気をいただきました。
好きな人のことを好きでい続けるのは
他の誰にも止められない自分だけの権利なので、
たとえ叶わなかったとしてもその好きな人の事を応援し続けようと思います。
校長 教頭本当にありがとうございました!
もこもこぶるー
女性/15歳/熊本県




俺たちもRN もこもこぶるーを応援してるぞーーーー!!

150903_sol12.jpg


ここで気になる書き込みをくれた生徒に逆電!


これは!?!?
はっ!これは、、、。2学期はいって1週間。気づいたことが1つ!初恋か?!?!?!?
もちたん
女性/16歳/新潟県
2015-09-03 21:55




もちたん 新潟県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「2学期が始まって、1週間は経ってるんだよね? この書き込み、すごい気になる終わり方なんだけど、良いこと?」

もちたん「まぁ、良い感じです」

とーやま校長「単刀直入に聞こう! 何に気が付いたの?」

もちたん「初恋? んーと、初恋です…!」

あしざわ教頭「来たよ…!!」

とーやま校長「これ来たね! 初めてだから“初恋?”ってなるのがリアルだなぁ。これはいつ頃気が付いたの?」

もちたん「つい最近です。2,3日前とかです」

とーやま校長「同じクラスの子?」

もちたん「同じ弓道部の、同級生の男子です。私が弓道部の部長なんですけど、困っている時とか、いつもはふざけているのにそういう時にちゃんと助けてくれて、良いなって…」

とーやま校長「今の生まれた気持ちに気が付いた瞬間ってあったの?」

もちたん「はい。前からじわじわそういう気持ちはあったんですけど、その男の子が部活に来ていないと寂しいなって思ったりして」

あしざわ教頭「そういう感情が芽生えてきたんだ!」

もちたん「それで、なんか…うん…みたいな(笑)」

とーやま校長「これって恋なのかな? って思ったんだ」

もちたん「はい!」

とーやま校長「これね、もちたん……俺の予測が正しければ、恋です!!!」

150903_sol08.jpg


あしざわ教頭「校長、やはりそうですか! 今まで他の男子には抱いていなかった感情ってことだよね?」

もちたん「そうです」

とーやま校長「やっぱり嬉しい?」

もちたん「嬉しいです。今までは全然恋っていうのがよく分からなかったんですけど、気が付いてからは女子の気持ちがよく分かるようになりました!」

とーやま校長「恋って人生のスイッチがバチッと入ることだと思っていて、もちたん16年生きてきたけれども、今スイッチが入った状態! これから好きな彼のためにこんなことしてみたいとか、こんなことを告げてみたいとか、いっぱい浮かんでる?」

もちたん「全然想像出来なくって、これからどうなっていくのかっていうのが…」

あしざわ教頭「今まで思ってなかったことに気づいたことによって、彼との接し方って変わってる?」

もちたん「いや、全然変わらないです」

あしざわ教頭「気まずいとかはないんだね」

150903_sol13.jpg


とーやま校長「まだ気持ちに気が付いたばかりだけど、その彼とこうしてみたいっていうのはあったりする?」

もちたん「いっぱい話したりしてみたいです」

とーやま校長「そうだね。今よりももっと話してみたいよね。今は部活でしか会うことはないの?」

もちたん「そうですね。部活だけです」

とーやま校長「これは行っておこう! こういう時の部長だよ!!」

あしざわ教頭「なんか権力を振りかざすみたいな(笑)」

とーやま校長「だって、その分部長は大変な思いをして色んな事やってるんだから」

あしざわ教頭「部活での悩みを彼に聞いてもらうとか良いかもしれないね」

とーやま校長「まずはいっぱい話そう! そして、今生まれている気持ちがもっと大きくなっていくはずだし、大きくしていくべきだし。その気持ちを大切に育てていこう。今は話せることが楽しいだろ?」

もちたん「はい!」

あしざわ教頭「最初は部活の話から、だんだん彼の好きな音楽の話とかを聞いていって、もっと彼のことを知っていくと、どんどん好きになっていくと思うよ」

とーやま校長「もちたん、これから寝るだろ? きっと目をつぶっても、夢の中でも、彼が現れるよ!」

あしざわ教頭「ようこそ、恋の世界へ!」

とーやま校長「おめでとうだな〜! 羨ましい!!」

もちたん「ありがとうございます!」

150903_sol06.jpg


続いて逆電したのは、以前9月が来てほしくない君へ」という授業をやった時に電話した生徒にもう一度逆電!

バビュるゆーぞう 鹿児島県 15歳 女性 高校1年生

とーやま校長「学校はもう始まってるよね?」

バビュるゆーぞう「はい。始まってます」

とーやま校長「始業式はいつだったの?」

バビュるゆーぞう「9月1日でした」

とーやま校長「ということはもう学校が始まってから3日くらい経ってるよね? どう、2学期?」

バビュるゆーぞう「寝たフリを止めることは出来たんです」

とーやま校長「えらい!」

バビュるゆーぞう「だけど、あいさつとかはあまり出来なくって…。でも、SCHOOL OF LOCK!を聴いている子に出会えて」

とーやま校長「おお!! それって、バビュるゆーぞうが俺たちと話したきっかけで?」

バビュるゆーぞう「そうです!」

とーやま校長「たまたまその日の授業を聴いていたんだ」

バビュるゆーぞう「それで、“SCHOOL OF LOCK!に出てたんじゃない?”って聞かれたんです」

とーやま校長「同じクラスの子?」

バビュるゆーぞう「はい。女の子です」

とーやま校長「良かったね! あの授業をしたのが8月の26日だけど、始業式の日に話しかけてきてくれたの?」

バビュるゆーぞう「昨日話かけてくれました」

とーやま校長「その子もどこかで絶対話しかけようって思っていたけど、中々勇気もいることだから言えなくて、でも勇気を出して話しかけてくれたわけじゃん?」

150903_sol14.jpg


バビュるゆーぞう「はい」

とーやま校長「これ、すごい嬉しいことだよね! その子とは1学期あまり話したことは無かったの?」

バビュるゆーぞう「ちょっとは話していたんですけど、そんなには話していなかったです」

とーやま校長「その子が8月26日のSCHOOL OF LOCK!を聴いて、話している内容とか声とかでバビュるゆーぞうの事だって分かったっていうことは、その子の中でバビュるゆーぞう像があったわけで。1学期もバビュるゆーぞうの事を見ていたっていうことだよね!」

あしざわ教頭「本当にそうですね」

150903_sol15.jpg


とーやま校長「認識していないとラジオから聴こえる声と、実際にクラスにいるバビュるゆーぞうとは一致しないもんね」

バビュるゆーぞう「はい」

とーやま校長「だから、ちゃんと見ているやつがいるってことだよ。声をかけてくれたってことは、その証明じゃん」

あしざわ教頭「良かったね!」

とーやま校長「お前が勇気を出して書き込みをくれて、話をしてくれたことによってだからね」

あしざわ教頭「寝たフリを止めていたから話しかけてくれたのかもしれないしね」

とーやま校長「ちょっとずつだけど、前に進んでいる感覚ある?」

バビュるゆーぞう「あります!」

とーやま校長「めっちゃイイね!! あの時話してから気になっていたけど、今日の話を聞けて安心した! それに、もしかしたら今日のこの電話も聴いているかもしれないよね」

あしざわ教頭「それ思いました!」

とーやま校長「明日も学校あるでしょ? 今度は、バビュるゆーぞうから話しかけてみたりしてね」

あしざわ教頭「“あの音楽良かったよね”って話してみて、そこからお互いどんな音楽が好きかっていう話も出来たりするからね」

とーやま校長「この調子でたくさん話しをすることが出来て、たくさん遊べたら良いね!」

バビュるゆーぞう「はい!」

とーやま校長「2学期始まったばかりだけど、楽しいことばかりだから! また明日からも楽しんで学校に行ってこいよーー!!」

バビュるゆーぞう「はい、楽しみます! ありがとうございました!」

150903_sol16.jpg


そして、本日も黒板の時間がやってきました!

150903_sol17.jpg


『 自分の中の季節 』

9月3日。SCHOOL OF LOCK!的には秋っていうことにしているけれど、急に秋になったわけじゃなくって、だんだんと夏の成分が少なくなっていって秋に変わっていったんだと思っている。
これって、皆にも言えることだと思う。急に明日、変わることはないかもしれないけど、季節と一緒で一日一日ゆっくりと変わっていくことは絶対に出来るはず。
だから、今どんよりしている君の中の季節も、毎日色んな人と会って、一生懸命色んなことを考えてやっていけば、自分の中の季節が変わると思う。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
もちたん 新潟県 16歳 女性
バビュるゆーぞう 鹿児島県 15歳 女性

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:00 セプテンバーさん / RADWIMPS
22:13 さよならはエモーション (Qrion Remix) / サカナクション
22:27 文化祭の夜 / Base Ball Bear
22:40 Black Market Blues(From "Movement Moment Tour 2011") / 9mm Parabellum Bullet
22:48 music number / monobright
23:20 新宝島 / サカナクション
23:40 恋する感覚-feat.花澤香菜- / Base Ball Bear
23:50 季節は次々死んでいく / amazarashi
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
自分の中の季節が、自分の1番好きな季節になれたらいいな!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
少しずつ、少しずつ。
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150902_sol01.jpg


『 4組 』

150902_sol02.jpg


昨日に引き続き、今夜のSCHOOL OF LOCK!も
「未確認フェスティバル2015スペシャル」をお届け!!

昨日のスペシャルでは、
オープニングアクトをつとめてくれた、グッドモーニングアメリカ先生!
そして!全国3254組の応募の中からファイナリストに選ばれた10代のアーティスト全8組のうち、
4組のライブ音源を紹介していきました!!

今夜は後半戦!残り4組のライブ音源!
さらに!ゲスの極み乙女。先生のライブ音源を届けていくぞ!!

当日来てくれた生徒も、会場に来ることができなかった生徒も、感想待ってます!!
学校掲示板にガンガン書き込んでね!!

未確認ブログ、そしてフォトギャラリーを見ながら聴くと、
会場の熱もリアルに伝わってくると思います!!

150902_sol09.jpg


後半戦のトップバッター!5組目に登場したのは…
STUDIO COASTの会場をポップしてロックしてダンスさせた、このアーティスト!

150902_sol03.jpg

夜の最前線!!!!

♪ アメリカ産ローターサイクル / 夜の最前線

♪ オチャノコサイサイ / 夜の最前線


とーやま校長「俺、この夏一切お祭りに行けなかったけど、この夜の最前線のやった3曲を聴いたらお祭りに行った気分になれたよ!めっちゃ楽しかった!」

あしざわ教頭「3ピースバンドって難しいと思ってるんですけど、誰よりも骨と肉がしっかりしてました!」

とーやま校長「とにかく楽しくて、みんな笑顔だったよね!ずっと楽しい時間だった!」


夜の最前線
未確認フェスから一夜明けても、まだ興奮が収まらない。
ずっと「オチャノコサイサイ」が脳内に流れてる。止まらない。あえて言い切る。夜の最前線が1番格好良かった。1番、ライブとして楽しかった。
最高にポップしてロックしてダンスした15分間の感動をありがとう、夜の最前線。
またいつかライブに行かせてください!
のろすけ
女性/13歳/東京都
2015-08-31 09:54



とーやま校長「誰よりも楽しまないと損だろっていう3人がそこにいたよ」

あしざわ教頭「審査員を務めてくれた日高先生のコメントですが、『唯一のニューウェーブ感、音楽の知識は豊富そう、引き出しが多そう、関西人らしい度胸の良さ』と書いてくれております!」

とーやま校長「堂々としたステージだった!夜の最前線、ありがとう!!」

あしざわ教頭「ありがとう!!」

150902_sol10.jpg


6組目はBURNOUT STAGE supported by 森永ICEBOX
ゆるゆるろっく北海道16歳女の子の熱い想いによって選ばれたこのアーティスト!!

150902_sol04_1.jpg

みきなつみ!!!!

♪ きみだけ / みきなつみ


とーやま校長「この日唯一、1人でステージに立ったわけだけど、堂々とやり通したよね」

あしざわ教頭「ほんとに素晴らしかったです」

演奏後はみきなつみちゃんとゆるゆるろっく舞台の上で会って直接気持ちを伝えてくれました!!!

♪ 花火 / みきなつみ


とーやま校長「みきなつみちゃんはこの未確認フェスティバルで、自分の中で足りなかったものを確認することができたみたいだね。そのきっかけを作ったのが1人の生徒の思いなわけで、それがすごいと思って」

あしざわ教頭「淳治先生が言ってましたけど、音楽は人と人を繋げるってことを体現してましたね」

とーやま校長「みきなつみちゃんありがとう!!」

あしざわ教頭「ありがとう!!」

150902_sol11.jpg


7組目に登場したのは、3次ライブ審査が終わった後に反省ばかり口にしていた、
熱くておせっかいな、このアーティスト!

150902_sol05.jpg

リディキュラスラビッシュ!!!!

♪ おせっかいロック / リディキュラスラビッシュ

♪ ハッピー岡部 / リディキュラスラビッシュ


とーやま校長「ほんとに楽しくてかっこいいな!!こういうこと言っちゃ悪いけど、4人とも見た目はそこまでかっこよくないよ、でもここまで輝けるんだよ!最高じゃん!」

あしざわ教頭「ボーカルのシュウヘイの顔がスクリーン一杯に写ったときはなんか熱くなって泣きそうになっちゃいましたよ!」

とーやま校長「それに演奏力もすごい!」

あしざわ教頭「審査員の菅野結以ちゃんのコメントですが『愛すべきバンド、みんなで大声を出して歌いたくなるみんなの歌になっていた』と書いてくれております!」

とーやま校長「ほんとに楽しい時間だった!」

あしざわ教頭「でも校長、未確認の舞台で生徒に彼女いるかどうか確認するの辞めてくださいよ!」


未確認フェスティバルありがとうっ
私が特に心惹かれたのはリディキュラスラビッシュのみなさんです。
心からの愛の叫びを聞いて付き合っている彼氏に会いたくなりました…(笑)
明日で1ヶ月です。この大切な時期にあの曲に出会えたことを幸せに思います。
ひらふる
女性/15歳/東京都
2015-08-31 14:01



とーやま校長「俺に似てるなって思ってたのに、まさか彼女がいるなんて…ふにゅう…」

あしざわ教頭「ふにゅうじゃないでしょ!」

とーやま校長「座禅組の生徒と、俺自身に言い聞かせるけど、いつかミス・ロマンスは現れるはずだ!ちくしょう!」

あしざわ教頭「別にいいじゃないですか!!」

とーやま校長「まぁかっこよかったからいいか!リディキュラスラビッシュありがとう!!」

あしざわ教頭「ありがとう!!」


♪ ミス・ロマンス / リディキュラスラビッシュ


150902_sol18.jpg


8組目に登場したのは…
「閃光ライオット」に2度挑戦!しかし、ファイナルのステージは届かなかった!
今回で3度目!10代最後の年、ラストの挑戦で、見事グランプリを受賞した、このアーティスト!

150902_sol06.jpg

Shout it Out!!!!

♪ 17歳 / Shout it Out

♪ 光の唄 / Shout it Out


とーやま校長「歌詞にもあったんだけど、世界は変えられるんだよ!変えられると思ってるやつは変えられる!それをShout it Outから教えてもらったよ!」


未確認
Shout it Outのライブをみて、自分の未来は自分でつくりあげていかなきゃいけない、ということに気づきました。今まで人からこの言葉を聞いたことはあったけど、本当に心からそう思えたのは初めてです。そう思えた自分が嬉しいです。
一人での参戦は少し気が重たかったけど、勇気出して良かったです!すべて自分の未来に変わる。変えなきゃいけない!前に進みたいです。
春もっちゃん
女性/19歳/新潟県
2015-08-31 22:22



とーやま校長「進める!必ず進める!」

あしざわ教頭「何ならもう進んでますよ!」

とーやま校長「Shout it Out、未確認フェスティバル初代グランプリおめでとう!!」

あしざわ教頭「おめでとう!!」

ここからは生徒からの書き込みを紹介!!

150902_sol14.jpg



ひゃー
明日学校祭だし、flumpool LOCKS!聴いたら寝ようと思ってたけど、、。
これは寝れる気がしないない。最後まで聴かなきゃだめだ。。
ほんと心を揺さぶられる、、、
テンションがぁぁぁあぁぁあ!!!!
のんき。
女性/15歳/福井県
2015-09-02 22:35


たまんない!
LIVE音源聴いてたらムシャクシャしてきたので今から筋トレします!ホンマ熱いな!
緑のサカナP
男性/16歳/長崎県
2015-09-02 22:33


最高だった!!!!
未確認フェス!!!!感動しました!!
同じ10代とは思えない…
どのバンドもすごかったです!!!
そして!どのバンドからも勇気や粘り強く頑張ること、諦めないことなど、たくさんのことを教えてもらえたように思います!

私もがんばろう!て思えました!
もっふぃー
女性/17歳/和歌山県
2015-09-02 22:56



とーやま校長「何度も言うかもしれないけど、昨日、紹介した4組も、今日、紹介した4組も君と同じ10代だからね!だからできないことなんてないよ!!」

150902_sol15.jpg


あしざわ教頭「始めたら、もうその時点で始まるってことですからね!!」

とーやま校長「どんどん力もらって、吸収して自分のものにしていってほしい!!」

そして次は未確認フェスティバル2015ゲストLIVEアクトを務めてくれた…………
ゲスの極み乙女。先生!!!!

150902_sol07.jpg


♪ 星降る夜に花束を / ゲスの極み乙女。

♪ ドレスを脱げ / ゲスの極み乙女。


とーやま校長「このゲス先生出た時点で、もうみんな全てをさらけ出していたのにも関わらず、さらにもう1枚はぎ取ってしまったね!!」

あしざわ教頭「みんな最後の声と力を振り絞って楽しんでましたね!」

とーやま校長「忙しい中ゲス先生が来てくれてほんとに嬉しかった」

あしざわ教頭「みんな喜んでましたね〜生の音を浴びることができて最高の夜だったと思います!」

もう知っている生徒もたくさんいると思いますが改めて、
この日の演奏終了後にある発表がありました!!それは…
ゲスの極み乙女。先生が10月からSCHOOL OF LOCK!のレギュラー講師として来てくれます!!
詳細はもう少し待っていてくれ!!
ゲスの極み掲示板はすでにオープンしているので
メッセージなどガンガン書き込んでくれ!!

そしてゲス先生のライブ終了後、未確認フェスティバルはフィナーレを迎えました。
総応募者数は3254組
その中からデモ審査を通過し、ネットステージに進んだアーティストは108組
さらにこの中からライブステージに進んだのは33組
そしてファイナルステージにたどり着いたのは8組
最後にこの8組の中から審査員特別賞に選ばれたのは…

150901_sol08.jpg


Strangers!!

準グランプリに選ばれたのは…

150901_sol07.jpg


リーガルリリー!!

今年、全国3254組の応募の中で、
その頂点に立った、未確認フェスティバルの初代グランプリアーティストは…

150902_sol06.jpg


Shout it Out!!!!

おめでとう!!!!

そして表彰のあと、最後はとーやま校長の黒板で未確認フェスティバル2015は幕を閉じました。

150902_sol21.jpg



未確認フェスティバル
昨日の未確認フェスティバルめちゃくちゃ楽しかった!!
2学期が始まって、大嫌いなあの教室にまた行かなきゃいけなくて凄く嫌だけど、1学期よりも頑張ろうと思います。あと、私はファイナリストの皆さんみたいに音楽はできないし、特技とかもなくて自分に自信は無いけど、勉強だったら頑張れるから、いっぱい勉強して自信つけたい!って思えました。未確認最高でした!!!
ムレツヤシ
女性/15歳/東京都
2015-08-31 18:42


未確認フェスティバル
僕は未確認フェスティバルに行ってきました
なんか十代の力って凄いって改めて思いました
僕はこの未確認フェスティバルから帰ってきて曲を書き始めました
将来仲間とshout it outさんみたいにあの舞台で演奏してグランプリをとりたい、、、
いや絶対とります!!!
かさくん
男性/14歳/千葉県
2015-08-31 19:30



とーやま校長「書き込みしてくれてありがとう、改めて言う、当日来てくれた生徒、来れなくて今音を聴いている生徒、お前の心に生まれたのものが、お前の未来そのもの、お前の未来はその場から始まっている!」

150902_sol20.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:05 アメリカ産ローターサイクル / 夜の最前線
22:09 オチャノコサイサイ / 夜の最前線
22:19 きみだけ / みきなつみ
22:23 花火 / みきなつみ
22:31 おせっかいロック / リディキュラスラビッシュ
22:37 ハッピー岡部 / リディキュラスラビッシュ
22:41 ミス・ロマンス / リディキュラスラビッシュ
22:43 17歳 / Shout it Out
22:48 光の唄 / Shout it Out
23:18 微熱リフレイン / flumpool
23:27 星降る夜に花束を / ゲスの極み乙女。
23:30 ドレスを脱げ / ゲスの極み乙女。
23:44 未来へのスパイラル / グッドモーニングアメリカ
23:49 17歳 / Shout it Out
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ピカピカの未来がもうそこに見えているぞ!
ありがとう、未確認!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
さぁ!
何か始めよう!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: sakurada
150901_sol00.jpg


今夜から2日間、SCHOOL OF LOCK!は
8月30日(日)に新木場スタジオコーストで行った、
未確認フェスティバル2015スペシャルをお届け!

全8組の未確認アーティストのライブ音源
オープニングアクトのグッドモーニングアメリカ先生!
ゲストLIVEのゲスの極み乙女。先生!
そして当日の生徒の声、しっかりと生徒の君の部屋まで届けるぞ!

150901_sol01.jpg


未確認フェスティバル2015
記念すべき第1回目となる今年は、
橋本奈々未ちゃんによる開幕宣言から幕を開けました!!
会場の生徒たちのテンションも上がっていました!!

150901_sol02.jpg


そしてオープニングアクトは…

♪ 突破していこう / グッドモーニングアメリカ

♪ 未来へのスパイラル / グッドモーニングアメリカ

150901_sol03.jpg


グッドモーニングアメリカ先生からスタート!!
たなしん先生は、何故か宇宙人の格好をして1人だけ客席から登場!

150901_sol04.jpg


そしてグッドモーニングアメリカ先生のライブのあと、
いよいよ未確認フェスティバル2015ファイナル!
1組目のアーティストが登場!

生徒のみんなからは、昨日に引き続き、感想メッセージ待ってるぞ!
当日惜しくも会場に来れなかった生徒も、
ラジオから流れて来たライブ音源の感想をどんどん学校掲示板に書き込んでくれ!

当日の写真は未確認ブログの方にアップされているので、
それを見ながら授業を聴いてくれ!!

まず最初に登場したのは、3年前の閃光ライオットを客席から見ていて、
ついに憧れのステージへと登ることが出来た、このアーティスト!

150901_sol05.jpg

RED DOG!!!!

♪ BRAVE / RED DOG

♪ ハルカ / RED DOG


とーやま校長「1組目でぶちかましてくれて、俺も横から見てて、人の夢がかなっている瞬間を目の当たりにしてるんだってことを思ってて、すごかったね」

150901_sol10.jpg


あしざわ教頭「ほんとにすごかった」

とーやま校長「全ての感情が溢れていたし、4人の思いが全部集まって爆発してた!!」

あしざわ教頭「舞台袖でみんなが円陣組んでて、ほんとにかけてきたんだなって思いましたよ」

とーやま校長「ボーカルのナオヤは始める前からもう泣いてたからね、終わった後もメンバーも涙してたして、ナオヤのお父さんも涙が溢れてたし、審査員の菅野結以ちゃんも泣いてたし、会場全員が涙してたよ」


一組目から
一組目からぶちあがる!!!!!!!
全力でぶつかってきてる!!!!
疾走感が止まらない!!!!
カッコいい!!最高!!!!
hinapoo
女性/16歳/北海道
2015-09-01 22:25



とーやま校長「聴いてるだけでどこまでもいけるような感覚になるよね、RED DOGは」

あしざわ教頭「ここに審査コメントもあるんですけど、淳治先生は『人生で1番アドレナリンが出ている瞬間だったでしょう、このステージに立ちたかった気持ちがヒシヒシと伝わってくる演奏だった』と書いてくれてます」

とーやま校長「ほんとに輝いてたよ、RED DOGありがとう!!」

あしざわ教頭「ありがとう!!」

続いて、未確認フェスティバルのステージに登場したのが…

150901_sol06.jpg

Damn Drive!!!!

♪ 手を取り合って / Damn Drive

♪ フラット / Damn Drive


とーやま校長「とにかくたった1人にでも届けって思いでやってくれたのがDamn Drive、最初の轟音がめちゃくちゃ気持ち良くて、色々な感情を全て轟音として新木場に叩き付けてくれたよ」

あしざわ教頭「僕は前のライブ以上に力が入ってて、何よりこの“フラット”って曲がほんとによくて、メジャーデビューするならこの曲になると思いました!」

とーやま校長「淳治先生も言ってたけど、“全部フラットにかえて”って部分が頭に残って思わず口ずさんでしまう歌詞だったよね」


Damn Drive!
フラットが頭から離れません、CDが飛ぶように売れているのを見て急いで買いました
本当にかっこいいです!
アジーナ
男性/16歳/東京都
2015-09-01 22:39



とーやま校長「物販ではこんなことがあったんだ!(笑)」

あしざわ教頭「やっぱりみんな帰っても聴きたいんでしょうね!」

とーやま校長「やっぱすげぇなぁ」

あしざわ教頭「それと日高先生の審査コメントでも『断絶と交流のバランスが面白い、音質バランスが良い、リードギターが個性的』と書いてくれています」

とーやま校長「専門的なことも評価してくれていたんだね、昨日ちゃんと聞いておけばよかったな!(笑)」

あしざわ教頭「ふざけてばっかりでしたからね!(笑)」

とーやま校長「未確認フェスティバル終わった後、話をしたんだけど、正直、賞とかなくて悔しかった部分もあったみたいだけど、全員がDamn Driveかっこいいって思ったから、それが財産だから胸張ってくれって伝えて、そしたらボーカルのカケルがまた出たいって言ってくれたから、だから待ってるぞ!!ありがとう!!」


♪ 嘘と約束 / Damn Drive


150901_sol14.jpg



やばい!
自然と体が震える。心も震える。
何枚壁があっても足りない…!!!
マヨヌゥ
女性/14歳/愛知県
2015-09-01 22:48



あしざわ教頭「どういう意味なんだよ!」

とーやま校長「生まれた衝動はしょうがないと思うわ!!」

あしざわ教頭「壁ってなんだよ、教えてくれよ〜!!」


あぁ…
壁に穴…でもフラットにかえました!!
のりたましゅまろ
女性/17歳/鹿児島県
2015-09-01 23:14



あしざわ教頭「全く意味が分からない!!」

とーやま校長「穴はしょうがないよな」

あしざわ教頭「どういうことだよ〜」

とーやま校長「でも穴は怒られることしかないから気をつけろ〜!!」

150901_sol12.jpg


そしてここでお知らせ!!
未確認フェスティバルのフォトギャラリーがオープン!!
DJ出汁や生徒のみんな、そしてもちろん演奏してくれたアーティストの姿もあるからぜひ見てくれ!!

150901_sol13.jpg


続いて3組目のアーティストは、
バンド結成1年にして、見事、準グランプリを受賞したこのアーティスト!

150901_sol07.jpg

リーガルリリー!!!!

♪ 魔女 / リーガルリリー

♪ 坂道の途中で / リーガルリリー


とーやま校長「かっこよかったリーガルリリー」

あしざわ教頭「そうでしたねぇ」

とーやま校長「ライブ終わった喋ったんだけど、ふんわりしてるし、ほんわかしてるんだけど、ギターとベースとドラムを抱えたら豹変して、アーティストになるこの3人から大切なものたくさんもらったよ」

あしざわ教頭「それにライブのときの目が素晴らしいと思って、ほんとにキラキラしてるんですよ。それを今でも覚えてます!」


リーガルリリー
リーガルリリーの世界観はすごかった!あの15分間飲み込まれてたな…。
ギターがギュインギュイン鳴っちゃう感じも良かったなぁ…!!
ベースを愛する男
男性/16歳/山形県
2015-09-01 23:29




とーやま校長「あのハウリングもすごかったよね、実はミサキちゃんはグランプリか準グランプリじゃないとバンド活動を休止しようと考えてたらしくて」

あしざわ教頭「ええ〜!?」

とーやま校長「だから結果発表のとき、すごいきれいな涙を流して喜んでたんだよね」

あしざわ教頭「あと菅野結以ちゃんの審査員コメントでは『甘く憂いのあるサウンド、展開の仕方もグッとくる、メランコリックなサウンドが好み、もっと他の曲が聴きたくなる、みんなが好きになってしまうような愛くるしいボーカル、轟音◎』と書いてくれてます」

とーやま校長「3曲すべてで表情が違ったもんね、もっと聴きたくなるよ、リーガルリリーありがとう!!」

150901_sol15.jpg


4組目はKIFF&RELEASEで手にしたギターでステージに登場!
見事、審査員特別賞を受賞した、このアーティスト!

150901_sol08.jpg

Strangers!!!!

♪ 星座の仕組み / Strangers

♪ 風読み / Strangers


とーやま校長「何回も言ってるけど、1年前のKIFF&RELEASEで手に入れた7万円で買ったギターで、この新木場の舞台まで来てくれるって奇跡だよな!」

あしざわ教頭「こんなこと中々ないですよね!!」

とーやま校長「すごいよほんとに、Strangersの楽曲は聴いたら“俺は何かできる!”って思わせてくれるよね」

あしざわ教頭「誰よりも、この未確認のライブを重ねて変わっていった生徒たちだと思いますよ」

150901_sol18.jpg


とーやま校長「成長してた!」

あしざわ教頭「最後のときは素晴らしいアーティストになってました」

とーやま校長「じゃあもう1曲Strangers聴いちゃおう!!」


♪ WILL / Strangers



ストレンジャーズ
きたぁーー!!ストレンジャーズ!!
行けなかったから声聞けてほんとうれしい!
さわやかさが僕にも、うつればいいのにな
なかりーもん
男性/15歳/長野県
2015-09-01 23:42



とーやま校長「うつるよ!ずっと聴いていれば必ず体の中に入ってくるから!」

あしざわ教頭「そして淳治先生の審査コメントでは『声が良い、メロディセンスが天才的』と評価してくれています!」


strangers
すごく楽しかった
未確認フェスお疲れ様でした
白菜ミックス
男性/17歳/宮城県
2015-09-01 23:50



とーやま校長「これ本人の書き込みだよね!!白菜ミックスお前も立派なアーティストだよ!!」

あしざわ教頭「すごいなぁ!!」

とーやま校長「Strangersありがとう!!」

あしざわ教頭「ありがとう!!」

150901_sol19.jpg


というわけで今夜の生放送教室ではここまで!
明日は夜の最前線、みきなつみ、リディキュラスラビッシュ、グランプリに輝いたShout it Out
そしてゲストライブをしてくれたゲスの極み乙女。先生をオンエア!!
楽しみに待っていてね!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:09 突破していこう / グッドモーニングアメリカ
22:13 未来へのスパイラル / グッドモーニングアメリカ
22:24 BRAVE / RED DOG
22:30 ハルカ / RED DOG
22:38 手を取り合って / Damn Drive
22:42 フラット / Damn Drive
22:49 嘘と約束 / Damn Drive
23:10 リバーシブルー / クリープハイプ
23:19 二十九、三十 / クリープハイプ
23:28 魔女 / リーガルリリー
23:32 坂道の途中で / リーガルリリー
23:40 星座の仕組み / Strangers
23:43 風読み / Strangers
23:49 WILL / Strangers
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
前半戦終了!
楽しい!まだ続く!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
曲聴いたらいつでもあの日に戻れるな!
明日もやっていくぞ!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★