Brian the Sun先生来校!!
音楽室からLIVE授業!!

生放送 2015.11.30 月曜日

151130_sol01.jpg


『 2008 → 2016 』

熱かったあの夏から、およそ8年!
あるバンドが、来年、メジャーデビューすることになりました。
そのバンドの名前は…Brian the Sun

閃光ライオット2008で、準グランプリを獲ってから、およそ8年。
長かったのか、短かったのか……

メンバーの脱退。同世代のメジャーデビュー。
納得のいかないLIVE。誰かにムカついた夜。自分にムカついた夜。
全てを経験した4人が、2016年、新たな始まりを迎えます。

今夜は、Brian the Sunの原点の一つでもある、このSCHOOL OF LOCK!から、
これまでの数年間を込めた、そして、これからの未来に向けたLIVEを届けてもらいます!

ここまでの数年間で悩んだこと。
自分たちにとっての音楽。
音楽をやる意味。
そもそも、メジャーデビューって何なのか。
これから自分たちはどこへ向かうのか。

その全てを、歌にして届けてもらいます。

151130_sol02.jpg


Brian the Sunのこれまで、そして何より、4人の“今”を、一緒に見よう!

151130_sol03.jpg



♪ Suitability(LIVE.ver) / Brian the Sun


151130_sol04.jpg


151130_sol05.jpg



♪ Sister(LIVE.ver) / Brian the Sun


151130_sol06.jpg


151130_sol07.jpg



ブライアン先輩!
おかえりなさい!ブライアン先輩!!!
メジャーデビューするって初めて聞いたとき、自分のことのように嬉しかったです。
そして、ここSCHOOL OF LOCK!に帰ってきてくれてありがとうございます!
今日の2時間、ブライアン先輩の心の声、熱い想い、魂のこもった音楽。
そのすべてを全力で受け止めていきたいとおもいます!!!
ブライアン先輩!よろしくお願いします!!!
hinapoo
女性/16歳/北海道
2015-11-30 22:08


Brian the Sun
Brian the Sunのみなさま、
メジャーデビュー発表おめでとうございます!
8年前に、このスクールオブロック主催閃光ライオットを通して出会いました。
今はもう社会人になりましたが、Brianは私の青春そのものでした。今でもずっとBrianは私の中でいちばんです。
こんな素敵な、大好きなバンドに出会わせてくれたスクールオブロックありがとう!
そして、いつもいつもかっこよくて心が熱くなる大好きな音楽を届けてくれてBrianありがとう!
ほんとにほんとに大好きです!
これから先メジャーデビューして、良い意味で私たちの期待を裏切って下さい。一生ついていきます。
咲てぃー
女性/22歳/神奈川県
2015-11-30 21:46



とーやま校長「この8年間の間にBrian the Sunの4人も、それを聴いていた生徒にも色々なことがあったわけだから、今日のライブ聴きながら感じたこととかメッセージ送ってきてくれ!」

Brian the Sun先生へのメッセージは学校掲示板メールで待っています!

151130_sol08.jpg


今夜はBrian the Sun先生が音楽室でLIVE授業!!

森 良太先生(vo./gt.)
白山 治輝先生(ba./cho.)
小川 真司先生(gt./cho.)
田中 駿汰先生(Dr./cho.)


Brian the Sun先生「よろしくお願いします!!」

151130_sol09.jpg


とーやま校長「最初から2曲いってもらって、もうぶち上がってるわ!」

森先生「僕らももぶち上がってますよ!」

あしざわ教頭「ライブ中、森先生がニヤリとする瞬間がありましたけど」

森先生「懐かしいなって思って、ステージが見えますね。めっちゃ思い出しました」

とーやま校長「あのときの声聴いてどう思ったの?」

森先生「めっちゃ若い声やなって感じですね」


Suitability
閃光の応募曲で高校生の頃から聴いてたのに歌い方とかギターの聞こえ方が違う
夢を見て悩みもがき進もうとしてる姿に響いたんだろうな
Sisterは死んでしまうを例えにし言動が時には傷つき、それでも愛したいというのが溢れてる。
khira
男性/23歳/愛知県
2015-11-30 22:13



とーやま校長「8年前聴いてたみんなも、当時のこと思い出してるんだよね。実際に閃光ライオットで見てた人もいるかもしれないし」

あしざわ教頭「お互い成長して今に至るわけですから」

冒頭でも言いましたが、Brian the Sun先生は来年メジャーデビューが決定!!

校長・教頭「おめでとうございます!」

Brian the Sun先生「ありがとうございます!!」

とーやま校長「率直にどんな気持ちなんすか?」

森先生「新しい1歩というか、違うフィールドに活動の場を移すってことが、モチベーションにも繋がるし、より多くの人にも聴いてもらえるのでがんばるしかないって感じですね」

小川先生「このタイミングって自分たち的にもしっくりきてて、8年前からずっとやってきて、聴いてくれているみんなと一緒に進んできてようやく出そろったというか、みんなで行くかって感じがします」

とーやま校長「治輝先生にとってはこの8年間は長かった?それともあっという間だった?」

治輝先生「あっという間でしたね。思い出してみると色々なことがあったんですけど、あっという間で、でも閃光ライオットが昔のようにも思えるし、昨日のことのように思い出せるし、不思議な8年間ですね」

とーやま校長「楽しいことも、辛いこともあったんだよね?」

治輝先生「僕ドラム叩いてましたからね(笑)」

あしざわ教頭「そうかぁ」

とーやま校長「何があってそうなったの?」

治輝先生「その当時女の子が叩いていて、ツアーの2週間くらい前に抜けたいっていう内容のメールが来て、でも“次のドラムが見つかるまでは叩くから”って感じだったんですけど、良太が断って」

森先生「彼女の意思を尊重してね、そこで熱量を保てないんだったら今辞めた方がいいってことを伝えて、でも結局ドラムは見つからず、ライブは決まってたから、叩けるんちゃうかって思って」

あしざわ教頭「実際叩けたんですか?」

治輝先生「叩け“ない”ですね(笑)」

とーやま校長「そりゃそうだよね!ベース1本でやってきたんだから(笑)」

治輝先生「それでとりあえずスティックだけ買って毎日スタジオに入ってツアーをやり遂げたんですけど、でも閃光ライオットの2年後だったので、ライブハウス行くと名前だけは知っててもらえたんですよ」

とーやま校長「聴いててくれたんだ」

治輝先生「でも“名前聞いてた割には演奏下手やな”って全国各地で言われ」

あしざわ教頭「え!?」

森先生「めっちゃ言われましたね」

とーやま校長「本当はこうじゃねえんだよって感じだよな」

森先生「そうしてでも活動は止めたくなかったんですよ」

治輝先生「せやな」

とーやま校長「でもけっこうな出来事だし、もうやめちゃおうってなってもおかしくないことだよ」

あしざわ教頭「そこで素直にドラムをやるって受け入れたのもすごいですよね」

治輝先生「僕もライブは止めたくなかったんで」

森先生「気合やろって感じでした」

小川先生「俺も気合で入ったようなもんだしね」

とーやま校長「気合で入った?」

小川先生「僕は閃光ライオット出てなくて、その後にギタリストが抜けて僕が加入してるんですけど、ツアーとかリリースも決まってたのに加入当時は僕ギター弾けなかったんです」

とーやま校長「え!?」

森先生「弾けないけど、見た目良いから…」

あしざわ教頭「すごいスカウトの仕方ですね」

森先生「ギターは練習すればうまくなると思って、でもそのかもしだす雰囲気は真司にしかないものと思ったんで、誘って、2ヵ月後にはレコーディングと海外でのライブも控えてて、そういう状態で無理矢理引きずり込みました。でも真司は真司で“やる!”って言って、レコーディングもツアーも周り」

とーやま校長「すごいよね!車発進してるのに半ドアでトランク空いてるようなもんだよね」

全員笑い

とーやま校長「田中先生的にはメジャーデビューはどう捉えてるの?」

田中先生「新しい出発というか、ここからかなって感じで、気合入ってます!」

とーやま校長「じゃあ4人同じ気持ちで、ここからまたガツンといってやる?」

森先生「そうですね、最近やっと仲良くなってきたんで、8年かけて絆を繋いできたのはすごいなって思いますね」


都会の泉 / Brian the Sun



Brian the Sun先生!!
Brian the Sun先生こんばんは!!今日のSOLめっちゃ楽しみにしてました!シュレディンガーの猫買いました!とってもかっこよくて、勢いのある曲ばかりで最高に興奮しました!あと、やっぱりBrian the Sunは歌詞を大事にしてるバンドだな!と思いました
閃光ライオットの頃から、想いは変わらず、でもすごく大人っぽくなって、かっこよさや妖艶さに磨きがかかったと思います?
これからも頑張ってください!!!!
アロハ☆
女性/15歳/京都府
2015-11-30 17:09



森先生「15歳で妖艶さってすごいね(笑)」

とーやま校長「でも確かにめっちゃかっこいいからね」

森先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「今の4人の話を聞いて、色々なことがあって、グルっと回ってきてやっぱりここだなって部分がこのミニアルバムに収められてるのかなって思ったんですけど」

森先生「その通りですね、ギターの音とか実際鳴っている音を大事にしたいと思って作ったアルバムなので、加工とかもしすぎずにリアルなもの届けたいと思って、ライブには近いけど、それとはまた違うCDになってます」


Brian the Sun先生!メジャーデビュー決定おめでとうございます!
発表の時、会場にいたのですが、純粋に嬉しくて友達と手を繋ぎながら泣いてしまいました。
祝福の声と拍手でいっぱいでとっても暖かい空間で感動しました。
今まで何度もブライアンの音楽に救われてきました。
それにブライアンのおかげで大切な友達もたくさんできました。
ブライアンのライブそのものが大好きで愛おしくて、私にとってすごく大切にしたい時間です。
これからの活躍に期待しています!
ずっと応援しています一番大好きです!
がうちゃん
女性/20歳/埼玉県




151130_sol10.jpg



♪ シュレディンガーの猫(LIVE.ver) / Brian the Sun


151130_sol11.jpg



♪ 彼女はゼロフィリア(LIVE.ver) / Brian the Sun


151130_sol12.jpg



♪ ロックンロールポップギャング(LIVE.ver) / Brian the Sun


151130_sol13.jpg


とーやま校長「はぁ〜きたなぁ〜」

あしざわ教頭「すげぇ〜」


かっこいい!
Brian the Sun先生の曲を今日初めて聴いたのですが、すごく元気をもらえました!初めて聴いた曲でこんなに好きになったのは初めてです。これをきっかけもっとたくさんの曲を聴いてみます!
そしてメジャーデビューおめでとうございます!
みおちょろす
女性/17歳/新潟県
2015-11-30 22:16



ここからは生徒に逆電していきます!

とーやま校長「もしもし!」

ひー 東京都 23歳 女性

ひー「もしもし」

とーやま校長「校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです!そして!」

Brian the Sun先生「Brian the Sunです!!」

ひー「えっと…あ〜…」

とーやま校長「やばい感じだな?(笑)、どうよBrian the Sunのライブは?」

ひー「超やばいです!今、ロックンロールポップギャングで“うわー!”ってなってました」

とーやま校長「すごいよな!開いたよな!色々なものが!ひーはいつからBrian the Sun好きなの?」

ひー「8年前の閃光ライオットの最終審査で聴いてからです」

とーやま校長「当時はどんなこと思ったの?」

ひー「歌詞がすごい素直でピンときて、かっこよさもあるし、せつななさもあるし、世界観が素敵だなって思いました」

とーやま校長「じゃあライブとかもいってるの?」

ひー「大学生になってからはけっこう頻繁に行ってました」

とーやま校長「Brian the Sunが来年にメジャーデビューするっていうことは、どのタイミングで知ったの?」

ひー「実際の発表する場にいて、本当に自分のことのように嬉しかったです!」

あしざわ教頭「ずっと見てきたわけだもんね」

とーやま校長「それですごい力を分けてもらってきたんだよね?」

ひー「週活のときに森先生とお話させてもらったことがあって、春に就職なのに2月になっても就活が終わってなくて、でも“あせらなくていいから”って声をかけてもらって、ステッカーに言葉を書いてもらったんですけど、それが今でもお守りです」

とーやま校長「ちなみになんて書いてもらったの?」

ひー「“なんとかなる、なるようにね”って書いてもらいました」

とーやま校長「優しい言葉ですね」

森先生「なんとかなりますね」

あしざわ教頭「今、働いてるわけですからね」

とーやま校長「仕事はどう?」

ひー「正直きついですけど、これも人生だなって思って、まず働けることがよかったなと思ってます」

とーやま校長「マジでBrian the Sunがいなかったら、いまだに就活してたかもしれないからね。治輝先生、嬉しいね」

治輝先生「そうですね。僕らの音楽が誰かの人生に関われてるじゃないですけど、知らない間に影響が出せてるんだなって思うと嬉しいですね」

とーやま校長「じゃあ最後にひーから、Brian the Sun先生の4人に伝えたいことを伝えておこう」

ひー「楽しいときでも辛いときでも、いつもBrian the Sun先生の音楽がそばにあって、それですごい力をもらっていて、今回のメジャーデビューすごい嬉しいです、おめでとうございます!これからもずっと応援して、一生ついていくので素敵な音楽を鳴らしてください!」

Brian the Sun「ありがとう!」


♪ half cab / Brian the Sun


そしてBrian the Sun先生は来年の2月にツアーを開催!
『マタタビ ツアー 2015→2016』

札幌、仙台、新潟、名古屋、広島をまわり、
対バン相手には、LAMP IN TERREN先生、赤色のグリッター先生など!!
生徒のみんなも楽しみに待っていよう!!

とーやま校長「これはもう始まってるんですよね。今のところどうですか?」

森先生「初日にメジャーデビュー発表だったんですけど、その瞬間の爆発的な歓声を聞いて、今まで斜に構えてやってきたけど、メジャーとかにひねくれてたのは自分だけやなって思って」

とーやま校長「考えすぎてたんですね」

森先生「素直に喜んでくれるなら、こんなにええことないなって」

治輝先生「こっちがびっくりするくらいの歓声でしたね」

とーやま校長「嬉しいですよね。田中先生はどうですか?」

田中先生「まぁここからといことでですね、全国回れて色々な人に会えるので、メジャーデビューしますっていう報告をもってみなさんに会いに行くので、よろしくお願いします」

あしざわ教頭「父兄の方みたいに落ち着いてますね(笑)」

全員笑い

151130_sol20.jpg


とーやま校長「そして、もしもし!」

めろぱむ 青森県 21歳 女性

めろぱむ「もしもし!」

とーやま校長「校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです!そして!」

Brian the Sun先生「Brian the Sunです!!」

とーやま校長「めろぱむは21歳ってことは社会人?」

めろぱむ「社会人1年目です」

とーやま校長「1年目かぁ、何のお仕事やってるの?」

めろぱむ「ピアノを教える仕事してます」

とーやま校長「へぇ〜ちなみにめろぱむは今日のライブずっと聴いてた?」

めろぱむ「聴いてました!最高でした!」

とーやま校長「だよな!」

森先生「嬉しい」

田中先生「ありがとうございます!」

めろぱむ「1人暮らしなんですけど、コンポで聴きながら1人で騒いでました!(笑)」

とーやま校長「Brian the Sunのことはいつから好きなの?」

めろぱむ「ちゃんと聴いたのはこの前のShout it Outのフリーライブで、あの日Brian the Sun先生がすごい印象に残って最高で興奮しました!」

とーやま校長「じゃあここからBrian the Sunの色々な曲に出会えるわけだからいいね!」

めろぱむ「はい!」

とーやま校長「Brian the Sunに何か聞きたいこととかある?」」

めろぱむ「私、今はピアノの講師をしているんですけど、実は短大時代から別の夢があって、その頃から軽音をやり始めて、音響の仕事に興味があって。目指したいっていう気持ちもありつつ、でも踏み出せないまま今に至っているんですけど、今の仕事もやりがいはあるんですけど、諦め切れなくて。今Brian the Sun先生が8年間かけてメジャーデビューして、その間のみなさんの思いの入れ代わりとか、そういうのはどうだったのか聞きたくて」

森先生「僕らの場合は、もちろん辞めようと思ったこともアホほどあるんですけど、続けることにすごく意味を感じ始めてて、8年やってきたけど、そのときどきでみんなが喜んでくれたから続けてこれたかなって思います。1つ思うのは、バンドを10代後半の組み始めて、やりたいこと山ほどあるんですよ、全部を叶えるつもりで、全部追いかけてたんですよ。結果、残ったのが音楽でバンドだったんですね。だから最初からやりたいことを決めて目指すことも大事なのかもしれないですけど、欲張って全部を大事にしたいって思って進んで、結果残るものが自分に向いてるものだなって思いますね」

とーやま校長「今の話聞いてどう思った?」

めろぱむ「すごい納得しました。やりたいことやってみたらいいっていう気持ちになりました」

とーやま校長「それがいいよな」

小川先生「自分の気持ちに嘘はつかれへんしね」

とーやま校長「めろぱむありがとうな!」

めろぱむ「はい!ありがとうございました!」

151130_sol18.jpg



閃光ライオットのあの日、ビックサイトにいました。
そこからのブライアンの活躍はずっと見てきました。
アメリカンドリームならぬ、ブライアンドリームは、今日まで本当にファンに夢を与えてくれました。
ファンと一緒に、という姿勢も大好きです。
社旗人になった今、なかなかライブに足を運べていないのですが、これからも引き続き応援していきますね!
東京に来ただ
女性/24歳/東京都


Brian先生
Brianを好きになったのは僕が中3の頃、蒼き賞でNaked Blueを聴いたときでした。あれから何年も経ちましたが、今でもあの曲を聴くとドキドキして鳥肌立ってしまいます。Brian先生、メジャーデビュー本当におめでとうございます!
ヤットくん
男性/19歳/東京都
2015-11-30 22:23




151130_sol14.jpg


151130_sol15.jpg



♪ Naked Blue(LIVE.ver) / Brian the Sun


151130_sol16.jpg


森先生「遠い先の未来に、今のこと思い返したとき、きっと俺たちは同じ夢を見てた、ただそれだけなんやなと感じると思って書いた曲です。聴いてください“同じ夢”」

151130_sol17.jpg



♪ 同じ夢(LIVE.ver) / Brian the Sun


151130_sol19.jpg



最高すぎます
brian the sun 最高すぎます。大好きです。かっこよすぎます。俺は、今バンドのことで何して良いかわからない状況ですごく悩んでて、悩んでました。悩んでていました!でも、今brian the sun さんの声を聴いて音を聴いて、brian the sunを感じて今俺がするべきことが、はっきりとわかりました。ありがとうございます。俺も誰かに何かを与えられるようなバンドしていきたいと強く思いました。まけていられません。神曲を聴いてさらに頑張ります!神曲お願いします!!!!笑
風船
男性/19歳/鹿児島県
2015-11-30 22:24



森先生「俺もよく悩みますけど、そういうときに思うのは、“ずっとずっと今じゃない”っていうことです。俺たちは常に何を信じればいいか具体的なものはわからなかったけれど、ただ何かあると思って進んできただけです」

151130_sol21.jpg



♪ 神曲(LIVE.ver) / Brian the Sun


151130_sol22.jpg


授業終了後に、森先生が黒板のメッセージを書いてくれました!!

151130_sol23.jpg


151130_sol25.jpg


『 生きていれば生きてて良かったと思える日がくるだーなぁ… 』

151130_sol24.jpg


そしてこれが本日のセットリスト!!

151130_sol26.jpg


151130_sol27.jpg


Brian the Sun先生、今日は最高のライブありがとうございました!
そしてメジャーデビューおめでとうございます!
ぜひまた来てください!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ひー 東京都 23歳 女性
めろぱむ 青森県 21歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 Suitability / Brian the Sun
22:08 Sister / Brian the Sun
22:25 都会の泉 / Brian the Sun
22:35 シュレディンガーの猫 / Brian the Sun
22:38 彼女はゼロフィリア / Brian the Sun
22:42 ロックンロールポップギャング / Brian the Sun
22:51 half cab / Brian the Sun
23:23 STAR TRAIN / Perfume
23:37 Naked Blue / Brian the Sun
23:41 同じ夢 / Brian the Sun
23:48 神曲 / Brian the Sun
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
またBrian the Sunが始まった!
かっこ良かった!
もう1回言う、かっこ良かった!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
ビッカビッカに光ってた!!
Brian the Sun先生、
メジャーに行ってさらに素敵な夢みさせてくれー!!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 || Next -
<   2015年11月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE