過去の投稿

June 2017 の投稿一覧です。
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
SCHOOL OF LOCK!


『 連絡ボード 』

とーやま校長「生徒のみんなは連絡ボードって見てる? スマホだと『今後の予定』とか、PCだと『ゲストインフォメーション』、とか『オンエアインフォメーション』とか。連絡ボードにはこの学校の予定が発表してあるんだけれども……」

あしざわ教頭「初オンエアや、来校してくださるゲスト情報が載っているボードですね」

とーやま校長「来週の予定を改めて発表していきます! 来週月曜日は…!」

ACIDMAN先生の新曲「ミレニアム」を初オンエア!

7月26日にリリースされる、新曲をどこよりも早く、この学校でオンエア!


とーやま校長「そして、来週火曜日の生放送教室には…!」

MONOEYES の細美武士先生が来校!

あしざわ教頭「去年の10月以来の来校ですね! ちなみに僕は、細美先生に、『ムネト』と呼ばれています!」


とーやま校長「来週水曜日の生放送教室には…!」

我が校の世界始の講師、SEKAI NO OWARI先生が来校!

あしざわ教頭「毎週金曜日に授業をしてくれているセカオワ先生が、この日は2時間来てくれます!」

とーやま校長「新曲『RAIN』の話とかを詳しく聞かせてもらおうと思う!」

あしざわ教頭「謎解きの話とかも聞きたいですね!」

とーやま校長「そして……」

あしざわ教頭「まだあるんですか? ここまでは連絡ボードに載っていますが…」

とーやま校長「続いては、まだ発表していない新曲解禁情報だ! 来週、木曜日!」

井上苑子ちゃんの新曲「なみだ」を初オンエア!

7月26日にリリースする苑子ちゃんの新曲「なみだ」を来週木曜日、一緒に聴こうと思う!
 
連絡ボードに来週のスケジュールは貼り出しているので、各自、確認宜しく!


そして今夜は……!
Mrs. GREEN APPLE先生の新曲「On My MiND」を初オンエア!!!


あしざわ教頭「これですよ! みんなが待っていたのは!」


ミセス!最高の誕プレ!
「ON My MiND」フルO,Aきたー!!(・∀・)
この曲はアニメ「ナナマル サンバツ」の
OPだそうで、やっぱりすごいですね!ミセス!
しかもその日は誕生日!
最高の誕プレですよぉ(o;ω;o)
7月にはライブ行って8月には5thシングル
今年の夏も最高に楽しみです!!(^^)
コポゥを求めて三千里
男性/15歳/東京都
2017-06-23 17:01


あしざわ教頭「やったね!」


プレゼント
今日、私の誕生日です!
誕生日に大好きなミセス先生の新曲が
聴けるということは
私にとって最高のプレゼントです!!
ありがとうございます!
もえてぃー
女性/17歳/鹿児島県
2017-06-29 17:39


あしざわ教頭「お前もか〜!」

とーやま校長「コポゥを求めて三千里! もえてぃー! 2人ともお誕生日おめでとう!」

他にも、楽しみにしてくれていた生徒はたくさんいます!
ミセス先生の新曲を聴いた感想もぜひ掲示板に書き込んでね!


♪ On My MiND / Mrs. GREEN APPLE


とーやま校長「答えってどこにあるんだって思いながら、毎日生きていて。未来の鍵をみんなと一緒に探すために授業をしているわけだけど、
その鍵も見つからなかったり、手にしそうになってもこぼれ落ちていくこともある。
でも、それも全部間違いじゃないし、それ自体が答えでもあるなって思った。悩んだ分だけ、自分の考えや答えにも説得力が増すとも思うんだ。
それをミセス先生が力強く言ってくれているのかなって思って、頼もしい!」

あしざわ教頭「ミセス先生って、曲自体が友達みたいじゃないですか? どんなダメな時でも”大丈夫!”って言ってくれている気がして、距離が近く感じるんですよ!」

とーやま校長「そうだね!」

「On My MiND」は、8月30日リリースのニューシングル「WanteD!WanteD!」の収録曲!
アニメ「ナナマル サンバツ」のオープニングテーマにもなっている!


そして、最近の掲示板に気になる書き込みがいくつかありました!


あー…
来週から期末テストですが…
全然勉強に集中できません笑
今日から欠点取らないように頑張ります&(遅いけど笑)
夢音 茉莉歌
女性/15歳/兵庫県
2017-06-29 13:11


あしざわ教頭「ちょっと諦めモードか? しっかり頑張れ〜!」


期末テスト
今日からテスト始まります!
今日は現代文と英語だけど、今まで通りの点数をとれる気がしません。英語は先生が変わってからずっと低迷中で、中間は少し落ちたくらいで済んだけど、今回はどうなるか分からない...Σ(゚д゚lll)
ホワイトアイス
女性/18歳/島根県
2017-06-29 07:09


あしざわ教頭「みんなどうした〜! でも、この時期ってそういう気持ちになっちゃうのも分かります。僕も一夜漬けで過ごしていましたからね」

とーやま校長「教頭…一緒だ! 俺もテスト勉強はほぼしなかった!」

あしざわ教頭「なんででしょうね(笑) 絶対に頭に入らないのに、前日に詰め込むシステム!」

そう、今は全国的に期末テストの時期!!

ということでSCHOOL OF LOCK! 今夜の授業テーマは…

「成績はビリだけど…逆電!」


“一度でも成績がビリだったことがある” “今クラスでビリ争いをしている” “テストで0点を取ってしまった!"
…という生徒に「成績はビリだけど…」の続きの話を聞かせてほしい!
例えば…

「成績はビリだけど、そろそろ抜け出したいと思っています!」
「成績はビリだけど、部活で県大会への出場を決めました!」
「成績はビリだけど、そのおかげで異性の勉強友達ができちゃいました!」
「成績はビリだけど、めちゃくちゃでかい夢があります!」


など、成績はビリだけど…、に続く今の目標や状況、今君が思っていることを学校掲示板もしくはメールに詳しく書き込んでほしい!
もし分かるようだったら成績がビリの理由も教えてくれ!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


これは、本日のGIRLS LOCKS!で紹介した「みやぎ総文2017」のリスナー記者にプレゼントされる「SCHOOL OF LOCK!新聞部公認!新聞記者セット」!
「新聞部」について、詳しくは→<コチラ>から!


そして、本日の授業テーマ「成績はビリだけど…逆電!」
まず最初に逆電した生徒は……!

白いかもめ 佐賀県 15歳 男性 高校1年生

とーやま校長「今日は『成績はビリだけど…』というテーマでやっているんだけど、そんな中、逆電に出てくれたことに敬意を評します! ありがとう!」

あしざわ教頭「そうだね、これからえぐられるかもしれないからな(笑)」

とーやま校長「聞いちゃうけど、今までの成績でビリを経験したことはあるのか?」

白いかもめ「あります!」

RN 白いかもめがビリを取ってしまったのは、今期の中間テストでの出来事。
27人いるクラスで、生物と世界史の2教科がビリになってしまったのだそう。

あしざわ教頭「2部門いっちゃったか〜」

とーやま校長「テスト勉強はどれくらいできたの?」

白いかもめ「毎日1時間半くらいです」

とーやま校長「結構やってるんだね! それでも、思うように点数が取れなかったんだ?」

白いかもめ「勉強を始めるのが遅くて…」

中学の時はビリじゃなく真ん中らへんにいたのだけれど、高校に入って中学の時と同じ勉強をしていたら、ガクッと落ちてしまったのだとか。

とーやま校長「周りも頑張っていたし…ってことなのかな。ビリって分かったのはテストが返って来た時?」

SCHOOL OF LOCK!


白いかもめ「テストが返ってくると順位が出るんですけど、その時にビリって分かりました」

とーやま校長「その時の気持ちって聞いてもいい?」

白いかもめ「はい。もっと頑張らないといけないなって気持ちになりました」

とーやま校長「悔しいっていう感情が湧いたんだね。今日は、成績がビリだったけど、その先に何があるのか、を聞かせてほしいと思ってる! 白いかもめが、ビリを取った先の話を聞かせてくれ!」

白いかもめ「成績はビリだけど、留学をしたいと思ってます!」

とーやま校長「留学!」

来年の4月から、交換留学としてオーストラリアの学校に行きたいと思っているRN 白いかもめ!
これは学校長の推薦が必要で、学校の中で数人しか選ばれないのだそう。

とーやま校長「校長の推薦…。俺の推薦じゃダメなのかな?」

あしざわ教頭「まさかの!(笑) 多分、白いかもめの学校の校長に”誰だ?”って言われると思いますけど(笑)」

とーやま校長「ダメか〜。推薦もらうにはどうしたらいいの?」

白いかもめ「日々の授業態度とか、テストの順位とかをあげて、校長に認めてもらえるような成績を取らないといけないんです」

とーやま校長「各教科ごとの先生も、白いかもめの普段を見ているわけだし、それが校長先生に報告が入って、”白いかもめならOKでしょ!”ってならないとダメだってことか」

あしざわ教頭「具体的な点数とかは決まってないんだね」

白いかもめ「はい」

RN 白いかもめは、高校に入ってから学校にあまり馴染めず、友達があまりできなかったのだとか。
学校を辞めて働こうかな、と思った時期もあったのだけど、そのことを両親に相談したところ、「まだお前は職につけたとしても最後までやり遂げられないし、苦労を知らないから見知らぬ土地で1人で生活して、苦労を知ってこい」と言われたのだそう。

とーやま校長「どうせやるなら、地球の裏側まで行って飛び込んでこいってことだね!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「どでかいお父さんお母さんだなぁ!」

とーやま校長「もしも、オーストラリアに留学できたら、何か変わりそうか?」

白いかもめ「自分は、なんでも楽な方に流れてしまって、今年の5月まで陸上をしていたんですけど、勉強と部活の両立ができなくて辞めざるを得なくなって辞めたんです。
でも、留学を通してなんでも一生懸命出来るようになりたいなって思っているんです」

とーやま校長「いいね! その思いはいつくらいからあったの?」

白いかもめ「3週間前に親から勧められて、最初は行こうか迷っていたんですけど…」

あしざわ教頭「知らない土地に行くんだしね」

白いかもめ「考えていくうちに留学したことで自分の世界が変わるんじゃないかって思って、それで留学してみたいって思うようになりました」

とーやま校長「現実的な話でいうと、校長先生の推薦が必要になってくるってことは、テストの点数も関わってくると思うから、自分の中で小さくてもいいから一つずつ目標を立てていった方が良いと思うよ。
次のテストのために目標を設定して、少しずつ達成していくことで、白いかもめの中に”あれ、今日は自信があるな”って日が訪れると思うな」

あしざわ教頭「あとは、英語をめっちゃ頑張るとかでも良いと思う! 一番分かりやすく頑張れるものだと思うし、うちのお姉ちゃんも留学しているんだけど、当時、めちゃくちゃ頭悪かったの!
でも、行きたいって気持ちは誰よりもあったから、すごい頑張って留学したんだよ。今は普通に海外に住んでいたりするから、1つの気持ちがあるだけで引っ張って行ってくれるものがあると思うな!
1個の教科だけでもトップを目指すとか、それくらいの気持ちでやっていこう!」

SCHOOL OF LOCK!


白いかもめ「はい!」

とーやま校長「あまり悲観的になることもないからね。ちょっとお得くらいに思ってもいいと思うよ。ビリを取りに行ったわけではないし、ここからさらに落ちることって無いじゃん!
見る人から見れば、1つでも上に上がれたら白いかもめはよくやってるってことなんだから、見方を変えればお得です!」

あしざわ教頭「ちょっと上がっただけでも、すごい上がった感じになりますからね!」

とーやま校長「ここからはやりがいしかないよ!」

あしざわ教頭「分かりやすいスタートだ!」

とーやま校長「留学に行った帰りには、美味しいオージービーフを送ってくれな! 応援してるよ!」

白いかもめ「はい! ありがとうございます!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 虹 / 高橋優


続いては…

splassh! 新潟県 17歳 女性 高校2年生

あしざわ教頭「中2高2は…フリーーダーーーム!!!

splassh!「フリーーーダーーーム!」

とーやま校長「でも、それどころじゃないでしょ?」

splassh!「それどころじゃないです(笑)」

とーやま校長「splassh!は、ビリを取ったことがあるの?」

splassh!「ビリはないんですけど、中学の頃よりかは成績がダウンしているかなって感じです」

とーやま校長「それでも……えぐるよ?」

あしざわ教頭「今日はえぐりおじさんなんだね(笑)」

とーやま校長「成績は下位争いをしつつも、その先があるんだよね?」

splassh!「はい。自分が成績が落ちているなって思っていたら、ある男子が下位争いをしていて、その男子と一緒に勉強しています…(笑)」

とーやま校長「何をそんなにデュフデュフしながら話しているんだ?(笑) もしかして、その男子のこと…」

SCHOOL OF LOCK!


splassh!「気になってます…(笑)」

あしざわ教頭「あらららら(笑)」

RN splassh!は、中間テストの成績が思うようにいかなかったのだが、その男子も同じように成績が良くなく、
お互いに2年生だし、勉強を頑張らないといけないという話になったのだそう。

splassh!「今まで、テストの3日前とかに焦り出していたんですけど、今回はお互い点が上がったら遊びに行こうって話になって…」

とーやま校長「あれあれ?(笑)」

あしざわ教頭「話変わってきたぞ…」

とーやま校長「じゃあ、今は勉強を頑張れているんだ?」

splassh!「3週間前から始めました!」

とーやま校長「今までダントツで早いじゃん! というか、splassh!は、その男子を気になりかけているっていうか、好きだろ?」

splassh!「それは秘密です」

とーやま校長「言っちゃえって! 今日はえぐっていくって言ってるじゃん! 好きでしょ?」

splassh!「…好きです」

あしざわ教頭「簡単に言ったな!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「でも、結果めっちゃ良くない?」

あしざわ教頭「めちゃくちゃイイですよね!」

今日もテストがあったのだけれど、いつもは苦手な教科が解けるようになったのだそう!

とーやま校長「これはね、3週間前からやったっていうのももちろんあるけれど、その男子と遊びに行けるということがね…!」

splassh!「いや…(笑)」

とーやま校長「これは認めなさい! 恋、いや愛ですね! 愛が、お前の脳みそをフル活性化させているわけだよ! 結果、ビリ争いをすることにはなったけど、1度に2つのものを手に入れられることがあったかい?」

あしざわ教頭「こんなことが起こるんだな!」

とーやま校長「相手もsplassh!のことを同志だと思っているし、吊り橋効果みたいなものじゃん! ビリ争い効果っていうのが生まれたわけだからね!」

あしざわ教頭「すごいなぁ!」

splassh!「私も順位が良かった時もあったけど、だんだん下がり始めているから、今回は頑張りたいと思います!」

とーやま校長「大丈夫です! お前と彼は、遊びに行けます! 頑張れsplassh!

splassh!「ありがとうございます! 頑張ります!!」


SCHOOL OF LOCK!



実は、SCHOOL OF LOCK!の学校掲示板には、スタンプ機能がある!
書き込みには、「いいね!」、「ファイト」、「お疲れ」、「ハート」、「うんうん」の5種類のスタンプを押すことができるんだけれども…。
今月、「ファイト」のスタンプが、最も押された学校掲示板の書き込みを紹介するぞ!


ガンバロ( ・`ω・´)
最近思う。
辛いのは自分だけじゃないんだって。
周りには自分が辛くても外に発信しない人もいる。
それは良いことでもあり悪いことだと思う。
自分が辛いことアピールするのもダメだし、溜め込むのもダメ。
人に心配をかけず、誰かに優しくできる人になる!
決めた!
欅も乃木坂も書ける人
男性/15歳/群馬県
2017-06-24 00:00


とーやま校長「頼もしくて力強い書き込みだね! これをクリアするって結構大変だと思うんだよ。自分にも負荷がかかるしね。だけど信頼できる人には頼ってほしい。そしたら頼られる人間になるはず!
そして、この書き込みには『ファイト!』のスタンプが44個ついているんだよね」

あしざわ教頭「すごい!」

とーやま校長「欅も乃木坂も書ける人、書き込みありがとう! そんなカッコイイ男になれるように、頑張れ!」

あしざわ教頭「ちなみに、『ファイト!』のスタンプが2番目に押されている書き込みは…」


ヤベー!!どーしよー!!
来週の中間テストでいい結果残さないと、SOLが聞けなくなる!!ヤバい!!頑張ります!!
Sa-i
女性/13歳/宮城県
2017-06-23 23:20


あしざわ教頭「この書き込みには26個『ファイト!』のスタンプが押されてるんだけど、”頑張れ!”って思いもあるし、”俺もそうだぞ!”っていう思いの生徒もいると思う。是非とも俺たちの声を聴いてほしいから、頑張ってほしいな〜!」

とーやま校長「これはいつ頃のかきこみ?」

あしざわ教頭「書き込みは先週の書き込みなので、今まさにテスト真っ最中かもしれないです!」

とーやま校長「じゃあ、聴けてない可能性もあるってこと?」

あしざわ教頭「悲しすぎるよ!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「こうやって、掲示板の書き込みにはスタンプだけでなく、レスをつけることもできる! 質問とか悩んでいる生徒の書き込みもあるから、できたらレスを書き込んでほしい!」

福島県 RN タピオカ塩素や、長野県 RN 弱化硝子の少年
いつもありがとうね!

とーやま校長「生徒同士で話しているのを俺たちもよく見ているけど、すごくありがたい! 引き続きよろしく!」


そして、ここからは今日の授業テーマ!
「成績はビリだけど…逆電!」



ビリだっていいじゃない!
私は高1のとき、化学の成績が(おそらく)ビリでした。
そして放課後は、職員室で特別授業…
でもそのおかげで、成績はビリだけど、先生たちととても仲良くなれました!
色んな先生と色んな話をして、それが結構楽しくて
この時ばかりは、理系ダメダメでよかった!と思いました☺
えんだー。
女性/17歳/東京都
2017-06-29 17:05


とーやま校長「結果、見たことない景色を見ることができるっていう書き込みを多いもんね」

あしざわ教頭「そうですね!」


成績はビリだけど...
成績はビリだけど、自分の為に、将来のために、いま、頑張っている。
いま、ここで諦めている場合じゃない。
ここから、ここから、立ち上がってやる、這い上がってやる。
今回はA~Dの中でDランクだったけど、次は絶対にBランクに入ってやる。
待ってろよ、クラスメイト。
お前らの驚く顔をみてやる!
アラミン
男性/16歳/長野県
2017-06-29 22:18


とーやま校長「今が一番下なんだから、もう底を見ることはないからね」

あしざわ教頭「この意気込みがあればいけるよ! ガンバレ!!」

とーやま校長「…もしもし!」

もちもちもっちーーも 神奈川県 16歳 女性 高校2年生

もちもちもっちーーも「もしもし!」

とーやま校長「もちもちもっちーーもも、今現在ビリだったりビリ争いをしていたりするわけか?」

もちもちもっちーーも「そうですね…」

とーやま校長「えぐりますよ? 大丈夫ですか?」

あしざわ教頭「怖いからやめて(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ビリなのか、ビリ争いをしているのか。まずはそこを聞いておこうか?」

もちもちもっちーーも「ビリです!」

ひと月前の中間テストでビリを取ってしまったというRN もちもちもっちーーも。
なんと、5教科中3教科もビリになってしまったのだそう。

とーやま校長「5分の3ビリ!?」

あしざわ教頭「半分以上じゃん!」

とーやま校長「高校1年生の時の成績はどうだったの?」

もちもちもっちーーも「高1も悪かったです」

あしざわ教頭「なんで自信たっぷりに言えるんだ(笑)」

RN もちもちもっちーーもの勉強方法は、テストの1日2日前に詰め込むタイプの勉強法で、
自分でもビリの予想はなんとなくついていたのだとか。

とーやま校長「原因としてはなんだと思う?」

もちもちもっちーーも「まず、勉強がキライなんです。それともう一つあって、2日前にライブに行っちゃったんです」

とーやま校長「テストの2日前に? 誰のライブに行ったの?」

もちもちもっちーーも「Mrs. GREEN APPLEです!」

とーやま校長「ん〜〜〜しょうがない! 新曲も聴いた?」

もちもちもっちーーも「聴きました! 言葉にならないくらい、すごかったです!」

あしざわ教頭「ミセス先生のライブが楽しかったのはよく分かるけど、ここからどうするんだ、って話だよな」

もちもちもっちーーも「そうですね」

とーやま校長「ビリを取ってしまったけど、その先にはどんなことがある?」

もちもちもっちーーも「成績はビリだけど、音楽を届けるという夢があります!」

RN もちもちもっちーーもは、吹奏楽を中学校の時にやっていて、パーカッションを担当していたので少しドラムが叩けるのだそう。
将来的には、音響の仕事などの裏方としてでも、音楽を届けたいって思っているのだとか。

とーやま校長「イイね! 実際、そこに向けて何か始めてるの?」

もちもちもっちーーも「夏休みとかにスタジオに入って練習したりしてます」

あしざわ教頭「やっぱり、その時間は楽しい?」

もちもちもっちーーも「楽しいです!」

とーやま校長「俺は、好きなものがちゃんとあれば、テストでビリだろうがイイと思っている人間なんだよ。それでもテストの順位が上がりたいのであれば背中を押すけど、そんなに成績を上げたいって思ってないだろ?」

SCHOOL OF LOCK!


もちもちもっちーーも「はい(笑)」

あしざわ教頭「大学に行きたいっていうのもない?」

もちもちもっちーーも「大学はまだ考え中なんですけど、専門学校とかに行こうかなって思ってます」

とーやま校長「じゃあ、今めちゃくちゃ勉強しなくてもイイんじゃないかな? 自分の人生の足をひっぱるようだったら、そこは頑張って乗り越えていかないといけないけど、もちもちもっちーーもは、ちゃんと進みたい道のために自分から動いてるわけだしね」

あしざわ教頭「音楽をやるって決めているのなら、とことんやってほしいね! 僕の友達にDragon AshのKenKenっていうベーシストがいるんだけど、彼も音楽が好きだったけど、ずっと学校で友達がいなくて。
だけど、学校の先生が楽器だけをやることを許してくれたから、みんなが勉強している中、ベースだけやっていたんだって!誰よりも自分の時間をベースに費やしているから誰よりも上手くなったんだって。
あの時間がなかったら、今の自分はないって話をしていて、それくらい行ききったら、もちもちもっちーーもも化けることが出来るんじゃないかな?」

とーやま校長「そうだね! 誰からも求められる音響さんになる可能性もあるしね」

あしざわ教頭「ちょっとでも勉強したいっていう思いがあるのなら、勉強したほうがいいっていうけど、夢があって、それを譲れないっていう気持ちがあるのなら、そこに進んでいいと思うよ!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「でも、卒業できるくらいは勉強をやっておこうな?」

もちもちもっちーーも「はい(笑)」

あしざわ教頭「お父さんお母さんにも迷惑かけちゃうからな(笑)」

もちもちもっちーーも「はい、分かりました!」

とーやま校長「心配させない程度はちゃんとやっておいて、あとは好きなものに向かって一直線だよ! いつか、俺たちがライブ行った時にPA卓に座っているもちもちもっちーーもを見ることもあるかもしれないね」

あしざわ教頭「もしくは、ステージの上にいるかもしれないですしね!」

とーやま校長「そうだね! もちもちもっちーーも、えぐらせてくれてありがとう!

あしざわ教頭「その言葉もおかしいけどね(笑)」

とーやま校長「じゃあね!」

もちもちもっちーーも「ありがとうございました!」


♪ 異端なスター / Official髭男dism


とーやま校長「今日はみんなのビリに関する話を聞いているけれど、このOfficial髭男dism先生の曲やみんなの書き込みが合わさって、不思議と気持ちが軽やかになっているね!」

あしざわ教頭「元気をもらえてますよね!」


SCHOOL OF LOCK!


なんと、先ほど紹介した「ファイト」スタンプが26個もついた書き込みをくれたRN Sa-iからこんな書き込みが届いたぞ!


こーちょー!!教頭!!
聞けてます!!今聞けてます!!
でも、来週から聞けなくなるかもしれない!!(笑)
怖いよ〜!!((((;゜Д゜)))
Sa-i
女性/13歳/宮城県
2017-06-29 23:33


とーやま校長「いつもそのリスクを背負って聴いてくれているんだな(笑)」

あしざわ教頭「まだ結果が分かってないのかな? ガンバレ〜!」

とーやま校長「来週も、再来週も、お前と会いたいよ!」


そして、本日最後に逆電した生徒は…

みゅー 静岡県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「みゅーもビリを取ったことがあるの?」

みゅー「はい…」

とーやま校長「えぐってもいいのかい?」

あしざわ教頭「優しいんだか、冷たいんだか(笑)」

とーやま校長「みゅーは、いつビリを取ったの?」

みゅー「中3の時から今まで、ずっと学年総合ビリです」

とーやま校長「1回笑っておこうか(笑)」

とーやま校長・あしざわ教頭「ワッハッハッハッハッハ(笑)」

今現在もビリだというRN みゅーは、テストが始まる3日前に1日30分ほどの勉強をしているのだそう。
だけど、もう少し順位を上げたいという気持ちはあるのだとか。

とーやま校長「ビリが続いてしまっている原因はなんだと思う?

みゅー「部活を頑張っているからかもしれないです」

とーやま校長「もしかして、”ビリだけど…”の続きはそこにあるのかな。みゅーは、成績はビリだけど、今どういう状態?」

みゅー「成績はビリだけど、全国大会にリレーで行けました!」

あしざわ教頭「マジか!」

とーやま校長「これはすごいぞ!」

水泳部に所属しているRN みゅー。3歳から水泳をやっていて、中学3年生の夏に全国大会に行ったのだそう!
全国大会では成績は奮わなかったものの、県大会では優勝したのだとか!

あしざわ教頭「県で1番ってことか!」

とーやま校長「高校に入ってからも水泳はやっているの?」

みゅー「はい! 今もやってます」

とーやま校長「水泳部での成績はどう?」

みゅー「1回ケガをしちゃって、あまり調子は良くないです…」

だけど、授業が終わってからも毎日2〜3時間は部活動をしているため、家に着くのは夜遅くになってしまうのだそう。

あしざわ教頭「ずっと体を動かしているわけだもんね」

とーやま校長「水泳なんて特にだよね! 逆にそれで30分でもちゃんとテスト勉強するって偉いと思うけどね!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「確かに!」

とーやま校長「将来は何になりたいとかってもう決まっているの?」

みゅー「それがまだ決まっていなくて。大学に行きたいんですけど、将来やりたいことがないから学部とかも決まってなくて、受験科目も決まってないのでそれに対する勉強ができないんです」

あしざわ教頭「受験に対してスイッチが入らないんだね」

とーやま校長「いろいろと大学は見たりしてるの?」

みゅー「はい、探してます。だけど、ピンと来る学校は無くて…」

とーやま校長「志望校を絞ることに越したことはないけど、今は全方位で見ておいて、大学に入ってからやりたいことを見つけてもいいと思うんだ。今すぐ決めないといけないわけではないし、理由なんて”友達がいたから”とか”家から近いから”とかでもイイんじゃないかな?」

あしざわ教頭「いいと思います!」

とーやま校長「結果、大学に入ってから”間違っちゃったな〜”っていうのも、自分の人生を歩む上で大事なことだと思うよ」

あしざわ教頭「俺も美術大学に行ったけれど今やっているのは美術の仕事をやっているわけでもないし、夢って変わるものだから、自分が行ってみたい方向に向かっていく。ってくらいでいいんじゃない?」

みゅー「はい!」

とーやま校長「何かをするのに必ず理由が必要なわけではないから、自分と向き合っていくうちに、自分や誰かが導いてくれるはずだよ!」

あしざわ教頭「そんな人や夢に、絶対出会えるよ!」

とーやま校長「みゅーはまず、テストの順位が少しでも上がるといいな! 体もしんどいかもしれないけど、テスト勉強もちょっと早めにやってみよう!」

みゅー「もうテスト始まっちゃってるんです…」

とーやま校長「今回はどう?」

みゅー「でも、結構頑張っていて、ビリより3つ上くらいはいけているんじゃないかな、って」

あしざわ教頭「おお! 間違いなく前進しているぞ!」

とーやま校長「気を抜かずに、頑張れ!」

みゅー「はい! ありがとうございます!」


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!

SCHOOL OF LOCK!


『 何もない、身軽になった、あとは飛ぶだけ! 』

みんなの話を聞いていて思ったことです。この言葉をビリの君に向けて届けたい!


あしざわ教頭「そうですね! ビリというのはチャンスなんだなって思いました! 何かを始めるきっかけにもなる、すごい良いタイミングなんじゃないかと思ってます」

とーやま校長「だって、今日話を聞いた生徒、もれなく前に進んでいたもんね!」

あしざわ教頭「みんな明るかったし、元気だった!」


テスト期間で毎日大変かもしれないけど、君の明日が少しでも上に進んでいくように、SCHOOL OF LOCK!は応援してます! 頑張れ!!


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
白いかもめ 佐賀県 15歳 男性
splassh! 新潟県 17歳 女性
もちもちもっちーーも 神奈川県 16歳 女性
みゅー 静岡県 16歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
がっしゃん 東京都 15歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:03 On My MiND / Mrs. GREEN APPLE
22:45 虹 / 高橋優
23:16 サンプル / サカナクション
23:40 異端なスター / Official髭男dism
23:52 在るべき形 / UVERworld

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ビリ、故の明るさ!!輝いて見えた(笑)

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ビリからのハイジャンプ!見せてくれよ!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
SCHOOL OF LOCK!


『 最終発表 』

SCHOOL OF LOCK!と、TOWER RECORDS、ドコモ、
レコチョクが運営する「Eggs」が贈る、10代限定夏フェス!
未確認フェスティバル2017!


とーやま校長「昨日に引き続き、今夜も全33組の出場者を、その音源と共に発表していく…」

未確認フェスティバル2017LIVEステージ 出場者決定スペシャル!!!!

とーやま校長「10代限定の夏フェス"未確認フェスティバル"!」

閃光ライオットの意思を引き継いだ10代限定の夏フェス「未確認フェスティバル」
生徒から届いたデモ音源は、応募者総数なんと3199組! 生徒のみんなにも審査に参加してもらいました!

あしざわ教頭「それを参考にLIVEステージに進むアーティストは全33組!」

とーやま校長「先週の月曜日と火曜日の2日間で、
7月16日(日) NAGOYA CLUB QUATTROに出演する8組
7月22日(土) 大阪Music Club JANUSに出演の8組
昨日火曜日は7月29日東京 渋谷O-WESTで行われる、東京会場初日に出演する9組のアーティストを発表したぞ!」

あしざわ教頭「そしていよいよ本日はライブステージ最終日となる7月30日の東京会場2日目の出演者を発表していきたいと思います!

SCHOOL OF LOCK!


このライブステージというのは、その名の通りライブハウスで実際にライブをしてもらいまして、そのライブがどれだけ盛り上がったのか? これを基準に、8月27日、東京 新木場STUDIO COASTで行う未確認フェスティバル2017 ファイナルステージに、出場するアーティストを決定していきます!

とーやま校長「という事で今夜が最終発表! 東京会場2日目に出演する10代アーティストの数は……全8組!! ということで、早速発表していく!」


未確認フェスティバル2017 LIVEステージ
東京会場2日目、1組目の出場アーティスト!

埼玉県 平均年齢 19.3歳 3ピースバンド! アイワナビィ


♪ ライブハウス / アイワナビィ


とーやま校長「もしも”未確認フェスティバルってどんなライブ?”って聞かれたら、俺はアイワナビィの楽曲を聴かせるね! そうすれば全部が分かる気がする!」

あしざわ教頭「分かる! メンバー3人が向かい合って演奏しているようなイメージがあったりしましたね。2番に入った時にギター弾かずにベースとドラムだけになったりとか、そういう感じのところも含めてすごくカッコイイ!」

とーやま校長「締め切り直前SPでも聴いたけれど、何回聴いてもカッコイイものはカッコイイね!」

あしざわ教頭「曲名も『ライブハウス』という曲名で、まさにライブのことを歌っている楽曲でもあります!」

2016年9月、高校の同級生だったVo/Gt住谷勇輝とDr久納浩太、Drの久納が
大学の軽音楽部で出会ったBa石井恭吾と結成。ライブは主に埼玉、都内で月2〜4回のペースで活動中!

あしざわ教頭「意気込みもシンプルですよ! 『負けねぇ!!!』 これのみです!」

とーやま校長「イイね!! 改めて、東京会場2日目の1組目、アイワナビィ、LIVEステージ出場、おめでとう!!」

SCHOOL OF LOCK!



そして! いよいよライブステージの開場及び開演時間も決定したぞ!
名古屋! 大阪! 東京二日間! 全公演共通で14時開場、14時半開演となっている! 当日来る生徒は遅刻しないように!

もちろん出入り自由! 今日発表する音を聴いて、何かを感じたら、その何かを確かめに会場まで来て欲しい!

あしざわ教頭「本日発表される全ミュージシャンのプロフィールと音源は、発表後、Eggsを通じて未確認フェスのサイトにアップしていきます! LIVEステージの予習も兼ねて、ぜひ確認しておいてください!」

とーやま校長「ドンドン発表していこう! 東京会場2日目、2組目の出場アーティストは………!」

宮城県 平均年齢 19歳 4ピースバンド! BruteRocks


♪ Hope of Mine / BruteRocks


あしざわ教頭「めちゃくちゃカッコイイぞーーッ!!」

とーやま校長「当日のライブがすごすぎて、渋谷O-WESTの床が抜ける可能性があるぞ!」

あしざわ教頭「気をつけないといけないですね(笑)」

とーやま校長「それくらい激アツな時間が訪れるはずだよ!」

あしざわ教頭「目をつぶって聴いていると、海外のお客さんもいる感覚になっちゃいますね! それくらいパワーを感じます!」


みやぎー!
おー!宮城から!!てか、カッコ良すぎ!!( ̄∇ ̄)
めっちゃ応援します!!
スクールオブロックの昇降口
男性/16歳/宮城県
2017-06-28 22:12


あしざわ教頭「そうだ! お前の地元にはこんなにカッコイイ奴がいるんだぞ!」

2014年に仙台で結成。シチュエーションを問わないジャンルレスな音楽を目指し仙台市内を中心に精力的に活動!
今年3月に仙台で開催したワンマンLIVEでは、ライブハウス最高動員を記録!!!

【意気込み】
一人でも多くの人に僕たちの音楽が届くように、全力で奪りに行きます!! 応援よろしくお願いします!!!

とーやま校長「気持ちも全方位に向かっているね! BruteRocks、LIVEステージ出場おめでとう!!


さぁ! 生徒のみんなは、ぜひ音源の感想を学校掲示板メールに書き込んでほしい!

SCHOOL OF LOCK!



東京会場2日目、3組目の出場アーティスト!

東京都 19歳 二人組! kuro_me


♪ get ready / kuro_me


とーやま校長「2017年、ヒップホップというジャンルのカッコ良さが世間的に認知されだした中、未確認もカッコイイヒップホップアーティスト多いね!」

あしざわ教頭「だいぶ増えてきたし、10代の思いをこうやってラップに乗せてくれるっていうのは中々カッコイイですよね!」

ラッパーkuro_meとビートメーカー次郎の二人組。
3年間ラップをやっていたkuro_meが、Twitterを通じて知り合った次郎にビートを提供してもらい、今回タッグを組んで応募してくれた!

【意気込み】
前回、あと一歩のところで 新木場スタジオコーストの舞台に立てなくて苦渋を舐めました。
そこから、心機一転。 未確認フェスティバルで グランプリを獲ることに目標を変えて再び戻ってきました!
今作「get ready」は アップテンポなbeatにメリハリのある voiceを乗せてみました。 何事も自分次第!  Peace!


とーやま校長「去年とかはファイナルが目標だったのかな。でも、それよりも先にある高い壁を目指しているっていうのが今年にもつながっていると思う!」

あしざわ教頭「前回、悔しい思いをしたっていうのがこの曲を作る原動力にもなっているはずなので、期待ですね!」

とーやま校長「kuro_me! LIVEステージ出場おめでとう!!」


東京会場2日目、4組目の出場アーティスト!

東京都 18歳 シンガーソングライター! にゃんぞぬデシ


♪ レディオスター / にゃんぞぬデシ


とーやま校長「このギターのザクザクする音は、何度聴いても俺たちの心をぎゅっと掴んでくるし、刻んでくるよね」

あしざわ教頭「耳がこの音を覚えているんですよね」

とーやま校長「だって、めちゃめちゃ喜んでいたじゃん!」

あしざわ教頭「そうですね!」

5月24日の「ネットステージ進出者発表」でも逆電した、にゃんぞぬデシ!
閃光ライオット2013から毎年応募してくれていて、初のLIVEステージ進出だ!

とーやま校長「ずっとSCHOOL OF LOCK!を聴いていてくれているんだから!」

あしざわ教頭「すごいテンションでしたし、その喋り声を聴いた後にこの曲を聴くと、またギャップがあって。こういう子がこの歌を歌うんだっていう驚きもありましたね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「閃光ライオット時代から戦い続けてきた中、満を持してだよ!」

【意気込み】
中1からスクールオブロックの生徒で、閃光ライオットの存在を知った衝動で中3の時に音楽を始めました。
音楽の原点です。中3から挑戦し続けていますが、あと挑戦できるのが2回になってしまいました。
なので、今回は絶対に1つでも前に進みたい。最後まで進みたい。ラジオが大好きです。
SCHOOL OF LOCKが大好きです。応募曲はラジオに何度も救われた私の思いを歌にしました。みなさんに聞いていただきたいです。


とーやま校長「今、どんな気持ちなのかなぁ…。この気持ちをどんどん大きくして、当日、待ってるよ! にゃんぞぬデシ、LIVEステージ出場おめでとう!!」


東京会場2日目、5組目の出場アーティスト!

埼玉県 高校2年生 シンガーソングライター! リツキ


♪ 偏見 / リツキ


とーやま校長「このアナログ盤みたいな、レコードの針を落とす時のような…」

あしざわ教頭「最後のプツプツ…っていう音ね」

とーやま校長「どういう録音の仕方なのか分からないけど、それすらイイよね!」

あしざわ教頭「言葉が流れるようで、ボブ・ディランとかの絵が浮かびましたね。今まで聴いたことあるようでない感覚です!」

とーやま校長「コードもすごくおしゃれだったりするし、言葉もどんなことを言っているのか、もっと聴いてみたくなるね!」

SCHOOL OF LOCK!


2016年5月からオリジナル曲を作成し始めていて、特にどこかで誰かに発表することもなく今に至るそう。

【意気込み】
歌うのもギターも下手だしデモもクソみたいですが、僕にとってそんなこと全く関係ありません。
自分の音楽性と生き方が本物かどうかを確認したい。
かなりの荒削りだけど、それでも僕は他の誰にも劣らない信念を持って曲にしてます。
僕の音楽は多くの人に新しい感覚を与えることができると確信しています。よろしくお願いします。


とーやま校長「前から言っているけど、未確認フェスティバルはテクニックとかを重視しているわけではなくて、
荒削りでも、上手くても、”自分の音楽や気持ちを確認したい!”っていう1点さえあれば、どんなやつが来てもいい場所なんだよ。だから、リツキはここにいるわけだし、そのままでいて欲しいな」


すごい!!
高2でこんなに印象的で素敵な曲歌えるの!?
同い年だとは思えない笑
りつきくんがんばれ!!
世界のぐりん♡
女性/16歳/大阪府
2017-06-28 22:43


あしざわ教頭「こういう声も届いているわけで、この時点でリツキは自分を一つ確認出来ていることにもなりますよね」

とーやま校長「すでにね! どんな感じのライブになるのかなぁ」

あしざわ教頭「ドキドキしますね! 楽しみ!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「リツキ、LIVEステージ出場おめでとう!!」


さあ、ここまで未確認フェスティバル2017 LIVEステージ、
東京会場2日目に出演するミュージシャン5組を紹介してきたんだけど………
続いてはゲストミュージシャンの発表です!

今年は東名阪、3会場4日間で行う全てのLIVEステージに、ゲストミュージシャンが登場!

あしざわ教頭「昨日の時点で4組中3組のゲストミュージシャンを発表しました!」

7月16日名古屋 NAGOYA CLUB QUATTROで開催する名古屋会場に出場するミュージシャンは、yonige

7月22日大阪 Club JANUSで開催する大阪会場に出場するミュージシャンは、赤色のグリッター

昨日発表した7月29日渋谷 TSUTAYA O-WESTで開催する東京会場初日に出場するミュージシャンは、ポルカドットスティングレイ

とーやま校長「いよいよ今夜、東京会場2日目に登場してくれる最後のゲストミュージシャンを発表する!」

7月30日 渋谷 TSUTAYA O-WESTで開催する東京会場2日目に出場するミュージシャンは……


LAMP IN TERREN!!!!


♪ 涙星群の夜 / LAMP IN TERREN



まじですか!!!
きたーーーー!!!!!!!

何度も言いますけど、本当に無料でいいんですか??
まって、LAMP IN TERREN先生はほんとに無料じゃだめ!!!!
さくらどうふ
女性/16歳/愛知県
2017-06-28 22:48


とーやま校長「逆にお金取れってこと?(笑)」

あしざわ教頭「そう言ってますね(笑)」

とーやま校長「だけど、LAMP IN TERREN先生は閃光ライオットにも出ているってこともあって、今回出場してくれているアーティストのみんなの思いや、来てくれるみんなの思いも、誰よりも分かってくれている!」

あしざわ教頭「その通りだ!」

とーやま校長「松本先生も、お金なんていらないって言うはずだよ!」

あしざわ教頭「絶対に言ってくれるよ!」

とーやま校長「改めて、未確認フェスティバル2017LIVEステージ 東京会場2日目のゲストアーティストは、LAMP IN TERREN! 楽しみに待っててくれ!!」


ここからは、東京会場2日目のステージに立つ、残り3組のミュージシャンを紹介していくぞ!

未確認フェスティバル2017LIVEステージ
東京会場2日目、6組目の出場アーティスト!

東京都 平均年齢17.5歳 4ピースバンド 4%ファイターズ


♪ イルミネーション / 4%ファイターズ


とーやま校長「去年、3%ファイターズで出場していたんだけど、1%増量して今年もライブステージにバックアゲイン!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ここまで来たね〜!」

とーやま校長「やっぱりめちゃくちゃすき間のあるバンドサウンドなんだけど、それがすごく好きで!」

あしざわ教頭「分かる分かる!」

とーやま校長「去年は中学3年生、15歳で未確認に出て、また1年経ってロックンロールっぷりが上がって帰って来たわけだよ!」

学校の部活がきっかけで2014年夏頃結成。
2015年夏頃から受験と進学があり、一時は3%ファイターズで活動していたが、現在は4%ファイターズとして活動中!

【意気込み】
去年3%ファイターズでファイナルステージに残れなかったけど、もう4%に戻ったから、今年こそ最後まで残れるようにがんばります!

あしざわ教頭「パワーアップしているんだろうな〜!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「4%ファイターズ、出場おめでとう!!」


東京会場2日目、7組目の出場アーティスト!

千葉県 平均年齢15.5歳 二人組! Raisa YusuKe


♪ 鏡 / Raisa YusuKe


とーやま校長「この1発勝負の音、手直しやり直しが一切ないです、っていう丸裸なギターの音と、歌声が何回聴いてもイイね!」

あしざわ教頭「この音が風を感じるんだよなぁ」

とーやま校長「Raisa YusuKeのRaisaは、先週のライブステージ出場発表からずっと掲示板に書き込みをくれているんだよね!」


やばい
やばい
めっちゃめちゃ緊張する!!!!
昨日から緊張で寝れないこの気持ちわかる!?やばいやばいやばいやばばばい
Raisa
女性/16歳/千葉県
2017-06-19 22:12

未確認フェス発表2日目
さあいよいよ2日目デスねぇ〜
昨日に引き続き緊張してきたぁ(°∀° )
周りのみんな、めっちゃ上手いから不安ですわ!
いあうえいぁぁあああああ!!
次進みたいいいい!!!!
Raisa
女性/16歳/千葉県
2017-06-20 21:28



あしざわ教頭「ずっと聴いてくれていたんだね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そして、これは昨日の書き込み!」


緊張とぅーざまっくす
本当に本当に本当に緊張してます(汗)
やばいですわ!!呼ばれてぇえ!!
Raisa
女性/16歳/千葉県
2017-06-27 22:29



とーやま校長「そして、今日も書き込みをくれている!」


涙流しても笑顔で
始まるよ
終わるかもよ
この、最後の2時間で何かが始まるかもしれないし終わるかもしれない。
今日まで頑張った。
相方と笑辛い時もあったけど、笑顔では、沢山曲作り頑張った。
もういいや
やれることはやった
どんな結果でも受け止める
涙流しても 笑顔で
鏡の自分に向かって言ってやる
「お疲れ様」
ゆうすけありがとう
最高のギタリスト、相方、音楽仲間
未確認フェスライブ審査発表最終日…
呼ばれるかなぁ Raisa YusuKe
Raisa
女性/16歳/千葉県
2017-06-28 22:26


とーやま校長「結構な長文なんだけど、察するに”ダメだったのかもしれない…。だけどここまでやることはやった!”っていう気持ちを書いてくれたんだよね! 今も聴いてくれているかなぁ? 電話してみようか!」

あしざわ教頭「おおっ! 電話行きますか!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「…もしもし!」

Raisa(Raisa YusuKe Vo) 千葉県 16歳 女性

Raisa「もしもし!」

とーやま校長「聴いてた?」

Raisa「聴いてました!!」

とーやま校長「じゃあ、改めて言わせてもらうね。Raisa YusuKe、ライブステージ出場おめでとうーーー!!!

Raisa「イェェェイ!!!」

あしざわ教頭「やったねーーー!! 待たせてごめんな!」

Raisa「めっちゃ焦らされました!」

とーやま校長「名古屋大会発表の時から、かじりついて聴いてくれていたんだもんね!」

Raisa「ずっと勉強集中出来なかったです(笑)」

とーやま校長「今日も名前を読んだのが7組目だったからね。今日は1日どんな気持ちだった?」

Raisa「朝から、授業中も友達にちょっかい出して、”緊張するんだけど!”ってずっと言ってました!
放課後、友達にミサンガもらって、『頑張ってね! ずっと祈ってるよ』って言われたけど、帰ってからも不安で不安で、受からないやって思ってました。本当に嬉しいです! ありがとうございます!」

とーやま校長「こちらこそ、そんなRaisaの声を聴かせてくれてありがとうだし、信じてみるものだな!」

Raisa「本当ですね!」

とーやま校長「今、YusuKeは聴いてくれているのかな?」

Raisa「はい。さっき、少しだけ電話しました!」

とーやま校長「改めて、YusuKeにも想いを伝えておこうか!」

Raisa「はい。私たちは頑張ったから、その頑張りをきちんと2人で認めて、ライブステージではみんなにこの気持ちと歌詞と情熱と、音楽に対する愛を伝えて本気で頑張って歌っていきたいです! ありがとうございます!」

あしざわ教頭「ありがとう!」

とーやま校長「ライブステージで会えるのを楽しみにしてるよ! いや〜良かったね!」

Raisa「超良かったです!」

とーやま校長「Raisa YusuKe! LIVEステージ出場、おめでとう!!」

SCHOOL OF LOCK!



そしてついに、東京大会2日目! 泣いても笑っても最後の進出者発表!

未確認フェスティバル2017 LIVEステージ!
東京会場初日9組目の出場アーティストは…!

とーやま校長「これも電話するか!」

あしざわ教頭「いきますか…!

とーやま校長「……もしもし!」

???「もしもし!」

とーやま校長「バンド名を教えてもらってもいいかな?」

ラフ(Gt.vo)「マッドネスマンボウのラフです!」

ラフ(マッドネスマンボウ Gt.vo) 千葉県 20歳 男性

とーやま校長「千葉県の3ピースバンド、マッドネスマンボウのラフね。…そういうことになるわ…!」

ラフ(Gt.vo)「ありがとうございます…!」

千葉県 平均年齢 19.3歳 3ピースバンド! マッドネスマンボウ 未確認フェスティバル2017 LIVEステージ! 東京会場2日目出場決定ーーーーーー!!

とーやま校長・あしざわ教頭「おめでとーーーーーーーーー!!!!」

ラフ(Gt.vo)「ありがとうございます!」

とーやま校長「今、どこにいる?」

ラフ(Gt.vo)「自宅です!」

とーやま校長「どんな気持ち?」

ラフ(Gt.vo)「いや〜! ヤバイっすね〜!」

とーやま校長「最後の最後じゃん。もう呼ばれないかもな〜って思ってた?」

SCHOOL OF LOCK!


ラフ(Gt.vo)「もう寝ようかなって思ってましたね(笑)」

とーやま校長「ちょっと諦めモードだったんだね。だけど、ライブステージに出るために千葉から東京の渋谷にやって来てもらうわけだから! どんなライブにしたい?」

ラフ(Gt.vo)「やっぱり、俺らが一番カッコよくて、パンクをやっているんだっていうのを見せつけてやりたいですね!」

あしざわ教頭「イイね!」

とーやま校長「お前たちはパンクだもんな! クラシックパンクロックバンドだもんね!」

ラフ(Gt.vo)「はい!」

とーやま校長「他の2人は家で聴いているのかな?」

ラフ(Gt.vo)「聴いていますね!」

とーやま校長「2人にも、今のラフの気持ちを伝えよう!」

ラフ(Gt.vo)3人で、クラシックパンクやろうぜ! 以上です!」

とーやま校長「ライブステージにはマッドネスマンボウで暴れたい奴がたくさんくるだろうから、その日しか見られないライブを見たいと思っているよ! ブチかましてくれ!!」

ラフ(Gt.vo)「はい! ありがとうございます!!」

とーやま校長「マッドネスマンボウ! LIVEステージ出場、おめでとうーー!!」


♪ BriBri / マッドネスマンボウ


とーやま校長「ラモーンズよろしくのパンクロックバンドが千葉県にはいるんだよね!」

あしざわ教頭「さっきの電話を受けてこの曲を聴くと、歓喜の曲に聴こえましたよ!」

とーやま校長「この日は、暴れ倒すことにしようか!」

あしざわ教頭「そうしましょう!」

そして、これを持って全てのLIVEステージ進出アーティストが決定しました!

本日発表された全ミュージシャンのプロフィールと音源は、発表後、Eggsを通じて未確認フェスのサイトにアップしていきます!

とーやま校長「今日の音源を聴いて、心がザワついた生徒は、ぜひ、当日の会場に来て欲しい!」

今日紹介したアーティスト達は、
東京会場2日目 7月30日! 渋谷TSUTAYA O-WESTの出場!
入場無料の出入り自由! 時間は14時開場、14時半開演!


あしざわ教頭「当日は、校長と僕もMCとして参加! さらに、ゲストミュージシャンとしてLAMP IN TERREN先生も登場します!」

とーやま校長「未確認ミュージシャンの音を実際に浴びた時にお前は一体、どんなことを思うのか…!
未確認フェスティバル2017 LIVEステージ! 未だお前の知らない自分に会いに来い!!!!


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN せかくま


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
Raisa(Raisa YusuKe Vo) 千葉県 16歳 女性
ラフ(マッドネスマンボウ Gt.vo) 千葉県 20歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
きんかく@ラガ横 群馬県 14歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:03 ライブハウス / アイワナビィ
22:11 Hope of Mine / BruteRocks
22:25 イト / クリープハイプ
22:33 get ready / kuro_me
22:37 レディオスター / にゃんぞぬデシ
22:41 偏見 / リツキ
22:48 涙星群の夜 / LAMP IN TERREN
23:19 アトラクションがはじまる(they call it "NO.6") / UNISON SQUARE GARDEN
23:25 誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと / UNISON SQUARE GARDEN
23:29 オトノバ中間試験 / UNISON SQUARE GARDEN
23:33 イルミネーション / 4%ファイターズ
23:38 鏡 / Raisa YusuKe
23:46 BriBri / マッドネスマンボウ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今年も出揃った、
言わずもがな、最強の布陣!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

とてつもない33組が集まってしまった…。
これをその目で見ない手は……ない!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
null


null


『 16/33 』

SCHOOL OF LOCK!と、TOWER RECORDS、ドコモ、
レコチョクが運営する「Eggs」が贈る、10代限定夏フェス!
未確認フェスティバル2017!


とーやま校長「先週に引き続き、今夜も全33組の出場者を、その音源と共に発表していく…」

未確認フェスティバル2017LIVEステージ 出場者決定スペシャル!!!!

とーやま校長「10代限定の夏フェス"未確認フェスティバル"!」

あしざわ教頭「生徒から届いたデモ音源は、総応募者数3199組!」

とーやま校長「そこからデモ審査を経て、ネットステージに進むことができたのは103組!」

あしざわ教頭「そこから、たくさんの生徒に投票をしてもらい、それを参考にLIVEステージに進むアーティストは全33組!」

とーやま校長「先週の月曜日と火曜日の2日間で、7月16日(日) NAGOYA CLUB QUATTROに出演する8組7月22日(土) 大阪Music Club JANUSに出演の8組33組中の16組の未確認アーティストを発表した!」

あしざわ教頭「その音源は、Eggsを通じて、未確認フェスのサイトにアップされています!」

とーやま校長「そして! 今日と明日の2日間で発表するのは、7月29日・30日 東京 渋谷O-WESTで行われる、未確認フェスティバル2017ライブステージ東京会場
今日初日は、7月29日(土)の出演者を発表していく!」

あしざわ教頭「このライブステージというのは、その名の通りライブハウスで実際にライブをしてもらいまして、そのライブがどれだけ盛り上がったのか? これを基準に、8月27日、東京 新木場STUDIO COASTで行う未確認フェスティバル2017 ファイナルステージに、出場するアーティストを決定していきます」

とーやま校長「東京会場初日に進出するアーティストは全部で…9組!

あしざわ教頭「そして東京と言いつつ、スケジュールの都合などで、関東近郊以外のアーティストもこの東京会場に進出する可能性は、全然あります!」


ここで、未確認フェスティバル2017 LIVEステージ東京会場初日のゲストアーティストの発表だ!

とーやま校長「7月29日(土) 東京 渋谷O-WESTのゲストアーティストは…!」

本日のゲスト講師!
ポルカドットスティングレイーーーーーー!!!!


♪ エレクトリック・パブリック / ポルカドットスティングレイ


とーやま校長「聴いてもらっている曲は、未確認フェスティバル2017東京会場初日のゲストアーティスト、そして! あしざわ教頭、そして嫁の馬渕が夫婦でミュージックビデオに出ていることでおなじみの、ポルカドットスティングレイで『エレクトリック・パブリック』
ふみかーーーーーー!!!! 今日も夜中一緒に散歩しようなーーー!!

null


あしざわ教頭「勝手に嫁の名前を叫ばないで!(笑) 言うな、そういうプライベートを!」

とーやま校長最近の日課だよなーーー!! 手をつないで散歩しようなーー!!

あしざわ教頭「言うなよ! 恥ずかしいから! やめろ!!(笑)」

???マジ?

とーやま校長「マジなんですよ…!」

生放送教室には、ポルカドットスティングレイのボーカル&ギター、雫先生ーーー!!

null


雫先生「ありがとうございます! よろしくお願いいたします!」


ゲストアクト!!!!!
ポルカ先生ィィィィィィィ激アツゥゥゥゥゥゥ
Yunana
女性/14歳/沖縄県
2017-06-27 22:05



雫先生「ありがとうございます(笑)」

とーやま校長「こうやってポルカ先生が来校してくれることを待ち望んでいた生徒もたくさんいますし、さらにLIVEを届けてくれるっていうね! ありがとうございます!」

あしざわ教頭「これは嬉しいですよ!」

雫先生「こちらこそ! ありがとうございます!(笑)」

とーやま校長「(笑) …右手に持っているのは何ですか?」

null


雫先生「ああ、"博多通りもん"持ってきました!」

とーやま校長「え!? 今日はどちらから来られたんですか?」

雫先生「福岡に住んでるので、福岡からなんですよ。とりあえずこれ(名物通りもん)を持ってきとけば間違いないって言われたんで」

とーやま校長「(笑) 確かに、僕もめちゃめちゃ好きなんで」

あしざわ教頭「すごく好きですよ!」

雫先生「おいしいですよね!」

とーやま校長「雫先生が持ってきてくれたんですね! ちなみに、俺はさっき北海道から帰ってきたばっかりなんです。だからお返しに、北海道からっていうことでフリスクを…」

null


あしざわ教頭「これは別に北海道名産じゃないだろ!」

雫先生「(笑) どんどん寒くなっちゃうよ!」

とーやま校長「確かに、気温も低かったからね(笑)
初登場でいきなりなんですけども、改めまして、未確認フェスティバル2017 東京会場初日のゲストライブよろしくお願いしますね!

雫先生「よろしくお願いします! すごく頑張ります!」

とーやま校長「で、あしざわ家のことも、ぜひよろしくお願いします」

あしざわ教頭「撮影の時に挨拶をした程度なんだから。本日2回目ぐらいなの(笑)」

とーやま校長「え!? 太いパイプがあるんじゃないの?」

実は、ミュージックビデオの監督の知り合いだったから出演したという。
撮影も約15分で終わったのだそう。

雫先生「私がメイクを変えたりしてる最中だったから、もう撮影が終わって出てきていただいたところで、急いであいさつをするっていう…。"今日は…ありがとうございました!"って」

あしざわ教頭「しかも、朝から撮影してたから顔が完全に死んでました(笑)」

雫先生「そうですね。20時間以上撮影ていたんで、この世の終わりみたいな顔になってたんです」

とーやま校長「じゃあ、ほぼ"はじめまして"なんですね。
雫先生、今日は2時間、よろしくお願いいたします!」

雫先生「よろしくお願いいたします!」


とーやま校長「今日は未確認フェスティバル東京会場初日のゲストアーティスト、ポルカドットスティングレイ先生と一緒にお届けしていく!」

あしざわ教頭「ライブステージもちろん入場は無料です。詳細は今後発表されますが、およそ昼から夕方ぐらいまで! もちろん出入り自由でございます!」

とーやま校長「ぜひこれから今日発表する音を聴いて、何かを感じたら、その何かを確かめに会場まで来て欲しいと思っている!」

あしざわ教頭「そして、本日発表される全ミュージシャンのプロフィールと音源は、発表後、Eggsを通じて未確認フェスのサイトにアップしていきます! LIVEステージの予習も兼ねて、ぜひ確認しておいてください!」

null



とーやま校長「それじゃあ行くぞ!」

未確認フェスティバル2017 LIVEステージ
東京会場初日、1組目の出場アーティスト!

東京都 平均年齢17.7歳 3ピースバンド Absolute area


♪ ひと夏の君へ / Absolute area


とーやま校長「今年も始まっている未確認フェスティバル2017! さらに加速しているし、ど真ん中を行く音だし、声だし、言葉だし!」

あしざわ教頭「この声、めっちゃ好きだなぁ! 何なんだろう?」

雫先生「思ったものの千倍クオリティが高くて…私もう、おばちゃん怖いってなっちゃってます(笑)」

とーやま校長「おばちゃんって…(笑) まだ若いでしょう?」

雫先生「だって(Absolute areaは)17歳でしょ!? もうおばちゃん、やめてやめて! 24歳です!(笑)」

とーやま校長「全然若いじゃん! そんなに変わらないよ!(笑)」

雫先生「変わりますよ! 10代と20代でもう大きな差がありますから。もうヤバイですよ。私、頑張ろ! 何か特技を身に付けた方がいいですかね?」

とーやま校長「(笑) え、1組目でもうそんな感じなの!? 今日はまだたくさんいるんだから!(笑)」

あしざわ教頭「もっとどっしりいてくださいよ!」

雫先生「この後、もうしゃべらなくなってるかも知れないです(笑)」

null


Absolute areaは高校の軽音楽部で結成された3人!
ちなみにドラムのKYO君は8月27日ファイナルの日が誕生日!

【意気込み】
大勢の人を感動させたいです!未確認FESに全てを賭けています!
全ての人の心の絶対領域に魂を歌います!



アブソリュートエリア!?
おれの通ってた高校の軽音部の看板バンドじゃん!!まじかよ!!アブソ頑張れ!!!
ビック倉庫
男性/19歳/東京都
2017-06-27 22:11



とーやま校長「ビック倉庫は先輩だよ! だからたぶん、高校では有名だったんだね」

あしざわ教頭「そういうことでしょうね。もうすでに(名を)とどろかせている!」

とーやま校長「改めて、東京会場初日1組目、Absolute area、LIVEステージ出場、おめでとう!!」

生徒のみんなは、ぜひ音源の感想を学校掲示板メールに書き込んでほしい!

null



とーやま校長「雫先生は、10代の時に音楽活動をされてて、何かに応募されたりとかしていたんですか?」

雫先生「いえ、音楽活動はしてなかったんです。ギターを始めたのが、そもそも大学3年の時だから…21歳とか20歳なんですよ」

とーやま校長「結構最近なんですよね!」

雫先生「そうなんです。音楽を始めてなかったから、オーディションの存在とかも知らなかったです」

とーやま校長「そうなんだ! メンバーの中で1番歳が若い人は誰ですか?」

雫先生「ギターのハルシが21歳ですね」

とーやま校長「ってことは、ほぼ今日の未確認のアーティストと2歳ぐらいしか変わらないよね。同世代ってなると、やっぱりヒヤヒヤが止まらなくなるわけね」

雫先生「そうですね。もう恐怖しかないです。私ちょっとドキドキしちゃって、薬飲んだ方がいいかな?(笑)」

とーやま校長「他のメンバーは、応募とかしてなかったんですか?」

雫先生「ベースのユウくんが、高校の時に、前身イベントの閃光ライオットに応募して、"フィッシュライフに負けた"って言ってました」

あしざわ教頭「えーーー!!」

とーやま校長「ってことは、2013ぐらい…4年ぐらい前かな?」

雫先生「こないだ、うちはフィッシュライフとツーマンをやってるんですよ。だから、楽屋でもユウくんが"フィッシュライフに負けたから…"って言ってて(笑) "お前もう23歳だろ? やめろ! いつまで引きずってるんだ?"って(笑)」

とーやま校長「そんなところでつながってるんだね! もう20分ぐらいで、ポルカドットスティングレイの感じがすごくわかってきた」

あしざわ教頭「にじみ出て来ましたね(笑)」

とーやま校長「曲とかはシュッとしててかっこいいのに、しゃべったら全然違うじゃん!」

雫先生「そうなんですよね。いつも、ラジオとかに出た時に、後からTwitterを見ると"声、低っ"とか、"こんなしゃべり方なんやな。おばちゃんぽい"とか(笑) もう、悪口の限りですよね」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「今日はみんな(悪口を)書き込むのやめて!」

null



東京会場初日、2組目の出場アーティスト!

神奈川県 平均年齢19.2歳 5ピースバンド 未確認3度目の挑戦! Rorschach


♪ Another:Feedback / Rorschach


とーやま校長「3度目の挑戦! 去年もおととしも応募してくれてるらしくて、でも1次審査のタイミングで落選してたみたい。そこで"もういいや"ってなってもいいのに応募してくれた。そういうのも思いながら聴いてたら、もう気持ちもバッチバチに詰まってるのがわかるね!」

あしざわ教頭「声にものすごく気持ちが入ってる感じがする」

雫先生「いや〜、ちょっと歌うまくないですか?(笑)」

とーやま校長「シンプルに! それがすごいよね!」

雫先生「すごい! 本当に年齢詐称したりはしてないですか?(笑)」

あしざわ教頭「してないですよ!」

雫先生「いや、ちょっと認めたくなくて(笑) 大人げない(笑)」

2013年高校軽音楽部にて結成!
2015年には東京都軽音楽連盟都大会決勝にて、奨励賞を受賞!      
未確認3度目の挑戦にして初のライブステージに進出!

【意気込み】
過去二回この未確認フェスティバルに応募させて頂きましたが、いずれも1次審査での落選という厳しい現実を叩きつけられてきました。
バンド仲間や後輩などが喜びの声を上げる中、自分達に一体何が足りないのか、自問自答の日々の連続でした。
バンドとして活動休止も経験し、文字通りどん底の一年を過ごしました。
ラストチャンスの年、この苦しかった1年があってよかったと笑えるように、応援してくれる全ての人たちのために、グランプリを取りに行きます!
音源で聴かせてライブで魅せます。俺たちがRorschachですよろしくどうぞ。


とーやま校長「ひっくり返しに来てるわけだね! Rorschach、出場おめでとう!!」

null



東京会場初日、3組目の出場アーティスト!

神奈川県 平均年齢18.3歳 4ピースバンド レイラ


♪ さよなら / レイラ


雫先生「歌がうますぎて、声が良すぎて…」

とーやま校長「ボーカルの有明ちゃん!」

雫先生「はい! 編成がうちと同じですよね」

とーやま校長「ボーカルの女子有明ちゃんで、残りの3人は全員男子。ポルカと一緒」

雫先生「一緒ですよね。有明ちゃん、ぐいぐい引っ張っていってほしいですね!」

とーやま校長「これ、ポルカのみんなも迎え撃つわけですからね」

雫先生「そうですね。もう負けたらどうしよう! ちょっとウォーミングアップ! 本当にヤバイ! もうビビってるんで、ちょっと頑張ります!(笑)」

とーやま校長「堂々と行ってくれさえすれば大丈夫だから!」

null


雫先生「事務所の人たちに"どうしたらいいですかね?"って、後で相談します(笑)」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

ボーカルの有明ちゃん、ハスキーな女性ボーカル。
2016年6月結成。
横浜、都内を中心に活動中。

【意気込み】
優勝できるようにがんばるぞい!!!

とーやま校長「レイラ、出場おめでとう!!」


東京会場初日、4組目の出場アーティスト!

岩手県 高校3年生 デジタルレゲエユニット Knockout Bumboclaat


♪ Rich Dawn Den / Knockout Bumboclaat


とーやま校長「臨場感とかもすごいあるし、これはLIVE音源とかなのかな? こんなゴリッゴリのレゲエアーティストはたぶん初めてだと思う!」

雫先生「いや、かっこいい!」

あしざわ教頭「ヒリヒリしますね」

雫先生「え、これは本当に高校生なんですか!?(笑) すごいですね!」

null


とーやま校長「2人とも高校3年生だから! これ、タオルガシガシ回るんだろうなぁ!」

MCとDJの2人組。
MC ZENDAMANは0歳からレゲエを聴いているらしいぞ!

【意気込み】
「デジタルレゲエ」をコンセプトとした活動をしています。
最近は10代の中でロックミュージックなどのバンドが人気で、聴く音楽もその類いが多数をしめていると思います。
そこで我々が活動を重ねることで「こんな音楽もあるんだぞ」と広めていきたいと思い活動しています。


とーやま校長「LIVEめっちゃ楽しみですね! Knockout Bumboclaat、LIVEステージ出場、おめでとう!!」


東京会場初日、5組目の出場アーティスト!

東京都 平均年齢17歳 2人組ユニット SeiLio


♪ Feel / SeiLio


とーやま校長「めちゃめちゃ楽しい!」

あしざわ教頭「炭酸飲料のCMで使われていそうな感じがすごくする! シュワーって飲んだりする感じ!」

とーやま校長「清涼な感じがものすごい!」

雫先生「さわやかですね!」

とーやま校長「シンセの音が入ってるからなんですかね」

雫先生「そうですね。さわやかだし、落ち着く感じで、私は今たぶん特殊な脳波が出ました(笑) 寝ちゃうかもしれない(笑)」

結成当初から未確認フェスティバルファイナルステージ出場を目指し、活動をしていたそうです。
オリジナル曲のMVを1ヶ月に1曲の頻度でアップ中!
ちなみに応募締め切り7分前に応募してきました。

【意気込み】
閃光ライオットでも、未確認フェスティバルでも2人組で優勝したという事例はないので、自分たちがその歴史を作りたいです!

とーやま校長「そんな2人がLIVEになったらどんな感じになるんだろう? 今までLIVEとかをやってたりするのかな?」

あしざわ教頭「どうなんでしょうね?」

とーやま校長「でも、コンテスト系とかには今までにも出たことがあるらしくて、LIVEももちろんある感じだね」

あしざわ教頭「パフォーマンスにも自信がありそうですね」

とーやま校長「SeiLioがどういう音を鳴らしてくれるんだろうね。改めて、SeiLio、出場おめでとう!!」


東京会場初日の前半5組を発表し終えて、雫先生に感想を聞いてみた。

雫先生「もうビビリで冷や汗が止まらない(笑)」

とーやま校長「まだ落ち着かないの(笑)」

雫先生「落ち着いてない(笑) でも、若くて才能があるっていうのは、みんながうらやましがるような素晴らしさを2つ持ち合わせてるってことなんで、これからも突っ走って、どんどんビビらせてもらいたいです(笑)」

とーやま校長「今この時間にも、もしかしたらスタジオ入ってるかも知れないし、演奏の技術が上がったり気持ちが昂ったりとかもしてるかも知れないしね!」

雫先生「そうですよ! もう若い子の吸収はすごいですからね!(笑)」

とーやま校長「いや、あなたも若いんだよ!」


今日の放送部では、雫先生宛ての書き込みを紹介したぞ!


ちょ自信持ってw
雫さんもっと自信持って笑笑
むっちゃすごいんだからw
ライトベーシック
男性/17歳/神奈川県
2017-06-27 22:45



雫先生「タメ口きかれてしまいましたね(笑)」

あしざわ教頭「そこなの!?(笑)」

とーやま校長「そこはいいじゃん! 応援してくれてるんだよ!」

雫先生「いや、ありがとうございます! もう、自信持ちます!(笑)」

null




未確認フェスティバル!
ゲストアクトポルカはやばいって爆発するわ(笑)
おいちゃんちゃん
男性/17歳/神奈川県
2017-06-27 22:08



雫先生「『(笑)』ってことは、爆発しないですよ(笑)」

あしざわ教頭「なんでそんなにうがった見方をするんですか! いいじゃないですか、気持ちを込めて言ってくれてるんだから!(笑)」

雫先生「ありがとうございます!(笑)」

とーやま校長「全員ぶん投げられるぞ!」



まってまって
ポルカ先生いる時点でもう興奮おさまらないのに、ゲストライブってなに!!!
雫先生、めちゃくちゃ麗しいです、好きです!!
しかもアブソやっぱりきたか!!!
興奮やまず!!
勉強なんてしてる場合じゃないな、本当に!笑
未来猫
女性/17歳/千葉県
2017-06-27 22:25



雫先生「勉強、頑張ってほしい!(笑)」

あしざわ教頭「全部違うとこ言うんだよな(笑)」

雫先生「でも嬉しいですよ!」



やばい!
未確認にポルカドットスティングレイ出るのか!!
鳥肌がー!!
ライトベーシック
男性/17歳/神奈川県
2017-06-27 22:06



とーやま校長「ほら、みんな嬉しがってるよ」

雫先生「ライトベーシックっていう名前は何が由来なんですかね?(笑)」

あしざわ教頭「どこに注目しちゃってるんですか(笑)」

null



♪ エレクトリック・パブリック / ポルカドットスティングレイ


本日のSCHOOL OF LOCK!は
未確認フェスティバル2017LIVEステージ 出場者決定スペシャルをお届け中!

とーやま校長「当日最後になるのかな? ゲストライブアクトとしてポルカドットスティングレイ先生のLIVEがあるわけですよ!」

雫先生「そうですね、もう、すっごい頑張ります!(笑)」

とーやま校長「なんか落ち着かないんだよなー。生徒のみんなは絶対にポルカが大好きだし、"安心して"ってメッセージがたくさん来てるけど」

雫先生「気合い入れなきゃってなりました!(笑)」

とーやま校長「すごく笑ってくれるんだよなー(笑)」

雫先生「そうですね。Twitterを見てたんですけど、"雫さん、ちょっと笑い過ぎじゃない?"とか、"ゲラでワロタ"みたいなこと書かれてました(笑)」

とーやま校長「(笑) イメージと違うからね!」

あしざわ教頭「本来のしゃべりとの差がね(笑)」

雫先生「みんな、私のことを何だと思ってるんだろうね!」

とーやま校長「新曲(『シンクロニシカ』)のミュージックビデオも上がってるじゃないですか。あれもメガネかけてる女教師でしょ? それもシュッとしたイメージがあるから」

雫先生「そうですねー。私、ふざけるタイミングを結構探してるんですけど、なくて…。本当は走り回ったりとかしたいんですけどね」

あしざわ教頭「開放したいんだけど、作り込まれちゃう?」

雫先生「はい、"事務所に怒られそうだな"と思って(笑)」

とーやま校長「そういう目も気にしつつ、なわけね(笑)」


さあ、未確認フェスティバル2017LIVEステージ
東京会場初日、6組目の出場アーティスト!

栃木県 平均年齢19.3歳 男女混合3ピースバンド SUNNY CAR WASH


♪ それだけ / SUNNY CAR WASH


とーやま校長「前にも生放送教室でみんなと一緒に聴いたりもしたし、"Eggs"のサイトに103組が載る前のアーティストみんなを聴いてる時に、何でかわからないけど思わず涙が(出た)」

雫先生「すごい!」

とーやま校長「雫先生もイントロが流れた瞬間に、"いいコード進行"っておっしゃってましたね」

雫先生「いやーもう、心に来る…(笑) 涙腺に来るコード進行ですね」

とーやま校長「声もね!」

あしざわ教頭「すでに声がせつないんだよな」

2015年1月に活動を開始した前身バンドから、2016年10月にメンバー脱退を機に「SUNNY CAR WASH」に改名!
宇都宮・東京を中心に活動中。

【意気込み】
夢を見ているんだ!

とーやま校長「SUNNY CAR WASH、出場おめでとう!!」


東京会場初日、7組目の出場アーティスト!

神奈川県 18歳 女性ソロアーティスト 元松美紅


♪ 風 / 元松美紅


とーやま校長「海に行きたいっすよ。潮風に当たりながら、揺れながら、俺は聴きたいです」

あしざわ教頭「そうなっちゃいますよね」

雫先生「隣に美紅ちゃんにいてほしいですよね。ずっと(笑) 曲を書いてる時とか、行き詰まった時に"頑張れ!"って言ってくれたら、あと8時間ぐらい頑張れます(笑)」

とーやま校長「(笑) でも癒されるっていうのもありますね」

雫先生「癒されますねー! 素晴らしい!」

null


中2からギターを始め、現在大学生。
都内のライブハウスを中心に活動中。
ちなみに「ギター」以外に「編み物」と「アップルパイ」も得意です。

【意気込み】
ぜっっったいに!新木場スタジオコーストのステージで歌いたいです!

雫先生「妹にしたい! 妹になってくれー!」

とーやま校長「(笑) 雫先生、当日に会えるわけですから」

雫先生「そうですね。しゃべりたいんですけど、ドキドキし過ぎて、私、キモい感じになっちゃう(笑) "この人キモイな"って思われて終わるかもしれないですね(笑)」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

あしざわ教頭「アーティスト写真見ると、めちゃくちゃ可愛らしい子なんですよね」

雫先生「そう! 声もかわいいけど、シンプルに顔がかわいい!」

とーやま校長「渋谷、出入りも自由だから観に来てほしいね! 元松美紅、LIVEステージ出場、おめでとう!!」


東京会場初日、8組目の出場アーティスト!

神奈川県 14歳 ソロアーティスト Mantarrow


♪ 123W! / Mantarrow


とーやま校長「この14歳のMantarrowによって、この瞬間だけは、渋谷のO-WESTはLIVEハウスじゃなくてクラブになるね!」

あしざわ教頭「完全にそうなりますね! すごいなー、Mantarrow!」

雫先生「14歳ですよ(笑) すでに私と10個違う…。もうほぼ息子みたいなもんですよね(笑)」

とーやま校長「そんなことはない(笑) 極論も極論だよね」

14歳にしてすでにDJとしてのステージも経験済み!
10歳の時から黒人ボイストレーナーのもと、レッスンを受けていた。
Twitter投稿はほぼすべて英語! 超グローバル!
アカウント名はmantarrow WORLD!
世界のMantarrowです!

【意気込み】
とにかく自分の音楽を知ってもらいたい!感じてもらいたい!・・・・・・・
そんな気持ちで今回のAuditionに挑みました!!!!!!!


とーやま校長「サカナLOCKS!でも聴いてたけど、やっぱりすごいね! また、どんなLIVEになるのか…」

あしざわ教頭「パフォーマンスをどうするのか、っていうのも気になりますね」

とーやま校長「Mantarrow楽しみにしてる! LIVEステージ出場、おめでとう!!」


ついに、東京大会初日ラスト!
未確認フェスティバル2017 LIVEステージ!
東京会場初日9組目の出場アーティストは…!

神奈川県 平均年齢19.5歳 4ピースバンド April Mist


♪ Horizon / April Mist


あしざわ教頭「めっちゃかっこいい!!」

雫先生「すごい!」

とーやま校長「俺も当日を想像しながらゾワゾワ来ちゃってる!」

雫先生「そうですね。本当にビックリしました! "マジかよ"と思って引きましたね(笑)」

あしざわ教頭「引かないで!(笑)」

null


2017年3月に結成!
この曲は、結成わずか二週間でアップされたらしい!
その後Eggsのすべてのチャートで1位2位を獲得!

【意気込み】
他の出場バンドももちろん、ゲストバンドさんたちのライブよりも良いライブができるように努力させていただきます。

とーやま校長「もうこれは電話しようか! …もしもし!」

???「もしもし!」

April Mist 神奈川県

とーやま校長「今、ラジオを聴いてた?」

Marcy(April Mist/Gt)「車で聴いてて、"えっ!?"みたいな」

あしざわ教頭「今メンバーと一緒にいるんだね?」

とーやま校長「全員いる?」

April Mist「(歓声)」

雫先生「元気だなー!」

とーやま校長「じゃあ改めて、April Mist、LIVEステージ進出、おめでとう!!

あしざわ教頭・雫先生おめでとうございます!!

April Mist「(大歓声)」

あしざわ教頭「車内が荒れている(笑)」

とーやま校長「今移動中? LIVE終わりか何か?」

Marcy(April Mist/Gt)「(神奈川から)大阪に遠征に行ってて、今帰りです!」

とーやま校長「Marcy、改めて、今の気持ちは?」

Marcy(April Mist/Gt)「いやー、もう、高速道路をぶっぱなしたいです!!」

あしざわ教頭「いや、危ない!!(笑)」

とーやま校長「法定速度は守れよ! ボーカルのたつや◎にも変わってもらえる?」

たつや◎(April Mist/Vo)「はい、もしもし!」

とーやま校長「結成してまだ3ヶ月でしょ? 何でこんなすごいのできるわけ?」

たつや◎(April Mist/Vo)「そうです! 何でだろう? …メンバーが最強です! ノリ、仲の良さといい、最高の先輩にも恵まれてます」

とーやま校長「マジか! ちょっと、雫先生!」

雫先生「私が忘れていた気持ちを思い出すことができた…(笑)」

とーやま校長「じゃあ最後、ベースのRIKI! どんなLIVEにしたいか一言ちょうだい!」

RIKI(April Mist/Ba)もう、ぶちまけたいですーーー!!

April Mistイエーーイ!!

とーやま校長「April Mist、出場、おめでとーーーー!!」

あしざわ教頭・雫先生「おめでとーー!!」

April Mist「ありがとうございまーす!!」


9組全ての発表が終わったところで、黒板の時間。
今日はポルカドットスティングレイの雫先生に書いてもらったぞ。

null


『 まけないぞ〜(ご夫婦お幸せに) 』

雫先生「下に"ご夫婦お幸せに"って」

あしざわ教頭「いやいや! なんで最後に俺のを添えちゃうんですか!(笑)」

雫先生「だって手をつないで散歩をするぐらいだから、うらやましいなと思って」

あしざわ教頭「別にそこはいいんだ!」


♪ テレキャスター・ストライプ / ポルカドットスティングレイ


とーやま校長「雫先生、黒板の『まけないぞ〜』。それぐらいの意気込みで来てくれることが、俺としてはめちゃめちゃ嬉しいし、今日発表した9組にとってもやりがいしかないしね!」

雫先生「もうぶっ潰す勢いで来ていただきたい!」

とーやま校長「ありがたいね! この心意気でしょ!」

あしざわ教頭「これはいい言葉をいただいた!」

とーやま校長「聴いている9組も、たぶんさらに火が付いたと思う」

雫先生「ぶっ潰されたらどうしよう(笑) 頑張ります!」

雫先生、今日はどうもありがとうございました!

未確認フェスティバル2017 LIVEステージ! 東京会場初日!
7月29日(土) 東京 渋谷O-WESTでお昼頃から夕方にかけて開催!
入場は無料! 出入りは自由!
当日は、校長たち2人もMCとして登場!
さらに、ゲストアーティストとしてポルカドットスティングレイ先生も登場だ!

そして明日は東京会場2日目の出場アーティストを発表!
残りあと…8組!

null




【FAXイラスト】


null

RN ももとりまかろに


null

RN chiharu


null

RN chiharu


null

RN ハムカツ御膳


null

RN ふてふてりんご




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
April Mist 神奈川県

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
ライトベーシック 神奈川県 17歳 男性
おいちゃんちゃん 神奈川県 17歳 男性
未来猫 千葉県 17歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:04 エレクトリック・パブリック / ポルカドットスティングレイ
22:11 ひと夏の君へ / Absolute area
22:28 TOKIO / 沢田研二
22:35 Another:Feedback / Rorschach
22:39 さよなら / レイラ
22:44 Rich Dawn Den / Knockout Bumboclaat
22:47 Feel / SeiLio
22:56 エレクトリック・パブリック / ポルカドットスティングレイ
23:10 I want u to love me / [Alexandros]
23:19 Forever Young / [Alexandros]
23:22 This Is Teenage / [Alexandros]
23:30 それだけ / SUNNY CAR WASH
23:33 風 / 元松美紅
23:38 123W! / Mantarrow
23:42 Horizon / April Mist
23:49 テレキャスター・ストライプ / ポルカドットスティングレイ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

東京もすごいなこりゃ…
熱過ぎるよ…。
そして雫先生面白いのね!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

東京1日目ポルカ先生と未確認アーティストの戦い!見逃すな!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
null


null


『 北海道 』

とーやま校長「俺たち…今、なんと! 北海道におります!

唐突だけど…!
今、校長と教頭たちは、今年35周年の北海道AIR-G'(FM北海道)から声を届けています!

ちなみに、ついさっきまで、
SCHOOL OF LOCK!の元生徒である、森本優さんがパーソナリティーを務める、
AIR-G'で夜7時半から放送中の「IMAREAL」に出演させてもらっていたぞ!

null



AIR-G’
AIR-G’で校長と教頭の声聞けてるのが不思議でたまらないし、いつもの乃木、欅トーク笑笑 好きだわ〜笑笑
Fsの背番号64が好き
女性/15歳/北海道
2017-06-26 21:44



とーやま校長「IMAREALの中で、乃木坂と欅坂のせめぎ合いがあったりしてね。どっちの曲がかかるんだ、みたいなこともあったね」

あしざわ教頭「かなりのせめぎ合いでしたね」

とーやま校長「さっき番組を終えたばかりの森本くんがTwitterにも"SCHOOL OF LOCK!が原点だ"って書いてくれてて、"SCHOOL OF LOCK!があったから、ラジオが好きになって、夢が持てた"、俺らみたいな者でも"一緒にしゃべらせてもらうことができて本当に嬉しかった"ってことを言ってくれていた!
なのに、何だか結構めちゃめちゃにしちゃって申し訳ないなっていう気持ちがいっぱいあるんだ」

あしざわ教頭「後半、自分が番組をやりたいっていう話ばっかりしてましたもんね(笑)」

とーやま校長「直接あやまりたいんで、森本くん、ちょっと来てもらっていいですか?」

なんと、スタジオに森本優さんを呼んだとーやま校長。

とーやま校長「適当にしゃべっちゃったり叫んじゃったりして、申し訳ないなと思ってる。森本"さん"でいいよね?」

森本さん元SCHOOL OF LOCK!の生徒、森本です!!

とーやま校長「お願いします!」

森本さん「お願いしまーーす!!」

森本さんは、中学校2年生でSCHOOL OF LOCK!が開校した時から
ずっと今までSCHOOL OF LOCK!を聴いてくださっているのだそう!

とーやま校長「自分の番組の終わりでは、夜10時からのSCHOOL OF LOCK!の宣伝とかもしてくれてるんだって!」

あしざわ教頭「嬉しいなぁ!」

森本さん「勝手に、仲間だと思っているので!」

あしざわ教頭「こちらも思っておりますよ!」

とーやま校長「めちゃめちゃ嬉しい! 後から、教頭先生から1,000円のお小遣いがあると思うんで…」

森本さん「やったぁ!!」

あしざわ教頭「なんで具体的な金なんだよ! "やったぁ"じゃないんだよ! 良くないリズムを継承するな!(笑)」

とーやま校長「え? そしたらあげないの?」

あしざわ教頭「…あげる…!」

とーやま校長「よかったー!」

森本さん「ありがとうございます!!」

あしざわ教頭「何なんだ、このシステム!(笑)」

というわけで、森本さんも一緒に3人で開校の挨拶を叫んでもらったぞ!

森本さん「もう震えが止まらないんですよ! だって14歳の時から聴いてるんですよ!」

あしざわ教頭「(笑) 生徒が集まってきたんで、SCHOOL OF LOCK!、本日も開校です! 起立!」

とーやま校長「はい、立って! さあ! 今夜の1曲目はgo!go!vanillas先生の新曲『ラッキースター』を初オンエア!」

あしざわ教頭「…礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭・森本さん叫べーーーーーー!!!!

null


null



♪ ラッキースター / go!go!vanillas


とーやま校長「バニラズ先生の曲が聴けるということだし、しかもタイトルが『ラッキースター』っていうことで、勝手にいつもの軽快なロックンロールを浴びれるもんだと思っていたら、こんなにも、散歩する時に聴きたくなる曲に出会えると思っていなかったから、今、めちゃめちゃ嬉しい!」

あしざわ教頭「めちゃくちゃかっこいいし、肩の力が抜けて、"とにかく楽しもうよ"みたいな感じもあるし、音がホールっぽいというか、空気が見えるような音というか、その感じも、聴いててすごく楽しかったな!」

とーやま校長「曲を知れば知るほど、色んなバニラズ先生を知って行けるね!」

あしざわ教頭「本当ですね!」

『ラッキースター』は、7月26日リリースのアルバム「FOOLs」収録!!




ほんとに好きで、信じて、信じ続けたら叶う夢ってあるんだ…!!
森本先輩!!!おめでとうございます!!

ぼくも、いつかはSCHOOL OF LOCK!(ラジオ)の世界へ進みたい!かも!!と思えました!
ターモネーター
男性/19歳/東京都
2017-06-26 22:08



とーやま校長「本当に、"好き"が一番強いと思うからね! もちろん技術とかそういったものも必要なのかもしれないけど、結果的にその"好き"っていう気持ちさえあれば、大抵のことを乗り越えられると思う。
ターモネーターもいつかこうやって、もしかしたら森本先輩としゃべることになるかもしれないしね!」

あしざわ教頭「そうだよ! その気持ちをふくらませて行こう!」


とーやま校長「さあ、改めて! 俺たちがなぜ、この北海道にいるのかと言うと…!
4月からずっと進めてきた、あのプロジェクトのためです!

あしざわ教頭「あのプロジェクトと言いますと…!」

スクールソング プロジェクト! Supported by カルピスウォーター!

これは、生徒のみんなが、「ありがとう」を伝えたい人と、その理由を募集して、
そのエピソードを元に、UNISON SQUARE GARDEN先生が曲を作ってくれるというプロジェクト。

あしざわ教頭「たくさんの応募の中から、来年の3月で閉校になってしまうという北海道旭川東栄高校のみんなに、ユニゾン先生が合唱曲をつくって、それを歌ってもらうことになりました」

とーやま校長「その歌を聴かせてもらうために、俺たちはさっきまで、北海道は旭川東栄高校にいました」

あしざわ教頭「みんなの合唱を、SCHOOL OF LOCK!の生徒みんなに届けるために、歌のレコーディングを行っていたんですよね」

とーやま校長「東栄高校のみんなは、ラジオとWEBの動画で流す用のレコーディングって聞かされて集まってくれていた状態」

あしざわ教頭「そうなんです。体育館にマイクを何本か立てて、いろんな大人が60人ぐらい、ウロウロしている状況でしたね」

とーやま校長「そう、生徒のみんなは単純に、レコーディングとだけ聞かされて合唱のレコーディングを行っていたんだけど…」

なんと、そこにサプライズで現れたのが…!
UNISON SQUARE GARDEN先生!!!!

null


斎藤宏介先生 Vo.&Gt.
田淵智也先生 Ba.
鈴木貴雄先生 Dr.


とーやま校長「北海道の旭川東栄高校のみんなの前に、UNISON SQUARE GARDEN先生が突然現れたってことですよね」

斎藤先生「そうですね、サプライズです。完全に、生徒のみなさんは知らなかったみたいですね」

とーやま校長「全く気づいてなかったって言ってる」

ということで、今日はUNISON SQUARE GARDEN先生もAIR-G'にいるぞ!

合唱が終わって、全員同じバスに乗って札幌まで帰ってきたのだそう。
バスの座席の居心地が良く、全員爆睡だったという話も…!

とーやま校長「ユニゾン先生にこの後どうされるんですか、って聞いたら、特に用事はないです、みたいな感じだったんで、"札幌まで来てくれや!"っていうことで…」

あしざわ教頭「暇人みたいな扱いやめて?(笑)」

とーやま校長「そして、今日はその東栄高校に行ってきたんですけど…田淵先生! 素敵な合唱曲をありがとうございました!

田淵先生「とんでもございません!」

あしざわ教頭「本当に、あれがなければ始まらなかったわけですからね」

とーやま校長「サプライズで出る前に、生徒に気づかれないように、幕の内側で隠れてたお気持ちとかいかがでしたか?」

田淵先生「サプライズの瞬間を撮ってやるぞ、って、カーテンの中にもカメラマンさんが上手と下手に2人いたんです。"撮るぞ!"みたいな感じでカメラ角度とか色んな体勢で撮ろうとしてたら、その人のポケットから携帯が落ちて、"ゴトッ"て言って(笑) "あっ…!! 君!!"っていう面白い一幕がありました。
で、その後に(幕が)開くっていう(笑)」




こんばんは! 旭川東栄高校の生徒です!
今日は貴重な体験ありがとうございました。
ユニゾンさんに合唱曲を作ってもらえるなんて思っていなかったんで、とっても嬉しかったです。
ユニゾンさんの満足のいく合唱ができたでしょうか?
ラストランナーの私たちにとって、とてもいい思い出になりました。
LIVEも最前列で参加できて楽しかったです。
また個人的にLIVEに参戦できたらと思います。
これからも私たちもラストランナーとして頑張りながら、校長、教頭、ユニゾンさんの活躍を楽しみにしています。

P.S.
教頭と握手できて嬉しかったです。
でもその間にユニゾンさんが帰ってしまっていて残念でした。
ユニゾンさんと握手したかったー!
ユキネコ
女性/17歳/北海道



あしざわ教頭「俺への文句なの? 何なの?」

とーやま校長「だから、あくまでも教頭はおつまみ…前菜だったっていうことでしょ」

あしざわ教頭「おつまみって言うなよ。前菜って言うんじゃないよ。…僕のせいですいませんでした」

とーやま校長「ユキネコを含めた東栄高校のみんなの合唱は本当に素晴らしかったですよね!」

斎藤先生「曲を聴いてから2週間ちょっとぐらいしか練習する時間がなかったはずなんですよ。
特に、きさらぎさんっていう方が電話をくれて"やります!"って言ってくれたものの、150人生徒がいる中のたった1人がやる気があったところで、ちゃんと形になるかどうかなんてわからないじゃないですか。だから、ちょっとドキドキしながらだったんですけれども、素晴らしい合唱でしたね!」

とーやま校長「素晴らしかったですよね! …みんなも気になってると思うんで、今日の合唱の模様は、7月19日水曜日の生放送教室でオンエア!」

もちろん、この日も、UNISON SQUARE GARDEN先生に来ていただくぞ!
そして、今夜は2時間、UNISON SQUARE GARDEN先生と一緒に授業をしていく!




こんばんは。この文章を読んでくれたら嬉しいです。
旭川東栄高校の生徒です。
校長、帰り際握手していただきありがとうございました。
中3の頃から好きで聴いていて、まさか来てもらえて声を聞くことができるなんて思ってもみなかったので、すごくすごくすごく嬉しかったです。
人生で一番幸せな瞬間でした。
ユニゾンさん、今日は貴重な思い出をプレゼントしていただきありがとうございました!
最前列で生歌を聴け、パフォーマンスも見れ、感激でした!
みなさんのラジオのお陰で、次の日の学校も頑張ろうと思えます。
校長、ユニゾンさん、これからも活躍を楽しみにしています。
これからも頑張っていってください。
校長、大好きです!(教頭も)
ぽんず
女性/18歳/北海道



とーやま校長「ありがとう!」

あしざわ教頭「さっきから備え付け感がすごいんだな…」

とーやま校長「俺は、なまら(北海道弁で"とても"の意味)嬉しい!
貴雄先生、改めて、この東栄高校はいかがでしたか? サプライズでLIVEもされてるわけですけど、5曲ぐらいやっていただきましたね」

鈴木先生「生徒の一人ひとりが、生徒という枠を越えて、ミュージシャンに見える瞬間というか、結構飛び越えて来るヤツが何人かいて、それを見ててよかったですね」

とーやま校長「そんな瞬間をステージから見ることができたんですね」

鈴木先生「できました!
体育館のステージの上で3人LIVEをやって、その下に生徒が150人いました。その日、指揮者の方も一緒に壇上に上がって、ピアニストは下にいる、みたいな感じだったんです。
だから、僕の場所からは指揮者の顔とかピアニストの顔、みんなの顔がよく見えたんですけど、特に指揮者、ピアニストは何かを背負ってるんでしょうね。生徒感ももちろんあるんですけど、そこから一個、カラを破ろうとしている感じっていうんですかね。卵からヒヨコが覗いてる、"生まれてくるぞ!"みたいな、息吹を感じました」

null


あしざわ教頭「そんな瞬間があったんだ…!」

とーやま校長「へー! 確かに、指揮者の斉藤くん…"斉藤A"。ユニゾンは"斎藤B"! 斉藤くんは、指揮する姿が凛としててかっこよかったんですよね!」

斎藤先生「聞いたら、今日、初めての指揮だったみたいですね」

あしざわ教頭「そんな感じ全然しないよね!」


ユニゾンLOCKS!でも3回ぐらい逆電をしていて、今回応募してくれた生徒から書き込みが届いたぞ!


■ こんばんは
今日はわざわざ北海道まで足を運んでいただきありがとうございました。
合唱会は思い出に残るイベントになりました。
大成功です!
そして今日をきっかけにユニゾンが好きな人が私の学校にもたくさんいたことに気づくことができました。
これから好きな人たち同士で話ができたらなと思います。
今日はVTRで泣いて、ユニゾンが出て来て泣いて、LIVEで泣いて、収録で泣いて、最後に握手した時に泣いて…。
泣きすぎて部活の仲間から「お前顔赤いけど大丈夫か?」と言われるほどに顔が赤いらしいです。
確かに顔がかゆいです。

この企画に応募してから今日まで嬉しいことだらけでした。
正直ここまでなるなんて思ってもいませんでした。
東栄高校の最後の思い出作りのお手伝いをしてくれて、本当にありがとうございました!
きさらぎ
女性/18歳/北海道



とーやま校長「東栄高校は今年度閉校になってしまうので、今は1・2年生がいない状態。3年生のみで、学校としてもいろんな行事が最後になっていく中、こうしてできたのはきさらぎのお陰だよ!」

null



改めて、UNISON SQUARE GARDEN先生は、今年の4月に就任してくれた、SCHOOL OF LOCK!の"鍵のスクール・ドクター"

あしざわ教頭「はい、生徒の悩みを診察してくれるお医者さんです」

とーやま校長「そうなんですけど、最近、あんまり診察してないですよね?」

あしざわ教頭「これは我々の責任でもありますよ。無茶なスケジュールで曲を作るようにお願いをしてるわけですからね」

とーやま校長「でも、まあ…"もぐり"だよね? もぐり野郎!」

あしざわ教頭「やめなさい! なんてことを言うんだ!(笑)」

とーやま校長「そう言われたら、なんだか貴雄先生の頬にも大きな傷があるなって…」

あしざわ教頭「ブラック・ジャック的なのはないですよ!(笑)」

鈴木先生「確かに、最近丘の上に家を建てたんですよ」

あしざわ教頭「ブラック・ジャックはそういう設定だけども!」

とーやま校長「ちっちゃい女の子連れて…」

あしざわ教頭「ピノコ連れてないから!(笑)」

とーやま校長「…なので、今日はユニゾン先生と一緒に生徒みんなの悩みを時間の限り"診察"していこうと思ってる!」

生徒のみんなは
ユニゾン先生に診察してほしいこと
君の"症状"をなるべく詳しく書いて
学校掲示板メールに送ってきてほしい!
ちなみに、診察希望者が多い場合、今夜に限り、北海道の生徒を優先、えこひいきさせてもらいます!

null



ここで、SCHOOL OF LOCK!から大事なお知らせ!

来週月曜日の授業は、JET STREAM 50周年特番のため、11時までの短縮授業!
そのため、来週月曜日は、夜11時8分過ぎのPerfume LOCKS!もお休みになるぞ!

とーやま校長「いつもよりは短いけど、1時間、授業はしっかりやるんで、来週の月曜日ももちろん、夜10時によろしく!」


さあ、そして今夜の生放送教室には…!
UNISON SQUARE GARDEN先生!!


近い!
校長教頭、北海道にいるんですね!!
すぐ近くで生放送してると思うと何か変な感じですが(笑)、とても嬉しいです!
楽しみにしていま〜す!
ふぉにあむ
女性/16歳/北海道
2017-06-26 21:55



とーやま校長「北海道にお邪魔してるよ!」



ヤバイ
はぁーーーーー始まった!!
半径10キロ以内に校長と教頭、そしてユニゾン先生がいるなんて…!!猛烈に感動してます!
北海道にいても、冒頭から面白いです!
お好み焼きの製造者
女性/14歳/北海道
2017-06-26 22:01



とーやま校長「たぶん中央区に住んでるのかな?」

あしざわ教頭「(笑) 特定できるんだね」

とーやま校長「ここが中央区なんで、この辺りに住んでて…でも、いつもこうやって聴いてくれてるわけで、嬉しいね!」

あしざわ教頭「ありがとうございます!」

null



とーやま校長「さぁ! 今日はユニゾン先生にいらっしゃっていただいて、SCHOOL OF LOCK!の"鍵のスクールドクター"として、毎週ユニゾンLOCKS!をお送りしてくれています。
生徒の悩みを"診察"ということで、結構診てほしいっていう生徒がたくさんいるんで、さっそくいってみますよ! …もしもし!」

ソフト☆カツゲン 北海道 16歳 女性 高校2年生

ソフト☆カツゲン「もしもし!」

あしざわ教頭「中2高2は、フリダーーーーームッ!!!!

ソフト☆カツゲンフリーダーーーーム!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「…ユニゾン先生、微動だにせず。目線すらくれなかった」

あしざわ教頭「いいんですよ!」

田淵先生「前回、鈴木が"高1中1は多感な時期"っていうキラーワードを開発してるんで…」

とーやま校長「そうだ!」

田淵先生「これはタイミングを待ってますよ」

あしざわ教頭「どっかで狙ってるんですね?」

田淵先生「ちなみに、去年は何年生だったんですか?」

ソフト☆カツゲン「去年は1年です」

鈴木先生「(ささやき声で)多感な時期だ…!」

一同笑い

null


あしざわ教頭「なんでちょっとムーディなのよ!(笑)」

そんなRN ソフト☆カツゲンが、UNISON SQUARE GARDEN先生に診察して欲しいこととは…。

ソフト☆カツゲン札幌ドームでウグイス嬢をしたいんですけど、それができなくなるかもしれないんです

とーやま校長「前も電話で話をしてくれたよね? すごくうまいんだよね!」

ソフト☆カツゲン「ありがとうございます(笑)
去年ぐらいから、ファイターズの本拠地が札幌ドームから移転するかもしれないっていう話が出ています。私は思い入れがある札幌ドームでウグイス嬢になってアナウンスをするのが夢なんですけど、それができなくなっちゃうかもしれないっていうことで悩んでいます」

ちなみに、新しい本拠地は北広島市(北海道)が有力なのだそう。

あしざわ教頭「でも、これは俺たちが解決しようがないんじゃないですか?」

とーやま校長「ユニゾン先生、いけますよね?」

UNISON SQUARE GARDEN先生「………」

鈴木先生「いけ…ます……」

あしざわ教頭「ものすごく頼りないスクール・ドクターだ(笑)」

null


とーやま校長「鼻で大きく吸い込んだ先生が誰か1人いらっしゃいましたけども…(笑) 実際、(ソフト☆カツゲンはアナウンスが)うまいんですよ! ちょっと聞いてみます?」

斎藤先生「あ、聞きたいですね!」

とーやま校長「ソフト☆カツゲン、今いける? いつものやつ、ちょっとちょうだい!」

ソフト☆カツゲン「はい、大丈夫です! じゃあ、中島卓也選手でいきます! "9番。サード、中島"

一同笑い

UNISON SQUARE GARDEN先生「ヤバイ! すごい!」

あしざわ教頭「めっちゃうまいんですよ!」

田淵先生「これは、こういうテンプレートというか、"ウグイス嬢はこういう声の出し方です"、"語尾の切り方です"、っていうのがあるの? それとも、目指してるスーパーウグイス嬢プレイヤーが、こんな感じなの?」

ソフト☆カツゲン「(野球を)観に行ってるうちに覚えちゃった感じです」

斎藤先生「札幌ドームで学んできたやり方なんだね」

ソフト☆カツゲン「はい」

とーやま校長「札幌ドームに思い入れがあるのに、もしかしたら札幌ドームが本拠地じゃなくなってしまうかもしれないというファイターズに対して、今、気持ちをどうすればいいかわからないっていうことね」

ソフト☆カツゲン「はい」

あしざわ教頭「だから、やっぱりこれは俺たちが解決しようがないでしょ」

とーやま校長「ユニゾン先生、いけますよね!」

null


UNISON SQUARE GARDEN先生「……」

田淵先生「たちどころに」

とーやま校長「いってみよう! 他に、みなさんから聞いておくことはありませんか?」

斎藤先生「一応、先頭打者ホームランの時の大谷も聞いてみていいですか? "1番、ピッチャー、大谷"で一度聞いてみたいです」

ソフト☆カツゲン「はい、わかりました! "1番、ピッチャー、大谷"

とーやま校長・あしざわ教頭・UNISON SQUARE GARDEN先生「(笑)」

鈴木先生「すごいね!」

とーやま校長「普通に球場で聞いてたら、たぶん本物のプロの人だと思うよね」

ソフト☆カツゲン「ありがとうございます(笑)」

鈴木先生「僕からもひとついいですか? "3番線に電車が参ります"っていうのをウグイス的にいただいてもいいですか? これは悩みを解決するために必要なことなので、お願いします」

ソフト☆カツゲン「はい。"3番線に、電車が参ります"

とーやま校長・あしざわ教頭・UNISON SQUARE GARDEN先生「(笑)」

斎藤先生「すごい! そういうAIのソフトみたい!」

ここで、診察に入るためRN ソフト☆カツゲンを別室で待たせることに。

田淵先生「ウグイスになる夢はずっとあるってことなんですよね。それが、札幌ドームで、という二つ目の合わせ技が、第一希望だったが、っていうこと」

あしざわ教頭「しかも、ファイターズの選手を呼びたいっていう思いはあるでしょうね」

田淵先生「今、本職の人が風邪ひけばいいんじゃないですか? 今ラジオでやっといて、1年いたらウグイス嬢もどこかで風邪をひくでしょ。今AIR-G'の電波にたくさん乗せといて、"誰かいないか?"って時に、"あの子にしよう!"っていう感じになれば、たちどころに夢叶う」

とーやま校長「なるほど! となると、今の札幌ドームのウグイス嬢の方の上着を一枚隠すとか、そういうことですね? 実は冷房も3度ぐらい低めにして…」

あしざわ教頭「それを誰がやるんだ! ソフト☆カツゲンがやりに行くの? 捕まるよ?(笑)」

とーやま校長「でも、1日だけそういうのって、ありそうと言えばありそうだもんな」

田淵先生「今年中に移転する前に夢を叶えるっていう」

斎藤先生「今年中に移転するってことはないだろうからね」

とーやま校長「しかも、CSとか日本シリーズとかに行けば、まだ10月末頃まで試合があるしね」

鈴木先生「あとは、札幌ドームがいいんだろうけど、そこにこだわらないっていうのも、視野を広げる考え方のひとつかもしれない」

田淵先生「北広島じゃダメなのかな」

斎藤先生「やっぱり(札幌が)思い出の場所なんじゃない?」

鈴木先生「そうだよね。別の場所でもウグイス嬢ができるんだったらそれも幸せって言うのもあるかもしれないし。
あと、もう一個聞きたかったんだけど、カーナビの音声とかも、すごく合いそうな声質だなと思って、"この先、右折です"とかを、ちょっと聞いてみたかった。
そしたら、ウグイス嬢になる前段階の下積みとして、カーナビのお仕事とか、他にも色んな音声のお仕事ってあるじゃないですか」

あしざわ教頭「聞きたいだけじゃないの?(笑)」

鈴木先生「いや、これは絶対、診察に必要なことです!」

あしざわ教頭「必要なの? じゃあしょうがない(笑)」

斎藤先生「色んな仕事をして、お金持ちになって、球団を買えばいいんじゃない?」

null


田淵先生「そうだよね。石油王と結婚するとか、それで、自分のお金の力で札幌ドームに日本ハムを誘致できるように変えて行く」

とーやま校長「ざっとですけど、1,200億円ぐらいあればたぶん球団を買える気がするんですよね」

あしざわ教頭「何を勧めようとしてるの? "診察が決まりました"って言って、"金持ちと結婚しろ"ってビックリするよ」

とーやま校長「そんな感じですかね」

あしざわ教頭「嘘でしょ!?」

田淵先生「わかっちゃった! YouTuberになればいいんじゃない? 北広島で試合をやってる時に、札幌ドームの前からウグイス嬢の実況みたいなことをやって、ネットで"札幌ドーム姉さん"みたいなあだ名をつけるんですよ」

とーやま校長「それ、めっちゃいいじゃん!」

田淵先生「で、"声が良すぎる札幌ドーム姉さん"っていう噂を北海道中に広め、いつか球団に拾ってもらうとか」

鈴木先生「じゃあいってみましょうか」

とーやま校長「出たでしょ! ちょっとお渡ししましょうか」

ということで、診察の結果をRN ソフト☆カツゲンに話すために再び診察室へ。
それぞれの先生から、処方箋を渡してもらったぞ。

斎藤先生「僕からちょっと聞きたいんだけど、彼氏は油田を持ってる?」

ソフト☆カツゲン「持ってない…(笑)」

斎藤先生「そうだね…。一個は、お金持ちになって球団を買う。もしくは、ファイターズがものすごく強くなれば、そのまま札幌ドームで戦ってくれるかもしれないから、他のチームのピッチャーの目を光でくらませるとか…」

ソフト☆カツゲン「(笑)」

あしざわ教頭「ごめんな! この医者はあんまり役に立ってないんだ」

田淵先生「僕、わかっちゃったんですけど、札幌ドームでウグイス嬢はやれると思うんですよ。YouTuberになればいいんじゃないかなと思ってるの」

null


先ほどの、北広島で試合をしている時に札幌ドームでウグイス嬢のまねをしているところを自分で撮影し、"札幌ドーム姉さん"というあだ名がつくぐらい人気が出たら、いつか札幌ドームでウグイス嬢ができるようになる、と伝えた田淵先生。
そして、最後に鈴木先生からの処方箋。

鈴木先生「最後なんで真面目に答えます。僕は最初にギターボーカルをやろうと思ってたけど、今はドラムをやっています。でも、ドラムでも、今はすごく幸せにやってるんですね。だから、札幌ドームにこだわらないっていうことが1つと、ウグイス嬢にこだわらない、声の仕事ならなんでもいいっていうことも、大事かと思います」

ソフト☆カツゲン「はい!」

RN ソフト☆カツゲン、ありがとう!
UNISON SQUARE GARDEN先生からもらった処方箋で、夢に向かって頑張れ!


♪ mix juiceのいうとおり / UNISON SQUARE GARDEN



とーやま校長「僕の勘違いかもしれないですけど、貴雄先生は、このAIR-G'のジングルに合わせて踊ってましたよね?」

鈴木先生「あの、"ブンツクブンツクAIR-G'〜♪"っていうのね」

〜♪(AIR-G'のジングル)

鈴木先生「踊っちゃいますよね。…"AIR-G'〜♪"! ここです! ここ!」

null


田淵先生「これって東京とかでもAIR-G'のジングルが流れたってこと?」

とーやま校長「これは流れてますよね。35周年おめでとうございます!

あしざわ教頭・UNISON SQUARE GARDEN先生「おめでとうございます!」


さあ、ユニゾン先生につくってもらった曲を、旭川東栄高校のみんなに合唱してもらう、
スクールソングプロジェクト supported by カルピスウォーター!
今日はその歌を聴かせてもらいに、ユニゾン先生と一緒に旭川東栄高校に行って来ました!


助けてください!!!!!
こんにちは!!!!!!!
東栄高校卒業生です!!!!!!!
緑の校舎どうでしたか?(笑)
中1からユニゾン大好きなのに会えないなんて!今年3月卒業しちゃうなんて!運無さすぎて困ってます!泣きます!もう!東栄に来たって聞いて職場で号泣ですよ!
こんなど田舎にありがとうございます(TT)(TT)
後輩が羨ましすぎです!!!!
また遊びにきてくださいね!!!!!
のってぃ!
女性/18歳/北海道
2017-06-26 22:32



あしざわ教頭「そんな悲劇が起きてたんですね」

とーやま校長「こんなニアミスもあるんだね」



こんばんは!
東栄生でーす!残念で残念なことに悲運なことに今日は進路の関係で学校に行けなかったんです
yeah!JK!
女性/17歳/北海道
2017-06-26 22:43



斎藤先生「そうだったんだ…!」

あしざわ教頭「あーーー! そんなのあるのーーー!」

斎藤先生「残念だ、来れなかった子がいたんですね。でも合唱曲は練習してくれてたってことですよね」

田淵先生「本番だけ来れなかったんだ」

とーやま校長「斎藤先生、たぶんJKは聴いててくれてるはずなんで、何かなぐさめでも何でもいいんで一言お願いします」

斎藤先生本当に素晴らしい合唱だったんでこれからも歌ってほしいし、ぜひ卒業式で歌ってほしいですね。それを何らかの形で聴きたいなって今は思っています」

null


とーやま校長「そうだな。今日だけの歌ではないわけですからね」

田淵先生「練習してたんなら、ボイスメモに録音してもらってTOKYO FMに送ってもらったら、7月19日の発表の音源に混ぜておけば、ちょっと参加した感が出るよ

とーやま校長「なるほど、そうか!」

改めて、旭川東栄高校のみんなの合唱は、
7月19日水曜日の生放送教室でオンエア!
当日は、ユニゾン先生も来てくれるぞ!



ユニゾン先生!!!!
今年は受験生です!!受験生でも!!受験生だからこそ!!次のツアー絶対行きます!!名古屋2日間もあるのに、当たっても1日しか行けないのは残念です、、、。
One roll, One romance 楽しみです!10% roll, 10% romance も楽しみでしょうがないです!!
はやく8月になれ〜!!!!!
□さや□
女性/14歳/愛知県
2017-06-26 18:47



RN □さや□も楽しみにしている、UNISON SQUARE GARDEN先生のニューシングルとツアー!

ニューシングル『10% roll, 10% romance』は、8月9日リリース!
7月からスタートする新作TVアニメ「ボールルームへようこそ」のオープニングテーマ。

とーやま校長「アニメの動画はちょっと上がってるんですよね」

斎藤先生「そうですね」

とーやま校長「薄っすらは聴こえるけれども、まだ全貌は明らかになってないんですね。これはどんな曲になりましたか?」

田淵先生「早口です」

null


とーやま校長「斎藤先生のボーカルが、っていうことですか?」

斎藤先生「早口だねー…」

田淵先生「滑舌が試されるね」

あしざわ教頭「過去のものもわりと早口が多いですけど、それを越えて?」

斎藤先生「僕らは13年やってるんですけど、田淵先生からのハードルがちょっっっっとずつ上がってるんですよね。テンポを速くとかキーを高く、譜割り細かくっていうのをクリアしてしまうと、次はもうちょっと高いハードルが用意されてて、で、今回、それの今までの一番高いヤツが来ました」

null


とーやま校長「じゃあ難易度がどんどん上がっている中での、この8月9日の発売を楽しみにしつつ…。
貴雄先生。10月からツアーもあるんですね」


"UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018「One roll, One romance」"

日程はこちら!
10月8日(日)・9日(月・祝) 高知 X-pt.
10月11日(水) 出雲 APOLLO
10月17日(火) 高崎 club FLEEZ
10月19日(木)・20日(金) 新潟 LOTS
10月22日(日) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
10月27日(金) 熊本 B.9 V1
10月29日(日) 周南 RISING HALL
11月15日(水)・16日(木) 東京 Zepp Tokyo
11月18日(土) 仙台 PIT
11月22日(水) 川崎 CLUB CITTA'
11月24日(金) 高松 festhalle
11月26日(日) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
11月27日(月) 大阪 なんばHatch
12月4日(月)・5日(火) 福岡 DRUM LOGOS
12月8日(金)・9日(土) 大阪 Zepp Osaka Bayside
12月13日(水)・14日(木) 名古屋 Zepp Nagoya
12月23日(土・祝) 札幌 Zepp Sapporo
1月28日(日) 千葉 幕張メッセ 国際展示場


<⇒くわしくは公式サイトをチェック!>


とーやま校長「夏フェスも、もちろんたくさん出られると思いますけど…」

鈴木先生「今年は出ないシーズンですね」

とーやま校長「マジっすか! じゃあこのツアーに集中する感じですか?」

鈴木先生「そうですね。イベントも誘われれば出ますので、いつでもお誘いをお待ちしてます!」

あしざわ教頭「急に営業ぶっ込んでくるんですね(笑)」

null


田淵先生「9月までLIVEないの辛いなぁ。悲しい」

とーやま校長「2ヶ月ぐらい開きますもんね。ツアーに行くヤツもたくさんいると思うんで、みんな、楽しんでらっしゃい!


さあ、今夜は時間の限り、
SCHOOL OF LOCK!の"鍵のスクール・ドクター"UNISON SQUARE GARDEN先生と一緒に、
生徒の悩みを診察していく!

10時台に診察に来たRN ソフト☆カツゲンに、改めて、もらった処方箋について聞いてみたぞ!

とーやま校長「改めて、いただいた処方箋はどうだった?」

ソフト☆カツゲン「自分で考えてるだけじゃ思いつかないようなこととかもあって…」

田淵先生「それは油田のことかな? お金の大事さは大人になってから気づくからね」

ソフト☆カツゲン「(笑) 札幌ドームにとらわれすぎないで、新しい道を見つけるようにしていきたいなと思います

鈴木先生「でも、まずは(札幌ドームを)目指してほしいと思いますよ。まず一番やりたいことを目指して、でも目指す過程で、どうしてもできないかもしれない。そういうタイミングが訪れてしまった時に、第二の選択っていうのも頭の隅に置いておく、っていうのがいいのかな、って思いますよね」

ソフト☆カツゲン「はい!」

とーやま校長「実際、もしも本当に本拠地を移転したとしても、北海道だったら、年に何回かは札幌ドームで(試合を)やるとも思うんですよ。だから、自分のウグイス嬢としてのスキルとか気持ちとかを高めておいて、その瞬間が来たら夢の札幌ドームでできるっていうのも、向こうから来てくれるっていう気もするしね」

田淵先生「なんなら、関係者が今これを聴いてるかもしれない…!」

とーやま校長「前も"札幌ドーム、日本ハムファイターズ関係者、みなさん聴いてないか"みたいに言ったんですよ。もう一度このタイミングで、栗山監督がガッツリ聴いてくれてる可能性もあるからね。
という3つの処方箋をいただいて、自分なりに体に合うヤツをしっかりとやっていって、まだまだ続けていくことはたくさんあるはずだからね!」

ソフト☆カツゲン「はい!」

最後に、鈴木先生からのリクエスト"カーナビ風"をRN ソフト☆カツゲンにやってもらったぞ。

ソフト☆カツゲン"この先、右折です"

UNISON SQUARE GARDEN先生「おお〜〜!」

とーやま校長「"おお〜"って何?(笑) もっといろんな場所で聞けることがあると思うしそれを願ってるんで、ソフト☆カツゲンさん、どうもありがとうございましたね! お大事に〜!」

UNISON SQUARE GARDEN先生「ありがとうございましたー!」

ソフト☆カツゲン「ありがとうございました!」


♪ ライドオンタイム / UNISON SQUARE GARDEN


さぁ、まだ診察室に並んでいるようなので、次の患者さんは…

とーやま校長「もしもし!」

ツー…ツー…ツー…

とーやま校長「拒否です!」

あしざわ教頭「並んでおいて拒否ってあるんですか!」

田淵先生「やっぱり油田とYouTuberはヤバかったかな〜…」

斎藤先生「ヤブ医者だからね。今は口コミで病院の評価がわかっちゃうからな〜」

とーやま校長「やっぱりモグリだったよ! ブラック貴雄は丘の上に住んでるって言ってるんだから!」

あしざわ教頭「モグリじゃないですよ! ブラック・ジャックじゃないんですから!(笑)」

鈴木先生「ブラック・ジャックじゃないですから…。"人間の生き死にを人間がどうこうしようだなんておこがましいと思わないんですか?"」

null


あしざわ教頭「本間先生がね(笑) そういうくだりあるけど!(笑)」

とーやま校長「(笑) 先に、患者さんの今の症状を発表しておきますね」


悩み
私は最近バンドを組みました。
構成はボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードです。
ドラム以外は初心者のガールズバンドです。
私の担当はベースです。
けどベースを持っていないので、今持っているギターの4弦を使ってベースの練習をしています。
ベースが欲しいけど買うのは来年になると思うのでそれまでギターでベースをするのは難しいですよね?
あとバンドでやる曲はまだ決まっていないのでユニゾンの曲で初心者でもできる曲があったら教えて下さい。
KANO
女性/15歳/愛媛県
2017-06-26 19:19



とーやま校長「ということで、もしもし?」

KANO 愛媛県 15歳 女性 高校1年生

KANO「もしもし」

RN KANOが先生にお聞きしたいことを、改めて教えてもらったぞ。

KANOまだ(バンドでやる)曲が決まってないんです。それを教えてほしいのと、本当にギターでベースができるのかを教えてほしいです

とーやま校長「なるほどね! 言っても、先生のみなさんはずっと楽器をやられてますからね。先生方は何か聞いておきたいことはありますか?」

田淵先生「スタジオで弾く時にギターでベースパートをやるというバンドで良いのか、という悩みかい?」

KANO「はい」

田淵先生「なるほど。じゃあ、ギターの太い4つの弦を使って、ベースの練習はしている、と」

KANO「はい、しています」

斎藤先生「それを5人で合わせてるってことだよね? ギターを背負って、ベースのパートを弾いてるってこと?」

まだやっていないが、スタジオで練習をする時に、ベースがない状態でバンドとしてやっていいのかどうか、ということらしい。
さらに、UNISON SQUARE GARDEN先生の曲で、初心者でも弾ける曲があるか、という、合わせて2つの質問とのこと。
ということで、RN KANOも一度診察室の外で待ってもらい、その間に処方箋を考えることに。

斎藤先生「ギターの太い方の4つの弦って、ベースと音階が全く一緒なんですよ。だから、できないことはないんですけど、1オクターブ高いので、そこをどうするかっていう話ですよね」

田淵先生「それでやったらベースの音は出ないよね」

斎藤先生「出ない。ただ、1オクターブ下げるエフェクターとかはあるから」

田淵先生「(笑) エフェクター買うぐらいだったらベース買えるよね」

斎藤先生「ああ、いいこと言うね!」

一同笑い

あしざわ教頭「それは、弦の音を下げてもその音にはならないってことなんですね?」

斎藤先生「それこそビヨンビヨンになっちゃいますね」

あしざわ教頭「ああそうか」

田淵先生「家で練習する分にはできるんだけどね。僕はベースを買うまで、半年、アコギでベースの練習をしてたよ。全く同じことです」

とーやま校長「ベースの弦はそもそも太いじゃないですか。ギターは細いから押さえやすい。そこら辺はどうなんですか?」

null


斎藤先生「感覚は違いますよね」

田淵先生「ベースを持った瞬間に、"うわ、勝手が違う"ってなるかもしれないね。でも、ギターで練習してたら、"何となくこんな感じかな?"って、多少はできると思いますよ。だから俺もギターだけで、ベースのやつの曲をいっぱい覚えて、いざベースを買った時に、"ああ、なるほどこんな感じか"って感じで弾けてましたからね。
だから、練習はできる。だけど、バンドでやると、ベースの音は出ない」

斎藤先生「(ベースの)音は出ないね。家でやる分には、ギターでベースの練習をするというのは、僕はオススメです。
バンドって不思議なもんで、変わった演奏をする方が魅力的だったりするんですよ。真面目にやってる人よりも、ちょっと突飛なことをやってる人の方がそういうこともあります。
僕の知り合いのギタリストで、もう行くところまで行っちゃったんで、右利きなのに左利き用のギターを持って練習をしだしたりとか、壁の目の前に指が全然浮かないぐらいまで近づいて、最小限の浮かせ方でギターを弾く練習をしたりとか、逆にお箏のように置いて、右手左手を指板に乗せてやったり、っていうことまでやっている人がいるんですよ」

とーやま校長「へー! だいぶクレイジーですね」

斎藤先生「でも、そうすることで、普通に練習するだけでは気づけないことを学ぶんですって。その、ちょっと変な感じが、演奏の魅力に変わっていくと思うので、一概に、"ちゃんと教則本を読んでベースの練習をした方がいいよ"とは、僕は思わないですね」

とーやま校長「なるほどね! ちなみに、貴雄先生、曲はどうですか?」

鈴木先生「好きなヤツをやったらいいんじゃないですかね〜。そこに関しては、5人で普通にアンケートを取ってやったらいいんじゃないかな?

ということで、診断がまとまったのでRN KANOを再び診察室に呼び戻す。

とーやま校長「KANOさん? 今の処方箋をいただきまして、いかがですか?」

KANO「ベースを買うまではギターで練習して行こうと思います」

田淵先生「ギターを持って街を歩いてて、"ベースと交換してください"って言ったら、誰か交換してくれるんじゃないですか? 物々交換。ネックはお金がないってことだから、ギターと交換するか、メルカリで検索するか…」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

鈴木先生「地元の掲示板"ジモティー"もあるよね」

田淵先生「Facebookとかで呼びかけてもいいかもね」

とーやま校長「スタジオでベースをレンタルとかってできるんじゃないですか? 家ではギターで練習して、実際、まだレンタルの段階でベースを弾いて、とか」

レンタルは1時間100円ほどかかってしまうので、そこが払えれば、とのこと。

とーやま校長「KANO的に、曲の方はどう?」

KANO「自分の好きな曲をやっていきたいと思います!」

あしざわ教頭「それが一番いいよ」

とーやま校長「いつか、音源とかできたら、聴けるものなら聴きたいよね!」

斎藤先生「聴きたいですね!」

RN KANO、相談してくれてありがとう!
お大事に!


♪ 未完成デイジー / UNISON SQUARE GARDEN


さあ、そろそろ黒板の時間。
今日はUNISON SQUARE GARDENの斎藤先生にお願いしたぞ。


null


『 7.19 22時 集合! 』

斎藤先生「今日は旭川の東栄高校っていう高校で、僕らの作った曲を生徒さんたちが歌ってくれて、それはそれは素晴らしかったんですよ。
この感じって、知ってるのはまだ僕らだけじゃないですか。その素晴らしい様子を、ぜひみなさんにも感じてもらいたいなと思って、今日は推しておこうかなと、思ってます!」

鈴木先生「素晴らしいですけど、黒板で告知をしたアーティストって、過去初めてなんじゃないですか? 大丈夫ですか?」

田淵先生「新しくていいよ。"人と違うことをやれ"って言ってたからさ」

斎藤先生「でも、本当に素晴らしいから。ありがとう!」

とーやま校長「僕もあの場にいさせてもらって、あの空気とか気持ちの詰まり方とか、1人でも多くの方に体験してほしいんで、あの時の模様を、本当に聴いてほしい!」

改めて、UNISON SQUARE GARDEN先生に協力してもらった
スクールソングプロジェクト supported by カルピスウォーター
旭川東栄高校のみんなの合唱は、7月19日水曜日の生放送教室でオンエア!
当日は、UNISON SQUARE GARDEN先生も来てくれます!

UNISON SQUARE GARDEN先生、今日はどうもありがとうございました!

null


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN chiharu


SCHOOL OF LOCK!

RN ばなーなー


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

RN えりんぎあいすくりん


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ソフト☆カツゲン 北海道 16歳 女性
KANO 愛媛県 15歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
ドSの極み乙女。 愛知県 16歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:04 ラッキースター / go!go!vanillas
22:34 壊れかけのRadio / 徳永英明
22:52 mix juiceのいうとおり / UNISON SQUARE GARDEN
23:13 Magic of Love (Album-mix) / Perfume
23:40 ライドオンタイム / UNISON SQUARE GARDEN
23:50 未完成デイジー / UNISON SQUARE GARDEN

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今から美味いもん食ってくる・・・、したっけね・・・。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

合唱ってやっぱすばらしい!!
この感動を7/19(水)にユニゾン先生と分かち合おうぜ!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
SCHOOL OF LOCK!


『 越えて行け、10代 』

とーやま校長「将棋の藤井四段が30年ぶりに28連勝を記録したってニュースがあったけど…すごくない!?」

あしざわ教頭「すごいですよね!」

とーやま校長「デビューから負けなしだよ!他にも、アスリートの世界にも早稲田実業の清宮くんとか、サッカーの久保くんもそうだし、卓球では伊藤美誠ちゃんがいて、とんでもないことになってるわけさ!
それでこの間、なぜ藤井四段がここまですごいことになっているのかというのを羽生名人が言っていたんだけど、AI(人工知能)ってあるでしょ?」

あしざわ教頭「はい」

とーやま校長「AIが囲碁のすごい人に勝ったっていうニュースあったじゃん。実際、
(AIと同じように)そういう手が思いつくこともあるんだけど、人間だから不安になったり感情が湧くことがあって、手が浮かんでも打つことが出来なかったりするらしいんだ。
だけど、AIは、怖いっていう感情がないからとんでもなく大胆な手を打つことができるんだって!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「なるほど!」

とーやま校長「で、藤井四段に話は戻るんだけど。藤井四段は対・人との実戦もありつつ、AIをものすごく研究しているんだって! だから、コンピューターが打つような大胆な手も普通のこととしているらしいんだ。
解説とかを見ていても、”これは考えられないですね!”って大人の人が言うような手を繰り出せるんだよ。と言うことは、俺らからしたら、全く思いつかないようなやり方を10代のみんなは普通のものとして自分の生活に持ち込むことができるんだなぁって思って」

あしざわ教頭「へぇ〜!」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!を聴いているみんなも、ニュースを見て10代にすごい奴がいるなぁって思っているかもしれないけど、実は、自然とすごいことが出来ているんだよ!」

あしざわ教頭「常にAIやコンピューターに触れていたりしますもんね」

とーやま校長「だから、もっとワクワクしてほしいなって思ったし、いつか大きくなったら俺たちのことを面倒見てくれ!」

あしざわ教頭「そこに行き着くんかい!(笑)」


SCHOOL OF LOCK!



そして、今日の1曲目は、SEKAI NO OWARI先生の新曲「RAIN」を初フルオンエア!!!


♪ RAIN / SEKAI NO OWARI


とーやま校長「この曲をみんなにいち早くフルで聴かせてくれるってセカオワ先生が言ってくれて、セカオワ先生の描く雨ってどんな雨なのかって話はしていたけど、めちゃめちゃキレイな雨だったね!」

あしざわ教頭「本当ですね! この曲自体が一つの映画のような感じもあったし、今回『メアリと魔女の花』という映画の主題歌にもなってますけど、なんでこんなに魔法との相性がいいんだろうって思ったら、セカオワ先生自体が、音に魔法をつけるみたいな。
俺たちが聴こえていないところで味付けみたいなことをされている人たちだから、そりゃ相性いいよなぁって思いました」

とーやま校長「ジメジメする時期だけど、雨を好きになれるね!」

あしざわ教頭「曲の最後の方は晴れてましたね。それも良かった!」

SEKAI NO OWARI先生のニューシングル『RAIN』は7月5日リリース!


さらに! 本日6月22日(木)は、[Alexandros]の川上洋平先生の誕生日!
みんなからのお祝いFAXは、放送後記の下の方で紹介しているので、ぜひ見てみて欲しい!

SCHOOL OF LOCK!




インターハイ
私は、部活でフィールドホッケーというものをしています。そしてなんと今年のインターハイは地元開催で私の学校が会場になっています。高3の私にとっては最後の大会で地元開催で、プレッシャーとかも凄くあるけどいつもDISH//の曲を聴いて元気もらってます!この間あった大会で優勝してインターハイ出場は決まったので、インターハイではいい結果が出せるように頑張ります!!
まろまロビンソン
女性/17歳/山形県
2017-06-12 19:56



とーやま校長「最近、学校掲示板を見てると、部活動の書き込みがかなり多いんだよね!」

あしざわ教頭「そうですね。この前も、一部地域では流れていませんが、SCHOOL OF LOCK! 放送部で、リアル放送部員の生徒から届いた、『全国大会に出場を決めました!』という書き込みを紹介したら、
『私も放送部で、もうすぐ全国大会の県大会です!』っていう書き込みがきてたりしてましたからね」

とーやま校長「インターハイも7月後半から始まるし、今夜は部活を頑張っている生徒の悩みを聞かせてもらおうと思う!」

ということで、今日の授業テーマは……
「今、部活どころじゃない!!!」

あしざわ教頭「え!? 逆じゃないですか? 部活をがんばっている生徒を応援する授業じゃないんですか?」

とーやま校長「そうだよ! だから、”今、部活どころじゃない”っていう生徒の悩みを聞かせてもらおうと思ってる!」

今、大事な時期で部活を頑張りたいと思っているのに!
「悩み」や「問題」があって部活に全然集中できていない!!!

そんなお前の悩みを今夜は聞かせてほしいと思ってる!

例えば…
「部活内恋愛中!先輩が好き過ぎて練習に影響が出てしまっています!」
「今年受験生で親からのプレッシャーもあって部活に集中できていません!」
「大会に出るための部員集めに必死で部活どころじゃない!」
「今部員がバラバラでこのままじゃ大会でいい結果を残せそうにない!」


部活をがんばりたいけど、何かが邪魔している生徒の悩みを解決して行こうと思う!

どんなささいなことでも大丈夫! 君が部活に集中できない理由があれば学校掲示板もしくはメールから教えてくれ!!!

SCHOOL OF LOCK!



♪ トランジスタラジオ / リーガルリリー         


「未確認フェスティバル2015」で準グランプリを取っているバンド、リーガルリリー!


とーやま校長「この声、このバンドの音を初めて聴いてから2年も経つわけだけど、やっぱりどんどんリーガルリリーのことを好きになっていくな!」

あしざわ教頭「最初の衝撃を忘れられないし、さらに進化を遂げていますよね!」

SCHOOL OF LOCK!がおくる、10代限定の夏フェス未確認フェスティバル2017!
今週から、LIVEステージ進出者の発表を行っております!

今週月曜日に、名古屋会場。火曜日に大阪会場を発表しました!
そして、来週火曜日と水曜日に東京会場の出場者を発表!

詳細は全て、未確認フェスティバルの特設サイトから確認してください!


そして、本日の授業テーマは「今、部活どころじゃない!!!」
まず最初に逆電した生徒は……

とーやま校長「もしもし!」

☆ヘンテコなピエロ☆ 茨城県 16歳 女性 高校2年生

☆ヘンテコなピエロ☆「もしもし!」

とーやま校長「☆ヘンテコなピエロ☆は、何部に入っているの?」

☆ヘンテコなピエロ☆「バドミントン部です!」

とーやま校長「バドミントン部でそれどころじゃないって言うのは、どう言う状況なの?」

☆ヘンテコなピエロ☆「新入部員が多すぎて部活どころじゃないんです!」

あしざわ教頭「なんかめでたいことっぽいけどなぁ」

RN ☆ヘンテコなピエロ☆が所属しているバドミントン部は、2年生の人数に対して新入部員の人数が多すぎるのだそう!
2年生が8人なのに比べて、1年生は45人!

とーやま校長「6倍くらい入ってるじゃん!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「すごい!!」

とーやま校長「お前の学校のバドミントン部に入ったら、1日1,000円支給されるのか?(笑) どうしてそんなにたくさん来てくれたの?」

☆ヘンテコなピエロ☆「なぜか、入っちゃいました!」

とーやま校長「もしかして、去年もオリンピックで高松ペアが金メダルとか取ってるじゃん。その影響もあるのかね?」

☆ヘンテコなピエロ☆「かもしれません!」

RN ☆ヘンテコなピエロ☆のバドミントン部は、めちゃくちゃ強豪校という訳ではなく、新入部員もほぼ初心者の生徒が入部して来たのだとか。

とーやま校長「やっぱりテレビとか見て入ろうって思ってくれたんだよ! でも、なんで”部活どころじゃない”の? 部員が増えたことは良いことじゃないの?」

☆ヘンテコなピエロ☆「2年生が5〜6人の1年生を見ないといけないんで、自分たちの練習ができなくて…」

とーやま校長「なるほどね! ちなみに、☆ヘンテコなピエロ☆は何人の1年生を受け持っているの?」

☆ヘンテコなピエロ☆「今は5人です」

とーやま校長「その5人が全員ほぼ初めてのバドミントンって考えると、1から教えないといけないんだね」

あしざわ教頭「☆ヘンテコなピエロ☆はいつからバドミントンをやっているの?」

☆ヘンテコなピエロ☆「高校生になって始めたばかりです」

あしざわ教頭「じゃあ、自分も1年ほどしか練習してないのに後輩の指導もしなくちゃいけないなんて、大変だなぁ…」

後輩の指導をしなくてはいけないため、なかなか自分の練習時間を取れないというRN ☆ヘンテコなピエロ☆
50人以上の部員を練習させるための場所も確保できていないらしく、顧問の先生含めみんなで困ってしまっているのだそう…!

とーやま校長「そうか〜。1年生の中に経験者は全然いないの?」

☆ヘンテコなピエロ☆「45人中、3人しかいないです」

あしざわ教頭「少ない!」

とーやま校長「少ないけれど、その経験者にも2年生側についてもらって分担とかできないかな?」

☆ヘンテコなピエロ☆「ちょっとは1年生にもやってもらっているんですけど、それでも全然足りなくて……。やっぱりそこは2年生が引っ張って行かなくちゃなって思います」

とーやま校長「後輩を引っ張って行きつつ、自分の練習もちゃんとしたいんだよね。どうしたもんかな〜」

あしざわ教頭「これは難しいねぇ。だって、顧問の先生は一人だもんね?」

☆ヘンテコなピエロ☆「はい!」

とーやま校長「ちょっと酷かもしれないけど、それぞれの技術を見てクラスに振り分けて、まだ技術が追いついていない生徒は基礎練習やお手伝いに回ってもらって、上手な生徒は実戦的な練習をしていくとかにするのはどうかな?」

SCHOOL OF LOCK!


☆ヘンテコなピエロ☆「やっぱり、それを見る人がもともと少ないのであまり分けたりもできない感じなんです」

あしざわ教頭「技術の差みたいなのも中々見つけにくいのかな?」

☆ヘンテコなピエロ☆「そうですね。2年生もいっぺんに練習を見てあげられないんで、1箇所でやってもらった方が意外と楽だったりするんです」

まだ新チームになって日が浅いため、後輩たち全員を細かく見てあげられないのも悩みだというRN ☆ヘンテコなピエロ☆

とーやま校長「これは、☆ヘンテコなピエロ☆のチームに試練が訪れているのかもしれないね。普段以上に時間をかけてやらなきゃいけなくなるのかもしれないけど、
みんなもバドミントンをやりたくて来てくれているわけだから、後輩の指導の後に、自分たちの練習の時間を作るしかないんじゃないかな」

あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「体力的にはしんどいだろうし、精神的にも辛いかもしれないけど、教えることがたくさん出来るっていうのも実はすごい勉強なんだよ。
岩手の将棋部のドキュメンタリーを見ていて、うだつの上がらなかった1年生の男の子が、2年生になって後輩ができた時に、顧問の先生に『1年生相手に多面差しをやってみろ』って言われたのさ」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そしたら、それまで自信がなかった男の子の中に眠っている才能が開花して、その後の大会で純っ優勝までしたんだよ! だから後輩に教えるっていうのは絶対に有益な時間になるわけだから、
(後輩を指導した後に自分の練習をするのは)しんどいけど、今まで限界だと思っていた場所よりも、さらにその先へ行けると思うな!


☆ヘンテコなピエロ☆「はい! 頑張ってみます!」

あしざわ教頭「あと、全員じゃなくてもいいから役割を与えていくのも大事なことかなって思ったよ。それはもうやってる?」

☆ヘンテコなピエロ☆「まだやっていないのでやってみたいと思います!」

とーやま校長「それでも『ワーーーーーッ!』ってなっちゃったら、☆ヘンテコなピエロ☆なんだし、玉乗りしよう!」

あしざわ教頭「違う違う(笑)」

とーやま校長「そしたら、新入部員も”先輩がおかしくなってしまった…”ってなって、しっかりしようって自覚が芽生えるかもしれない」

あしざわ教頭「もしくは、何人か辞めるよ(笑)」 

とーやま校長「じゃあ、それはナシ!(笑) でも、絶対に今のチームはやりがいがあるし、大変かもしれないけどなんとか自分の練習にも集中できるように祈ってるよ!」

☆ヘンテコなピエロ☆「はい! ありがとうございます!」

SCHOOL OF LOCK!


続いて……

まりさ❁まどか 神奈川県 12歳 女性 中学1年生

とーやま校長「まりさ❁まどかは、どうして”部活どころではない”の?」

まりさ❁まどか「私は美術部なんですけど、気になっている先輩がいて部活に集中できません!

とーやま校長「その先輩はいつから好きなの?」

まりさ❁まどか「1ヶ月くらい前ですね」

RN まりさ❁まどかが気になっている先輩は、優しくて面白くて、後輩に教えるのが上手な先輩なのだとか!

とーやま校長「そうなんだ! でも、まりさ❁まどかの美術部には新しい部員が45人入ったってことだから、独り占めはできない…」

あしざわ教頭「違う違う!(笑) 全国的に部員が45人増えるシステムじゃないです(笑)」

とーやま校長「違うの?(笑) まりさ❁まどかは、美術部では普段はどんなことをやっているの?」

まりさ❁まどか「大会があった時は旗を作ったりしたんですけど、今はイラストやポスターを描いたりしています」

最近、新作を描き始めたRN まりさ❁まどかだったが、その先輩が近くで教えてくれるため全然集中できないのだそう!

あしざわ教頭「まさかの逆効果ね(笑)」

とーやま校長「でも、うまいこと繋げられそうだけどね?」

あしざわ教頭「俺もそう思うんですよ。1つの案なんだけど、ポスターに先輩の顔を入れ込むっていうのはできない?」

まりさ❁まどか「なるほど!(笑)」

あしざわ教頭「それなら、違和感なく先輩を描ける!」

とーやま校長「先輩ひとりだけを描いちゃうと流石に分かっちゃうから、他の先輩も描こう! それで、他の先輩は身長150センチくらいだけど、その先輩だけ180センチにして…」

あしざわ教頭「バレるわ!(笑) でも、好きな人には絵にした時も気持ちはあふれちゃうと思う。だけど、それが出来たら”先輩の顔を描こうと思っているので、ちょっと止まっていてください”とか言えるじゃん!」

とーやま校長「それは緊張しそうだな〜! まりさ❁まどか、ちょっと先輩にお願いするの想像してみて?」

まりさ❁まどか「えぇ〜! めっちゃ恥ずかしいです!」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「”あれ? なんか顔赤くないか?”って言われちゃうよ」

あしざわ教頭「少女マンガじゃん!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「それと、先輩に褒めて欲しくない?」

まりさ❁まどか「はい!」

とーやま校長「その為に一生懸命、自分の作品を描くっていうのは繋がらない? 自分のやらなきゃいけないことの先に、先輩が待っていてくれてるから」

まりさ❁まどか「確かに…!」

とーやま校長「今のままだったらどっちつかずで中途半端になっちゃうから、自分の中で”この作品を先輩に褒めてもらう!”って決めれば、作品作りも頑張れるんじゃない?」

まりさ❁まどか「はい!」

とーやま校長「それで、先輩に褒めてもらえたら自分へのご褒美として”一緒に帰りませんか?”って言ってみるとかね」

あしざわ教頭「そうだね! 上手く描けたらジュースおごってくださいよ! とかの感じでも良いと思うよ!」

とーやま校長「後輩からそんなこと言われたら、80本くらいおごっちゃうね!」

あしざわ教頭「業者だよ(笑)」

とーやま校長「でも、一つ頑張ることで、全部が前に進んでいくと思うよ」

まりさ❁まどか「確かに、一石二鳥だなって思いました!」

とーやま校長「明日も部活あるの?」

まりさ❁まどか「あります!」

とーやま校長・あしざわ教頭「ウェ〜〜〜〜〜イ!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「イヤな大人2人だな!(笑)」

まりさ❁まどか「(笑)」

とーやま校長「頑張れな〜!」

まりさ❁まどか「ありがとうございました!」


そして、22時台に逆電したRN ☆ヘンテコなピエロ☆の話を聞いて、こんな書き込みが来たぞ!


凄いな…
自分もバドミントン部だったけど、(引退した)
1年生が今年は男女合わせて28人入ってコートはたった2面しか使えないから結構大変だったな…
3年は自分含めてたった2人で、2年は女子を含めて5人で何とかこなしたけど1年はほとんど初心者で結構苦労したなぁ〜
D51 498
男性/17歳/群馬県
2017-06-22 22:44


あしざわ教頭「同じことが起きているんだね!」

とーやま校長「バドミントンもそうだけど、今は将棋もすごいんじゃない? 小学生や幼稚園生くらいから将棋の教室通っている子もたくさんいたりするから」

あしざわ教頭「海外の方も将棋をやっていたりするみたいですからね!」


さらに、22時台に逆電したRN まりさ❁まどかの話を聞いて、こんな書き込みも届いた!



集中できない!
私には野球部の彼氏がいます。
私は吹奏楽部に所属しているのですが窓から練習中の彼が見えて気になって集中できません…。
たまに気づいて手を振ってくれたり、、。
もう2ヶ月以上付き合ってるのにドキドキがとまりません
ENDer すぅ
女性/15歳/東京都
2017-06-22 22:16


とーやま校長「メッチャ良いじゃん! ということは、まりさ❁まどかもこういった瞬間が訪れる可能性があるってことでしょ?」

あしざわ教頭「手を振ったりすることがあるっていうのは、よりお互い頑張れるってことでもあるから素敵なことでもありますよね!」

とーやま校長「まりさ❁まどかもそうなると良いね!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、続いて逆電した生徒が「部活どころじゃない」理由とは…?

アバミニオン 宮城県 16歳 女性 高校2年生

アバミニオン「部員が足りなくて、部活どころじゃないです!」

とーやま校長「逆に足りないんだね! アバミニオンは何部なの?」

アバミニオン「卓球部です」

RN アバミニオンの所属している卓球部は、3年生は引退してしまって2年生が3人。そして、1年生がなんと0人!

とーやま校長「ゼロ! 入って来たけど辞めちゃったとか?」

アバミニオン「いや、見学には来たんですけど、入部はしてくれませんでした」

卓球の大会は、個人戦なら3人でも出られるけど、団体戦は4人からじゃないと出場できないのだそう。次の大会は、10月にある秋の新人戦!

とーやま校長「でも、今のうちから部員はいてほしいよね?」

アバミニオン「はい! どうしても団体戦に出たいっていうのもあって、1人抜けているのが結構辛いんです。1人でもいいから入部してほしいです!」

とーやま校長「そうだよね。練習とかもペアが作れないってことじゃん。その間、もう1人はどうしてるの?」

アバミニオン「球拾いしてます」

あしざわ教頭「うわぁ〜! 悲しいなぁ…」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「これは、結構な時間のロスだね…」

最初の頃はチラシ配りや声かけなどをして部活に勧誘したのだけど、なかなか入部にまで至らなかったのだそう。

とーやま校長「今なんて、テレビでも卓球の世界戦やっているけど、みんな観ないのかなぁ? じゃあ、アバミニオンが常に動画を大音量で再生しっぱなしにしてアピールするとかは?」

あしざわ教頭「そんなこと出来ないでしょ(笑)」

アバミニオン「ちょっと恥ずかしいです(笑)」

とーやま校長「例えばだけど、アバミニオンの今の話を聞いて、”これ、うちの学校じゃない?”って思ってる生徒いるんじゃないかな? その生徒に向けて呼びかけてみたら?」

あしざわ教頭「なるほど!」

アバミニオン「はい! 宮城県、女子卓球部のアバミニオンです! 私たちは2年生3人で活動しています。今、すごく卓球は人気なので入ったら絶対に楽しいと思います!
人数少ないけど、みんな個性的な人たちが勢ぞろいです。卓球したい人、入部待ってます!

とーやま校長「イイね! 個性的なメンバーなんだ? じゃあ、一緒に卓球やったら面白い?」

アバミニオン「めっちゃ面白いです!」

とーやま校長「どんな奴がいるの?」

アバミニオン「テンションが高くて、何をしても笑ってくれる人がいます!」

とーやま校長「そういうの大事だよ! 変にピリついている感じもなくて、誰でも気軽に入りやすい部活なんだね」

アバミニオン「はい!」

とーやま校長「この呼び込みで誰か入ってくれたらイイね! ぜひ報告も待ってるよ!」

アバミニオン「分かりました! ありがとうございます!!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、本日最後に逆電した生徒は…

KEYAKIの覇者 香川県 14歳 男性 中学3年生

とーやま校長「KEYAKIの覇者が、”今、部活どころじゃない”っていうのはどんなこと?」

KEYAKIの覇者「2年生との溝が深くて部活どころじゃないです!」

RN KEYAKIの覇者が所属しているのは、バスケ部!
1年生の時にバスケ部に入部したRN KEYAKIの覇者だったけど、途中から不登校になってしまい、3年生の4月まで学校に行けてなかったのだそう。

KEYAKIの覇者「それで、4月からバスケ部にもう一回行こうって思って…」

とーやま校長「じゃあ、4月からは学校も部活も行けるようになったんだ! 偉いね!」

あしざわ教頭「すごいよ!」

SCHOOL OF LOCK!


KEYAKIの覇者「ありがとうございます。1年生は体験入部とかで交流があったので仲がいいんですけど、2年生の間に入った子たちは顔を知らないんです」

とーやま校長「そうか。今、2年生の子からしたら、KEYAKIの覇者とは2・3ヶ月くらいしか接してないから、ちょっと気まずさがあるんだ?」

KEYAKIの覇者「気まずい感じではあるんですけど、こちらも仲良くしたいので努力はしているんです」

とーやま校長「例えば、どんなことしてる?」

KEYAKIの覇者「部活以外でも、学校で見かけたら話しかけたりして、軽く世間話してます!」

とーやま校長「全然イイじゃん! そこで話したことが練習でも生きてくるよ」

KEYAKIの覇者「でも、2年生からはパスがなかなか回ってこなかったりとかもあって…」

とーやま校長「そこは、練習とはいえ1つのチームだから、信頼って大事じゃん。KEYAKIの覇者にブランクというものがあるのは事実だし、そこを埋めていかないとだよな。もうちょっと2年生たちとは距離も近くなりたいんだ?」

KEYAKIの覇者「そうですね。やっぱりバスケなのでチームワークも必要になってきますし、総体も近いので……」

とーやま校長「2年生も緊張してたり、気を遣っているのかもしれないよ」

KEYAKIの覇者「そうなんですかねぇ…」

あしざわ教頭「3年生とは普通に話せるんだもんね?」

KEYAKIの覇者「はい。部活に行った時も歓迎してくれました」

あしざわ教頭「提案なんだけど、後輩に話しかけるときは同じ3年生の子達と一緒に話しかけた方が”仲間なんだ”って意識をちゃんと持ってくれるんじゃないかな?
他の部員から”KEYAKIの覇者はこういう人なんだよ”って言ってもらえば、後輩たちも徐々に慣れてくると思うんだよね。そういうのも増やしていったらイイかなぁ」

KEYAKIの覇者「分かりました!」

とーやま校長「…じゃあ、KEYAKIの覇者に向けて、俺が思っていることを黒板を書くね!」

KEYAKIの覇者「はい!」


SCHOOL OF LOCK!


『 1つを追え、後はついてくる 』

とーやま校長「KEYAKIの覇者は、今すべきことはちゃんとやっているし、そこは100点!
だけど、KEYAKIの覇者としては同学年の子たちよりかはバスケをやっている時間が短いわけじゃん?
俺は、ここだと思うんだ! あとは死ぬほど練習して、みんなのサポートも自分のことも目一杯やる。そうやって頑張っている先輩って後輩からしたらすごいな! って絶対になる!
それをやっていくことによって、2年生との溝もどんどん無くなっていくし、技術や体力もつく! そして信頼も勝ち取ることもできる。
1つを追っているようで、実は全部繋がっているんだよ。だから、明日からも今まで通り、そして今まで以上のものをやれば視界がクリアになって良いチームに、良いKEYAKIの覇者になると信じている!」

KEYAKIの覇者「ありがとうございます!! これからは、2年生を見かけたら近くの友達と一緒に話しかけてみようと思います。それで仲良くなってチームワークをよくして、総体優勝したいです!」

とーやま校長「そうだな! 後は目一杯練習を頑張るだけだ! じゃあ、一緒に挨拶しようか!」

KEYAKIの覇者「はい!」

とーやま校長・あしざわ教頭・KEYAKIの覇者「また明日〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN misa


SCHOOL OF LOCK!

RN おーさか生まれのねこ


SCHOOL OF LOCK!

RN サオリ


SCHOOL OF LOCK!

RN にゃんにゃんパラダイス


SCHOOL OF LOCK!

ラジオネーム教えてね!


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN 舞々子


SCHOOL OF LOCK!

RN ささきーさき


SCHOOL OF LOCK!

RN ラジオネーム教えてね!


SCHOOL OF LOCK!

RN しろたん大好き!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
☆ヘンテコなピエロ☆ 北海道 17歳 女性
まりさ❁まどか 神奈川県 12歳 女性
アバミニオン 宮城県 16歳 女性
KEYAKIの覇者 香川県 14歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
トナ太郎 東京都 14歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 RAIN / SEKAI NO OWARI
22:14 トランジスタラジオ / リーガルリリー
22:27 W-KEYAKIZAKAの詩 / 欅&けやき坂組
23:12 JAM(カラオケ) / 山口一郎
23:17 青空(カラオケ) / 江島啓一
23:21 表参道26時(カラオケ) / 山口一郎+江島啓一
23:41 ルーキー ルーキー / BLUE ENCOUNT
23:52 瞳 / 大原櫻子

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

どうしたらいいんだろう、の連続だね、生きるという事は。
でもそれと同じくらい、あ、いけるかも、があるね!!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

よく考えたら人生は〜な場合じゃないの連続。
今日つないだ生徒達は大切な時間を過ごしているはず。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
null


null


『 空腹 』

あしざわ教頭「校長! なんか少年ジャンプが目の前にあるんですけど、表紙をめくって最初のページに、今日のゲスト講師、米津玄師先生のクロスワード企画があるんですよ」

null


とーやま校長「(ピザのメニューを見つつ)見た見た、なんかやってるらしいね…えーっと…教頭はお腹すいてるの??」

あしざわ教頭「ちょっと何でピザ頼もうとメニュー見てるんですか!! ちょっとはすいてますけど…」

とーやま校長「じゃあ2枚だね」

あしざわ教頭「違う違う! あの、しかもね、今夜の授業中にこのクロスワードのキーワードが二文字発表されるらしいんですけど、僕何も聞いてないんですよ?」

とーやま校長「ちょっとゴメン、もう頼むわ!(ピザ屋さんに電話をかけだす)」

あしざわ教頭「いや、ちょっと何本当に電話してんすか! マジで頼むんですか(笑)」

突然、空腹を訴えてピザを注文する校長。
その意図とは…?

null



♪ Pizza Man / ELLEGARDEN


とーやま校長「やばい、サラダ頼むの忘れてた!」

あしざわ教頭「いいよ! 何をバランスを気にしてるんだ!(笑) 8,000円とか結構な額いってたからね? 誰が払うんですか?」

とーやま校長「大丈夫! …これは、欅坂46の志田愛佳ちゃんがELLEGARDEN好きっていうのはオタの間では有名な話なんだよね」

あしざわ教頭「ああ、そうなんですね!」

とーやま校長「また細美先生に久しぶりにお会いしたいよね! MONOEYES先生としては来ていただいたけど、一緒にピザでも食べれたらいいね!」

あしざわ教頭「そうですね!」


さあ! 今夜のゲスト講師は…!!
米津玄師先生ーーーーー!!!!

null


米津先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「よろしくお願いいたします! お久しぶりってほどでもなくて…」

SCHOOL OF LOCK!には今年2月以来の来校!
前回は「僕達の星座」というテーマで
仲間や恋人、家族とキミを繋いでるものを星座に例える授業を行った!

とーやま校長「結構な回数来ていただいてますね」

米津先生「そうですね、何度も来させていただいて、ありがとうございます」

とーやま校長「こちらこそですよ! 生徒のみんなも"米津先生に会いたい"ってヤツがたくさんいますし、曲でもずっとお世話になっているのもありますし…」

本日6月21日(水)は、米津先生の最新シングル『ピースサイン』の発売日!

とーやま校長「調べたら、iTunesで1位!

米津先生「1位に、なりました!」

とーやま校長・あしざわ教頭「おめでとうございます!」

とーやま校長「たくさんの人が聴いてるというのは事実じゃないですか。実感としてはどうですか?」

米津先生「1位は嬉しいし、(『ピースサイン』が主題歌のアニメ)"ヒーローアカデミア"のファンの人とかも、新たに知って"米津玄師って初めて知ったけどすごくいいじゃないか"って結構言われてて、そういうのもすごく嬉しいですね」

とーやま校長「1位ってすごいですよね! なかなか考えられることじゃないです!」

『ピースサイン』については、後ほどたっぷりお話をきかせていただくぞ!!

null



さぁ、米津玄師先生をお迎えして送る今夜の授業テーマは…!
「やべー時、どう切り抜けた? 逆電」!!!!

とーやま校長「米津先生の新曲『ピースサイン』にちなんで、お前がこれまで"やべー!"と思った壁をどうやって切り抜け、最後にピースサインができたのかを聞いていきたいと思う!
米津先生は、色んな瞬間、場面がありますよね?」

米津先生「"やべー"と思った瞬間ですか? …壁にぶつかった瞬間って言われると、チャリンコ(自転車)に乗ってて電柱にぶつかったっていう、そいういうことしか浮かばないんですけど」

とーやま校長「それって結構な大事件じゃないですか(笑) それはいつぐらいの話ですか?」

米津先生高校ぐらいの時ずっとチャリンコで通学してて、その帰り道に(電柱に)正面衝突しました(笑)」

とーやま校長「どの時点で"やべー"って思ったんですか?」

米津先生「もう血だらけになって(笑)、"これはヤバイな"と思って…。たぶん、前方不注意だったんですよね」

あしざわ教頭「ええ! 完全に何か別の方を見てしまったんですね?(笑)」

米津先生「何かよそ見をしてたんだと思うんです」

とーやま校長「でもそれって、結果、切り抜けてはないですよね?」

米津先生「なんかまぁ…気合です!

とーやま校長「(笑) お怪我とかは大丈夫だったんですか?」

米津先生「相当、ここら辺(あご)がヤバイことになりました。それでもまぁ、気合ですよね(笑) 気合で何とかしました!」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「もう答え出たじゃん! "やべー"時には気合で!(笑)」

あしざわ教頭「いやいや、色んな、生徒それぞれの方法がありますから!(笑)」

もちろん、大きな壁でも小さな壁でも構いません。
"やべー!"と思った瞬間と"切り抜けた"エピソードを
今すぐ学校掲示板もしくはメールに送ってほしい!

null



♪ orion / 米津玄師


とーやま校長「"やべー"と思った瞬間の、大きな壁、小さな壁って言ってたけど、そういう乗り越えなきゃいけないものがあるって、俺も思ってる。掲示板を見てても、群馬県のRN Sランクの魔法使いも、"最近の壁は心の壁なんだよね"とか言ってるし、そういうことかなって思ってたけど…」


僕も
自転車で電柱にぶつかったこともあります!
凄く痛かったなーー。
KiNGKiNG
男性/16歳/青森県
2017-06-21 22:12



米津先生「それはありますよねー」

とーやま校長「あるあるなんですか!?」

米津先生「あるあるでしょ!」

あしざわ教頭「僕もありますから、あるあるですって! チャリに乗ってたら普通にぶつかりましたよ」

とーやま校長「教頭もあるのかい! それっていつの話?」

あしざわ教頭「たぶん、高校生ぐらいの時ですかね。血は出なかったな…」

とーやま校長「歯は?」

あしざわ教頭「歯は出てたよ! 何の話だよ!(笑)」

null



改めて、本日6月21日(水)に、新曲『ピースサイン』が発売になった米津先生!
こんな書き込みが届いているぞ!


光の速さで買いにいった!
ピースサインを発売してすぐに買いました!
CDショップに駆け込み入店しました!
んで買えました!(*´∀`)
嬉しかったです( ^∀^)
でもその時壁にぶつかりました( ´△`)
そのショップの自動ドアにまさかの激突しました(T_T)
頭がやばかったです(T_T)
Sランクの魔法使い
男性/15歳/群馬県
2017-06-21 22:15



とーやま校長「だから、今日は"やべー"時にどう切り抜けたか、っていうテーマで授業をやってくんだけど、意味がふたつあるよね。でも、壁にぶつかるぐらい歓喜だったってことですよね」

米津先生「ありがとうございます。本当に嬉しいです」

とーやま校長「自分の楽曲が欲しすぎて、嬉しすぎてぶつかるって、そうないですもんね」

米津先生「自動ドアって相当ですよね。普通は開きますから」

あしざわ教頭「反応しなかったんですかね?(笑)」

『ピースサイン』は、TVアニメ"僕のヒーローアカデミア"の新オープニングテーマ!

とーやま校長「これはジャンプの漫画ですよね?」

米津先生「はい」

とーやま校長「さらに、この初回盤には、11月からのツアーの先行シリアルIDも封入されている!」

ツアーに是が非でも行きたいという生徒は今のうちに手に入れないと、
受付期間が6月25日(日)の夜11時59分までなので、ぜひ急いでほしい!

null


とーやま校長「僕らも聴かせてもらいまして、シンプルに、めちゃめちゃかっこよかったです」

米津先生「そうですね。今回は王道のロックみたいなものがやりたくて、ギター・ドラム・ベースがバーン!、みたいな感じになりましたね」

とーやま校長「米津先生の曲が大好きで、今までの楽曲とかをたくさん聴かせていただいてもらっています。僕の感想ですけど、米津先生の曲は、色んな景色が出て来るんです。見たことある景色だったり、見たことがない景色だったり…。
でも、今回の『ピースサイン』は、一点突破! 前傾姿勢で、走り方とかどうだっていいから、取りあえず駆け抜けるっていう感じでした。僕の中では、そこが、新しい米津先生でしたね」

米津先生「そうですね。新しい感じにはなったと思っています。でも、それは"僕のヒーローアカデミア"に連れて来てもらった感じがしているんです。
"僕のヒーローアカデミア"の曲を作るってなった時に、"じゃあどうしようかな?"と思って色んなことを考えたんです。例えば、曲にシンセを乗せたり打ち込みとかを乗せたり色気づいたりして(笑) 色々やったりしたんですけど、でもそのどれもしっくりこなくて、最終的には、今のギター・ドラム・ベースがバーン!、みたいな感じになりました。それはもう、最初からそういう姿だったんだろうな、と思って、"僕のヒーローアカデミア"が最初から持ってる姿っていうものがそういうものであって、俺はそこに導いてもらったっていう感じが、すごくします」

null



♪ ピースサイン / 米津玄師


あしざわ教頭「僕も聴かせて頂きました! 何かわからないんですけど、高校の時に自転車を漕いでいて、根拠のない自信というか、"今すごく楽しい"とか"このままチャリ漕いでたら空を飛べるかも!"みたいな、"今、自分が主役だ"と感じる瞬間が僕にはあったんです。
そういった時にかかっていたような曲に聴こえてきて、自分がヒーローになれるかもしれないって思える瞬間ってあるじゃないですか。そういう、根拠のない、勇気とか自信みたいなものをこの曲からすごく感じました。
今まさに漫画を読みながら、そういうふうになれてる子がたくさんいるんじゃないかなって思いました」

米津先生「そう言ってもらえるとありがたいですね」

とーやま校長「みんなの主題歌になればいいよね! 今日でも、明日でも、無理なヤツは1年後でもいいしね!」

null



さぁ、米津玄師先生をお迎えして送る今夜の授業テーマは!!
「やべー時、どう切り抜けた? 逆電」!!

とーやま校長「序盤の米津先生が自転車に乗ってて電柱に激突したっていう話から、"何かに激突"系の書き込みが異様に多くなってる」

米津先生「なんかすいません」

あしざわ教頭「今日は激突大喜利じゃないからな(笑)」

とーやま校長「今まさにぶち当たってる困難なこと。色々あると思うけど、そういうヤツの体験談とか聞いて今後の参考にしてもらえれば、ってことで……もしもし!」

アプリコットのツリーホーク 静岡県 15歳 女性 中学3年生

アプリコットのツリーホーク「もしもし!」

RN アプリコットのツリーホークはデータで『ピースサイン』を購入し、ウォークマンに入れているのだそう。
まずは、米津先生に向けて気持ちを伝えてもらったぞ。

アプリコットのツリーホーク「"僕"の目線でいくと、君ととにかく前に進みたくて、 その進むために君を引っ張れるぐらいに強くなりたいなって、そう思えるような曲でした!」

米津先生「うん、正解!

とーやま校長「(笑) 花丸いただいたよ!」

アプリコットのツリーホーク「ありがとうございます!」

そんなRN アプリコットのツリーホークが経験した"やべー"ことは、去年のテストの時とのこと。

アプリコットのツリーホークテストで、親に見せられないような点数を取ってしまいました

とーやま校長「米津先生から正解をいただいたのに、学校ではいただけてないなんてどういうことなんだ!」

アプリコットのツリーホーク「(笑)」

あしざわ教頭「これは切り抜けられなくない? どうしたの?」

アプリコットのツリーホーク「5教科あるので、いい点数と本当に悪い点数があったら、いい点数を言って、悪い点数をさらっと流してから、またいい点数を"見て見て〜"って言います

とーやま校長「自分の悪い話をはさみ込むスタイルね!」

アプリコットのツリーホーク「はい、そうです!」

去年のテストでは、社会が(100点満点中)20点で一番悪かったのだそう。
他には、英語も25点ぐらいだった一方で、理科は8割ぐらい取れて良かったと言う。

アプリコットのツリーホーク「親には、(点数が良かった)理科とか数学とかを報告して、で、悪いのをさらっと報告して、怒られる前に、次にもう一個いいのを報告しました」

とーやま校長「なるほど!」

米津先生「頭がいいですね。すごい策士ですね」

とーやま校長「(笑) でも、いいのが1個しかなかったら大変じゃない?」

アプリコットのツリーホーク「そうですね。1個しかなかったら…どうしましょう?(笑)」

あしざわ教頭「(笑) 理科の80点を何回も見せるしかないもんな」

今年のテストでは、英語で今までで一番悪い点数を取ってしまったけれど、まだ親には報告していないそう。

とーやま校長「切り抜けてないじゃん!(笑) でも、このやり方はありっちゃありですよね?」

米津先生「そうですね。すごく賢いと思います」

アプリコットのツリーホーク「ありがとうございます!」

とーやま校長「とりあえず、英語が苦手っていうことがわかったから、まずはちゃんと底上げができるようにね!」

アプリコットのツリーホーク「はい!」

RN アプリコットのツリーホーク、切り抜け方を教えてくれてありがとう!


とーやま校長「テストの時期、そろそろ来月ぐらいに期末が…」

null


あしざわ教頭きやしたーーー!」>

あしざわ教頭きたよーーーー!」>

教頭の気のないSEと共に現れたのは…?

とーやま校長「あ!」

あしざわ教頭「ピザ来た! 本当に来た!」

冒頭で校長が頼んでいたピザが、生放送教室に届いたぞ!!

とーやま校長「真ん中に置いてもらえますか? はい、領収書は"少年ジャンプ"で大丈夫ですんで…」

null


あしざわ教頭「え? どういうこと?」

とーやま校長「ありがとうございました!」

あしざわ教頭「なんでピザなんですか?」

とーやま校長「"なんでピザ?" それよりも食べていいかな? ポテト山盛りですわ!」

あしざわ教頭「いいですけど…すごくうまそうだけど…」

米津先生「相当ありますね! なんか友達の家みたいになってきましたね(笑)」

null


さっそくピザを食べ始める、とーやま校長。

あしざわ教頭「いや、だから、なんでピザなのよ?」

とーやま校長「相変わらず勘が悪いな! なんでピザかと言うと、ジャンプの話だよ!」

あしざわ教頭「あ! そういうこと!」

今週のジャンプの最初のページにある、『ピースサイン』と連動したクロスワード。
今日のSCHOOL OF LOCK!の中で発表される二文字のキーワードとは…
そう! 『ピザ』!!

とーやま校長「だから領収書も少年ジャンプで切ってもらったんだよ! 集英社さん、ありがとうございます!(笑)」

null


あしざわ教頭「それはOKなの?」

とーやま校長「米津先生も良かったら食べてください」

米津先生「いいですか? だいぶポテト食べまくってるんですけど…一番好きなシーフードを…(もぐもぐ)
…熱ぃっ!」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「口の周りにチーズをつけてる米津先生(笑)」

米津先生「これももらっていいですか?」

とーやま校長「改めて、ジャンプのクロスワードのキーワードは『ピザ』!」

あしざわ教頭「しかし、すごく大がかりでしたね(笑)」

⇒くわしくは、今週の週刊少年ジャンプをチェックしよう!


♪ ピースサイン / 米津玄師


本日『ピースサイン』が発売された米津先生。
来月には、初のホールワンマンライブ、"米津玄師 2017 LIVE / RESCUE"をやるぞ!

日程はこちら!
7月14日(金) 東京国際フォーラム ホールA
7月15日(土) 東京国際フォーラム ホールA


とーやま校長「もう日が迫って来てますけど、今のあんばいはどうですか?」

米津先生「今はリハーサルをやっていて、だんだん形をつめて行ってる段階なんですけど、いいものにできたらな、っていう感じがします!」

null


とーやま校長「これは両日で1万人ぐらいのめちゃめちゃな規模ですね。僕の記憶が確かならホールAは5,000人ぐらいなので」

米津先生「ホールって初めてやるんで、今までで一番でかい規模になるとは思うんですけど、すごく楽しみですね!」

とーやま校長「さらに、これは私ごとと言うか我々ごとなんですけど、今、未確認フェスティバル2017が開催されておりまして、昨日おとといと、LIVEハウスでライブをする3次審査に出場する、33組のうちの16組を発表したところなんです。
前にもお話しさせてもらいましたけど、米津先生は前身の閃光ライオットに応募してくださったんですよね」

米津先生「はい、応募しました」

とーやま校長「ちなみに、どちらまで進まれたんでしたっけ?」

米津先生「2次…」

とーやま校長「何やってんだよ! 落としたヤツ誰だよって話だよ!!

あしざわ教頭「誰でもないと思いますよ?」

とーやま校長「いしわたり淳治だろ!」

あしざわ教頭「なんでいつも淳治のせいにするんですか(笑) あの人はいつだって公平に見てくれてるよ!」

null


米津先生「(笑)」

とーやま校長「で、あと2日間、東京2daysがあるんですけど、今ドキドキして待ってるヤツとかもいるかもしれないんで、先輩として、どういう気持ちで待つとか、LIVEに挑む姿勢とかでもいいですし、お言葉をいただけますか?」

米津先生「なるほどー。落ちた側の人間が何かを言うのはアレかもしれないですけど、俺から言えることがあるとすれば、"落ちても気にするな"っていうこと。
俺も2次選考で落ちちゃいましたけど、でも何だかんだここに呼んでもらえるようになっています。落ちても気にしないぐらいの気持ちでやったら、それぐらいの方がうまくいく場合もあるじゃないですか。だから、簡単な感じで挑んだ方がいいんじゃないですかね」

とーやま校長「もちろん、全てをかけるつもりでみんなもやってると思う。俺も、それを受け止める覚悟もある。でも、そこですべてが終わりではなくて、また新たな全てが始まるわけですもんね。ありがとうございます!」

米津先生「はい!」

null



さぁ、米津玄師先生をお迎えして送る今夜の授業テーマは!!
「やべー時、どう切り抜けた? 逆電」!!

続いての生徒は…

ホーリーホリー 大阪府 16歳 男性 高校2年生

RN ホーリーホリーは、今日『ピースサイン』が届いたそうで、もう3曲とも聴いたのだそう。
そんなRN ホーリーホリーがしたという"やべー"経験とは…?

ホーリーホリー中学2年生の頃なんですけど、付き合っていた彼女を家に送って、その後家に帰る時に、緊張が解けたせいかすっごくウンコがしたくなりました

米津先生「うんうん」

あしざわ教頭「(笑) 米津先生がすごくしっかりと聞いてくれている」

とーやま校長「(笑) その時はもう彼女はいないんだよね? ひとりで、急に、お腹がきちゃった、と」

ホーリーホリー「はい、きちゃいました! (家までは)30分ぐらいありましたね」

あしざわ教頭「結構あるな!」

その一大ピンチをどう切り抜けたかと言うと…

ホーリーホリーまず、歩く時にすっごいお尻に力を入れました。もうずっと動かすまい、と、お尻の形をそのままで(振らずに)歩いて行ったのと、歩幅も短くしました

あしざわ教頭「忍びのような動きというか、お尻を安定させた位置に置いたんだね」

ホーリーホリー「はい」

とーやま校長「体としては、ずっとその体勢で30分行く。 米津先生…米津先生に聞くのもあれですけど(笑)、でも、やっぱり悪いイメージが湧くじゃないですか」

米津先生「それは大変なことになりますよね」

null


その時はたまたまテスト期間だったので、数学の方程式や英単語を頭に思い浮かべて、そのことを考えないようにしたとのこと。

とーやま校長「これで、結果はどうだったの?」

ホーリーホリー「大丈夫でした。ギリギリ間に合いました! これで切り抜けられましたね」

とーやま校長「本当! は〜…、米津先生、いかがですか?(笑)」

あしざわ教頭・米津先生「(笑)」

米津先生「"いかがですか?"と……(笑)。まぁ、尊厳が守られて良かったんじゃないですか?」

ホーリーホリー「はい(笑)」

とーやま校長「そうだよな! 彼女にもバレなかったでしょ?」

ホーリーホリー「全然バレませんでしたね。このことは今日初めて話しました」

とーやま校長「そうなんだ! 我々も、生徒のみんなも、今後、いつ何が訪れるかわからないですからね」

米津先生「そうですね。明日は我が身かもしれないですからね」

とーやま校長「その時は、お尻の形を変えずに、歩幅を小刻みにっていうことですって」

米津先生「心に刻んでおきます(笑)」

一同笑い

RN ホーリーホリー、ありがとう!

null



♪ Neighbourhood / 米津玄師


とーやま校長「米津先生、これもめっちゃいい曲ですね! どこに向かっての曲なのかなって思いながら聴いていました」

米津先生「ありがとうございます。これは、『ピースサイン』もそうなんですけど、自分の子供の頃の記憶と言うか、そういうものを思い返しながら作りました。
子供の頃、楽しかったことはいっぱいありましたけど、その反対側の、しょうもない出来事とか苦しかった出来事みたいなものも、自分の中で色濃く残ってて、だからそういうものを今一度呼び覚ましてみて、今の26歳の自分と子供の頃の自分っていうものを対話させてできあがったのがこの曲です」

とーやま校長「じゃあ、昔の米津くんは喜んでるのかな?」

米津先生「どうなんですかね? …怒られそうなことをしてるなって思いますけどね(笑)」

とーやま校長「でも、未来の自分がこんな曲を書いて届けてくれるって、こんなに誇らしいことはないですけどね」

米津先生「結構、怒られっぱなしなんですよ。対話してて、"お前まだそんなことでうだうだしてるのか"みたいなことを、俺の中の12歳の少年の自分が、今の自分に言ってきたりするんですよ。そのたびに、"あ、すいません"って感じでいますね」

とーやま校長「へー! 結局自分だから、教えられることはたくさんあるんだね」

null



さあ、続いて"やべー"経験を切り抜けた生徒は…

なつりんご04 愛知県 15歳 女性 高校1年生

なつりんご04「今年高校に入学したんですけど、小学校から一緒の子が同じクラスになって、最初はその子と仲良くて一緒にいたんです。
でも、その子は明るい性格でどんな子ともしゃべれて友達を作るのが上手な子で、クラスの他の子たちと仲良くなっちゃったんですけど、私はそういうのが苦手なので、じゃっかん1人ぼっちかな、っていう感じになってしまいました

とーやま校長「積極的に話しかけると、向こうの足かせのようになってしまう気がして、気を使っちゃったりしたってことか」

なつりんご04「はい、そうですね」

RN なつりんご04が、そんな状況をどうやって切り抜けたのかと言うと…

なつりんご04「私は1人で考えるタイプなので家で悩んだりしたんですけど、考えた結果、無理して行くとこれから大変かなって思いました。
まだ始まったばっかりだし、今はひとりでいても、きっとそのうち仲がいい友達が作れるかなって思って、今は無理して明るい子たちとつるむより、1人でいることを決断しました

とーやま校長「米津先生。耐えて、でも、ポジティブな気持ちをずっと持つというのはいかがですか」

米津先生「15歳とか、中高生とかで、1人でいる決断をするって、結構相当な決断だと思うんですよね。それができた彼女はすごいなと思いますね」

null


なつりんご04「ありがとうございます…!」

とーやま校長「その決断を体にしまって、結果、どうなったの?」

なつりんご04「1人でいようって決めてから1週間ぐらいは1人でいたんですけど、そしたら、席が近かった子と話をするようになり、性格とか合うなって思うようになりました。その子とだんだん仲良くなれて、今は、その子といつも一緒にいるぐらい仲良くなれたので、その時に決断してよかったなって思っています

米津先生「すごいね!」

とーやま校長「よかったな! ちゃんと自分で探し出して、もしかしたら歯を食いしばるぐらいの想いかもしれなかったのに」

米津先生「そういう決断ができるっていうのはすごく強いですね」

とーやま校長「これからも、もしかしたらそういうことがなつりんごに訪れるかもしれないじゃん。でも、ここを乗り越えられた強さっていうのは、他のところでも活かせると思う」

米津先生「それができるんだったら、この後ちゃんと生きて行けるだけの力があなたには宿っているはず。だから、すごく自信を持っていいと思う」

null


なつりんご04「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「なつりんごには、すでに自分らしさみたいなものがあるんだね」

とーやま校長「そうだね。それは、そこで頑張ったから手に入れられたものかもしれないね」

その友達といっぱい遊んで、色んな思い出もたくさん作ろう!
ありがとう、RN なつりんご04!


♪ ゆめくいしょうじょ / 米津玄師


とーやま校長「俺、この曲を夕方にずっと聴いてたんだけど、この時間帯に聴くのもすごくいいね!」


早いもので、もう黒板の時間。
今日はもちろん米津先生に書いてもらったぞ。

null


『 遠くへ行け 』

米津先生「これは、『ピースサイン』の1サビのどあたまの言葉なんですけど、"遠くへ行きたい"とか"遠くへ行け"というのが、自分の中の基本理念というか、根幹にある言葉なんです
それは一体どういう言葉なのかと言ったら、俺は徳島県で生まれて、中学生・高校生くらいの時に、地元でもんもんとしながら生きて来たんです。
周りに自分のことを分かってくれる人とかあんまりいなかったんですよ。話が合うヤツもいなかったし、趣味が合うヤツもいなかったし。
だから、俺はもしかしたら生まれて来るところを間違えたんじゃないかってすごく思ってたんです。俺はとにかく、その頃から遠くへ行きたかった。
それで遠くへ行って、遠くへ行って、今に至るわけですけど、そうして周りを見渡してみたら、色んな理解者だとか友達とかがいっぱい増えたんですよね。
もし今周りにいる人たちに対して"わかってくれないな"と思うような中学生・高校生がいたんだとしたら、もしかしたらそこからちょっと離れるだけで、自分のことをよくわかってくれる、ひょっとしたら運命なんじゃないかって思えるようなくらいの理解者っていうのに絶対に出会えるはず
だから、"遠くへ行け"っていう言葉は、自分ではすごく大事な言葉だと思っています」

null



♪ ピースサイン / 米津玄師


とーやま校長「"遠くへ行け"って、本当にかっこいい言葉だと思います。っていうことは、行く場所があるんだとも取れる言葉ですよね。だから、今が違うんであれば、ちゃんとお前のことを待っている場所なり環境なりがあるっていう裏返し。すごい言葉だなって改めて思いました!」

米津先生「ありがとうございます」

とーやま校長「今日は2時間、色々ありましたけど…」

あしざわ教頭「本当に(笑)」

米津先生楽しかったです! ピザが食べられると思わなかった(笑)」

あしざわ教頭「ピザ食べてウンコの話してる時、"このまま大丈夫かな?"って思いましたよ?(笑)」

とーやま校長「次に来た時も、ピザは必ずマストで用意しておきます!」

米津先生「ありがとうございます」

米津先生、ぜひまたいらしてください!
今日はどうもありがとうございました!!

null




【FAXイラスト】


null

RN ハムカツ御膳


null

RN ハムカツ御膳


null

RN 感月勇


null

RN ストレイシープ


null

RN 看護学生


null

RN さあか


null

RN ふてふてりんご


null

RN ふてふてりんご


null

RN たけなかはんべえ


null

RN はつ


null

RN りおビタンA


null

RN 感月勇




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
アプリコットのツリーホーク 静岡県 15歳 女性
ホーリーホリー 大阪府 16歳 男性
なつりんご04 愛知県 15歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
なーこ 千葉県 14歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:04 Pizza Man / ELLEGARDEN
22:11 orion / 米津玄師
22:31 エキセントリック / 欅坂46
22:37 ピースサイン / 米津玄師
22:50 ピースサイン / 米津玄師
22:56 アメノヒニキク / RADWIMPS
23:16 箱庭ロック・ショー(D.A style) / UNISON SQUARE GARDEN
23:26 タイトル未定 / 作詞&作曲 田淵智也 from UNISON SQUARE GARDEN
23:27 未完成デイジー(D.A mix) / UNISON SQUARE GARDEN
23:39 Neighbourhood / 米津玄師
23:47 ゆめくいしょうじょ / 米津玄師
23:50 ピースサイン / 米津玄師

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

俺は見た、ピザのチーズを口のまわりにいっぱいつけてしゃべる米津先生を・・・。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

これから米津先生くるたびにピザくるのかな・・・

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
null


『 8/33 』

SCHOOL OF LOCK!と、TOWER RECORDS、ドコモ、
レコチョクが運営する「Eggs」が贈る、10代限定夏フェス!
未確認フェスティバル2017!


とーやま校長「今週と来週の計4日間をかけて、SCHOOL OF LOCK!は、全33組の出場者を、その音源と共に発表していく…」

未確認フェスティバル2017LIVEステージ 出場者決定スペシャル!!!!

とーやま校長「10代限定の夏フェス"未確認フェスティバル"」

あしざわ教頭「生徒から届いたデモ音源は、総応募者数3199組!」

とーやま校長「そこからデモ審査を経て、ネットステージに進んだのは103組!」

あしざわ教頭「そこから、たくさんの生徒に投票をしてもらい、それを参考に未確認フェスの審査員とわが校の職員で、暴力込みで揉めた結果、出した結論!
LIVEステージに進むアーティストは全33組!」

直接ライブでみんなの熱量を見る、LIVEステージの日程はこちら!

7月16日(日) NAGOYA CLUB QUATTRO
7月22日(土) 大阪 Music Club JANUS
7月29日(土)30日(日) 東京 TSUTAYA O-WEST

(全て入場無料・出入り自由)

とーやま校長「このLIVEステージというのは、その名の通りライブハウスで実際にライブをしてもらい、そのライブがどれだけ盛り上がったのか? これを基準に、8月27日(日) 東京 新木場STUDIO COASTで行う未確認フェスティバル2017 ファイナルステージに、出場するアーティストを決定していく!」

あしざわ教頭「昨日は、7月16日の名古屋CLUB QUATTROに出場する8組の未確認アーティストを発表しました」

とーやま校長「なので、『8/33』と書かせてもらった! 改めて、昨日発表した8組、おめでとう!」

さらに名古屋会場のゲストライブアクトは!
yonige!!!!

かつて閃光ライオットに応募したこともあるyonige先生!
その時はファイナルまで進まなかったけど、今回はゲストライブとしてリベンジ!


とーやま校長「そして今夜は! 大阪Music Club JANUSに出場する全8組の未だ見ぬアーティストを発表していく!!

あしざわ教頭「さあ、主に関西地方の生徒のみんな! 応募したアーティスト、投票した生徒、ドキドキして下さい。
なお、昨日も言いましたが、全出場アーティストはこの放送で、自分たちが出場することを初めて知ります!」

とーやま校長「そして今夜発表するのは、基本、関西地方中心になるけど、この未確認フェスは、スケジュールの都合などで大阪で開催しつつも他の地域の生徒が入る可能性がある!」

あしざわ教頭「毎年そうなんですよね。だから全国的にドキドキしていてください!」

とーやま校長「さあ! 未確認フェスティバル2017 LIVEステージ大阪会場、1組目の出場アーティストをこのあとすぐに発表です!」

null



未確認フェスティバル2017 LIVEステージ
大阪会場1組目の出場アーティスト…!

大阪府 10代ラストチャンス! 4ピースバンド Buzz cut sheep


♪ イトシキ / Buzz cut sheep


とーやま校長「何度も思うけど、この曲を聴きながら"今年も未確認フェスがあってよかった"って、また改めて思っている!」

あしざわ教頭「猛々しい感じもしますよね!」

年齢的には 10代最後の年になるのでラストチャンス!
和歌山発、大阪を中心に活動中の4人組ロックバンド。

とーやま校長「カッコイイね!」

あしざわ教頭「それだけじゃなく、アー写感が強いんだ!」

とーやま校長「みんなそうだけど、このBuzz cut sheepもプロのカメラマンに頼んでもらってるような写真! このままCDのジャケットとかでも全然いい!
これ、今放送を聴いてるのかな? ちょっと電話してみる?」

あしざわ教頭「おお、いきなり? 行ってみます?」

<prrrrrrr>

とーやま校長「…出ないか! たぶんバイト中だ!」

<「おかけになった電話をお呼びしましたが、おつなぎできませんでした…」>

あしざわ教頭「あー、留守電にもいかず! あー、せつない!」

とーやま校長「こうやって直接しゃべることはできなかったけども、7月22日にその機会が訪れるわけだから、その時に改めて言わせてもらう。ここでもちゃんと言っておこう!
大阪会場出場1組目! 大阪府4ピース、Buzz cut sheep、おめでとう!!」


さあ、本日のSCHOOL OF LOCK!は
未確認フェスティバル2017 LIVEステージ 出場者決定スペシャル!!!! 2日目!

とーやま校長「未確認フェスティバル、ネットステージを経て、次にお前たちを確認するのは、そう! ライブハウス!」

あしざわ教頭「名古屋・大阪・東京・東京と、ライブハウスで実際にみんなが演奏する姿、音を確認していきます」

とーやま校長「このLIVEステージは、ライブの盛り上がりがそのまま審査になるという、1番アーティストとしてごまかしがきかない、でも、1番アーティストが輝くことが出来るステージでもある!」

あしざわ教頭「そんなLIVEステージに、アーティストの存在を、その音を、確認するのは、そう! 生徒のみんなです!
みんなが来てくれないとこの未確認フェスティバルは成立しません!」

とーやま校長「そしてもちろん全会場、MCとして俺たち2人、登場します!」

あしざわ教頭「チヤホヤしてくれー! LIVEステージの開場時間などの詳細は、後日サイトで発表しますが、基本的には、お昼過ぎから夕方ごろまで行う予定です。
そして入場無料で、基本出入り自由!」

とーやま校長「だから、今日発表する音を聴いて、何かを感じることがあったら、ぜひ、未確認な音を、お前のその目で耳で、確認しに来て欲しい」

今週発表していく全ミュージシャンのプロフィールと音源は、
発表後、随時、Eggsを通じて、未確認フェスのサイトにアップしていきます!
LIVEステージの予習も兼ねて、ぜひ確認してください!

そして今年のLIVEステージも全会場、ゲストミュージシャンも登場!
今日は、大阪会場のゲストミュージシャンを発表するぞ!

もちろん、音源の感想も、学校掲示板メールで随時受付中!

null



ここで、意外な展開が!

とーやま校長「さっき(Buzz cut sheepに)電話して出なかったじゃん。でも、かかって来てるらしいんだよ…。こっちに折り返して来るってなかなかのメンタルの持ち主(笑)」

あしざわ教頭「まさかの!? すごいな!」

とーやま校長「誰だろう? もしもし?」

???「もしもし!」

せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt) 大阪府 20歳 男性

とーやま校長「ラジオ聴いてた?」

せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt)「聴いてました。電車なので小声でしかしゃべれないんですけど…」

とーやま校長「今、移動中か(笑) じゃああんまり大きな声を出さないようにね!
でも一応伝えさせてもらうぞ! 大阪大会LIVEステージ、Buzz cut sheep出場、おめでとうーーーー!!!!

あしざわ教頭おめでとう!!

せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt)「ありがとうございます!」

とーやま校長「やったね!」

せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt)「ヤバイです!」

あしざわ教頭「小さ目のガッツポーズ取っとけ!」

とーやま校長「LIVEステージに来月出ることが決まったんだけど、今、率直にどんな気分?」

せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt)「もう、何て言うか、もう………ヤバイっす!

とーやま校長「(笑) たぶん今体温が2度3度上がってる状態だから、周りの人にちょっと煙たがられる可能性あるぞ(笑)」

せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt)「(笑) なかなか、ヤバイです!」

とーやま校長「メンバーのみんなは? まだ連絡取ってない?」

せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt)「今、連絡を取ってました!」

とーやま校長「そうか! じゃあ改めて、Buzz cut sheepを代表して、幸介からLIVEステージへ向けての意気込みをくれ!」

あしざわ教頭「電車の中で言います?(笑) 小声でな!」

せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt)LIVEではもっと大声で、自分の言葉をぶつけて自分らの音楽を貫くんで、ぜひ来ていただきたいです!

とーやま校長「会えるの楽しみにしてるから! 気をつけて来いな! Buzz cut sheep、おめでとう!!」

せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt)「ありがとうございます!」


さあ、未確認フェスティバル2017 LIVEステージ
大阪会場2組目の出場アーティストは…!

滋賀県 男女混合4ピースバンド QB and planets


♪ 透明言葉 / QB and planets

null



とーやま校長「俺、もう一撃で好き! めっちゃかっこいい!」

あしざわ教頭「最初に、思わず"かっこいい"ってボソって言っちゃったよ! そして、ギターが切り裂くね! そこにこのボーカルの志賀さつきちゃん!」

とーやま校長「声もすごくかっこいいしさ! つんのめってく感じもめちゃめちゃ熱くなるしね!」

あしざわ教頭「曲名もまたいいのよ! 『透明言葉』。この言葉のチョイスも素晴らしい」

とーやま校長「これは燃えるわ!」

【意気込み】
僕たちが見たいのはファイナルステージ新木場STUDIO COASTのステージ上から見る景色だけです!!!
よろしくお願いします!!!


とーやま校長「潔い!」

あしざわ教頭「その一点のみを見ております!」

大阪会場2組目のアーティスト、QB and planets! おめでとう!!

null



さあ、大阪会場3組目の出場アーティストは…!

大阪府 平均年齢17.8歳 男女混合6人バンド ヤタガラスーパーマーケット本日開店


♪ クリームソーダ / ヤタガラスーパーマーケット本日開店


あしざわ教頭「最初はふざけてるのかなと思ったけど曲を聴いたら、この青さというか、まさに青春!」

とーやま校長「普段の学校、登下校とかが全部そのまま曲になったら、これになってるってことじゃない?」

あしざわ教頭「見てる景色が曲に詰まってますよね」

とーやま校長「すごい! めっちゃいいわ!」

メンバーは高校生と大学生、社会人。
アー写は完全に高校のスナップショットのよう。

null


【意気込み】
僕たちの演奏で未確認フェスティバル全体を盛り上げます!

そんなヤタガラスーパーマーケット本日開店に電話をしてみたぞ!

とーやま校長「もしもし?」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba) 大阪府 17歳 女性

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)「もしもし!」

とーやま校長「改めて、ヤタガラスーパーマーケット本日開店、LIVEステージ出場おめでとう!!」

あしざわ教頭「おめでとう!!」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)「ありがとうございます!」

とーやま校長「今の気持ちはどう?」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)「めっちゃ嬉しいです!」

とーやま校長「俺が発表した瞬間って、どんな感じだった?」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)"やったー!"ですね」

とーやま校長「家で聴いてた? 他のみんなとは連絡取った?」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)「はい。LINEでグループ通話をしてました」

あしざわ教頭「みんなは何て言ってるの? 今のLINEの状態は?」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)「………今は無言です」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「"さきは何をしゃべるんだ?"って聴いてるんじゃない?
みんなどのあたりで気づくの? 俺、"大阪府、男女混合6人バンド"って言ったじゃん。この時点では?」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)"お!?"みたいな」

あしざわ教頭「やっぱそうなるんだ!」

とーやま校長「"ヤタ"? "ガ"? "ラ"? "スーパー"? …まだわからない?」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)「(笑) あーわかります」

あしざわ教頭「そりゃわかるよ!(笑)」

とーやま校長「じゃあ、さきちゃん。最後に代表して、約1月後にやってくるLIVEステージに向けて、今の気持ちをみんなに届けてもらってもよろしいかい?」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)「はい! 全力でLIVEをします!

とーやま校長「シンプルでよろしい! 当日待ってるよ!」

さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba)「はい!」

ヤタガラスーパーマーケット本日開店、LIVEステージ出場、おめでとう!!

null



続いて、大阪会場4組目の出場アーティスト…!

熊本県 16歳 シンガーソングライター 実佑


♪ Symphony / 実佑


とーやま校長「染み入るね」

あしざわ教頭「ギターの弦をガっと押さえる瞬間の音の響き方とか堪らないですね!」

とーやま校長「全部生々しいし、メロディーも、そして声もいいね!」

【意気込み】
実佑です。音楽をつくることと歌うことが大好きで、弾ける楽器は、ギター、ピアノ少し、マンドリン、三味線です。今オリジナル曲は50曲近くつくっています。気づいた時には歌手になることが夢で、何があってもこの目標を達成したい一心で未確認フェスティバルに応募しました。
何か自分にとって将来にとってプラスになる何かを吸収したい!!と思ってます。
よろしくお願いします。


あしざわ教頭「しかも、ミクチャ(MixChannel)っていうので100万再生達成してたりして、ちょっと既に有名になってるんですよ」

とーやま校長「今これを聴いてて"あの実佑ちゃんじゃん!"ってなってるヤツもいっぱいいるのかな? そういうヤツも、一瞬でもいいから実佑ちゃんのたたずまいを観に来てほしい!」

あしざわ教頭「もしかしたら三味線で登場するかもしれないしね!(笑)」

とーやま校長「実佑、出場おめでとう!!」


大阪会場5組目の出場アーティスト!

大阪府 18歳 2人組ギタリスト&ラッパーユニット PANDA$


♪ 未確認生物(U.M.A) / PANDA$


とーやま校長「改めてこの楽曲を聴いて、言いたいことたくさんあるんだよ! でも、どれも陳腐になってしまう気がして、すごいね!」

あしざわ教頭「うん。言葉がうまく見つからないし、この曲名が『未確認生物(U.M.A)』というタイトル! 完全に未確認フェスに向けての曲だし、本当に今までに聴いたことのないヤツらの音を聴いてるって感じですよね」

とーやま校長「ギタリストとラッパーって、まぁ今までもいたかもしれないけど、こんな組み合わせは、俺も初めてだ!」

ちなみにギターのカズナリ君は、数百組の年齢を問わないカバーバンドの大会でギタリストとしてMVPを獲るほどの実力者!
今日付けで"レン/スケ¥"というユニット名を改名し"PANDA$"という名で活動するとのこと!

とーやま校長「ちょっと急すぎるから、電話で聞こう! …もしもし?」

???「もしもし」

とーやま校長「ラジオは聴いてた?」

???「はい、聴かせていただきましたー」

レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker) 大阪府 18歳 男性

レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker)「バンド名が今日の朝に決まって、"PANDA$"って報告させていただいたんです。すいません、ちょっと通ってなかったみたいで…」

とーやま校長「(笑) 全然! さっきレン/スケ¥って紹介したけど、この瞬間からPANDA$!」

レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker)「PANDA$でお願いします!」

とーやま校長「PANDA$、おめでとう!!」

あしざわ教頭「おめでとう!!」

レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker)「ありがとうございます!」

とーやま校長「なんで今日名前が変わったの?」

レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker)「バンド名を特に決めないまま、Twitterのアカウントでログインして送らせていただいていたんです。僕のTwitterのアカウントで送ったので、そのまま自分のアカウント名で表示されてしまっていました」

とーやま校長「なんか、楽曲とは裏腹に、ものすごく律儀だね(笑) でもお前のその人としての、今まで生きてきた環境とかが、今の瞬間だけですごくわかった気がする!」

あしざわ教頭「そして、お前の中で何かがあるんだな」

とーやま校長「曲、かっこいいね! ラジオから自分の曲が流れてどうだった?」

レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker)「ありがとうございます! ちょっとこっぱずかしいですね

とーやま校長「そう! 嬉しい気持ちもある?」

レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker)「超ありがたいです!」

とーやま校長「2人では、結構LIVEとかやってるの?」

レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker)「いや、実は2人で曲を作ったのも初めてなんです。僕、個人で作ってはいたんですけど、"この大会があるから2人で挑もう"って言って、GWに集まって4日で完成させた感じです」

とーやま校長「うわ、そうなんだ! もうひと月ちょいだけど、どんなLIVEにしたい?」

レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker)LIVEに関しては結構自信があるので、もう誰にも負けないぐらいの熱量でぶちかましたいですね

とーやま校長「たぶん今いい面構えをしてるのをひしひし感じてる。マジで楽しみに待ってるわ! PANDA$、おめでとう!!」

あしざわ教頭「おめでとう!!」

null



ここで、未確認フェスティバル2017 LIVEステージ大阪会場
ゲストアーティストの発表だ!

とーやま校長「7月22日(土) 大阪Music Club JANUSに出演するゲストアーティストは…!」

赤色のグリッター!!!!


♪ ラン・ロン・ロン / 赤色のグリッター


この『ラン・ロン・ロン』は、2015年12月、
赤色のグリッター先生がわが校の為に書き下ろしてくれた楽曲!
さらに、ボーカル・ギターの佐藤リョウスケ先生はこの学校の生徒で、
閃光ライオットにも応募してくれた!

とーやま校長「その時はファイナルに行けなかったんだけど、リベンジってことでもあるわけだ」

あしざわ教頭「そうですよね! それが今はゲストLIVEをしてくれるわけですから!」

とーやま校長「赤色のグリッターの閃光ライオット、未確認フェスティバルは終わってなかったんだね! 楽しみに待ってるんで、よろしくお願いいたします!!」


さあ、残り3組!
大阪会場6組目の出場アーティストは!

大阪府 大学生 3ピースバンド the paddles


♪ ファンファーレ / the paddles


とーやま校長「このthe paddlesのLIVEの時、また客席に行っちゃう可能性があるけど…」

あしざわ教頭「なんで行っちゃうの? 行かないで(笑)」

とーやま校長「もう騒ぎたいもん! 特にこのサビの、ドラムの航平かな? ドンドンドンってキックを踏むのが俺はめっちゃ好きで、もう、燃える!」

あしざわ教頭「俺は、ボーカルの柄須賀の最初の第一声に、もう色気しか感じない! めちゃくちゃいい!」

受験による活動休止を挟み、高校卒業後、心機一転"the paddles"として活動を再開!
3人とも大学生。

【意気込み】
とにかく多くの人に僕らの音楽を聴いてもらいたい!!!
とりかく広い会場で暴れ回りたい!!!とりかく地元寝屋川のバンドシーンを盛り上げたい!!!


とーやま校長「もう、この日に全部出し切れるはずだから! 楽しみにしてる! the paddles、出場おめでとう!!」

null



残すところ、あと2組!
大阪会場7組目の出場アーティストは!

京都府 18歳 高校3年生 ソロアーティスト 


♪ 都心の窓から / 湧


とーやま校長「聴けば聴くほどどんどん好きになって、興味が大きくなってくね」

あしざわ教頭「これは揺れたくなるな…」

未確認フェスに2次審査まで進出したMarie Louiseのボーカルのソロプロジェクト。


まじか
ソロアーティストだからどんな感じか想像つかなかったけどこれはやばい
優しい感じがする
なんか泣きそう
フテばなな
女性/16歳/愛知県
2017-06-20 23:39



null


とーやま校長「なんかすごくわかる。"泣きそう"だっていうその感情もあるし、最後に音がみんな結集してくるところは、それこそワクワクするし、いいね!
改めて、湧、出場おめでとう!!」


いよいよラスト!
未確認フェスティバル2017 LIVEステージ!
大阪会場 8組目の出場アーティストは…!!

大阪府 全員高校3年生 4ピースバンド 揺れるドレス


♪ inside popbox / 揺れるドレス


とーやま校長「一切ムリすることなく、力むことなく、なんでこんなに自然体でいられるんだろう? それがまた心地良い!」

あしざわ教頭「そうですね! 曲がスキップしてるんだよな」

全員高校3年生。
関西高校生フェスティバル2017にてグランプリ賞を獲得した実力派。

とーやま校長「これは電話でしょ! だって自然体なんだから!」

???「もしもし!」

佳奈子(揺れるドレス Dr) 大阪府 17歳 女性

とーやま校長「ラジオ聴いてた?」

佳奈子(揺れるドレス Dr)「聴いてました!」

とーやま校長「そういうこと! 揺れるドレス、LIVEステージ出場、おめでとう!!」

あしざわ教頭「おめでとう!!」

佳奈子(揺れるドレス Dr)「ありがとうございます!!」

とーやま校長「佳奈子ちゃんはどう思った?」

佳奈子(揺れるドレス Dr)「今も家族で聴いてました。最後に発表はキツイですね!」

とーやま校長「そうだよね!」

あしざわ教頭「ごめんなー」

とーやま校長「もう無理って思った?」

佳奈子(揺れるドレス Dr)「ちょっとヤバイかなって思ってました」

とーやま校長「その時、家族のみんなは?」

佳奈子(揺れるドレス Dr)「みんな、私の部屋に集まって聴いてくれていて、もう、"イエーーイ!"って言ってくれました」

あしざわ教頭「めっちゃいいじゃん!」

とーやま校長「佳奈子ちゃんの親御さん、ちょっと声だけ聴かせてもらっていいですか?」

佳奈子ちゃんのご家族「おめでとうございまーーーす!」

あしざわ教頭「誰に向けて言ってるんだ。俺らじゃないね(笑)」

とーやま校長「(笑) 俺らは普通に司会で行くからね! いや〜、よかったね!」

佳奈子(揺れるドレス Dr)「ありがとうございます!」

とーやま校長「みんなはもう共有してる? LINE?」

佳奈子(揺れるドレス Dr)「してます! 今、みんなでグループ通話しながら聴いてました」

とーやま校長「みんなは何て言ってた?」

佳奈子(揺れるドレス Dr)"よっしゃーーーー!!"って言ってました」

とーやま校長「改めて、揺れるドレスを代表して、佳奈子からどんなLIVEにしたいか、気持ちをいただいてもよろしいか?」

佳奈子(揺れるドレス Dr)勝つ気で、絶対に新木場に行くつもりでLIVEするんで、来てくれたら嬉しいです! お願いします!

とーやま校長「ヒリヒリするね! いいね! 未確認フェスティバルはこの熱き思いよ!
佳奈子、そして揺れるドレス、LIVEステージ出場おめでとう!!」

佳奈子(揺れるドレス Dr)「ありがとうございます!」

null



あしざわ教頭「これで大阪会場 全8組の出場アーティストを発表しました!」

大阪府 Buzz cut sheep
滋賀県 QB and planets
大阪府 ヤタガラスーパーマーケット本日開店
熊本県 実佑
大阪府 PANDA$
大阪府 the paddles
京都府 湧
大阪府 揺れるドレス


とーやま校長「この8組! 毎回思うけど、これがファイナルでもいいぐらいだよ!」

あしざわ教頭「昨日の名古屋の段階で、"あれ、これヤバイんじゃない? 次の大阪大丈夫か?"ってちょっと思ったけど、大阪もめちゃくちゃすごい!」

とーやま校長「今年もファイナルが4回あって、スーパーファイナルが新木場 STUDIO COASTであるってことでしょ?」

あしざわ教頭「本当にそうですね!」

7月22日(土) 大阪Music Club JANUSで行う、未確認フェスティバル2017 LIVEステージ大阪会場!
お昼頃から夕方にかけて開催! もちろん入場は無料!!
当日は、校長と教頭の2人もMCとして登場!
さらに、ゲストアーティストとして赤色のグリッター先生も来てくれる!

とーやま校長お前のその目で、一瞬でもいいから、未だ見ぬ未確認なアーティストみんなの音を、確認してくれ!


♪ 神様の涙 / 赤色のグリッター


これで、未確認フェスティバルLIVEステージに進むことができた33組のうち、16組を発表した!
残りが17組
残りのアーティストは来週の火曜日から発表を再開するぞ!

楽しみにしながら待っていてほしい!!


SCHOOL OF LOCK!


ちなみに本日の生放送教室での授業終了後…!

たまたま大阪から東京に来ていた、
閃光ライオット2012
ファイナリスト HEAD LAMPが我が校に遊びに来てくれました!!

ちなみにHEAD LAMPは7月12日(水)に1st Full Album「ON THE GROUND」をリリース!
このアルバムには、閃光ライオット2012ファイナル進出曲『パンジー』も収録されているぞ!
生徒のみんな、ぜひチェックしてみてくれ!!


【FAXイラスト】


null

RN にゃんこ2缶


null

RN ももとりまかろに


null

RN ハムカツ御膳


null

RN ふてふてりんご




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
せきぐち(Buzz cut sheep Vo/Gt) 大阪府 20歳 男性
さき(ヤタガラスーパーマーケット本日開店 Ba) 大阪府 17歳 女性
レンノスケ(PANDA$ Rapper/Track-Maker) 大阪府 18歳 男性
佳奈子(揺れるドレス Dr) 大阪府 17歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
めご 栃木県 16歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:06 イトシキ / Buzz cut sheep
22:26 Dirty Work Blouson Chiemi Remix / ブルゾンちえみ&オースティン・マホーン
22:33 透明言葉 / QB and planets
22:36 クリームソーダ / ヤタガラスーパーマーケット本日開店
22:43 Symphony / 実佑
22:46 未確認生物(U.M.A) / PANDA$
23:11 Travel / [Alexandros]
23:19 She's Very / [Alexandros]
23:22 Feel like / [Alexandros]
23:28 ラン・ロン・ロン / 赤色のグリッター
23:33 ファンファーレ / the paddles
23:38 都心の窓から / 湧
23:43 inside popbox / 揺れるドレス
23:51 神様の涙 / 赤色のグリッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

もうファイナルです、
ファイナルが4回ってことです、
ありがとうございます!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

名古屋も大阪もずっとヤバイ。
東京も期待するしかないっしょ!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
null


『 33 』

SCHOOL OF LOCK!と、TOWER RECORDS、ドコモ、
レコチョクが運営する「Eggs」が贈る、10代限定夏フェス!
未確認フェスティバル2017!


あしざわ教頭「閃光ライオットの意思を引き継いで開催する、夏フェス! ファイナルステージは、8月27日、東京 新木場STUDIO COAST!」

とーやま校長「総応募者数、3199組! そこから、デモ審査を経て、ネットステージに進むことができたのは103組!」

あしざわ教頭「生徒のみんなにも審査に参加してもらいました!」

ネットで音源を聴きこんで投票してくれたみんな、本当にどうもありがとう!

とーやま校長「これをきっかけに、初めて自分の曲を誰か聴いてもらったミュージシャンもたくさんいて、もう、この時点で、また一つ、大事なことは終わっているんだけど……」

あしざわ教頭「まだ誰でもない自分というものを、誰かに見てもらって確認してもらうフェスですからね、これは」

とーやま校長「…とはいえ、未確認フェスティバルは、まだまだ続く!」

あしざわ教頭「はい! 続いては、東京、名古屋、大阪のLIVEハウスで行う、LIVEステージ
ネットステージの103組の中から、このステージに進むことができるのは、ここからさらに絞られた、数十組だけです!」

とーやま校長「みんなの投票を参考にさせてもらいながら、未確認フェスの審査員の皆さんで…つまり、TOWER RECORDSの皆さん、レコチョクの皆さん、そして、わが校の職員で、長時間に渡る審査を行ったんだけど……
まぁ毎度のごとくだけど、めちゃめちゃ時間もかかったし、ぶつかり合いもあったしね! もう今回も大変だったと聞いている!」

あしざわ教頭「もちろん103組ともすごかったし、103組ともできればLIVE観てみたい!」

とーやま校長「ひょっとしたら、もう一回ゼロから審査したら、全然違う結果になってたかもしれない。正直、それくらいの差なんだけど…
それでも、決まりました。決めました!」

ネットステージに進んだ103組の中から、
LIVEステージへと進んだ10代のミュージシャンは……
この黒板に刻んだ数!
『33』組!!!!

あしざわ教頭「103から33! かなり絞られました…!」

とーやま校長「この33組が、東名阪で行うLIVEステージに出場します!」

7月16日(日) NAGOYA CLUB QUATTRO
7月22日(土) 大阪 Music Club JANUS
7月29日(土) 東京 TSUTAYA O-WEST
そして、7月30日(日) 同じく東京O-WEST!


とーやま校長「ちなみに今年も、ミュージシャンのスケジュールの都合もあって、必ずしも、地元のLIVEハウスに出場するとは限りません!

あしざわ教頭「そうなんです。極端なことを言えば、北海道のミュージシャンが、大阪の会場に出演する可能性もあります!」

さあ、今週は、今夜から、
LIVEステージに出場が決定した33組のミュージシャンを発表していく!

とーやま校長「ちなみに、応募してくれたミュージシャン本人も、この生放送教室から名前を読み上げるまで、結果は知らない状態!」

あしざわ教頭「完全なるガチンコです!」

初日の今夜は、7月16日(日) NAGOYA CLUB QUATTROで開催する、
名古屋会場に出演するミュージシャンを発表する!

とーやま校長「今年、NAGOYA CLUB QUATTROのステージに立つ10代のミュージシャンは…全8組
さあ、未だ確認されていない、10代ミュージシャンの姿を、その音を、一緒に2時間かけて確認していく!!」


未確認フェスティバル2017 LIVEステージ
名古屋会場1組目の出場者は…!

茨城県 平均年齢17.3歳 4ピース monopolii


♪ スーパーロック / monopolii


とーやま校長「もうね、俺は好きなんだ! 青々しくて、10代にしか鳴らせない音でしょ!」

あしざわ教頭「最初のギターの音でやられちゃったよ!」

2016年6月にライブハウスを通して知り合った四人で結成。
四人とも楽曲を製作できるため、表情に富んだライブができる。

【意気込み】
茨城のスーパーロックバンドとして、自分たちの思いの丈を存分に出し尽くそうと思います。
ファイナルまで勝ち上がってmonopoliiを全国に届けます!! よろしくお願いします!!!



かっこよすぎ
一発目からかっこよすぎ
やばい鳥肌が立ちまくってる
本当に10代????
未確認サイコ----
地球は僕のために回っている
男性/14歳/岐阜県
2017-06-19 22:09



とーやま校長「そうだよね。ずっとサイコーなんだけど、今日はまたその最高のギアが、ひとつどころか6〜7個ぐらい、グイングインって音を立てて入ってる状態でしょ!」

あしざわ教頭「今年も始まっちゃったなぁ…!」

とーやま校長「このアーティストの、このミュージシャンの、このバンドの、LIVEが観られるわけだからね! 未確認フェスティバル2017 LIVEステージ出場おめでとう!」



な、なぜ…
久しぶりにこの発表の時に流れる音楽聴いた!
自分は出ないのにこっちまで緊張してくる…(*_*)
コポゥを求めて三千里
男性/14歳/東京都
2017-06-19 22:08



あしざわ教頭「わかるよ、その気持ち!」

とーやま校長「実際に音源を聴いてくれてるみんなならなおさらだね! 投票したアーティストがもしかしたらLIVEステージに行くかもしれないっていうドキドキもあるしね」



未確認フェスティバル!
久しぶりに掲示板きました!
もうあっという間に未確認フェスティバルの季節だー!

今年上京してきて、たくさんインディーズバンドのライブに通うようになって、そこで見つけた最高にかっこいいバンドがたくさん未確認フェスティバルにエントリーしていて嬉しいです!
とくにあの宇都宮のバンド…!!絶対3次審査に進んでるはず!!!
わくわくしながら発表ききます〜〜!
ミーニャ
女性/18歳/神奈川県
2017-06-19 22:08



とーやま校長「ミーニャ、念を半蔵門に向けて届けて、明日も発表があるからよろしく!」

null



さあ、今夜と明日のSCHOOL OF LOCK!は…
未だ誰も知らない君の音を聞くために開催! 10代限定 夏フェス!
未確認フェスティバル2017LIVEステージ 出場者決定スペシャル!!!!

あしざわ教頭「LIVEステージは、ファイナルのSTUDIO COASTに続く最後のステージ! 名古屋、大阪、そして、東京2DAYS! 4日間、3会場に分けて、各地のLIVEハウスで開催します!」

とーやま校長「今夜から、LIVEステージに出場するミュージシャンを発表していく!」

あしざわ教頭今日は名古屋会場! 明日は大阪! 東京2DAYSの出場者は、来週の火曜日と水曜日に発表します!

さあ! 初日の今日は、7月16日(日) NAGOYA CLUB QUATTROで開催する、
名古屋会場の出場者、全8組を紹介していく!

とーやま校長「名古屋、名古屋近辺のみんな! 今日、聴こえてきた音に少しでも何か感じたら、ぜひ会場で、みんなと同じ10代が鳴らしている音を確認しに来て欲しい! 直接観てもらうのがこのフェスの意味だから!」

あしざわ教頭「ちなみに、当日のLIVEがどれだけ盛り上がったかも、STUDIO COASTに出場するミュージシャンを決定する、重要な審査ポイントになります!
つまり、みんなが来てくれないと、ファイナリストを決めることができません

LIVEステージの入場は、全会場、入場無料の出入り自由!
そして、全てのLIVEハウスに、校長と教頭もMCとして参加するぞ!

とーやま校長「まずは、来てほしい! 君たちの盛り上がりも審査に関わるけど、でも、来てくれて楽しんでくれることが一番! 絶対に来たら体も動くし手も上がるはずだし、各地のミュージシャンに会えることも楽しみだしね!」

今週発表していく全ミュージシャンのプロフィールと音源は、
発表後、随時、Eggsを通じて、未確認フェスのサイトにアップしていきます!
LIVEステージの予習も兼ねて、ぜひ確認してください!

とーやま校長「さらに! 今回のLIVEステージは全会場、ゲストミュージシャンも登場する! 4日間全て、つまり、4組のミュージシャンが、LIVEステージに来てくれるわけだ!
今夜は名古屋会場のゲストミュージシャンも、授業中のどこかで発表するぞ!」

あしざわ教頭「楽しみに待っていてください!」

とーやま校長「といっても、LIVEステージの主役はもちろん、33組の10代ミュージシャン!」

あしざわ教頭「全員、みんなと同じ、10代です!」

とーやま校長「出場者たちのLIVEを観て、自分がどんな気持ちになったのか! それを確認することが、一番大事なこと!」

今夜も、発表していくLIVEステージ出場者の音を聴きながら
考えたこと、感じたこと、学校掲示板メールで教えてくれ!

null



続いて、名古屋会場 2組目の出場者は…!

愛知県 平均年齢 19.3歳 4ピース Some Life


♪ ボーイフレンド(元) / Some Life


あしざわ教頭「実は、以前にこの生放送教室でもオンエアさせてもらったんです」

2015年春に結成。
メンバーは全員幼馴染。
この前に紹介させてもらった時点では「Some old Riot」(通称"サムライ")というバンド名だったけれど、
先週の金曜日に改名したらしい!

【意気込み】
年齢的に今年で最後の挑戦になります。
僕達が1から始めた音楽がどこまで通用するか、ワクワクしています。
僕達には必ずファイナルのステージに立ち、大勢な人々を熱狂させる自信があります。
宜しくお願いします。



未確認
おしゃれだなー
大人っぽい
他とは違う雰囲気ですね!
クマヤマ
女性/15歳/愛知県
2017-06-19 22:44



あしざわ教頭「もうハマってますね!」

とーやま校長「Some Lifeのアーティスト写真があるんだけど、4人ともマジでかっこいいからね!」

あしざわ教頭「本当にみんなイケメン!」

とーやま校長「ちなみに、LIVEステージが今日決まったわけだけど、その次のFINAL、ファイナリストになったら、ボーカルのDAIYA-TANがミムラマサカズってタトゥーを入れてくるらしい」

あしざわ教頭「それ、どこ情報なの!? 何を探られてるの!?」

null


とーやま校長「だから無理矢理(FINALに)行かせよう」

あしざわ教頭「ヤバいな、みんな、チェックされてるから気を付けろ!」

とーやま校長「Some Life、LIVEステージ出場おめでとう!!」


続いて、名古屋会場3組目!

長野県 高校3年生 5ピース FAITH


♪ Summer / FAITH


あしざわ教頭「いいよ、これは…! 外で聴きたいな!」

とーやま校長「気持ちいね! 確かに、俺も思った! 悪いけど、名古屋のQUATTROの屋根は爆破してもらおう」

あしざわ教頭「なんで爆破するんですか(笑)」

とーやま校長「だって、屋根はない方がいいじゃん。気持ちいいね!」

あしざわ教頭「これはいいよ! しかも全編英語でしたね。そこをスっとやってる感じもすごいですね」

2015年4月に結成。
ボーカルの"ドリチュラーあかり"ちゃん、ベースの"藤子"ちゃんが女子、あと3人が男子。

【意気込み】
最初で最後の未確認フェスティバルで必ずファイナルに進みたいです! 全力でライブをします!


え???
ふ、フェイス?!!!うそ!!!応援してたからめっちゃ嬉しい!!!どうしよう、鳥肌止まんない!ライブめっちゃかっこいいから3次審査も頑張って欲しい!!!
はるぬ
女性/16歳/長野県
2017-06-19 22:40



あしざわ教頭「この時点ですでに知られてるんだね」

とーやま校長「はるぬは長野で名古屋までは遠いから、来るのはなかなか難しいかもしれないけど、何か機会があったら絶対に応援しに来てほしいよね!」

あしざわ教頭「そうですね!」

とーやま校長「ドリチュラーあかりちゃんは、今月は地元のショップのモデルをやってるらしくて。さらに、今月の5日には、"人生で2回目くらいにナスがおいしいと思った"」

あしざわ教頭「だから、さっきからそれは何情報だよ!(笑) これ、Twitterだな。ヤバいよ、みんな、Twitterのヤバそうなコメントは削除しよう!」

とーやま校長「楽しみに待ってる! 名古屋まで気をつけておいでね! FAITH、LIVEステージ出場、おめでとう!」

null



続いて、名古屋会場4組目は…!

愛知県 19歳 シンガーソングライター ゆいにしお


♪ タッチミー(band set) / ゆいにしお


あしざわ教頭「校長先生、これ、やっぱり(QUATTROの)屋根を吹き飛ばした方がいいかもしれないな(笑)」

とーやま校長「でしょ! これは爆薬だよ。
最初は録音の仕方とか、1970年代の曲にも聴こえて、でも2010年代の曲にも聴こえてくる。曲を聴きながら"どこからやって来たんだろう?"ってすごく思っちゃった」

あしざわ教頭「しかも、ゆいにしおの等身大の声みたいなものも感じるしね」

2016年9月ごろ名古屋市内のライブハウスで活動を始める。
他に、2つのバンドを兼任中。

【意気込み】
大勢の人を私の曲で踊らせたいです。
私の世界観が好きな人に絶対出会いたいです。よろしくお願いします。



音色やば…!
これはすげーわ!!
名古屋行けるから楽しみすぎ!
生で聴きたい!!
邦ロックン
男性/16歳/愛知県
2017-06-19 22:44



あしざわ教頭「絶対に生で聴いた方がいいよ!」

とーやま校長「わー、いいわ! 一昨日のツイートに…」

あしざわ教頭「ほらやっぱりTwitterだ! すぐ消せ! この人スクショするから…!」

とーやま校長「あ! そして今まさに、ゆいにしおちゃんが"やったーーっl!!!!!!!!!未確認通った!!!!!!!!?!?!???!うそ!!^_^んっb"って!」

あしざわ教頭「聴いてくれてるんだ! よかったー! おめでとう!!」

null



とーやま校長「さあ、ここまで、未確認フェスティバル2017 LIVEステージ、名古屋会場に出演するミュージシャン4組を紹介してきたけれども…」


ほんとに同世代ですか?
ほんとに確かめたいんですが俺たちの同世代がこんなにかっこいい歌たちを歌ってるんですか?
もうかっこよすぎて感動、同世代と思えない
こんなかっこいい歌を歌う同世代がいると思うと刺激させられるよ!
俺も目の前にあるものを全力で頑張っていこう!
みんなに追いついてやる!
まさタイガー
男性/17歳/神奈川県
2017-06-19 22:45



あしざわ教頭「この時点でみんなにも変化が起きてるんだよ」

とーやま校長「いいね、まさタイガー! この曲を10代がやってるっていうのは、紛れもない事実だからね」


さあ、未確認フェスティバル2017 LIVEステージ!
続いては……ゲストミュージシャンの発表!!!!

あしざわ教頭「どこかで発表すると言っていたヤツがついに来ました!」

とーやま校長「今年は東名阪、3会場4日間で行う全てのLIVEステージに、ゲストミュージシャンが来てくれる!
その中から、7月16日(日) NAGOYA CLUB QUATTRO! 名古屋会場に出場するミュージシャンは…!」

未確認フェスの前身である、閃光ライオットに応募経験のある…!
yonige!!!!


♪ アボカド / yonige



ヤベー!!
え?マジ?やばすぎるー!
ヨニゲが来るなんて行くしかねぇ!
アラミン
男性/15歳/長野県
2017-06-19 22:48



とーやま校長「でしょ!? この間も生放送教室に来てくれて、そんな話とかもしたよね」

あしざわ教頭「そうでしたね」



え?????
yonige先生のライブをお金払わずに見ていいんですか????
スクールオブロック大丈夫か???
愛知県民行くしかないじゃん!!!
さくらどうふ
女性/16歳/愛知県
2017-06-19 22:50



とーやま校長「そこら辺は、生徒みんなのために大人が一生懸命やってるんだ!」

あしざわ教頭「そうなんだ! なんとかしてくれるぞ!」

とーやま校長「なぜなら、みんなに、とにかく観てほしいからだ! 入場無料で出入りも自由で観ることができるからね!
yonige先生はみんなよりもちょっとだけお姉さんって感じになるのかな? 実際に閃光ライオットを受けてたんだし」

あしざわ教頭「苦い、色んな経験をしているわけですからね」

とーやま校長「そんな想いもわかってくれてるはずだし、みんなの気持ちも汲んで、ど熱いLIVEを披露してくれるに違いない!」

null



本日のPerfume LOCKS!では、
今月開催された"Perfume FES!! 2017"と前夜祭、
そして"Amuse Fes in MAKUHARI 2017-rediscover-"について、
生徒の感想を紹介しながら振り返っていった!

前夜祭に行ったというとーやま校長は、グッズのサコッシュを持参!

あしざわ教頭「なんで今サコッシュ持ってるの?(笑)」

とーやま校長「好き過ぎて、もう肌身離さず(持ってる)!」

あしざわ教頭「いやいや、そんなことないでしょ!」

とーやま校長「メッシュ素材のポケットが前面についていて、さらに中には、こういう雨にも耐えられるような…」

null


あしざわ教頭「ああ! そこに大事なものを入れるとか!」

とーやま校長「例えば、フェスに行って汗をかいても大丈夫だし、突然の雨が振って来ても大丈夫。鍵とか付けるところもあるしね」

あしざわ教頭「ちょっとパンパンじゃないですか?」

とーやま校長「財布とiPodと本とCDと充電器と…あと、俺がPerfumeを好きだという気持ち…あははは〜」

null


あしざわ教頭「入れすぎですって! 急に怖い怖い…!」

とーやま校長「2000円で〜す」

あしざわ教頭「いや、どういう立場だよ!(笑)」

そして最新情報!
新曲『Everyday』のMV short ver.『「Everyday」- AWA DANCE edit -』!
チャットモンチーとコラボした「はみがきのうた」!
2017年"秋口"、ニューシングルの発売が決定だぞ!


さあ、今夜と明日のSCHOOL OF LOCK!は、
未だ誰も知らないお前の音を聞くために開催! 10代限定 夏フェス!
未確認フェスティバル2017 LIVEステージ 出場者決定スペシャル!


今年スゲー!
音作りがしっかりしてるし、歌唱力もみんなすごい。今年はジャンルも幅が広がってきてる気がします!年を重ねるごとにクオリティーが上がっていってますね。
僕も以前からベースを始めたくて、親に言い出してみるきっかけになりました!やがてはこの方々みたいになってみせる!
東京サンド
男性/14歳/栃木県
2017-06-19 22:52



とーやま校長「(LIVEステージに出場する)みんなも、東京サンドと同じところから始まってるからね! 一緒!」



久しぶりに
5年ぶりにSCHOOL OF LOCK!聞きました
閃光ライオットと同じくらい未確認フェスティバルも熱いんだろうなって感じれる曲だった。
たくさんの10代の熱い曲を聞きたい!!!!!!
にょ太郎
女性/19歳/兵庫県
2017-06-19 22:21




名古屋会場のゲストミュージシャンはyonige!

あしざわ教頭「ちなみに、ゲストミュージシャンは全会場に登場! こちらも今週発表するので、楽しみにしていてください!

名古屋会場に出場するミュージシャンは………残すところ、あと4組!
5組目のアーティストは…!

滋賀県 平均年齢17.8歳 5ピース CIGARS BREAD TO MY DEAR


♪ Kids in Da Theme Park / CIGARS BREAD TO MY DEAR


とーやま校長「当日、名古屋のQUATTROで、俺、みんなと一緒に暴れるかもしれないけど、教頭、その時は頼むな」

あしざわ教頭「飛び込んで行っちゃうってことですか(笑) ちゃんと帰ってきてね!」

とーやま校長「だってこんなの、じっとしてらんないじゃん! 暴れさせてくれよ!」

あしざわ教頭「帰ってこれないのかよ!
これはすごいぞ…! サビというか、色んな展開が幾度となく来ますよね」

とーやま校長「だって6曲ぐらい聴いた気がする」

あしざわ教頭「その感じ、わかる!」

とーやま校長「カッコイイわ! 迫力もハンパじゃないしね!」

去年の冬から現在のメンバー。
バンドのホームページによると、
「幾度のメンバーチェンジを経て、現体制になりブレブレだったジャンルもイージコアに決まる」とのこと。
「CIGARS BREAD TO MY DEAR」略して"滋賀ーズ"らしい!

null



まじか
イントロからやばい
これはかっこよすぎて、行くしかないでしょ
フテばなな
女性/16歳/愛知県
2017-06-19 23:33



とーやま校長「でしょ!」

あしざわ教頭「名古屋大会マジでヤバいですね! なんだこの振り幅は!」

とーやま校長「そしてこのボーカルのイガッチョが、たまに家でニラ玉を作ってるっていう…」

あしざわ教頭「だからツイートを消そう! この人、結構前までさかのぼってるからな!」

とーやま校長「CIGARS BREAD TO MY DEAR、おめでとう!」


さあ、6組目は…!

愛知県 高校3年生 3ピース プランクトン


♪ Plankton / プランクトン


とーやま校長「めっちゃ熱い…! こんなにぶち上がることあるかね!」

あしざわ教頭「すごいカッコイイ! 後ろのベースラインがめちゃくちゃいいよ!」

とーやま校長「改めて、キーボードソロ! あんなにゾワゾワくるキーボードソロは、本当に生まれて初めて聴いたかもしれない!」

2016年5月に高校の軽音部で結成。
ボーカル・ギターのはなちゃんとベースのりさちゃん、そして男子2人。
大学生バンドFESTIVAL2016 campus∞campus in Zepp Nagoya 優勝!

【意気込み】
大きな舞台に立って、私たちの音楽をより多くの人に聞いてもらいたいです!! 新木場を赤潮まみれにしに行こうと思ってるので覚悟しといてください!


プランクトン!!!
声がもうドンピシャで大好き!!カッコよすぎ!!もうこれは行くしかない!同年代とは思えない!なんかなんか何かしなきゃって思えてくる!
はるとまと
女性/17歳/石川県
2017-06-19 23:39



とーやま校長「一発でそう思ったってことは、今後もずっと好きだろうね! これがとんでもない出会いってことだよ」

あしざわ教頭「もう間違いないと思う。しかも、"大学生バンドFESTIVAL2016 campus∞campus in Zepp Nagoya"で優勝してるんですよ! 実力は折り紙付きですよ」

とーやま校長「じゃあ、色んな賞を引っさげて、この未確認フェスティバルに来てくれてるってことね!
…ちなみに、このボーカルギターのはなちゃん。最近、Twitterのアイコンが丸くなったことに非常に腹を立てている」

あしざわ教頭「最近のヤツも見られてるから気をつけろ!」

とーやま校長「さらに、発表になった後の、はなちゃんのつい3分前のツイートね。"ファーファーファーーーー!!!!!!!!!!おおおうええおえあえいえいあう??!?!!??!、!ふぉ?!?!!?!!!!!ま?!!!??!!??!!" …以上です」

あしざわ教頭「何を報告してるんですか(笑)」

とーやま校長「嬉しくて言葉にならないってことでしょ」

あしざわ教頭「そうなんだろうけど、取りあえず落ち着こう?(笑)」

とーやま校長「いやー、すごいね! プランクトン、LIVEステージ出場、おめでとう!」

null



続いて、名古屋会場 7組目の発表!

愛知県 19歳 シンガーソングライター くすり


♪ colour / くすり


あしざわ教頭「色んなバンドを聴いて来て、ここへ来ての、このくすりの声! いいですね!」

とーやま校長「いい時間だね。これが聴けるんだもんね!」

2016年夏から本格的に活動。

【意気込み】
いけるっしょ

とーやま校長「肝も据わってる感じがするし、いいね! しっかりと伝えたい曲、気持ちを伝えてくれる時間になるんじゃない?」


くすりさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!
まじ!?Σ(゚Д゚ υ)マジ!?
まじでくすりさん!?!?
めっちゃ歌声好きなんだけど!嬉しい!
みうちー
女性/15歳/山形県
2017-06-19 23:46



あしざわ教頭「もうすでにファンがいるんだな」

とーやま校長「応援もしてくれてたのかな。(山形県から名古屋はだいぶ遠いけど)なんとか名古屋に来てほしいな…! くすりは、たぶん、ワンピースを着るのが好きだと思います」

あしざわ教頭「情報が薄いな! 急激に薄くなった! 別に、大した情報がないなら言わなくていいですから(笑)」

とーやま校長「くすり、LIVEステージ出場、本当におめでとう!」

null



いよいよ、名古屋会場、最後のアーティスト!
未確認フェスティバル2017 LIVEステージ! 名古屋会場 8組目は…!

とーやま校長「電話して直接伝えたいと思います!」

あしざわ教頭「マジか、そのパターンか!」

とーやま校長「今から電話が鳴るから出てね! そして、俺に伝えさせてくれ!」

???「もしもし!」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです」

???「はい、はい! とーやまさん?」

とーやま校長「(笑) そう、あたしとーやまさん」

???「あの、不合格でした?」

とーやま校長「今ラジオを聴いてた? で、俺、名古屋大会の8組目のヤツに電話をするって言ってたよね?」

???フェーーーーーー⤴!?!?

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

ということで、改めて、8組目のアーティストは…!

栃木県 17歳 シンガーソングライター・ラッパー Itaq

Itaq 栃木県 17歳 男性

寮にいるので誰かと会話をしながら電話に出たItaq。
時間が迫る中、とーやま校長から改めて発表!

null


とーやま校長「もうわかってると思うけど、改めて、未確認フェスティバル2017 LIVEステージ 名古屋大会! 8組目出場、Itaqおめでとう!!!!」

あしざわ教頭「おめでとう!!!!」

Itaqフゥーーーーーーーーー⤴!!!! やったぞーーーー!!

とーやま校長「今日はずっと聴いててくれた?」

Itaq「これ、"落ちたら普通にねるぞ!"って思ってました!」

あしざわ教頭「そうだよな。"ふざけんじゃないよ!"だよな」

とーやま校長「(笑) 今はどんな気持ち?」

Itaq頑張ってたら報われるんだなって」

そんなItaqの意気込みは、
いつも悔しい思いをしてきました。「あれ俺にだって出来んのに」と。それをここでやらせて欲しいです!!このままでは終われない、、、。

Itaq「生まれた時から、基本、負けることしかしてないんで(笑)」

とーやま校長「そんな自分にケリをつけるためにも、こうやって応募してくれたわけだろ?」

Itaq「そうですね! 頑張ります!」

とーやま校長「最後に、どんなLIVEステージにしたいか聞かせてくれ!」

Itaqみんなの人生を変えて帰りたいです!

とーやま校長「いいね!! すなわち、それってお前の人生も劇的に変わる瞬間だからな!」

Itaq「もう、変えます! ぼくりりくんと飯を食べに行った時、"音感が色盲だ"って言われましたけど、もうそんなん言わせないですよ!(笑)」

とーやま校長「そうだね! 全てをねじ伏せるLIVEを楽しみにしてるぞ!」

Itaqがんばります!!!

とーやま校長Itaqおめでとーーーー!!!

あしざわ教頭おめでとーーーー!!

Itaqフゥーーーー!! イェイイェイ!!


♪ End of the blue age / Itaq


とーやま校長「ギリギリ、Itaqがカッコイイってところを聴けてよかった!」


ふえええ!?
栃木!!
遠いけど行く!
名古屋行く!
フォーーー!
めっちゃカッケーじゃないっすか!
イタク先輩!
green swan
女性/12歳/栃木県
2017-06-19 23:52



とーやま校長「気をつけておいで!」


発表した未確認ミュージシャンたちのプロフィールと音源は、
全てWEBサイトにアップしています!

明日は、7月22日(土) 大阪Music Club JANUSで行う、
大阪会場に出演する10代の未確認ミュージシャン、
そして、ゲストミュージシャンを発表するぞ!



【FAXイラスト】

SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

RN ふわふわ女子目指し隊


null

RN ちかちゃん。


null

RN ふてふてりんご


null

RN ハムカツ御膳


null

RN 望月朔


null

RN ハムカツ御膳


null

RN ハムカツ御膳




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
Itaq 栃木県 17歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
たいやれもん 東京都 17歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 スーパーロック / monopolii
22:24 サイレントマジョリティー / 欅坂46
22:31 ボーイフレンド(元) / Some Life
22:37 Summer / FAITH
22:42 タッチミー(band set) / ゆいにしお
22:48 アボカド / yonige
23:13 I still love U / Perfume
23:32 Kids in Da Theme Park / CIGARS BREAD TO MY DEAR
23:38 Plankton / プランクトン
23:44 colour / くすり
23:51 End of the blue age / Itaq

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日もブルブル震えたよ、
みんなの本気に、今年もすごいよ。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

はい、これは名古屋行くの確定でしょ。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 もっと満たしちゃおっかなー 』


新曲達
SEKAI NO OWARI先生のRain最高すぎたし米津玄師先生のピースサインのMVかっこよすぎた!
満たされてる
雨やどり猫
男性/17歳/岐阜県
2017-06-08 22:38


セカオワ先生の新曲「RAIN」は、映画『メアリと魔女の花』の主題歌になっていて、映画の予告動画などでは少し流れている!

米津玄師先生の「ピースサイン」のMUSIC VIDEOも、現在公開されていて、いつもとは違う雰囲気ですごくカッコイイ!

とーやま校長「雨やどり猫は今、聴いてるかな? 今の時点で相当満たされていると思うけど、もっと満たしちゃおうかな〜〜」

あしざわ教頭「ここで黒板が来るってことですね! もっと満たしちゃうってどういうことですか?」

とーやま校長「みんなを満たらしちゃうよ!」

あしざわ教頭「満たらしちゃうだと、ちょっと団子的な感じに聞こえますね(笑)」

…なんと! 来週、6月21日水曜日の生放送教室に!
米津玄師先生が来校決定―――!!!

あしざわ教頭「マジっすかーー!?」

とーやま校長「雨やどり猫、どう!? ……はい、タプタプに満たされてますね! これはもう、みたらし状態!」

あしざわ教頭「ドロドロになってない? 大丈夫?(笑)」

来週水曜日は、米津玄師先生には「ピースサイン」の話をじっくり聞かせてもらおうと思う!

とーやま校長「そしてさらに………」

あしざわ教頭「まさか………!」

とーやま校長「さらに満たらしちゃうよ! 来週、6月22日木曜日の生放送教室で!
SEKAINO OWARI 先生の新曲『RAIN』を初フルコーラスオンエア!!!

あしざわ教頭「来たーーーーーーー!!」

とーやま校長どこよりも早く、フルコーラスオンエアだぞ! 来週水曜日、木曜日と、2DAYS! ダブルで満たされて欲しい!」

あしざわ教頭「他にも、楽しみ! と思った生徒も、雨やどり猫と一緒に満たされましょう!」

SCHOOL OF LOCK!



そして、本日は「SCHOOL OF LOCK! 初めまして!? WEEK」4日目!!!

今週のSCHOOL OF LOCK!は、
我が校的に"初めまして!"となる講師を迎えてのスペシャル授業を毎日お届けしてます!

ということで、今夜の生放送教室には、8月2日にニューシングル『帆を上げろ!』をリリースする愛知県・名古屋発のエンターテイメント集団!

BOYS AND MEN先生が初来校ーーーー!!!


♪ NAGOOOOOYA / BOYS AND MEN



ついに!!
SOLにボイメンが出るなんて夢みたいです!!
今日の放送聴いて明日のテスト頑張ります!
こばサンマ
女性/17歳/高知県
2017-06-15 22:07


とーやま校長「そういう生徒がたくさんいるからね! 今日はそんな生徒が集まってきているんです!」

例えば、三重県 RN しおりんご
石川県 RN 最強文系少女
など、ボイメン先生が大好きで、来校が楽しみ! と、書き込んでくれた生徒が、全国から集まってきている!

とーやま校長「改めて、今夜の生放送教室には……!」

BOYS AND MEN先生が登場!!!

SCHOOL OF LOCK!


辻本達規先生
小林豊先生
本田剛文先生


BOYS AND MEN先生「ヨイショーーーーーー!!! BOYS AND MENです!」

とーやま校長「よろしくお願いします! ラジオなのに、しっかり衣装も着てきてくれて…ありがたいね! それでは、自己紹介からお願いします!」

辻本先生「BOYS AND MENの赤色! 辻本達規です!!!」

小林先生「BOYS AND MENの黄緑色! 小林豊です!」

本田先生「テーマカラーはピンク色! 本田剛文です! よろしくお願いします!」

BOYS AND MEN、通称ボイメン先生! メンバーは全部で10人! 今日はその中から3人のメンバーが来てくれました!

とーやま校長「今日は、他のメンバーは何をされているんですか?」

本田先生「地元が名古屋なので、そっちでのお仕事をしていたりとか…」

小林先生「ドラマの撮影してたりね」

とーやま校長「だって、今めちゃくちゃお忙しいじゃないですか?」

辻本先生「ハイ!!」

小林先生「そこはイヤイヤ…って言うとこや(笑)」

とーやま校長「名古屋発のグループだと聞いてますけど、名古屋にいること少ないでしょ?」

小林先生「もちろん、今でも名古屋に住んでいるんですけど、ここ最近は全国ツアーがあったりとかで全国を駆け巡っていたので、家にいることは少なかったですね」

とーやま校長「僕、ボイメン先生がめちゃイケに出られていたのを見て!」

辻本先生「見ました〜〜!?」

とーやま校長「見ましたよ! 男性アイドルの皆さんが勢ぞろいしている番組で、僕はボイメン先生のことを存じてはいたんですけど、その時に初めて目の当たりしたんです。それで…悪い意味ではなくですよ? ”ボイメンってうるせーなぁ!”って思いました」

あしざわ教頭「校長先生、口が悪い!(笑)」

小林先生「狙い通りですね! めちゃイケでもうるさかったですけど、今日も確実にうるさいのを連れて来ました!」

辻本先生「暴れるぜ〜っ!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「暴れないでください!(笑)」

とーやま校長「暴れても、ラジオなんで分からないですよ?」

辻本先生「じゃあ、言霊で当たり散らかすぜぇ〜!」

あしざわ教頭「謎の言葉が飛び出しました(笑)」

小林先生「すみません、スウィングは強いんですけど、ミートカーソル小さめなんです(笑)」

とーやま校長「ちなみに、語尾はずっと”ぜぇ〜”なんですか? それだとスギちゃんにしか聞こえないんですけども(笑)」

辻本先生「確かに! ……ワイルドだぜぇ〜!

あしざわ教頭「なんで受け取っちゃったの!?」

とーやま校長「(そんなに大きな声を出して)大丈夫ですか? 今日はこれから2時間ありますよ!」

辻本先生「大丈夫です! 楽勝ですよ! 野球部なんで、声のスタミナがあるんですよ!」

小林先生「彼は、声の出しすぎで枯れているわけではなくて、つーじーは、もともとブス声なんです」

辻本先生「誰がブス声や! えーっと……ハスキーボイスや!」

あしざわ教頭「ちょっと迷われてましたけども(笑)」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!としては、ボイメン先生とは初めましてになるんですけど、この番組のことは知っていましたか?」

BOYS AND MEN先生「もちろんです!」

本田先生「僕、中学校のころめっちゃ聴いていて、中学3年生の時に受験勉強をしながら聴いてました! ちょうど、ガールズ LOCKS!が榮倉奈々さん、堀北真希さん、戸田恵梨香さん、新垣結衣さん、成海璃子さんだった時です!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長・あしざわ教頭「ええーーーッ!」

とーやま校長「そうなんだ〜! ありがとうございます! 辻本先生も聴いていてくれたんですか?」

辻本先生「僕ももう! たくさん!!!」

あしざわ教頭「聴いてないでしょ(笑)」

とーやま校長「聴いてないなら、聴いてないで、別にいいんですよ?」

辻本先生「岐阜なんで…」

あしざわ教頭「全国放送です(笑)」

とーやま校長「聴いてないですよね?」

辻本先生「……そうですね…。すみません!!!!

全員笑い

SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「さらに、今日はいらしていないですけど、メンバーの土田拓海先生が本日誕生日とのことで!」

小林先生「実は、僕たちさっきまでイベントをやっていてファンの方とお会いしていたんですけど、ファンの方から”今日、つっちー誕生日ですね!”って聞いて、初めて”今日か!”ってなりました(笑)」

とーやま校長「全然知らなかったんですか?(笑)」

小林先生「そうなんです! だからまだ『おめでとう』ムードになっていないんですよね」

とーやま校長「拓海先生がもしかしたら聴いてくれているかもしれないのでよければ…」

本田先生「でも、土田くんってボイメンの中でみんなにめちゃくちゃいじられている存在で、毎年『おめでとう』って言ってもらえないっていうキャラクターなんですよ」

とーやま校長「そうなんだ! じゃあいいや!

あしざわ教頭「校長がそっち側になるのおかしいだろ(笑)」

本田先生「時間もったいないんで、次行きましょう!」

とーやま校長「ちょっと、喋りすぎて時間がなくなってますので、まずは授業テーマいきましょう!」

ボイメン先生と送る本日の授業テーマは………

「日本全国! 帆を上げろ宣言!!!」

“自分の中で芽生えたばかりの夢や目標に向かいたいけど、一歩が踏み出せない!”
“諦めてしまったけど、本当はもう一度チャレンジしたいんです!”

そんな全国津々浦々の前に進めない生徒たちよ!!
そのウジウジした気持ちと決別するために、今夜ボイメン先生の前で力強く宣言! 帆を上げていこうじゃないか!

「滑舌が悪くて諦めたけど、やっぱり小さい頃からの夢、アナウンサーになります!!!!」
「今住んでるちっちゃい島から本島に渡って、めちゃくちゃキラキラした青春を送ります!!!」
「友達に絶対無理って言われたけど、芸能人級のあの人に告白します!!!」
「ずっと話せていない友達にちゃんと謝って、あの頃みたいに仲良くなる!!!!」


そんな君の宣言を学校掲示板もしくはメールで高らかに教えてほしい!!!
今夜はボイメン先生に君の宣言を後押しをしてもらうぞ!!!

もちろんボイメン先生へのメッセージも待ってるよー!!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「…ということで、ボイメン先生! 約6分押しでここまで来ていますが…」

本田先生「失礼いたしました!」

とーやま校長「いやいや! 最高さ!」

辻本先生「そうですよね!」

とーやま校長「もっと好き勝手喋ってください!」

辻本先生「ウオォォ! 船出だーーーーー!!!

SCHOOL OF LOCK!


小林先生「…すみません! 辻本さん、もう弾切れです!」

あしざわ教頭「早い!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


本田先生「”オオ〜”って溜め始めた時は、もうないなと思ってもらえれば(笑)」

とーやま校長「今日は小林先生、本田先生が保護者的な扱いなんですか?(笑)」

小林先生「いや〜、本当は僕たち(辻本先生の暴走を)見たくないんですよ! うるさいですもん!」

辻本先生「我が子の成長を見守ってよ〜!」

あしざわ教頭「我が子ではないですけど(笑)」

小林先生「本田は?」

本田先生「胃もたれし始めてます…(笑)」

小林先生「なんなら、この番組を一番愛しているのは本田なのに、ずっと辻本がうるさいから…」

本田先生「不安なのは、このダミ声で周波数変えられてないかが心配ですね(笑)」

辻本先生「そんなことあるかいな〜!」

そんなボイメン先生、8月2日に、ニューシングル『帆を上げろ!』のリリースが発表されました!

この『帆を上げろ!』は、7月から始まるドラマ「マジで航海してます。」の主題歌に決定しています!

とーやま校長「この曲は、我が校でもめちゃくちゃお世話になっている、いしわたり淳治先生が作詞を担当! さらに作曲はヒャダイン先生! すごい組み合わせじゃないですか?」

本田先生「そうなんですよ!」

小林先生「いしわたり淳治さんが作られた『愛をこめて花束を』とは全く違う世界観の、ノリノリアゲアゲソングを書いてくださったんです!」

とーやま校長「でも、ボイメンそのものの言葉と曲じゃないですか!」

小林先生「そうですね。そこにドラマの内容と合わせて、僕たち自身も船出だし、ドラマの中でも”船出だ!”という思いを込めて書いてくださいました!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ボイメンのみなさんは、すでに勢いがすごいじゃないですか?」

辻本先生「はい!」

本田先生「今の、”イヤイヤ…”ポイントだから」

辻本先生「そこか!」

小林先生「学んでください!(笑)」

とーやま校長「(笑) でも、その勢いをさらに2段階くらい押し上げる楽曲ですよね!」

小林先生「ヒャダインさんからは、『おもちゃ箱をひっくり返したような、音のアタックがいっぱいある楽しい曲に仕上げました!』って言ってくださったんで、聴けば楽しさがわかると思います!」

とーやま校長「本田先生的には、どういう新曲になりました?」

本田先生「僕らも7年間やってきて、最初の頃は稽古場もなかったり、どこで披露したらいいのか分からん曲の練習ばかりやっていた時期があったんです。
正直、先が見えなかったですけど、それでも”いける!”って信じ込んだやつだけがメンバーとして今でも残っていて。
今回の曲の歌詞に『根拠のない自信を信じる強さ』っていうフレーズがあるんですけど、これが(ボイメンに)ビタッとハマっているんです。夢の追いかける人には響く曲になっていると思うんですよね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「つーじー、これは来たんじゃない?」

辻本先生「名古屋のコロンブス! BOYS AND MENです!」 

あしざわ教頭「なんで改めて自己紹介したんですか?(笑)」

とーやま校長「今、カッコ良く決まってれば曲に入ったんですけど…」

辻本先生「そうなんですか! ……(曲が)かかってないですね!」

全員笑い

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「じゃあ、もう一言、カッコイイのちょうだい!」

辻本先生「塩水に負けるな! 己の手で切り開くんだ!」

小林先生「曲始まってま〜す(笑)」


♪ 帆を上げろ / BOYS AND MEN


あしざわ教頭「10人の声がそれぞれ入ってくるから、曲が生き物のように感じられるし、曲を聴いているだけで元気になる!」

BOYS AND MEN先生「嬉しい! ありがとうございます!!」


さぁ、ここからは今夜の授業! 「日本全国! 帆を上げろ宣言!!!」

とーやま校長「“夢や目標に向かいたいけど、一歩が踏み出せない!”という生徒や“諦めたことにもう一度チャレンジしたい!”という生徒に、今夜は宣言してもらおうと思う! ……もしもし!」

???「もしもし!」

とーやま校長「校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです! そして…」

辻本先生「BOYS AND MENの辻本です!」

小林先生「小林です!」

本田先生「本田です!」

劇団古本屋「北海道 17歳 劇団古本屋です!」

劇団古本屋 北海道 17歳 女性 高校3年生

とーやま校長「劇団古本屋! ごめんなんだけど、出身地をもう一回教えてもらってもいい?」

劇団古本屋「北海道です!」

♪<BGM BOYS AND MEN『HOKKAIDO 』>

とーやま校長「入ったーー! これは、ボイメン先生の楽曲『NAGOOOOOYA』の北海道 Ver.! なんと、全国あるんですよね?」

小林先生「そうです! 47パターン!」

とーやま校長「こちらの楽曲は配信されているんですか?」

小林先生「配信されてます!」

本田先生「これ、今までのレコーディングで一番大変でした!」

とーやま校長「でしょうね!(笑)」

辻本先生「語呂が合わない、合わない!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「それじゃあ、まずは劇団古本屋の宣言を聞かせて欲しいんだけど、ここはボイメン先生から聞き出して欲しいので、お願いしてもいいですか?」

辻本先生「任せてください!! ……劇団古本屋!」

BOYS AND MEN先生「帆を上げろ!!!」

劇団古本屋「今まで何度も話しかけようと思ったけど、諦めてた人に自分から話しかける!」

とーやま校長「話しかけてみたい相手がいるんだね? それはどんな人?」

劇団古本屋「帰りの電車を毎回同じ場所で乗る人なんですけど、同じ学校で、同じ学年の男の子なんです」

RN 劇団古本屋が話しかけたいと思った男の子とは、今年から同じ電車に乗るようになったのだそう!

とーやま校長「なんで話しかけたいって思ったの?」

劇団古本屋「最初に見た時から、なぜか”仲良くなりたいなぁ”って思って」

とーやま校長「直感みたいなものがあったんだね」

あしざわ教頭「それは、恋愛的な感じではないってこと?」

劇団古本屋「そうなんです。一目惚れとかするタイプではないので、ただただ仲良くなりたいっていう感情なんです」

しかし、 RN 劇団古本屋はとっても人見知り!
その子とはクラスが離れているので、学校で会うよりはホームの方が頻繁に会うのだとか!

とーやま校長「じゃあ、話しかけるのなら駅のホームなんだね。ボイメン先生は、こんな経験ありますか?」

辻本先生「俺は、ずっと自転車で通っていたんで、そういうのがないんです」

あしざわ教頭「まさかの!(笑)」

とーやま校長「小林先生はこういう時、自分ならどうしますか?」

小林先生「僕は、どうにか頑張って話しかけるかもしれないです!

SCHOOL OF LOCK!


本田先生「結構、いけるタイプだよね」

小林先生「人見知りっちゃ人見知りなんですけど、”人生一度きりやん!”って頑張って思うタイプです! なんなら、ポッケにアメを仕込んだりとかして頑張ります!」

あしざわ教頭「それは、何用のアメなんですか?(笑)」

小林先生「アメ食べる? って…(笑)」

辻本先生「大阪のおばちゃんやん!」

とーやま校長「本田先生は、同じ状況になった時どうされますか?」

本田先生「高校の頃、あまり友達がいなくて、高校を卒業してからボイメンに入ったんですけど、体育会系の辻本や、天真爛漫な小林がいて、住む世界が違うから”仲良くならなきゃ!”とは思ったんです。でも、全然声をかけられなかったですよ。
ただ、今はこんな感じなんですけど、無理していたわけじゃないんです。やっぱり同じ目標があったから、自然と仲良くなったと思うんです。だから、共通の話題っていうのがあると全然違うと思うんです!」

とーやま校長「何か、そういう話題はある?」

劇団古本屋「実は来週、体育大会があるんですけど、その人と出る種目が同じになったんです!」

本田先生「ワーーーー!!!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「まさにじゃん!」

劇団古本屋「間に人が入ってはしまうんですけど、障害物競走で同じグループになったんです」

とーやま校長「本田先生、これは絶好のチャンスじゃないですか?」

本田先生「絶好のチャンスですね! 逆に、体育大会が終わっちゃうと言いづらいんじゃないですか?」

劇団古本屋「そうですよね…」

小林先生「良い案思いつきました! 障害物リレーってチームで走るから、”せっかくだから、チームで写真を撮ろう!”って言うんです。
それなら、いきなり1対1で喋らずにみんなで喋れるじゃないですか。みんなで喋った後は写真を撮って、その写真を現像して渡すんですよ!」

とーやま校長「現像?(笑)」

本田先生「LINE交換する口実かと思ったんですけど(笑)」

辻本先生「LINEの方が良いんじゃない?(笑)」

小林先生「LINEでもいいんだけど、現像して渡されたら、なんて素敵な女子なんだ! って思うじゃないですか。女子力、女子力!」

本田先生「2人の間に障害物はないですよ!」

とーやま校長「おお! 本田先生の帆が上がりましたね!」

辻本先生「どうですか!?」

あしざわ教頭「辻本先生が”どうですか?”っていうのはおかしいですけどね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「素晴らしいです! それじゃあ、劇団古本屋! ボイメン先生からたくさんヒントをもらったと思うけど、それを踏まえてもう一度お前の宣言を聞かせてくれ!」

劇団古本屋「今まで何度も話しかけようと思ったけど、諦めてた人に自分から話しかけます!」

辻本先生「絶対にいける! いけるぞーーーー!!!」

劇団古本屋「ありがとうございます!!」


授業の後半になっても、ボイメン先生(特に辻本先生)は元気満タン!


ボイメン先生〜!
私は宮城からボイメン先生を応援してます!
しかも私と母親の親子で応援してます!!宮城では、なかなかボイメン先生をテレビで見る機会が少ないのですが、本当にボイメン先生は面白くて最高です!
これからも応援してます(*^^*)
らくぽむ
女性/15歳/宮城県
2017-06-15 14:52


とーやま校長「宮城もこの間のツアーで行かれたと思いますけど、ボイメン先生は、昨日も愛知でニューシングル『帆を上げろ!』のリリースイベントがあったんですよね? これは色んなところでやっているんですか?」

小林先生「そうですね! 今日も東京の新宿でやらせてもらいました!」

とーやま校長「さらに、今週末は福岡、大分、愛知など…。全国各地いろんなところを回られていますけど、これはリリース日まで回られるんですか?」

小林先生「8月2日の発売に合わせて全国に行って、2日もリリースイベントがあったりします」

まだ発表されてないところは、これから随時発表していくらしいので、詳細は公式サイトから確認してみてほしい!

さらに、6月29日木曜日には、
今週月曜日に、この学校に来てくれた、DISH//先生との2マンライブ!

HMV presents『DISH//やる気マンマン2マン TOUR- BOYSだらけのMAINDISH-』が開催! 会場はZepp Nagoya!

とーやま校長「DISH//先生とは交流はあるんですか?」

本田先生「時々、ご一緒させていただいていますね」

とーやま校長「本田先生にとって、DISH//ってどんな存在ですか?」

本田先生「僕らよりも曲とかが周知されるのが早かったので、最初は”センパイ!”って気持ちだったんですけど、今回は2マンなので”やり合わないかんな!”と思っているんですよ!

とーやま校長「なるほど、やってやるぞ、と! 小林先生はどうですか?」

小林先生「僕は、(DISH//先生と)ご一緒することが何度かあって、その時に向こうから”ファンです!”って言ってくださったんです! すごい嬉しくて、そこから親近感が湧きましたね」

とーやま校長「つーじーは……別にいいか!」

SCHOOL OF LOCK!


辻本先生「聞いてよ〜〜〜〜〜!!」

とーやま校長「聞きます! つーじーの好きな食べ物はなんですか?」

辻本先生「……お肉!!

とーやま校長「スタミナつけなきゃいけないもんね!」

辻本先生「いや、何を聞いているんですか(笑)」

そして、9月17日(日) には「氣志團万博2017」にも出演!

なんと、この日の出演は、氣志團,ゴールデンボンバー,米米CLUB,水曜日のカンパネラ,SCANDAL,
BLUE ENCOUNT,BOYS AND MEN,MIYAVI,レイザーラモンRG(OPENING CEREMONY ACT),
WANIMA、岡崎体育,C&K,ユニコーン,UNISON SQUARE GARDEN…!

とーやま校長「9月17日の出演者、激アツじゃないですか?」

SCHOOL OF LOCK!


辻本先生「今からめちゃくちゃ気合い入ってます! 僕ら、氣志團さんには曲も作っていただいているので、その曲を提げて氣志團万博に出られるのが嬉しいですね。氣志團さんよりも熱いライブをやってやりますよ!」

とーやま校長「こっちが食ってやる、ぐらいの気合でね!」

小林先生「曲を作ってくださった大先輩なんですけど、”(自分たちを食うくらいの勢いで)ライブをやってくれ!”って、氣志團の皆さんが言ってくださっているので、僕たちは弟分としてガツンと殴り込みに行こうかなと思っています!」

とーやま校長「素敵な報告を待っています!」

SCHOOL OF LOCK!


ここからは再び、BOYS AND MEN先生と一緒に授業を行っていきます!

ボイメン先生は2010年に名古屋で結成。
歌やダンス、芝居などは未経験から始められて、最初は練習場所も確保できず、稽古は屋外。

そこから数々のイベントに出演し、メジャーデビューを掴み、2016年、第58回日本レコード大賞 新人賞を受賞!
2017年には武道館でのライブ。さらには日本全国47都道府県ツアー。名古屋から始まったボイメンは、今や完全に全国区です!

とーやま校長「そんなBOYS AND MEN先生と送る、今夜の授業テーマは……!」
「日本全国! 帆を上げろ宣言!!!」
続いて逆電した生徒は……

PINKのイチゴ 東京都 15歳 女性 中学3年生

とーやま校長「それでは、ボイメン先生からPINKのイチゴの宣言を聞き出してもらっていいですか?」

辻本先生「OKです!!! PINKのイチゴ……」

BOYS AND MEN先生「帆を上げろっ!!!」

PINKのイチゴ「周囲に期待されて不安ばかりだけど、プレッシャーに打ち勝ちます!」

とーやま校長「ということは、今はかなりヒリヒリしている状態だってことだね?」

PINKのイチゴ「そうですね」

RN PINKのイチゴは、中学1年生からバレーボールをやっているのだが、今週末に中学最後の夏の大会が始まるのだそう!

PINKのイチゴ「中1の時から目標にしていた都大会出場という夢をチームメイトのみんなと果たしたくて、頑張ってます!」

とーやま校長「そんな中、プレッシャーを感じることがあるか?」

PINKのイチゴ「そうなんです。実は、前回の春の大会の直前に右足首を怪我してしまって、急遽出られなくなってしまったんです」

仲間にたくさんの迷惑をかけたけれど、なんとか怪我から復帰して、今は自主練などで調子を戻している状態なのだとか。

PINKのイチゴ「その中で、仲間とか顧問の先生から”お前次第だからな”とか、”今度は怪我せずに、一生懸命頑張って都大会行こうね!”とか励ましの声をもらったんです」

普段は「私がみんなを都大会に連れて行くんだ!」という気持ちで頑張っていたRN PINKのイチゴ!
しかし、仲間や顧問の先生からの言葉が、返って重圧になってしまっているのだそう。

PINKのイチゴ「こんなにプレッシャーを感じるのが今までの人生で初めてなので、不安があります…」

とーやま校長「周りのみんなも、PINKのイチゴだからこそ、言ってくれているところもあると思うんですけど、本田先生はどう思われますか?」

本田先生「気持ちは分からなくもないです! でも、自分の背中って見えないじゃないですか。きっと、PINKのイチゴの背中は期待するに足る背中だから言ってくれていると思うんです。
”僕ら、名古屋でやっています!”って言うと、”そうなんだ〜”って感じで侮られてきた7年間だったので、そう言う意味では期待されないっていう辛さもあるんですよ。PINKのイチゴは今、ギアを入れたら加速できる時だと思うんです!」

あしざわ教頭「なるほど!」

とーやま校長「確かに! なんとも思っていない人には声はかけないですしね」

辻本先生「その通りだと思います! 一番プレッシャーがかかって自分が押しつぶされそうな時って、その壁を越えたらもう1段階上に行けると思うんで、
今はこのプレッシャーと戦って、しっかり真正面からぶつかって、打ち勝って欲しいと思います!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ちょっと、これは気合が入ったんじゃないか?」

PINKのイチゴ「そうですね。でも、やっぱり春の大会に出られなかったこととか、都大会に行ける最後のチャンスっていうこともあって、自分の力が最大限発揮できるか? っていうのが不安な点です」

とーやま校長「この、崖っぷちの状態って、ボイメン先生も今までの活動の中で感じたりしたことはありますか?」

小林先生「崖っぷちか〜」

辻本先生「常に崖っぷちだったよね!」

とーやま校長「ここがダメだったら、全部ダメになるって気持ちで、いつも挑んでいるんですか?」

本田先生「気持ち的にはそうですね」

あしざわ教頭「そのプレッシャーに打ち勝つ、自分たちなりの方法とかってあったりするんですか?」

辻本先生「僕らはチームでやっているんで、どんなライブでも円陣を組んで、みんなで心を揃えて一枚岩で戦って行くっていうスタイルでやってきましたね。
PINKのイチゴもプレッシャーがあるとは思うけど、一人で背負いこみすぎずに全員で勝ち取るんだって気持ちでやれば、一人じゃないぞっていう安心感が生まれるんじゃないかな

とーやま校長「そうだね! だって、PINKのイチゴの周りにはレギュラーメンバーがいて、ベンチのメンバ〜がいて、後輩もいて……。
プレッシャーをみんなで分かち合って、みんなで持てば、より結束も強くなるよね! PINKのイチゴ、どうだ?」

PINKのイチゴ「なんか、いけそうです!!」

あしざわ教頭「今、いける感じになったよね!」

とーやま校長「ボイメン先生も今までそうやってやってきているわけですからね」

小林先生「さっきの力強い言葉を聞いていたら、絶対にいける! って思ったんで、良い報告を待ちたいです!」

とーやま校長「じゃあ、今ボイメン先生からもらった気持ちを込めて、改めて帆を上げてみない?」

PINKのイチゴ「はい! プレッシャーに打ち勝って、絶対に仲間とともに都大会出場を果たします!!

とーやま校長・あしざわ教頭「ヨッシャーーーッ!」

BOYS AND MEN先生「頑張れーーー!!!!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 帆を上げろ / BOYS AND MEN


とーやま校長「時間の限り……もしもし!」

ラッキーflowerセヴン 広島県 15歳 男性 高校1年生

ラッキーflowerセヴン「もしもし」

RN ラッキーflowerセヴンの「宣言」とは……。

ラッキーflowerセヴン「今まで育ててくれた親を裏切ることになるかもしれませんが、歌手になりたいという夢を貫き通したいと思います!」

とーやま校長「歌手になりたいっていうのは、まさにボイメン先生と一緒だよね。ラッキーflowerセヴンは、どうして歌手になりたいって思ったの?」

ラッキーflowerセヴン「僕は、歌うことも聴くことも好きだったんですけど、歌手になりたいって思ったことは一度もなかったんです」

しかし、ある時YouTubeでE-girls・鷲尾伶菜さんのオーディションの動画を見ていた時に、鷲尾さんが言った一言がRN ラッキーflowerセヴンの胸に刺さったのだそう。

ラッキーflowerセヴン「『高校中退していろんな人に迷惑かけましたけど、ここまで来ました』って言葉を聞いた瞬間、ただただカッコイイな! って思ったんです!」

とーやま校長「これだ! って思ったんだ」

ラッキーflowerセヴン「高校を中退するって結構すごいことじゃないですか? 自分にはそんな勇気ないですし、こんな人になりたいって思って、心の底から憧れました」

とーやま校長「だけど、親を裏切ることになるかも…って言っていたのはどういうこと?」

ラッキーflowerセヴン「今、工業高校に通わせてもらっているんですけど、そこが私立で学費も高いんです」

とーやま校長「親に助けてもらっている状態だから、歌手の夢を言うと反対されるかもしれないって思っているんだね。まぁ、保証もない世界だからね。じゃあ、親にはまだ言えてないんだ?」

ラッキーflowerセヴン「全く言えてないです」

とーやま校長「ボイメンのみなさんは、若い頃なんかはいかがでしたか?」

小林先生「僕も、全く同じようなことがあって、僕はもともとパティシエを目指していたんです。なので、製菓の学校に通っていて、学費とかもめちゃくちゃ高くて、親に勉強させてもらったんですけど、結局、この道にいるんですよね。
最初はすごく反対されたんです。でも、俺は絶対に夢を叶えるから! って言って地元を離れたんです。
だから、勇気も必要だし、勇気を出すからには結果を出すための努力はもっと必要だなって思いましたね

とーやま校長「気持ちが本気だったら、受け止めてくれるのが親だと思うんです」

小林先生「そう思います!」

本田先生「僕は、高校卒業とともにボイメンに入ったんですけど、実家が江戸時代から続く料理屋さんで、両親はそこを継ぐものだと思っていたんですよ。
ただ、高校3年生の冬にBOYS AND MENのステージを見て、同年代の男の子が頑張ってる、って感化されて、”歌手になりたい”って両親に伝えたんです。
最初は、”そんな仕事じゃ飯食っていけないぞ”って言われたんですけど、最終的に僕が折れなかったので、”納得させてみろ”という感じで許してくれたんです」

SCHOOL OF LOCK!


本田先生「そしたらある日、両親が2人揃ってステージを観に来てくれた日があったんです。でも、それは僕らが売れてきたとかではなくて、どこかで両親が認めてくれたポイントがあったみたいで。
親っていうのは子供の姿勢を見ていてくれると思うんです。子供が頑張っているのを無下にはしないって信じているからこそ、親と話し合う勇気は必要だと思います!」

とーやま校長「いつかは、ラッキーflowerセヴンも親に言わないといけないんだろうけど、その時までに今の気持ちをもっと大きくしてぶつかっていけば、きっとわかってくれると思うな」

ラッキーflowerセヴン「そうですね!」

とーやま校長「それじゃあ、辻本先生! このまま黒板をお願いしてもいいですか!」

辻本先生「任せてください!」

SCHOOL OF LOCK!


『 夢は叶う! 』

辻本先生「僕らの合言葉で、『夢は諦めなければ必ず叶う』って言葉があるんです。
この言葉をずっと信じてやってきたんですけど、ただの素人の僕たちも、毎日を信じ続けて諦めずに頑張れば、少しづつ形になっていくっていうのが証明できたので、
自分の信念を親だけじゃなく、全国の皆さんに届けて欲しいなと思います!」

とーやま校長「よし、ラッキーflowerセヴン! 改めて、お前の宣言を聞かせてくれ!!」

ラッキーflowerセヴン「自分の夢のために、人生をかけて歌手になりたいと思います!」

全員「ヨッシャーーーーーーーッ!!!!」

とーやま校長「素敵な宣言をありがとう! 帆が上がった瞬間が見えましたよ!」

SCHOOL OF LOCK!


BOYS AND MEN 先生! 今日はありがとうございました!
また遊びに来て下さい!


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

RN ふわふわ女子目指し隊


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN 舞々子



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
劇団古本屋 北海道 17歳 女性
PINKのイチゴ 東京都 15歳 女性
ラッキーflowerセヴン 広島県 15歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
ミライア 山形県 17歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:04 NAGOOOOOYA / BOYS AND MEN
22:31 LOSER 〜希望と未来に無縁のカタルシス〜 / LiSA
22:40 帆を上げろ! / BOYS AND MEN
23:14 夜空ノムコウ(カラオケ) / 山口一郎
23:17 今夜はブギー・バック(nice vocal)(カラオケ) / 山口一郎
23:21 新宝島(カラオケ) / 山口一郎
23:44 帆を上げろ! / BOYS AND MEN
23:52 One For All, All For One ~夢は叶えるもの~ / BOYS AND MEN

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

あれ、なんか、すごい体力持ってかれた気がする・・・。
つ、辻本先生・・・。
ボイメン先生また来て下さい!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

次回10人できたらまわせる自信がありません・・・
それぐらい3人のパワーがすごかったー!!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 ミッション 』

今週のSCHOOL OF LOCK!は、
我が校的に"初めまして!"となる講師を迎えてのスペシャル授業を毎日お届け!

あしざわ教頭「月曜日は、DISH//先生、昨日火曜日は天月と96猫先生、そして今日は僕にとって初めましてとなる
MAN WITH A MISSIONからジャン・ケン・ジョニー先生が来校します!

とーやま校長「ジャン・ケン・ジョニー先生はこのあと登場してくれる訳なんだけども、今日はマンウィズ先生が久々の来校とあって『はじめましての生徒』に向けてMAN WITH A MISSIONのリクエストを既に受け付けている!」

あしざわ教頭「もちろん、今からでも間に合います! 今日は時間の許す限り、みんなのリクエストに応えて行きたいと思います」

キミが好きなマンウィズの曲、他の生徒に是非聴いてほしいと思うマンウィズの楽曲を学校掲示板に今すぐ書き込んで下さい!

とーやま校長「さらに! 今日はMAN WITH A MISSIONのジャン・ケン・ジョニー先生が生徒のオマエ達に様々なミッションを与えにやってくるらしい!」

ジャン・ケン・ジョニー先生は、今まさに我が校に向かっている最中という事なんだが、
もうすでに「ミッション一覧」と書いた紙がこの生放送教室に準備されています!

あしざわ教頭「ちょっと意味がわからないミッションもいくつかありますけど…(笑) この中からどんなミッションが出されるのかは、ジャン・ケン・ジョニー先生の気分次第!
さらに、ミッションをクリアした生徒にはMAN WITH A MISSION先生から素敵なプレゼントもあるそうです!」

とーやま校長「みんな、最後まで出席するように!」


今日の1曲目は、岩手県 16歳 RN 田舎の狼のリクエストからスタート!


マンウィズのリクエスト曲!
私がリクエストしたい曲はEmotionsです!
私はいつも部活の試合前や何かしらの大会などがあると気合い入れるために音楽を聴くのですが、私はよくMANWITHAMISSIONの曲を聴きます
このEmotionsという曲の好きなところは始まりからしてかっこいいし最後にさしかかる歌詞で「目を閉じ心の声を叫ぶ」というところが好きです!!ぜひこの曲をオススメしますし、この曲を流してほしいです!!
田舎の狼
女性/16歳/岩手県
2017-06-14 17:16




♪ Emotions / MAN WITH A MISSION


とーやま校長「始まった感があるね!」


マンウィズリクエスト
聞いてほしい曲は、emotionです!
私がはまったきっかけの曲で、出だしから既にかっこいい曲です。テンションを上げたい時は、必ず聞いています!ほかの曲もおすすめですが、みなさんに聞いてほしい…(笑)
しららっ子
女性/19歳/熊本県
2017-06-14 12:24


とーやま校長「これ、掲示板にリクエストしたら流れるよ!」

あしざわ教頭「みんな、書き込めーーー!!」

他にも、新潟県 18歳 RN SOLは自分のすべてや、秋田県 18歳 RN GreenManも、『Emotions』のリクエストをしてくれました! ありがとう!!

とーやま校長「さぁ、今日はMAN WITH A MISSION先生の久々の来校を記念して、生徒の皆からマンウィズリクエストを募集しているんだけど…!」

あしざわ教頭「校長先生! リクエストバンバン来ている様なのでどんどん行きましょう!」

SCHOOL OF LOCK!


続いては、広島県 16歳 RN むかからのリクエスト!


♪ higher / MAN WITH A MISSION



マンウィズリクエスト!
自分はhigherという曲が大好きです!!最初の出だしが流れた時からもうテンション上がりまくりでめちゃめちゃカッコイイです!!是非是非流してくださいーー!!
むか
女性/16歳/広島県
2017-06-14 17:39


とーやま校長「まさに今、流しているさ〜!」

他にも、埼玉県 17歳 RN コロチや、神奈川県 17歳 RN まさタイガーも、『higher』のリクエストをしてくれました! ありがとう!!

あしざわ教頭「まだまだ届いてますよー!」

とーやま校長「いっちゃおう!!」

続いては、愛知県 19歳 RN シャクレ狼推しのちかこからのリクエスト!


MAN WITH A MISSION リクエスト曲
リクエスト曲は「ワンダーランド」です!
綺麗な歌詞が心にグッと響いて泣きそうになる反面、これからも頑張ろうと自分を強く奮い立たせてくれる曲で、個人的に何度も助けられた、思い出がたくさん詰まった大好きで大切な曲だからです。
狼大全集垢任蓮▲凜Д世気鵑肇献礇鵐吋鵑舛磴鵑涼討語りが聴けたのがとっても新鮮で、感動しましたし、ますますMAN WITH A MISSIONが好きになりました!!!
ジャンケンちゃん大好きです。
シャクレ狼推しのちかこ
女性/19歳/愛知県
2017-06-14 17:56




♪ ワンダーランド / MAN WITH A MISSION


とーやま校長「まだいけるね! どんどんかけちゃおう!」

あしざわ教頭「ライブハウスじゃーー!!」


♪ FLY AGAIN / MAN WITH A MISSION


とーやま校長「ジャン・ケン・ジョニー先生が空を飛んできているね! 教頭も踊っちゃうよね!」

あしざわ教頭「FLY AGAIN! 楽しいーーーーーっ!!

SCHOOL OF LOCK!


『FLY AGAIN』は、大阪府 16歳 RN hollyや、愛知県 16歳 RN 愛知のしゅんの他、たくさんの生徒がリクエストしてくれました! ありがとう!!


そして、生徒からのリクエスト曲たくさんかけたところで……
生放送教室にはMAN WITH A MISSIONのジャン・ケン・ジョニー先生が登場ーーーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


ジョニー先生「MAN WITH A MISSIONノジャン・ケン・ジョニーデス! オ待タセシテ申シ訳ナイデス!」

とーやま校長「いえいえ! ジャン・ケン・ジョニー先生が駆けつけてきている間に、生徒のみんなが聴きたいマンウィズの曲を4曲ほどかけさせていただきました!」

ジョニー先生「恐縮デゴザイマス! ソレニシテモ、久シブリデスネ!」

なんと、マンウィズ先生は、SCHOOL OF LOCK!には約4年ぶりの来校!
MAN WITH A MISSION先生初来校の時の放送後記は<コチラ>!

とーやま校長「元気にされてましたか?」

ジョニー先生「オカゲサマデ元気ニシテマシタ! 元気ニシテタ…ハズデスネ!」

とーやま校長「改めて会うと、めちゃめちゃ目が怖いですね!」

ジョニー先生「目ヂカラハ、アル方ダト言ワレマスネ(笑)」

あしざわ教頭「声は軽やかな感じなんですけどね(笑)」

とーやま校長「久しぶりの来校という事もあって、色々聞きたい事はあるんですけど、もう我が校の生徒達が今か今かと、待ってますので今夜の授業に参りましょう!」

という事で今夜の授業は……!

「〇〇 WITH A MISSION!!」

今日はMAN WITH A MISSIONのジャン・ケン・ジョニー先生から、この生放送教室で生徒のお前達に様々なミッションを与えてもらう!

とーやま校長「ジョニー先生、もうミッションの準備はいかがですか?」

ジョニー先生「大丈夫デス!」

とーやま校長「ジャン・ケン・ジョニー先生から与えられたミッションを見事クリアできた生徒には、電話をつないで詳しく話を聞いて行きたいと思う!」

さらに、今夜はミッションを達成して話を聞かせてくれた生徒にプレゼントを持ってきていただきました!

今日、ミッションを達成した生徒には……MAN WITH A MISSIONのポスターをプレゼント!!!

こんな素敵なプレゼントも貰えるって事で、生徒の皆には、是非ともミッションクリア目指して頑張って欲しい!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「という事で、ジョニー先生! まず最初のミッションの発表をお願いします!」

ジョニー先生掲示板 WITH A MISSION!!!

この「掲示板 WITH A MISSION」というのはSCHOOL OF LOCK!のWEBサイトの中にある掲示板の中から、「どこか」の掲示板にジャン・ケン・ジョニー先生が自ら書き込みをしてくれています!

その書き込みを見つけ出して、書き込みに対してレスをつけるというミッションです!

とーやま校長「1番早くレスをしてくれた生徒に電話をつなぎたいと思う! …って事で、掲示板 WITH A MISSION! スタート!!


♪ When My Devil Rises / MAN WITH A MISSION


『When My Devil Rises』は、広島県 14歳 RN 煙草くゆらす王と狼再び 他、たくさんの生徒がリクエストしてくれました! ありがとう!!

<ワオーーーーン!!>

とーやま校長「狼が鳴いたってことは、もうレスがついたってこと!?」

あしざわ教頭「もう!? 早くない!?」

とーやま校長「ちなみに、『When My Devil Rises』をリクエストしてくれた煙草くゆらす王と狼再びは、福岡のツアーに参戦しているらしくて、人生初のライブがマンウィズ先生のライブだったみたいです!」

ジョニー先生「マジデスカ! アリガトウゴザイマス! 嬉シイナ〜!」

とーやま校長「そして、今の段階でジョニー先生の書き込みに対して10人以上の生徒がレスをくれているんだけど、1番の生徒は『掲示板 WITH A MISSION』がスタートしてから1分もしないうちにレスをくれているんです」

あしざわ教頭「出待ちしてたかのような速さで!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


ジョニー先生「絶対ニヘビーユーザーデスネ!(笑)」

あしざわ教頭「本当に分刻みですもんね」

とーやま校長「では逆電してみましょうか! …もしもし?」


モリモ 富山県 17歳 男性


モリモ「もしもし!」

とーやま校長「モリモ、今どういう状況か、わかってる?」

モリモ「いや、ビックリしてます…!」

とーやま校長「モリモがジョニー先生の書き込みを見つけたのはどこの掲示板?」

モリモ「ラップ掲示板です!」

とーやま校長「ラップ掲示板に書き込まれたジョニー先生の書き込みに、モリモはレスをくれたんだよね! ただ……本当に申し訳ないんだけど、お前は2番目だったんだよね…」

モリモ「(笑)」

とーやま校長「ジョニー先生、ポスタープレゼントは1番のやつっていう約束じゃないですか? だから、モリモには何もナシってことで…」

あしざわ教頭「ええっ!?(笑)」

ジョニー先生「ドンナ心情デソンナコトガ言エルンデスカ(笑)」

とーやま校長「俺も心苦しさでいっぱいですよ!」

ジョニー先生「確カニ、1番ノ生徒ニ…ッテ約束デスケド、モリモクンニモ何カ、ネ?」

とーやま校長「えっ! じゃあ、ジョニー先生がこう言ってくれているんで、モリモには教頭先生の半裸のポスターをプレゼントします!」

あしざわ教頭「誰もいらないよ!」

とーやま校長「ダメ? それじゃあ、ジョニー先生からモリモに何か…」

ジョニー先生「ジャア……僕ノピックヲ差シ上ゲマス!

あしざわ教頭「これは嬉しいぞ!」

ジョニー先生「使ッテイタヤツニ、サインシテ送リマス!」

とーやま校長「マジっすか!! モリモ! 特例も特例だぞ!」

SCHOOL OF LOCK!


実は、RN モリモに電話したのは、1番にレスをくれた生徒に逆電をしようとしたのだが、繋がらなかったため、つなぎで電話をさせてもらったのだ!

とーやま校長「申し訳なさを込めて、ピックをプレゼントする! 今日、ピックをもらえるのはお前だけだからな!」

モリモ「やったー!」

とーやま校長「届くのを楽しみに待っててくれ! この後もミッションあるし、モリモが1位になる可能性もまだあるからね」

ジョニー先生「ソノスピード感デ頑張ッテクレ!」

モリモ「はい! ありがとうございます!」

とーやま校長「つなぎに使ってスマンな〜!」

そして、一番に書き込んでくれた生徒にも逆電をしよう! ということになったけれど、逆電がなかなか繋がらないようなので、続いてのミッションを募集することに!

SCHOOL OF LOCK!


続いてのミッションは……

ジョニー先生「自慢 WITH A MISSION!」

とーやま校長「教頭! このミッションの説明をしてくれ!」

あしざわ教頭「はい! この『自慢 WITH A MISSION』は、マンウィズ先生のリクエスト楽曲が流れている間に学校掲示板に『自慢話』を書き込んでもらうというミッションです!」
  
とーやま校長「制限時間内に書き込まれた自慢話の中から、これだ! という生徒に電話をつなぎたいと思う! って事で『自慢 WITH A MISSION』スタート!」


♪ Seven Deadly Sins / MAN WITH A MISSION


『Seven Deadly Sins』は、東京都 14歳 RN ナンバー7! 他、たくさんの生徒がリクエストしてくれました! ありがとう!!


<ワオーーーーン!!>

とーやま校長「来た! それじゃあ、自慢話を書き込んでくれた生徒に電話かけてみよう! もしもし!」

SCHOOL OF LOCK!


インフルエンサーズ 熊本県 18歳 男性

インフルエンサーズ「もしもし!」

とーやま校長「早速だけど、自慢話を教えてもらってもいいかな?」

インフルエンサーズ「高校の時に先生に怒られている時にオナラをしてしまって、さらに怒られました!」

とーやま校長・あしざわ教頭・ジョニー先生「(笑)」

ジョニー先生「コレハ、自慢ナノ?(笑)」

とーやま校長「ジョニー先生、いかがですか?」

ジョニー先生「今、ドンナ気分カ聞キタイデス(笑) ソノ話ハ、君ニトッテ自慢ナノカ?」

インフルエンサーズ「自慢です!」

ジョニー先生「(笑) 大爆笑ヲ取レタカラ、ッテコト?」

インフルエンサーズ「そうですね。珍しいことですし…」

とーやま校長「生理現象とはいえ、みんなの注目の的になれたと!」

ジョニー先生「ナルホド! コレハ立派ナ自慢デスネ。今、説明サレテ自分ノ心ガ汚レテイルコトニ気ガツキマシタ」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「ということは…?」

ジョニー先生「OKデス!」

インフルエンサーズ「ありがとうございます!」

RN インフルエンサーズ、おめでとう! MAN WITH A MISSIONのポスターをプレゼントするから待っててね!


そして、MAN WITH A MISSION先生は、本日6月14日にDVDとBlu-rayによる映像作品集「狼大全集V」を発売されました!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長・あしざわ教頭「おめでとうございます!」

ジョニー先生「アリガトウゴザイマス!」

とーやま校長「じゃあ、今日はお忙しかったんじゃないですか?」

ジョニー先生「チョウド、コノ直前ニAbemaTVデ特別ナ番組ヲヤラセテイタダイタンデスケド、過去ノ作品ノ場所ニ狼ガ行ッタリシテ、ソコデゲームヤミッションヲヤッテイク、トイウノヲヤラセテイタダキマシタ!」

とーやま校長「そちらでもミッション尽くしで、SCHOOL OF LOCK!でも生徒に課してくれるということで、ありがとうございます!」

ジョニー先生「イヤイヤ、コチラコソアリガトウゴザイマス!」

映像作品集「狼大全集V」には、昨年行った全国32公演のツアーの中からマンウィズ史上、東海地区最大キャパとなったポートメッセなごやでのLIVEを収録!

さらに「狼大全集機廾瞥茲箸覆MV集や、ドキュメンタリーも収録されています!

ジョニー先生「ドキュメンタリータッチデ、昨年行ッタツアーノ全体ノ流レヲ、客観的ニ映シタ作品ニナッテイマス。僕ラノ裏ノ部分モ垣間見セテイルノデ、色々ト見テ欲シイナト思イマス!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ツアーを観に行ったってやつも、行けなかったってやつも、ぜひチェックしてみてほしい!」

そんなジャン・ケン・ジョニー先生をお送りする今夜の授業は…「〇〇 WITH A MISSION!」

とーやま校長「今日はジョニー先生に様々なミッションを出してもらっているんだけど、
22時台に出してくれた『掲示板 WITH A MISSION』では、ジョニー先生がラップ掲示板に実際に書き込みをしてくれているんだよね!」

ジャン・ケン・ジョニー先生が、ラップ掲示板に書き込んでくれた書き込みはコチラ!


ジャン・ケン・ジョニー
積水ハイムデカマスライム
ジャン・ケン・ジョニー
男性/0歳/東京都
2017-06-14 22:32


とーやま校長「これは、オリジナルのフレーズなんですか?(笑)」

ジョニー先生「ソウデス! 最近、謎ノラップヲ作ルノニ凝ッテイマシテ。『積水ハイムデカマスライム』トイウ書キ込ミニ対シテ、レスデフッカケテ欲シカッタンデスヨネ」

とーやま校長「そういうことか!」

あしざわ教頭「そういうミッションもあったんですね!」

ジョニー先生「一応、自分ノ中デ正解ハアッタンデスケドネ」

とーやま校長「それって、教えていただくことは出来ますか?」

ジョニー先生「イイデスヨ。……OH YEAH 積水ハイムデカマスライム マジデ俺タイム 敵ハ皆無 言葉ノパントマイム 不動産業界上等 奴ラノ家賃ハタダタダ上昇 OH NO!!

とーやま校長「当たるわけないですよね(笑) でも、そんな感じのラップを日々生み出されているんですか?」

ジョニー先生「「ソウデス。セキスイハイムノ会社員ガ不動産業界ニブチマケテイル不満ヲ想像シナガラ作リマシタ」

あしざわ教頭「どこに想像力を働かせているんですか(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


ここで、22時台に出したミッション「掲示板 WITH A MISSION!」で1番にレスをくれたけど、逆電が出られなかった生徒、福岡県 19歳 RN KAZuにも、マンウィズ先生のポスターをプレゼントすることに!

RN KAZu、おめでとう! 楽しみに待っててね!

あしざわ教頭「では、ジョニー先生! 続いてのミッションの発表をお願いします!」

ジョニー先生「部活 WITH A MISSION!」

この「部活 WITH A MISSION」は、今すぐ部活着に着替えて、その写真をメールで送ってもらうというミッション!

とーやま校長「例えば野球のユニフォームとか、剣道の防具だとか、もしも、部活に所属していないっていう生徒は、兄弟のユニフォームでもコスプレでもなんでもOK!」

制限時間内に送られた写真の中から、これだ! という生徒に電話をつなぎたいと思う!

とーやま校長「って事で『部活 WITH A MISSION!』スタート!!


♪ Dive / MAN WITH A MISSION



MWAMリクエスト曲!
私がおすすめする曲は「Dive」です!
疾走感があってこの曲を聴くとおもわず走り出したくなります。そして、この歌に「進め!」と言われているようで、私の背中を力強く押してくれる曲です。
とまとれない
女性/16歳/東京都
2017-06-14 20:03


ジョニー先生「恐縮デス! コンナ風ニリクエストサレルト嬉シイナァ」

とーやま校長「他にも、たくさんの楽曲がリクエストされているので、どんどんかけたいと思うんですけど…」

<ワオーーーーン!!>

とーやま校長「ここで来ましたね! 『部活 WITH A MISSION!』を見事にクリアしているのか、電話してみましょう! …もしもし!」

ながチャー 神奈川県 17歳 男性

ながチャー「もしもしっ!」

とーやま校長「改めて聞くけれど、ながチャーは何部なのか教えてもらってもいい?」

ながチャー「硬式テニス部です!」

RN ながチャーは、ボールを手に持って自分の顔と一緒に写真を撮って送って来てくれたぞ!

とーやま校長「ジョニー先生、この写真いかがですか?」

ジョニー先生「自分ノ顔ノ前ニ硬式テニスボールヲ持ッテ来テイル写真ナンダケド、言ウナレバ相当入リ込ンダ写真デスヨネ(笑) コノ写真ニ題名ヲツケルトシタラ、何ニナル?」

SCHOOL OF LOCK!


ながチャー「マンウィズで言うなら、ライブ後のタナカ先輩ですね!」

ジョニー先生「ナルホド。タッタ今、ウチノボーカルモ道連レニシタナ?(笑)」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

ジョニー先生「デモ、達成感ガアル表情デ、カッコ良クテ爽ヤカナ写真デスネ!」

ながチャー「ありがとうございます!」

とーやま校長「これ、あるかもしれないぞ?」

ジョニー先生「イキマショウ!」

ということで、RN ながチャーにも、ポスタープレゼントーーー!!

あしざわ教頭「やったぞーーー!!!」

とーやま校長「おめでとう! テニスも頑張れな!」

ながチャー「はい、ありがとうございます!」

SCHOOL OF LOCK!


続いてのミッションは……

ジョニー先生「オカン WITH A MISSION!」

この「オカン(おかん) WITH A MISSION」は、今から生徒のお母さんに、なんらかのモノマネをしてもらうというミッション!

あしざわ教頭「曲が流れている間にお母さんを説得し、説得できたら学校掲示板にお母さんが何のものまねをできるのかを添えて書き込んで下さい!」

とーやま校長「これは、なかなかハードルが高くない?(笑) まぁ、似ているに越したことはないけど、似てなくても大丈夫!」

ジョニー先生「オ母サンヲ説得シタ努力ヲ認メテアゲルベキデスネ(笑)」

あしざわ教頭「みんな! いますぐお母さんに話をするんだ!」

という事で「おかん WITH A MISSION!」スタート!!!


♪ STELLA / MAN WITH A MISSION


『STELLA』は、北海道 16歳 RN 北の街 他、たくさんの生徒がリクエストしてくれました! ありがとう!!


<ワオーーーーン!!>

とーやま校長「狼が鳴いたぞ! だけど、この『おかん WITH A MISSION』いけるのかなぁ?」

ジョニー先生「色ンナ意味デ怖イデスネ!(笑)」

あしざわ教頭「どうなるんだろう?」

ジョニー先生「最初ノ、オ母サンノテンションガ見モノデスヨネ」

とーやま校長「確かに(笑) …もしもし!」

Jean-Ken Nene 鹿児島県 17歳 女性

Jean-Ken Nene「もしもし!」

とーやま校長「ラジオネームは、ジャン・ケン・ジョニー先生にあやかって?」

Jean-Ken Nene「もちろん!」

ジョニー先生「アリガトウ!!」

とーやま校長「お母さんは、もう横にいるのか?」

Jean-Ken Nene「はい!」

Jean-Ken Neneのお母さん「ハッハッハッ(笑)」

あしざわ教頭「高笑いが聞こえたぞ!(笑)」

「ジョニー先生と話したいから、お願い!」と言ってお母さんを説得したRN Jean-Ken Nene!
一度、お母さんのテンションを確かめるために、電話を代わってもらうことに。

とーやま校長「…もしもし?」

Neneママ「こんばんは! Neneママです」

ジョニー先生「声ガオ若イデスネ!」

とーやま校長「年齢とか聞いたらマズイですか?」

Neneママ「え〜いくつに見えます?」

とーやま校長「わ、わかんないです(笑)」

あしざわ教頭「声年齢で判断するのは難しいですね(笑)」

とーやま校長「これは、相当期待できるんじゃないか?」

ジョニー先生「ノリガヨロシイデスネ!」

とーやま校長「お母さんがモノマネを披露してくれればポスターをプレゼントするので、頑張ってください!」

そして、RN Jean-Ken Neneが、お母さんにリクエストしたモノマネは、薬師丸ひろ子さん!

あしざわ教頭「10代の子、わかるかな?」

ジョニー先生「ヨクコノ番組デソノチョイスシタナ!(笑)」

とーやま校長「ちょっと前に朝ドラの『あまちゃん』に出ていたから、知っている生徒もいるかな? それでは、Jean-Ken Neneのお母さんによる、薬師丸ひろ子さんのモノマネお願いします!」

Neneママ「こんばんは。薬師丸ひろ子です…」

ジョニー先生「(笑)」

とーやま校長「ジョニー先生、いかがですか?」

ジョニー先生「コレ、チョット似テルンジャナイデスカ?(笑)」

とーやま校長「確かに、声も可愛らしいし、似てる!(笑) 薬師丸ひろ子さん、これはいつくらいからやられているんですか?」

Neneママ「10代です…」

ジョニー先生「サテハ、鉄板ネタデスネ! コレハ、投稿シテクレタJean-Ken Neneサンモ、オ母サマ共々、全テヲヒックルメテポスターデスヨ!」

とーやま校長・あしざわ教頭「やったーーーーーー!!!!」

Jean-Ken Nene・Neneママ「ありがとうございます!」

RN Jean-Ken Neneも、Jean-Ken Neneのお母さんもおめでとう! 鹿児島にマンウィズ先生のポスターが飛んでいくので受け取ってくださいね!


とーやま校長「それでは、もう1ミッションいきましょう! ジョニー先生、お題の発表お願いします!」

SCHOOL OF LOCK!


ジョニー先生「ギャグ WITH A MISSION!」

『ギャグ WITH A MISSION』は、いたってシンプル!
みんなに披露したいギャグがあるという生徒に電話をつないで、みんなの前で披露してくれればミッションクリアです!

とーやま校長「面白い、面白くないとかは一切関係ない! ”我こそは!”という生徒は今すぐ学校掲示板に自分のギャグを書き込んでくれ!」


♪ Memories / MAN WITH A MISSION


<ワオーーーーン!!>

とーやま校長「狼が鳴いたということで!」

あしざわ教頭「来た来たーーーーっ!」

とーやま校長「時間的にもこれがラストミッションですね! ラストにして最大の難関かもしれませんけど(笑)」

ジョニー先生「景気ノイイノヲヤッテイタダキマショウ!」

とーやま校長「震えてないかな? …もしもし!」

ナナナかあちゃん 北海道 14歳 女性

ナナナかあちゃん「もしもし!」

とーやま校長「ギャグ、いける?」

ナナナかあちゃん「たぶん、大丈夫だと思います!」


やります!
やらせて下さい!!!!!!!!!!!
ナナナかあちゃん
女性/14歳/北海道
2017-06-14 23:49


とーやま校長「こんな力強い書き込みもくれているので、早速だけど、一発ギャグお願い!」

ナナナかあちゃん「メロンパンで〜……!(電波が悪く、ギャグが途切れてしまう)」

ジョニー先生「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長生「肝心なところで電波の状況が悪くなるという…(笑) だけど、これも込みかな!」

あしざわ教頭「そうですよね!(笑)」

とーやま校長生「さぁ、ジョニー先生いかがですか?」

ジョニー先生「電波ノ悪意ヲ感ジマス(笑) ダケド、コノ勇気ヲ讃エテ、ポスターデゴザイマス!」

とーやま校長生「ナナナかあちゃんおめでとうーーーーーーー!!!! ナナナかあちゃん? ……どっか行っちゃったみたい(笑) 
じゃあ、今日の授業も終わりだ! ジョニー先生、今日はお忙しい中、ありがとうございました!」

ジョニー先生「イエイエ、トンデモナイデス! メチャメチャ楽シイ時間ヲアリガトウゴザイマシタ!」

あしざわ教頭「起立! 礼!!」

とーやま校長・あしざわ教頭・ジョニー先生「また明日ーーーーー!!!」

ジャン・ケン・ジョニー先生、ありがとうございました! また遊びに来て下さい!

SCHOOL OF LOCK!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
モリモ 富山県 17歳 男性
インフルエンサーズ 熊本県 18歳 男性
ながチャー 神奈川県 17歳 男性
Jean-Ken Nene 鹿児島県 17歳 女性
ナナナかあちゃん 北海道 14歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
MUSICBOY JUN 長崎県 15歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:03 Emotions / MAN WITH A MISSION
22:08 higher / MAN WITH A MISSION
22:10 ワンダーランド / MAN WITH A MISSION
22:13 FLY AGAIN / MAN WITH A MISSION
22:31 MAKE ME DEAD! / SiM
22:41 When My Devil Rises / MAN WITH A MISSION
22:48 Seven Deadly Sins / MAN WITH A MISSION
22:56 Pellicule / 不可思議/wonderboy
23:17 リニアブルーを聴きながら / UNISON SQUARE GARDEN
23:25 桜のあと(all quartets lead to the?) / UNISON SQUARE GARDEN
23:36 Dive / MAN WITH A MISSION
23:43 STELLA / MAN WITH A MISSION
23:49 Memories / MAN WITH A MISSION
23:53 TAKE ME HOME / MAN WITH A MISSION

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ジョニー先生、
たくさんのミッションありがとう!
また来て下さい!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

数々のミッションありがとうございました。
次はぜひ皆さんで遊びに来てくださいー!
曲たくさんかかるの楽しいなー

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
null


『 初2 』

今週のSCHOOL OF LOCK!は、
我が校的に"初めまして!"となる講師を迎えてのスペシャル授業を毎日お届け!

あしざわ教頭「昨日はDISH//の5人が初来校となりました!」

とーやま校長「めちゃくちゃ面白かったね! でもぐっと締まるところは、ちゃんと生徒に向けての気持ちも届けてくれる瞬間もあった。要所要所では、ギターの昌暉先生がギャグを披露してくれたね」

あしざわ教頭「すごい瞬発力で、計3回も放ってくれましたね!」

とーやま校長「全然嫌がらなかったからね。で、変な空気になる直前のいいタイミングで、柊生先生の柔らかいフォローが入るっていう…あれはコンビネーションが出来上がってたね!(笑)」

あしざわ教頭「(笑) もうお笑いの印象になっちゃってるんですよ」

とーやま校長「でも素敵な楽曲も届けてくれて…」

あしざわ教頭「そうでしたね。ありがとうございました!」


とーやま校長「…そして今夜も、もちろん"初めまして!"となります!」

ゲスト講師に天月-あまつき-先生・96猫先生が初来校!!

<走って来る足音>

あしざわ教頭「これは何の音ですか?」

とーやま校長「後で説明するけど、この生放送教室に向かって入ってる音……風(ふう)」

null


あしざわ教頭「風って! 風とか言っちゃダメでしょ!(笑)」

天月-あまつき-先生は、2010年からニコニコ動画で活動開始!
総動画再生数は、なんと1億5000万以上を超える大人気の歌い手!

そして96猫先生は、2006年からニコニコ動画の"歌ってみた"に動画を投稿。
ニコニコ動画、YouTube など動画再生数1億以上!
こちらも大人気の歌い手!

とーやま校長「そんな2人は、このSCHOOL OF LOCK!が開校する前の時間、夜9時からJFN各局で放送されている番組『ニコラジパーク』の火曜日パーソナリティを務めておられるんだけど…」

<足音近くなる>

とーやま校長「ほら! 今、隣のスタジオから生放送教室に2人が向かってきている…風(ふう)!」

あしざわ教頭「だから"風"を言うな!」

とーやま校長「じゃあゲスト講師が到着するまでの間、こちらも"初めまして"の曲を一緒に聴く!
KANA-BOON先生の新曲初解禁からスタート!


♪ バトンロード / KANA-BOON


とーやま校長「これは来ました! 僕がKANA-BOONからもらったよ!」

あしざわ教頭「何をいただきましたか?」

とーやま校長「色んなものだね! イントロの時点で、"もう絶対かっこいい、自分にはドンピシャだ!"って思う瞬間が1年に何度かあるんだけど、まさにそれだった! 古賀先生かな? 鮪先生かな? わからないけど、そこのイントロで俺は全てをもらった気がした結果が、もうこれ!」

あしざわ教頭「僕は、フルドライブのような猛ダッシュじゃないんだけど、間違いなく1歩1歩前に進んでるっていう印象をすごく受けてるんです」

KANA-BOON先生のニューシングル『バトンロード』は、7月12日にリリース!


とーやま校長「さあ、生放送教室には、ようやく隣のスタジオから到着した…風(ふう)」

あしざわ教頭「言わなくていい!」

天月-あまつき-先生、96猫先生ーーーーーー!!!!

天月-あまつき-先生「こんばんはー! やー、遠かった!」

96猫先生「こんばんはー! はー、しんど!」

とーやま校長「ちょっとだいぶ走らせましたもんね! すみません!」

あしざわ教頭「"風"に付き合わせて本当にすみません(笑)」

天月-あまつき-先生・96猫先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長・あしざわ教頭「お願いします!」

天月-あまつき-先生「歌を歌っていたり、舞台やったりとか色々なことに挑戦させていただいております! 天月-あまつき-と申します!」

96猫先生「ゲームをしたり、ゲームをしたり、ゲームをしたり、たまに歌を歌っている96猫と申します! よろしくお願いします!」

とーやま校長「え!? ゲームが本筋でいいんですか?」

96猫先生「ゲームがすごく好きなんですけど、歌がメインなんですね…」

天月-あまつき-先生「残念そうに言うな!」

とーやま校長「隣のスタジオ同士でやってるんですけど、こうしてちゃんとお話しさせてもらうのは、"初めまして"!」

天月-あまつき-先生「そうですね、初めまして!」

96猫先生「初めまして! 合コンに来た気分です!」

とーやま校長「だとしたら、このメンツ、当たりです!」

96猫先生「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「だいぶ男が多いですけどね(笑)」

なんと、天月-あまつき-先生はSCHOOL OF LOCK!を聴いていてくれていたのだそう!

天月-あまつき-先生「中学生で初代(やましげ)校長の時に、ずっと聴いてました。当時、親がラジオを聴くのが好きで、音楽を聴くのも好きだったんで、流れていたのを聴いて"え、こんな番組があるの!?"って思って、単純に面白くて聴き始めました」

とーやま校長「そうなんだ! やましげ校長からLINEが来て『天月くんが明日来るでしょ? 俺の友達なんだよ』って。校長と生徒って友達になるの!?」

天月-あまつき-先生「やましげさんと、舞台で共演をさせていただいたんですよ」

とーやま校長「そうなんですね。校長先生とお芝居するってどういう感じなんですか(笑)」

あしざわ教頭「確かに、学校行事としてもおかしな話ですからね(笑)」

天月-あまつき-先生「もう、本当にすごい嬉しいです!」


今夜は歌い手の天月-あまつき-先生、96猫先生を迎えてこちらの授業をお届け!
「歌い手に相談してみた!」

例えば、
自分も動画を投稿しているんだけど「再生数が上がらない!」とか、
「いいねが少ない!」とか、「歌い手を初めてみたい!」とか、
この2人に聞きたい、相談したいことを、学校掲示板メールに書き込んでほしい!
もちろん 2人へのメッセージや、2人の普段を知っているニコラジパークリスナーからのメッセージも待ってます!

null



♪ 妄想感傷代償連盟 / 天月-あまつき-&96猫


とーやま校長「これはボカロPのDECO*27の曲を2人で歌われていて、動画も上がってるんですよね」

天月-あまつき-先生「はい、公開されています」

とーやま校長「でも、みんなが言うところによると『2人が真面目に歌ってる…だと!?』の雰囲気があるらしいじゃないですか。普段は違うってことですか?」

天月-あまつき-先生「まぁ…、ふざけ倒してはいますね」

とーやま校長「え、96猫先生も?」

96猫先生「そうですね。主に、私が先陣をきってふざけてるので(笑)」

天月-あまつき-先生「そうなんです! ちょっとこの子はすごい子なんですよ! 解放されると大変なことになるんです! 下ネタとか大好きなんですよ」

とーやま校長「え!?」

96猫先生「そんな…お下品よ?

とーやま校長「…これ、結構やってるな(笑)」

あしざわ教頭「確かに(笑)」

とーやま校長「96猫先生も生放送でしゃべってる人でしょ? これも2時間生放送ですよ」

96猫先生「そうですね。もう2時間は、お茶の子さいさい、ご飯も1杯2杯3杯4杯って感じです

とーやま校長「えーっと…なんか、パニック!!(笑)」

96猫先生「鎮火してください!(笑)」

null



さっそく2人にたくさんの書き込みが届いているぞ!


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
96ちゃんと天月くんが投稿すると言うことで、初書き込みしました!
私が歌い手にハマったのが96ちゃんのニコ生放送でお2人がSCHOOL OF LOCK!!に来るなんて思ってもいませんでした!
嬉しい!
今日はテンション上がるっーーーー!
受験生なので勉強しながら聴いて興奮してやるぜ!
蒼ノ木のKyoya*ちゃん
女性/17歳/岐阜県
2017-06-13 22:02



96猫先生「興奮! 何をヤルんだぁ?」

とーやま校長「興奮して何かをやるんじゃなくて、"興奮してやる"だよ(笑)」

96猫先生「脳内変換が失礼いたしました!(笑)」

天月-あまつき-先生「これです!」

とーやま校長「これか! ちょっと96猫をロックオンしとかないとまずいな! 目を離したすきに暴れる可能性あるから(笑)」

あしざわ教頭「10代も聴いてるんだから(笑)」

96猫先生「きゃー! みんなー、見てるー?」



96猫先生っ!!天月先生っ!!
96猫先生、天月先生と呼べる日が来るとは思ってもなかったので嬉しくて嬉しくてもう一日上の空でした.....!!
96猫先生も天月先生もほんっっっとに大好きで、毎日Youtubeなどで歌を聴かせて頂いてます!!
先生方の歌声が毎日、「あぁ、今日も頑張ろう」とか「今日も精一杯生きていこう」とか、辛いことがあっても「帰ったら歌声を聴ける、そのために頑張ろう」とか、励まされたり、元気をもらったりと、生きる糧になっています!!
毎日毎日、どんなに辛くてもそれを乗り越えるチカラをくれる、そんな歌を歌える先生方は本当に大好きですし、尊敬しています。

....ところで、私は今友達と来年の未確認フェスティバルに向けて曲を作ってみているのですが、歌う時に大切にしていることは何ですか?
私もいつか、お2人のようにたくさんの人々の心に響く歌を歌えるようになりたいと思っています。是非教えてください!!
やすいヒジキ
女性/14歳/東京都
2017-06-13 20:38



天月-あまつき-先生「わー、ありがとうございます! うれしいな!」

96猫先生「ありがとうございます。なんか卒業する気分になるね」

とーやま校長「来てくれたばっかりなんで、もうちょっと我慢して?」

96猫先生「もうちょっと我慢して(笑)」

とーやま校長「いや、そんなに笑うところじゃないんだけど(笑)」

96猫先生「すいません!(笑)」

とーやま校長「でもこうやって、日本全国…言ったら世界中の人に、歌い手として力を与えてらっしゃるわけじゃないですか。そもそも、歌い手というのは、96猫先生はどこから始まってるんですか?」

96猫先生「私は、小学校の頃に携帯で自分のホームページを作って、そこの自分の掲示板みたいなところでアニメの声真似をしていたんです。自分で吹き込んだやつを自己満足で投稿して、"誰も来ないだろうな"って思いながら『感想はこちらまで』っていう掲示板を作ってました(笑)」

とーやま校長「え!? その時はどうだったんですか?」

96猫先生「最初の頃は来なかったんですけど、ずっと自己満で上げ続けてたら、『ティッシュ配りのお姉さんのマネ』って上げたやつが、みんなが面白いって言ってくれて、"あ、楽しい!"ってなったのがそこからですね」

とーやま校長「今それをここで聴かせてもらうのは酷なの?」

96猫先生「全然できますよ! じゃあ通りすがりのお客さんをやっていただいていいですか?」

とーやま校長「僕が普通の人をやるんですね。はい、わかりました」

96猫先生『おひとつどうぞー』

とーやま校長「『あ、すいません、ありがとうございます…』」

96猫先生これだけです」

とーやま校長・あしざわ教頭・天月先生「(笑)」

とーやま校長「これのみ!? それを小学生の時にやったんですか? その時はどういう声が来たんですか?」

96猫先生「"こんなことするんだね"とか"私もやっていいですか?"みたいなのとか"セリフをお借りします"って言って、『おひとつどうぞー』っていうのが、一時期身近で流行ってました(笑)」

とーやま校長「へー! じゃあ、本当に起源がそこなんだ」

96猫先生「そこでしたね!」

とーやま校長「天月-あまつき-先生の最初は?」

天月-あまつき-先生「ちょうど僕がネットにはまり出した当時、すでに色んな人がプロやアマチュア、大学生に関係なく音楽をやってるというのがすごく不思議だったんです。
SCHOOL OF LOCK!も聴いていた当時は色んな音楽を聴いてて、"あ、こんなすごいところがあるんだ"っていうただのリスナーだったんですけど、ちょうど大学に入るぐらいの時に時間に余裕ができたので、自分もしゃべるところからやってみようかなと思って、生放送から始めたんですよ」

とーやま校長「ええ!? いきなり!?」

天月-あまつき-先生「そうなんですよ。で、しゃべって、放送中に歌ったりしてから、じゃあ動画も作ってみようかな、みたいな、順々な感じでやりました」

とーやま校長「最初って緊張しました? 何分ぐらいの時間だったんですか?」

天月-あまつき-先生「緊張しました! 当時の放送は30分って限定されていたんですよ。でも、1回の放送で観てくれる人なんて5人とか。で、コメントを残してくれるのがその5人のうちの1〜2人という感じなので、30分(リスナーが)いるかわからない状態でずっとしゃべるんです」

null


あしざわ教頭「もともと人前でしゃべったりするのが得意なんですか?」

天月-あまつき-先生「いや、すっごく苦手だったので、"顔を出さないここだったら何かできるかな?"って思ったんですね」

とーやま校長「じゃあ、何かを表現したいとか伝えたいっていう想いは、ずっとどこかであったってことなんですか?」

天月-あまつき-先生「ただの憧れでしかなくて、"自分は何ができるんだろう?"、"何もできないけどやってみようかな"ぐらいの、明確な目標とかは一切なかったですね」

とーやま校長「最初は5人の人が観てくれていて、どういう反応が返ってくるんですか?」

天月-あまつき-先生「まずは、放送が始まった時に『声が入ってませんよ』みたいなコメントが来ました(笑)」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

96猫先生「ずっとしゃべってたのに(声が)入ってなかったんだ」

とーやま校長「ちゃんと教えてくれるなんて優しいんだな(笑)」

天月-あまつき-先生キャッチボールを色んな人としていって、っていう感じでコツコツ続けていったら、人が増えていったんです。最初からボーン、みたいな感じは全然なかったです」

とーやま校長「96猫先生は、そうやって自分の携帯に声を吹き込むところから始まって、その延長線上で今もずっとやられてるわけじゃないですか。どうですか?」

96猫先生「そうですね。当時からネジが1個外れてたのかもしれなくて、今、天月くん…天月先生の話を聞いたら、すごくアーティストっぽいなぁって思って(笑) 私がスタートしたのはティッシュ配りのお姉さんですよ?」

とーやま校長「それはそれで、表現者としてはいいんだよ」

96猫先生「そうですか? もっとカッコいい感じに言いたい。ティッシュ配りのお姉さんに憧れて、今、私はここにいます

天月-あまつき-先生「"憧れて"!?」

96猫先生「あはー! 以上です!」

とーやま校長「ニコラジパークはこういう感じね!」

あしざわ教頭「大体の空気感が急に伝わりました(笑)」

とーやま校長「96猫先生はどんな10代を過ごしたんですか?」

96猫先生「地味な10代を過ごしてました。学校は行ってましたね。1日も休まないともらえるっていう皆勤賞があったんですけど、もうどうしても、"タッチ"というアニメのオープニングの『タッチ』が踊りたくて…」

とーやま校長「"タッチ"って、南ちゃんのあの"タッチ"?」

96猫先生「そうです! あれを踊りたくて学校を休みましたね!」

とーやま校長「賞を獲りに行けって! いつでも踊れんだろ! じゃあ、みんなから見たらちょっと変わった10代?」

96猫先生「そうですね。たぶん、ちょっと絡みたくない人だったのかもしれないですね」

あしざわ教頭「スイッチが入ると止められない、みたいな」

null


96猫先生「止められない、止まらない、かっぱえびせん!(笑)」

とーやま校長「絶対に言うと思った!(笑)」

天月-あまつき-先生「ヤバい、エンジンかかって来てる!」

とーやま校長「96猫先生、俺たちちょっとリンクしてるかもしれないですね」

96猫先生「いい感じにコンビ組めそうですね(笑)」

とーやま校長「そうね! 教頭といいコンビが組めるかもしれない(笑) …天月先生は、10代の時どうでしたか?」

天月-あまつき-先生「僕は、語り出すと結構暗い学校生活だったんですよね。最近はわりと普通に言えるようになったんですけど、小・中学生の頃は普通にイジめられてて、学校とか行きたくないっていうタイプだったんですよ。
でも、音楽とかネットの世界がすごく好きで、そこから今の活動にめちゃめちゃつながってたので、むしろ、僕の活動で"学校に行けるようになりました"とかそういう人がいると、本当に嬉しいんです。当時は僕がその立場だったので、まさにそんな感じでした」


♪ 嘘の火花 / 96猫


とーやま校長「この曲、サビがあるじゃないですか。そのすぐ後にもう1個上のサビがありますよね」

96猫先生「ああ、速くなるところですね。あそこは本当にLIVEだと苦痛ですね」

とーやま校長「(笑) 俺はそういうことを聞きたかったわけじゃないんだ!」

96猫先生「ああ、違った!」

とーやま校長「俺は、"スーパーサビ"みたいなそこが聴いたことがないなと思った」

96猫先生「"スーパーサビ"! でも、"スーパーサビ"は、LIVEだとキツいっすね」

とーやま校長「だからやめてくれよ! そこを避けたのになんでまた戻ってくるの!? 96猫は容赦がないぜ!」

96猫先生「(笑)」

null



さあ、今夜は天月-あまつき-先生と96猫先生を迎えてこちらの授業をお届け!
「歌い手に相談してみた!」

さっそく1人目のリスナーに逆電をしてみたけれど、
反応がないので掲示板に書かれた質問に答えてもらったぞ!


天月先生と96猫先生へ!
僕は音楽投稿アプリで自分が歌ったものを投稿しています。でも、自分の声に自信がないし、再生回数も伸びません。
そこでお2人にお聞きしたいんですが、どうすれば自分の声に自信を持つことが出来ますか?また、再生回数を増やすにはどのような事をすればいいと思いますか?
未来の自宅警備員
男性/14歳/岐阜県
2017-06-13 21:58



とーやま校長「掲示板を見ているとこれ聞きたいという書き込みが結構来ています」

96猫先生「自分の声はいまだに慣れないですね」

天月-あまつき-先生「そうですね。僕も慣れないです」

とーやま校長「2人とも!?」

あしざわ教頭「あんなに歌ってらっしゃるのに、まだ?」

96猫先生「そうですね、自分の声がしっくりこない。"私のCVは私じゃない"みたいな」

天月-あまつき-先生「やっぱり、みんな一番最初はびっくりしますよね。スマートフォンとかで自分の歌声を録ってみると、"あれ? なんか聴いてる声と違う"」

あしざわ教頭「確かに、自分のしゃべってる声でも最初は違和感がありましたけど、歌声ってあんまり録らないですよね」

とーやま校長「僕もラジオのタイムフリーで聴いたりするんですけど、最初は抵抗があってもだんだん慣れてきて、今は何ともないんですよ」

あしざわ教頭「自分の声自体はどうですか?」

天月-あまつき-先生「当時より多少は慣れましたけど、やっぱりたまに聴き返すと"え!?"みたいになります(笑)」

null


もう一度リスナーに繋いでみたけれどまだ戻れないようなので、
"再生回数を増やすにはどのような事をすればいいと思いますか?"という質問にも答えてもらったぞ。

とーやま校長「だっておふたりは、総再生回数が1億越えでしょ? 何か努力したこととかあったんですか?」

96猫先生「伸ばそうと思って伸びるものじゃないと思うんですよね。だから、投稿を続けていくことなのかなって思います」

天月-あまつき-先生「本当にそうで、僕らの周りでは色んな方が活動してるんですけど、やっぱり辞めてっちゃう人たちって数字に悩まされて、そういうところに納得できなくて辞めちゃう人がすごく多いんです。
どうしても、聴いてもらえる作品、聴いてもらえない作品っていうのはあって、でもその中で、自分で"次はああしよう、こうしよう"っていうのを考えながら、辞めないで続けてきた結果です。辞めなかっただけ、みたいなところが自分たちの中であります」

96猫先生「そうですね。私たちは色んなジャンルの曲をカバーさせてもらったり歌わせてもらったりしているんですけど、そういう別のジャンルから、色んな人が知ってくれたりします」

天月-あまつき-先生「この会話ってすごく面白いんです。例えば、同じ人が本当に幅広く、すっごいバキバキのロックからバラードまで、洋楽をカバーすればアイドル曲もカバーする、みたいなのもある世界っていうのは、普通だったらないですよね」

とーやま校長「おふたりの音源を聴かせてもらっても、すごく色んな曲があるじゃないですか。でかいバラードもあれば、"この1曲だけで何曲分のアイデアが入ってるの?"、っていうのとか」

あしざわ教頭「声もすごく変わったりもするしね」

とーやま校長「そういう色んな中で自分の好きなところに行ってみて、フィードバックして自分でやってみるってこともすごく大事だったりするんですか」

天月-あまつき-先生「大事だと思います!」

とーやま校長「そして、辞めない」

天月-あまつき-先生「そうですね。本当に、楽しみつつ、ってことです」

96猫先生「無理に続けてもしょうがないしね」

天月-あまつき-先生「そうだね」


♪ 気まぐれメリーゴーランド / 天月-あまつき-




今日の放送部では、『クラスの集合写真で自分だけが変顔をしていた』という書き込みを紹介した!
それを受けて、校長が撮った教頭の変顔の写真がコチラ!

null


<⇒聴き逃がした君はradikoタイムフリーで!>



さあ、この後も引き続き、歌い手の天月先生、96 猫先生を迎えて
「歌い手に相談してみた!」

先ほど電話をしてつながらなかった生徒に、再度つないでみたぞ!

とーやま校長「もしもし?」

いまだ@声優志望 福井県 17歳 女性 高校3年生

いまだ@声優志望「もしもし!」

先ほどは、らせん階段で迷ってしまっていたのだと言うRN いまだ@声優志望。
そんなRN いまだ@声優志望が天月-あまつき-先生と96猫先生に聞きたいこととは…

いまだ@声優志望歌い手になりたくて歌を投稿してるんですけど、色んな人に届けてくてもいつも聴いてくれるのはおなじみの人ばっかりなんです。どうすればたくさんの人に聴いてもらえますか?

RN いまだ@声優志望は、高校2年生の冬から"nana""TwitCasting""YouTube"への投稿を始めたのだそう。

とーやま校長「いつも聴いてくれるおなじみの方たちは、何人ぐらいいるの?」

いまだ@声優志望「20人ぐらいです」

96猫先生「えー! すごい! すごいよー!」

天月-あまつき-先生「20人ってすごいんだよ?」

96猫先生「だって同じ人が20人も飽きずにずっと見続けてくれるっていうのは、本当に、すごーいよーーー!!(笑)」

とーやま校長「そうか。人数って言うよりも、ずっと続けてて同じ人が来てくれるってことがすごいんだ」

天月-あまつき-先生「そうですね」

96猫先生「結局、私たちもそういう人たちがいなければやっていけていないので」

天月-あまつき-先生「だから、すごいよ!」

96猫先生「よいことは徐々に広まっていくと思うので、そういう人たちにもっともっと聴いてもらって、"これちょっと友達に教えたいな"って思うような歌を、その人たちに聴いてもらえたらいいんじゃないのかなって思います」

天月-あまつき-先生「"歌い手になりたい"って活動してるんですよね。そもそも、イメージするその歌い手がどの位置なのか、目標のようなものはあるんですか?」

いまだ@声優志望声を使った仕事をしたくて、その中でも自分が好きな歌い手になりたいなって思います」

天月-あまつき-先生「そうですね。じゃあやっぱり、自分がやったことがないことにも挑戦してみるっていうのは? 先ほど言ったように、自分が歌わないジャンルをやってみるっていうのは、自分自身の成長にもつながれば、今まで聴いてくれてた人も"あ、こういうのもやるんだ"って発見があるし、別のジャンルの人も"あ、こんな人がいるんだ"っていう発見があるので」

96猫先生「声優志望って書かれてるんですけど、私も声優志望だったんですよ。で、私がやってたのは、声真似をして、色んなアニメを知ってる人が"似てるのかな?"って聴きに来てくれたりとか、歌に、自分のイメージする世界観のキャラクターを作ってセリフを勝手に入れ込んじゃう"歌ってみた(演じてみた)"とかを、動画でやってみたりしていたんです。
そういうのってやられたりしてますか?」

null


いまだ@声優志望「あんまりやってなかったです」

96猫先生「ぜひやってみてほしいです」

いまだ@声優志望「はい!」

とーやま校長「96猫先生は、急にバーンって聴いてくれる人が増えた瞬間とかってあったんですか?」

96猫先生「あんまり大きな声では言えないんですけど、下ネタソングをですね……あの〜…」

あしざわ教頭「校長、どこを掘ってるんですか! 掘っちゃダメなところを掘っちゃったよ!」

天月-あまつき-先生「やっちまった!」

とーやま校長「待て待て。行けるところまで行ってみたい! それはどういうことですか?」

96猫先生「やっぱりみんな、エロが好きなんでしょうね。性を求めていらっしゃると思うんですよ」

とーやま校長「そういう下ネタソングを歌って、今まで観ていた、聴いていた人が、何倍に膨れ上がったんですか?」

96猫先生「その当時、500人とかが聴いてくれてたら良かったのが、もう1万、10万と…」

とーやま校長「ええ!!」

あしざわ教頭「みんな下ネタ好きだな!!」

96猫先生「でも、当時は"イェー!!"ってなってましたけど、今となっては黒歴史ですね!(笑)」

とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「96猫の黒歴史(笑)」

96猫先生「でも、いつどこで打ち上がるかわからないので、色んなことに挑戦してみてほしい」

とーやま校長「そうだね。やってみたことのないことに挑戦しつつ、でも、今の20人は絶対にないがしろにしちゃダメだよね」

96猫先生「ダメですね! 大事にしなきゃいけないと思います」

天月-あまつき-先生「今はTwitterとかで簡単に呟ける時代なので、話題にしてもらえるっていうのがどれだけありがたいか」

とーやま校長「でも、結局そこは自分で探さないとね」

天月-あまつき-先生「そうですね、マネだけしてても難しい世界なので」

あしざわ教頭「その20人を驚かせるみたいな感覚でもいいってことですか? 飽きないように、次はこんなことをしてみよう、みたいなね」

96猫先生「ああ、いいかもしれない」

とーやま校長「いまだ、話を聞いてみてどうだ?」

いまだ@声優志望新しいことをいっぱいしてみたいなって思います!

あしざわ教頭「下ネタの方にいかないようにな(笑)」

一同笑い

RN いまだ@声優志望、ありがとう!

null



ここで、7月19日にリリースになる天月-あまつき-先生のニューシングル『Mr.Fake』をオンエア!

とーやま校長「作詞には天月先生も参加されてるんですね」

天月-あまつき-先生「そうですね。色んな人と作ることも多いんですけど、自分で歌詞を書いたり曲を作ることももちろんあります。今作は『トモダチゲーム』という漫画が実写ドラマ化、映画化するという中で、主題歌を担当させていただいた作品になります」

とーやま校長「どういう想いでこの曲を作ったんですか?」

天月-あまつき-先生「今まで僕がやってる楽曲は、すごく明るい曲とかポップな曲が多かった中で、今回はダークな曲なんです。
『トモダチゲーム』というのが友情をテーマにした中での心理戦が描かれていて、傷つけあったり秘密を探り合ったりという中で、自分自身のリアルの過去と重ね合わせました。
自分が過去に受けた傷というのは、その瞬間はすごく記憶に残ってでもそれは時間が経てば癒えていくものだと思うんですけど、されて嫌だったこと、傷ついたことっていうのは記憶としては残り続けるもの。なので、その時の悔しさや傷ついた気持ちみたいなものをこの主題歌という中でやり返すような気持ちで書かせていただきました。
変われない場面っていうものも、いつかリセットしてニューゲームしてやりたい、ぐらいな気持ちで、作らせていただいたような感じです」


♪ Mr.Fake / 天月-あまつき-


とーやま校長「さっきのお話も反芻(はんすう)しながらこの曲を聴いて、"やり返す"っていう言葉がすごく強いなって思いました。皮肉もあるだろうし、やるせない気持ちとか怒りとか悔しさとかももちろんあるだろうけども、この曲が救い出してくれるし、押し出してくれる」

天月-あまつき-先生「ありがとうございます! 暗い気持ちになって聴いてほしいってわけではなくて、この曲でスカっとしてくれればいいなって思ってますね」

改めて、天月-あまつき-先生のニューシングル『Mr.Fake』は7月19日にリリース!


さあ、続いての逆電リスナーは…

ゆまゆま。 東京都 14歳 女性 中学3年生

天月-あまつき-先生と96猫先生がすごく好きだと言うRN ゆまゆま。が2人に聴きたいこととは…

ゆまゆま。歌い手として経験をしてきた中で、これまで悩んだことや辛かったこととかはありましたか?

RN ゆまゆま。も、高校生になる前に歌い手をやってみたいのだそう。
しかし、歌い手として有名になればなるほど、心ないコメントをされる機会も増えてしまう。

ゆまゆま。「"そういうコメントを本人は見ているのかな? 見ていたら、どういう風に対処してるのかな?"っていうのが気になったので聞いてみたいと思いました」

とーやま校長「もしかしたらゆまゆま。も、今後そういう場面が現れるかもしれないからね。天月-あまつき-先生、どうですか?」

天月-あまつき-先生「実は、この立場に来たから書かれるっていうわけではないんです。一番最初の初投稿の時からずっと言われてたんですよ」

とーやま校長「何を言われてたんですか?」

天月-あまつき-先生「本当に、"キモい"とか"死ね"とか"歌うな"みたいなのは、もう当たり前に書かれていました」

とーやま校長「何の耐性もない時にそれが飛び込んで来るんですか。そういう時はどうするんですか?」

天月-あまつき-先生「正直言うと、傷ついてはいたし、めちゃくちゃ辛かったんですけど、でもそれをバネにできるかっていうのが、自分の今の活動につながっています。それを言われても楽しい気持ちが勝ったのが、今の結果です。
もちろん、心ないコメントだけで埋まってるわけではなくて、聴いてくれてる人たちの中に、"あ、今回好き"とか、"私は応援しています"っていうコメントが、少しでも僕らの中にあるので、それのお陰で頑張れたんですよね」

とーやま校長「その時に、そこで折れずにやってやる、というのも曲になるわけですよね」

天月-あまつき-先生「そうですね」

とーやま校長「96猫先生はいかがですか?」

96猫先生「同じなんですけど、私は"やったるわ!"ってなる前に、"あー無理だー"って思った時もあったんですよ。でも、気づけば家の中で歌って録り溜めしてて、これを歌って自分の中で置いておくのは何かなぁって思ったのと、言われたから辞めるっていうのもすごく悔しかったんです」

動画には"タグ"というものが付けられるのだが、96猫先生は『音程が来い』(音痴という意味)というタグをつけられたことがあるのだそう。

96猫先生「"このタグをいつか外させてやりたい"っていう想いが、やっぱり今ですね。だけど今でもそういうコメントはありますし、なんだったら当時よりもキツいコメントとかあるんです。
だから色んな人がいて10人が10人"いい"って言うわけじゃないから、10人に1人2人でも"いい"って言ってくれる人がいるなら、じゃあその人のために頑張ろうかなっていう想いが…あるのよー、ゆまゆまー」

ゆまゆま。「(笑)」

とーやま校長「(笑) でも、ゆまゆま。これで今ケツを叩かれたんじゃない?」

ゆまゆま。「はい。めっちゃためになりました!」

とーやま校長「活動を始めたら(心ないコメントが)来るだろうけど、"どんと来い!"で!」

ゆまゆま。「はい!」

あしざわ教頭「どんな場所でも、何かを始めたら文句を言うヤツがいると思うしね」

96猫先生「みんなそうだから」

いつかRN ゆまゆま。の歌が聴ける時を楽しみにしているぞ!
ゆまゆま。ありがとう!


早いもので、そろそろ黒板の時間。
今日はおふたりともそれぞれに書いてもらったぞ。

null


null


null


まずは、96猫先生。

null


『 全力で楽しめ! 』

96猫先生「全力で楽しめ!(笑)」

続いて、天月-あまつき-先生。

null


『 継続は力なり!! 』

天月-あまつき-先生「継続は、力なり…!」

とーやま校長・あしざわ教頭「……(笑)」


♪ ツナゲル / 天月-あまつき-


とーやま校長「今日は本当に素敵な授業をありがとうございました!」

天月-あまつき-先生・96猫先生「ありがとうございました!」

とーやま校長「96猫先生、今日は危険な発言、ギリギリ合格だったんで、また来てもOKです!(笑)」

96猫先生「よかったー! 引退じゃない! ありがとうございます!」

天月-あまつき-先生「セーフ!」

とーやま校長「いつか俺らも呼んで下さい」

あしざわ教頭「ぜひ!」

天月-あまつき-先生「むしろお願いします!」

また遊びに来てください!
天月-あまつき-先生、96猫先生、今日はありがとうございました!


♪ Dream Breaker / 96猫



【FAXイラスト】


null

RN ひらべったい犬


null

RN 名前を教えてね!


null

RN なゆゆる。


null

RN ふてふてりんご


null

RN 舞々子


null

RN ハムカツ御膳


null

RN ふわふわ女子目指し隊


null

RN chiharu


null

RN ばなーなー


null

RN ももとりまかろに



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
いまだ@声優志望 福井県 17歳 女性
ゆまゆま。 東京都 14歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
ごんた* 北海道 15歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:03 バトンロード / KANA-BOON
22:13 妄想感傷代償連盟 / 天月-あまつき-&96猫
22:25 Empty MERMAiD / LiSA
22:40 嘘の火花 / 96猫
22:50 気まぐれメリーゴーランド / 天月-あまつき-
23:10 ムーンソング(from「We Come In Peace Tour & Documentary」) / [Alexandros]
23:14 Aoyama(from「We Come In Peace Tour & Documentary」) / [Alexandros]
23:16 For Freedom(from「We Come In Peace Tour & Documentary」) / [Alexandros]
23:18 今まで君が泣いた分取り戻そう(from「We Come In Peace Tour & Documentary」) / [Alexandros]
23:21 NEW WALL(from「We Come In Peace Tour & Documentary」) / [Alexandros]
23:24 You're So Sweet & I Love You(from「We Come In Peace Tour & Documentary」) / [Alexandros]
23:39 Mr.Fake / 天月-あまつき-
23:49 ツナゲル / 天月-あまつき-
23:52 Dream Breaker / 96猫

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

天月-あまつき-”先生”として帰ってきてくれてとても嬉しいよ!
96猫先生に、割と振り回されてて体力結構持ってかれたぜ…。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

二人の声やっぱ良かったな…
96猫先生、天月-あまつき-先生、ニコラジパーク呼んでください!
下ネタ言います!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
null


null


『 初めまして!? 』

今週のSCHOOL OF LOCK!は、毎日〜がスペシャル〜授業!

とーやま校長「今回は、『初めまして!?』WEEK! これまで、会ったことがないゲスト講師の方を、毎日お呼びしようと思っている!」

今夜は、DISH//先生が初登場!
明日は天月-あまつき-と96猫
水曜日はMAN WITH A MISSION
木曜日はBOYS AND MEN
金曜日は乃木坂46井上小百合ちゃんが登場!


とーやま校長「さらに! 毎日、夜11時8分過ぎのアーティストLOCKS!も毎日がスペシャル授業!」

今夜11時8分過ぎのPerfume LOCKS!は、Perfumeの3人が "1対1"の対談!

とーやま校長「かしゆかとのっち、のっちとあ〜ちゃん、とか、1対1…サシのガチ対談! たぶん、今までにそんなにないだろうし、俺もドキドキしながら待っている!」

明日のアレキサンドLOCKS!は、終了したばかりのツアーFINALのLIVE音源をオンエア!

あしざわ教頭「しかも、ようぺ先生から私物のプレゼントもあります!」

とーやま校長「ようぺ先生がMEN'S NON-NOで連載している、今月号の中で語っていたことの中からの、私物のプレゼントだったりするのかもしれないけど、どうなんでしょうか!?」

水曜日のユニゾンLOCKS!は、UNISON SQUARE GARDEN先生がSCHOOL OF LOCK!の生徒のために作ってくれた合唱曲の一部をオンエア!

とーやま校長「ユニゾン×合唱曲! どんな感じになるのか!?」

木曜日のサカナLOCKS!は、カラオケボックスから『山口一郎ひとりカラオケ』!

とーやま校長「もう実際に録って、一郎先生もTwitterに写真を上げてる(笑) 『夜空ノムコウ』とか他の曲もいっぱい歌ってる! 一郎、楽しみに待っとくよ!」

そして、金曜日のセカオワLOCKS!は、「リアル謎なぞゲーム」開催!

あしざわ教頭「プレゼントもあるそうです!」

とーやま校長「セカオワ先生の謎好き趣味が高じて、実際にゲームを開催してしまう側に立っちゃうっていうね! 金曜日を楽しみに待っていてほしい!」

<⇒時間割りなど詳しい情報は【コチラ】でチェックしよう!>


とーやま校長「さあ! 今夜の1曲目はindigo la End先生の新曲『鐘泣く命』を初フルオンエア!


♪ 鐘泣く命 / indigo la End


とーやま校長「indigo la Endというのはバンドだからね。ベースもドラムもあって、いつも通り本当に演奏もかっこいいと思ったんだけど、ギターってこんなに綺麗な音がするんだね!」

あしざわ教頭「甘いというか。indigo la End先生っていつも優しいけど、ちょっともの悲しくて、雨を連想させるんですよ。だけど、人肌の温かみのある雨という感覚だなって。ギターの音もそうだし、色んな音に人の肌感をすごく感じるんですよね」

とーやま校長「エレキの音もだけど、アコギの音もずっと鳴ってたりして、フレッドっていう左手で抑えてるところの移動する音も『キュッキュキュッキュ』入ってたりするところがすごく生々しい。だけど、たぶん絵音先生の声とか言葉に引っ張られてこの音が鳴ってるんだろうし、そこを支えるベースとドラムの音もすごく良くて、何だか音がすごく好きになる曲だった!」

あしざわ教頭「もっと聴いていたい!」

7月12日リリースのアルバム『Crying End Roll』収録!
9月からは全国ツアー『始藍(しあい)』もスタート!


まずはこんな書き込みの紹介から!


DISH//のみなさんに聞きたいこと!
こんばんは!初書き込みです!
小学校5年生からずっと聞いていたSOLで自分の大好きなDISH//が来校すると聞いてついにカキコミしてみました!!
ホントに来校ありがとうございます!!
そして先日は5周年おめでとうございます!

DISH//のみなさんに質問したいことがあります!

やる気が出ない時、なぜか気分が重たい時、友達関係で悩みが出て憂鬱なとき、どんな風にして解決してきましたか?????
いつも明るく私たちに元気をくれるDISH//だからこそ聞きたいです!!!
さみゅう
女性/16歳/鹿児島県
2017-06-12 18:40


久しぶりに登校!
DISH//先生の来校待ってました〜!

SOLは中高とお世話になりまして、DISH//は高校生になりたての頃からずっと聴いて応援しているので、まさに"私の青春×私の青春"って感じで最高に幸せです〜!
めちゃくちゃ楽しみにしてます!!

悩みは最近何事にもやる気が出ないことです…
DISH//先生はやる気を出すためにやっている事はありますか?
ともつん
女性/19歳/北海道
2017-06-12 19:25



という訳で、今夜の生放送教室には…
DISH//先生が初来校ーーーーーー!!!!

とーやま校長「よろしくお願いします!」

DISH//先生「よろしくお願いしまーす!!」

null


橘柊生先生(Fling Dish/RAP /DJ/Key)
泉大智先生(Dr)
小林龍二先生(RAP/B)
北村匠海先生(Vo/G)
矢部昌暉先生(cho/G)

LIVEなどでやる自己紹介をしてもらったぞ!

柊生先生21歳、DISH//の柊生です!

(ドンドンパン! ドンドンパン!)

柊生先生DJフライングディッシュ担当! いい男にはほど遠い!(トーイ!) でも投げるお皿はめっちゃ遠い!(トーイ!) おふざけ担当!(トーイ!)」

大智先生DISH//のドラム!(ダイチ!) ゲジゲジゲジゲジ!(まゆげ!) ドンドンタンスク!(スカポンタン!) やっぱりリズムが!(大事!)」

龍二先生見た目はヤンキー20歳! ベースの担当!(リュウジ!) ヤンチャな野生児ごめんなさい! 三日月スマイル許してニャン!(ニャン!)」

匠海先生DISH//のボーカル!(タクミ!) 顔色悪めの(タクミ!) クールに見えて(クール!) 超絶かわいい!(タクミ!)」

昌暉先生コーラスとギター担当! この木なんの木? 俺(マサキ!) パンティスターの19歳! SAY マサキ!(SAY マサキ!) SAY マサキ!(SAY マサキ!)」

DISH//先生さわげ!(フゥー!) 俺たちDISH//!!

(ドンドンパン! ドンドンパン!)

とーやま校長校長の! とーやま! やま やま やましい! やましいことはないんだ! だ! だ! だ! だ! …(笑)」

null


あしざわ教頭終了ーーーーーー!!

とーやま校長「でもよく頑張った方じゃない?」

あしざわ教頭「とーやまさん、最後志村さんになっちゃってましたよ(笑)」

というわけで、改めて…

とーやま校長「お越しいただいてありがとうございます! SCHOOL OF LOCK!はご存知でしたか?」

柊生先生「いや知ってますよ! ずっと出たかったんです。DISH//はいつ呼ばれるんだ、って待ってたんですよ!」

null


とーやま校長「本当ですか!?(笑) 今日は電話で生徒の悩みに答えてもらうんですけど、普段、そういう相談とかどうですか?」

匠海先生「高校時代はめちゃくちゃみんなの相談に乗るタイプでした! 一応リーダーをやってるんで、みんなの話は聞くようにしてますね」

とーやま校長「じゃあ、基本的にみなさん、行けるということで…」

匠海先生「どんな方角からの相談も大丈夫です!」

とーやま校長「マジですか! もしも、内容によっては無理だって方がいたら、名前は言わないんで手を挙げてもらったら、その後の進行も捗るかなって思うんですけど」

あしざわ教頭「そんな人いないでしょう〜」

一同笑い

あしざわ教頭「嘘でしょ!? わりと早めに挙がりましたね!(笑)」

とーやま校長「誰とか言わないけど、2時間後にはわかると思う(笑)」

今夜はDISH//先生が電話で直接、みんなの悩みに答えてくれる!

DISH//先生に相談したいこと、学校掲示板メールで待ってるぞ!
また、DISH//先生のニューシングル『I'm FISH//』の感想も待っています!

null




感動
初書き込みです!!
まさかスクール・オブ・ロックでDISH//の声が聞けるなんて…!!
いつもDISH//先生の音楽に元気もらってます。
最近忙しくて全然来校出来てなかったけどDISH//先生が出ると知って飛んできました笑
最初からはっちゃけててもう最高です…
スマホ持ちながら今めっちゃ笑ってます笑笑
しゃんぷーぱんだ
女性/16歳/岩手県
2017-06-12 22:17



DISH//先生「嬉しい〜!」

あしざわ教頭「ちょうど聴いてくれてるんですよ!」



初書き込みです!
校長、教頭、DISH//先生こんばんは!
久々に登校しました!今夜はDISH//が出るということで楽しみです!!

みんな面白いのでたくさんいじって下さい!!
よろしくお願いします!
わかちゃんまん
女性/17歳/宮城県
2017-06-12 22:16



とーやま校長「じゃあ昌暉先生! 一個ギャグをお願いします」

昌暉先生「え? ウソでしょ!?」

とーやま校長「俺が聞いた情報によると、なんかギャグを結構やられると」

DISH//先生「ギャガー!」

昌暉先生「オッケー! 任せて!」

とーやま校長「すぐにやってくれるんですか? 普通、"ダメ、ムリムリ!"とかって言うのに(笑)」

昌暉先生「ええもちろんです! わたくしギャガーなんで!」

とーやま校長「聞いたことないけどな(笑)」

昌暉先生「みなさん! 今年の干支は何でしょう?」

null


とーやま校長「え、今年? ヤバい、リアルにわからない!(笑)」

DISH//先生「酉!」

昌暉先生「え? 酉? トリ? とりぃ? おっとり〜!

DISH//先生「いいぞ〜! フーゥ! ありがとー!」

とーやま校長「………ちょっと待った!(笑)」

あしざわ教頭「いやいや、ガヤでカバーできてない!(笑)」

null


DISH//先生「(笑)」

とーやま校長「教頭、俺は今、フリとオチがよくわかんなかったんだけど(笑)」

あしざわ教頭「僕もね、まったくわかんなかった!(笑)」

昌暉先生「わからないぐらいがちょうどいいんだ」

あしざわ教頭「ギャグってそうじゃない! ギャグの定義が間違ってるよ!(笑)」

とーやま校長「絶対わかった方がいいって!(笑) 昌暉先生は何でそんなにギャグを持ってるんですか?」

昌暉先生「いや、逆にみんなそういうことをやらないんですよ」

null


あしざわ教頭「普通やらないですよ!(笑)」

柊生先生「僕たちはやらないんじゃなくてできないんです。なんで、ギャガー先生が…」

匠海先生「間違っても俺らはお笑い芸人じゃないんで!(笑)」

とーやま校長「そうだよね!(笑) だって歌も出してやってるわけだしね」

null



そんなDISH//先生は、先週、ニューシングル『I'm FISH//』をリリース!

とーやま校長「もう聴いてるってヤツもたくさんいるし、俺たちも聴かせてもらってるんだけども、直接行った方がいい?」

あしざわ教頭「行きましょうよ!」

とーやま校長「なら、もしもし!」

ちなこもち 山形県 17歳 女性 高校3年生

ちなこもち「もしもし!」

DISH//のことが大好きだと言うRN ちなこもち。
好きになったきっかけは…

ちなこもち「メンバーの矢部昌暉くんがNHKの番組に出てた時に、気になってめっちゃ調べてて、関連でDISH//の『It's alright』のMVに飛んだんですよ」

とーやま校長「ちょっといいですか?」

あしざわ教頭「ちなこもち、本当にゴメンな!」

とーやま校長「昌暉先生、そのポーズは何ですか?」

null


昌暉先生「このポーズはウサイン・ボルトに続くポーズですから!」

あしざわ教頭「誰をライバル視してるんですか(笑)」

とーやま校長「(笑) ずっと両手を上げてる状態なんですけど」

匠海先生「ちなこもちちゃん、昌暉がめっちゃ喜んでます!」

ちなこもち「あ、あの…」

柊生先生「ってことは、推しメンは…?」

ちなこもち「あ、ごめんなさい、匠海くんなんです…!(笑)」

一同騒然

昌暉先生「切りましょう!」

とーやま校長「"切りましょう"じゃない! ちなこもちは、『I'm FISH//』を聴いてるんだよね?」

ちなこもち「はい!」

とーやま校長「しかも買ってるんだもん。これは電話切れないでしょ?」

昌暉先生「切れないですね! 俺、大好き!

とーやま校長「(笑) ちなこもちにとって『I'm FISH//』はどういう曲だった?」

ちなこもち「正直、一発目にバーンって聴いた時は"ん? なんだ、この歌詞は…"みたいな感じだったんです(笑) でも、テーマがサンマで、そのサンマが小さいながらも頑張って国を動かすんだ、というのを聴いていき、意味もわかってきて…。今、自分が進路で悩んでるので、"それでもここは信念を貫けば、いつか報われるんじゃないかな?"って、この曲によって前向きになれましたね」

匠海先生「作詞は、僕、匠海がやらせてもらったんですけど、まさにそういうメッセージを伝えたかったんですよ」

null


とーやま校長「大きなところを見ての、この言葉ってことですよね」

匠海先生「そうです。だからすごく嬉しかったです! ありがとう!」

ちなこもち「いえいえ、こちらこそ!」

とーやま校長「魚を食べるじゃないですか。この曲を聴きながら"そもそも何でこれを食べられるんだろう?"みたいなことも思っちゃったんです。獲ってくれてる人がいて、それを運んでくれてる人がいて、それを売る人がいて…ということまでぼんやりと考えた」

柊生先生「いやー、素晴らしいですね! ありがとうございます!」

とーやま校長「本当? 俺たち、DISH//の海で泳げてる?」

DISH//先生「泳げてる! バシャバシャに泳げてます!」

<バシャーン!>

とーやま校長「行ってきまーーす! わー、急にサンマに囲まれた! 愛されてるのかなー?(笑)」

ちなこもち「もう、この曲は心の支えです」

改めて、RN ちなこもちからDISH//への想いを伝えてもらったぞ。

ちなこもち「いつも曲を聴いて頑張ろうって思えますし、LIVEでも本当に楽しいので、"いつもありがとう"しか出て来ないですね。5人になって本当にバンドっていう感じもあったので…」

RN ちなこもちの言葉を聞きながらすすり泣くメンバーが一人。

柊生先生「ありがとう…! 嬉しいよ…!」

null


ちなこもち「はい(笑)」

柊生先生「……」

一同笑い

とーやま校長「今のはなんだ! 何かあるのかなと思ったら(笑)」

あしざわ教頭「泣いた後に大爆笑ってなんだ(笑)」

とーやま校長「もう今ので"柊生"って呼び捨てにすることにしたから!(笑) ちなこもち、どうもありがとう!」

ちなこもち「ありがとうございました!」


♪ I'm FISH// / DISH//


とーやま校長「マジで、魚を食べようって思わない?」

あしざわ教頭「聴いてると、不思議なもんでお腹がすくんですよ(笑)」

匠海先生「この時間はお腹すきますしね」

とーやま校長「そうなのよ! この時間とかに食べたりするんですか?」

という校長の質問に、食べると答えるDISH//先生。
その中で、夜中に食べても体型など気にしないと話すのは…

大智先生「全然気にしないですね!」

null


とーやま校長「すごい脇をかきながら(笑)」

一同笑い

大智先生「脇がかゆかったんです!」

とーやま校長「(笑) …からの、もしもし!」

さみゅう 鹿児島県 16歳 女性 高校2年生

さみゅう「もしもし!」

先ほど、書き込みを紹介させてもらったRN さみゅう。
高校2年生だと言うことで…

あしざわ教頭「中2高2は、フリダーーーーム!!」

さみゅう「フリーダーーム!」

あしざわ教頭「ナイス、フリーダム!」

とーやま校長「…特に龍二先生の戸惑いがハンパじゃないんですけど」

龍二先生「可愛い声が返ってきたんで、ちょっとドキっとしちゃいましたね(笑)」

null


あしざわ教頭「そっち!?(笑) こういうのがあるんですよ、すみませんね(笑)」

そんなRN さみゅうがDISH//先生に聞きたいこととは…?

さみゅう「いつも一緒にいる友達がいるんですけど、本音で話せないんです。DISH//のみなさんは本音を話して本気でぶつかったりすることがあるんですか?

中学・高校と3人で仲良くしている友達がいるのだが、話しているうちに突然当たりが強くなったりきつくなったりするのだそう。
また、Twitterなどで悪口を呟いたりして広めてしまうことがあるので、本音を話したくても怖くて話せないとのこと。

とーやま校長「さみゅう、ごめんな、ちょっと待っててもらっていい? …DISH//のみんな、これは答えられる感じ? 行ける人、手を挙げてもらっていい?」

null


一同笑い

龍二先生「正直者がいるんだよな」

とーやま校長「OK、わかった! さみゅう、ごめん!」

さみゅう「はい」

とーやま校長「龍二先生、このさみゅうの質問はどうですか?」

龍二先生僕ら5人はめちゃくちゃ仲がいいんですよ。結成した5年前とかは、それはぶつかりましたよ。中学校2〜3年ぐらいで、みんな思春期でもあったんで、反抗期もあってめちゃめちゃぶつかってたんですよ。
僕らは結成してからずっと、LIVEのセットリストを僕らで決めるっていうのが多かったんですけど、そのセットリストを決めるのに"この曲がいいだろ""いや、こっちだろ!"みたいな感じでした」

とーやま校長「おのおの、想いがあるからね」

龍二先生「LIVEを大切にするからこそ、ケンカをしたこともたくさんありましたし、プライベートでもケンカすることはありましたもん。でも、結成して5年、結成する前から仲良かったんで、もう付き合いは10年とかなんですよ。10年の仲だから、もう全部性格とかわかってます。
だから、今を乗り越えたらすごく仲良くなれると思うんですよね。まだ本音が言えないっていう時期はありますけど、それを乗り越えればすごくいい絆が生まれて来るんじゃないかなって思います

とーやま校長「龍二先生的には、ケンカしようと思ってケンカするんじゃなくて?」

龍二先生「そうじゃなくて、人間と人間ですから、ぶつかっちゃうことはしょうがないんですよ。でもぶつかった後に修復して行く力、っていうのを、俺は大事にしてほしいなと思います」

null


とーやま校長「他のみんなも、俺のことが嫌だからこう言ってるわけじゃなくて、このDISH//というものをよくしようということでの言葉だってこともわかってるから、いまだに5人でキャッキャできるっていうことですね」

龍二先生「そうですね」

匠海先生「僕はさみゅうさんと同じタイプというか、この際だからすごくぶっちゃけた話をしますけど、中学時代、中学校の裏掲示板に(悪口とかを)書かれたりした時代があったんです。
今はTwitterかもしれません。でも、その時助けてくれたのってやっぱり友達だったんですよ。
思ったことを素直に言えるもんではないと思うんですけど、さっき龍二が言ったように、友達とは中学校・高校って一緒に入れてるぐらいだから、きっとお互いわかり合えてる部分もあると思うし、この先長く付き合って行ったらわかる部分もあると思う。
友達だからこそ抱えるストレスはもちろんDISH//の中にもあるし、それは、乗り越えるべき問題な気がします。僕は、ここで手放しちゃったらもったいないって思います」

とーやま校長「さみゅう、話を聞いててどうだ?」

さみゅうもうちょっと、自分の意見とか本音とかをちゃんと話してみようかなって思います!

とーやま校長「うん! ちゃんとぶつかればちゃんと受け止めてくれますよね」

DISH//先生「そうですね!」

お泊り会をしてぶっちゃけトークでもすれば、もっと絆が深まるというアドバイスも。
RN さみゅう、話を聞かせてくれてありがとう!


♪ また明日。(Bonus Track) / DISH//


とーやま校長「思った通りにいかないこともたくさんありますけど、でもそこを乗り越えて、今こうして5人がこの場にいる! 改めて、…今日は終わったな! 今日はどうもありがとうございました!」

DISH//先生「いやいやいやいや(笑)」

あしざわ教頭「いや、まだ終わってない! しかもさっきのくだり、しゃべってない人がいたから!」

とーやま校長「それは手を挙げなかったからさ!」

あしざわ教頭「気になっちゃうからそれを言うなって!(笑)」

null



ここで書き込みを紹介!


DISH//5周年おめでとう!
10日はCDデビュー5周年でしたね☆
おめでとうございます!
5年前はこんな風にお祝いできるなんて思ってませんでした。大智が加入して5人になったDISH//。どんどんパワーアップしていくみんなを、10周年、20周年とお祝いし続けて行きたいです!
みんな大好き♡♡
あ さ ひ *
女性/17歳/広島県
2017-06-12 23:04



DISH//「ありがとうございます!」



I'm FISH//の衣装で昭島参戦!
I'm FISH//をはじめに聞いた時は、ふざけてるって思ったけど、生で聞いた時にかっこいいってなりました。武道館、実食会とDISH//のLIVEに参戦して、本当に大人になってるし、一人ひとりが奏でる音がDISH//の音楽だって感じです!本当に大好きです!これからも応援し続けます!
大智加入ありがとう!
Sakip
女性/21歳/新潟県
2017-06-12 23:12



大智先生「ありがとうございます!」

null


ドラムの大智先生は、今年の1月1日、日本武道館でのLIVEで正式加入されました!

とーやま校長「それから半年ぐらい経つんですけど、大智先生としては、今どういうお気持ちですか?」

大智先生「あっという間に時間が過ぎてるようで、だけどまだ半年なんだ、っていう感覚ですね。もう僕的には、みんな慣れたっていうか…」

匠海先生「そんなことない」

大智先生「おい! みんな親友なんですけど…」

とーやま校長「ちょっと距離を感じる(笑)」

大智先生「でも、本当にみんな仲良くしてくれて、僕は楽しくやってますね!」

とーやま校長「他のみなさんは、大智先生が入られてどうですか?」

龍二先生「半年前に入ったとは思えないぐらい、5人が一致団結している感じがすごくするので、本当にドラムが大智でよかったって心から思ってますね」

null


大智先生「ありがとうございます! 嬉しい!」

匠海先生「大智の加入は僕から提案したことだったんです。大智が前やってたバンドが解散するって聞いてたし、大智がドラムをやりたいって言ってたのも聞いてたんで、みんなに持ちかけて、僕たちの新たなスタートを踏もうじゃないかと」

とーやま校長「さっきと言ってることが全然違うじゃないか! なんだよ!」

大智先生「ツンデレなんですよ」

柊生先生「どっちも行けるんですよ! 真面目な方も、ふざける方もどっちも行けるんです」

また、DISH//先生は、今年の9月に、5人としては初の野音でのLIVEを開催!
DISH//日比谷野外大音楽堂公演17’秋 『MUSIC BOIN!!(ミュージックボイン)』

とーやま校長「これはどういったLIVEなんですか?」

匠海先生「心踊る、胸踊るっていうLIVEです!」

とーやま校長「そこから『ボイン』ね!」

DISH//先生「そういうことです!」

null



さらに、今月末から2マンZeppツアーを開催!
HMV Presents『DISH// やる気マンマン2マン TOUR』

日程はこちら!
6/28(水) Zepp Osaka Bayside 『-Osa//KAMOTO’S-』(OKAMOTO’S)
6/29(木) Zepp Nagoya 『-BOYSだらけのMAINDISH-』(BOYS AND MEN)
7/4(火) Zepp DiverCity TOKYO 『-B?D?ISH!!-』(BiSH)


このメンバーは、DISH//先生の方から共演をお願いしたのだそう。

とーやま校長「OKAMOTO’SもよくSCHOOL OF LOCK!に来てくれてたし、BiSHもこの間来てくれました。さらに、ボイメン! 今週の木曜日に俺らは初めてお会いします! ボイメンのみなさんはどんな感じか聞いてもいいですか?」

柊生先生「ぜひ! 僕らを見てわかる通り、身長があんまり高くないんですけど、ボイメンさんはめちゃくちゃ身長が高いんですよ! 僕らが平均で170ぐらいなんですけど、ボイメンさんは(平均で)180近くあるんで、だから僕らよりも10cmぐらい高いんです。まず、もう迫力がすごいんです!」

とーやま校長「でも今日、そうとう迫力がありますよ!」

柊生先生「いえいえ、僕らは声だけなんで!」

とーやま校長「そんなことない!」

あしざわ教頭「ギャガーもいますからね(笑)」

昌暉先生「にせものです!」

あしざわ教頭「嘘でしょ!?(笑)」

とーやま校長「じゃあ11時台も1個ギャグをお願いします!」

昌暉先生「あ、いいですか? 行きます!
右でチョップ! 左でチョップ! 10時10分!!

null


柊生先生えー、11時半なんですけどもね! すいませんほんとに!」

一同笑い

とーやま校長「これはいい!(笑) 柊生はネタ合わせとかしてたわけ?」

柊生先生「いえ、何もしてないです。(定番で)もう見慣れたんです」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「ボイメンはギャグとかもやるのか」

柊生先生「すぐに立つんですよ。それは僕たち勝てないなっていう」

とーやま校長「前へ前への精神なんですね」

一緒にバラエティ番組に出た時も、真ん中にいたDISH//先生のところに横から割って入ってきたのだそう。
声量もすごいので怖いと話すDISH//先生。

あしざわ教頭「これお笑い芸人同士の話じゃないでしょ?(笑)」

改めて、DISH//先生の今後の活動はオフィシャルサイトを見てほしい!


さあ、本日の授業はDISH//先生に10代の生徒の悩みを聞いてもらっている!

とーやま校長「どんな内容でもいいですか? 今、どんな質問でもいけますよ、って人は手を挙げてください」

null


一同笑い

あしざわ教頭「この段階で手を挙げられないって何なの!? まだ何が来るかわかんないでしょ?(笑)」

とーやま校長「(笑) 5人の手が上が挙がることを信じて…もしもし!」

ゆうきショルダーズ 大阪府 16歳 男性 高校1年生

ゆうきショルダーズ「もしもし!」

RN ゆうきショルダーズは、恋愛のことについてDISH//先生に聞きたいのだそう。

柊生先生「カモン!」

あしざわ教頭「まさかの(笑)」

ゆうきショルダーズ「高校に入ってすごく仲良くなった女の子がいて、その子を好きになったんですけど、他の友達から"お前ら付き合ってるの?"と言われることが少し嫌になったんです。それでその女の子に"そう言われてるから距離をあけて"と言ってしまったら、向こうがすごく冷たくなちゃったからどうしたらいいのかなと思っています」

とーやま校長「本当は今まで通り仲良くしたいんだもんね?」

ゆうきショルダーズ「はい」

匠海先生「思ったこと言っていいですか? これはもしかしたら、女の子側は律儀に距離を置いてくれてるのかもしれないですよ。素直な子なんじゃないかなと思って」

null


とーやま校長「もしかしたらゆうきショルダーズのことが好きで、好きな男の子がそう言ってるからなのかもね」

RN ゆうきショルダーズは、みんなから"付き合ってるの?"や"ラブラブだね"など言われるのが恥ずかしくて素直に言えないらしい。

柊生先生「"お前ら付き合ってるの?"より"お前らラブラブ過ぎだよ"って言われる方が恥ずかしさがちょっと収まる気がする」

とーやま校長「そこまで行ききるとね」

龍二先生「それから先に進展しようとしてるんですか?」

ゆうきショルダーズ「それで、仲良くなれたらちゃんと素直に気持ちを伝えようかなって」

龍二先生「…っていうのはつまり?」

ゆうきショルダーズ「(笑) …告白しようかなって思っています」

DISH//先生「おおーい!」

あしざわ教頭「追い込んだな(笑)」

匠海先生「その一歩が出ないってことですね。謝る勇気とか」

とーやま校長「まずは謝らないと! ここはどうする?」

匠海先生「これは男の意地で、そこは見せていかないと! こっちから動かないときっと何も変わらないと思う」

大智先生「(女の子は)絶対に待ってると思います! もともといい感じだったわけじゃないですか。匠海が言った通り、あっちも律儀に距離を置いてるんじゃないかなって感じますね」

null


とーやま校長「さっき手を挙げてなかったのに!(笑)」

あしざわ教頭「校長! なんでそういうことを言うんだ!」

DISH//先生「(笑)」

とーやま校長「ゆうきが、それこそ本当に"勇気"を持っていかないと!」

ゆうきショルダーズ「謝って、ってことですよね」

その時には、メールや手紙、LINEではなく、せめて電話で、直接言うことが大事だと話すDISH//先生。
元々仲が良かったのだから、絶対に取り戻せると力強い言葉をかけてもらったぞ。

とーやま校長「ゆうきショルダーズ、どうする?」

ゆうきショルダーズちゃんと謝って、もう一回仲良くしたいです!

大智先生「一回距離を置いてから、告白して付き合うってことになったら、たぶんすごいラブラブになると思う」

昌暉先生「"そんなことあったね!"ってそれも一つの思い出になるしね!」

匠海先生「これもさっき手を挙げてなかった人」

あしざわ教頭「だから言うなって!(笑)」

ゆうきショルダーズ「(笑) 頑張ります!」

RN ゆうきショルダーズ、頑張れ!
DISH//先生もみんなで応援してくれているぞ!


♪ こくっちゃえっつーの! / DISH//


とーやま校長「ゆうきショルダーズ、まだ聴いてるかな? もう、お前のための歌だからね」

あしざわ教頭「お前のメインテーマ曲だ!」

匠海先生「俺らこんな曲を歌ったことないってぐらいビックリしましたね! こんなドンピシャな曲あったっけ、みたいな(笑)」

一同笑い

null



続いては、こんな書き込みから…


■ 弱い
自分の心の弱さが嫌になってくる。
今日も学校に行けなかった。
今クラスにすごくいづらい状況だから、休みがちで、クラスに友達がいないから、常に一人。
それでももう高3で、進路に関わる大事な時期だし、高3になってからすでに4〜5回は休んでるから、行かないといけないのはわかってる。
クラスの嫌な空気と気にならないようになれたらいいのに。
卒業まではなんとか頑張りたいんだ。
ちびーず革命
女性/17歳/鳥取県



とーやま校長「もしもし!」

ちびーず革命 鳥取県 17歳 女性 高校3年生

ちびーず革命「もしもし」

高校2年生の時に仲良かった子がいたのだが、その子以外のクラスメイトからは避けられている感じがあったのだそう。

とーやま校長「そういう状況でも、仲が良かった友達は一緒にいてくれたの?」

ちびーず革命「他に一緒にいる子がいないから、私と一緒にいる感じでした」

それでも一緒にいてくれたので落ち着いていられたが、高校3年生になってその子が中学校の頃から仲がいい友達と一緒のクラスになってしまい、RN ちびーず革命とは疎遠になってしまったのだそう。

とーやま校長「ちびーず革命は1人になってしまっていると思ってるし、居心地もよくないってことか。でも、学校は今まで通りに行きたいって気持ちはあるんだね?」

ちびーず革命「はい。あります」

とーやま校長その友達とも前みたいに仲良くしゃべりたいって気持ちもある?」

ちびーず革命「あります」

とーやま校長「ここが、ちびーず革命の中で、大きい2つのところなんだね」

匠海先生「親とか、そういう人には話せてるんですか?」

ちびーず革命「話せてないです」

大智先生「親にはなかなか話せないよねー」

龍二先生「親だったら、一番自分の子供が大好きなわけですから、それはもうめちゃくちゃ気を使っちゃって言えないところではあるよね」

匠海先生「ちびーず革命さんの言葉で僕が率直に思ったのは、自分でひとりっていう環境を作り出しちゃってる感じがすごくある気がします。その子が中学の時の友達といるから自分と話せない、っていう、その一歩を、自分が踏み出せずにいるんじゃないかな。
じゃあ、その中学の時の友達とも仲良くなっちゃえばいいじゃん、って僕なんかは思っちゃうんですけど、でもそれぐらいの勇気ってなかなか出ないものだからね。
僕なんかは、親父とかお母さんにすごく相談するんですけど、やっぱり親身になってくれる。ずっと育てて来てるわけだから、僕は親っていう存在を、改めて見直してみてはどうでしょう、みたいに思う。友達より前に、お父さん、お母さんにちょっとでも相談してみる、とか、本当に身近な部分から見てみるのはどうでしょう?」

null


龍二先生「でも、めちゃくちゃ避けられてるわけでもなく、まだ大丈夫な段階というか、一歩踏み出したらどうにでもなりそうな状況ではあるからね。ヘラヘラした感じで親に相談してみると、自分でも軽く相談できるかもしれないしね」

匠海先生「避けられてるって思い出したら止まらないじゃないですか。しかも学校なんて30人が箱に入って特殊な状況ですし、1人で抱え込んじゃうと思うんですよね。そこは、お母さんとか、少しでも他愛もない話ができる人と(話したら)」

とーやま校長「お母さんとも毎日会うだろ? 親だからちょっとは感じてるかもしれないしね」

ちびーず革命「それはあります」

とーやま校長「そうだよね! …で、話した時に、親はたぶん口には出さないけども、"そらきた! やっぱりそうだったな"っていうことで、話も早くなるかもしれない」

匠海先生「絶対に心配してると思うんですよ」

とーやま校長「一回、自分の持ってるこの重いものをお母さんにもちょっと持ってもらって、そこからどうするか考えるといいかもしれない」

匠海先生「1人では絶対に抱えられないと思う。僕なんかも音楽でボーカルとして人の前に立ってますけど、他のメンバーがいるからこそ前に立ってるわけで、やっぱり周りのそういう存在って絶対に大事だと思います」

とーやま校長「ちびーず革命、どう?」

ちびーず革命「できるなら、新しく友達も作りたいんですけど、DISH//さんはどのように作ったらいいと思いますか?

柊生先生「僕はこれをみんなにやれって言ってるんですけど、わざと忘れ物をして、隣の人に借りろって言ってます」

とーやま校長「きっかけ作り!」

柊生先生「そう! 僕も高校生の時に本当にこれで友達を作ってたんですよ。この間の握手会の時も、"柊生くんが言ってて、本当にそれで友達がたくさんできた"っていう子もいたりしました。だから、アナログなやり方だけど、意外とできるんですよ!」

null


ちびーず革命「はい!」

とーやま校長「いっぺんにやる必要はないから、ゆっくり、ちゃんと自分の思っていることも伝え、そういうこともやっていけば大丈夫じゃない?」

ちびーず革命「はい! ありがとうございます! 頑張ります!

頑張れ! ちびーず革命!
話を聞かせてくれてありがとう!


さあ、そろそろ黒板の時間。
今日はDISH//の匠海先生が書いてくれたぞ。
その間に、掲示板の書き込みを紹介!


5周年おめでとうありがとうおめでとう
5周年おめでとうございます!
中1の時DISH//知りました。人生初ライブがDISH//でした。いつもふざけてる感じなのに真剣な姿も見れてすごく新鮮でした。高校で環境変わって忙しくなって大変なこともつらいこともあるけどいつもDISH//の音楽に助けられてます。これからも頑張ってくださいずっと応援しています!!!
Egg!!!
女性/16歳/愛知県
2017-06-12 23:35



DISH//先生「ありがとうございます!」

さあ、匠海先生が書いてくれた黒板はこちら!

null


『 人間だもの。 』

匠海先生「僕も学校時代、めちゃくちゃ悩むタイプだったしすごいネガティブだったんですけど、DISH//っていう存在に出会って、ポジティブになれました。
やっぱり人間だし、こうやってたくさんの悩みもあるし、抱えるじゃないですか。でも、"みんな一緒なんだよ""みんな抱えてるんだよ"って、僕は率直に思いましたね。
僕もそうだったんで、誰しもが変わるきっかけって絶対にあるなって、そう思いました」


♪ モノクロ / DISH//


とーやま校長「DISH//先生のみなさんは、聴いている生徒の年齢と近いということもあるし、楽曲も言葉も、今日出会えて本当によかったと思っています。また絶対来てくださいね!」

DISH//先生「よろしくお願いします!」


♪ 変顔でバイバイ!! / DISH//


最後は昌暉先生のギャグでお別れしたぞ!

とーやま校長「いいですか? お願いします!」

昌暉先生「行きます! だるまさんが…ころ、ンビア代表ーーー!!!!

null


柊生先生「なかなかいないっすよねー!」

とーやま校長「柊生が速いんだよ!(笑) ありがとうございました!」


DISH//先生、今日はありがとうございました!
またよろしくお願いします!

null



【FAXイラスト】


null

RN ふてふてりんご


null

RN ふてふてりんご


null

RN 感月勇


null

RN えリンギあいすくりん


null

RN 望月朔


null

RN ふてふてりんご


null

RN ハムカツ御膳




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ちなこもち 山形県 17歳 女性
さみゅう 鹿児島県 16歳 女性
ゆうきショルダーズ 大阪府 16歳 男性
ちびーず革命 鳥取県 17歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
アンパイア 神奈川県 15歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 鐘泣く命 / indigo la End
22:27 the end of my world / LiSA
22:40 I'm FISH// / DISH//
22:49 また明日。(Bonus Track) / DISH//
23:23 TOKIMEKI LIGHTS (Album-mix) / Perfume
23:40 こくっちゃえっつーの! / DISH//
23:51 モノクロ / DISH//
23:52 変顔でバイバイ!! / DISH//

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

DISH//先生との2時間があっという間!
次はまさきのギャグ100連発で決まりです!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

手をあげてたかどうかは写真をみるんだ!!
DISH//先生とまた授業したいぞ〜!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
SCHOOL OF LOCK!


『 初めまして4組目 』

来週のSCHOOL OF LOCK! は、毎日がスペシャル授業〜♪
今回は、「初めまして!?」WEEK!

あしざわ教頭「これまで、会ったことがないゲスト講師の方を、毎日お呼びする1週間です!」

とーやま校長「今週は月曜日から毎日1組、来週のゲスト講師を発表してきた!」

あしざわ教頭「ということで今夜もゲスト講師を発表していきます!」

月曜日は5人組ダンスロックバンド DISH//が初来校!

火曜日は、スクールオブロックの前の時間夜9時からJFN各局で放送されている「ニコラジパーク」でお馴染みの
天月-あまつき-先生&96猫先生が初来校!

水曜日は、MAN WITH A MISSION先生の来校も決定!

とーやま校長「MAN WITH A MISSION先生、俺は会ってるんだけどね」

4年前に、SCHOOL OF LOCK! の音楽室からライブをしてもらってます!

あしざわ教頭「ただ! 教頭のあしざわは初めましてですから!」

とーやま校長「そしてこの後、来週のゲスト講師4組目を発表するぞ!」

来週木曜日!生放送教室に初来校してくれるのは…!

BOYS AND MEN先生ーーー!!!


♪ YAMATO☆Dancing / BOYS AND MEN


BOYS AND MEN先生は、東海エリア出身・在住の10人で構成されたエンターテイメント集団!

とーやま校長「俺は震えているよ!」

あしざわ教頭「震えてる?」

とーやま校長「初めてお会いできるのはとても嬉しい! ただ、めちゃイケにボイメン先生が出ているのを見たんだけど、若手芸人の16倍くらい若手芸人している!」

あしざわ教頭「16倍!?(笑)」

とーやま校長「2時間に納まりきらないかもしれない! っていう震え!」

あしざわ教頭「我々はきちんと時間通りに納めなきゃいけないんですもんね(笑) そこは力を見せつけましょう!」

とーやま校長「でも、ボイメン先生は人気もすごくて、日本武道館でライブも行ったりしているんだよね!」

あしざわ教頭「楽曲も初めて聴きましたけど、キラキラしていますね!」


ボイメン!!
いやー!!!ボイメン!!やばい!来週楽しみすぎる〜!!!
らくぽむ
女性/15歳/宮城県
2017-06-08 22:07


あしざわ教頭「早速テンション上がってますね!」

とーやま校長「この生徒も宮城の生徒だし、東海エリアのみならず、日本全国で人気なんだね!」

改めて、BOYS AND MEN先生! 来週木曜日よろしくお願いいたします!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「木曜日までのゲスト講師を発表したけど、来週金曜日! FRIDAYの授業にもゲスト講師がやってくるぞ!」

あしざわ教頭「このゲスト講師も、わたくし教頭のあしざわは初めましてです」

来週金曜日に来校してくれるゲスト講師は……!

元生徒! そして元Toppaモデル!

乃木坂46! 井上小百合ちゃんの来校が決定ーーーー!!!


とーやま校長「さゆにゃんこと、井上小百合ちゃんが久しぶりに来てくれる! 一度、この学校の先輩としても来てもらったんだけど、応援LOCKS! が今月いっぱいで終了する、ということで、井上小百合ちゃんが、来週金曜日に来てくれるわけ!」

あしざわ教頭「井上小百合ちゃんは、元SCHOOL OF LOCK! の生徒で、応援LOCKS! と深い関わりがあります! ロッテToppoとSCHOOL OF LOCK! がタッグを組んで、受験生に贈る勇気のお菓子、『Toppa!』
このToppaの裏面に登場して受験生を応援するToppaモデルを井上小百合ちゃんは過去につとめてくれていました!」

とーやま校長「毎年Toppaモデルは5〜6組いるわけだけど、その中の一人として店頭に置かれるToppaの裏パッケージを飾っていてくれていたんだよ!」

あしざわ教頭「すごいことですよ!」

とーやま校長「井上小百合ちゃんが、中学3年生の時だね。その当時の話も聞かせてもらおうと思う! この日は、オープニングから小百合ちゃんに参加してもらおうと思ってるんで、来週金曜日も、授業開始から出席よろしく!

来週のスペシャル授業、「初めまして!?」WEEKについては、我が校の特設サイトにまるごと貼り出してるので、各自確認をお願いします!


そして、今夜のSCHOOL OF LOCK! 授業テーマは……

「学校を辞めた君のこれからの話を聞かせてほしい」

新しい学校に通い始めて、新学期が始まって、2ヶ月。
もしかしたら今、学校がしんどいな、と思ってがんばって学校に行っている生徒もいるだろうし、
辛くて学校を辞めました、という生徒も中にはいると思う。
今日は、学校を辞めたという生徒に、これからの話を聞かせてもらおうと思う。

「学校を辞めたけど、今、夢に向けてがんばっています」
「また学校に通いたいけど一歩が踏み出せません」
「これからどうしたらいいのか分からない…」


君のこれからのこと。そして、良かったら君が学校を辞めた理由を学校掲示板で教えてください。
他の人に見られたくない、という生徒は、メールでも大丈夫。

今夜は、君のこれからの話を一緒にしていきたいと思う。
まずは、学校掲示板の書き込みを紹介!


学校を辞めて半年
私はクラスに行くのが怖くなって不登校になり、学校を辞めました。半年経った今でも、辞めた学校の夢を見たり、思い出して辛い思いをすることがあります。でも、「大学生になる」という目標があるので、通信制の学校に通って頑張っています。人と会うのが怖いと思う時期もありましたが、今はそれを乗り越えて、自分なりに楽しいことを見つけて生きてます!
ぺんぺんきんぐ
女性/17歳/愛知県
2017-06-08 17:51


あしざわ教頭「うん! ちゃんと前に進んでいるってことですよね。学校を辞めちゃいけないって決まりもないし、そこで留まらずに目指すものを見つけているってすごく素敵なことだと思う! ぺんぺんきんぐ、頑張れ!

SCHOOL OF LOCK!



学校。
私は、3月に高校を辞めました。

中学生の頃、あまり学校に行けませんでしたが、
高校では、みんなと上手くやって、テストも上の方で、明るい気持ちで学校居れました。
でも、目標や夢を叶えるため学校を1年で辞めてしまいました。
私の夢は、表現者になることです。
悪役だったり、クセのある役を演じたいです。可愛い写真集に載りたいです。
演技、歌、ダンス、その他にもたくさんの表現を知りたいです!

今はアルバイトをして、そのためのお金を貯めています。

ちょうど今日、ボーカルスクールの体験に行って来ました!!
これから、苦しいことをたくさん経験して頑張っていきたいです。
どうしたら、人に笑顔や元気を届けられますか?
みなのしん
女性/16歳/愛知県
2017-06-08 18:13


あしざわ教頭「カッコイイな! やりたいことのために学校を辞めて、それをマイナスとは捉えずにチャンスだと思ってやっている。その時点で周りの人よりも一歩リードしていると思うし、自分がやりたいことを見つけて、それに向かって迷わず選択をしたこともカッコいいと思うよ!」

とーやま校長「これから苦しいことが待っていることが分かっていて、それでもドンと来い! の姿勢なんだよね。ここでの経験が表情や台詞回し、手先のしなやかさ、全てに表れると思うな」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「絶対にためになるよ!」


そして、本日最初に逆電した生徒は…

ここ助 福岡県 16歳 女性

とーやま校長「書き込みありがとうね! ここ助は、高校を辞めたんだよね。いつ辞めたの?」

ここ助「今年の3月で辞めました」

とーやま校長「今年の3月ってことは、高校を1年間過ごして辞めたってこと?」

ここ助「いえ、去年の5月の終わりくらいには行かなくなって、今年の3月に辞めました」

とーやま校長「なんで辞めたかは聞いて大丈夫?」

ここ助「はい。周りの友達と性格があまり合わなくて……

RN ここ助は、中学1年生の頃に剣道部に入っていたのだけど、同じ学年の女子から影で悪口を言われたり、避けられたりするようになったのだそう。
どういうきっかけで影口が始まったのかも分からず、遊ぶ約束をしていたのに、RN ここ助だけ置いていかれたりすることもあったのだとか。

とーやま校長「イヤだね。ネチネチやってくるんだよなぁ」

ここ助「クラスでは部活が一緒の女の子以外から悪口を言われたりして、中学2年生の頃は相談室っていうところにいました」

だけど、中学3年生は最後の年ということもあり、頑張ってクラスに行っていたのだけど、クラスの男子から悪口を言われたり、物を投げられたりしたのだそう。

とーやま校長「それでも、ここ助は中学校をちゃんと卒業したんだね。えらいね!
でも、その時の気持ちとしては、正直中学3年間は楽しくなかったよな。だから、高校ではそうじゃない高校生活を目指して通っていたんだよね」

ここ助「はい」

とーやま校長「それで、高校に入学してからは、どういう毎日だったの?」

ここ助「最初は周りの子とかに話しかけてたりしたんですけど、あまり馴染めなくて、5月の終わりくらいに学校に行かなくなりました

とーやま校長「だんだん気持ちが折れていってしまったんだね。それは先生とかにも話はした?」

ここ助「はい。クラスにあまり馴染めないので、アドバイスが欲しいって話をしました」

とーやま校長「先生は、その時どうしてくれた?」

ここ助「相談には乗ってくれました」

でも、RN ここ助の気持ちはそこまで上がらず、今に至るのだとか。
学校を辞めてからはコンビニのバイトをしていたのだけれど、今は辞めてしまっているのだそう。

とーやま校長「今日は、1日何してた?」

ここ助「DVDとかテレビを見たりしていました」

とーやま校長「今は毎日そういう感じで過ごしているんだね。今日は学校を辞めた奴の話を聞きたくて、ここ助に電話させてもらっているんだけど、高校を辞めたことに対して、今どう思ってる?」

ここ助もうちょっと(学校に)行っていれば良かったなぁって思います

とーやま校長「それは、どうしてそう思うの?」

ここ助「もうちょっと行っていたら友達とかも出来たかもしれないな、って思って、まだ通っていれば良かったなあって思いました」

とーやま校長「ちょっと後悔の気持ちがあるんだね」

あしざわ教頭「高校の時は、全く友達はいなかったの?」

ここ助「同じ中学校から来た子とは少ししか喋れなくて……」

あしざわ教頭「もし、その子と頑張って喋っていれば変わったかもな、って考えちゃうんだね」

ここ助「はい」

SCHOOL OF LOCK!


そして、RN ここ助にはもう一つ心残りなことが…。

ここ助「中学生の時、小学校から仲が良かった子と一緒に剣道部に入ったんですけど、その子にも悪口を言われるようになってしまって…。
後々、その子は謝ってくれて味方になってくれたんですけど、私が部活を辞めちゃったので、そのまま関係が終わっちゃったんです。それも後悔してます」

とーやま校長「3、4年前のことを未だに後悔しちゃうんだ。これは、自分との決着をどこかでつけないといけないね。そこで頑張ることが出来たら、コンビニのバイトも続けられてたかもしれないって思ったりする?」

ここ助「はい」

あしざわ教頭「人と話していたりしても、また裏切られるかも…って思って怖さが勝っちゃうってことかな」

ここ助「はい。過呼吸になったりしてしまうこともあって…」

あしざわ教頭「やっぱり、ちょっと人が怖いんだね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「今、ここ助はやりたいこととかってある?」

ここ助「今、高校に行ってないので、定時制か通信制の高校に行きたいって考えています」

とーやま校長「それはどうして?」

ここ助保健室の先生になりたいんです!

RN ここ助は中学の頃、クラスに行けずに相談室に行っていたのだが、そこの先生がとても優しくしてくれたので、自分も保健室の先生になって悩んでいる生徒の相談に乗ってあげたい、と思ったのだとか!

とーやま校長「相談室の先生が、ここ助の気持ちを受け止めてくれたんだね。だけど、今は毎日辛かったりする?」

ここ助「はい…」

とーやま校長「でもね、ここ助は止まっているわけじゃなくて、もがきながらも動いている状態だと思うんだ。俺は、心が動かなくなった時が一番マズイなって思うんだよ。それはどんな年代でもね。
ここ助は、中学や高校の時の後悔を持ちつつ、今も”どうしたらいいんだ”って悩んでいることは、何もしていない状態ではないと思う。時間なんてまだまだいくらでもあるし、焦る必要なんてないってことを言いたいな

ここ助「はい!」

とーやま校長「もしも、将来保健室の先生になったとして、今のここ助のような悩みを持った生徒がお前の元にやってくるわけじゃん?
ということは、今いっぱい悩むこともめちゃくちゃ大事なことだと思う。時間をかけてもいいから、色んなことを考えて悩むことが将来の10代の生徒のために役に立つと思うな!」

あしざわ教頭「だって、そんなにすぐには立ち直れないと思うしな。色んなことですごい傷ついただろ? 時間かけてゆっくり立ち直っていこう!

SCHOOL OF LOCK!


ここ助「はい!」

とーやま校長「あとは、残っている後悔をどうやって落とし前つけるか、だよな」

あしざわ教頭「自分では分かっているから余計に辛いよな」

とーやま校長「その時の剣道部の子とは、それ以来話はしていないの?」

ここ助「全然していないです」

だけど、その子とちゃんと話しをして、前みたいに仲良くは出来なくても、また友達に戻りたいというRN ここ助。

とーやま校長「時間はかかるかもしれないけど、まずは自分との決着をつけよう。
自分と向き合えば、伝えたいことや、素直に言いたいことが何かの拍子に見つかるかもしれないし、その友達に面と向かって気持ちを伝えられる時にようやく新しいスタートが切れると思うよ。
今は色んなボタンが掛け違っている状態だと思うから、その友達と話が出来た瞬間に”バチン!”とはまるかもしれないぞ!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、RN ここ助とは、23時台も一緒に話をしていくことに!
学校掲示板にはRN ここ助に向けて、たくさんの書き込みがありました。


学校をやめたこと
自分は、最初に行っていた高校を3カ月で辞めました。あの時はいじめのようなものを受けてて、学校に馴染めずに、毎日学校に行くたびに、辛くなって、不登校になって通信制高校に転校しました。
あれからもう5年が過ぎて、今は大学3年生になり、それなりに楽しい時間を過ごしています。
今思うと、通信制高校に行って良かったと思います。
もし、今学校に行くのが辛いのならば、無理して行く必要はないと思うし、辞めるのも選択肢の一つだと思います。
クリアケア
男性/20歳/北海道
2017-06-08 22:35


とーやま校長「良かったね!」

あしざわ教頭「うん! こういう選択肢もあったってことですね」

SCHOOL OF LOCK!



学校
定時制・単位制の学校には同じように辞めた子がたくさんいるよ。
同じ学年だけど本当は一つ年上の子もいるよ。
通信制には中卒で就職したけど20歳後半でもう一回学校に行きなおしてる人もいるよ。
私のバイト先の社員さんは秋から夜間に通うって聞いた。
辞めたっていいし、行きたいと思ったら行けばいいと思う。
保健室の先生になるために学校に行きたいって思えるのはとても素敵。
優しくて素敵な保健室の先生になれるよ。大丈夫。
深い森の妖精 幻音
女性/17歳/富山県
2017-06-08 22:52


とーやま校長「遅すぎることは何ひとつないってことだね!」


わたしも✋
初投稿です、、、
わたしも同じように、中学3年生のときも不登校だったわたしは…高校入学して2ヶ月で高校も行けなくなりました。。理由はやっぱりクラスのみんなとうまくいかなくて、行けなくなりました
同じクラスで同じ中学だった女の子に避けられたのも理由のひとつです

それから1年半後わたしは通信制高校に入学しました この1年半はもう学校なんか行かない!っていう私で、バイトしかしてませんでしたが、徐々に学校行きたいっていう気持ちがでて転校しました だから1年ダブっています

通信制高校ではまあまあ、やっています友達もできました
でも、今ではやっぱり後悔はありますあのときもっとみんなに話しかけられたはず…もっと行動できたはず…もっと学校行けたはず…と せっかく第一志望の高校入学したんだから…と

だから、さっきラジオ聞いててすんごいわたしと似てるなぁとそっくりだなぁと唐突にこの掲示板に投稿してみました…
長文失礼しました…
すべりちゅん
女性/18歳/長野県
2017-06-08 23:23


とーやま校長「みんな、たくさんの書き込みをくれてありがとう! ここ助、お待たせしてごめんね。掲示板は見た?」

ここ助「見ました!」

とーやま校長「みんなの書き込み見て、どう思った?」

ここ助辛い思いをしているのは私だけじゃないんだな、って思いました」

とーやま校長「そうだね! ここ助は、福岡でしょ? 四国にも本州にも北海道にも、ここ助と同じ年代の子が、今も歯を食いしばっているんだよな」

SCHOOL OF LOCK!


ここで、RN ここ助に向けて掲示板に書き込みをくれた、ある先輩の話を聞いてみることに。

とーやま校長「…もしもし!」

あやこん 新潟県 20歳 女性 大学3年生

あやこん「もしもし!」

とーやま校長「あやこん! 書き込みありがとう!」

RN あやこんは、普段は掲示板に書き込むことはないけれど、「学校を辞めた君の話を聞かせてほしい」という授業テーマを見て、これなら私でも誰かの力になれるかも、と思い書き込みをしてくれました!

とーやま校長「あやこんは、ここ助と境遇が似ているんだよね?」

あやこん「そうですね。私も、高校を2年生の3月で中退しました

とーやま校長「そこからはどうしたの?」

あやこん「高卒認定を受けて、自分と同じ代の子と一緒に大学に進学しました」

とーやま校長「大変だったでしょ?」

あやこん「そうですね。高校を辞めてからは特に塾とかにも行かず、自分で勉強していたので大変でした」

とーやま校長「大学生活はどう?」

あやこん「楽しいです!」

とーやま校長「良いね〜! 将来は何を目指しているの?」

あやこん将来は教師になろうと思っています。私が不登校だった時に支えてくれた先生がすごく良い先生で、自分もそんな風になりたいと思ったし、
不登校だったという経験があるからこそ、出来ることもあるし、気持ちも分かるんじゃないかと思って、それが絶対にプラスになると思って頑張って勉強してます!

とーやま校長「話を聞いている限り、あやこん先輩とここ助は、ほぼ一緒の道を歩いているんだよね」

あしざわ教頭「あやこんは、学校で人が怖くなった瞬間とかはどうやって乗り越えてた?」

あやこん「う〜ん…そこを乗り越えられなくて高校を辞めたんですけど、教師になるには大学を卒業しなきゃだし、学校という組織そのものが怖かったけど、”絶対に教師になりたい!”と思って克服しました」

あしざわ教頭やりたいことや、なりたいものがあると、その一歩がいつもよりは踏み出せるようになったのかな

あやこん「そうですね!」

とーやま校長「ここ助は学校を辞めたことや、手を差し伸べてくれた友達に対して応えることができなかった後悔があるって言っていたけど、
あやこんも学校を辞めたことに対して後悔があるって言っていたよね」

SCHOOL OF LOCK!


あやこん「はい。学校を辞めたこともそうだし、私も友達とすれ違ったことがきっかけで学校に行けなくなったんです。
でも、後々引きずるのがイヤだと思って、学校を辞める時に友達と話をしました

とーやま校長「ちゃんと話をしたんだね!」

あやこん「はい。”あの時はこう思っていたんだけど、話しかけられなくてごめんね”って言ったら、向こうも”私も気になっていたんだけど勇気がなくて話しかけられなかった。ごめんね”って言ってくれたんです」

とーやま校長「それは、直接会ったの?」

あやこん「電話しました!」

とーやま校長「やっぱり、自分の中にある後悔にしっかりケリをつけることが、ここ助の夢に大きく関わってくると思う。今すぐにじゃなくても良いから、心に引っかかっているものがあるのであれば、言った方がいいんじゃないかな。
あやこんも、その友達に気持ちが言えてスッキリしたでしょ?」

あやこん「そうですね。”やっと言えた”って思ったし、その子の気持ちも知れたので、今でもその子とは仲が良いです。だから、気になっているのなら、思いは伝えた方が良いと思います!」

とーやま校長「どうしたって気が重いと思うけど、あやこん先輩の背中を見ながら、時間見つけて、自分と向き合って頑張ってみよう!」

SCHOOL OF LOCK!


ここ助「はい!」

とーやま校長「最後に、あやこん先輩から、ここ助に向けて伝えられることがあったら伝えてほしいな、って思うんだけど…」

あやこん「はい。同じ保健室の先生という夢、とても素敵だと思うので大事にしてほしいし、同じような経験をしてきて、私の方が少し夢の近くにいるかもしれないけど、
私でもあと一歩のところまで来られたので、(ここ助も)絶対にいけると思う! 一緒に頑張れたら良いなと思います。応援してます!

ここ助「ありがとうございます! 頑張ります!」

とーやま校長「そうだね。自分のペースでいいから、ちょっとずつやっていこうよ。後悔なんて、晴らすチャンスしかないから! そうだよね?」

あやこん「そうです! 後悔を晴らした瞬間は、すごく気持ちいいですから」

あしざわ教頭「いくらでも取り返せるぞ!」

とーやま校長「あやこんパイセンに続こう!」

あやこん「ここ助さん、待ってますよ!」

ここ助「はい!」


♪ まわる、まわる / SUPER BEAVER




自分の辛い経験を武器にして誰かの役に立とうとするって、すごく勇気がいるし、簡単なことじゃないと思う。
でもその夢に向って進み続ける人ってホントにカッコいい!私も見習わなきゃ٩(`・ω・´)و
三日月ロック
女性/15歳/岩手県
2017-06-08 23:44

辛いのは自分だけじゃない
新学期になり自分はクラスに馴染めず
友達も一人もいない状態で
正直教室に入るのが怖いです
こんなに辛いのは自分だけだと思ってました
しかし、先程のお話を聞き辛いのは自分だけじゃないと知りました。
これをきっかけに学校に行くのを頑張ってみたいと思います
全然関係のない僕ですが、保健室の先生になるという夢に向かってがんばってほしいです
勉強中でしたが思いを伝えたく書き込んでしまいました。
ライくん
男性/16歳/神奈川県
2017-06-08 23:15


とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!を聴いてくれて、書き込みをくれたのなら、紛れもなくこの学校の生徒! 関係ないことなんて何一つないよ!

あしざわ教頭「ここ助の話を聞いて、これだけの生徒が勇気を与えられているんですね」


そして、本日も黒板の時間になりました。

SCHOOL OF LOCK!


『 後悔なんて晴らすチャンスしかない 』

いろんな理由があって学校を辞めてしまった生徒もいると思うけど、俺は何も間違っていないと思う。
そこで生まれた後悔があったとしても、生きている限り、取り返すチャンスしかないからね。
もしダメだったとしても、それ以上マイナスになることはほぼ無い。頑張って、一瞬の勇気をふり絞れば、それまでのマイナスも全部ひっくり返ってプラスになる!
今、自分の中に後悔を抱えてしまっているやつ、過去に後悔が生まれてしまったやつ、その後悔なんて、晴らすチャンスしかない!


自分の人生をより良いものにするためなら、何度だってトライしたっていい。
君が一歩でも前に進めるように、SCHOOL OF LOCK!はいつでも応援しているよ!



【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN 舞々子


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふわふわ女子目指し隊



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ここ助 福岡県 16歳 女性
あやこん 新潟県 20歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
ゆきだるぅまぁ 愛知県 16歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:06 YAMATO☆Dancing / BOYS AND MEN
22:20 A.G.I.T. / Suchmos
22:22 蛍 / サザンオールスターズ
22:24 キャント・ストップ / レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
22:25 良すた / きゃりーぱみゅぱみゅ
23:15 #Hashtag / anderlust
23:19 orbit / toconoma
23:24 NRGQ / !!!(チック・チック・チック)
23:45 まわる、まわる / SUPER BEAVER
23:51 ライフ イズ ビューティフル / ケツメイシ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

どうしたって後悔はついてまわるんだから、
それを蹴散らすチャンスを常に伺っておいたら良いんだと思います!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

一歩。ゆっくりでも一歩。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
SCHOOL OF LOCK!


『 あと1週間 』

SCHOOL OF LOCK!がおくる、10代限定の夏フェス、未確認フェスティバル2017

今年のファイナルは、8月27日 新木場スタジオコースト!
すでに、レギュラーコースの受付は終了していますが、コピバンコース、そして、今年から新設されたラップだけコースは好評につきエントリー受付の延長が決定しています!

とーやま校長「しかし! いよいよその延長も、締め切りまであと1週間と迫っている!

あしざわ教頭「締め切りが迫ってきて駆け込み応募も多数寄せられています!」
      
とーやま校長「今、エントリーしようか迷っているオマエ! 後悔ないようにこのラストチャンスを活かしてほしい!」

あしざわ教頭「特にラップだけコースは今年から新設されたコースなので不安な生徒も沢山いると思います!」

とーやま校長「来年もあるとは限らないし、部活とか受験とか色んな問題はあるだろうけど、”少しでも自分を変えてみたい!”と思っている生徒は、その気持ちをCreepy NutsのDJ松永先生がこの為だけに作ってくれたトラックに乗せて、今の気持ちをぶつけてほしい!!」

あしざわ教頭初心者大歓迎! 韻を踏めなくても、リズムに乗れていなくても全然大丈夫!」

とーやま校長「ラップの事を知りたい生徒はSCHOOL OF LOCK!のWEBサイトにある学校掲示板の中からラップ掲示板に書き込まれている生徒たちのラップ情報を是非参考にしてほしい」

ラップ掲示板はラップに興味のある生徒たちの情報交換の場所!
ラップの事をしらない生徒も少しでも興味を持った生徒は是非覗いてみて下さい!


♪ 刹那 / Creepy Nuts


とーやま校長「今年立ち上がったラップだけコースの特別講師になってくださったCreepy Nuts先生。もう2回生放送教室に来てくれてて、何を題材にラップをしたらいいのか分からないって生徒は”好きなことだけ詰め込んだラップでもいい”って言ってくださって。
確かにそうだし、『刹那』という曲もR-指定先生のその時の気持ちとか闘志とかで作られている曲なわけじゃん」

あしざわ教頭「韻を踏むというよりも、気持ちを前に出すことを重視している曲ですよね」

とーやま校長「それでこんなにカッコいい曲ができるって、ラップってすごいなって思うね」

あしざわ教頭「逆に言えば、すごく自由だし、自分の言葉一つでなんでも出来ますからね」

とーやま校長「いきなりここまでカッコいいのは無理かもしれなくても、出来ない気持ちをラップにぶつけよう! みんなの言葉と気持ちを待ってるよ!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、来週は、はじめましてWEEK! 我が校に初登場となる講師陣が続々と登場します!

月曜日はダンスロックバンドDISH//が登場!

来週火曜日には、
スクールオブロックの前の時間夜9時からJFN各局で放送されている 
「ニコラジパーク」でお馴染みの天月-あまつき-&96猫先生が初来校!!

さらに! 来週水曜日には、MAN WITH A MISSION先生の来校も決定!


とーやま校長「ちょっと待って! 初めましてWEEKじゃないの?」

あしざわ教頭「初めましてWEEKですよ!」

とーやま校長「マンウィズ先生、久しぶりではあるけど、過去に来てもらってるよね? 音楽室からライブも届けてくれたりしてるし…」

MAN WITH A MISSION先生初来校の時の放送後記は<コチラ>!

あしざわ教頭「いや、僕が教頭に赴任してからは来られてません! なので、これは完全に初めましてです!」

とーやま校長「あ、そのパターンもありなのね? これは申し訳ない!」

明日以降もスペシャル授業の講師陣を発表して行くので、楽しみに待っててね!


とーやま校長「突然だけど…教頭はアルバイトってしたことある?」

あしざわ教頭「色々やってましたよ! コンビニのバイトもしてたし、ホテルのバイトとか美術予備校の講師とかもやったりしていましたね」

とーやま校長「予備校の講師? 生徒に教えてたってこと? 大丈夫だったの?」

あしざわ教頭「なんてこと言うんだ(笑) 成り上がって教頭になったんですよ! 校長はどんなアルバイトしてたんですか?」

とーやま校長「俺は新聞配達! あとは居酒屋だね。ホールから調理、レジ、発注……」

あしざわ教頭「店長じゃん!(笑)」

新学期が始まって二ヶ月が経過!
そろそろ、「アルバイトを始めたい!」
もしくは「今のアルバイトが合ってないんじゃないか?」「そろそろ違うアルバイトに転職してみたい」
なんて生徒も多いはず!

と言うことで、今夜の授業は「アルバイト総選挙」!!!

今現在アルバイトをしている生徒はその職種の「オススメポイント」「〇〇な人にオススメ!」というポイントを 学校掲示板に書き込んでくれ!
他の人に見られるのはちょっと…という生徒は、メールでもOK!!

例えば
「飲食店のアルバイトは友達も出来るし、うまく行けば恋人もできるから、皆でワイワイしたい人にオススメ!!」
「工場作業は黙々と仕事できるから、無口な人にオススメ!」
「LIVEなどのイベントスタッフは、音楽好きな人にオススメ!」

などなど…

中には変わったバイトをやっている生徒もいるはず!!
そんな生徒からの情報も待っているぞ!

SCHOOL OF LOCK!



たまたま聴いたら……
大学生になってなかなか聴けてなかったけど、今日久々に聴こうと思ったらテーマがバイトのこととか今の自分にぴったりだわ!!!
そろそろバイト始めようと思ってたけど、バイトしたことないから悩んでたんだよねー…
今日のラジオを参考にしよう(*^^*)
マーマレードチョコ☆
女性/18歳/神奈川県
2017-06-07 22:18


あしざわ教頭「良いね、良いね!」

とーやま校長「しっかり聴いてて〜!」


うれしい
バイトの授業!!うれしい!
高校生になって出費が多くなってアルバイトしたいなぁって思ってたからほんとにありがたい!
自分にあったバイトがあると良いな〜…
もちぃ
女性/15歳/東京都
2017-06-07 15:03


とーやま校長「やっぱりみんな探っているんだね」

あしざわ教頭「好きなものを買うために、お金ほしいですしね」

とーやま校長「先輩たち、よろしく頼むわ! …もしもし!」

もさっと 新潟県 18歳 女性 大学1年生

もさっと「もしもし!」

とーやま校長「もさっとは、どんなバイトをしてるの?」

もさっとスーパーのレジをやってます!

RN もさっとは、高校3年生の夏に部活を引退してからアルバイトを始めて、もうすぐ1年が経つのだそう。
最初は週に3回入っていたのだけど、今は週5回も入っているのだとか!

とーやま校長「レジで、お客さんが持って来た品物をピッピッってやっていく作業が主なんだ?」

もさっと「はい。あと、私のレジは袋つめをしないといけないので、袋に詰めています」

あしざわ教頭「結構大変だねぇ」

とーやま校長「なんでスーパーのレジをやろうと思ったの?」

もさっと「将来の夢が看護師なので、いま看護学校に通っているんです。でも、私もともと人見知りで、人の顔を見るのが苦手だったので、コミュニケーションをしっかり取るためにも人の顔を見れるように、接客をやりたいなと思って始めました」

とーやま校長「ちゃんと自分を変えるために選んだんだ!」

あしざわ教頭「めっちゃ偉いな!」

とーやま校長「実際、1年やってみて変わった?」

もさっと「変わりました! 始めたばかりの時は顔を見れなくて、お釣りを渡す時も下を向いちゃうことが多かったんですけど、今はお客さんと話せるようになりました」

とーやま校長「すごい! バイトを始める前は、そんなこと出来なかった訳でしょ?」

もさっと「出来なかったです」

あしざわ教頭「最初の頃は、めっちゃ緊張しなかった?」

もさっと「すごく緊張して、お金とか落としまくりました」

あしざわ教頭「相手の手に触れるってドキドキするよね」

とーやま校長「スーパーのレジの仕事で気をつけていることってある?」

もさっとレジは、スーパーの顔みたいな感じなので、商品を置く時も丁寧に置いたりとか、常に笑顔でいるように心がけています

とーやま校長「たまに、ぶっきらぼうな店員さんっているじゃん。その店員さんのことが頭に浮かぶと、つい足が遠のいちゃったりするもんね。確かに、そのスーパーの顔だよね!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「お店の印象にもなるってことだもんね」

とーやま校長「その点、もさっとはレジの業務以外の感じも良いから、おばちゃん達は良く思っているはずだよ」

あしざわ教頭「いつか看護婦さんになった時も、(もさっとの対応が)病院の評判にも繋がって来ますからね」

とーやま校長「そうだね! スーパーには週5で行ってるって言ってたけど、時給とかは上がったの?」

もさっと「まだ働いて1年くらいなんで上がってないですね」

とーやま校長「じゃあ、俺が新潟に行くことあったら言うわ!」

あしざわ教頭「どういうことですか?」

とーやま校長「どこのスーパーで働いているかは分からないから、新潟のどこかに向けて『もさっとの時給あげてくださーーーーい!!』って言うよ」

あしざわ教頭「スーパーに迷惑なことしてるよ(笑)」

とーやま校長「(笑) でも、楽しそうだね!」

もさっと「はい。バイト先の環境も良くて、レジ打ちが早くなったらスーパーの人たちが褒めてくれるんです」

あしざわ教頭「娘みたいな感覚なのかもね!」

とーやま校長「どういう生徒にスーパーのレジ打ちはオススメしたい?」

もさっと私みたいに人見知りだったりする子は笑顔が身につくし、朝の挨拶を言う時の勇気が無い子に勧めたいです!

とーやま校長「人とのコミュニケーションもだし、人としての対応力や技術力も上がる仕事なんだね。しかも、そこにお金が発生する、良いことしかないな!」

あしざわ教頭「すごいな! 全然もさっとしてないよ! しっかりしてる!」

とーやま校長「話聞かせてくれてありがとう! どうもありがとうございましたぁ〜

あしざわ教頭「店員さんっぽい(笑)」

もさっと「ありがとうございました〜(笑)」


♪ 流星ディスコティック / 乃木坂46


とーやま校長「アルバイト、バイトル、CMソング、乃木坂46、流星ディスコティック、まいやん、さゆりんご、どうもありがとうございます!」

あしざわ教頭「ゴーーール!(笑)」

とーやま校長「パスが全部繋がりました(笑)」


バイト
今日、バイト先に電話して応募しました!
後日、面接があるらしいのですが、
早く始めてお金を稼ぎたいです!
お金大好きです!!!!
SHELLY
女性/18歳/神奈川県
2017-06-07 22:31


とーやま校長「”お金大好き”っていうのを強めに言うと意味合いが変わって来ちゃうよね(笑) でも、最初に電話するのってめっちゃ緊張するよね」

あしざわ教頭「知らないところに電話をかけるのもドキドキするし、新しい環境に入るのもドキドキするし…」

とーやま校長「面接ではどんなことを聞かれるのかも分からないからね。緊張するとは思うけど、その職場でSHELLYが働けると良いね!」

SCHOOL OF LOCK!



続いて逆電した生徒のオススメアルバイトは…

ちゅんなか 岐阜県 19歳 女性 大学1年生

とーやま校長「ちゅんなかは、どんなアルバイトをしてるの?」

ちゅんなか和食屋さんの調理場です!

RN ちゅんなかは、高校2年生の終わりあたりから和食屋さんでアルバイトをしていて、お店の中でもバイト歴が長い方になるのだそう。

とーやま校長「なんで和食屋さんの調理場でバイトしようって思ったの?」

ちゅんなか「高校がバイト禁止だったので、バレないように顔が見えない調理場を選びました(笑)」

とーやま校長「奥に入ってればバレないからオススメだな!」

あしざわ教頭「いや、ダメだから!(笑)」

とーやま校長「学校でバイト禁止のやつは調理場で隠れてコソコソやれ!」

あしざわ教頭「校長が促したらダメですよ! ちゅんなか、なんてこと教えてるんだ!(笑)」

ちゅんなか「(笑)」

とーやま校長「調理場のバイトはどんなことをやってるの?」

ちゅんなか「天ぷらあげたり、お刺身を盛りつけたりします」

とーやま校長「結構本格的な感じなんだね!」

あしざわ教頭「綺麗に見せるのも大変だったりするでしょ?」

ちゅんなか「そうですね」

とーやま校長「他にも、このバイト始めてよかったところってある?」

ちゅんなか「もともと、料理を全くやっていなかったですけど、包丁と火と油には抵抗が無くなりました!

あしざわ教頭「抵抗って、原始人じゃないんだから(笑)」

とーやま校長「でも、技術よりも抵抗を無くすことがまずは大事だからね(笑) ようやくのれんをくぐったってわけだ。だけど、実際にバイトを始めて料理は上手くなってないわけ?」

ちゅんなか「どうなんですかね? 料理をしないので分からないんですよね」

とーやま校長「でも、家で揚げ物なんて普段はやらないだろうし、知らぬ間に腕は上がっているはずだよ」

SCHOOL OF LOCK!


ちゅんなか「(普段から料理を)やらないといけないですね」

とーやま校長「そうだな! 和食屋さんではまかない(休憩中に食べられるご飯)って何が出るの?」

ちゅんなか「メニューの料理を安く食べられます!」

RN ちゅんなかのお店で食べられるまかないは、普通は1,000円を超えるやつが300円くらいで食べられるのだそう!

あしざわ教頭「結構イイやつじゃん!」

とーやま校長「飲食店のバイトはまかないはめっちゃ大事だよな! ちゅんなかは、まかないの中で一番好きなの何?」

ちゅんなか「鴨汁のつけそばです!」

あしざわ教頭「美味しそう〜!」

とーやま校長「それが300円ってめちゃくちゃラッキーだね! あと、和食屋さんの調理場で気をつけないといけないことって何かある?」

ちゅんなか「バイトしている人それぞれに色んなポジションがあるんですけど、セットで注文されたものとかは同時に出さないといけないので、コミュニケーションを取りながらタイミングを計ってます

あしざわ教頭「”もうそろそろ出来るよ〜!”とか声かけし合ってるんだ。活気があって楽しそうだね」

とーやま校長「後輩とかにも、こういう風にやるんだよって教えたりしながらやってるんだ?」

ちゅんなか「そうですね。今、新しい子が入って来ているので」

とーやま校長「ちゅんなか先輩としては、どんな新人の子だと仕事しやすい?」

ちゅんなか「うーん…。1回言ったことは、もう1回は聞かないで欲しい…」

とーやま校長「厳しい!(笑)」

あしざわ教頭「こういう先輩いたなぁー(笑)」

ちゅんなか「メモを取ったらいいのにって思っちゃうんです。あと、分からないことがあったら、最初は聞きましょう!」

あしざわ教頭「見栄をはって分かった風を装っちゃうやついるよな」

とーやま校長「新人の人が聞くのは恥ずかしいことじゃないからね」

ちゅんなか「はい、最初はみんなそうですから」

とーやま校長「ちゅんなかがやっている和食屋さんの調理場、どんな生徒に勧めたい?」

ちゅんなか「学校にバレたくない人…(笑)」

あしざわ教頭「ダメだって!(笑) 違うところを推してくれ!」

ちゅんなか「あとは、料理をやりたい人に勧めたいです!

とーやま校長「これだね! 特に女子なんて将来旦那さんに作ってあげるわけだから、ちゅんなかも頑張らないとダメだよ?」

ちゅんなか「頑張ります!」

とーやま校長「美味しい鴨汁そば作れるようにならないとね」

あしざわ教頭「そんな彼女がいたら最高だよ!」

RN ちゅんなか、話を聞かせてくれてありがとう! これからもバイト頑張ってね!

SCHOOL OF LOCK!



♪ バイト バイト バイト / クリープハイプ


とーやま校長「クリープハイプの尾崎先生も、昔そば屋でアルバイトしていたらしいよ!」

あしざわ教頭「そうなんですね! でも、バイトって人間観察にぴったりだから、絶対に曲とかにバイト中の光景が取り込まれているはずですよね」


なるほど!
厨房でのバイト…………

ばれなさそう!その案いただき!
蒼のBotthy
男性/18歳/東京都
2017-06-07 22:50


あしざわ教頭「バカヤロウ!(笑) どこを吸収してるんだ!」

とーやま校長「先生が来たら、大きめの寸胴の中に隠れろよ〜」

あしざわ教頭「メタルギアソリッド的な考えやめて!(笑)」

とーやま校長「ダメなの?」

あしざわ教頭「ダメだよ!」

とーやま校長「真面目だなぁ〜」

あしざわ教頭「校長もずっと真面目であれ!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


そして、学校掲示板に届いたオススメバイトの書き込みも紹介!


カラオケ店
カラオケ店のバイトは料理を作ったり飲み物を作ったり会計したり受付したり部屋の掃除をしたり機器トラブルの改善をしたりとほぼ全てのことをやるため覚えることが多いですが、接客が好きだったり料理が好きだったりするならすごくオススメです!

僕はめっちゃ今楽しいです笑笑
small hope
男性/18歳/長野県
2017-06-07 20:28


あしざわ教頭「なかなか大変そうですね〜! お客さんの前で機械直すのとか、ドキドキしそうじゃないですか」

とーやま校長「でも、やることが少ないと暇疲れすることもあるじゃん。やることなくて精神的にも辛いわってことがカラオケ屋さんだと少ないのかもね」

あしざわ教頭「最新曲もうっすら聴けるかもしれないしね!」


SCHOOL OF LOCK!




アルバイト!
高3の7月からホテルで宴会や披露宴のアルバイトをしています。料理の名前を覚えたり、お客様に丁寧な言葉で接客するのは大変だし、覚えることも多いですが、すごくためになります!!
にーこにゃんこ
女性/18歳/宮城県
2017-06-07 23:02


あしざわ教頭「僕もホテルでバイトしていたことがありますけど、言葉遣いとかちゃんとしていないと結構言われますし、
そこにつけ込んで”安くしろ”って言って来ちゃうお客さんもいたりするので、社会経験としてとてもいいと思いますよ。
外国のお客さんも多いので、外国のお客さんに話しかけることも緊張しなくなりましたね」

とーやま校長「Hello?」

あしざわ教頭「Hello!」

とーやま校長「I’m fine, thank you. And you?」

あしざわ教頭「Fine, thank you. Where are you from?」

とーやま校長「OH……Bye!!

あしざわ教頭「”どこから来たの?”って聞いたら行っちゃった(笑)」

とーやま校長「(笑) だけど、海を越えてのコミュニケーションもホテルの仕事をしながら学べるんだね」


そして、本日最後に逆電したのは…

もかプール 徳島県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「もかプールは、どんなアルバイトをしているの?」

もかプール「アパレルをやっています!」

とーやま校長「アパレルってことは服屋ってこと? 高校生でも出来るんだ!」

もかプール「たまたま見つけて応募したら受かりました!」

アパレルのアルバイトは今年の4月から始めて、週3回ほど働いているのだそう。

とーやま校長「お店の名前とか聞いてもいい?」

もかプールマックハウスです!」

とーやま校長「出た! 徳島とかにもあるんだ。俺、北海道が地元なんだけど、中学の時にめっちゃ買いに行ってたよ!」

「マックハウス」は、わりとカジュアルスタイルがメインで、ジーンズなどが多く置いてある洋服店なのだとか。

とーやま校長「10代のみんなも行きやすいお店だよね。どうしてそこで働くことになったの?」

もかプール「flumpool警備員が好きなので、CDを買うためのお金が欲しくてバイトしようって思ってインターネットで検索したら、そのお店が出て来て、洋服好きやしちょうどいいやって思って」

とーやま校長「洋服が好きっていうのがあるんだね。実際はどんなことをやったりするの?」

もかプール「洋服を畳んだりする商品整理とか、レジをやっている人の横で商品を袋に入れて渡したりします。他にも試着とかで接客もしたりします」

とーやま校長「結構色んなことやっているんだね! お客さんにオススメの洋服を勧めたりもするの?」

もかプール「はい。ジーンズを勧めたり、裾直しもやってます

とーやま校長「そんなことまでやるんだ! もかプールは、元々ミシンとかは使えたの?」

もかプール「いや、全然使えなかったです」

とーやま校長「教えてもらったりして上手く出来るようになったんだ」

もかプール「はい!」

あしざわ教頭「すごい!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「結構ハードだね。仕事をしていて大変なことは何?」

もかプール「商品整理とかで服を綺麗に積み上げるじゃないですか。少ししてからパッて覗くと、すぐにグチャってなってたりするのが……」

とーやま校長「これは、俺たちがな〜(笑) 洋服を見た後に一応たたむんだけど、俺なりのたたみ方だから汚いたたみ方になっちゃうんだよな」

あしざわ教頭「そうなんだよ〜。下手なんだよね」

とーやま校長「そういうのは、全部もかプールが直してくれてるんだもんな。もうちょっと綺麗にやってくれよ〜とか思う?」

もかプール「思いますね!」

とーやま校長「そりゃそうだよね(笑)」

あしざわ教頭「ごめんね〜!」

他にも、10%OFF! や、2枚買ったら○円引き! などを覚えないといけないのが大変だというRN もかプール!

とーやま校長「意外と大変なんだな〜。逆に良かったことは何?」

もかプール「良かったことは、初めてバイトに行った日にお客さんから”白と黒のパンツどっちが良い?”って声をかけられて、”こっちが良いと思います”って言ったらそれを買ってくださったことです

とーやま校長「それ、バイト初日でしょ? めっちゃ緊張しなかった?」

もかプール「めっちゃ緊張しました!」

あしざわ教頭「自分が選んだものを買ってくれた時ってどういう感情だった?」

もかプール初めてで緊張してたけど、なんとかやっていけそうやなって思いました

最初は人と接することがあまり得意ではなかったRN もかプール。
だけど、バイトを始めてからはお客さんの目を見て話すことができるようになったのだそう!

あしざわ教頭「変わっていくものなんだね!」

とーやま校長「しかも、もかプールは洋服をすごく綺麗にたためるわけでしょ? これはね、女子としてのポイントはアップです! それだけでテンション上がらない?」

あしざわ教頭「確かに嬉しい!」

とーやま校長「自分が彼氏だとして、洗濯物を取り込んでくれることも嬉しいけど、
テーブルの上とかに自分の洋服が綺麗に並んでいるのを見た瞬間”めっちゃ可愛いな!”って思っちゃう! 世の男子はほぼそうだと思うよ」

あしざわ教頭「そうですね。そして、世の女子の半分くらいは『お前もたためや』って思っていると思うけど(笑)」

とーやま校長「そうかー!(笑)」

あしざわ教頭「でも、男子はそういうところに弱いですね!」

とーやま校長「だから、今もかプールは仕事をしながら女子としてのポイントを貯めているんだと思うよ。これは良い旦那がくるよ!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「おしゃれのセンスも上がっていると思いますしね」

とーやま校長「もかプール〜。黒と紺のネクタイなら、どっちのネクタイが良いかなぁ?」

あしざわ教頭「言ってやって!」

もかプール紺が良いと思います!

とーやま校長「よし、これで仕事頑張ってくるね! 行って来まーす! …ほら、入った!

あしざわ教頭「今のは入ったの?(笑)」 

とーやま校長「これは見えたよ! それじゃあ、服屋さんで働くのはどういう人に勧めたい?」

もかプール「人とコミュニケーション取るのが好きな人とか、服が好きな人はもちろんだと思うんですけど、校長が言ってくれたように花嫁修行をしたい人にもオススメです

とーやま校長「自然と身につくんだもんね。さらに、お給金も発生するわけだし……1位!

あしざわ教頭「何が?(笑)」

とーやま校長「アルバイト総選挙だからね」

あしざわ教頭「総選挙の存在、忘れてたでしょ?」

とーやま校長「いやいや、1位だよ! 暫定1位だけどね(笑)」


♪ FREE YOUR MIND / flumpool


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!

SCHOOL OF LOCK!


『 自給 』

アルバイトだからもちろん時給が発生するわけで、みんなお金を稼ぐためにアルバイトをしているんだけども、
実は、コミュニケーション能力だったり、人間的に自分を大きくするための力を自分の力で獲得しているんだなぁ、ってみんなの話を聞いていて思った。
だから、自給自足の「自給」でもあるんだよね。
バイトしているやつらは、これからも獲得していくわけだし、今から始めるっていうやつは、まだ手に入れていないものを手に入れられるはず!
最初は怖いかもしれないけど、勇気を出して飛び込めば、一歩を踏み出すことが出来るから、自分を大きくするために、色んなものを獲得していってほしい!


♪ ララバイ / WANIMA


あしざわ教頭「バイトをすることで社会が覗けるっていうのも学べることの一つだと思うんです。コンビニで働いたら、コンビニから見るとお客さんはこういう風に見えるんだな、とか。
働いた場所によって見え方が違うと思うし、自分が逆の立場になった時に、こういう態度をするとイヤな感じなんだなっていうのがわかって、店員さんに笑顔で接してみようって思えると思います。
色んな角度で世の中を見ることが出来るのも、アルバイトの良いところですね!」

とーやま校長「そうだね!」

【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふわふわ女子目指し隊


SCHOOL OF LOCK!

RN 感月 勇


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
もさっと 新潟県 18歳 女性
ちゅんなか 岐阜県 19歳 女性
もかプール 徳島県 16歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
LIFE好き改めれおっぴ 福岡県 15歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:04 刹那 / Creepy Nuts
22:15 きゃりーANAN / きゃりーぱみゅぱみゅ
22:25 Ame(B) / サカナクション
22:38 流星ディスコティック / 乃木坂46
22:48 バイト バイト バイト / クリープハイプ
22:56 THANKS / BLUE ENCOUNT
23:17 徹頭徹尾夜な夜なドライブ / UNISON SQUARE GARDEN
23:19 Alter Ego / Anika Nilles
23:21 Alter Ego(Minus Drums) / Anika Nilles
23:23 ひとつだけ / 矢野顕子
23:25 1&MORE / GRAPEVINE
23:27 傷だらけの天使になんてなりたいとは思わない / infix
23:29 100万光年の彼方 / infix
23:32 未完成デイジー(D.A mix) / UNISON SQUARE GARDEN
23:46 FREE YOUR MIND / flumpool
23:50 ララバイ / WANIMA
23:52 マイナビバイトの歌 / 忘れらんねえよ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

バイトを探すならバイトル!!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ホテルのバイトはまかないカップラーメンだったぞ!
気を付けろ!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
null


null


『 歌い手 』

このSCHOOL OF LOCK!が開校する前の時間、
夜9時から、JFN各局で放送されている番組「ニコラジパーク」!
(一部地域を除く)

とーやま校長「その火曜日のパーソナリティを務めているのが歌い手の天月-あまつき-先生96猫先生なんだけれども…」

あしざわ教頭「あれ? このトークの流れ、あるな!」

来週火曜日! SCHOOL OF LOCK!に
天月-あまつき-&96猫先生が、初来校決定ーーーーー!!!!

あしざわ教頭「やっぱりだぜーーーー!!」

とーやま校長「俺たち的にはご近所ではあったんだけども、きちっとこういう場でお話しさせてもらうのは来週火曜日が初めて! どんな話をするのかな?」

あしざわ教頭「しかもスタジオが近いんですよね!」

とーやま校長「天月-あまつき-先生! 96猫先生! 来週よろしくお願いしまーーす!!」

あしざわ教頭「いや、近いけども、聞こえるのかな(笑)」


♪ インフェルノ Live Track From TOUR 2016 "太陽が欲しいだけ" 16.10.30 at Zepp Namba / 9mm Parabellum Bullet


とーやま校長「"サクリファイス"の3曲目に入ってるLIVE音源の『インフェルノ』!」

♪ Discommunication / 9mm Parabellum Bullet

とーやま校長「流れで来るんだね!」

あしざわ教頭「来たぞ! いいぞ!」

とーやま校長「ハイ! ハイ! ハイ! ハイ!」

null



そして! 今夜の生放送教室には…!

9mm Parabellum Bullet 菅原卓郎先生!

null


とーやま校長「卓郎! 卓郎! 卓郎! 卓郎!」

卓郎先生「(笑)」

とーやま校長「僕、LIVE音源がただただ好きなんです」

卓郎先生「LIVE音源好き派? 俺もLIVE音源好き。LIVEだとこうなるんだ、っていうのと、10代の中学生の頃とかは、LIVE音源だと(テンポが)速くて、"うわ、超カッコいい!"って速いだけでカッコいいと思ってた(笑)」

あしざわ教頭「"速さ=カッコイイ"のその心境わかる!(笑)」

とーやま校長「お客さんもスゴイじゃないですか。そこに引っ張られるとかもあるんですか?」

卓郎先生「ありますね! 最初は"負けねぇ"って速くなったりとか、"パンチ出すぞ"ってなってたんだけど、"それじゃいかん"、"俺たちは引っ張られ過ぎてるな"、"わかりやす過ぎるな"っていうふうにバンドで悩んだ時期があったんです」

とーやま校長「ちゃんと聴かせないといけない、と」

卓郎先生「そう。演奏できてないぞ、って(笑) 自分たちが自分たちを追い越しちゃってる(笑)」

とーやま校長「それが盤として残るとまた複雑な気持ちだったりしますもんね(笑)」

卓郎先生「だいたい素晴らしい結果になるんですけど、"速ければ間違いない"みたいな感じに(笑)」


とーやま校長「9mm先生は我が校の技術の講師、通称"テク"の講師としてレギュラー講師を務めていた事もありましたし…」

他にも9mm Parabellum Bulletと対バンライオットとか、
9mm Parabellum Bulletのコピーバンドの生徒と一緒に練習をしてくれたり…

卓郎先生「もうガッツリ! 本当に個人レッスンになってたね(笑)」

あしざわ教頭「めちゃくちゃ贅沢だな、おい!」

とーやま校長「本当だよ! ひとり7万円ぐらいずつ取ってもおかしくないぐらいだったよ!」

さらに昨年は菅原先生が、未確認フェスティバル2016のFINAL特別審査員を務めてくれていたり。

とーやま校長「今年も2017がもう始まってるんですけど、あれから10ヶ月…もう少ししたら1年ぐらい経つんですよ。早いもんですね」

卓郎先生「早い!」

とーやま校長「とにかく俺たちSCHOOL OF LOCK!と9mm先生は太いパイプでつながってるってことで。俺らが政治家だったらいい感じの癒着感!」

あしざわ教頭「政治家に例えるな! "癒着"とか嫌な響きだな(笑)」

卓郎先生「まぁ、癒着しているよね」

あしざわ教頭「認めちゃったよ!」

とーやま校長「卓郎先生がそちらの席に座るだろうなっていう忖度(そんたく)も…」

あしざわ教頭「忖度って言うなよ!」

卓郎先生「忖度しちゃうんだよね!」

あしざわ教頭「卓郎先生、同じことを繰り返さなくていいんですよ(笑)」

とーやま校長「でも俺たちは政治家ではないから、もうフラット!」

あしざわ教頭「そうだよ! じゃあなんで言ったんだよ!(笑)」

とーやま校長「そんな9mm Parabellum Bullet先生ですが、先月5月にニューアルバム"BABEL"をリリースして、さらに明日6月7日にはニューシングル『サクリファイス』をリリースします。
"BABEL"でもう出し切ったばかりじゃないですか。こんなハイペースでシングルを出せるもんなんですか?」

卓郎先生「実は『サクリファイス』と"BABEL"は同じ時にレコーディングしてたんですよ」

とーやま校長「そうなんですか。じゃあ色々話し合った結果、"BABEL"には入らなかったということなんですか」

卓郎先生「そう。"BABEL"は10曲で1曲のコンセプトアルバムみたいなつもりで作ったんです。反対に『サクリファイス』は【ベルセルク】っていうアニメのオープニングのために作ったから、これは"BABEL"の中に入れたら違うっていうか、1曲でその存在感を出したいっていう感じです」

とーやま校長「そうなんだ! すごいハイペースだなって思ったんですけど、そういう話があったんですね」

今夜はそんな新作の話も聞いていきたいと思っています!


9mm Parabellum Bullet先生といえば、我が校の技術の講師、通称"テク"の講師!
ということで、今夜の授業はもちろん!
「"テク"の授業」をお届け!

バンドの話はもちろん、それ以外の話でも大丈夫!
9mm Parabellum Bullet先生に伝授してほしい"テク"の相談・質問を、学校掲示板メールで送ってほしい!

あしざわ教頭逆境を覆す方法とか、3日坊主にならない方法とか、カッコイイ男になる方法とか、色々なテクを伝授してくれるハズです」

1,000のテクを持つという噂の卓郎先生!
あれから何年も経って、1,001ぐらいにはなっている!?

とーやま校長「そして! もちろん、アルバム"BABEL"の感想、ニューシングル『サクリファイス』の感想書き込みも待ってるぞ!」

null



♪ I.C.R.A / 9mm Parabellum Bullet


とーやま校長「教頭が今、曲を聴きながら"すっげー!"って普通に声に出してたよ」

あしざわ教頭「出てました?(笑)」

とーやま校長「卓郎先生の前で漏れちゃってましたよ」

卓郎先生「(笑) "すげーな、これ!"って言ってたよ」

あしざわ教頭「だってすげーんだもん! (ドラムの)かみじょう先生がずっとバコバコ叩いてて、この曲が終わったあと死んじゃうんじゃないかと思ってるから(笑) もうすげーわ、ほんと!」

とーやま校長「タイトルがアルファベットで『I.C.R.A』じゃないですか。最初見た時に絶対に何かの略だろうと思って、"『インターカレッジ』でもないし…"とか、思って聴いたら、謎が解けたわけですよね」

卓郎先生「そう。"あいしあえ"って言ってるんですよ

とーやま校長「ね! それを"I.C.R.A(アイシーアールエー)"って言ってて、"…ヤラレタ!!"、って俺は思った!」

あしざわ教頭・卓郎先生「(笑)」

null



今夜のきゃりーLOCKS!も、昨日に引き続き…叶姉妹先生が登場!

あしざわ教頭「昨日の写真見たか? 親に隠れて見ろよ!」

とーやま校長「そうだね。なかなか刺激が強かったね」

卓郎先生「俺は叶美香さんを空港で見かけたことがあって、スゴイ存在感があってスゴかったですよ!」

あしざわ教頭「うちの学校、振り幅ありすぎでしょ!(笑) 生徒がついてきてるのかな?」

卓郎先生「でも、きゃりーちゃんに釣り合うのは叶姉妹のおふたりぐらいじゃないですか?」

とーやま校長「そうね! 俺たちだったら太刀打ちできないと思う!」

今日の授業も、叶姉妹先生がブログで命名してくれた「宇宙平和会議」
今夜は、生徒から届いた書き込みに、叶姉妹先生が答えてくれる!

<⇒きゃりーLOCKS!の放送後記は【コチラ】

とーやま校長「もう俺は、人生、生きる上での説法を聞いているかの如く…」

卓郎先生「瀬戸内寂聴さん」

あしざわ教頭「そうですね。若干セクシーな(笑)」

卓郎先生「でも、最終的には、叶姉妹のお二人も瀬戸内寂聴さんみたいに色んな人にお話をされるようになるんでしょうね」

とーやま校長「だって、マジで、"パカーン"ってみんなの何かが開いた音が聞こえなかった? "そんな考えを持っていいんだ"、とか」

あしざわ教頭「したした! 謹言というか、そういうものがいっぱいありましたね。"コンプレックスは自分をステップアップさせるものです"みたいな、ああいう言葉とかで何かが解決した生徒もたくさんいるんじゃないですか」

とーやま校長「嫉妬とか焼きもちだって誰にでもあるものだと俺は思ってましたけど、それが微塵もないっていうステージが、そもそも人間にあるんだなって思えた」

卓郎先生「……声のトーンがむやみに上がらなくなるね(笑) 気品を出さないと、みたいな(笑)」

あしざわ教頭「静かにしていかないとって気持ちになりますね」

とーやま校長「今すぐに何かがわかったっていう10代もいるだろうし、いつか、7年後とか12年後ぐらいに、"あれ、これってあの時の叶姉妹先生の言葉に通ずるものじゃない?"っていう瞬間が訪れるヤツもいるだろうしね」

卓郎先生「うん、それは絶対にあると思う」

叶姉妹先生、本当にありがとうございました!
いつか生放送教室にもいらっしゃってください!

null



改めて、9mm Parabellum Bullet先生は、先月5月にニューアルバム「BABEL」をリリースされていて、
そして明日6月7日にはニューシングル『サクリファイス』をリリースします

とーやま校長「時系列で行きましょう! ニューアルバムの"BABEL"全10曲を聴かせていただきましたけど、もう、ハンパじゃないですよね!」

卓郎先生「ハンパじゃないものができました!」

とーやま校長「この叩きつけ方! 一撃!」

ギターの滝先生が腕の不調で、LIVEのステージでギターを弾くような長い時間の演奏が難しくなり、現在はLIVE活動のみ休止中。
けれど、"BABEL"のギターは全て滝先生が弾いているのだそう。

卓郎先生「しかもうまいんだよね。もう、"この人うまー!"みたいな」

あしざわ教頭「(笑) なぜ顔が険しいんですか」

とーやま校長「(笑) 全作曲とプロデュース。だから、俺は1曲目のタイトルが『ロング・グッドバイ』というのが、"え? これは何を告げられるんだろう?"って思って聴いたら…。もうイントロのギターから"今回もカッコイイアルバムじゃん!"ってなりますよね!」

卓郎先生「(笑) そうそう! 滝がLIVE活動を休みますってことを発表してからレコーディングに入ったんだけど、レコーディングをするまでに、"こんな状態で俺たちはアルバムを録れるのか?"とか考えました。
それでも今しかできないこととか、レコーディングによって記録されることがあるはずだから、"今だからこそやろうよ"、ということになったんです。
もし、このアルバムが最高に素晴らしいものになったら、滝のことで9mmがどうなるんだろうって不安に思ってる人たちを安心させられるし、そういうものを"何言ってやがんだ!"ってぶっ飛ばしたいと思って(笑)
"そんなことを言ってないで、まぁ聴きなさい"っていうものを作りたかったんです」

とーやま校長「初回盤にレコーディングのドキュメントがついてるじゃないですか。それを観させてもらって、当然なんだけど、アーティストのみなさんにとってレコーディングってやっぱり大変なんだなって思いました。
卓郎先生も、何度もギター演奏で悪戦苦闘されて、やっぱりそれでこういうカッコイイものができるんだなっていうことをすごく思ったアルバムでした」

卓郎先生「録ってる時には、これが正しいものなのか途中からわからなくなる時もあるんです。俺はそういう時、だいたい人にゆだねちゃう。
レコーディングエンジニアの人やベースの和彦がその辺にいたら"ちょっとこれ聴いてみて"って言って。"俺は悩んでるんだけど、誰も間違いだって思ってないんだったらいいや"、"みんながカッコイイって言ってるんだったらいいじゃん"って

とーやま校長「へー! そこも周りの仲間への安心感とか信頼感とか感じますね」

卓郎先生「そう。あと、自分を信じすぎない。自分が考えてることが絶対に正しい、と思いすぎないようにしています」

とーやま校長「そういうところも乗り越えて…の、9mm Parabellum Bulletのカッコよさだと思います。"BABEL"はどんなアルバムになりました?」

卓郎先生最高傑作じゃないかな」

あしざわ教頭「最初の前奏が始まった時点からスゴいじゃないですか。僕は、もう曲が生き物みたいだなって思いました。獣が迫って来て、"このまま曲に入れるのか? 卓郎先生、これに乗れるのか?"って!」

卓郎先生「ああ(笑) うねりがあるからね」

あしざわ教頭「そしたら、曲が始まってすっと卓郎先生が歌った瞬間に、生き物を扱う調教師になり、それで曲が進んで行くのが美しいなって思いました。そういう曲たちがずっと続いていくので、聴いててすごく気持ちよかったです!」

null


卓郎先生「うれしいですね。調教師っていうかね(笑)
9mmが最初に出てきた時に、俺のボーカルとバンドサウンドの激しさがミスマッチだって言われたこともいっぱいあるんです。でも、それこそ個性だと思ってたから、"この声しか出ないしそんなの気にしてられるか!"ってやってきたんだけど、デビューから10年経って、"やっぱりこれが9mmだったんだ"っていうようなアルバムになりました。
自分たちで聴いていて、"この普通はアンバランスだって思われそうな部分が、9mmのバランスとしては完璧なものなんだ"って、そんな風に思えた1枚です」


♪ ロング・グッドバイ / 9mm Parabellum Bullet


とーやま校長「これがアルバムの1曲目なわけじゃないですか。絶対にすごいアルバムっていうのが確定じゃん!」

あしざわ教頭「時が止まっちゃうんだよ!」

卓郎先生「カッコイイね!」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「自分でも(笑) "BABEL"はこの『ロング・グッドバイ』から始まって、次の『Story of Glory』も…」

あしざわ教頭「これもたまんないんだよ!」

とーやま校長「ね! 全部聴きたいんだけど、明日リリースのシングル『サクリファイス』の話も聞きたいんだよ。
"BABEL"は演奏とか皆さん大変だったって映像を観ても思ったんですけど、『サクリファイス』はシンプルなイメージがあるんです」

卓郎先生「うん、まさにそう」

とーやま校長「直球だし、もちろん今までの9mm Parabellum Bulletはここにいるし。でも聴けば聴くほど"俺じゃなくてお前がいればいい"っていう言葉がすごく強くて、何だかLOVEソングに聴こえてきて、愛がいっぱい詰まってる気がしました」

卓郎先生「そうですよ。アニメの【ベルセルク】で今放送されてるのが、1人から仲間ができて、その仲間と一緒に旅をするっていうシーズンなんです」

人間より大きいサイズの剣を振り回して怪物と戦う主人公のガッツ。
最初は1人で戦っていたのだが、仲間ができてまた1人になり、そしてこのシーズンでまた仲間ができる。

卓郎先生「仲間たちもお互いに自分の身を捧げ合って旅を続けてるって俺は捉えて観てるんです。そういうところがすごく"愛"ですよね」

とーやま校長「それはもちろん【ベルセルク】の話ですけど、今の話を聞いてたら、9mmに対しての曲にもなってたりするのかなって思うんです」

卓郎先生「確かに。"BABEL"ってアルバムもそうなんだけど、歌詞を書いてる時に、もう"自分たちのことを書こう"って思ったんです。
今までは自分のことを書くなんてこっぱずかしいしつまらないと思ってたんだけど、バンドを続けて来たら、自分の人生もすごく変だぞ、って思って(笑) "ここにあるものを書いた方が楽しいんじゃないか"、"それが一番面白いはずだ"って、やっと自分で思えるようになったんです」

とーやま校長「何かきっかけとかあったんですか?」

卓郎先生「それは、去年ヘビーな1年を過ごしたというか、バンドとしてすごく危機が訪れたことです。どうやって乗り越えていくか考えた時に、俺はこのまま書くべきだなって考えました。
もちろんそのまま日記みたいに書くわけじゃなくて、曲の世界に合った舞台設定みたいなものを用意して書くんだけど、歌ってるのはバンドとか自分のことなんです。それを通して聴いた人も"あ、これは自分のことを歌ってるみたいだ"って感じてもらえたらいいなって思って書いています」

null



♪ サクリファイス / 9mm Parabellum Bullet


あしざわ教頭「卓郎先生は"自分の身の回りのことを曲にしよう"ということを言っていたじゃないですか。俺は最初、逆に【ベルセルク】の曲なんだと思って聴いたんですよ。そうしたら主人公たちがバンバン出て来ちゃって、"【ベルセルク】にピッタリだな!"って思ったんです。もう世界と合いすぎて、本人たちのことを歌ってるんだって、僕はそっちの目線でしか聴けてなかったんです」

卓郎先生「『サクリファイス』は"【ベルセルク】だぞ!"って書いてますからね。もちろん自分が共感できるポイントも入れてるけど、【ベルセルク】の歌だぞっていうところも半々ぐらいあります」

あしざわ教頭「自分の身の回りのことから、アニメの主題歌としてもちゃんと成立しているところがスゴイことだなって改めて思いました」

授業の冒頭に流れた『インフェルノ』のLIVE音源も収録されている『サクリファイス』。
みんなもぜひ聴いてみてほしい!


♪ 午後の鳥籠 / 9mm Parabellum Bullet

null



9mm Parabellum Bullet先生は、
今週末から3都市ホールツアー「9mm Parabellum Bullet "TOUR OF BABEL"」がスタート!

日程はこちら!
2017/06/11(日) 神奈川県民ホール 大ホール [神奈川]
2017/06/18(日) 神戸国際会館こくさいホール [兵庫]
2017/06/25(日) 日本特殊陶業市民会館(ビレッジホール) [愛知]


卓郎先生「今日もリハをやってきましたよ。LIVEのセットリストを2日分やってきたから(笑)」

とーやま校長「本当にしんどいところ、来てくださったんですね」

卓郎先生「しんどくはないけどちょっと眠くなってきてヤバいなと思ったんで、みんなといようって早めにブースに入ってきたんですよね」

あしざわ教頭「確かにかなり早めに入って来ましたよね(笑)」

とーやま校長「ツアーの詳細が発表になりましたけど、(ステージの)ポジショニングが色々変わるんですよね?」

卓郎先生「そうそう。普通はボーカルが真ん中にいて、左右がギターかベースなんだけど、今回は滝がステージを休んでるんで、滝がいた上手(客席から見て右側)にドラムのかみじょう君が来ます
ドラムセットが上手にドーンといて、3人の間ぐらいにサポートギターが2人いるっていうポジションになります。ドラムセットってステージの後ろでちょっと高くなってたりするじゃないですか。そこの小高くなってる部分に、ギタリストが2人いるっていう、トリプルギターでやります」

とーやま校長「卓郎先生的にも全然違うもんですか?」

卓郎先生「全然違う! 今まではずっと後ろからドラムの音が聴こえてたんだけど、俺の左側にドラムがあって、ドラムってシンバルの高い音からバスドラムの低い音まで出るんだけど、右側にはベース(和彦先生)の低い音しかしないわけ。だから右からはずーっと低い音が聴こえてて、左からはずーっと高い音が聴こえてる、みたいな(笑)」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

卓郎先生「"なんか慣れないな、この感じ"みたいな。
でも、かみじょう君のドラムセットってツーバスでシンバルもたくさんあって、すごく巨大なんですけど、それがこんなにステージの目の前に張り出してるんだ、っていうのは、なかなかバンドでそういうのを見ないから、面白いと思いますよ」

とーやま校長「僕ら客席側にいる身としても、普段見ることができない、ちひろ先生の動きを見ることができるんですね」

卓郎先生「ちひろ先生はよくスティックを回すんだけど、回してる様子って普段は自分のセットに隠れてちょっと見えない時があるわけ。けど今回は前に出るんで、結構見えると思いますよ」

あしざわ教頭「(回す)回数も増えるんじゃないですか?(笑)」

卓郎先生「回数も増えるかもしれない!」

あしざわ教頭「そのぶん音が出てないってことになっちゃいますけどね(笑)」


さらに、9mm MOBILE会員限定ライブ「9mm Parabellum Bullet "TOUR OF BABEL "」の詳細も発表に!

日程はこちら!
2017/07/02(日) 昭和女子大学人見記念講堂 [東京]

卓郎先生「こっちは、ギターの滝先生が、短い時間だけど出演します! 短いんだけど、滝も"こんなにすげーアルバム作ったのに、ちょっとも演奏できないのは…やっぱり自分としてもちょっとでも演奏したいな"って気持ちがあるから、弾きに来ます」

とーやま校長「いてくれることだけでも嬉しいですよね」

卓郎先生「俺たちも嬉しい」

とーやま校長「このステージには、lovefilmの石毛先生がゲストギタリストとして出られるんですね」

卓郎先生「そうですよ。俺たちの友達、輝が! 10年ぐらい付き合いがあって、10年間"石毛くん"って呼んでたんだけど、今年からいきなり"あきら"って呼ぶことにしました(笑)」

あしざわ教頭「急な接近!」

とーやま校長「まあ一緒に曲をやるわけだからね(笑) 呼ばれた輝はどうだったんですか?」

卓郎先生「いや、"輝って呼んでよ"って。"輝って呼ぶ人が今のところ2人しかいないんだ"って言ってて、1人はdustboxのボーカルギターの須賀さんで、もう1人はMONOEYESとかthe HIATUSの細美さん。そこに9mmのメンバーがいきなりドドドドって増えたの(笑)」

とーやま校長「へー!(笑) LIVEにはダンサーさんもいるんですか?」

卓郎先生「うん。『カモメ』とか『LOST!!』って曲で踊ってくれてるダンサーさんがステージで一緒にやりますよ」

とーやま校長「すごい!」

<ツアーの詳細は、公式ホームページをチェック!>


とーやま校長「スリーマンもあるし、卓郎先生のソロツアーもある! めっちゃ色々やるんですね!」

卓郎先生「なんか慌ただしい人たちだなーって」

"菅原卓郎「SORO SORO SOLO TOUR」"

日程はこちら!
2017/07/14(金) 渋谷CLUB QUATTRO [東京]
2017/07/16(日) 梅田CLUB QUATTRO [大阪]
2017/07/22(土) 名古屋CLUB QUATTRO


とーやま校長「このソロツアーはどんな感じなんですか?」

卓郎先生「これは9mmとはまた違って、弾き語りツアーとかやってたりしだんたけど、今回はバンドでやろうと思って、仲間を集めてやります」

とーやま校長「楽しそうですね!」

卓郎先生「みなさん来てくださいな!」

そして9月に、9mm Parabellum Bullet先生とTHE BACK HORNとNothing’s Carved In Stoneの
3バンドによるスプリットツアーも!

<全てツアーの詳細は、公式ホームページから!>

null



さあ、9mm Parabellum Bullet菅原卓郎先生を迎えて送る今夜の授業は…
「"テク"の授業」

卓郎先生にテクを教えてもらいたい1人目の生徒は…

永遠のチャレンジャー 兵庫県 18歳 男性 専門学校1年生

さっそく伝授してほしいテクについて話してもらったぞ!

永遠のチャレンジャー初心者がギターを始めるためのテクを教えてほしいです!

これからギターを始めると言うRN 永遠のチャレンジャー。
1ヶ月ぐらい前からギターをやりたいと思っているのだそう。

とーやま校長「じゃあギターを持っていないんだよね。買うところから始めるテクなのか」

永遠のチャレンジャー「はい!」

卓郎先生「買うところから…。まぁでも買うには先立つものが必要だからね」

とーやま校長「買う資金はあるの?」

永遠のチャレンジャー「専門学校が落ち着いたらバイトしようとは思ってて、10万ぐらいの予算で買いたいなとは思ってます」

卓郎先生「バイトしようと思ってて10万ってことは、まだしてないんだね(笑)」

null


とーやま校長「(笑) まずバイトを探すテクから伝授してもらった方がいいね」

あしざわ教頭「だいぶ序盤のテクだなぁ(笑)」

とーやま校長「そこはまぁいいんだよな。卓郎先生、でも10万ってすごいですよ! だってエレキだったらアンプとかもいいやつが余裕で付いて来ますよね」

卓郎先生「10万円あったら結構しっかりしたギターが買えますよ。エレキが弾きたいの?」

永遠のチャレンジャー「アコギが弾きたいです」

卓郎先生「アコギが弾きたいんだ。そもそも何でギターが弾きたくなったんだろう?」

永遠のチャレンジャーSCHOOL OF LOCK!で音楽を聴いていたらハマってしまったんです

とーやま校長・卓郎先生「へー!」

でも、RN 永遠のチャレンジャーはアコギが弾きたいのだそう。
アコギの種類やメーカーの知識も一切ない、完全なるゼロの状態。

卓郎先生まず楽器屋さんに行ったらいいんじゃない? で、10万円だったらこのギターが買えるんだっていうのを見に行こう」

永遠のチャレンジャー「はい!」

卓郎先生「"このボロボロのギターが80万円もするんだ!"っていうものにも出会えるからね。で、"弾かせてください"って言えば弾かせてくれるからね」

あしざわ教頭「これが、メンタルが必要なところですよね。恥ずかしいし」

null


卓郎先生「ギターを持ったこともないんだもんね。だからギターを握りに行こう。"握らせてください"って(笑)
でも、楽器屋さんは"弾いたことがないんです"って人が来たらすっごい嬉しいと思うよ。"教えがいがあるぞ"って(笑) でも"予算は10万です"って言わない方がいいよ!」

とーやま校長「(笑) ちなみに、それはなぜですか?」

卓郎先生「だって、ぴったり10万円のを買わされたら困るじゃん。ギターを弾こうと思ったら、弦だとかピックだとか、色んなものが必要になるから」

とーやま校長「(予算を)聞かれたら、下ぐらいを…」

卓郎先生「"5万ぐらいです"って言えばいいよ(笑) 本当に知らないんだってことがわかると、きっと店員さんは色々教えてくれると思う」

とーやま校長「永遠のチャレンジャー。まずは楽器屋さんに行ってみよう! で、そこから自分に合うやつとか探して行こう」

永遠のチャレンジャー「はい!」

あしざわ教頭「そこで"ちょっと弾けます"みたいに、カッコつけるなよ。どんどん追い込まれるからな?」

永遠のチャレンジャー「はい(笑)」

とーやま校長「ちなみに、卓郎先生は初めてのギターっていつ買ったんですか?」

卓郎先生「初めて買ったのは、中2の誕生日に親がプレゼントしてくれたんですよ」

卓郎先生は、12〜3歳の時にギターが弾きたくなり、母親の実家にあるクラシックギターを改修していたそう。
弦もボロボロでネックも太く、弾きづらい中で一生懸命練習をしていたら、誕生日にプレゼントしてくれたとのこと。

とーやま校長「その時のことっていまだに覚えてますよね」

卓郎先生「覚えてますね。だってその最初のギターはまだ家に置いてあるからね」

とーやま校長「じゃあ、これから永遠のチャレンジャーにもそういう瞬間がやってくるんですね!」

卓郎先生「そう、やってきますよ」

これは楽しい日々の始まりだ!
そのために、まずはバイトを探そう!
頑張れ、RN 永遠のチャレンジャー!


♪ Story of Glory / 9mm Parabellum Bullet

null



とーやま校長「これが聴けて良かったですよ! やっぱりカッコイイ! これを永遠のチャレンジャーが、いつかリフが弾けるようになったら、ちょっと震えません?」

卓郎先生「あー。それはヤバいね!」

あしざわ教頭「"アコギでこれをずっとやってました"って(笑)」

卓郎先生「(笑) アコギで弾けたらすごいなー」

とーやま校長「相当指がぶっとくなると思うけどね。皮もめくれまくってね(笑)」


さあ、続いてテクを伝授してほしい生徒は…

ILOVE白米 北海道 13歳 女性 中学2年生

あしざわ教頭中2高2は、フリーダーーーーム!!

ILOVE白米フリーダーーム!

あしざわ教頭「ナイス、フリーダム!」

卓郎先生「(笑) 久しぶりだなこれ」

とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「久しぶりのフリーダムはいかがでしたか?」

卓郎先生「俺"は"、これ好きなんだよね」

あしざわ教頭「ああ! 良かった! "周りは嫌いって言ってるけど"みたいなニュアンスがあるような気がしますけどね(笑)」

RN ILOVE白米が卓郎先生に伝授してほしいテクとは…

ILOVE白米年下の男子を惚れさせるテクが知りたいです

とーやま校長・卓郎先生「(笑)」

とーやま校長「中2でしょ!? 何この話! ちょっと、卓郎先生!(笑)」

卓郎先生「まずね、俺たちが"年下の男子を惚れさせるテクを教える"って(笑) でも、やりましょう!

とーやま校長「テクの講師だからね! 行きましょう!」

null


RN ILOVE白米が惚れさせたいという相手は、ひとつ年下の中学1年生。
違う中学に通っているけれど、習い事(ジャズスクール)が同じことで出会ったのだそう。

とーやま校長「ジャズスクール! じゃあILOVE白米は何か楽器やってるの?」

ILOVE白米「私はピアノをやっています。(その男の子は)ドラムをやってます」

とーやま校長「え!? めっちゃカッコイイ!」

卓郎先生「すごいね…!」

とーやま校長「いつぐらいから意識し始めたの?」

ILOVE白米「5月ぐらいです。ドラムを叩いてるところを見たら"あーなんかカッコイイな"って(笑)」

卓郎先生「おいおいおいおいおい…!」

あしざわ教頭「"おいおい"が入りましたよ!」

とーやま校長「急に"やから"になった(笑)」

卓郎先生「(笑) 素敵だね!」

RN ILOVE白米とその男の子は、ジャズスクールで一緒に演奏するなど、少し話すことはあるそう。
また、LINEの連絡先は知っているけれど、そこまでやり取りはしていないとのこと。

とーやま校長「何とか気を引かせたいわけでしょ? 何か試していることはある?」

ILOVE白米「はい。"ドラムス、カッコよかったね"とか言うんですけど、"ありがとう"って言うだけで全然気づかない(笑)」

とーやま校長「なるほど。色々やるけれど、それでいつも終わってしまうんだね」

ILOVE白米「はい」

卓郎先生「ふーーーん、なるほど…。でも、"ドラム、カッコよかったよ"に"ありがとう"って、彼は素っ気ない感じを出してるかもしれないけど、絶対にそこには『!』が100個ぐらい付いてると思う」

とーやま校長・あしざわ教頭・ILOVE白米「(笑)」

とーやま校長「これは本当にそう! 男子は出せないんだよね」

卓郎先生「だってジャズのスクールで、結構人がいるところで言うわけでしょ? それはね、男子は受け止めきれないんだよ(笑)」

とーやま校長「他の目が気になるから、恥ずかしい!」

卓郎先生「"これで嬉しい顔をしちゃったらどうしよう"みたいになるんだよね」

とーやま校長「嬉しい気持ちがあるけれども、それを押し殺してちょっとそっけない感じになっちゃってる状態でしょ!」

卓郎先生「きっとそうだよ。だから、意識する方法っていうのは、もうすでに実践してるんだよ(笑)」

あしざわ教頭「そうだね、もうやってるよ(笑)」

卓郎先生「きっと向こうも感じてるはずだから、みんながいるところで言うんじゃなくて、LINEを知ってるんだからLINEに『今日カッコよかったね!』ってひとつ入れちゃったら、そいつはもうそれだけで2〜3週間はその一行だけ読んでますよ

とーやま校長・あしざわ教頭・ILOVE白米「(笑)」

とーやま校長「それもまだ、"嬉しいけども、何て言ったらいいかわからない"っていう状態なのかもしれないからね。だからLINE上でもそっけない返事かもしれない。でも、俺はそこでやめちゃダメだと思う。
だって自分たちはそうじゃなかったですか? 男子チームって」

卓郎先生「そうですとも!」

あしざわ教頭「我々ね、そうですよ!(笑)」

とーやま校長「(笑) ずっと嬉しかった。でも素直になれなかった俺たち!」

卓郎先生「だから、男子は本当にどうしようもないんで、ジャブをずっと打ち続けてもらえませんか。"もう絶対にこの子俺のことが好き"が100回ぐらいないとダメなんだよね」

null


あしざわ教頭「確信がないと言えないんだよね。本当に鈍いんだよ!(笑)」

とーやま校長「だって、"ドラムがカッコよかったよ"ってまだ100言ってないでしょ?」

ILOVE白米「言ってないです」

とーやま校長「でしょ? だから彼に向けてピアノを弾き続けるってことだよ」

卓郎先生「ああ、確かにね。一緒に演奏するなんて、なんてロマンチックなことなんだ、っていうね!」

とーやま校長「打ち続けるテクをずっと使い続けることが大事だね!」

卓郎先生「彼の照れが取れるまでね。その瞬間を見たいよね!」

とーやま校長・あしざわ教頭・ILOVE白米「(笑)」

とーやま校長「そこで初めてのジャズのセッションが生まれるわけだ!(笑) 以上だ! ILOVE白米、どうだ!」

ILOVE白米「はい!」

このテクを駆使して打ち続けよう!
頑張れ! ILOVE白米!


そろそろ黒板の時間。
今日の黒板は、もちろん9mm Parabellum Bulletの卓郎先生。

null


『 今しかないよ 』

卓郎先生「これは9mmがアルバムを作る時に、ハードな状況だったけど、"今自分の人生に起こってることは、今しかないことだ"って思ってレコーディングして、そして素晴らしいものができたなって思えたんですよ。
今日電話をくれた2人の話を聞いても、やっぱり、"初めてギターを買う"とか"男の子の心を開かせたい"っていうのは今しかないから、今自分の目の前に起きてることを見つめてほしいな、と思いました」


♪ Everyone is fighting on this stage of lonely / 9mm Parabellum Bullet


とーやま校長「9mm先生も、今しかないこの時を戦いに戦いまくって、曲を僕らに届けてくれる。俺たちも、生徒のみんなも、その瞬間瞬間をガツっと生きたいと思いました!」

卓郎先生「はい、そうしましょう!」

菅原卓郎先生!
今日もありがたいテクをありがとうございました!


♪ 眠り姫 / 9mm Parabellum Bullet


null




【FAXイラスト】


null

RN ふてふてりんご


null

RN ハムカツ御膳


null

RN ふわふわ女子目指し隊


null

RN ふてふてりんご


null

RN ももとりまかろに


null

RN ふてふてりんご




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
永遠のチャレンジャー 兵庫県 18歳 男性
ILOVE白米 北海道 13歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
めろんぱんだ 広島県 19歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:03 インフェルノ Live Track From TOUR 2016 "太陽が欲しいだけ" 16.10.30 at Zepp Namba / 9mm Parabellum Bullet
22:11 I.C.R.A / 9mm Parabellum Bullet
22:28 おとななこども / きゃりーぱみゅぱみゅ
22:39 ロング・グッドバイ / 9mm Parabellum Bullet
22:46 サクリファイス / 9mm Parabellum Bullet
22:51 午後の鳥籠 / 9mm Parabellum Bullet
23:09 Starrrrrrr / [Alexandros]
23:21 ? / [Alexandros]
23:23 Swan (live at Yokohama Arena 2016.11.16) / [Alexandros]
23:37 Story of Glory / 9mm Parabellum Bullet
23:49 Everyone is fighting on this stage of lonely / 9mm Parabellum Bullet
23:52 眠り姫 / 9mm Parabellum Bullet

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日もまた良いテク頂いた!
にしても後、いくつくらいテクアンだろうな…。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

君たちは今から始めたら無敵だぞ?!
卓郎先生今日も大切なテクありがとうございます!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
null


null


『 初めまして 』

来週のSCHOOL OF LOCK!は、毎日がスペシャ〜ル授業〜

今回は、「初めまして」WEEK!
これまで、会ったことがないゲスト講師の方々を、毎日お呼びします!

とーやま校長「この学校、開校してもう10年以上経つんだけど、まだお会いしたことがない方、もちろんたくさんいらっしゃるし、"この人、呼んでください!"みたいな生徒からのリクエスト、いっぱい掲示板に届いてるからね」

あしざわ教頭「さあ、一体、どんな方々がいらっしゃるんでしょうか」

とーやま校長「それは…! 今週の授業で毎日、一組ずつ発表していきます!

あしざわ教頭「という訳で、今日もさっそく一組、発表するということですか?」

とーやま校長「そういうことになるね!」


SCHOOL OF LOCK! 「初めまして」WEEK!

来週月曜日の生放送教室には…!
5人組ダンスロックバンド! DISH//が初来校!


♪ I Can Hear / DISH//


とーやま校長「これ来たぞ! みんな歓喜でしょ!」

掲示板にもさっそく反応が!


やばいやばい
DISH//はやばいです。ほんとにやばい。
ありがとうございます!!!!!!
らくぽむ
女性/15歳/宮城県
2017-06-05 22:05



とーやま校長「やっぱり『DISH//』の文字をちょくちょく見かけていたしね! "SCHOOL OF LOCK!よ、いつ呼ぶんだ?"と!」

あしざわ教頭「聴いた瞬間、楽しくてしょうがない曲ですね!」

とーやま校長「そうだね! もちろん、DISH//は"初めまして"なんだけど…」

DISH//は2015年から、3年連続で元日に日本武道館公演を開催。
メンバーは俳優として、映画やドラマ、CMにも出演しています。

とーやま校長「曲も聴いたら、こんなにゴリゴリなんだね!」

SCHOOL OF LOCK! 「初めまして」WEEK!
来週月曜日のゲスト講師! DISH//!!
みんな楽しみに待っていてくれ!!


とーやま校長「それで、今夜のゲスト講師なんだけど…」

あしざわ教頭「実は今日も"初めまして"になるんですよね」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!的にははじめまして! でも俺は、実は結構前から面識があるの。めちゃめちゃ面白いのはみんな知ってると思うけど、めちゃめちゃ律儀なんだよ」

ゲスト講師ととーやま校長は、ゲスト講師が売れて世に出るずっと前から付き合いがあり、毎年正月に「あけましておめでとうございます」と連絡をくれていたのだそう。
そしてゲスト講師が売れて世に出てからも、忙しい中、毎年欠かさずその連絡を続けてくれたらしいのだが…。

とーやま校長「ここ4年ぐらいはもうないけれども…」

あしざわ教頭「やめたげて! 何があったのかなってなっちゃうから、やめて!(笑)」

とーやま校長「でも、そこはもういい! とにかく、そういう連絡をくれるような、すごく真面目な方だな、っていうのが、俺の印象なの」

あしざわ教頭「そこだけ聞きたかったな(笑)」

null



という訳で、今夜の生放送教室には…

とーやま校長「あれ? 今日は幸楽はお休みなんですか?

???いや、角野卓造じゃねーよ! in SCHOOL OF LOCK!

とーやま校長「出た! ありがたい!(笑)」

あしざわ教頭「バージョンがついた!(笑) わ〜、うれしい!」

<BGM『渡る世間は鬼ばかり』>

???いや、角野卓造じゃねーよ! よく『渡る世間〜』の曲を用意してましたね!」

というわけで…!

ハリセンボン 近藤春菜先生が初来校!!!!

null


とーやま校長・あしざわ教頭「よろしくお願いします!」

春菜先生「よろしくおねがいします!」

とーやま校長「そうやって(正月に)連絡をくれてたんだよね」

春菜先生「そうですね。一回喪中になってから、ピタっと…(笑)」

あしざわ教頭「(笑) あー、そのタイミングだったんですね」

春菜先生「喪中になってから、その次の年もちょっとしなくなっちゃって…いきなり全員にしなくなるという」

とーやま校長「(笑) でも、そこをちゃんと重んじての…っていうことがわかりました! 春菜先生はそういうところもしっかりされているってことじゃないですか」

春菜先生「いやいや! 私は今、芸歴14年目ぐらいなんですけど、12年前ぐらいからお世話になってます」

あしざわ教頭「相当深い中なんですね!」

とーやま校長「いやいや、僕は何もしてないけれどね!」

春菜先生「あの、よしもとの若手がばーって(100人ぐらい)出るライブから、ずっとお世話になってるんですよ」

とーやま校長「その時は1年目だから、先輩・後輩とかも全く交流がないわけさ。でも、その中で、エアギターでしたっけ?」

春菜先生「ありましたね! エアギターコンテストをやってたんです。よく覚えてましたね!」

とーやま校長「(知られていないので)まだお客さんもお笑いの人たちも"あれ誰だ?"みたいな状態の中で、とんでもなく面白いエアギターが出てきたわけ。それが"ドカーン!!"ってウケたの」

春菜先生「今ラジオでよかった! テレビだったらやらされてたところでしたよ!(笑)」

あしざわ教頭「校長はラジオでもやらせますよ(笑)」

春菜先生「やらせるんですか! 今のところ、見てると静止画しかないようですけど(笑)」

null


それぐらいの頃から、校長と面識があったという春菜先生。
春菜先生はまた、Perfumeが大好きで、あ〜ちゃん研究員とはプライベートで旅行をする仲なのだそう。

春菜先生「旅行もよく行ってまして、今日も"今、SCHOOL OF LOCK!をみんなで聴いてるよ"ってメールを先ほどもらいました」

とーやま校長「えっ……!!」

春菜先生「とーやま校長がこうやって止まっちゃうから」

あしざわ教頭「本当に機能しなくなるんですから、やめてください!(笑)」

とーやま校長「(はぁはぁ…)フェスお疲れーーーー!!!!

null


春菜先生「(笑) ヤバイ、まばたきの数がハンパない!(笑)」

とーやま校長「アミューズフェスもお疲れ! 僕、Perfume FES!!電気グルーヴの日に観に行ったから!」

春菜先生「私も次の(チャットモンチーの)日、行かせていただきました。最高でしたよ!」

とーやま校長「めっちゃいい!
…春菜先生はSCHOOL OF LOCK!を知ってくれていたんですか?」

春菜先生「もちろんです! 生放送教室にはPerfumeさんもよく出られるじゃないですか。それで聴かせていただいたり、Perfume LOCKS!ももちろんチェックさせていただいて…でももう、もちろん普通の…!」

あしざわ教頭「なんで焦ってるんですか?(笑)」

とーやま校長「誰も追い詰めてないのに、もう聴いてないの丸出しじゃないですか」

春菜先生「(笑) まぁ、そりゃあね、聴いてないですけど…」

とーやま校長「聴いてないんかい! 俺、ハリセンボンの近藤春菜はSCHOOL OF LOCK!聴いてると思ってた。もしかしたら違う人なんじゃない? あれ? ギターの位置、ちょっと高くないですか?

春菜先生サンボマスターじゃねーよ!

あしざわ教頭「スゴい! 幅広い!(笑)」


生徒からもたくさんメッセージが届いているぞ!


祝初来校!!!
今日は初来校ということでとても嬉しいです!
いつも、おいしいクッキーをありがとうございます
新緑のぺけら
男性/15歳/千葉県
2017-06-05 19:46



春菜先生ステラおばさんじゃねーよ! クッキー持ってきてないから!」



え?
今日映画監督来るの?
ぼんにいの基地
男性/16歳/滋賀県
2017-06-05 19:13



春菜先生マイケル・ムーア監督じゃねーよ!

あしざわ教頭「ありがとうございます!(笑)」

とーやま校長「ありがとうございます。 同様の書き込みが多数届いています(笑)」

春菜先生「ありがとうございます(笑)」

null


とーやま校長「やっぱり、みんな言いたいんだね! テレビ番組とかでも毎回のようにふられるわけじゃないですか。"○○じゃねーよ"のくだり、もう何年ぐらいやってるんですか?」

春菜先生「ありがたいことに…。もう、間違えられ続けて、12年ぐらいですね」

とーやま校長「どうしてずっと面白いんだろうね? だって、もう答えもわかってるじゃん」

春菜先生「ベーシックは角野さんですから、"ラーメン"とかのキーワードが出たら角野さんしかないんですけど、みんな"お〜!"みたいな感じですね(笑)」

あしざわ教頭「その手がかりでもうゴールに行きついてるわけですから、スゴいですね(笑)」

とーやま校長「毎回同じトーンだけど、それがまた気持ちいいんですよね」

春菜先生「ありがたいですねー」

とーやま校長「知り合って結構長いこと経つんですけど、春菜先生が10代の時にどんな暮らしをしてたのか全然知らなくて。どんな学生時代を過ごしてたんですか?」

春菜先生「私は中学生の時からもう芸人になりたいなって思ってたんですけど、10代の頃は、公務員の娘ですごく真面目でした」

とーやま校長「早いね! 厳格な家庭?」

春菜先生「そうですね、警察官だったんで、母親からは"(兄も含めて)あなたたち子供が悪いことをしたら、お父さんが職を失うのよ"って言われて育ってきたんです。本当にもう、街にゴミを捨てるとか、そういう悪いことを何一つせず、育ってきましたね。ご近所さんに会ったら"おはようございます!""こんにちは!"って言うような真面目な子供でした」

とーやま校長「学校とかではどうでした?」

春菜先生「学校とかでは、卒業アルバムの後ろの白いページに、先生から"ムードメーカーだったね"って書いてもらうような、先生のモノマネとかを率先してベタにやるようなタイプだったんです。
でも、すごい人見知りだったんで、(クラス替えして)2〜3ヶ月は自分から話しかけられないんですよ」

とーやま校長「じゃあ、今の時期なんてだいぶ静かな状態?」

春菜先生「もう静かですね。で、心を開いた瞬間に、何か先生のモノマネをやるとか…」

とーやま校長「開いた瞬間っていうのは、どういうきっかけがあったんですか?」

春菜先生「友達の方から話しかけてくれて、だんだん話をするうちに"あ、この子だったらこれぐらい出してもいいかな"みたいな、何となくできてくるんですね。最初はすっごいさぐりさぐりで、"このぐらい言っても大丈夫かな"とか"これで笑ってくれるかな"とか」

あしざわ教頭「でも、そういう笑わせたいっていう意識はあったんですね」

春菜先生「そうですね」

null



とーやま校長「さあ、今日は春菜先生と一緒に、"イジられること"について考えていきたいと思います。掲示板にもたくさん書き込みが来ていて、"こうやってイジられているのが、最初は良かったけど今はイヤです"とかね」

あしざわ教頭「外見のことだったり、ちょっとしたしゃべり方だったり、周りからイジられて、傷ついたり、悩んだりしている生徒、たくさんいると思います」

春菜先生「今テーマを聞いて、"あ、だから呼ばれたんだな"って思いました(笑)」

とーやま校長「だけど、頼もしい仲間として今日はお迎えしてるんで、お願いします!」

春菜先生に相談したいこと、学校掲示板で待ってる!
他の人に内容を見られたくない場合は、メールでも受け付けているぞ!

null



とーやま校長今夜のきゃりーLOCKS!には、ついに、あの叶姉妹が初降臨!!

あしざわ教頭「これは大人の匂いしかしないよ!」

とーやま校長「きゃりー園長も相当緊張するよね! あの二人のファビュラスな授業になるわけだからね」

<⇒きゃりーLOCKS!の放送後記は【コチラ】

あしざわ教頭「『Seeyou~~♥』って、お茶会だったんですか(笑)」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!が始まってから10年以上ですけど、ダントツで一番高貴な時間だったね。何回言っても"ぱみゅ園長"を覚えてくれないんだね」

あしざわ教頭「"きゃりー園長"って言わなくて"ぱみゅ"の方を選ぶんだね(笑)」

とーやま校長「そうね。一瞬"ぱみゅ校長"だったけど、俺はそれでもいいと思ってる! 俺はもうただの平民でいいよ。クワを持って歩いてるからそれでいい」

あしざわ教頭「そこは守って校長でいてくださいよ(笑)」

とーやま校長「恭子先生に名付けていただいた『宇宙平和会議』! 教頭、(放送後記の写真を見て)どう?」

あしざわ教頭「これ、どういう状態なの? まず、教室がいつもと違いますね(笑) 園長先生の場所というか、きらびやかな演出がされてますね」

とーやま校長「全然違うよ! まさにファビュラスだから、みんなも写真を見てみて!」

あしざわ教頭「そしてお二人の衣装もスゴいね! ちょっと10代には刺激強いかもしれないけど見てみてくれ!」

明日は、生徒のみんなから届いた書き込みに叶姉妹先生が答えてくれるぞ!

null




さあ、そして今夜の生放送教室には…!

とーやま校長「あれ? 今日はザキヤマさんに水をかけられてないんですね

春菜先生竹山じゃねーよ!

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

春菜先生「新しい振り方でしたね! いつも竹山さんだと"キレてないんですか?"とか、キレ芸の方で言われるんですけど、"ザキヤマさんに水をかけられてないんですか"ってすごいピンポイントな振り方(笑)」

あしざわ教頭「振り方を褒めるってなんですか(笑) もう一周も二周も回りすぎちゃってますね」

とーやま校長「(フリを)言う方もすごく緊張しませんか? だって、打ち合わせしてないじゃないですか。これで感じてもらえなかったら、僕がとんでもない大ミスをかましたことになるわけですよね」

春菜先生「私も初めて行かせていただく番組で、"春菜がいるから誰かが振らなきゃいけない"っていう、すごい空気を感じるんですよ。"誰が、何を、振るの?"みたいな、最初の緊張感がいつも申し訳ないなと。
私がいるとスタッフさん的にも"じゃねーよ"を一個ほしいっていうのもあるので、振る側の緊張感っていうのがやっぱりありますね」

<BGM『渡る世間は鬼ばかり』>

春菜先生「いや、角野卓造じゃねーよ!

あしざわ教頭「すごいな! 曲にも言うんだ(笑)」

とーやま校長「全方位だよ(笑) すいません、全力でありがとうございます」

春菜先生「(笑) いえ、ありがとうございます!」

というわけで、ハリセンボンの近藤春菜先生!!

とーやま校長「全力でやってくれるってスゴいよな! 正直、飽きるでしょ?」

春菜先生「でも、"飽きる"という次元ではなくなって来たというか、私は常に"何を言われるんだろう?"っていう緊張感があるので」

null




ハリセンボン
諦めたらそこで試合終了なんですか?
いつも面白いいじりすごい好きです!
たうーご
男性/17歳/東京都
2017-06-05 22:16



春菜先生安西先生じゃねーよ! タプタプしてないでしょ?」

あしざわ教頭「スゴいな〜」



ジブリ……?
今日は飛行機運転して来たんですよね?ちゃんと飛べましたか?www
蒼のBotthy
男性/18歳/東京都
2017-06-05 22:17



春菜先生マルコじゃねーよ!

あしざわ教頭「もう"紅の豚"すら言わない(笑)」

春菜先生「すいませんね、今回は個人名で言わせていただきました」



あの〜
大統領、お国抜けて大丈夫ですか?w
黄色の給食委員長
男性/16歳/山形県
2017-06-05 22:14



春菜先生ハロネン前大統領じゃねーよ! …フィンランドの前大統領がソックリなんですよ!」

とーやま校長「写真を検索させていただきましたけど、これ絶対に血縁関係あるでしょ?(笑)」

春菜先生「ハロネン前大統領が来日された時に、ロケで一回お会いできたんですよ。それで、ハロネン前大統領が"私の若い頃にソックリね"って言ってくださって。しかも"ハロネン"と"春菜"ってなんか似てるし。
で、大統領が"春菜じゃねーよ"ってすごく片言で言ってくれたんですよ!(笑)」

あしざわ教頭「何をさせてるんですか(笑)」

とーやま校長「しかも要人でしょ?(笑)」

春菜先生「そうです(笑) それで友好関係が結ばれたんですよね」

あしざわ教頭「似てる話で、僕も一個だけいいですか? 僕、ちょっと箕輪はるかさんに似てるって言われるんです

とーやま校長「メガネを取って、前髪をわけると…」

null


春菜先生「似てるーーーー!!!! すっごい似てますよね。私も安心感があるなって思ってたんですけど、それなんですね(笑)」

とーやま校長「ハリセンボンが成立してたわけね(笑)」

あしざわ教頭「ちゃんと僕も前歯の神経が死んでるんで、そこも似てるんです」

春菜先生「そうなんですね!(笑) でも、はるかは最近歯を治したんですよ。ずっと放っておいたから45万かかりましたけど」

あしざわ教頭「なるほど」

春菜先生「(しみじみと)あー、歯が出てるんですねー…!」

あしざわ教頭「人の気にしてるところを丁寧に言う必要ないですよ(笑)」


さあ、今夜は"イジられること"をテーマに授業をやっていく!

とーやま校長「春菜先生はイジられることが多いじゃないですか」

春菜先生「まぁそうですね。今日も何回"じゃねーよ!"って言ったかわからないぐらいですね」

とーやま校長「ちなみに、1日に何"じゃねー"ぐらい入ってるんですか?」

春菜先生「1日で言うと、30"じゃねー"ぐらいは入りますよね」

あしざわ教頭「もう国のお金の単位の話してるみたい(笑)」

とーやま校長「春菜先生はイジられる側の気持ちは当然わかるわけですが、学生時代もそうだったんですか?」

null


春菜先生「学生時代の時はそこまで…。すっごいさかのぼって小学校3年生ぐらいの時に、1人の男の子からシンプルに"ブタ"って呼ばれたんですよ。私はそれが初めてだったので、ちょっと悩むんですよね」

とーやま校長「"そう見えてるんだ"ってビックリもしますしね」

春菜先生「そうなんですよ。私がちょっと悩んでる感じを出してたら先生がそれに気づいて、帰りの会でその男の子に向かって"近藤さんはブタじゃありません。人間です!"って言ったんです」

あしざわ教頭「(笑) それは明言することでもないですね」

春菜先生「私も、"だから学校に来てるんだぞ?"って思いながらいました」

とーやま校長「じゃあもちろん、10代の時には耐性もなかったんですね」

春菜先生「ないです。芸人の養成所に入ってから、初めて一個上の先輩に、"オバチャン! ちょっとこっちこっち! 列こっちだよ!"って言われたりしたんです。その時私は20歳だったので"誰のことを言ってるんだろう?"って思って、後ろを向いても誰もいないし、"あたし!?"みたいな。
で、そのうち"オバチャン"は受け入れました。受け入れて、次に同じ人から"オジチャン、こっち!"って言われて…。まさか、私は女性でついてないし(笑)、でも後ろを向いても誰もいない。"…あたし!?"ってなって。
段階を踏んで"私って世間からこう見られてんだ"っていうのを、養成所に入ってから理解していく感じだったんですよね」

とーやま校長「へ〜! だから、いきなり今の"近藤春菜"ができあがったわけではないんだね」

春菜先生「全然ないですね。受け入れられない時期ももちろんありました」

とーやま校長「たぶん、今日聴いてくれてるみんなは、その時の"近藤春菜ちゃん"。その"近藤春菜ちゃん"が電話の向こうで待ってるはずなんで…」

春菜先生「はい!」

とーやま校長「もしもし!」

lockリー 島根県 17歳 男性 高校3年生

lockリー「もしもし!」

RN lockリーの"イジられること"の悩みとは…

lockリー「僕は双子なんですけど、友達から双子イジりをされます。僕は弟なんですけど、イジりでわざと兄の名前で呼ばれたりして、"○○(兄の名前)じゃねーよ!"って言います」

春菜先生「いいじゃない!」

とーやま校長「春菜イズムを継承してるじゃん」

lockリー「もう中学校からなんで、それに関しては全く嫌な気持ちとかはないんですけど、そのツッコミがマンネリ化してきちゃって(悩んでいます)

とーやま校長・あしざわ教頭・春菜先生「(笑)」

とーやま校長「もう目線がプロだね!」

春菜先生「私が悩んでるならわかりますけど、学生でも"じゃねーよ"で悩むんですね」

lockリー「あ、ちょっといいですか? …今日、どんぐりをどれぐらい食べて来られたんですか?

春菜先生イベリコ豚じゃねーよ!

とーやま校長・あしざわ教頭・lockリー「(笑)」

lockリー「ありがとうございます!」

春菜先生「悩んでる子もイジってくるんですか?(笑) "ちょっといいですか?"って、いや、あんたの話だし!」

とーやま校長・lockリー「(笑)」

あしざわ教頭「なんで今だと思ったんだよ(笑)」

lockリー「最初に流してしまったので(笑)」

null


ともかく、RN lockリーは"兄じゃねーよ"以外のパターンがほしいということらしい。
他にも、「影分身なの?」と振られた時には"いや、螺旋丸(らせんがん)作れねーわ!"と返したり、
クローンなんでしょ?」と言われた時には"羊じゃねーわ!"と答えたりしているのだそう。

とーやま校長「面白いけどね(笑)」

春菜先生「じゅうぶん面白いですよ!(笑)」

lockリー「パターン化されてきて、同じフリには同じ言葉でしか返せないんですよ」

春菜先生「何で悩んでるの?」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

春菜先生「可愛らしいですね!」

lockリー「ここまで来たら貪欲にいきたいんです」

あしざわ教頭「そこは前向きにとらえてるんだね」

春菜先生「やっぱり私も同じ人の名前を言わせていただくので"○○じゃねーよ!"って言っても、その方が振ってきたにも関わらず、1ミリも笑わない時があるんですよ」

とーやま校長「ほー! ちょっと愛がないね」

春菜先生「そうなんですよ。やっぱりlockリー君みたいにちょっと付け足したりとか、その方の振り方にちょっとツッコんだりします。
例えば、私の場合、"角野さんですよね?"って言われたら"角野卓造じゃねーよ! 先に名前言っちゃダメでしょ!"とか、ちょっと足すんですよ」

他にも、「コンビニで買いましたよ」と振られたら"肉まんじゃねーよ! 中ほかほかしてないでしょ!"などのように、後ろに付け足すのだそう。

春菜先生「でも(RN lockリーは)すでにやってるじゃないですか。だからすごくいいと思いますけどね」

lockリー「ありがとうございます!」

とーやま校長「ただのよしもとの養成所の話じゃないですか(笑) 本当の先生だから(笑)」

あしざわ教頭「"ネタどうですか?"みたいな(笑)」

春菜先生「40万もらわないと!(笑)」

とーやま校長「NSCの授業料は40万だからね(笑)」

春菜先生「髪型とかホクロの位置とか、お兄ちゃんと違うところってある?」

lockリー「僕の口の左下ぐらいにでっかいホクロがあります。それで大体覚えられてます」

春菜先生「だから、"兄じゃねーよ!"の後に"ホクロあるだろ!"とか、自分にしかない特徴を言うとか、お兄ちゃんにしかない特徴を言って、"○○がないから弟だろ!"とか、そういうので余計に覚えてもらえるかもしれない」

あしざわ教頭「より細かいことを言って、向こうにツッコませるっていうみたいなのもできそうじゃないですか? "いや、わかんねーよ、その違い"って」

null


とーやま校長『兄じゃねーわ! SCHOOL OF LOCK!でしゃべった方だわ!』

あしざわ教頭『それ知らねーわ!』…っていうのが、いい感じですよね」

春菜先生「確かに!
あと、"兄じゃねーよ!"の後に"2分後に生まれてきたわ!"とか、知らない情報を言う」

あしざわ教頭「あー、いいね! 面白い!」

とーやま校長「やっぱすごいな!(笑)」

lockリー「僕は1分後に生まれてきたんで、それでやります」

とーやま校長「いくつか(ネタを)持っておいて、メモとかスマホとか入れといて、(フリが)来そうだなって思ったらチラ見してそのストックの中から出してく!」

lockリー「自分でも探せそうですね!」

とーやま校長「そうだよ! 自分のことも知れるしな」

お兄ちゃんと共有したり、家族に小さい頃のことを聞いてみたり、そうしたらもっとウケるかもしれない、とのアドバイス。

lockリー「自分でメモしていくとか、若手芸人さんみたいですね」

春菜先生「相談してきたから!」

とーやま校長「春菜先生と違ってお前は一銭にもならないけど、でもそれによって友達とか仲間を獲得するっていうのが付いて来るから、そこを頑張れ!」

lockリー「はい、ありがとうございました!」

RN lockリー、話を聞かせてくれてありがとう!


♪ wonder2 / Perfume


とーやま校長「RN lockリー、そして双子のお兄ちゃんのRN ひななぼん。二人はまさしく双子、『wonder2』ありがとうございます! 春菜先生、こういうことでしょ!?」

春菜先生「うわー! そういうことです!」

とーやま校長「あり(がとうござい)やした !」


"○○じゃねーよ!"について、生徒からたくさんの書き込みが届いている!


はるなせんせ!
あのー、、、お腹すいたんでアンパン焼いてください。
イカヤキの丸焼き
男性/12歳/宮城県
2017-06-05 22:47



春菜先生ジャムおじさんじゃねーよ!



あれ?
今日はお店の前でメガネつけて立たないんですか?
このすば
男性/15歳/熊本県
2017-06-05 22:52



春菜先生カーネル・サンダースじゃねーよ!



あれ?
今日はアマリリスと一緒じゃないんですか?
きいろらいおん
女性/17歳/北海道
2017-06-05 23:01



春菜先生誰だよ!!

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」



あれ?
今日はハンバーグ持ってないんですか?
海の家の少年
男性/18歳/静岡県
2017-06-05 22:44



春菜先生BIG BOYじゃねーよ!

とーやま校長「あー、レストランのBIG BOY!」

春菜先生「合ってました?」



気をつけて!
校長教頭チョコレートにされないように気をつけてください!!!!
草太朗
男性/13歳/岩手県
2017-06-05 23:16



春菜先生誰だよ!! 誰なんだよー!」

とーやま校長「(笑) 振り返りましょう。今のところ2人"誰だよ"が入りました!」

春菜先生「"チョコレート"、ひとついいですか? タイのおばさんじゃねーよ!

とーやま校長「…っていうのがある? 春菜先生、すいません! 僕らも正解がわからない(笑)」

春菜先生「わかんないんかい! トラップですか!?
タイのチョコレートの看板で、おばさんがチョコ持ってるの、そっくりな人がいるんですよ! でも振り方おかしいですよ! チョコレートにされないよ!?」

とーやま校長「それ、チョコレートの化け物の話だよね。
あと、きいろらいおんが送ってくれた"今日はアマリリスと一緒じゃないんですか?" 花の名前みたいですけど、どっかで記憶にないですか?」

春菜先生「ちょっと初めて言われましたね」

null


答えがわからない一同に、たくさんの回答が寄せられたぞ!


アマリリス
それみぎわさん…
みゃふりんチョ
男性/16歳/福岡県
2017-06-05 23:30



とーやま校長「"ちびまる子ちゃん"に出て来るみぎわさんが飼ってる犬の名前が、"アマリリス"らしいですよ」

春菜先生知らねーよ!

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

春菜先生「ちょっと叩き込みます!(笑)」

とーやま校長「こんだけやってたら、そりゃそういうわかんないヤツもあるよね(笑)」

春菜先生「そうなんですよ!」



す、すごい笑
近藤先生!今調べてみたら「〜じゃねーよ!」のレパートリー半端ないっすね笑
角野卓造さん、シュレックなどおなじみのものに加えて、
僕の大好きなサッカーチーム、マンチェスターユナイテッドの
伝説の監督、アレックス・ファーガソン監督も入ってるんですね笑
ナンバー7!
男性/14歳/東京都
2017-06-05 13:35



春菜先生「そうなんですよ。"アレックス・ファーガソンじゃねーよ!"も、3回ぐらい言ったことありますね」

とーやま校長「メガネはかけてますけど、そんなには似てないですよね」

春菜先生「メガネかけてて…本当におじさんですよね」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

春菜先生「最近はもう"丸けりゃいい"とか、そういう感じなんですよ。だからお正月シーズンになると"みかん乗せてないんですか?"とかで、"鏡もちじゃねーよ!"とか。季節ものも色々あります」

とーやま校長「勝手に飛んでくるし、その場その場で対応しなければいけないじゃないですか」

春菜先生「そうですね。酷いヤツもありますよ。"うんこじゃねーよ!"とか…」

とーやま校長「(笑) それはどういうパスでこれにつながるんですか?」

春菜先生「言っても大丈夫ですか? "便器にこびりついてましたよね?"とかです」

null


とーやま校長「酷い! 誰がそんなことを言ってるの?」

あしざわ教頭「それはもう、何のどこをイジってるのかわからないし(笑)」

春菜先生「生放送で爆笑問題の太田さんに言われて、しかも、テレビの生放送だし言っていいのかわからなくて。今は言っちゃいましたけど、どうしたらいいかわからなくて、"うん『ちょ』じゃねーよ!"って、ちょっと可愛らしく言ったんです(笑)」

とーやま校長「それはでも、太田さんだから、っていうことですよね。太田さんはハチャメチャな方ですしね」

春菜先生「そうですね!」

あしざわ教頭「何周かしたのちのヤツでしょうけどね」

とーやま校長「っていう信頼関係があったから何とかたどり着いたってことですね(笑)」

null



ちなみに、先ほどの"チョコレート"について書き込みをもらったぞ。


僕的に……
チョコレートにされないように気をつけてくださいは
ドラゴンボールにでてくる魔人ブウだと思います
我孫子
男性/17歳/広島県
2017-06-05 23:32



春菜先生「そっち!?」

とーやま校長「聴いてるみんなはそう思ったっていうことね」



魔神ブウかな?w
チョコレートにするって奴は魔神ブウの事言ってるんじゃないですか?w
破壊しちゃう神
男性/17歳/北海道
2017-06-05 23:32



春菜先生「あー……、ダメ出ししてんじゃねーよ!

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「うちの生徒がすみません」

春菜先生「いえいえ、もう本当にすいません!」

null



さあ、今夜の授業テーマは"イジられること"について。
続いて逆電に出てくれたのは…

とーやま校長「もしもし!」

まったりココア 神奈川県 15歳 女性 高校1年生

まったりココア「もしもし!」

RN まったりココアがイジられて悩んでいることとは…

まったりココア「最近よくイジられるようになったんですけど、イラっとするイジりがあった時に、"やめてよ"とか"やめろ!"って強く返したら、変な空気になったり、自分に対するみんなの目線がちょっと怖くなったりしたんです。変な空気にならないためにどう返したらいいのかとか、そういう嫌なイジられ方をなくすためにはどうしたらいいのかな、と思っています」

とーやま校長「そもそもが優しいよね」

春菜先生「そうなんですよね。優しいからこういうふうに周りの空気を悪くしたくないって思ってるわけじゃないですか」

とーやま校長「春菜先生も、(イジられて)"あー、もう!"みたいな瞬間とかあったりするんですか?」

春菜先生「ありますよね。乱暴な言い方をされたりとか、矢つぎばやにバーっと言われたりとか。こっちも"〜じゃねーよ!"って大きい声で言えない状況とか、急いでる状況がある中、振られて言わないと"何だよ、ツッコまねーのかよ!"とか、ありますよね」

とーやま校長「そういう時はどうされるんですか?」

春菜先生「基本的にすごく考え方が似てて、私も学生時代にイジられた時に、本当に悪い空気にしたくないというか、笑いにして和やかにしたかったです。自分がイジられててかわいそうって思われたくなかったってところもあるんですよね。
なんで、この子もきっとそういう思いもあると思う。だからこそ、笑いに変える言い方とか、"やめてよ"って言い方をトーンを上げて笑いのツッコミみたいにするだけで、空気が変わるじゃないですか」

とーやま校長「言葉尻をちょっと上げてみる、とか、それだけで全然違う」

春菜先生「そうですね。"本当に嫌がってるんじゃないよ"みたいにするだけで、印象がだいぶ違うじゃないですか。
ただね、私もこのまったりココアちゃんが本当に優しいと思うの。普通、嫌なものは嫌って言っていいじゃない。でも周りの空気を考えて、自分が悪いみたいに思われる、っていうのはね。本当にいい子だなと思って。
(場合によっては)ぶち切れてもいいと思うんですけどね」

とーやま校長「"もうちょっとドカンと言ってやりたいわ"みたいなことを、まったりココアも思ったことあるの?」

まったりココア「"一発かましてやりたい"って思ったことはあります(笑)」

とーやま校長「あるんだ!」

春菜先生「でもそこは言わないで、和やかな空気に変えようとしてるってことですよね。そうやって和やかな空気に変えようとしてるところを見てる人もいますから!

とーやま校長「そうか! まったりココアがちゃんと自分と戦って、みんなのことを考えてるっていうのを知ってる誰かがいる!」

null


春菜先生「そういうのを見てる人は、イジってる子の方に"こんな言い方ないのにな"とか思うようになりますから」

あしざわ教頭「"あれ言い過ぎだよね"って言ってくれる人とかね」

春菜先生「うん。絶対に現れると思うんで、だから全力でツッコむ。自分がイラっとしても、ちょっと大人になると周りに気づいてくれる人がいるんで」

とーやま校長「そういう意識はあった?」

まったりココア「ありましたね」

とーやま校長「そことも、端から繋がって、色々お互いの気持ちを行き来できたり共有できたりするとよりいいかもしれないですね」

春菜先生「こういうの見ると、イジる側も大事なんだぞっていうことですよね」

とーやま校長「今聴いてるみんなも、もしかしたらそっち側のヤツもいるかもしれないしね。良かれと思ってやるのはわかるけれども」

春菜先生「その人に興味を持って色々見えてきてるからいろいろイジるんだと思うんですけど、イジった人は、自分が放った球なんだから、どんな球が返ってこようと自分がどうにかするって気持ちがないとダメだと思うんですよね。投げっぱなしだと、"誰が責任とるの?"っていうことですから」

とーやま校長「そこで盛り上がらなかった時には、"スベってるじゃん!"みたいなこと言う人いるじゃん。まったりココアもそういうのある?」

まったりココア「あります」

春菜先生「本当にスベってるのは、イジった球を投げてる人ですからね。そこの尻ぬぐいをちゃんとしてれば、ちゃんと受けますから!
…すっごい真面目に話してる(笑)」

null


とーやま校長「今の春菜先生の言葉をちゃんと胸にしまっておけば、今後の学校生活はどうだろう?」

まったりココア「すごいありがたいです!」

春菜先生「ちょっと神降臨ですね!」

とーやま校長「イジり神が…イジられ神!(笑)」

RN まったりココアが優しいということを知ってるクラスメイトもきっといるはず!
RN まったりココア、ありがとう!


♪ ふりかえるといるよ / Perfume


とーやま校長「今日はずっとPerfumeで最高だよ!」

春菜先生「気づいてくれてる人は、"ふりかえるといます"よね」

とーやま校長「そうだね。そこにいることをちゃんと信じよう」


さあ、続いての逆電生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

ホームセンター里山さん 兵庫県 17歳 女性 高校3年生

ホームセンター里山さん「もしもし!」

RN ホームセンター里山さんがイジられた時に思うこととは…

ホームセンター里山さん「自分が(イジられたら)嫌な人とか、イジられたくないことをイジられた時に、どうしたらいいかわからないんです

とーやま校長「イジられるけど、OKな人はOK、と。その中でも、イジられたら嫌なヤツがいるんだ(笑)」

春菜先生「あー、"お前に言われたくねーよ!"っていう人ね」

ホームセンター里山さん「自分の容姿をイジってきたり、好きな人の相談とかしていて、朝のテンションが高いと、周りにクラスの男子とか好きな子とかいるのに"どうしたん? 彼氏でもできたん?"とか、"あれ、なんか太った?"とか、イジってきたりするから嫌です」

とーやま校長「"ちょっと何なの?"って感じだよな! その人にそうやって言われたら、普段はどうしてるの?」

ホームセンター里山さん「とりあえず笑って過ごしてます」

とーやま校長「でも嫌なんだよね。その時の里山さんの気持ちの持って行き方としては、どうしたらいいんだろう?」

春菜先生「好きな人の前で"彼氏できたん?"って言われちゃう時は…もう情報を言うしかないですね。"(彼氏が)できてないできてない! ちょっと、好きな人がいる前で言うのやめてよ!"みたいな(笑)」

null


あしざわ教頭「全部言った! 漏えいも酷いとこ!」

とーやま校長「(笑) あけすけに全部言っちゃう?(笑)」

春菜先生「でも、それを利用してアピールするのもいいんじゃないですか?」

とーやま校長「っていうので、こっちに気持ちを持って来させるみたいなね。春菜先生は、本当にたくさんイジられるっていう毎日の中で、やっぱり"何で、お前にそんなこと言われて!"みたいなことはあるんですか?」

春菜先生「人間だから、ありますよねー! 心の中では本当に素直にイラっとしたりしますけど、(言ってきた人は考えずに)そのフリに集中するというか、フリだけを考えて返すっていう。その人を見ずに、周りで聞いている人が笑うかどうかとか考えます」

とーやま校長「これはスゴイわ! 匠の域だね」

あしざわ教頭「もう仙人の話じゃん! その人を消してフリに集中する!? スゴイですね!」

とーやま校長「明日もイジってくることがあるよね。その時は、その手法で行くと、そいつは一回、どこか無に、ゼロにして、言葉だけ受け取ってその言葉で自分がどう楽しくできるか、周りの人に楽しく見られるか、っていうやり方だね」

春菜先生「とーやま校長が今言ったように、"自分がどう楽しくできるか"が大事だと思いますね。返した言葉で人が笑うかどうかとか、それだけを考えて、例えば"彼氏できたん?"と言われたら、好きな人が自分の返しにどういう顔をしているかなとか、そういうところを見るのが重要。
悪い言い方かもしれないけど、本当に利用しちゃえばいいと思います!」

とーやま校長「そうだね! そうすれば、言ってきてるヤツも傷つくこともないんだろうしね。結果、周りの気持ちも、里山さんの気持ちもポジティブな気持ちになれるよ」

春菜先生「しかも、好きな人に伝わるかもしれないですよ!」

あしざわ教頭「里山さんもかなり強くうなずいてたけど、どう?」

ホームセンター里山さん「利用、します…!」

とーやま校長「いいよいいよ! だって嫌なこと言ってくるんだからさ!
なんか、今の、スゴイ話だな! 消し去ることなんて考えたことなかった(笑)」

春菜先生・ホームセンター里山さん「(笑)」

とーやま校長「そいつに対してだけは、里山さんも利用していいよ! しかも、里山さんも優しくて気づかいができるヤツなんだよな。今まで色んな我慢があったんだから、そこだけはいいよ!」

春菜先生「そう! ちゃんと返してあげてるってことが素敵だと思います」

RN ホームセンター里山さん、ありがとう!

null



さあ、そろそろ黒板の時間!
今日はもちろん春菜先生…いや、師匠にお願いしたぞ!

書いてもらっている間に、届いたメッセージを紹介!


いじられすぎて....
僕は学校で毎日毎日いじられます。主にカエルとかカッパと言われてます笑
最初は本当に嫌でストレスが溜まっていましたが今ではなんとも思わなくなりました笑笑
近藤春菜先生をテレビで見ていて本当に勇気ずけられました。
空飛ぶカツラ
男性/18歳/福岡県
2017-06-05 19:03



あしざわ教頭「春菜先生を観ながら力に変えてるんですね」

とーやま校長「そうだね! 知らない間に春菜先生はみんなにパワーも与えてくれてる中、授業のラストには言葉でも気持ちを届けてくれる、ということで…」

null


『 イジられにゃ損々!! 』

春菜先生「イジられるってことは、その人から見られてる…少なからず興味を持たれてるってことじゃないですか。
でも、自分の容姿とかちょっと気になるところを言われたとしても、私は芸人になったからそう思うんですけど、発想の転換で"オイシイ"って思うんですよね。
それってすごい大事だと思ってて、"オイシイ"って思うだけで、周りも和やかになるし、どんどん輪が広がっていく気がします。
イジられない人っていうのは、最初から興味も持たれてないというか、ちょっと空気のようになっちゃってるような感じがするので、イジられたら"あ、オイシイ! 嬉しい!"って思うことが、これから、学生さんには大事なんじゃないかなっていうところで…『イジられにゃ損々!!』を贈らせていただきます」


♪ いじわるなハロー / Perfume


とーやま校長「『イジられるなハロー』ってことでいいのかな?」

春菜先生「(笑)」

あしざわ教頭「今のは強引じゃないのか?(笑)」

とーやま校長「素敵な言葉だったし、さっきも書き込みがあった通り、日本全国で春菜先生がいてくれるだけで力をもらってる!」

春菜先生「ありがとうございます! こちらこそすごくパワーをもらいまして、何か色々思い出しました」

とーやま校長「10代当時の頃を? うれしい!」

春菜先生「はい! 初心に帰って頑張りたいと思います!」

春菜先生、明日も朝早い中、生徒のために来てくれてありがとうございました!

null




【FAXイラスト】


null

RN ハムカツ御膳


null

RN ふわふわ女子目指し隊


null

RN ちかちゃん。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
lockリー 島根県 17歳 男性
まったりココア 神奈川県 15歳 女性
ホームセンター里山さん 兵庫県 17歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
広島の一反木綿 広島県 14歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:03 I Can Hear / DISH//
22:28 ファービュラス / シャーペイ・アンド・ライアン
22:48 wonder2 / Perfume
23:15 Spending all my time / Perfume
23:41 ふりかえるといるよ / Perfume
23:51 いじわるなハロー / Perfume

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ずっと思ってるけど、はるなはすごい人だよほんと!!
また来て下さい!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

明日からイジられに行け!!
春菜先生ありがとうございます!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー: 生放送教室
投稿者: tankhayashi
SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 仲間 』

今夜のSCHOOL OF LOCK! には、コンセプトは”永遠に中学生”! 私立恵比寿中学 通称エビ中が来てくれる!!!

エビ中のメンバーは、4年前に「ホメール」という我が校のプロジェクトに参加してくれて、その時には、何かに頑張っている生徒に向けて、メンバーそれぞれからメッセージを届けてもらいました!

とーやま校長「4年前も、こうやって紹介したけど、今日も同じように紹介したいと思う! エビ中のメンバーは、我が校の”仲間”です! メンバーの中には今聴いてくれてるみんなと、そんなに年が変わらない生徒もいるよね」

あしざわ教頭「最年少だと16才ですもんね」

とーやま校長「言ってみれば、我が校の“永遠に同級生”だね! ということで、今日はエビ中と一緒に授業していくぞ!」


そして今日は、SHE‘S先生の新曲初オンエアからスタート!!


♪ Over You / SHE'S

とーやま校長「これはキタね! 曲もめっちゃ気持ちいいし、『逆方向に行け』っていう歌詞に、どうしてもこのご時世、隣の人と同じじゃないと…って気にしちゃうけど、そんなこと言ってたら面白いものを面白いって思えなくなるじゃん。
逆風かもしれないけど、ちゃんと自分の意思をもってそこを突っ切ることも大事ってことを言ってくれている気がして、俺はこの曲が好き!」

あしざわ教頭「僕は、『僕は僕であれば迷わないさ』って歌詞がめっちゃ良いなと思って。”なかなか前に進んでないな”、”ウジウジしているな”って自分では思っているかもしれないけど、
それは立ち止まっているんじゃなくてちゃんと進んでいるんだって言ってくれている気がする、すごく心に響く曲ですね!」

SHE‘S先生のミニアルバム『Awakening』は6月21日リリース!


そして今日は、生徒への逆電からスタート!!

とーやま校長「もしもし!」

アドラステア 愛知県 16歳 男性 高校2年生

アドラステア「もしもし!」

RN アドラステアは、今日のゲストでもある私立恵比寿中学のことが大好きだということで……。

とーやま校長「今日、私立恵比寿中学がゲストで来てくれるって知った時、どんなこと思った?」

アドラステア「飛び跳ねるくらい嬉しかったです!」

とーやま校長「エビ中のことはいつから好きなの?」

アドラステア「中1から中2にかけて好きになりました! 同い年の小林さんと中山さんが入るっていうニュースを見て、同学年で頑張っている人がいるんだって思って見るようになりました」

とーやま校長「今は誰推しとかある?」

アドラステア「安本彩花さんです!!」

とーやま校長「おおっ! じゃあ、感謝の気持ちとか、伝えたいことがいっぱいあるよね? 直接言っちゃう?」

アドラステア「はい!」

とーやま校長「……ですって!」

安本さんこんにちは! こんばんは! 安本彩花です!

アドラステア「こんばんは!」

とーやま校長「そして!」

真山さん「こんばんは! 真山りかです!

廣田さん廣田あいかです! よろしくお願いします!」

アドラステア「お願いします!」

とーやま校長「わりと冷静だな!(笑) あまりの突然のことに驚いている状態?」

アドラステア「頭の中が”?”でいっぱいです!」

とーやま校長「そうだよな!(笑) 今日は3人が来てくれてるから、思いの丈を伝えておこう!」

アドラステア「去年1年間学校に行けない時が多かったんですけど、そんな時に支えになってくれたのがエビ中で、しんどいと思った時も”また明日頑張ろう!”って思わせてくれたのがエビ中でした!」

安本さん「ありがとうございます!」

とーやま校長「エビ中のおかげで色んなことを乗り越えられたんだね」

アドラステア「はい! 今、大学受験に向けて必死に勉強しているんで、これからもエビ中に支えてもらうこともいっぱいと思うし、
辛いことがあってもエビ中の力でなんとか乗り越えていけると思うので、これからも頑張ってください!」

安本さん「嬉しい…! なんか泣きそうになっちゃうよ!」

アドラステア「僕も嬉しいです!」

真山さん「アドラステア、彩ちゃん泣きそうだって!」

安本さんヤバい〜(泣)

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「まだ登場して2、3分なのに!(笑)」

とーやま校長「せっかくなので、安本さんからお返しの言葉をお願いします!」

安本さん「私も辛いことあるけど、今の言葉で頑張ろうって思いました!」

真山さん「感動的なんだけど、彩ちゃんの泣き顔がすごい!(笑)」

とーやま校長「今、アドラステアは電話では明るく振舞ってくれたけど、そうじゃない時間もあって…。でも、そんな時にエビ中が力をくれたんですよ。すごいですね!」

安本さん「いやいや…こちらこそファンの皆さんから力をもらってます」

真山さん「いつももらってばっかりです」

とーやま校長「安本さん、とりあえずティッシュを持って来たので……」

安本さん「ありがとうございます!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「写真とかも上がっちゃうけど大丈夫ですか?」

安本さん「ヤバイヤバイ! かなりブサイクな顔をしてますよ!」

あしざわ教頭「そんなことないですよ(笑)」

ということで改めて、SCHOOL OF LOCK! の生放送教室には……
私立恵比寿中学が登場!!

SCHOOL OF LOCK!


真山りかさん
安本彩花さん
廣田あいかさん


とーやま校長「いきなり生徒との逆電に出てもらいましたけど、こうやって生放送教室に来てもらうのは初めてなんですよね」

真山さん「そうなんですよ!」

とーやま校長「私立恵比寿中学じゃないですか! 僕たちもSCHOOL OF LOCK!っていう学校なので、”学校に中学が来る”っていう…(笑)」

真山さん学校見学的なね!

廣田さん「そうだね! 交換留学的な?(笑)」

とーやま校長「そして、僕は一応SCHOOL OF LOCK!のとーやま校長ということでやらせてもらっているんですけど、エビ中にも校長先生がいるんですよね!

安本さん「そうなんですよ〜! 今日もすぐそこにいます」

とーやま校長「(とーやま校長のことを)校長って呼びづらいかもしれないんで、『とーやま』とかで構いませんので!」

安本さん「いやいや! 今日はぜひ校長で!」

とーやま校長「すみません! おみそれ!

あしざわ教頭「おみそれ?(笑)」

廣田さんおみそれ〜!(笑)

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ちなみに、廣田さんは、TOKYO FMでラジオやられてますよね?」

廣田さん「はい! 金曜9時から『リアル頑張ってる途中』という番組をやらせていただいてます!」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK! の生徒は10代がほとんどで、エビ中のメンバーといってみれば同世代! 今日は “永遠に同級生” として、一緒に授業をやっていこうと思うので、宜しくお願いします!」

真山さん・安本さん・廣田さん「よろしくお願いします!」


今夜はエビ中のみんなと一緒に、このテーマで授業をやっていこうと思う!

「心の衣替え逆電」!

6月1日は衣替えの日!
ほとんどの生徒が今日から制服が、冬服から夏服に切り替わったと思う。
装いは夏服に切り変わったけど、心の中は冬服の時のまま…。

周りには平気な振りしているけど、今も引きずっていることがあって切り替えたい!
という君の話を今夜は聞かせてほしい!

例えば…

「元気に振る舞っているけど、振られたことをずっと引きずっています」
「自分のせいで負けてしまった試合のことを実は吹っ切れていません」
「ケンカした友達と仲直りして遊んではいるけど、気持ちはまだわだかまったままです」


君が切り替えたいことを学校掲示板もしくはメールで教えてくれ!
エビ中のみんなと一緒に君の話を聞いていきます!

エビ中のニューアルバム『エビクラシー』を聴いた生徒からの感想も待ってるぞ!

SCHOOL OF LOCK!


さあ、今週は5週目でGIRLS LOCKS!はお休み!
今週のこの時間は、こちらの授業をお送りします!

「Road to 未確認フェスティバル!」

未確認フェスは、10代のアマチュアミュージシャンだけがステージに立つことが出来る、夏の野外フェス!

ファイナルステージは、8月27日 東京新木場 STUDIO COAST
今年の応募総数、3199組! この中から、デモ審査をくぐり抜け、次のネットステージに進んだ10代のミュージシャンは、全103組

現在、このネットステージに出場が決定したミュージシャンに、サイト上で投票を受付中
投票は1組1票! みんなの投票が審査に大きく影響します!

今週のこの時間は、ネットステージ出場者103組の中から、気になる10代ミュージシャンの音を紹介しているんだけど…

とーやま校長「今日は電話をかけようと思う!」

今夜、電話をつなぐのは、東京都 4%ファイターズ

とーやま校長「あれ? なんか聞いたことがあるって思った生徒もいるかもしれないけど、去年、3%ファイターズとして、東京のライブステージに登場したバンドが、4%ファイターズにパワーアップして再び参戦してくれた!

資料によると、3ピースから4ピースになったみたい!

とーやま校長「去年もカッコよかったけど、今年もすごくカッコいいんだ!」

あしざわ教頭「去年も熱い演奏を聴かせてくれましたけど、まだ今年の音源は聴けてないので楽しみです!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「それじゃあ、今の気持ちを聞いてみようか! もしもし!」

松本アタル「もしもし!」

4%ファイターズ・松本アタル 15歳 男性 高校1年生

とーやま校長「久しぶり! こうやって話すのは1年ぶりだね。まずは、今年もネットステージ進出おめでとう!」

あしざわ教頭「おめでとう!」

松本アタル「ありがとうございます!」

とーやま校長「今年もネットステージに到達したんだけど、今の気持ちとしてはどんな気持ち?」

松本アタル「ただただ嬉しいのみですね!」

とーやま校長「去年は惜しくもファイナルに行けなかったんだけど、その時の気持ちとか覚えてる?」

松本アタル「あの時はすごく悔しかったんですけど、自分たちの新しい課題が見えて、また来年に向けて頑張ろうって思えました!

そこから、3%ファイターズはメンバーが一人戻り、4%ファイターズに!

とーやま校長「そうか、元に戻ったんだね! 今年の調子としてはどう?」

松本アタル「順調です!」

あしざわ教頭「イイね!」

とーやま校長「あれだよね、お姉ちゃんがドラムを担当しているんだよね? 今、近くにお姉ちゃんいたりする?」

松本アタル「近くにいます!」

とーやま校長「ちょっと話聞かせてもらってもいい?」

松本アタル「大丈夫です!」

あかね「…代わりました! ご無沙汰してます!」

とーやま校長「久しぶり! 元気してた?」

あかね「めっちゃ元気です!」

とーやま校長「あかねちゃんにも聞くけど、今の4%ファイターズはどう?」

あかね「新しいメンバーが加入したわけじゃなくて、一緒にやっていたメンバーが戻って来たので、3%でやっていた私たちもテンションが上がってて、楽しく練習できていますね」

とーやま校長「曲を聴かせてもらったけど、今年もカッコ良かったわ!」

あかね「ありがとうございます!」

とーやま校長「あかねちゃんの未確認フェスティバルにかける想いを聞かせてくれ!」

あかね「私は今年で19歳になるんですけど、戻って来たメンバーは私より一つ上なので、今年がラストチャンスになるんです。だから、今年は何としてもファイナルまで行きたいと思ってます!

とーやま校長「ありがとう! じゃあ、もう一度アタルに代わってもらって……改めてアタルの気持ちも聞かせてもらっていい?」

松本アタル「去年は3次審査まで行って落ちてしまったんですけど、今年はファイナルまで行って、もっと多くの人に僕らがライブしているところを見てもらって、改めて評価してもらいたいです! 頑張ります!!」

とーやま校長「アタル! 4%ファイターズ! 今年もめちゃめちゃ楽しみにしてるよ!」

松本アタル「はい! ありがとうございます!!」


♪ イルミネーション / 4%ファイターズ


あしざわ教頭「めちゃくちゃイイじゃないですか! 最初始まった瞬間に、音の温度感みたいなものがあるし、歌詞も思ったことをストレートに言っている感じがいいですね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「音と音の間に隙間があるのが好きなんだけど、その隙間に俺たちはいろんなものを入れることができるわけで、ロックってこういうことなんだって思うなぁ」

あしざわ教頭「ぜひ、生で聴きたいですね!」

「Road to 未確認フェスティバル!」今夜の授業はここまで!
来週のこの時間は、きゃりーぱみゅぱみゅ園長が毎日登校! 月曜日と火曜日には叶姉妹が登場するぞ!


そして、来週月曜日! 生放送教室にハリセンボンの近藤春菜先生が初来校ーーーー!!

あしざわ教頭「内緒にしておりましたが、わたくしメガネを外すと箕輪はるかさんにそっくりなんです!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「確かに、前歯の出方とかがそっくり!」

みんなも近藤春菜先生とあしざわ教頭との対面を楽しみに待っていよう!


そしてここで、先ほど逆電したRN アドラステアから掲示板に書き込みが!


逆電!!
電話ありがとうございます!!!まさかあのエビ中のメンバー達と話せるとは!!この時間は一生の宝物になりました!!実感が無さすぎてもううわああってなってます!
これからもずっと応援してます!!!
エビクラシーも良かったです。
アドラステア
男性/16歳/愛知県
2017-06-01 22:18


廣田さん「嬉しい〜!」

安本さん「早速コメントくれて嬉しいね! ありがたいです!」

真山さん「本当にありがとうございます!」

改めて、私立恵比寿中学は、昨日5月31日にニューアルバム『エビクラシー』をリリースされております!

とーやま校長「めちゃめちゃロックで楽しいアルバムですよね! アルバムの初っぱなからめっちゃカッコいいファンクで始まるじゃないですか?」

あしざわ教頭「あれはビビった!」

とーやま校長「僕、エビ中さんのアルバムをちゃんと聴いたことがなくて、なんの情報もなしに聴いてみたんです。そしたら、1曲目はインストなのかな? 悠々と胸を張って歩いている7人が登場して来て、そこから2曲目の『制服”報連相“ファンク』にマジで度肝を抜かれて!
エビ中の名前は知っているけど聴いたことないっていう音楽ファンも一撃でやられるなって思ったんです!」

真山さん・安本さん・廣田さん「嬉しい!」

とーやま校長「他の曲も全部良くて、アルバムの曲、1曲ごとにピークがあるなって感じるくらいめちゃくちゃ楽しいアルバムでした!」

あしざわ教頭「みなさん全員が120%の力を発揮しているというか、勢いがあるものだけじゃなく、切ない気持ちになる曲もいっぱいあったりして、思い出の写真が詰まったアルバムを見ているような、そんな気持ちにもなる曲たちばかりだなって思いました

安本さん「私たちも自信作って言ってもいいくらい、自画自賛してしまう曲ばかりなので、本当に大好きなアルバムです。ギュッと抱きしめたくなりますね!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「廣田さんは、今回のアルバムはいかがですか?」

廣田さん「エビ中っていろんな楽曲があるっていうのが他のアイドルさんと比べて珍しいかなって思うんですけど、毎回アルバムを作るってなった時に他のジャンルあるのかなってくらい、いろんな曲があるんですよ。
今回、『エビクラシー』を作るってなった時に見事に今までやったことがないジャンルの曲が来たので、すごいことになったなぁ〜って思いました!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「真山さん的にも、今回のアルバムには驚きもありましたか?」

真山さん「そうですね。今回、新しく挑戦したこととして、7人にそれぞれフィーチャー曲があるんです。(アルバム収録曲をメンバーがソロで歌っているver.が期間生産限定盤に収録されています)
そんな風に新しいことにも挑戦しているので、異種格闘技戦感があるというか、エビ中の魅力がギュッと詰まったアルバムになったなぁと思いますね

とーやま校長「『なないろ』という曲も、僕は”ど真ん中”って感じた曲なんですけど、安本さんにとって、この楽曲はどういうものですか?」

安本さん「この歌は、歌詞を見ると恋心を歌っているんですけど、私そんな恋愛経験もないし、恋はわからないって思ったんで、”私は愛を歌おう”って思って愛を歌っています!

とーやま校長「それは、どこに向けての愛になるんですかね?」

安本さん「家族だったり、ファンだったり、友達やメンバーだったり…いろんな人に向けて愛情を歌っています!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ なないろ / 私立恵比寿中学



なないろ
なないろ
すごく心に響く

めっちゃ好きな曲です
ふじあき
男性/18歳/宮城県
2017-06-01 22:38

エビクラシー良き良き
エビクラシーフラゲしてめっちゃ聞いとるよ!!ほんっっとに良いアルバムだと思う!!何回聞いても鳥肌たつもん!!毎日電車通学で疲れるけど昨日の朝からはエビクラシー聞きながらノリノリで電車乗ってるよ!笑笑
ほんと全曲良すぎてはげそう!エビ中大好き!!
ゆづぴん
女性/15歳/新潟県
2017-06-01 20:42


安本さん「ヤバいヤバイ!(笑)」

廣田さん「生やして!(笑)」

とーやま校長「なんとかハゲないようにね!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、ここからは「心の衣替え逆電」!
まだ気持ち的には冬服のまま、心の衣替えができていない生徒に逆電して話を聞いていくぞ!

まず最初に逆電した生徒は…

とーやま校長「もしもし!」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「もしもしーーー!!!」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ 福島県 16歳 男性 高校2年生

安本さん「めっちゃ元気!」

とーやま校長「お前もう心の衣替え済んでるだろ?(笑) ぺぶーぴぴ、ぷぷぽは、今何年生?」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「高校2年生です!」

あしざわ教頭「中2高2は…フリーーーダーーーム!!!

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「フリーダーーム!!」

真山さん・安本さん・廣田さん「イェ〜〜〜イ!」

あしざわ教頭「みなさん、盛り上がってくださってありがとうございます(笑)」

とーやま校長「エビ中のみんなは優しいね(笑) ぷぷぽもテンション上がってるだろ?」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「…ヤバイヤバイヤバイ」

あしざわ教頭「どうした?」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「なんか、漏れそう!」

あしざわ教頭「ハゲたり漏れたり大変だなあ(笑)」

とーやま校長「気持ちが漏れそうってことだよね?(笑) だって、エビ中のことが大好きなんだもんね?」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「大好きです!」

とーやま校長「どういうところが好きなの? 今がチャンスだし、伝えておこう!」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「自分に出来ないことを再現してくれてるみたいで勇気をもらえます!上からな言い方になっちゃうけど、ダンスも歌も成長しているなぁって思って…」

真山さん・安本さん・廣田さん「ありがとうございます!」

そんなRN ぺぶーぴぴ、ぷぷぽだけど、心の衣替えはまだすんでいない状態。
RN ぺぶーぴぴ、ぷぷぽが切り替えられていないこととは……。


ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「明るく前向きを装っているけど、落選を引きずってます」

RN ぺぶーぴぴ、ぷぷぽは将来、漫画家を目指していて、小学3年生から漫画賞などに応募したりしているのだそう。
しかし、なかなか賞は取れず、最終候補一歩手前までで止まってしまっているのだとか。

とーやま校長「今、メンタル的にはどんな感じ?」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「やる気がないというか、後悔引きずりまくってる感じです」

とーやま校長「これだけやっているのに結果が出ないとなぁ…。エビ中のみなさんも、オーディションとかでそういう経験ありますか?」

廣田さん「エビ中に入る前はあったりしたね」

安本さん「私も結構引きずるタイプで、全然オーディションに受からなくて落ち込んでいる時に、お母さんに『とにかくあなたは切り替えができないから、どん底まで落ち込みなさい』ってよく言われてました。『(落ち込んでいたら)私が引き上げてあげるから』って言ってくれるんです」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「めっちゃカッコいいお母さんだね!」

安本さん「自分でどうにも出来ないので、いつも周りの人に助けてもらっていますね」

とーやま校長「真山さんもめちゃくちゃ凹むこととかってありますか?」

真山さん「私かなり凹みやすくて、ちょっとしたことでも凹んじゃうんですよ
ラジオとかで噛んだりしたら、その部分を何度も聴いて”なんでこんなことやっちゃったんだろう…”って落ち込むところまで落ち込むんですけど、
引きずってても生きなきゃいけないので、美味しいものを食べたりしてどうにか気をそらしますね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「じゃあ、ぷぷぽだったら漫画のことで落ち込んだ時には他の楽しいことを見つければいいのか。例えば漫画以外に楽しいことって何かある?」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「今はギターを弾くことが楽しいです!」

真山さん「カッコいいじゃん! じゃあ、漫画描いてて疲れちゃったなって思ったら、ギター弾いてリフレッシュしてからもう一回やればいいし、行き詰まったら何かで発散すればいいと私は思いますよ!」

とーやま校長「廣田さんは、自分なりの切り替え方ってありますか?」

廣田さん「私は、最初はやりたいって思ってたのに悲しいこととかがあって”もうダメかな…”って思った時は、そのことから1週間離れます。
あえてそのことに触れない1週間を過ごすと、本当に好きなことだったら絶対に頭によぎるんですよ。1週間後になると熱が湧いてくるっていうか、最初の頃の気持ちに戻れる気がするので、私はそうやって毎回切り替えてますね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「これ、めっちゃ良いこと教えてもらったんじゃない?」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「本当ですね! ありがてぇ…」

あしざわ教頭「急に農民の人みたいな(笑)」

とーやま校長「今もらった言葉とか気持ちを漫画にしてみたらいいんじゃないかな? 作品ってそういうものだと思うから」

真山さん「私、漫画が好きなんですけど、辛くなった時は漫画を見て楽しいことを思い浮かべたりするんです。漫画には生きる力をもらっているので、ぜひ、ぷぷぽには頑張ってもらって私に生きる力を与えてほしい!

廣田さん「そうだよ! 真山に読んでもらおう!」

ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ「はい! (漫画で真山さんを)生かします!」

話を聞かせてくれてありがとう! エビ中のみんなからもらったものを漫画にして、少しでも前に進めるように祈ってるよ!


♪ 君のままで / 私立恵比寿中学


とーやま校長「今日の話を思い出しながら、歌詞カードでこの曲の歌詞を見て聴いてみて! これは、お前のための曲だよ!」

真山さん・安本さん・廣田さん「うん!」

とーやま校長「この曲とともに、次の作品へと向かっていこう!」

SCHOOL OF LOCK!



4月から始まった、私立恵比寿中の全国ツアー、
「私立恵比寿中学 IDOL MARCH HALL TOUR2017 〜今、君とここにいる〜」

4月からスタートして、ちょうど今は折り返し地点。ファイナルは7月16日、日曜日。東京国際フォーラムです!

このツアーの初日、4月22日が7人で立つ初めてのステージでした。

とーやま校長「エビ中は2014年からずっとメンバー8人で活動してきて、ニュースで知って驚いた生徒や悲しんだ生徒もたくさんいたと思うけど、今年の2月、メンバーの松野莉奈ちゃんが、天国へと旅立たれました」

学校掲示板にも、生徒のみんなからいろんな想いがたくさん届きました。

埼玉県 14歳 女の子 RN ちくわ宇宙一かわいい!
広島県 15歳 男の子 RN 私立波瀾万丈中学!
福島県 16才 女の子 RN 草食系女子!


他の生徒もいっぱい想いを届けてくれて、ありがとう!

とーやま校長「だけど、誰よりもエビ中のメンバーは、友達でもあり盟友でもあった子が突然いなくなってしまって、想像もできないくらい悲しい思いをしたと思う」
    
あしざわ教頭「僕らには想像もつかない想いの中で、それでも残るメンバーの皆さんは、活動を続ける決断をしました!」

とーやま校長「今、僕の方から話をさせてもらったけど、今年の2月に松野莉奈ちゃんが天国へと旅立ったけれど、今この放送も天国で聴いてくれているのかな?」

真山さん「このスタジオにいるかもしれない!」

あしざわ教頭「一緒にいてくれているかなぁ」

とーやま校長「あれからもう3、4ヶ月経つけど、本当に突然のことだったし、みなさんも色んな想いがありましたよね?」

安本さん「そうですね。正直、こんなこと思っちゃいけないけど、”こんなに辛いなら、人生を終わらせちゃいたいな”って思った時もあったんです。
でも、莉奈の代わりにはなれないけど、莉奈の分も人生を最後まで頑張らないといけないなぁって思って」

SCHOOL OF LOCK!


安本さん「莉奈も最後まで頑張ったから天国に行ったと思うし、自分も最後まで人生を頑張って、最後、莉奈に会った時に自分の人生をプレゼントしてあげたいって思うんです。
私の楽しい人生の小説を莉奈に再会した時にプレゼントして、『彩ちゃん、良い人生送ったね! すごい楽しいお話じゃん!』って言ってもらえるような人生にしようって思って頑張っています!

とーやま校長「これまで、色んな想いがあったと思うんですけど、先週Mステに出られていたじゃないですか。そこで『なないろ』を歌っている時、涙を浮かべながらも、全員がものすごく素敵な笑顔だなぁって思ったんです。
あれを見て、すごくカッコいいなって思ったし、今の言葉を聞いてこれからもたくさん応援したいなって思いました!」

真山さん・安本さん・廣田さん「ありがとうございます!!」

今後のTOURの日程

2017年6月10日(土)埼玉県 大宮ソニックシティ 大ホール
2017年6月18日(日)北海道 わくわくホリデーホール
2017年6月24日(土)千葉県 市川市文化会館
2017年6月25日(日)岩手県 盛岡市民文化ホール 大ホール
2017年7月1日(土)沖縄県 沖縄コンベンションセンター
2017年7月8日(土)愛媛県 松山市民会館 大ホール
2017年7月15日(土)石川県 本多の森ホール
2017年7月16日(日)東京都 東京国際フォーラム ホールA

とーやま校長「これからの全国ツアー、どんなステージにしたいですか?」

真山さん「2月からエビ中としての活動をしなかった時期もあったんですけど、その間にたくさんの人がメッセージをくださって、本当に力をいただきました。
松野のことで励ましてもらっただけでなく、色んなことをファンの皆さんからもらっているので『ありがとう』を返せるツアーにしたいなぁと思って取り組んでいます。
ライブってこんなに楽しいんだ、っていうのを今回のツアーで改めて感じていて、毎回刺激的ですね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「廣田さんは、これまでのツアーと比べると今回はどうですか?」

廣田さん「最初の方はみなさん戸惑いもあるし、私たち自身もどんな感じでファンの人に会えばいいんだろうって不安があったんですけど、それぞれの形で応援してくださっているのがステージから見えて。
ツアーも折り返しになったんですけど、みなさんがどんどん”楽しい”を取り戻してきた感じがあって、ツアー自体も明るくなってきたので悩んでいる方もぜひ来ていただけたら嬉しいです!

SCHOOL OF LOCK!



人生初ライブ!!
エビ中は私にとって、人生初ライブのグループです!!去年の夏休みでお台場でやっていたものです。迫力があって、とても感動しました。人生初のライブがエビ中で本当によかったです!
そんなグループに亡くなった方がいるのが、本当に残念です。でも、その方の分まで、全力で頑張って下さい!!応援してます!!
あんずジュース
女性/13歳/岡山県
2017-06-01 22:59


安本さん・廣田さん「嬉しい〜!」

真山さん「ありがとうございます!」

とーやま校長「人生初のライブって絶対に忘れないやつだからね! しかも、今回のツアーはアルバム『エビクラシー』を引っさげてのライブだから、当然アルバム収録曲はたくさんやりますよね?」

真山さん「そうですね。今回、初めて全部出しをするんです」

廣田さん「そう、初日から!」

SCHOOL OF LOCK!


真山さん「ツアーの途中からどんどん新曲を足していくってことが多かったんですけど、今回のツアーは10曲全部やるツアーなんです」

廣田さん「今まではライブでしか新曲を聴けなかったりしたんですけど、10日からはアルバムが出てからのライブなので、雰囲気が変わって楽しいと思います!」

詳しい情報は、私立恵比寿中学のオフィシャルホームページをチェック!

SCHOOL OF LOCK!



ここからは再び「心の衣替え逆電」!
続いて逆電した生徒は……

空飛ぶ大福 長崎県 16歳 男性 高校2年生

とーやま校長「空飛ぶ大福も、心の衣替えが出来ていないことがあるんだよね?」

空飛ぶ大福「はい。リベンジを果たそうと思っていた高総体にペアで出られなくなってしまい、心の切り替えが出来ません

RN 空飛ぶ大福は、カヌー部に所属しているのだけど、2週間くらい前に1年生の時からペアを組んでいる仲間が病気になってしまい、手術のために総体への出場を断念することになったのだそう。

とーやま校長「それまで、二人の調子はどうだったの?」

空飛ぶ大福「調子が上がってきてて、(タイムも)伸びてきてはいたんですけど、急に出られなくなってしまったので、気持ちが切り替えられていないです」

とーやま校長「そのペアの子とは話はしたの?」

空飛ぶ大福「しました。最初は”違う人と交代して出場してくれ”って言われたんですけど、組み合わせが決まっているので交代できないって伝えたら、『本当にごめん…』って感じで謝られました」

とーやま校長「リベンジって言ってたけど、それはどういうこと?」

空飛ぶ大福「9月にあった新人戦で、あと1秒で九州大会に行けるっていうところで負けてしまったんです」

とーやま校長「じゃあ、その1秒を超えるために二人で頑張ってたけど、病気というアクシンデントで出られなくなっちゃったから、なおさらどう切り替えたらいいのか分からないんだね」

空飛ぶ大福「はい」

SCHOOL OF LOCK!


今は、一人乗りのカヌーで高総体に出場する予定のRN 空飛ぶ大福。
そこで良い結果を残して友達に報告したいと思っているけれど、なかなか練習に身が入らないのだとか。

とーやま校長「空飛ぶ大福が、どうやったらスイッチを入れられるか…。エビ中の皆さんは明日や明後日に何かをやらないといけないのに、自分的には身が入らないっていう時ありますか?」

安本さん「今、悩みを話してくれた方の経験に沿ってだと、ずーっと一緒に頑張っていた子が一番自分のことを知ってくれていると思うから、
その子とたくさんお話すれば、背中を押してくれるきっかけになるような言葉をくれるんじゃないかなって思います。今はお話しできる状態か分からないけど、もし機会があるのなら、その子と一緒にたくさんお話ししたら”頑張ろう!”って思えるんじゃないかな。もし私がその立場になったら、そうしようって思います」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そいつと話せる状況ではある?」

空飛ぶ大福「はい。一応退院はしているので」

あしざわ教頭「それは良かったね!」

とーやま校長「そいつも空飛ぶ大福に対して”悪いな…”って気持ちがあると思うんだよね」

廣田さん「あると思います。もし私が空飛ぶ大福くんのペアの子だとしたら、自分のせいで空飛ぶ大福くんが結果を残せないってなることが、自分的にも引きずってしまう原因になっちゃいそうだから、
相手の子の思いも背負って…って言ったら荷が重くなっちゃうかもしれないけど、せっかくここまで頑張って来たなら、やるかやらないかで考えたら、やる選択しかないなって思います

とーやま校長「そうですね! 今週末に出るのはシングルだけど、ペアでもあるわけじゃん」

廣田さん「そうそう! 想い的にはね!」

とーやま校長「話を聞いてみて、どうかな?」

空飛ぶ大福「頑張るしかないなって思いました!」

とーやま校長「そうだね!」

あしざわ教頭「もう一回、相手と話してみても良いかもね。正直な気持ちを話したら、向こうも何か言ってくれると思うよ?」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「日曜日に大会があるんだよね。俺はその時愛知にいるけど、少しでも空飛ぶ大福に届くようにパワーを送るな! エビ中の皆さんも、もし空飛ぶ大福のことを思い出したらパワーを送ってあげてください!」

真山さん「私たち、日曜日はお台場でフリーライブをするので、歌声を届けます!」

SCHOOL OF LOCK!


安本さん「はい、届けます!」

とーやま校長「とんでもない味方が出来たぞ! 頑張れな!」

真山さん・安本さん・廣田さん「頑張って!!」

空飛ぶ大福「はい!」


♪ 春の嵐 / 私立恵比寿中学


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
今日は、私立恵比寿中学の安本彩花さんに書いてもらいました!


SCHOOL OF LOCK!


『 じっくり ゆっくり 』

安本さん「何事もたくさん時間をかけて、悩んで考えればいい。って、今日みんなの話を聞いていて思いました。
皆さんも自分の気持ちに素直になって、たくさん時間をかけて悩んでいったらいいかなと思います」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 感情電車 / 私立恵比寿中学


とーやま校長「この『感情電車』という曲を聴きながら、”この曲は俺の歌だな”って思っているやつがたくさんいると思います。いや〜、好きです!!!

真山さん・安本さん・廣田さん「ありがとうございます!」

真山りかさん、安本彩花さん、廣田あいかさん!
今日は本当にありがとうございました! また遊びに来てください!


SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!の校長と、私立恵比寿中学の校長の貴重な2ショット!



【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふわふわ女子目指し隊


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
アドラステア 愛知県 16歳 男性
4%ファイターズ・松本アタル 15歳 男性 
ぺぶーぴぴ、ぷぷぽ 福島県 16歳 男性
空飛ぶ大福 長崎県 16歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
只今、高校1年生 埼玉県 15歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:02 Over You / SHE'S
22:26 イルミネーション / 4%ファイターズ
22:36 なないろ / 私立恵比寿中学
22:49 君のままで / 私立恵比寿中学
23:16 Bon Appetit / Katy Perry
23:21 CHARM / WANIMA
23:25 ホーミング・ユー / 集団行動
23:44 春の嵐 / 私立恵比寿中学
23:49 感情電車 / 私立恵比寿中学

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

みんな笑顔の2時間だった!
すごい力がうごめいている!
エビ中!また来て下さい!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

アルバム全部が元気とキラキラをくれる!
今日みなさんにお会いして、より好きになっちゃったな〜。
またお待ちしてます!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★