誘惑に負けそうになっていることを教えて!「天使と悪魔逆電」!

生放送 2017.10.25 水曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 未確認ライオット 』

2008年にスタートした10代限定の夏フェス『閃光ライオット』!

そして、閃光ライオットの意思を引き継ぎ、名前を変え、
2015年からスタートした『未確認フェスティバル』!

あしざわ教頭「閃光ライオットが始まって、今年で10年目なんですね!」

とーやま校長「メモリアルイヤーを記念して、SCHOOL OF LOCK!が放つ10代限定の夏フェス!
その10年間の軌跡を追ったスペシャルドキュメンタリー映像LINE LIVEで配信されることになった!」

それが…

『未確認ライオット』!!!!


あしざわ教頭「LINEさんありがとうございます〜! 今回のドキュメンタリー映像は、ポートレートフィルムという縦型動画で、スマホを縦にしたまま見ることができるんです!」

とーやま校長「未確認フェスティバルのファイナルステージでLINEさんが取材してたけど、このためだったんだね!」

あしざわ教頭「実はそうだったんですよ! 今年8月に開催した未確認フェスティ……」

とーやま校長「そうなんです!  この未確認ライオットでは今年8月に開催した『未確認フェスティバル2017』のファイナルステージの模様!
さらに、これまで出演したアーティストたちの『閃光ライオット』、『未確認フェスティバル』への想いも聞くことができるんだって! すごいでしょ!?」

あしざわ教頭「すごいんですけど、僕が言おうとしてたのに、なんでとるんですか?」
     
とーやま校長「横取りしてない! 記憶にない!」

あしざわ教頭「そこに戻らないで(笑) 僕だって楽しみなんですから、言おうとしてること、とらないでくださいよ!  過去、出演してくれた数多くのアーティストたちの中から……」

とーやま校長「そう! 豪華なみんなが出てくれる! この映像に特別出演してくれるのは… ねごと !!!!

閃光ライオット2008で審査員特別賞を受賞された、ねごと先生!

GLIM SPANKY !!!!

閃光ライオット2009のファイナリスト! GLIM SPANKY先生! 当時は4ピースバンドでした!

片平里菜 !!!!

閃光ライオット2011で審査員特別賞を受賞された、片平里菜先生! ギターを始めてわずか2年での受賞でした!

ぼくのりりっくのぼうよみ !!!!

閃光ライオット2014のファイナリスト! ぼくのりりっくのぼうよみ先生! 全国模試で1位を取ったこともあるらしいです!

YAJICO GIRL !!!!

言わずと知れた未確認フェスティバル2016のグランプリ! YAJICO GIRL先生!
ステージに立つことなく終わった前年のリベンジを見事果たしました!

yonige !!!!

未確認フェスティバル2017LIVEステージ名古屋会場のゲストアクトを務めてくれたyonige先生!
yonige先生はかつて閃光ライオットにも応募してくれたことがあります!

とーやま校長「この6組と未確認フェスティバル2017のファイナリストが『未確認ライオット』に出演してくれる!

あしざわ教頭「そうなんです! すごい豪華なんですけど、なんで僕の言おうとすること横取りするんですか!」

とーやま校長「とか言いつつ、教頭もしっかり補足情報入れてくれてたじゃん!」

あしざわ教頭「いやいや、それはそうなんですけど…(笑) 次は言わせてもらいます! さらに…」

とーやま校長「これは絶対、俺が言います!!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「はっきり言っちゃったよ!」

とーやま校長「なんと! な、な、なんと…!! 未確認ライオットのナレーションを務めてくれるのは…!
我が校の3週目、GIRLS LOCKSを担当してくれている! そして、未確認フェスティバル2017応援ガールの……!!

欅坂46 平手友梨奈ちゃんーーーーーー!!!! 

教頭、どうよ、これ!」

あしざわ教頭「最高ですよ! でも、俺が言おうとしたこと取るのやめてくださいよ〜!」

とーやま校長「じゃあ教頭! 最後、一番大事な、この映像が配信される日時をみんなに教えてあげて!」

あしざわ教頭「ありがとうございま…」

とーやま校長『未確認ライオット』は、10月31日、火曜日! 21時から LINE LIVE で配信します!!!

あしざわ教頭「どうぞ、最後まで言ってください(笑)」

とーやま校長「本日の22時からLINE LIVEにて未確認ライオットの視聴予約ができるようになっているから、予約をして、楽しみに待っていてほしい!」

視聴予約は<コチラ>から!


あしざわ教頭「さあ、生徒が集まってきました! 優しい生徒たちが僕を囲うように集まってくれてます! SCHOOL OF LOCK!今夜も…」

とーやま校長「ああ〜〜〜! 言いたいッス! 教頭がいつも言っているやつ言いたいです!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「これもですか!? 良いですけど…」

とーやま校長「今夜も開校です! ……起立! 礼!!

とーやま校長・あしざわ教頭「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」

とーやま校長「…ダメだこりゃ!」

あしざわ教頭「俺が言いたい!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


さあ、今夜の授業テーマは…「天使と悪魔逆電!」

今、生徒の君が誘惑に負けそうになっていること、その揺れる想いを教えて欲しい!

「ダイエット中なのに、ついお菓子を食べようとしてしまう…。」
「1人で寝れなくなっちゃうのに、怖いDVDを見たくなってしまう…。」
「彼氏がいるのに、別の人を好きになりかけている…。」


…などなど、大きなことから小さなことまでとにかくこの世は誘惑だらけ!

あしざわ教頭「ちなみに校長は誘惑に負けそうになってることって何かありますか?」

とーやま校長「ドラクエだね! 仕事をしながらドラクエ11をやりたい! というわけではなくて、やることは確定しているわけ。でも、まだお話をクリアしていないから冒険しないといけないんだけど、カジノが面白すぎて…!」

あしざわ教頭「何をしているんですか(笑)」

<キラキラ〜☆☆>

天使あしざわ「校長! わたしは天使あしざわ! それは絶対にダメ! 自分自身のRPGちゃんと進めてからじゃない?」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「教頭? なに急に?」

あしざわ教頭「なんのことですか? 僕は、教頭のあしざわですよ!」

とーやま校長「今日はそういう感じ?」

あしざわ教頭「何がですか?」

とーやま校長「じゃあ、教頭は誘惑に負けそうになってること、なんかある?」

あしざわ教頭「僕は、大人になってからタクシーを使ってしまうことですね。そんなに距離もないのに、面倒くさいからタクシーに乗っちゃって、ついつい無駄使いをしてしまうんですよ」

<雷が鳴り響く音>

悪魔とーやま「乗れ乗れ! いいから乗っちゃえよ!」

あしざわ教頭「校長?」

悪魔とーやま「教頭なんて、TOKYO FMから帰る時、300円かかるのに電話してタクシー呼んじゃうからな!」

あしざわ教頭「(笑) 校長もそれでいくの?」
      
とーやま校長「今日はこんな感じでいきます!」

あしざわ教頭「分かりました(笑) ということで生徒のみんな! 今日はこんな感じでいくぞ!」

自分の中で戦っている天使と悪魔を、今すぐ学校掲示板に書き込んでくれ!

SCHOOL OF LOCK!


最初に逆電した生徒は…

なっついめ 大分県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「なっついめも、誘惑に負けそうになっていることがあるんだよね? どんなことなのか教えてもらってもいい?」

なっついめ私は、痩せたいのに食後にアイスとかお菓子を食べてしまいます!
      
とーやま校長「わかるよ〜。今日も食べちゃった?」

なっついめ「はい(笑)」

とーやま校長「でも、控えようとは思っているんだよね。それは何か理由があるの?」

なっついめ「12月中旬に東京と北海道に修学旅行に行くんですけど、記念で写真とか撮るじゃないですか。
その時撮った写真が卒業アルバムとかに載ったりすると一生残るし、大人になって見返した時に太っている自分だとちょっとヤダなと思ってしまうので、それまでに痩せたいと思っているんです。だけど…」

とーやま校長「だけど?」

なっついめ「悪魔が現れて…(笑) 夏休みくらいから控えようと思っていたんですけど、家だと友達の目がないから”明日から頑張ればいいか!”って思ってズルズルと……」

<雷が鳴り響く音>

悪魔とーやま「食べちゃえ食べちゃえ! なっついめ、修正ができるアプリとか知ってるか? どれだけ食べたところで、今のテクノロジーでほっぺなんてゲッソリさせちゃえばいいんだよ!
卒業アルバムを作る人に頼み込んで”ほっそりさせてください!”って言えばいいんだから!
体に悪いことをするのが人間の幸せだからね! 夜中に食べるラーメンほど美味しいものは……」

<キラキラ〜☆☆>

天使あしざわ「なっついめ、ダメだよ! アプリにも限界がある! あなたは何のために頑張っているの? 痩せたいためだよね。2ヶ月後のあなたを想像してみて?
今のままだと、プックリしているよ! 一口食べたらもう戻れない。だったら今のうちにやめないとダメだよ!」

悪魔とーやま「世の男子諸君! ほっそりしている女子と、ぽっちゃりしている女子。どちらが好きなのか言ってみろ。…せーの! ぽっちゃり〜〜〜!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そんなことないよ!(笑)」

悪魔とーやま「ガリガリの女子は抱きごごちが悪いよ! ちょっとくらいバウンドするほうが良いよ! 構わず食べちゃえって!」

天使あしざわ「そこまでガリガリじゃなくても、ちょっと痩せていたい。そういうことだよね! そのために頑張りたいんだよね? なら、今食べている量を抑えれば良い!
ガリガリになる必要はない。ただ、今以上に太ってはいけないんじゃないかな? それは分かっているよね?」

なっついめ「はい!」

とーやま校長「なっついめ、今のところどっちに傾いてる?」

なっついめ天使です!

あしざわ教頭「そうなるよね!」

悪魔とーやま「(マライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス』を適当に歌いながら)……なっついめ、マライア・キャリーって知ってるか?
マライア・キャリーは激太りで、今は120キロくらいになっているんだよ。ただ、そんなマライアの周りには未だにカッコイイ男たちがたくさんいるわけだよ! ということは、お前もマライアになるんだよ!」

天使あしざわ「よく考えてみて! マライアにはお金と歌がある! なっついめにお金と歌はある?」

なっついめ「う〜ん(笑)」

天使あしざわ「だったら、その権力は使えない。今あなたに必要なのは、とにかくこれ以上食べないこと!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「さっきは天使の方に傾いているって言っていたけど、改めて! なっついめは天使と悪魔、どちらに染まっているのか教えて!」

なっついめ「天使です!!」

天使あしざわ天使の部屋にいらっしゃ〜い! これであなたは大丈夫! これからは、食べる量を抑えてね! そしたら、2ヶ月後にはどうなってる? 素敵ななっついめになっているよね!」

マライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス』を歌いながらRN なっついめを誘惑する悪魔とーやま!

SCHOOL OF LOCK!


天使あしざわ「後ろでこっそり歌っている声が聞こえるけど、なっついめ自身で悪魔を追い払おう! 自分の言葉でどうなりたいか、宣言しよう!」

なっついめ「2ヶ月後には、すっきりな自分で修学旅行に行く!!」

天使あしざわ「良いぞ! その調子だ〜〜!」


♪ さいごのアイスクリーム / きゃりーぱみゅぱみゅ


あしざわ教頭「きゃりー園長が『さいごのアイスクリーム』って歌ってくれているように、なっついめも今日のアイスで最後にして、これ以上は抑えていきましょう!」

とーやま校長「でも、気持ちはすごいわかる! 俺も一緒だから」

あしざわ教頭「なんなら、校長は(食欲を)抑えられない方じゃないですか!」

とーやま校長「毎日アイス食べてるからね!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「この時期はスイートポテトの時期でもありますしね」

とーやま校長「セブンイレブンさん、ありがとう!」

<♪ マライア・キャリー『恋人たちのクリスマス』>

とーやま校長「やっぱりかかっちゃうよね!」

あしざわ教頭「さっきはすみませんでした(笑)」

とーやま校長「でも、人間の70%は水で出来ているって言われているけど、マライアの体の80%は、乳製脂肪で出来ているからね」

あしざわ教頭「なんてことを言うんですか(笑) 関係者の方が聴いていたら怒られますよ!」

悪魔とーやま「聴いてないよ! マライアの関係者なんて日本にいないからね!」

あしざわ教頭「やめてくれー! ここだけは天使になってくれ(笑)」

とーやま校長「(笑) でも、なっついめはちゃんと宣言したからね! 12月まで頑張って欲しいな!」

SCHOOL OF LOCK!


続いて逆電したのは…

Fuji 愛媛県 16歳 男性 高校2年生

とーやま校長「16歳ってことは高校何年生?」

Fuji「高校2年生です!」

あしざわ教頭「中2高2は……フリーーーダーーーーム!!!

SCHOOL OF LOCK!


Fuji「フリーーダーーーム!」

そして、RN Fujiが誘惑に負けそうになっている出来事とは…

Fuji「今、修学旅行で北海道に来ているんですけど、みんなでカードゲームとかして夜更かしするか、明日に備えて準備をして寝るかで、迷っています!」

とーやま校長「今、部屋には友達もいるの?」

Fuji「3人部屋なんですけど、自分も含めて6人います」

あしざわ教頭「キャッキャして楽しいだろうな〜」

とーやま校長「まだみんなも元気な状態なんだね。ちなみに、何泊の予定なの?」

Fuji「4泊5日で、今3日目です!」

あしざわ教頭「昨日とかはどうしてたの?」

Fuji「昨日は、牧場の体験とかあったんですけど、全然寝ずに行きました!」

とーやま校長「そうなんだね! じゃあ、このまま部屋にいる友達と遊びたいと!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、明日の予定は小樽や札幌を巡る自由行動!

とーやま校長「じゃあ、疲れていない方が色んなところにも行けるし…っていうところで寝るか寝ないか迷っているんだね」

Fuji「はい」

<キラキラ〜☆☆>

天使あしざわ「天使だよ! Fuji、今日は寝なさい。だって明日は自由行動! そのために修学旅行はあるんだよ。もし今寝ずに遊んでしまったら、明日の自由な時間を何に使うと思う?
惰眠(だみん)に使うことになるよ! 眠くて楽しいことも楽しめない、それで良いの? 本来の目的は北海道を楽しむこと!」

<雷が鳴り響く音>

悪魔とーやまメガシャキ〜! メガシャキ〜〜〜〜〜〜〜〜!!! 今からコンビニ行って、人数分のメガシャキ〜〜!」

あしざわ教頭「メガシャキって言いたいだけだろ(笑)」

とーやま校長「今のところ、天使と悪魔どっちに傾いている?」

Fuji「今のところ、天使よりですね!」

天使あしざわ「その調子だよ! お小遣いを使うのはメガシャキのためじゃないよね? お土産とかに使うんだよね。メガシャキで使ったら大事なところでお金を使えない! だったら、早めに休もう!」

悪魔とーやま「(マライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス』を適当に歌いながら)グッドイブニ〜ング! アイアム、マライア・キャリー!

あしざわ教頭「マライア関係ないよね?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


悪魔とーやま「Fuji is young young MAN!! あなたは若い! 体力なんて有り余っている! 友達いる貴重な時間は限られている。それだったら、眠たい目をこすっても明日のバス移動で寝れば良いんだからさ! ギリギリまで遊んじゃえば良いんだよ〜〜!」

天使あしざわ「よく考えて〜? 北海道は校長の故郷だよ? 校長の故郷を思う存分楽しみたくない? そうだよね、悪魔の校長?」

<♪ BGM 「北の国から」>

とーやま校長「(田中邦衛さんのモノマネをしながら)Fuji、父さんだ…。聴いてるか?」

Fuji「はい(笑)」

とーやま校長「お前が今いる北海道というところは………」

SCHOOL OF LOCK!


<雷が鳴り響く音>

悪魔とーやま「ウォォォォ〜〜! 五郎、GET WILD!! 蛍、GET WILD!! 純、GET WILD!! アイアム、マライア・キャリ〜〜〜〜〜〜!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「なんでだよ(笑)」

とーやま校長「さあ! さっきは天使よりだと言っていたけれど、お前の中の天使と悪魔、今はどちらに染まっている?」

Fuji「悪魔です!」

あしざわ教頭「うそぉ!」

悪魔とーやま「その通り! 眠たくなるまで寝なくて良い! そして、お腹が空いたら先生の目を盗んで、コンビニで甘いもの、お菓子をたらふく買って食べれば良い!! 
それがマライア教の教えだ〜! 残りの修学旅行を楽しむんだぞぉぉぉ!」

あしざわ教頭「やめてくれーーーー!!(笑)」

Fuji「(笑)」


♪ シャキイズム / 乃木坂46


とーやま校長「いや、高校2年生ならまだ大丈夫でしょ!」

あしざわ教頭「正直、修学旅行の楽しみってそこだったりしますからね(笑)」


悪魔ー!
マライア・キャリーに騙されるなー!
あ、一瞬天使側に…
あ、戻った。
メーがーシャーキー!
白い未来
女性/15歳/山形県
2017-10-25 22:46


あしざわ教頭「あのー…(笑) マライア・キャリーを猛烈に推してくるのやめてもらって良いですか?」

とーやま校長「なんか、今日いるらしいね!」

あしざわ教頭「いるらしいね。じゃないんですよ! しかも、北海道も、黒板五郎さん(『北の国から』での田中邦衛さんの役名)も巻き込まれるし…(笑)」

とーやま校長「北の国からの続編にマライアさん出てくるみたいな話なかった?」

あしざわ教頭「マライア出てくる余地ないでしょ!(笑)」


天使と悪魔
やばい……校長と教頭が面白すぎて勉強に集中できない笑
ショーウィンドウを砕けない
女性/17歳/北海道
2017-10-25 22:39


あしざわ教頭「正確には校長と教頭ではないんですけどね(笑)」

<雷が鳴り響く音>

悪魔とーやま「別に勉強なんてしなくて良いんだよ! 申し遅れました、アイアム、マライア・キャリ〜〜〜!!」

あしざわ教頭「やめなさいよ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


<キラキラ〜☆☆>

天使あしざわ「このラジオは、勉強のためなら切ってもしょうがないって言っているよね。だって、僕たちは10代にラジオを届けているんだもん!
君が必要なのは、勉強。そして、マライア・キャリーの記憶は消そう! 絶対に勉強したほうがいいよ!

とーやま校長「…どうする?」

あしざわ教頭「問いかけるの? 書き込まないといけなくなるじゃん!(笑) 勉強に集中できないよ(笑)」

とーやま校長「マライアと天使はお前をロックオンしているからな!」

あしざわ教頭「悪魔どこ行ったんだよ!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


悪魔とーやま「騙されるな〜〜〜! 天使と言っているこの男、ただのス〜ケ〜コ〜マ〜シ〜〜!!
嫁がいるにも関わらず、ただのスケコマシ!」

あしざわ教頭「なんてこと言うんだよ!」

悪魔とーやま「ネット配信を駆使して絵を描き、その絵で女子を釣る…その名も『ムネト・アシザワ』!

あしざわ教頭「やめろやめろ! ウソをつくな!(笑)」

悪魔とーやま「今、セーターの胸に書いてある数字の3! これは嫁以外に狙っている女性の数だ〜〜!!」

SCHOOL OF LOCK!



あしざわ教頭「違うよ!(笑)」


SCHOOL OF LOCK!


そして、"いま"を学ぶ授業「超現代史」の講師、Mrs. GREEN APPLE先生がお届けするミセスLOCKS!
今回は、ミセス先生がハロウィンの仮装で授業をお届け!
どんな仮装をしていたのかは「ミセスLOCKS!」をチェック!

校長先生による、あしざわ教頭のコスプレ(?)はこちら!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



ここからは、再び「天使と悪魔逆電!」
続いて逆電したのは…

文系のメガネ男子 茨城県 17歳 男性 高校2年生

とーやま校長「文系のメガネ男子も、誘惑に負けそうになってしまうことがあるんだね。期間としてはどれくらいの期間、心が揺らいでいるの?」

文系のメガネ男子「ここ1ヶ月くらいです」

あしざわ教頭「結構長いねぇ」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「どんな誘惑に負けそうになっているか、教えてくれ!」

文系のメガネ男子元カノと復縁するか、新しい恋に進むか悩んでます!

あしざわ教頭「かなり真剣なやつだなあ…」

RN 文系のメガネ男子が元カノと別れたのは3ヶ月前。
半年ほど付き合っていて、告白したのはRN 文系のメガネ男子から!

文系のメガネ男子「高1から付き合っていたんですけど、高2になって別のクラスになっちゃって、一緒にいる時間が少なくなったりして、向こうから『一回友達に戻ってやり直さないか?』って言われて…」

とーやま校長「一度は受け入れたけれど…って感じなんだね。でも、気になる女子がいるって言っていたよね。それはどんな子?」

SCHOOL OF LOCK!


文系のメガネ男子「元カノと別れた後に、復縁するかどうか相談していた別の女子がいて…」

あしざわ教頭「そのパターンか〜!」

とーやま校長「その子に心が動かされてはじめているんだ」

文系のメガネ男子「はい!」

とーやま校長「その女の子の、どういうところがイイなって思ったの?」

文系のメガネ男子「元カノには無かった良さがあってイイなって思います」

とーやま校長「新しい世界を一緒に見ることができそうで、ワクワクする部分もあるんだね! そこで揺れているわけか〜!」

あしざわ教頭「これは難しいな〜」

<キラキラ〜☆☆>

天使あしざわ「天使だよ! 心は揺れていると思うけど、よく考えてみて! 新しい人は何も知らないから良く見えるんだよ。元カノはいろいろ経験したよね? イヤなこともあったよね?
でも、もう一度戻りたいって思えているってことは、本当にその子のことを知っているってことじゃない? だったら、元カノの方がより深い付き合いができると思うよ。
新しい人に行ったらまたぶつかるところから始まるわけじゃない? そういうのがないのは元カノだと思うんだ。そう思わない?」

SCHOOL OF LOCK!


文系のメガネ男子「はい!」

<雷が鳴り響く音>

悪魔とーやま「いらっしゃいませ〜! あ、お客様! 今、どういったスマホお使いですか?」

文系のメガネ男子「iPhoneの6sです!」

悪魔とーやま「新しいのあるんですよ〜! 8も、Xもあるんですよ! 様々な機能がついていまして、顔認証が出来るんですよ! それに、指紋認証も出来るし…。6sは指紋認識できないですもんね?」

文系のメガネ男子「6sは指紋認識できます!」

悪魔とーやま「できますよね〜」

SCHOOL OF LOCK!


天使あしざわ「悪魔が負けたぞ!(笑)…そうだ、その調子だ! 新しいiPhone、2年後にまた新しくなるよ! 乗り換えたところでまた乗り換える羽目になる。だったら、大切している今のスマホ、元カノを大事にするべきじゃないの?」

悪魔とーやま「あのー、先ほどのものですが…あ! ちょっとなんですか! やめてください! ………ウワーッハッハッハッハッハ!!

天使あしざわ「誰だ!?」

悪魔とーやま「アイアム、マライア・キャリ〜〜!! いいか、文系のメガネ男子! 私、マライア・キャリーも長年付き合っていた大富豪から、新しい恋人、ブライアン・タナカとラブラブな毎日を送っているんだ!
ブライアン・タナカは、私のバックダンサー! 新しい景色で、新しいダンスで、毎日毎日トキメキが止まらないのよおお〜〜!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「…さあ、文系のメガネ男子! だいぶ揺れていると思うけど、お前の心は天使と悪魔、どちらに染まっている!?」

文系のメガネ男子「天使です!」

あしざわ教頭「そうだよね! 後半、マライアの彼氏の話だったよね? 君はブライアン・タナカじゃない! 君は、文系のメガネ男子だ! 最後に、これからどうなっていきたいか。宣言しよう!」

文系のメガネ男子「今週末に模試があるので、それが終わったら来週もう一回告白します!

あしざわ教頭「その調子だ! 頑張れ〜!」


♪ A子さんとBくん / 中村千尋


あしざわ教頭「元カノの良さってあるじゃないですか。ケンカとかを経て、もう一度トライしてほしいと思いますよ!」

とーやま校長「より、お互いの間にある愛も大きくなってほしいな」


そして、本日最後に逆電した生徒が負けそうになっている誘惑とは…!

ふていぬ派 山口県 17歳 女性 高校2年生

ふていぬ派「今、スマホのアプリに夢中で勉強に集中できません!」

とーやま校長「近々、テストがあるの?」

ふていぬ派「中間テストが終わって、今週の土曜に模試があります!」

とーやま校長「この間のテストの成績はどうだった?」

ふていぬ派「欠点ギリギリでした…(笑)」

とーやま校長「それなのにゲームやめられないのか〜。なんのゲームやってるの?」

ふていぬ派「今やっているのは、『乃木恋』と、『欅のキセキ』と、BOYS AND MEN先生の恋愛アプリをやってます!」

とーやま校長「忙しすぎじゃん! でも、ちゃんと勉強したいんだろ?」


SCHOOL OF LOCK!


ふていぬ派「はい…!!」

<キラキラ〜☆☆>

天使あしざわ「ふていぬ派、良く考えて! 君は最新ゲームをダウンロードしている場合じゃないよね? 最新の単語や言葉を頭の中にダウンロードしよう!
成績が悪くなったら親も怒るよね。そうなると、スマホを取り上げられちゃうよ! それが一番怖くない? だったら、勉強の時だけ我慢してご褒美にスマホゲームをやろうよ!」

<雷が鳴り響く音>

悪魔とーやまアイアム、マライア・キャリ〜〜!! ゲームって最高よ〜! 12月に新しいスマホゲームが出るの! 『マライア・クエスト』っていうの!」

あしざわ教頭「そんなゲームはない!(笑)」

悪魔とーやま「これは、私マライア・キャリーが主人公のRPGで、基本的に攻撃はぱふぱふしかないのよ〜〜! 私、Qカップあるから〜!」

あしざわ教頭「やめろーー!!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


天使あしざわ「この話、全然関係ないよね? 君は勉強しないといけないんだ。そして、ぱふぱふに興味ないよね? 正気を保って!(笑)」

とーやま校長「さあ、ふていぬ派! お前は天使と悪魔どっちに染まっている?」

ふていぬ派「天使です(笑)」

とーやま校長「おかしいな〜」

天使あしざわ「というか、途中から天使とマライアとブライアンの3人になってたよね?(笑) 
意味が分からないけど、ふていぬ派はとにかく勉強しないといけないから、ふていぬ派の強い気持ちをちょうだい!」

ふていぬ派「乃木恋のイベ順位をあげながら、勉強頑張ります!

あしざわ教頭「まだちょっと迷っている感じあるけど…乗り越えよう〜!」


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
本日の黒板は……

SCHOOL OF LOCK!


『 心の中のマライアに勝つ 』

人間というものは、黙っているとどうしても楽な方に流れてしまうよね。
理想の自分と、”別にいいんじゃない?”っていうマライアが自分の中で生まれてしまうわけ。
誰もがマライアには勝てないけれど、そんな中でもマライアに打ち勝つことができれば、カッコイイ自分になれる!
気持ちは分かるけれど、歯を食いしばってお前の心の中にいるマライアに勝つんだよ!


♪ 恋人たちのクリスマス / マライア・キャリー


あしざわ教頭「クリスマスまであと2ヶ月もあるんだけどな〜(笑)」

とーやま校長「でも、どうしても体からマライアが出ちゃうじゃん?」

あしざわ教頭「マライアさんのこと悪魔みたいにいうのやめて?(笑)」

とーやま校長「(笑) ちょっと気になる書き込み見つけたんだけど、いい?」


北海道 修学旅行
校長!教頭!
今日で北海道への修学旅行3日目です!!
でも、明日の自主研修まだ決まってないんです。
校長オススメの小樽・札幌のオススメスポット教えてください!!
コカ・サイダー
男性/17歳/愛媛県
2017-10-25 18:30


あしざわ教頭「なんか聞いたことある話だぞ!」

とーやま校長「22時台に逆電したFujiと同じ学校なんじゃないかと思ったんだけど…逆電して聞いてみようか!」

あしざわ教頭「マジで!?」

とーやま校長「…もしもし!」

コカ・サイダー 愛媛県 17歳 男性 高校2年生

コカ・サイダー「もしもし!」

とーやま校長「コカ・サイダー! もしかして、近くにFujiいる?」

コカ・サイダー「います!」

とーやま校長「同じ部屋だったーー! 今まで何してたの?」

コカ・サイダー「Fujiのところに逆電かかってくるってことだったので部屋に集まって、ソワソワしながら聴いてました!」

あしざわ教頭「じゃあ、みんなで聴いてくれているってこと?」

コカ・サイダー「はい!」

とーやま校長「みんなー! 修学旅行楽しい?」

コカ・サイダー「イエェ〜イ!」

Fuji「フウゥ〜〜〜!」

とーやま校長「2人しかいないなあ…」

あしざわ教頭「めちゃくちゃ地味な盛り上がりじゃないか(笑)」

とーやま校長「今日は何時まで起きてるつもり?」

コカ・サイダー「2時か3時くらいまでですね!」

とーやま校長「いっちゃおうよ! 天使はああ言っていたけど、遊んじゃえばいいんだからさあ〜〜〜! そしたら、一緒にマライアで挨拶して終わろう!」

あしざわ教頭「マライアで挨拶って何?(笑) …起立!」

とーやま校長「マライア・サイダー! マライアFuji! いけるのか?」

コカ・サイダー・Fuji「はい!」

あしざわ教頭「礼!!」

全員「また明日〜〜〜〜〜〜〜!!!」


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン


SCHOOL OF LOCK!

RN ヨッピシー


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
なっついめ 大分県 16歳 女性
Fuji 愛媛県 16歳 男性
文系のメガネ男子 茨城県 17歳 男性
ふていぬ派 山口県 17歳 女性
コカ・サイダー 愛媛県 17歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
望音∂誤字りモンスター 福岡県 16歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:07 避雷針 / 欅坂46
22:23 平成ペイン / go!go!vanillas
22:36 さいごのアイスクリーム / きゃりーぱみゅぱみゅ
22:45 シャキイズム / 乃木坂46
23:24 ミスカサズ / Mrs.GREEN APPLE
23:41 A子さんとBくん / 中村千尋
23:50 恋人たちのクリスマス / マライア・キャリー

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

メリークリスマス!!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

マライアが聴いてませんように。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev || 1 || Next -
<   2017年10月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE