SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 Happy Birthday 』

とーやま校長「本日、9月19日は、元・広島カープ監督、野村謙二郎さんのお誕生日です!

あしざわ教頭「あ、あのーすみません…」

とーやま校長「ごめん! 間違えました! 
本日は、ロシアの体操選手、エレーナ=ザモロドチコワさんのお誕生日です! おめでとうございます!!」

あしざわ教頭「あの、あのぉ…その人分からないです(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「教頭…もう分かってるでしょ?」


教頭、思うんだけどさ・・・
芦沢教頭ってさ、いろんなキャラ演じすぎじゃない?
鳥虫獣マンとか、しぶちんとか・・・
それと、お誕生日、おめでとうございます!!
myねーみーずあみ
女性/12歳/鳥取県
2018-09-19 15:32



そう! 9月19日は、SCHOOL OF LOCK!のあしざわ教頭、39歳の誕生日ーーー!!!!


あしざわ教頭「ありがとうーーーーー!!!」



あしざわ教頭Happy Birthday✨
あしざわ教頭
お誕生日おめでとうございます!!!
あしざわ教頭のトーク
あしざわ教頭のキャラ
あしざわ教頭のフテネコ

全部全部好きです!!

これからもよろしくお願いします〜!

P.S.奥さんには何かプレゼント貰いましたか?
115万キロのプレアデス
女性/16歳/兵庫県
2018-09-19 14:19


あしざわ教頭「奥さんからは少し前に首に巻く枕(ネックピロー)をもらったんですよ。
広島に行く前にあげないと役に立たないからってことでちょっと前にくれました!」

とーやま校長「優しい! 今日1日はどんな1日でした?」

あしざわ教頭「今日は、いつもと変わらない1日を過ごしました。
昨日は職員のみんなに誕生日を祝ってもらって、毎年祝ってくださってるんですけど、去年はWEBカメラをいただいたり、
今年は『かぐや姫の物語』のDVDをいただきました! さらに、猫のぬいぐるみをいただいて」

とーやま校長「いいじゃん!」

あしざわ教頭「で、猫のぬいぐるみを開けたら中にお風呂に浮かべるようなアヒルが入っていて。
さらにアヒルの中にムカデのおもちゃが入ってて、なんでだろうってよく考えたら…『鳥虫獣』なんだよ!」

とーやま校長「シャレが効いてる!」

あしざわ教頭「うちの職員はさすがだよ! 最高だよ!」

とーやま校長「書き込みもFAXもたくさん届いているよ!」

あしざわ教頭「みんなありがとう!!!」


happy birthday!!!
あしざわ教頭!お誕生日おめでとうございます!実は、今日私も誕生日なんです!!!
大好きな教頭と同じ誕生日でとても嬉しいです!
これからも校長と職員の方とみんなを笑顔にする授業を作っていってください!
ちびクマNo.13
女性/16歳/静岡県
2018-09-19 18:30


あしざわ教頭「ちびクマNo.13も誕生日なのか! ありがとう! 俺も嬉しいよ!!
生徒のみんな、これからもよろしくーーーーーーーー!!!!


SCHOOL OF LOCK!



♪ ネコ飼いたい / ヤバイTシャツ屋さん


そして、本日の生放送教室には……
ヤバイTシャツ屋さん先生が来校ーーーーーーーーーーー!!!!!

SCHOOL OF LOCK!


こやまたくや先生(Gt&Vo)
しばたありぼぼ先生(Ba&Vo)
もりもりもと先生(Dr)



ヤバイTシャツ屋さん先生「ハッピ〜バースデ〜♪ トゥユ〜〜♪」

あしざわ教頭「嬉しい!」

こやま先生「フラッシュモブ!」

あしざわ教頭「校長が踊り出してくれてるけど、踊り始めた瞬間曲が終わった(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「…っていうやつだから」

あしざわ教頭「ありがとうございます!(笑)」

とーやま校長「教頭先生は猫の絵を描いているってことで1曲目に『ネコ飼いたい』をかけさせてもらったんですけど、久しぶりにご自分たちで聴くのは久しぶりだったんですか?」

こやま先生「そうですね。あまりライブでもやっていないので…」

とーやま校長「久々の『ネコ飼いたい』いかがでした?」

もりもと先生「なんかこやまさんの声が若かったですね!」

こやま先生「2年前やぞ。そんな変わらんわ」

もりもと先生「この2年で何があったん? 教えてくれ!」

ありぼぼ先生「(笑)」

とーやま校長「ライブとか、場数が増えまくった2年間ですから、声帯とかも進化したのかもしれないですね」

こやま先生「それは”うれしいたけ”ですね!」

SCHOOL OF LOCK!


ありぼぼ先生「出ました!」

とーやま校長「7thシングルのタイトルにもなってますけど、”うれしいたけ”ってなんなんですか?」

こやま先生「なんなんですかね? この曲を作った時の口癖やったんですよ。前にSCHOOL OF LOCK!に出たときも”うれしいたけ”って言ってたんです」

とーやま校長「言ってましたね! 俺が”てんてこまいたけ”って言って、その応酬みたいな感じで」

こやま先生「ちょうどハマっている時期だったので、タイトルになりました!

あしざわ教頭「それでタイトルになるんですね」

とーやま校長「ありぼぼ先生は『とってもうれしいたけ』という言葉についてはどう思っているんですか?」

ありぼぼ先生「……好きです!」

SCHOOL OF LOCK!




あしざわ教頭「迷いがすごかったですけど(笑)」


ということで、9月19日に7thシングル「とってもうれしいたけ」をリリースしたヤバT先生と一緒にお届けする授業テーマは…

「SEITO満足度向上逆電」

生徒のキミの身の回りの不満なこと、納得のいかないこと、疑問や質問など満足のいっていないことを教えてほしい!

例えば、
「休み時間の過ごし方がマンネリしてきています! 何をしたらいいか教えてください!!!」
「好きな人とのLINEはいつも私からです! たまには向こうから送ってきてほしい!どうすればいいですか?」
「なんで酢豚にパイナップルが入っているんですか? 納得できません!!!」


など、キミが身の回りのことで満足いっていないことを学校掲示板に書き込んでほしい!
今夜はヤバT先生と一緒に話を聞いて、キミの満足度を向上させていくぞ!

もちろん、ヤバT先生へのメッセージ、NEWシングルの感想も待ってるぞ!


SCHOOL OF LOCK!



♪ ヤバみ / ヤバイTシャツ屋さん


とーやま校長「そういえば、『とってもうれしいたけ』の中に入っている『KOKYAKU満足度1位』の中にも”ヤバみ”って言葉が入っていますよね」

こやま先生「入ってます! ヤバみって言葉はなんとなく入れてしまいますね」

とーやま校長「ヤバみも、うれしいたけみたいな感じなんですか?」

こやま先生「そうです。ハマってる言葉なんですよ」

もりもと先生「ヤバみは長いことハマってるよね」

あしざわ教頭「だいぶブームが長いですね!」

こやま先生「1年半くらい来てますね」

とーやま校長「ブームって飽きてしまうと使うのが恥ずかしくなるときもじゃないですか?」

こやま先生「そんな日もいずれ来るんでしょうね…」

あしざわ教頭「急に歌わなくなるのだけはやめてくださいよ(笑)」

とーやま校長「タイトルが変わる可能性もあるぞ(笑)」


SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「そして、先ほども話をさせていただきましたけど、『とってもうれしいたけ』と同時リリースになっている、2nd LIVE DVD『Tank-top of the DVD 供
これは今年の1月から2月にやっていたツアーの映像と、3月に行われた追加ワンマンの模様が収録されているんですね!」

こやま先生「そうです!」

とーやま校長「『とってもうれしいたけ』の1曲目に入っている『KOKYAKU満足度1位』は、
SCHOOL OF LOCK!の生徒のみんなと一緒にいち早く聴かせてもらったんですけど、最初はタイトルだけ見て笑っちゃったんですよ。顧客満足度1位ってアーティストの人が言う言葉じゃないですよね(笑)」

こやま先生「まあ、僕たちTシャツ屋さんなんでね」

あしざわ教頭「そうか!」

とーやま校長「なるほどね! 最初は面白いタイトルだな、と思って聴いていたんですけど演奏はいつものごとくバリバリにカッコいいんですよ!
でも、歌詞をよく見るとバンドとしての決意表明みたいな感じもして」

こやま先生「深読みされてますね」

あしざわ教頭「すごい恥ずかしいじゃん(笑)」

とーやま校長「でも、本当にそう思いました!
ヤバイTシャツ屋さん先生は今でも十分すごいけど、まだまだ行くぞ! っていう気合を感じたんです」

こやま先生「ありがとうございます!」

ありぼぼ先生「それは…ハマってますね!」

こやま先生「深読みもできるし、浅読みもできるっていうのをテーマに作ったので、そうやって感想言ってもらえるのはすごく嬉しいです」

あしざわ教頭「歌詞の中にもそういった言葉が入ってますもんね」

とーやま校長「そこが本当の言いたいことなのかな、とか思ったし、
もしかしたら一番最初の『冠婚葬祭』に何かヒントが込められているのかな…って思って20分くらいマジで真剣に考えたんですよ!」

あしざわ教頭「わかります! すごい迷子になりました(笑)」

とーやま校長「結果、何も出なかった!」

こやま先生「『KOKYAKU満足度1位』で言いたかったことは、
可愛い子はだいたいサッカー部みたいなやつと付き合ってるっていうのが一番伝えたかったことですね」

あしざわ教頭「そこメイン!? わりと序盤にあるけど…」

ありぼぼ先生「サビでもない(笑)」

とーやま校長「もりもと先生も俺たちと一緒に”え〜!?”って言ってたけど…(笑)」

もりもと先生「そこじゃないでしょ!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「本人たちもモメてるの?(笑)」

とーやま校長「教頭は『KOKYAKU満足度1位』を聴いてみてどう?」

あしざわ教頭「タイトルを見て、最初はまた愉快な曲だなあっていう印象で入ったんです。
でも、いざ聴いてみたら、”俺たちは何をやってもいいんだ!”っていう気合とか意気込みにも聞こえて。実はゴリゴリに意思表示の詰まった曲だと思って聴いてました!」

SCHOOL OF LOCK!


こやま先生「深読みされてますねぇ〜(笑)」

あしざわ教頭「クッソ〜(笑)」


♪ KOKYAKU満足度1位 / ヤバイTシャツ屋さん


とーやま校長「カッコイイね! この曲が入っている『とってもうれしいたけ』の初回盤にはDVDが付いてますよね。
今回はどういう内容になっているんですか?」

こやま先生「僕たち三人が大阪府高槻市の方に行きまして、しいたけ狩りをしております!

もりもと先生「しいたけセンターっていうところがあるんですよ」

こやま先生「高槻しいたけセンターというところでしいたけを狩って狩って狩りまくり、なぜか鮎のつかみ取りをして……」

ありぼぼ先生「全然関係ないんですけどね(笑)」

あしざわ教頭「しいたけどこいった!(笑)」

こやま先生「ほぼ、鮎のつかみ取りやったな」

ありぼぼ先生「ほぼです」

とーやま校長「でも、めっちゃ楽しそうですね!
さらに、CDシングルとDVDを同時購入すると先着特典もあります!」

こやま先生「激かわクリアファイルがもらえます!」


SCHOOL OF LOCK!



さあ、ここからは生徒の身の回りで起きた不満なこと、納得のいかないこと、疑問や質問などを聞いていくぞ!

とーやま校長「もしもし!」

happysound 長野県 18歳 女性 高校3年生

happysound「もしもし!」

とーやま校長「happysoundは、ヤバT先生のこと好き?」

happysound「大好きです!」

こやま先生「うれしいたけ!」

SCHOOL OF LOCK!


ありぼぼ先生「出ました、うれしいたけ!(笑)」

とーやま校長「そんなhappysoundだけど、満足いってないことがあるんだよね。それはどんなこと?」

happysound文化祭のクラスの出し物に満足していません!

とーやま校長「文化祭はいつあるの?」

happysound「10月末にあります」

RN happysoundの高校は3年間クラスメイトも担任も同じなため、
今年の文化祭は昨年も大盛り上がりだった「カジノ」をやりたいという提案をしたのだけど…。

あしざわ教頭「文化祭でカジノやったんだ!」

こやま先生「カジノってやっていいん?(笑)」

とーやま校長「どんなことやったの?」

happysound「丁半と、ルーレットとポーカーをみんなでやって、他のクラスの人たちが来たり、保護者の方も来てくれたりしました」

ありぼぼ先生「楽しそう!」

happysound「私たちもお客さんも楽しかったので今年もやりたいって思ったんですけど、今年は同じことはしちゃダメって言われて、
『カジノの道具は捨てました!』って担任の先生にも言われたんです」

あしざわ教頭「どうしてもやらせたくなかったんだなぁ(笑)」

happysound「何度も先生に”カジノしたいです!”って言ったんですけど、それでもダメで。
今日、出し物を決めないといけなかったんですけど、カジノが出来ないってことでみんなもやる気が落ちちゃって…」

こやま先生「どれだけ思い入れあるん(笑)」

結局、RN happysoundのクラスは文化祭で「神社」をやることになったのだそう。

とーやま校長「カジノから神社!」

あしざわ教頭「なんでそうなったの?」

SCHOOL OF LOCK!


happysound「話し合っている途中に、クラスメイトの男の子が『お賽銭箱置いてればお金集まるんじゃない』って冗談交じりに言い出して。
そこから『おみくじ置いたらいいじゃん?』ってなって、神社なら教室無人でもいいし、他のところ回れる。って意見が出てきて……」

とーやま校長「あれれれ…」

happysound「最後の文化祭だから、もっと自分たちも楽しみたいな、と思ってすごく困っています」

とーやま校長「happysoundとしては、出し物は神社で決まったけれど、クラスメイトのみんなも楽しめるようなものにしたいってことか!」

happysound「はい!」

今のところ決まっているのは、賽銭箱をオブジェとして置くことと、おみくじを数種類作るということだけ。

とーやま校長「神社って他に何がありましたっけ?」

ありぼぼ先生「鳥居を作ってフォトスポットにするとか?」

もりもと先生「さすが!」

あしざわ教頭「インスタ映え的なね!」

もりもと先生「絵馬とかもありますよね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「じゃあ、絵馬を飾れるところを作るとか」

あしざわ教頭「受験生向けに良いかもしれない!」

SCHOOL OF LOCK!


こやま先生「狛犬っているじゃないですか。クラス全員狛犬に扮して、走り回ったらいいんじゃないですか?

とーやま校長「いいですね!」

ありぼぼ先生「それをただ見てるだけっていう…(笑)」

とーやま校長「裏口から入ると1位の狛犬が誰かを賭けることが出来るっていうのも…」

あしざわ教頭「こっそりカジノになってる! 怒られるよ(笑)」

もりもと先生「カジノ神社だ!」

とーやま校長「カジノ神社は罰当たりそうだなあ(笑)」

あしざわ教頭「でも、狛犬の中にちょっとレアな金色の狛犬がいて、見つけて写真撮った人には何かプレゼントするみたいに、イベントにしちゃうと面白いかも!」

happysound「良いですね!」

とーやま校長「女子が巫女さんの格好しているのも良いよね」

こやま先生「絶対に見に行くな」

もりもと先生「絶対に行く!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「男子は絶対に来てくれるぞ(笑)」

とーやま校長「いくつかアイディア出たけどどうだ?」

happysound「狛犬が面白いなって思いました! あと、インスタ映えとか流行っているから良いですね!」

とーやま校長「こういうアイディアをやる気が落ちてしまってる友達に伝えて、
それでも乗り気じゃなかったら『ヤバTがアドバイスくれたんだよ!』って言えば大丈夫だよ!」

SCHOOL OF LOCK!


happysound「はい!」

とーやま校長「どうだ? 満足度は向上した?」

happysound100です!

全員「やったーーーーー!!!」

とーやま校長「頑張れな!」

happysound「ありがとうございます!」


♪ タンクトップくんのキャラソン / ヤバイTシャツ屋さん


とーやま校長「前からヤバT先生の楽曲って、NHKの『みんなのうた』っぽさがあるなと思っていたんですけど、NHKで岡崎体育先生と一緒に番組やられているんですね!」

こやま先生「そうなんです。月に一回やってます」

とーやま校長「すごくないですか!」

こやま先生「ね! 何が起きてるんでしょう(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



さあ、毎週水曜日23時8分頃は、松田LOCKS!をお届け!
今日は、嘘とカメレオンチャム先生が生徒の悩みを曲で解決してくれたぞ!!




松田部長「SCHOOL OF LOCK!のダイナマイトカリスマ営業部長、松田です!
さあ、JASRAC日本音楽著作権協会がおくる松田LOCKS!
今夜も生徒の悩みをアーティスト講師の方が音楽で解決してくれます!
今回の悩みはコチラ!」

----------------------------------------------------------------------------

今自分は大学生でそろそろ就職のことを考えないといけません。
でもやりたいことも見つからず漫然と日々を過ごしていて、
これからどうすればいいんだろう...と不安でいっぱいです。
やりたい仕事を見つけるにはどうすればいいんでしょうか?


リサイタル 男の子 19歳 広島県
--------------------------------------------------------------------------

松田部長「っというお悩みでございます。
さあ、今回このお悩みを解決してくれるのは…!」

???嘘とカメレオンのVo. チャム(.△)です!

チャム(.△)先生「今回、RN リサイタルさんのために選曲した曲は、
私たち嘘とカメレオンのNEWアルバム『ヲトシアナ』に収録されている
『フェイトンに告ぐ』という曲です!」


M フェイトンに告ぐ / 嘘とカメレオン


チャム(.△)先生「私たちは5人組バンドなんですが、
5人がどうやって進んで行くかっていう指針を書こうと思った曲で、
間違いも正解も寄り道も、自分たちの軌跡全てを肯定してあげることで
これからも後悔のない選択をして生きていけるのではないかな
と思い、
凄く大切な曲として作りました。
RNリサイタルさんのお悩みともリンクするんでしょうかね。
もしかして…RN リサイタルさん。
自分にとって‘楽しい’という気持ちではなく、
‘正しい’ことを選ぼうとしてはいませんか?

何が正解は頭で考えるんではなく、‘楽しい’という気持ちに身を任せて、
1回肩の力を抜いてみたら良いと思います。

例えばゲームだったり、動物だったり、
“この食べ物、めちゃくちゃ好きだな”みたいな、
そういったちょっとした所から、仕事を見つけるきっかけが
あるのではないかなと思っています。
あと一人旅もオススメです。
自分が好きなモノとか場所が凄く増えたり、
その先々で出会う人と喋ったりして、色んな新しい価値観に出会うことで、
普段の自分を見つめ直すことも出来ます。
真剣に悩む気持ちも分かるんですが、
とにかく普段の生活を楽しみましょう!


松田部長「嘘とカメレオンのVo. チャム(.△)先生、ありがとうございました!
松田LOCKS!では引き続き、アーティスト講師の皆さんに解決してほしい悩みを募集中!
また、松田LOCKS!のサイトで出題している著作権クイズに正解した生徒の中から毎週1人に、
オリジナルの著作権カレンダーをプレゼント!
全ては【コチラ】からお願いします!今夜の松田LOCKS!は以上!」


今夜の著作権名言

「覚えておけ、著作権は死なない。著作者の死後 50 年間はな。」




とーやま校長「素敵な言葉だったね!」

あしざわ教頭「『才能は人に見つけられるものだ』っていう言葉を聞いたことがあって。自分で才能を見つけるというよりは、
”君、すごいね!”って言ってくれる人にいつか出会うんじゃないかと思うから、何か見つけたらそれを続けてみるっていうことも大事かな、と思いました」

とーやま校長「正しいことよりも楽しいことの方が強いもんね。俺の周りの人もそうだし、今世の中で活躍されている人も、
昔から好きでやり続けていたのが仕事になっているって人がたくさんいるから、一人旅をしてみたら見つけられるかもしれないね。
嘘とカメレオン先生は、初めてSCHOOL OF LOCK!にお声を届けてくださったんだけど、
MVのYouTube再生回数が300万回! しかもメジャーデビュー前なんだって。すごいね!」

あしざわ教頭「すごいことです!」

とーやま校長「かねがねお名前は拝見していて、いつか直接生徒のみんなとお話しできる機会があればと思っています!
嘘とカメレオンのVo. チャム(.△)先生、どうもありがとうございました!」

松田部長! 来週水曜日もよろしくお願いいたします!


ここからは再び、ヤバT先生が登場!

とーやま校長「ヤバT先生は10月からツアーが始まるんですね!」

「“とってもうれしいたけ”TOUR2018」!

10月5日 (金) 山口・周南RISING HALLを皮切りに、全国15箇所! すでにソールドアウト!

こやま先生「今回は、あまり行けていないところに行くツアーにしているんです」

とーやま校長「まだ行ったことがないところってどこですか?」

こやま先生「沖縄初めてなんですよ!」

とーやま校長「おそらく、 沖縄なら10月でもまだ半袖とかでいけるんじゃないですか?」

こやま先生「はしゃぐぞー!」

ありぼぼ先生「はしゃいじゃうぞ〜〜!」

とーやま校長「マジで激レアチケットですからね。いけるやつは楽しんで来てほしい!」

SCHOOL OF LOCK!


さらに、2019年のツアーも決定しています!
「ヤバイTシャツ屋さん TOUR 2019(仮)」

とーやま校長「このツアーもいろんな所を回りますよね! ラストは来年の4月!」

あしざわ教頭「だいぶ先だ!」

とーやま校長「なんと、2019年のツアーチケットはこれから発売なんですよね!」

こやま先生「そうなんです」

とーやま校長「さらに、9月19日(水)に発売の『とってもうれしいたけ』の中には2019年のツアー最速先行の用紙が入っています!
2018年のツアーと2019年のツアーは内容も変わるんですか?」

こやま先生「全部変わりますね!」

もりもと先生「全く別のツアーなので」

とーやま校長「体調とかは大丈夫ですか?」

こやま先生「まあ、若いんでね」

あしざわ教頭「自分で言う(笑)」

ありぼぼ先生「むちゃする時期ですか?(笑)」

とーやま校長「今までのワンマンで一番大きな会場ってどこですか?」

こやま先生「ワンマンだとZepp東京とかですね」

とーやま校長「こういうところでライブやりたいっていう目標とかはあるんですか?」

こやま先生「Zepp東京5デイズとかやりたいですね!」

あしざわ教頭「あいつらZepp1週間抑えてるぞ! みたいな(笑)」

とーやま校長「確かに聞いたことない!」

こやま先生「どこかデカイところでまとめてやれよ! って思われそう(笑)」

とーやま校長「4日目くらいからスタッフさんも”またここ?!”ってなりそうですね。でも、面白そう!」

詳しくは、[ ヤバイTシャツ屋さんオフィシャルサイト ]をチェック!


SCHOOL OF LOCK!



そしてここからは再び本日の授業! 『SEITO満足度向上逆電』!!

とーやま校長「…もしもし!」

よこやま! 岐阜県 15歳 女性 高校1年生

よこやま!「もしもし!」

とーやま校長「よこやま!も、ヤバT先生好きなんだね」

よこやま!「大好きです!」

ヤバイTシャツ屋さん先生「やったーーー!!!」

こやま先生うれしいたけ!

ありぼぼ先生「出ました、うれしいたけ!」

とーやま校長「いつからヤバT先生は好きなの?」

よこやま!「去年の12月にYouTubeのおすすめでたまたま、ヤバT先生の『あつまれ!パーティーピーポー』を聴いて、そこから好きになりました!」

ありぼぼ先生「ありがとう〜!」

とーやま校長「そんなよこやま!が満足いってないことって一体どんなこと?」

よこやま!ベースを始めたいのに親が許してくれないことです!

とーやま校長「女の子でベースをやりたいだなんて、ありぼぼ先生と一緒じゃないですか」

ありぼぼ先生「ほんまや!」

とーやま校長「親に許してもらえないっていうのはどういうこと?」

よこやま!「ヤバT先生の曲を聴いてからバンドに興味を持って、ベースを始めたいって思うようになったんです。
で、親に相談してみたんですけど理由もなく買ってもらえないんです…」

こやま先生「理由を言って欲しいですね」

とーやま校長「でも、どうしても挑戦してみたいんだもんね。親を納得させるためにはどうしたらいいですかね?」

こやま先生「指を動かすので、ボケ防止になるよ! とか…」

もりもと先生「気にするの早!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


こやま先生「まずは親に弾かせてみたらいいんじゃないですか?」

とーやま校長「よこやま!これはどう?」

よこやま!「一回やってみます!」

あしざわ教頭「早い早い!(笑) 先にベース手に入れちゃってるし(笑)」

もりもと先生「楽器ってうるさいイメージがあると思うんですけど、エレキギター、エレキベースってアンプに繋がなければめちゃくちゃ静かですもんね」

こやま先生「そうそう。超静かやから!」

ありぼぼ先生「一回、楽器屋さんに一緒に行ってみるのは? で、ベースの音を聴かせる!」

もりもと先生「そういうプレゼンもしてみると良いかもしれないですね」

こやま先生「パワーポイントとかでプレゼンテーション作ったら?」

SCHOOL OF LOCK!


ありぼぼ先生「そこまでやったら熱量すごいもんな!」

あしざわ教頭「こちらの商品です! みたいな(笑)」

とーやま校長「それを用意するお金があるならベース買ったほうがいいよ(笑)
ありぼぼ先生は、ご両親からはなんの反対もされなかったんですか?」

ありぼぼ先生「反対されなかったですね。親も音楽好きなんで、”やりやり!”って感じでやらせてもらいました。でも、結構プレゼンはしましたね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「どんな風にプレゼンしたんですか?」

ありぼぼ先生「とにかくいろんなバンドを聴かせて、私はこういう音を弾きたいねんって伝えて、OKしてもらいました」

とーやま校長「やっぱり、親に自分の気持ちを伝えることが大事なんですね。そこは大前提なのかもしれない」

よこやま!「分かりました!」

あしざわ教頭「親が好きな音楽とかある? お互いに好きな音楽を共有しあってから、ありぼぼ先生のようにプレゼンすると良いかもね」

よこやま!「はい!」

とーやま校長「どう? 満足度は向上したかな?」

よこやま!「120くらい上がりました!」

全員「おぉーーーっ!!!」

とーやま校長「よかった! いつかよこやま!のベースが聴けることを祈ってるよ!」

もりもと先生「頑張って!」

よこやま!「頑張ります!」

こやま先生「しばたが産休とかのときに代わりに弾いてもらえたら……」

ありぼぼ先生「じゃあ、私が産休に入るまでには頑張って買ってもらって…(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


よこやま!「(笑)」

とーやま校長「話聞かせてくれてありがとう!」

よこやま!「ありがとうございました!」


♪ 君はクプアス / ヤバイTシャツ屋さん


とーやま校長「ヤバT先生のいつもの面白いやつ!(笑)」

あしざわ教頭「欲求に負けてクプアス調べちゃったわぁ〜。でも、調べた結果、”クプアスって何?”ってなりました(笑)」

ヤバイTシャツ屋さん先生「(笑)」


そして、本日最後に逆電した生徒は、
過去にヤバイTシャツ屋さん先生と逆電をして、あるアドバイスをもらった生徒!

メープルシロップ! 石川県 15歳 男性

メープルシロップ!「石川県、15歳、メープルシロップ!です!」

あしざわ教頭「メープルシロップ!じゃん!」

メープルシロップ!「お久しぶりです!」

RN メープルシロップ!は、Notequal's-ノットイコールズ-というYouTubeチャンネルを開設して活動しているのだが、
なかなか再生回数が伸びないことに悩んでいて、前回、ヤバイTシャツ屋さん先生が生放送教室に来てくれたときにアドバイスをもらったのだ!


とーやま校長「あの逆電のあと、登録者数が何人になったんだっけ?」

メープルシロップ!「15人から800人に増えました!」

とーやま校長「とんでもないよね! その時点で満足度100超えてるよ!」

あしざわ教頭「こやま先生なんてTwitterでRTもしてくれてたじゃん!」

とーやま校長「何か満足いっていないことがあるの?」

メープルシロップ!YouTuberとして、自分の企画力に満足出来てないんです!

RN メープルシロップ!がやっているYouTubeチャンネル『Notequal's-ノットイコールズ-』は、
前回の逆電でこやま先生から動画のサムネイルを工夫したほうがいい。というアドバイスと、
「コーラをお茶のようにゆっくり飲む」という企画をいただいたんだけれども…。

メープルシロップ!「最近は再生数も下がって来て、平均は10数回とかなんです」

とーやま校長「最近あげた動画はどんな動画?」

メープルシロップ!「最近は、『部屋を明るくする』っていう動画を出しました」

全員「(笑)」

とーやま校長「めっちゃ面白いけどなあ(笑) もう一度再生数を上げたいってことで、ヤバT先生に企画を考えて欲しいってことか」

SCHOOL OF LOCK!


メープルシロップ!「はい! あと、最近メンバーのやる気がなくて…。日曜日に集まろうって声をかけるんですけど、土曜の夜に”宿題があるから行けない”とか言ってドタキャンされるんです」

とーやま校長「みんなもうやる気もないんだな」

メープルシロップ!「最近はソロ動画を上げているんですけど、誰かやっていそうだなっていう企画ばかりでボツにしちゃうことが多くて。
『Notequal's-ノットイコールズ-』ですから、誰もやったことがない企画をしたいんです!」

とーやま校長「とはいえ、ヤバT先生に直接アドバイスもらえるなんて特例だからな!」

メープルシロップ!「ありがとうございます!」

こやま先生「う〜ん…企画か〜」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「何かこういうことがしたいっていうジャンルはある?」

メープルシロップ!「顔を出していないので、上半身と下半身だけでできるやつがいいです」

あしざわ教頭「お面とかかぶるのは平気?」

メープルシロップ!「大丈夫です!」

ちなみに、『Notequal's-ノットイコールズ-』が最近あげた動画は
『メビウスの輪を100回ねじってみた』や、『ヤバTの新曲を実況してみた』などなど…。

ありぼぼ先生「嬉しい! ありがとうございます!」

とーやま校長「でも、こういうのってどこから手をつけたらいいんでしょうね」

こやま先生「誰もやったことないやつ…なんやろなあ。親の財布から金取ってみたとか」

あしざわ教頭「ダメですよー(笑)」

もりもと先生「いきなりサブチャンネル作っちゃうとかは?」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「サブチャンネルってなんですか?」

もりもと先生「メインのチャンネルとは違って日常をただただ映す、ゆるいチャンネルなんです」

ありぼぼ先生「それをいきなり作っちゃう!」

こやま先生「求められてないのに(笑)」

もりもと先生「友達との普段の会話はそっちのチャンネルに載せてみるとかね。もしかしたら、そっちから人気になるかもしれない」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「みんなが喜びそうとか、動画を見てハラハラしたいじゃないですか。カジノ神社を作ってみたとか…」

あしざわ教頭「ダメだよ!」

こやま先生「見たい(笑)」

ありぼぼ先生「コップにいっぱいに水入れて、おでこに乗せながら寝てみたとか!」

とーやま校長「カメラ固定にして本当に寝るんだ。それ面白そう!」

こやま先生「YouTuberっぽい!」

ありぼぼ先生「それなら顔を出さずにいけるかなって」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「寝転がった瞬間に水がバシャっと顔にかかればオチにもなるしイイね!」

あしざわ教頭「顔がバレちゃうかも…っていうハラハラ感もあるかもしれませんね」

ありぼぼ先生「そうそう!」

メープルシロップ!「イイですね!」

ありぼぼ先生「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「軽いな(笑)」

とーやま校長「ありぼぼ先生が必死に絞り出してくれたのに(笑) それじゃあ、これやってみよう!」

メープルシロップ!「やります!」

『Notequal's-ノットイコールズ-』! これからも頑張れ!!


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
今日は、ヤバイTシャツ屋さんのこやま先生に書いてもらいました。



SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



『 Happy Birthday!! 』


こやま先生「Happy Birthday〜♪」

あしざわ教頭「今!?」

ヤバイTシャツ屋さん先生Happy Birthday to you〜〜♪♪

あしざわ教頭「とーやま校長がまたしても踊ってくれてる(笑)」

ありぼぼ先生「フラッシュモブでした!」

こやま先生「誕生日おめでとうございます!」

あしざわ教頭「ありがとうございます!!!」


SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「生徒みんな、もれなく満足度が向上した2時間でした! ありがとうございます! また遊びに来てくださいね!」

こやま先生「いいんですか!」

とーやま校長「もちろんですよ!」

こやま先生「じゃあ、来週…」

とーやま校長「……いいとも!」

あしざわ教頭「ちょっと迷いがありましたね(笑)」

とーやま校長「でも、一瞬でもいいので良かったら遊びに来てください!」


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN 緑子。


SCHOOL OF LOCK!

RN あるくなし


SCHOOL OF LOCK!

RN ネコ丸


SCHOOL OF LOCK!

RN 狼スピカ


SCHOOL OF LOCK!

RN 足の生えたカタツムリ


SCHOOL OF LOCK!

RN 実力派のシャイボーイ


SCHOOL OF LOCK!

RN ネコ丸


SCHOOL OF LOCK!

RN まりも in おむらいす


SCHOOL OF LOCK!

RN 暗躍重低音


SCHOOL OF LOCK!

RN ネコ丸


SCHOOL OF LOCK!

RN あっすー♪


SCHOOL OF LOCK!

RN 松村部長の副部長(仮)


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN 緑黄大好き


SCHOOL OF LOCK!

RN 緑黄大好き


SCHOOL OF LOCK!

RN ネコ丸


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜嵐@永遠のSOLファン


SCHOOL OF LOCK!

RN さよならの意味を知らないあしゅ


SCHOOL OF LOCK!

RN くろいNAMIDA


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
happysound 長野県 18歳 女性
よこやま! 岐阜県 15歳 女性
メープルシロップ! 石川県 15歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
キムエリ 富山県 17歳

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 ネコ飼いたい / ヤバイTシャツ屋さん
22:13 ヤバみ / ヤバイTシャツ屋さん
22:35 KOKYAKU満足度1位 / ヤバイTシャツ屋さん
22:48 タンクトップくんのキャラソン / ヤバイTシャツ屋さん
22:52 KOKYAKU満足度1位 (岡崎体育 remix) / ヤバイTシャツ屋さん
23:09 フェイトンに告ぐ / 嘘とカメレオン
23:24 キコリ時計 / Mrs.GREEN APPLE
23:41 君はクプアス / ヤバイTシャツ屋さん
23:51 KOKYAKU満足度1位 / ヤバイTシャツ屋さん

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ヤバT先生、今日も来てくれてとってもうれしいたけ!次も僕でよければご胞子(ご奉仕)させていただきます!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「君はクプアス」ググらず分かったやついるのかな。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★