『新春掲示板逆電』!!

生放送 2019.1.1 火曜日

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「やしろちゃんポン!」

あしざわ教頭「やしろちゃんポン?(笑)
校長、何食べてるんですか」

とーやま校長「おせちでしょ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


校長がおせち料理を食べながら始まった、今日のSCHOOL OF LOCK!
生徒のみんな、まずは、
あけましておめでとうございます!!

あしざわ教頭「校長の様子がちょっとおかしいのよ…。
お疲れですか?
今日はずっとラジオに出ずっぱりの状態でしたよね?(笑)」

なんと、年越し特番を含めて、
校長の本日の生放送はこれで4本目なんだそう!


さあ、2019年最初の黒板は…!

SCHOOL OF LOCK!


『 21時間前 』

昨日の放送は、3時間の年越し特番でした!!

あしざわ教頭「いつもだったら10時から2時間12時までやるところを、昨日は3時間の年越しスペシャルをやらせていただきました!」

とーやま校長「そうよ! SCHOOL OF LOCK!が任せていただいて」

あしざわ教頭「はい。BiSHアイナ・ジ・エンド先生と…」

とーやま校長アイナ・ジ・エンドありがとう!!

<アイナ・ジ・エンド先生「だっふんだ!」>

あしざわ教頭「これも貴重な"だっふんだ"をいただきましたから!
まさかあの言葉が出るとは思いませんでしたけど…」

昨日は、『叫べ10代! 心の落書き47』と題して、
全国の10代の心の声を落書きにして盒兇劼るちゃんに読んでいただいたり、
みんなの心の落書きを集めて、
最後にはBiSHのアイナ・ジ・エンド先生が
『消えないで』を歌ってくださったり…。

あしざわ教頭「素晴らしい3時間を届けさせていただきましたよ!」

とーやま校長「聴けてないヤツはradikoタイムフリーで本当に聴いて欲しい!」

他にも、サカナクション山口一郎先生
『新宝島』を弾き語りしてくださったり、
高校1年生の崎山蒼志くんも曲を届けてくれました!

とーやま校長「何より生徒のみんなが本当に思っているむき出しの言葉…心の落書きを、あれを聞いて、みんなも思っていることがあるはずだから。
昨日も言ったけど、"気を使って誰にも言えない"とか、"こう言ってしまったら嫌なことを言われるから言えないな"みたいなことも、全部、12月31日から1月1日の1時までにかけて、吐き出してくれたの。
それを受けて、まだあの時に言えてなかったヤツが、どんなものを持っているのかを知りたい。
急かすつもりはないから、今日とか明日とか、SCHOOL OF LOCK!の学校掲示板に書いてくれてもいいし。
別に書かなくたって、自分の中でひとり言でもいいし、友達とか恋人とか親、先生でもいいし、ちゃんと吐き出してぶつけられる日が来たらいいなと思いながら昨日はやってた」

あしざわ教頭「はい!」

とーやま校長「そう。…おやすみなさい

あしざわ教頭寝ないで!(笑)」

<⇒聴いていない生徒は、radikoタイムフリーで聴いて欲しい!>

SCHOOL OF LOCK!



あしざわ教頭「さあ、生徒が集まってきました!
SCHOOL OF LOCK!今夜も開校です! 起立!」

とーやま校長「これ、新年一発目だからね!
叫べーーーー!!

あしざわ教頭「はやいはやい!(笑) 礼してないんだよ! いいか、いくよ!
…礼!!」

とーやま校長・あしざわ教頭叫べ〜〜〜〜〜!!!

SCHOOL OF LOCK!



♪ NEVER EVER ENDER / RADWIMPS


とーやま校長「年越し特番として、生徒のみんなと一緒に2019年を迎えさせてもらったんだけど、いつものこの夜10時からの通常の授業の一発目はもちろんここなわけで」

あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「そこに向けてこの1曲目をどういうのを聴きたいかなと思って、考えてたりとかもしてね。
SCHOOL OF LOCK!でもお世話になっているアーティストはたくさんいるし、紅白歌合戦も、SCHOOL OF LOCK!のレギュラー講師陣の方もたくさん出られていたよね。
そのいつもお世話になっている皆さんの曲も1曲目で聴きたいな、どれがいいかな、とかって思ってたら…。
"ANTI ANTI GENERATION"!」

あしざわ教頭RADWIMPS先生!」

とーやま校長「最新アルバムの中のこの曲が、聴いてわかる通り、開きに開きまくっていて…」

あしざわ教頭「船出ですよね」

とーやま校長「新年の一発目にふさわし過ぎてだね! 全開で行きたい!」

SCHOOL OF LOCK!



12月31日、第97回全国高校サッカー選手権が始まりました!

とーやま校長「4週目ガールズをやってくれてる盒兇劼るちゃんは昨年度の応援ガール的なの(13代目応援マネージャー)を務めていて、、ポスターにもでっかくひかるちゃんの可愛くて凛々しい顔が映っていたよね。
だから俺たち的にも高校サッカーは切っても離せない、もちろん生徒のみんなもたくさん参加している大会!」

あしざわ教頭2016年『インハイエール!』で、元日本サッカーのオリンピック代表である三浦淳寛選手がサポートに行ってくださった、熊本県の大津高校も出場しています!」

とーやま校長「2016年は、4月に熊本で大きな地震があった年でもあったね」

大津高校は、1回戦で
去年のインターハイ準優勝校、神奈川県の桐光学園と当たり、
5-0で大津高校の勝利!!

あしざわ教頭「ものすごい活躍をしている!」

とーやま校長「もちろん桐光学園の生徒のみんなも全力を尽くしたんだろうけど、サッカーで5-0って…」

あしざわ教頭「そうですね、なかなかない大差ですね。
大津高校、このまま頑張って欲しいですね!」


さぁ、今夜の生放送授業は…
『新春掲示板逆電』をお届け!!

とーやま校長「今夜は、生徒のみんなの年末年始に起こった出来事を教えてくれ!」

「年末年始の過ごし方」
「年末年始の笑えるエピソード」
「年末年始に起こった悲劇」
など…

あしざわ教頭「どんなことでもOKです!」

とーやま校長「今おじいちゃんおばあちゃんの家にいるヤツもいるかもしれないし、色んな事情でひとりで寂しく過ごしてるヤツもいるかもしれないし」

あしざわ教頭「受験(勉強)を頑張ってるヤツもいるかもしれないからね」

とーやま校長「"校長、教頭、話聞いてくださいよ!"、"我慢ならないっすわ!"、何でもいい!
気になった書き込みは直接電話をして話を聞いていくぞ!」

生徒のみんなは、年末年始に起こった出来事を
学校掲示板もしくはメールに書き込んで欲しい!

とーやま校長「何か締まる一言を言わないと締まらないなって感じですけど、全く思い浮かんでないんで…。
じゃあ、渾身の…」

あしざわ教頭「おお、渾身の? いただけますか?
よし、みんな受け取るぞ!」

とーやま校長「いきます!
シェーーーーー!!!!

あしざわ教頭「……」

SCHOOL OF LOCK!



いつもならGIRLS LOCKS!は5週目でお休み。
お休みのはずなんだけど…?

とーやま校長「今日は特別に、"GIRLS生徒LOCKS!"を開催します!!

あしざわ教頭「初めて聞いた言葉なんですけど(笑)」

とーやま校長「女子クラスの時間なんで、やっぱり女子の声を聞きたいじゃん。ってことよ!」

あしざわ教頭「ってことは、女子生徒限定で逆電する、みたいな?」

とーやま校長「男子だって、女子が話してるの聴きたいじゃん。癒されたいでしょ?
俺は我が校の男子代表で座禅組(恋人がいない生徒のこと)でもあるんで!」

あしざわ教頭「じゃあ電話をしていきましょうか!」

まずは、この書き込みから。


逆電
一回でいいから、逆電したいよね。でも、お母さんがダメって、、。何か1月1日なら、皆でオールするからいいって言ってたけど。1月1日、お願いいたします!!
和風大好き桔梗
女性/13歳/青森県
2018-12-27 22:17



あしざわ教頭「たぶんいつもは"早く寝なさい"って言われちゃうから、今日しかチャンスがないってことだと思う」

とーやま校長「ああ、確かに、1月1日だったら可能性があるってことね」

和風大好き桔梗 青森県 13歳 女性 中学2年生

とーやま校長「明けましておめでとう!」

あしざわ教頭「あけおめ!」

和風大好き桔梗「明けましておめでとうございます!」

まだお餅を食べていないと言うRN 和風大好き桔梗は、
現在中学2年生!

あしざわ教頭「中2高2は、フリーダーーーーム!!!!

SCHOOL OF LOCK!


和風大好き桔梗フリーダーーーーム!!!!

あしざわ教頭「ナイス、フリーダム! 今年1発目フリーダムいただきました!
おめでとうございます!」

和風大好き桔梗「(笑)」

RN 和風大好き桔梗は、去年の6月頃、
ウォークマンを買ってもらった時に
たまたま聴いたラジオでSCHOOL OF LOCK!を知り、
その時からSCHOOL OF LOCK!を聴いてくれているそう。

とーやま校長「桔梗はこの学校を好きでいてくれてるの? どういうところが好き?」

和風大好き桔梗「はい、大好きです!
校長もかっこいいし、教頭も優しいし…」

とーやま校長「(食い気味に)そうなんだよ!!」

あしざわ教頭「それなんだよ(笑)」

とーやま校長「ちょっと一個だけ聞かせてくれない?」

和風大好き桔梗「はい!」

とーやま校長校長、どこがかっこいいかな?

和風大好き桔梗ドライ部とかで、スキーとかかっこよかったし…」

とーやま校長「うん(笑) この間、初滑降してたやつね」

あしざわ教頭「北海道出身でスキーうまいからね」

和風大好き桔梗

あしざわ教頭「…以上かな?」

とーやま校長・和風大好き桔梗「(笑)」

とーやま校長「教頭はかっこいい?」

あしざわ教頭「教頭も優しいし、結構好きです」

とーやま校長嘘つけ!

あしざわ教頭「"嘘つけ"もおかしいし、"結構"ってワードに俺引っかかってるから(笑)」

とーやま校長・和風大好き桔梗「(笑)」

逆電したいのにお母さんが"ダメ"と言っているという
書き込みについて、尋ねてみたぞ。

とーやま校長「お母さんが"ダメ"って言ってるの?」

和風大好き桔梗夜遅いので」

とーやま校長「そういうことか!」

あしざわ教頭「いつも何時に寝てるの?」

和風大好き桔梗「いつもSCHOOL OF LOCK!聴いてから寝てるんですけど、妹とかもいて、結構遅くなったらダメかなっていう…」

とーやま校長「なるほどね!
"あんな知らない男ふたりとしゃべるなんてやめなさい!"とか、そういうことを言われてるのかなって思ったの。
お母さんもSCHOOL OF LOCK!は知ってくれてるの?」

SCHOOL OF LOCK!


和風大好き桔梗「いや、聴いてないですけど、私が聴いてるっていうのを知ってたんです」

とーやま校長「俺でも教頭でも、桔梗が全国の生徒に言いたいことでも何でもいいよ。言いたいことある?」

和風大好き桔梗「はい!
SCHOOL OF LOCK!ずっと大好きでいます!

とーやま校長「嬉しいね!」

あしざわ教頭「年始早々嬉しい一言いただきましたね!」

とーやま校長「桔梗、今年も毎日色んな生徒と話をしていきたいんだけど、時間も限られてるからこうやって話すことが(あまりできない)。
でもね、俺はラジオの中でちゃんと、今までも桔梗とも会っていたんだけどね。
"ああ、こういう声色をしてるんだ"とか、"こういう声の高さなんだ"とか、そういうことが今わかって、それがすごい嬉しくて。
桔梗もちゃんとこのSCHOOL OF LOCK!にいてくれてるし、桔梗も去年の6月からこのSCHOOL OF LOCK!を作ってくれているわけよ」

和風大好き桔梗「はい」

とーやま校長「だから、こっちもよろしくだし、一緒に作って行こう!」

和風大好き桔梗「はい、もちろんです!」

せっかくなので、RN 和風大好き桔梗の好きな曲を生徒のみんなと聴くことになったぞ!
その曲とは…。
Do As Infinity『楽園』

和風大好き桔梗「"犬夜叉"にはまってて、その映画の曲です。
聴いてて力強い感じがして、頑張れるなっていう」

とーやま校長「この曲でいくか!
じゃあ桔梗! 今年もよろしく!!

和風大好き桔梗よろしくお願いします!!


♪ 楽園 / Do As Infinity


とーやま校長「俺は初めて聴かせてもらった。もちろんDo As Infinity先生のことは存じ上げているけども…。
強くてかっこいい曲だね!」

あしざわ教頭「そうね。一歩一歩前に進んで行くような曲ですね」

とーやま校長「桔梗も小さい頃にこの曲を聴いて、たぶんその時はどういう意味かもわかってなかったけれども、体のどこかで反応して、めちゃめちゃかっこいいって思えたんだね」

あしざわ教頭「音とか色んなことから感じ取ってたんだろうね」

とーやま校長「われわれ、その感覚を大事にしていきたい!
それってもう理屈じゃないところだから。
音楽でもそうだし、映画でも小説でも、何かしら反応するものがあるわけで」

あしざわ教頭「"何かわからないけど、何だこれ!?"っていう感覚ね」

とーやま校長「理屈じゃないところが本当だと思ってたりもするから、そこを信じて欲しいな。
っていうのを、今の桔梗の話から、Do As Infinityのこの曲で思わせていただきました!
…あれ、おかしいな?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「急に固くなった(笑)」

来週のこの時間は、我が校のスクールアイドルの講師!
Aqours先生が登場!
Aqours LOCKS!


さあ、続いては…?

とーやま校長「東京都の17歳、男の子の、RN 平手って書けない 書けるは!に、大至急電話しておきたいの」

あしざわ教頭「そのラジオネームからして、それ関連のことなんですか?」

とーやま校長「いや、関連ではないね。
でもまぁ、同じく欅坂ファン…いわゆる"ケヤオタ"だと思うんで、その話でいいかな?」

あしざわ教頭「いやいや、内容と違うんでしょ?(笑)」

RN 平手って書けない 書けるは!に電話がつながるまで、
欅坂46の紅白での活躍について、熱く語る校長。
しかし…。

あしざわ教頭「(電話が)繋がらないって!」

とーやま校長「え!? 何してんだー!!

あしざわ教頭「もし気づいたら、あとでかけ直して来てもいいからね!」

RN 平手って書けない 書けるは! の書き込みはこちら!


北海道
校長 僕は1月3日から北海道に初めて行きます
まだ行くとことか具体的に決めてないのでオススメの所とか教えてください。
あと小さい頃に一度北海道に行こうと試みたのですが直前に体調を崩して僕は行くことができなかったので今回はしっかり体調を整えます
平手って書けない 書けるは!
男性/17歳/東京都
2019-01-01 17:34



かけ直してもらえるまで待つことになったその時…。

???「もしもし?」

とーやま校長「もしもし! ラジオ聴いてた?」

???「聴いてました!」

平手って書けない 書けるは! 東京都 17歳 男性 高校2年生

RN 平手って書けない 書けるは!に電話が繋がった!

平手って書けない 書けるは!「(電話が)突然来てビックリして…。
radikoで聴いててタイムラグがちょっと(あって)、ビックリしました」

とーやま校長「確かにね!」

今日はずっと家にいたと言うRN 平手って書けない 書けるは!。
実は、実家は愛知なのだがそちらには帰っていないのだそう。
ちなみに、お餅はお雑煮で食べたとのこと!

とーやま校長「やっぱり欅好き?」

平手って書けない 書けるは!「はい、めっちゃ好きです!」

とーやま校長「もしかしたら欅坂のメンバーも聴いてるかもしれないから、伝えとけ!」

平手って書けない 書けるは!「はい。
本当にかっこよくて、本当に良かったです!

とーやま校長「そうだね! パフォーマンス震えたよね」

平手って書けない 書けるは!「はい!」

さあ、本題の北海道旅行について話をしていくぞ。

とーやま校長「何で北海道に行くの?」

平手って書けない 書けるは!「僕が来年受験になるんで、"受験の前に最後にどっか行こう"ってなって、北海道に行きたいなって思って、僕が"北海道"って言ったんですけど」

とーやま校長「家族で行くってこと? 何泊ぐらいするの?」

平手って書けない 書けるは!「はい、家族で。3泊ですね」

とーやま校長「ただここの北海道ね、とんでもない、極冷えも極冷えよ?」

あしざわ教頭「そうだね(笑)」

とにかく、北海道の寒さを体験したいという理由なので、
まだどこに行くかは全然決まっていないとのこと。
最高気温でも0度という北海道で、
RN 平手って書けない かけるは!にオススメの場所とは…?

とーやま校長「オススメ? うちの実家!

あしざわ教頭「いやだからさ、急に家はおかしいって!」

とーやま校長「うちの実家は、誰が行っても入れてくれるから。
これマジなんだよ、ホントに!
初代教頭先生のやしろ教頭も、この間、通算4回目かな?
俺がいない状態でも4回行ってるっていう状態ですよ。
マジで住所教えるけどね」

平手って書けない 書けるは!あ…そうなんですか…

とーやま校長「そうか、そりゃあね、ちょっと困るよね(笑)」

あしざわ教頭「お母さんが困るから(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「札幌は行くの?」

平手って書けない 書けるは!「はい」

とーやま校長「そしたらジンギスカン食べて欲しいね!」

校長オススメの松尾ジンギスカン
さらに…。

とーやま校長「テレビで観たらね、日本の夜景の綺麗さを決める協会があるらしくて。今までは北海道は函館だったのよ。
ただ、新たに札幌の藻岩山っていう、札幌の中心地から車で20分とか30分ぐらいで着く山があるのよ。
スキー場とかあってさ。
そこからの夜景がめちゃめちゃ綺麗なんだって!」

平手って書けない 書けるは!「そうなんですか!」

とーやま校長「めっちゃ寒いからちゃんとあったかい格好して、藻岩山からの夜景もいいかもしれないね」

平手って書けない 書けるは!「じゃあちょっと行ってみます!」

あしざわ教頭「今(スマホで)画像調べたけど、超絶綺麗よ! めちゃくちゃいいね!」

とーやま校長「本当にあったかい格好してってね」

平手って書けない 書けるは!「はい、わかりました!」

あしざわ教頭「そうだね。旅行先で風邪ひくのが一番つらいからね」

最後に、RN 平手って書けない 書けるは!の言いたいことを伝えてもらったぞ。

平手って書けない 書けるは!校長、教頭、毎回SOLの放送を聴いてるんですけど、本当にトークが面白くて、ずっとやってくれたら嬉しいです

とーやま校長「そうだね!」

あしざわ教頭「お〜!嬉しいこと言ってくれるなぁ!」

とーやま校長「本当にそのつもりだしね。
でも平手って書けないは今高2で、高3になって、大学生になって、たぶん色んな世界も広がって…今、彼女はいるのか?」

平手って書けない 書けるは!「いないです。男子校で…」

とーやま校長「あー!
でもいつかそういう人と出会って、夜のこの時間においしいご飯屋さんとかで連れてって欲しい。
その時はもうSCHOOL OF LOCK!なんて聴いてる場合じゃないから!
愛する人に全てを捧げてほしいしね」

平手って書けない 書けるは!「はい」

とーやま校長「でも聴いてなかったとしても、今こうやって俺と平手って書けないは出会ってしまったので。
"毎日思い出す"って言ったらたぶんウソになっちゃうからアレだけど、たまに、"そう言えばアイツ北海道でどうしたんだろうな"とか、"今頃大学楽しんでるのかな?"とかっていうのはちゃんと体の中に入れた!
もしもSCHOOL OF LOCK!として出会うことがなくなったとしても、平手って書けないの幸せを願っているよ!」

平手って書けない 書けるは!「ありがとうございます!」

最後には、RN 平手って書けない 書けるは!にも好きな曲を聞いて
流すことになったぞ!

RN 平手って書けない 書けるは!が選んだ曲は、
欅坂46『サイレントマジョリティー』

とーやま校長「平手って書けない、気を付けて行っておいで!
今年もよろしく!」

平手って書けない 書けるは!「はい、ありがとうございました!
お願いします!」


♪ サイレントマジョリティー / 欅坂46


とーやま校長「見えた!
東京都のRN 平手って書けない 書けるは!は、最後指を天に突き上げてくれました」

あしざわ教頭「脳内に現れてくれましたか(笑)」

とーやま校長「はい、ありがとう! 最高のLIVEだよ、嬉しい!」

SCHOOL OF LOCK!



さあ続いてはこちら!


2019
新年明けましておめでとうございます!!
年末年始なにもないです^_^!
まなえもん2
女性/17歳/愛知県
2019-01-01 19:32



あしざわ教頭「俺はそんなはずはないと思うんだ。
きっと何かあるはずだから」

とーやま校長「受験生ってことかな?」

しかし、RN まなえもん2は電話に出ず…!

とーやま校長「もしも気づいたら折り返しいけるんだもんね?」

あしざわ教頭「まなえもん2! お前の書き込み読んだから、もしよかったらもう一回こっちにかけてみてね。よろしく!」

SCHOOL OF LOCK!



次の生徒は…?


あけましておめでとうございます
2019年の始まり。
今年も去年に続き一緒に年を越す家族がいませんでした。さみしく1人で年越すのもなんなんで、自転車に乗りフラフラと出かけました。23時半頃に。ラジオを自転車のカゴに入れてSCHOOL OF LOCK!!を聴きながら気付けば2019年でした。1人で神社に行ってお参りをしておみくじを引きました。大吉だったのはちょっとした自慢です笑笑それから山に登り夜空を眺めていました。しぶんぎ座流星群が近づいているので流れ星が結構見れました。結局日の出まで外をフラフラしてました。うちに帰ったのは朝の8時頃で、1人お餅を焼いて食べました。美味しかったです。徹夜してるので寝てしまうだろうと思っていたのになぜか眠気は来ず、1人さみしくお正月を過ごしています笑笑

日本のJKの中で1番と言っても過言ではないくらいさみしいお正月を過ごした自信があります笑笑
UnknowN
女性/17歳/兵庫県
2019-01-01 17:05



しかし、残念ながら電話に出ず!

とーやま校長「どういうことで、ひとりでお正月を過ごすことになったのか知りたかったんだけど…無念!」

あしざわ教頭「これはどうしようかなぁ…」

とーやま校長「っていうか、ラジオ聴いてくれてる?」

あしざわ教頭「(笑) 聴いてはいます! さっき生徒が何人も出てくれてるじゃないですか! 大丈夫!」

とーやま校長「本当? 正月ってラジオ聴くのかなぁ…?」

あしざわ教頭「その問い掛けやめて(笑) 俺らは何でいるのか、ってなっちゃうから!」


さあ、次も行こう!


俺も
何もなかった年末年始。
出戻り生
男性/16歳/宮城県
2019-01-01 22:44



あしざわ教頭「何もないってことはないでしょう」

とーやま校長「周りの友達とかはもっと楽しく、友達と神社とかに行ったりしてる中…」

???「もしもーし」

あしざわ教頭「来た!」

出戻り生 宮城県 16歳 男性 

あしざわ教頭「これは本当に何もなかったのか?」

出戻り生「特に、そんなに…」

とーやま校長「年越しはどうしてたの? 昨日の今頃とか」

出戻り生「昨日の放送(年越し特番)を聴いてました」

あしざわ教頭「ありがとう!」

出戻り生「こういう秘めた想いを持っている生徒が、本当に自分だけじゃないんだと思いましたね」

とーやま校長「ちなみに、出戻り生は、"心の落書き"…誰にも言えてないことだったりとか、秘めてることとかあるの?」

出戻り生「…努力してる人をちゃんと評価して欲しい

とーやま校長「それは自分の話だな?」

出戻り生「自分の話でもあり、周りの話でもあります」

RN 出戻り生は今、来年の大学受験を目指して
勉強を頑張っているところなのだそう。

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そこに対して、自分の頑張りと成果があんまり出てない感じなの?
どういうものが欲しい?」

出戻り生「そうですね。
目に見える結果が欲しいです」

あしざわ教頭「今は、自分の中では余り良くないのか」

出戻り生「まだ足りないって感じです」

あしざわ教頭「周りから言われることもあるってこと?」

出戻り生"やってるわりには、そんなに"みたいな(ふうに言われる時もある)」

あしざわ教頭「そう言われた瞬間の正直な気持ちはどう?」

出戻り生「やっぱり悔しいですね」

あしざわ教頭「そこに向けて、今は戦えてるの?」

出戻り生「余り気にしないで頑張んなきゃな、って思ってるんですけど…」

あしざわ教頭「うん。
出戻り生は出戻り生のペースで全然いいと思うし、今の時点で、もうすでに大学受験に向かって勉強しようとしているその姿勢が、周りよりも早いスタートを切ってヤツだと思う。
だから、そんな(ことを言う)ヤツらには、馬鹿にされといていいんじゃない? やってるんだから言わせとけばいいよ!」

出戻り生「はい、ありがとうございます!」

とーやま校長「もちろん結果も大事だし、目に見える数字とかすごく必要だし、それがまた活力になるしね。
だけど、俺が思うのは、"結果を求めすぎてしまうのもどうかな?"、って気がする時もあるの。
"これだけやったから、これだけのものを欲しいです"っていうのは、どこかずれてしまう時もあるなって思っちゃってね。
そうじゃなくて、ただただ、やるべきことをやり抜く
誰かに伝えなきゃいけないことを伝えきる
ということで、結果的に後から数字として現れる、というのが、俺はすごく健全なんじゃないかなって思う。
もちろん"これが欲しいから頑張る"っていうのもあるんだけども、でもそんな時にこそ、もう全部取っ払って今やるべきことはただこれ!
これを自分の中で毎日100やり続ける!
でも心も疲れちゃうから、自分に向き合って休む時は休んでほしい」

出戻り生「はい」

とーやま校長「で、ご褒美として、結果がもらえる、ぐらいの気持ちでいて欲しいなって俺は思った!」

出戻り生「はい…!」

とーやま校長「酷なことを言ってるかもしれないけど、そうすればたぶん間違いはないと思う。
もちろん俺たち、受験生に向けてこれからもエールを届けていくからね!
今年もよろしくってことだな!」

出戻り生「お願いします!」


♪ NEW WALL / [ALEXANDROS]


SCHOOL OF LOCK!


先ほど逆電に出てくれたRN 和風大好き桔梗から、こんな書き込みをもらったぞ!


スクールオブロック
母と父が私が泣いてるのを見て、これから電話きたらでてもいいよっと言ってくれました!もし逆電が来たら絶対出ます!逆電、毎日待ってます!
和風大好き桔梗
女性/13歳/青森県
2019-01-01 22:42



逆電が嬉しくて泣いてしまったというRN 和風大好き桔梗。
そんなRN 和風大好き桔梗の姿を見て、
ご両親が逆電に出る許可をくれたのだそう。

あしざわ教頭「これはよかった! 今日からOKもらえたんですよ!」

とーやま校長「でも、やっぱり親からしたら、SCHOOL OF LOCK!っていう得体の知れない番組は、どこか信じられてなかったって言う表れでもありますね」

あしざわ教頭「そんなことないですよ(笑)」

とーやま校長「桔梗のお父さん、お母さん。どうもはじめまして!
いつも娘さんが登校してお世話になってます、SCHOOL OF LOCK!校長のとーやまと申します」

あしざわ教頭「教頭のあしざわと申します」

とーやま校長「たぶん大丈夫だと思うんで。
まぁ、校長と教頭も、人間として問題は山積みですよ。
でも別に娘さんに対して何か詐欺を働くとか、そういうことは一切ないので!」

あしざわ教頭「それはもちろんね!
逆に言うと、変な感じなるからやめてよ! その言い方、してるみたいじゃん(笑)」

とーやま校長「(笑)
しかも、なんだ詐欺って…(笑) 思いついたワードが酷すぎるだろ」

あしざわ教頭「普段はそんなことないですからね!」

とーやま校長「これからも何とぞよろしくお願いします!」


次に電話をかけたのは、兵庫県RN パラティ
初日の出を見に山に登ったそうなので、
もし写真を撮っていたら、その写真を
SCHOOL OF LOCK!の公式Twitterに上げさせてもらいたかったのだが…。

残念ながら電話は繋がらなかった…!

SCHOOL OF LOCK!



次は繋がるかな?

<prrrrrrr…>

???「…もしもし?」

とーやま校長「もしもし! SCHOOL OF LOCK!だよ!」

ぱんレーズン 長野県 17歳 女性 

とーやま校長「明けましておめでとう!」

あしざわ教頭「おめでとう!」

ぱんレーズン「おめでとうございます(笑)」

自分のラジオネームが自分で曖昧なRN ぱんレーズン。
お正月の今日は、親が作ってくれたおせちを食べたとのこと。
その中ではエビフライが一番おいしかったのだそう!
さて、本題は…。

あしざわ教頭「年末にいいことがあったよね? 何があったのかを教えてもらっていい?」

ぱんレーズン「はい。年越しの寸前なんですけど…」

その出来事が起きたのは、昨日12月31日の11時59分頃とのこと。
いつも年越しをおばあちゃんの家でしているので、
11時30分頃から急いでお風呂に入り、おばあちゃんの家に行ったのだそう。

ぱんレーズン「携帯をいじってたらLINE(通話)が鳴り始めて、"えっ!?"と思って出たら、最初無言でした。
"何だ、何だ?"と思ってたら、"おめでとう"って言われて、切られました

とーやま校長「え? それは誰からの電話だったの?」

ぱんレーズン「…好きな人からです(笑)」

あしざわ教頭「ウェ〜〜イ!(笑)
年越しの瞬間に、好きな人から電話がかかってきて、一言だけ…?」

ぱんレーズン「"おめでとう"って言われました」

あしざわ教頭「これは嬉しいね!」

とーやま校長「ちょっとごめん! 話が思ってたのと違うから!」

あしざわ教頭「なんでだよ!」

とーやま校長「ごめんね!
感情としては、なんか、許せない!

あしざわ教頭・ぱんレーズン「(笑)」

あしざわ教頭「おい、校長!」

とーやま校長「イチャイチャする話を聞きに来てるんじゃないんだよ、俺は!
…はぁ〜〜〜」

SCHOOL OF LOCK!


ぱんレーズン「(笑)」

"おめでとう"に対して何も返す間もなく、彼は電話を切ってしまったそう。

とーやま校長「これはね、その男子はやっぱり恥ずかしかったから、瞬間的にパって切っちゃってると思うよ」

あしざわ教頭「向こうもドキドキしてるかもな」

ぱんレーズン「そうですね」

とーやま校長「ぱんレーズンは好きなんでしょ?」

ぱんレーズン「はい、そうです(笑)」

去年の8月頃から彼のことが好きだと話すRN ぱんレーズン。

ぱんレーズン「これすごいややこしくて。
11月の頭ぐらいにふたりで海に行ったんですけど…」

とーやま校長「ちょっと待ってよ! ちょっと!」

あしざわ教頭「まだ怒らないでよ(笑) 別にふたりで海に行ったっていいじゃん!(笑)」

ぱんレーズン「(笑)」

とーやま校長「クロール? 浮輪? 浮いてたの? 寒中水泳でしょ?」

あしざわ教頭「ふたりで寒中水泳までしてたら、もう付き合ってるよ!(笑)」

とーやま校長「…で?」

ぱんレーズン「(笑)
いい感じになって、"これはもしかして?"って思うような感じになったんですけど

とーやま校長「けど?」

ぱんレーズン「家に帰って来てから、"今時間ある?"って言われて、"あるよ"って言って、"お、これは来たか!?"と思って(笑)」

あしざわ教頭「またチャンス到来!」

とーやま校長「告白メーターがぐんぐん上がってる!」

ぱんレーズン「(笑)
それで電話したんですけど、"俺ちょっと実は謝らなきゃいけないことがあって"って言われて…」

とーやま校長「もうやだ、もうやめてくれよ。嘘だろ?」

あしざわ教頭「怖い怖い…!」

彼は野球部員で、RN ぱんレーズンは野球部のマネージャーという間柄。
そして彼から言われた言葉は、「実は後輩のマネージャーが好き」だと言う。

ぱんレーズン「それは傍から見てて、と言うか、本当に毎日一緒にいたので、何となくそうなのかなっていう気持ちはしていたので意外でも何でもなかったんですけど…。
それを言われてしまって、"え?"と思ってたんです。だけど、"でも今日一緒に海に行けて楽しくて、気持ちが揺れてる"みたいなことを言われて(笑)
そんなの言われても、どうしたらいいかわからないじゃないですか」

とーやま校長「うん、そうね」

ぱんレーズン「それで何やかんやあって…」

とーやま校長「でも、そんな中でも、(電話をくれたのは)年を越した大事な瞬間じゃん。
人としては、その瞬間って大切な人といたいなって…家族とか、もちろん恋人も、ぱんレーズンもそれって思うじゃん」

ぱんレーズン「はい」

とーやま校長「で、恐らく彼もそう思って、"このタイミングで一緒に過ごすのって誰だろう?"って、確実に、パってぱんレーズンのことが浮かんでるのは間違いないわけじゃん」

あしざわ教頭「それは間違いないわな」

ぱんレーズン「ああ〜〜〜…(笑)」

とーやま校長「だから…!」

ぱんレーズン「でも期待しちゃいけないような気がしてて…。
それからも色々あったんですけど、"気持ちには答えられない"っていうのを、本当につい最近にも言われてるんです(笑)」

とーやま校長「じゃあまだその後輩のマネージャーのことを想ってるの?」

ぱんレーズン「いえ、それもないと思うんですけど…。
たぶん、相手もよくわかんなくなっちゃってて…」

とーやま校長「俺は恋愛経験がほぼないに等しいんだけど。
やっぱり基本は、どうしても男子の方が前に打つ手を持つことができないことが多いじゃん」

あしざわ教頭「これはありますね」

とーやま校長「まさに今その彼はその状態だと思うわけよ。
で、これね。ぱんレーズンがもう引いてしまったら、たぶん向こうもフワフワしたまま終わってしまう気がする」

ぱんレーズン「そうですよね…!」

とーやま校長「となった時に、もしも、ぱんレーズンがガシガシ行ったら、揺れてる心も更にガッと開いて、"あ、そうか。俺やっぱりぱんレーズンのこと好きなんだ"って、強引にこっちを向かせることができると思う。
どう、教頭?」

あしざわ教頭僕も全く同じことを思ってました

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「…決まりだ!」

あしざわ教頭絶対に行った方がいいと思う!
何なら、今はチャンスだと思う!
向こうが揺れてるっていうのがマジで分かるから」

ぱんレーズン「(笑)」

あしざわ教頭「急に『好き好きアピール』じゃなくても、一緒に遊ぶとかそういうのでいいと思う」

ぱんレーズン「その子も、"会って話したりしてると、すごいやられる"って言ってました。
"一緒に帰ったりとか一緒に出掛けたりすると、もうムリだ"って言ってました」

とーやま校長攻めろ! 攻めの一手だ!!

ぱんレーズン「(笑)」

あしざわ教頭「それ、"来てくれ"ってことだ!」

とーやま校長「もう、シンプルでいいんだけど、
"ちょっと、好きなんだけど、何!?"

あしざわ教頭「恋愛ヤンキー出て来た(笑)」

とーやま校長「…って感じ」

ぱんレーズン「そうですよね…。
でもなんか…

とーやま校長「何だ、"でも"って!」

ぱんレーズン「自分でもウジウジしちゃって良くないなと思うんですけど、部活のことがあって、関係性が悪くなっちゃうのも嫌だなって思ってるんです。」

とーやま校長「それは結果論だね。
そんなことを考えてたら何もできなくなってしまうな」

あしざわ教頭「お前がどうなりたいか、だな。
2019年、年が明けて、ぱんレーズンがどうなりたいかだよ!」

ぱんレーズン「うわぁ…(笑)」

とーやま校長「俺は行くべきだと思うよ」

あしざわ教頭「もちろん強制はしないけど(笑)」

とーやま校長「"ここだ!"と思う時は勇気を最大限に使って、頑張れ!」

ぱんレーズン「はい、ありがとうございます!

とーやま校長良いお年を!

あしざわ教頭・ぱんレーズン「…?」

とーやま校長「"良いお年を"じゃない!(笑) "今年も1年よろしく"!」

あしざわ教頭ズコーーーーーー!!

SCHOOL OF LOCK!


ぱんレーズン「(笑)」

そんなRN ぱんレーズンが聴きたい曲は、悩んでいるさなかに聴いて、さらに悩みまくってしまった1曲!
RADWIMPS『そっけない』

とーやま校長「それでまた揺れることない?」

一同笑い

ぱんレーズン「その曲も、相手の子に"この曲すごく良くて"って送ったら"ヤバイ!"って言ってて(笑)」

とーやま校長「でも、『君と羊(と青)』とかの方がいい気がする(笑)」

あしざわ教頭「かけたいって言ってるんだから(笑)
言いたいことはわかるけど、今はMVみたいにブランコに一緒に乗りたい状態なのよ! 気持ちが揺れてるって状態よ!」

とーやま校長「そうなの?」

ぱんレーズン「(笑)」

校長の主張と、教頭とRN ぱんレーズンの主張、
どちらを選ぶか、曲をかける聖☆アニキに決定をゆだねることに!

あしざわ教頭「何が来るか、ちょっとかけてみよう!」

とーやま校長「何が来ても、それはぱんレーズンのことを想っている曲だし、俺らのエールでもあるしね」

あしざわ教頭「そうだね!
おみくじみたいなものだ(笑)」

ここで、聖☆アニキからWグーサイン!
今のRN ぱんレーズンに向けた曲は、これだ!!


♪ いいんですか? / RADWIMPS


とーやま校長・あしざわ教頭「うわ〜〜〜〜〜…!」

ぱんレーズン「(笑)」

RN ぱんレーズン、今年もよろしく!!


とーやま校長「まさかの。
"まさかの"だけど、ど真ん中だったね!」

あしざわ教頭「そうだった! "これが何故出なかった!?"ってぐらいの!
正解出たぞ!」

とーやま校長「ぱんレーズン、この曲の中に詰まりに詰まってる気持ちを大切にしてくれ!」

あしざわ教頭「頑張って欲しいわ!」


さあ、あと3分ほど。時間の限り行くぞ!

__ Yuu ♡ 北海道 18歳 女性 高校3年生

SCHOOL OF LOCK!を聴いていたと言うRN __ Yuu ♡は、
すぐに電話に出てくれた!

とーやま校長「受験の調子はどうだ?」

__ Yuu ♡「頑張ってます」

あしざわ教頭「おお!」

とーやま校長「今日は何時から勉強してたの?」

__ Yuu ♡「今日は朝6時ぐらいに起きてから…

あしざわ教頭「すごいな…!」

とーやま校長「元日の朝6時から! 何時くらいまで?」

__ Yuu ♡アレキサンドLOCKS!があるまでやってました」

休憩にSCHOOL OF LOCK!を聴いてくれていたRN __ Yuu ♡。
センター試験本番まであと2週間ほど!
追い詰められている感覚が結構キツイのだそう。

とーやま校長「でも本当に、ありきたりなことになるかもしれないけど、周りと比べるものじゃなくて自分だからね。
ちゃんと昨日の自分でもあるし、さっきまでの自分に、勝ちさえすれば、それだけでいいはずだから!」

__ Yuu ♡「はい」

あしざわ教頭「そうね!
お前のその勉強机が、本番の開場まで繋がってると思おう。
同じ場所でやってると思って!」

__ Yuu ♡「はい。嬉しいです…!

とーやま校長「ここまでやってるでしょ! 今日だって朝の6時からやってるんだから!」

あしざわ教頭「すごいぞ! よくやったな!」

とーやま校長「いざという時の不安の武器は、"元日なのに朝6時からやった"とか、"これだけの時間やりました"っていうこと。
それが全て当時の武器になるから!
ちゃんと、虎視眈々(こしたんたん)と武器を作れてる状態だから、気持ちを切らさずに、でも気を抜く時はしっかり抜いてね!」

__ Yuu ♡「はい!」

最後は、RN __ Yuu ♡も一緒にあいさつしてお別れだ!

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!は明日夜10時に再び開校!」

あしざわ教頭「起立! …礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭また明日ーーーーー!!


♪ 明日、また / [ALEXANDROS]


とーやま校長「今日も時間の限りたくさんの生徒と話ができて楽しかった!
また明日もSCHOOL OF LOCK!あるんで、ぜひよろしくーーーー!!」

あしざわ教頭「お願いしま…!」

???待ってた、ずっと!

とーやま校長やしろちゃん!!

最後の最後で、なんと…!
初代教頭のやしろ教頭が来てくれた!!

SCHOOL OF LOCK!



そして、新年恒例!
校長、教頭にも書き初めをしてもらったぞー!

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!


校長の書き初めはこちら!

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!


教頭の書き初めはこちら!

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!




【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN 豆乳由来成分ちゃん


SCHOOL OF LOCK!

RN かなな


SCHOOL OF LOCK!

RN 希望のネコ丸


SCHOOL OF LOCK!

RN 豆乳由来成分ちゃん




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
和風大好き桔梗 青森県 13歳 女性
平手って書けない 書けるは! 東京都 17歳 男性
出戻り生 宮城県 16歳 男性
ぱんレーズン 長野県 17歳 女性
__ Yuu ♡ 北海道 18歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
ジェットアニキ 埼玉県 19歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:07 NEVER EVER ENDER / RADWIMPS
22:27 楽園 / Do As Infinity
22:41 サイレントマジョリティー / 欅坂46
22:51 NEW WALL / [ALEXANDROS]
23:12 アルペジオ / [ALEXANDROS]
23:20 ワタリドリ / [ALEXANDROS]
23:24 Your Song / [ALEXANDROS]
23:48 いいんですか? / RADWIMPS
23:52 明日、また / [ALEXANDROS]

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最近、リア充生徒が増えてきている気がするなあ…いいよ?いい事よ?うん…。今年もよろしくね!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

何年やっても、生徒との逆電がやっぱり一番ですわ!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev || 1 || Next -
<   2019年1月   >
MonTueWedThuFriSatSun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE