SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 減災 』

とーやま校長「昨日、夜10時22分頃、山形県沖を震源とする最大震度6強の地震が起きました。
昨日はサカナクションの山口一郎先生がニューアルバムの話をしに来てくれたんだけども、テーマを少し変えて、FM秋田の方のお話を聞いたりしていきました。
一夜明けて、色々ニュースとかを見ていたら巨大な石が崩れていたり、窓ガラスが粉々になっていたり、駐車場が液状化していたり……。まだまだ元の生活に戻れない方もたくさんいます
今後一週間は、新潟や山形だったりとかで大きな地震が起きるかもしれないともニュースで言われていて。
減災』という言葉があるけども、日本という国は地震も多いし、火山による色々な弊害もあるわけで。それに対していろいろと対策を練っておけば、ダメージを最小に食い止められるから、やれることはいっぱいあるよね」

あしざわ教頭「そうですね」



地震
私の住んでいるところは昨日の地震で震度5弱でした。
地震発生時、スマホをいじっていた私は突然の緊急地震速報の音に驚き、はじめは何が起こったのか理解できませんでした。
リビングに行くとやっと家族の顔を見ることができ、ほっとしました。
地震もおさまり、寝ようと思いましたが、緊急地震速報の音が頭から離れず、怖くてなかなか眠りにつくことが出来ませんでした。
今日も少しの揺れなどに過敏に反応してしまい、まだまだ不安です、、、
ゆきおんぬ
女性/15歳/新潟県
2019-06-19 19:12


とーやま校長「俺も目が悪いから普段はコンタクトをしているんだけど、寝ているときはコンタクト外すわけだよ。
でも、もしも夜中に災害が起きたとき、視力0.01しかないからそのまま外には出れないよね。だから、靴箱の所に替えのメガネと3日4日分ぐらいのコンタクトレンズをちゃんと入れてるんだよ。
それを頭に入れておけばいざという時に機敏な行動も取れたりするし、例えば家の中でガラスが割れてしまって足の裏を怪我したら行動力が一気になくなってしまうから、ベッドの下にスニーカーやスリッパとか置いとくとかね。
そういう一つ一つを積み重ねていけば、万が一の時のために少しは安心できる材料になると思う!」

あしざわ教頭「そうですね。しばらくは家族で固まって寝た方がいいんじゃないかとか……」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そういう事を出来る限り行っていくことが大事!
そしてもし、またこういうことがあった時はラジオなりテレビなり、それからSNSでも、俺たちは情報発信をしていく。
みんなの好きな曲をかけて、全国のみんなと一緒に聴くという時間もたくさん作っていきたいと思ってる!


あしざわ教頭「そうですね!」

とーやま校長「6月19日水曜日。今日も始めていきましょう!」

<生徒が集まってくる音>

あしざわ教頭「さあ、SCHOOL OF LOCK!今夜も開校です! 起立!」

とーやま校長「はい、立って!」

あしざわ教頭「礼!!」

とーやま校長・あしざわ教頭叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!


♪ 明日晴れるさ / sumika



昨日の地震
山形県、新潟県の皆さん、昨日の地震は大丈夫でしたか?
私は3年前熊本地震を経験しました。
あの時はとてもびっくりしたし、不安な日々が続きました。そして、1回目の地震から2日後本震が襲ってきてきました。油断禁物です。
熊本地震を経験したからこそ、皆さんの不安がよく分かります。
地震が来ても、焦らず落ち着いて行動してください。そして、最新の確信ある情報を常に入手してください。
私たち生徒も校長も教頭も皆さんの味方です。何かあればたくさん書き込んでください。
過去に地震を経験した生徒にアドバイスをもらうのも、いい手かもしれません。
今後も余震には気をつけてください。
長文失礼しました
青りんご46
女性/14歳/熊本県
2019-06-19 16:57



とーやま校長「もし、まだ落ち着かないです。不安です。という生徒は、学校の教室である学校掲示板から全国のみんなの力を受け取って欲しい!」


そして、今夜の生放送教室には、
6月26日にニューシングル「いのちのよろこび」をリリースする
でんぱ組.inc古川未鈴先生が来校ーーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


未鈴先生「萌きゅんソングを世界にお届け! でんぱ組.incの古川未鈴です!」

とーやま校長・あしざわ教頭「よろしくお願いします!」

古川未鈴先生は、ここ生放送教室には初登場!
Twitter上ではあしざわ教頭と交流があるそうですが、お会いするのは初めてなのだそう。

とーやま校長「Twitter上で失礼なことはされてませんか?」

あしざわ教頭「ちょっと! やめてもらっていいですか(笑)」

とーやま校長「失礼なことがあったとしても、ここでは言えないですよねぇ」

未鈴先生「そうですね〜(笑)」

あしざわ教頭「含みを持たせないでください!」

未鈴先生「ウソですウソです!(笑)」

古川未鈴先生は、毎週月〜水曜日 夜9時15分から9時30分まで放送している
TOKYO FMの番組「でんぱch.♥ 〜TOKYO DEMPA INTERNATIONAL〜」に出演中!

改めて、でんぱ組.inc先生は6人組のアイドルグループで、未鈴先生はその結成メンバー!

未鈴先生「でんぱ組.incって結成があやふやしていて、事務所から『今日から君たちはアイドルだ!』って言われて始まったわけではないんです。
私がどうしてもアイドルをやりたくて、グループを結成したいんだって言って徐々に出来上がった感じなので、明確なスタートっていうのがないんですよね

とーやま校長「いろんなところで“結成されてどれくらいなんですか?”って聞かれるじゃないですか。そういうときってどうしているんですか?」

未鈴先生「答えないですね!」

あしざわ教頭「そんなパターンある!?」

未鈴先生「デビュー日とかよく分からないので、ナシで! みたいな(笑)」

とーやま校長「だとしたら、激ベテランな可能性も……」

SCHOOL OF LOCK!


未鈴先生「ありますあります!」

あしざわ教頭「年齢的にないでしょ!(笑)」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCKは10代の生徒が多いんですけど、未鈴先生はどんな10代を過ごされてましたか?」

未鈴先生「もともと転勤族だったので、小学校も何校も行ったりしていたんです。そもそも私がアイドルに憧れた理由みたいなものは、テレビですごくキラキラしてるアイドルが好きというのもあったし、
学校生活の中でいじめを受けたりしていたので、どうやったら見返せるんだろうって思ったときに、なりたかったのがアイドルだったんですね」

とーやま校長「誰を見てそう思ったんですか?」

未鈴先生「私はSPEEDさん、モーニング娘。さんが大好きで!
あれぐらいキラキラできれば、それを見たみんなも“あいつやるじゃん!”って思うかもしれない、っていうそういう見返し方をしたくてアイドルを志したんです。なので、本当にお世辞にも良い十代は送ってないですね(笑)」

とーやま校長「僕ら、毎日10代の生徒と電話とかで話しをさせてもらってるんですけど、そういう生徒ともいっぱい喋るんですよ」

未鈴先生「なるほど」

とーやま校長「あのときの未鈴先生が、でんぱの向こうにいて。俺たちなりに言葉を届けさせてもらったりしてるんですけど、今や未鈴先生は自分の夢だったりとかやりたい事もガッと掴まれていると思うんです。だって、天下のでんぱ組.incですよ!」

未鈴先生「いやいや! 今ではそうおっしゃってくれる方も多いですけど、昔はメンバーよりもお客さんが少ないとかもザラにありましたし、
どこのフェスやイベントに出ても、全くお呼びでない、いわゆる氷河期みたいな時期もありまして。今やっと、ラジオにも呼んでもらったりしてるんですよ。
だけど、SCHOOL OF LOCK!を聴いている皆さんは仲間が多いのかもなとは思ってきました!」

とーやま校長「思ったことを生徒に届けてくださるとありがたいです!」

未鈴先生「本当ですか! 嬉しいです。いっぱいあります!」


そして、6月26日に発売されるニューシングル「いのちのよろこび」のMVはすでにYouTubeにて公開されているので、
チェックしたという生徒はぜひ感想を送ってきてほしい!

さらに今夜は、このニューシングルのカップリング曲「形而上学的、魔法」も初フルオンエア!

「形而上学的、魔法」は、未確認フェスティバル2018で審査員特別審査員賞
受賞した、15歳のシンガーソングライター、諭吉佳作/menが楽曲提供をしてるということでSCHOOL OF LOCK的にも聴き逃せない1曲!


そして今夜、未鈴先生と一緒におくる授業テーマは、
我が校のスタンダード授業「掲示板逆電」!

未鈴先生に聞きたいことや聞いてほしいこと、
新曲のMVの感想、最近あったこと、
悩んでいること、相談したいこと、学校のこと、友達のこと、部活、恋愛……


どんなことでもいいので生徒のキミが今、話したいことを学校掲示板に書き込んでほしい。
学校掲示板に書き込みづらいという生徒はメールでも大丈夫。

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「6月26日に発売されるニューシングル『いのちのよろこび』について色々とお聞きしたいんですけど、僕ずっと、でんぱ組.inc先生のことを面白いなって思ってるんですよ」

未鈴先生活動がですか? それとも見た目とかですか?(笑)

とーやま校長「もしも見た目だとしても、全国ネットで言わないです(笑)
僕は『サクラあっぱれーしょん』という楽曲を初めて聴いた時に“なんだ、この曲と歌詞!?”って思ったし、この曲をパフォーマンスできる女子たちって何!? って思ったんです。
『サクラあっぱれーしょん』を製作しているのも、今回のニューシングル『いのちのよろこび』の作詞作曲された玉屋2060%(Wienners)さんじゃないですか

未鈴先生「そうなんです!」

とーやま校長「跳ねるような気持ちとか、楽しい気持ちになれる曲ですよね」

未鈴先生人間が無条件に楽しくなれる音数とか言葉センスが玉屋さんは本当にすごくて。
個性だらけのでんぱ組.incメンバーともマッチしてるなぁって思っていて、本当に素敵な曲を頂いたなと思ってます」

とーやま校長「曲の中の話は一体何年前をテーマにしているんだろうって感じですよね。俺としては8000年前くらいのイメージなんですよ(笑)
でも、本当に人類たちはこういうことをやっていたと思うんですよね」

未鈴先生「今回の曲っていろいろ回り回っているんですよ。でんぱ組.incは、去年は宇宙をテーマにずっと活動をしていて。
『コスモツアー』というタイトルでツアーも回ったりしていたんですけど、一転変わってジャングルかのような楽曲で」

とーやま校長「すべての始まり、言葉とかがまだない時代の曲ですよね」

SCHOOL OF LOCK!


未鈴先生「宇宙から全ての原始の始まりまで描いていて『いのちのよろこび』関しては、昔のでんぱじゃ歌えなかった楽曲なんじゃないかなと思ってます

とーやま校長「でんぱ組.inc先生は今年から体制が変わったじゃないですか。今は6人体制ですよね」

未鈴先生「そうですね。今年、夢眠ねむちゃんが卒業して6人になりました」

とーやま校長「人が変わるということは、当然グループの雰囲気とかも変わると思いますが……」

未鈴先生「やっぱり、ねむさんはすごく喋りの達者な方だったので、メンバーみんなの関係性を繋いでくれた存在でもあるし、そんな彼女が抜ける不安はあったんですけども、
彼女が残した言葉で『未確定要素のあるいびつなでんぱも、それはそれで、でんぱの魅力なんじゃないの』っていう言葉がありまして」

とーやま校長「カッコいい!」

未鈴先生「ねむきゅん流石だな! と私は思ったんですけれど、そのいびつなものから生まれた感じが『いのちのよろこび』なんじゃないかな、と。見た目もヤバイじゃないですか」

とーやま校長「ジャケットも、MVもすごいですよね!」

未鈴先生「肌をブロンズに塗りまして、昔の黒ギャルというか、派手メイクで衣装は原始人みたいな(笑)
絶対に交わってはいけない二つの要素が交わりまして、今回はかなりトリッキーな見た目でお送りしております!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ いのちのよろこび / でんぱ組.inc


とーやま校長「ずっと面白いもんなぁ!」

未鈴先生「改めて聴くと、ヤバイ歌ですね(笑)」

あしざわ教頭「僕、勝手に“サイケデリックライオンキング”って思ってます(笑)」

未鈴先生「ジャンル名つけるならそれですね!」

とーやま校長「さらに! このシングルのカップリングになっている『形而上学的、魔法』についても、ちょっとお話を聞きたいんですけど……」

『形而上学的、魔法』は、未確認フェスティバル2018で審査員特別審査員賞
受賞した、15歳のシンガーソングライター、諭吉佳作/menが作詞作曲を担当しています!

とーやま校長「めちゃくちゃ驚いたし、嬉しかったです! きっと本人もラジオを聴いていると思いますよ!」

未鈴先生諭吉さ〜ん!


そんな、諭吉佳作/menからコメントも届いています!



とーやま校長、あしざわ教頭、SCHOOL OF LOCK!の生徒のみなさん、
お久しぶりです。諭吉佳作/menです!
昨年の未確認フェスティバルではお世話になりました。
わたしもちょうど1年ほど前にネットステージの投票期間で
毎日ドキドキしていたのを思い出して感慨深い気持ちです。

わたしはかねてから、でんぱ組.incさんのファンで特に中学1年の頃
わたしは勝手にでんぱ組.incさんに救われていました。
でんぱ組.incさんの活動は本当に面白くて、憧れの存在です。

最近は、楽曲提供させて頂いたことを、ふとした時に思い出して
自分でも驚いてしまいます。

まず、この楽曲を制作するにあたり、
『世の中の大多数に馴染めずに違和感を感じながら生きている人の心の葛藤』を
テーマとさせていただきました。
わたしにもそういった苦しみをもった経験は多分にあり、それはでんぱ組.incさんが
救ってくれた部分でもありました。
周囲の人々に合わせて生活をしていると、衝突は避けられますが、
結果的には窮屈さを感じることになります。
そこから逃げたり、抜け出すことができれば、もっと自由になれるだろうと考えました。
初めのうちは周囲の理解を得られないかもしれないが、突き詰めて自己を
確立していくことで、中には、その自分らしい姿を受け入れてくれる人も
いるのではないか、そして自分自身にもその自由に心が満たされていくのでは
ないかという願望を歌詞にしました。
実際に1年前のわたしは内的な世界だけに留まることをやめ音楽活動を
始めたことで自分の存在を少し肯定することができるようになりました。
そういった感覚は、でんぱ組.incメンバーさんたちとも共有できるのではないかと
考え制作しました。

考えを持ち、窮屈な所属の中でも自分らしくあろうとする方にこの曲みたいに
自分もなんとかなるかもしれないと思っていただければとてもよいと思います!




とーやま校長「諭吉って、42歳の学者だっけ……?」

あしざわ教頭「15歳です!(笑)」

未鈴先生「とても落ち着いてますよね! 実際、諭吉さんはライブにも来てくださって、お会いしたこともあるんですよ。
こんなに素敵な曲を書かれるから、めちゃくちゃ奇抜な天才キッズなのかな、と思ったんです。そしたら、もうすごく可愛らしい女の子で!
こんな方からこんな曲が生まれるのかと、めちゃくちゃびっくりしました! 諭吉さんがおっしゃっている通り、でんぱも、はみ出しものだったんですよ。
これでも何とかなってる、なんとかできるみたいなところを表現してくれたっていうのも嬉しいし、(諭吉佳作/menは)でんぱに救われて楽曲提供してくださって、その上で、でんぱに影響を与えてるわけじゃないですか!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「確かに!」

未鈴先生お互いに影響を与えあっているっていうのが不思議で嬉しくて、win-winな関係じゃないかなと思いますね

とーやま校長「本当にそうですね! それでは、未鈴先生から曲紹介してもらってもいいですか?」

未鈴先生「はい! それでは聴いてください。でんぱ組.incで『形而上学的、魔法』」


♪ 形而上学的、魔法 / でんぱ組.inc


とーやま校長「1回聴いただけでめちゃめちゃカッコいい曲だなって思うし、諭吉佳作/menの宇宙が曲の中に広がってますよね!

未鈴先生本当に15歳の口から出ている言葉なのかって思うくらい、素敵な歌詞で!
自分が15歳の頃、何をやっていたんだろうな、って思っちゃいますね。才能が溢れすぎてます!」

とーやま校長「『形而上学的、魔法』はすごく宇宙な感じがして、諭吉とでんぱ組.inc先生の化学反応を何度も聴いていくうちに自分の中の葛藤とか、違和感とかもどんどん丸くなってひとつになって、信念になっていくのかなぁと思いながら聴かせてもらいました!」

『形而上学的、魔法』のMVは、6月21日に公開予定! 気になった生徒はぜひ観てみてほしい!


SCHOOL OF LOCK!





とーやま校長「未だ見ぬきみの“こえ”よ。夜空に届け!」

とーやま校長・あしざわ教頭「きみのこえがききたい!」

ここからは、次の時代を担う声優の原石を発掘するプロジェクト。
SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がタッグを組んで、ラジオドラマをお送りする、
10代限定「声」の甲子園きみのこえがききたい。

毎週違うストーリーで、応募してくれた「声」を審査し、
選ばれた2人の生徒の声が、4話完結のラジオドラマの主演になります!

今週の主演を務めてくれるのは、
RN ひろT 福島県 19歳 男性
RN さくちん 群馬県 17歳 女性

今日お送りする話は、「<カンフー編 第3話>」!

引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

<⇒特設サイトは【コチラ】!




そして、毎週水曜日23時8分頃は、松田LOCKS!をお届け!
今日は、EASTOKLAB日置逸人先生が生徒の悩みを曲で解決してくれたぞ!!

松田部長「あーーーーー!
SCHOOL OF LOCK!のダイナマイトカリスマ営業部長、松田です!
さあ、JASRAC日本音楽著作権協会がおくる松田LOCKS!
生徒の悩みをアーティスト講師の方が音楽で解決してくれます!
今回のお悩みはコチラです!」

----------------------------------------------------------------------------

好きな人に2日連続でラインって迷惑かな…
考えすぎ…?
てかどうやったらラインって続けられるの??

こーめいる 女の子 15歳 東京都
--------------------------------------------------------------------------

松田部長「さあ、今回このお悩みを解決してくれるのは…!」

???EASTOKLABの日置逸人です!

日置先生「今回、RN こーめいるのために選曲した曲は『Fireworks』です!」


M Fireworks / EASTOKLAB


日置先生「自分含め、誰にでも
悩む事だったり悩んでいる時期っていうのはあると思うんですけど、
この『Fireworks』っていう曲は自分にとって
けっこう前向きなパワーの強い曲になっているので、RN こーめいるにとっても
そういう前向きなパワーを与えられる1曲になったら良いかなと思って、
『Fireworks』を選びました。
『Fireworks』っていうのは‘花火’っていう意味のタイトルなんですけど、
もうちょっとしたら夏休みとかも始まってくると思うので、
例えば“一緒に花火でも見に行かない”みたいな感じでデートに誘ってみたら
良いのかなと思います。

歌詞に‘耳鳴りの音 消えないで欲しい’っていう一節があるんですけど、
一緒に素敵なモノとかを好きな人と見たりするのって、
凄く記憶に残る大切な思い出になると思うので、この『Fireworks』を聴いて
LINEを続けてデートに誘ってみてください!


松田部長「EASTOKLAB先生、ありがとうございました!
松田LOCKS!では引き続き、
アーティスト講師の皆さんに解決してほしい悩みを募集中!
また、松田LOCKS!のサイトで出題している
著作権クイズに正解した生徒の中から毎週1人に
オリジナルの著作権カレンダーをプレゼント!
全ては【コチラ】からお願いします!今夜の松田LOCKS!は以上!」


今夜の著作権名言

「曲や歌詞をつくった瞬間。ほら、著作権は生まれるんだ。」





さあ、ここからは10時台に引き続き、でんぱ組.incの古川未鈴先生と一緒にお届けしていくぞ!

未鈴先生「さっき、盛大に紅茶をズボンにこぼした古川未鈴です! よろしくお願いしま〜す!」

とーやま校長「アイスですか? ホットですか?」

未鈴先生「ホットです! 結構な量をバシャっと……。私のズボンが紅茶だらけになりました(笑)」

とーやま校長「今、ズボンはどういう状態ですか?」

未鈴先生「おしぼりで頑張って拭いたけど、若干シミは残ってます(笑)」

とーやま校長「未鈴先生は、よくそういうおっちょこちょいをしちゃいタイプなんですか?」

未鈴先生「いやいや、おっちょこちょいではないタイプではあるんですけれど……」

とーやま校長「横に水が入ったペットボトルありますけど、気をつけてくださいよぉ〜」

未鈴先生「振りかな? 振りかな?(笑)」

あしざわ教頭「やめてください! 大丈夫ですからね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



そして、学校掲示板には、本日初フルオンエアした「形而上学的、魔法」の感想書き込みが届いています!


形而上学的、魔法
とりあえずの感想はなにこれかっこいい……
なんか聴いてるだけで別次元にいる感じる…すっごく浮遊感あって心地いい…
ゆめはる。
女性/17歳/島根県
2019-06-19 22:52

カッコいい
ただただカッコいい!!!
ほんとに高校1年生が作った曲ですか?笑
もうカッコいいしか出てこないよ!
ふわころくん
女性/16歳/大阪府
2019-06-19 22:52


未鈴先生「嬉しい〜!」


15歳
この歌詞出しといて15歳とか・・反則やろ・・
イブ兄(イブニー)
男性/17歳/愛媛県
2019-06-19 22:52


あしざわ教頭「みんな、驚きの感想を書いてくれています!」

未鈴先生「さっき、諭吉さんのTwitterを拝見したら、たくさん呟いてくれてました!」

とーやま校長「諭吉からしたら、大好きなでんぱ組先生とそんな関係になる人生って何って感じだろうしね!」

未鈴先生「これからもよろしく!」

とーやま校長「MVは21日に公開となりますけど、ライブになるとどうなるんだろうって感じですね!」

未鈴先生「もちろん楽曲もすごく良いんですけど、MVが公開された瞬間、またひとつ色がつく気がするんですよ。
それもセットでこの世界観を楽しんでもらえるのが一番いいんじゃないかな、と思っておりまして、絶賛ツアー稽古中でございます!」


でんぱ組.inc先生はNewシングル「いのちのよろこび」のリリース日となる、
6月26日から全国ホールツアー『UHHA! YAAA!! TOUR!!! 2019』を開催されます!

『UHHA! YAAA!! TOUR!!! 2019』

6/26(水)東京・オリンパスホール八王子
7/04(木)福岡・福岡市民会館
7/06(土)名古屋・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
8/06(火)仙台・トークネットホール仙台(仙台市民会館)
8/12(月・祝)札幌・札幌市教育文化会館
8/24(土)金沢・本多の森ホール
8/28(水)大阪・NHK 大阪ホール


とーやま校長「リハーサル真っ只中って感じですか?」

未鈴先生朝から晩までやってまいりました!

とーやま校長「6人体制のライブは、すでにやってはいるんですよね?」

未鈴先生「そうですね。でも、ホールツアーという形では初なんです。
やっぱり、でんぱの真骨頂はホールツアーだと勝手に思っているので、今のでんぱにしかできない表現や、伝えたい事みたいなものをみんなに見てもらえればいいなと思っていますので、めちゃくちゃ気合い入ってます!

とーやま校長「僕はSCHOOL OF LOCK!で校長先生をやっているんですけど、2代目なんですよ。
やましげ校長がという先代の校長が4年半やっていたところに後から入ってきたんですけど、後から入ってくるってめちゃめちゃ大変だと思うんですよ!」

未鈴先生「そうですね。と言いつつも、ねもちゃん(根本凪)とぺろちゃん(鹿目凜)が加入して数年も経っているので、いつまでも新メンバーではいかんぞという話もしまして。
メンバーとして肩を並べていますので、このツアーでは二人の大成長も見れるんじゃないかなと思っています!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ちなみに、来週発売の『いのちのよろこび』の初回限定盤にはライブ映像が収録されているんですよね?

未鈴先生「そうなんです。『とりま東名阪』というツアーを回らせてもらって、そのときの映像が入ってます!」

とーやま校長「『いのちのよろこび』の初回限定盤を獲得して、ライブ映像で予習すれば、26日同日から始まるツアーにも間に合いますね!」

未鈴先生「そうですね! 予習するにはパッチリ……パッチリ?(笑)

あしざわ教頭「ピッタリを超えてパッチリですね(笑)」


詳しくは、[ でんぱ組.inc オフィシャルサイト ]をチェック!


さあ、ここからは我が校のスタンダード授業……「掲示板逆電」をお届け!


とーやま校長「ちょっとすごい生徒がいたので、まずは電話をかけてみます…! もしもし?」

システムnight 愛知県 20歳 男性 大学3年生

システムnight「もしもし!」

RN システムnightは、現在大学に通っている大学生なのだけど、もう一つ肩書きがあるのだという。
その肩書きというのが……

システムnightアイドルのプロデューサーです!

とーやま校長「20歳の大学3年生男子がアイドルのプロデューサーってちょっとよく分からなくないですか?」

SCHOOL OF LOCK!


未鈴先生「想像がつかないですね!」

とーやま校長「アイドルのプロデューサーをやっているっていうのは、どういうことなの?」

システムnight「僕、『サクラあっぱれーしょん』が発売されたくらいからでんぱ組.incさんがめちゃくちゃ好きで」

とーやま校長「4、5年くらい好きってことですかね」

未鈴先生「結構長い間応援してくれているんですね。ありがとうございます!」

あしざわ教頭「ライブとかも行ったことあるの?」

システムnight「大学に入ってからファンの友達ができたので、そこから行ってます」

未鈴先生「嬉しい〜!」

とーやま校長「でんぱ組.inc好きで、そこからどうやってプロデューサーになったの?」

未鈴先生「確かに、今のところ結びつきが分からないですね。どういうことなのかしら?」

システムnight「元々、自分はバンドが好きで自分でもバンドを組んでいたんですけど、ちょっと挫折するタイミングがありまして。
その時に、やっぱり音楽の仕事には就きたいなと思っていたんです。その時に、日本武道館で行われた夢眠ねむさんの卒業公演に行きまして。そのときに、ものすごく泣いてしまったんですね。
今までライブに行って泣いたことがなかったんですけど、感情が溢れるっていう状況みたいなのを始めて感じて。アイドルってこんなに素晴らしいんだって思ったんです!」

とーやま校長「人生で初めての経験だったんだね」

SCHOOL OF LOCK!


システムnight「そうです。でんぱ組.incさんが本当に素晴らしくて、キラキラしててカッコよくて……。だったら自分も、感動も届ける人になりたいと思ってアイドルのプロデューサーになりました!」

未鈴先生「メンバーの方とかはどうやって集めたんですか?」

システムnight「メンバーは、Twitterで募集したら集まりました!」

とーやま校長「じゃあ、日本武道館の公演を観た後にすぐ行動に移したってこと?」

システムnight「そうですね。1月くらいからTwitterで募集をかけました」

未鈴先生「本当に武道館がきっかけで全てが動き出したぐらいの感じなんですね」

システムnight「はい! 本当にでんぱ組.incさんのおかげです!」

未鈴先生「また人に影響を与えてしまった…!(笑)
でも、これって結構すごいことじゃないですか? 学校に通いながらですもんね」

あしざわ教頭「メンバーが集まったっていうのもすごいですよね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「なんていうグループ名か聞いてもいい?」

システムnight「はい。『ひねもす茶会』っていうグループです!」

ひねもす茶会は、初めは三人組として5月にデビューライブをしたのだけれど、ライブ2日後にメンバー一人と連絡が取れなくなってしまったのだそう…!

未鈴先生「でも、デビューライブまでこぎつけてるのはめちゃくちゃすごいですよ! だって、箱を借りて曲を練習して……って段取りとか大変ですから」

あしざわ教頭「お客さんも来たの?」

システムnight「はい、一応……」

とーやま校長「未鈴先生もアイドルを始めた瞬間があったわけじゃないですか。始めた時の気持ちとかって覚えてますか?」

未鈴先生「覚えますし、想像以上に自分でやらなきゃいけないことが多かったですね。
例えば、でんぱ組.incの一番最初のステージの衣装とかは、渋谷109で買った1着800円のワンピースを自分でボタンを付け替えて出たりとかしてたんです。
衣装さんやヘアメイクさんがいるわけでもなかったですし、泥の底から這い上がる気持ちでやってきたので、(ひねもす茶会は)ライブができたのがすごいなって思いました!」

とーやま校長「システムnightはプロデューサーだけど、演者である未鈴先生から吸収できるものがあったらして欲しいなと思うし、何か聞きたいことかある?」

未鈴先生「なんでも大丈夫ですよ!」

システムnight「実は悩みがあって。一回ライブをしてみて分かったんですけど、自分たちの色みたいなのがイマイチわからないんです。
どうやって女の子の魅力を引き出していけばいいのかっていうのはすごく難しいなって思いました」

未鈴先生「なるほど! これはでんぱも一度通った悩みではありまして。もうアイドル業界で正攻法じゃ勝てないと思ったから、個性を出していこうって思ったんですよ。
でんぱ組.incって全員オタクなので、そういう色を出していけばいいんじゃないか、ってなった時に、その色の出し方もやっぱり難しくて。
いろいろ最初は再試行錯誤があったんですよ。喋り方を変えてみるとか、話を盛り気味でオタクをアピールするとか……。
色々やったんですけど、やっぱりちょっとウソっぽくなってしまうんですよ」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「綻びが生じるわけですね」

未鈴先生「どうしても無理をしてしまうんですよ。そこで行き着いた答えっていうのは、個性というものは作るのではなくて出るものだなと思ったので、自分がこう思ったから、こう発言しましたみたいな、本当に自分が思ったこと言うことによって、それが個性になるなって気付いたんですよね。
よく、『個性ってどうやって出したらいいのか?』って言われるんです。だったら自分が思ったことを言ってみたらいいんじゃないかな、って私はいつも思っていて。でも個性って難しいよね!」

とーやま校長「今の未鈴先生の言葉は、かなり核心を突いた言葉だったと思うけどどうだった?」

システムnight「今、メンバーもあまり喋れない子達なので、MCとかで台本とか作ってるんですだけど、そういうことももう少し自由にやってもいいのかなって思いました」

未鈴先生具体的なおすすめ方法として、台本を作るんじゃなくて箇条書きで喋りたいことだけを出すっていう風にするとすごく自然にトークができると思います!
これはでんぱでもよくやっている手法です(笑)」

あしざわ教頭「すごいこと教わっちゃったじゃん!」

とーやま校長「最後に、システムnightプロデューサーの決意を聞かせてくれ!」

システムnight「今はすごく大変なこともあるんですけども、すごく楽しい人生を送れてます。でんぱ組に出会えて、僕は人生が変わりました。本当にありがとうございます!」

未鈴先生「システムnightさん! いつか共演しましょう! 」


♪ ギラメタスでんぱスターズ / でんぱ組.inc


とーやま校長「システムnightは今、ものすごく燃えてると思いますよ! こんな金ピカの言葉を未鈴先生からいただけて!」

未鈴先生「いつか共演できることを目標にして頑張ってくれるかもしれないですよね。可能性は全然あると思います!」


さあ、本日も黒板の時間となってしまいました!
今夜は、未鈴先生に黒板をお願いしたいと思います!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



『 夢を口に出す!! 』

未鈴先生「これは、私がモットーにしている言葉で。
本当に自分のやりたいこと。夢があったらどんどん口に出して言う!
もしかしたらそれが叶うかもしれないし、周りに伝えることによって何かきっかけが生まれるかもしれない。
なので、これを聴いている皆さんには是非これを実践してもらえたらたいいんじゃないかなと思って書かせてもらいました!」


♪ いのちのよろこび / でんぱ組.inc


とーやま校長「僕が何年も前からでんぱ組.inc先生に抱いていたイメージと、今日の未鈴先生のお話が全てそのままでした! 本当に気持ちがいい時間でした!」

未鈴先生「やっぱり、思ったことをそのまま口に出すことが大切ですね。
やっぱり個性は無理して出しちゃダメ!」

とーやま校長「ただ、個性出しすぎちゃうとズボンに紅茶こぼしちゃったりするかもしれないので、それだけ心配です!」

未鈴先生「そうですね!(笑) 焦りは禁物です(笑)」


SCHOOL OF LOCK!



古川未鈴先生! 今日は本当にありがとうございました!
ぜひまた遊びに来ください!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
システムnight 愛知県 20歳 男性 大学1年生

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 明日晴れるさ / sumika
22:25 I'm out / 欅坂46
23:38 いのちのよろこび / でんぱ組.inc
23:47 形而上学的、魔法 / でんぱ組.inc
23:52 サクラあっぱれーしょん / でんぱ組.inc
23:09 Fireworks / EASTOKLAB
23:26 Love me, Love you / Mrs.GREEN APPLE
23:47 ギラメタスでんぱスターズ / でんぱ組.inc
23:50 いのちのよろこび / でんぱ組.inc

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

突き抜けた2時間!古川未鈴さんのおかげ!絶対また遊びに来てください!!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

未鈴先生から出るキラキラオーラでまた生徒にパワーをください!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★