BiSH先生が全員来校!!
授業テーマは「Life is ○○ティフル」!

生放送 2018.7.5 木曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!やべぇ 』

とーやま校長「生放送教室にあの6人が来ちゃうわけですよ…!
生放送教室では2度ほどお会いさせてもらっているんだけど、
その間に好きの強度が相当上がってしまって、俺自身も上がっている状態!」

あしざわ教頭「今もなお上昇中ってことですか?」

とーやま校長「好きな気持ちが更に上がった状態で今日を迎えてしまっているから、俺が今、緊張しているってこと!
そして、黒板にも書かせてもらったけど、『NON TiE-UP』の2曲目、『しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。』がめっちゃ好きで!
規則的なものがこの曲の中には無いわけだよ。歌詞にしろ、タイトルにしろ、リズムにしろ。でも、それでいいだろってことだよ!
型にはまらなくていいって、この曲が教えてくれていると思っているんだ。それがこの黒板! 終わり! 帰っていいかな?

あしざわ教頭「帰っちゃダメ!」

とーやま校長「マジで、今日止まらなくなっちゃうかもしれないから、教頭止めてくれよ!」

あしざわ教頭「了解しました!(笑)」


さぁ、今夜の生放送教室には…! 楽器を持たないパンクバンド!
BiSH先生ーーーーーーーーーーー!!!!!!!

SCHOOL OF LOCK!


アイナ・ジ・エンド先生
セントチヒロ・チッチ先生
モモコグミカンパニー先生
ハシヤスメ・アツコ先生
リンリン先生
アユニ・D先生


BiSH先生は3回目の登場で、
前回は去年の11月に来てくれているので半年ぶり!

とーやま校長「前回は、授業の最後に6人でサプライズライブをやってくれたんですよね! 覚えてらっしゃいますか?」

チッチ先生「覚えてますよ! ラジオでライブすることがBiSHはないので、めっちゃ楽しかったです!」

あしざわ教頭「だって、その日も別のところでライブをやっていて、その流れで来てくださったんですよね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そうだ! ゲリラライブをやった後で、アイナ先生もちょっと声が大丈夫かな、って時だったんですよね」

アイナ先生「そうですね。けっこう、満身創痍な感じでした」

とーやま校長「あれ以来、3回目の来校なんですけど、今日はちょっと特殊な形態なんですよね…。アユニ先生とリンリン先生がちょっとだけ距離を取っているという…(笑)」

あしざわ教頭「別の島にいるみたいになってます(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「アユニ先生、声届いてますか?」

アユニ先生「ちょっと5秒くらい遅れますけど届いてます!」

とーやま校長「時差あるよね〜!」

あしざわ教頭「ないでしょ(笑)」

とーやま校長「リンリン先生は届いてますかね。あ、髪の毛の色変えられたんですね! 最近ですか?」

リンリン先生「一昨日くらいに…」

とーやま校長「何か心境の変化があったんですか?」

リンリン先生「ない、です…」

とーやま校長「うっす…!」

あしざわ教頭「これ通常運転です(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「ただ、今日はBiSH先生が6人で来てくださるのをめちゃめちゃ生徒が待ってまして!」

新潟県 15歳 男の子 RN ブックスペース
北海道 11歳 女の子 RN 世界の終わりのあたいタン☆
新潟県 15歳 女の子 RN コンブチャ・ジ・エンド
兵庫県 17歳 女の子 RN M型ロボット
兵庫県 18歳 男の子 RN 宙斗(ひろと)

などなど、たくさんの生徒から喜びの書き込みが届きました!

そして、今年の3月には3rdシングル『PAiNT it BLACK』がBiSH初となるオリコン週間シングルチャート1位を獲得!

とーやま校長「ジャケット写真もめっちゃカッコいいですよね! パッと見たときに全員真っ黒すぎて誰が誰だか判別できないという…。
それと同時にTwitterの皆さんのアイコンも変わってますよね。そのチームの感じも誰かに言ってしまいたくてしょうがない!」

あしざわ教頭「分かる分かる!」

とーやま校長「言ってしまいたくてしょうがない!」

あしざわ教頭「2回言った(笑)」

さらに、5月22日横浜アリーナでワンマンライブ「BiSH "TO THE END"」を開催。
約1万2000人を動員!

とーやま校長「お疲れ様でした! モモコ先生、横浜アリーナでのライブいかがでした?」

モモコ先生「あっという間でしたね! すごく楽しかった印象なんですけど、一瞬で終わったような感じで、横アリに向けて頑張っていたけど、通過点としてBiSHは通れたのかなって思います

とーやま校長「AbemaTVでもライブの模様が放送になっていたりして、ライブには行けなかったんですけどそれを見させてもらったりしました!」

BiSH先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「アツコ先生、めっちゃ良かったです!」

アツコ先生「ありがとうございます! でも…なんで行けなかったんですか?」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ちょっと待ってください。スケジュール確認します…

あしざわ教頭「スケジュールの見方おかしいですよ! iPhone顔にめり込んでますから!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「なんで行けなかったんだろう…。
もう1回横浜アリーナでライブやってくれませんか? モモコ先生なら時間戻せそうな気がするんですけど…」

モモコ先生「頑張ります!」

あしざわ教頭「努力はしてくれるんですね!(笑)」

さらにさらに! 先月6月27日には、両A面シングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」がリリース!

新曲の話も後ほどじっくり聞かせてもらいます! 今日は2時間宜しくお願いします!


さあ、BiSH先生とともに送る本日の授業テーマは…
「Life is ○○ティフル」!!


今夜は、君の今を表す言葉を○○に入れて教えて欲しい!

例えば…
「BiSHのおかげで夢の一歩を踏み出せて、Life is ドリーマーティフルです!」
「ずっと好きだった人と今日ようやく付き合えてLife is beautifulです!」
「今クラスで1人ぼっちなのでLife is しんどいティフルですがビューティフルに変えたいです!」


など、入れる言葉は、嬉しい報告、悩んでいること、変わりたい気持ちでもなんでもOK!
「BiSH先生と直接話をしたい!」という君は今の現状となぜその言葉が入るのか? 理由も合わせて学校掲示板もしくはメールから送ってくれ!

そして先月リリースされたBiSH先生の両A面シングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」
さらにゲリラで発売された「NON TiE-UP」を聴いた感想も待ってるぞー!!

とーやま校長「アユニ先生は、『Life is ○○ティフル』に入るものって今パッと思いつきますか?」

アユニ先生チッチ助けてくれティフル…(笑)

とーやま校長「これはどういうことでしょう?」

アユニ先生「答えられないです…」

とーやま校長「オッケ〜(笑) チッチ先生が通訳するに、どんな意味だと思いますか?」

チッチ先生「今、急に振られたことに対して答えられないから、チッチ助けてくれってことだと思います(笑)」

とーやま校長「そういうことか! じゃあ、聞くことは事前に紙に書いて渡すようにすれば大丈夫ティフルですか?」

アユニ先生大丈夫ティフルです!

とーやま校長「それじゃあ、アドレス読みは、せっかくなのでリンリン先生にお願いしてもいいですか?」

リンリン先生「はい!
ダブリューダブリューダブリュー、ドット、ティーエフエム、ドット、シーオードット、ジェーピースラッシュロック。ロックのスぺルは、エル・オー・シーケー」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「めっちゃ聴きやすかった! リンリン先生ありがとうございます! それでは、FAX番号は、ハシヤスメ・アツコ先生お願いします!」

アツコ先生「はい! FAXは、東京03-3221-1800、東京03-3221-1800です!」

とーやま校長「最高だ!」

あしざわ教頭「アナウンサーさんじゃないですか!」

とーやま校長「後ほど、アユニ先生にもお願いすると思いますけど…」

アユニ先生「いやぁ〜」

とーやま校長「やだ…?」

アユニ先生チッチ〜〜

チッチ先生「今言われたから、ねっ!」

アユニ先生「はい!」

SCHOOL OF LOCK!



ここで早速、生徒と逆電で話をしてみることに!

とーやま校長「もしもし? SCHOOL OF LOCK!です!」

???「…えっ!?」

とーやま校長「俺、校長のとーやまって言います」

あしざわ教頭「教頭のあしざわと言います。そして…!」

BiSH先生「せーのっ! BiSHでーーす!!

???「え!? ヤバイんですけど!!!!」

とーやま校長「(笑) ラジオは聴いてた?」

???「聴いてました!」

とーやま校長「ラジオネーム教えてもらっていい?」

にし野・ジ 富山県 15歳 女性 高校1年生

にし野・ジ「にし野・ジです!」

とーやま校長「にし野・ジの書き込み読ませてもらったけど、めちゃくちゃ長文で書き込みしてくれたよね!」

にし野・ジ「そうなんですよ! 掲示板荒らしました!」

あしざわ教頭「それだけ想いが溢れてるなら荒らしてもいいよ!(笑)」

とーやま校長「BiSH先生のことはいつから好きなの?」

にし野・ジ「3年前から好きで、きっかけはテレビで見かけて好きになりました!」

とーやま校長「BiSH先生のどういうとこが好き?」

にし野・ジ「他にはない良さがあるというか…。もう、本当に好きなんです!

そんなRN にし野・ジがBiSH先生の中で好きなのは、名前の通りアイナ・ジ・エンド先生!

とーやま校長「アイナ先生に伝えたいことあったら伝えちゃおう!」

にし野・ジいつも可愛いスマイルをいただいてます! 幸せを毎日もらってます! ありがとうございます!!!

アイナ先生「良かった〜!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「それじゃあ、この後もしっかり聴いておいてね! にし野・ジ、最後に一言!」

にし野・ジ大好きです!!!!

BiSH先生「嬉しい! ありがとうございます〜!」


逆電の後、RN にし野・ジから、こんな書き込みが届きました!


ワキ汗やばてぃふる
一発目はありがとうございます。想定外の幸運での震えました。とりあえず赤飯炊いてきます
にし野・ジ
女性/15歳/富山県
2018-07-05 22:28


あしざわ教頭「変なゾーンに入っちゃってますね(笑)」

とーやま校長「でも、今から赤飯炊いて放送中間に合うかなあ。チッチ先生、赤飯食べたいですか?」

チッチ先生「た、食べたいです」

とーやま校長「おっけ〜ぃ」

あしざわ教頭「この感じ、なんなんですか(笑)」

とーやま校長「決まり切ったことよりも、不安定な感じの方が楽しいじゃん! そうでしょ、アイナ先生!」

アイナ先生「はい、はい…(笑)」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「やっぱり、俺なんかふわふわしちゃってるんだよな…(笑)
というのも! 先月6月27日に、BiSH先生は両A面シングル、『Life is beautiful / HiDE the BLUE』をリリースされました! 改めておめでとうございます!」

BiSH先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「すごい素敵な曲ですよね!」

あしざわ教頭「BiSHのイメージってそれこそ黒いとか、ドロドロしているとか、めっちゃカッコいいとかっていうイメージだったので、
ラブソングって聞いて”マジか!”っていうのがまず1発目の衝撃で。で、真っ黒なものって逆に真っ白なものを表しているってよく思ったりするんですよ」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭今までそういった黒い面を見せていたBiSH先生だからこそ、ピュアな部分や乙女の部分を見せられると、そのギャップにやられちゃいますよね!
実際に、この曲を初めて聴いた時、チッチ先生はどう思いましたか?」

チッチ先生「やっぱり私たちにとっても初めてのラブバラードだったし、聴いた時はビックリしたっていうのは本音で。
でも、ワクワクが同時に来て、新しい私たちの一面を見せられる曲をもらったので、皆さんに聴いてもらえる日をすごく楽しみにしてました!

とーやま校長「でも、僕はこの曲もBiSH先生の大スタンダードだと思っているし、全部の曲がど真ん中だなって思うくらい、好きな曲です!」

チッチ先生「良かった!」

とーやま校長「MVもめっちゃ良いじゃないですか! ラブソングなんですけど、BiSHの6人が椅子に座って並んでいて、それが家族みたいに見えて。
あのシーンは何か特別意識はされているんですか?」

アイナ先生「そこはあまり意識していないかもしれないんですけど、MVを通して一つのものをずっと共有して生きて来た夫婦が、死ぬことだけは共有できない。
それでも人生は美しい。Life is beautiful
っていう素敵なMVなんですけど、
私はそれが悲しかったので、振付の世界観だけは死ぬことも共有しようと思って、天国からアユニが迎えに来て、リンリンを一緒に天国に連れて行く。
っていう振りにしているんです。なので、ライブでもぜひ観て欲しい1曲になりました!


SCHOOL OF LOCK!



♪ Life is beautiful / BiSH


とーやま校長「自分の大切な人だったり、僕だったら、このラジオを聴いてくれている生徒のことは大事な存在なので、そういうみんなを思い浮かべながら聴いたりしてたんですけど、
先ほどのアイナ先生の話を聞いてたら、BiSHの6人が尊すぎて、この曲を世に放ってくれて、本当にありがとうございますっていう気持ちでいっぱいです!」

アイナ先生「そう思って聴いてもらえるなんて、嬉しいです!」



Life is beautiful
Life is beautifulめっちゃ好きです!!
曲も物凄くいいし、MVがすごく泣けました…!
ライブの振りつけもリンリン先生とアユニ先生がすごく良くて感動しました!
大好きな一曲です!!!
どれみれど
女性/17歳/北海道
2018-07-05 22:41


とーやま校長「リンリン先生、こうやって言ってくれる生徒がいて嬉しいですね!」

リンリン先生「はい!」

とーやま校長「アユニ先生も!」

アユニ先生「…はい!」

とーやま校長「うっす…!」

全員笑い


ここからは、今夜の授業テーマ!
「Life is ○○ティフル」!!

まず最初に逆電したのは…。

とーやま校長「もしもし!」

みりてこ 大阪府 13歳 女性 中学2年生

みりてこ「もしもし!」

とーやま校長「みりてこは、前回BiSH先生と話をしたみりてこだよね! 久しぶり!
あれから13歳になって、何年生になった?」

みりてこ「中2です!」

あしざわ教頭「中2高2は……フリーーーーーダーーーーーーーム!!!!!!!

SCHOOL OF LOCK!


みりてこ「フリーダーーム!」

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「すみません」

あしざわ教頭「すみませんはおかしいでしょ(笑)」

とーやま校長「アツコ先生も、背もたれに身体預けちゃってたから」

あしざわ教頭「中2高2は一番自由な時間があるってことで、毎回叫んでるんですよ」

アツコ先生「存じ上げず、すみませんでした(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「前回、みりてこと逆電した時は学校とかもうまくいってなくて、最後はBiSH先生に曲を届けてもらってたよね」

みりてこ「そうですね」

とーやま校長「そこから色んなものもらって、7ヶ月ぐらい経ったと思うけど…みりてこの今の状況は、Life is 〇〇ティフル?」

みりてこLife is 目標見つけたティフルです!」

あしざわ教頭「良いじゃん!」

とーやま校長「これはどういうこと?」

みりてこ「前に逆電して頂いた時に相談した『教室に入れない』っていう悩みは今もまだ続いていて。
教室にはまだ入れてないんですけど、あの電話の後にBiSH先生のライブを観に行かせてもらって、ミュージシャンになりたいっていう明確な目標ができました!

とーやま校長「これすごくないですか!」

チッチ先生「すごい! めっちゃ嬉しくなりました!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「こんなミュージシャンになりたいっていうイメージはもうある?」

みりてこ「BiSH先生のライブに行かせて頂いた時に、すごい心から”楽しい!”と思って、自分もこんな風に人に楽しいって思ってほしいって思って。
そんなミュージシャンになりたいって思いました!」

とーやま校長「で、みりてこはすごい長文で書き込みをくれたじゃん。
その中に、ライブを観に行った時に、みりてこにとって一番のヒーローが居たって書いてくれたんだよね。みりてこの一番ヒーローは誰なの?」

みりてこリンリン先生です!

とーやま校長「リンリン先生にハグしてもらったことが私の記憶にずっと残ってるって書いてくれてるんだよね」

リンリン先生「嬉しいです!」

とーやま校長「あの時の思いが自分の中で爆発して、ミュージシャンという目標が出来たんだね。今、何かやってることとかはあるの?」

みりてこ来週からギター教室に通うことになっていて、一度、体験レッスンに行ったんですけど、それがすごい楽しくて!
自分の好きなことをやってるっていうのはすごく気持ち良いな、って思いがあったので楽しみです」

とーやま校長「モモコ先生、今のみりてこの話を聞いて、どうです?」

モモコ先生「本当にカッコいいと思います! 自分でやりたいことを見つけてちゃんと実行に移してるっていうのが、
確実に一歩踏み出してるな、って思います。
素晴らしいと思います!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「アイナ先生も、今はたくさんの人の前に立ってパフォーマンスされていますけど、みりてこのような状況だった時もあったわけじゃないですか。
今のみりてこに、アイナ先生から気持ちを注入してもらえたら嬉しいなと思うんですが…」

アイナ先生「私も、高校2年生くらいから学校にちゃんと行ってないんですけど、それがすごいコンプレックスだった時もあったんです。
だけどやっぱり、自分の好きなことで絶対生きていくって決めてやってたら、今は学校に行ってない時間が宝物になってるから、
絶対に生きてたらその時間も笑える話になるし、一緒に頑張りたいなって思います!


みりてこ「ありがとうございます!」

とーやま校長「今の言葉を受けて、さらに目標へと頑張ろうって気持ちが湧いたんじゃない!」

あしざわ教頭「そうだね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「それじゃあ最後に、BiSH先生に向けて今の気持ちを伝えよう!」

みりてこ「本当にBiSH先生はカッコ良くて、いつかBiSH先生と対バン出来るようなミュージシャンになります!

とーやま校長「チッチ先生、うちの生徒が胸を借りることになりますけど、よろしくお願いしますね!」

チッチ先生待ってます!!

とーやま校長「みりてこ頑張れ!! 応援してるよ!」

みりてこ「ありがとうございます!


♪ NON TiE-UP / BiSH


とーやま校長「『Life is beautiful』の思いっきり逆サイドに走りきっているこの『NON TiE-UP』! 最高ですね!」

チッチ先生「裏切られたでしょ!」

とーやま校長「裏切られたよ! Twitter見てびっくりしたんだから!
でも、過激な表現だったり言葉も乱暴で突き放しているように見えるけど、めちゃめちゃ愛しかないし、
今、話をしたみりてこも、たくさんやりたいことを見つけて欲しいし、この曲のように振り切って欲しい!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「うん!」

とーやま校長「どちらかに振り切れば、次に進む時の助走にもなるしね。この曲もそういうことじゃないですか。…なにこの曲!

あしざわ教頭「怒ってるの?(笑)」

とーやま校長「チッチ先生、この最高な曲どうなってるんですか!」

チッチ先生「私たちにとっても良い意味で、BiSHにとって悪ふざけみたいな部分もあって。
『Life is beautiful』を出してから、こうやってゲリラ的に出すのを楽しみにしていて”どうだ!”っていう思いです!」


SCHOOL OF LOCK!




Life is TOKYOティフル
こんばんは今日登録して初めてSOL聴いてます。最近雨の日が続いていますがBiSHさんの曲で毎日元気をもらって生きてます!自分は部活が忙しくてまだBiSHさんのライブに行ったことがないのですが、11月のホールツアーには行けそうなので、それまで部活と学校を頑張ろうと思います‼ タイトルにもしっかり意味があります。 読まれるかな〜?
まっちゃみんD
男性/17歳/北海道
2018-07-05 23:13


とーやま校長「ラジオネームなんだっけ?」

あしざわ教頭まっちゃみんDですね!」

とーやま校長「Dってことは、アユニ先生のことが好きってことじゃないですか!
ぜひ、まっちゃみんDに対して、何か一言いただけたらありがたいんですけど…」

アユニ先生「私も北海道出身で、まっちゃみんDも北海道なので一緒ですね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そうだべさ〜!」

あしざわ教頭「北海道弁(笑) 校長先生も北海道ですもんね」

とーやま校長「アユニ先生は北海道どのあたりなんですか?」」

アユニ先生札幌です!

とーやま校長「えっ! 俺も札幌なんですよ!」

あしざわ教頭「急に距離縮まりましたね!」

とーやま校長「そんなまっちゃみんDも行くホールツアーが、10月からスタートするんですよね!」


【BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR】

10.10(水)東京都・中野サンプラザホール
10.20 (土) 宮城県・仙台銀行ホール イズミティ21(大ホール)
10.27 (土) 香川県・レクザムホール(香川県県民ホール)
10.29 (月) 大阪府・オリックス劇場
11.06 (火) 神奈川県・神奈川県民ホール
11.11 (日) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
11.15 (木) 東京都・昭和女子大学 人見記念講堂
11.21 (水) 東京都・オリンパスホール八王子
11.23 (金) 福岡県・福岡市民会館
11.25 (日) 京都府・ロームシアター京都


とーやま校長「少し先にはなりますが、どんなツアーにしたいとか、意気込みはありますか?」

チッチ先生初めてのホールツアーなんですよ。だからこそ新しい何かができたら良いなと思っていて。
私たちからもお客さんが良く見えるので、すごく楽しみですし、新しいBiSHを見せられる気がしてるので、楽しみにして欲しいですね!

とーやま校長「ホールなので椅子とかもあるけど、自分のスペースの中で暴れてもらって。もしかしたら、チッチ先生が客席にダイブするかもしれない、と」

チッチ先生「痛いかもしれませんけど、みんなに守ってもらって頑張ります(笑)」


そのツアーに先駆けて、
5月22日に行われた横浜アリーナワンマンライブの映像作品&ドキュメンタリー作品が
8月29日(水)同時リリースされます!


とーやま校長「モモコ先生があっという間だったと言っていたライブも、振り返ることが出来るんですね!」

モモコ先生「横浜アリーナのDVDだけ見るのも良いと思うんですけど、それまでの過程があったからこそ、あの公演があったと思うと、やっぱり密着も見て欲しいなって思います!

とーやま校長「ドキュメンタリー作品って、普段は清掃員のみんなが見ることが出来ないところがみれたりすると思うんですけど、その辺りはいかがですか?」

アツコ先生あんなところやこんなところ、入っていると思います!

あしざわ教頭「それは見せて大丈夫なやつですか?」

アツコ先生「ちょっと危ないかな…ってところもあるかもしれない。なので、見てからのお楽しみですね!」

SCHOOL OF LOCK!



さらに! 夏フェスへの参加も続々決定!
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」、「SUMMER SONIC 2018」などなど!

とーやま校長「『SUMMER SONIC』なんて、とんでもない人数じゃないですか!
アイナ先生としては、フェスに向けて今の気持ちいかがですか?」

アイナ先生「なんと、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』ではバンド編成なんですよ!

あしざわ教頭「今まで、バンド編成ではやったことはあるんですか?」

チッチ先生「1回だけバンドセットでツアーを回ったことがあるんですけど、フェスでは初めてです!」

アイナ先生「ワンマンライブ以外では初めてなので、めちゃくちゃ楽しみです!」

とーやま校長「今回リリースした楽曲たちもやってくれるだろうし、最高すぎるね!
そして、サカナクション先生も出られる『ジャンプフェス』への出演も決まっているんですよね。しかも、サカナクション先生と同じ日なんだとか!」

チッチ先生「そうなんです! 一緒の日なんですよ!」

あしざわ教頭「ぜひ、『チャオ!』って言ってみてください!」

とーやま校長「一郎先生に6人全員で言って欲しいな〜」

チッチ先生「せーのでやろうか!」

とーやま校長「1回練習しておきます?」

BiSH先生「せーのっ! チャオ〜!!

とーやま校長「めっちゃ良い! ただただタジタジして終わる一郎先生が容易に想像できる(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「それは絶対にそう(笑)」

とーやま校長「マジで一郎先生に会ったらやってみて欲しい!」

チッチ先生「やってみます!」

BiSH先生の詳しいライブスケジュールなどは、BiSH オフィシャルHPをチェック!


さあここからは再び、本日の授業「Life is ○○ティフル」!!
まずは学校掲示板の書き込みを紹介!


Life is ドキドキ!ッティフル
私は高校三年生なのですが、2個上の先輩のことを好きになってしまいました。私は人見知りで自分からあまり話すことができないのですが、その人と話していると、今までにないぐらいドキドキします。ほぼ毎日電話をしているけど、告白する勇気がありません、どうしたらいいですか!
M型ロボット
女性/17歳/兵庫県
2018-07-05 18:02


とーやま校長「毎日電話しているって…」

チッチ先生「脈アリの脈アリじゃないですか!」

とーやま校長「リンリン先生もすごい笑顔ですよ!」

SCHOOL OF LOCK!


リンリン先生「早く気持ちを伝えて欲しいですね!」

とーやま校長「確かに、毎日電話してるなら、かしこまらなくてもサラッとした感じで告白できそうだけどね」

あしざわ教頭「電話でならガンガン話せてるってことですしね」

とーやま校長「しかも、『Life is beautiful』聴きながらだったら気持ちも高まっちゃうだろ!」

あしざわ教頭「思わず”ダーリン”って言っちゃうかもしれないですよね」


とーやま校長「からの〜…もしもし!」

[ふくおわ] 山口県 15歳 女性 高校1年生

[ふくおわ]「もしもし!」

とーやま校長「早速だけど、[ふくおわ]の今の状況は、Life is 〇〇ティフル?」

[ふくおわ]Life is 自己否定が止まらないティフルです」

とーやま校長「自分の思っている通りになかなか事が進んでないってこと?」

[ふくおわ]「自分がある程度できても、”他の人の方が上手く出来る”って思って、自分のことを褒めてあげられないんです」

RN [ふくおわ]は、高校に入って吹奏楽部に入部するものの、
周りの子がすごく上手なので、頑張って練習はしているけれど、そんな自分を褒めてあげることが出来ないのだそう。

とーやま校長「みんながすごく上手く見えちゃって、私ってなんだろうって思っちゃうんだね」

チッチ先生「めっちゃ分かります! 私もソフトボール部に入ってた時があって、周りの人がすごい上手に見えて、毎日悔しい日があったから、すごい分かる…!」

とーやま校長「[ふくおわ]は、昔からそういう性格なの? それとも、最近こういうことより思うようになったの?」

[ふくおわ]「小学校の頃はわりと自己中な方だったんですけど、中学校ぐらいから”それじゃいけないな。”って思って変わろうと思ったんです。
でも、そういう思いがだんだんと大きくなっちゃって、中2くらいから自分を否定し始めちゃって…」

とーやま校長「これをするとちょっと気持ちが落ち着くってこととかはあったりする?」

[ふくおわ]「音楽を聴いて泣いたりもするので、それで落ち着くこともあります」

とーやま校長「BiSH先生は、フェスとかで他のアーティストさんと一緒になった時に、[ふくおわ]のような感情に陥ることもあったりしますか?」

チッチ先生「悔しい気持ちになったりしますね。音楽を聴いて色んな気持ちになったりするのもよくあることだし…。
私の場合は、自分の弱い部分とかも自分が一番分かってるので、それさえも認められる時が来たら周りのことを気にしなくなったし、
自分の好きなことを楽しみ出した瞬間が私にとって人生が変わった瞬間だったので、その瞬間が[ふくおわ]ちゃんに訪れる時が来たらいいなって思ってます!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「でも、その作業ってすごく大変ではありますよね」

チッチ先生「結構時間がかかりましたね。全部を一回投げ出して、どうでもよくなった瞬間があったんですけど、そういう瞬間があったから転換に入ったので、
色んな状況でもがいてる自分を一回全部捨てきって、そこから[ふくおわ]ちゃんが変われたらいいのかなと思います。
他の人は気にせず今を楽しめるように、自分の好きなこと信じてやる。私はそういうことが出来たらいいんじゃないかなと思いますね」

とーやま校長「アイナ先生は、[ふくおわ]の話を聞いてみていかがですか?」

アイナ先生「チッチがポジティブなことを言ってくれたから、私は真逆の事を提案として言ってみると、
そんな完璧な人とかいないし、自分を認めてあげられないってこと、私もいっぱいある。
だから、その壁を越えてもたぶん、またそういう気持ちがやってくる日も絶対あるし、逆に越えれる日もあるから、ずっともがくと思うんだよね。
でも、楽しいことだけの人生からは何も生まれないって私は思うんだ。
辛い、悔しい、悲しい、泣いちゃうっていう思いも、何かで発散したり表現できたりする日が必ず来るから。だから、今の自分を大切にしてあげられたら大丈夫かなって思います。そのままでいいと思います!」

[ふくおわ]「ありがとうございます!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「モモコ先生はどうでしょう?」

モモコ先生「周りの人と比べちゃって自分は下手だなって思うっておっしゃってたんですけど、
私もBiSHに入った時とか、歌とダンスがもう素人以下で。高校中学とかずっと体育と音楽が苦手だったのに、苦手なことを仕事にしたんですけど…。
でも、BiSHの音楽が好きだから今まで頑張ってこれたっていうのもあって。
BiSHも6人全員歌い方は違うんですけど、自分だけの良さは絶対あると思うし、
[ふくおわ]ちゃんの演奏の方が、[ふくおわ]ちゃんの味が出てると思うので、自分の良さを自分で気付けてあげたらいいのかなって思います!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「絶対に今の時点で、[ふくおわ]の良さがあるはずだしね。
自分に結構厳しい目線を送ってしまってるのかもしれないけど、でもそうじゃないと絶対に人って大きくなれないし、その目線が無い人だっているじゃないですか。

チッチ先生「そういう風に自分を見られてる時点で、強いと思う!」

とーやま校長「BiSH先生の話を聞いてどう思った?」

[ふくおわ]無理に変わらなくてもいいのかなって思ったし、そのままの自分を受け入れたらいいのかな、って思いました!

とーやま校長「少なくとも、みんなの話を聞いた今の[ふくおわ]は、絶対に前に進める。そんな感じしますよね!」

アツコ先生「そんな感じがします!」

とーやま校長「だから大丈夫だよ! 頑張れな!」

[ふくおわ]「はい! 頑張ります!!」


♪ HiDE the BLUE / BiSH


とーやま校長「もちろん、この曲はみんなのための曲なんですけど、
今のこの時間は、[ふくおわ]のための曲でいいんじゃないかな、と俺は思っちゃいました」

アツコ先生「そうですね。『ありのままでいいのかな』っていう歌詞がすごく合ってますよね」



Life is うらやまてぃふる
BiSH先生こんばんは!!
私は高校3年なんですけど母が亡くなってからもう6年たちます。この年になってやっぱり母の大事さに気付かされます…周りの子たちは親と進路相談してやっぱりお母さんと話したりして相談して決めたと聞くとやっぱり羨ましいなと思います。けど私もお母さんには会えなくてもお母さんに喜んでもらえるよう進路しっかりきめてLife is beautifulにしたいです!
本当にいつもBiSHさんの曲に救われています。BiSHさんは私の生きがいです!今度LIVEに行くのを楽しみに頑張っていきます!!
あお茶
女性/17歳/高知県
2018-07-05 20:20


とーやま校長「音楽って目に見えないじゃないですか。でも、流れたらあるし、流れていなくても知ってる曲や覚えてる曲だったら自分の中で再生できるし…。
だから、実態がないものでも、ちゃんと世の中にあるものたくさんあるなって思ってるんです。
あお茶のお母さんも、お母さんという形としては目の前にはいないかもしれないけど、ずっといるし、それをBiSHが形作ってくれているところもあるんだろうなって思いました。
そして、あお茶は香川のライブに行くらしいので、ぜひパフォーマンスで抱きしめてあげてください!」

チッチ先生「待ってる! 抱きしめるよ! 一緒に歌おう!!」


そして、本日も黒板の時間になってしまいました。
今日は、BiSHのリンリン先生に黒板を書いてもらいます!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 life is ちっぽけティフル! 』

リンリン先生「中高を卒業して、大学に行って、BiSHに入って…。
振り返ると、過去の自分って悩み事とかも含めて全部ちっぽけだったなって思って。
だから、今日ラジオを聴いてて悩んでる子達に向けて、学生時代の悩みも全部ちっぽけになるんだっていうの伝えたいなと思って書きました!


♪ Life is beautiful / BiSH


とーやま校長「リンリン先生、素敵な言葉をありがとうございます! アツコアナも、”良い言葉だな”って言ってましたよね」

あしざわ教頭「アナになってる(笑)」

アツコ先生「やっぱり、リンリンの言葉は胸にドンと来るな、って約12時10分前ぐらいに思いました!」

あしざわ教頭「正確な時間までありがとうございます! さすがアナ!」



BiSH先生に感謝感謝
わたしのメッセージ読んでくださりありがとうございます次BiSHのみんなにお会いする時にはいい報告ができるように頑張ります!
M型ロボット
女性/17歳/兵庫県
2018-07-05 23:38


チッチ先生「頑張れーーー!」

あしざわ教頭「スイッチ入ったね!」

とーやま校長「BiSH先生、今日は本当にありがとうございました!」

BiSH先生「ありがとうございました!!」

SCHOOL OF LOCK!



BiSH先生! ぜひ、また遊びに来てください!


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN さきっちょ


SCHOOL OF LOCK!

RN ももとりまかろに


SCHOOL OF LOCK!

RN 黄緑大好き



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
にし野・ジ 富山県 15歳 女性
みりてこ 大阪府 13歳 女性
[ふくおわ] 山口県 15歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
ミラクルテディ 15歳 三重県 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:08 PAiNT it BLACK / BiSH
22:28 恋になりたいAQUARIUM / Aqours
22:37 Life is beautiful / BiSH
22:49 NON TiE-UP / BiSH
23:42 HiDE the BLUE / BiSH
23:50 Life is beautiful / BiSH
23:53 しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。 / BiSH

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

僕は、BiSHが、好きです。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

BiSHはいつも美しくぶっ壊してくれる!!
ライブ・・・見てえ!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年7月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE