BUMP OF CHICKEN先生がメンバー全員で来校!「BUMPと掲示板逆電 」!

生放送 2018.8.9 木曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 今日から 』

とーやま校長「昨日の生放送教室で、8月26日日曜日、東京 新木場STUDIO COASTで開催する、
『未確認フェスティバル2018 ファイナルステージ』に出場する10代アーティスト8組を発表したんだけれども…」


今日から
藍色モラトリアムのとみーです!
未確認ファイナル!行けなくて本当にくやしいです!実力不足を痛感しました!人生で一番くやしいです!昨日一晩泣きつくしたので今日から一年間またがんばります!ずっと未確認は夢の舞台なのでまた来年!きっとまた会いに行きます!ありがとうございました!
合唱少女のとみー。
女性/17歳/広島県
2018-08-09 14:25


あしざわ教頭「もしかしたら、とみー。のように切り替えらないという生徒もいるかもしれない。
だけどもし、とみー。のように”まだ出来るかも”って思えて立ち上がれるというやつは、ここから始まると思っているので、引き続き俺たちは応援してる!」

とーやま校長「優劣でもないし、勝ちとか負けでもないと俺は思っている。だけど、とみー。は自分の中で実力不足を痛感したって思っているのなら、それが真実だし、
とみー。自身が負けたと感じているのなら、それがとみー。にとっての未確認フェスティバルだったんだと思う。
いつも言っているけれど、終わったわけでも何でもなくて。人生で一番悔しいっていう気持ちをどこにぶつけたらいいんだ、って考えた時、みんなには音楽があるわけで。
そこに向けて出てくる旋律でもいいし、言葉でもいい。それを俺たちは見たいし、見る場所を作っていく! また会おう!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 望遠のマーチ / BUMP OF CHICKEN


さあ、今夜の生放送教室は、我が校の科学の講師……
BUMP OF CHICKEN先生が登場ーーーーーーーーー!!!!!

藤原基央先生(Vo,Gt)
増川弘明先生(Gt)
直井由文先生(Ba)
升秀夫先生(Dr)



BUMP OF CHICKEN先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「めっちゃ久しぶりですね! 特にチャマ先生!」

チャマ先生「風邪ひいてたからね」

あしざわ教頭「前回は、2016年の12月。『アンサー』の時に来ていただきました」

とーやま校長「チャマ先生以外の3人とは、約1年と10ヶ月ぶりとかですか」

あしざわ教頭「それでも久しぶりですけどね」

とーやま校長「チャマ先生は風邪治ったんですか?」

チャマ先生「完全に治った! で、今日ちょっとヒロくんが風邪ひいてる」

あしざわ教頭「あら!」

とーやま校長「喉がイガイガしているって感じですか?」

増川先生「うん…」

とーやま校長「ちょっと出てってもらって…」

あしざわ教頭「何で追い出すんですか(笑)」


今日のSCHOOL OF LOCK
今日はBUMP OF CHICKEN先生の来校!!
尊敬するバンドの一つだから、
来校してくださると聞いて、本当にうれしい限り!!
今日は運のいいことに、夏期講習がないので、
ゆっくり最後まで、聴ける!!(≧▽≦)
楽しみー!
115万キロのプレアデス
女性/15歳/兵庫県
2018-08-09 15:42


藤原先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「BUMP先生は科学の講師ということで…」

藤原先生「(笑)」

とーやま校長「藤原先生、何で笑うんですか(笑)」

藤原先生「ごめんなさい、笑うところじゃないよな(笑) なんかすごい面白くて」

あしざわ教頭「そもそも、何で科学の講師なんでしたっけ?」

とーやま校長「それは…色々あったんだよ」

あしざわ教頭「すごいボヤッとしてる」

ヒデ先生「ちゃんとした設定だと、講師なのは藤くんだけで、後の3人は生徒なんだよね」

とーやま校長交換留学生ですもんね」

藤原先生「ヒデちゃんだけがね(笑)」

ヒデ先生「永遠の交換留学生(笑)」

チャマ先生「だけど、さっきディレクターに『もうやめよう』って言われて(笑)」

増川先生「みんな先生でいいんじゃん? って」

とーやま校長講師に昇格?

チャマ先生「そう! 今日から俺ら全員先生だから!

藤原先生「昇格ってことなんだ」

とーやま校長「それでいこう!(笑)」

そんなBUMP先生は、先月7月23日に配信シングル『望遠のマーチ』をリリース!

とーやま校長「『望遠のマーチ』、初めて聴かせてもらった時に、新曲なんだけど懐かしい気持ちにもすごくなって。
僕の勝手な感想ですけど、『PATHFINDER』という大きなツアーを回っている間にたくさんの人が来てくれてありがとうとか、めちゃめちゃ幸せだなっていう気持ちをそのまま形にした曲なのかなって思ったんです」

そして、ライヴBlu-ray/DVD
『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER SAITAMA SUPER ARENA』が昨日リリース!

これは昨年から行われていた全国ツアー『PATHFINDER』のファイナル、さいたまスーパーアリーナでのライブの模様を収めた作品。

とーやま校長「去年の9月から行なっていて、一番長かったツアーですもんね」

藤原先生「そうですね。半年くらいやっていました」

とーやま校長「オープニングの映像からもう…ね!」

あしざわ教頭「ずっとキラキラしてたし、みんなが幸せそうでしたよね」

増川先生「演出をA4Aの東市さんという方がやってくださって、今回の『PATHFINDER』の映像作品も全部編集してくださって! 今日、見に来てくれてます!」

とーやま校長「素敵な映像をありがとうございます!」

藤原先生「照れてる(笑)」


そして、本日の授業テーマは
「BUMPと掲示板逆電」!!!

BUMP先生と電話で直接話したいこと、今日あったこと、くだらないこと、将来のこと。
質問、相談……内容はなんでもOKです!
学校掲示板もしくはメールから書き込んで授業に出席して欲しい!

そして、BUMP先生は、SCHOOL OF LOCK! が開校した、
2005年の10月から、この学校の科学の講師をつとめてくださっていて、BUMP LOCKS!という授業を届けてくれていました!

昔、BUMP先生の授業に参加してくれた生徒も良かったら声を聞かせてね!

SCHOOL OF LOCK!




大好きです!
バンプ先生こんばんは。
今回、初めて書き込みをさせていただきます。

「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER SAITAMA SUPER ARENA」発売おめでとうございます!!
バイトをし、初めて自分が稼いだお金で買ったDVDです!
私は、自分の趣味や好きな物は必ずバイトして稼いだお金で買おうと決めています。なので、この前のツアーは行けてません(;_;)
次のツアーは、必ず行きます!グッズもたくさん欲しいので、勉強もバイトも頑張ろうと思います。

何かを頑張ろうという気持ちにして下さりありがとうございます。BUMP OF CHICKENが心の底から大好きです。

少し早いですが、ヒデちゃんお誕生日おめでとうございます!
みーらあ
女性/16歳/熊本県
2018-08-09 18:30


とーやま校長「初めて稼いだお金で買った作品って絶対に忘れないやつじゃないですか」

藤原先生「そうですね。俺たちも初めてステージのギャラで食べた吉野家の牛丼の味忘れてないです

とーやま校長「どんな味だったんですか?」

藤原先生「牛丼の味ですね」

あしざわ教頭「まあまあ…(笑)」

とーやま校長「もうちょっとこう、あるじゃないですか(笑)」

藤原先生「フィジカル的には最悪だったんですよ。すごい疲れていて、打ち上げとかも出てたから明け方だったんだよね。
そうだ。今日はチケットのバックがあるから、これで吉野家食おうぜ!”って言ってみんなで食べて始発で帰ったんですけど、みんな帰りの電車で寝てたよね」

チャマ先生「電車の中で寝てたね」

藤原先生「それをすごく覚えてます!」

とーやま校長「気疲れとか緊張もあっただろうしね」

藤原先生「ズタボロだったけど…美味かったなあ」


とーやま校長「そして、昨日リリースになったばかりのライヴBlu-ray/DVD、
『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER SAITAMA SUPER ARENA』
ですが…」

この映像作品は、全国ツアー「PATHFINDER」の全29公演のツアーから
今年の2月11日のバンド結成記念日に、
さいたまスーパーアリーナで開催されたファイナル公演の模様を収められています。


とーやま校長「BUMP OF CHICKENももう22歳なんですね!」

藤原先生「最初の曲の間奏で、『22歳になったぞー!』って叫んでいるんですよ。
でも、そんなこと言ったの忘れてて、あとで見た時に”どんなサバの読み方してんだ”って思って(笑)」

とーやま校長「そこだけ切り取っちゃうとそうですね(笑)」

藤原先生「結構ビックリしました(笑)」

とーやま校長「でも、このツアーはリリースに合わせたツアーではなかったじゃないですか」

増川先生「そうですね。何も引っ提げないという」

とーやま校長「そういうツアーはこれまであまりなかったんでしたっけ?」

増川先生「単発とかはありましたけど、ツアーはなかったです。
だからこそ、枠にとらわれないというか。新旧いろんな曲ができて、本当に楽しかったですね!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「セットリストはどんな感じで話し合って決めたんですか?」

チャマ先生「100曲以上あるので、全部の曲を紙に書いてテーブルの上に並べて、やりたい曲をバーッと取ってきて、みんなでそれを繋げていくって感じでした」

藤原先生「並び替えていくというか」

チャマ先生「やりたい曲が多すぎるから、いっぱいやろうってことで最終的には何十曲もあったのをローテーション組みながらツアー回りました」

とーやま校長「そうなんだ!」

藤原先生「セトリの幅が広がっている状態」

増川先生「今日はこれ、明日はこれって感じで」

チャマ先生「1曲1曲めちゃくちゃ練習するんですけど、ツアーで1回しかやっていない曲もあるくらい、セパレートしていきました」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「すごい!」

とーやま校長「色んなところを観に行っているやつは”今日はこれなんだ!”って楽しめたでしょうね!
今日は、ライブに行ったという生徒もたくさん書き込みをくれているんですけど……もしもし!」

ちぃぃか 東京都 18歳 女性 高校3年生

ちぃぃか「もしもし!」

とーやま校長「ちぃぃか、正直めっちゃ緊張してる?」

ちぃぃか「何喋ったらいいのかよく分かってないです…」

とーやま校長「そうだよね。ちぃぃかはBUMP先生大好き?」

ちぃぃか大好きです! 一番好きです!

チャマ先生「藤くん、それは俺らも同じだよね」

藤原先生「同じでしょ! …どういうこと?(笑)」

チャマ先生「俺らもちぃぃかのことが大好きってこと!」

RN ちぃぃかが高校1年生の時に初めて買ったバンドのアルバムがBUMP先生の『Butterflies』!
そこからファンになったRN ちぃぃかは、過去のアルバムとDVDを集めるほど、大好きになったのだそう!

とーやま校長「『PATHFINDER』は参加した?」

ちぃぃか「行きました!」

藤原先生「嬉しい!」

ちぃぃか「10月9日のチャマ先生の誕生日の静岡と、福岡の初日に行きました」

とーやま校長「東京から静岡と福岡に行ったってこと!?」

ちぃぃか「東京公演のチケットが取れなくて、友達と遠征しました」

BUMP OF CHICKEN先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「ライブはどうだった?」

ちぃぃか「高1の時からずっと憧れていた夢の世界があって、
一番最初の『GO』で藤原先生の綺麗な声とコンフェの舞う風景が、ライブDVDで憧れていたそのままで、本当に嬉しくて泣いちゃったのを覚えてます!

藤原先生「東市さんやったね!」

チャマ先生「演出してくれたかいがあるよね」

とーやま校長「初めてのライブだったの?」

ちぃぃか「BUMP先生は初めてのライブでした!」

とーやま校長「特に思い入れのある曲はなんだった?」

ちぃぃか「本当にいっぱいあって、『GO』も思い出に残っているし、『宇宙飛行士への手紙』っていう曲の最初のイントロで、
まだなんの曲か分かっていないのに、涙が溢れて…。それが本当に印象に残ってます!」

とーやま校長「その時の気持ちをすごい長文の書き込みでくれているんだけど…」


PATHFINDERのDVDありがとう!
バンプ先生!
昨日、念願だったPATHFINDERさいたまスーパーアリーナ公演のDVDを見ました!
OPのpathfinder、続くGOの音、映像、風景の美しさに最初の数分で泣いてしまいました。藤原先生がコンフェの舞うなかGOのイントロにあわせて歌ってくれる声が本当に大好きで、もう一度あの空間を体験できるようで本当に幸せでした。
私はこのツアーには2回、ちゃま先生の誕生日と福岡初日に参加させてもらっていて、色々な曲でライブの風景を思い出しながら見ていました。1日目だけの曲もボーナスで入っていてとても嬉しかったです!メロディーフラッグをありがとう!
改めて、ツアーを回ってくれて本っっ当にありがとうございました!バンプ先生が私は世界一大好きです!!!
ちぃぃか
女性/16歳/東京都
2018-08-09 17:19


とーやま校長「特に『GO』が好きな曲なんだね!」

SCHOOL OF LOCK!


ちぃぃか「はい! 本当に好きな曲です」

とーやま校長「どういう時に聴くの?」

ちぃぃか「今年初めて聴いた曲が『GO』で、クラス替えした時に友達が誰もいないクラスになっちゃったんです。
その時に本当に学校に行きたくなくて。でも、朝起きて『GO』を聴いて”よし、行くか!”ってなってました

チャマ先生「ナイス!」

藤原先生「すごいなあ。俺とかそういう時行かなかったもんね」

チャマ先生「藤くん来なかったよ〜!」

藤原先生「行かなきゃいいんだ! って思っちゃって」

ちぃぃか「(笑)」

藤原先生「行ったのすごい!」

増川先生「すごい!」

とーやま校長「そんな『GO』が大好きなちぃぃかのために、『PATHFINDER』のライブバージョンを一緒に聴いちゃダメですか?」

藤原先生いいよ!

チャマ先生「俺と校長のやりとりやらせてよ〜」

藤原先生「これは全面的に謝る(笑)」

とーやま校長「じゃあ、もう1回聞きますけど、『GO』のライブバージョン聞きたいんだけど…どうかな?」

チャマ先生……藤くん、これいいかな?

藤原先生「いやぁ…これ、ヒロいいかな?

増川先生いいよっ!

チャマ先生「軽っ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


増川先生「でも、ヒデくんの最終チェックがないと流せないからなあ〜」

とーやま校長「じゃあ、ちぃぃかからヒデ先生に『GO』聴かせてもらえるか聞こう!」

ちぃぃか「『GO』を聴かせてもらっていいですか?」

ヒデ先生……おつけい!

全員「(笑)」

あしざわ教頭「”おつけい”いただきました!」

増川先生「ラジオ的に今の間は怖いわ(笑)」

チャマ先生「誰も元ネタの『宇宙忍者ゴームズ』知らないから(笑)」

とーやま校長「(笑) それじゃあ、ちぃぃか! 一緒に『PATHFINDER』の『GO』聴こう!」

ちぃぃか「はい!」


♪ GO(LIVE@PATHFINDER SAITAMA SUPER ARENA) / BUMP OF CHICKEN



うわぁぁぁぁぁぁぁ!
ライブ音源だーーーーーーーー!!!
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
めちゃくちゃいい!!
理系のこうぺ
男性/18歳/広島県
2018-08-09 22:44

GO私も大好きです
合宿で疲れてたけど頑張って起きててよかった!ライブ音源ありがとうございます!!
いのーただたか
女性/17歳/神奈川県
2018-08-09 22:44


あしざわ教頭「歓喜の声があがっております!」

藤原先生「嬉しい!」


SCHOOL OF LOCK!


そして、BUMP OF CHICKEN先生を迎えて送る今夜の授業テーマは…
「BUMPと掲示板逆電 」!

まず最初に逆電したのは…

とーやま校長「もしもし!」

短距離めちゃおそ 兵庫県 14歳 女性 中学2年生

短距離めちゃおそ「もしもし!」

とーやま校長「短距離めちゃおそのタイムはどれくらいなの?」

短距離めちゃおそ「50メートル走が10.0秒です!」

とーやま校長「めちゃおそですね(笑) 今は中学何年生?」

短距離めちゃおそ「中学2年生です」

あしざわ教頭「中2高2は……」

あしざわ教頭・チャマ先生フリーーーーーダーーーーーーーーム!!!!!

短距離めちゃおそ「フリーーダーーム!」

あしざわ教頭「ナイスフリーダム! 今、ダブルフリーダムいただきましたね!
チャマ先生、ありがとうございます!」

とーやま校長「でも、藤原先生が、”ん…?”ってなってたよ(笑)」

藤原先生「それ、俺にも教えておいてくれたらよかったのに…」

あしざわ教頭「まだチャンスはありますので、その時はお願いします!」

藤原先生「言ってく!」

とーやま校長「そんな短距離めちゃおそは、BUMP先生がめっちゃ好きなんだよね!」

短距離めちゃおそ「大好きです!」

とーやま校長「いつから好きなの?」

短距離めちゃおそ生まれた時からです!

チャマ先生「それはおかしいでしょ」

あしざわ教頭「そんな問い詰めないでくださいよ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


チャマ先生「生まれた時からっていうのはどういうことなんですか?」

短距離めちゃおそ「私が生まれた時からお母さんが聴いていたので、BUMPを知らない頃から曲を聴いて好きになりました!」

藤原先生「物心つく前から好きだったんだ」

とーやま校長「お腹の中でも聴いていたでしょうね!」

藤原先生めちゃおそちゃん、BUMP聴こうね〜ってお母さんが言ったら、ダァ〜って言ってたんだろうね」

あしざわ教頭「そうですね(笑)」

とーやま校長「せっかくだし、BUMP先生に聞きたいことがあったらなんでも聞いちゃおう!」

短距離めちゃおそ「BUMP先生が中学生の時はどんな中学生でしたか?」

チャマ先生「今みたいな感じだよね。ヒロと藤くんがひたすらカンフーの組手を体育倉庫でやって、俺らの組手見ろよって言ってるっていう…

藤原先生「そのこと言うの?」

増川先生「1シーズンだけじゃん(笑)」

藤原先生「そこだけ切り取ったら変なやつじゃん!(笑)」

チャマ先生「ねーヒデちゃん。俺ウソは言ってないよね?」

ヒデ先生「ウソは言ってない」

とーやま校長「それを見て、ヒデ先生はなんて言うんですか?」

ヒデ先生「『すっげ〜!!』って。あと、細いなって思ってた(笑)」

藤原先生「全部本当だけどさ(笑)」

ヒデ先生「こんなに同じ形の奴が同じ学年にいるんだって思って。それが同じバンドっていうね(笑)」

とーやま校長「めちゃおそ、BUMP先生はこういう中学時代だったらしいぞ!」

あしざわ教頭「望んでた答えじゃないかもしれないけどな(笑)」

とーやま校長「最後に、BUMP先生に伝えたいことがあったらなんでもいいよ!」

短距離めちゃおそ小さい頃からずっとBUMPを聴いていて、本当に良い曲ばかりで……。これからももっと良い曲をたくさん作ってください!

チャマ先生「作るよー!」

藤原先生「すごい力が湧いてきた!」

増川先生・ヒデ先生「ありがとう!」


SCHOOL OF LOCK!



そして、学校掲示板にはBUMP LOCKS!を聴いていた、OGOBのみんなからの書き込みも!


10年ぶりです。
こんにちは。お久しぶりです。
中学生の頃、ずっとSOL!を聴いていて、泣いたり笑ったりたくさんしました、R.N.おっささんです。
あれから10年がたって、今25歳になりました。
社会人になって、あの頃描いてた夢も半分叶いました。

当時、やましげ校長やしろ教頭のいる生放送教室にBUMP OF CHICKENが遊びに来て、生徒の悩みを真剣にふざけながら聴いていたメンバーがとても懐かしいです。
そんなBUMP OF CHICKENのみなさんが、今度はとーやま校長あしざわ教頭のいる生放送教室に遊びに来てくれる。
今夜が楽しみで仕方ないです。

SOL!は僕の青春です。
BUMP OF CHICKENは僕の人生そのものです。
素敵な夜になると思います。
楽しみにしてます!
おっささん+
男性/25歳/千葉県
2018-08-09 17:49


BUMP OF CHICKEN先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「まずはおかえりなさいだね!」

チャマ先生「今はスカロケを聴いている年齢だよね」

とーやま校長「初代やしろ教頭が、本部長として夕方17時からやってる『Skyrocket Company』ね(笑)
そっちのリスナー社員ってことかな?」

あしざわ教頭「その可能性はありますね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「代わりに言っておきます。ハンコ!

全員「(笑)」



ありがとうが言いたい
何年も前の学生時代、SOLでBUMP先生の歌を聴いていた私も社会人になってしまいました。
SOL自体からも離れてしまっていましたが、今日BUMP先生が来校すると知り、改めて掲示板登録をしてメッセージを書いています。
思い返せば、BUMPlocks!最終回の日は私が親に初めて携帯を買ってもらって、嬉々として掲示板登録をした日でもありました。そして、初めてSOLの掲示板に書き込んだメッセージが最終回で藤原先生に読んでもらえたとき、嬉しさと、終わってしまう寂しさで気持ちがいっぱいになったのを今でも覚えています。
昔も今も、つらいときはいつもBUMP先生の曲達に救ってもらいました。
そして今日、現在の会社を辞める決意を会社の人に伝えてきました。一年近く悩んで出した答えなので迷いはありません。ただ、大きな決断をした今日この日に、久々にBUMP先生が来校することを知り、やはり私の人生の節目節目には必ずBUMP先生がついていてくれているんだと思わずにはいられませんでした。
もちろん、tourPATHFINDERも参戦しました!いつも勇気と元気をくれる曲を届けてくれてありがとうございます。今回のtourで、一生ライブで演奏しないと思っていた曲を演奏してくれて、まさかライブで聞けると思っていなかったので一気に涙が溢れてしまいました。その曲は、沢山の名曲の中でも私が1番好きな曲だったので…。
書き出すときりがありませんが、とにかく一言でも、BUMP先生に今まで分のありがとうを言いたいです。そして、これからもずっと応援しています!
たるは.
女性/22歳/神奈川県
2018-08-09 20:48


BUMP OF CHICKEN先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「1年近く悩んで決断した日が、まさに今日って!」

藤原先生「今日はすごい日ですね!」

とーやま校長「たるは.は後悔もないと言っていますし、新しい道に進んでいくと思うんですけど、
そんなたるは.に向けて、藤原先生から気持ちを届けてもらってもいいですか?」

藤原先生「たるは.さんの未来に向けて僕が、”ああすればいい”、”こうすればいい”なんてことは一つも思っていなくて。
ただ、昔聴いていてくれた、たるは.や、おっささん+が俺たちが(SCHOOL OF LOCK!に)出た時にこうやってお便りをくれるっていうのが、
歴史をちゃんと刻んで前に進んでいるんだな、って感じがして、ただただその事実に感動してます。

自分のことを振り返って10年って言ってもあまりピンと来ないけど、
自分たちの音楽を聴いてくれていた人たちが10年という歴史を刻んでこうやって頑張っているよ、っていうお便りをくれると、
俺たちにも歴史があるんだな、ってことをお便りから確認させてもらったようなそんな気持ちでいっぱいです。どうもありがとう!」

SCHOOL OF LOCK!


増川先生・チャマ先生・ヒデ先生「ありがとう!」

とーやま校長「みんな、BUMP先生にもありがとうございます! って言いたいわけさ!
1曲目に流した『望遠のマーチ』だって、BUMPを好きなみんなのための曲でしょ」

藤原先生「も〜(照) そうよ?」

あしざわ教頭「ツンデレ感(笑)」

とーやま校長「だから、みんな本当にBUMP先生には感謝してるんです!」

BUMP OF CHICKEN先生「こちらこそ、ありがとうございます!」


SCHOOL OF LOCK!



さあ、ここからは再び
「BUMPと掲示板逆電 」!

23時台、最初に逆電したのは…

おがぱす 岐阜県 17歳 女性 高校2年生

とーやま校長「17歳ってことは、高校何年生?」

おがぱす「2年生です!」

あしざわ教頭「中2高2は……」

あしざわ教頭・BUMP OF CHICKEN先生フリーーーーーダーーーーーーーーム!!!!!

SCHOOL OF LOCK!


おがぱす「フリーーダーーム!」

あしざわ教頭「ナイスフリーダム! 今、全員で言えたんじゃないですか?」

とーやま校長「feat.BUMP OF CHICKENだよ!」

藤原先生「言えた!」

ヒデ先生「俺も言えた!」

とーやま校長「おがぱすは、BUMP OF CHICKENのことはいつくらいから好きなの?」

おがぱす「小学校6年生の時から好きです! 『ray』っていう曲を聴いて好きになりました!」

チャマ先生「テレビ出て良かった〜!」

とーやま校長「そんな、おがぱすの書き込み読ませてもらったけど…緊張してるんだよね?」

おがぱす「はい。緊張してます」

RN おがぱすは放送部に所属していて、明日、放送部の全国大会があるため、
長野県のホテルに一人で宿泊しているのだそう。

とーやま校長「それは、放送部のみんなで長野に来ているの?」

おがぱす「私だけ全国に行けることになったので、顧問の先生と2人で来てます」

チャマ先生「選ばれてるやつだ!」

とーやま校長「どんなことをする大会なの?」

おがぱす地元について紹介する原稿を自分で作ったので、それを大勢の前で読みます

とーやま校長「大一番を前にして、どういうところが不安になってる?」

おがぱす「何回も練習したつもりなんですけど、本当に上手な人が集まる大会なので、失敗したり早口になってしまったり、噛んだりしないか心配で緊張してます」

RN おがぱすは以前この大会に挑んだ時、賞を取るつもりで臨んだのだが、
緊張してしまって早口になってしまい、悔しい思いをしたのだとか。

おがぱす「今回はリベンジしたいなって思ってます!」

とーやま校長「BUMP先生も人前に出られる仕事をしているわけじゃないですか。失敗してしまって次のライブが怖いな、って感じてしまったことはありますか?」

ヒデ先生「まあ、失敗はしますね。でも、そこからのリカバリーが大事というか。
あとに引きずらない、過去のことをクヨクヨ考えてもしょうがないわけですから


チャマ先生「ライブが終わったら絶対に反省会やるしね」

ヒデ先生「1回失敗したっていうことは、次に繋がることを始めているわけですよね。だから、大丈夫!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「お墨付きもらったぞ!」

おがぱす「ありがとうございます!」

ヒデ先生「早口になっちゃうって自分で分かってるってことは、直せるってことだと思うんだよね。しっかり反省は出来てるよ」

とーやま校長「確かに! もしかしたら酷なことかもしれないけど…今1回やってみたらいいんじゃない?」

チャマ先生「いこう!」

増川先生「それは良いかもしれないです!」

チャマ先生「だって、大会よりももっとたくさんの人が聴いているわけだしね」

とーやま校長「さらにはBUMP OF CHICKEN先生もいるという!」

あしざわ教頭「普通そんなことないよ!」

とーやま校長「準備大丈夫?」

おがぱす「…大丈夫です!
『長良川鉄道は岐阜県美濃地方を縦断する全長72キロのローカル線です。38の駅を2時間かけてのんびりと各駅停車で進みます。
歴史は古く、大正12年に越美南線として、美濃太田〜美濃町間が開業し、昭和9年終点の北濃駅まで、現在の路線が完成しました』
…っていう感じです」

チャマ先生「おぉ〜! これ、電車とか乗っている時に流れてるやつだよ! 藤くんどう?」

藤原先生「泣いちゃったよ…!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「淀みも全くなかった!」

あしざわ教頭「めっちゃ良いじゃん! 声も良いね!」

藤原先生「こんなこと出来るんだね!」

おがぱす「ありがとうございます!」

とーやま校長「俺はしっかりと映像も浮かんだよ」

チャマ先生「いつも聴いているやつだなぁって思ったよね」

藤原先生「明日の本番と、今日の予行で意味合いは違ったとしても、明日よりも今日の方がたくさんの人が聴いているはずだし、余裕だよ! 大丈夫!!」

おがぱす「はい!」

藤原先生僕らに聞かせてくれたように、気持ちよく喋ってきてほしいなと思います!

チャマ先生頑張れ!

SCHOOL OF LOCK!


おがぱす「頑張ります!」

とーやま校長「あとはぐっすり寝て…と言いたいけど、今は心臓バクバクで寝られないか(笑)」

藤原先生「俺もライブの前の日によくあるんだよなぁ。”全然寝れないじゃん!”みたいな」

とーやま校長「そういう時はどうしてるんですか?」

藤原先生起きるよね(笑)

ヒデ先生「でも、大丈夫なんだよね!」

藤原先生「ダメだったことがないもんな!」

増川先生「そうやってきた!」

とーやま校長「それじゃあ、おがぱす。最後にBUMP先生に言いたいことがあったらなんでもいいよ!」

おがぱす部活や勉強がうまくいかなくて辛い時、BUMP先生の曲が支えになっていました。いつも勇気をくれる曲を届けてくださってありがとうございます!

藤原先生「俺も言いたいことある! さっき少し聞かせてくれただけで、おがぱすはこれまでたくさん努力してやってきたんだろうな、っていうのが想像できました。
素晴らしいものを聞かせてくれてどうもありがとう!

おがぱす「ありがとうございます!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「まさに、気持ちの交換ですよね。だって藤原先生、おがぱすのナレーションを聞いて涙を流してらっしゃったじゃないですか」

藤原先生「びっくりしたよね」

とーやま校長「だけど、そういう文章ではなかったですよね」

藤原先生「なんか、技術を高めている感じというか。
テレビで見るようなスポーツと同じくらいの真剣さでやっているわけじゃん。それが伝わってきて、持ってかれてしまった!」

SCHOOL OF LOCK!



そして、本日最後に逆電したのは…

オニオン島の住人 兵庫県 18歳 男性 大学1年生

とーやま校長「オニオン島の住人ももちろんBUMP先生大好き?」

オニオン島の住人「もちろん!」

とーやま校長「いつくらいから好き?」

オニオン島の住人「保育園からやから、年少とか年中くらいからですね」

とーやま校長「きっかけとか覚えてる?」

オニオン島の住人「最初はお母さんの車の中で流れていた『sailing day』です」

チャマ先生「マジか!」

とーやま校長「2004年くらいだからね」

チャマ先生「このあいだの気持ち!」

ヒデ先生「俺たちの10年ってそういう感じだからな(笑)」

とーやま校長「『PATHFINDER』は参戦した?」

オニオン島の住人「はい。広島に行きました! メンバーの皆さんとファンの僕らの一体感がすごくて、
僕あまり人前で泣かないようにしていたんですけど、この日だけは泣いてしまって。
その日はお姉ちゃんと一緒に行ったんですけど、隣のお姉ちゃんも化粧が崩れるくらい号泣してました(笑)」

チャマ先生「オニオン島でも泣かずにきたのに…相当だよ! ありがとう!」

藤原先生「まるでオニオン島には泣く文化がないみたいな(笑)」

チャマ先生タマネギだからね(笑)

増川先生「そういうことか(笑)

藤原先生「また上手いこと言って〜」

とーやま校長「(笑) でも、オニオン島の住人のその涙は、どこから来た涙だったの?」

オニオン島の住人「『花の名』が流れた時に歌詞が変わった箇所があって。その瞬間、なんで涙が流れたのかも分からないくらい感極まって…」

チャマ先生「これは藤原だ!」

藤原先生「(笑)」

とーやま校長「その時は高校3年生だったんだよね。受験生だったの?」

オニオン島の住人「受験生でした!」

だけど、受験勉強を頑張って来たことを両親も知っていたので、RN オニオン島の住人に「ライブに行っていいよ!」と言ってくれたのだそう。

とーやま校長「オニオン島の住人よ! 今日は22時台も『PATHFINDER』のライブ音源を聴かせてもらっているんだけど、特に聴きたい曲ってあったりする?」

オニオン島の住人『記念撮影』です!

とーやま校長「なんで『記念撮影』が聴きたいの?」

オニオン島の住人「僕、高校生の時に部活だったり人間関係だったり、嫌われるのが嫌で自分の本音が言えなかったんです。
『記念撮影』の歌詞に『ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音をつっこんで隠してた』って部分が自分とリンクして。
そのあとのサビで『迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う』っていう部分で悩んでいてもいいんだ、って思って救われた気持ちになりました」

藤原先生「嬉しい!」

とーやま校長「それじゃあ、『記念撮影』のライブバージョン…チャマ先生、いかがですか?

チャマ先生いこう!

あしざわ教頭「早い!」

とーやま校長「ヒデ先生まで回らず!(笑)」

チャマ先生「すぐいこう!」

藤原先生「この子、状況読んでるから(笑)」

ヒデ先生「ちゃんと時計見てるね(笑)」

とーやま校長「それじゃあ、一緒に聴こう!」

オニオン島の住人「はい!」


♪ 記念撮影(LIVE@PATHFINDER SAITAMA SUPER ARENA) / BUMP OF CHICKEN


とーやま校長「……最高だったね!」

オニオン島の住人最高でした!

BUMP OF CHICKEN先生「ありがとう!」

とーやま校長「今聴いた『記念撮影』は、オニオン島の住人にとってどんな曲だった?」

オニオン島の住人「いつもBUMP先生の歌詞が自分の人生に寄り添ってくれていて。
この曲は特に好きで、ライブで観て、ライブDVDも見て、より好きなって…。もっとこの歌詞を理解しようって思いました!」

藤原先生「俺、この曲を一人でスタジオで書いていた時に、『一本のコーラを挟んで座った』って歌詞があるでしょ。
誰かが俺の横に座ってコーラをシェアしているのを想像していたんだけど、今日はお前だったんだなあ、ってすごく思いました。
あの時、一人で書いていた時のお返事を今もらった気分です。本当にどうもありがとう!」

オニオン島の住人「ありがとうございます!!」


そして、本日も黒板の時間になってしまいました。
今日は、BUMP OF CHICKENの藤原先生に黒板を書いてもらいます!

SCHOOL OF LOCK!


『 自慢 』

藤原先生「我々BUMP OF CHICKENには、自慢があります。
僕らのリスナーは僕らの音楽を本当に大切にしてくれているということです。
それは、すごく誇れることです。どこと比べても負けない自信があるんだ。そういうリスナーがいてくれること、本当に嬉しいです。

僕ら以外に好きなバンドやアーティストがいる人も、好きなアーティストにとっては自慢だと思います。
そんな自慢の君たちが、我々にものすごくエネルギーをくれています。
今日、TOKYO FMに来る前に曲作りをしていたんですけど、2番まで書けて。
続きは明日やるけれど、今日みんなの声を聞けたおかげですごいいっぱいパワーもらったよ! 本当にどうもありがとう!!!


♪ ガラスのブルース / BUMP OF CHICKEN


とーやま校長「こんなに嬉しい言葉はないです!」

藤原先生「こういうところで喋る時、いつも声が震えるね!」

とーやま校長「でも、それが本当の気持ちだし、本当の言葉だってみんなにも伝わっているし、みんなも震えているよ!」

チャマ先生ヒデちゃん明日誕生日だし!

ヒデ先生「イェーーイ!」

とーやま校長「お誕生日おめでとう書き込み、たくさん来てるんですよ!」

ヒデ先生「ありがとう! 38歳の俺、さよなら〜! 39歳の俺、こんにちは〜〜!!」

とーやま校長改めて、ヒデちゃんおめでとうーーー!!!


SCHOOL OF LOCK!



BUMP OF CHICKEN先生、今日は本当にありがとうございました!
また遊びに来てください!


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN あるくなし


SCHOOL OF LOCK!

RN アルトのすず


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜巴


SCHOOL OF LOCK!

RN 桜巴


SCHOOL OF LOCK!

RN ももとりまかろに



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ちぃぃか 東京都 18歳 女性
短距離めちゃおそ 兵庫県 14歳 女性
おがぱす 岐阜県 17歳 女性
オニオン島の住人 兵庫県 18歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
KIHUYU 埼玉県 14歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 望遠のマーチ / BUMP OF CHICKEN
22:27 スリリング・ワンウェイ / Aqours
22:41 GO(LIVE@PATHFINDER SAITAMA SUPER ARENA) / BUMP OF CHICKEN
23:12 マドンナ墜落事件 / TRANS LUCENT LADY
23:14 非常口 / 諭吉佳作/men
23:15 平成アロハ航路 / The Shiawase
23:17 GIMME A RADIO / ステレオガール
23:44 記念撮影(LIVE@PATHFINDER SAITAMA SUPER ARENA) / BUMP OF CHICKEN
23:52 ガラスのブルース / BUMP OF CHICKEN

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

真摯で誠実でずっとSCHOOL OF LOCK!と遊んでくれるBUMP OF CHICKENが僕はずっと大好きです。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

BUMP先生に感謝。素敵な夜をありがとう…。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年8月   >
MonTueWedThuFriSatSun
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE